ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)

索引 マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)

マタヌスカ・スシトナ郡(Matanuska-Susitna Borough、短縮してマット・ス郡と呼ばれることが多い)は、アメリカ合衆国アラスカ州の南部に位置する郡である。2010年国勢調査での人口は88,995人である.

27 関係: 人口密度ネイティブ・アメリカンラテン民族レイク・クラーク国立公園ロス・ペローワシラ (アラスカ州)パーマー (アラスカ州)ヒューストン (アラスカ州)ヒスパニックデナリ国立公園デナリ郡 (アラスカ州)アメリカ合衆国アメリカ合衆国大統領選挙アメリカ合衆国国勢調査局アラスカ州アラスカ標準時アンカレッジアフリカ系アメリカ人アジア系民族キナイペニンシュラ郡 (アラスカ州)国勢調査国勢調査指定地域白人郡 (アメリカ合衆国)郡庁所在地2000年2010年

人口密度

人口密度(じんこうみつど)とは、人口統計において、単位面積1km当たりに居住する人の数により定義される数値である。都市化、土地利用の度合いなどの目安となる。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)と人口密度 · 続きを見る »

ネイティブ・アメリカン

ネイティブ・アメリカン(Native American ネイティヴ・アメリカン)とは、アメリカ合衆国の先住民族の総称である。1492年にヨーロッパ系白人が現在の北米地域に到達する以前に、現地に居住していた民族を総称していう。この集団のアイデンティティ形成には、地域文脈、居住地域における同胞民族の存在、ネイティブアメリカン特別保留地との距離等の要素が関連する。2013年現在、連邦政府が認める部族集団は566、州政府レベルではさらに70の集団が存在するといわれる。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)とネイティブ・アメリカン · 続きを見る »

ラテン民族

ラテン民族(ラテンみんぞく、)またはロマンス民族(ロマンスみんぞく、)とは印欧語族ロマンス語派の言語を母語とする民族の総称。ヨーロッパにおいてはイタリア人、フランス人、スペイン人、ポルトガル人、ルーマニア人などが含まれる。また中南米においてスペイン語、ポルトガル語を母語とする民族を含む。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)とラテン民族 · 続きを見る »

レイク・クラーク国立公園

レイク・クラーク国立公園(レイク・クラークこくりつこうえん、Lake Clark National Park and Preserve)は、1980年アラスカ国家利益土地保護法 (w:Alaska National Interest Lands Conservation Act)に基づいて設立された、アラスカ州南西部にある米国の国立公園である。公園には、ブリストル湾 (w:Bristol Bay)のベニザケ漁業にとって重要な多くの川と湖がある。公園では、バラエティに富んだレクリエーションが年を通じて楽しめる。公園の面積は、16,308 km² (4,030,025 エーカー)である。 この公園は、「アラスカのエッセンス」と呼ばれてきた。というのは、アンカレッジの南西のアラスカ半島の比較的小さい地域に集中しており、他のアラスカ州の公園を合わせても見出せない様々な見所があるからである。すなわち、3つの山脈(北からアラスカ山脈、南からアリューシャン山脈、そして公園にある起伏に富んだチグミット山脈 (w:Chigmit Mountains))、2つの活火山(イリアムナ山 (w:Mount Iliamna)とリダウト山 (Mount Redoubt))、東は多雨林のある海岸線(アラスカ南東部に似ている)、西はツンドラのある高原(アラスカの北部に似ている)、青緑色の湖(クラーク湖、ターコイズ湖 (Turquoise Lake)、ツイン湖 (w:Twin Lake)ほか)である。 公園に続く道路はなく、小型飛行機、フロート付き水上飛行機で行くのが最も良い方法である。この公園は、国立公園制度の中で最も訪問者が少ない公園の一つで、平均すると、年間訪問者数は5,000人未満である(2006年は、5,320人)。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)とレイク・クラーク国立公園 · 続きを見る »

ロス・ペロー

ヘンリー・ロス・ペロー(Henry Ross Perot、1930年6月27日 - )は、アメリカ合衆国の実業家であり政治家。 1992年の大統領選と1996年の大統領選に立候補した。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)とロス・ペロー · 続きを見る »

ワシラ (アラスカ州)

ワシラ(Wasilla)とはアメリカ合衆国アラスカ州マタヌ.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)とワシラ (アラスカ州) · 続きを見る »

パーマー (アラスカ州)

パーマー(英語:Palmer、ロシア語:Палмер)はアメリカ合衆国アラスカ州マタヌスカ・スシトナ郡にある都市。マタヌスカ・スシトナ郡の郡庁所在地でありアンカレッジ都市圏の一部となっている。2007年時点での人口は5,504人。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)とパーマー (アラスカ州) · 続きを見る »

ヒューストン (アラスカ州)

ヒューストン(英語:Houston)はアメリカ合衆国アラスカ州マタヌスカ・スシトナ郡にある都市。2000年の人口は1,202人で、アンカレッジ都市圏に属している。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)とヒューストン (アラスカ州) · 続きを見る »

ヒスパニック

ヒスパニック(Hispanic)は、スペイン人、スペイン語またはスペインの文化に関連のあることを示す形容詞または名詞である。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)とヒスパニック · 続きを見る »

デナリ国立公園

デナリ国立公園(Denali National Park and Preserve)は、アラスカ州内陸部に位置し、北米最高峰のデナリ(マッキンリー山)を含む米国の国立公園である。国立公園の面積は、24,585 km²(9,492 平方マイル)である。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)とデナリ国立公園 · 続きを見る »

デナリ郡 (アラスカ州)

デナリ郡(Denali Borough)は、アメリカ合衆国アラスカ州の中央部に位置する郡である。2010年国勢調査での人口は1,826人である.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)とデナリ郡 (アラスカ州) · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ合衆国大統領選挙

アメリカ合衆国大統領選挙(アメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、)は、アメリカ合衆国大統領を選出するための選挙。この選挙は、具体的には数次のプロセスに分かれているが、一般に、4年毎、11月に行われる一連の選挙手続き、予備選挙となる立候補者選出および立候補者による選挙運動から選挙人による本選挙・投票・開票までの全プロセスの総称である。 各年次の大統領選挙に関する詳細は、末尾のテンプレート、または結果の表の「年」の列からリンクされている個別の記事を参照。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)とアメリカ合衆国大統領選挙 · 続きを見る »

アメリカ合衆国国勢調査局

アメリカ合衆国国勢調査局(アメリカがっしゅうこくこくせいちょうさきょく、United States Census Bureau、正式名称:Bureau of the Census)は、アメリカ合衆国商務省の一部局である。国勢調査は、合衆国法典第13編に規定されている。国勢調査局の役割とは国勢調査を最長でも10年に1度行い、連邦下院議会の議員定数の割り当てを定めることである。また、国の経済や人口のほかに世界人口など国際的なデータについても様々な統計を収集する業務を担っている。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)とアメリカ合衆国国勢調査局 · 続きを見る »

アラスカ州

アラスカ州(State of Alaska )は、アメリカ合衆国最北端にある州。アリューシャン列島を含む。北アメリカ大陸北西の端にあり、合衆国本土とはカナダを挟んで飛地になっている。アラスカでは、合衆国本土を"lower 48"(直訳:南方の48州。アメリカ50州からアラスカとハワイを除いたもの)と呼ぶことがある。 アメリカ合衆国の州の中では面積最大であり、東はカナダ、北は北極海、西と南は太平洋と接し、西のベーリング海を隔ててロシアとも海上の国境がある。2010年国勢調査による人口は710,231人であり、その約半分はアンカレッジ都市圏に住んでいる。州都はジュノー市で、最大都市はアンカレッジ市である。海港アンカレッジはかつてアジアとアメリカおよびヨーロッパを結ぶ航空路線の寄港地として知られた。アメリカ合衆国の州の中では人口密度が最小の州でもある。 アラスカは1867年3月30日にロシア帝国からアメリカ合衆国が買収した。その後幾つかの管理形態の変遷を経て、1912年5月11日にアラスカ準州、1959年1月3日にアラスカ州となった。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)とアラスカ州 · 続きを見る »

アラスカ標準時

アラスカ標準時(アラスカひょうじゅんじ、Alaska Standard Time: 略称AKST)は、協定世界時 (UTC) を9時間遅らせた、主にアラスカ地域等の標準時である。「-0900(AKST)」のように表示する。 なお、夏時間では協定世界時より8時間遅れ、アラスカ夏時間(Alaska Daylight Time: 略称AKDT)と呼ばれている。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)とアラスカ標準時 · 続きを見る »

アンカレッジ

アンカレッジ(Anchorage )は、アメリカ合衆国アラスカ州にある都市。州都ジュノーを上回る同州最大の都市である。アンカレジとも表記する。 自治体としての正式名称はアンカレッジ自治市(Municipality of Anchorage)で、「MOA」と略す。MOAは郡でもある市郡である。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)とアンカレッジ · 続きを見る »

アフリカ系アメリカ人

アフリカ系アメリカ人(African-American アフリカナメリカン)は、アメリカ合衆国民のうち、アフリカ出身の黒人(ネグロイド)もしくはその子孫である。アフリカン・アメリカン、アフロアメリカン (Afro-Americanアメリカ英語発音: アフロウアメリカン)、アメリカ黒人ともいう。 アフリカ系アメリカ人という言葉には黒人(ネグロイド)を意味する語は入っていないが、コーカソイドに属する北アフリカ系アメリカ人(アラブ人やベルベル人の子孫)や、ヨーロッパ系アフリカ人(アフリカーナーやアングロアフリカンなど)の子孫を含まない。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)とアフリカ系アメリカ人 · 続きを見る »

アジア系民族

アジア系民族(アジアけいみんぞく)とは、アジアに住む民族、及びアジアに住む民族出身の人々を表す。一般的にはアジア人(アジアじん、英語:Asian)と言う。 アジアとは、元々ヨーロッパの東を意味する言葉であり、時代と共にその定義は変化・拡大してきている。現在でもアジアという定義の範囲は揺れており、学問的に確立しているとは言い難い。そのためアジア系民族という定義も確立していない。 また、一般的に言うアジアの範囲は広大であり、トルコ人・アラブ人・ペルシア人・インド・アーリア人のようなコーカソイド(広義の白人)、スリランカ・スンダ列島のオーストラロイド(タミル人等)、東アジアを中心としたモンゴロイド(黄色人種、東洋人)等、多種の人種が住むだけでなく、民族的・文化的にも多種多様である。それゆえ、本来は同じアジア系民族として、一纏めに分類できるものではない。以下、一般的にアジア系民族と言われるものを説明する。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)とアジア系民族 · 続きを見る »

キナイペニンシュラ郡 (アラスカ州)

ナイペニンシュラ郡(Kenai Peninsula Borough)は、アメリカ合衆国アラスカ州の南部に位置する郡である。2010年国勢調査での人口は55,400人である.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)とキナイペニンシュラ郡 (アラスカ州) · 続きを見る »

国勢調査

国勢調査(こくせいちょうさ)は、ある時点における人口及び、その性別や年齢、配偶の関係、就業の状態や世帯の構成といった「人口及び世帯」に関する各種属性のデータを調べる「全数調査」。国勢調査の統計は、人口統計の中で静態統計に分類される。 世界の諸国における国勢調査の実施状況については、国際連合統計部が調査しており、「2010年世界人口・住宅センサス計画」に詳細が掲載されている。日本語による解説としては、(平成21年10月号〜平成22年6月号)に連載の「世界の国勢調査」がある。 なお、国勢調査は外来語としてセンサスとも言われる。「センサス」()とは、より一般的な意味では、母集団(調査対象全体の集団)の全数を調査するもの、すなわち「全数調査」を意味する語として用いられ、母集団のうちの一部を抽出して調査する「標本調査」と対比される概念である。人口及び世帯に関する全数調査としての国勢調査のことを厳密に英語で表現する場合には、""又は""と呼ばれる。 なお、しばしば「こくぜいちょうさ」と読まれることがあるが、これは誤りである。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)と国勢調査 · 続きを見る »

国勢調査指定地域

国勢調査指定地域(こくせいちょうさしていちいき、Census-designated place; CDP)は、アメリカ合衆国統計局の統計上の報告のために便宜上作られた、アメリカ合衆国の地方区分の呼び名のひとつ。CDPは個別の行政法人(市役所や役場、市町村議会など)を持たないが、それ以外は普通の市町村(city, village, townshipなど)によく似ている。 アメリカは行政上の区分以外にも、学区や警察、水道、ガス、消防などの、それぞれ独自の区分(特別目的地方政府)があり、これは日本のように必ずしも地方行政区分とは一致していない。アメリカの地方自治体は、住民の総意によって自治法人化されるので、人口の大小には関係なくCDPは存在する。CDPの人口の報告は、そのまま郡の人口の統計に組み込まれている。 CDPは、統計上のデータのためにエリアをまとめて呼んではいるが、通常はその地名によって周辺住民の誰もが認識できる。自治法人がないので、行政のある自治体 (Incorporated area) に対して非法人地域 (Unincorporated area) とも呼ばれる。 CDPの境界は、近隣の自治体やネイティブアメリカン部族によって定義されるかもしれないが、それは地方自治体の状態には影響しない。あくまでも統計局の調査のための恣意的な境界の線引きであるため、人口動態のパターンによっては変更されるかもしれないし、その名前も地元の理解とは異なる場合もある。また、どの自治法人にも属さない大きな軍事基地などは、その基地の名称でCDPとして報告される。 唯一、ハワイ州における郡以下の法人化された場所は、統計局の調査ではまったく反映されない。統計の調査上は、ハワイのすべての場所のデータはCDPのものとなっている。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)と国勢調査指定地域 · 続きを見る »

白人

先住民の肌の色。ヨーロッパ(南ヨーロッパを除く)に人々が住む。 戦国時代、日本に到来したイエズス会員などの南蛮人たち。白人の他、黒人も描かれている。 白人(はくじん、)は、通俗的人種概念の一つで、肌の色が薄く白に近い人種の総称。白色人種(はくしょくじんしゅ)。 様々な見解があるが、日本においては金髪碧眼かそれに近い人々のことを言うことが多い。いずれも文化的・社会的・政治的に形成され、便宜的に使用される用語であり、生物学的分類として有効な概念ではない。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)と白人 · 続きを見る »

郡 (アメリカ合衆国)

郡(ぐん、英語: 、 カウンティ)は、アメリカ合衆国で州と基礎自治体の間にある地方行政区分である。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)と郡 (アメリカ合衆国) · 続きを見る »

郡庁所在地

郡庁所在地(ぐんちょうしょざいち)は、行政上の郡、ないし「郡」が訳語といて宛てられるカウンティなどの行政単位において、それを管轄する行政機関「郡庁」が置かれている都市、町村。ただし、近代における日本の「郡役所」のように、こうした機関が「郡庁」とは異なる名称で存在する場合は「郡役所所在地」などとされる。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)と郡庁所在地 · 続きを見る »

2000年

400年ぶりの世紀末閏年(20世紀および2千年紀最後の年)である100で割り切れるが、400でも割り切れる年であるため、閏年のままとなる(グレゴリオ暦の規定による)。。Y2Kと表記されることもある(“Year 2000 ”の略。“2000”を“2K ”で表す)。また、ミレニアムとも呼ばれる。 この項目では、国際的な視点に基づいた2000年について記載する。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)と2000年 · 続きを見る »

2010年

この項目では、国際的な視点に基づいた2010年について記載する。.

新しい!!: マタヌスカ・スシトナ郡 (アラスカ州)と2010年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »