ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

マーケティング・コミュニケーション

索引 マーケティング・コミュニケーション

マーケティングコミュニケーション(marketing communication)とはロバート・ローターボーンで使われているマーケティングミックスの4つのC(4C)のうちの一つと捉えられており、4Pの一つである「プロモーション」に対応する新しいカテゴリー。「プロモーション」は広い意味の「販売促進」であり、企業から消費者へ宣伝情報が一方的に流れるのに対して、「コミュニケーション」は企業と消費者の相互の情報伝達が行われることが特徴であり、環境を重視したこれからのマーケティングでは必用である。広告媒体もテレビCMに次いでインターネットが大きくなり、双方向のコミュニケーション戦略が重要になってきた。.

24 関係: 口コミ媒体宣伝人的販売広告マーケティングミックスマスメディアブランディングプロモーションプロダクトマーケティングパブリック・リレーションズパブリシティデジタルサイネージフィールドマーケティングインターネットウェブサイトカスタマーコミュニケーションマネジメントコミュニケーションコミュニケーション戦略コーポレートアイデンティティ統合マーケティングコミュニケーションECサイトIMC4C (マーケティング理論)

口コミ

口コミ(くちコミ)とは、物事の評判などに関する噂のこと。大宅壮一の造語の一つ。 マスコミとの対比で生まれた言葉であり、「口頭でのコミュニケーション」の略とみられる。本来は小規模なコミュニケーションであったが、インターネットの発達で影響力が大きくなった。.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションと口コミ · 続きを見る »

媒体

媒体(ばいたい、medium、複数形:mediums/media)とは、あるモノと他のモノの間に取りいって媒介するもの。.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションと媒体 · 続きを見る »

宣伝

宣伝(せんでん)とは、企業や商店などが、自分たちが提供する商品やサービスを、その特長も含めて一般大衆に知ってもらおうとする活動の事。広義にはキャンペーンや試食販売などのプロモーション活動も含む。.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションと宣伝 · 続きを見る »

人的販売

人的販売(じんてきはんばい)とは商学用語の一つ。これは営業販売活動において行われている形式の一つであり、販売員は顧客に直接コンタクトし、顧客とのコミュニケーションを通じて販売を行っていくという方法である。このときに販売員は顧客に使用方法の説明を行うと同時に、販売側は顧客から競合他社に関する情報や商品に対する不満や要望を聞くという、双方の情報交換の場として活用できる。現代はインターネットの普及などから、顧客となる者が以前と比較して豊富な情報を所持している場合が多い。そのため以前以上に一方的に情報を送るのみでなく、顧客の実態を把握した上での双方向のコミュニケーションを行う形式での販売活動を行う必要性が高まっている。ゆえにこのような時代に求められている販売者というのは、商品を売り込むに留まらず、顧客の声をフィードバックしたり顧客の抱えている問題を特定した上でその問題の解決策を提供できるような人材である。.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションと人的販売 · 続きを見る »

広告

広告(こうこく、advertising)は、非人的メッセージの中に明示された広告主が所定の人々を対象にし、広告目的を達成するために行なう商品・サービスさらにはアイデア(考え方、方針、意見などを意味する)についての情報伝播活動であり、その情報は広告主の管理可能な広告媒体を通じて広告市場に流されるものである。 広告には企業の広告目的の遂行はもとより、消費者または利用者の満足化、さらには社会的・経済的福祉の増大化などの機能をも伴うことになる。企業の他に、非営利機関、個人などが広告主となる場合もある。.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションと広告 · 続きを見る »

マーケティングミックス

マーケティングミックス(w:Marketing mix)は、マーケティング戦略において、望ましい反応を市場から引き出すために、マーケティング・ツールを組み合わせることである。つまり、企業や非営利組織が顧客や生活者に商品やサービスの販売をしたり、何かを遂行したりするために、マーケティングの使用可能な複数の手段を組み合わせて戦略をたて、計画、実施すること。マーケティングミックス要因にはさまざまなものがあるが、今日、4P理論と二つの4C理論に集約できる。.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションとマーケティングミックス · 続きを見る »

マスメディア

マスメディア (mass media) あるいは大衆媒体(たいしゅうばいたい)とは、マスコミュニケーションの媒体のことである広辞苑第七版「マス・メディア」。.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションとマスメディア · 続きを見る »

ブランディング

ブランディング(branding)とは、ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、企業と組織のマーケティング戦略の1つ。ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくこと。また、その手法。ここでいうブランドとは高級消費財に限らず、その対象としては、商品やサービス、それらを供給する企業や団体のほか、人物・建築物・史跡・地域 ・祭事など、あらゆるものが該当する。.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションとブランディング · 続きを見る »

プロモーション

プロモーション(promotion).

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションとプロモーション · 続きを見る »

プロダクトマーケティング

プロダクトマーケティングは、マーケティングの基本「4P」、つまりProduct (製品)、Pricing (価格)、Place (流通)、そしてPromotion (販促)に関わる。 プロダクトマーケティングは、プロダクトマネジメントとは異なり、より外向きのマーケティング業務に関わる。例えば、プロダクトマネジメントは社内のプロダクトデベロップメント(商品開発)の具体的な内容に関わるのに対して、プロダクトマーケティングは見込み客、顧客、その他のグループに対する製品のマーケティング活動に関わる。社内の職能としてのプロダクトマーケティングはマーケティング・コミュニケーション (「マーコム」)、オンラインマーケティング、広告、マーケティング戦略など他のマーケティング職とも異なる。 製品市場は、一般大衆に新製品を紹介する際に考慮されるものである。 製品の魅力を伝えたい対象となるのが消費者市場となる。 例:大衆に新しいテレビゲームを紹介する場合、消費者市場はおそらく成人男性のテレビゲーム市場(ゲームの種類による)となる。そこで市場調査を実施して、最適なゲーム発売の方法を見極める。 同様に、マッサージチェアーはおそらく幼い子供には魅力がないので、年齢の高い世代に対して製品のマーケティング活動を行う。.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションとプロダクトマーケティング · 続きを見る »

パブリック・リレーションズ

パブリック・リレーションズ(Public Relations; PR)とは、国家・企業・団体などの組織体または個人が、一般大衆に対して情報を伝播したり情報や意見を受け入れること。自身に対して理解や信頼を獲得しようとする目的で行われる広報活動または宣伝活動を含む概念で、多くの場合頭文字の「PR(ピーアール)」や「PR活動」と呼ばれる。.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションとパブリック・リレーションズ · 続きを見る »

パブリシティ

パブリシティとは企業のPR活動の一つである。 フリーパブリシティは、広告とは異なりマスメディアに対して企業側(スポンサー)が代金を払わない活動であるといった文脈で、広告との対比で語られることが多いが、媒体を利用することが多いという共通点はあるものの、広告とはまったく異なる活動と考えるべきである。広告との本質的な相違は、代金の払う払わないという点よりも、媒体から発せられるメッセージが、企業や組織(広告の場合は広告主)が主体性をもって、その責任の上で発信されるもの(広告)か、媒体(報道機関)の主体性に基づき、その責任において発信されるものか、という点にある。 プレスリリース配布や記者会見を行い、新聞やテレビの中のニュースで報道されるものである。これはニュースパブリシティといわれる。必ずしもメディアに取り上げられるとは限らない。取捨選択はメディア側が行うのである。 その他、サービス・パブリシティ、経済パブリシティ、製品パブリシティ、ラジオ・テレビ・パブリシティがある。 ペイドパブリシティはメディア側に代金を払いPR活動を行う、記事広告やタイアップなどである。.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションとパブリシティ · 続きを見る »

デジタルサイネージ

秋葉原UDXビジョン。540インチ、縦6.52mの巨大なサイネージ 薬局でのデジタル・サイネージの例 デジタル・サイネージの例 屋外広告のデジタル・サイネージの例 台北アリーナ壁面のデジタル・サイネージ デジタル・サイネージ(=電子看板)とは、表示と通信にデジタル技術を活用して平面ディスプレイやプロジェクタなどによって映像や文字を表示する情報・広告媒体である。 内蔵記憶装置に多数の表示情報を保持することで必要ならば秒単位で表示内容を切り替えたり動画表示を行うなど、多様な映像広告を展開できる。ネットワーク対応機の場合は、デジタル通信で表示内容をいつでも受信可能である。.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションとデジタルサイネージ · 続きを見る »

フィールドマーケティング

フィールドマーケティングとは、マーケティングの典型的な分野であり、「フィールド」での流通、監査、販売、サンプルプロモーションを行なう人材が関係している。 フィールドマーケティングは歴史的には一方通行のコミュニケーションツールとして考えられてきた。ブランドメッセージは、プロモーション担当者から消費者へとサンプル、商品の一部、文書などの媒体を通して伝達される。 現在では、フィールドマーケティングには消費者にサンプルのフィードバックを要求したり、ソーシャルメディア上でブランドをフォローするよう招待するなど、双方向のコミュニケーションも含まれる場合がある。 フィールドマーケティングが他の全てのダイレクトマーケティング活動とは異なっているのは、対面式の人と人が触れ合うダイレクトマーケティングだからである。フィールドマーケティングには、対象を絞ったダイレクトセールスプロモーション、販売、監査、サンプリング、デモンストレーション、実験的マーケティング、ロードショー、イベント、覆面調査の運営などが含まれる。こうした分野を個別にあるいは組合わせることでブランドが構築され、その実行中にブランドオーナーに対して明確で実質的な投資回収率(ROI)を提示することになる。収益支出の中で特定の利益をあげる、これがフィールドマーケティングの主な目的であり利点である。.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションとフィールドマーケティング · 続きを見る »

インターネット

インターネット(internet)は、インターネット・プロトコル・スイートを使用し、複数のコンピュータネットワークを相互接続した、グローバルな情報通信網のことである。 インターネットは、光ファイバーや無線を含む幅広い通信技術により結合された、地域からグローバルまでの範囲を持つ、個人・公共・教育機関・商用・政府などの各ネットワークから構成された「ネットワークのネットワーク」であり、ウェブのハイパーテキスト文書やアプリケーション、電子メール、音声通信、ファイル共有のピア・トゥ・ピアなどを含む、広範な情報とサービスの基盤となっている。.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションとインターネット · 続きを見る »

ウェブサイト

ウェブサイト(website)は、World Wide Web (WWW) 上にあり、一般に特定のドメイン名の下にある複数のウェブページの集まりのこと。サイトと呼ばれることもある。企業などの団体が自身を紹介するため自ら構築したサイトを、その団体の公式サイトなどと呼ぶ。 ホームページと呼ばれることもあるが、この用法は誤用とされる場合もある。また、ウェブサイトのトップページのみをさしてホームページと呼ぶ場合もある。.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションとウェブサイト · 続きを見る »

カスタマーコミュニケーションマネジメント

タマーコミュニケーションマネジメント(CCM:Customer Communications Management)とは、組織から顧客(公共機関では市民)に対するコミュニケーション、すなわち主としてアウトバウンドで提供する情報や資料について、その作成や送付/配信を統合的に管理、実行するプロセスであり、またこれを改善するイニシアティブである。カスタマーコミュニケーション管理とされる場合もある。.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションとカスタマーコミュニケーションマネジメント · 続きを見る »

コミュニケーション

ミュニケーション()もしくは通信(つうしん)、交流(こうりゅう)とは、.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションとコミュニケーション · 続きを見る »

コミュニケーション戦略

ミュニケーション戦略(コミュニケーションせんりゃく)とは経営学用語の一つ。企業が顧客などのステークホルダーに対して製品やサービスの情報を効率的かつ効果的に伝えるという経営戦略。 これが重視されている要因としては、企業側は顧客のニーズに合致した製品を開発してそれを購入できている状態にしたとしても、顧客にこのことが知られていなければ売り上げを出すことができないからである。コミュニケーション戦略は情報発信によって商品やサービスについて知らしめていく活動であり、そのために「広告」「販売促進」「人的販売」「パブリシティ」「口コミ」などといった事柄を的確に組み合わせることで顧客に情報を伝えている。 また株式会社は、株主に対しては効果的なIR活動を通じて、財務状況や環境・地域への取り組みそして株主への還元政策について積極的かつ定期的に情報開示している。.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションとコミュニケーション戦略 · 続きを見る »

コーポレートアイデンティティ

ーポレート・アイデンティティ(Corporate Identity 略称: CI)は、企業文化を構築し特性や独自性を統一されたイメージやデザイン、またわかりやすいメッセージで発信し社会と共有することで存在価値を高めていく企業戦略のひとつ。CI、CI 計画、CI プロジェクトなどとも呼ばれる。1930年代にアメリカで始まった概念・戦略である。.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションとコーポレートアイデンティティ · 続きを見る »

統合マーケティングコミュニケーション

統合マーケティングコミュニケーション(とうごう - 、Integrated Marketing Communication, IMC)とは外部環境と消費者データを踏まえ、ターゲット・オーディエンスに対してブランドを統合的なメッセージでコンタクトさせ、納得してもらうトータル・マーケティング・システムである。.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションと統合マーケティングコミュニケーション · 続きを見る »

ECサイト

ECサイト(イーシーサイト)とは、自社の商品(広義では他社の商品)やサービスを、インターネット上に置いた独自運営のウェブサイトで販売するサイトのことである。ECとはelectronic commerce(エレクトロニックコマー.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションとECサイト · 続きを見る »

IMC

IMC.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションとIMC · 続きを見る »

4C (マーケティング理論)

4Cは、広告やマーケティング・コミュニケーション研究者によって唱えられたマーケティングミックスの理論。4P理論が企業側から見たマーケティング・ミックスであるのに対して、顧客側から見たマーケティング・ミックス、及び企業と消費者双方が共に生きる共生マーケティングの中のミックスとしての4C理論がある。.

新しい!!: マーケティング・コミュニケーションと4C (マーケティング理論) · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »