ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ヤコブ・ヴァン・アルテベルデ

索引 ヤコブ・ヴァン・アルテベルデ

ヤコブ・ファン・アルテフェルデ(Jacob van Artevelde, 1290年頃 - 1345年7月24日)は、中世フランドルの政治家。百年戦争の初期にフランドル都市連合の指導者となった。賢人、ヘント(ガン)の醸造者などと呼ばれる。 ヘントの商人の家に生まれ、毛織物で財をなした後、醸造業を営んだ。百年戦争に向かうイングランド王とフランス王の対立は、イングランドの羊毛に頼るフランドルの経済に大きな打撃を与えた。フランドル諸都市は経済的なつながりから親イングランドであったが、フランス王の力でフランドル伯となったルイ1世(ルイ・ド・ヌヴェール)は親フランス政策を取っていた。 1337年にアルテフェルデはヘントの他、ブルッヘ、イーペルを中心としたフランドル都市連合の成立を呼びかけて連合の指導者となり、フランドル伯を追放して、当初は英仏に対する中立政策を取った。しかし、フランス王フィリップ6世はフランドル伯の復帰を要求したため、1340年にフランドル都市連合はイングランド王エドワード3世をフランス王として認め、同盟(封建的臣従)関係を結んだ。 アルテフェルデは半独裁体制を確立し、1345年までフランドルを繁栄に導いたが、エドワード3世の息子の1人をフランドル伯に擁立しようとしているという噂が流れ、1345年7月24日に民衆暴動により殺害された。 息子のフィリップが後にフランドルの指導者(1381年 - 1382年)となっている。.

23 関係: 同盟封建制中世ルイ1世 (フランドル伯)ヘントブルッヘフランドルフランドル伯フランス王国フィリップ6世 (フランス王)イングランド王国イーペルウールエドワード3世 (イングランド王)独裁政治百年戦争毛織物政治家1290年1337年1340年1345年7月24日

同盟

同盟(どうめい)とは.

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデと同盟 · 続きを見る »

封建制

封建制(ほうけんせい)は、君主の下にいる諸侯たちが土地を領有してその土地の人民を統治する社会・政治制度。諸侯たちは、領有統治権のかわりに君主に対して貢納や軍事奉仕などといった臣従が義務づけられ、領有統治権や臣従義務は一般に世襲される。日本史においては主に、鎌倉時代から江戸時代にかけての「武家の世」の社会・政治制度を表す言葉として用いられている。封建制は、中国古代の統治制度に由来する概念であるとともに、ヨーロッパ中世の社会経済制度であるフューダリズムの訳語でもあり、2つの意味が相互に影響している面もある。 中国では、封建制と郡県制の是非について「歴千百年」の議論が続いた。日本では中国古典とともに封建制の概念も持ち込まれ、頼山陽など江戸時代の知識人は、鎌倉幕府成立以来の武家政権体制を中国古代と似たものと考え、封建制の概念を用いて日本史を論じた。明治維新で実施された版籍奉還や廃藩置県には、こうした頼山陽らの封建制についての議論が影響している。一方、ヨーロッパ特にドイツでは、中世を特徴づける社会経済制度としてフューダリズム(ドイツ語:Feudalismus、英語:Feudalism)やレーエン(ドイツ語:Lehen)が盛んに研究されていた。明治時代半ばにレーエンを中心にフューダリズムが日本に紹介されると、フューダリズムと封建制は類似しているとされ、フューダリズムの訳語として封建制が用いられるようになった。その後、ドイツの歴史学派による経済発展段階説やマルクス経済学の唯物史観が日本に紹介されると、封建制(フューダリズム)は農奴制に結びつく概念となった。.

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデと封建制 · 続きを見る »

中世

中世(ちゅうせい、英語:middle ages)は、狭義には西洋史の時代区分の一つで、古代よりも後、近代または近世よりも前の時代を指す。17世紀初頭の西洋では中世の観念が早くも定着していたと見られ、文献上の初見は1610年代にまでさかのぼる。 また、広義には、西洋史における中世の類推から、他地域のある時代を「中世」と呼ぶ。 ただし、あくまでも類推であって、西洋史における中世と同じ年代を指すとは限らないし、「中世」という時代区分を用いない分野のことも多い。 また、西洋では「中世」という用語を専ら西洋史における時代区分として使用する。 例えば英語では日本史における「中世」を通常は「feudal Japan」(封建日本)や「medieval Japan」(中世日本)とする。.

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデと中世 · 続きを見る »

ルイ1世 (フランドル伯)

ルイ1世(Louis I, 1304年頃 - 1346年8月26日)は、フランドル伯(在位:1322年 - 1346年)。ヌヴェール伯(ルイ2世またはルイ・ド・ヌヴェール、在位:同)、ルテル伯(ルイ2世、在位:1328年 - 1346年)でもあった。父はフランドル伯ロベール3世の長男であるヌヴェール伯ルイ1世、母はルテル伯ユーグ4世の娘ジャンヌ。.

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデとルイ1世 (フランドル伯) · 続きを見る »

ヘント

市庁舎 鐘楼 ベギン会小修道院 ヘント(Gent、Gand、Ghent古くは) は、ベルギー・フランデレン地域のオースト=フランデレン州にある都市で、同州の州都。(ベルギーの言語事情についてはベルギー#言語を参照)。 南東に位置するブリュッセル、北東に位置するアントウェルペンに次ぐベルギー第3の都市。南西に位置するフランスのリールにも近い。花の都市という異名を持つ。日本では、英語(Ghent)あるいはドイツ語(Gent)由来のゲント、フランス語(Gand)由来のガンの名で呼ばれることも多い。 フーベルト・ファン・エイクとヤン・ファン・エイクの代表作である「神秘の子羊」を所蔵することでも知られている。.

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデとヘント · 続きを見る »

ブルッヘ

ブルッヘまたはブリュッヘ、ブルグ、ブラヘなど(フラマン語(オランダ語):Brugge )、ブリュージュ(仏語:Bruges )、ブルージュ(英語:Bruges )は、ベルギー北西部、フランデレン地域の都市で、ウェスト.

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデとブルッヘ · 続きを見る »

フランドル

フランドル(Vlaanderen、Flandre、Flandern)は、旧フランドル伯領を中心とする、オランダ南部、ベルギー西部、フランス北部にかけての地域。中世に毛織物業を中心に商業、経済が発達し、ヨーロッパの先進的地域として繁栄した。.

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデとフランドル · 続きを見る »

フランドル伯

フランドル伯()は、現在のベルギー北部、フランス北部のフランドルを864年から1795年まで支配した領主、またはその称号。.

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデとフランドル伯 · 続きを見る »

フランス王国

フランス王国(フランスおうこく、Royaume de France)は、現在のフランス共和国の領域にかつて存在し、その前身となった王国。起源はフランク王国に遡り、「フランス王国」の名も「フランク王国」の発音が変化したものである。また、西フランク王国とフランス王国は同一の王国を指す歴史学上の別名であり、一般にはユーグ・カペーが西フランク王に即位した987年以降の西フランク王国を指して「フランス王国」と呼び、それ以前のフランス王国を指して西フランク王国と呼ぶ。これを前提とすると、1789年のフランス革命まで800年間、さらに1848年にオルレアン朝が倒れて王政が廃止されるまで、第一共和政・第一帝政期(1792年 - 1814年)を挟んで約840~860年間、存続したことになる。.

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデとフランス王国 · 続きを見る »

フィリップ6世 (フランス王)

フィリップ6世(Philippe VI de Valois, 1293年 - 1350年8月22日)はヴァロワ朝初代のフランス王(在位:1328年 - 1350年)。アンジュー伯、メーヌ伯を兼ねる。フィリップ3世の四男ヴァロワ伯シャルルと最初の妃マルグリット・ダンジューの子。最初の妃はブルゴーニュ公ロベール2世の娘ジャンヌ。最晩年にエヴルー伯・ナバラ王フィリップ・デヴルーの娘ブランシュ・デヴルーと再婚した。.

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデとフィリップ6世 (フランス王) · 続きを見る »

イングランド王国

イングランド王国(イングランドおうこく、英語:Kingdom of England)は、927年のアングロ=サクソン七王国の一つウェセックス王国の王アゼルスタンのイングランド全土統一から、1707年のスコットランド王国との合同まで存在した国家。ウェセックス王エグバートの825年のイングランド統一から最初のイングランド王と言われることが多いが、実際の称号はブレトワルダ(覇王)であった。 スコットランド王であったステュアート朝のジェームズ1世が1603年に王位を兼ねて以来、スコットランドとは同君連合の関係にあったが、アンの時代の1707年の合同法により、スコットランド王国と合同してグレートブリテン王国となった。.

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデとイングランド王国 · 続きを見る »

イーペル

イーペル(、イープル、)は、ベルギー西部、フランデレン地域のウェスト.

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデとイーペル · 続きを見る »

ウール

刈り取られたウール ウール (wool) とは、羊の毛(=羊毛、ようもう)のことで、動物繊維の一種である。羊毛を用いた糸や(=毛糸)や織った布(=毛織物)もウールと呼ばれる。一般的には羊の毛を指すが、広義ではアンゴラ・アルパカ・ラクダの毛も含まれる。.

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデとウール · 続きを見る »

エドワード3世 (イングランド王)

ドワード3世(Edward III, 1312年11月13日 - 1377年6月21日)は、プランタジネット朝のイングランド王(在位:1327年 - 1377年)。50年間在位し、イングランドを強国に育て上げ、百年戦争を開始した。父はエドワード2世、母はフランス王フィリップ4世の娘イザベラ。妃はエノー伯ギヨーム1世の娘フィリッパ。長男にエドワード黒太子がいる。神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世は義兄にあたる。.

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデとエドワード3世 (イングランド王) · 続きを見る »

独裁政治

裁政治(どくさいせいじ)とは、一個人、少数者または一党派が絶対的な政治権力を独占して握る政治体制を指す。独裁制とも言う。.

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデと独裁政治 · 続きを見る »

百年戦争

年戦争(ひゃくねんせんそう、Hundred Years' War、Guerre de Cent Ans)は、フランス王国の王位継承をめぐるヴァロワ朝フランス王国と、プランタジネット朝およびランカスター朝イングランド王国の戦い。現在のフランスとイギリスの国境線を決定した戦争である。百年戦争は19世紀初期にフランスで用いられるようになった呼称で、イギリスでも19世紀後半に慣用されるようになった。 伝統的に1337年11月1日のエドワード3世によるフランスへの挑戦状送付から1453年10月19日のボルドー陥落までの116年間の対立状態を指すが、歴史家によっては、実際にギュイエンヌ、カンブレーにおいて戦闘が開始された1339年を開始年とする説もある。いずれにしても戦争状態は間欠的なもので、休戦が宣言された時期もあり、終始戦闘を行っていたというわけではない。 両国とも自国で戦費を賄うことができなかった。フランスはジェノヴァ共和国に、イングランドはヴェネツィア共和国に、それぞれ外債を引き受けさせた。.

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデと百年戦争 · 続きを見る »

毛織物

毛織物(けおりもの)は、動物の毛で作った糸で織られた織物である。 一般には羊の毛である「ウール」が知られているが、アンゴラヤギの「モヘヤ」、カシミアヤギの「カシミア」、ラクダの「キャメル」、アルパカの「アルパカ」などが知られている。 使用する糸の製法の違いで梳毛と紡毛とに大きく分類される。梳毛糸は比較的長い毛を選別し梳いて作成し、生地は薄く艶がありスーツなどに用いられる。紡毛糸は短い毛も利用し紡いで作成し、生地は毛羽立ちツイードやコートなどに用いられる。 日本でも古くから越後国が「兎褐(とかち)」と呼ばれるウサギの毛を織り込んだ毛織物の産地として知られており、『扶桑略記』にも慶雲元年(704年)に朝廷に献上された記事が存在する。もっともこれは限定的なものであり、本格的な毛織物工業の成立は明治時代以後のことである。.

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデと毛織物 · 続きを見る »

政治家

政治家(せいじか)とは、職業として政治に携わっている者のことである。.

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデと政治家 · 続きを見る »

1290年

記載なし。

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデと1290年 · 続きを見る »

1337年

記載なし。

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデと1337年 · 続きを見る »

1340年

記載なし。

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデと1340年 · 続きを見る »

1345年

記載なし。

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデと1345年 · 続きを見る »

7月24日

7月24日(しちがつにじゅうよっか、しちがつにじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から205日目(閏年では206日目)にあたり、年末まであと160日ある。誕生花はエンレイソウ、オシロイバナ。.

新しい!!: ヤコブ・ヴァン・アルテベルデと7月24日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »