ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

マルボーン・ストリート鉄道事故

索引 マルボーン・ストリート鉄道事故

マルボーン・ストリート鉄道事故(マルボーン・ストリートてつどうじこ、Malbone Street Wreck)、または (BRT) ブライトン・ビーチ線事故とも、は1918年11月1日にブルックリン区フラットブッシュ (en) にあるフラットブッシュ・アベニューとオーシャン・アベニュー、マルボーン・ストリート(現在のエンパイア・ブールバード)の交差点地下で発生した地下鉄事故である。少なくとも93人が死亡し、アメリカの鉄道史上最悪の事故の1つとなったCudahy, Brian (1999).

22 関係: 付随車企業別労働組合地下鉄ナッソー郡 (ニューヨーク州)マイル毎時モーペス鉄道事故ブルックリン区プロスペクト・パーク駅 (ニューヨーク市地下鉄)デッドマン装置フランクリン街シャトルニューヨーク・タイムズ列車脱線事故アメリカ合衆国ゴーストバスターズ2ジャンクション (鉄道)サンティアゴ・デ・コンポステーラ列車脱線事故再審BMTブライトン線BMTフランクリン・アベニュー線第一次世界大戦JR福知山線脱線事故2015年アムトラック脱線事故

付随車

鉄道車両における付随車(ふずいしゃ)とは、電車・気動車など複数車両に動力を分散配置する方式である動力分散方式において、動力を持たない車両のことである。英語のTrailerの頭文字をとって、Tと略記される。.

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故と付随車 · 続きを見る »

企業別労働組合

企業別労働組合(きぎょうべつろうどうくみあい)は、労働組合の組織形態のひとつである。.

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故と企業別労働組合 · 続きを見る »

地下鉄

地下鉄道(ちかてつどう)、略して地下鉄(ちかてつ)とは路線の大部分が地下空間に存在する鉄道である。主に都市高速鉄道として建設される。.

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故と地下鉄 · 続きを見る »

ナッソー郡 (ニューヨーク州)

ナッソー郡(Nassau County、)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市郊外のロングアイランドに位置する郡である。ニューヨーク都市圏内にある。2010年国勢調査の時点で、人口は1,339,532人である。郡の名称は、ロングアイランドの古い名前であるナッソーにちなみ、郡のカラーであるオレンジと青は、イングランド王ウィリアム3世の出身家系であるオラニエ=ナッサウ家(英語読みではオレンジ=ナッソー)からとられている。公式の郡庁所在地は、郵便番号11501のミネオラ村であり、住所もミネオラとなっているが、実際にはその南にある村に位置する。郡が設立された1899年とこれらの村が法人化された時期(ミネオラは1906年、ガーデンシティは1919年)にずれがあり、このように変則的な形になったまま、現在まで続いている。 ナッソー郡とその東隣にあるサフォーク郡は合わせて、住民により「ロングアイランド」と呼ばれる。ロングアイランドの西端は、ニューヨーク市の行政区であるクイーンズ区(クイーンズ郡)とブルックリン区(キングス郡)である。郡内には、2つの市と3つの町、64の法人化及び非法人化の自治体がある。アメリカ合衆国郵便公社は、67の郵便番号が利用される111の5桁のZIPコードを置いている。郵便局の多くは、所在自治体と同じ名称であるが、担当区域はほとんど同じではない。 2010年にフォーブス誌が発表した内容によると、アメリカで最も裕福な郡のトップ11位となった。1人平均93,579ドルの収入があり、ニューヨーク州では1位に輝いた。.

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故とナッソー郡 (ニューヨーク州) · 続きを見る »

マイル毎時

マイル毎時(まいるまいじ、miles per hour、mph、mi/h)は、ヤード・ポンド法の速さの単位である。 1マイル毎時は、1時間に1マイル進む速さである。通常は「時速1マイル」のように言う。ここでの「マイル」は通常は「国際マイル(:en:mile#International mile)」(正確に 1609.344 m)のことであり、「測量マイル(:en:mile#US survey mile)」(約1609.347 219 m)ではない。 英米では、通常は"miles per hour"の頭文字を取ってmphと表記される。国際単位系(SI)の組立単位の表記法に従ってmi/hと表記することもある。 マイル毎時(mph)はアメリカ、イギリスにおける道路の制限速度標識等に記されている。.

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故とマイル毎時 · 続きを見る »

モーペス鉄道事故

モーペス鉄道事故(Rail accidents at Morpeth)とはイングランドノーサンバーランド州で発生した鉄道事故である。.

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故とモーペス鉄道事故 · 続きを見る »

ブルックリン区

ブルックリン区(Borough of Brooklyn)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市に置かれた行政上の5つの区の一つ。ニューヨーク州のキングス郡(Kings County)の郡域もブルックリン区と同じである。ロングアイランド最西部に位置しイースト川、ニューヨーク港、大西洋に囲まれクイーンズ区と接する。名称は、オランダ人入植者が母国の地名を取り同地にブルーケレン(Breuckelen)という小さな町を築いたことに由来する。キングス郡はイギリス王のチャールズ2世にちなんでつけられた郡名。ちなみに、隣のクイーンズはこのチャールズ2世の后のキャサリン王后にちなんでつけられた。 1898年に行われた区画整理までは、独立した市として存在していた。ブルックリンは5つの区の中で最も人口が多く、250万人の人々が居住している。ニューヨーク市の5つの区を独立した市として考えるならば、ブルックリンはロサンゼルス市、シカゴ市に続き全米で3番目に人口の多い市となる。またキングス郡はニューヨーク州で最も人口の多い郡であり、アメリカでニューヨーク郡(マンハッタン区)に次ぎ、2番目に高い人口密度を誇っている。 マンハッタンへはブルックリン橋、マンハッタン橋、ウィリアムズバーグ橋、バッテリー・トンネルを始めニューヨーク市地下鉄でアクセスが可能。クイーンズへは地下鉄とニューヨーク市バス、ロングアイランド鉄道で、スタテンアイランドへはヴェラザノ・ナローズ橋を通り車・バスでアクセスできる。 マンハッタンとは違った独特の文化の発信地としても名高い。ブルックリン出身者は Brooklynite (ブルックリナイト、ブルックリナイツ)と呼ばれる。.

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故とブルックリン区 · 続きを見る »

プロスペクト・パーク駅 (ニューヨーク市地下鉄)

プロスペクト・パーク駅(Prospect Park)はニューヨーク市地下鉄BMTブライトン線の急行停車駅である。ブルックリン区フラットバッシュのエンパイア・ブールバード-フラットバッシュ・アベニューにある。Q系統とフランクリン街シャトルが終日運転され、平日にはB系統も運行されている。.

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故とプロスペクト・パーク駅 (ニューヨーク市地下鉄) · 続きを見る »

デッドマン装置

松琴平電気鉄道20形の運転台。マスターコントローラの下の足踏みスイッチがデッドマン装置 デッドマン装置(デッドマンそうち)とは、機械の安全装置の一つで、人間の操作者が死亡・意識不明などの事態に陥ったときや、不用意に運転位置を離れた際に自動的に動作(あるいは停止)して事故を防止する装置である。とくに車両のデッドマン装置をデッドマンブレーキ(Deadman brake)と称することも多い。自動車のデッドマン装置はドライバー異常時対応システム(Emergency Driving Stop System)と呼ばれる。産業用ロボットのデッドマン装置はデッドマンスイッチ(Deadman switch)と呼ばれる。コンピュータなど機械の不具合を検知する類似の機構はウォッチドッグタイマーと呼ばれる。.

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故とデッドマン装置 · 続きを見る »

フランクリン街シャトル

フランクリン街シャトル(ふらんくりんがいしゃとる、Franklin Avenue Shuttle)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区を走るニューヨーク市地下鉄のBディビジョンに属するシャトル鉄道路線である。かつてブルックリン・マンハッタン交通会社 (BMT) が路線を保有・運営していた区間の一部である。フランクリン・アベニュー駅からプロスペクト・パーク駅を結んでいる。.

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故とフランクリン街シャトル · 続きを見る »

ニューヨーク・タイムズ

ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市に本社を置く、新聞社並びに同社が発行している高級日刊新聞紙。アメリカ合衆国内での発行部数はUSAトゥデイ(211万部)、ウォール・ストリート・ジャーナル(208万部)に次いで第3位(103万部)部数は平日版、2008年10月 - 2009年3月平均。.

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故とニューヨーク・タイムズ · 続きを見る »

列車脱線事故

地震による脱線。1906年のサンフランシスコ地震による。 列車脱線事故(れっしゃだっせんじこ)とは、列車の車輪のフランジ部分がレールの上を乗り越えて反対側に落ちることによって生じる事故。.

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故と列車脱線事故 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

ゴーストバスターズ2

『ゴーストバスターズ2』(Ghost Busters II)は、1989年公開アメリカ映画。1984年公開の『ゴーストバスターズ』の続編。SFコメディ映画。 興行的には成功したが、前作ほどの好評は博していない。公開当初、動員数で北米1位を獲得したが、1週間後ティム・バートン監督の『バットマン』に塗り替えられた。.

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故とゴーストバスターズ2 · 続きを見る »

ジャンクション (鉄道)

ポーランド・バラーナヴィチのジャンクション (1934年) double junction ジャンクション(junction)とは、鉄道において、2本以上の鉄道路線が合流または分岐する場所である。これは分岐器および信号による2路線(同じ軌間)の線路の物理接続を意味する。.

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故とジャンクション (鉄道) · 続きを見る »

サンティアゴ・デ・コンポステーラ列車脱線事故

無事だった乗務員が、乗客救助に向かう様子 サンティアゴ・デ・コンポステーラ列車脱線事故(サンティアゴ・デ・コンポステーラれっしゃだっせんじこ)は、2013年7月24日(日本時間7月25日)に、スペイン・ガリシア州サンティアゴ・デ・コンポステーラ郊外において発生した列車脱線事故である。乗客乗員合計約240人が乗車したスペイン国鉄 (RENFE) の運行する高速鉄道 - iza(産経新聞) 2013年7月25日配信の旅客列車が急曲線区間にて脱線転覆し、79人が死亡した - CNN.co.jp 2013年7月25日配信 - AFPBB News 2013年7月25日配信。.

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故とサンティアゴ・デ・コンポステーラ列車脱線事故 · 続きを見る »

再審

再審(さいしん)とは、確定した判決について、一定の要件を満たす重大な理由がある場合に、再審理を行なうこと。 日本において、民事訴訟の場合には判決に不服がある側が再審の訴えや不服申立ができるが(民訴法338・342-2・349条項)、刑事訴訟の場合には有罪判決を受けた者の利益のためにしか行うことができない。(一事不再理に接触する可能性があるため)また、日本の裁判所においては再審請求が認められる事件は年平均わずか2~3件程度と極めて稀であり、日本の再審制度は俗に「開かずの扉」と言われている。。.

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故と再審 · 続きを見る »

BMTブライトン線

BMTブライトン線(BMT Brighton Line)はニューヨーク市ブルックリン区を走るニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの路線である。終日各駅停車のQ系統が運行され、平日には急行のB系統も加わる。Q系統は南端のコニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅からブライトン線全線を走行した後マンハッタン橋南線からBMTブロードウェイ線に乗り入れているB系統はブライトン・ビーチ駅から出てマンハッタン橋北線を通ってIND6番街線に乗り入れている。.

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故とBMTブライトン線 · 続きを見る »

BMTフランクリン・アベニュー線

BMTフランクリン・アベニュー線(BMT Franklin Avenue Line)はニューヨーク市ブルックリン区内を走るニューヨーク市地下鉄の路線である。終日フランクリン街シャトルが運行されている。過去にはBMTブライトン線と直通運転を行っていたため、ブライトン-フランクリン線(Brighton-Franklin Line)とも呼ばれていた。 During renovation, a temporary shuttle bus and the B48 bus replaced train service.

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故とBMTフランクリン・アベニュー線 · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故と第一次世界大戦 · 続きを見る »

JR福知山線脱線事故

JR福知山線脱線事故(ジェイアールふくちやませんだっせんじこ)は、2005年(平成17年)4月25日に西日本旅客鉄道(JR西日本)の福知山線(JR宝塚線)塚口駅 - 尼崎駅間で発生した列車脱線事故である。乗客と運転士合わせて107名が死亡、562名が負傷した。.

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故とJR福知山線脱線事故 · 続きを見る »

2015年アムトラック脱線事故

2015年アムトラック脱線事故(2015ねんアムトラックだっせんじこ)は、現地時間で2015年5月12日夜にアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアの付近で、全米鉄道旅客公社(アムトラック)が運行するワシントンD.C.からニューヨークに向かう列車が脱線した鉄道事故である 。 事故当時、この列車にはおよそ240人が乗っていた。.

新しい!!: マルボーン・ストリート鉄道事故と2015年アムトラック脱線事故 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »