ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

モーリス・ルブラン

索引 モーリス・ルブラン

モーリス・マリー・エミール・ルブラン(Maurice Marie Émile Leblanc, 1864年12月11日 - 1941年11月6日)は、フランスの小説家。 怪盗紳士「アルセーヌ・ルパン」の生みの親として知られる。ルブランの「ルパン」は、しばしばイギリスの作家アーサー・コナン・ドイルの生んだ「シャーロック・ホームズ」と対比される。.

44 関係: うっ血大衆小説女探偵ドロテ奇巌城宮崎恭子小説家仲代達矢ペルピニャンノルマンディーライヘンバッハの滝ルーアンルパン最後の恋レジオンドヌール勲章パリフランスファーストコンタクトアルセーヌ・ルパンアーサー・コナン・ドイルイギリスエミール・ガボリオエトルタエドガー・アラン・ポーオノレ・ド・バルザックギュスターヴ・フローベールギ・ド・モーパッサンクロード・モネシャーロック・ホームズシャーロック・ホームズシリーズジョルジェット・ルブランジル・ブラスジェリコ公爵ジェイムズ・フェニモア・クーパーサイエンス・フィクション純文学赤い数珠推理小説11月11日11月6日12月11日1864年1905年1915年1941年813 (小説)

うっ血

うっ血(鬱血、うっけつ、congestion) は、血栓などの様々な要因によって臓器組織内の静脈や毛細血管内の血流が停滞し増加した状態を示す。充血の定義に含まれることもある。「鬱」の字が2010年の改訂までは常用漢字外だったため、まぜ書きで「うっ血」と書かれることがある。うっ血が持続すると局所の実質細胞は低酸素症のため変性、萎縮、壊死を起こす。局所の徴候として、暗赤色、冷感、腫脹が挙げられる。 うっ血性心不全や心臓弁膜症、急性心筋梗塞などの心臓に起因する全身性、静脈血栓症のように静脈が血栓や炎症などにより閉塞もしくは狭窄する局所性などがある。.

新しい!!: モーリス・ルブランとうっ血 · 続きを見る »

大衆小説

大衆小説(たいしゅうしょうせつ)、大衆文学(たいしゅうぶんがく)は、純文学に対して「芸術性」よりも「娯楽性」に重きを置いている小説の総称。「娯楽小説」「娯楽文学」も同義語。「通俗小説」「通俗文学」とも呼ばれた。.

新しい!!: モーリス・ルブランと大衆小説 · 続きを見る »

女探偵ドロテ

『女探偵ドロテ』(おんなたんていドロテ、原題:Dorothée danseuse de corde)は、モーリス・ルブランが1923年に発表した小説。原題に即した『綱渡りのドロテ』というタイトルの邦訳もある。 孤児と共にサーカス団を結成し、その座長を務める綱渡り芸人兼ダンサーの美女ドロテが、彼女の祖先であり200年前に自身の復活を夢見て眠りに就いたボーグルバル侯爵が残した「イン・ロボール・フォルチュナ(In robore fortuna)」という言葉を手がかりに宝を探し求め、同じく侯爵の宝を狙う侯爵の子孫や悪漢たちと争う。 『カリオストロ伯爵夫人』で語られた「4つの謎」の一つが物語の主題であるため、準ルパンものとして扱われる事がある。 主人公のドロテに思いを寄せる登場人物の1人にラウール・ダベルノワがいるが、「王妃の首飾り(Le Collier de la reine)」(『怪盗紳士ルパン』に収録)や『カリオストロ伯爵夫人』において、アルセーヌ・ルパンがラウール、ラウール・ダンドレジーを名乗っていることから、ラウール・ダベルノワがルパンではないかとする説がある。本作の日本語訳を行った保篠竜緒、南洋一郎、長島良三らがラウール・ダベルノワ.

新しい!!: モーリス・ルブランと女探偵ドロテ · 続きを見る »

奇巌城

奇巌城(きがんじょう、「奇岩城」とも、原題:L'Aiguille creuse)は、モーリス・ルブランのアルセーヌ・ルパンシリーズの一篇。1909年発表。.

新しい!!: モーリス・ルブランと奇巌城 · 続きを見る »

宮崎恭子

宮崎 恭子(みやざき やすこ、1931年5月15日 - 1996年6月27日)は、日本の演出家、女優、脚本家。無名塾創設者。本名・仲代 恭子(旧姓・宮崎)。脚本家としての筆名(別名)として隆 巴(りゅう ともえ)を持つ。夫は俳優の仲代達矢、妹は元フジテレビアナウンサーでニュースキャスターの宮崎総子。.

新しい!!: モーリス・ルブランと宮崎恭子 · 続きを見る »

小説家

小説家(しょうせつか)とは、継続的に小説作品の著述・発表を行っている者。 「小説家」と「小説の著者」とを明確に区別する基準は無い。一般的に小説家とは、職業として執筆した作品によって収入を得ている者をはじめ、兼業で、他の職業と両立して執筆している場合も「小説家」と呼ぶ場合が多い。小説による収入は少なく、講演活動や小説以外の著述で生計を維持している著作家の場合でも、作品が広く知られているために一般に小説家と見なされているケースも多いが、作品数が少ないか作品が広く出版されていない場合、小説家と見なされないのが普通である。 特に、著述を主たる職業とする者を「職業作家」・あるいは「プロの小説家」などと呼ぶこともある。一方で「アマチュア小説家」という言葉も存在するが、アマチュアである小説家の意で使われるだけでなく、著述活動が小説家と呼ぶには足りない者、という意味合いで使われることも多い。石原慎太郎など、小説が広く出版されて固定したファンもいる状況でありながら、正業として別に職業を持っている作家・いわゆる「兼業作家」もまた多く存在する。特に出版不況のもとでは、商業文芸雑誌に作品が掲載されても、それが単行本とならないケースも多く存在するため、有名人のゴーストライターを務めたり、兼業(文筆業とは限らない)を強いられるケースが少なくない。また、文学作家の中でも、大家・大作家のことを特に文豪と呼ぶこともある。.

新しい!!: モーリス・ルブランと小説家 · 続きを見る »

仲代達矢

仲代 達矢(なかだい たつや、1932年12月13日 - )は、日本の俳優。無名塾主宰。 愛称はモヤもともと仲代の少年時代に、本名・元久の「モ」と、「ねえや」「ばあや」の「ヤ」をかけあわせて母親が呼び始めた愛称である。また「靄」と掛けて、激しい役を演じている最中でも、演技を離れれば温和でぼんやりしていることも多い仲代の様子や、彼の顔の摑みどころのない独特の雰囲気、声に抑揚があまりない、という特徴なども思い起こさせるうってつけの語感を持つことから、芸能界に入ってからも多くの人にこの綽名で呼ばれ続けている。。仕事所属。本名は仲代 元久(なかだい もとひさ)。.

新しい!!: モーリス・ルブランと仲代達矢 · 続きを見る »

ペルピニャン

ペルピニャン(フランス語:Perpignan、カタルーニャ語:Perpinyà パルピニャー)はフランス南部、オクシタニー地域圏、ピレネー=オリアンタル県の県庁所在地。周辺のコミューンを含め人口約28万人の都市圏を形成している。フランス領カタルーニャ(北カタルーニャ)の中心都市。.

新しい!!: モーリス・ルブランとペルピニャン · 続きを見る »

ノルマンディー

ノルマンディーの地図 ノルマンディー(、、ノルマン語: )は、イギリス海峡に臨むフランス北西部の地方で、王政時代の州である。今日では地理的、文化的意味合いも持つ。ノルマンディ、ノルマンジーとも表記される。 ノルマンディー地域圏の総称である一方、ガーンジー島とジャージー島の代官区から構成されるノルマンディー公領は、ノルマンディー公の称号を持つグレートブリテン君主の宗主権下にある。.

新しい!!: モーリス・ルブランとノルマンディー · 続きを見る »

ライヘンバッハの滝

ライヘンバッハの滝(ライヘンバッハのたき、Reichenbachfall)は、スイスにある落差250メートル(656フィート)、幅90メートル(300フィート)の滝である。アルプス山脈でも最も高所にある滝のひとつである。 ふもとにあるマイリンゲン(Meiringen)の町は、メレンゲ(砂糖と卵白でできたペストリー)の発祥の地ともいわれている。.

新しい!!: モーリス・ルブランとライヘンバッハの滝 · 続きを見る »

ルーアン

ルーアン(Rouen, ルアンとも)は、フランス西部に位置する都市で、ノルマンディー地域圏の首府、セーヌ=マリティーム県の県庁所在地である。.

新しい!!: モーリス・ルブランとルーアン · 続きを見る »

ルパン最後の恋

『ルパン最後の恋』(ルパンさいごのこい、原題:Le Dernier Amour d'Arsène Lupin)は、モーリス・ルブランのアルセーヌ・ルパンシリーズの一篇。1936年から1937年にかけて執筆されたが、発表は2012年となった。ルパンシリーズ18作目の長編(戯曲「ルパンの冒険」を含む)にして、シリーズ最終作品である。作者ルブランの死去により、最終稿には達せず推敲が不十分なままとされている(後述)。『ルパン、最後の恋』の表記もある。.

新しい!!: モーリス・ルブランとルパン最後の恋 · 続きを見る »

レジオンドヌール勲章

レジオンドヌール勲章(レジオンドヌールくんしょう、L'ordre national de la légion d'honneur ロルドル・ナショナル・ド・ラ・レジオン・ドヌール、「名誉軍団国家勲章」)は、統領政府期にナポレオン・ボナパルトによって制定されたフランスの栄典制度である。レジオン・ドヌール勲章とも表記されている。現在もフランスの最高勲章として存在する。.

新しい!!: モーリス・ルブランとレジオンドヌール勲章 · 続きを見る »

パリ

ランドサット パリの行政区 パリ(Paris、巴里)は、フランス北部、イル=ド=フランス地域圏にある都市。フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。 フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。.

新しい!!: モーリス・ルブランとパリ · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: モーリス・ルブランとフランス · 続きを見る »

ファーストコンタクト

ファーストコンタクト(first contact)は、異なる文明または種族間における、個人または組織間の最初の相互接触のことである。.

新しい!!: モーリス・ルブランとファーストコンタクト · 続きを見る »

アルセーヌ・ルパン

アルセーヌ・ルパン(Arsène Lupin)は、フランスの小説家モーリス・ルブランが発表した推理小説・冒険小説「アルセーヌ・ルパンシリーズ」の主人公である怪盗、およびシリーズの総称。20世紀初頭の翻訳では「リュパン」と表記されていることがある。 アルセーヌ・ルパンシリーズは、1905年から四半世紀以上にわたって執筆された、フランスの人気小説にしてルブランの代表作である。前期の作品では神出鬼没の「怪盗紳士アルセーヌ・ルパン」の話がメインだが、中盤は「ドン・ルイス・ペレンナ」の愛国冒険もの、後期は「探偵ジム・バーネット」などの探偵もの、本名「ラウール」の名を用いた恋愛冒険ものになるなど、バリエーションが豊かで前期の作品と後期の作品ではそれぞれ趣きも異なる。.

新しい!!: モーリス・ルブランとアルセーヌ・ルパン · 続きを見る »

アーサー・コナン・ドイル

ー・アーサー・イグナティウス・コナン・ドイルスタシャワー(2010) p.40(Sir Arthur Ignatius Conan Doyle,,, 1859年5月22日 – 1930年7月7日)は、イギリスの作家、医師、政治活動家。 推理小説・歴史小説・SF小説などを多数著した。とりわけ『シャーロック・ホームズ』シリーズの著者として知られ、現代のミステリ作品の基礎を築いた。SF分野では『失われた世界』、『』などチャレンジャー教授が活躍する作品群を、また歴史小説でも『』やシリーズなどを著している。 1902年にナイトに叙せられ、「サー」の称号を得た。.

新しい!!: モーリス・ルブランとアーサー・コナン・ドイル · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: モーリス・ルブランとイギリス · 続きを見る »

エミール・ガボリオ

ミール・ガボリオ エティエンヌ・エミール・ガボリオ(Etienne Èmile Gaboriau、1832年11月9日 - 1873年9月28日)はフランスの大衆小説作家。.

新しい!!: モーリス・ルブランとエミール・ガボリオ · 続きを見る »

エトルタ

トルタのパノラマ エトルタ (Étretat)は、フランス、ノルマンディー地域圏、セーヌ=マリティーム県のコミューン。石灰岩質の断崖が続く海岸にある。.

新しい!!: モーリス・ルブランとエトルタ · 続きを見る »

エドガー・アラン・ポー

ドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe、1809年1月19日 - 1849年10月7日)は、アメリカ合衆国の小説家、詩人、評論家。マサチューセッツ州ボストンに生まれる。旅役者であった両親を早くに失い(父親は蒸発、母親は死亡)、名づけ親の商人アラン家に引き取られ、幼少期の一時期をロンドンで過ごした。帰国後17歳でヴァージニア大学に進む。学業成績は極めて優秀で、詩人としても認められるが、賭博、大酒で悪名を馳せる。養父アランと賭博の借金が原因で仲たがいになり退学。家を出て陸軍に入隊。いったん除隊して養父とのよりを戻し、こんどは士官学校に入学するもなじめず、規則違反行為で退学処分。その後、文筆で身をたてるべく詩や短編小説を創作し始める。(筆名には、養家名のアランをそのまま名乗ることはなく、ほとんどエドガー・A・ポー、あるいはエドガー・ポーとしている) ゴシック風の恐怖小説「アッシャー家の崩壊」「黒猫」、世界初の推理小説と言われる「モルグ街の殺人」、暗号小説の草分け「黄金虫」など多数の短編作品を発表、また1845年の詩「大鴉」でも評判を取った。また同時に有能な雑誌編集者であり、文芸批評家でもあったが、飲酒の悪癖などでトラブルを起こす癖はなおらず、いくつもの出版社を渡り歩いた。1833年、当時まだ13歳だった従妹ヴァージニア・クレムと結婚するが、1847年に貧苦の中で結核によって彼女を失い、その2年後にポー自身も謎めいた死を遂げた。 ポーはアメリカにおいて文筆だけで身を立てようとした最初の著名な作家であったが、文名を得てからもその生活はほぼ常に貧窮の中にあった。その作品は当初は本国よりもむしろヨーロッパで評価され、特にボードレールによるポーの翻訳はフランス象徴派の文学観形成に大きく寄与した。またポーが「モルグ街の殺人」で作り出したC・オーギュスト・デュパンの人物像は以後の推理小説における探偵の原型となっており、ポーは近代推理小説の開祖とみなされている。そのほか科学的知見を取り入れた『アーサー・ゴードン・ピムの物語』などの冒険譚はジュール・ヴェルヌら後世のSF作家にも影響を与えている。.

新しい!!: モーリス・ルブランとエドガー・アラン・ポー · 続きを見る »

オノレ・ド・バルザック

ノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac, 1799年5月20日 - 1850年8月18日)は、19世紀のフランスを代表する小説家。なおド・バルザックの「ド」は、貴族を気取った自称である。 イギリスの作家サマセット・モームは、『世界の十大小説』のなかで、バルザックを「確実に天才とよぶにふさわしい人物」と述べている。バルザックは90篇の長編・短編からなる小説群『人間喜劇』を執筆した。これは19世紀ロシア文学(ドストエフスキー、レフ・トルストイ)のさきがけとなった写実的小説群である。 『レ・ミゼラブル』で著名なヴィクトル・ユーゴーや、アレクサンドル・デュマの親友でもある。.

新しい!!: モーリス・ルブランとオノレ・ド・バルザック · 続きを見る »

ギュスターヴ・フローベール

ュスターヴ・フローベール(フロベール)(Gustave Flaubert 、1821年12月12日 - 1880年5月8日)はフランスの小説家。ルーアンの外科医の息子として生まれる。当初は法律を学ぶが、のち文学に専念。1857年に4年半の執筆を経て『ボヴァリー夫人』を発表、ロマンティックな想念に囚われた医師の若妻が、姦通の果てに現実に敗れて破滅に至る様を怜悧な文章で描き、文学上の写実主義を確立した。他の作品に『感情教育』『サランボー』『ブヴァールとペキュシェ』など。 フロベールは作品の中から作者の主観を排除し、客観的で精密な文体を通じて作中の人物に自己を同化させることを信条とした。風紀紊乱の罪が問われた『ボヴァリー夫人』裁判中に語ったといわれる「ボヴァリー夫人は私だ」という言葉は、彼の文学的信念を端的に表すものとしてよく知られている。.

新しい!!: モーリス・ルブランとギュスターヴ・フローベール · 続きを見る »

ギ・ド・モーパッサン

・ド・モーパッサン(モパサン)(アンリ・ルネ・アルベール・ギ・ド・モーパッサン(Henri René Albert Guy de Maupassant )、1850年8月5日 - 1893年7月6日)は、フランスの自然主義の作家、劇作家、詩人。『女の一生』などの長編6篇、『脂肪の塊』などの短篇約260篇、ほかを遺した。20世紀初期の日本の作家にも影響を与えた。.

新しい!!: モーリス・ルブランとギ・ド・モーパッサン · 続きを見る »

クロード・モネ

ード・モネ(, 1840年11月14日 - 1926年12月5日)は、印象派を代表するフランスの画家。.

新しい!!: モーリス・ルブランとクロード・モネ · 続きを見る »

シャーロック・ホームズ

ャーロック・ホームズ (Sherlock Holmes) は、19世紀後半に活躍したイギリスの小説家・アーサー・コナン・ドイルの創作した、シャーロック・ホームズシリーズの主人公である、架空の探偵。 彼の活躍する一連の作品は大ヒットして、推理小説の分野に一つの頂点を築いた。その魅力は今なお衰えず、世界中で読み継がれている。.

新しい!!: モーリス・ルブランとシャーロック・ホームズ · 続きを見る »

シャーロック・ホームズシリーズ

ャーロック・ホームズの帽子とパイプと虫メガネ シャーロック・ホームズシリーズ(Sherlock Holmes)は、小説家アーサー・コナン・ドイルの作品で、シャーロック・ホームズと、友人で書き手のジョン・H・ワトスンの織り成す冒険小説の要素を含む推理小説である。 1887年から1927年にかけて、60編(長編4、短編56)が発表された。長編として発表した第1作、第2作は人気が出なかったが、イギリスの月刊小説誌「ストランド・マガジン」に依頼され、短編を連載したところ大変な人気となった。それ以降の作品はすべて同誌に発表された。 物語は基本的に事件の当事者、あるいは捜査に行き詰まった警察がホームズに助けを求め訪ねて来ることで始まる。ホームズが現場に調査に行き、警察の見過ごした証拠を発見し推理を働かせて事件の謎を解き、物語は終わる。ほとんどの作品がワトスンによる事件記録、という形で書かれている。変人の探偵と常識人をコンビにして相棒を物語の書き手とするスタイルは、「史上初の推理小説」といわれる『モルグ街の殺人』(エドガー・アラン・ポー、1841年)を踏襲している。.

新しい!!: モーリス・ルブランとシャーロック・ホームズシリーズ · 続きを見る »

ジョルジェット・ルブラン

ョルジェット・ルブラン(Georgette Leblanc, 1869年2月8日 - 1941年10月27日)は、フランスのソプラノ歌手、女優。小説家、モーリス・ルブランの妹。 オペラ歌手として名を揚げ、とりわけジュール・マスネの諸作品やビゼーの《カルメン》の解釈で知られた。ベルギー象徴主義の劇作家で詩人のモーリス・メーテルランクとは長年にわたって愛人関係にあり、メーテルランクの戯曲のいくつかは彼女のために書かれている。メーテルランクの戯曲『アリアーヌと青髭』(1899年)と、それを原作とするポール・デュカスの抒情劇『アリアーヌと青髭』(1907年)の両方においてヒロインを演じた。1924年の『人でなしの女』(L'Inhumaine)でも知られているように、映画俳優の先駆者でもあった。晩年は作家に転向して、商業的に成功した2つの自叙伝のほか、児童書や紀行文も手掛けたけた。ちなみにルブランは両性愛者だったとされている。 ジョルジェットの文章から着想を得たものを、メーテルランクは自著(例として『貧者の宝』『限りなき幸福へ』。後者では、ジョルジェット宛の長い献辞でお茶を濁している)にしばしば使っていた。それが彼女自身の文学活動のキャリアの妨げになることを危惧し、何度か兄のモーリス・ルブランに手紙などで相談している。.

新しい!!: モーリス・ルブランとジョルジェット・ルブラン · 続きを見る »

ジル・ブラス

ル・ブラス(Gil Blas または Le Gil Blas)は19世紀末から20世紀はじめにパリで発行された定期文芸誌である。1879年11月に、彫刻家のオーギュスタン=アレクサンドル・デュモンが創刊した。誌名はアラン=ルネ・ルサージュの小説、 「ジル・ブラース物語」(Histoire de Gil Blas de Santillane)からとられている。.

新しい!!: モーリス・ルブランとジル・ブラス · 続きを見る »

ジェリコ公爵

『ジェリコ公爵』(ジェリコこうしゃく、原題:Le Prince de Jéricho)は、モーリス・ルブランの小説。1929年にル・ジュルナルに連載され1930年に単行本化された。本作にアルセーヌ・ルパンは登場しないが、主人公がルパンを彷彿とさせるキャラクターであるためか、偕成社「アルセーヌ・ルパン全集」、東京創元社「アルセーヌ・リュパン全集」、平凡社「ルパン全集」、日本出版協同「アルセーヌ・ルパン全集」などに収録され、ルパン・シリーズの一つとして扱われる事が多い。 Category:フランスの冒険小説 Category:1930年の小説.

新しい!!: モーリス・ルブランとジェリコ公爵 · 続きを見る »

ジェイムズ・フェニモア・クーパー

ェイムズ・フェニモア・クーパー ジェイムズ・フェニモア・クーパー(James Fenimore Cooper,1789年9月15日 - 1851年9月14日)はアメリカの作家・批評家。著作『モヒカン族の最後』は『ラスト・オブ・モヒカン』などとして映画化されている。.

新しい!!: モーリス・ルブランとジェイムズ・フェニモア・クーパー · 続きを見る »

サイエンス・フィクション

宇宙戦争』のイラストレーション。Henrique Alvim Corr画(1906年) SF漫画雑誌『プラネット・コミックス』 サイエンス・フィクション(Science Fiction、略語:SF、Sci-Fi、エスエフ)は、科学的な空想にもとづいたフィクションの総称。メディアによりSF小説、SF漫画、SF映画、SFアニメなどとも分類される。日本では科学小説、空想科学小説とも訳されている(詳細は呼称を参照)。.

新しい!!: モーリス・ルブランとサイエンス・フィクション · 続きを見る »

純文学

純文学(じゅんぶんがく)は、大衆小説に対して「娯楽性」よりも「芸術性」に重きを置いている小説を総称する、日本文学における用語。.

新しい!!: モーリス・ルブランと純文学 · 続きを見る »

赤い数珠

『赤い数珠』(あかいじゅず、原題:Le Chapelet rouge)は、モーリス・ルブランが1934年に発表した小説。 ジャン・ドルサック伯爵の屋敷で、金庫から株券が盗まれ、伯爵の妻リュシエンヌが殺害されるという事件が発生する。捜査に乗り出したルースラン予審判事は事件の謎を解明する。 主人公のルースラン予審判事は、1935年に発行されたアルセーヌ・ルパン譚の『カリオストロの復讐』にも登場するため、アルセーヌ・ルパンと同一の世界観と捉えられる。.

新しい!!: モーリス・ルブランと赤い数珠 · 続きを見る »

推理小説

*.

新しい!!: モーリス・ルブランと推理小説 · 続きを見る »

11月11日

11月11日(じゅういちがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から315日目(閏年では316日目)にあたり、年末まであと50日ある。.

新しい!!: モーリス・ルブランと11月11日 · 続きを見る »

11月6日

11月6日(じゅういちがつむいか)はグレゴリオ暦で年始から310日目(閏年では311日目)にあたり、年末まであと55日ある。.

新しい!!: モーリス・ルブランと11月6日 · 続きを見る »

12月11日

12月11日(じゅうにがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から345日目(閏年では346日目)にあたり、年末まであと20日ある。.

新しい!!: モーリス・ルブランと12月11日 · 続きを見る »

1864年

記載なし。

新しい!!: モーリス・ルブランと1864年 · 続きを見る »

1905年

記載なし。

新しい!!: モーリス・ルブランと1905年 · 続きを見る »

1915年

記載なし。

新しい!!: モーリス・ルブランと1915年 · 続きを見る »

1941年

記載なし。

新しい!!: モーリス・ルブランと1941年 · 続きを見る »

813 (小説)

『8・1・3』(はち・いち・さん)は、モーリス・ルブランの「アルセーヌ・ルパン」シリーズの一篇で、1910年に発表された。.

新しい!!: モーリス・ルブランと813 (小説) · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »