ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

マルグリット・デュラス

索引 マルグリット・デュラス

マルグリット・デュラス(Marguerite Duras, 1914年4月4日 - 1996年3月3日)は、フランスの小説家、脚本家、映画監督。 ヌーヴォー・ロマンの作家の一人に数えられることもあるが、キャリアの点でも作風の点でもヌーヴォー・ロマンの枠内には収まらない。.

66 関係: ちくま文庫みすず書房かくも長き不在吉田加南子大久保輝臣安堂信也小林康夫岡村民夫岩崎力工藤庸子三輪秀彦平岡篤頼二十四時間の情事亀井薫佐藤和生作家北代美和子マドモアゼル (映画)モーリス・ブランショヨーロッパ文学のためのオーストリア国家賞レオン・カーフェイレジスタンス運動ヴァンヴヌーヴォー・ロマンブリュノ・ニュイッテンパリ大学デュラス 愛の最終章ディプロマフランスフランス領インドシナフランソワ・ミッテランホーチミン市ベトナムインディア・ソングイギリスゴンクール賞ジャンヌ・モロージャン=リュック・ゴダールジャン=ジャック・アノージェーン・マーチ光文社古典新訳文庫稲越功一筑摩書房田中倫郎白井浩司白水社華僑青土社講談社雨のしのび逢い...集英社文庫河出文庫河出書房新社渡邊守章清岡卓行清水徹朝日出版社映画監督早川書房愛人/ラマン書肆山田晶文社1914年1996年3月3日4月4日 インデックスを展開 (16 もっと) »

ちくま文庫

ちくま文庫(ちくまぶんこ)は、株式会社筑摩書房が発行している文庫レーベル。1985年12月より刊行開始した。基本的な装幀(フォーマットならびに安野光雅がデザインした。 ちくま文庫を立ち上げた松田哲夫は安野の教え子である。それが縁で依頼したという。 なお、同音の「チクマ文庫」とは別。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとちくま文庫 · 続きを見る »

みすず書房

株式会社みすず書房(みすずしょぼう)は、哲学、科学、心理学、現代史、西洋史、社会学などの専門書を中心にした出版活動を行う学術出版社である。旧社名は美篶書房。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとみすず書房 · 続きを見る »

かくも長き不在

『かくも長き不在』(かくもながきふざい、Une aussi longue absence)は、1961年のフランスのドラマ映画。同年ルイ・デリュック賞及び第14回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞している。 主題歌は「」(作詞:アンリ・コルピ、作曲:ジョルジュ・ドルリュー、歌:コラ・ヴォケール)である。 日本では1964年に公開され、キネマ旬報の「外国映画ベスト・ワン」に選出された。VHS版およびレーザーディスク版は発売されたことがあるものの、その後20余年、DVD化はされていなかったが、2018年3月23日に初めてDVDおよびBlu-rayが発売された。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとかくも長き不在 · 続きを見る »

吉田加南子

吉田 加南子(よしだ かなこ、1948年11月2日 - )は、日本の詩人、フランス文学者、学習院大学フランス語圏文化学科教授。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと吉田加南子 · 続きを見る »

大久保輝臣

大久保 輝臣(おおくぼ てるおみ、1928年 - 1996年6月)は、フランス文学者。 1952年東京大学仏文科卒業。学習院大学助教授、教授。在職中に死去。父は大久保偵次。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと大久保輝臣 · 続きを見る »

安堂信也

安堂 信也(あんどう しんや、1927年6月1日 - 2000年10月18日)は、フランス文学者、翻訳家、早稲田大学名誉教授。 東京出身。京城で敗戦を迎える。1951年早大仏文科卒、大学院に進み、52年パリ第3大学に留学、54年帰国し、文学座で演劇の実践に携わる。56年博士課程進学、59年中退、62年早大文学部専任講師、65年助教授、70年教授。演劇博物館副館長などを務め、95年定年退任。 サミュエル・ベケット、ジャン・ラシーヌ、ジャン・ジロドゥなどフランス演劇の翻訳のほか、カトリーヌ・アルレーの推理小説を多数訳した。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと安堂信也 · 続きを見る »

小林康夫

小林 康夫(こばやし やすお、1950年2月6日 - )は、日本の哲学者。東京大学名誉教授、青山学院大学大学院総合文化政策学研究科特任教授。専門は現代哲学、表象文化論。東京都生まれ。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと小林康夫 · 続きを見る »

岡村民夫

岡村民夫(おかむら たみお、1961年- )は、日本のフランス文学者・文化学者、法政大学教授。 神奈川県横浜市生まれ。1985年立教大学文学部フランス文学科卒業。1992年ジュネーブ大学文学部一般言語学科中退。97年立教大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学、法政大学第一教養部専任講師、助教授、2003年国際文化学部教授。2009年『イーハトーブ温泉学』で花巻市の制定する宮沢賢治イーハトーブ学会宮沢賢治賞奨励賞を受賞。専門はフランス文学、表象文化論。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと岡村民夫 · 続きを見る »

岩崎力

岩崎 力(いわさき つとむ、1931年8月12日 - 2015年4月10日)は、フランス文学者、翻訳家、東京外国語大学名誉教授。 山形県生まれ。1954年東京大学教養学部フランス科卒、1957年同大学院人文科学研究科比較文学比較文化修士課程修了、東京外国語大学助教授、教授を務め、1994年退官、名誉教授、プール学院大学教授、2008年退職。1971-72年パリ第7大学講師、1986-88年パリ国際大学都市日本館館長。 数多くの翻訳を行い、特にフィリップ・ソレルス、マルグリット・ユルスナール、ドミニク・フェルナンデスの翻訳で知られる。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと岩崎力 · 続きを見る »

工藤庸子

工藤 庸子(くどう ようこ、 1944年7月29日 - )は、日本のフランス文学者、フェミニスト。放送大学客員教授、東京大学名誉教授。博士(学術)(東京大学、2003年)(学位論文「ヨーロッパ文明批判序説」: 植民地・共和国・オリエンタリズム(Prologue a une critique de la civilisation Europeenne))。埼玉県浦和市(現:さいたま市)生まれ。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと工藤庸子 · 続きを見る »

三輪秀彦

三輪 秀彦(みわ ひでひこ、1930年2月10日 - )は、フランス文学者、翻訳家。 愛知県名古屋市生まれ。1953年東京大学文学部仏文科卒。國學院大學講師などを経て、1966年に明治大学講師となり、1973年以降助教授、のち教授を2001年まで務めた。 モーリス・ブランショ『死の宣告』、ナタリー・サロート『見知らぬ男の肖像』、マルグリット・デュラス『ジブラルタルの水夫』といった前衛フランス文学のほか、ジョルジュ・シムノン、ジュール・ヴェルヌ、ジェラール・ド・ヴィリエなどの娯楽小説も多く訳した。1963年『内面の都市』で文藝賞佳作となったこともある。日本近代文学などの文芸批評もある。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと三輪秀彦 · 続きを見る »

平岡篤頼

平岡 篤頼(ひらおか とくよし、1929年5月2日 - 2005年5月18日)は、日本の仏文学者、文芸評論家、作家。早稲田大学名誉教授。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと平岡篤頼 · 続きを見る »

二十四時間の情事

『二十四時間の情事』(にじゅうよじかんのじょうじ、原題:Hiroshima mon amour イロシマ・モナムール)は、アラン・レネ監督、マルグリット・デュラス脚本による日本・フランス合作映画である。被爆地広島県広島市を舞台に、第二次世界大戦により心に傷をもつ男女が織りなすドラマを描いた作品で、アラン・レネ監督の第1回長編劇映画作品である。日本での邦題は当初『ヒロシマ、わが愛』とされていたが、公開時に『二十四時間の情事』へ変更された。ただし近年では、日本においても原題のまま『ヒロシマ・モナムール』と紹介される場合もある。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと二十四時間の情事 · 続きを見る »

亀井薫

亀井 薫(かめい かおり、1976年5月29日 - )は、ボイスワークス所属の女性フリーアナウンサー。青森放送の元アナウンサーで、テレビ埼玉(テレ玉)と専属契約していた時期もある。東京都世田谷区出身。既婚。 ニックネームは「亀」「亀ちゃん」「かめきち」。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと亀井薫 · 続きを見る »

佐藤和生

佐藤和生(さとう かずお、1934年 - )は、北海道出身のフランス文学者、翻訳家、詩人。同志社大学名誉教授。北海道札幌東高等学校、北海道大学文学部卒業。京都大学仏文科博士課程修了。フランス文学の研究、翻訳を手がける傍ら、詩作も行い、2001年より詩集も発表している。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと佐藤和生 · 続きを見る »

作家

作家(さっか)とは、芸術や趣味の分野で作品を創作する者のうち作品創作を職業とする者または職業としていない者でも専門家として認められた者をいう。 芸術家に含まれる者の多くはこの意味での作家であるが、職種・肩書きとして、○○作家と呼ぶかどうかは、すでに固有の職業名称が確立しているか否かによる。すなわち伝統的芸術分野では詩人・画家・作曲家・映画監督などの呼称が確立しているため○○作家とは呼ばないが、新しい芸術分野や趣味の分野では、○○作家、○○創作家、○○クリエイターという用い方がされる。ただし伝統的芸術分野においても、○○作家という語を用いる場合がある。 ただ単に「作家」と言った場合、著作家、とくに小説家を指す場合が多い。だが、「作家」という職業は様々に枠が広いため、そう呼称されるのを嫌うものもいる。逆に、小説は書いていないが単に作家と称するケースが多い(猪瀬直樹、麻生千晶など)。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと作家 · 続きを見る »

北代美和子

北代 美和子(きただい みわこ、1953年 - )は、日本の翻訳家、推理小説作家。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと北代美和子 · 続きを見る »

マドモアゼル (映画)

『マドモアゼル』(Mademoiselle)は、イギリス・ニュー・ウェイヴの一人であるトニー・リチャードソン監督がフランスヌーヴェルヴァーグの代表的女優の一人ジャンヌ・モロー主演で撮った英仏合作映画。1966年公開。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとマドモアゼル (映画) · 続きを見る »

モーリス・ブランショ

モーリス・ブランショ(Maurice Blanchot、1907年9月22日 - 2003年2月20日)は、フランスの哲学者、作家、批評家。通称“顔の無い作家”。ストラスブール大学卒業。戦前のポール・ヴァレリーに比せられる戦後最大のフランスの文芸批評家であるという評価が定着している。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとモーリス・ブランショ · 続きを見る »

ヨーロッパ文学のためのオーストリア国家賞

ヨーロッパ文学のためのオーストリア国家賞(ヨーロッパぶんがくのためのオーストリアこっかしょう、Österreichischer Staatspreis für Europäische literatur)は、オーストリアの文学賞である。ヨーロッパの文学が対象で、オーストリア教育文化省(Unterrichtsministerium der Republik Österreich)により授与される。1965年にウィーンで設立。毎年行われ賞金は25,000ユーロ。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとヨーロッパ文学のためのオーストリア国家賞 · 続きを見る »

レオン・カーフェイ

レオン・カーフェイ (梁 家輝、Tony Leung Ka-Fai, 1958年2月1日-)は、香港生まれの俳優。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとレオン・カーフェイ · 続きを見る »

レジスタンス運動

レジスタンス運動(レジスタンスうんどう、Résistance、Resistance)は、権力者や占領軍に対する抵抗運動を指す用語である。レジスタンス集団(レジスタンスしゅうだん)とも称される。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとレジスタンス運動 · 続きを見る »

ヴァンヴ

ヴァンヴ (Vanves)は、フランス、イル=ド=フランス地域圏、オー=ド=セーヌ県のコミューン。国内第10位の人口密度が高いコミューンである。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとヴァンヴ · 続きを見る »

ヌーヴォー・ロマン

ヌーヴォー・ロマン(仏:Nouveau roman、「新しい小説」の意)は、第二次世界大戦後のフランスで発表された前衛的な小説作品群を形容した呼称で、アンチ・ロマン(Anti Roman、「反小説」の意)と呼ばれることもある。1957年5月22日、ル・モンド誌上の論評においてエミール・アンリオが用いた造語。 実際には、明確な組織・マニフェスト・運動があったわけではなく、従来の近代小説的な枠組に逆らって書いた同時代の作家達を総称するためのジャーナリスティックな呼称であるが、1963年には「新フランス評論」誌などでのアラン・ロブ=グリエによる論争的評論が『新しい小説のために』(Pour un Nouveau roman)としてまとめられている。 上記のロブ=グリエをはじめ、クロード・シモンやナタリー・サロート、ミシェル・ビュトール等が代表的な作家とされ、広くはサミュエル・ベケット、マルグリット・デュラス等を含むこともある。上記作家の小説作品の多くがミニュイ社Éditions de Minuitから刊行されていることは単なる偶然ではない。 作者の世界観を読者に「押しつける」伝統的小説ではなく、プロットの一貫性や心理描写が抜け落ちた、ある種の実験的な小説で、言語の冒険とよんでいい。その技法は「意識の流れの叙述」(ナタリー・サロート)や「二人称小説」(ミシェル・ビュトール)、「客観的な事物描写の徹底」(ロブ=グリエ)など様々だが、読者は、与えられた「テクスト」を自分で組み合わせて、推理しながら物語や主題を構築していかざるを得ない。サルトルやバルトらに擁護された面もある。 1960年代後期以降はヌーヴォー・ロマン(アンチ・ロマン)の動向をより批判的に発展させた、フィリップ・ソレルスを中心とするテル・ケル派(文学理論雑誌Tel Quelを基軸に活動したことからこう呼ばれた)に活動が継承された。しかし、1970年代入るとフィリップ・ソレルスがマオイズムに傾倒し、テル・ケル派も政治的な色合いが濃厚になり文芸活動としての側面は次第に薄れていった。 ただ、ヌーヴォー・ロマンはそもそも党派性が薄いものであり、個々の作家の作品自体も、モダニズムを積極的に引き受けることで小説というジャンル自体の進歩を目したものであった。それゆえ、テル・ケル派以降、個々の作家は各々の方法論のうちにさらに沈潜して行き、結果として商業主義とは完全に相反するものとなりながらも、このうえなく深い、小説的な言語によってしか到達し得ない思想的な領域を開拓していくこととなったのである。 Category:フランス文学 Category:文学運動 Category:小説のジャンル Category:フランス語の成句 Category:造語.

新しい!!: マルグリット・デュラスとヌーヴォー・ロマン · 続きを見る »

ブリュノ・ニュイッテン

ブリュノ・ニュイッテン(Bruno Nuytten、1945年8月28日 ムラン - )はフランスの撮影監督、映画監督。La:fr:Femisの教授。 撮影監督としてクロード・ミレール、アンドレ・テシネ、マルグリット・デュラス、ジャン=リュック・ゴダール、クロード・ベリなどの作品で撮影を担当。とくに小説家のデュラスは彼女が映画を演出する際には、ニュイッテンに最大の信頼を置いた。また、『カミーユ・クローデル』で演出に初挑戦、これまで3本の作品を監督している。 イザベル・アジャーニとの間に息子(バルナベ・ニュイッテン、1979年 - )が一人いる。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとブリュノ・ニュイッテン · 続きを見る »

パリ大学

パリ大学(仏:Université de Paris)は、フランス共和国のパリ、クレテイユおよびヴェルサイユの3大学区にある13の大学の総称である。多くのノーベル賞受賞者を送り出している他、法学、政治学、科学、物理学、神学などの分野で優秀な学者を輩出している。また芸術の教育機関としても名高い。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとパリ大学 · 続きを見る »

デュラス 愛の最終章

『デュラス 愛の最終章』(デュラス あいのさいしゅうしょう、Cet Amour-là)は、2001年のフランス映画。 デュラスの最後の愛人であるヤン・アンドレアの著作『デュラス あなたは僕を(本当に)愛していたのですか』を元にした作品であり、マルグリット・デュラスとの16年間の愛を綴った内容であり、デュラスを演じるのは『愛人/ラマン』でもナレーションを務めたジャンヌ・モロー。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとデュラス 愛の最終章 · 続きを見る »

ディプロマ

ディプロマ(diploma)とは、高等教育機関より発行される卒業証明書や業績証明書である。これらは、授与された者が完全に特定の課程を修了したこと、または特定の学科の単位を取得したことを証明する。 ドイツ語圏ではディプローム(Diplom)と表記される。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとディプロマ · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: マルグリット・デュラスとフランス · 続きを見る »

フランス領インドシナ

フランス領インドシナ フランス領インドシナ(フランスりょうインドシナ、l'Indochine française、, 法属印度支那)は、1887年から1954年まで、大日本帝国により占領された一時期を除きフランスの支配下にあったインドシナ半島(インドシナ)東部地域である。現在のベトナム・ラオス・カンボジアを合わせた領域に相当する。仏印(ふついん)とも略する。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとフランス領インドシナ · 続きを見る »

フランソワ・ミッテラン

フランソワ・モリス・アドリヤン・マリー・ミッテラン(François Maurice Adrien Marie Mitterrand, 1916年10月26日 - 1996年1月8日)は、フランスの政治家。社会党所属(第一書記)。第21代大統領(第五共和政)を2期14年にわたって務め、同時にアンドラ公国の共同大公も務めた。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとフランソワ・ミッテラン · 続きを見る »

ホーチミン市

ホーチミン市(ホーチミンし、 )は、ベトナム社会主義共和国最大の経済都市で、東南アジア有数の世界都市でもある。市街中心部の旧称はサイゴン()である。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとホーチミン市 · 続きを見る »

ベトナム

ベトナム社会主義共和国(ベトナムしゃかいしゅぎきょうわこく、)、通称 ベトナム()は、東南アジアのインドシナ半島東部に位置する社会主義共和国。首都はハノイ。ASEAN加盟国、通貨はドン、人口9,250万人(2014年末)。 国土は南北に細長く、北は中華人民共和国、西はラオス、南西はカンボジアと国境を接する。東は南シナ海に面し、フィリピンと相対する。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとベトナム · 続きを見る »

インディア・ソング

『インディア・ソング』(India Song)は、フランスの作家マルグリット・デュラスが監督した1975年の映画、1973年に出版した同名の著作『インディア・ソング』(『ラホールの副領事』の続編)の映画化で、舞台化もされた。原作はいちおう小説ということになっているが、副題として「テクスト・テアトル・フィルム」という言葉が付記されており、小説とも戯曲ともレーゼドラマともレーゼシナリオとも呼べるような超ジャンル的なテクストであった。翻訳を手がけた田中倫郎によると「破壊しに、と彼女は言う」も同様の趣向のテクストであり、こちらの方もデュラス自身によって映画化された。 カンヌ国際映画祭に出品され、その斬新な作風に賛否が分かれたが、日本では同年参加した寺山修司などが「ドゥシャン・マカヴェイエフの『スウィート・ムービー』と共に、この映画祭中で最も重要な作品の一つ」と評価し熱狂的支持者を作った。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとインディア・ソング · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとイギリス · 続きを見る »

ゴンクール賞

ンクール賞(Prix Goncourt)は、フランスで最も権威のある文学賞のひとつ。1903年発足。その年でエスプリに満ちた独創的な散文による作品(主として小説)を書いた著者に贈られる。フランスの作家エドモン・ド・ゴンクールの遺言により、弟のジュール・ド・ゴンクールと共に築いた財産を元に設立されたアカデミー・ゴンクールによって選定・贈呈されている。1903年より毎年アカデミー・ゴンクールの10人の会員によってパリ2区にあるミシュラン一つ星レストラン「ドルアン」 (Drouant) で11月に選考・発表が行われる。 原則として1人につき1回のみの受賞で、再度受賞したケースは1例のみ(1956年に受賞したロマン・ガリーが1975年にエミール・アジャールの変名で出した小説により再受賞した)。受賞者や作品はフランス国外でも親しまれているものも多い。受賞作品はその年のフランス文学を代表する作品として捉えられ、その著者の地位や作品の売れ行きにも大きく影響する権威ある賞で、趣旨としては若手の新鋭の作家に贈られることになっているが、この限りでないケースも見られる。フランス文学の登龍門的存在として知られる。なお、この賞の賞金自体は10ユーロ(日本円で千数百円程度)とあえて少額にされてあるが、これはこの賞を受賞したことによって得る利益の莫大さを象徴するものとして捉えられているものである。 1988年に「高校生のゴンクール賞」が新設された。これはゴンクール・アカデミーによる推薦リストをもとに、フランス全国の1500人の高校生の投票によって受賞作が決定されるもので、ゴンクール賞の発表と同時に発表される。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとゴンクール賞 · 続きを見る »

ジャンヌ・モロー

ャンヌ・モロー(Jeanne Moreau, 1928年1月23日 - 2017年7月31日)は、フランスの女優、脚本家、映画監督、歌手。フランスを代表する女優として知られ、映画界への多大な貢献を評価されて、フランス内外から名誉賞等を授与されている。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとジャンヌ・モロー · 続きを見る »

ジャン=リュック・ゴダール

ダールのサイン ジャン=リュック・ゴダール (Jean-Luc Godard, 1930年12月3日 - ) は、フランス・スイスの映画監督、編集技師、映画プロデューサー、映画批評家、撮影監督、俳優である。パリに生まれる。ソルボンヌ大学中退。ヌーヴェルヴァーグの旗手。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとジャン=リュック・ゴダール · 続きを見る »

ジャン=ジャック・アノー

ャン=ジャック・アノー(Jean-Jacques Annaud、1943年10月1日 - )はフランス・ジュヴィシー=シュル=オルジュ出身の映画監督。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとジャン=ジャック・アノー · 続きを見る »

ジェーン・マーチ

ェーン・マーチ(Jane March、本名:Jane March Horwood、1973年3月20日 - )は、イギリスの女優。.

新しい!!: マルグリット・デュラスとジェーン・マーチ · 続きを見る »

光文社古典新訳文庫

光文社古典新訳文庫(こうぶんしゃこてんしんやくぶんこ)は、光文社が発行している文庫本レーベル。2006年9月創刊。キャッチコピーは「いま、息をしている言葉で」。 文学作品から哲学書まで、古典と呼ばれる作品を現代の読者にも読みやすい日本語で新訳するのがコンセプトの文庫シリーズ。表紙のイラストはすべて望月通陽。装丁は作品の言語圏別に5色に分類されている(青色はフランス語・イタリア語圏、赤色はロシア語圏、茶色はドイツ語圏、緑色は英語圏、桃色はその他、スペイン語圏・近代中国語・古典日本語・古代ギリシャ語・ポルトガル語圏)。 2008年にはドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』(亀山郁夫訳)の売上が全5巻合わせて100万部を突破したと発表され、社会現象にもなった。一方で翻訳に対しては批判もあり、野崎歓訳『赤と黒』は編集部も交えた論議を呼んだ(野崎歓#『赤と黒』誤訳論争)。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと光文社古典新訳文庫 · 続きを見る »

稲越功一

越 功一(いなこし こういち、1941年1月3日 - 2009年2月25日)は、日本の写真家。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと稲越功一 · 続きを見る »

筑摩書房

株式会社筑摩書房(ちくましょぼう)は、日本の出版社。筑摩書房のマーク(空を截る鷹)のデザインは青山二郎作。 文学者を中心に個人全集は、増補改訂し繰り返し刊行するので、「全集の筑摩」と称されている。特に『世界文学全集』は多くの類書シリーズを刊行した。ほかに古典・現代文の教科書を現在まで毎年出版している。月刊PR誌に『ちくま』がある。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと筑摩書房 · 続きを見る »

田中倫郎

中 倫郎(たなか みちお、1930年10月27日 - )は、フランス文学者、跡見学園女子大学名誉教授。 広島県生まれ。東京大学文学部卒。一貫してマルグリット・デュラスの作品を翻訳した。跡見学園女子大学教授を勤め、2001年定年退職。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと田中倫郎 · 続きを見る »

白井浩司

白井 浩司(しらい こうじ、1917年10月19日 - 2004年11月1日)は、フランス文学者。 東京生まれ。暁星中学校を経て慶應義塾大学文学部仏文科卒。1942年NHK国際局海外放送フランス語班に勤務、45年9月NHK退職、47年慶應義塾大学予科講師、サルトルの『嘔吐』を翻訳し、実存主義ブームのきっかけを作り、その後もカミュ、ロブ=グリエなどを翻訳紹介、58年慶應義塾大学文学部教授、66年第2回辰野隆賞受賞、76年フランス政府よりパルム・アカデミック勲章授与。1978年『アルベール・カミュ その光と影』で読売文学賞受賞。82年定年退任し名誉教授。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと白井浩司 · 続きを見る »

白水社

株式会社白水社(はくすいしゃ)は、日本の出版社。語学書や翻訳書の出版を多く手がける。新人劇作家の登竜門といわれる岸田國士戯曲賞を主催していることでも知られる。 社名は、屈原の長詩「離騒」の註の「淮南子に言ふ、白水は崑崙(こんろん)の山に出で、これを飲めば死せずと。神泉なり」に由来する。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと白水社 · 続きを見る »

華僑

華僑(かきょう)とは、外国に移住している中国人のこと.

新しい!!: マルグリット・デュラスと華僑 · 続きを見る »

青土社

青土社(せいどしゃ)は、日本における出版社の一つ。神話・言語・哲学・文学・宗教・文明論・科学思想・芸術などの人文諸科学の専門書の出版社として名高い。清水康雄が1969年に創業し、現在まで続く雑誌『ユリイカ』を創刊した。 詩と芸術について扱った雑誌『ユリイカ』、思想と哲学を扱った雑誌『現代思想』は当該分野における一般向け雑誌として有名で、国内外を問わず著名な学者や研究者がこれらの雑誌に論文やエッセイ等を寄稿し、話題になることもしばしばある。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと青土社 · 続きを見る »

講談社

株式会社講談社(こうだんしゃ、英称:Kodansha Ltd.)は、日本の総合出版社。創業者の野間清治の一族が経営する同族企業。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと講談社 · 続きを見る »

雨のしのび逢い

『雨のしのび逢い』(あめのしのびあい、原題: )は、1960年のフランス・イタリア合作の恋愛映画。マルグリット・デュラスの小説『モデラートカンタービレ』(原題:Moderato Cantabile, 1958年)を原作とし、デュラス本人が脚本を担当している(ジェラール・ジャルロと共同脚本)。また、本作の演技でジャンヌ・モローが第13回カンヌ国際映画祭女優賞を受賞している。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと雨のしのび逢い · 続きを見る »

集英社文庫

集英社文庫(しゅうえいしゃぶんこ)は、株式会社集英社が発行している文庫レーベル。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと集英社文庫 · 続きを見る »

河出文庫

河出文庫(かわでぶんこ)は河出書房新社の文庫本。文庫戦線に参入する形で1980年6月に創刊。海外文学に、ジェイムズ・ジョイスやイタロ・カルヴィーノなど、玄人好みの作品が入っているのも特色である。1990年と、2005年に装丁を一新した。姉妹レーベルとして、性風俗・セクソロジーを中心に扱う「河出i文庫」(かわであいぶんこ)、雑学を中心に扱う「KAWADE夢文庫」(かわでゆめぶんこ)がある。 1950年前後の河出書房時代には、猪熊弦一郎装丁で刊行されていた。新版が「河出市民文庫」として一部カバー付で刊行されていた。なお澁澤龍彦の文庫デビュー作は、1954年に出されたサド短編集「恋の駈引き」である。1957年に一度目の経営破たんで刊行終了(二度目は1968年)。またカバーを付けたのは坂本一亀のアイデアでこの文庫判が最初である。現行の文庫判に引き継がれた書目は(年月を経て、性格を大きく変えている事もあり)無いが、何点かは新潮・角川の各文庫や、初期の講談社学術文庫で再出版された。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと河出文庫 · 続きを見る »

河出書房新社

株式会社河出書房新社(かわでしょぼうしんしゃ)は、日本の出版社である。本社は東京都渋谷区千駄ヶ谷にある。 3代目社長の河出朋久は歌人でもあり、歌集『白葉集』1-3(短歌研究社、2004-06)がある。佐佐木幸綱、高野公彦、小野茂樹など学生歌人を社員登用していたこともある。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと河出書房新社 · 続きを見る »

渡邊守章

渡邊 守章(わたなべ もりあき、1933年3月20日 - )は、日本の演出家、フランス文学研究者。東京大学名誉教授、放送大学名誉教授。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと渡邊守章 · 続きを見る »

清岡卓行

清岡 卓行(きよおか たかゆき、1922年(大正11年)6月29日 - 2006年(平成18年)6月3日)は、日本の詩人、小説家、法政大学教授。 関東州の大連生れ。東京大学文学部仏文科で渡辺一夫に師事した。 また、長らく、法政大学教授として新入生などにフランス語の基礎を、 さらに、『萩原朔太郎「猫町」私論』(1974年 文藝春秋刊)をテキストに、人文特別講義を担当し、学部や専攻にかかわらず多くの学生を指導した。 1996年より日本芸術院会員に選出される(終身)。 妻は作家の岩阪恵子(いわさか けいこ、本名 清岡惠子)。前妻の息子清岡智比古は、フランス語学者で創作活動も行っている(明治大学理工学部教授)。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと清岡卓行 · 続きを見る »

清水徹

清水 徹(しみず とおる、1931年3月31日 - )は、日本のフランス文学者。明治学院大学名誉教授。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと清水徹 · 続きを見る »

朝日出版社

株式会社朝日出版社(あさひしゅっぱんしゃ、英:Asahi Press)は、日本の出版社。本社所在地は、東京都千代田区西神田三丁目。 社名は、創業者の原雅久が岡山朝日高校の出身者であることに由来する。朝日新聞社およびその子会社である朝日新聞出版とは、一切関連がない。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと朝日出版社 · 続きを見る »

映画監督

映画監督(えいがかんとく、film director)とは、映画の映像作成を統括する責任者で、テレビではディレクターとも呼ぶ。一般に、製作を担当する製作者(プロデューサー)に対して、その映画のトップ2となる。 テレビ番組やビデオ作品などについても「監督」・「ディレクター」という言葉が用いられるが、「映画監督」は、劇場用映画(劇映画)や、フィルムで撮影されたまとまったドキュメンタリー作品の監督のみを意味することがある。商業映画であれば何百という人間が動くが、「映画は監督のモノ」と映画評論家に言われるほどその立場は重要で、程度の違いこそあれ制作現場では作品創作全体の統一のための権力を有しているが、映画は創作者集団による総合芸術であり、芸術としての映画を厳密公正に研究・分析する場合「制作者」は俳優やプロデューサーや監督以外にも制作創作スタッフ全体がその対象となる。 「映画監督」と「(テレビ番組やビデオ作品の)監督」の職務内容には、規模の違いこそあれ大きな差はないため、本稿では両者をまとめて扱う。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと映画監督 · 続きを見る »

早川書房

株式会社早川書房(はやかわしょぼう)は、日本の出版社。創業者は早川清。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと早川書房 · 続きを見る »

愛人/ラマン

『愛人/ラマン』(L' Amant)は、1992年に製作されたフランス、イギリス合作の恋愛映画。ジャン=ジャック・アノー監督。1984年に出版されたマルグリット・デュラスの自伝的小説が原作。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと愛人/ラマン · 続きを見る »

書肆山田

書肆山田(しょしやまだ)は、日本の出版社。詩・芸術・哲学・文学関係の出版社として知られる。本社所在地は、東京都豊島区南池袋。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと書肆山田 · 続きを見る »

晶文社

株式会社晶文社(しょうぶんしゃ)は、日本の出版社。1960年、中村勝哉と小野二郎が創業。資本金は1000万円、代表者は太田泰弘。トレードマークは動物のサイである。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと晶文社 · 続きを見る »

1914年

記載なし。

新しい!!: マルグリット・デュラスと1914年 · 続きを見る »

1996年

この項目では、国際的な視点に基づいた1996年について記載する。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと1996年 · 続きを見る »

3月3日

3月3日(さんがつみっか)は、グレゴリオ暦で年始から62日目(閏年では63日目)にあたり、年末まであと303日ある。誕生花は花桃。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと3月3日 · 続きを見る »

4月4日

4月4日(しがつよっか)は、グレゴリオ暦で年始から94日目(閏年では95日目)にあたり、年末まであと271日ある。誕生花はアジアンタム、トリテリア。.

新しい!!: マルグリット・デュラスと4月4日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »