ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

マクドネル・ダグラス

索引 マクドネル・ダグラス

マクドネル・ダグラス(米国式で"マクダネル・ダグラス"とも読む)(McDonnell Douglas )は、かつてのアメリカの大手航空機製造会社である。.

125 関係: A-26 (航空機)A-4 (航空機)AH-64 アパッチAH-64D アパッチ・ロングボウ世界恐慌ナイキミサイルミルウォーキーミズーリ州ミサイルマーキュリー計画ノースアメリカンマクドネル・ダグラス DC-10マクドネル・ダグラス DC-9マクドネル・ダグラス MD-11マクドネル・ダグラス MD-12マクドネル・ダグラス MD-80マクドネル・ダグラス MD-90マクドネル・エアクラフトマサチューセッツ工科大学ハリアー II (航空機)ハープーン (ミサイル)バークリーユナイテッド航空ヨーロッパランド研究所ロッキードロッキード L-1011 トライスターロックウェル・インターナショナルロサンゼルスボーイングボーイング707ボーイング717ボーイング737ボーイング747ボーイング777トマホーク (ミサイル)トルコ航空DC-10パリ墜落事故ヘリコプターブリティッシュ・エアロスペースヒューズ・ヘリコプターズホーカー・シドレー ハリアーダグラスダグラス DC-3ダグラス DC-4ダグラス DC-6ダグラス DC-7ダグラス DC-8ダグラス・エアクラフトダグラス・グラマン事件アメリカ合衆国...アメリカ合衆国本土アメリカン航空アメリカ航空宇宙局アメリカ陸軍航空軍アメリカ海軍イスラエルウィスコンシン州エアバスエアバスA320エアバスA330エアバスA380オイルショックカリフォルニア州グレン・L・マーティンシンガポール航空ジェミニ計画スカイボルト (ミサイル)セントルイスサターンV冷戦先進戦術戦闘機計画BAe ホークC-17 (航空機)C-47 (航空機)C-9 (航空機)第二次世界大戦航空宇宙航空機航空機メーカーの一覧F-15 (戦闘機)F-15E (航空機)F-4 (戦闘機)F/A-18 (航空機)F2H (航空機)F3D (航空機)F3H (航空機)F4D (航空機)FH (航空機)KC-10 (航空機)MDヘリコプターズPGM-17 (ミサイル)SBD (航空機)T-45 (航空機)X-36 (航空機)湾岸戦争朝鮮戦争日本1920年1921年1928年1929年1938年1946年1948年1951年1953年1956年1958年1963年1966年1967年1968年1971年1974年1975年1977年1980年代1981年1984年1986年1990年代1992年1997年1998年2001年 インデックスを展開 (75 もっと) »

A-26 (航空機)

A-26(B-26 後述)は、1942年に初飛行したダグラス社の双発攻撃機/軽爆撃機。愛称はインベーダー(Invader、「侵略者」の意)。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとA-26 (航空機) · 続きを見る »

A-4 (航空機)

A-4はダグラス社が開発しアメリカ海軍などに制式採用された艦上攻撃機。愛称はスカイホーク(Skyhawk)。当初の型式番号はA4Dであったが、アメリカ軍による1962年の命名規則変更の際、A-4に改称された。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとA-4 (航空機) · 続きを見る »

AH-64 アパッチ

AH-64は、マクドネル・ダグラス社(現ボーイング)が開発した攻撃ヘリコプターである。アパッチ(Apache)の愛称は、アメリカ先住民のアパッチ族に由来する。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとAH-64 アパッチ · 続きを見る »

AH-64D アパッチ・ロングボウ

AH-64D アパッチ・ロングボウ(AH-64D Apache Longbow)は、マクドネル・ダグラス社(現ボーイング)が開発したAH-64A アパッチにロングボウ火器管制レーダーを搭載し、大幅な能力向上を図ったAH-64の派生型。アメリカ陸軍の他、日本の陸上自衛隊などでも採用されている。 アパッチ(Apache)の愛称はアメリカ先住民のアパッチ族に由来する。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとAH-64D アパッチ・ロングボウ · 続きを見る »

世界恐慌

世界恐慌(せかいきょうこう)とは、世界的規模で起きる経済恐慌(world economic crisis/panic)である。ある国の恐慌が次々と他国へと波及し、世界的規模で広がる事象を世界恐慌という。 世界初の例は、クリミア戦争が終結した時に穀物価格が急落したことにより1857年に起こった1857年恐慌である。 戦間期に重要な位置を占めるものとして、通史的には1929年に始まった世界大恐慌をさす。大恐慌とも。この記事は通史でいう世界恐慌を述べている。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスと世界恐慌 · 続きを見る »

ナイキミサイル

ナイキ・ミサイル・ファミリー。左上から右下に向かってMIM-3 ナイキ・エイジャックスMIM-14 ナイキ・ハーキュリーズLIM-49 ナイキ・ゼウス(スパルタン) ナイキミサイルとは、アメリカ製の地対空ミサイルである。日本でも、航空自衛隊が地対空誘導弾ナイキJとして採用した。 名前の由来はギリシャ神話の勝利の女神「ニケ(Nike)」より。“ナイキ”は英語読みである。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとナイキミサイル · 続きを見る »

ミルウォーキー

ミルウォーキー(Milwaukee)は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州にある都市。同州最大の都市である。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとミルウォーキー · 続きを見る »

ミズーリ州

ミズーリ州(State of Missouri, )は、アメリカ合衆国中西部のミシシッピ川沿いにある内陸の州である。アメリカ合衆国50州の中で、陸地面積では第21位、人口では第18位である。前身のミズーリ準州から1821年8月10日に合衆国24番目の州に昇格した。現在は観光が州の主な産業の一つとなっている。 州都はジェファーソンシティ市である。同州を代表する都市はイリノイ州との州境にあるセントルイス市とカンザス州との州境にあるカンザスシティ市であり、共に都市圏人口200万人以上の大都市である。他の主要都市には、スプリングフィールド市、インディペンデンス市、コロンビア市などがある。とりわけミシシッピ川に面するセントルイス市は、開拓時代より西部への玄関口として発展し、現在では中西部きっての観光都市である。 また、ミシシッピ川沿いにある多数の町は、ヨーロッパからの移民の影響を強く受けており、現在でも当時の教会や町並みが多く残っている。特にや、そこから1時間程の場所にあるケープジラードなどはフランス系移民の影響が強く、大きな教会や狭い街路など美しい町並みが見られ、知られざる観光地である。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとミズーリ州 · 続きを見る »

ミサイル

ュピター 広くミサイル(missile)として知られる、誘導ミサイルあるいは誘導弾(ゆうどうだん、guided missile)は、目標に向かって誘導を受けるか自律誘導によって自ら進路を変えながら、自らの推進装置によって飛翔していく軍事兵器のことである。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとミサイル · 続きを見る »

マーキュリー計画

マーキュリー計画(マーキュリーけいかく、Project Mercury)は、1958年から1963年にかけて実施された、アメリカ合衆国初の有人宇宙飛行計画である。これはアメリカとソビエト連邦(以下ソ連)の間でくり広げられた宇宙開発競争の初期の焦点であり、人間を地球周回軌道上に送り安全に帰還させることを、理想的にはソ連よりも先に達成することを目標としていた。計画は、空軍から事業を引き継いだ新設の非軍事機関アメリカ航空宇宙局によって実行され、20回の無人飛行 (実験動物を乗せたものを含む)、およびマーキュリー・セブンと呼ばれるアメリカ初の宇宙飛行士たちを搭乗させた6回の有人飛行が行われた。 宇宙開発競争は、1957年にソ連が人工衛星スプートニク1号を発射したことにより始まった。この事件はアメリカ国民に衝撃を与え、その結果NASAが創設され、当時行われていた宇宙開発計画は文民統制の下で推進されることとなった。1958年、NASAは人工衛星エクスプローラー1号の発射に成功し、次なる目標は有人宇宙飛行となった。 だが初めて人間を宇宙に送ったのは、またしてもソ連であった。1961年4月、史上初の宇宙飛行士ユーリ・ガガーリンの乗るボストーク1号が地球を1周した。この直後の5月5日、アメリカ初の宇宙飛行士アラン・シェパードが搭乗するマーキュリー・レッドストーン3号が弾道飛行を行った。同年8月、ソ連はゲルマン・チトフを飛行させ1日間の宇宙滞在に成功した。アメリカが衛星軌道に到達したのは翌1962年2月20日のことで、ジョン・グレンが地球を3周した。マーキュリー計画が終了した1963年の時点で両国はそれぞれ6人の飛行士を宇宙に送っていたが、アメリカは宇宙での総滞在時間という点で依然としてソ連に後れを取っていた。 マーキュリー宇宙船を設計したのは、マクドネル・エアクラフト社であった。円錐の形状をした船内は完全に与圧され、水、酸素、食料などの補給物資を約1日間にわたり飛行士に供給した。打ち上げはフロリダ州ケープ・カナベラル空軍基地で行われ、発射機にはレッドストーンミサイルまたはアトラスDミサイルを改良したロケットが使用された。また宇宙船の先には、ロケットが故障するなどの緊急事態が発生した際に飛行士を安全に脱出させるための緊急脱出用ロケットが取りつけられていた。飛行手順は、追跡および通信の基地である有人宇宙飛行ネットワークを経由して地上からコントロールされるように設計されていたが、機内にもバックアップのための制御装置が搭載されていた。帰還の際には、小型の逆噴射用ロケットを点火して軌道から離脱した。また機体の底部には溶融式の耐熱保護板が取りつけられており、大気圏再突入時の高温から宇宙船を守った。最終的にはパラシュートが開いて海上に着水し、近隣にいる海軍の艦船のヘリコプターが宇宙船と飛行士を回収した。 計画名は、ローマ神話の旅行の神メルクリウス (Mercurius, マーキュリー) からつけられた。マーキュリーは翼の生えた靴を履き、高速で移動すると言われている。計画の総費用は16億ドル (2010年の貨幣価値で換算) で、およそ200万人の人間が関わった。宇宙飛行士たちはマーキュリー・セブンの名で知られ、各宇宙船には「7」で終わる名称が、それぞれの飛行士によってつけられた。 開始当初こそ失敗が連続して進行は遅れたものの、計画は次第に知名度を得、テレビやラジオで世界中に報道されるようになった。この後の二人乗りの宇宙船を使用するジェミニ計画では、月飛行で必要となる宇宙空間でのランデブーやドッキングが実行された。マーキュリー計画はその基礎を築いたと言える。さらにアポロ計画の開始が発表されたのは、マーキュリーが初の有人宇宙飛行を成功させた数週間後のことだった。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとマーキュリー計画 · 続きを見る »

ノースアメリカン

ノースアメリカン・アビエーション・インク(North American Aviation, Inc. )はアメリカ合衆国の航空機メーカーである。1928年に設立され、1930年代から航空機の製造を行い、第二次世界大戦のP-51ムスタング、B-25ミッチェル、戦後のF-86セイバーなどの重要な機体を製作した。1967年にロックウェルと合併してノースアメリカン・ロックウェル(North American Rockwell Corporation )になった。1996年にノースアメリカンおよびロケットダイン部門を含むロックウェル・インターナショナルはボーイングに売却されている。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとノースアメリカン · 続きを見る »

マクドネル・ダグラス DC-10

マクドネル・ダグラス DC-10 (McDonnell Douglas/Boeing DC-10) は、アメリカの航空機メーカーマクドネル・ダグラス社マクドネル・ダグラス社は、1996年にボーイングと合併した。がアメリカン航空の要望を受けて開発したワイドボディの3発式ジェット旅客機である。主に中距離路線を想定した300席クラスの機体であり、3基のジェットエンジンは左右の主翼下に各1発、垂直尾翼基部に1発搭載している。 ダグラス社がマクドネル社と合併ダグラスとマクドネル社は1967年に合併した。する前の1966年に開発を開始したため、名前は「DC」のままである。1970年に初飛行、1971年8月に運航を開始し、1988年まで生産された。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとマクドネル・ダグラス DC-10 · 続きを見る »

マクドネル・ダグラス DC-9

マクドネル・ダグラス DC-9(McDonnell Douglas DC-9)は、アメリカのダグラス・エアクラフト社が開発し、1965年に初飛行した双発の小型ジェット旅客機である。開発当初はダグラス DC-9(Douglas DC-9)と呼ばれていた。ダグラス社がマクドネル(1967年)、ボーイング(1996年)と合併を行ったことにより、後継機はMD-80などいろいろな名前をもつことになった。最後に開発された型名はボーイング717-200であり、この型の生産も2006年に終了している。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとマクドネル・ダグラス DC-9 · 続きを見る »

マクドネル・ダグラス MD-11

マクドネル・ダグラス MD-11(McDonnell Douglas/Boeing MD-11、エムディー・イレブン)はマクドネル・ダグラス(現ボーイング)製の三発式大型ジェット旅客機である。のちにボーイング社に買収されることになるマクドネル・ダグラス社が、最後に製造した大型旅客機でもある。「最後の三発式」とも呼ばれる。 本項では、単に「市場」と表記した場合は旅客機販売市場を、単に「マイル」と記した場合はノーティカルマイル(海里)をあらわすものとする。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとマクドネル・ダグラス MD-11 · 続きを見る »

マクドネル・ダグラス MD-12

マクドネル・ダグラス MD-12 (McDonnell Douglas MD-12) とはマクドネル・ダグラス(現ボーイング)が1992年4月に発表した超大型4発ジェット旅客機である。注目はされたが、実現することはなかった。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとマクドネル・ダグラス MD-12 · 続きを見る »

マクドネル・ダグラス MD-80

マクドネル・ダグラス MD-80 (McDonnell Douglas MD-80) は、アメリカ合衆国のマクドネル・ダグラスが開発・製造した双発ジェット旅客機のシリーズ名である。 MD-80シリーズは、リアエンジン方式の小型短距離向けナローボディ機である。ダグラスDC-9をベースとした発展型として開発され、当初はDC-9スーパー80と呼ばれていたが、後にMD-80シリーズと名付けられた。MD-80シリーズは大きく分けて、MD-81 (DC-9-81)、MD-82、MD-83、MD-87、MD-88の5型式で構成され、MD-80という型式そのものは存在しない。 後に、MD-80の更なる発展型として、次世代化を行ったMD-90およびMD-95が開発されたが、MD-95は開発中にマクドネル・ダグラスがボーイングに吸収合併され、開発・製造を引き継いだボーイングによりボーイング717と命名されて販売された。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとマクドネル・ダグラス MD-80 · 続きを見る »

マクドネル・ダグラス MD-90

マクドネル・ダグラス MD-90 (McDonnell Douglas MD-90) は、アメリカ合衆国のマクドネル・ダグラスが開発・製造した、小型双発ジェット旅客機である。 ダグラスDC-9の発展型であるマクドネル・ダグラスMD-80をベースにさらに近代化したナローボディ機で、新型エンジンの採用により低騒音・低排気ガスを実現した。低翼配置の後退翼にリア・マウントのエンジン、T字尾翼という特徴がDC-9から引き継がれている。MD-90の巡航速度はマッハ0.76、全長は46.50メートル、全幅は32.87メートル、最大離陸重量はオプション採用時の最大値が76.2トン、標準座席数は2クラスで153席、1クラスで172席、降着装置は前輪式配置である。 MD-90は1989年11月に正式開発が決定され、1993年2月に初飛行、1995年4月にデルタ航空により初就航した。MD-90の総生産数は116機で、2000年10月に納入された機体を最後に生産を終えた。日本では日本エアシステムが1996年からMD-90を導入し、映画監督の黒澤明がデザインした7種類の虹の機体塗装が話題となった。日本エアシステムでは最終的に16機を導入し、後の日本航空との経営統合後も全機引き継がれたが、2013年3月末までに全機引退した。MD-90は、日本の航空会社が運航した最後のダグラス製旅客機であった。 2017年7月現在、64機のMD-90が就航しており運用者はデルタ航空のみである。2017年10月までに、MD-90に関する航空事故および事件は3件発生しており、機体損失事故は2件、その内の1件で1名が死亡している。 本項では以下、ダグラス、マクドネル・ダグラス、ボーイングおよびエアバス製旅客機については社名を省略して英数字のみで表記する。たとえばダグラスDC-9は「DC-9」、ボーイング737は「737」、エアバスA320は「A320」とする。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとマクドネル・ダグラス MD-90 · 続きを見る »

マクドネル・エアクラフト

マクドネル・エアクラフト(McDonnell Aircraft Corporation )はアメリカの航空機メーカーである。1967年にダグラス社と合併してマクドネル・ダグラスになった。 1938年ジェームス・マクドネル(James Smith McDonnell)によって、ミズーリ州セントルイスに設立された。第二次世界大戦によって発展し、新興メーカーのためジェット戦闘機に対する取り組みが早かったので戦後F-4 ファントムIIなどで有力な戦闘機メーカーになった。開発した機体の愛称を亡霊もしくはそれに類するもので統一していたことでも知られる。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとマクドネル・エアクラフト · 続きを見る »

マサチューセッツ工科大学

マサチューセッツ工科大学(英語: Massachusetts Institute of Technology)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ケンブリッジに本部を置く私立工科大学である。1865年に設置された。通称はMIT(エム・アイ・ティー。「ミット」は誤用で主に日本、欧州の極めて一部で用いられる)。 全米屈指のエリート名門校の1つとされ、ノーベル賞受賞者を多数(2014年までの間に1年以上在籍しMITが公式発表したノーベル賞受賞者は81名で、この数はハーバード大学の公式発表受賞者48名を上回る)輩出している。最も古く権威ある世界大学評価機関の英国Quacquarelli Symonds(QS)による世界大学ランキングでは、2012年以来2017年まで、ハーバード大学及びケンブリッジ大学を抑えて6年連続で世界第一位である。 同じくケンブリッジ市にあるハーバード大学とはライバル校であるが、学生達がそれぞれの学校の授業を卒業単位に組み込める単位互換制度(Cross-registration system)が確立されている。このため、ケンブリッジ市は「世界最高の学びのテーマパーク」とさえも称されている。物理学や生物学などの共同研究組織を立ち上げるなど、ハーバード大学との共同研究も盛んである。 MITはランドグラント大学でもある。1865年から1900年の間に約19万4千ドル(これは2008年時点の生活水準でいうところの380万ドルに相当)のグラントを得、また同時期にマサチューセッツ州から更なる約36万ドル(2008年時点の生活水準で換算して700万ドルに相当)の資金を獲得しているD.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとマサチューセッツ工科大学 · 続きを見る »

ハリアー II (航空機)

AV-8B ハリアー II(AV-8B Harrier II)は、マクドネル・ダグラス(現ボーイング)社が短距離離陸垂直着陸機のホーカー・シドレー ハリアーを基にスーパークリティカル翼や揚力強化装置を組み合わせて開発した攻撃機である。 すでにイギリス軍での運用は終了したが、軽空母や強襲揚陸艦、小規模な飛行場といった他機の活動が制約される環境下で近接航空支援と戦場航空阻止をこなすことができる唯一の攻撃機として、現在もアメリカを始め、数ヶ国で運用されている。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとハリアー II (航空機) · 続きを見る »

ハープーン (ミサイル)

ハープーン(Harpoon)は、アメリカ合衆国のマクドネル・ダグラス社が開発した対艦ミサイル。アメリカや日本など30ヶ国以上が採用しており、西側諸国ではフランスのエグゾセと市場を二分するベストセラーとなっている。 アメリカ軍においては、艦対艦(SSM)型はRGM-84、潜水艦発射型(USM)はUGM-84、空対艦(ASM)型はAGM-84として制式化されている。愛称の“harpoon”は、捕鯨用の銛の意。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとハープーン (ミサイル) · 続きを見る »

バークリー

バークリー、バークレー、バークレイは、英語圏の地名、また姓、名。元の綴りは様々なものがある。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとバークリー · 続きを見る »

ユナイテッド航空

ユナイテッド航空(ユナイテッドこうくう、United Airlines)とはアメリカ合衆国イリノイ州シカゴに本部が在る航空会社。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとユナイテッド航空 · 続きを見る »

ヨーロッパ

ヨーロッパ日本語の「ヨーロッパ」の直接の原語は、『広辞苑』第5版「ヨーロッパ」によるとポルトガル語・オランダ語、『デジタル大辞泉』goo辞書版「」によるとポルトガル語。(、)又は欧州は、地球上の七つの大州の一つ。漢字表記は欧羅巴。 地理的には、ユーラシア大陸北西の半島部を包括し、ウラル山脈およびコーカサス山脈の分水嶺とウラル川・カスピ海・黒海、そして黒海とエーゲ海を繋ぐボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡が、アジアと区分される東の境界となる増田 (1967)、pp.38–39、Ⅲ.地理的にみたヨーロッパの構造 ヨーロッパの地理的範囲 "Europe" (pp. 68-9); "Asia" (pp. 90-1): "A commonly accepted division between Asia and Europe...

新しい!!: マクドネル・ダグラスとヨーロッパ · 続きを見る »

ランド研究所

ランド研究所(ランドけんきゅうじょ、RAND Corporation、ランド・コーポレーション)は、アメリカ合衆国のシンクタンク。 カリフォルニア州サンタモニカに本部があり、アメリカ国内ではワシントンD.C.(現在はヴァージニア州アーリントンにある)とペンシルベニア州ピッツバーグ(カーネギーメロン大学の隣)に拠点を持っている。ヨーロッパでは、オランダのライデン・ドイツのベルリン・イギリスのケンブリッジに拠点を有すると共に、2003年にはドーハに RAND-Qatar Policy Institute を開設。中東にも進出した。従業員は1600人。 名称の“ランド”は、研究開発(Research ANd Development)から取られている。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとランド研究所 · 続きを見る »

ロッキード

ッキード トライスター ロッキード(Lockheed Corporation)は、アメリカ合衆国の航空機メーカーで主に軍用機を製造していた。マーティン・マリエッタ社と合併し、現在はロッキード・マーティンである。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとロッキード · 続きを見る »

ロッキード L-1011 トライスター

ッキード L-1011 トライスター (Lockheed L-1011 TriStar) は、アメリカ合衆国のロッキード社(現在のロッキード・マーティン社)が開発・製造した同社唯一のワイドボディ3発ジェット旅客機である。 1011はテンイレブンと読む。航空時刻表での略号が、L10だったこともあり、エルテンという通称もある。トライスター (TriStar) という愛称もロッキード社が公式に名づけたもので、エンジン3基をオリオン座の「三ツ星」になぞらえている。これは、ロッキード社が伝統的に星や星座など天文に由来する名称をつけることによる。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとロッキード L-1011 トライスター · 続きを見る »

ロックウェル・インターナショナル

ックウェル・インターナショナル(Rockwell International )は、ウィラード・ロックウェルが設立した企業。ウィラードは1919年、トラックの車軸のための新しいベアリングシステムの発明を元に会社を興して財産を形成し、最終的にロックウェル・インターナショナルに育て上げた。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとロックウェル・インターナショナル · 続きを見る »

ロサンゼルス

ンゼルス(Los Angeles、スペイン語も同じ)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州にある都市。同州最大の都市かつ全米有数の世界都市であり、国内ではニューヨークに次いで人口が多い(アメリカ合衆国国勢調査局)。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとロサンゼルス · 続きを見る »

ボーイング

ボーイング(The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバスと世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発・設計製造を行う。機体の設計に関して、有限要素法の設計手法の導入に先んじていて、その技術は車輌構体設計など他分野にも技術供与されており、世界の航空宇宙機器業界をリードしている。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとボーイング · 続きを見る »

ボーイング707

ボーイング707(Boeing 707)は、アメリカのボーイング社が開発した4発式の大型ジェット旅客機。 1950年代初頭に原型機の開発が開始され、1958年に路線就航した。ダグラス DC-8やコンベア880(CV880)と並ぶ、第1世代ジェット旅客機を代表する機種であり、ボーイングの7X7シリーズの始まりでもある。 1950年代後期、世界の民間航空業界における大型ジェット旅客機の商業的優位性を決定づけた、航空史に残る歴史的機体である。ジェットエンジンの高出力を活かして機体大型化と速度向上を図り、それ以前の大型レシプロプロペラ旅客機を遥かに凌駕する定員100名超の輸送力と、(商業運航される大多数の旅客機の実用上限速度として21世紀初頭に至っても踏襲される)マッハ0.8級の快速を両立させた。 その高い完成度から世界各国の民間航空会社や政府・軍の公用に広く採用され、1991年までの長期にわたって1,000機以上が生産される商業的成功を収めた。また派生形のボーイング720も開発されたほか、胴体設計の流用で、中型3発ジェット機727、小型双発ジェット機737をも産み出す母体となったことは特筆される。707に始まる一連のジェット旅客機シリーズの成功で、ボーイング社はその後半世紀以上に渡り世界的な旅客機メーカーとしての地歩を固めた。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとボーイング707 · 続きを見る »

ボーイング717

ボーイング717 (Boeing 717) は、アメリカ合衆国のボーイングが製造した、100席級のナローボディの双発ジェット旅客機である。当初はマクドネル・ダグラスによりMD-95として開発が進められていたが、同社がボーイングに吸収合併されたことでボーイング717の名称が与えられた。 717はダグラスが開発したDC-9の発展型で、DC-9由来の胴体断面、低翼配置の主翼、T字型の尾翼を備え、胴体尾部の左右に1発ずつターボファンエンジンを備える。機体寸法は、全長が37.81メートル、全幅は28.45メートル、全高は8.92メートルで、標準座席数は106(2クラス)から117席(1クラス)である。ボーイング717のラインナップは717-200の一種類のみだが、オプションで燃料タンクを増設して最大離陸重量を増加させたHGW型がある。 1995年10月にMD-95の正式開発が決定され、途中マクドネル・ダグラスがボーイングに吸収合併されるという出来事もあったが、合併後も唯一開発・生産が継続されたマクドネル・ダグラスの旅客機となった。717は1999年10月にエアトラン航空によって初就航し、従来ターボプロップ機のみを運航していた小さな航空会社でも採用された。ボーイングはボーイング737との売り分けを考えていたが受注は伸び悩み、2006年5月に最終機の引き渡しが行われて生産が終了した。717の総生産数は156機であった。2017年10月現在、717に関して5件の航空事故・事件が発生しているが、機体損失事故および死亡事故に至ったものはない。 本項では以下、ダグラス、マクドネル・ダグラス、ボーイングおよびエアバス製旅客機については社名を省略して英数字のみで表記する。たとえばマクドネル・ダグラスMD-80は「MD-80」、ボーイング737は「737」、エアバスA320は「A320」とする。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとボーイング717 · 続きを見る »

ボーイング737

ボーイング737(Boeing 737)は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ボーイング社が製造する小型ジェット旅客機である。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとボーイング737 · 続きを見る »

ボーイング747

ボーイング747(Boeing 747)は、アメリカのボーイング社が開発・製造する大型旅客機のシリーズ。ジャンボジェット(Jumbo Jet)の愛称で知られる。世界初のワイドボディ機であり、大量輸送によってそれまで一般庶民にとって高嶺の花であった航空旅行、特に国外旅行の大衆化を可能にした画期的な機体であった。基本設計から半世紀が経過した現在においてもなお大型民間航空機の一角を占めており、最新型として747-8型が生産されている。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとボーイング747 · 続きを見る »

ボーイング777

ボーイング777(Boeing 777)は、アメリカのボーイング社が開発したワイドボディ双発ジェット機。 通称「トリプルセブン」 本項では以下、ボーイング製の旅客機については、「ボーイング」という表記を省略し、数字のみで表記する。たとえば「ボーイング767」であれば、単に「767」とする。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとボーイング777 · 続きを見る »

トマホーク (ミサイル)

トマホーク は、アメリカ合衆国で開発された巡航ミサイル。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとトマホーク (ミサイル) · 続きを見る »

トルコ航空DC-10パリ墜落事故

トルコ航空DC-10パリ墜落事故 (トルコこうくうDC-10パリついらくじこ、Turkish Airlines Flight 981) は、1974年3月3日にフランスで発生した、トルコ航空(現:ターキッシュ エアラインズ)981便のマクドネル・ダグラス DC-10-10(マクドネル・ダグラス社製、機体記号TC-JAV)が墜落した航空事故である(別名:トルコ航空981便墜落事故)。 事故の発端は閉鎖が不完全だった貨物室のドアが、機体の上昇に伴う機内与圧と機外の気圧の圧力差の拡大に耐え切れずに脱落したことである。これに伴い貨物室内で急減圧が発生し、客室との気圧差で後部客席の床が破壊され、床下を通るコントロールライン(油圧パイプ/ケーブル)が切断され、その結果機体の方向舵、昇降舵、尾部エンジンの制御ができなくなり、操縦不能に陥り墜落したものであった。 なお事故機のTC-JAV号機は、1972年にダグラス社が日本の全日空向けに製造したものの、ロッキード事件によりキャンセルされた機体であり、在庫となった機体の処置に困ったダグラス社が、トルコ航空に破格の条件で販売したものであった。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとトルコ航空DC-10パリ墜落事故 · 続きを見る »

ヘリコプター

一般的なシングルローター形態のヘリコプター、ベル 407 ヘリコプター(helicopter)は、エンジンの力で機体上部にあるメインローターと呼ばれる回転翼で揚力を発生し飛行する航空機の一種であり、回転翼機に分類される。 空中で留まる状態のホバリングや、ホバリング状態から垂直、水平方向にも飛行が可能であり、比較的狭い場所でも離着陸できるため、各種の広い用途で利用されている。 名前はギリシャ語の螺旋 (helico-,ヘリックス) と翼 (pteron,プテロン) に由来しており、「ヘリ(heli)」や「コプター(copter)」と略される他、「チョッパー(chopper)」とも呼ばれる。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとヘリコプター · 続きを見る »

ブリティッシュ・エアロスペース

ブリティッシュ・エアロスペース(英語:British Aerospace, 略称:BAe )はイギリス国内にあった航空機メーカー4社が統合して1977年4月29日に誕生した国有航空宇宙企業である。1999年にはBAEシステムズ (BAE Systems) に組織改編された。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとブリティッシュ・エアロスペース · 続きを見る »

ヒューズ・ヘリコプターズ

ヒューズ・ヘリコプターズ(Hughes Helicopters )は、1950年代から1980年代にかけて主要だった軍用、民間ヘリコプター製造会社である。 会社は1947年にヒューズ工具会社の一部門であるヒューズ・エアクラフト社の一課として設立された。 1955年、ヒューズヘリコプター部門になった。1972年にヒューズ・ヘリコプターズに改組され、1981年にはヒューズ・ヘリコプターズIncになった。1984年、マクドネル・ダグラスへ売却された。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとヒューズ・ヘリコプターズ · 続きを見る »

ホーカー・シドレー ハリアー

ホーカー・シドレー ハリアー(Hawker Siddeley Harrier)は、イギリスのホーカー・シドレー社が開発した世界初の実用垂直離着陸機(VTOL機)である。原型機の初飛行は1960年。本機をベースに海軍型のシーハリアーが開発されたほか、アメリカのマクドネル・ダグラス社は、より洗練されたハリアー IIを開発した。 ハリアーの名は小型猛禽類であるチュウヒのこと。前身である実験機、ケストレルの名前は同じく小型猛禽類であるチョウゲンボウのことである。これらの鳥は、向かい風の中でホバリング(空中停止)をすることがあるため、VTOL機の名称として採用されたと考えられる。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとホーカー・シドレー ハリアー · 続きを見る »

ダグラス

ダグラス、またはドウグラス(Douglas )は、スコットランド由来の名前。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとダグラス · 続きを見る »

ダグラス DC-3

ダグラス DC-3(ダグラス ディーシースリー、Douglas DC-3)は、アメリカ合衆国の航空機メーカーであるダグラス・エアクラフト社(現ボーイング社)が開発した双発のプロペラ旅客機・輸送機である。1936年運用開始。アメリカ軍用輸送機としての制式名称「C-47 スカイトレイン」(C-47 Skytrain)、イギリス軍用輸送機としての名称「ダコタ」(Dakota)でも知られる。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとダグラス DC-3 · 続きを見る »

ダグラス DC-4

ダグラス DC-4 (Douglas DC-4) は、アメリカ合衆国のダグラス社が開発した大型レシプロ旅客機。軍用型としてC-54とR5Dが製作された。1942年初飛行。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとダグラス DC-4 · 続きを見る »

ダグラス DC-6

ダグラス DC-6(Douglas DC-6)は、 アメリカ合衆国のダグラス社が開発した大型レシプロ旅客機。1947年初飛行。レシプロ旅客機の傑作として名高い。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとダグラス DC-6 · 続きを見る »

ダグラス DC-7

ダグラス DC-7(Douglas DC-7)は アメリカ合衆国のダグラス・エアクラフト社が開発した大型レシプロ旅客機。1953年運用開始。 ダグラス初の4発大型旅客機であるDC-4の与圧型として、先行して市場に投入され成功していたDC-6をベースに、強力形エンジンを搭載した性能強化型と言える機体である。世界の主要航空会社に導入され、主要航空路に投入されたが、出力向上策が極限域に達した大型レシプロエンジンは、騒音・振動による居住性悪化と信頼性の両面で問題を抱え、同時期の欧米におけるジェット旅客機開発進行とも並んで、レシプロエンジン旅客機の技術的限界を示す結果となった。 このため、先行したDC-6ほどの商業的成功は収められず、1950年代末期に出現したボーイング707やダグラス自社のDC-8などの第一世代ジェット旅客機に、短期間に主力の座を譲った。ダグラスが最後に開発したレシプロ旅客機であり、またダグラス製量産型旅客機では珍しい、政府や軍用機としての受注がなく、民生用のみに生産されたモデルになった。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとダグラス DC-7 · 続きを見る »

ダグラス DC-8

ダグラス DC-8(Douglas DC-8)は、アメリカのダグラス・エアクラフト社が開発した大型ジェット旅客機である。ボーイング707やコンベア880と並んで第一世代ジェット機を代表する旅客機で、世界で初めて超音速飛行を行った旅客機でもあった「The DC-8 A Flying testament to quality」Mc Donnell Douglas。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとダグラス DC-8 · 続きを見る »

ダグラス・エアクラフト

ダグラス・エアクラフト社(Douglas Aircraft Company )は、かつて存在したアメリカの航空機メーカー。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとダグラス・エアクラフト · 続きを見る »

ダグラス・グラマン事件

ダグラス・グラマン事件(ダグラス・グラマンじけん)とは1978年2月に発覚した日米・戦闘機売買に関する汚職事件。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとダグラス・グラマン事件 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: マクドネル・ダグラスとアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ合衆国本土

アメリカ合衆国本土(アメリカがっしゅうこくほんど、Contiguous United States)とは、アメリカ合衆国の主要部分(本土)を示す。CONUSとも表される。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとアメリカ合衆国本土 · 続きを見る »

アメリカン航空

アメリカン航空(アメリカンこうくう、American Airlines, Inc.)は、アメリカ合衆国・テキサス州フォートワースに本部を置く航空会社である。本社はダラス・フォートワース国際空港に隣接している。 旅客運送数及び旅客キロ数で世界一の大手航空会社である。関連会社を含めれば、1日当たりの運航便数は4,000便以上。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとアメリカン航空 · 続きを見る »

アメリカ航空宇宙局

アメリカ航空宇宙局(アメリカこうくううちゅうきょく、National Aeronautics and Space Administration, NASA)は、アメリカ合衆国政府内における宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関である。1958年7月29日、国家航空宇宙法 (National Aeronautics and Space Act) に基づき、先行の国家航空宇宙諮問委員会 (National Advisory Committee for Aeronautics, NACA) を発展的に解消する形で設立された。正式に活動を始めたのは同年10月1日のことであった。 NASAはアメリカの宇宙開発における国家的努力をそれ以前よりもさらに充実させ、アポロ計画における人類初の月面着陸、スカイラブ計画における長期宇宙滞在、さらに宇宙往還機スペースシャトルなどを実現させた。現在は国際宇宙ステーション (International Space Station, ISS) の運用支援、オリオン宇宙船、スペース・ローンチ・システム、商業乗員輸送などの開発と監督を行なっている。 宇宙開発に加えてNASAが帯びている重要な任務は、宇宙空間の平和目的あるいは軍事目的における長期間の探査である。人工衛星を使用した地球自体への探査、無人探査機を使用した太陽系の探査、進行中の冥王星探査機ニュー・ホライズンズ (New Horizons) のような太陽系外縁部の探査、さらにはハッブル宇宙望遠鏡などを使用した、ビッグ・バンを初めとする宇宙全体への探査などが主な役割となっている。2006年2月に発表されたNASAの到達目標は、「宇宙空間の開拓、科学的発見、そして最新鋭機の開発において、常に先駆者たれ」であった。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとアメリカ航空宇宙局 · 続きを見る »

アメリカ陸軍航空軍

アメリカ陸軍航空軍(United States Army Air Forces, USAAF)は、かつて存在したアメリカ陸軍の部門。アメリカ空軍の前身である。第二次世界大戦中の1941年に陸軍地上軍と同格の部門として設置され、1942年にはアメリカ陸軍航空隊(US Army Air Corps)を統合した。終戦後の1947年には、独立の軍種たるアメリカ空軍へ改組された。 アメリカ陸空軍とも訳される。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとアメリカ陸軍航空軍 · 続きを見る »

アメリカ海軍

アメリカ海軍(アメリカかいぐん、United States Navy、略称:USN)は、アメリカ合衆国が保有する海軍である。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとアメリカ海軍 · 続きを見る »

イスラエル

イスラエル国(イスラエルこく、מְדִינַת יִשְׂרָאֵל メディナット・イスラエル、دولة إسرائيل ダウラト・イスラーイール、State of Israel )、通称イスラエルは、中東のパレスチナに位置する国家。北にレバノン、北東にシリア、東にヨルダン、南にエジプトと接する。ガザ地区とヨルダン川西岸地区を支配するパレスチナ自治政府(パレスチナ国)とは南西および東で接する。地中海および紅海にも面している。首都はエルサレムであると主張しているが、国際連合などはテルアビブをイスラエルの首都とみなしている(エルサレム#首都問題を参照)。 イスラエルは、シオニズム運動を経て1948年5月14日に建国された。建国の経緯に根ざす問題は多い。版図に関するものではパレスチナ問題がよく報道される。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとイスラエル · 続きを見る »

ウィスコンシン州

ウィスコンシン州(State of Wisconsin )は、アメリカ合衆国の中西部の最北に位置する州である。五大湖地域にも含まれる。合衆国50州の中で、陸地面積では第23位、人口では第20位である。前身のウィスコンシン準州から1848年5月29日に合衆国30番目の州に昇格した。東側はミシガン湖に、北東はミシガン州に、西側はミネソタ州とアイオワ州に、南側はイリノイ州に、北側はスペリオル湖に接している。州都はマディソン市、人口最大の都市はミルウォーキー市である。 愛称は「Dairy Country(酪農の国)」または「The Badger State(あなぐま州)」。アメリカアナグマ(バジャー)は州のシンボルでもあり、19世紀前半、ウィスコンシン州が国内の鉛の半分以上を産出した鉛ラッシュ時代に、鉛鉱山で働く鉱夫とその家族が地上に住居が完成するまで坑道に住んだことから「アナグマ」と呼ばれたことが元になっている。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとウィスコンシン州 · 続きを見る »

エアバス

アバス(Airbus SE )は、ヨーロッパ(欧州連合の内の4カ国)の航空宇宙機器開発製造会社。設立当初の事業体の名称はエアバス・インダストリー G.I.E.(G.I.E. Airbus industrie)であったが、2001年に法人化されて現社名に変更された。民間航空機メーカーとしてのエアバスは、2000年以降親会社の航空防衛企業であるエアバス・グループの子会社として位置づけられていたが、2017年1月に両社が合併、存続会社名をエアバスとすることで、この関係を解消した。本社はフランス・トゥールーズ。 2017年3月1日、経済産業省はエアバスと日本企業の連携を強化する覚書をフランス政府と締結した 。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとエアバス · 続きを見る »

エアバスA320

アバスA320(Airbus A320)は、欧州エアバス社が製造した近・中距離向け商業旅客機である。民間機として初めてデジタル式フライ・バイ・ワイヤ制御システムを採用したハイテク旅客機であり、サイドスティックによる操縦を採用しているのが特徴である。座席数は標準2クラス仕様で150席程度。バリエーション(A320 ファミリー)として、長胴型のエアバスA321、短胴型のエアバスA319、エアバスA318、新エンジンを採用したエアバスA320neoがある。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとエアバスA320 · 続きを見る »

エアバスA330

アバスA330 (Airbus A330) は、ヨーロッパの企業連合であるエアバス・インダストリー社(後のエアバス社)が開発・製造している、ワイドボディの双発ジェット旅客機。 A330は、中短距離路線向けの大型旅客機として開発された。エアバスA300の胴体を延長したワイドボディ機で、低翼配置の主翼下に2発のターボファンエンジンを装備する。尾翼は低翼配置、降着装置は前輪配置である。A330シリーズには旅客型のA330-200とA330-300、貨物型のA330-200Fに加えて、軍用の多目的空中給油・輸送機であるA330 MRTTがあるほか、エンジンを新型に置き換えたエアバスA330neoの開発も進められている。機体寸法や性能は各形式によるが、就航中のA330-200/-300/-200Fでは、巡航速度はマッハ0.82、全長は58.82から63.69メートル、全幅は60.30メートル、最大離陸重量は184トンから238トン、座席数は253席から440席程度である。A330ではフライ・バイ・ワイヤシステムやグラスコックピットが導入され、操縦系統が共通化されたエアバス機との間で相互乗員資格が認められている。 A330シリーズで最初に開発されたのはA330-300で、1987年に長距離4発機のエアバスA340と同時に正式開発が決定された。双発機のA330と4発機のA340の同時並行的な開発は航空技術史上において希少な取り組みとなり、両機はエンジン関係を除いて最大限共通化された。A330-300は1994年にエールアンテールによって初就航した。次に開発されたA330-200はA330の短胴・長距離型で、1995年に正式開発が決定され、1997年にによって初就航した。A330-200FはA330-200をベースとした貨物専用型で、2007年に正式開発が決定され、2010年にエティハド航空の貨物部門に初引き渡しが行われた。エンジンを新型に置き換えるエアバスA330neoシリーズは、2014年に正式に開発計画が発表され、2017年後半の引き渡し開始を予定している。 2015年7月現在、1,095機のA330が民間航空路線に就航している。運用者を地域別にみると、全体の約6割がアジア・中東・オセアニア地域の航空会社によって運用されており、中でも中国の航空会社による運用機数は約1割を占める。その次に欧州・ロシア地域の航空会社による運用機数が多く、続いて北米・南米地域、アフリカ地域の順となっている。2016年2月現在、A330が関係した主な航空事故・事件は23件報告されており、その中には8件の機体損失事故と2件のハイジャックが含まれ、合計で339人の乗員・乗客が死亡している。 本項では以下、エアバス製旅客機およびボーイング製旅客機については社名を省略して英数字のみで表記する。例えば、「エアバスA300」であれば「A300」、「ボーイング747」であれば「747」とする。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとエアバスA330 · 続きを見る »

エアバスA380

アバスA380(Airbus A380)は、欧州エアバス社のターボファン4発の超大型旅客機。 かつてANAが運航していたB747SR-100型機(就航期間:1979年1月25日~2006年3月10日)の愛称として利用されていた。因みにANAによる同型機の運用により、世界で初めての有償座席数・500席が提供されることとなった。や「空のタイタニック」と呼ばれることもある。|date.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとエアバスA380 · 続きを見る »

オイルショック

イル・ショック(和製英語: + )とは、1973年(第1次)と1979年(第2次)に始まった(ピークは1980年)、原油の供給逼迫および原油価格高騰と、それによる世界の経済混乱である。石油危機(せきゆきき、oil crisis)または石油ショックとも称される。OPEC諸国の国際収支黒字は1973年には10億ドルであったが、1974年には約700億ドルに急増。一方、発展途上国向けの民間銀行貸し付け額は1970年の30億ドルから1980年の250億ドルに跳ね上がったMorris Miller, Resolving the Global Debt Crisis 国連 1989年 p.50.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとオイルショック · 続きを見る »

カリフォルニア州

リフォルニア州(State of California、Estado de California、中:加利福尼亚州、加州)は、アメリカ合衆国西部、太平洋岸の州。アメリカ西海岸の大部分を占める。州都は、サクラメントである。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとカリフォルニア州 · 続きを見る »

グレン・L・マーティン

レン・L・マーティン・カンパニー(The Glenn L. Martin Company、単にマーティンとも)は、1912年8月に設立されたアメリカの航空機メーカーである。設立者はグレン・マーティン(Glenn L. Martin)。1961年にアメリカン・マリエッタと合併してマーティン・マリエッタになり、2006年現在はロッキードと合併して、ロッキード・マーティンとなっている。 有名な機体は、第二次世界大戦中のB-26 マローダーである。 マーチン社は後にそれぞれの会社を設立するドナルド・ダグラス(Donald Douglas)、ローレンス・ベル(Lawrence Bell)、ジェームス・マクドネル(James S. McDonnell)らの技術者が属していた。 後にボーイングを設立する ウィリアム・ボーイング(William Boeing)も飛行機事業にのりだすのにマーティン社の飛行機を購入することからはじめている。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとグレン・L・マーティン · 続きを見る »

シンガポール航空

ンガポール航空(シンガポールこうくう、Singapore Airlines (SIA), 新加坡航空公司(新航)、Syarikat Penerbangan Singapura、சிங்கப்பூர் ஏர்லைன்ஸ்)は、シンガポールの航空会社である。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとシンガポール航空 · 続きを見る »

ジェミニ計画

ェミニ計画(ジェミニけいかく、Project Gemini)は、アメリカ合衆国航空宇宙局(NASA)の二度目の有人宇宙飛行計画である。1961年から1966年にかけ、マーキュリー計画とアポロ計画の間に行われた。ジェミニ宇宙船は2名の宇宙飛行士を宇宙に送る能力があり、1965年から1966年までの間に10名の宇宙飛行士が地球周回低軌道を飛行した。この計画により、アメリカは東西冷戦時代にソビエト連邦との間でくり広げられた宇宙開発競争において優位に立つこととなった。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとジェミニ計画 · 続きを見る »

スカイボルト (ミサイル)

イボルト(ダグラス GAM-87/AGM-48 Skybolt)は、1950年代後半にアメリカ合衆国で開発されていた空中発射弾道ミサイルである。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとスカイボルト (ミサイル) · 続きを見る »

セントルイス

ントルイス(St. )は、アメリカ合衆国ミズーリ州東部、ミシシッピ川とミズーリ川の合流点に位置する商工業都市。どの郡にも属さない独立市である。人口は319,294人(2010年国勢調査)。 (MSA) の人口は2,811,588人で全米20位。広域都市圏 (CSA) の人口は2,916,447人(いずれも2015年推計)である。 隣接するイリノイ州イーストセントルイスとともに全米有数の犯罪都市としても有名であり、市北部、東部(イーストセントルイス)には荒廃したスラムが広がるが、危険地域さえ踏み入らなければ、治安はそこまで悪くはない(後述)。また、家賃、公共交通費、水道光熱費、食費などを含め、全米の大都市圏で最も物価が安く(最も物価が安い国内20の都市のうち、6番目と発表されたことがある)、交通機関も整備されていることから生活しやすい都市の一つにも挙げられている。また、最もフレンドリーな都市としても紹介されたことがあり、域内にある大学をはじめとする教育機関は数多くの留学生を受け入れ、日本人居住者も多い。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとセントルイス · 続きを見る »

サターンV

ターンV(サターンファイブ、Saturn V)は、1967年から1973年にかけてアメリカ合衆国のアポロ計画およびスカイラブ計画で使用された、使い捨て方式の液体燃料多段式ロケット。日本では一般的にサターンV型ロケットと呼ばれる。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとサターンV · 続きを見る »

冷戦

ワルシャワ条約 (WT) 加盟国朱色.

新しい!!: マクドネル・ダグラスと冷戦 · 続きを見る »

先進戦術戦闘機計画

先進戦術戦闘機計画(せんしんせんじゅつせんとうきけいかく、英:Advanced Tactical Fighter、ATF)は、1980年代初頭にアメリカ空軍によって提案された、次世代戦術戦闘機の開発計画である。また、ATFは本計画で開発された戦闘機(現:F-22)を指す場合もある。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスと先進戦術戦闘機計画 · 続きを見る »

BAe ホーク

BAe ホーク(British Aerospace Hawk)は、ホーカー・シドレー社が開発した単発ジェット練習機。軽攻撃機としての使用も可能である。ホークの製造と販売は、1977年にホーカー・シドレーからブリティッシュ・エアロスペース (BAe) に移り、BAeは1999年にBAEシステムズとなった。総生産機数は900機以上で、40年以上に渡って生産されている。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとBAe ホーク · 続きを見る »

C-17 (航空機)

C-17は、マクドネル・ダグラス(現ボーイング)社が製造し、アメリカ空軍が保有・運用する、主力の軍用大型長距離輸送機である。愛称はグローブマスターIII(Globemaster III)で、旧ダグラス・エアクラフト社の開発した輸送機C-74 グローブマスター・C-124 グローブマスターIIに由来している軍事研究2007年10月号「地球の裏へ急速空輸:C-5/C-17巨人機」。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとC-17 (航空機) · 続きを見る »

C-47 (航空機)

ダグラス C-47(Douglas C-47)は、ダグラス・エアクラフト社が開発した輸送機。愛称はスカイトレイン(Skytrain)。DC-3の軍用輸送機型であり、第二次世界大戦で傑出した働きをみせた。ノルマンディー上陸作戦など大規模な作戦だけでなく、物資輸送や空挺作戦で多用された。アメリカ陸軍航空隊の他にもアメリカ海軍、イギリス空軍などが使用した。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとC-47 (航空機) · 続きを見る »

C-9 (航空機)

C-9(しーないん)は、ベストセラー短距離旅客機であるダグラス DC-9-30を軍用輸送機としたモデル航空ファン別冊 No.32 アメリカ軍用機1945~1986 空軍編 P158 雑誌コード 03344-8 1986年 文林堂。1967年に制式採用が決定し、アメリカ空軍は患者輸送型のC-9A 21機と、政府高官輸送型C-9C 3機を使用していた。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとC-9 (航空機) · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスと第二次世界大戦 · 続きを見る »

航空宇宙

航空宇宙(こうくううちゅう、aerospace)とは、大気圏 (航空学) や宇宙空間 (宇宙飛行学) を飛行するための科学、工学、事業分野における人類の取り組みである。航空宇宙機関や企業が、航空機や宇宙船の研究、設計、製造、運用、維持を担っている。航空宇宙活動は多様であり、数多くの商業的、工業的、軍事的利用がなされている。 航空宇宙は、領空 (airspace) とは異なる。領空は、地上のある場所の直接上にある物理的な空間のことである。地球の大気と宇宙空間の境は物理学的に大気圧が極めて低くなる地点と定義され、地上100キロメートルとされている。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスと航空宇宙 · 続きを見る »

航空機

航空機(こうくうき、aircraftブリタニカ百科事典「航空機」)は、大気中を飛行する機械の総称である広辞苑 第五版 p.889「航空機」。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスと航空機 · 続きを見る »

航空機メーカーの一覧

航空機メーカーの一覧(こうくうきメーカーのいちらん)は、世界の航空機製造会社の一覧である。 航空機メーカーの合併や改称がある場合、原則として記事執筆時点で存続している会社名の下にインデントして、合併前の会社や改名前の会社名を列挙する。会社名の後ろの括弧でくくった年号はその名前での活動期間である。 なお、合併によりどちらかが同名称で残った場合には重複して表記することはしない。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスと航空機メーカーの一覧 · 続きを見る »

F-15 (戦闘機)

F-15は、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機。制式機の受領は1972年(正式編成は1976年)、愛称はイーグル(ワシ)(Eagle)。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとF-15 (戦闘機) · 続きを見る »

F-15E (航空機)

F-15Eは、マクドネル・ダグラス社(現ボーイング社)が開発した戦闘爆撃機(マルチロール機)である。愛称はストライクイーグル(Strike Eagle:攻撃する鷲、の意味)であるが、アメリカ空軍の正式愛称は「イーグル」のままである。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとF-15E (航空機) · 続きを見る »

F-4 (戦闘機)

F-4は、アメリカ合衆国のマクドネル社が開発した艦上戦闘機である。アメリカ海軍をはじめ、多くの国の軍隊で採用された。愛称はファントムII(Phantom II)。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとF-4 (戦闘機) · 続きを見る »

F/A-18 (航空機)

F/A-18は、アメリカ合衆国のマクドネル・ダグラス(現ボーイング)社が開発した戦闘攻撃機。また、採用国によっては防空任務が主な目的であることからF-18などと呼ばれることもある。 スズメバチを意味するホーネット(Hornet)が愛称で、現在は発展型であるF/A-18E/F スーパーホーネットと区別する意味でレガシー(旧来の)ホーネットと記載・呼称されることがある。ボーイングでは『F/A-18 Hornet Fighter』と記載している。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとF/A-18 (航空機) · 続きを見る »

F2H (航空機)

F2Hは、マクドネル社が開発したアメリカ海軍向けの艦上ジェット戦闘機。愛称はバンシー(Banshee)。1947年初飛行。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとF2H (航空機) · 続きを見る »

F3D (航空機)

F3Dは、アメリカ合衆国のダグラス社がアメリカ海軍向けに開発した艦上戦闘機。愛称はスカイナイト(Skyknight)。アメリカ海軍と海兵隊で運用された。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとF3D (航空機) · 続きを見る »

F3H (航空機)

F3Hは、アメリカ合衆国のマクドネル社が開発した艦上ジェット戦闘機。愛称はデーモン(Demon)、1951年初飛行。アメリカ海軍における艦上全天候戦闘機として、1950年代から1960年代にかけて運用された。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとF3H (航空機) · 続きを見る »

F4D (航空機)

F4Dはアメリカ合衆国のダグラス・エアクラフト社で製造された艦上戦闘機。愛称はスカイレイ(Skyray)。1950年代にアメリカ海軍で艦上戦闘機として運用された。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとF4D (航空機) · 続きを見る »

FH (航空機)

FHはアメリカ海軍の艦上ジェット戦闘機である。愛称はファントム(phantom:幽霊、亡霊の意)。 1945年1月に初飛行した世界初の実用ジェット艦上戦闘機である。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとFH (航空機) · 続きを見る »

KC-10 (航空機)

KC-10はアメリカ合衆国のマクドネル・ダグラス社が開発した空中給油・輸送機である。愛称は“エクステンダー(Extender.拡張するもの、の意)”。 2013年までにアメリカ空軍で運用されている。本項では、オランダ空軍が運用しているほぼ同仕様の機体KDC-10についても記述する。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとKC-10 (航空機) · 続きを見る »

MDヘリコプターズ

MDヘリコプターズ(MD Helicopters Inc.)は主に商業用のヘリコプターを生産する会社。アメリカのアリゾナ州とテキサス州の他、メキシコに生産拠点を持つ。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとMDヘリコプターズ · 続きを見る »

PGM-17 (ミサイル)

PGM-17 ソー(Thor)は冷戦期の、核弾頭を搭載可能な射程2,400kmのアメリカ合衆国の準中距離弾道ミサイル (MRBM) である。アメリカ空軍のほか、イギリスにも配備され、イギリス空軍 (RAF) によっても運用されたが、キューバ危機後に撤去された。 「Thor」とは北欧神話の雷の神「トール」のことであり、英語では「ソー」もしくは「ソァ(ソア)」と発音する。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとPGM-17 (ミサイル) · 続きを見る »

SBD (航空機)

SBD ドーントレスは、アメリカ海軍の偵察爆撃機。開発はダグラス社。第二次世界大戦のほぼ全期間を通して急降下爆撃機や偵察機として使用された。アメリカ海軍だけでなく陸軍や海兵隊でも運用された他、少数がイギリス海軍に供与されている。 名前のSBは偵察爆撃機 (Scout Bomber) を意味し、Dはダグラス社を意味する。愛称のドーントレス(dauntless)とは、「恐れを知らない、勇敢な、不敵な、がまん強い、不撓不屈の」などを意味する形容詞である。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとSBD (航空機) · 続きを見る »

T-45 (航空機)

T-45は、アメリカ海軍で運用しているジェット練習機。愛称はゴスホーク (Goshawk:オオタカの意)。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとT-45 (航空機) · 続きを見る »

X-36 (航空機)

X-36は、マクドネル・ダグラス(現ボーイング)社とNASAが開発した垂直尾翼を持たない無人の戦闘機機動研究機である。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスとX-36 (航空機) · 続きを見る »

湾岸戦争

湾岸戦争(わんがんせんそう、Gulf War、حرب الخليج الثانية)は、1990年8月2日のイラクによるクウェート侵攻をきっかけに、国際連合が多国籍軍(連合軍)の派遣を決定し、1991年1月17日にイラクを空爆して始まった戦争である。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスと湾岸戦争 · 続きを見る »

朝鮮戦争

朝鮮戦争(ちょうせんせんそう)は、1948年に成立したばかりの朝鮮民族の分断国家である大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の間で生じた朝鮮半島の主権を巡る国際紛争中村隆英『昭和史 下 1945-89』 東洋経済新報社,p.565半藤一利『昭和史 戦後編 1945-1989』 平凡社ライブラリー,p297-298.芦田茂「」戦史研究年報 第8号(2005年3月)防衛研究所。1950年6月25日に金日成率いる北朝鮮が中華人民共和国の毛沢東とソビエト連邦のヨシフ・スターリンの同意と支援を受けて、国境線と化していた38度線を越えて韓国に侵略を仕掛けたことによって勃発した。 分断国家朝鮮の両当事国、朝鮮民主主義人民共和国と大韓民国のみならず、東西冷戦の文脈の中で西側自由主義陣営諸国を中心とした国連軍と東側の支援を受ける中国人民志願軍が交戦勢力として参戦し、3年間に及ぶ戦争は朝鮮半島全土を戦場と化して荒廃させた。1953年7月27日に国連軍と中朝連合軍は朝鮮戦争休戦協定に署名し休戦に至ったが、北緯38度線付近の休戦時の前線が軍事境界線として認識され、朝鮮半島は北部の朝鮮民主主義人民共和国と南部の大韓民国の南北二国に分断された。 終戦ではなく休戦状態であるため、名目上は現在も戦時中であり、南北朝鮮の両国間、及び北朝鮮とアメリカ合衆国との間に平和条約は締結されておらず、緊張状態は解消されていない。休戦以来、北朝鮮は幾度となく大韓民国への領空、領海侵犯のみならず砲撃をも行い、韓国や日本などの国民の拉致や恫喝を繰り返している。 2018年4月27日、板門店にて第三回南北首脳会談が行われ南北両首脳により板門店宣言が発表され2018年中の終戦が目指される。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスと朝鮮戦争 · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスと日本 · 続きを見る »

1920年

記載なし。

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1920年 · 続きを見る »

1921年

記載なし。

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1921年 · 続きを見る »

1928年

記載なし。

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1928年 · 続きを見る »

1929年

記載なし。

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1929年 · 続きを見る »

1938年

記載なし。

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1938年 · 続きを見る »

1946年

記載なし。

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1946年 · 続きを見る »

1948年

記載なし。

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1948年 · 続きを見る »

1951年

記載なし。

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1951年 · 続きを見る »

1953年

記載なし。

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1953年 · 続きを見る »

1956年

記載なし。

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1956年 · 続きを見る »

1958年

記載なし。

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1958年 · 続きを見る »

1963年

記載なし。

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1963年 · 続きを見る »

1966年

記載なし。

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1966年 · 続きを見る »

1967年

記載なし。

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1967年 · 続きを見る »

1968年

記載なし。

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1968年 · 続きを見る »

1971年

記載なし。

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1971年 · 続きを見る »

1974年

記載なし。

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1974年 · 続きを見る »

1975年

記載なし。

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1975年 · 続きを見る »

1977年

記載なし。

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1977年 · 続きを見る »

1980年代

1980年代(せんきゅうひゃくはちじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1980年から1989年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1980年代について記載する。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1980年代 · 続きを見る »

1981年

この項目では、国際的な視点に基づいた1981年について記載する。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1981年 · 続きを見る »

1984年

この項目では、国際的な視点に基づいた1984年について記載する。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1984年 · 続きを見る »

1986年

この項目では、国際的な視点に基づいた1986年について記載する。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1986年 · 続きを見る »

1990年代

1990年代(せんきゅうひゃくきゅうじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1990年から1999年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1990年代について記載する。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1990年代 · 続きを見る »

1992年

この項目では、国際的な視点に基づいた1992年について記載する。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1992年 · 続きを見る »

1997年

この項目では、国際的な視点に基づいた1997年について記載する。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1997年 · 続きを見る »

1998年

この項目では、国際的な視点に基づいた1998年について記載する。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスと1998年 · 続きを見る »

2001年

また、21世紀および3千年紀における最初の年でもある。この項目では、国際的な視点に基づいた2001年について記載する。.

新しい!!: マクドネル・ダグラスと2001年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

マクドネルダグラスマクダネル・ダグラスマクダネルダグラスマグダネル・ダグラスマグダネル・ダグラス社

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »