ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ミケランジェロ・アントニオーニ

索引 ミケランジェロ・アントニオーニ

ミケランジェロ・アントニオーニ (Michelangelo Antonioni, 1912年9月29日 - 2007年7月30日) は、イタリアの映画監督。.

121 関係: さすらいの二人大衆文化太陽はひとりぼっち夜 (映画)学生運動小説巷の恋中国 (映画)中華人民共和国作家マリア・シュナイダーマルチェロ・マストロヤンニマルセル・カルネノイチス・ド・ノルチチネチッタネオレアリズモモニカ・ヴィッティヨーロッパ映画賞 生涯貢献賞ルキノ・ヴィスコンティローマロベルト・ロッセリーニロカルノ国際映画祭ヴィム・ヴェンダースヴェネツィア国際映画祭ヴェネツィア国際映画祭 審査員特別賞ボローニャ大学ブーイングパルム・ドールヒッピーピンク・フロイドテレビ映画テオ・アンゲロプロスファニー・アルダンフィーチャー映画フェラーラフェデリコ・フェリーニドキュメンタリーダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞アメリカ合衆国アラン・ドロンアンリ=ジョルジュ・クルーゾーアンドレイ・タルコフスキーアカデミー名誉賞イレーヌ・ジャコブイングマール・ベルイマンイギリスイタリアイタリアの映画オムニバスカラー映画...カンヌ国際映画祭 審査員特別グランプリカエターノ・ヴェローゾジャン・レノジャン・ヴィゴジャンヌ・モロージャン=リュック・ゴダールジャック・ニコルソンジョン・マルコヴィッチソフィー・マルソーサザーランド杯短編小説短編映画砂丘 (映画)第11回ベルリン国際映画祭第13回カンヌ国際映画祭第15回カンヌ国際映画祭第20回カンヌ国際映画祭第25回ヴェネツィア国際映画祭第35回カンヌ国際映画祭第52回ヴェネツィア国際映画祭第67回アカデミー賞片麻痺銀獅子賞言語障害赤い砂漠脚本家脳卒中金獅子賞金熊賞長回し英国映画協会JLG/自画像栄誉金獅子賞欲望 (1967年の映画)毛沢東情事 (1960年の映画)映画映画の分類映画監督文化大革命愛の神、エロス1912年1940年1942年1947年1949年1950年1954年1955年1957年1960年1960年代1961年1962年1964年1966年1967年1968年1970年1972年1975年1980年1982年1983年1985年1986年1993年1995年2007年7月30日9月29日 インデックスを展開 (71 もっと) »

さすらいの二人

『さすらいの二人』(さすらいのふたり、Professione: reporter, 「職業: 記者」の意)は、1975年(昭和50年)製作・公開、ミケランジェロ・アントニオーニ監督によるイタリア・スペイン・フランス合作映画。ジャック・ニコルソンとマリア・シュナイダーの共演作。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとさすらいの二人 · 続きを見る »

大衆文化

大衆文化(たいしゅうぶんか)、ポピュラーカルチャー()、ポップカルチャー()、マスカルチャー()とは、ハイカルチャー(文学、美術など)に対して、一般大衆が広く愛好する文化のことである。一方、マニアックな分野を指す言葉としてサブカルチャーという言葉があり、こちらは大衆文化とハイカルチャー双方に跨ってマイナーな領域を示している。 ただしこれらの概念も時代的な変遷があり、厳密な定義は困難である(サブカルチャーの項目を参照)。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと大衆文化 · 続きを見る »

太陽はひとりぼっち

『太陽はひとりぼっち』(たいようはひとりぼっち、L'eclisse / The Eclipse)は、1962年(昭和37年)製作・公開のイタリア・フランス合作映画である。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと太陽はひとりぼっち · 続きを見る »

夜 (映画)

『夜』(La notte)は、1960年撮影、1961年に製作・公開されたイタリア・フランス合作映画である。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと夜 (映画) · 続きを見る »

学生運動

学生運動(がくせいうんどう)は、学生が行う社会運動。主に社会的・政治的な運動を指すが、広義では文化運動も含める。本項では文化運動も含めた広義の学生運動について解説する。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと学生運動 · 続きを見る »

小説

小説(しょうせつ、fiction(総称)、novel(長編)、story(短編)、roman(長編)、nouvelle(中編)、conte(短編))とは、文学の形式の一つである。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと小説 · 続きを見る »

巷の恋

『巷の恋』(ちまたのこい、L'amore in città, 「都市における恋愛」の意)は、1953年(昭和28年)製作・公開、イタリアのオムニバス映画であるLove in the City, Internet Movie Database, 2010年8月25日閲覧。街の恋、allcinema ONLINE、2010年8月25日閲覧。。日本語での別題は『都市の恋』(としのこい)、『街の恋』(まちのこい)。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと巷の恋 · 続きを見る »

中国 (映画)

『中国』(ちゅうごく、Chung Kuo, Cina)は、1972年にミケランジェロ・アントニオーニ監督によって製作された、イタリアのドキュメンタリー映画。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと中国 (映画) · 続きを見る »

中華人民共和国

中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく、中华人民共和国、中華人民共和國、People's Republic of China, PRC)、通称中国(ちゅうごく、China)は、東アジアに位置する主権国家である。 中華人民共和国は、13億8千万人以上の人口で世界一人口が多い国である。中華人民共和国は、首都北京市を政庁所在地とする中国共産党により統治されるヘゲモニー政党制である。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと中華人民共和国 · 続きを見る »

作家

作家(さっか)とは、芸術や趣味の分野で作品を創作する者のうち作品創作を職業とする者または職業としていない者でも専門家として認められた者をいう。 芸術家に含まれる者の多くはこの意味での作家であるが、職種・肩書きとして、○○作家と呼ぶかどうかは、すでに固有の職業名称が確立しているか否かによる。すなわち伝統的芸術分野では詩人・画家・作曲家・映画監督などの呼称が確立しているため○○作家とは呼ばないが、新しい芸術分野や趣味の分野では、○○作家、○○創作家、○○クリエイターという用い方がされる。ただし伝統的芸術分野においても、○○作家という語を用いる場合がある。 ただ単に「作家」と言った場合、著作家、とくに小説家を指す場合が多い。だが、「作家」という職業は様々に枠が広いため、そう呼称されるのを嫌うものもいる。逆に、小説は書いていないが単に作家と称するケースが多い(猪瀬直樹、麻生千晶など)。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと作家 · 続きを見る »

マリア・シュナイダー

マリア・シュナイダー(Maria Schneider、1960年11月27日- )は、アメリカの作曲家。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとマリア・シュナイダー · 続きを見る »

マルチェロ・マストロヤンニ

マルチェロ・ヴィンチェンツォ・ドメニコ・マストロヤンニ(Marcello Vincenzo Domenico Mastroianni, 1924年9月28日 - 1996年12月19日)は、20世紀のイタリアを代表する映画俳優。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとマルチェロ・マストロヤンニ · 続きを見る »

マルセル・カルネ

マルセル・カルネ (Marcel Carné, 1906年8月18日 - 1996年10月31日) は、フランスの映画監督、脚本家。詩人でもあった脚本家のジャック・プレヴェールとの共同作品で有名である。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとマルセル・カルネ · 続きを見る »

ノイチス・ド・ノルチ

『ノイチス・ド・ノルチ』(Noites do Norte)は、ブラジル人ミュージシャン、カエターノ・ヴェローゾが2000年に発表したスタジオ・アルバム。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとノイチス・ド・ノルチ · 続きを見る »

チネチッタ

チネチッタ(Cinecittà)は、イタリア・ローマ郊外にある映画撮影所。イタリア語で映画を意味するcinemaと都市を意味するcittàを合わせた造語で、原義は「映画都市」。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとチネチッタ · 続きを見る »

ネオレアリズモ

ネオレアリズモ(Neorealismo)とはイタリアにおいて、1940年代から1950年代にかけて特に映画と文学の分野で盛んになった潮流。イタリア・ネオリアリズムとも言われる。 リアリズムの方法で現実を描写する傾向は、当時のイタリアで支配的だったファシズム文化への抵抗として、また頽廃主義の克服として、1930年代ごろすでにあらわれ始めた新たな社会参加から生まれた。知識人は歴史的責任を自ら引き受けなければならず、人々の要求を代弁しなければならないという考え方が、この時期広まっていた。このため、ネオレアリズモの作家・映画人たちは、日常語を模範とした平易で直接的な言語を採用した。 ネオレアリズモが確固たる地位を得たのは1943年から1950年にかけてである。この時期はファシズムとナチズムに対する抵抗の時期であり、また戦後の混乱期であった。この間多くの作家が、初めはパルチザン闘争に、次いで政治的議論に関わりあった。パルチザン闘争、労働者の要求、市民の暴動といった主題が、この時期のネオレアリズモ映画やネオレアリズモ文学によく現れる。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとネオレアリズモ · 続きを見る »

モニカ・ヴィッティ

モニカ・ヴィッティ (Monica Vitti, 1931年11月3日 - ) は、イタリアの女優。モニカ・ビッティとも表記される。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとモニカ・ヴィッティ · 続きを見る »

ヨーロッパ映画賞 生涯貢献賞

ヨーロッパ映画賞 生涯貢献賞(European Film Academy Lifetime Achievement Award)は、ヨーロッパ映画賞における名誉賞である。生涯功労賞、生涯功績賞とも呼ばれる。ヨーロッパ映画アカデミーにより1988年から授与されている。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとヨーロッパ映画賞 生涯貢献賞 · 続きを見る »

ルキノ・ヴィスコンティ

モドローネ伯爵ルキノ・ヴィスコンティ(Luchino Visconti, conte di Modorone, 1906年11月2日 - 1976年3月17日) は、イタリアの映画監督、脚本家、舞台演出家、貴族(伯爵)。映画監督・プロデューサーのウベルト・パゾリーニは大甥。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとルキノ・ヴィスコンティ · 続きを見る »

ローマ

ーマ(Roma、Roma)は、イタリアの首都。欧州有数の世界都市であり、ラツィオ州の州都、ローマ県のコムーネの一つで、ローマ県の県都でもある。英語とフランス語の表記は「Rome」。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとローマ · 続きを見る »

ロベルト・ロッセリーニ

ベルト・ロッセリーニ (Roberto Rossellini, 1906年5月8日 - 1977年6月4日) は、イタリアの映画監督。イタリア映画界におけるネオレアリズモ運動の先駆的な人物の一人であり、イングリッド・バーグマンを据えた作品でも有名。フランスのヌーヴェル・ヴァーグ運動に多大な影響を与えた。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとロベルト・ロッセリーニ · 続きを見る »

ロカルノ国際映画祭

ピアッツァ・グランデの会場 会場の全景 ロカルノ国際映画祭 (ロカルノこくさいえいがさい、Festival internazionale del film di Locarno, Locarno International Film Festival)は、スイス南部、イタリア語圏のティチーノ州ロカルノで、1946年から毎年8月に開催されている国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認の映画祭である。 グランプリは1968年より金豹賞と呼ばれている。それ以前は様々な名称で呼ばれていた。準グランプリは審査員特別賞となっている。名誉豹賞は1989年から授与されている。 ロカルノの中央広場「ピアッツァ・グランデ」を野外上映スペースにして、設置されたヨーロッパ最大の屋外スクリーン(26mX14m)では一度に7500人の観客が映画を観賞できる。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとロカルノ国際映画祭 · 続きを見る »

ヴィム・ヴェンダース

ヴィム・ヴェンダース (Wim Wenders, 1945年8月14日 - ) は、ドイツの映画監督。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとヴィム・ヴェンダース · 続きを見る »

ヴェネツィア国際映画祭

出席者たちは船で会場に到着する(2010年) ヴェネツィア国際映画祭(ヴェネツィアこくさいえいがさい、Mostra Internazionale d'Arte Cinematografica)は、イタリアのヴェネツィアで、毎年8月末から9月初旬に開催される映画祭。ベニス国際映画祭、ヴェニス国際映画祭、ベネチア国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭などとも表記される。 カンヌ国際映画祭・ベルリン国際映画祭と並ぶ世界三大映画祭のひとつで、世界最古の歴史を持つ映画祭である。ただし中断期間があるため、中断なく一貫して行われている映画祭ではエディンバラ国際映画祭が世界最古である。 2006年の映画祭は、国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認の国際映画祭のうち、上映作品数で第41位(115本)、来場者数では第10位(174,000人)であった。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとヴェネツィア国際映画祭 · 続きを見る »

ヴェネツィア国際映画祭 審査員特別賞

ヴェネツィア国際映画祭 審査員特別賞 (Premio speciale della giuria、Special Jury Priz) はヴェネツィア国際映画祭の作品賞のひとつ。審査員と冠された賞は1951年(第12回ヴェネチア国際映画祭)から授与されており、2012年(第69回)までは金獅子賞に次ぐ第2席の作品に与えられ、2013年(第70回)からは第2席と第3席の作品に与えられている。 第2席の作品に与えられる賞の名称は、2003年(第60回)と2004年(第61回)は審査員大賞 、2005年(第62回)から2012年(第69回)までは審査員特別賞 、2013年(第70回)から2015年(第72回)までは審査員'''大賞''' 、2016年(第73回)からは銀獅子 審査員大賞 となっている。 第3席の作品に与えらる賞は、2013年(第70回)から審査員特別賞となっている。 本項目では、2012年までの第2席の賞と、2013年以降の第3席の賞について記述する。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとヴェネツィア国際映画祭 審査員特別賞 · 続きを見る »

ボローニャ大学

学生に対して上位の立場とは違っている。 280px ボローニャ大学(イタリア語:Alma mater studiorum - Università di Bologna、略号:UNIBO)は、イタリアのボローニャに所在する大学である。 ヨーロッパ最古の総合大学(cf. 世界最古の一覧#学問所)であり、サラマンカ大学、パリ大学、トゥールーズ大学、モンペリエ大学、オックスブリッジと共に12〜13世紀までに設立されたヨーロッパ最古の中世大学群にあたる。現在、規模においてはイタリア国内第2位の大学でもある。世界の(近代型)大学の原点とされ、「母なる大学」(Alma Mater Studiorum) とも雅称される。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとボローニャ大学 · 続きを見る »

ブーイング

ブーイング(booing)とは、観客が出演者や選手などに対して不満や怒り、非難を表すために行われる行為である。日本語の「野次(やじ)」もこれに近いが、こちらはむしろ言葉をもって行われる。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとブーイング · 続きを見る »

パルム・ドール

パルム・ドール(Palme d'Or)は、カンヌ国際映画祭(1946年 - )における最高賞。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとパルム・ドール · 続きを見る »

ヒッピー

ヒッピースタイルのミュージシャン ヒッピー(Hippie)は、伝統・制度などの既成の価値観に縛られた人間生活を否定することを信条とし、また、文明以前の自然で野生生活への回帰を提唱する人々の総称。 1960年代後半に、おもにアメリカ(発祥地はサンフランシスコのヘイト・アシュベリー地区との説がある。ロス郊外のとする説もある)の若者の間で生まれたムーブメントで、のちに世界中に広まった。彼らの多くは、自然と愛と平和とセックスと自由を愛していると主張した。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとヒッピー · 続きを見る »

ピンク・フロイド

ピンク・フロイド(Pink Floyd) は、イングランド出身のロック・バンド。 プログレッシブ・ロックの先駆者としても知られ、1970年代のプログレッシヴ・ロックにおける五大バンドの一つとされている。作品の総売り上げは2億3000万枚以上、代表作『狂気』が全米チャートに「741週連続ランクイン」するなど、ロック界のレジェンドとして世界的な名声を誇った。 1995年度『グラミー賞』受賞。1996年『ロックの殿堂』入り。ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」51位。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとピンク・フロイド · 続きを見る »

テレビ映画

テレビ映画(テレビえいが)とは、一般の映画のようにフィルム(現在はビデオが主)で撮影され、最初に映画館で上映される映画ではなく、テレビ番組のドラマとして放送されるために製作される映像作品をいう。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとテレビ映画 · 続きを見る »

テオ・アンゲロプロス

テオ・アンゲロプロス(Theo Angelopoulos)ことテオドロス・アンゲロプロス(ギリシャ語:Θόδωρος Αγγελόπουλος、Theodoros Angelopoulos、1935年4月27日 - 2012年1月24日)は、ギリシャ・アテネ出身の映画監督。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとテオ・アンゲロプロス · 続きを見る »

ファニー・アルダン

ファニー・アルダン(Fanny Ardant, 1949年3月22日 - )は、フランス・ソミュール出身の女優、監督、舞台演出家。 同国を代表する女優の一人で、1997年にフランス最高峰「セザール賞」の最優秀女優賞を受賞している。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとファニー・アルダン · 続きを見る »

フィーチャー映画

フィーチャー映画(feature film)またはフィーチャー(feature)とは、長編映画のこと。ただし、この用語が使われた年代や製作国によって意味が異なるので注意のこと。 元をたどればサイレント映画時代には、「フィーチャー」は数本立ての映画上映のうちの「呼び物の(featured)」映画を意味した。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとフィーチャー映画 · 続きを見る »

フェラーラ

フェラーラ(フェッラーラ、Ferrara)は、イタリア共和国エミリア=ロマーニャ州にある都市であり、その周辺地域を含む人口約13万人の基礎自治体(コムーネ)。フェラーラ県の県都である。 14世紀、この地を治めたエステ家によって整備され、ルネサンス期に文化の中心地の一つとして栄えた。エステ家の居城エステ城が一般に公開されている。1995年にはフェラーラのルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯がユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとフェラーラ · 続きを見る »

フェデリコ・フェリーニ

フェデリコ・フェリーニ(Federico Fellini, 1920年1月20日 - 1993年10月31日)はイタリア・リミニ生まれの映画監督、脚本家。「映像の魔術師」の異名を持つ。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとフェデリコ・フェリーニ · 続きを見る »

ドキュメンタリー

ドキュメンタリー(documentary film)は、映画フィルムもしくはビデオなどの映像記録媒体で撮影された記録映像作品を指す。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとドキュメンタリー · 続きを見る »

ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞

ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞(David di Donatello)は、イタリア映画アカデミーが毎年イタリア映画における最高の名誉とされる賞である。受賞者にはドナテッロ作のダヴィッド像が贈呈される。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アラン・ドロン

アラン・ドロン(Alain Delon, 1935年11月8日 - )はフランスの映画俳優。1960年代から1980年代初めにかけ美男の代名詞的存在だった。身長177センチメートル。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとアラン・ドロン · 続きを見る »

アンリ=ジョルジュ・クルーゾー

アンリ=ジョルジュ・クルーゾー (Henri-Georges Clouzot, 1907年11月20日 - 1977年1月12日) は、フランスの映画監督・映画プロデューサー・脚本家。サスペンスやフィルム・ノワールの監督として有名。映画史上初めて世界三大映画祭の全てで最高賞を受賞した監督でもある。また、ヌーヴェル・ヴァーグの生みの親とも言われている。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとアンリ=ジョルジュ・クルーゾー · 続きを見る »

アンドレイ・タルコフスキー

アンドレイ・タルコフスキー(ロシア語:Андрей Арсеньевич Тарковский, アンドレイ・アルセーニエヴィチ・タルコフスキー, 英語:Andrei Arsenyevich Tarkovsky, 1932年4月4日 - 1986年12月29日)は、ソ連の映画監督である。「映像の詩人」と呼ばれ、叙情的とも言える自然描写、とりわけ「水」の象徴性を巧みに利用した独特の映像美で知られる。深い精神性を探求し、後期から晩年にかけて、人類の救済をテーマとした作品を制作・監督する。表現の自由を求めてソ連を亡命し、故郷に還ることなく、パリにて54歳で客死する。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとアンドレイ・タルコフスキー · 続きを見る »

アカデミー名誉賞

アカデミー名誉賞(アカデミーめいよしょう、Academy Honorary Award)は、1928年の第1回アカデミー賞から創設されたアカデミー賞の表彰である。第21回から現在の名称であり、以前は「特別賞」として贈呈されていた。 基本的には授賞式の半年前に映画芸術科学アカデミーの理事会により発表、3か月前に授賞式が行われるため、アカデミー賞の授賞式とは別に開催され、2009年からはガバナーズ賞で表彰が行われる。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとアカデミー名誉賞 · 続きを見る »

イレーヌ・ジャコブ

イレーヌ・ジャコブ (Irène Jacob, 1966年7月15日 - ) は、フランス出身の女優。 同国を代表する女優の一人で、スイスにも地盤を置いて活動している。『カンヌ国際映画祭 女優賞』受賞などの実績があり、日本の映画や舞台にも出演した。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとイレーヌ・ジャコブ · 続きを見る »

イングマール・ベルイマン

イングマール・ベルイマン(Ingmar Bergman, 1918年7月14日 - 2007年7月30日)は、スウェーデンの映画監督・脚本家・舞台演出家。スウェーデンを代表する世界的な映画監督として知られる。 「神の沈黙」、「愛と憎悪」、「生と死」などを主要なモチーフに、映画史に残る数多くの名作を発表した。 「ベルイマン」の発音は正しくは「ベーリマン」に近い。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとイングマール・ベルイマン · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとイギリス · 続きを見る »

イタリア

イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA:, Repubblica Italiana)、通称イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバル(lo Stivale)と称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属する。地中海性気候が農業と歴史に大きく影響している。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとイタリア · 続きを見る »

イタリアの映画

イタリア映画の歴史は、リュミエール兄弟が映画を発見したわずか数か月後、教皇レオ13世の祝福を与える姿が数秒間カメラに収められた時に始まったと言える。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとイタリアの映画 · 続きを見る »

オムニバス

ムニバス(omnibus)は、すでに発行された独立した作品を集め、ひとつにまとめて一作品としたものである。 日本における用法は、派生的なもので英語でのそれと異なるので注意を要する。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとオムニバス · 続きを見る »

カラー映画

ラー映画(カラーえいが、Color motion picture film)は、モノクロフィルムを使うモノクロ映画(白黒映画)に対して、カラーフィルムを使用し自然のままの色を再現した映画をいう。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとカラー映画 · 続きを見る »

カンヌ国際映画祭 審査員特別グランプリ

ンヌ国際映画祭 審査員特別グランプリ (Grand prix du jury) はカンヌ国際映画祭の賞のひとつ。1951年から授与されている。 この賞は何度か名称が変わっており、1966年までは「審査員特別賞 (Spécial Prix du Jury)」、1988年までは「審査員特別グランプリ (Grand Prix Spécial du Jury)」、1994年までは「審査員グランプリ (Grand Prix du Jury)」、1995年からは「グランプリ (Grand Prix)」という名称である。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとカンヌ国際映画祭 審査員特別グランプリ · 続きを見る »

カエターノ・ヴェローゾ

ターノ・ヴェローゾ(Caetano Veloso, 1942年8月7日 - )は、ブラジルの作曲家および歌手。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとカエターノ・ヴェローゾ · 続きを見る »

ジャン・レノ

ャン・レノ(, 本名:, 1948年7月30日 – )は、フランスの俳優。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとジャン・レノ · 続きを見る »

ジャン・ヴィゴ

ャン・ヴィゴ(Jean Vigo, 1905年4月26日 - 1934年10月5日)は、フランス・パリ出身の映画監督。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとジャン・ヴィゴ · 続きを見る »

ジャンヌ・モロー

ャンヌ・モロー(Jeanne Moreau, 1928年1月23日 - 2017年7月31日)は、フランスの女優、脚本家、映画監督、歌手。フランスを代表する女優として知られ、映画界への多大な貢献を評価されて、フランス内外から名誉賞等を授与されている。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとジャンヌ・モロー · 続きを見る »

ジャン=リュック・ゴダール

ダールのサイン ジャン=リュック・ゴダール (Jean-Luc Godard, 1930年12月3日 - ) は、フランス・スイスの映画監督、編集技師、映画プロデューサー、映画批評家、撮影監督、俳優である。パリに生まれる。ソルボンヌ大学中退。ヌーヴェルヴァーグの旗手。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとジャン=リュック・ゴダール · 続きを見る »

ジャック・ニコルソン

チャイニーズ・シアターに刻まれたニコルソンのサインと手形 ジャック・ニコルソン(Jack Nicholson、1937年4月22日 - )は、アメリカ合衆国の俳優、プロデューサー、映画監督。ジャック・ニコルスンと表記される事もある。 デビューから今日に至るまで計12回のアカデミー賞ノミネート経験(主演8回、助演4回)と3回の受賞歴(主演2回、助演1回)を持つ。アカデミー賞に12回のノミネートは男優としては最多で、また1960年代、1970年代、1980年代、1990年代、2000年代と各世代毎にノミネート経験を持つ俳優の一人(残りの二人はマイケル・ケインとポール・ニューマン)でもある。ゴールデングローブ賞も計7回受賞し、1999年に功労賞を授与され、俳優として多くの俳優に多大なる影響を与えた。 1994年、アメリカ映画協会から生涯功労賞を授与されたが、これは歴代受賞者中最年少(57歳)である。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとジャック・ニコルソン · 続きを見る »

ジョン・マルコヴィッチ

ョン・マルコヴィッチ(John Malkovich, 1953年12月9日 - )は、アメリカ合衆国の俳優、映画プロデューサー。個性的な演技派俳優として世界的に活躍している。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとジョン・マルコヴィッチ · 続きを見る »

ソフィー・マルソー

フィー・マルソー(Sophie Marceau、1966年11月17日 - )はフランス・パリ出身の女優。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとソフィー・マルソー · 続きを見る »

サザーランド杯

ーランド杯 (Sutherland Trophy)は、1958年に英国映画協会が設立した映画賞である。 その年の最も独創的で創造性に富んだ映画監督に贈られる。1997年からはロンドン映画祭の新人監督賞として同映画祭の閉会式で授与されている。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとサザーランド杯 · 続きを見る »

短編小説

短編小説・短篇小説(たんぺんしょうせつ)は小説を長さで分類した呼称の一つで、比較的短い小説を指す。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと短編小説 · 続きを見る »

短編映画

短編映画(たんぺんえいが、short film)は、上映時間の短い映画を指す。長さに明確な区分はないが、エンドクレジットを含め主に30分以内である。ショートフィルムとも呼ばれる。 日本ではあまり認知されていないジャンルである。対して、欧米では確立されたカテゴリーで、商業として確立しており、かつてはディズニー作品も短編映画が主体だった。 タンペレ映画祭(FIAPF公認の北欧最古の映画祭)やアヌシー国際アニメーション映画祭(ASIFA公認の世界最大のアニメーション映画祭)のように長編映画よりも短編映画に重きを置く映画祭も少なくない。 近年、インターネット・モバイル等の映像配信メディアにおいて短編映画の重要性が増している。こういったメディアは長時間の映像作品の視聴に向いているとは言えないため、商業的に成功している長編映画作家がインターネットベースで短編映画を配信する例が世界的に増えている。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと短編映画 · 続きを見る »

砂丘 (映画)

『砂丘』(さきゅう、Zabriskie Point, 「ザブリスキー岬」の意)は、1970年製作・公開、ミケランジェロ・アントニオーニ監督のアメリカ映画である。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと砂丘 (映画) · 続きを見る »

第11回ベルリン国際映画祭

11回ベルリン国際映画祭は1961年6月23日から7月4日まで開催された。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと第11回ベルリン国際映画祭 · 続きを見る »

第13回カンヌ国際映画祭

13回カンヌ国際映画祭は、1960年5月4日から20日にかけて開催された。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと第13回カンヌ国際映画祭 · 続きを見る »

第15回カンヌ国際映画祭

15回カンヌ国際映画祭は1962年5月7日から23日にかけて開催された。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと第15回カンヌ国際映画祭 · 続きを見る »

第20回カンヌ国際映画祭

20回カンヌ国際映画祭は1967年5月12日から27日にかけて開催された。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと第20回カンヌ国際映画祭 · 続きを見る »

第25回ヴェネツィア国際映画祭

25回ヴェネツィア国際映画祭は、1965年8月27日から9月10日にかけて開催された。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと第25回ヴェネツィア国際映画祭 · 続きを見る »

第35回カンヌ国際映画祭

35回カンヌ国際映画祭は、1982年5月14日から26日にかけて開催された。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと第35回カンヌ国際映画祭 · 続きを見る »

第52回ヴェネツィア国際映画祭

52回ヴェネツィア国際映画祭は、1995年8月30日から9月9日にかけて開催された。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと第52回ヴェネツィア国際映画祭 · 続きを見る »

第67回アカデミー賞

67回アカデミー賞は、1995年3月27日に発表・授賞式が行われた。司会はテレビプレゼンターのデイヴィッド・レターマン。ロバート・ゼメキスの『フォレスト・ガンプ/一期一会』が作品賞をはじめとする6部門を受賞した。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと第67回アカデミー賞 · 続きを見る »

片麻痺

片麻痺(へんまひ、かたまひ、hemiplegia)とは、一側性にみられる上下肢の運動麻痺。いわゆる半身不随の状態といえる。 不完全な麻痺(障害が部分的であるか、筋力低下にとどまる)を不全麻痺(ふぜんまひ、paresis)と呼ぶ。原因となる障害部位は脳の大脳皮質及び内包や脳幹部から脊髄まで多岐にわたる。原因疾患も脳内出血、脳腫瘍、脊髄腫瘍など様々な原因がある。なお、クモ膜下出血では片麻痺のような局所的障害よりも全般性の障害がでることの方が多い。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと片麻痺 · 続きを見る »

銀獅子賞

銀獅子賞(Leone d'Argento)は、ヴェネツィア国際映画祭の賞である。現在は、最優秀監督賞と審査員大賞(金獅子賞に次ぐ第2席の作品に与えられる)がある。本項目では、主に最優秀監督賞について扱う。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと銀獅子賞 · 続きを見る »

言語障害

言語障害(げんごしょうがい、英:Language disorder)とは、言語の適切な理解と表現が困難な病態(状態)を言う。『DSM‒5』では言語症も併記されている。 言語障害には、「音声機能の障害」と「言語機能の障害」とがある。前者は、音声、発音、話し方についてであり、後者は、表現や理解についてである。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと言語障害 · 続きを見る »

赤い砂漠

『赤い砂漠』(あかいさばく、原題:Il deserto rosso)は、1964年に製作・公開されたイタリア・フランス合作映画である。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと赤い砂漠 · 続きを見る »

脚本家

脚本家(きゃくほんか)とは、主に映画・テレビドラマ・アニメ・漫画・ゲーム・舞台・ラジオドラマなどの脚本を書く人のことを指す。シナリオライターとも言う。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと脚本家 · 続きを見る »

脳卒中

脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳内の出血や血管障害を原因とする発作。 日本では1951年から約30年間、日本人の死亡原因の一位を占めた。 脳卒中はである。脳血管障害と言い換えられることもあるが、厳密には「脳血管障害」の方が指す範囲が広く、検査で初めて発見される程度の場合も含む。 中風、中気、あたりとも。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと脳卒中 · 続きを見る »

金獅子賞

金獅子賞 (きんじししょう、イタリア語: ) は、ヴェネツィア国際映画祭の賞の一つであり、同映画祭の最高賞である。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと金獅子賞 · 続きを見る »

金熊賞

金熊賞のトロフィー 金熊賞(きんゆうしょう、きんくましょう、)は、ベルリン国際映画祭のコンペティション部門における最優秀作品賞である。1951年から授与されており、複数回受賞した監督はアン・リーのみ。リーは、1993年の『ウェディング・バンケット』と、1996年の『いつか晴れた日に』で受賞した。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと金熊賞 · 続きを見る »

長回し

長回し(ながまわし)は、カットせずに長い間カメラを回し続ける映画の技法。 どのくらいの時間回し続けていれば長回しと呼ぶのか、というような明確な定義はないが、分単位で連続していれば長回しと言い得る。カットせずにカメラを回し続けることにより、役者の緊張感や映像の臨場感を維持し続けることができるという効果がある。 一つの映画の中でここぞという時に使うことが多いが、中にはその緊張感や持続性に惹かれ、長回しを多用する作家もいる。アンドレイ・タルコフスキー、テオ・アンゲロプロス、タル・ベーラ、溝口健二、相米慎二がその代表だが、アンゲロプロスやタル・ベーラに至っては長回し以外のカット(ショット)がほとんどないほど徹底されており、両名の作品を特徴づけるものとなっている。 また、アルフレッド・ヒッチコックは自身の作品『ロープ』で、作品全編を一つのカットで撮影するという究極の長回し撮影を敢行している。ただし、当時使用されていた35ミリのフィルムのワン・リールは10分しかなかったため、繋ぎ目でそれとわからないような巧妙な編集を行っている。しかし、デジタルシネマではフィルム長の制限が無いため約10分という制約もなくなり、アレクサンドル・ソクーロフの『エルミタージュ幻想』(2002年)では約90分間の全編がワンカットで撮影され、以降この作品を嚆矢として全編がワンカットで撮影された作品が続出している。 ロバート・アルトマン監督の『ザ・プレイヤー』(1992年)では、冒頭から映画製作者が「『黒い罠』(1958年)の長回しが凄い」や「『ビギナーズ』(1986年)の長回しが凄い」など、長回しに関する議論をしながら、この映画本編でも8分6秒間の長回しを行うという試みがなされている。柳町光男監督の『カミュなんて知らない』(2006年)では、その『ザ・プレイヤー』に似た6分40秒の長回しがトップシーンで行われ、長回しの間に「『黒い罠』のトップシーンが3分30秒、相米慎二の『ションベン・ライダー』が6分30秒、『ザ・プレイヤー』が8分ちょうど。『ザ・プレイヤー』の8分はよく見ると2カットで撮っていて、編集で1カットに見えるようにしている」という、『ザ・プレイヤー』と同じようなシーンが出る。 他に長回しが話題となったものに『スネーク・アイズ』(1998年)、『トゥモロー・ワールド』(2006年)、『ヴィクトリア』(2015年)などがある。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと長回し · 続きを見る »

英国映画協会

英国映画協会(えいこくえいがきょうかい、British Film Institute,BFI)は、1933年(昭和8年)にイギリス国内の映画促進(教育上の役割を含む)を目的として設立された。この種の機関では世界最古の一つである。 会員の会費と政府からの直接の助成金によって事業資金をまかない、国立映画テレビアーカイヴ、国立フィルムシアター、及びロンドンのサウスバンクのムーヴィング・イメージ博物館の経営を行うほか、『サイト・アンド・サウンド』誌を発行している。 また、教育部門とライブラリーを運営し、教師や映画研究者のためにサービスを提供し、独自の配給ライブラリーから映画を配給するだけでなく、地方映画館ネットワークに対しても責任を負っている。 イギリス国内の映画の役割と地位についての議論に対し、重要な発言権を持っている。 アメリカ映画協会 (AFI) は英国映画協会に部分的に準拠して設立された。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと英国映画協会 · 続きを見る »

JLG/自画像

『JLG/自画像』(ジーエルジェーじがぞう、JLG/JLG - autoportrait de décembre)は、1995年公開のジャン=リュック・ゴダール監督による、フランス・スイス合作のドキュメンタリー映画、ドラマ映画である。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニとJLG/自画像 · 続きを見る »

栄誉金獅子賞

栄誉金獅子賞(えいよきんじししょう、イタリア語: )は、ヴェネツィア国際映画祭における栄誉賞である。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと栄誉金獅子賞 · 続きを見る »

欲望 (1967年の映画)

『欲望』(よくぼう、)は、1967年のイギリス・イタリア合作映画。 アルゼンチンの作家フリオ・コルタサルの小説『悪魔の涎』を下敷きに、ミケランジェロ・アントニオーニが脚本を書いた。アントニオーニ初の英語作品であり、カラー撮影としては第2弾にあたる。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと欲望 (1967年の映画) · 続きを見る »

毛沢東

毛 沢東(もう たくとう、マオ・ツォートン、1893年12月26日 - 1976年9月9日)は、中華人民共和国の政治家、軍事戦略家、思想家。字は詠芝、潤芝、潤之。筆名は子任。 中国共産党の創立党員の1人で、長征、日中戦争を経て党内の指導権を獲得し、1945年より中国共産党中央委員会主席と中央軍事委員会主席を務めた。 日中戦争後の国共内戦では蒋介石率いる中華民国を台湾に追放し、中国大陸に中華人民共和国を建国した。以後、死去するまで同国の最高指導者の地位にあった。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと毛沢東 · 続きを見る »

情事 (1960年の映画)

『情事』(じょうじ、L'avventura, 「冒険」の意)は、1960年(昭和35年)製作・公開のイタリア・フランス合作映画。ミケランジェロ・アントニオーニ監督、 ガブリエル・フェルゼッティ、モニカ・ヴィッティ主演。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと情事 (1960年の映画) · 続きを見る »

映画

映画(えいが)とは、長いフィルムに高速度で連続撮影した静止画像(写真)を映写機で映写幕(スクリーン)に連続投影することで、形や動きを再現するもの。活動写真、キネマ、シネマとも。 なお、本来の語義からははずれるものの、フィルムではなくビデオテープなどに磁気記録撮影されたものや映画館で上映される動画作品全般についても、慣例的に映画と呼ばれている。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと映画 · 続きを見る »

映画の分類

映画の分類(えいがのぶんるい)としては、どういう分類の仕方をするかによって名称が変わってくる。 映画を「作品」としてとらえ、単に知見を広めたり視聴覚的に情報を得るためではなく、 映画独自の表現を楽しむ事を主たる目的として「鑑賞」する観点からは以下の三つに大別する事が出来る。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと映画の分類 · 続きを見る »

映画監督

映画監督(えいがかんとく、film director)とは、映画の映像作成を統括する責任者で、テレビではディレクターとも呼ぶ。一般に、製作を担当する製作者(プロデューサー)に対して、その映画のトップ2となる。 テレビ番組やビデオ作品などについても「監督」・「ディレクター」という言葉が用いられるが、「映画監督」は、劇場用映画(劇映画)や、フィルムで撮影されたまとまったドキュメンタリー作品の監督のみを意味することがある。商業映画であれば何百という人間が動くが、「映画は監督のモノ」と映画評論家に言われるほどその立場は重要で、程度の違いこそあれ制作現場では作品創作全体の統一のための権力を有しているが、映画は創作者集団による総合芸術であり、芸術としての映画を厳密公正に研究・分析する場合「制作者」は俳優やプロデューサーや監督以外にも制作創作スタッフ全体がその対象となる。 「映画監督」と「(テレビ番組やビデオ作品の)監督」の職務内容には、規模の違いこそあれ大きな差はないため、本稿では両者をまとめて扱う。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと映画監督 · 続きを見る »

文化大革命

文化大革命(ぶんかだいかくめい)は、中華人民共和国で1966年から1976年まで続き、1977年に終結宣言がなされた社会的騒乱である。全称はプロレタリア文化大革命(簡体字: 无产阶级文化大革命, 繁体字: 無產階級文化大革命)、略称は文革(ぶんかく)。 名目は「封建的文化、資本主義文化を批判し、新しく社会主義文化を創生しよう」という政治・社会・思想・文化の改革運動だった。しかし実際は、大躍進政策の失敗によって国家主席の地位を劉少奇党副主席に譲った毛沢東共産党主席が自身の復権を画策し、紅衛兵と呼ばれた学生運動を扇動して政敵を攻撃させ、失脚に追い込むための、中国共産党の権力闘争であった。 これにより1億人近くが何らかの損害を被り、国内の大混乱と経済の深刻な停滞をもたらした。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと文化大革命 · 続きを見る »

愛の神、エロス

『愛の神、エロス』(Eros)は、2004年の香港・アメリカ合衆国・イタリアのドラマ映画である。ウォン・カーウァイ監督の『エロスの純愛〜若き仕立屋の恋』(The Hand)、スティーブン・ソダーバーグの『エロスの悪戯〜ペンローズの悩み』(Equilibrium)、ミケランジェロ・アントニオーニの『エロスの誘惑〜危険な道筋』(The Dangerous Thread of Things)の3章から成るオムニバス映画である。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと愛の神、エロス · 続きを見る »

1912年

記載なし。

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1912年 · 続きを見る »

1940年

記載なし。

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1940年 · 続きを見る »

1942年

記載なし。

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1942年 · 続きを見る »

1947年

記載なし。

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1947年 · 続きを見る »

1949年

記載なし。

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1949年 · 続きを見る »

1950年

記載なし。

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1950年 · 続きを見る »

1954年

記載なし。

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1954年 · 続きを見る »

1955年

記載なし。

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1955年 · 続きを見る »

1957年

記載なし。

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1957年 · 続きを見る »

1960年

アフリカにおいて当時西欧諸国の植民地であった地域の多数が独立を達成した年であることに因み、アフリカの年と呼ばれる。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1960年 · 続きを見る »

1960年代

1960年代(せんきゅうひゃくろくじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1960年から1969年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1960年代について記載する。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1960年代 · 続きを見る »

1961年

記載なし。

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1961年 · 続きを見る »

1962年

記載なし。

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1962年 · 続きを見る »

1964年

記載なし。

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1964年 · 続きを見る »

1966年

記載なし。

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1966年 · 続きを見る »

1967年

記載なし。

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1967年 · 続きを見る »

1968年

記載なし。

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1968年 · 続きを見る »

1970年

記載なし。

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1970年 · 続きを見る »

1972年

協定世界時による計測では、この年は(閏年で)閏秒による秒の追加が年内に2度あり、過去最も長かった年である。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1972年 · 続きを見る »

1975年

記載なし。

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1975年 · 続きを見る »

1980年

この項目では、国際的な視点に基づいた1980年について記載する。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1980年 · 続きを見る »

1982年

この項目では、国際的な視点に基づいた1982年について記載する。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1982年 · 続きを見る »

1983年

この項目では、国際的な視点に基づいた1983年について記載する。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1983年 · 続きを見る »

1985年

この項目では、国際的な視点に基づいた1985年について記載する。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1985年 · 続きを見る »

1986年

この項目では、国際的な視点に基づいた1986年について記載する。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1986年 · 続きを見る »

1993年

この項目では、国際的な視点に基づいた1993年について記載する。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1993年 · 続きを見る »

1995年

この項目では、国際的な視点に基づいた1995年について記載する。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと1995年 · 続きを見る »

2007年

この項目では、国際的な視点に基づいた2007年について記載する。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと2007年 · 続きを見る »

7月30日

7月30日(しちがつさんじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から211日目(閏年では212日目)にあたり、年末まであと154日ある。誕生花はニチニチソウ、ホウセンカ。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと7月30日 · 続きを見る »

9月29日

9月29日(くがつにじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から272日目(閏年では273日目)にあたり、年末まであと93日ある。.

新しい!!: ミケランジェロ・アントニオーニと9月29日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »