ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

モーシェ・デ・レオン

索引 モーシェ・デ・レオン

モーシェ・デ・レオン(ヘブライ語: משה בן שם-טוב די-ליאון Moshe ben Shem-Tov, スペイン語: Mosé ben Sem Tob de León, 1250年 - 1305年)は、スペインのユダヤ教徒のラビ、カバリスト。.

31 関係: 名古屋大学出版会山下肇マリア・ロサ・メノカルモーシェ・ベン=マイモーンユダヤ人ユダヤ哲学ユダヤ教ラビトーラーヘブライ語アラム語アラビア語アレバロアビラアシュケナジムイェフダ・ハレヴィカバラカスティーリャグアダラハラ (スペイン)ゲルショム・ショーレムシモン・バル=ヨハイスペインスペイン語ゾーハルタンナーイーム写本神秘青土社法政大学出版局1250年1305年

名古屋大学出版会

名古屋大学出版会(なごやだいがくしゅっぱんかい)は、1982年に任意団体として設立され、「中部地方の、さらにはわが国の学術・文化の振興に寄与するため」1985年に財団法人化された大学出版会であり、中部地方を軸に、広く全国の大学・研究機関の研究者による研究書・大学教科書等の出版を行っている。 これまで、名古屋大学を中心としながらも、愛知教育大学、名古屋工業大学、愛知県立大学、名古屋市立大学、愛知学院大学、金城学院大学、椙山女学園大学、中京大学、中部大学、名古屋学院大学、南山大学などの各大学が、理事・評議員を出してきた。その意味で名古屋・大学出版会であり、名古屋大学・出版会ではない。ただし出版会の本部は名古屋大学構内にある。 公益法人制度改革に伴い、2012年に一般財団法人となった。 1998年、梓会出版文化賞特別賞を受賞、また2006年には、「学術分野での先駆的出版活動」に対して中日文化賞を受賞している。研究書・大学教科書(単著・共著・翻訳)を中心に、大部の著作も積極的に刊行するのが特徴で、2018年3月現在で出版点数は906点、受賞件数は188件に及ぶなど編集には定評がある。 中部11県(愛知県、岐阜県、三重県、滋賀県、静岡県、長野県、福井県、石川県、富山県、新潟県、山梨県)の大学に在職する研究者の優れた研究成果(単著)に対する刊行助成制度を有する。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンと名古屋大学出版会 · 続きを見る »

山下肇

山下 肇(やました はじめ、1920年5月2日 - 2008年10月6日)は、ドイツ文学者、東京大学教養学部名誉教授。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンと山下肇 · 続きを見る »

マリア・ロサ・メノカル

マリア・ロサ・メノカル(María Rosa Menocal、1953年 - 2012年10月15日)は、アメリカ合衆国の中世研究者、文献学者。 ペンシルヴァニア大学でロマンス語学の博士号を取得し、1986年からイェール大学でスペイン語とポルトガル語の文献学を教える。また、ホイットニー人文学センターの理事も務める。 アル=アンダルス時代をはじめとする中世スペインの文化についての著作が多い。なかでも中世スペインの多言語、多宗教文化を扱った著書『寛容の文化』は、数カ国で相次いで翻訳され話題となった。 2012年10月15日、死去。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとマリア・ロサ・メノカル · 続きを見る »

モーシェ・ベン=マイモーン

ラビ・モーシェ・ベン=マイモーン(רבי משה בן מיימון Mōšéh ben Mayimōn, Abū ‘Imrān Mūsa ibn ‘Ubayd Allāh Maymūn al-Qurṭubī al-Isrā'īlī, スペイン語:Moises Maimonides, ラテン語(本来はギリシア語):Moses Maimonides, 1135年3月30日 - 1204年12月13日)は、スペインのユダヤ教徒のラビであり、哲学者。医学・天文学・神学にも精通していた。カバリスト、アリストテレス主義者、新プラトン主義者。 その業績は「モーシェの前にモーシェなく、モーシェの後にモーシェなし」と称賛されザハル『ユダヤ人の歴史』、305頁、ルネサンスのヒューマニズムの先駆者と評価されるディモント『ユダヤ人 神と歴史のはざまで』上巻、190頁。 アイユーブ朝前後のアラビア語資料ではイブン・マイムーンの名前で表れるが、ラテン語でのマイモニデスという名前でも知られている。ラムバム RaMBaM (הרמב"&#1501) という、「ラビ・モーシェ・ベン=マイモーン」の頭文字をとったヘブライ語的な略称でも知られる。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとモーシェ・ベン=マイモーン · 続きを見る »

ユダヤ人

ユダヤ人(יהודים、Jews、Djudios、ייִדן)は、ユダヤ教の信者(宗教集団)、あるいはユダヤ人を親に持つ者(血統)によって構成される宗教的民族集団である。 ムスリムやクリスチャンと同じで、ユダヤ人という人種・血統的民族が有る訳では無い。ヨーロッパでは19世紀中頃まで主として前者の捉え方がなされていたが、近代的国民国家が成立してからは後者の捉え方が広まった。ハラーハーでは、ユダヤ人の母親から生まれた者、あるいは正式な手続きを経てユダヤ教に入信した者がユダヤ人であると規定されている。2010年現在の調査では、全世界に1340万を超えるユダヤ人が存在する。民族独自の国家としてイスラエルがあるほか、各国に移民が生活している。ヘブライ人やセム人と表記されることもある。 ユダヤ人はディアスポラ以降、世界各地で共同体を形成し、固有の宗教や歴史を有する少数派のエスニック集団として定着した。しかし、それらを総体的に歴史と文化を共有する一つの民族として分類することはできない。言語の面をみても、イディッシュ語の話者もいればラディーノ語の話者もいる。歴史的にはユダヤ人とはユダヤ教徒のことであったが、現状では国籍、言語、人種の枠を超えた、一つの尺度だけでは定義しえない文化的集団としか言いようのないものとなっている。 で追加された記述だが、出典が示されていない。古代のイスラエル人やセファルディムは(いわゆる「白人」ではないものの)主にコーカソイドのはずで、これを単に「有色人種」と説明するのは誤りではないにしても誤解を招きかねず、不適切であろう。また、アシュケナジムをハザール人と関連づけるのは(当該記事の記述によれば)諸説があり、広く受け入れられている説ではない。 「古代のイスラエル人は有色人種で、12支族の1支族ユダ族のユダヤ人は有色人種セファルディムで、白系ユダヤ人アシュケナジム(ヘブライ語でドイツを意味する)は8世紀頃、ハザール人のユダヤ教への改宗によって、ユダヤ人を名乗った。」 -->.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとユダヤ人 · 続きを見る »

ユダヤ哲学

ユダヤ哲学とは、ユダヤ人とユダヤ教によって行われた全ての哲学的活動を意味する。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとユダヤ哲学 · 続きを見る »

ユダヤ教

ダビデの星 ユダヤ教(ユダヤきょう、יהדות)は、古代の中近東で始まった唯一神ヤハウェ(יהוה)を神とし、選民思想やメシア(救世主)信仰などを特色とするユダヤ人の民族宗教である。ただしメシア思想は、現在ではハバド・ルバヴィッチ派などを除いて中心的なものとなっていない。 『タナハ』(キリスト教の『旧約聖書』に当たる書物)が重要な聖典とされる。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとユダヤ教 · 続きを見る »

ラビ

ラビ(英語・ラテン語 rabbi, ドイツ語 Rabbi, ギリシア語 rhabbi, アラム語 rabbin(複数形), ヘブライ語 rabbi / セファルディ・ミズラヒ圏 chakham, イディッシュ語 rebbe)とは、ユダヤ教に於いての宗教的指導者であり、学者でもあるような存在。 複数形はラッビーイーム。 英語圏(主に米国)ではラバイと発音する(Ra-Byのような発音になる) ヘブライ語ラッビー rabbi とはラブ rabh「師」の派生語であり、「わが師」という形である。イツハク・ラビンやラビノヴィチ Rabinowicz というような姓にある「ラッビーン」はアラム語の複数形である。 また、アラム語ラッバーン rabban「チーフ・ラビ」は、サンヘドリン長に与えられた、ラビよりも上の称号である。 ヘブライ語 /ラブ私の我々の /rabhrabbīrabbēnū 複数形rabbānīmrabbī’īm アラム語 /ラブ私の我々の /rabhrabbān 複数形rabbīn ラビを呼ぶときは「ラビ・○○」というように姓の前にラビを付けて敬意を表す。 「ラッベーヌー」となると「我々のラブ(師)」で、特にラッベーヌーという場合はモーセなどをさす。 アラム語の対応形が「ラッバーン、ラバン」で、古代のサンヘドリン長のことである。 ラディーノ語のハハム chakham はアラビア語のハキームに対応し、イスラム圏での学者や医者もやはり「賢者」と呼ばれた。なお、アラビア語でハーキムとなると知事を意味する。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとラビ · 続きを見る »

トーラー

トーラー(תּוֹרָה、)は、ユダヤ教の聖書(タナハ)における最初の「モーセ五書」のこと。また、それに関する注釈を加えてユダヤ教の教え全体を指す場合もある。 超正統派 (ユダヤ教)の男性はトーラーの学習に打ち込むため、働かない人もいる トーラーはヘブライ語で書かれており、「教え」という意味を持つ。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとトーラー · 続きを見る »

ヘブライ語

ヘブライ語(ヘブライご、עברית, Ivrit, Lingua Hebraea)は、アフロ・アジア語族のセム語派に属する北西セム語の一つ。ヘブル語とも呼ばれる。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとヘブライ語 · 続きを見る »

アラム語

記載なし。

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとアラム語 · 続きを見る »

アラビア語

アラビア語(アラビアご、اللغة العربية, UNGEGN式:al-lughatu l-ʻarabīyah, アッ.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとアラビア語 · 続きを見る »

アレバロ

アレバロ(Arévalo)は、スペイン・カスティーリャ・イ・レオン州アビラ県のムニシピオ(基礎自治体)。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとアレバロ · 続きを見る »

アビラ

アビラ(Ávila)は、スペイン・カスティーリャ・イ・レオン州アビラ県のムニシピオ(基礎自治体)。アビラ県の県都である。首都マドリードからは直線距離で西北西に約87kmの位置にある。「城壁と聖人の町」の別称で知られる増田「地理」『スペイン』、66-67頁。 町の名前の語源は、ローマ帝国時代に「白い小部屋(Alba cella)」と呼ばれていたワインセラーの名前が転訛した、あるいは「イベロ人の地」に由来すると考えられている。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとアビラ · 続きを見る »

アシュケナジム

アシュケナジム(アシュケナージム、Ashkenazim, אשכנזים)とは、ユダヤ系のディアスポラのうちドイツ語圏や東欧諸国などに定住した人々、およびその子孫を指す。語源は創世記10章3節ならびに歴代誌上1章6節に登場するアシュケナズ(新共同訳や新改訳での表記。口語訳ではアシケナズと表記)である。単数形はアシュケナジ(Ashkenazi, אשכנזי)。 アシュケナジムとセファルディムは、今日のユダヤ社会の二大勢力である。アシュケナージは、ヘブライ語でドイツを意味する。イスラエルでは一般に、前者が白系ユダヤ人、後者がアジア人、南欧系及び中東系ユダヤ人を指す語として大雑把に使われる場合があるが、これはオスマン朝からイギリス委任統治期を経てイスラエル共和国建国後に至るユダヤ教の宗教行政において「オリエントのユダヤ教徒」(Yahudei ha-Mizrah)がセファルディムの主席ラビの管轄下に置かれていたことに起因する。しかし、それ以前の歴史や人種的にはっきりしたことは不詳で、現在も論争がたえない。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとアシュケナジム · 続きを見る »

イェフダ・ハレヴィ

イェフダ・ベン・シェムエル・ハレヴィ(יהודה הלוי, Jehudah(Judah) Halevy, Yəhūdhāh hāLēwī, 1075年頃 トレド - 1141年)は、スペインのユダヤ人の哲学者・トーラー(ユダヤ教)学者、詩人、ラビ。「ハザールの書 Sepher haKuzari」はユダヤ教の古典。 Category:12世紀の学者 Category:アンダルスの人物 Category:ユダヤ人の詩人 Category:スペインの詩人 Category:ヘブライ語文学 Category:ユダヤ哲学者 Category:スペインの哲学者 Category:ラビ Category:トレド出身の人物 Category:1141年没.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとイェフダ・ハレヴィ · 続きを見る »

カバラ

バラ(קַבָּלָה qabbalah, Kabbala, Cabbala)、カバラーとは、ユダヤ教の伝統に基づいた創造論、終末論、メシア論を伴う神秘主義思想である。独特の宇宙観を持っていることから、しばしば仏教の神秘思想である密教との類似性を指摘されることがある。 カバラはヘブライ語の動詞キッベール「受け入れる」「伝承する」の名詞形で、「受け入れ」「伝承」を意味する。カバラが登場する以前のゲオーニーム時代には、単に口伝律法を指す言葉として用いられた。したがって、その後ユダヤ教神秘主義を指す呼称となった際にも、個人が独自に体得した神秘思想というよりは、神から伝授された知恵、あるいは師が弟子に伝承した神秘という意味で用いられることになる。 カバラはユダヤ教の伝統に忠実な側面を持とうとしたという点において、他の宗教の神秘主義とは異なる。本来のカバラは、ユダヤ教の律法を遵守すること、あるいは神から律法の真意を学ぶことを目的とした。したがって、正統的なユダヤ教との親和性を持っていた時期もあったため、必ずしも秘教的な神秘思想とは言えない。しかし、キリスト教の神秘家に採り入れられるようになると、ユダヤ教の伝統からは乖離した極めて個人的な神秘体験の追究の手段として用いられることになる。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとカバラ · 続きを見る »

カスティーリャ

ティーリャ(スペイン語:Castilla)は、スペインの歴史的な地域名。中世にカスティーリャ王国に属していた地域の中心部を指す。現在では、地方行政区分としての「カスティーリャ」は存在しないが、2つの自治州カスティーリャ・イ・レオン州とカスティーリャ=ラ・マンチャ州に「カスティーリャ」(他にも、カスティーリャ、カスティーリヤ、カスティリャ、カスティーリァ、カスティーリア、カスティリア、カスティーヤ、カスチラ、カストリヤ、カストリア、カステリヤ、カステリア、カスティージャ)の名称が使われている。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとカスティーリャ · 続きを見る »

グアダラハラ (スペイン)

アダラハーラ(Guadalajara)は、スペインの都市。カスティーリャ=ラ・マンチャ州グアダラハーラ県の県都である。マドリードの北東約60kmに位置する。人口は73,730人(2006年)。 イベリア人によって築かれ、ローマ人が接触したときにはアリアカと呼ばれていた。カラカという名前でローマ属州ヒスパニア・タラコネンシスに編入された。アラブ人の支配下では、ワーディー・アル・ヒジャーラ(アラビア語:وادي الحجارة、「石の谷」の意)と呼ばれた。 エナーレス川にかかる橋は、ローマ人によって築かれたものである。ほかに多くの教会やインファンタード宮殿のような歴史的建造物がある。 メキシコの都市グアダラハーラは、グアダラハーラ生まれのヌーニョ・ベルトラン・デ・グスマン(Nuño Beltrán de Guzmán)によって築かれた。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとグアダラハラ (スペイン) · 続きを見る »

ゲルショム・ショーレム

ヘブライ大学教授就任したての頃(1935年) ゲルショム・ゲルハルト・ショーレム(גרשם גרהרד שלום Gershom Gerhard Scholem 1897年12月5日 - 1982年2月21日)はドイツ生まれのイスラエルの思想家。ユダヤ神秘主義(カバラ)の世界的権威で、ヘブライ大学教授を務めた。1968年にはイスラエル文理学士院の院長に選ばれた。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとゲルショム・ショーレム · 続きを見る »

シモン・バル=ヨハイ

シムオーン・バル=ヨーハイ(Šimə‘ôn bar-Yôcha'i)は、2世紀のタンナーイームであり、アキバ・ベン・ヨセフの弟子である。バル=ヨハイはアラム語だが、ヘブライ語でベン=ヨハイともいわれる。 カバラー主義者によると、ゾーハル(聖書注解書)の著者とされる。 イスラエル北部・メロンに伝説上墓とされるものがあり、オーメルの33日(ラグ・バー=オーメル)が命日とされるため、オーメルの33日には墓において盛大な祝祭が催される。これを、ヒッルーラー・デラッビー・シムオーン・バル=ヨーハイという。 しむおん しむおん.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとシモン・バル=ヨハイ · 続きを見る »

スペイン

ペイン王国(スペインおうこく、Reino de España)、通称スペインは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置し、同半島の大部分を占める立憲君主制国家。西にポルトガル、南にイギリス領ジブラルタル、北東にフランス、アンドラと国境を接し、飛地のセウタ、メリリャではモロッコと陸上国境を接する。本土以外に、西地中海のバレアレス諸島や、大西洋のカナリア諸島、北アフリカのセウタとメリリャ、アルボラン海のアルボラン島を領有している。首都はマドリード。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとスペイン · 続きを見る »

スペイン語

ペイン語(スペインご、)もしくはカスティーリャ語(カスティーリャご、)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語。略して西語とも書く。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとスペイン語 · 続きを見る »

ゾーハル

ゾーハル(,, sēpher hazZōhar, Zohar)はトーラー(五書)の註解書であり、ユダヤ教神秘思想(カバラ)において中心となっている書物で、アラム語で書かれている。一般的に『光輝の書』と訳され、『ゾハールの書』とも言われる。ユダヤ神秘思想の中に出てくる、セフィロトの木やアダム・カドモン、様々な天使、膨大な数を取り巻く多くの天国などの諸々の神秘思想などがまとめられたユダヤ神秘思想関係の重要文献である。13世紀のスペインのラビ・モーゼス・デ・レオンの著作とされ、シメオン・ベン・ヨハイとの講話記録形態をとっている。尚、セフィロトにも善悪の二つの理論体系があるとしてゾハールの書に影響をもたらした、ラビ・イツハクが参考にした『バヒルの書』には悪の起源の問題があり、他、両性具有理論やセフィロトの発生過程などの説明も記されているとされる。ゾハールの書以前の『バヒルの書』はカバラ神秘思想の道を切り開いた、カバラ神秘思想の最初期の書物といえるであろう。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとゾーハル · 続きを見る »

タンナーイーム

タンナー、タンナーイーム(תַּנָּא, תַּנָּאִים tannā’, tannā’īm)とは、1世紀の初めから、ミシュナーの完成する200年頃までのハハーミーム(「賢者」)の名称。タンナーの遺産がミシュナーやミドラーシュ・ハラーハー(Midrash halakhah) である。 タンナーはアラム語。 ミシュナーとタンナーは、例えば「3」を示すヘブライ語(shalosh)・アラビア語(thalatha)の関係のように語根が同じで、祖語の段階で同じ語根を持つ姉妹語ということになり、タンナーはヘブライ語のシャーナー「繰り返す=「学ぶ」こと」にそのまま対応する。つまり、ミシュナーは「タンナーするもの」という意味である。 ソフリームをタンナーの先駆者と位置づけることがある。 タンナーイームに続くのがアーモーラーイームである。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンとタンナーイーム · 続きを見る »

写本

13世紀ヨーロッパの彩色写本 写本(しゃほん、Manuscript)とは、手書きで複製された本や文書、またはその行為そのものを指して示す用語。時に、原本(オリジナル)である正本(しょうほん・せいほん)と対応させて、それを書き写した書写本であることを強調するために用いられることもある。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンと写本 · 続きを見る »

神秘

(しんぴ)とは、人間の知恵では計り知れない不思議、普通の認識や理論を超えたこと。 古くは「じんぴ」とも。英語では「mystery (ミステリー)」「secret(シークレット)」と表される。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンと神秘 · 続きを見る »

青土社

青土社(せいどしゃ)は、日本における出版社の一つ。神話・言語・哲学・文学・宗教・文明論・科学思想・芸術などの人文諸科学の専門書の出版社として名高い。清水康雄が1969年に創業し、現在まで続く雑誌『ユリイカ』を創刊した。 詩と芸術について扱った雑誌『ユリイカ』、思想と哲学を扱った雑誌『現代思想』は当該分野における一般向け雑誌として有名で、国内外を問わず著名な学者や研究者がこれらの雑誌に論文やエッセイ等を寄稿し、話題になることもしばしばある。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンと青土社 · 続きを見る »

法政大学出版局

一般財団法人法政大学出版局(ほうせいだいがくしゅっぱんきょく、英語名: HOSEI UNIVERSITY PRESS、1948年12月 - )は、法政大学の出版部にあたる法人。法政大学総長を会長とし、法政大学の活動に対応した書籍を中心に出版を行う。 理事を学部や研究所から迎えるなど学校法人法政大学本体との関係は深いが、組織・財政は独立したものとなっている。.

新しい!!: モーシェ・デ・レオンと法政大学出版局 · 続きを見る »

1250年

記載なし。

新しい!!: モーシェ・デ・レオンと1250年 · 続きを見る »

1305年

記載なし。

新しい!!: モーシェ・デ・レオンと1305年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »