ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

マルチプレクサ

索引 マルチプレクサ

マルチプレクサ、多重器、多重装置、多重化装置、合波器(multiplexer)は、ふたつ以上の入力をひとつの信号として出力する機構である。通信分野では多重通信の入口の装置、電気・電子回路では複数の電気信号をひとつの信号にする回路である。しばしばMUX等と略される。.

21 関係: 多重化帯域幅バレルシフタルーターデジタル回路アナログスイッチエンコードオープンコレクタカルノー図光波長多重通信符号分割多元接続等脚台形真理値表選言標準形長方形逆マルチプレクサIPネットワークTransistor-transistor logic汎用ロジックIC情報理論時分割多重化

多重化

多重化(たじゅうか、英: multiplexing, muxing)とは電気通信およびコンピュータネットワークにおいて、複数のアナログ信号またはデジタルデータストリームをまとめ、一つの共有された伝送路で送ることである。多重通信、多重伝送とも言う。高価・貴重な資源を共有することを目的としている。例えば電気通信において、電話の複数の通話を1つの電話線で伝送することがある。多重化は電信から始まり、その後様々な通信で使われるようになった。.

新しい!!: マルチプレクサと多重化 · 続きを見る »

帯域幅

帯域幅(たいいきはば)または、帯域(たいいき)、周波数帯域(しゅうはすうたいいき)、バンド幅(英: Bandwidth)とは、周波数の範囲を指し、一般にヘルツで示される。帯域幅は、情報理論、電波通信、信号処理、分光法などの分野で重要な概念となっている。 帯域幅と情報伝達における通信路容量とは密接に関連しており、通信路容量のことを指す代名詞のように俗称的にしばしば「帯域幅」の語が使われる。特に何らかの媒体や機器を経由して情報(データ)を転送する際の転送レートを「帯域幅」あるいは「バンド幅」と呼ぶ。.

新しい!!: マルチプレクサと帯域幅 · 続きを見る »

バレルシフタ

バレルシフタ(barrel shifter)は、ある特定のビット数分だけワードデータをシフトできるデジタル回路である。これはマルチプレクサを並べたものとして実装できる。この実装では一つのマルチプレクサの出力はシフト距離に依存するウェイ数分離れた段のマルチプレクサの入力に接続されている。必要なマルチプレクサの数はnビットワードに対しては、n*log2(n)である。よくある4つのワードサイズとそれに必要なマルチプレクサの数を以下に示す。.

新しい!!: マルチプレクサとバレルシフタ · 続きを見る »

ルーター

ルーターまたはルータ(router)は、コンピュータネットワークにおいて、データを2つ以上の異なるネットワーク間に中継する通信機器である。通信プロトコルにTCP/IPが使われるようになってから普及した。データをネットワーク層で、どのルートを通して転送すべきかを判断するルート選択機能を持つ。 260px アバイア 27Tbps ルータ.

新しい!!: マルチプレクサとルーター · 続きを見る »

デジタル回路

デジタル回路(デジタルかいろ。英: digital circuit - ディジタル回路)は、2つの不連続な電位範囲を情報の表現に用いる電子回路で、論理回路の実現法のひとつである。電位帯内であれば信号の状態は同じものとして扱われる。信号レベルが公差、減衰、ノイズなどで若干変動したとしても、しきい値の範囲内ならば無視され、いずれかの状態として扱われる。 通常は2つの状態をとり、0Vに近い電圧と、十分にマージンを取った電源電圧より低い5Vや3V、1.2Vといった電圧で表される。これらはそれぞれ「Low」「High」、又は「L」「H」と表現される。一般には Low を0や偽、High を1や真に対応させることが多い(正論理)が、諸事情により逆に対応させる(負論理)こともある。以上はトランジスタベースの現在広く使われている回路の場合で、真空管による回路など、電圧や方式は他にも多種ある。.

新しい!!: マルチプレクサとデジタル回路 · 続きを見る »

アナログスイッチ

アナログスイッチは、入力された信号の状態に応じて回路のオン/オフの切り換えを行う電子部品の一つである。 応用としては、計数(カウンタ)回路、マルチプレクサ、デジタル-アナログ変換回路、CCDイメージセンサ、加算器のキャリー伝搬、等に用いられる。 一般的な構成としては、VDDに近い電圧での導通のためのPMOSと、VSSに近い電圧での導通のためのNMOSの、両方の極性のMOSFETを使う一種のCMOSによるもの(CMOSアナログスイッチ)がある。これは単独のパッケージに組み込んだ汎用ロジックICのシリーズ中の製品もある。これを特に指してトランスミッションゲート(:en:Transmission gate)と呼ぶこともある。名前の通り任意の電圧・電流を通すアナログ素子と言えるが、ディジタル論理回路としては、制御入力に従って「ハイインピーダンスになるか、あるいは、双方向的に素通しする」という、トライステートゲートの特殊なものとも言え、これを利用する論理方式としてはpass transistor logic(:en:Pass transistor logic)という語もある。 CMOSによる構成以外のものとしては、バイポーラトランジスタ、フォトカプラ、サイリスタ、ソリッドステートリレーなどによるものがある。 Category:半導体素子 Category:スイッチ.

新しい!!: マルチプレクサとアナログスイッチ · 続きを見る »

エンコード

ンコード(encode)、符号化(ふごうか)とは、アナログ信号やデジタルデータに特定の方法で、後に元の(あるいは類似の)信号またはデータに戻せるような変換を加えることである。 一般的には、エンコードするための機器・回路・プログラムをエンコーダ、デコード(記事内後述を参照)するための機器・回路・プログラムをデコーダと呼んでいる。 特にコンピュータ(特にパーソナルコンピュータ)分野では、エンコードとは、音声や動画などをコーデックを用いて圧縮する事を言う。一部では「エンコ」と略して呼ぶこともある。.

新しい!!: マルチプレクサとエンコード · 続きを見る »

オープンコレクタ

ープンコレクタ(Open collector)は、電子回路における出力方式の一種である。特定の電圧や電流を直接信号として出力するのではなく、NPNトランジスタをスイッチのように用いて出力をあらわす。出力端子はトランジスタのコレクタであり、ベースには動作電流、エミッタはグラウンドに接続される。主に集積回路(IC)やセンサーなどの出力部に用いられる。 出力素子がバイポーラトランジスタではなくMOS FETで構成されている場合、同様の回路は オープンドレイン と呼ばれる。.

新しい!!: マルチプレクサとオープンコレクタ · 続きを見る »

カルノー図

ルノー図の例 カルノー図(カルノーず、Karnaugh map)は論理回路などにおいて論理式を簡単化するための表であり、その方法をカルノー図法という。よく似た概念にベイチ 図と呼ばれる図があり、変数と数字の書き方のみが異なる。.

新しい!!: マルチプレクサとカルノー図 · 続きを見る »

光波長多重通信

光波長多重通信(ひかりはちょう たじゅうつうしん)とは、一本の光ファイバーケーブルに複数の異なる波長の光信号を同時に乗せることによる、高速かつ大容量の情報通信手段である。波長分割多重通信(WDM: Wavelength Division Multiplex)とも言う。.

新しい!!: マルチプレクサと光波長多重通信 · 続きを見る »

符号分割多元接続

多元接続 (FDMA、TDMA、CDMA) 符号分割多元接続(ふごうぶんかつたげんせつぞく、Code Division Multiple Access、CDMA)とは、通信技術の一方式であり、同一の周波数帯域内で2つ以上の複数の通信(多元接続)を行うために用いる技術の総称である。主に直接拡散符号分割多重接続 (DS/CDMA,DS: Direct Sequence)、周波数ホッピング (FH: Frequency-Hopping) の方式に分けられる。 衛星電話などの衛星通信や携帯電話の他、軍事用の暗号通信に用いられている。.

新しい!!: マルチプレクサと符号分割多元接続 · 続きを見る »

等脚台形

等脚台形(とうきゃくだいけい、米語:, 英語:)は、台形の一種で、1本の底辺の両端の内角が互いに等しい図形である。このとき、もう一組の底辺の両端の内角も互いに等しくなる。等脚台形は線対称な図形であり、その対称軸は2本の底辺それぞれの中点をともに通る直線である。 等脚台形では右図での辺ABと辺CDのように台形の脚の長さが互いに等しくなる。等脚台形の名称はこの性質に由来するが、一方、平行四辺形も台形の一種であり、この場合、台形の脚の長さも等しくなるので、等脚台形を「脚の長さが等しい台形」と定義するのは誤りである。 等脚台形のうち、底辺BCとADの長さも等しい場合は長方形となる。したがって長方形は等脚台形の特殊な形である。長方形とは、等脚台形であり、かつ平行四辺形でもある四角形だということができる。 等脚台形の面積Sを求める公式は台形の場合と同一で と表される。ただし h は台形の高さで、この場合 BC と AD の距離にあたる。 4本の辺の長さ x, y, z, w.

新しい!!: マルチプレクサと等脚台形 · 続きを見る »

真理値表

真理値表(しんりちひょう、Truth table)は、論理関数の、入力の全てのパターンとそれに対する結果の値を、表にしたものである。 例1:命題Pの否定「\lnot P」の場合、以下のような真理値表になる。 例2:2つの命題P,Qの論理和「P \lor Q」の場合、以下のような真理値表になる。 例3:2つの命題P,Qの論理積「P \land Q」の場合、以下のような真理値表になる。 なお、この表では「真」「偽」として表記してあるが、「T(.

新しい!!: マルチプレクサと真理値表 · 続きを見る »

選言標準形

選言標準形(せんげんひょうじゅんけい、Disjunctive normal form, DNF)は、数理論理学においてブール論理での論理式の標準化(正規化)の一種であり、連言節(AND)の選言(OR)の形式で論理式を表す。加法標準形、主加法標準形、積和標準形とも呼ぶ。正規形としては、自動定理証明で利用されている。.

新しい!!: マルチプレクサと選言標準形 · 続きを見る »

長方形

長方形 長方形(ちょうほうけい、rectangle)とは.

新しい!!: マルチプレクサと長方形 · 続きを見る »

逆マルチプレクサ

逆マルチプレクサ(ぎゃくマルチプレクサ、inverse multiplexer、imux)とは、データストリームを複数の低データレートの通信リンクに分割するものである。逆マルチプレクサはデマルチプレクサとは違い、低レートのリンク群は相互に関連しており、協働して同じデータを搬送する。デマルチプレクサの場合、元々マルチプレクサが1つにまとめたストリームを分割するため、それぞれのリンクに関係はないし、あったとしてもデマルチプレクサの関知するところではない。 マルチプレクサが複数の低速リンク群から1つの高速リンクを生成するという意味で、逆マルチプレクサはその逆である。 例: 上の例では、3本の低レートデータリンクを使って接続を行っている。なお、逆マルチプレクサに接続されるデータリンクは双方向のことが多いため、逆マルチプレクサは複数の低速リンクから1本の高速リンクへ向かう方向にも機能する。つまり、上の例で (de)inverse mux とあるものも実際には同じ逆マルチプレクサである。 例えば、DTEが単一のISDNコネクションよりも高速な転送レートを必要とするときに、逆マルチプレクサを使って複数のISDN回線を束ねて高速なデータ転送を可能にする。これは、より高速な回線が用意できない場合によく使われる。 逆マルチプレクサの代替手法として、複数のリンク間で負荷分散する技法もある。IPの場合、2点間に複数のリンクがあるとき、例えばラウンドロビンでパケットを転送するリンクを選択していく。 逆マルチプレクサの利点は次の通りである。.

新しい!!: マルチプレクサと逆マルチプレクサ · 続きを見る »

IPネットワーク

IPネットワークまたはIP網(アイピーもう)は、インターネット・プロトコル・スイート技術を利用して相互接続されたコンピュータネットワークを意味する。これは、広義の「インターネット」(一般名詞、"an internet"英語圏では世間への普及にともない、"the Internet"(狭義のインターネット)を "the internet" (小文字)と書くようになっている。) と等しい。 なお、狭義の「インターネット」(固有名詞、"the Internet") は全世界規模で構築されている、インターネット・プロトコルによるネットワークを相互接続して構築されたARPANETを前身とする特定の世界的規模のネットワークを指す。 広義のインターネットについて、当該ネットワークの性格や用途や固有の識別(例えば社内ネットワークであるイントラネット、異なる企業間のネットワークであるエクストラネット、NTT東日本・西日本の地域IP網やNGN、KDDIのかつてのCDNなど)を特定せず、一般化した呼称として用いる。.

新しい!!: マルチプレクサとIPネットワーク · 続きを見る »

Transistor-transistor logic

Transistor-transistor-logic (TTL) はバイポーラトランジスタと抵抗器で構成されるデジタル回路の一種。論理ゲート段(例えばANDゲート)と増幅段のどちらの機能もトランジスタを使って実装しているので、(RTLやDTLとの対比で)このように呼ばれている。 半導体を用いた論理回路の代表的なもののひとつであり、通常+5V単一電源のモノリシック集積回路 (IC) ファミリとして、コンピュータ、産業用制御機械、測定機器、家電製品、シンセサイザーなど様々な用途で使われている。TTLという略称は、TTL互換の論理レベルの意味で使われることもあり、TTL ICとは直接関係ないところでも使われている。例えば電子機器の入出力のラベルなどに表示することがある。 DTLの改良品であり、さまざまなメーカーによってICが製造されているが、1970年代にテキサス・インスツルメンツ社(以下 TI, Texas Instruments)の汎用ロジックICファミリ(7400シリーズ)が広く普及して業界標準となった。標準シリーズから、高速版、低消費電力版、高速・低消費電力版などのバリエーションを広げ、初期のマイクロプロセッサの応用の広がりとともにさらに普及した。しかし、バイポーラトランジスタを使うため、低消費電力化・高集積化・低電圧化には向かず、CMOS技術の発達に伴いデジタルICの主力の座をCMOSに譲った。.

新しい!!: マルチプレクサとTransistor-transistor logic · 続きを見る »

汎用ロジックIC

汎用ロジックIC(はんようロジックアイシー)とは、様々な論理回路に共通して必要とされる個々の機能を1つの小型パッケージにまとめた小規模な集積回路である。 ANDゲート、ORゲート、NOTゲート、NANDゲート、NORゲート、ExORゲートといったゲート回路や、フリップフロップ、カウンタ、レジスタ、シフトレジスタ、ラッチ、エンコーダ/デコーダ、マルチプレクサ/デマルチプレクサ、加算器、コンパレータといった簡単な論理機能ブロックなどのデジタル回路が主体であるが、そういった論理回路だけでなく、バッファやインバータといった論理というよりは駆動電流を増強するアンプの役割をする回路も含まれている。 また、場合によっては、電気的なスイッチであるアナログスイッチや、アナログマルチプレクサ、発振器あるいは位相同期回路(PLL)など、ほとんどロジック(論理)と呼べないアナログ回路に属するものも含める場合もある。.

新しい!!: マルチプレクサと汎用ロジックIC · 続きを見る »

情報理論

情報理論(じょうほうりろん、Information theory)は、情報・通信を数学的に論じる学問である。応用数学の中でもデータの定量化に関する分野であり、可能な限り多くのデータを媒体に格納したり通信路で送ったりすることを目的としている。情報エントロピーとして知られるデータの尺度は、データの格納や通信に必要とされる平均ビット数で表現される。例えば、日々の天気が3ビットのエントロピーで表されるなら、十分な日数の観測を経て、日々の天気を表現するには「平均で」約3ビット/日(各ビットの値は 0 か 1)と言うことができる。 情報理論の基本的な応用としては、ZIP形式(可逆圧縮)、MP3(非可逆圧縮)、DSL(伝送路符号化)などがある。この分野は、数学、統計学、計算機科学、物理学、神経科学、電子工学などの交差する学際領域でもある。その影響は、ボイジャー計画の深宇宙探査の成功、CDの発明、携帯電話の実現、インターネットの開発、言語学や人間の知覚の研究、ブラックホールの理解など様々な事象に及んでいる。.

新しい!!: マルチプレクサと情報理論 · 続きを見る »

時分割多重化

時分割多重化(じぶんかつ たじゅうか、英語:time division multiplexing、略称:TDM)とは、複数の異なるディジタル信号を時間的に配列して、一つの伝送路で伝送を行うことが出来るようにする多重化の一方式である。.

新しい!!: マルチプレクサと時分割多重化 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

デマルチプレクサ

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »