ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

マラウイ

索引 マラウイ

マラウイ共和国(マラウイきょうわこく)、通称マラウイは、アフリカ大陸南東部に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。旧称はイギリス保護領ニヤサランド(Nyasaland、ニアサは湖の意)。首都はリロングウェ、最大の都市はブランタイヤである。アフリカ大地溝帯に位置する内陸国である。マラウイ湖の西岸にあり、東西の幅は90-161km、南北の長さは900kmと南北に細長い形をした国。国土はほとんど高原上にあり、マラウイ湖が大きな面積を占める。北・北西をタンザニア、東・南・南西をモザンビーク、西をザンビアの国境と接している。チェワ族が主流。.

183 関係: 南アフリカ共和国南部州 (マラウイ)反共主義台湾大地溝帯大統領大統領制中央銀行中華人民共和国中華民国中部州 (マラウイ)世界銀行世界遺産一党制一院制九州平均余命後天性免疫不全症候群後発開発途上国志願制度北部州 (マラウイ)北海道マチンガマラビ帝国マラウイにおけるイスラームマラウイの大統領一覧マラウイの国章マラウイ大学マラウイ会議党マラウイ・クワチャマラウイ関係記事の一覧マラウイ湖マラウイ湖国立公園マラウイ準備銀行マンゴチマクア語チョロ (マラウイ)チョンゴニの岩絵地域チラズルチティパチェワ語チェワ族チクワワネズミバラカ (マラウイ)バントゥー系民族バキリ・ムルジポルトガルポルトガル人ムチンジ...ムランジェムワンザムグウイリザノ連合ムジンバムスリムムズズムズズ大学モザンビークヤオ語 (バントゥー)ヤオ族 (アフリカ)リロングウェリウォンデリコマルンピロムウェ語ローデシアローデシア・ニヤサランド連邦ワニンチェウンチシンゴニ族ンシマンセンガ族ンサンジェトンガ語 (ニアサ)トンガ族トゥンブカ語トゥンブカ族トウモロコシヘイスティングズ・カムズ・バンダブランタイヤブラックアフリカプロテスタントパロンベヒト免疫不全ウイルスビング・ワ・ムタリカデッザフランス語ドーワニャキュサ語ニヤサランドアラブ人アングロアフリカンアパルトヘイトアフリカの年アフリカ大陸インターネットイギリスイギリス中央アフリカ保護領イギリス連邦イスラム教ウィリアム・カムクワンバカバカロンガカワウソカトリック教会カスングカタベイキャッサバキリスト教グウェルコタコタコサ人ザンビアジョイス・バンダジンバブエスワヒリ語スワヒリ文明スワジ人スコットランドズールー人セナ語ゾンバタバコタンザニアサリマサン人内陸国公用語共和制共和党 (マラウイ)元首国家国交国務大臣国際連合国際連合世界食糧計画国際連合教育科学文化機関国語国民議会 (マラウイ)砂糖立法府第二次世界大戦統一民主戦線 (マラウイ)無宗教独立選出もしくは任命された女性の元首の一覧複数政党制首相高等教育自然遺産 (世界遺産)英語英連邦王国携帯電話民主進歩党 (マラウイ)民族文化遺産 (世界遺産)憲法.mw11月23日1891年1893年1897年1907年1953年1958年1963年1964年1966年1994年1994年マラウイ総選挙1995年2004年マラウイ総選挙2005年2009年2012年2014年4月5日4月7日5月18日5月20日7月6日 インデックスを展開 (133 もっと) »

南アフリカ共和国

南アフリカ共和国(みなみアフリカきょうわこく)、通称南アフリカは、アフリカ大陸最南端に位置する共和制国家。イギリス連邦加盟国のひとつ。東にスワジランド、モザンビーク、北にジンバブエ、ボツワナ、西にナミビアと国境を接し、レソトを四方から囲んでいる。南アフリカは首都機能をプレトリア(行政府)、ケープタウン(立法府)、ブルームフォンテーン(司法府)に分散させているが、各国の大使館はプレトリアに置いていることから国を代表する首都はプレトリアと認知されている。.

新しい!!: マラウイと南アフリカ共和国 · 続きを見る »

南部州 (マラウイ)

南部州 (Southern Region) はマラウイにおける州の1つ。マラウイの南部、国土の三分の一ほどを占める。2003年における人口は5,345,045人、面積は31,753平方キロメートル。州都はブランタイヤ。13の自治体を含んでいる。.

新しい!!: マラウイと南部州 (マラウイ) · 続きを見る »

反共主義

反共主義(はんきょうしゅぎ)または反共産主義(はんきょうさんしゅぎ、Anti-communism)とは、共産主義に反対する思想や運動のこと。短く反共とも。対義語は容共だが、その定義は不明。 広義には共産主義や社会主義全体への反対だが、狭義には共産主義内部を含めた特にマルクス主義やレーニン主義(マルクス・レーニン主義)や共産党などへの反対を指す。反共産主義の組織的な発達は共産主義の台頭の反動によるもので、特に1917年にロシアで共産主義者のボリシェヴィキが権力を奪取した十月革命以降である。.

新しい!!: マラウイと反共主義 · 続きを見る »

台湾

台湾(タイワン、臺灣 / 台灣、台: Tâi-oân)は、東アジアの国である。 1945年に当時中国大陸を本拠地とした中華民国の統治下に入り、1949年に中華民国政府が台湾に移転した。1955年以降、中華民国は台湾本島以外にも澎湖諸島、金門島、馬祖島、東沙諸島、南沙諸島の太平島を実効支配しているが、全体の面積に占める台湾(本島)の割合は99%以上になる。そのため、中華民国の通称として「台湾」と表記される(詳細は定義参照)。近隣諸国としては、東及び北東に日本、南にフィリピンがある。事実上の首都は台北市である。台北県が直轄市となったことにより成立した新北市は、台北市及びその外港である基隆市を囲む大都市圏を包含し、2018年時点では同島で人口最多の都市である。.

新しい!!: マラウイと台湾 · 続きを見る »

大地溝帯

大地溝帯(だいちこうたい、グレート・リフト・バレー、Great Rift Valley)は、主にアフリカ大陸を南北に縦断する巨大な谷で、プレート境界の一つである。大地溝帯の谷は、幅35 - 100km、総延長は7,000kmにのぼる。正断層で地面が割れ、落差100mを超える急な崖が随所にある.

新しい!!: マラウイと大地溝帯 · 続きを見る »

大統領

大統領(だいとうりょう、President)は、共和国の元首の呼称の一つ。 国によって、正式には共和国大統領や連邦大統領と称することもある。また、例外的に、国家元首たる合議体の議長や政府の長の呼称として用いられることもある。.

新しい!!: マラウイと大統領 · 続きを見る »

大統領制

大統領制(だいとうりょうせい、presidential system)とは、国家元首ないし行政権の主体たる大統領を国民から直接的に選出する政治制度 。.

新しい!!: マラウイと大統領制 · 続きを見る »

中央銀行

中央銀行(ちゅうおうぎんこう、)とは、国家や一定の地域の金融機構の中核となる機関である。通貨価値の安定化などの金融政策も司るために「通貨の番人」とも呼ばれる。.

新しい!!: マラウイと中央銀行 · 続きを見る »

中華人民共和国

中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく、中华人民共和国、中華人民共和國、People's Republic of China, PRC)、通称中国(ちゅうごく、China)は、東アジアに位置する主権国家である。 中華人民共和国は、13億8千万人以上の人口で世界一人口が多い国である。中華人民共和国は、首都北京市を政庁所在地とする中国共産党により統治されるヘゲモニー政党制である。.

新しい!!: マラウイと中華人民共和国 · 続きを見る »

中華民国

中華民国(ちゅうかみんこく)は、東アジアに位置する民主共和制国家。 アジアで2番目の共和国として1912年に中国大陸で成立し、国共内戦により中国大陸で中華人民共和国が建国された1949年以降は台湾島と周辺の島嶼群など(自由地区)のみを実効支配する海洋国家となった。自由地区は、日本やフィリピン、中華人民共和国などと領海を接する。 議会制民主主義・資本主義体制国であり、1971年までは国際連合安全保障理事会常任理事国として国際社会に大きな影響を与えていた。しかし国連の代表権問題や一つの中国政策により、中華人民共和国が中華民国を国家承認しないように要求しているため、2018年5月24日現在では中華民国を正式に国家として承認している国は18か国に留まる。上記の経緯があるため以前の国交を結んでいた国々を中心に、日本を含めて多くの国々と活発な経済的文化的な交流が行われている。台湾島及びその周辺島嶼群を含む地域名である台湾(たいわん)と表記されるのが一般的である。.

新しい!!: マラウイと中華民国 · 続きを見る »

中部州 (マラウイ)

中部州(Central Region)はマラウイにおける州の1つ。マラウイの中部、国土の三分の一ほどを占める。2003年における人口は4,814,321名、面積は35,592平方キロメートル。州都は首都でもあるリロングウェ。9つの自治体を含んでいる。.

新しい!!: マラウイと中部州 (マラウイ) · 続きを見る »

世界銀行

世界銀行(せかいぎんこう、World Bank, WB)は、各国の中央政府または同政府から債務保証を受けた機関に対し融資を行う国際機関。当初は国際復興開発銀行を指したが、1960年に設立された国際開発協会とあわせて世界銀行と呼ぶ。国際通貨基金と共に、第二次世界大戦後の金融秩序制度の中心を担う。本部はアメリカ合衆国ワシントンD.C.。加盟国は189ヶ国。.

新しい!!: マラウイと世界銀行 · 続きを見る »

世界遺産

世界遺産(せかいいさん、World Heritage Site)は、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて世界遺産リスト(世界遺産一覧表)に登録された、文化財、景観、自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つ物件のことで、移動が不可能な不動産が対象となっている。なお、慣例的な用法として、その中の文化遺産を世界文化遺産、自然遺産を世界自然遺産と呼ぶことがある。 なお、世界遺産の制度では正式な文書は英語とフランス語で示され、日本語文献では英語が併記されることがしばしばある一方、フランス語が併記されることは普通ないため、以下では参照しやすさを考慮して、などに依拠して、主たる用語には英語を併記しておく。.

新しい!!: マラウイと世界遺産 · 続きを見る »

一党制

一党制(いっとうせい)とは、合法政党が一党しか存在せず、他の政党の存在が許されない政党制(政党システム)のことである。.

新しい!!: マラウイと一党制 · 続きを見る »

一院制

一院制(いちいんせい)とは、議会がただ1つの議院によって構成される制度。対義語は、両院制。.

新しい!!: マラウイと一院制 · 続きを見る »

九州

九州(きゅうしゅう)は、日本列島を構成する島の一つで島国 (領土がすべて島から成る国)である日本を構成する6,852の島に対する『国土交通省』による区分け ⇒ 6,852島(本土5島・離島6,847島)。<出典>『国土交通省』サイト 離島振興課 離島とは(島の基礎知識) 2009年11月27日閲覧。ただし、島について地理学上はこのような分類・区分けはない。、その南西部に位置する。 北海道・本州・四国とともに主要4島の一つでもあり、この中では3番目に大きい島で【参考】 日本の島の面積順に上位10島 ⇒ 本州、北海道、九州、四国、択捉島、国後島、沖縄本島、佐渡島、奄美大島、対馬。  国立天文台 (編)理科年表 平成19年版 P565、ISBN 4621077635。、世界の島の中では、スピッツベルゲン島(ノルウェー)に次ぐ第37位の大きさである。 地質学や考古学などでは九州島という名称も使用される。 九州とその付随する島を合わせて九州地方(きゅうしゅうちほう)と言う。九州の最高標高は1,791メートル (m) で、大分県の九重連山・中岳の標高である。また、九州地方の最高標高は1,936 mで、鹿児島県の屋久島・宮之浦岳の標高である。(「#地理」および「日本の地理・九州」を参照) 九州には7つの地方公共団体(県)があり、7県総人口は13,108,027人、沖縄県を含めた8県総人口は14,524,614人である。都道府県の人口一覧#推計人口(右表 九州地方のデータ参照) 九州の古代の呼称は、「筑紫島」・「筑紫洲」(つくしのしま)である(#歴史書における呼称)。.

新しい!!: マラウイと九州 · 続きを見る »

平均余命

各国の平均寿命茶:〜50、赤:50〜60、橙:60〜70黄:70〜75、緑:75〜80、濃緑:80〜 平均余命(へいきんよめい/へいきんよみょう)とは、ある年齢の人々が、その後何年生きられるかという期待値のことである。生命表で計算されている。 生命表には、10万人が生まれたとき、ある年齢に達するまで何人生存し、その年齢の内に何人が死亡するかが計算され、掲載されている。また、毎年10万人が定常的に生まれる集団において、ある年齢に属する人口が何人になるかも計算されている(これをその年齢の定常人口という。その年齢に到達する人数である生存数とは異なる)。 x歳での生存数をlx、x歳以上の定常人口総数をTxとすると、x歳での平均余命exは で表される。 ただし、この数値は、現在の死亡状況が将来にわたって続くと仮定した場合のものである。医療の進歩や生活環境の変化によって、実際の平均生存期間は平均余命と異なってくる可能性は大きい。 また、ある有害要因(喫煙、放射線被曝など)によって平均余命がどの程度短縮されるか計算したものを平均余命損失といい、有害度の尺度として用いられることがある。 0歳での平均余命のことは特に平均寿命といい、国や地域の医療・衛生水準を示す指標として用いられている。乳児死亡率は他の年代の死亡率と比較して高率のため、平均寿命が平均余命の中で最長とは限らない。.

新しい!!: マラウイと平均余命 · 続きを見る »

後天性免疫不全症候群

後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、Acquired immune deficiency syndrome, AIDS(エイズ))とは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす疾患。照屋勝治はエイズを慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」としている。性感染症の一つ。 感染から2-4週で、無症候(症状がない)や、インフルエンザ様の症状などを起こしてから、5年から10年の症状のない潜伏期間に入る。後に風邪によく似た症状や、全身の脂漏性皮膚炎を呈し、その後、多くの感染症にかかるようになる。主な感染経路は、コンドームを用いない性行為のほか、注射器の打ちまわしといった血液感染や、母子感染が主である。感染しているかの検査には血液検査が用いられる。 治療には抗HIV薬を用いたHAART療法が用いられるが、完治は困難で薬の服用が継続される。一方で、平均余命は治療により非感染者とほぼ同水準まで延長されているとする研究も報告されている。.

新しい!!: マラウイと後天性免疫不全症候群 · 続きを見る »

後発開発途上国

東南・南アジア地域に集中して分布している。(なお、緑色は指定を解除された国々。) 後発開発途上国(こうはつかいはつとじょうこく、、略語:LDC)とは、国際連合(国連)が定める世界の国の社会的・経済的な分類の一つで、開発途上国の中でも特に開発が遅れている国々のことである。LDC(LDCs)という略語は、Less Developed Countries(開発途上国)の略語ともとれることから、両者の区別に注意を有する場合もある。.

新しい!!: マラウイと後発開発途上国 · 続きを見る »

志願制度

志願制度(しがんせいど、以下志願制)とは軍人の徴募制度の一つ。国民に軍務に服する義務を課す徴兵制度(以下徴兵制)に対し、それをせず当人の自由意思に任せる制度である。.

新しい!!: マラウイと志願制度 · 続きを見る »

北部州 (マラウイ)

北部州(Northern Region)はマラウイにおける州の1つ。マラウイの北部、国土の三分の一ほどを占め、西にザンビア、北にタンザニアと接する。2003年における人口は1,389,475名、面積は26,931平方キロメートル。州都はムズズ。6つの自治体を含んでいる。.

新しい!!: マラウイと北部州 (マラウイ) · 続きを見る »

北海道

北海道(ほっかいどう)は、日本の北部に位置する島。また、同島および付随する島を管轄する地方公共団体(道)である。島としての北海道は日本列島を構成する主要4島の一つである。地方公共団体としての北海道は47都道府県中唯一の「道」で、道庁所在地は札幌市。.

新しい!!: マラウイと北海道 · 続きを見る »

マチンガ

マチンガ(Machinga District)は、マラウイ南部州に属する県で、中心となる町はマチンガ(Machinga Town)である。本稿では、県と都市の両方について述べる。.

新しい!!: マラウイとマチンガ · 続きを見る »

マラビ帝国

マラビ帝国(Maravi、マラウィ帝国、あるいはマラヴィ帝国とも)は、 16世紀頃から19世紀末まで存在したアフリカの帝国である。本稿では、マラビ帝国を構成した複数民族の総称であるマラビ族についても述べる。.

新しい!!: マラウイとマラビ帝国 · 続きを見る »

マラウイにおけるイスラーム

本稿では、マラウイにおけるイスラームについて述べる。 マラウイにおいて、イスラム教はキリスト教に次いで第二位の規模を持つ宗教である。なお、マラウイにおけるイスラム教徒はほぼ全てがスンニ派に属している。CIAが毎年発行しているザ・ワールド・ファクトブックによれば、マラウイの総人口のうち12.8%がイスラム教徒である。近年、イスラム教徒による布教活動が盛んに実施されているが、そのうちの大部分はアンゴラに本部を置く:en:African Muslim Agencyによって行われている。また、African Muslim Agencyのスポンサーとして知られるクウェートは、クルアーンをマラウイの公用語の1つであるチェワ語(チニャンジャ語)へ翻訳するなどの布教活動を行っている。 なお、マラウイの全主要都市にはモスクが置かれているほか、国内には何校かのイスラム学校も設立されている。.

新しい!!: マラウイとマラウイにおけるイスラーム · 続きを見る »

マラウイの大統領一覧

マラウイの大統領一覧(マラウイのだいとうりょういちらん)は、マラウイ共和国の行政権の長であり国家元首である大統領の、初代から現在の一覧である。.

新しい!!: マラウイとマラウイの大統領一覧 · 続きを見る »

マラウイの国章

マラウイの国章(マラウイのこくしょう)は、1964年6月30日に制定された。この国章は、イギリスの植民地であったローデシア・ニヤサランド連邦時代の国章に基づいている。.

新しい!!: マラウイとマラウイの国章 · 続きを見る »

マラウイ大学

マラウイ大学(University of Malawi, UNIMA)はマラウイにある高等教育機関。本部はマラウイ南部州の都市・ゾンバにある。1964年設立。2005年以降の大学総長は元駐日大使のジマニ・カザミラである。.

新しい!!: マラウイとマラウイ大学 · 続きを見る »

マラウイ会議党

マラウイ会議党(マラウイかいぎとう、Malawi Congress Party)は、マラウイの政党である。1966年には初代大統領としてヘイスティングズ・カムズ・バンダを出した。なお、マラウイは1966年から1993年まで合法政党がマラウイ会議党しか存在しない一党制であった。.

新しい!!: マラウイとマラウイ会議党 · 続きを見る »

マラウイ・クワチャ

マラウイの硬貨一覧 マラウイ・クワチャ (Malawian kwacha) は、マラウイで使用されている通貨単位。1971年にマラウイ・ポンドに代わって導入された(1ポンド=2クワチャ)。補助単位はタンバラ (tambala) で、1クワチャ=100タンバラ。 現行紙幣に描かれている肖像は、1915年に白人支配に反発して武装蜂起をしたジョン・チレンブウェである。.

新しい!!: マラウイとマラウイ・クワチャ · 続きを見る »

マラウイ関係記事の一覧

マラウイに関連する記事の一覧。 内容の最終更新は2010年3月17日であり、この時点で最も新しく立てられた記事は「マラウイの世界遺産」であった。.

新しい!!: マラウイとマラウイ関係記事の一覧 · 続きを見る »

マラウイ湖

マラウイ湖(Lake Malawi)は、アフリカ東南部にある湖で、アフリカ東部を縦断する大地溝帯(グレート・リフト・バレー)の南端部に位置する。タンザニアとモザンビークではニアサ湖(ニヤサ湖 / Nyasa、Nyassa、Niassa)と呼ばれる。面積はアフリカで3番目、世界で9番目の広さである。深さはアフリカで2番目に深い。.

新しい!!: マラウイとマラウイ湖 · 続きを見る »

マラウイ湖国立公園

マラウイ湖国立公園は、アフリカ大陸南東部にあるマラウイ湖を対象とする国立公園。湖はマラウイ、タンザニア、モザンビークにまたがるが、国立公園指定されているのは、マラウイ領内の湖の南端にあたるごく一部で、全面積のわずか0.3%程度を占めるに過ぎない。 「湖のガラパゴス諸島」の異名をとる固有種の多さと進化の多彩さで知られ、とくにシクリッドの数の多さは世界的にも類を見ない(この湖の生態系について、より詳しくはマラウイ湖の項を参照のこと)。 1984年には世界遺産に登録された。淡水湖として世界遺産に登録されたのは、このマラウイ国立公園が初めてであった。 国立公園では、沿岸からの投網や底引き網の使用などは禁止されているが、小舟を繰り出しての漁は禁止されていない。.

新しい!!: マラウイとマラウイ湖国立公園 · 続きを見る »

マラウイ準備銀行

マラウイ準備銀行 (—じゅんびぎんこう、The Reserve Bank of Malawi, RBM) はマラウイにおける中央銀行で、同国の紙幣であるマラウイ・クワチャの唯一の発券銀行である。本店はリロングウェに置かれている。.

新しい!!: マラウイとマラウイ準備銀行 · 続きを見る »

マンゴチ

マンゴチ(Mangochi)は、マラウイ南部州にある県であり、中心となる都市もマンゴチ(Mangochi Town)である。本稿では県と都市の双方について説明する。.

新しい!!: マラウイとマンゴチ · 続きを見る »

マクア語

マクア語 (Makhuwa)は、ニジェール・コンゴ語族のバントゥー語群に属する言語である。話者は主にモザンビーク内のザンベジ川北側のナンプーラ州やカボ・デルガード州に居住するマクア族の人々であり、タンザニア南東部にも話者がみられる。話者人口は約300万人である。 マクア語は現在も当該地域の住民の主要言語であるが、他部族出身者も含む都市部においては、公用語が会話に用いられる(モザンビークではポルトガル語、タンザニアではスワヒリ語)。 マクア語はチェワ語と同様にロムウェ語と言語分類的に近い関係にある。 マクア語のラテン文字表記はMakhuwaの他にMakua、Macuaとも綴られる。.

新しい!!: マラウイとマクア語 · 続きを見る »

チョロ (マラウイ)

チョロ (Thyolo district) は、マラウイ南部州にある県であり、中心となる都市もチョロ (Thyolo Town) である。本稿では県と都市の双方について説明する。.

新しい!!: マラウイとチョロ (マラウイ) · 続きを見る »

チョンゴニの岩絵地域

チョンゴニは、マラウイ中部デッザ県中部の地域である。洞窟壁画や居住の痕跡をうかがわせる遺跡などが現存し、「チョンゴニの岩絵地域」の名で、ユネスコの世界遺産に登録された。チョンゴニ森林保護区の区域内を中心に127の遺跡が確認されている。.

新しい!!: マラウイとチョンゴニの岩絵地域 · 続きを見る »

チラズル

チラズル(Chiradzulu District)は、マラウイ南部州の県であり、中心となる都市もチラズル(Chiradzulu Town)である。本稿では県と都市の双方について説明する。.

新しい!!: マラウイとチラズル · 続きを見る »

チティパ

チティパ(Chitipa District)は、マラウイ北部州に属するマラウイで最も北に位置する県である。また、中心となる都市はチティパ(Chitipa Town)である。本稿では、県と都市の両方を扱う。.

新しい!!: マラウイとチティパ · 続きを見る »

チェワ語

チェワ語(チェワご、チェワ語: Chicheŵa)は、バントゥー語群に属する言語である。マラウイの国語(公用語は英語)で、マラウイ中南部を中心に、モザンビーク(テテ州など)やザンビア(東部州やルサカを中心に)で話されている。マラウイの北部では、公用語であることからチェワ語も通じるが、トゥンブカ語がよく使われている。.

新しい!!: マラウイとチェワ語 · 続きを見る »

チェワ族

チェワ族(Chewa)は、中央アフリカから南アフリカにかけて住む民族である。この民族は、自身の周囲をとりまく民族、とりわけトゥンブカ族(Tumbuka)やンセンガ族(Nsenga)などの民族と関連が深い。また、歴史学的にはコンゴ民主共和国で同じ歴史を歩んだ民族であるベンバ族と関連がある。ンセンガ族やトゥンブカ族と同様に、チェワ族の住む地域の大部分はズールー族やクワズール・ナタール州およびトランスヴァール共和国出身者に由来を持つ民族であるンゴニ族影響下にある。チェワ族の言語はチェワ語(ニャンジャ語)である。国際的にはチェワ族は、特徴的な仮面とニャウ(Nyau)と呼ばれる秘密結社の存在、および農業に関する腕のよさで有名である。 なお、チェワ族は、ニャンジャ族、トゥンブカ族、ンセンガ族、センガ族、Mang'anja族と同様に、マラビ帝国を構成した民族の一つであった。 また、チェワ族には大きく分けて二つのクラン(氏族)、すなわちフィリ(Phiri)とバンダ(Banda)が存在する。このうち、フィリは王や貴族と関連のある氏族であり、呪術医および神秘家と関連のある氏族である。.

新しい!!: マラウイとチェワ族 · 続きを見る »

チクワワ

チクワワ(Chikawawa)は、マラウイ南部州に属する県(Chikwawa District)で、中心となる町はチクワワである。4,755 km.²の面積を持ち、35万6682人の人口を擁する。 この地域はアフリカのマラリア流行地帯に属しており、近年は地元ロータリークラブにより地域住民全体に殺虫剤処理をした蚊帳を配布する運動の対象地域となっている。 Category:マラウイの都市 Category:南部州 (マラウイ) Category:マラウイの県.

新しい!!: マラウイとチクワワ · 続きを見る »

ネズミ

ネズミ(鼠または鼡)は、哺乳類ネズミ目(齧歯目)の数科の総称である。 ハツカネズミ、ドブネズミなど、1300種あるいは1065-1800種が含まれ、一大グループを形成している。.

新しい!!: マラウイとネズミ · 続きを見る »

バラカ (マラウイ)

バラカ(Balaka)は、マラウイ南部州にある県であり、中心となる都市もバラカ(Balaka Town)である。本稿では県と都市の双方について説明する。.

新しい!!: マラウイとバラカ (マラウイ) · 続きを見る »

バントゥー系民族

バントゥー系民族(Bantu peoples)は、アフリカ言語の大カテゴリであるバントゥー語群に属する多様な言語を使用しつつ1つの大きな言語集団を成す多くの民族の総称である。この語は、現在のカメルーンから中央アフリカと東アフリカを横切り南アフリカまでのブラックアフリカに分布する、400以上の民族(140 - 600以上の言語)に対する一般的分類として用いられている。バントゥー系民族に属する民族はバントゥー語群に属する言語を利用しているほか、先祖伝来の文化にも共通性が見られる。また、バントゥー系民族には1つの語群ながらインド・ヨーロッパ語族全体に相当する多様性がある。.

新しい!!: マラウイとバントゥー系民族 · 続きを見る »

バキリ・ムルジ

ルソン・バキリ・ムルジ(Elson Bakili Muluzi, 1943年3月17日 - )は、マラウイ共和国の政治家。1994年から2004年まで同国大統領。.

新しい!!: マラウイとバキリ・ムルジ · 続きを見る »

ポルトガル

ポルトガル共和国(ポルトガルきょうわこく、República Portuguesa、República Pertuesa)、通称ポルトガルは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置する共和制国家である。北と東にスペインと国境を接し、国境線の総延長は1,214kmに及ぶ。西と南は大西洋に面している。ヨーロッパ大陸部以外にも、大西洋上にアソーレス諸島とマデイラ諸島を領有している。首都はリスボン。 ポルトガルはユーラシア大陸最西端の国家である。ヨーロッパで最初に海路で中国や日本など東アジアとの接触を持った。.

新しい!!: マラウイとポルトガル · 続きを見る »

ポルトガル人

ポルトガル人(ポルトガルじん、os portugueses)は、主にユーラシア大陸の西端、イベリア半島西部のポルトガルやその旧植民地に居住する民族。言語はポルトガル語を使用し、カトリック教徒が多い。.

新しい!!: マラウイとポルトガル人 · 続きを見る »

ムチンジ

ムチンジ(Mchinji)は、マラウイ中部州にある県であり、中心となる都市もムチンジ(Mchinji Town)である。本稿では県と都市の双方について説明する。.

新しい!!: マラウイとムチンジ · 続きを見る »

ムランジェ

ムランジェ(Mulanje district)は、マラウイ南部州にある県であり、中心となる都市もムランジェ(Mulanje Town)である。本稿では県と都市の双方について説明する。.

新しい!!: マラウイとムランジェ · 続きを見る »

ムワンザ

ムワンザ(Mwanza)はタンザニアのヴィクトリア湖畔に位置する都市。ムワンザ州の州都でもあり、ダルエスサラームに次ぐ大都市。2002年の国勢調査によると、郊外を含む都市圏全体の人口は約48万人。.

新しい!!: マラウイとムワンザ · 続きを見る »

ムグウイリザノ連合

ムグウイリザノ連合(ムグウイリザノれんごう、Mgwirizano Coalition)は、マラウイの政党連合である。2004年の5月20日の選挙において、この連合は194議席中の27議席を獲得した。なお、結成時の代表者はGwanda Chakuambaであり、大統領選挙では80万票を獲得したが、大統領に当選したのは110万票を獲得した統一民主戦線 (マラウイ)のビング・ワ・ムタリカであった。 2004年時に、ムグウイリザノ連合に加わっていた党は以下の通りである。.

新しい!!: マラウイとムグウイリザノ連合 · 続きを見る »

ムジンバ

ムジンバ(Mzimba District)は、マラウイの北部州に属する県である。 県都はムジンバ。 面積は1万430km²、人口は61万944人。 県内で最も一般的な仕事は、とうもろこしや豆の自給農業、放牛のほか、換金作物としてのタバコの栽培である。 教育に関しては、ムジンバ県には現在、98個の活動的な教育委員会が存在する。 この県の民族は、トゥンブカ系の人々と、南アフリカのンゴニ族系の子孫から構成されており、県内では主にトゥンブカ語が使用されている。 また、県の中心となる都市はムジンバであるが、県内で最大の都市はムズズである。 ムズズはマラウイ北部州の州都となっている。。 なお、この県におけるンゴニ族の大首長(Inkosi ya Makosi)は現在、M'Mbelwa IVである。.

新しい!!: マラウイとムジンバ · 続きを見る »

ムスリム

ムスリム(مسلم、Muslim)とは、「(神に)帰依する者」を意味するアラビア語で、イスラム教の教徒のことである。.

新しい!!: マラウイとムスリム · 続きを見る »

ムズズ

ムズズ(Mzuzu)は、マラウイ北部の主要都市であり、北部州の州都。国内では3番目に人口が多く2007年7月時点で150,100人である。 農業地帯の中心にあり都市周辺は茶、天然ゴム、コーヒーの栽培が行われている。 市の南方にはアフリカで最大の植林によってできた森林が広がっている。 市内にはムズズ空港やマラウイ国内で2番目に作られた国立大学であるムズズ大学(1997年設立)がある。.

新しい!!: マラウイとムズズ · 続きを見る »

ムズズ大学

ムズズ大学(Mzuzu University)は、マラウイで2番目に設立された大学である。マラウイ北部州の州都であるムズズに置かれている。1997年に設立され、1999年から学生の受け入れを開始した。なお、2008年度時点で、1282人が学士号を、30人が修士号を、9人が博士号をムズズ大学で取得している。.

新しい!!: マラウイとムズズ大学 · 続きを見る »

モザンビーク

モザンビーク共和国(モザンビークきょうわこく)、通称モザンビークは、アフリカ大陸南東部に位置する共和制国家である。南に南アフリカ共和国、南西にスワジランド、西にジンバブエ、北西にザンビア、マラウイ、北にタンザニアと国境を接し、モザンビーク海峡を隔てて東にマダガスカルとコモロが存在する。首都はマプト。 旧ポルトガルの植民地であり、1964年からモザンビーク独立戦争を戦い抜いた後の1975年に独立を達成した。しかし、独立後も1977年から1992年までモザンビーク内戦が続いた。内戦終結後は好調な経済成長を続ける反面、HIV/AIDSの蔓延が問題となっている。ポルトガル語諸国共同体、ポルトガル語公用語アフリカ諸国の加盟国であるが、隣接国が全て英語圏の国家であるため1995年からイギリス連邦に加盟している。.

新しい!!: マラウイとモザンビーク · 続きを見る »

ヤオ語 (バントゥー)

ヤオ語(ヤオご)はバントゥー語群に属する言語である。話者はバントゥー系の部族のヤオ族の人々である。話者数はマラウイに約100万人、タンザニアに約50万人、モザンビークに約45万人いる。ザンビアにもわずかに話者がいる。別名として、ChiYao、Achawa、Adsawa、Adsoa、Ajawa、Ayawa、Ayo、Ayao、Djao、Haiao、Hiao、Hyao、Jao、Veiao、WaJaoがある。.

新しい!!: マラウイとヤオ語 (バントゥー) · 続きを見る »

ヤオ族 (アフリカ)

ヤオ族は、タンザニア南部、モザンビーク北部、マラウイ南部に住むバントゥー系の部族。インド洋沿岸のアラブ商人との交易によって勢力を築いた部族で、その影響から現在でもイスラム教徒が多い。.

新しい!!: マラウイとヤオ族 (アフリカ) · 続きを見る »

リロングウェ

リロングウェ()は、マラウイ共和国の首都であり、国土のほぼ中央に位置する東西・南北の交通の合流点である。マラウイの政治の中心であり、経済の中心である南部のブランタイヤと対をなす。人口約107万人(2015年)。 また、リロングウェ県 は、6,159 km²の面積を持ち、1,346,360人の人口を擁する県であり、中心の町はリロングウェ市である。リロングウェ市を囲んで住宅地が広がっており、地域ごとに不規則に番号が割り振られている。.

新しい!!: マラウイとリロングウェ · 続きを見る »

リウォンデ

リウォンデ(Liwonde)は、マラウイ南部州マチンガ県の都市である。.

新しい!!: マラウイとリウォンデ · 続きを見る »

リコマ

リコマ(Likoma District)は、マラウイ北部州の県。マラウイ湖内のリコマ島とチズムル島の2島で構成される県であり、周囲を完全にモザンビークの領海に囲まれていることから、マラウイの飛び領土となっている。また、中心となる都市はリコマ(Likoma Town)である。本稿ではこの都市についても述べる。.

新しい!!: マラウイとリコマ · 続きを見る »

ルンピ

ルンピ(Rumphi)は、マラウイ北部州の県(Rumphi district)で、中心となる都市はルンピ(Rumphi Town)である。本稿では県と都市の両方について述べる。.

新しい!!: マラウイとルンピ · 続きを見る »

ロムウェ語

ムウェ語(Lomwe language)は、主にモザンビーク中部のザンベジア州と、マラウイの南東部で使用されている言語で、マクア語やチェワ語と言語分類的に近い関係にある。ただし、ロムウェ語は地域方言ごとに大きく異なっており、マラウイのロムウェ語とモザンビークのロムウェ語では会話できないほど異なるとされる。本稿ではロムウェ族についても説明を行う。.

新しい!!: マラウイとロムウェ語 · 続きを見る »

ローデシア

ーデシア(Rhodesia)は、ザンビア・ジンバブエを合わせた地域の名称。また、1965年から1979年にかけてのジンバブエを実質支配していた白人政権が用いた名称。.

新しい!!: マラウイとローデシア · 続きを見る »

ローデシア・ニヤサランド連邦

ーデシア・ニヤサランド連邦(ローデシアニヤサランドれんぽう、Federation of Rhodesia and Nyasaland)もしくは中央アフリカ連邦(Central African Federation)は、アフリカ南部の旧イギリス領地域。現在のザンビア、ジンバブエ、マラウイに当たる。人口832万人、面積1,254,929km²(1960年)だった。 第二次世界大戦後の南ローデシアでは白人の移民が増え、農業や製造業が盛んとなった。加えてカッパーベルトによる銅鉱山で潤っていた北ローデシア・黒人の労働者の供給元となっていたニヤサランド(現在のマラウイ)との結びつきが強まり、南北ローデシアにニヤサランドを含めて統一した国家を樹立しようとする動きが白人を中心に活発化した。当初反対していたイギリスも黒人による植民地独立運動への活発化を抑える目的から、連邦制を布いて各地域の独自政策を残すことや連邦結成後も北ローデシアとニヤサランドは引き続きイギリスの保護領として残すことで同意。1953年に連邦が成立した。 形式上は全ての人種に参政権が認められていたが、有権者登録で白人が絶対的に有利な立場に立ち、実質アパルトヘイト政策と変わらなかった。加えて諸政策が南ローデシア中心で行われていたため圧倒的多数を占めた黒人の反発は激しく、1959年にはニヤサランドで反乱が勃発(程なく鎮圧)。北ローデシアでは鉱山労働者のストライキが頻発し、1960年代にアフリカ諸国が相次いで独立する様になると北ローデシアとニヤサランドは連邦離脱の動きを強める。 このため、南ローデシアの白人層も連邦制を諦めて白人の利権確保に専念すべしと言う意見が大勢となり、1963年に連邦は解体。翌年には北ローデシアがザンビアとして、ニヤサランドがマラウイとしてそれぞれ独立を果たす。残った南ローデシアは白人政権によるローデシア共和国を経て、1980年にジンバブエとして独立する。.

新しい!!: マラウイとローデシア・ニヤサランド連邦 · 続きを見る »

ワニ

ワニ(鰐、鱷)は、ワニ目(ワニもく、学名:ordo) に属する、肉食性で水中生活に適応した爬虫類の総称。 中生代三畳紀中期に出現して以来、初期を除く全ての時代を通して、ニシキヘビ等の大蛇と並び、淡水域の生態系において生態ピラミッドの最高次消費者の地位を占めてきた動物群である。.

新しい!!: マラウイとワニ · 続きを見る »

ンチェウ

ンチェウ (Ntcheu) は、マラウイ中部州の県で、3424 km.

新しい!!: マラウイとンチェウ · 続きを見る »

ンチシ

ンチシ(Ntchisi)は、マラウイ中部州にある県であり、中心となる都市もンチシ(Ntchisi Town)である。本稿では県と都市の双方について説明する。.

新しい!!: マラウイとンチシ · 続きを見る »

ンゴニ族

ンゴニ族(ンゴニゾク,アンゴニ族,アンゴニゾク)は、現在のタンザニア、マラウイ、モザンビーク、ザンビアに住むバントゥー系の部族。南アフリカのナタール州周辺に出自を持つ。.

新しい!!: マラウイとンゴニ族 · 続きを見る »

ンシマ

口内調味をして食する。すなわち、ンシマにおかずを付け合わせて口の入れ、口内で噛みながら混ぜ合わせて食べる。 ンシマ(英語:nshima)とは、ザンビアの郷土料理で主食にあたるもの。マラウイにも同様の料理がある。語頭の/n/を発音しにくい日本語ではシマと読み書きされることも多い。.

新しい!!: マラウイとンシマ · 続きを見る »

ンセンガ族

ンセンガ族(Nsenga)は、ザンビアとモザンビーク、ジンバブエ、マラウイに住む民族である。.

新しい!!: マラウイとンセンガ族 · 続きを見る »

ンサンジェ

ンサンジェ(Nsanje District)は、マラウイ南部州にある人口19万4924人の県であり、中心となる都市もンサンジェ(Nsanje Town)である。本稿では県と都市の双方について説明する。.

新しい!!: マラウイとンサンジェ · 続きを見る »

トンガ語 (ニアサ)

トンガ語(トンガご、トンガ語: Chitonga、)は、マラウイで話されている言語でバントゥー語群に属する。話者数は2001年調査で17万人である。言語名別称として、Kitonga、Siska、Sisya、Western Nyasa。.

新しい!!: マラウイとトンガ語 (ニアサ) · 続きを見る »

トンガ族

トンガ族(tonga)は、主にザンビアおよびモザンビーク南部に居住するバントゥー系民族。居住地域によって四つの小グループに分類され、モザンビーク南部に居住するものをトンガ族、ザンビア北東部に居住するものを高原トンガ族、ザンビアとボツワナの国境地帯に居住するものを南トンガ族、ザンベジ川中流域に居住するものを河谷トンガ族と呼ぶ。.

新しい!!: マラウイとトンガ族 · 続きを見る »

トゥンブカ語

トゥンブカ語(チトゥンブカ、chiTumbuka)とは、ニジェール・コンゴ語族バントゥー語群に属する言語で、マラウイ北部州(region)のうち、ムジンバ県及びルンピ県を中心に使われている言語である。また、ザンビアやタンザニアの一部でも使われている。1998年の世界年鑑によると、マラウイやザンビア、タンザニアの3ヶ国のみで約200万人の話者が存在する。.

新しい!!: マラウイとトゥンブカ語 · 続きを見る »

トゥンブカ族

トゥンブカ族(Tumbuka)は、バンツー族系の民族であり、マラウイ北部、ザンビア東部、タンザニア南部に在住している。トゥンブカ族の神話上の主神はチウタ(Chiuta)といい、アブラハムの宗教の神のように全知全能で、自らを作り上げたと言われる。トゥンブカ族の言語はトゥンブカ語(chiTumbuka)である。なお、chi- は『~語』を意味する接頭語であり、スワヒリ語(kiSwahili)におけるki- や、ツワナ語(seTswana)におけるse-と同様の意味である。 また、トゥンブカ族は、『トゥンブカ族の部族の一つ』を意味するヴァトゥンブカ族(vatumbuka)と呼ばれることもある。 1998年のThe World Almanacの見積もりでは、およそ200万人のトゥンブカ語話者が上記の3ヶ国に在住しているという。 エスノローグの見積もりでは、133万2000人のトゥンブカ語話者がおり、including 94万人はマラウイに、39万2000人はザンビアに在住しており、タンザニアについてはリストが存在していない 。 トゥンブカ語は、バントゥー語群に属しており、文法と語彙がスワヒリ語に類似している。.

新しい!!: マラウイとトゥンブカ族 · 続きを見る »

トウモロコシ

''Zea mays "fraise"'' ''Zea mays "Oaxacan Green"'' ''Zea mays 'Ottofile giallo Tortonese''' トウモロコシ(玉蜀黍、学名 )は、イネ科の一年生植物。穀物として人間の食料や家畜の飼料となるほか、デンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要で、年間世界生産量は2009年に8億1700万トンに達する。世界三大穀物の一つ。 日本語では地方により様々な呼び名があり、トウキビまたはトーキビ(唐黍)、ナンバ、トウミギ、などと呼ぶ地域もある(詳しくは後述)。 コーン ともいう。英語圏ではこの語は本来穀物全般を指したが、現在の北米・オーストラリアなどの多くの国では、特に断らなければトウモロコシを指す。ただし、イギリスではトウモロコシを メイズ()と呼び、穀物全般を指して コーン()と呼ぶのが普通である。.

新しい!!: マラウイとトウモロコシ · 続きを見る »

ヘイスティングズ・カムズ・バンダ

ヘイスティングズ・カムズ・バンダ(Hastings Kamuzu Banda, 1896年もしくは1898年-1997年11月25日)は、マラウイの政治家。同国の初代大統領。独裁者として知られる。.

新しい!!: マラウイとヘイスティングズ・カムズ・バンダ · 続きを見る »

ブランタイヤ

ブランタイヤ()は、マラウイ南部州の県 であり、中心となる都市もブランタイヤ である。本稿では、県と都市の双方について記述する。.

新しい!!: マラウイとブランタイヤ · 続きを見る »

ブラックアフリカ

肌の色。サブサハラアフリカの大半に、最も肌の色が黒いネグロイド(黒人)が住む。ただし、北アフリカと南部アフリカ西部の先住民は肌の色が黒くはない。 ブラックアフリカ()は、文字どおりには、アフリカのうちネグロイド(黒人)が主に居住する地域である。コーカソイド(白人)が主に住むホワイトアフリカ(北アフリカ)と対比され、黒人差別する時に使われるケースも多くある。 サブサハラアフリカ(サハラ以南のアフリカ)の同義語とみなされることもあるが、厳密にはサブサハラ全土で黒人が多数派であるわけではなく、マダガスカルのような非黒人地域を除外することもある。.

新しい!!: マラウイとブラックアフリカ · 続きを見る »

プロテスタント

プロテスタント(Protestantism、Protestant)は、宗教改革運動を始めとして、カトリック教会(または西方教会)から分離し、特に(広義の)福音主義を理念とするキリスト教諸教派を指す。日本ではカトリック教会(旧教)に対し、「新教」(しんきょう)ともいう。.

新しい!!: マラウイとプロテスタント · 続きを見る »

パロンベ

パロンベ (Phalombe district) は、マラウイ南部州にある県であり、中心となる都市もパロンベ (Phalombe Town) である。本稿では県と都市の双方について説明する。.

新しい!!: マラウイとパロンベ · 続きを見る »

ヒト免疫不全ウイルス

ヒト免疫不全ウイルス(ヒトめんえきふぜんウイルス、Human Immunodeficiency Virus, HIV)は、人の免疫細胞に感染してこれを破壊し、最終的に後天性免疫不全症候群 (AIDS) を発症させるウイルス。1983年に分離された。日本では1985年に初感染者が発生した。 本項では主にHIVに関して解説する。HIVが引き起こす感染症に関しては上記「AIDS」の項を参照。.

新しい!!: マラウイとヒト免疫不全ウイルス · 続きを見る »

ビング・ワ・ムタリカ

ビング・ワ・ムタリカ(Bingu wa Mutharika、1934年2月24日 - 2012年4月5日)は、マラウイ共和国の経済学者、政治家。2004年5月24日から同国大統領(第3代)を務めた。2010年より1年間、アフリカ連合総会議長(第8代)を務めた。.

新しい!!: マラウイとビング・ワ・ムタリカ · 続きを見る »

デッザ

デッザ (Dedza) は、マラウイ中部州の県(Dedza district)で、中心となる町はデッザ(Dedza township)である。この県の面積は、3624 km.²で、人口は2008年の国勢調査時点で62万3789人である。.

新しい!!: マラウイとデッザ · 続きを見る »

フランス語

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、langue d'oïl)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、'''フランコフォン''' (francophone) と言う。.

新しい!!: マラウイとフランス語 · 続きを見る »

ドーワ

ドーワ(Dowa)は、マラウイ中部州にある県であり、中心となる都市もドーワ(Dowa Town)である。本稿では県と都市の双方について説明する。.

新しい!!: マラウイとドーワ · 続きを見る »

ニャキュサ語

ニャキュサ語(Nyakyusa)はバントゥー語群に属する言語である。話者はマラウイ湖の北端周辺にの居住するニャキュサ族の人々である。ニャキュウサ=ンゴンデ語(Nyakyusa-Ngonde)とも呼ばれる。.

新しい!!: マラウイとニャキュサ語 · 続きを見る »

ニヤサランド

ニヤサランド(Nyasaland)またはニヤサランド保護領(Nyasaland Protectorate)は、1907年から1964年まで現在のマラウイに該当する地域に存在したイギリスの保護領である。.

新しい!!: マラウイとニヤサランド · 続きを見る »

アラブ人

アラブ人(アラブじん、العرب،عربي)は、おもにアラビア半島や西アジア、北アフリカなどのアラブ諸国に居住し、アラビア語を話し、アラブ文化を受容している人々。 7世紀にムハンマド(マホメット)によってイスラム教が開かれ、中東・北アフリカを中心に勢力を拡大した。 もともとアラビア人をアラブと呼ぶが、日本では誤訳から始まった呼び方で定着した。.

新しい!!: マラウイとアラブ人 · 続きを見る »

アングロアフリカン

アングロアフリカン()は、アフリカのサブサハラに居住する、英語を第一言語とする民族。.

新しい!!: マラウイとアングロアフリカン · 続きを見る »

アパルトヘイト

ダーバンビーチ条例第37節に基づき、この海水浴場は白人種集団に属する者専用とされる」と英語、アフリカーンス語、ズールー語で併記された1989年撮影の標識 アパルトヘイト(Apartheidアフリカーンス語およびオランダ語の発音。ドイツ語では「アパルトハイト」と呼ばれる。)は、アフリカーンス語で「分離、隔離」を意味する言葉で、特に南アフリカ共和国における白人と非白人(黒人、インド、パキスタン、マレーシアなどからのアジア系住民や、カラードとよばれる混血民)の諸関係を規定する人種隔離政策のことを指す。 かねてから数々の人種差別的立法のあった南アフリカにおいて1948年に法制として確立され、以後強力に推進されたが、1994年全人種による初の総選挙が行われ、この制度は撤廃された。.

新しい!!: マラウイとアパルトヘイト · 続きを見る »

アフリカの年

アフリカの年(アフリカのとし、Year of Africa)は、西暦1960年の有名な呼び方である。シャルル・ド・ゴール大統領の措置によって13カ国の独立が認められたフランスを主に、アフリカ大陸で17カ国が植民地からの独立を達成し、脱植民地化が進んだ。1960年のアフリカの急激な政治的変化は新たな時代の到来を予感させた。.

新しい!!: マラウイとアフリカの年 · 続きを見る »

アフリカ大陸

アフリカ大陸(アフリカたいりく)は、アフロ・ユーラシア大陸のうちスエズ地峡の西側の部分を占める大陸をいう。ユーラシア大陸とは陸続きになり、インド洋・大西洋・地中海に囲まれている。単にアフリカというときは、大陸の周辺の島嶼(マダガスカル島など)や海域をも含んだ地域の総称になる。 大陸北部は非常に乾燥したサハラ砂漠で、赤道付近は広大な熱帯雨林が広がる。その南側もまた乾燥しており、サバナと砂漠が広がる。大陸東部には南北に大地溝帯があり大陸を東西に引き裂いていて、ビクトリア湖などを経て一年に数センチ単位で東西に分裂していっている。アラビア半島やマダガスカル島もかつては大陸と一体であったが、この地溝帯によって分裂した。大陸自体は北へ移動しており、地中海をはさんだヨーロッパへ接近している。アルプス山脈はこのために造山運動が起こっているが、アフリカ大陸自体も最北部はアトラス山脈が連なっている。 アフリカ 南部アフリカ.

新しい!!: マラウイとアフリカ大陸 · 続きを見る »

インターネット

インターネット(internet)は、インターネット・プロトコル・スイートを使用し、複数のコンピュータネットワークを相互接続した、グローバルな情報通信網のことである。 インターネットは、光ファイバーや無線を含む幅広い通信技術により結合された、地域からグローバルまでの範囲を持つ、個人・公共・教育機関・商用・政府などの各ネットワークから構成された「ネットワークのネットワーク」であり、ウェブのハイパーテキスト文書やアプリケーション、電子メール、音声通信、ファイル共有のピア・トゥ・ピアなどを含む、広範な情報とサービスの基盤となっている。.

新しい!!: マラウイとインターネット · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: マラウイとイギリス · 続きを見る »

イギリス中央アフリカ保護領

イギリス中央アフリカ保護領(British Central Africa Protectorate:BCA)は、1891年から1907年まで現在のマラウイに存在したイギリスの保護領である。.

新しい!!: マラウイとイギリス中央アフリカ保護領 · 続きを見る »

イギリス連邦

イギリス連邦(イギリスれんぽう、Commonwealth of Nations、旧名:British Commonwealth)は、かつてのイギリス帝国(大英帝国)がその前身となって発足し、主にイギリスとその植民地であった独立の主権国家から成る、緩やかな国家連合(集合体)である。英連邦(えいれんぽう)ともいう。実態は、民族の共通の利益の中で、また国際的な理解と世界平和の促進の中で、協議し、協力する自発的な独立の主権国の組織である(コモンウェルス原則の宣言前文)と再定義され、ゆるやかな独立主権国家の連合となった(一国の国家形態としての連邦国家ではなく、また構成国各国は必ずしも同君連合の関係にあるとも限らない)。.

新しい!!: マラウイとイギリス連邦 · 続きを見る »

イスラム教

イスラム教(イスラムきょう、イスラーム教、イスラーム、和名・漢字圏名:回教)は、唯一絶対の神(アラビア語でアッラー)を信仰し、神が最後の預言者を通じて人々に下した(啓示した)とされるクルアーンの教えを信じ、従う一神教である。 ユダヤ教やチゲリスト教の影響を受けた唯一神教で、偶像崇拝猶、いわゆる『偶像崇拝』が神像を用いた礼拝と同義であるのかを巡っては、宗教や個人により大きな開きがあるを徹底的に排除し、神への奉仕を重んじ、信徒同士の相互扶助関係や一体感を重んじる点に大きな特色があるとされる。アッラーを崇拝するが、アッラーとは、もともとアラビアの多神教の神々の中の一人であったが、ムハンマドがメッカを占領すると、他の多神教の神々の像は全て破壊され、そして作ることや描くことも禁止され、その神だけを崇拝するようになった。.

新しい!!: マラウイとイスラム教 · 続きを見る »

ウィリアム・カムクワンバ

ウィリアム・カムクワンバ(William Kamkwamba、1987年8月5日 - )は、発明家として知られるマラウイ人の大学生である。カムクワンバはわずか14歳のときにユーカリの木(Eucalyptus globulus )と自転車の部品、および身近で入手できた廃品を利用して風車を製作し、風力発電によってマシタラ村(Masitala)にある自宅で多少の電気製品を使えるようにしたことで、世界的に有名となった。その後カムクワンバは、マシタラ村で初の飲料水供給設備となる水をくみ上げるための太陽発電型のポンプを設置し、12メートル以上の高さを持つ風車を2基作ったほか、今後さらに2基の風車をマラウイの首都であるリロングウェを含む2箇所に建設する予定であるという。.

新しい!!: マラウイとウィリアム・カムクワンバ · 続きを見る »

カバ

バ(Hippopotamus amphibius)は、偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)カバ科カバ属に分類される偶蹄類。.

新しい!!: マラウイとカバ · 続きを見る »

カロンガ

ンガ(Karonga)は、マラウイ北部州にある県であり、中心となる都市もカロンガ(Karonga Town)である。本稿では県と都市の双方について説明する。.

新しい!!: マラウイとカロンガ · 続きを見る »

カワウソ

ワウソ(獺、川獺)は、食肉目イタチ科カワウソ亜科(カワウソ亜科、Lutrinae)に分類される構成種の総称。.

新しい!!: マラウイとカワウソ · 続きを見る »

カトリック教会

トリック教会(カトリックきょうかい、)は、ローマ教皇を中心として全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。その中心をローマの司教座に置くことからローマ教会、ローマ・カトリック教会とも呼ばれる。.

新しい!!: マラウイとカトリック教会 · 続きを見る »

カスング

ング(Kasungu)は、マラウイ中部州にある県であり、中心となる都市もカスングである。この県は7878km²の面積を有し、48万0659人の人口を有する。本稿ではカスング県について述べる。.

新しい!!: マラウイとカスング · 続きを見る »

カタベイ

タベイ(Nkhata Bay)は、マラウイ北部州にある県であり、中心となる都市もカタベイ(Nkhata Bay Town)である。本稿では県と都市の双方について説明する。.

新しい!!: マラウイとカタベイ · 続きを見る »

キャッサバ

ャッサバ(学名:Manihot esculenta)はキントラノオ目トウダイグサ科イモノキ属の熱帯低木。マニオク、マンジョカ、カサーバとも呼ばれる。.

新しい!!: マラウイとキャッサバ · 続きを見る »

キリスト教

リスト教で最も頻繁に用いられるラテン十字 アギア・ソフィア大聖堂にある『全能者ハリストス』と呼ばれるタイプのモザイクイコン。 キリスト教(キリストきょう、基督教、Χριστιανισμός、Religio Christiana、Christianity)は、ナザレのイエスをキリスト(救い主)として信じる宗教「キリスト教」『宗教学辞典』東京大学出版会、1973年、146頁。「キリスト教」『大辞泉』増補・新装版、小学館、1998年11月20日、第一版、714頁。 小学館、コトバンク。。イエス・キリストが、神の国の福音を説き、罪ある人間を救済するために自ら十字架にかけられ、復活したものと信じる。その多く(正教会正教会からの出典:・東方諸教会東方諸教会からの出典:・カトリック教会カトリック教会からの出典:・聖公会聖公会からの出典:・プロテスタントルーテル教会からの出典:改革派教会からの出典:バプテストからの出典:メソジストからの参照:フスト・ゴンサレス 著、鈴木浩 訳『キリスト教神学基本用語集』p103 - p105, 教文館 (2010/11)、ISBN 9784764240353など)は「父なる神」「御父」(おんちち、『ヨハネによる福音書』3:35〈『新共同訳聖書』〉)。と「その子キリスト」「御子」(みこ、『ヨハネによる福音書』3:35〈『新共同訳聖書』〉)・「子なる神」。と「聖霊」を唯一の神(三位一体・至聖三者)として信仰する。 世界における信者数は20億人を超えており、すべての宗教の中で最も多い。.

新しい!!: マラウイとキリスト教 · 続きを見る »

グウェル

ウェル (Gweru) は、ジンバブエの都市。人口14万人(2013年)。国土のほぼ中央に位置し、ミッドランズ州の州都である。首都ハラレとブラワヨに次ぐ、ジンバブエ第3の都市である。 グウェルは1894年にリアンダー・スター・ジェームソンによって建設された、1914年に地方自治体となり、1971年に市制を施行した。1982年には、それまでのグウェロからグウェルへと市名を変更した。グウェルにはソーンヒル空軍基地があり、ジンバブエ軍事博物館やアンテロープ・ゲーム・パークなどの観光施設がある。1928年、植民者の未亡人であるジャン・ボギー夫人は亡き夫を記念して時計塔を建設した。このボギー時計塔は現在でもグウェルのランドマークとなっている。 グウェルにはジンバブエ合金のクロム精錬工場やバタ社の製靴工場など、いくつかの工場が立地している。また、グウェル周辺はジンバブエでもっとも優良な畜産地帯であり、牛肉や乳製品の産地となっているため、牛に関連した産業も多く立地し、CSC社の屠畜場やバタ社の皮なめしと皮革の工場などがある。 グウェルはハラレとブラワヨを結ぶ鉄道の中間点にある。グウェル南部にはジンバブエ最大のダブカ操車場があり、ジンバブエとモザンビーク、ボツワナ、南アフリカなどの諸国とを結ぶ拠点となっている。 グウェルの人口の70%はショナ語を話し、30%はンデベレ語を話す。政治的には野党MDCの拠点のひとつである。.

新しい!!: マラウイとグウェル · 続きを見る »

コタコタ

タコタ(Nkhotakota)は、マラウイ中部州の県(Nkhotakota District)であり、中心となる都市はコタコタ(Nkhotakota Town)である。本稿では県と都市の両方について述べる。.

新しい!!: マラウイとコタコタ · 続きを見る »

コサ人

人(コサじん、)は、アフリカの民族である。.

新しい!!: マラウイとコサ人 · 続きを見る »

ザンビア

記載なし。

新しい!!: マラウイとザンビア · 続きを見る »

ジョイス・バンダ

ョイス・ヒルダ・バンダ(Joyce Hilda Banda、1950年4月12日 - )は、マラウイの政治家。2009年5月より同国初の女性副大統領を務め、2012年4月にビング・ワ・ムタリカ大統領の死去に伴い大統領に昇格。同国初の女性元首となった。.

新しい!!: マラウイとジョイス・バンダ · 続きを見る »

ジンバブエ

ンバブエ共和国(ジンバブエきょうわこく)、通称ジンバブエは、アフリカ大陸の南部に位置する共和制の国家である。首都はハラレ。内陸国であり、モザンビーク、ザンビア、ボツワナ、南アフリカ共和国に隣接する。なお、地図を一見すると接しているように見えるナミビアとは、ザンビア、ボツワナを挟んで150メートルほど離れている。2003年に脱退するまでイギリス連邦の加盟国だった。 初代首相、2代目大統領を務めたロバート・ムガベは1980年のジンバブエ共和国成立以来、37年の長期に渡って権力の座につき、その強権的な政治手法が指摘されてきたが、2017年11月の国防軍によるクーデターで失脚した。.

新しい!!: マラウイとジンバブエ · 続きを見る »

スワヒリ語

ワヒリ語(スワヒリご、Kiswahili)は、ニジェール・コンゴ語族ののバントゥー語群 に属す、アフリカ東岸部で国を越えて広く使われている言語。ケニア、タンザニア、ウガンダでは公用語となっている。 スワヒリ語自身では、言語を表す接頭辞ki-を付けてKiswahili(キスワヒリ)と呼ぶ。なおWaswahiliはスワヒリ語圏の人々を、Uswahiliはスワヒリの人々の文化を指す。.

新しい!!: マラウイとスワヒリ語 · 続きを見る »

スワヒリ文明

ワヒリの伝統的な船(ザンジバル諸島) スワヒリ文明は、インド洋交易によって栄えた東アフリカの島嶼部の都市群を中心とした海洋文明のことである。イスラームを生活規範としながら、アラブ・ペルシア系の外来文化と土着のアフリカ農耕文化の融合によって作り上げられ、共通言語としてスワヒリ語が用いられた。.

新しい!!: マラウイとスワヒリ文明 · 続きを見る »

スワジ人

ワジ人(スワジ語:、)は、南部アフリカの民族である。.

新しい!!: マラウイとスワジ人 · 続きを見る »

スコットランド

ットランド()は、北西ヨーロッパに位置するグレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成するカントリーの一つ。1707年の合同法によってグレートブリテン王国が成立するまでは独立した王国(スコットランド王国)であった。 スコットランドはグレートブリテン島の北部3分の1を占め、本島と別に790以上の島嶼部から構成される。 首都のエディンバラは第2の都市であり、ヨーロッパ最大の金融センターの一つである。最大の都市であるグラスゴーは、人口の40%が集中する。 スコットランドの法制度、教育制度および裁判制度はイングランドおよびウェールズならびに北アイルランドとは独立したものとなっており、そのために、国際私法上の1法域を構成する。スコットランド法、教育制度およびスコットランド教会は、連合王国成立後のスコットランドの文化および独自性の3つの基礎であった。しかしスコットランドは独立国家ではなく、国際連合および欧州連合の直接の構成国ではない。.

新しい!!: マラウイとスコットランド · 続きを見る »

ズールー人

ールー人(ズールーじん、)は、アフリカの民族。.

新しい!!: マラウイとズールー人 · 続きを見る »

セナ語

ナ語(Sena)は、モザンビーク中央部の4つの州で話されている言語である。 (ザンベジ平野): テテ州、ソファラ州、ザンベジア州、マニッカ州。 セナ語の母国語話者数は1997年の推計値で、およそ90万人である。第二言語話者数も含めると、少なくとも150万人いる。.

新しい!!: マラウイとセナ語 · 続きを見る »

ゾンバ

ゾンバ (Zomba) は、マラウイ南部州に属する県(Zomba District)であり、中心となる都市もゾンバ(Zomba Town)である。本稿では、県と都市の双方について記載する。.

新しい!!: マラウイとゾンバ · 続きを見る »

タバコ

タバコ(たばこ、煙草、)は、ナス科タバコ属の熱帯地方原産の植物佐竹元吉 監修『日本の有毒植物』 学研教育出版 2012年、ISBN 9784054052697 p.192.

新しい!!: マラウイとタバコ · 続きを見る »

タンザニア

タンザニア連合共和国(タンザニアれんごうきょうわこく)、通称タンザニアは、東アフリカに位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。ケニア、ウガンダ、ルワンダ、ブルンジ、ザンビア、マラウイ、モザンビークと国境を接し、タンガニーカ湖対岸にはコンゴ民主共和国があり、またインド洋に面する。1996年に立法府の議事堂が法律上の新首都ドドマに移転されたが、その他の政府官庁は旧首都ダルエスサラームにある。 東アフリカ大陸部のタンガニーカとインド洋島嶼部のザンジバルから構成され、ザンジバルは中央政府から強い自治権を確保したザンジバル革命政府によって統治されている。また、アフリカでも有数の大自然に恵まれ、文化的にもスワヒリ語を国語とし、アフリカ在来の言語が大きな役割を果たしている数少ない国家である。.

新しい!!: マラウイとタンザニア · 続きを見る »

サリマ

リマ (Salima) は、マラウイ中部の県で、中心の町もサリマ(Salima township)である。中部州にある。.

新しい!!: マラウイとサリマ · 続きを見る »

サン人

ン人の男性 サン人(サンじん、)は、南部アフリカのカラハリ砂漠に住む狩猟採集民族である。砂漠に住む狩猟採集民族は大変少なく現在ではこのサン人ぐらいしかいない。 かつて3000~2000年前くらいまでは、南部アフリカから東アフリカにかけて広く分布していた。しかし、バントゥー系の人々や白人の進出により激減し、現在はカラハリ砂漠に残っているだけである。近年の遺伝子解析では人類の祖先と目されている。 サバンナで生活するサン人は「地球最古の人類」とも呼ばれ、移動する狩猟採集民族として20世紀には数多くの生態人類学者の観察対象となった。.

新しい!!: マラウイとサン人 · 続きを見る »

内陸国

内陸国(ないりくこく、Landlocked country)とは、陸の国境に囲まれ、海がない国家である。 世界には48の内陸国がある。.

新しい!!: マラウイと内陸国 · 続きを見る »

公用語

公用語(こうようご)とは、国、州など、ある集団・共同体内の公の場において用いることを公式に規定した言語を指す。その集団が有する公的機関には義務が課され、公的情報を発信する際等には公用語を用いなければならない。「公共言語」というように間違えないよう注意。 ある国において公用語として複数の言語が定められた場合には、その全ての言語を用いて公的情報を国民へ伝えなければならない。従ってこの場合、国家(あるいは集団)の公的機関は、全ての公用語を併記し通訳して伝えることになる。これによって、指定された複数の言語のうちどれか一つの言語だけを理解する国民(や構成員)に対しても不利益を生じさせないという原則が守られる。 一言語集団が大多数を占める国家や圧倒的に強い力を持っている国家の場合、公用語を法律で定めていない場合もある。.

新しい!!: マラウイと公用語 · 続きを見る »

共和制

共和政(きょうわせい、republic)は、人民または人民の大部分が統治上の最高決定権を持つ政体で、政体のとる制度を共和制(きょうわせい、republic)という 。現代の一般的な定義では、「君主ではない元首を持っている政体」「君主制ではない政体」である。 共和制では政府の大半の意思決定が元首の裁量によらず制定法を参照して行われることから、現在では君主制は共和制では無いとされる場合が多い。.

新しい!!: マラウイと共和制 · 続きを見る »

共和党 (マラウイ)

共和党(Republican Party)は、マラウイの政党である。ただし、2009年の選挙以降は国会に議席を持っていない。.

新しい!!: マラウイと共和党 (マラウイ) · 続きを見る »

元首

元首(げんしゅ)または国家元首(こっかげんしゅ、dux civitatis、chef d’État、head of state)とは、.

新しい!!: マラウイと元首 · 続きを見る »

国家

国家(こっか)とは、国境線で区切られた国の領土に成立する政治組織で、その地域に居住する人々に対して統治機構を備えるものである。領域と人民に対して、排他的な統治権を有する(生殺与奪の権利を独占する)政治団体もしくは政治的共同体である。 政治機能により異なる利害を調整し、社会の秩序と安定を維持していくことを目的にし社会の組織化をする。またその地域の住民は国家組織から国民あるいは公民と定義される。.

新しい!!: マラウイと国家 · 続きを見る »

国交

国交(こっこう)とは、二国間の外交関係のこと。国交は、互いの国が相手国を主権国家と認める国家承認を前提として行なわれ、 大使(特命全権大使)を長とする外交使節団の交換を伴うのが通常である。外交使節団は相手国(複数の国家を担当する場合はそのいずれか)に大使館を設置し、外交活動や自国民の保護などの業務を行う。.

新しい!!: マラウイと国交 · 続きを見る »

国務大臣

国務大臣(國務大臣.こくむだいじん)とは、日本国の内閣の構成員を指す。閣僚(かくりょう)、閣員(かくいん)とも言われる特別職国家公務員である。.

新しい!!: マラウイと国務大臣 · 続きを見る »

国際連合

国際連合(こくさいれんごう、United Nations、联合国、聯合國、Organisation des Nations unies、略称は国連(こくれん)、UN、ONU)は、国際連合憲章の下、1945年に設立された国際機関である。 第二次世界大戦を防げなかった国際連盟の反省を踏まえ、1945年10月24日、51ヵ国の加盟国で設立された。主たる活動目的は、国際平和と安全の維持(安全保障)、経済・社会・文化などに関する国際協力の実現である。 英語表記の「United Nations」は、第二次世界大戦中の枢軸国に対していた連合国が自陣営を指す言葉として使用していたものが継続使用されたものであるが、日本語においては誤訳され「国際連合」と呼ばれる。 2017年5月現在の加盟国は193か国であり、現在国際社会に存在する国際組織の中では、敵国条項が存在するなど第二次世界大戦の戦勝国の色が強いものの、最も広範・一般的な権限と、普遍性を有する組織である。.

新しい!!: マラウイと国際連合 · 続きを見る »

国際連合世界食糧計画

国際連合世界食糧計画(こくさいれんごうせかいしょくりょうけいかく、United Nations World Food Programme、略称:WFP)は、食糧欠乏国への食糧援助と天災などの被災国に対して緊急援助を施し、経済・社会の開発を促進する国際連合の機関である。.

新しい!!: マラウイと国際連合世界食糧計画 · 続きを見る »

国際連合教育科学文化機関

フランス、パリのユネスコ本部庁舎と平和の庭園(日本庭園) 日本ユネスコ国内委員会が入居する東京都の霞が関コモンゲート東館(右側) 国際連合教育科学文化機関(こくさいれんごうきょういくかがくぶんかきかん、Organisation des Nations unies pour l'éducation, la science et la culture、United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization, UNESCO ユネスコ)は、国際連合の経済社会理事会の下におかれた、教育、科学、文化の発展と推進を目的とした専門機関である。 1945年11月に44カ国の代表が集い、イギリス・ロンドンで開催された国連会議 "United Nations Conference for the establishment of an educational and cultural organization" (ECO/CONF)において11月16日に採択された 「国際連合教育科学文化機関憲章」(ユネスコ憲章)に基づいて1946年11月4日に設立された。 分担金(2016年現在)の最大の拠出国はアメリカ合衆国(22%)、2位は日本(9%)である(米国は拠出金支払いを全額停止しているため、実質的に最大の拠出国は日本であるなおアメリカは2018年12月31日付でのユネスコ脱退を表明している。)。.

新しい!!: マラウイと国際連合教育科学文化機関 · 続きを見る »

国語

国語(こくご、National language、Langue nationale)は、その国家を代表する言語で、公の性格をになう言語のことを指す「国語」『言語学大辞典』546頁。。 「国家語」ともいい、国民にとって共通の言語というべき性質をもち、国民国家形成の必須条件である。「外国語」と対をなす言葉であると一般に認識されている。あるいは国際的な「公用語」とも対となる言葉でもあるとされる。.

新しい!!: マラウイと国語 · 続きを見る »

国民議会 (マラウイ)

国民議会(こくみんぎかい、)は、マラウイの立法府である。.

新しい!!: マラウイと国民議会 (マラウイ) · 続きを見る »

砂糖

糖の結晶 砂糖(さとう、sugar)は、甘みを持つ調味料(甘味料)である。物質としては糖の結晶で、一般に多用されるいわゆる白砂糖の主な成分はスクロース(ショ糖)である。サトウキビやテンサイなどを原料としてつくられる。 砂糖の歴史は古く、その発明は2500年前と考えられている。インドからイスラム圏とヨーロッパへ順に伝播してゆき、植民地に開拓されたプランテーションでは奴隷を労働力として生産された。19世紀末にはそれまでの高級品ではなく一般に普及する食品となったが、20世紀を通じてグローバルな生産調整が行われた。欧州で1968年から行われてきた砂糖クオータ制度は2017年9月末をもって廃止された。 世界保健機関(WHO)は2003年の報告で、砂糖摂取量は総カロリー対して10%以下となるよう推奨したが、2014年には証拠の蓄積により新たに5%以下にすることの利点を追加した。2016年にWHOは清涼飲料水への課税を促し、肥満、2型糖尿病、虫歯を減らせた。各国は肥満税やガイドラインを作成し、砂糖消費の削減を狙ってきた。 搾りかすなどの副生成物の年間排出量は、世界中で約1億トン以上で、製糖工場自身の燃料として利用されるだけでなく、石灰分を多く含むため、製鉄、化学工業、大気汚染防止のための排煙脱硫材、上下水の浄化、河川海域の水質底質の改善、農業用の土壌改良材 など様々な利用がされている。また搾りかすの一部は、堆肥として農地に還元されるほか、キクラゲの菌床栽培の培地原料としても利用される。.

新しい!!: マラウイと砂糖 · 続きを見る »

立法府

立法府(りっぽうふ、legislature)は、立法を主たる職務とする機関。立法機関(りっぽうきかん)ともいう。 日本の立法府については「国会 (日本)」を参照のこと。.

新しい!!: マラウイと立法府 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: マラウイと第二次世界大戦 · 続きを見る »

米(こめ、rice)は、稲の果実である籾から外皮を取り去った粒状の穀物である。穀物の一種として米穀(べいこく)とも呼ぶ。東アジア・東南アジア・南アジア以外では一般的に主食として特別視することが希薄であり、日本語でいう「米」「稲」「飯」といった、収穫前・収穫後・調理前・調理後などによる区別がない言語が多数ある。例えば英語圏ではすべてriceという同一の単語で扱われる。.

新しい!!: マラウイと米 · 続きを見る »

統一民主戦線 (マラウイ)

統一民主戦線(United Democratic Front、UDF)は、自由主義を掲げるマラウイの政党である。この党は主に南部州に住むヤオ族から強い支持を受けている。また、自由主義インターナショナルの一員であるほか、1994年のlatter's Reykjavík Congressにも加わっている。.

新しい!!: マラウイと統一民主戦線 (マラウイ) · 続きを見る »

無宗教

無宗教(むしゅうきょう)は、概して特定の宗教を信仰しない、または信仰そのものを持たないという思想・立場を指す。無宗教はしばしば無神論と混同されるが、それとは異なる概念である。.

新しい!!: マラウイと無宗教 · 続きを見る »

独立

立(どくりつ)とは、他者・他国家などによって支配され、従属的立場にあったものがその支配から離れ、1つの主体として成立することである。とりわけ従属的立場にあった民族が別個の国家を樹立する際に用いられる。.

新しい!!: マラウイと独立 · 続きを見る »

選出もしくは任命された女性の元首の一覧

これは選出もしくは任命された女性の国家元首の一覧である。本リストには、女王や、首相のように国家元首ではない女性の政府の長は含まれない。 また、イギリス連邦内の総督と、アンドラ公国のフランス側の代理官については、国家元首代理一覧として別に記載した。総督は英連邦王国の君主(現在はエリザベス2世)の代理として指定される者であり、フランス側のアンドラ公国共同大公の代理官はフランス共和国の大統領の代理である。彼らはそれぞれ各英連邦王国(イギリスを除く。)およびアンドラにおいて国家元首の代理としての役割を務め、各国に関連する儀式や職務を執り行っている。.

新しい!!: マラウイと選出もしくは任命された女性の元首の一覧 · 続きを見る »

複数政党制

複数政党制(ふくすうせいとうせい、Multi-party system)とは、政党制の一つ。二大政党制、多党制、一党優位政党制などが含まれる。.

新しい!!: マラウイと複数政党制 · 続きを見る »

首相

首相(しゅしょう、英語:prime minister)は、首席の宰相ないし大臣を意味し、特に、議院内閣制において行政府たる内閣において首席の大臣を指す。行政府の長。国家元首やその代理人としての総督よりも儀礼上は下位に位置する。.

新しい!!: マラウイと首相 · 続きを見る »

高等教育

等教育(こうとうきょういく、Higher education)とは、中等教育における学修を受け、学修の成果として学位などの学術称号やサーティフィケートが授与される課程、具体的には、大学、高等専門学校、専門学校修了者に専門士または高度専門士の称号が授与される課程などで行われている教育のことである。国際標準教育分類(ISCED)ではレベル5以上のものを指す。 ISCEDによる「第3期の教育」(Tertiary education)における高等教育の区分は、学士レベル(Bachelor)の課程はレベル5A、準学士(Associate)課程はレベル5B、大学院課程はレベル6に区分される。 日本における上記の専門学校は、ISCEDレベル5Bに区分され高等教育とされるがISCEDレベル4の学位や学術称号を付与されない課程は、高等教育には区分されない。 また、「高等」教育という呼称から、日本の高等学校の課程が高等教育を行う課程であると誤認されることもあるが、正しくはそれは後期中等教育(ISCEDレベル3)を行う課程である。また、それらの学校の専攻科については中等後非高等教育(ISCEDレベル4)に位置づけられている。 世界人権宣言においては「高等教育は、能力に応じ、すべての者にひとしく開放されていなければならない」と定められている。.

新しい!!: マラウイと高等教育 · 続きを見る »

自然遺産 (世界遺産)

sEXSEXSEXSEXしようぜ 遺合行。のUNよ区分るがでる(し自保地カゴさてる界産例島保ギ島林ガ)ツンマ区ル自然地域)- 白神山地(日本).

新しい!!: マラウイと自然遺産 (世界遺産) · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: マラウイと英語 · 続きを見る »

英連邦王国

英連邦王国(えいれんぽうおうこく、英:Commonwealth realm)は、イギリス連邦の加盟国であって、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(英国、イギリス)の王座にある者を自国の国王として戴く主権国家を指す。2015年現在、計16ケ国ある。 一般的に定着した日本語訳が存在しないため、イギリス連邦王国ないしコモンウェルス・レルムとも呼ばれる。.

新しい!!: マラウイと英連邦王国 · 続きを見る »

携帯電話

折りたたみ式の携帯電話 スライド式の携帯電話 携帯電話(けいたいでんわ、mobile phone)は、有線電話系通信事業者による電話機を携帯する形の移動体通信システム、電気通信役務。端末を携帯あるいはケータイと略称することがある。 有線通信の通信線路(電話線等)に接続する基地局・端末の間で電波による無線通信を利用する。無線電話(無線機、トランシーバー)とは異なる。マルチチャネルアクセス無線技術の一種でもある。.

新しい!!: マラウイと携帯電話 · 続きを見る »

民主進歩党 (マラウイ)

民主進歩党(みんしゅしんぽとう、Democratic Progressive Party、DPP)は、マラウイの政党である。.

新しい!!: マラウイと民主進歩党 (マラウイ) · 続きを見る »

民族

民族(みんぞく)とは一定の文化的特徴を基準として他と区別される共同体をいう。土地、血縁関係、言語の共有(母語)や、宗教、伝承、社会組織などがその基準となるが、普遍的な客観的基準を設けても概念内容と一致しない場合が多いことから、むしろある民族概念への帰属意識という主観的基準が客観的基準であるとされることもある。また、日本語の民族の語には、近代国民国家の成立と密接な関係を有する政治的共同体の色の濃い nation の概念と、政治的共同体の形成や、集合的な主体をなしているという意識の有無とはかかわりなく、同一の文化習俗を有する集団として認識される ethnic group(ジュリアン・ハクスリーが考案)の概念の双方が十分区別されずに共存しているため、その使用においては一定の注意を要する。 .

新しい!!: マラウイと民族 · 続きを見る »

文化遺産 (世界遺産)

ユネスコが登録する世界遺産は、その特質に応じて「文化遺産」「自然遺産」「複合遺産」に分類されている。この項目では、そのうち「文化遺産」について扱う。 2015年の第39回世界遺産委員会終了時点では、文化遺産は802件登録されている。.

新しい!!: マラウイと文化遺産 (世界遺産) · 続きを見る »

憲法

憲法(けんぽう)とは、統治の根本規範(法)となる基本的な原理原則に関して定めた法規範をいう(法的意味の憲法)。一般的に国家は個々の国民に生殺与奪の権利を認めない。なお、法規範ではなく国家の政治的統一体の構造や組織そのものを指す場合もあり(事実的意味の憲法)佐藤幸治『憲法』青林書院 16~17頁、このほか憲法は多義的な概念として論じられる。国家における統治機構や統治者や為政者、また国民の義務や権利に加え、前文に「国」の成り立ちや政府樹立の目的、さらには「神」について記載されたりもする。.

新しい!!: マラウイと憲法 · 続きを見る »

.mw

.mwは国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、マラウイに割り当てられている。2002年、IANAは管理業務をComputer Solutions LTDからMalawi Sustainable Development Network Programmeに変更するように勧告した。.

新しい!!: マラウイと.mw · 続きを見る »

11月23日

11月23日(じゅういちがつにじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から327日目(閏年では328日目)にあたり、年末まであと38日ある。.

新しい!!: マラウイと11月23日 · 続きを見る »

1891年

記載なし。

新しい!!: マラウイと1891年 · 続きを見る »

1893年

記載なし。

新しい!!: マラウイと1893年 · 続きを見る »

1897年

記載なし。

新しい!!: マラウイと1897年 · 続きを見る »

1907年

記載なし。

新しい!!: マラウイと1907年 · 続きを見る »

1953年

記載なし。

新しい!!: マラウイと1953年 · 続きを見る »

1958年

記載なし。

新しい!!: マラウイと1958年 · 続きを見る »

1963年

記載なし。

新しい!!: マラウイと1963年 · 続きを見る »

1964年

記載なし。

新しい!!: マラウイと1964年 · 続きを見る »

1966年

記載なし。

新しい!!: マラウイと1966年 · 続きを見る »

1994年

この項目では、国際的な視点に基づいた1994年について記載する。.

新しい!!: マラウイと1994年 · 続きを見る »

1994年マラウイ総選挙

1994年マラウイ総選挙は、1994年5月17日に行われた、マラウイ建国以来初の複数政党制を導入した選挙である。.

新しい!!: マラウイと1994年マラウイ総選挙 · 続きを見る »

1995年

この項目では、国際的な視点に基づいた1995年について記載する。.

新しい!!: マラウイと1995年 · 続きを見る »

2004年マラウイ総選挙

2004年マラウイ総選挙(2004ねんマラウイそうせんきょ)は、2004年5月20日にマラウイで行われた大統領選挙および国民議会議員の選挙のことである。.

新しい!!: マラウイと2004年マラウイ総選挙 · 続きを見る »

2005年

この項目では、国際的な視点に基づいた2005年について記載する。.

新しい!!: マラウイと2005年 · 続きを見る »

2009年

この項目では、国際的な視点に基づいた2009年について記載する。.

新しい!!: マラウイと2009年 · 続きを見る »

2012年

この項目では、国際的な視点に基づいた2012年について記載する。.

新しい!!: マラウイと2012年 · 続きを見る »

2014年

この項目では、国際的な視点に基づいた2014年について記載する。.

新しい!!: マラウイと2014年 · 続きを見る »

4月5日

4月5日(しがついつか)は、グレゴリオ暦で年始から95日目(閏年では96日目)にあたり、年末まであと270日ある。誕生花はカイドウ、コデマリ。.

新しい!!: マラウイと4月5日 · 続きを見る »

4月7日

4月7日(しがつなのか)は、グレゴリオ暦で年始から97日目(閏年では98日目)にあたり、年末まではあと268日ある。誕生花はディモルフォセカ、サクラ。.

新しい!!: マラウイと4月7日 · 続きを見る »

5月18日

5月18日(ごがつじゅうはちにち)はグレゴリオ暦で年始から138日目(閏年では139日目)にあたり、年末まではあと227日ある。誕生花はアヤメ。.

新しい!!: マラウイと5月18日 · 続きを見る »

5月20日

5月20日(ごがつはつか、ごがつにじゅうにち)は、グレゴリオ暦で年始から140日目(閏年では141日目)にあたり、年末まではあと225日ある。誕生花はデルフィニウム。.

新しい!!: マラウイと5月20日 · 続きを見る »

7月6日

7月6日(しちがつむいか)はグレゴリオ暦で年始から187日目(閏年では188日目)にあたり、年末まであと178日ある。誕生花はツユクサ、トキソウ。.

新しい!!: マラウイと7月6日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

Malawiマラウィマラウイ共和国

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »