ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

モルゲン

索引 モルゲン

モルゲン(morgen)は、かつてドイツ・オランダ・ポーランド、およびオランダの統治下における南アフリカ・台湾で使用されていた面積の単位である。その広さは地域により様々で、0.2ヘクタールから1ヘクタールの幅があった。また、プロイセン・バルカン半島・ノルウェー・デンマークでも使用されており、その大きさは約0.27ヘクタールであった。 morgenとはドイツ語およびオランダ語で「朝」を意味する言葉である。1頭の農耕牛が午前中に耕すことのできる面積として定義されたことに由来するもので、この由来はヤード・ポンド法のエーカーに似ている。"morgen"は通常、"tagwerk"(丸一日で耕すことのできる面積。英語に直訳すると"day work")の60 - 70%とされた。 1869年、北ドイツ連邦は1モルゲンを0.25ヘクタール(2500平方メートル)に固定したが、現在では多くの農地で1ヘクタールを1モルゲンとしている。モルゲンの下の単位に、ヤード・ポンド法のロッドに相当するルート(rute)があったが、長さ5メートルと規定されたメートル法化ルートは普及しなかった。 台湾では、モルゲンに由来する甲という単位が現在でも使用されている。1甲は2934坪である。.

43 関係: 南アフリカ共和国台湾北ドイツ連邦ノルウェーハノーファーハンブルクバルカン半島バーデン (領邦)バイエルン州メクレンブルクヤード・ポンド法ラインラントロッド (単位)ヴュルテンベルクヴァルデック侯国ヘクタールブラウンシュヴァイクブレーメンプロイセンデンマークフランクフルト・アム・マインフランケン地方フリースラントドイツドイツ語ホルシュタインホンブルクベルク公国アルパンエーカーオランダオランダ語オルデンブルクカッセルグダニスクケルンシャウムブルク郡シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州シュターデ甲 (単位)物理単位面積

南アフリカ共和国

南アフリカ共和国(みなみアフリカきょうわこく)、通称南アフリカは、アフリカ大陸最南端に位置する共和制国家。イギリス連邦加盟国のひとつ。東にスワジランド、モザンビーク、北にジンバブエ、ボツワナ、西にナミビアと国境を接し、レソトを四方から囲んでいる。南アフリカは首都機能をプレトリア(行政府)、ケープタウン(立法府)、ブルームフォンテーン(司法府)に分散させているが、各国の大使館はプレトリアに置いていることから国を代表する首都はプレトリアと認知されている。.

新しい!!: モルゲンと南アフリカ共和国 · 続きを見る »

台湾

台湾(タイワン、臺灣 / 台灣、台: Tâi-oân)は、東アジアの国である。 1945年に当時中国大陸を本拠地とした中華民国の統治下に入り、1949年に中華民国政府が台湾に移転した。1955年以降、中華民国は台湾本島以外にも澎湖諸島、金門島、馬祖島、東沙諸島、南沙諸島の太平島を実効支配しているが、全体の面積に占める台湾(本島)の割合は99%以上になる。そのため、中華民国の通称として「台湾」と表記される(詳細は定義参照)。近隣諸国としては、東及び北東に日本、南にフィリピンがある。事実上の首都は台北市である。台北県が直轄市となったことにより成立した新北市は、台北市及びその外港である基隆市を囲む大都市圏を包含し、2018年時点では同島で人口最多の都市である。.

新しい!!: モルゲンと台湾 · 続きを見る »

坪(つぼ)は、尺貫法による面積の単位。明治時代の度量衡法で、400/121平方メートルと定義された。これは一辺が6尺(1間)の正方形の面積であり、約3.305 785 124m2である。いわゆる「1坪=畳2枚」は中京間基準に基づくものである。日本においては計量法により、取引又は証明においては、坪の使用は禁止されており、平方センチメートル、平方メートル、ヘクタール、平方キロメートルなどを用いなければならない。.

新しい!!: モルゲンと坪 · 続きを見る »

北ドイツ連邦

北ドイツ連邦の地図 北ドイツ連邦(きたドイツれんぽう、、)は、1867年4月26日にドイツ北部のプロイセン王国を主体に22の領邦から成立した連合体を指す。1871年のドイツ帝国(ドイツ国)の母体となり、機構の大部分は引き継がれた。 なお北ドイツ連邦は連邦国家ではなく、領邦や自由都市の緩やかな連合体すなわち国家連合であるとし、北ドイツ同盟と訳す考えもある。.

新しい!!: モルゲンと北ドイツ連邦 · 続きを見る »

ノルウェー

ノルウェー王国(ノルウェーおうこく、Kongeriket Norge/Noreg)、通称ノルウェーは、北ヨーロッパのスカンディナビア半島西岸に位置する立憲君主制国家である。首都は半島南端部に存在するオスロフィヨルドの奥に形成された港湾都市のオスロで、東にスウェーデン、ロシア、フィンランドと国境を接している。 国土は南北に細長く、海岸線は北大西洋の複数の海域、すなわちスカゲラック海峡、北海、ノルウェー海およびバレンツ海に面している。海岸線には、多くのフィヨルドが発達する。この他、ノルウェー本土から約1,000キロメートル (km) 離れた北大西洋上のヤン・マイエン島は固有の領土の一部として領有され、スヴァールバル条約によりバレンツ海のスヴァールバル諸島を領有している。南大西洋にブーベ島を属領として持つ。 による高負担高福祉の福祉国家として知られ、OECDの人生満足度(Life Satisfaction)ではスイスに次いで第2位となった(2014年)。.

新しい!!: モルゲンとノルウェー · 続きを見る »

ハノーファー

ルンスト・アウグスト 新市庁舎 旧市街の旧市庁舎 19世紀の国立オペラ劇場 ハノーファー(Hannover )は、ライネ川沿いにある北ドイツの主要都市のひとつ。ニーダーザクセン州の州都である。 人口515,948人(2004年)。地域の行政の中心地としても政治的力点の置かれた町である。日本語では、ドイツ語における一般的な発音に近いハノーファーまたはハノーファのほか、ハノーヴァー、ハノーバーと表記されることもある。.

新しい!!: モルゲンとハノーファー · 続きを見る »

ハンブルク

ハンブルク(Hamburg、低ザクセン語・Hamborg (Hamborch) )は、ドイツの北部に位置し、エルベ川河口から約100kmほど入った港湾都市。正式名称は自由ハンザ都市ハンブルク(Freie und Hansestadt Hamburg、フライエ・ウント・ハンゼシュタット・ハンブルク)。行政上では、ベルリン特別市と同様に、一市単独で連邦州(ラント)を構成する特別市(都市州)なので、ハンブルク特別市やハンブルク州と呼ばれる。人口約175万人。国際海洋法裁判所がある。.

新しい!!: モルゲンとハンブルク · 続きを見る »

バルカン半島

バルカン半島(バルカンはんとう、Balkans、Balcania)は、ヨーロッパの南東部で、ギリシャ、アルバニア、ブルガリア、マケドニア、セルビア、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア、ヘルツェゴビナ、コソボ、ヴォイヴォディナ(スレム、バチュカ、バナト)及びトルコのヨーロッパ部分(ボスフォラス海峡以西)からなる地域である。バルカン半島の北限はしばしばドナウ川とサヴァ川とされているが、歴史的な繋がりの深いルーマニアや、旧ユーゴスラビア連邦のスロヴェニア(1991年以前の旧ユーゴスラビアの大部分がドナウ川またはサヴァ川以南)をバルカンに含めることもあり、必ずしも定まった地域概念ではない(バルカン山脈に詳しい)。オスマン語でバルカンは森林山脈を意味する。.

新しい!!: モルゲンとバルカン半島 · 続きを見る »

バーデン (領邦)

バーデン(標準, アレマン語: )は、ドイツ南西部、現在のバーデン=ヴュルテンベルク州に存在した領邦。辺境伯領、後に大公国として12世紀から20世紀初頭まで存続した。 1112年にツェーリンゲン家のヘルマン2世がシュヴァーベンにおいて辺境伯となり、子孫が代々所領と財産を引き継いでいったことから始まる。バーデン家内で抗争を繰り広げ、幾度かの分裂を繰り返したが、1771年にバーデン=ドゥルラハ辺境伯カール・フリードリヒが所領を統一、バーデン辺境伯となった。また、カール・フリードリヒはナポレオン戦争最中の1803年に選帝侯となり、1806年に帝国が解体すると大公となった。1815年にドイツ連邦へ加盟した。1840年、バーデン大公国邦有鉄道会社を設立した。1866年、南ドイツ連邦への加盟が予定された。1871年にドイツ帝国の構成国となり、1918年のドイツ革命まで存続した。.

新しい!!: モルゲンとバーデン (領邦) · 続きを見る »

バイエルン州

バイエルン州(標準ドイツ語・バイエルン語:Freistaat Bayern)は、ドイツ連邦共和国の連邦州のひとつで、ドイツの南部に位置する。州都はミュンヘンである。 BMWとアウディの本社がある。また、農業機械銀行の発祥地である。.

新しい!!: モルゲンとバイエルン州 · 続きを見る »

メクレンブルク

メクレンブルク(Mecklenburg,, 低地ドイツ語: Mękelborg)は、ドイツ北部の歴史的な地域で、連邦州であるメクレンブルク=フォアポンメルン州の西部の大部分を占めている。この地域における主要な都市はロストック、シュヴェリーン、ノイブランデンブルク、ヴィスマール、ギュストローなど。 メクレンブルクという名前は、シュヴェリーンとヴィスマールの間に位置する「メクレンブルク城 (Mikilenburg)」(古ザクセン語で 「大きな城」、後に「メガロポリス (Megalopolis)」を近代ラテン語に機械的に訳したものとして使われた言葉)に由来している。スラヴ諸語においては、「メクレンブルク」はスラヴ諸語で「大きな城」を意味する「ヴェリグラッド (Veligrad)」の名でも知られる。この城は、家系がメクレンブルク=シュヴェリーンとメクレンブルク=シュトレーリッツに二分されるまで、メクレンブルク家に代々受け継がれてきた。 言語学的な観点では、メクレンブルク人は低地ドイツ語に見られる語彙および音韻の特徴を多く受け継ぎ、使用している。 この地域の住民の呼称は英語では「メクレンブルジアン(Mecklenburgian)」 (mecklenburgisch)で、住人は「メクレンブルジアンズ(Mecklenburgians)」 (Mecklenburger)と呼ばれる。.

新しい!!: モルゲンとメクレンブルク · 続きを見る »

ヤード・ポンド法

ヤード・ポンド法(ヤード・ポンドほう)とは、アメリカ合衆国を中心に使用されている単位系である。世界の国々の中で、メートル法(又は国際単位系)を用いずに、ヤードポンド法を用いている国は、2014年現在では特にアメリカ合衆国米国は、1893年のメンデンホール指令以降、法的にはメートル法の国である。ただ、他国と異なりヤードポンド法を禁止してこなかったために、日常生活においては未だにヤードポンド法が主流である。 のほかは、ミャンマー、リベリアのみである。ただし、リベリアでは民間主導でメートル法への移行が行われ、今日ではヤード・ポンド法はほとんど使用されていない。ミャンマーでも、2013年に、メートル法への移行を準備していると宣言された。 日本では少数の例外(後述)を除き、計量法の第8条第1項により「取引又は証明」に使用することが禁止されている。.

新しい!!: モルゲンとヤード・ポンド法 · 続きを見る »

ラインラント

ラインラントの位置 1905年のラインラント ラインラント(Rheinland)は、ドイツ西部、ライン川沿岸の一帯を指す地方の名称。ラインラント=プファルツ州のほぼ全域とノルトライン=ヴェストファーレン州西部を中心に、ヘッセン州西部、バーデン=ヴュルテンベルク州北部にまたがる。沿岸一帯といっても、南部の上流域であるアルザスやバーデン地方は含まず、カールスルーエ付近からオランダ国境付近までを指す。ベネルクス三国やフランスのロレーヌ地方に接し、西欧の経済・産業の一大中心地である。 フランク族発祥地ということもあって方言系統はフランク語系に属し、宗教的には比較的カトリックが強い。観光名所が集まり、ドイツワインの中心的産地としても世界的に知られる。.

新しい!!: モルゲンとラインラント · 続きを見る »

ロッド (単位)

ッド(rod)・ポール(pole)・パーチ(perch)は、ヤード・ポンド法における長さの単位である。複数の名称があるがどれも同じ長さで、16.5フィートである。イギリスではフィートとして国際フィート(正確に0.3048メートル)を用いるので、1ロッドは正確に 5.0292メートルである。これに対してアメリカでは、ロッドは公式には測量フィート(正確に1200/3937メートル.

新しい!!: モルゲンとロッド (単位) · 続きを見る »

ヴュルテンベルク

ドイツ帝国期(1871年 - 1918年)のヴュルテンベルク ヴュルテンベルク(Württemberg)は、ドイツ南西部に存在した領邦国家。首都はシュトゥットガルトであったが、一時期は君主の座所がルートヴィヒスブルクやウラッハに置かれたこともある。現在はドイツ連邦共和国のバーデン=ヴュルテンベルク州の東北部の部分を構成する。.

新しい!!: モルゲンとヴュルテンベルク · 続きを見る »

ヴァルデック侯国

ヴァルデック侯国()またはヴァルデック=ピルモント侯国()は、ドイツ中部にかつて存在した領邦国家。中世以来の領邦で、1712年に侯国()となり、1871年にドイツ帝国が成立するとその構成国となった。.

新しい!!: モルゲンとヴァルデック侯国 · 続きを見る »

ヘクタール

ヘクタール(hectare、記号:ha)は、メートル法における面積の単位のひとつであり、10 000 平方メートルである。 SI単位ではなく、「SI単位と併用される'''非SI単位'''」である「SI単位と併用される非SI単位」には、他に、時間の分・時・日、リットル、トンなどがある。。.

新しい!!: モルゲンとヘクタール · 続きを見る »

ブラウンシュヴァイク

ブラウンシュヴァイク(Braunschweig, Brunswick)は、ドイツの都市。ニーダーザクセン州の代表的都市であり、人口25万2,768人は同州において州都ハノーファーに次ぐ (2015年)。街の名前は「Brunoの村」の意味(Brunoはブルン1世を指す)。.

新しい!!: モルゲンとブラウンシュヴァイク · 続きを見る »

ブレーメン

ブレーメンのマルクト広場。画面向かって左から市庁舎、聖ペトリ大聖堂、ビュルガーシャフト(議事堂) ローラント像 ブレーメン(Bremen)は、ドイツの大都市で、自由ハンザ都市ブレーメン(通常ブレーメン州と呼ばれる)の州都。ドイツに11あるヨーロッパ大都市圏の1つであるブレーメン/オルデンブルク大都市圏に属している。.

新しい!!: モルゲンとブレーメン · 続きを見る »

プロイセン

プロイセン(、、、プロシア語: Prūsa)の歴史的地域はグダニスク湾(現、ポーランド、ロシア)からバルト海南東岸のクルシュー砂州(現リトアニア、ロシア)の端、そして内陸のマズールィ(Masuria、現ポーランド北部)までに及ぶ。プロシア(普魯西)は、英語名Prussiaに基づくの名称。 西暦98年、タキトゥスの「ゲルマニア」記述によると、スエビ族、ゴート族とその他のゲルマニア民族がヴィスワ川両岸から北東は (en:Aesti) まで居住していた。約800-900年後、Aestiは古プルーセン (Old Prussians) と名づけられ、997年以降ポラン族の新公国からの侵略には幾度も抵抗に成功した。1230年代、プルーセン人と近隣の:en:Curonians、リーヴ人達の領土は、教皇の秩序の基、ドイツ騎士団国家とし成立した。1466-1772年、プロイセンは政治的に西と東に分裂された。西はポーランド・リトアニア公国の王の守護下、東は1660年までポーランド領地となった。プロイセンの統一は、東西がプロイセン王国により政治的にも再統一されたるまで、国境、市民権、自治権により俟たれていた。 プロイセン公国とブランデンブルク辺境伯を起源とするドイツ帝国のプロイセン (1701–1947年)(ドイツ語:Preußen、英:Prussia、ポーランド語:Prusy)は、この地域の名が由来する。 古プルセーン族の地図(13世紀)、市・城はドイツ騎士団が建設.

新しい!!: モルゲンとプロイセン · 続きを見る »

デンマーク

デンマーク(Danmark, )は、北ヨーロッパのバルト海と北海に挟まれたユトランド半島とその周辺の多くの島々からなる立憲君主制国家。北欧諸国の1つであり、北では海を挟んでスカンディナヴィア諸国、南では陸上でドイツと国境を接する。首都のコペンハーゲンはシェラン島に位置している。大陸部分を領有しながら首都が島嶼に存在する数少ない国家の一つである(他には赤道ギニア、イギリスのみ)。 自治権を有するグリーンランドとフェロー諸島と共にデンマーク王国を構成している。 ノルディックモデルの高福祉高負担国家であり、市民の生活満足度は高く、2014年の国連世界幸福度報告では第1位であった。.

新しい!!: モルゲンとデンマーク · 続きを見る »

フランクフルト・アム・マイン

マインハッタン」とも呼ばれるフランクフルト・アム・マインのスカイライン フランクフルト・アム・マイン (Frankfurt am Main) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州に属す郡独立市である。一般にフランクフルトと通称される。人口 72万人を超えるヘッセン州最大の都市(2016年現在)であり、ドイツ全体でもベルリン、ハンブルク、ミュンヘン、ケルンに次ぐ第5の都市である。 (PDF, 25.1 MB)(2013年2月28日 閲覧)、広義のライン=マイン大都市圏の総人口は550万人である。--> 中世以来、フランクフルトはドイツの中心都市の一つであった。794年には初めて文献に記録され、中世盛期の帝国自由都市であった。13世紀のライン都市同盟に参加している。 1806年まで神聖ローマ皇帝の選挙が行われる諸侯会議が開催された地であり、1562年以降は皇帝の戴冠式もこの都市で挙行された。1816年からドイツ連邦の議会がフランクフルト自由都市で開催され、1848年から49年にかけてはフランクフルト国民議会が開催された。1866年の普墺戦争により都市国家としての独立を喪失し、プロイセンに併合された。フランクフルトの人口は、1875年に10万人、1928年には50万人を超えた。 現在のフランクフルトは国際金融の中心地であり、工業や産業の中心でもある。経済的側面から世界都市の一つに数えられており、欧州中央銀行、ドイツ連邦銀行、フランクフルト証券取引所、ドイツ銀行、コメルツ銀行、ドイツ復興金融公庫、、(ヘラバ)の本社がある。ここに挙げきれない金融機関も多数存在する。  工業・産業・交通の要衝でもある。メッセ・フランクフルトは、世界最大の見本市会場の一つである。フランクフルト空港は世界最大級のハブ空港であり、鉄道についてもヨーロッパ最大級のターミナル駅であるフランクフルト中央駅がある。また、道路においてもフランクフルト・ジャンクションはドイツで最も自動車交通量が多いジャンクションの1つである。フランクフルトの は、データ転送量において世界最大のインターネット中継点である。.

新しい!!: モルゲンとフランクフルト・アム・マイン · 続きを見る »

フランケン地方

Fränkischer Rechen ドイツにおけるフランケン地方の位置 狭義のフランケン地方 フランケン地方(標準Franken、Frangge、Frankn)は、ドイツ中南部から南ドイツの北部に位置する地方名称。.

新しい!!: モルゲンとフランケン地方 · 続きを見る »

フリースラント

フリースラント(Friesland、Friesland)は、オランダ・ドイツの北海沿岸の地方名。沖合にあるフリースラント諸島を含む。固有の言語であるフリスク語ではフリスラン (Fryslân)。ほか、フリジア (Frisia)、フリスラント (Frisland)。 歴史的には西方系ゲルマン人のフリース人が居住した。.

新しい!!: モルゲンとフリースラント · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: モルゲンとドイツ · 続きを見る »

ドイツ語

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語である。 話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としている。漢字では独逸語と書き、一般に独語あるいは独と略す。ISO 639による言語コードは2字が de、3字が deu である。 現在インターネットの使用人口の全体の約3パーセントがドイツ語であり、英語、中国語、スペイン語、日本語、ポルトガル語に次ぐ第6の言語である。ウェブページ数においては全サイトのうち約6パーセントがドイツ語のページであり、英語に次ぐ第2の言語である。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多い。 しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めている。上記の事情と、両国の大幅な領土縮小も影響して、欧州では非常に多くの国で母語使用されているのも特徴である。.

新しい!!: モルゲンとドイツ語 · 続きを見る »

ホルシュタイン

ュレースヴィヒ地方とホルシュタイン地方 ホルシュタイン(Holstein()、低地ドイツ語: Holsteen、Holsten、ラテン語及び古典的な英語: Holsatia)は、エルベ川とアイダー川の間、現在のドイツのシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の南部地域をいう。同州の州都キールはホルシュタインの代表的な都市でもある。またハンブルク市は、この地域のすぐ南にある。 その名前は、アングロサクソン語(古英語)のHolt-sǣtanすなわち「森の住人」と同義の低地ドイツ語の言葉に由来している。.

新しい!!: モルゲンとホルシュタイン · 続きを見る »

ホンブルク

ホンブルク(Homburg)はドイツ連邦共和国南西部のザールラント州ザールプファルツ郡にある市で、同郡の郡庁所在地である。 この町にはザールラント大学の医学部が存在する。またカールスベルクの醸造所がある。 住人は約44,000人存在し、主に、ミシュランや、ロバート・ボッシュで働いている人が多い。.

新しい!!: モルゲンとホンブルク · 続きを見る »

ベルク公国

ベルク公の紋章 国旗 1350年頃のベルク伯領 ベルク公国(Herzogtum Berg)は、神聖ローマ帝国の領邦国家。首都はデュッセルドルフ。12世紀に成立し、17世紀まで独立国家としての地位を保った。その領域はおおよそライン川、ルール川、ジーク川に囲まれた地域に広がっており、現在のドイツ、ノルトライン=ヴェストファーレン州の一部に相当する。ベルク公国の国名は、現在のベルギッシェス・ラント地方に受け継がれている。 また1806年から1813年まで、フランス帝国の衛星国家ベルク大公国(独:Großherzogtum Berg;仏Grand-duché de Berg)でもあった。.

新しい!!: モルゲンとベルク公国 · 続きを見る »

アルパン

アルパン(arpent)は、メートル法導入以前のフランスで用いられていた長さおよび面積の単位である。現在のフランスでは用いられていないが、かつてのフランス植民地(ヌーベルフランス)で、その影響が残っているカナダのケベック州やアメリカの一部(フレンチ・ルイジアナ)では現在でも用いられている。 古代ローマの単位「アクタス(actus)」に由来するもので、ヤード・ポンド法の面積の単位エーカー(acre)に対応する。.

新しい!!: モルゲンとアルパン · 続きを見る »

エーカー

ーカー(acre, 記号: ac)は、ヤード・ポンド法の面積の単位である。 イギリスでもアメリカでも、1エーカーは 43560 平方フィートと定義されているが、フィートにはイギリスが使っている国際フィートとアメリカが測量に使っている測量フィートとの2種類があるために、両国でその平方メートル換算値が若干異なっているが、およそ 4047 平方メートルである。 日本ではエーカーは計量単位令別表第7に載せられていないため、取引または証明にはいかなる場合でも使用することができない。平方ヤード、平方インチ、平方フートまたは平方フィート、平方マイルのみを、限定された用途に用いることができる。.

新しい!!: モルゲンとエーカー · 続きを見る »

オランダ

ランダ(Nederland 、; Nederlân; Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。.

新しい!!: モルゲンとオランダ · 続きを見る »

オランダ語

ヨーロッパにおける低地フランク語の分布 オランダ語(オランダご、Nederlands )は、インド・ヨーロッパ語族の西ゲルマン語群に属し、オランダおよびベルギー北部を中心に2300万人以上が使っている言語。ベルギー方言はフラマン語と言うことがある。 日本語では現在は主にオランダ語と言うが、江戸時代には蘭語(らんご)とも呼ばれ、今でも蘭(らん)という略称が広く使われている。.

新しい!!: モルゲンとオランダ語 · 続きを見る »

オルデンブルク

国立劇場 オルデンブルク城 ホルスト・ヤンセン美術館 市壁火薬塔跡 中央駅 オルデンブルク (Oldenburg (Oldb))は、ニーダーザクセン州北西部に位置する代表的な都市である。およそ16万人の人口を有し、これは同州においては州都であるハノーファー、ブラウンシュヴァイク、オスナブリュックに次ぐ第四の規模にあたる。 なお、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州に同名の町があるため、通常は Oldenburg の後に郡の略称である「(Oldb)」をつけて区別する。  .

新しい!!: モルゲンとオルデンブルク · 続きを見る »

カッセル

ッセル (Kassel、1926年までは Cassel が公式な表記であった)は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州の都市。同州北部の大学都市で、フランクフルト・アム・マイン、ヴィースバーデンに次ぐヘッセン州第3位の都市である。 カッセルは歴史上、ヘッセンの首都の一つであり、1277年から1866年まで首都機能が置かれていた。この街は現在、同名の行政管区および郡の行政庁舎所在地(ただし郡には属さない郡独立市)である。また、ヘッセン州に10ある上級中心都市の一つである。 フルダ川の両岸に広がるカッセルは、国際的には特に、カッセルのヴァッサーシュピールが行われるハービヒツヴァルトのベルクパルク・ヴィルヘルムスヘーエ(直訳すると「山の公園ヴィルヘルムスヘーエ」)や1955年から 4、5年ごとに開催される芸術祭ドクメンタで知られている。このためカッセルは1999年3月から「ドクメンタ・シュタット」というニックネームを公式に称している。 カッセルの人口は1899年に10万人を超え、これにより大都市の仲間入りをした。現在()のカッセルの人口は 人である。.

新しい!!: モルゲンとカッセル · 続きを見る »

グダニスク

ダニスク(Gdańsk グダーィンスク、)は、ポーランドの都市。バルト海南部に面するポモージェ(ポメラニア)地方東部に位置し、グダニスク湾を擁するポーランド最大の港湾都市であり、ポモージェ県の県都である。ポーランド語名の発音は片仮名転写が難しく、グダンスクと表記されることがあり、政府観光局はグダンスク、市役所はグダニスクと表記しており、公的機関においても表記が分かれている。カシューブ語ではGduńsk(グダンスク)。また、ドイツ語名のダンツィヒ( 、ダンチヒとも)でもよく知られている。.

新しい!!: モルゲンとグダニスク · 続きを見る »

ケルン

ルン大聖堂内部 第二次世界大戦による荒廃 ケルン市の姉妹都市である京都市に寄贈された大聖堂飾り破風、京都市左京区岡崎公園 ケルン(Köln 、Kölle 、 )はドイツではベルリン、ハンブルク、ミュンヘンに次いで4番目に大きな都市である。ノルトライン=ヴェストファーレン州とヨーロッパでは1,000万人以上が住む大都市圏の一つである内では最大の都市である。ケルン市街地はライン川の両岸にまたがる。市内にはケルン大聖堂 (Kölner Dom) があり、カトリック教会のケルン大司教の拠点がある。ケルン大学(Universität zu Köln) は欧州でも最古で最大の大学の1つである。.

新しい!!: モルゲンとケルン · 続きを見る »

シャウムブルク郡

ャウムブルク郡 (Landkreis Schaumburg) は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州中部、ハノーファーの西に位置する郡。.

新しい!!: モルゲンとシャウムブルク郡 · 続きを見る »

シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州

ュレースヴィヒ=ホルシュタイン州(Land Schleswig-Holstein)は、ドイツに16ある連邦州のひとつで、最北端に位置する。州都はキールである。.

新しい!!: モルゲンとシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州 · 続きを見る »

シュターデ

ュターデ(Stade、低地ドイツ語では Stood)は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州のシュターデ郡の郡庁所在地である。ハンブルクの西約45kmのアルテス・ラント辺縁部で、シュヴィンゲ川に面して位置しており、ハンブルク大都市圏に含まれる。エルベ川南西岸までは約4kmの距離にある。.

新しい!!: モルゲンとシュターデ · 続きを見る »

甲 (単位)

(こう、ピンイン: jiǎ、閩南語: kah)は、台湾の伝統的な面積の単位である。耕地の面積(地積)を表すのに用いられる。 もとは、オランダ統治時代に導入されたオランダの面積の単位モルヘン(morgen)に由来するものである。 日本統治時代の「台湾土地調査規則」(明治31年律令第14号)において、1丈3尺(.

新しい!!: モルゲンと甲 (単位) · 続きを見る »

物理単位

物理単位(ぶつりたんい)とは、種々の物理量を表すための単位である。.

新しい!!: モルゲンと物理単位 · 続きを見る »

面積

面積(めんせき)とは、平面内の、あるいは曲面内の図形の大きさ、広さ、の量である。立体物の表面の面積の合計を特に表面積(ひょうめんせき)と呼ぶ。.

新しい!!: モルゲンと面積 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

モルヘン

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »