ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ヤン・マテイコ

索引 ヤン・マテイコ

ヤン・マテイコ (Jan Matejko、Jan Mateykoとも。1838年6月24日 - 1893年11月1日)は、ポーランドの画家。ポーランド史に残る政治・軍事の出来事を主題にしたことで知られる.

67 関係: 宮廷道化師ミュンヘン美術院チャルトリスキ美術館チェコ人チェコ語ハプスブルク帝国バチカン美術館ポーランドポーランド君主一覧ポーランド人ポーランド分割ポーランド語ヤチェク・マルチェフスキヤン3世 (ポーランド王)ヤン・マテイコ美術アカデミーヤドヴィガ (ポーランド女王)ヤギェウォ大学ユゼフ・ベムルブリンルブリン合同ワルシャワ国立美術館ボナ・スフォルツァヘルマン・アンシュッツプロテスタントパリ万国博覧会 (1867年)フラデツ・クラーロヴェードイツ人ドイツ騎士団ニコラウス・コペルニクスアルブレヒト (プロイセン公)イエズス会ウィーン美術アカデミーカトリック教会ギルダークラクフクラクフ共和国クラクフ国立美術館ジグムント1世ジグムント3世ステファン・バートリ (ポーランド王)スタンチクタンネンベルクの戦い (1410年)タデウシュ・レイタンタデウシュ・コシチュシュコサルコファガスサロン・ド・パリ第二次世界大戦第二次ウィーン包囲素描機能主義 (社会学)...11月1日1838年1846年1851年1852年1858年1859年1860年1863年1864年1865年1867年1873年1893年1月蜂起5月3日憲法6月24日 インデックスを展開 (17 もっと) »

宮廷道化師

宮廷道化師(きゅうていどうけし)とは中世ヨーロッパもしくはテューダー朝時代に支配者層によって雇われたエンターテイナー。現在でも歴史の再現を模したヨーロッパの催し物で見ることができる。中世の宮廷道化師は色鮮やかなまだら模様()の服装と風変わりな帽子を被っており、先にあげた現代のものはこの服装を模倣している。中世の宮廷道化師たちは、物語を語ったり、歌や音楽、アクロバットやジャグリング、奇術など様々な芸を披露して楽しませてきた。また、おどけた調子で芸を披露し、当時の事柄や人物を笑いにした歌や話を創作した。.

新しい!!: ヤン・マテイコと宮廷道化師 · 続きを見る »

ミュンヘン美術院

Akademie der Bildenden Künste München New Building ミュンヘン美術院(Akademie der Bildenden Künste München、Academy of Fine Arts, Munich)は、ドイツの最も古い、また最も重要な美術院の一つである。1808年にバイエルン王国のマクシミリアン1世によって設立された。 2005年、新しい建物が建築設計事務所コープ・ヒンメルブラウによって建てられた。.

新しい!!: ヤン・マテイコとミュンヘン美術院 · 続きを見る »

チャルトリスキ美術館

チャルトリスキ美術館(ポーランド語: Muzeum Książąt Czartoryskich w Krakowie)はポーランド南部の都市クラクフにある、ポーランド最古の美術館である。.

新しい!!: ヤン・マテイコとチャルトリスキ美術館 · 続きを見る »

チェコ人

チェコ人(Češi)は、現在のチェコを中心に居住しているスラヴ系民族。西スラヴ語系のチェコ語話者である。.

新しい!!: ヤン・マテイコとチェコ人 · 続きを見る »

チェコ語

チェコ語(Čeština 、Český jazyk)は、スロヴァキア語やポーランド語、カシューブ語(ポメラニア語)、ソルブ語(ソラビア語、ヴェンド語とも)などと共に、西スラヴ語の一つである。チェコ共和国の人口(約1030万人、2007年3月現在)の9割以上を占めるチェコ人と、周辺国やアメリカ合衆国、カナダ等にコミュニティを作るチェコ系住民に話されている言語である(共和国の国内外合わせて約1200万人の話者が存在する)。.

新しい!!: ヤン・マテイコとチェコ語 · 続きを見る »

ハプスブルク帝国

ハプスブルク帝国(ハプスブルクていこく)大津留厚「ハプスブルク帝国」世界民族問題事典、平凡社、2002年は、オーストリア系ハプスブルク家(のちハプスブルク=ロートリンゲン家)の君主により統治された、神聖ローマ帝国内外の領邦国家などの国家群による同君連合である。単一の「帝国」ではなかった、あるいは推戴する君主が「皇帝」でなかった時代もあるが、日本語ではこの呼称が用いられることが多い。ドイツ語では Habsburgermonarchie または Habsburgisches Reich であるが、前者は直訳するとハプスブルク君主国であり、後者の場合もライヒ (Reich) は必ずしも「帝国」を意味しない。 成立年はハプスブルク家がオーストリア大公国に加えてハンガリー王国、ボヘミア王国(ボヘミア王冠領)を獲得した1526年とされる。1804年までは公式の名称を持っていなかったが、同時代の人々ですらこれを事実上の国家として認識し、オーストリアと呼称していた。1804年から1867年まではオーストリア帝国、1867年から1918年まではオーストリア=ハンガリー帝国を総称とした。 ただし、これより古い時代の、神聖ローマ皇帝とスペイン王を兼ねたカール5世を君主とする国家群なども、広く「ハプスブルク家の帝国」といった意味で「ハプスブルク帝国」と呼ばれることがある。 ハプスブルク帝国(ハプスブルク家)の旗.

新しい!!: ヤン・マテイコとハプスブルク帝国 · 続きを見る »

バチカン美術館

バチカン美術館 (Musei Vaticani) は、バチカン市国にあり、歴代ローマ教皇の収集品を収蔵展示する世界最大級の美術館である。日本語では「ヴァチカン美術館」、「ヴァティカン美術館」などとも表記する。.

新しい!!: ヤン・マテイコとバチカン美術館 · 続きを見る »

ポーランド

ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、Rzeczpospolita Polska)、通称ポーランドは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。欧州連合 (EU)、北大西洋条約機構 (NATO) の加盟国。通貨はズウォティ。首都はワルシャワ。 北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する。 10世紀に国家として認知され、16世紀から17世紀にかけヨーロッパで広大な国の1つであったポーランド・リトアニア共和国を形成。18世紀、4度にわたり国土が隣国によって分割され消滅。 第一次世界大戦後、1918年に独立を回復したが、第二次世界大戦時、ナチス・ドイツとソビエト連邦からの事前交渉を拒否し両国に侵略され、再び国土が分割された。戦後1952年、ポーランド人民共和国として国家主権を復活、1989年、民主化により共和国となった。冷戦時代は、ソ連の影響下に傀儡政権の社会主義国とし最大で最も重要なソ連の衛星国の一国となり、政治的にも東側諸国の一員となった。国内及び東側諸国の民主化とソ連の崩壊と東欧革命を経て、「中欧」または「中東欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: ヤン・マテイコとポーランド · 続きを見る »

ポーランド君主一覧

ポーランド君主一覧では、現在のポーランドにあった諸王朝、諸国の君主を一覧で挙げる。.

新しい!!: ヤン・マテイコとポーランド君主一覧 · 続きを見る »

ポーランド人

ポーランド人 (ポーランド語:Polacy)は、ポーランドの主要民族。 中東欧に広がるスラヴ人の一派インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派西スラヴ語群に属するポーランド語を母語とする。 ポーランド族は、様々な部族と交わりピャスト朝(960年頃-1370年)を築いた。 ポーランド国家を築いた西スラヴ人の一派の諸部族で、中心部族であったポラン族(別名レフ族)に由来している。ポラン族はポランの複数形を用いて「ポラニエ」と呼ばれるが、これで原義では平原の民という意味で、原インド・ヨーロッパ語を基とする。ポランから英語の国名「ポーランド」(ポーランド語、Polska)の由来となった。.

新しい!!: ヤン・マテイコとポーランド人 · 続きを見る »

ポーランド分割

ポーランド分割(ポーランドぶんかつ、Rozbiór Polski・Rozbiory Polski、Lietuvos-Lenkijos padalijimai、Падзелы Рэчы Паспалітай、)は、18世紀に、ポーランド・リトアニア共和国の領土が3度にわたって周囲の3つの大国に奪われ、最終的に完全に領土を失って滅亡したことを指す歴史用語。その後、ウィーン会議により改めて4度目の分割も行われた。.

新しい!!: ヤン・マテイコとポーランド分割 · 続きを見る »

ポーランド語

ポーランド語(ポーランドご、język polski、polski、または polszczyzna)は、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派の西スラヴ語群レヒト諸語に属するポーランドの公用語。レヒト諸語と同じ西スラヴ語群に属する言語は、チェコ・スロヴァキア諸語とソルブ諸語である。名詞の格変化は7格(主格、生格、与格、対格、造格、前置格、呼格)あり、文中での語の働きが格語尾によって示されることなど、形態による表現の豊かさを特徴とする。 ポーランド語は16世紀の期間に発達し、新単語は19世紀に口語のドイツ語、ラテン語、ロシア語、英語から採られポーランド語のスペルに反映されている。ラテン文字は12世紀に導入され、話し言葉だけのポーランド語を記載できるようになった。.

新しい!!: ヤン・マテイコとポーランド語 · 続きを見る »

ヤチェク・マルチェフスキ

ヤツェク・マルチェフスキ(herbu Tarnawa、Яцек Мальче́вский、1854年7月15日1929年10月8日)は、ポーランドの画家。ポーランドにおける象徴主義画家の代表的人物である。.

新しい!!: ヤン・マテイコとヤチェク・マルチェフスキ · 続きを見る »

ヤン3世 (ポーランド王)

ヤン3世ソビェスキ(ポーランド語:Jan III Sobieski, 1629年8月17日 - 1696年6月17日)は、ポーランド王(在位:1674年 - 1696年)。オスマン帝国との戦いで活躍し、1683年の第二次ウィーン包囲で勝利して英雄として名を馳せた。「ソビェスキ」は「ソビエスキ」とも表記する。女優のリーリー・ソビエスキーは彼の子孫に当たる。。.

新しい!!: ヤン・マテイコとヤン3世 (ポーランド王) · 続きを見る »

ヤン・マテイコ美術アカデミー

ヤン・マテイコ美術アカデミー (Akademia Sztuk Pięknych w Krakowie im.、略称ASP; Jan Matejko Academy of Fine Arts, Kraków Academy of Fine Arts、旧クラクフ美術学校) は、ポーランド、クラクフのダウンタウンにある高等教育機関。1818年に創立され1873年に完全自主権を得た、ポーランドで最も歴史のある美術学校である。 5年および6年の修士課程をもつ国立大学であり、2007年現在、教授・助教授94名、博士147名を有する。.

新しい!!: ヤン・マテイコとヤン・マテイコ美術アカデミー · 続きを見る »

ヤドヴィガ (ポーランド女王)

ヤドヴィガ・アンデガヴェンスカ(ポーランド語:Jadwiga Andegaweńska,1373年10月3日/1374年2月18日 - 1399年7月17日)は、ポーランド王(在位:1384年 - 1399年)。ハンガリー王・ポーランド王ラヨシュ1世(ルドヴィク1世)の末娘、母はその2番目の妻でボスニア太守スティエパン2世の娘であるエリザベタ・コトロマニッチ。女性の君主でありながら女王(regina, queen)ではなく王(rex, king)の称号を持つが、これはヨーロッパでは非常に稀な例である。ハンガリー名はヘドヴィグ(Hedvig)。カトリック教会の聖人で、女性君主、王妃および統合ヨーロッパの守護聖人である。.

新しい!!: ヤン・マテイコとヤドヴィガ (ポーランド女王) · 続きを見る »

ヤギェウォ大学

ヤギェウォ大学()はクラクフにあるポーランド最古の大学。ヤギェロン大学とも呼ばれる。.

新しい!!: ヤン・マテイコとヤギェウォ大学 · 続きを見る »

ユゼフ・ベム

ユゼフ・ベム ユゼフ・ザハリアシュ・ベム(ポーランド語:Józef Zachariasz Bem;ハンガリー語:Bem József、1794年3月14日 - 1850年12月10日)は、ポーランドの将軍。ポーランドおよびハンガリーの国民的英雄で、両国のナショナリズムと他国のヨーロッパ・ナショナリズムを団結させた人物として知られる。ハンガリー名はベム・ヨージェフ。 ベムはタデウシュ・コシチュシュコ(アメリカ独立戦争に参加)やヤン・ヘンリク・ドンブロフスキ(ナポレオン・ボナパルトのイタリア遠征、ロシア遠征に参加)と同様、ポーランドの未来のためにポーランド国外で戦いを続けた。彼は軍事指揮者として様々な地域で活躍し、その軍事的才能は多くの人々に必要とされた。.

新しい!!: ヤン・マテイコとユゼフ・ベム · 続きを見る »

ルブリン

ルブリン(Lublin)はポーランドの都市で、ルブリン県の県都。 ルブリン県の政治、産業、経済の中心地。市内には公園や森林も多く、緑豊かな閑静な街である。ヨハネ・パウロ2世が教鞭をとったことでも有名なヨハネ・パウロ2世・ルブリン・カトリック大学や、マリー・キュリーの名を冠したマリー・キュリー・スクウォドフスカ大学がある。郊外のマイダネクには、ナチス・ドイツによって建設されたルブリン強制収容所がある。.

新しい!!: ヤン・マテイコとルブリン · 続きを見る »

ルブリン合同

ルブリン合同(ルブリンごうどう)、もしくはルブリン連合(ルブリンれんごう、リトアニア語:Liublino unija;ポーランド語:Unia lubelska)は、1569年7月1日に成立した制度的同君連合である。これにより、ポーランド王国とリトアニア大公国はポーランド・リトアニア共和国に統合された。 実質的には、ポーランドによるリトアニアの併合であり、ポーランド・リトアニア共和国は、選挙された一人の君主(ポーランド王・リトアニア大公)・元老院・合同議会(Sejm)によって統治されることとなった。これは、リトアニア大公国がモスクワ・ロシアとの戦争(リヴォニア戦争を参照)によって危険な状態にあったことが原因だった。 スタニスワフ・ホジュシュ枢機卿、画面右端で農民の手を引いている白髭の人物は政治思想家アンジェイ・フリチュ・モジェフスキ。ここでやや場違いに登場している農民は、未来のポーランドを象徴している。 ルブリン合同に対する見方は歴史家によって異なる。ポーランドの歴史家は平和的・自発的な手続きや、制度的な信教の自由、多民族による多文化主義、多くの政治参加者による議会制民主主義などといった(当時の)ポーランドの自由主義とコスモポリタニズムの文化とその理念が広まったこと、など正の側面を強調する。リトアニアの歴史家は、より民族主義的・国粋主義的な立場を採り、リトアニア貴族とポーランド貴族の参政権は平等であったにもかかわらず、リトアニア大公国において文化のポーランド化が進んだことから、ポーランドによる支配であると主張する。また、連合国の農民は、その他の地域(リトアニアの敵国モスクワ・ロシアなど)よりも自由を手にすることになったと指摘する歴史家もいる。実際に、一部の農民はモスクワ・ロシアから逃げて来ている:en:Jerzy Czajewski, "Zbiegostwo ludności Rosji w granice Rzeczypospolitej" (Russian population exodus into the Rzeczpospolita), Promemoria journal, October 2004 nr.

新しい!!: ヤン・マテイコとルブリン合同 · 続きを見る »

ワルシャワ国立美術館

ワルシャワ国立美術館(Muzeum Narodowe w Warszawie)は、ポーランドの首都ワルシャワにある美術館である。ワルシャワ国立博物館とも。.

新しい!!: ヤン・マテイコとワルシャワ国立美術館 · 続きを見る »

ボナ・スフォルツァ

ボナ王妃の毒殺、ヤン・マテイコ画 ボナ・スフォルツァ(イタリア語:Bona Sforza d'Aragona, 1494年2月2日 - 1557年11月19日)は、ポーランド王、リトアニア大公であったジグムント1世の2番目の妃。.

新しい!!: ヤン・マテイコとボナ・スフォルツァ · 続きを見る »

ヘルマン・アンシュッツ

ヘルマン・アンシュッツ(Hermann Franz Anschütz、1802年10月12日 - 1880年8月30日)はドイツの画家である。.

新しい!!: ヤン・マテイコとヘルマン・アンシュッツ · 続きを見る »

プロテスタント

プロテスタント(Protestantism、Protestant)は、宗教改革運動を始めとして、カトリック教会(または西方教会)から分離し、特に(広義の)福音主義を理念とするキリスト教諸教派を指す。日本ではカトリック教会(旧教)に対し、「新教」(しんきょう)ともいう。.

新しい!!: ヤン・マテイコとプロテスタント · 続きを見る »

パリ万国博覧会 (1867年)

1867年のパリ万国博覧会(せんはっぴゃくろくじゅうななねんのパリばんこくはくらんかい, Exposition Universelle de Paris 1867, Expo 1867)は、1867年4月1日から11月3日までフランスの首都パリで開催された国際博覧会である。42ヶ国が参加し、会期中1500万人が来場した。.

新しい!!: ヤン・マテイコとパリ万国博覧会 (1867年) · 続きを見る »

フラデツ・クラーロヴェー

フラデツ・クラーロヴェー(チェコ語:Hradec Králové)は、チェコ、フラデツ・クラーロヴェー州の都市。ドイツ語名ケーニヒグレーツ(ドイツ語:Königgrätz)は『王の城』を意味する。市の経済は、食品加工学、光化学、電機製造業などを基盤とする。伝統産業には楽器製造業も含まれる。PETROF製造のピアノは有名である。フラデツ・クラーロヴェー大学がある。プラハ・カレル大学の医学校と薬学部がある。.

新しい!!: ヤン・マテイコとフラデツ・クラーロヴェー · 続きを見る »

ドイツ人

ドイツ人(ドイツじん、)は、ドイツを中心としてヨーロッパに分布する住民の定義である。文脈により以下の三つの定義を有する。.

新しい!!: ヤン・マテイコとドイツ人 · 続きを見る »

ドイツ騎士団

ドイツ騎士団(ドイツきしだん、Deutscher Orden)とは、ローマ・カトリック教会の公認した騎士修道会の一つである。正式名称はドイツ人の聖母マリア騎士修道会(Ordo domus Sanctae Mariae Theutonicorum Ierosolimitanorum、Orden der Brüder vom Deutschen Haus der Heiligen Maria in Jerusalem)。英語では Teutonic Order と呼ばれ、日本ではその訳語であるチュートン騎士団でも知られる。 12世紀後半、聖地パレスチナに巡礼するキリスト教信者の護衛と病院設立の目的で設立された。メンバーは、中世には十字軍の騎士修道会とし任務していたので、一般的にはチュートン騎士として知られていた。プロイセンなど統治し、東方植民の先駆けとなった。テンプル騎士団、聖ヨハネ騎士団と共に、中世ヨーロッパの三大騎士修道会の1つに数えられる。.

新しい!!: ヤン・マテイコとドイツ騎士団 · 続きを見る »

ニコラウス・コペルニクス

ニコラウス・コペルニクス(ラテン語名: Nicolaus Copernicus、ポーランド語名: ミコワイ・コペルニク 、1473年2月19日 - 1543年5月24日)は、ポーランド出身の天文学者、カトリック司祭である。当時主流だった地球中心説(天動説)を覆す太陽中心説(地動説)を唱えた。これは天文学史上最も重要な発見とされる。(ただし、太陽中心説をはじめて唱えたのは紀元前三世紀のサモスのアリスタルコスである)。また経済学においても、貨幣の額面価値と実質価値の間に乖離が生じた場合、実質価値の低い貨幣のほうが流通し、価値の高い方の貨幣は退蔵され流通しなくなる (「悪貨は良貨を駆逐する」) ことに最初に気づいた人物の一人としても知られる。 コペルニクスはまた、教会では司教座聖堂参事会員(カノン)であり、知事、長官、法学者、占星術師であり、医者でもあった。暫定的に領主司祭を務めたこともある。.

新しい!!: ヤン・マテイコとニコラウス・コペルニクス · 続きを見る »

アルブレヒト (プロイセン公)

1522年頃のアルブレヒト プロイセン公アルブレヒト(ルーカス・クラナッハ作、1533年) アルブレヒト・フォン・ブランデンブルク=アンスバッハ(Albrecht von Brandenburg-Ansbach, 1490年5月16日 - 1568年3月20日)は、ドイツ騎士団の総長(在位:1510年 - 1525年)、後に初代プロイセン公(在位:1525年 - 1568年)。ブランデンブルク選帝侯アルブレヒト・アヒレスの四男であるアンスバッハ辺境伯及びクルムバッハ辺境伯フリードリヒと、ポーランド王カジミェシュ4世の娘ゾフィアの間の三男で、クルムバッハ辺境伯カジミール、アンスバッハ辺境伯ゲオルクの弟である。 1510年、ドイツ騎士団総長フリードリヒ・フォン・ザクセンが死去すると、時のポーランド王ジグムント1世の甥であることから、新たな総長に選ばれた。 1523年に支配下の騎士と共にルター派に改宗した。そして1525年、ドイツ騎士団国家に代えて、ホーエンツォレルン家が世襲する世俗の領邦であるプロイセン公国をポーランド王国の宗主権下に創設し、初代プロイセン公となった。.

新しい!!: ヤン・マテイコとアルブレヒト (プロイセン公) · 続きを見る »

イエズス会

イエズス会(イエズスかい、)は、キリスト教、カトリック教会の男子修道会。1534年にイグナチオ・デ・ロヨラやフランシスコ・ザビエルらによって創設され、1540年にパウルス3世により承認された。世界各地への宣教に務め、日本に初めてカトリックをもたらした。なおイエズスは、中世ラテン語による (イエス・キリスト)の古くからのカトリックの日本語表記。.

新しい!!: ヤン・マテイコとイエズス会 · 続きを見る »

ウィーン美術アカデミー

ウィーン美術アカデミー(ウィーンびじゅつアカデミー、Akademie der bildenden Künste Wien)は、オーストリア地方に存在した美術教育機関で、オーストリア=ハンガリー帝国時代以前は帝国美術アカデミーとも呼ばれた。.

新しい!!: ヤン・マテイコとウィーン美術アカデミー · 続きを見る »

カトリック教会

トリック教会(カトリックきょうかい、)は、ローマ教皇を中心として全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。その中心をローマの司教座に置くことからローマ教会、ローマ・カトリック教会とも呼ばれる。.

新しい!!: ヤン・マテイコとカトリック教会 · 続きを見る »

ギルダー

ルダーもしくはグルデン(guilder、gulden)は、15世紀から2002年まで使われていたオランダの通貨単位。略号はNLG(Nederlandse gulden)。国際金融市場での通貨表記には NLG が使われた反面、オランダ国内での表記はもっぱら Hfl.を使用したが、これは、旧名のフローリン (florijn) に由来する。.

新しい!!: ヤン・マテイコとギルダー · 続きを見る »

クラクフ

ラクフ(Kraków,, 独:Krakau クラカウ)は、ポーランド南部にある都市で、マウォポルスカ県の県都。 ポーランドで最も歴史ある都市の一つであり、17世紀初頭にワルシャワに遷都するまではクラクフがポーランド王国の首都であった。ポーランドの工業、文化の主要な中心地でもある。ヴィスワ川の上流に位置し、市街地はを中心として川の両岸に広がっている。 1038年から1569年まではポーランド王国、1569年から1596年までポーランド・リトアニア共和国であった。 1794年からオーストリア帝国領となり、1846年から1918年までオーストリアのクラクフ大公国であった。 人口は766,739人で、これはワルシャワ、ウッチに続く第3の規模。.

新しい!!: ヤン・マテイコとクラクフ · 続きを見る »

クラクフ共和国

自由にして独立した完全に中立なクラクフ市とその付随領域()、通称クラクフ共和国は、1815年にウィーン会議により成立した都市国家で、場所はクラクフとその近隣を含む。都市国家は、ロシア、プロイセン、オーストリアの保護国であった。1846年、クラクフ蜂起の失敗によりオーストリア帝国に併合されて消滅した。 クラクフ自由市(Wolne Miasto Kraków)などとも称される。 1843年の人口は146,000人で、うちカトリック教徒85%、ユダヤ人14%。.

新しい!!: ヤン・マテイコとクラクフ共和国 · 続きを見る »

クラクフ国立美術館

ラクフ国立美術館(クラクフこくりつびじゅつかん、Muzeum Narodowe w Krakowie)は、ポーランドのクラクフにある美術館。 1879年に創設された。.

新しい!!: ヤン・マテイコとクラクフ国立美術館 · 続きを見る »

ジグムント1世

ムント1世スタルィ(Zygmunt I Stary, 1467年1月1日 - 1548年4月1日)は、ポーランド王、リトアニア大公(在位:1506年 - 1548年)。異称「スタルィ」(Stary)は息子のジグムント2世アウグストとの弁別のために付けられたもので、「老王」を意味する。.

新しい!!: ヤン・マテイコとジグムント1世 · 続きを見る »

ジグムント3世

ムント3世(Zygmunt III、1566年6月20日 - 1632年4月19日)はポーランド・リトアニア共和国の国王(在位:1587年 - 1632年)、ヴァーサ朝第4代のスウェーデン王(在位:1592年 - 1599年)。スウェーデン王ヨハン3世と、王妃でポーランド王ジグムント1世の娘カタジナの長男。スウェーデン王としてはシギスムンド(Sigismund)と称される。.

新しい!!: ヤン・マテイコとジグムント3世 · 続きを見る »

ステファン・バートリ (ポーランド王)

テファン・バトルィまたはバートリ・イシュトヴァーン(ポーランド語表記:Stefan Batory;ハンガリー語:Báthory István;ルーマニア語:Ştefan Báthory, 1533年9月27日 - 1586年12月12日)は、トランシルヴァニア公国の統治者(在位:1571年 - 1586年)、後にポーランド・リトアニア共和国の女王アンナ・ヤギェロンカの共同統治王(在位:1576年 - 1586年)。ハンガリーの大貴族バートリ家のソムリヨ系統出身。多くの歴史家に最も優れた選挙王と評価されている。.

新しい!!: ヤン・マテイコとステファン・バートリ (ポーランド王) · 続きを見る »

スタンチク

タンチク(、1480年頃-1560年頃)はポーランドの歴史のなかで最も有名な宮廷道化師。彼はアレクサンデル、ジグムント1世老王、ジグムント2世アウグストという三代の王に仕えた。 歴史家たちはこの道化師の本名をスタニスワフ・ゴンスカ(Stanisław Gąska)と推定しており、スタンチク()はスタニスワフの愛称(「スタニスワフちゃん」の意味)。また、ゴンスカ()は、実際はスタンチクの同僚の道化師でその実力の点でスタンチクに少々劣っていた人物の名だったと主張する歴史家もいる。 スタンチクはいつも、ただの芸人であることをはるかに超えた存在だったと考えられている。知性と政治哲学者としての才能にあふれ、ポーランドの現在と未来の状況について、周囲の者に畏敬の念を起させるほどであった。彼が発する気の利いた冗談は政治と宮廷の時事問題に関連しており、彼は自らの道化師としての仕事を通じて、風刺という手段を用いながら同時代の人々に対する批判と警告を行った。スタンチクの発言と冗談は、ウカシュ・グルニツキ、ヤン・コハノフスキ、マルチン・クロマー、ミコワイ・レイといった同時代の著述家や歴史家の多くによって記録されており、彼らはみなスタンチクを真実のために見せかけの偽り事と戦った人物として称賛している。 最も広く知られている逸話は王の狩猟の行事のときのものである。1533年、ジグムント1世王はリトアニアから巨大な熊を取り寄せた。この熊は首都クラクフ近郊の近くにあるに放され、これを王が狩ることになっていた。この狩りの最中、熊が王、王妃、その側近たちからなる一団に向かって突進をし、一同は恐慌をきたして大混乱に陥った。王妃ボナはこのときの落馬で流産をしてしまった。スタンチクが熊にかまわず逃げてしまったことで、王が怒ってのちにスタンチクを批判した。このときスタンチクはこう言った「檻に入れられている熊を放すことのほうが馬鹿げたことでしょ!」この発言は、王のプロイセン公領に対する政策への当てこすりであった。プロイセン公領はポーランドに征服されていたが、王国の直轄領にはなっておらず、属領として一定の自治権が与えられた状態だったのである。.

新しい!!: ヤン・マテイコとスタンチク · 続きを見る »

タンネンベルクの戦い (1410年)

タンネンベルクの戦いあるいはグルンヴァルトの戦いは、1410年7月15日、ポーランド王国・リトアニア大公国連合軍とドイツ騎士団の間で戦われた戦闘である。現在のポーランドのヴァルミア・マズールィ県にある、グルンヴァルト村・ステンバルク(タンネンベルク)村と村の間にある平原で戦われた。この戦いで勝利をおさめたポーランド・リトアニアはさらに勢力を拡大、ヨーロッパで最大の版図をもつ強国として最盛期を迎えることになる。.

新しい!!: ヤン・マテイコとタンネンベルクの戦い (1410年) · 続きを見る »

タデウシュ・レイタン

タデウシュ・レイタン(、あるいはとも、1742年8月20日 - 1780年8月8日)はポーランド貴族(シュラフタ)でセイムの代表議員である。セイムの連盟化に対し肯定的なの行使によって抵抗を試みた事で認知されている。.

新しい!!: ヤン・マテイコとタデウシュ・レイタン · 続きを見る »

タデウシュ・コシチュシュコ

アンジェイ・タデウシュ・ボナヴェントゥラ・コシチュシュコ (Andrzej Tadeusz Bonawentura Kościuszko 、1746年2月4日 - 1817年10月15日)はポーランド・リトアニア共和国の将軍にして政治家、アメリカ合衆国の軍人で、1794年の蜂起の指導者としてポーランドとリトアニアでは国民的英雄である。 名前はアンドレーイ・タデーヴシュ・バナヴャントゥーラ・カシツューシュカ(Андрэ́й Тадэ́вуш Банавянту́ра Касьцю́шка )、ターダス(あるいはタデーウシャス)・コーシツュシュカ(Tadas/Tadeušas Kosciuška )、アンドルー・サディアス(あるいはサディーアス)・バナヴェンチャー・カスキアスコウ(あるいはカスィアスコウ(Andrew Thaddeus Bonaventure Kosciusko )など、言語によって呼び方/発音が異なる。 ポーランド語のカナ表記でも、コシチュシコ、コシチューシュコなどとも表記され、従来、日本ではコシューシコと表記されることが多かった。.

新しい!!: ヤン・マテイコとタデウシュ・コシチュシュコ · 続きを見る »

サルコファガス

ルコファガス(sarcophagus)とはエジプト石棺のことで、死体またはもう一つの棺を中におさめる容れ物古代エジプト百科, pp.

新しい!!: ヤン・マテイコとサルコファガス · 続きを見る »

サロン・ド・パリ

ン・ド・パリ()は、フランスの王立絵画彫刻アカデミーが18世紀にパリで開催するようになった公式美術展覧会。その後、フランスの政体が変わりながらも1880年までアカデミーまたは政府によって開催され、官展ともいう。1881年以降は、が開催する民間のサロンに引き継がれた。.

新しい!!: ヤン・マテイコとサロン・ド・パリ · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: ヤン・マテイコと第二次世界大戦 · 続きを見る »

第二次ウィーン包囲

二次ウィーン包囲(だいにじウィーンほうい)は、1683年に行われたオスマン帝国による最後の大規模なヨーロッパ進撃作戦である。オスマン軍はオーストリアの首都にして神聖ローマ皇帝の居城であるウィーンを大軍をもって攻撃したが、拙速な作戦により包囲戦を長期化させ、最後は反オスマン帝国を掲げて結集した中央ヨーロッパ諸国連合軍によって包囲を打ち破られるという惨憺たる敗北に終わり、この包囲戦を契機にオーストリア、ポーランド、ヴェネツィア、ロシアらからなる神聖同盟とオスマン帝国は16年間にわたる長い大トルコ戦争に突入した。その結果、歴史上初めてオスマン帝国がヨーロッパ諸国に大規模な領土の割譲を行った条約として知られる1699年のカルロヴィッツ条約締結に至った。.

新しい!!: ヤン・マテイコと第二次ウィーン包囲 · 続きを見る »

素描

素描(そびょう、すがき)、デッサン()、ドローイング()とは、物体の形体、明暗などを平面に描画する美術の制作技法、過程、あるいは作品のこと。これに準ずるものを指す場合もある。これについては後述する。.

新しい!!: ヤン・マテイコと素描 · 続きを見る »

機能主義 (社会学)

機能主義(きのうしゅぎ、functionalism)は、社会的諸部分によるある事象を、それ以外の事象ないしより上位の社会的全体に対して何らかのかたちで貢献するか否かという視点から捉え、評価し解釈する方法論的アプローチである。パーソンズに始まる社会システム論(構造機能主義)、ロバート・マートンの中範囲理論、G.H.ミードに発するシンボリック相互作用論、ピーター・ブラウらの社会的交換理論を総称して「機能主義社会学」と呼ばれることも多い。機能(function)概念は、関数(function)の意も併せ持つ。カッシーラーによって「実体概念」から「関数概念」へと学問的展開がたどられ、機能と関数は科学史上共通の基盤をもつものとみなされた。.

新しい!!: ヤン・マテイコと機能主義 (社会学) · 続きを見る »

11月1日

11月1日(じゅういちがつついたち)はグレゴリオ暦で始から305日目(閏年では306日目)にあたり、年末まであと60日ある。.

新しい!!: ヤン・マテイコと11月1日 · 続きを見る »

1838年

記載なし。

新しい!!: ヤン・マテイコと1838年 · 続きを見る »

1846年

記載なし。

新しい!!: ヤン・マテイコと1846年 · 続きを見る »

1851年

記載なし。

新しい!!: ヤン・マテイコと1851年 · 続きを見る »

1852年

記載なし。

新しい!!: ヤン・マテイコと1852年 · 続きを見る »

1858年

記載なし。

新しい!!: ヤン・マテイコと1858年 · 続きを見る »

1859年

記載なし。

新しい!!: ヤン・マテイコと1859年 · 続きを見る »

1860年

記載なし。

新しい!!: ヤン・マテイコと1860年 · 続きを見る »

1863年

記載なし。

新しい!!: ヤン・マテイコと1863年 · 続きを見る »

1864年

記載なし。

新しい!!: ヤン・マテイコと1864年 · 続きを見る »

1865年

記載なし。

新しい!!: ヤン・マテイコと1865年 · 続きを見る »

1867年

記載なし。

新しい!!: ヤン・マテイコと1867年 · 続きを見る »

1873年

記載なし。

新しい!!: ヤン・マテイコと1873年 · 続きを見る »

1893年

記載なし。

新しい!!: ヤン・マテイコと1893年 · 続きを見る »

1月蜂起

ポロニア、1863年」ヤン・マテイコ画、1864年。1863年1月の蜂起失敗後に描かれた作品。囚人たちがシベリアへの移送を待つ情景を描いている。ロシア人の官吏と兵士は、鍛冶屋が黒衣を着た若い女性(擬人化されたポーランド)に手枷をはめるのを眺めている。彼女と引き離されようとしている奥の白衣の女性はリトアニアを象徴している。 1月蜂起または1863年蜂起(ポーランド語:powstanie styczniowe;リトアニア語:1863 m. sukilimas)は、旧ポーランド・リトアニア共和国領(現在のポーランド、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ北部とロシア西端部)で発生したロシア帝国に対する武装蜂起。1863年1月22日に始まり、1864年4月11日に終結した。最後の反乱者たちが掃討された1865年まで続いたとする場合もある。 蜂起はポーランドの青年がロシア帝国軍に徴兵されることに対する抗議運動と同時に始まり、すぐにポーランド人やリトアニア人の高官や様々な政治家も参加した。反乱軍は規模が小さく、諸外国からの本格的な支援も無かったため、必然的にゲリラ戦術を採用することを余儀なくされた。彼ら反乱軍はいかなる軍事的勝利を得ることも、どの主要都市や要塞を占拠することも出来なかったが、小作農たちを民族運動から遠ざけようと企図された、ロシア領ポーランド地域における農奴制廃止の効果を薄れさせることには成功した。反乱の参加者たちには処刑やシベリアへの流刑といった残酷な報復が待っていた。こうしたロシア政府の厳しい対応のおかげで、ポーランド・リトアニアの人々はさらなる軍事闘争を引き起こすのをあきらめ、「有機的労働」(Organic work)の理念を受け入れて経済面や文化面での国力強化に専念するようになった。.

新しい!!: ヤン・マテイコと1月蜂起 · 続きを見る »

5月3日憲法

タニスワフ2世(左側の立派なマントの男性)が、新憲法を公布する聖ヨハネ大聖堂に入る。この直前に新憲法が奥の王宮で採択された。 5月3日憲法(ごがつみっかけんぽう、Konstytucja Trzeciego Maja)は、ポーランド・リトアニア共和国(以下「ポーランド」)の憲法である。1791年5月3日に議会(セイム)で採択されたことからこの名がある。.

新しい!!: ヤン・マテイコと5月3日憲法 · 続きを見る »

6月24日

6月24日(ろくがつにじゅうよっか、ろくがつにじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から175日目(閏年では176日目)にあたり、年末まであと190日ある。誕生花はバラ、バーベナ。.

新しい!!: ヤン・マテイコと6月24日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »