ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

モスクワ劇場占拠事件

索引 モスクワ劇場占拠事件

事件後に病院に収容された生存者を見舞うプーチン大統領(2002年10月26日) モスクワ劇場占拠事件(モスクワげきじょうせんきょじけん)は、2002年10月23日 - 10月26日にかけて、ロシア連邦内でチェチェン共和国の独立派武装勢力が起こした人質・占拠事件である。.

31 関係: 人質人質救出作戦弾丸チェチェン共和国モスクワロシアロシア連邦保安庁ロシア連邦軍ロシア連邦政府フェンタニルベスラン学校占拠事件アルファ部隊カルフェンタニル第二次チェチェン紛争紛争爆弾病院無力化ガス特殊部隊銃殺非致死性兵器解毒剤訴訟自爆KOLOKOL-1武装気体撤退10月23日10月26日2002年

人質

人質(ひとじち)は、交渉を有利にするために、人の身柄を拘束することや、拘束された人を指す。および近世以前、借金の担保として人身を質入れすること。また、誓約の保証として妻子や親族などを相手方にとどめておくことや、その対象も人質と呼ばれた。 (動画) テロ対策訓練.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件と人質 · 続きを見る »

人質救出作戦

人質救出作戦(ひとじちきゅうしゅつさくせん、Hostage Rescue, HR)は、犯人によって拘束された人質を救出するために行われる作戦をいう。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件と人質救出作戦 · 続きを見る »

弾丸

弾丸(だんがん)は、銃や砲に使用され、それらから発射・推進して主に目標に物理的損傷を与えるもの。材質や形状は用途により多岐にわたるが、基本的に鉛合金の弾芯に銅合金の被甲をかぶせた構造である。発射薬や銃用雷管と共に薬莢に収められたものは実包、弾薬という。なお、弾丸を実際に発射することを発砲(はっぽう)という。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件と弾丸 · 続きを見る »

チェチェン共和国

チェチェン共和国(チェチェンきょうわこく)は、北カフカース(北コーカサス)地方の北東部に位置するロシア連邦北カフカース連邦管区に属する共和国。設立は1991年で首都はグロズヌイ。北カフカースの先住民族のひとつのチェチェン人が住民の多数を占める。 ソビエト連邦解体後、ロシア連邦政府及びロシア連邦への残留を主張するチェチェン人勢力と、チェチェン・イチケリア共和国やカフカース首長国を自称するチェチェンの独立を求める武装勢力との間で対立が続き、2度のチェチェン紛争と独立派のテロリズムが発生した歴史がある。現首相就任後は、治安は比較的安定している。 ロシアの憲法上ではロシア連邦を構成する連邦構成主体のひとつである。したがって、入出国手続などは無いのでロシア滞在査証で滞在可能である。日本からの移動手段は、モスクワからUTエア・アビエーションでグロズヌイへ飛行機移動となる。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件とチェチェン共和国 · 続きを見る »

モスクワ

モスクワ(ロシア語:Москва́ IPA: マスクヴァー、)は、ロシア連邦の首都。連邦市として市単独でロシア連邦を構成する83の連邦構成主体のひとつとなっており、周囲を占めるモスクワ州の州都でもある。ただし州とは区別され「モスクワ市」(Город Москва)となる。人口は約1150万人でヨーロッパで最も人口の多い都市であり、世界有数の世界都市である。漢字による当て字は莫斯科。英語で発音した場合には、モスコーあるいはモスカウ(Moscow )のようになる。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件とモスクワ · 続きを見る »

ロシア

ア連邦(ロシアれんぽう、Российская Федерация)、またはロシア (Россия) は、ユーラシア大陸北部にある共和制及び連邦制国家。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件とロシア · 続きを見る »

ロシア連邦保安庁

ア連邦保安庁(ロシアれんぽうほあんちょう、露:、略称:、英:、略称:)は、ロシア連邦の防諜、犯罪対策を行う治安機関であるが、CIS諸国内においては対外情報庁(SVR)に代わって、限定的に諜報活動も行っている(CIS諸国とは相互に諜報活動を行わない協定を締結している為、対外情報庁は諜報活動をCIS諸国内においては行えない)。2003年には連邦国境庁(FPS)が行っていた国境警備機能全体、連邦政府通信・情報局(FAPSI)が行っていたSIGINT機能、連邦税務警察庁(FSNP)が行っていた金融犯罪捜査機能の一部も移管され旧ソビエト社会主義共和国連邦のソ連国家保安委員会(KGB)の姿に戻りつつある。 2017年3月には、FSB職員がヤフーに対するハッキング容疑でアメリカ合衆国司法省により起訴されている。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件とロシア連邦保安庁 · 続きを見る »

ロシア連邦軍

ア連邦軍(ロシアれんぽうぐん、Вооруженные силы Российской Федерации、略称: ВС РФ、Armed Forces of the Russian Federation)は、ロシア連邦の軍隊である。 ソ連崩壊後の1992年に、旧ソ連の核兵器を含むソビエト連邦軍の主力を継承して成立した。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件とロシア連邦軍 · 続きを見る »

ロシア連邦政府

ア連邦政府(Правительство Российской Федерации)は、ロシア連邦の行政府。 ※以下の省庁名は、2008年5月のドミートリー・メドヴェージェフ政権発足以前のもの。 2008年5月以降、政府機構が大幅に変わっている。最新の機構図は、ロシア政府公式ホームページ(外部リンク参照)にある。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件とロシア連邦政府 · 続きを見る »

フェンタニル

フェンタニル (Fentanyl) とは、主に麻酔や鎮痛、疼痛緩和の目的で利用される合成オピオイドである。1996年のWHO方式がん疼痛治療法の3段階中の3段階目で用いられる強オピオイドである。麻薬及び向精神薬取締法における麻薬に指定されている。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件とフェンタニル · 続きを見る »

ベスラン学校占拠事件

アに於けるベスランの位置 ベスラン学校占拠事件(ベスランがっこうせんきょじけん)は、2004年9月1日から9月3日にかけてロシアの北オセチア共和国ベスラン市のベスラン第一中等学校で、チェチェン共和国独立派を中心とする多国籍の武装集団(約30名)によって起こされた占拠事件。 9月1日に実行された占拠により、7歳から18歳の少年少女とその保護者、1181人が人質となった。3日間の膠着状態ののち、9月3日に犯人グループと特殊部隊との間で銃撃戦が行われ、特殊部隊が建物を制圧し事件は終了したものの、386人以上が死亡(うち186人が子供)、負傷者700人以上という犠牲を出す大惨事となった。首謀者はチェチェン人のシャミル・バサエフ(独立派強硬派グループカフカーシアン・フロントの指導者)。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件とベスラン学校占拠事件 · 続きを見る »

アルファ部隊

アルファ部隊(Альфа)とは、ソ連KGBおよびロシア連邦保安庁の特殊部隊。任務は、テロ対策、人質解放、輸送手段、国家施設の奪取と関連した過激派対策といったロシア国内のみでの活動である。もっとも、一般には本来の任務とは逆に、ソ連のアフガニスタン侵攻の際に、ハフィーズッラー・アミーン大統領の官邸を襲撃した部隊として知られている。 アルファ部隊は、現在、同じく旧KGBの特殊部隊ヴィンペル部隊と共に、連邦保安庁の憲法体制擁護・テロ対策局特殊任務センターの下にある。隊員は、全員が将校であり、その能力は、ロシアの特殊部隊の最高峰に位置すると言える。隊員は、フルフェイスのチタン製ヘルメットを装着していることから、Heavy Faceのあだ名で呼ばれることもある。 装備の大部分はAK-74、AS Val、PP-91、MP-443など他のロシア連邦特殊任務部隊と変わらないが、部分的にはグロック17、H&K MP5、M4カービン、L96A1など、西欧製の装備を配備している。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件とアルファ部隊 · 続きを見る »

カルフェンタニル

ルフェンタニル(英:carfentanil、別名:4-カルボメトキシフェンタニル)はオピオイド系鎮痛剤フェンタニルのアナログであり、医学および獣医学において麻酔剤や鎮痛剤として使用される。カルフェンタニルは1974年に製薬会社ヤンセン ファーマの化学者らのチームによって初めて合成された。ヒトに対する毒性があると推定されている物質であり、また既に市販されているので、ならず者国家およびテロリストグループが大量破壊兵器として使用する可能性が懸念されている。アメリカ合衆国では麻薬取締局の指定薬物リストの番号は9743番になっており、規制物質法におけるスケジュールII薬物に分類されている。2016年の年間総計生産量は19グラムだった。日本では2016年12月に薬機法における指定薬物として指定された。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件とカルフェンタニル · 続きを見る »

第二次チェチェン紛争

二次チェチェン紛争(だいにじチェチェンふんそう)は、チェチェン独立派勢力(チェチェン・イチケリア共和国等)と、ロシア人及びロシア連邦への残留を希望するチェチェン共和国のチェチェン人勢力との間で発生した紛争。1999年に勃発した。2009年4月16日に国家対テロ委員会は独立派の掃討が完了したとして対テロ作戦地域からの除外を発表、10年の長きにわたった紛争は終結した。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件と第二次チェチェン紛争 · 続きを見る »

紛争

紛争(ふんそう、conflict, dispute)とは、もめ事や争いごとを指す言葉。非常に範囲の広い言葉であり、裁判における紛争や、経済における紛争などいくつかの主体が激しく対立している状態も指すが、この項目では主に、対立する勢力の武力衝突を指す「武力紛争」(armed conflict)について述べる。ただし武力紛争の範囲もかなり広く、内戦から国際法上における戦争も含む。武力紛争は1949年のジュネーヴ諸条約などの「国際人道法」の適用対象となっている。共通第三条の対象は「国際的性質を持たない武力紛争」であるとされているが、これには国内の暴動や散発的な暴力行為は含まれない。ただし国内における武力紛争の定義の明確化には複数の国が反対しており、現在もはっきりとした定義は存在しない。ともいう 現代の日本においては、発生した紛争の名称が明確に決定される事例は少なく、「○○戦争」や「○○紛争」といった名称が政府見解やメディア、論文などによって異なることも多い。内戦や比較的小規模な地域紛争が紛争と呼ばれることが多いが(例:ユーゴスラビア紛争、フォークランド紛争)、紛争と呼ばれるものでもボスニア・ヘルツェゴビナ紛争やエチオピア・エリトリア国境紛争のように国家間できわめて大きな被害を出した武力紛争もあり、視点によってとらえ方が異なる事例もあるため、明確な基準が存在しているわけではない。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件と紛争 · 続きを見る »

爆弾

対地普通爆弾(500LB爆弾) 爆弾(ばくだん、Bombe)は、爆発による熱や衝撃などによって対象とする生物や物体を殺傷、破壊するための兵器である。一般に、爆薬とそれを装填する容器、信管などの発火装置で構成される。なお、兵器以外でも、発破などの民間利用に用いられる同様の装置を指して爆弾と呼ぶことがある。 軍事利用の面では、特に航空機から投下される航空機搭載爆弾を指して爆弾の語が使われる。他にも爆薬を使った兵器として、小型で人力により投射される手榴弾、水中に投下される機雷や爆雷、大砲から投射するものを榴弾、推進装置を持つ物をロケット弾、さらに誘導装置まで持つものをミサイルと呼ぶ。ただし、推進装置は持たないが誘導装置を持つ物は一般的に誘導爆弾に分類される。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件と爆弾 · 続きを見る »

病院

病院(びょういん、hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと病院よりも小規模な医療施設は診療所(クリニック)と呼ばれる。規模的には病院ではあるが、歴史的な理由によりクリニックの名称を残す施設もある(メイヨー・クリニックなど)。。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件と病院 · 続きを見る »

無力化ガス

無力化ガス(むりょくかがす、Incapacitating agent)は、化学兵器の一種である。 アメリカ国防総省では「無力化ガスは一時的に生理的または精神的な影響、あるいは両者を発生させ、彼らが目的を持った組織的な行動をできなくする。」と定義されている。(原文はリンク先の英語版を参照).

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件と無力化ガス · 続きを見る »

特殊部隊

アメリカ海軍の特殊部隊Navy SEALs 特殊部隊(とくしゅぶたい、Special Forces)とは、軍や警察の一般部隊とは遂行すべき任務と部隊の編制が異なる部隊の事である。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件と特殊部隊 · 続きを見る »

銃殺

銃殺(じゅうさつ)、または射殺(しゃさつ)は、銃を用いて主に人間の命を絶つこと。 「銃殺」は、特に「銃殺刑」を執行する場合を指すこともある。他方、「射殺」は動物や人間を撃ち殺す行為一般を指し、弓などを含む飛び道具全般について用いることができる。銃殺刑でない場合は、戦争行為も含めて後に殺人罪として刑罰に問われることが通常である。 ソ連のスパイを拳銃で処刑するフィンランド兵(1942年) 日本における銃器死者の記述(記録上の鉄砲の実戦使用)は、16世紀中頃の天文19年(1550年)7月14日、洛中の合戦で三好長慶軍の部将三好弓介の与力1人が細川晴元軍の鉄砲に当たって死亡したのが文献上の初見とされる。 その後明治から昭和にかけて政治家に対する突発的な銃殺事件が増えた。伊藤博文暗殺や、五・一五事件、二・二六事件などが挙げられる。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件と銃殺 · 続きを見る »

非致死性兵器

催涙スプレーのデモンストレーション 非致死性兵器(ひちしせいへいき)とは、相手を死傷させることなく無力化する兵器である。ノン・リーサル・ウエポン(non-lethal weapons)とも。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件と非致死性兵器 · 続きを見る »

解毒剤

解毒剤(げどくざい、Antidote)は、中毒を緩和することのできる物質のことである。この言葉は、ギリシア語の「antididonai」(与えられた対抗)に由来する。 ある種の毒の場合、動物に少量の毒を注射して、でき上がった抗体を血中から抽出することによって解毒剤(血清)を作る場合がある。この方法により、毒蛇、毒蜘蛛、その他の有毒生物の毒に対する解毒剤が作られている。多くの生物毒には有効な解毒剤が存在せず、このような毒で咬まれたり刺されたりすると死に至ることがある。例えば蜘蛛、サソリ、蜂など節足動物によるある種の毒は、アレルギー反応やアナフィラキシーショックが起こった場合、アドレナリンの使用やアレルギー反応、アナフィラキシー・ショックに対処できる解毒剤がないとその毒は致死性になる可能性を秘めている。 その他の毒については解毒剤はほとんど知られていない。例えばアコニチン中毒の場合、さまざまな種類のトリカブトによりさまざまな種類の極めて有毒なアルカロイドについて、ほとんど有効な解毒剤がなく、仮にヒトが致死量を摂取した場合、結果として死を招くこととなる。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件と解毒剤 · 続きを見る »

訴訟

訴訟(そしょう)とは、紛争の当事者以外の第三者を関与させ、その判断を仰ぐことで紛争を解決すること、またはそのための手続のことである。対義語に自力救済がある。現代においては、国家の司法権の行使によって、その権力を背景に紛争を強制的に解決するための手続のことを訴訟といい、調停、仲裁、和解などと区別される。 さらに狭い意味では広義の訴訟のうち判決手続のことのみを訴訟とよび、強制執行手続等と区別される。 訴訟を提起する行為は一般に提訴と言われる。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件と訴訟 · 続きを見る »

自爆

自爆(じばく)とは、爆発物などでの自決、または自分の使用する兵器や機材を破壊すること。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件と自爆 · 続きを見る »

KOLOKOL-1

KOLOKOL-1(Колокол-1 コーラカル・アヂーン。колоколは「鐘」の意。)は合成オピオイドから派生した無力化ガス(すなわち化学兵器)の一種である。曝露後1〜3秒以内に効果を発揮し2〜6時間意識不明にすると言われている。 このガスは2002年のモスクワ劇場占拠事件で使用されたことで有名になった。人質922人のうち129人が中毒(窒息とも)死したことからその非致死性については疑問視されている。 1970年代にレニングラードの軍の秘密研究施設で化学兵器科学者レフ・フョードロフ (Lev Fyodorov) によって開発された。 ロシア側は現在も詳細を明らかにしていないが、各症状や患者がオピオイド拮抗剤であるナロキソンの静脈注射に効果を示したことからも、合成オピオイドの一種でフェンタニル系の薬物と推定された。具体的にはフェンタニルかをハロタンに溶解したものをエアロゾルとして噴射するものではないかとされていた。しかし、2012年にイギリスの研究者が生存者の衣服及び尿を分析したところ、カルフェンタニルとレミフェンタニルが検出された。 いずれも超高力価で、特にカルフェンタニルはモルヒネの 10,000 倍以上の効果を有する(換言すれば、静注時の半数致死量が 120–250 mg であるモルヒネのわずか 1/10,000 の量──0.012–0.025 mg あるいは 12–25 μg──で同等の効果を得られるため、兵器転用しやすい)。仮にこれら物質が使われていたとすれば、人質は意識消失を伴った呼吸中枢麻痺によって窒息死したか、中毒死したと考えられる。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件とKOLOKOL-1 · 続きを見る »

武装

武装(ぶそう)は、戦闘のための装備をすること。また、その装備のこと。武装をする権利のことを武装権という。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件と武装 · 続きを見る »

気体

気体(きたい、gas)とは、物質の状態のひとつであり岩波書店『広辞苑』 第6版 「気体」、一定の形と体積を持たず、自由に流動し圧力の増減で体積が容易に変化する状態のこと。 「ガス体」とも。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件と気体 · 続きを見る »

撤退

撤退(てったい retirement and/or withdrawal)とは、戦略においてある部隊が敵地における作戦地域から部隊を後方へ移動すること。戦術論における後退行動とは異なる概念である。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件と撤退 · 続きを見る »

10月23日

10月23日(じゅうがつにじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から296日目(閏年では297日目)にあたり、年末まであと69日ある。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件と10月23日 · 続きを見る »

10月26日

10月26日(じゅうがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から299日目(閏年では300日目)にあたり、年末まであと66日ある。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件と10月26日 · 続きを見る »

2002年

この項目では、国際的な視点に基づいた2002年について記載する。.

新しい!!: モスクワ劇場占拠事件と2002年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »