ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

モッジ型フリゲート

索引 モッジ型フリゲート

モッジ型フリゲート(、)は、イラン海軍が運用しているフリゲートの艦級。5隻の整備が計画されており、現在1隻が就役中、1隻が海上公試中、3隻が建造中である。イラン軍自身はミサイル駆逐艦として種別している一方、グローバルセキュリティーなどの一部欧米観測筋では逆にコルベットとして種別している。なお、「モッジ」とはペルシア語で「波」の意味。 従来、イラン海軍の艦隊主力は、アルヴァンド級フリゲートによって構成されてきた。これはパフラヴィー朝統治下の1970年代初頭、イギリスのヴォスパー・ソーニクロフト社から購入した艦であり、購入当初は西欧製の武装を搭載していたが、1979年のイラン革命に伴う西側諸国からの武器禁輸措置や中華人民共和国との関係改善などの影響などもあって、武装の多くが中国製のものに切り替えられていた。 本型の設計は、基本的に、このアルヴァンド級のリバースエンジニアリングに基づいたものとなっている。このため、他国の同世代艦では一般的となっているステルス性への配慮は導入されていない。また技術的制約のため、主機関は、CODOG方式から、より単純なディーゼルエンジンの単独方式に変更されている。 主兵装はアルヴァンド級と同様、中国製のC-802艦対艦ミサイルであるが、個艦防空用としてスタンダード・ミサイル1型(SM-1MR)艦対空ミサイル(あるいは国産のラード)が導入された。ただしSM-1MRは固定式の発射筒に収容されているため、即応性と射界に制約がある。また主砲は、アルヴァンド級で採用されていたイギリス製のMk.8 114mm単装砲にかえて、イタリアのオート・メラーラ社のベストセラーであるコンパット 76mm単装速射砲のリバースエンジニアリングによるFajr-27を搭載した。なお対潜兵器として3連装短魚雷発射管(形式不明)を搭載しているが、ソナーを備えているかは疑問視されている。 また外見上最大の変更点として、艦尾にヘリコプター甲板を設けた点がある。格納庫は設置されていないが、着艦ないし飛行中の給油(HIFR)は可能である。.

45 関係: 中華人民共和国ミサイル駆逐艦バンダレ・アンザリーバンダレ・アッバースリバースエンジニアリングボフォース 40mm機関砲トン数パフラヴィー朝ディーゼルエンジンフリゲートアメリカ海軍イラン・イスラム共和国軍イラン革命イラン海軍艦艇一覧イギリスイタリアエリコンKA 20 mm 機関砲オート・メラーラオート・メラーラ 76 mm 砲キッド級ミサイル駆逐艦グローバルセキュリティーコルテノール級フリゲートコルベットステルス性スクリュープロペラソナーサーム級フリゲートCODOG西側諸国艦対空ミサイル艦対艦ミサイルMk 32 短魚雷発射管VT グループYJ-8 (ミサイル)YJ-83 (ミサイル)格納庫海上公試1970年代1979年2006年2007年2010年2012年2月4.5インチ マーク 8 艦砲

中華人民共和国

中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく、中华人民共和国、中華人民共和國、People's Republic of China, PRC)、通称中国(ちゅうごく、China)は、東アジアに位置する主権国家である。 中華人民共和国は、13億8千万人以上の人口で世界一人口が多い国である。中華人民共和国は、首都北京市を政庁所在地とする中国共産党により統治されるヘゲモニー政党制である。.

新しい!!: モッジ型フリゲートと中華人民共和国 · 続きを見る »

ミサイル駆逐艦

ミサイル駆逐艦(ミサイルくちくかん、Guided missile Destroyer)は、軍艦の艦種の一つであり、広義にはミサイルを搭載している駆逐艦の事である。ミサイル艦の一種。日本の海上自衛隊においてはミサイル護衛艦(DDG)という名称が用いられている。 狭義においては、アメリカ海軍における艦種記号でDDGの艦の事であり、テリア、ターター、スタンダードのような艦隊防空用の艦対空ミサイルを搭載した駆逐艦の事である。アーレイ・バーク級、キッド級などがある。スプルーアンス級駆逐艦(艦種記号DD)の様に艦隊防空用のミサイルを搭載していない駆逐艦はミサイルを搭載していてもミサイル駆逐艦とは類別されないが、何故か艦隊防空用のミサイルを搭載していないズムウォルト級(DDG-1000)はミサイル駆逐艦扱いである。 アメリカ海軍以外には冷戦時代にスペイン海軍及びイギリス海軍、海上自衛隊や韓国海軍なども防空ミサイル駆逐艦を導入した他、1980年代までには世界各国海軍で必須の装備(水上戦闘艦)として開発が進んだ艦種である。 ソ連やロシアにおいてはミサイル艦とは艦対艦ミサイルを搭載した艦のことであり、アメリカ海軍でいうような艦隊防空用のミサイルを搭載した駆逐艦をミサイル艦とは呼ばない。むしろ、1950年代後半ないし1960年代以降においてたんに「駆逐艦」といえばアメリカ海軍で言うようなミサイル駆逐艦に相当すると考えた方が適切である。ソビエト連邦海軍やロシア海軍においても「ミサイル駆逐艦」という艦種名称は存在せず、単に「駆逐艦」と呼ばれる艦種や「大型対潜艦」と呼ばれる艦種がアメリカ海軍でいうところのミサイル駆逐艦と同様の任務を負う同規模の艦となっている。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとミサイル駆逐艦 · 続きを見る »

バンダレ・アンザリー

バンダレ・アンザリー(بندر انزلى; Bandar-e Anzali )は、イランのギーラーン州にあるカスピ海沿岸の港町。イラン革命以前はバンダレ・パフラヴィー(بندر پهلوى、Bandar-e Pahlavi)と呼ばれていた。近くには州都のラシュトがある。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとバンダレ・アンザリー · 続きを見る »

バンダレ・アッバース

バンダレ・アッバース(بندر عباس Bandar-e ʿAbbās)は、イラン南部の都市。ホルモズガーン州の州都である。ホルムズ海峡北岸に位置する港町であり、2005年の人口は約35万2千人。「アッバースの港」の意。当初はバンダレ・アッバースィーといわれたが省いてバンダレ・アッバース、さらにバンダル・アッバースとなり、現在のイランや西欧語ではこの用法が最も多い。日本語での報道などではバンダルアバス、バンダルアッバスと訛る。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとバンダレ・アッバース · 続きを見る »

リバースエンジニアリング

リバースエンジニアリング(Reverse engineeringから。直訳すれば逆行工学という意味)とは、機械を分解したり、製品の動作を観察したり、ソフトウェアの動作を解析するなどして、製品の構造を分析し、そこから製造方法や動作原理、設計図などの仕様やソースコードなどを調査することを指す。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとリバースエンジニアリング · 続きを見る »

ボフォース 40mm機関砲

ボフォース 40mm機関砲(ボフォース40ミリきかんほう、Bofors 40mm/L60)は、1930年代初頭にスウェーデンのボフォース社が開発した対空機関砲。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとボフォース 40mm機関砲 · 続きを見る »

トン数

トン数(トンすう、噸数)とは、船の大きさをトンを単位として表したものである。大別して容積によって表すものと重量によって表すものがある。 日本の計量法体系は「トン数」の語は用いず、「トン」を特殊な計量である「船舶の体積の計量」に限定して用いる体積の計量単位、と認めており、後述の国際総トン数を採用して1000/353m3と定義している。計量法は単位「トン」の記号は「T」と定めている。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとトン数 · 続きを見る »

パフラヴィー朝

パフラヴィー朝(パフラヴィーちょう、)は1925年から1979年までイランを統治した、イラン最後の王朝である。パフレヴィー朝、パーレビ朝、パーラヴィ朝とも呼ばれる。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとパフラヴィー朝 · 続きを見る »

ディーゼルエンジン

ハ183系)用の高速ディーゼルエンジンの一例。DML30HSI形ディーゼルエンジン水平対向12気筒排気量30L(440PS/1,600rpm) 4サイクル・ディーゼルエンジンの動作 ディーゼルエンジン (英:Diesel engine) は、ディーゼル機関とも呼ばれる内燃機関であり、ドイツの技術者ルドルフ・ディーゼルが発明した往復ピストンエンジン(レシプロエンジン)である。1892年に発明され、1893年2月23日に特許を取得した。 ディーゼルエンジンは点火方法が圧縮着火である「圧縮着火機関」に分類され、ピストンによって圧縮加熱した空気に液体燃料を噴射することで着火させる。液体燃料は発火点を超えた圧縮空気内に噴射されるため自己発火する。 単体の熱機関で最も効率に優れる種類のエンジンであり、また軽油・重油などの石油系の他にも、発火点が225℃程度の液体燃料であればスクワレン、エステル系など広範囲に使用可能である。汎用性が高く、小型高速機関から巨大な船舶用低速機関までさまざまなバリエーションが存在する。 エンジン名称は発明者にちなむ。日本語表記では一般的な「ディーゼル」のほか、かつては「ヂーゼル」「ジーゼル」「デイゼル」とも表記された。日本の自動車整備士国家試験では現在でもジーゼルエンジンと表記している。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとディーゼルエンジン · 続きを見る »

フリゲート

帆走するフリゲート フリゲート(Frigate)は、軍艦の艦種の一つ。時代により様々な任務や大きさの軍艦に対して使用された名称である。フリゲイトとも表記される。 日本では、"Destroyer"は「駆逐艦」、"Cruiser"は「巡洋艦」、"Battleship"は「戦艦」などと日本語訳されたが、フリゲートに関してはそのままカタカナ語として用いられている。語尾に「艦」を付加して「フリゲート艦」と呼ばれることもあるが、「フリゲート」のみで一つの艦種を表すので、特に「艦」は付けなくてもよい。なお漢字文化圏では、「駆逐艦」「巡洋艦」については日本での訳語がおおむね踏襲されているが、「フリゲート」については「護衛艦」(, )あるいは「巡防艦」と訳されることが多い。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとフリゲート · 続きを見る »

アメリカ海軍

アメリカ海軍(アメリカかいぐん、United States Navy、略称:USN)は、アメリカ合衆国が保有する海軍である。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとアメリカ海軍 · 続きを見る »

イラン・イスラム共和国軍

イラン・イスラム共和国軍(イラン・イスラムきょうわこくぐん)は、イラン・イスラム共和国の国軍である。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとイラン・イスラム共和国軍 · 続きを見る »

イラン革命

イラン革命(イランかくめい、انقلاب ۱۳۵۷ ایران)は、イラン・パフラヴィー朝において1979年2月に起こった革命である。亡命中であったルーホッラー・ホメイニーを精神的指導者とするイスラム教十二イマーム派(シーア派)の法学者たちを支柱とする国民の革命勢力が、モハンマド・レザー・シャーの専制に反対して、政権を奪取した事件を中心とする政治的・社会的変動をさす。民主主義革命であると同時に、イスラム化を求める反動的回帰でもあった。イスラム革命(Islamic Revolution)とも呼ばれる。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとイラン革命 · 続きを見る »

イラン海軍艦艇一覧

イラン海軍艦艇一覧は、イラン・イスラム共和国海軍が過去保有した、または現在保有する、または将来保有する予定の、未完成・計画中止を含めた歴代艦艇一覧である。 '凡例.

新しい!!: モッジ型フリゲートとイラン海軍艦艇一覧 · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとイギリス · 続きを見る »

イタリア

イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA:, Repubblica Italiana)、通称イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバル(lo Stivale)と称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属する。地中海性気候が農業と歴史に大きく影響している。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとイタリア · 続きを見る »

エリコンKA 20 mm 機関砲

リコンKA 20 mm 機関砲(エリコンKA 20ミリ きかんほう、)は、スイスのエリコン社の20mm口径の機関砲シリーズ。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとエリコンKA 20 mm 機関砲 · 続きを見る »

オート・メラーラ

ート・メラーラ (Oto Melara)は、かつてブレーシャとラ・スペーツィアに本拠を置いていたイタリアの防衛関連企業である。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとオート・メラーラ · 続きを見る »

オート・メラーラ 76 mm 砲

ート・メラーラ 76 mm 砲(Oto Melara 76 mm gun)は、イタリアのオート・メラーラ社が開発した艦砲。その優れた性能から、開発国イタリアはもちろん、日本やアメリカ合衆国など世界40ヶ国以上で用いられている。 現在までに3タイプが発表されているが、とくにコンパクトとスーパーラピッドは、高い速射力と追尾能力をもち、対空・対水上に使用できる高性能な両用砲でありながら、きわめてコンパクトに収められている。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとオート・メラーラ 76 mm 砲 · 続きを見る »

キッド級ミサイル駆逐艦

ッド級ミサイル駆逐艦(キッドきゅうミサイルくちくかん、)は、アメリカ海軍のミサイル駆逐艦の艦級。 アメリカ合衆国で開発されていたスプルーアンス級駆逐艦の防空艦派生型の設計に基づいて帝政イラン海軍が発注したものの、イラン革命によってキャンセルされた艦をアメリカ海軍が買い取って建造を継続、就役させたものである。イージス艦実用化前夜、有力な防空艦として活躍したものの、イージス艦の増勢に伴って相対的な陳腐化が指摘され、1999年までに運用を終了した。その後、2006年までに全艦が中華民国(台湾)に売却されて、基隆級駆逐艦()として運用されている。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとキッド級ミサイル駆逐艦 · 続きを見る »

グローバルセキュリティー

ーバルセキュリティー(global security)とは、地球規模(世界規模)の安全保障のこと。国際安全保障(international security)と同義であり、国際連合や北大西洋条約機構などの国際機関が相互の安全と安全保障のためにとる軍事的、外交的措置が含まれる。一般化された語であるため、多くの組織の社号としても使用されている。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとグローバルセキュリティー · 続きを見る »

コルテノール級フリゲート

ルテノール級フリゲート()は、オランダ海軍のフリゲートの艦級。標準フリゲート(S型フリゲート)とも称される。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとコルテノール級フリゲート · 続きを見る »

コルベット

ルベット(Corvette)は軍艦の艦種の一つ。一層の砲甲板を持ち、大きさはフリゲートよりも小さかった。 近世から近代にかけて用いられた帆柱が3本の軍艦として、18世紀末から19世紀にかけてフリゲート同様商船の護衛や沿岸警備等に使われたが、海防艦などにその任を譲り、20世紀前半に消滅した。 今日使用されているコルベットは単にフリゲートより小さい軍艦をさしている。 なお、フリゲートの項でも述べられているが、コルベットのことをコルベット艦と称することがある。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとコルベット · 続きを見る »

ステルス性

F-117 ナイトホーク ステルス攻撃機 フォーミダブル級フリゲート RAH-66 コマンチ ステルス(stealth)とは、軍用機、軍艦、戦闘車両等の兵器をレーダー等のセンサー類から探知され難くする軍事技術の総称である。単にそれらの技術を取り入れて開発された兵器を指してステルスと呼ぶ事もある。ステルス性という言葉は「ある兵器がセンサー類からどの程度探知され難いか」という事を相対的に表す。正式な軍事用語としては低観測性 (low observable) と言い、略してLO特性などと呼ぶ。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとステルス性 · 続きを見る »

スクリュープロペラ

船のスクリュープロペラ スクリュープロペラ は、船などに装備され水中で動作する、推進機の種類である。スクリュープロペラの回転翼が水をかくことによって、回転軸方向に揚力を作り、推進する力を得る。 単にプロペラ、水面下に隠れて見えない事から外輪に対し暗車とも呼ばれる。巻き込まれると危険であるため船尾【艫(トモ)】に注意を促す記述が書かれていることがある(たとえば横浜にある氷川丸を後方から見ると「双暗車注意」と書いてある)。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとスクリュープロペラ · 続きを見る »

ソナー

ナー(; ソーナーとも)は、水中を伝播する音波を用いて、水中・水底の物体に関する情報を得る装置。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとソナー · 続きを見る »

サーム級フリゲート

ーム級フリゲート()は、イラン海軍のフリゲートの艦級。イギリスのヴォスパー社のMk.5フリゲートの設計を採用している。 発注当初は駆逐艦と称されており、就役当初は護衛駆逐艦の艦種記号が付されていた。また艦名はいずれもシャー・ナーメの主要登場人物に由来していたが、イラン革命後には山岳名に改称された。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとサーム級フリゲート · 続きを見る »

CODOG

CODOG CODOG(COmbined Diesel Or Gas turbine、コンバインド・ディーゼル・オア・ガスタービン)とは、ディーゼルエンジンとガスタービンエンジンを組み合わせた推進方式のこと。主に艦船で使用される。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとCODOG · 続きを見る »

西側諸国

西側諸国(にしがわしょこく、西側、資本主義陣営、自由主義陣営とも、英語:Western Bloc、ウェスタンブロック)とは、冷戦中、アメリカ合衆国(アメリカ)を中心とする資本主義陣営に属した国々のことを言う。対する陣営はソビエト連邦(ソ連)などを中心とした東側諸国。 ここでいう西側は、ヨーロッパにおける資本主義陣営と共産主義陣営の境界が東西ドイツを境にしている事に由来するが、実際には欧州東部にも西側諸国は存在した(トルコ、ギリシャ)他、欧州以外のその他の地域では、属する陣営と地理上の東西が反転することもあった。 西側各国はアメリカとの単独・多国間の政治・軍事的保障条約に組み込まれた。それらの機構として有名なものは、北大西洋条約機構(NATO)、米州機構(OAS)などがある。.

新しい!!: モッジ型フリゲートと西側諸国 · 続きを見る »

艦対空ミサイル

艦対空ミサイル(かんたいくうミサイル、ship-to-air missile, SAM)は、艦船から空中目標に発射されるミサイル。 敵航空機だけではなく、敵対艦ミサイルの迎撃にも使われる。また、対空攻撃だけでなく対艦攻撃などに使用できるミサイルも存在する。.

新しい!!: モッジ型フリゲートと艦対空ミサイル · 続きを見る »

艦対艦ミサイル

艦対艦ミサイル(かんたいかんミサイル、ship-to-ship missile, SSM)は、艦船から発射され、艦船を目標にされる対艦ミサイルのこと。 比較的低速の艦船を目標にし、また、敵艦対艦ミサイルの射程外から発射できるよう射程が長いことが望ましいため、ジェットエンジンが使われることがある。遠距離のため、水平線下になる目標を攻撃することも考慮し、発射後は母艦からの誘導が必要無いアクティブ・レーダー・ホーミングや赤外線ホーミングなどの誘導方式が使われる。.

新しい!!: モッジ型フリゲートと艦対艦ミサイル · 続きを見る »

Mk 32 短魚雷発射管

Mk.46 mod 5 短魚雷を発射するMk.32 mod 15 短魚雷発射管 Mk.32 魚雷発射管()は、アメリカ海軍が開発した水上艦装備の魚雷発射管。324mm口径であり、Mk.46やMk.50などの短魚雷を使用する。アメリカ海軍のほか、日本の海上自衛隊をはじめとして、西側諸国の海軍で広く使用されており、近距離用対潜兵器のデファクトスタンダードのひとつである。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとMk 32 短魚雷発射管 · 続きを見る »

VT グループ

VT グループ(VT Group plc)は、国防とサービスを提供するイギリスの公開有限会社。かつて、ヴォスパー・ソーニクロフトとして知られる会社であり、造船業から多角化して幅広いエンジニアリングとサポートサービスを提供している。 VT グループは、5つの主要傘下企業を通して多くの地域に事業を展開している。主要企業は、VT コミュニケーションズ、VT エデュケーション・アンド・スキルス、VT サポート・サービシーズ、シップビルディング、そして、アメリカ合衆国に本社を構えるVT グループ Inc.である。VT グループはロンドン証券取引所に上場しており、株価指数がFTSE250に含まれている。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとVT グループ · 続きを見る »

YJ-8 (ミサイル)

YJ-8(, )は、中国で開発された艦対艦ミサイル。輸出名はC-801であり、また、西側諸国においては、アメリカ国防総省(DoD)識別番号としてはCSS-N-4、NATOコードネームとしては「サーディン」()とされている。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとYJ-8 (ミサイル) · 続きを見る »

YJ-83 (ミサイル)

YJ-83(, )は、中国で開発された対艦ミサイル。輸出名はC-802であり、また、西側諸国においては、アメリカ国防総省(DoD)識別番号としてはCSS-N-8、NATOコードネームとしては「サッケード」()とされている。.

新しい!!: モッジ型フリゲートとYJ-83 (ミサイル) · 続きを見る »

格納庫

格納庫(かくのうこ、Hangar)とは、航空機を風雨や砂塵などから守り、中で整備や補給、待機などを行う格納施設のこと。英語の呼称であるハンガーの語源は「家畜小屋」を意味するフランス北部地方におけるフランス語の方言である。飛行場や空港の陸上にあるものだけでなく、航空母艦や航空機搭載艦艇にある航空機格納庫も「ハンガー」と呼ばれる。.

新しい!!: モッジ型フリゲートと格納庫 · 続きを見る »

海上公試

海上公試(かいじょうこうし)とは、船舶建造の最終段階で行う性能試験のこと。改装工事などで性能に変化があった時も行われる。船舶が全てにおいて所定の性能を有するか否かを確認する、いわば最終テストである。海上公試運転、公試運転、または単に公試とも呼ばれる。一般商船の場合は通常数日で終了するが、大型艦艇の場合は数ヶ月に亘り、延べ30日以上の海上公試を行う場合もある。その後最終艤装や仕上げ塗装を行い、就役となる。 海上公試は、船の性能を調べる艦船公試と搭載兵器の性能を調べる武器公試(軍艦などの場合)に大別される。.

新しい!!: モッジ型フリゲートと海上公試 · 続きを見る »

1970年代

1970年代(せんきゅうひゃくななじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1970年から1979年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1970年代について記載する。.

新しい!!: モッジ型フリゲートと1970年代 · 続きを見る »

1979年

記載なし。

新しい!!: モッジ型フリゲートと1979年 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: モッジ型フリゲートと2006年 · 続きを見る »

2007年

この項目では、国際的な視点に基づいた2007年について記載する。.

新しい!!: モッジ型フリゲートと2007年 · 続きを見る »

2010年

この項目では、国際的な視点に基づいた2010年について記載する。.

新しい!!: モッジ型フリゲートと2010年 · 続きを見る »

2012年

この項目では、国際的な視点に基づいた2012年について記載する。.

新しい!!: モッジ型フリゲートと2012年 · 続きを見る »

2月

2月(にがつ)はグレゴリオ暦で年の第2の月に当たり、通常は28日、閏年では29日となる。 他の月の日数が30または31日なのに対して、 英語の呼び名である February はローマ神話のフェブルウス (Februus) をまつる祭りから取ったと言われている。.

新しい!!: モッジ型フリゲートと2月 · 続きを見る »

4.5インチ マーク 8 艦砲

アヴェンジャー」の砲 4.5インチ 55口径 (114 mm) マーク 8 艦砲 (4.5 inch L/55 Mark 8 naval gun) とは、イギリス海軍の艦砲システム。1938年以来、4.5インチ砲は水上艦、航空機、沿岸の目標への用途にイギリス海軍において標準的な中口径砲で、以前から使用されていたQF 4.5インチ マーク6 連装砲に取って代わった。以前からあった4.5インチ砲と同様に、実際の口径は4.45インチ (113 mm) である。.

新しい!!: モッジ型フリゲートと4.5インチ マーク 8 艦砲 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »