ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)

索引 マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)

マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク(, 1818年4月14日 - 1907年1月9日)は、ハノーファー王妃。.

26 関係: マリー・フォン・ハノーファー (1849-1904)ハノーファー王国ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクルーテル教会ロシア大公一覧ヴュルテンベルクプロイセン王国フリーデリケ・フォン・ハノーファー (1848-1926)アルテンブルクアレクサンドラ・イオシフォヴナエルネスティン家エルンスト・アウグスト (ハノーファー王太子)オーバーエスターライヒ州オーストリア帝国カンバーランド公キリスト教グムンデングムンデン郡ゲオルク5世 (ハノーファー王)ザクセン=ヒルトブルクハウゼン普墺戦争1818年1907年1月9日4月14日

マリー・フォン・ハノーファー (1849-1904)

マリー・プリンツェシン・フォン・ハノーファー・ウント・クンバーラント(, 1849年12月2日 - 1904年6月4日)は、ハノーファー王女およびグレートブリテン及びアイルランド王女。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)とマリー・フォン・ハノーファー (1849-1904) · 続きを見る »

ハノーファー王国

ハノーファー王国(Königreich Hannover)は、現在のドイツ北部、ニーダーザクセン州に存在した国家。 1803年にフランスに占領されたブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯領が領土を回復し、1814年のウィーン会議によって王国に昇格することで成立した。 ドイツ連邦の加盟国となり、1866年に普墺戦争に敗れてプロイセン王国に併合され、消滅した。以降は1946年までプロイセンの一州となった.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)とハノーファー王国 · 続きを見る »

ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)

ン=アルテンブルク公ヨーゼフ、1848年頃 ヨーゼフ・ゲオルク・フリードリヒ・エルンスト・カール(ドイツ語:Joseph Georg Friedrich Ernst Karl von Sachsen-Altenburg, 1789年8月27日 - 1868年11月25日)は、ザクセン=アルテンブルク公(在位:1834年 - 1848年)。 ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(1826年よりザクセン=アルテンブルク公)フリードリヒとその妃でメクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の娘であるシャルロッテの間の次男、事実上の長男として生まれた。1814年には同盟国側についてナポレオン戦争に参加し、その後はザクセン王国軍に少将として仕えた。1834年に父の後を継いでザクセン=アルテンブルク公となった。ヨーゼフの政府は保守反動的だと見なされ、このためドイツで1848年革命が発生した際、ヨーゼフは退位を余儀なくされ、公爵位を弟のゲオルクに譲った。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)とヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公) · 続きを見る »

ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルク

ルートヴィヒの肖像画、1800年 ルートヴィヒ・フリードリヒ・アレクサンダー・フォン・ヴュルテンベルク(ドイツ語:Ludwig Friedrich Alexander von Württemberg, 1756年8月30日 トゥシェビャトゥフ - 1817年9月20日 キルヒハイム)は、ヴュルテンベルク公フリードリヒ2世オイゲンと、その妃でブランデンブルク=シュヴェート辺境伯フリードリヒ・ヴィルヘルムの娘であるフリーデリケ・ドロテア・ゾフィアの間の次男。初代ヴュルテンベルク王フリードリヒ1世のすぐ下の弟で、ロシア皇后マリア・フョードロヴナの兄。 ルートヴィヒは1784年にポーランド・リトアニア共和国の大貴族アダム・カジミェシュ・チャルトリスキ公の娘マリア・アンナと結婚し、リトアニア軍に騎兵隊の将軍として出仕していた。しかし1792年にロシア・ポーランド戦争が始まると、ロシア皇太子妃の実兄であるルートヴィヒはロシアと戦うのを拒んで戦線を離脱した。妻マリア・アンナは夫がポーランドを裏切ったことを知ると離婚を決意し、夫妻は翌1793年に離婚した。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)とルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルク · 続きを見る »

ルーテル教会

ルーテル教会(ルーテルきょうかい、, )は、マルティン・ルターによりドイツに始まる、キリスト教の教派または教団。ルター派(ルターは)とも呼ばれる。プロテスタントの一つであり、全世界に推定8260万人の信徒が存在する。発祥の地ドイツを始め、北欧諸国では国民の大半がルター派であり、そこから移民が渡った先のアメリカ合衆国、カナダ、ブラジル等の南アメリカ各国でも信徒数が多い。 パッヘルベル、J.S.バッハ、テレマン、メンデルスゾーンなど著名な音楽家が多く所属し、作曲家や音楽家に縁がある教会としても知られる。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)とルーテル教会 · 続きを見る »

ロシア大公一覧

アレクサンドル3世は、ロシア大公の称号に関する規定に重要な修正を加えた 以下はロシア帝室の成員のうち、ヴェリーキー・クニャージ(ロシア語:Великий князь)の称号を許された人物の一覧である。ヴェリーキー・クニャージは日本語では「大公」に相当する。その他、英語では「Grand Duke」と訳されることが多いものの、「Grand Prince」の方がより正確な訳語といえる。この儀礼称号はロシア皇帝の男系子孫のみに許される称号であり、殿下(His Imperial Highness)の称号と一緒に授けられた。ロシア大公は主権者ではないが、ロシア帝国を統べる一族に属し、帝国の支配者の一員とみなされていた。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)とロシア大公一覧 · 続きを見る »

ヴュルテンベルク

ドイツ帝国期(1871年 - 1918年)のヴュルテンベルク ヴュルテンベルク(Württemberg)は、ドイツ南西部に存在した領邦国家。首都はシュトゥットガルトであったが、一時期は君主の座所がルートヴィヒスブルクやウラッハに置かれたこともある。現在はドイツ連邦共和国のバーデン=ヴュルテンベルク州の東北部の部分を構成する。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)とヴュルテンベルク · 続きを見る »

プロイセン王国

プロイセン王国(プロイセンおうこく、Königreich Preußen)は、ホーエンツォレルン家の君主が統治したヨーロッパの王国。現在のドイツ北部からポーランド西部にかけてを領土とし、首都はベルリンにあった。 プロイセンの語源となったプルーセンはドイツ騎士団に征服され、1224年にドイツ騎士団国が作られた。ドイツ騎士団国は1525年にプロシア公領ないしプロイセン公国となる。1618年、公国はブランデンブルク選帝侯領とともに、同君連合であるブランデンブルク=プロイセンを構成した。君主フリードリヒ・ヴィルヘルムは、オランダ総督との姻戚関係によって威勢を増した。1701年にプロイセン王国となった。王国は北ドイツ連邦の盟主となるまで軍事国家として成長し続け、普仏戦争に勝利した。そのときプロイセンを盟主とするドイツ帝国ができた。1918年からドイツ革命によりヴァイマル共和政のプロイセン州となった。(#歴史).

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)とプロイセン王国 · 続きを見る »

フリーデリケ・フォン・ハノーファー (1848-1926)

フリーデリケ・フォン・ハノーファー・ウント・クンバーラント(, 1848年1月9日 - 1926年10月16日)は、ハノーファー王女およびカンバーランド公女、グレートブリテン及びアイルランド王女。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)とフリーデリケ・フォン・ハノーファー (1848-1926) · 続きを見る »

アルテンブルク

アルテンブルク(Altenburg)は、ドイツ・テューリンゲン州の都市。アルテンブルガー・ラント郡に属し、その郡庁所在地である。ライプツィヒ、ゲーラ、ツヴィカウ、ケムニッツから各30~40kmほどの所にある。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)とアルテンブルク · 続きを見る »

アレクサンドラ・イオシフォヴナ

アレクサンドラ・イオシフォヴナ(ヨシフォヴナとも、, 1830年7月8日 - 1911年7月6日)は、ロシアの皇族、ロシア大公妃。ニコライ1世の次男コンスタンチン・ニコラエヴィチ大公の妻。結婚前の名前はアレクサンドラ・フリーデリケ・ヘンリエッテ・フォン・ザクセン=アルテンブルク(Alexandra Friederike Henriette von Sachsen-Altenburg)。 ザクセン=アルテンブルク公ヨーゼフとその妃であるアマーリエ・フォン・ヴュルテンベルクの第5子として、アルテンブルク(現在のテューリンゲン州、アルテンブルガー・ラント郡)で生まれた。長姉アレクサンドリーネ・マリーはハノーファー王ゲオルク5世の妃。コンスタンティンの姉、ヴュルテンベルク王妃オリガ・ニコラエヴナの仲介により、シュトゥットガルトでコンスタンチンと見合いをし、婚約した。 1848年9月にコンスタンチンと結婚。6子の母となった。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)とアレクサンドラ・イオシフォヴナ · 続きを見る »

エルネスティン家

ルネスティン家の始祖、選帝侯エルンスト エルネスティン家またはエルネスティン系()は、ドイツのザクセン地方を支配していたヴェッティン家の分枝。家名は始祖のザクセン選帝侯エルンストに由来し、エルンスト系と呼ばれることもある。1464年から1547年まで選帝侯の地位にあった。選帝侯位は後に失うことになるが、諸分家はドイツの領邦()として存続した。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)とエルネスティン家 · 続きを見る »

エルンスト・アウグスト (ハノーファー王太子)

ルンスト・アウグスト・フォン・ハノーファー(, 1845年9月21日 - 1923年11月14日)は、ハノーファー王国の王族。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)とエルンスト・アウグスト (ハノーファー王太子) · 続きを見る »

オーバーエスターライヒ州

ーバーエスターライヒ州(Oberösterreich)は、オーストリア共和国を構成する9つの連邦州のひとつ。州都はリンツ。面積約12,000平方km、人口約140万人。オーバーエスタライヒ州、オーバーエースターライヒ州、オーバーエステライヒ州、上オーストリア州などとも表記される。「上(高地)オーストリア」の意。 かつては Erzherzogtum Österreich ob der Enns(上オーストリア大公領) と呼ばれた。北はドイツのバイエルン州とチェコの南ボヘミア州に、東はニーダーエスターライヒ州に、南はシュタイアーマルク州に、西はザルツブルク州にそれぞれ接する。 州内にアドルフ・ヒトラー出生の地ブラウナウ・アム・インがある。西南部のザルツカンマーグート地域は山と湖の風光明媚な地形で国内外から多くの観光客が訪れる。ハリウッド映画『サウンド・オブ・ミュージック』の舞台となった。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)とオーバーエスターライヒ州 · 続きを見る »

オーストリア帝国

ーストリア帝国(オーストリアていこく、Kaisertum Österreich)は、1804年の成立から1867年のオーストリア=ハンガリー帝国への改組まで、オーストリアのハプスブルク=ロートリンゲン家(以下、単に「ハプスブルク家」と呼ぶ)がオーストリア皇帝として支配した多民族国家。 前身の、オーストリア大公国やボヘミア王国・ハンガリー王国などの同君連合国家群だった時代と、オーストリア帝国、オーストリア=ハンガリー帝国の時代とをあわせて、ハプスブルク帝国と総称される。 厳密には第一次世界大戦敗戦までオーストリア帝国は存続しているが、本記事ではアウスグライヒまでを扱う。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)とオーストリア帝国 · 続きを見る »

カンバーランド公

ンバーランド公(カンバーランドこう、Duke of Cumberland)は、イギリス王家の一員に与えられた公爵位。イングランド北部のカンバーランド(現在はカンブリア州に属する)に由来する。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)とカンバーランド公 · 続きを見る »

キリスト教

リスト教で最も頻繁に用いられるラテン十字 アギア・ソフィア大聖堂にある『全能者ハリストス』と呼ばれるタイプのモザイクイコン。 キリスト教(キリストきょう、基督教、Χριστιανισμός、Religio Christiana、Christianity)は、ナザレのイエスをキリスト(救い主)として信じる宗教「キリスト教」『宗教学辞典』東京大学出版会、1973年、146頁。「キリスト教」『大辞泉』増補・新装版、小学館、1998年11月20日、第一版、714頁。 小学館、コトバンク。。イエス・キリストが、神の国の福音を説き、罪ある人間を救済するために自ら十字架にかけられ、復活したものと信じる。その多く(正教会正教会からの出典:・東方諸教会東方諸教会からの出典:・カトリック教会カトリック教会からの出典:・聖公会聖公会からの出典:・プロテスタントルーテル教会からの出典:改革派教会からの出典:バプテストからの出典:メソジストからの参照:フスト・ゴンサレス 著、鈴木浩 訳『キリスト教神学基本用語集』p103 - p105, 教文館 (2010/11)、ISBN 9784764240353など)は「父なる神」「御父」(おんちち、『ヨハネによる福音書』3:35〈『新共同訳聖書』〉)。と「その子キリスト」「御子」(みこ、『ヨハネによる福音書』3:35〈『新共同訳聖書』〉)・「子なる神」。と「聖霊」を唯一の神(三位一体・至聖三者)として信仰する。 世界における信者数は20億人を超えており、すべての宗教の中で最も多い。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)とキリスト教 · 続きを見る »

グムンデン

ムンデン(Gmunden)は、オーストリア・オーバーエスターライヒ州のグムンデン郡に属する基礎自治体 (ゲマインデ) 。健康リゾート、夏のリゾートとして利用されていて、さまざまな種類の山羊、梨、野菜や、松ぼっくり風呂、湯治施設、吸引室、ホエイ治療などを有している。ザルツカンマーグート地域の重要な塩工業の中心地でもある。また、窯業が盛んで毎年8月最終週の3日間には陶器市が開催され 、後述のグムンデン陶器で知られるように「陶器の町」とも評される。。--> 街はトラウン湖の北端に接していて、トラウン川が流れ込んでいる。南東にはトラウンシュタイン山が控える。世界最短といわれる全長2.3kmの路面電車が住宅街の路地を縫うように走っている。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)とグムンデン · 続きを見る »

グムンデン郡

ムンデン郡(Bezirk Gmunden)は、オーストリアのオーバーエスターライヒ州にある郡(Bezirk''; 行政管区とも訳される)。郡庁所在地はグムンデン。 オーバーエスターライヒ州の南部に位置し、トラウン地方(Traunviertel''; トラウンフィアテル)に含まれる。北西でフェクラブルック郡と、北でヴェルス=ラント郡と、北東でキルヒドルフ・アン・デア・クレムス郡と、南東でシュタイアーマルク州のリーツェン郡と、南でザルツブルク州のザンクト・ヨーハン・イム・ポンガウ郡およびハライン郡と、南西で同じくザルツブルク州のザルツブルク=ウムゲーブング郡と接する。 グムンデン郡には以下の20の市町村(Gemeinde; ゲマインデ)がある。そのうちバート・イシュルとグムンデンおよびラーキルヒェンが市(Stadt)に、7つが町(Marktgemeinde; 市場町)に指定されている。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)とグムンデン郡 · 続きを見る »

ゲオルク5世 (ハノーファー王)

ルク5世とマリー王妃・家族 ゲオルク5世(Georg V. ゲオルク・フリードリヒ・アレクサンダー・カール・エルンスト・アウグスト(Georg Friedrich Alexander Karl Ernst August),1819年5月27日 - 1878年6月12日)は、最後のハノーファー王(在位:1851年 - 1866年)。イギリス王ジョージ3世(ハノーファー王ゲオルク3世)の孫であり、イギリス王族としてカンバーランド公の爵位も継承している。英語名はジョージ(George)。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)とゲオルク5世 (ハノーファー王) · 続きを見る »

ザクセン=ヒルトブルクハウゼン

ン=ヒルトブルクハウゼン()は1680年から1826年まで存在した、ヴェッティン家エルネスティン系が統治した公国。領土は現ドイツのテューリンゲン州の一部(現とほぼ同じ)にあたる。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)とザクセン=ヒルトブルクハウゼン · 続きを見る »

普墺戦争

普墺戦争(ふおうせんそう、Deutscher Krieg)は、1866年に起こったプロイセン王国とオーストリア帝国との戦争。当初は、オーストリアを盟主とするドイツ連邦が脱退したプロイセンに宣戦するという形で開始されたが、その後ドイツ連邦内にもプロイセン側につく領邦が相次ぎ、連邦を二分しての統一主導権争いとなった。ケーニヒグレーツの戦いでプロイセン軍がオーストリア軍に完勝し、戦争は急速に終結した。7週間戦争やプロイセン=オーストリア戦争とも呼ばれる。この戦争によって、ドイツ統一はオーストリアを除外してプロイセン中心に進められることになった。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)と普墺戦争 · 続きを見る »

1818年

記載なし。

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)と1818年 · 続きを見る »

1907年

記載なし。

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)と1907年 · 続きを見る »

1月9日

1月9日(いちがつここのか)は、グレゴリオ暦で年始から9日目に当たり、年末まであと356日(閏年では357日)ある。誕生花はパンジー。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)と1月9日 · 続きを見る »

4月14日

4月14日(しがつじゅうよっか、しがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から104日目(閏年では105日目)にあたり、年末まではあと261日ある。誕生花はドウダンツツジ、ハルジオン。.

新しい!!: マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)と4月14日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »