ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

マンナール

索引 マンナール

マンナール(、、Mannar)は、スリランカの北部州マンナール県の都市である。スリランカ北西部のに位置しており、マンナール県の県都でもある。マナーとも表記される。 マンナールはバオバブの木と植民地時代の要塞で知られている。この要塞は1560年にポルトガルが建設し、1658年にオランダが再構築したものである。しかし、城壁と建物は現在でも残っているものの、内装については大きな損傷を受けてしまっている。1世紀に書かれたエリュトゥラー海案内記によれば、古代のマンナールは真珠取りの中心地として名高い土地であったという。現在のマンナールは、近代的な中にモスクと教会が並ぶ町である。 Mannar Islandとアダムスブリッ.

15 関係: 外務省北部州 (スリランカ)マンナール県マンナール湾バオバブポルトガルモスクエリュトゥラー海案内記オランダスリランカスリランカの州要塞教会堂1560年1658年

外務省

外務省(がいむしょう、Ministry of Foreign Affairs、略称:MOFA)は、日本の行政機関の一つである。 外務省設置法第3条により、「平和で安全な国際社会の維持に寄与するとともに主体的かつ積極的な取組を通じて良好な国際環境の整備を図ること並びに調和ある対外関係を維持し発展させつつ、国際社会における日本国及び日本国民の利益の増進を図ること」を任務とする。.

新しい!!: マンナールと外務省 · 続きを見る »

北部州 (スリランカ)

北部州(வட மாகாணம்、උතුරු පළාත、Northern Province)は、スリランカの最北部に位置する州。スリランカの中でも、シンハラ人が多数派を占めない2つの州のうちのひとつである。州都はジャフナ。 スリランカ内の少数派であるタミル人がここでは多数派を占めており、かつての独立国であるジャフナ王国の土地であった。現在の民族対立の原点はこの州にあるとされる。また、州の西部は、2009年の内戦終結までタミル・イーラム解放の虎の勢力圏で、政府の実効支配が及んでいなかった。.

新しい!!: マンナールと北部州 (スリランカ) · 続きを見る »

マンナール県

マンナール県( Maṉṉār Māvaṭṭam、、)は、スリランカ北部州に属する県。県都はマンナール。マナー県とも表記される。.

新しい!!: マンナールとマンナール県 · 続きを見る »

マンナール湾

マンナール湾(、、)はインド洋のラッカディブ海に存在する湾。インド亜大陸南端東岸とセイロン島西岸の間の海域を指す。湾の北部は、アダムスブリッジと呼ばれる大陸とセイロン島を繋ぐ小島と浅瀬の地形により、ポーク海峡と区切られている。アダムスブリッジの東にはが存在する。湾内には、南インドからはが、セイロン島からはが流入している。.

新しい!!: マンナールとマンナール湾 · 続きを見る »

バオバブ

thumb thumb thumb thumb バオバブ(英名:Baobab、学名:Adansonia)はアオイ目アオイ科(クロンキスト体系や新エングラー体系ではパンヤ科)バオバブ属の総称のこと。 「バオバブ」の名は、16世紀に北アフリカを旅したイタリア人植物学者が「バ・オバブ」と著書に記したのが始まり。もとはアラビア語のブー・フブーブ(種がたくさんあるもの)から来ているという説がある。 学名はA.

新しい!!: マンナールとバオバブ · 続きを見る »

ポルトガル

ポルトガル共和国(ポルトガルきょうわこく、República Portuguesa、República Pertuesa)、通称ポルトガルは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置する共和制国家である。北と東にスペインと国境を接し、国境線の総延長は1,214kmに及ぶ。西と南は大西洋に面している。ヨーロッパ大陸部以外にも、大西洋上にアソーレス諸島とマデイラ諸島を領有している。首都はリスボン。 ポルトガルはユーラシア大陸最西端の国家である。ヨーロッパで最初に海路で中国や日本など東アジアとの接触を持った。.

新しい!!: マンナールとポルトガル · 続きを見る »

モスク

モスク(mosque)は、イスラム教の礼拝堂のことである。 アラビア語ではマスジド(, masjid, 「ひざまずく場所」(サジダ を行う場所)の意)といい、マスジドの訛った語で、イスラーム帝国がスペイン地方を占領したときマスジドがスペイン語でメスキータ (mezquita) となり、それが英語ではさらに訛ってモスク (mosque) となった。中国ではモスクを清真寺(せいしんじ、清真はイスラム教の中国での通称)と呼んでいる。 モスクは欧米、日本、韓国などにおける呼び名である。しばしばイスラーム寺院または回教寺院と訳されるが、モスクの中には崇拝の対象物はなく、あくまで礼拝を行うための場である。.

新しい!!: マンナールとモスク · 続きを見る »

エリュトゥラー海案内記

『エリュトゥラー海案内記』(エリュトゥラーかいあんないき、Περίπλους τῆς Ἐρυθράς Θαλάσσης、 Periplus Maris Erythraei、Periplus of the Erythraean Sea)は、古代のインド洋近辺における海洋貿易についてギリシア語で記された航海案内書。10世紀の版がハイデルベルク大学図書館に、14・15世紀の写本が大英博物館に所蔵される。.

新しい!!: マンナールとエリュトゥラー海案内記 · 続きを見る »

オランダ

ランダ(Nederland 、; Nederlân; Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。.

新しい!!: マンナールとオランダ · 続きを見る »

スリランカ

リランカ民主社会主義共和国(スリランカみんしゅしゃかいしゅぎきょうわこく)、通称スリランカは、南アジアのインド亜大陸の南東にポーク海峡を隔てて位置する共和制国家。首都はスリジャヤワルダナプラコッテ。 1948年2月4日、イギリスから自治領(英連邦王国)のセイロンとして独立。1972年にはスリランカ共和国に改称し、英連邦内の共和国となり、1978年から現在の国名となった。人口は約2120万(2016年)である。島国で、現在もこの国が占める主たる島をセイロン島と呼ぶ。国名をスリランカに改称したシリマヴォ・バンダラナイケは世界初の女性首相である。また、国民の7割が仏教徒(上座部仏教)である。.

新しい!!: マンナールとスリランカ · 続きを見る »

スリランカの州

リランカの州 スリランカの州(スリランカのしゅう、,, )は、スリランカの行政区画である。.

新しい!!: マンナールとスリランカの州 · 続きを見る »

要塞

堡式城郭の例。オランダのブールタング 要塞(ようさい)とは、外敵等から戦略上重要な地点を守る為に築かれた構築物。とりで(砦、堡、塞)、城砦(じょうさい)、城堡(じょうほ)ともいう。.

新しい!!: マンナールと要塞 · 続きを見る »

教会堂

聖ソフィア大聖堂(ビザンティン建築・ロシア建築)。ロシア正教会のものとして建設されたが現在は博物館。 教会堂(きょうかいどう)は、キリスト教などの教会の建築物である。単に教会とも言うが、その場合には、教会堂と、そこに関わる共通の信仰を持つ人々の総体を表す。 キリスト教の場合、日本では正教会やカトリック教会、聖公会では教会堂ではなく聖堂(せいどう)と呼ぶことが多く、聖堂を荘厳にして、イコンやステンドグラス、壁画を用いて感覚的に信仰をわかりやすく説いたものが多い。プロテスタントの教会では、説教や集会のためという実用本位な教会が多く、装飾は控えられ、なかには十字架も置かない場合もある。 以下、特徴ある各時代の教会堂の様式を述べる。.

新しい!!: マンナールと教会堂 · 続きを見る »

1560年

記載なし。

新しい!!: マンナールと1560年 · 続きを見る »

1658年

記載なし。

新しい!!: マンナールと1658年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »