ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ミャステチコ (行政区画)

索引 ミャステチコ (行政区画)

ミャステチコ(miasteczko。他言語名:městysまたはměstečko、Местечко、мястэчка、мiстечко、miestelis、miests)は居住地の一形態を指す歴史的な用語、また行政区分名であるМестечки // Энциклопедический словарь Брокгауза и Ефрона: в 86 т. (82 т. и 4 доп.). — СПб., 1890—1907.

18 関係: 人頭税マクデブルク法ポーランドポーランド・リトアニア共和国ポーランド分割ポショーロク (行政区画)ポサードモスクワ州ユダヤ人ラトビアリトアニアレニングラード州ロシアロシア帝国デレヴニャ (行政区画)ベラルーシウクライナセロ (行政区画)

人頭税

人頭税(じんとうぜい、poll tax、capitation tax)とは、納税能力に関係なく、全ての国民1人につき一定額を課す税金である。.

新しい!!: ミャステチコ (行政区画)と人頭税 · 続きを見る »

マクデブルク法

中世のマクデブルク マクデブルク法(Magdeburger Recht)は、神聖ローマ皇帝のオットー1世により作られた地域の支配者による市や村の情勢に対する法で、内容は都市の自由を守り抜く規定と並んで、商法、刑法、訴訟法、手続法などの条文が大部分を占める。長いあいだ神聖ローマ帝国の有力都市であったマクデブルクの自治権をモデルとするために同市の名を冠しており、中欧で中世の都市法で最も重要なものである。 この法は、ドイツ都市法の基礎となり何世紀の間に神聖ローマ帝国で発展した。重要な事ではボヘミア、ハンガリーやポーランドの君主達がマクデブルク法を採用し修正している、同法は何千もの都市や村の発展を促し、都市化へ画期的な法となった。.

新しい!!: ミャステチコ (行政区画)とマクデブルク法 · 続きを見る »

ポーランド

ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、Rzeczpospolita Polska)、通称ポーランドは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。欧州連合 (EU)、北大西洋条約機構 (NATO) の加盟国。通貨はズウォティ。首都はワルシャワ。 北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する。 10世紀に国家として認知され、16世紀から17世紀にかけヨーロッパで広大な国の1つであったポーランド・リトアニア共和国を形成。18世紀、4度にわたり国土が隣国によって分割され消滅。 第一次世界大戦後、1918年に独立を回復したが、第二次世界大戦時、ナチス・ドイツとソビエト連邦からの事前交渉を拒否し両国に侵略され、再び国土が分割された。戦後1952年、ポーランド人民共和国として国家主権を復活、1989年、民主化により共和国となった。冷戦時代は、ソ連の影響下に傀儡政権の社会主義国とし最大で最も重要なソ連の衛星国の一国となり、政治的にも東側諸国の一員となった。国内及び東側諸国の民主化とソ連の崩壊と東欧革命を経て、「中欧」または「中東欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: ミャステチコ (行政区画)とポーランド · 続きを見る »

ポーランド・リトアニア共和国

ポーランド・リトアニア共和国(ポーランド・リトアニアきょうわこく)、正式国称ポーランド王国およびリトアニア大公国(ポーランドおうこくおよびリトアニアたいこうこく、Królestwo Polskie i Wielkie Księstwo Litewskie)は、ポーランド王国とリトアニア大公国の制度的国家合同(ルブリン合同)によって1569年から1795年まで存在した複合君主制国家。18世紀後半には対外的な国称として最も静穏なるポーランド共和国、国内ではジェチュポスポリタ(Rzeczpospolita、共和国)と呼ばれた。また、二民族の共和国という呼称もあるが、1967年のパヴェウ・ヤシェニツァによる造語である。歴史学では「貴族の共和国 (Rzeczpospolita szlachecka) 」や「第一共和国 (I Rzeczpospolita) 」という用語も用いられる。 16・17世紀のヨーロッパ世界においてオスマン帝国に次いで広大な国の1つであった. Retrieved March 19, 2006: At its apogee, the Polish-Lithuanian Commonwealth comprised some and a multi-ethnic population of 11 million. For population comparisons, see also those maps:,. 。.

新しい!!: ミャステチコ (行政区画)とポーランド・リトアニア共和国 · 続きを見る »

ポーランド分割

ポーランド分割(ポーランドぶんかつ、Rozbiór Polski・Rozbiory Polski、Lietuvos-Lenkijos padalijimai、Падзелы Рэчы Паспалітай、)は、18世紀に、ポーランド・リトアニア共和国の領土が3度にわたって周囲の3つの大国に奪われ、最終的に完全に領土を失って滅亡したことを指す歴史用語。その後、ウィーン会議により改めて4度目の分割も行われた。.

新しい!!: ミャステチコ (行政区画)とポーランド分割 · 続きを見る »

ポショーロク (行政区画)

ポショーロク(Посёлок)は、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ、カザフスタンの行政区画名の1種である。 ロシアでは、主に建設年度の新しい都会風の村を指す(ただし、ロシアとウクライナではセロ等と区別する法律上の基準はない)。.

新しい!!: ミャステチコ (行政区画)とポショーロク (行政区画) · 続きを見る »

ポサード

ポサード(ウクライナ語 / Посад 、Пасад 。)はキエフ・ルーシ期 - 帝政ロシア期に用いられた、城塞(クレムリもしくはデティネツ)の外の市場や商工業者の密集して住まう地区を指す用語である。.

新しい!!: ミャステチコ (行政区画)とポサード · 続きを見る »

モスクワ州

モスクワ州の行政区域。中央の赤いエリアはモスクワ市で州外。 モスクワ州(Московская область, Подмосковье)はロシアの州(オーブラスチ)で連邦構成主体のひとつ。ただし、州都であるモスクワ市は当州とは独立した連邦構成主体(連邦市)で、モスクワ州はモスクワ市の周囲を占める。 隣接する連邦構成主体はモスクワ市、ウラジーミル州、リャザン州、トゥーラ州、カルーガ州、スモレンスク州、トヴェリ州、ヤロスラヴリ州。 面積は47000平方キロメートル(九州地方の約1.3倍。この面積はモスクワ市を含む)。人口は651万人(1998年1月1日推計。モスクワ市の人口を除く)。.

新しい!!: ミャステチコ (行政区画)とモスクワ州 · 続きを見る »

ユダヤ人

ユダヤ人(יהודים、Jews、Djudios、ייִדן)は、ユダヤ教の信者(宗教集団)、あるいはユダヤ人を親に持つ者(血統)によって構成される宗教的民族集団である。 ムスリムやクリスチャンと同じで、ユダヤ人という人種・血統的民族が有る訳では無い。ヨーロッパでは19世紀中頃まで主として前者の捉え方がなされていたが、近代的国民国家が成立してからは後者の捉え方が広まった。ハラーハーでは、ユダヤ人の母親から生まれた者、あるいは正式な手続きを経てユダヤ教に入信した者がユダヤ人であると規定されている。2010年現在の調査では、全世界に1340万を超えるユダヤ人が存在する。民族独自の国家としてイスラエルがあるほか、各国に移民が生活している。ヘブライ人やセム人と表記されることもある。 ユダヤ人はディアスポラ以降、世界各地で共同体を形成し、固有の宗教や歴史を有する少数派のエスニック集団として定着した。しかし、それらを総体的に歴史と文化を共有する一つの民族として分類することはできない。言語の面をみても、イディッシュ語の話者もいればラディーノ語の話者もいる。歴史的にはユダヤ人とはユダヤ教徒のことであったが、現状では国籍、言語、人種の枠を超えた、一つの尺度だけでは定義しえない文化的集団としか言いようのないものとなっている。 で追加された記述だが、出典が示されていない。古代のイスラエル人やセファルディムは(いわゆる「白人」ではないものの)主にコーカソイドのはずで、これを単に「有色人種」と説明するのは誤りではないにしても誤解を招きかねず、不適切であろう。また、アシュケナジムをハザール人と関連づけるのは(当該記事の記述によれば)諸説があり、広く受け入れられている説ではない。 「古代のイスラエル人は有色人種で、12支族の1支族ユダ族のユダヤ人は有色人種セファルディムで、白系ユダヤ人アシュケナジム(ヘブライ語でドイツを意味する)は8世紀頃、ハザール人のユダヤ教への改宗によって、ユダヤ人を名乗った。」 -->.

新しい!!: ミャステチコ (行政区画)とユダヤ人 · 続きを見る »

ラトビア

ラトビア共和国(ラトビアきょうわこく、Latvijas Republika)、通称ラトビアは、北ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、OECDの加盟国。通貨はユーロ、人口は201.5万人、首都はリガである。.

新しい!!: ミャステチコ (行政区画)とラトビア · 続きを見る »

リトアニア

リトアニア共和国(リトアニアきょうわこく、Lietuvos Respublika)、通称リトアニア(Lietuva)は、ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、通貨はユーロ、人口は325万人、首都はヴィリニュスである。.

新しい!!: ミャステチコ (行政区画)とリトアニア · 続きを見る »

レニングラード州

レニングラード州(, Leningrad Oblast)は、ロシア連邦の州(オーブラスチ)。北西連邦管区に属する。 州都はサンクトペテルブルクであるが、行政的にサンクトペテルブルク市は連邦特別市として州から独立している。州名は革命家のウラジーミル・レーニンにちなむ。なお、レニングラード州西部は、近世までは、イングリア(インゲルマンラント、イジョール)と呼称されていた。.

新しい!!: ミャステチコ (行政区画)とレニングラード州 · 続きを見る »

ロシア

ア連邦(ロシアれんぽう、Российская Федерация)、またはロシア (Россия) は、ユーラシア大陸北部にある共和制及び連邦制国家。.

新しい!!: ミャステチコ (行政区画)とロシア · 続きを見る »

ロシア帝国

ア帝国(ロシアていこく、 ラスィーイスカヤ・インピェーリヤ)は、1721年から1917年までに存在した帝国である。ロシアを始め、フィンランド、リボニア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、カフカーズ、中央アジア、シベリア、外満州などのユーラシア大陸の北部を広く支配していた。帝政ロシア(ていせいロシア)とも呼ばれる。通常は1721年のピョートル1世即位からロシア帝国の名称を用いることが多い。統治王家のロマノフ家にちなんでロマノフ朝とも呼ばれるがこちらはミハイル・ロマノフがロシア・ツァーリ国のツァーリに即位した1613年を成立年とする。.

新しい!!: ミャステチコ (行政区画)とロシア帝国 · 続きを見る »

デレヴニャ (行政区画)

デレヴニャ(Деревня)は、ロシアの村落の一種、またロシアの行政区画名の一つである。一般的に数十戸からなる。日本語では村、村落などの訳語が当てられる。 デレヴニャは17世紀から18世紀に、農民の住む村を指す用語として用いられた。また、それ以前には農家、耕地を指す言葉だった。16世紀の書籍『ドモストロイ』(Домострой, 家庭訓)には、「デレヴニャを耕作する」という記述が見られる。さらにそれ以前は、畑のために森を切り拓いた土地を意味した。デレヴニャとは、樹木を意味するデレヴォ(дерево)に由来する言葉である。 20世紀初頭までは教会堂を有するものがセロ、無いものがデレヴニャと呼ばれた。 .

新しい!!: ミャステチコ (行政区画)とデレヴニャ (行政区画) · 続きを見る »

ベラルーシ

ベラルーシ共和国(ベラルーシきょうわこく、Рэспу́бліка Белару́сь、Республика Беларусь)、通称ベラルーシは、東ヨーロッパに位置する共和制国家。日本語では白ロシア(はくロシア)とも呼ばれる。東にロシア、南にウクライナ、西にポーランド、北西にリトアニア、ラトビアと国境を接する、世界最北の内陸国である。首都はミンスク。ソビエト連邦から独立した。国際連合にはウクライナと共に、ソ連時代からソ連とは別枠で加盟していた。また、ヨーロッパ州で最も北にある内陸国の一つでもある。.

新しい!!: ミャステチコ (行政区画)とベラルーシ · 続きを見る »

ウクライナ

ウクライナ(Україна、)は、東ヨーロッパの国。東にロシア連邦、西にハンガリーやポーランド、スロバキア、ルーマニア、モルドバ、北にベラルーシ、南に黒海を挟みトルコが位置している。 16世紀以来「ヨーロッパの穀倉」地帯として知られ、19世紀以後産業の中心地帯として大きく発展している。天然資源に恵まれ、鉄鉱石や石炭など資源立地指向の鉄鋼業を中心として重化学工業が発達している。 キエフ大公国が13世紀にモンゴル帝国に滅ぼされた後は独自の国家を持たず、諸侯はリトアニア大公国やポーランド王国に属していた。17世紀から18世紀の間にはウクライナ・コサックの国家が興亡し、その後ロシア帝国の支配下に入った。第一次世界大戦後に独立を宣言するも、ロシア内戦を赤軍が制したことで、ソビエト連邦内の構成国となった。1991年ソ連崩壊に伴い独立した。 歴史的・文化的には中央・東ヨーロッパの国々との関係が深い。 また本来の「ルーシ」「ロシア」とは、現在のロシア連邦よりもウクライナを指した。.

新しい!!: ミャステチコ (行政区画)とウクライナ · 続きを見る »

セロ (行政区画)

(セロー)(Село́)はロシア、ウクライナ、カザフスタン、モルドバ、ブルガリアでの住民拠点(集落)の1種である。行政区画名の1種でもある。ロシア語のセロは村と訳される和久利誓一ら編 『岩波ロシア語辞典』 岩波書店、1992年、P1742。 セロに関連・類似する集落の名称としては、他にデレヴニャ、ポショーロク、スタニツァ(ユルト)(ru)、フトル(ru)、キシラク(ru)、アウル(ru)(いずれもロシア語からの転写)などがある。.

新しい!!: ミャステチコ (行政区画)とセロ (行政区画) · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

メステチコ

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »