ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ポーランド

索引 ポーランド

ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、Rzeczpospolita Polska)、通称ポーランドは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。欧州連合 (EU)、北大西洋条約機構 (NATO) の加盟国。通貨はズウォティ。首都はワルシャワ。 北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する。 10世紀に国家として認知され、16世紀から17世紀にかけヨーロッパで広大な国の1つであったポーランド・リトアニア共和国を形成。18世紀、4度にわたり国土が隣国によって分割され消滅。 第一次世界大戦後、1918年に独立を回復したが、第二次世界大戦時、ナチス・ドイツとソビエト連邦からの事前交渉を拒否し両国に侵略され、再び国土が分割された。戦後1952年、ポーランド人民共和国として国家主権を復活、1989年、民主化により共和国となった。冷戦時代は、ソ連の影響下に傀儡政権の社会主義国とし最大で最も重要なソ連の衛星国の一国となり、政治的にも東側諸国の一員となった。国内及び東側諸国の民主化とソ連の崩壊と東欧革命を経て、「中欧」または「中東欧」として再び分類されるようになっている。.

1063 関係: 城代原子力原子爆弾原生林偏見けがれなき聖母の騎士会こけら落し十二音技法印刷単一民族国家単純労働収穫反ユダヤ主義古代ローマ司祭司教叙任権闘争名字名詞同君連合同化政策合成ガス君主制士族多民族国家大司教大学大統領大洪水時代天球の回転について天然ガス夫婦別姓夜間外出禁止令女性奇跡子供の日孤児学位実証主義宮宰宮殿家政婦官僚制宗主国寡頭制対抗宗教改革密輸封建制小選挙区制...小谷賢少子化不動産不法就労不法滞在両院制両性愛中央ヨーロッパ中央銀行中央情報局中世中道右派中道左派中道政治中東中東欧帰化主権丘陵世界世界遺産世界貿易機関世襲世論調査市民プラットフォーム三省堂下院一党独裁制平均寿命平和年代記乗用車亡命庶子人種のるつぼ人間開発指数広島市広葉樹予備役仏教建国記念日付加価値税強盗低地ソルブ語形容詞使徒復活祭徴兵制度従属国保守志願制度在籍者 (学習者)地動説地獄の黙示録地球地方分権北大西洋条約機構北ヨーロッパ平野北海帝国北海道ナチス・ドイツナポレオン・ボナパルトナポレオン戦争ペンテコステナイセ川ミハイル・トゥハチェフスキーミェチスワフ・カルウォーヴィチミェシュコ1世ミェシュコ2世 (ポーランド王)ミサマリ・キュリーマルメマルティヌス5世 (ローマ教皇)ノルウェーマルクス・レーニン主義ノンフィクションマンションマーヴィン・ルロイノートルダム楽派ノーベル文学賞マーシャル・プランノテチ川マニュファクチュアマイセンマウォポルスカ県マキシミリアノ・コルベマクデブルク法マズルカマゾフシェ県チャンス (1979年の映画)チーズチェロチェンストホヴァチェコチェコ人チェコスロバキアチェコ語チェスワフ・ミウォシュハリウッドハンドボールハンガリーハンガリー人ハンガリー人民共和国 (1949年-1989年)ハンガリー王国ハールィチ・ヴォルィーニ大公国ハインリヒ2世 (神聖ローマ皇帝)バルト三国バルト人バルト海バレーボールバロックバロック音楽バーシアバトゥバグパイプバス (交通機関)バスケットボールポモージェ県ポリャーネ族 (西)ポルトガルポロネーズポロニウムポーランドとリトアニアのヘトマン一覧ポーランドの反独闘争ポーランドの大統領一覧ポーランドの国章ポーランドの観光地ポーランドの首相ポーランドの都市の一覧ポーランド君主一覧ポーランド家族同盟ポーランド亡命政府ポーランド人ポーランド人民共和国ポーランド侵攻ポーランド・リトアニア合同ポーランド・リトアニア共和国ポーランド・ロシア戦争ポーランド・カトリック教会ポーランド・ソビエト戦争ポーランドボールポーランド分割ポーランド共和国上院ポーランド共和国下院ポーランド国王ポーランド国立銀行ポーランド国民解放委員会ポーランド王国ポーランド王国 (1916年-1918年)ポーランド空軍ポーランド空軍Tu-154墜落事故ポーランド立憲王国ポーランド第二共和国ポーランド統一労働者党ポーランド特別軍ポーランド語ポーランド農民党ポーランド関係記事の一覧ポーランド陸軍ポーランド民主化運動ポーランド海軍ポトカルパチェ県ポピュラー音楽ポピュリズムポツダム会談ポドラシェ県ポズナンポズナン大公国メーデーメイドモラヴィアモルドバモレーンモンゴルのポーランド侵攻モンゴル系民族モータースポーツモスクワモスクワ大公国ヤマドリタケヤルタ会談ヤロスワフ・イヴァシュキェヴィッチヤロスワフ・カチンスキヤン3世 (ポーランド王)ヤン・マテイコヤン・ドゥウゴシュヤン・コハノフスキヤン・ザモイスキヤヴォジュノヤヌシュ・コルチャックヤドヴィガ (ポーランド女王)ヤギェウォ大学ヤギェウォ朝ヤクブ・ブワシュチコフスキユリウシュ・ザレンプスキユーロチャレンジユニバーサルヘルスケアユニテリアン主義ユダヤ人ユダヤ教ユゼフ・ピウスツキユゼフ・ベックユゼフ・エルスネルヨハネ・パウロ2世 (ローマ教皇)ヨハネス19世 (ローマ教皇)ヨハネス・ヘヴェリウスヨーロッパバイソンヨーロッパ戦勝記念日ヨシフ・スターリンラトビア人ラテン語ラベンダーライムギライプツィヒラウジッツラジヴィウ家ラズベリーリトアニアリトアニア大公国リトアニア人リトアニア語リプカ・タタール人リドリー・スコットリシャルト・カプシチンスキリスィ山リサイクルルネサンスルーマニアルーシルーシ人ルーシ語ルーシ族ルブリンルブリン合同ルブリン県ルブシュ県ルドヴィコ・ザメンホフルシン人ルシン語ルサチア文化レヒト諸語レデンプトール会レフ・ヴァウェンサレフ・カチンスキレオパルト2レグニツァロマロマン・ポランスキーロマン派ロマ語ロバート・クビサロンドンローム (土壌)ローザ・ルクセンブルクローズマリーの赤ちゃんロック (音楽)ロベルト・レヴァンドフスキロイターロシアロシア帝国ロシア人ロシア化ロシア・ポーランド戦争 (1605年-1618年)ロシア皇帝ロシア語ロシア連邦軍ロタール3世 (神聖ローマ皇帝)ワルシャワワルシャワ大劇場ワルシャワ大学ワルシャワ公国ワルシャワ蜂起ワルシャワ条約機構ワールシュタットの戦いヴロツワフヴワディスワフ2世 (ポーランド王)ヴワディスワフ2世ヴィグナニェツヴワディスワフ・レイモントヴワディスワフ・ゴムウカヴワディスワフ・ジェレンスキヴァリャーグヴァルミアヴァルミア=マズールィ県ヴァルタ川ヴァンダル族ヴァヴェル大聖堂ヴァイマール三角連合ヴァイオリンヴィリニュスヴィルヘルム2世 (ドイツ皇帝)ヴィータウタスヴィトルト・ルトスワフスキヴィェルバルク文化ヴィエリチカ岩塩坑ヴィエルコポルスカ県ヴィシェグラード・グループヴィスワ川ヴィスワ作戦ヴィスワヴァ・シンボルスカヴェルサイユ条約ヴェステルプラッテヴォイチェフ・ヤルゼルスキヴォイチェフ・キラールボヤールボルシア・ドルトムントボレスワフ1世 (ポーランド王)ボレスワフ1世ヴィソキボレスワフ2世 (ポーランド王)ボレスワフ3世クシヴォウスティボヘミアボクシングボグスワフ・シェッフェルトヨタ自動車トルントルコ人ヘラジカヘロドトスヘンリク2世ヘンリク・ヴィエニャフスキヘンリク・グレツキヘンリク・シェンキェヴィチヘンリク条項ヘブライ語ブラックベリーブリュッセルブリヂストンブルーノ・シュルツブルーベリーブレスト (ベラルーシ)ブロニスワフ・ピウスツキブロニスワフ・コモロフスキブィドゴシュチュブク川プラハのアダルベルトプルーセンプロテスタントプロイセンプロイセン王国プロシア連合プウォツクプシェヴォルスク文化パリパン・タデウシュ物語パヴェル・シマヌスキパヴェウ・ヴウォトコヴィツパーソナルコンピュータパウエル・ナツラパスポートヒップホップビャウィストクビャウォヴィエジャの森ビルベリービェルスコ=ビャワビザピャスト朝ピーター・セラーズテュルク系民族テレビテクノロジーテクラ・バダジェフスカデュエリスト/決闘者デンマークデア・シュピーゲルデジタル家庭電化製品フランクフルト・アム・マインフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥングフランシス・フォード・コッポラフランスフランス君主一覧フランス人フランス語フリードリヒ1世 (神聖ローマ皇帝)フレデリック・ショパンフン族フェンシングフォーブス (雑誌)フス戦争ドナルド・トゥスクドルヌィ・シロンスク県ドント方式ドンブロフスキのマズルカドイツドイツ少数民族ドイツ帝国ドイツ人ドイツ騎士団ドイツ騎士団国ドイツ語ドイツ民主共和国ニコラウス・コペルニクスホロコーストホワイトカラーホテルベラルーシベラルーシ人ベラルーシ語ベリーベルギーベアタ・シドゥウォ味の素アバンギャルドアメリカ合衆国アメリカ大陸アメリカ軍アメリカ文学アルメニア人アルトゥール・ルービンシュタインアルフレト・タルスキアルベルト・ブルゼフスキアンナ (ポーランド女王)アンナ・ヴェルブリンスカアンリ2世 (フランス王)アンリ3世 (フランス王)アンドレイ・タルコフスキーアンジェイ・ワイダアンジェイ・ドゥダアダム・ミツキェヴィチアダム・ミツキェヴィチ大学アダム・マリシュアイルランドアイヌアイスランドアイスホッケーアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所アシュケナジムアジアイノベーションイチゴイラン系民族イルクーツクイレーナ・センドラーインフラストラクチャーインド・ヨーロッパ語族イングランド王国イツホク・レイブシュ・ペレツイディッシュ語イェジ・ブゼクイェジ・アンジェイェフスキイェジー・カヴァレロヴィチイエズス会イギリスイギリス文学イグナツィ・パデレフスキイスラム教イスラエルイタリアイタリア人ウランウラジオストクウワディスワフ・シュピルマンウッチウッチ県ウィーン会議ウォッカウカシュ・ピシュチェクウクライナウクライナ人ウクライナ語エミリア・プラテルエニグマ (暗号機)エカチェリーナ2世エスペラントエストニアエスカルゴオペラオポーレオポーレ県オランダオルシュティンオーデル川オーストリアオーストリア=ハンガリー帝国オットー3世 (神聖ローマ皇帝)オットー・フォン・ビスマルクオフィスオアシスオスマン帝国カミル・ストッフカライム語カリーニングラードカリーニングラード州カリシュの法令カリスマカルトカルパティア山脈カロル・シマノフスキカール1世 (オーストリア皇帝)カール9世 (スウェーデン王)カール・シュテファン・フォン・エスターライヒカトリーヌ・ド・メディシスカトリック教会カトヴィツェカピチュレーションカティンの森事件カシミール・フンクカシューブ語カジミェシュ1世カジミェシュ3世 (ポーランド王)カジミェシュ・セロツキガリツィアガーディアンキャベツキリストキリスト教民主主義キロバイトキェルツェキエフ大公国ギネス世界記録クヤヴィ=ポモージェ県クランベリークラクフクリミア・ハン国クリミア・タタール人クリミア戦争クリスマスクリスマス・イヴクリスマス・キャロルクリスマスツリークリストフ・コメダクレヴォの合同クロスグリクーデタークヌート1世 (イングランド王)クォ・ヴァディスクシシュトフ・ペンデレツキクシシュトフ・メイエルクシシュトフ・キェシロフスキグラル人グラジナ・バツェヴィチグレゴリウス9世 (ローマ教皇)グディニャグニェズノグダニスクゲルマン人ゲルマニア (書物)コンラト1世 (マゾフシェ公)コンスタンツ公会議コンサートホールゴート族ゴジュフ・ヴィエルコポルスキザモシチザルビンツィ文化ザコパネシャープシュチェチンシュラフタショパン国際ピアノコンクールシレジア人シレジア語シロンスク・ピャスト家シロンスク県シフィェンティクシシュ県シベリアシェンゲン協定シェンゲン情報システムシェールガスジミ・ヘンドリックスジャージ・コジンスキージャガンジャズジュラ紀ジョアキーノ・ロッシーニジョゼフ・コンラッドジヴィエツジェロナ・グラジェシュフジグムント2世ジグムント3世スペインスラヴ人スラヴ語派スロバキアスロバキア人スロバキア共和国 (1939年-1945年)スロバキア語ステファン・バナフスティーブン・ソダーバーグスイススウェーデンスウェーデン人スウェーデン・ポーランド戦争スカンディナヴィアスキージャンプスキタイスターリニズムスタニスワフ・モニューシュコスタニスワフ・レムスタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキズビグニェフ・ボニエクズデーテン山地ズウォティズジスワフ・ベクシンスキーセントラルヒーティングセビリアの理髪師セイムセイヨウスグリゼノ・ゼブロフスキーソポトソラリス (バス)ソラリス (映画)ソラリスの陽のもとにソーシャル・ネットワーキング・サービスソビエト連邦ゾロトゥルンタバコタルヌフタンネンベルクの戦い (1410年)タトラ山脈タデウシュ・バイルトタデウシュ・コシチュシュコタデウシュ・シェリゴフスキタキトゥスタタールタタール語サルマタイサンタクロースサッカーサッカーポーランド代表サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー戦争サイエンス・フィクションサクラ傀儡政権冷戦円卓会議 (ポーランド)内閣内閣総理大臣啓蒙時代全権委員共同体共同通信社共和制共和国共産主義元首元老院元日先史時代兵站国名の漢字表記一覧国境国家国庫国内総生産国王自由選挙国際通貨基金国際連合国際連合教育科学文化機関国防省国連薬物犯罪事務所国民保守主義国有企業国有化皇后皇太子石炭玄武岩王権灰とダイヤモンド現代音楽琥珀球状アンフォラ文化破門砂漠硬貨社会主義社会主義国神聖ローマ帝国神聖ローマ皇帝租税移動祝日移民税率立法立方メートル立憲君主制第1回十字軍第一次世界大戦第二次世界大戦第二次トルンの和約第二次ウィーン包囲第二次産業第四紀簒奪累進課税紅ルーシ緊縮財政政策総合格闘技総督羽毛翻訳借用父の日絞首刑絶滅経済協力開発機構経済学者経済相互援助会議環濠集落生存権無政府状態異教徒独ソ不可侵条約独立独立自主管理労働組合「連帯」花崗岩鎌と槌遷都選挙権聖人聖体の祝日聖母の騎士高等学校荷車非鉄金属非拘束名簿式領邦行政衆議院衛星国飛地西ポモージェ県西ドイツ西スラヴ人西スラヴ語群西欧親近感馬車馬肉首相首都香川真司詩人諸聖人の日高層建築物高度経済成長高地ソルブ語高等教育謝肉祭講談社議会議院内閣制識字財産権貨物自動車路面電車軍法会議黄土黄金の自由輸出農奴制農家農産物部族都市都市法舞踏会赤い星赤軍間接民主主義開発独裁重量挙げ釧路湿原自由主義自由権自衛 (ポーランド)自衛権金融危機金融機関長崎市長崎市への原子爆弾投下配給 (物資)鉄道車両英語集団農場通奏低音考古学陸上競技F-16 (戦闘機)FacebookMIDIUEFA EURO 2012暁新世暴力行為等処罰ニ関スル法律暗号文単独攻撃接尾辞恐慌東側諸国東京東ヨーロッパ東スラヴ人東スラヴ語群東芝東欧革命東方の三博士東方植民村落森林楽器楕円軌道構造改革樺太欧州委員会欧州安全保障協力機構欧州復興開発銀行欧州理事会議長欧州電気標準化委員会欧州連合正教会正教徒歴史家死者の日歌川広重歌謡曲歌曲殺人殿 (軍事用語)母の日母語比例代表制水泳氷河氷河時代民主主義民主化民営化民族自決汚職求人法と正義清掃湿原月の軌道最後の晩餐惑星ソラリス戦場のピアニスト戦間期戦斧文化戴冠式戒厳映画映画音楽流罪浮世絵文化闘争日本日本テレビ放送網日本美術技術博物館“マンガ”館日本語日本語学校摂政政治体制憲兵憲法教会教皇所得税拒否権書記言語景気後退.pl1000年1004年1015年1018年1020年1025年1034年1038年1058年1076年1079年10世紀10月21日1138年1146年11世紀11月11日11月14日11月1日11月27日11月2日11月蜂起1226年1228年1241年12月12月1日12月21日12月24日12月25日12月26日12月31日12月6日1339年1355年1364年1385年1399年13世紀1410年1414年1430年1440年1466年1470年1489年14世紀1543年1556年1569年1573年1574年1578年1580年1581年1592年1596年1599年15世紀1605年1611年1612年1683年16世紀1772年1791年1792年1793年1795年17世紀1807年1815年1830年1833年1856年1863年1864年1871年1878年18世紀1916年1918年1919年1920年1922年1926年1933年1935年1939年1945年1950年1952年1979年1980年1980年代1981年1983年1989年1989年ポーランド議会選挙1990年1993年1997年1999年19世紀1億人の大質問!?笑ってコラえて!1月1日1月21日1月22日1月6日1月蜂起2002年2004年2005年2005年ポーランド大統領選挙2005年ポーランド議会選挙2007年2007年ポーランド議会選挙2008年2009年2010年2010年ポーランド大統領選挙2011年2013年2014年20世紀2月3月30日4世紀4月10日5月5月1日5月26日5月3日5月3日憲法5月8日6世紀6月6月18日6月1日6月23日6月3日7月4日7月6日8世紀8月11日8月15日966年992年9月17日9月1日9月7日 インデックスを展開 (1013 もっと) »

城代

城代(じょうだい)とは、中世から近世の日本で大名から城郭及び周辺の領土の守備を任された家臣をいう。城主の留守中に代理として城を管理した者。近世には留守居頭(るすいがしら)・大留守居(おおるすい)などの別称でも呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドと城代 · 続きを見る »

原子力

原子力(げんしりょく。nuclear energy)とは、原子核の変換や核反応に伴って放出される多量のエネルギーのこと平凡社『世界大百科事典』より「原子力」の項。、またはそのエネルギーを兵器や動力源に利用すること。核エネルギー(かくエネルギー)や原子エネルギー(げんしエネルギー)ともともいい、単に核(かく、nuclear)と呼ぶ場合には、原子力を指すことが通例である。.

新しい!!: ポーランドと原子力 · 続きを見る »

原子爆弾

長崎に投下された原子爆弾のキノコ雲1945年8月9日 広島型原爆(リトルボーイ)による被害者の一人。(1945年10月。日本赤十字病院において) 原子爆弾(げんしばくだん、原爆、atomic bomb)は、ウランやプルトニウムなどの元素の原子核が起こす核分裂反応を使用した核爆弾で、初めて実用化された核兵器でもある。原子爆弾は、核爆発装置に含まれる。水素爆弾を含めて「原水爆」とも呼ばれる。 核兵器は通常兵器と比較して威力が極めて大きいため、大量破壊兵器として核不拡散条約や部分的核実験禁止条約などで規制されており、核廃絶を求める主張もある。.

新しい!!: ポーランドと原子爆弾 · 続きを見る »

原生林

原生林(げんせいりん、primeval forest, virgin forest)はある程度昔から現在まで、伐採や災害などによって破壊(森林破壊)されたことがなく、またほとんど人手が加えられたことのない自然のままの森林をさす。それらが一切無いものを原始林というが、それに準ずるものである。.

新しい!!: ポーランドと原生林 · 続きを見る »

偏見

偏見(へんけん、)とは、偏った見方のことである。差別と密接な関係を持つ。 ゴードン・オルポートは「偏見とは十分な根拠もなしに他人を悪く考えること」と定義する。ここで言う他人を悪く考えることとは、「好意を持たない感情、恐怖感、嫌悪感と共に他人の差別、誹謗中傷、暴力等の反感を持った行為」である。 上記の定義はあくまで否定的偏見(ネガティブ偏見)である。十分な根拠もなしに他人をよく考えることもありうる(好意的偏見)。それを考慮にいれれば「偏見とは、十分な根拠もなしに他人を好きとか嫌いとかと判断する感情である」と定義されるべきとの主張もある。しかし、偏見の大部分は否定的偏見が占めている。.

新しい!!: ポーランドと偏見 · 続きを見る »

けがれなき聖母の騎士会

けがれなき聖母の騎士会(けがれなきせいぼのきしかい、略称M.I)は、1917年に創設されたカトリック教会の信心会である。.

新しい!!: ポーランドとけがれなき聖母の騎士会 · 続きを見る »

こけら落し

こけら落し(こけらおとし、杮落し)とは、新たに建てられた劇場で初めて行われる催しのことである。ただし、こけら落し公演は来場者数が多くなり、出演者も大物であることが多いことから、実際には公演に当たっての手順を確認するなどといった名目でオープン後に複数の準備公演を実施してから正式なこけら落し公演をするケースが多い。 演目はそれぞれの劇場の特性に合わせた内容で、おおむね慶事の内容であることが多い。「こけら(杮)」とは材木を削った際の木片のことであり、建設工事の最後に屋根などの木片を払うことが語源になっている。転じて体育館、陸上競技場、球技場、野球場などのスポーツ施設が開場する際にも報道などで「こけら落し」と表現される場合があるが、本来は劇場に用いる言葉であるため特に屋根のない屋外施設などでは誤用とされる。歌舞伎発祥の言葉に、「こけら落しを見ると寿命が延びる」というものがある。 「杮(こけら)」という字は「柿(かき)」と同じに見えるが、「柿(かき)」は「木部五画(旁が「亠+巾」)」なのに対し、「杮(こけら)」は「木部四画(縦棒がつながる)」である。しかし、過去の文献によれば、両者は明確には区別されておらず、例えば『康熙字典』では逆になっており、両方とも「柿(木部五画)」とするものや、両字は同じ字の別字体と説明するものもある。これを根拠にして、JIS規格では「柿(木部五画)」が両方の字を包摂するものとしている。これに対し、字典で区別されていないのは後の混同によるものであり、字義を考えれば「こけら」は「杮(木部四画)」で書くべきとする説もある。.

新しい!!: ポーランドとこけら落し · 続きを見る »

十二音技法

十二音技法(じゅうにおんぎほう、Twelve-tone music、Zwölftonmusik)は、一般にはアルノルト・シェーンベルクが「五つのピアノ曲」作品23で1921年に完全に体系化した(とされる)作曲技法であり、ドデカフォニー(dodecaphony)ともいうが、実際は「無調音楽」や「雑音音楽」、「電子音楽」のように複数の作曲家によって同時代に別々に独立して出てきた作曲技法である。.

新しい!!: ポーランドと十二音技法 · 続きを見る »

印刷

印刷(いんさつ、printing)とは、インキにより、紙などの媒体に文字や絵、写真などの画像を再現することを指し、印刷された物を印刷物という。 現代では2次元の媒体に限らず、車体など3次元の曲面に直接印刷する技術も多数開発されている。印刷がカバーする範囲は極めて広く、気体以外の全ての物体に対して可能であるとされている(ゲル状の物体にすら印刷が可能な技術がある)。.

新しい!!: ポーランドと印刷 · 続きを見る »

単一民族国家

単一民族国家(たんいつみんぞくこっか)とは単一の民族からなる国家のことである。言い換えると少数民族をもたない国家という事である。対義語は多民族国家である。ただし他民族が存在していても単一の民族の文化や言語や価値観を前提として国の執政がとられる場合も単一民族国家であると捉えることができる。.

新しい!!: ポーランドと単一民族国家 · 続きを見る »

単純労働

単純労働(たんじゅんろうどう、英語: manual labor)とは、知識をさほど要しない労働を指す。工場作業・荷役作業・建設作業などがこれに当たる。 日本では、明治維新から冷戦終結まで120年余りにわたり工業社会が続き、低学歴者が工員など単純労働に就くことが多かった。このため「末は博士か大臣か」というように、「高学歴=社会の指導者」として学者や政治家を貴び、「低学歴=社会の指導者ではない」として単純労働従事者を賎しめる風潮が根強かった。また、貧困家庭が多かった時代背景を反映して、学校教育も「質より量」が貴ばれ、一方通行型の一斉授業に象徴される大量生産スタイルが実践されていた。しかし冷戦終結後は「質より量」の産業構造が変化し、25年以上続く長期不況と就職難が続いた。その結果、高学歴者でも単純労働に追いやられる者が増えている(学歴難民)。 欧州や米国では、外国人労働者が単純労働にしか従事できない国民階層と、職場の争奪を巡り、しばしばトラブルが発生している。.

新しい!!: ポーランドと単純労働 · 続きを見る »

収穫

収穫(しゅうかく、harvest)とは成熟した農作物を収集すること。.

新しい!!: ポーランドと収穫 · 続きを見る »

反ユダヤ主義

上山安敏2005,p.265.。絵画『エルサレムの包囲と破壊』,David Roberts,1850年 異端判決宣告式。 反ユダヤ主義(はんユダヤしゅぎ)とは、ユダヤ人およびユダヤ教に対する敵意、憎悪、迫害、偏見を意味する「反ユダヤ主義」世界大百科事典 第2版。 旧約聖書のエステル記に離散したユダヤ人(ディアスポラ)に対する反ユダヤ的態度がすでに記述されており、19世紀以降に人種説に基づく立場は反セム主義(はんセムしゅぎ)またはアンティセミティズム(antisemitism)とも呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドと反ユダヤ主義 · 続きを見る »

古代ローマ

古代ローマ(こだいローマ、Roma antiqua)は、イタリア半島中部に位置した多部族からなる都市国家から始まり、領土を拡大して地中海世界の全域を支配する世界帝国までになった国家の総称である。当時の正式な国号は元老院ならびにローマ市民(Senatus Populusque Romanus)であり、共和政成立から使用されて以来滅亡まで体制が変わっても維持された。伝統的には476年のロムルス・アウグストゥルスの退位をもって古代ローマの終焉とするのが一般的であるが、ユスティニアヌス1世によってイタリア本土が再構成される554年までを古代ローマに含める場合もある。ローマ市は、帝国の滅亡後も一都市として存続し、世界帝国ローマの記憶は以後の思想や制度に様々な形で残り、今日まで影響を与えている。.

新しい!!: ポーランドと古代ローマ · 続きを見る »

司祭

司祭(しさい)とは、キリスト教における位階の一つ。東方諸教会、正教会、カトリック教会、聖公会に存在する。 プロテスタントには、万人祭司の教理により司祭がおらず、指導者として牧師がいる。.

新しい!!: ポーランドと司祭 · 続きを見る »

司教

司教(しきょう、Episcopus, bishop)は、カトリック教会の位階の一つで、ある司教区(教区)を監督する聖務職のこと。 正教会や聖公会などではこれに相当するのは「主教」と呼び、福音主義(ルター派)教会やメソジストでは「監督」と呼ぶ。 なお、カトリック教会でも中国語・韓国語では訳語に「主教」を採用している(例:天主教台湾地区主教団)。.

新しい!!: ポーランドと司教 · 続きを見る »

叙任権闘争

叙任権闘争(じょにんけんとうそう、)は、中世初期において特にローマ皇帝(俗権)がローマ教皇(教権)との間で司教や修道院長の任命権(叙任権)をめぐって行った争いのこと。.

新しい!!: ポーランドと叙任権闘争 · 続きを見る »

名字

名字(みょうじ、苗字)は、家(家系、家族)の名のこと。法律上は氏と呼ばれ(民法750条、790条など)、一般には姓ともいう。.

新しい!!: ポーランドと名字 · 続きを見る »

名詞

名詞(めいし )とは、品詞(語の文法的分類)の一つで、典型的には物体・物質・人物・場所など具体的な対象を指示するのに用いられKoptjevskaja Tamm 2006: 720.

新しい!!: ポーランドと名詞 · 続きを見る »

同君連合

同君連合(どうくんれんごう)は、複数の君主国の君主が同一人物である状態・体制のことである。同君連合の形態は大きく2つに分けることができる。同君連合の各構成国がそれぞれ独立した主権をもち続ける人的同君連合 と、各構成国を超えた中央政府が置かれて一元的にコントロールされる物的同君連合 の2つである。.

新しい!!: ポーランドと同君連合 · 続きを見る »

同化政策

同化政策(どうかせいさく、英語:cultural assimilation)とは、力を持つ民族が、弱い民族(もしくは集団)に対して自らの文化伝統を受け入れるよう強いる政策を言う。歴史的には古くからあるが、とりわけ国民国家形成期以降の同化政策が典型的なものである。.

新しい!!: ポーランドと同化政策 · 続きを見る »

合成ガス

合成ガス(ごうせいガス、シンガス、syngas, synthesis gas)とは一酸化炭素と水素の混合ガスのことであり、C1化学における基本的な原料の1つである。合成ガスは石炭(この場合石炭ガス)や天然ガス、重質油、石油排ガス、オイルシェールやバイオマスなどから作られる。また、廃プラスチックを酸などで合成ガス化して回収するという提案もある。1970年代までは都市ガスとして多く使われていたが、一酸化炭素による中毒の懸念があるためこの用途では今日天然ガスに取って代わられている。独リンデや仏エア・リキードがこれの大手であり、HyCOなどと呼称する場合が多い。.

新しい!!: ポーランドと合成ガス · 続きを見る »

君主制

君主制または君主政(くんしゅせい、英:monarchy)とは、君主が存在する政体である。君主制を支持・志向する思想や立場は君主主義(monarchism)と呼ばれる。対義語はそれぞれ共和制・共和政(republic)と共和主義(republicanism)である。.

新しい!!: ポーランドと君主制 · 続きを見る »

士族

士族(しぞく)は、明治維新以降、江戸時代の旧武士階級や地下家、公家や寺院の使用人のうち、原則として禄を受け取り、華族とされなかった者に与えられた身分階級の族称である。士族階級に属する者には、『壬申戸籍』に「士族」と身分表示が記され、第二次世界大戦後1947年(昭和22年)の民法改正による家制度廃止まで戸籍に記載された。.

新しい!!: ポーランドと士族 · 続きを見る »

多民族国家

多民族国家(たみんぞくこっか)とは、複数の民族から構成される国家のことである。対義語は単一民族国家である。地球規模での交通が発達し、国家間の行き来が盛んになった現在、純粋な単一民族国家というのは存在しえず、すべての国家が多民族国家であるということもできる。.

新しい!!: ポーランドと多民族国家 · 続きを見る »

大司教

大司教の紋章 大司教(だいしきょう、Archiepiscopus)は、カトリック教会の聖職者位階司教の範疇に属する聖務職。正教会と聖公会では大主教に相当する。他言語のほとんどでは区別せず、たとえば英語ではともにアーチビショップ(archbishop)である。 カトリック教会の教会法において4種類に分類される。.

新しい!!: ポーランドと大司教 · 続きを見る »

大学

ボローニャ大学における1350年代の講義風景を描いた写本挿絵 大学(だいがく、college、university)は、学術研究および教育における高等教育機関である。 日本の現在の学校教育制度では、高等学校もしくは中等教育学校卒業者、通常の課程による12年の特別教育を修了した者、またはこれと同等以上の学力を有する者を対象に専門的な高等教育を行うものとされている。学生の教育課程と修了要件の充足に応じて学位(短期大学士、学士、修士、専門職学位、博士)の学位授与を行う(なお、学位の名称・定義も国や地域によって異なる)。.

新しい!!: ポーランドと大学 · 続きを見る »

大統領

大統領(だいとうりょう、President)は、共和国の元首の呼称の一つ。 国によって、正式には共和国大統領や連邦大統領と称することもある。また、例外的に、国家元首たる合議体の議長や政府の長の呼称として用いられることもある。.

新しい!!: ポーランドと大統領 · 続きを見る »

大洪水時代

歴史上の大洪水またはスウェーデン大洪水(ポートプ・シュフェツキ、)は、17世紀中盤からのポーランド・リトアニア共和国の一連の軍事行動を指す。広義に、フメリニツキーの乱(1648年 - 1657年)、ロシア・ポーランド戦争(1654年 - 1667年)、アンドルソヴォ条約(1667年)、北方戦争(1654年 - 1660年)の期間と知られる。 厳密に言えば、スウェーデンによるポーランド・リトアニア共和国の侵略と占拠をした北方戦争(1654年 - 1660年)のみに用いる。大洪水の時期は、スウェーデンの歴史では北方戦争と呼ばれる。 大洪水が起きる前、ポーランド・リトアニア共和国は軍隊を擁して東欧地域に領土を拡大し人口規模も増えていた。また地理的・歴史的関係からクリミア・ハン国、オスマン帝国と覇権を巡り(3百年間)争っていた、1558年からのスウェーデンとポーランド間の戦争は3百年間に及ぶ、何れもポーランド分割まで続く。.

新しい!!: ポーランドと大洪水時代 · 続きを見る »

天球の回転について

『天球の回転について』(Nicolai Copernici Torinensis De revolutionibus orbium coelestium, Libri VI、英語訳: On the Revolutions of the Heavenly Spheres by Nicolaus Copernicus of Torin 6 Books)は、1543年に出版されたニコラウス・コペルニクスの地動説を主張した著書である。 1512年から行われた第5ラテラン公会議においては、教会暦の改良についても議論された。このとき意見を求められたものの、1年の長さと月の運動の知識が不十分であったため問題の解決ができなかったことを認識したコペルニクスが、太陽系の構造を根本から考えなおしたものである。1539年にゲオルク・レティクスがコペルニクスの弟子となりコペルニクスの手稿を読み、レクティスの天文学の師のヨハネス・シェーナーに概要を送り、1540年に Narratioとして出版された。Narratioの評判とレクティスの強い勧めにより『天球の回転について』の出版にコペルニクスは同意し、彼の死の直前に出版された。.

新しい!!: ポーランドと天球の回転について · 続きを見る »

天然ガス

天然ガス(てんねんガス、natural gas、天然氣)は、一般に天然に産する化石燃料である炭化水素ガスで、一般に、メタン、続いてエタンといった軽い炭素化合物を多く含み、その他の炭素化合物も含む。現代においては、エネルギー源や化学品原料として広く使われる。 広義には、地下に存在するガス、または地下から地表に噴出するガス一般を指す。この中にはマグマを原料とする火山ガスや化石燃料ガス(可燃性ガス)だけでなく、窒素や酸素、炭酸ガス、水蒸気、硫化水素ガス、亜硫酸ガス、硫黄酸化物ガスなどの不燃性ガスも含まれる。これら不燃性ガスの多くは火山性ガスである。.

新しい!!: ポーランドと天然ガス · 続きを見る »

夫婦別姓

夫婦別姓(ふうふべっせい)とは、夫婦が結婚後もそれぞれの姓を名乗ることである明鏡国語辞典、第二版、大修館書店、2010年。。日本法では「姓」ではなく「氏」が用いられているため法的には「夫婦別氏」(ふうふべっし)という床谷 文雄、、女性学評論、2号、1988年、13-47頁。doi/10.18878/00002058。夫婦別姓と夫婦同姓を選択できる制度を、「選択的夫婦別姓」(せんたくてきふうふべっせい)、法的には「選択的夫婦別氏」(せんたくてきふうふべっし)と呼ぶ。 一方、婚姻時に両者の名字(氏)を統一する婚姻および家族形態、またはその制度のことを「夫婦同姓」(ふうふどうせい)、法的には「夫婦同氏」(ふうふどうし)という。日本では現在、民法750条により夫婦同氏と定められ、夫婦別氏は国際結婚の場合を除き認められていないため、別氏のまま婚姻することを選択できる選択的夫婦別姓制度の導入の是非が議論されている。.

新しい!!: ポーランドと夫婦別姓 · 続きを見る »

夜間外出禁止令

夜間外出禁止令(やかんがいしゅつきんしれい)とは、一般市民に対して夜間の不要不急の外出を規制する行政措置。 「夜間」の定義はいくつかあり、一般には日の入りから翌日の日の出まで。23時から5時までのこともあるが、こちらは特に「深夜」とも呼ばれる。 治安上、軍事上の理由で行われることがあり、古くは、唐の首都・長安で実施されていた。 現在でも、中南米の政情不安定な国々では、散発的に夜間外出禁止令が発令され、飛行機の到着が遅れた旅行者が巻き込まれることもある。また、1994年のノースリッジ地震の例のように大きな自然災害が起こった際に発出されることもある。.

新しい!!: ポーランドと夜間外出禁止令 · 続きを見る »

女性

パイオニア探査機の金属板(部分)に描かれた女性像 女性器の構造 女性器の外観 成長した女性の下半身 女性(じょせい、γυναίκα、woman)は、男性と対比されるヒト(人間)の性別のこと。一般には生物学のメスと同義だが、社会・個人の価値観や性向に基づいた多様な見方が存在する。.

新しい!!: ポーランドと女性 · 続きを見る »

奇跡

奇跡(奇蹟、きせき、miracle)は、神など超自然のものとされるできごと。人間の力や自然法則を超えたできごととされること。.

新しい!!: ポーランドと奇跡 · 続きを見る »

姓(せい)とは、東アジアの漢字文化圏で用いられる血縁集団の名称。その範囲は地域や時代によって変動し、氏や名字といった他の血縁集団名と様々な階層関係にあった。近代以降、ヨーロッパなどの他の文化圏の血縁集団名、家系名の訳語としても用いられている。.

新しい!!: ポーランドと姓 · 続きを見る »

子供の日

子供の日(こどものひ、)は、子供の権利を尊重し、成長を祝うことなどを目的にした記念日。国際連合の世界こどもの日をはじめ、多くの国・地域で祝日が制定されている。 1920年にトルコが4月23日を国家主権と子供の日と制定、その後の1925年にジュネーブの子供の福祉世界会議で、6月1日が国際子供の日(International Children's Day)と制定された。1954年には国連総会により、11月20日が世界こどもの日(Universal Children's Day)と制定された。 国により日付は異なるが、旧共産圏諸国を中心に、6月1日としている国が多い。学校が休校になったり、催事が行われたり、また子供にプレゼントが贈られる習慣がある地域もある。.

新しい!!: ポーランドと子供の日 · 続きを見る »

孤児

孤児(こじ、みなしご)とは、両親・親戚等の保護者のいない未成年者の事。狭義では生みの両親が死別、または行方不明となった未成年者を指す。 特に戦争においては戦闘や空襲によって多くの成人が死亡したため、両親を亡くし孤児となった未成年者が続出した。戦後、このような孤児は戦災孤児と呼ばれた。 また、「保護者がいない」というその様から、ある仲間や業界の内部において、師匠格や先輩格となる人物の廃業・死去、あるいは所属団体からの脱退などによって拠るべき上位の人間関係を失ってしまった若手・修行中の人物や一門弟子のことを「○○界の孤児」などと表現することがある。 権利の所在が不明な著作物の事を「孤児著作物(オーファンワークス)」と呼ぶ。.

新しい!!: ポーランドと孤児 · 続きを見る »

学位

学位(がくい、degree)とは、大学など高等教育機関や国家の学術評価機関等において、一定の教育課程の修了者又はそれと同等の者に対して学術上の能力または研究業績に基づき授与される栄誉称号を言う学位を栄誉称号と規定する出典としては国史大辞典編集委員会編『国史大辞典第3巻』(吉川弘文館、1983年)177頁、相賀徹夫編著『日本大百科全書5』(小学館、1985年) 13頁、14頁を参照。その他、新村出編『広辞苑 第六版』(岩波書店、2011年)495頁および松村明編『大辞林 第三版』(三省堂、2006年)439頁なども参照。。 学位は(1)一定の教育課程を履修し、かつ試験に合格して学業を修めた者(2)学術上価値のある研究を修め、論文または著書を公刊した者(3)学術上または教育上、功績があると認められた者―に授与される称号であり、取得学位(課程博士など)、研究学位(論文博士など)、名誉学位の類型があるほか、国や大学によって博士、修士、学士の学位のほか、短期大学士、専門職学位その他各種の階梯・称号が制定されている相賀徹夫前掲書(小学館、1985年) 13頁、14頁参照。但し、名誉学位については名誉称号としてのみ有効であり、学歴はもちろんのこと、学術上の業績や研究能力の証明にはならない。。 ちなみに学位は大学院の修了資格と不可分の関係にあり、大学院の修了はその大学院の課程が定める特定の学位の取得を意味していた。しかし、今日ではその大学院の修士課程、専門職学位課程、博士課程の定める学位の他に、大学が提携する他大学特に外国にある大学の学位の取得も可能になるダブルディグリー・プログラムや学位の取得はできない代わりに知識や技術の修得のみに徹するノンディグリー・プログラムという教育課程もできるなど、大学院の修了資格としての学位のあり方も変わりつつある。 なお、同時に2つ以上の学位取得する制度として複数学位(ダブル・ディグリー)、共同学位(ジョイント・ディグリー)がある。いずれも複数の学位の取得を意味する点では同義である。但し制度としての複数学位とは、複数の大学が協定を結び、当該大学の課程を修了した者には修了した大学及び協定校の学位も同時に授与される制度をいう。これに対して、共同学位とはひとつの教育課程で複数の学位の授与を目指し教育を施す制度をいう。特に修士号を2つ取得することをダブルマスターと呼ぶことがあるが、高等な学位にいくに従い、こうした制度が年々充実・発展を遂げている。.

新しい!!: ポーランドと学位 · 続きを見る »

実証主義

実証主義(じっしょうしゅぎ、positivism、positivisme、Positivismus)は、狭い意味では実証主義を初めて標榜したコント自身の哲学を指し、広い意味では、経験的事実に基づいて理論や仮説、命題を検証し、超越的なものの存在を否定しようとする立場である。 英語の「positive」は、もともと「(神によって)置かれた」を意味するラテン語「positivus」に由来する。この原義から転じて、実証主義における「positive」とは、経験的に裏付けられたものを意味する。.

新しい!!: ポーランドと実証主義 · 続きを見る »

宮宰

宮宰(きゅうさい、 マーヨル・ドムス:大いなる家人)は、ヨーロッパ初期中世の職名ないし官職名。 ローマ帝国末期から民族大移動に至る時期のゲルマン諸国家および諸侯の宮廷職の首位を占める職で、もともとは、王家や諸侯の家政機関の管理者であった。この官職の性格としては、宮中伯に比せられることもある。 特に著名なのは、フランク王国メロヴィング朝の宮宰()で、王家の家政上の私事と公務の区別があいまいのまま、王領地の管理や王の側近の従士団の長を兼ねるようになり、メロヴィング朝後期の内乱時代において、王家の権限が弱まるとともに、王国の北東部を占めるアウストラシア、北西部を占めるネウストリア(ノイストリア)、南西部を占めるブルグント三分国の宮宰が国政面で王の代理として行政、裁判、戦争に参加する権能を持つようになった。 アウストラシアの宮宰カロリング家のピピン2世(中ピピン)が、ネウストリアの宮宰エブロインを687年のテリトリーの戦いで破るとカロリング家がフランク王国全体の宮宰となり、「フランク族の総帥にして首長」() と称するまでに至った。 中ピピンの子がカール・マルテルで、732年にトゥール・ポワティエ間の戦いでイスラム軍を破るとその名声は確固たるものとなり、751年にピピン3世が貴族たちに推挙されて王位につきカロリング朝を開いて、宮宰の職はいったん消滅した。 宮宰の職が復活するのは、ルートヴィヒ(ルイ)1世(敬虔王)のときで、帝室の財務長官職として置かれた。カロリング朝が断絶するに及んでドイツではという幼年の君主を単に後見する職になり、フランスでは、(家令)という類似する職となったが、かつてのメロヴィング朝後期のような力をもつことはなかった。.

新しい!!: ポーランドと宮宰 · 続きを見る »

宮殿

イタリア共和国カンパニア州 宮殿(きゅうでん)は、王族、皇族などの君主およびその一族が居住する、もしくは居住していた御殿。君主が政務や外国使節の謁見、国家的な儀式などを行う朝廷部分と、君主が私的な生活を行う宮廷(きゅうてい)部分に分かれる。中世ヨーロッパにおいては戦士階級と世俗君主階級が一体化していたため、城壁に囲まれた城砦の中に国王や領主が居住し、君主が住み政治的機能を有する城砦を宮殿と同時に呼ぶことが一般的であった。しかし、時代の変遷とともに城砦形式の有効性が低下したことなどから、防衛機能より見た目の豪華さ、壮大さや居住性を重視して、都市の中に建設されるようになった。ヨーロッパ大陸諸国では都市の中に建てられた貴族の壮麗な邸宅を指すことがある。ヨーロッパ諸語における「Palace(英)」、「Palast(独)」「 Palais(仏)」、「Palazzo(伊)」という表現は、古代ローマのローマの七丘の一つである「Palatinus Mons(パラティーノ)」に由来する。この丘にローマ貴族の多くが邸宅を建て、初代皇帝も居住したからである。 日本においては戦士階級(武士)に対して、天皇の形式上の地位が保たれていたことから、天皇の住居のみが宮殿と呼ばれ、武士の住居および軍事的基地である城砦とは明確に区別される。日本語の「御所」は「宮殿」と共に英語のPalaceに意味が近い。イタリア語のPalazzoは宮殿というより単に大邸宅を指す語となっている。.

新しい!!: ポーランドと宮殿 · 続きを見る »

家政婦

家政婦(かせいふ)とは、家庭における家事を補助・代行する職業であり、またその仕事を行う女性のことを指す日本国内での呼称である。 お手伝いさんとも呼ばれる。 同じく家事労働を行う女性の職業呼称であるメイドや女中と同義語とされることもあるが、特に後述する就業形態や歴史的経緯の面で区別して用いられることが多い。また、ハウスキーパーの訳として家政婦が当てられることもあるが、本来のハウスキーパーはメイドたちを統括する一種の管理職であり、現代の日本語でいう家政婦のイメージとは異なる。.

新しい!!: ポーランドと家政婦 · 続きを見る »

官僚制

本記事では官僚制(かんりょうせい、bureaucracy)について解説する。.

新しい!!: ポーランドと官僚制 · 続きを見る »

宗主国

宗主国(そうしゅこく)とは、実際の権力は対等もしくは逆転しているが格式や権威において上下関係を有するか、または格式や名目上の権威においては対等だが権限範囲において上下関係を有する諸国において、その最上位にあって他の関係諸国を下位とする国である。.

新しい!!: ポーランドと宗主国 · 続きを見る »

寡頭制

寡頭制または寡頭政(かとうせい、ὀλῐγ-αρχία.)は、全部または大半の政治権力を、特定の少数の人々が握っている政体。少数者支配の体制であり、対比語は多頭制(多数支配)である。寡頭制は君主制や独裁制のほか共和制や民主制でも存在する。なお権力者が2名の場合は二頭政治、3名の場合は三頭政治、4名の場合はテトラルキアともいう。.

新しい!!: ポーランドと寡頭制 · 続きを見る »

対抗宗教改革

対抗宗教改革(たいこうしゅうきょうかいかく)とは、16世紀のトリエント公会議を頂点としたカトリック教会内の改革刷新運動のこと。かつては「反宗教改革」という語が用いられていたが、近年の研究の結果、対抗宗教改革は宗教改革より以前に始まっていたことがわかり、カトリック改革とも呼ばれるようになってきている。.

新しい!!: ポーランドと対抗宗教改革 · 続きを見る »

密輸

密輸(みつゆ)とは、正規の手続きを経ず、物品の輸出入を行うことである。.

新しい!!: ポーランドと密輸 · 続きを見る »

封建制

封建制(ほうけんせい)は、君主の下にいる諸侯たちが土地を領有してその土地の人民を統治する社会・政治制度。諸侯たちは、領有統治権のかわりに君主に対して貢納や軍事奉仕などといった臣従が義務づけられ、領有統治権や臣従義務は一般に世襲される。日本史においては主に、鎌倉時代から江戸時代にかけての「武家の世」の社会・政治制度を表す言葉として用いられている。封建制は、中国古代の統治制度に由来する概念であるとともに、ヨーロッパ中世の社会経済制度であるフューダリズムの訳語でもあり、2つの意味が相互に影響している面もある。 中国では、封建制と郡県制の是非について「歴千百年」の議論が続いた。日本では中国古典とともに封建制の概念も持ち込まれ、頼山陽など江戸時代の知識人は、鎌倉幕府成立以来の武家政権体制を中国古代と似たものと考え、封建制の概念を用いて日本史を論じた。明治維新で実施された版籍奉還や廃藩置県には、こうした頼山陽らの封建制についての議論が影響している。一方、ヨーロッパ特にドイツでは、中世を特徴づける社会経済制度としてフューダリズム(ドイツ語:Feudalismus、英語:Feudalism)やレーエン(ドイツ語:Lehen)が盛んに研究されていた。明治時代半ばにレーエンを中心にフューダリズムが日本に紹介されると、フューダリズムと封建制は類似しているとされ、フューダリズムの訳語として封建制が用いられるようになった。その後、ドイツの歴史学派による経済発展段階説やマルクス経済学の唯物史観が日本に紹介されると、封建制(フューダリズム)は農奴制に結びつく概念となった。.

新しい!!: ポーランドと封建制 · 続きを見る »

小選挙区制

小選挙区制(しょうせんきょくせい)とは、1選挙区ごとに1名のみを選出する選挙制度である。.

新しい!!: ポーランドと小選挙区制 · 続きを見る »

小谷賢

小谷 賢(こたに けん、1973年9月 - )は、日本の歴史学者、国際政治学者。専門はイギリス政治外交史、インテリジェンス研究。日本大学危機管理学部教授。.

新しい!!: ポーランドと小谷賢 · 続きを見る »

少子化

少子化(しょうしか)とは、.

新しい!!: ポーランドと少子化 · 続きを見る »

不動産

不動産(ふどうさん、immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。.

新しい!!: ポーランドと不動産 · 続きを見る »

不法就労

不法就労(ふほうしゅうろう)とは、就労に関する正当な地位又は許可を有していない者あるいは一定の範囲の職への就労しか認められていない者(主に外国人)が、それらの地位・許可を得ないまま又は限定された許可の範囲を超えて、違法な状態で就労することを指す用語である。就労の内容が違法であるかどうか(例:薬物密売なら違法でアルバイト店員なら合法)ではなく、その職に従事すること自体が違法であることが主眼(例:許可がなければアルバイト店員でも違法)となる。 以下、主に現代の日本の状況を念頭に詳述する。.

新しい!!: ポーランドと不法就労 · 続きを見る »

不法滞在

不法滞在(ふほうたいざい)または不法滞留(ふほうたいりゅう)とは、出入国関係法令(日本の場合は出入国管理及び難民認定法)に違反した状態で外国(自らが国籍を有する以外の国)に滞在している状態を指す。非正規滞在あるいはオーバーステイ(over stay)という表現が用いられることもある。.

新しい!!: ポーランドと不法滞在 · 続きを見る »

両院制

両院制(りょういんせい)とは、「立法府」が独立して活動する二つの「議会」ないし「議院」によって構成される政治制度。二院制(にいんせい)とも言う。対照的な制度に一院制がある。.

新しい!!: ポーランドと両院制 · 続きを見る »

両性愛

両性愛(りょうせいあい)、バイセクシュアリティ(英:bisexuality)バイセクシャリティとも表記。は、男性にも女性にも見られる、異性・同性にかかわらずいずれの性の人に対しても、美的な憧れや情緒的・精神的な魅惑、あるいは性的・肉体的な欲望を抱くような性的指向をいう語。 両性愛の性質を持っている人を両性愛者(りょうせいあいしゃ)、バイセクシュアル(英:bisexual)バイセクシャルとも表記。あるいは略してバイという俗語(隠語)として「両刀」という言葉もある。。この場合、男性・女性という「性」は、身体的な性(セックス)に加えて、文化的な性も同時に指している。 両性愛という語は同性愛および異性愛と並ぶ性的指向の類型であるが、他方、両性愛とは「同性愛と異性愛との混合状態」であるとする見解もある。 また、性的少数者(セクシュアルマイノリティ)という時、バイセクシュアルは同性愛者という部分でセクシュアルマイノリティなのであり、異性愛者である部分はマジョリティであるとする考えから、広義のゲイやレズビアンに含むこともある。 両性愛は歴史上、人間社会および動物社会においてもさまざまな形態で観察されてきたものであるが、20世紀後半に入って初めてまじめな研究の対象となった。それでもなお、両性愛が広範囲に存在していた事実や、両性愛の定義については異議が唱えられている。.

新しい!!: ポーランドと両性愛 · 続きを見る »

中央ヨーロッパ

中東 中央ヨーロッパ(ちゅうおうヨーロッパ、Central Europe、Mitteleuropa)は、ヨーロッパの中央部に位置し、人口規模が大きい地域である。中欧と表記されることもある。.

新しい!!: ポーランドと中央ヨーロッパ · 続きを見る »

中央銀行

中央銀行(ちゅうおうぎんこう、)とは、国家や一定の地域の金融機構の中核となる機関である。通貨価値の安定化などの金融政策も司るために「通貨の番人」とも呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドと中央銀行 · 続きを見る »

中央情報局

CIA紋章 マクレーンにある中央情報局本部。かつては同州のラングレーに本部があり、ここから“ラングレー”と言えばCIAの別名だった。 中央情報局(ちゅうおうじょうほうきょく、英:Central Intelligence Agency、略称:CIA)は、外国での諜報活動を行うアメリカ合衆国の情報機関である。中央情報局長官によって統括され、アメリカ合衆国大統領直属の監督下にある。.

新しい!!: ポーランドと中央情報局 · 続きを見る »

中世

中世(ちゅうせい、英語:middle ages)は、狭義には西洋史の時代区分の一つで、古代よりも後、近代または近世よりも前の時代を指す。17世紀初頭の西洋では中世の観念が早くも定着していたと見られ、文献上の初見は1610年代にまでさかのぼる。 また、広義には、西洋史における中世の類推から、他地域のある時代を「中世」と呼ぶ。 ただし、あくまでも類推であって、西洋史における中世と同じ年代を指すとは限らないし、「中世」という時代区分を用いない分野のことも多い。 また、西洋では「中世」という用語を専ら西洋史における時代区分として使用する。 例えば英語では日本史における「中世」を通常は「feudal Japan」(封建日本)や「medieval Japan」(中世日本)とする。.

新しい!!: ポーランドと中世 · 続きを見る »

中道右派

中道右派(ちゅうどううは 英語:Centre-right)とは、政党あるいは政党グループの分類。穏健な右派・保守派のこと。 世界各国で広汎に使われている。一般的には、オルド自由主義、自由保守主義、新保守主義、緑の保守主義、キリスト教民主主義、新自由主義、リバタリアニズムといった主義を掲げる政党に対して用いられる。アメリカの共和党やイギリスの保守党、ドイツのCDUが代表格であり、日本では自由民主党がこれに該当する。.

新しい!!: ポーランドと中道右派 · 続きを見る »

中道左派

中道左派(ちゅうどうさは、英語:Centre-left)とは、政党あるいは政党グループの分類。穏健な左派のこと 一般的に中道左派は国家共同体による富の再分配や福祉・社会保障を積極肯定する勢力とされている。しかし右翼、極右、オルド自由主義、緑の保守主義なども社会保障や格差是正を主張している。近年ではアメリカのクリントン政権やイギリスのブレア政権に見られるように、中道右派政党の新自由主義・市場原理主義的経済政策をある程度取り入れ、積極的に民営化・自由化を行うなどかつての社会民主主義とは異なった考え方(社会自由主義)を主に意味するようになった。また、社会民主主義において民営化路線を取り入れたイギリス労働党・ブレア政権の第三の道・またはそれに近いドイツ社会民主党・シュレーダー政権のような中道路線(リベラリズム)を指す言葉としても用いられる。近年の中道左派路線である第三の道は、市場万能主義(ニュー・ライト=サッチャリズム)と計画万能主義(オールド・レフト)をアウフヘーベン(止揚:良いところどり)し、旧来の社民主義を再編した新しい道としてアンソニー・ギデンズによって唱えられ、ブレア政権によってイギリスで実現して以来、1990年代に欧州で多くの現代的意味での中道左派政権が誕生していった、(リベラル・コミュニタリアニズム、市場社会主義)。 しかしながら、2000年代の世界金融危機以降の世界的な経済不況、グローバリゼーションによる格差拡大等の問題が深刻化したが、社会民主主義でも格差は残されたままである。 アメリカの民主党は中道左派だが戦争参加も肯定しており「リベラル」と呼ばれることが多い。またヨーロッパでは自由主義にルーツを置くリベラル系の中道左派は社会自由主義と呼ばれることが多い。このような意味で、学界では、イタリア民主党からイギリス労働党まで、かつての左翼をも取り込んだカテゴリーを総称する傾向にある。なお共産主義はふつう左翼だと考えられ、中道左派には含まれない。.

新しい!!: ポーランドと中道左派 · 続きを見る »

中道政治

中道政治(ちゅうどうせいじ)は、右派や左派あるいは保守や革新のどちらにも偏らずに中正の政策を行う政治。このような政治勢力は一般的に中道派と呼ばれ、その考えを中道主義ともいう。.

新しい!!: ポーランドと中道政治 · 続きを見る »

中東

中東の地図 中東(ちゅうとう、Middle East)は、狭義の地域概念では、インド以西のアフガニスタンを除く西アジアとアフリカ北東部の総称。西ヨーロッパから見た文化の同一性や距離感によって、おおまかに定義される地政学あるいは国際政治学上の地理区分。.

新しい!!: ポーランドと中東 · 続きを見る »

中東欧

中東欧(ちゅうとうおう)は、ヨーロッパの区分で、様々に解釈されるが、主に二つの意味がある。.

新しい!!: ポーランドと中東欧 · 続きを見る »

帰化

帰化(きか)は、ある国家の国籍を有しない外国人が、国籍の取得を申請して、ある国家がその外国人に対して新たに国籍を認めること。.

新しい!!: ポーランドと帰化 · 続きを見る »

主権

主権(しゅけん)とは、国家の構成要素のうち、最高・独立・絶対の権力中沢 和男「国際政治における主権の機能とその将来」東海大学紀要.

新しい!!: ポーランドと主権 · 続きを見る »

丘陵

丘陵(きゅうりょう)とは、なだらかな起伏や小山(丘)の続く地形のことである。地形学では高度や起伏が山より小さく、台地より大きいものを指す。.

新しい!!: ポーランドと丘陵 · 続きを見る »

世界

世界(せかい、World、loka-dhaatu、mundus)とは、以下の概念を指す。.

新しい!!: ポーランドと世界 · 続きを見る »

世界遺産

世界遺産(せかいいさん、World Heritage Site)は、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて世界遺産リスト(世界遺産一覧表)に登録された、文化財、景観、自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つ物件のことで、移動が不可能な不動産が対象となっている。なお、慣例的な用法として、その中の文化遺産を世界文化遺産、自然遺産を世界自然遺産と呼ぶことがある。 なお、世界遺産の制度では正式な文書は英語とフランス語で示され、日本語文献では英語が併記されることがしばしばある一方、フランス語が併記されることは普通ないため、以下では参照しやすさを考慮して、などに依拠して、主たる用語には英語を併記しておく。.

新しい!!: ポーランドと世界遺産 · 続きを見る »

世界貿易機関

世界貿易機関(せかいぼうえききかん、、略称:WTO)は、自由貿易促進を主たる目的として創設された国際機関である。常設事務局がスイスのジュネーブに置かれている。.

新しい!!: ポーランドと世界貿易機関 · 続きを見る »

世襲

世襲(せしゅう)とは、特定の地位(官位や爵位など)や職業、財産等を、子孫が代々承継することである。家に伝わる爵位を継承することを襲爵、位階・地位などを世襲することを襲位、先祖伝来の名跡などを世襲することを襲名という。法的な根拠を有する場合に限らず、事実上の場合についていうこともある。近代の政治家の世襲については、世襲政治家も参照のこと。.

新しい!!: ポーランドと世襲 · 続きを見る »

世論調査

世論調査(よろんちょうさ、せろんちょうさ)とは、ある社会集団の構成員について世論の動向を明らかにする目的で行われる統計的社会調査、またはその調査技法。.

新しい!!: ポーランドと世論調査 · 続きを見る »

市民プラットフォーム

市民プラットフォーム(しみんプラットホーム、Platforma Obywatelska)は、ポーランドの政党。略称:PO(ペー・オー)。党首は。 欧州連合(EU)の立法機関である欧州議会(EP)では中道右派の欧州人民党に所属している。.

新しい!!: ポーランドと市民プラットフォーム · 続きを見る »

三省堂

株式会社三省堂(さんせいどう)は、日本の出版社である。辞典・事典・六法・教科書などの出版で知られる。 本社はJR水道橋駅と神田川に挟まれたエリアにある。この場所は、かつて自社印刷工場の倉庫として使われていた場所であった。.

新しい!!: ポーランドと三省堂 · 続きを見る »

下院

日本における下院である衆議院議場(国会議事堂内)2007年(平成19年)5月撮影 下院(かいん、lower house)は、両院制議会における一方の議院の呼称。対称となる議院は上院(じょういん、upper house)。一般に上院に比べると任期が短く、解散による民意の問い直しの機能を備える。日本では衆議院、アメリカ合衆国では代議院、イギリスでは庶民院、フランスでは国民議会、ドイツでは連邦議会と呼ばれるものがこれに該当する。.

新しい!!: ポーランドと下院 · 続きを見る »

一党独裁制

一党独裁制(いっとうどくさいせい)とは、特定の政党による独裁体制である。政治学では通常、純粋な一党制の他、事実上の一党独裁であるヘゲモニー政党制も含まれる。.

新しい!!: ポーランドと一党独裁制 · 続きを見る »

平均寿命

平均寿命(へいきんじゅみょう)とは、.

新しい!!: ポーランドと平均寿命 · 続きを見る »

平和

平和(へいわ)は、戦争や内戦で社会が乱れていない状態。.

新しい!!: ポーランドと平和 · 続きを見る »

年代記

年代記(ねんだいき)または編年史(へんねんし)は、出来事や事件を年ごとに記述した歴史書のこと。.

新しい!!: ポーランドと年代記 · 続きを見る »

乗用車

乗用車(じょうようしゃ、passenger car)、乗用自動車とはもっぱら人間の移動のために用いられる自動車のことである。ただし、自動二輪車(オートバイ)や大型の乗用自動車(バス)は含まれないのが一般的である。また狭義としてタクシー・ハイヤーを除く自家用のものを指す場合もある。対義語としては貨物自動車、商用車、特種用途自動車などがある。.

新しい!!: ポーランドと乗用車 · 続きを見る »

亡命

亡命(ぼうめい)とは、主に政治的な事情により政治家や軍人、学者やスパイなどが他国に逃れることを意味する。また、亡命してきた志士・名士を亡命客と呼ぶ。.

新しい!!: ポーランドと亡命 · 続きを見る »

庶子

庶子(しょし)は、正室ではない女性から生まれた子供を指す語。結婚(婚姻)制度の確立により生じた概念である。そのような制度が確立していない社会においては、母親の身分や両親の関係によって区別を受けた以外に嫡出庶出といった区別は意味を持たなかった。 結婚制度は、(1)相続権、親族関係の明確化といった世俗的な要求と、(2)性交渉に拘わるモラルの確立といった道徳的、宗教的な要求から生じて来たものであり、その枠外である庶子は、世俗的権利とモラルの両面において嫡子と差別をこうむることになる。 大小の差別を受けるにも拘わらず、庶子が存在したのは次のような理由が考えられる。.

新しい!!: ポーランドと庶子 · 続きを見る »

人種のるつぼ

ングウィルの戯曲「坩堝(るつぼ)」 「人種のるつぼ」(じんしゅのるつぼ、melting pot)とは、多種多様な民族が混在して暮らしている都市、またはその状態を表す言葉。イズレイル・ザングウィルの戯曲の名前からきている。多民族国家アメリカ合衆国を象徴する言葉として有名である。それぞれの文化が互いに混じり合って同化し、結果として一つの独特な共通文化を形成していく社会(文化多元主義)を指す。 以前はニューヨークのような都市に対して、そうした状態を形容する言葉として用いられていた。しかし、ニューヨークの実態はそれぞれの文化が共存してはいるものの混じり合うことはない多文化主義(セグリゲーション)とする見方もあり、「混ぜても決して溶け合うことはない」という意味から共通文化を形成していくるつぼに対して並立共存の状態を強調した「サラダボウル(salad bowl)」が用いられるようになった。そのため最近では、「人種のサラダボウル」と言われる方が多い。.

新しい!!: ポーランドと人種のるつぼ · 続きを見る »

人間開発指数

人間開発指数(にんげんかいはつしすう、Human Development Index, HDI)とは、各国を人間開発の4段階に順位付けするために用いられる平均余命、教育及び所得指数の複合統計である。1990年にインド人経済学者のアマルティア・セン及びパキスタン人経済学者のマブーブル・ハックが開発し、国際連合開発計画が刊行する。 2010年の人間開発報告書では、不平等調整済み人間開発指数 (IHDI) が導入された。通常のHDIがなお有用である一方、IHDIは不平等を主要因とした人間開発の実際の水準を示し、HDIは「潜在的な」人間開発の指数又は不平等さえなければ実現可能な最大値のIHDIとして見なすことが可能である。 男女格差に限定した類似指標としては、世界経済フォーラムが発表しているジェンダー・ギャップ指数が存在する。.

新しい!!: ポーランドと人間開発指数 · 続きを見る »

広島市

広島市(ひろしまし)は日本の広島県の都市。政令指定都市であり、同県の県庁所在地。中国地方の中南部、広島県西部(安芸国)に位置し、中国・四国地方で最大の人口を有する市でもある。.

新しい!!: ポーランドと広島市 · 続きを見る »

広葉樹

広葉樹(こうようじゅ、闊葉樹〈かつようじゅ〉ともいう)とは葉が広く平たいサクラやケヤキ、ブナなどの被子植物に属す木本のことである。広葉樹で構成される森林は広葉樹林と称される。 双子葉植物が圧倒的に多いが、ヤシ科、リュウゼツラン科など、単子葉植物も少数ながらある。常緑性と落葉性の樹木があり、それぞれ常緑広葉樹、落葉広葉樹と呼ばれる。温帯から熱帯を中心に多く分布している。針葉樹に対する。 被子植物のことであるので、分類学上裸子植物であるイチョウやソテツ類は、ヘゴなどの木性シダ類とともに、葉が広くても広葉樹でも針葉樹でもない。.

新しい!!: ポーランドと広葉樹 · 続きを見る »

予備役

予備役 (よびえき)は、軍隊における役種の一種。一般社会で生活している軍隊在籍者や、軍隊に就役していた艦艇・航空機のことを指し、有事の際や訓練の時のみ軍隊に戻る。在郷軍人とも呼ばれる。ほとんどすべての軍隊に存在し、自衛隊の場合は予備自衛官と称される。 予備役にある人で構成されるのが在郷軍人会である。 予備役の兵で編成された軍隊を予備軍という。ただし、この語は予備兵力のことも意味する。.

新しい!!: ポーランドと予備役 · 続きを見る »

仏教

仏教寺院 仏教(ぶっきょう、旧字体:佛敎、サンスクリット:बौद्धधर्मः 、Buddhism)は、インドの釈迦(ゴータマ・シッダッタ、もしくはガウタマ・シッダールタ、ゴータマ・シッダールタ)を開祖とする宗教である。キリスト教・イスラム教と並んで、日本では出版点数の多い宗教の一つに数えられる。仏陀(仏、目覚めた人)の説いた教えである。 その教義は、苦しみの輪廻から解脱することを目指している。原因と結果の理解に基づいており、諸々の現象が縁起するとされる。 仏教は仏、その教えである法、その実践者である僧からなる三宝を中心に組織されている。実践における戒定慧の三学は、戒律、心を集中する禅定、ものごとの縁起を観察する智慧であり、後ろ二つは併せて止観とも呼ばれる仏教の瞑想法である。実践にて重要となる能力は六波羅蜜や八正道のように、いくつかの方法でまとめらている。 紀元前450年ごろに、インドで開始された仏教は、今では初期仏教として研究されている。釈迦は、他の苦行などの実践者の主張であるアートマン(真我)の存在を否定して無我とした。釈迦の死後数百年で部派仏教が生まれ、大きく大衆部と上座部とに、さらに細かく分かれたが、今なお大きな勢力として続いているのは南伝した上座部仏教であり、初期の教えを模範としている。紀元前の終わりごろには北伝し日本にも伝わることになる大乗仏教が開始され、教義や団体は多彩に発展しており、禅の瞑想法の様々、チベットや日本の真言宗に残る密教、一方で浄土信仰のような信仰形態の変化など多様である。『日本書紀』によれば仏教が伝来したのは飛鳥時代552年(欽明天皇13年)である(日本の仏教)。.

新しい!!: ポーランドと仏教 · 続きを見る »

建国記念日

建国記念日(けんこくきねんび)とは、文字通り「建国を記念する日(祝日)」である。何をもって建国の日付とするかは、国家により異なる。 日本では、実際の建国日が明確でないため、建国神話をもとに、建国を祝う日を定めている。すなわち、日本神話の登場人物で古事記や日本書紀で初代天皇とされる神武天皇の即位日(紀元前660年1月1日 (旧暦))より、その即位月日を明治期に新暦に換算した2月11日を「建国記念の日」とした。 法律で定められた「建国記念日」(祝日)がない国家としてはイギリスが挙げられるが、伝統的に、イングランドの守護聖人・聖ジョージを記念したゲオルギオスの日(、4月23日)が宗教的な国家の日である。.

新しい!!: ポーランドと建国記念日 · 続きを見る »

付加価値税

付加価値税(ふかかちぜい、Value-added tax, VAT)または物品サービス税(ぶっぴんサービスぜい、Goods and services tax, GST)とは、間接消費税の施行手段のひとつとして一般的な手法である。欧州、日本ほか多くの国家で導入されている。 米国以外のすべてのOECD諸国ではVATが導入されている。また、日本の消費税法に基づく消費税はVATに分類される。.

新しい!!: ポーランドと付加価値税 · 続きを見る »

強盗

強盗(ごうとう)とは、脅迫や実力行使などによって他人の財物を無理矢理奪う犯罪。あるいはその者をさす。刑法上処罰の対象となる。.

新しい!!: ポーランドと強盗 · 続きを見る »

低地ソルブ語

記載なし。

新しい!!: ポーランドと低地ソルブ語 · 続きを見る »

形容詞

形容詞(けいようし )とは、名詞や動詞と並ぶ主要な品詞の一つで、大小・長短・高低・新旧・好悪・善悪・色などの意味を表し、述語になったりコピュラの補語となったりして人や物に何らかの属性があることを述べ、または名詞を修飾して名詞句の指示対象を限定する機能を持つ。.

新しい!!: ポーランドと形容詞 · 続きを見る »

使徒

使徒(しと)は、狭義にはイエス・キリストの12人の高弟を指すが、それに近い弟子(パウロ、七十門徒など)にもこの語が用いられることがある。広義には、重要な役割を果たしたキリスト教の宣教者(「遣わされた者」)および、その宣教者の称号である。 原語のギリシア語はαπόστολος (apostolos) で、「派遣された者」が原義である。転じて「使者」「使節」をも指す。このギリシア語は、キリスト教文書以外にも出てくるものであるが、キリスト教文書の日本語訳の際だけ「使徒」という専門語を当てて訳すため、両者の単語間には齟齬がある。この点では、他の西洋語も、ギリシア語の形を踏襲しているものの、事情はさして変わらない(apostolus、apôtre、Apostel、apostleなど)。なお、「使徒」という訳語は、漢訳聖書から継いだものである。 また、イスラム教においては、ラスール(rasūl, رسول)という語が同じく「使者」の意であり、キリスト教の使徒と似た意味に用いられて、訳語として「apostle」や「使徒」があてられている。.

新しい!!: ポーランドと使徒 · 続きを見る »

復活祭

復活祭(ふっかつさい、Πάσχα、Pascha、Pâques、Easter、Ostern、Пасха)は、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目に復活したことを記念・記憶する、キリスト教において最も重要な祭正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、昭和48年9月30日 改訂新版第二版(正教会:教会用語辞典)(カトリック百科事典)。 多くの教会で特別な礼拝(典礼・奉神礼)が行われるほか、様々な習慣・習俗・行事がある。 正教会ではギリシャ語から「パスハ」とも呼ぶ「パスハ」表記の大本はギリシア語である。Πάσχαは、古典ギリシア語再建からは「パスカ」と転写し得るが、現代ギリシア語では「パスハ」。新約時代以降のギリシア語の発音はアクセントやイ音化、各種子音の発音等、かなり現代ギリシア語に近くなっていた。正教が優勢な地域におけるスラヴ系言語、ルーマニア語等における、ギリシア語に由来する教会関連の語彙の発音は、中世以降のギリシア語発音に則っている。。カトリック教会では「復活の主日」(カトリック中央協議会)とも呼ばれ、聖公会、プロテスタントなどでは「復活日」(ふっかつび)「祭」の表記が教会暦において頻繁に使われる教会(正教、カトリックなど)では「復活祭」の表記が使われ、「祭」と位置づけられ呼ばれるが、「祭」の表記が比較的もしくはあまり使われない教会(聖公会、プロテスタントなど)では「復活日」という表記が一般的であり、「祝日」といった説明がなされる。プロテスタントの参照元である『キリスト教大事典』でも項目名は「復活日」となっていて、その説明冒頭において「祝日」としており「祭」とは書かれて居ない。や、英語から「イースター」とも呼ぶ。「復活節」(ふっかつせつ)は、西方教会において復活祭からの一定期間を指す用法の他、プロテスタントの一部で復活祭(復活日)当日を指す用法がある。 基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるため、年によって日付が変わる移動祝日である。日付は変わるものの、必ず日曜日に祝われる。キリスト教が優勢な国においてはその翌日の月曜日も休日にされていることがある。欧州における主要株式・債券市場は、復活祭の前の聖金曜日、復活祭後の月曜日に休場する。 東方教会と西方教会とでは日付の算定方法が異なるため、日付が重なる年もあるものの、日付が異なる年の方が多い春分の日の扱いが異なること、正教会では復活祭をユダヤ教の過越とともに祝わないという古い規定をそのまま守っていること、これら二つの違いが東西教会間にある。。.

新しい!!: ポーランドと復活祭 · 続きを見る »

徴兵制度

徴兵制度(ちょうへいせいど)とは、国家が国民に兵役に服する義務を課す制度である。徴兵制とも言い、国民国家や国民皆兵の思想とかかわりが深く、志願兵(募兵)制度の対義語である。 北アフリカ諸国の他、ベトナム、イスラエル、ウクライナ、キプロス、韓国、スイス、オーストリア等、CSTOに加盟しているアルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、ロシアなどでは徴兵制が続いているが、冷戦終結後は、西側諸国ではフランス(2002年)、ドイツ(2011年)のように徴兵制度を廃止する国が増え、また、実施している国でも良心的兵役拒否した場合の代替服務を選択可能を導入している場合が大半である。 NATOに加盟している28か国を例にとると、90年代から00年代にかけて冷戦の終結に伴い次々と徴兵制を廃止し、2010年12月時点でNATO加盟国において徴兵制を採用している国はエストニア、トルコ、ギリシャ、デンマーク、ノルウェーの5か国にまで減少している。 徴兵制による国民皆兵武装を基盤として永世中立を掲げるスイスとオーストリアでは国民投票で徴兵制の廃止が否決され、2013年に徴兵制を廃止したウクライナでは、翌年発生したロシアのクリミア侵攻の後に徴兵制が復活するなど、国是や国家を取り巻く情勢によって左右されている状況にある。また、2010年7月に廃止していたスウェーデンでもウクライナと同様に、ロシアの脅威を理由に、2018年1月から新たに女性も対象にした徴兵制が復活することになった AFP(2017年3月3日)2017年3月3日閲覧。 有事の際にかぎり徴兵制を認めている国もあり、常備軍を持たないコスタリカでは、有事の際に徴兵制を実施できることが憲法に明記されている。.

新しい!!: ポーランドと徴兵制度 · 続きを見る »

従属国

従属国(じゅうぞくこく、Client state)は、事実上、政治的、経済的に従属関係にある国。 狭義では、付庸国と被保護国を意味する。属国(ぞっこく)ともいう。.

新しい!!: ポーランドと従属国 · 続きを見る »

保守

保守(ほしゅ)、または保守主義(ほしゅしゅぎ、conservatism)とは、従来からの伝統・習慣・制度・社会組織・考え方などを尊重し、革命などの急激な改革に反対する社会的・政治的な立場、傾向、思想などを指す用語、goo辞書。また、そのような政治的な立場を奉ずる人物、勢力をも保守、あるいは保守主義者(conservative)とよぶ。対比語は革新や急進主義、革命主義など。非社会主義国において保守主義は、左翼・右翼の政治的スペクトルでは、通常は右翼や右派に位置づけられる。.

新しい!!: ポーランドと保守 · 続きを見る »

志願制度

志願制度(しがんせいど、以下志願制)とは軍人の徴募制度の一つ。国民に軍務に服する義務を課す徴兵制度(以下徴兵制)に対し、それをせず当人の自由意思に任せる制度である。.

新しい!!: ポーランドと志願制度 · 続きを見る »

在籍者 (学習者)

学習者における在籍者(ざいせきしゃ)は、学校などに在籍している者のことである。.

新しい!!: ポーランドと在籍者 (学習者) · 続きを見る »

地動説

地動説(ちどうせつ)とは、宇宙の中心は太陽であり、地球は他の惑星と共に太陽の周りを自転しながら公転している、という学説のこと。宇宙の中心は地球であるとする天動説(地球中心説)に対義する学説であり、ニコラウス・コペルニクスが唱えた。彼以前にも太陽を宇宙の中心とする説はあった。太陽中心説(Heliocentrism)ともいうが、地球が動いているかどうかと、太陽と地球どちらが宇宙の中心であるかは厳密には異なる概念であり、地動説は「Heliocentrism」の訳語として不適切だとの指摘もある。聖書の解釈と地球が動くかどうかという問題は関係していたが、地球中心説がカトリックの教義であったことはなかった。地動説(太陽中心説)確立の過程は、宗教家(キリスト教)に対する科学者の勇壮な闘争というモデルで語られることが多いが、これは19世紀以降に作られたストーリーであり、事実とは異なる。 地動説の図.

新しい!!: ポーランドと地動説 · 続きを見る »

地獄の黙示録

『地獄の黙示録』(じごくのもくしろく、原題: )は、1979年公開のアメリカ映画。フランシス・フォード・コッポラによる戦争映画。日本では1980年(昭和55年)2月23日に公開された。 ジョゼフ・コンラッドの小説『闇の奥』を原作に、物語の舞台をベトナム戦争に移して翻案した叙事詩的映画(エピックフィルム)。 1979年度のカンヌ国際映画祭で最高賞であるパルム・ドールを獲得。アカデミー賞では作品賞を含む8部門でノミネートされ、そのうち撮影賞と音響賞を受賞した。それ以外にもゴールデングローブ賞の監督賞と助演男優賞、全米映画批評家協会賞の助演男優賞、英国アカデミー賞の監督賞と助演男優賞などを受賞している。 2001年に、コッポラ自身の再編集による『特別完全版』(英語版)が公開された。.

新しい!!: ポーランドと地獄の黙示録 · 続きを見る »

地球

地球(ちきゅう、Terra、Earth)とは、人類など多くの生命体が生存する天体である広辞苑 第五版 p. 1706.。太陽系にある惑星の1つ。太陽から3番目に近く、表面に水、空気中に酸素を大量に蓄え、多様な生物が生存することを特徴とする惑星である。.

新しい!!: ポーランドと地球 · 続きを見る »

地方分権

地方分権(ちほうぶんけん)は、特に政治・行政において統治権を中央政府から地方政府に部分的、或いは全面的に移管する事を指す。対義語は中央集権。 政治・行政以外の組織体では、分権組織と呼ぶ場合もある。.

新しい!!: ポーランドと地方分権 · 続きを見る »

北大西洋条約機構

北大西洋条約機構(きたたいせいようじょうやくきこう)は、北大西洋条約に基づき、アメリカ合衆国を中心とした北アメリカ(=アメリカとカナダ)およびヨーロッパ諸国によって結成された軍事同盟である。前身はブリュッセル条約 (1948年)。 略称は頭字語が用いられ、英語圏では、North Atlantic Treaty Organization を略した NATO(ネイトー)と呼ばれ、日本やドイツ語圏では NATO(ナトー)、フランス語圏・スペイン語圏・ポルトガル語圏等では OTAN(オタン)と呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドと北大西洋条約機構 · 続きを見る »

北ヨーロッパ平野

ドイツを中心にした地形図 北ヨーロッパ平野(北ヨーロッパ平原、ドイツ語:Norddeutsches Tiefland, ポーランド語:Niż Środkowoeuropejski, 英語:North European Plain) は中央ヨーロッパ北部に広がる平野。 中央ヨーロッパ高地やズデーテン山地・カルパティア山脈の北、および北海・バルト海の南を東西に伸びており、ベルギー、オランダ、ドイツ、デンマーク、ポーランドの各国にまたがる。東は東ヨーロッパ平原へとつながり、併せてヨーロッパ平原を構成する。ドイツ北部の平野は北ドイツ平野(Norddeutsches Tiefland, 北ドイツ低地)、ポーランドの平野はポーランド平野(Niż Polski)とも呼ばれる。 標高は海抜0mから海抜200mで、主に森林と農地として利用されるが、沼、湖、ヒース(荒地)なども散在する。 北の海岸沿いには砂丘、および干潟や潟湖が広がる。北海沿岸ではエムス川・ヴェーザー川・エルベ川が流入するワッデン海、バルト海沿岸ではオーデル川河口のシュチェチン湾、ヴィスワ川河口のヴィスワ湾(ヴィストゥラ潟)、ネマン川河口のクルシュ海(クルシュ潟)などが代表的なものである。平野の西部のライン川河口付近はネーデルラント(低地地方)と呼ばれてきた。 北ヨーロッパ平野には氷河地形が残る。最終氷期にはスカンジナビアから伸びる氷床の南端があり、氷河が削った後にできたモレーンや波型の谷、氷床の辺縁に沿って川が流れた跡である東西方向の幅の大きな谷(ウーアシュトロームタール、Urstromtal)が形成された。ドイツ北部やポーランドを流れる大河はこうした谷に沿って流れている。.

新しい!!: ポーランドと北ヨーロッパ平野 · 続きを見る »

北海帝国

北海帝国の領域 北海帝国(ほっかいていこく、North Sea Empire、1016年 - 1042年)は、カヌート(クヌーズ)大王がイングランド・デンマーク(現在のスウェーデン南部のスコーネ地方も含む)・ノルウェーの3国の王に就いたため成立した国家連合(同君連合)。「北海帝国」の名は、領域が北海を囲むかたちで広がることに由来する。デーン人の故地と考えられたスコーネ地方のルンドに都を置いた。.

新しい!!: ポーランドと北海帝国 · 続きを見る »

北海道

北海道(ほっかいどう)は、日本の北部に位置する島。また、同島および付随する島を管轄する地方公共団体(道)である。島としての北海道は日本列島を構成する主要4島の一つである。地方公共団体としての北海道は47都道府県中唯一の「道」で、道庁所在地は札幌市。.

新しい!!: ポーランドと北海道 · 続きを見る »

ナチス・ドイツ

ナチス・ドイツは、アドルフ・ヒトラー及び国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP、ナチ党)による支配下の、1933年から1945年までのドイツ国に対する呼称である。社会のほぼ全ての側面においてナチズムの考え方が強制される全体主義国家と化した。ヨーロッパにおける第二次世界大戦が終結する1945年5月に連合国軍に敗北し、ナチス政権とともに滅亡した。.

新しい!!: ポーランドとナチス・ドイツ · 続きを見る »

ナポレオン・ボナパルト

ダヴィッド『ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト』 ナポレオン一世皇家の紋章 ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 - 1821年5月5日)または、省略して、ナポレオンは、革命期のフランスの軍人・政治家である。ナポレオン1世(Napoléon Ier、在位:1804年 - 1814年、1815年)としてフランス第一帝政の皇帝にも即位した。 フランス革命後の混乱を収拾して軍事独裁政権を樹立した。大陸軍(グランダルメ)と名付けた巨大な軍隊を築き上げてナポレオン戦争を引き起こし、幾多の勝利と婚姻政策によって、イギリス、ロシア、オスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いたが、最終的には敗北して失脚した。.

新しい!!: ポーランドとナポレオン・ボナパルト · 続きを見る »

ナポレオン戦争

1811年のヨーロッパ。濃い青はフランス帝国の領土。薄い青はフランスの衛星国 ナポレオン戦争(ナポレオンせんそう、Guerres napoléoniennes、Napoleonic Wars、Napoleonische Kriege)は、1803年にアミアンの和約が破れてから、1815年にナポレオン・ボナパルトが完全に敗北するまでの期間を通して行われた戦争である。 ナポレオンⅠ世率いるフランス帝国とその同盟諸国から動員された大陸軍(グランダルメ)が、イギリス、オーストリア、ロシア、プロイセンなどのヨーロッパ列強諸国を中心にして結成された対仏大同盟の諸軍隊と交戦した。.

新しい!!: ポーランドとナポレオン戦争 · 続きを見る »

ペンテコステ

ペンテコステ(Pentecostes)は、聖霊降臨(せいれいこうりん)と呼ばれる新約聖書にあるエピソードの1つ。イエスの復活・昇天後、集まって祈っていた120人の信徒たちの上に、神からの聖霊が降ったという出来事のこと、およびその出来事を記念するキリスト教の祝祭日。教派により訳語は異なり、聖霊降臨祭(せいれいこうりんさい)、五旬節(ごじゅんせつ)、五旬祭(ごじゅんさい)ともいう。.

新しい!!: ポーランドとペンテコステ · 続きを見る »

ナイセ川

源流を示す石碑 オーデル川とナイセ川の流域地図 ナイセ川(ドイツ語:Neiße)はオーデル川の支流。チェコ北部に源流を発し、第二次世界大戦後に設定されたドイツとポーランドの国境であるオーデル・ナイセ線の一部を成す。全長252km。.

新しい!!: ポーランドとナイセ川 · 続きを見る »

ミハイル・トゥハチェフスキー

ミハイル・ニコラエヴィチ・トゥハチェフスキー(Михаил Николаевич Тухачевский、英語:Mikhail Nikolayevich Tukhachevsky、1893年2月16日 - 1937年6月11日)は、ソビエト連邦の軍人。ソ連邦元帥。 赤軍の機械化を推進。数々の画期的戦術理論を編みだし、赤軍の至宝、あるいは赤いナポレオンと呼ばれた。とりわけ彼の「縦深戦術理論」はその後の軍事理論に大きな影響を与えた。スターリンの赤軍大粛清の犠牲者の1人。.

新しい!!: ポーランドとミハイル・トゥハチェフスキー · 続きを見る »

ミェチスワフ・カルウォーヴィチ

ミェチスワフ・カルウォーヴィチ(Mieczysław Karłowicz, 1876年12月11日 - 1909年2月8日)はポーランドの作曲家・指揮者・登山家・作家・写真家。 存命中は、とりわけその華麗な交響詩により、ポーランド音楽界の再生を担う希望の星として、シマノフスキ以上に将来を有望視されていたが、タトラ山脈にてスキー遠征中に、雪崩に遭遇し死去した。 250px ヴィリニュスに生まれる。家は大貴族のオストヤ氏族に連なる家系で、父親ヤンは歴史学者で音楽家。少年時代に主にドイツ語圏で過ごした後、ワルシャワでヴァイオリンを学び始めるが、後に体力・気力の面から演奏家を断念。1894年にワルシャワ音楽院でノスコフスキに、1895年から1901年までベルリンでハインリヒ・ウルバンに作曲を師事。1906年から1907年まで指揮をアルトゥール・ニキシュに学ぶ。ドイツ留学中に作品1~作品6までの初期作品を作曲。 帰国後はポーランド音楽協会の役員として組織の再建に大きく寄与するが、当時の退嬰的なワルシャワの音楽的環境に耐え切れず、1907年に転地療養をかねてタトラ山脈中の小都市ザコパネに転居。この頃から健康面がすぐれるようになり、意欲的に数々の交響詩の作曲を続けた。ワルシャワ時代の作品として、作品9~11までの交響詩が挙げられる。 ルジツキ、フィテルベルク、シマノフスキ、シェルトが結成した音楽サークル「若きポーランド」に参加。国際的水準に達した新たなポーランド芸術の創造を理念として、その中心人物に躍り出た。 ドイツ観念哲学を愛好し、ショーペンハウアーの悲観主義哲学やニーチェの超人思想に影響を受け、悲劇的かつ感傷的な曲想を好んで展開することになった。 作曲家としてワーグナー、チャイコフスキー、リヒャルト・シュトラウスを崇拝していたが、カルウォーヴィチ自身の作風が、すぐれて甘美な叙情性をもつ旋律と、半音階的な和声の充実、色彩的な管弦楽法を特徴とするものだった。.

新しい!!: ポーランドとミェチスワフ・カルウォーヴィチ · 続きを見る »

ミェシュコ1世

ミェシュコ1世 ミェシュコ1世(Mieszko I, 935年? - 992年5月25日)は、ピャスト朝ポーランド王国の創始者で初代ポーランド公(在位:963年 - 992年)。ポーランド王国の基幹部族となったレフ族(ポラニェ族)の族長シェモミスウの子、レストコの孫、シェモヴィトの曾孫、ピャストの玄孫。 963年に即位する。しかし即位直後からウィエルトやヴォリニアなどのスラヴ系支族とその同盟者のザクセン貴族ヴィヒマン2世(ビルング家、en)の侵攻に悩まされ、バルト海沿岸のポンメルン地方を侵略されてしまった。しかし政治能力に優れた人物で、その後の神聖ローマ帝国の侵略を食い止めるために、ローマ教皇に莫大な貢物を送ってその援助を受け、966年にはカトリックに改宗した。その際、設置されたポズナンの司教座は教皇に直属した。また、ザクセン系の聖職者ではなく、バイエルン系の聖職者から洗礼を受けることで、神聖ローマ帝国の影響下に入ることを巧みに避けた。そしてチェック人が築き上げたチェック(ボヘミア)公国の公女ドゥブラフカを妃として迎えることで同盟を結び、連合してポモージェを奪還し、マウォポルスカ、シロンスクも併合して後のポーランド王国の原型を形作ったのである。3000名を擁するといわれる従士団が統一の大きな推進力となった。 992年に死去し、最初の妻ドゥブラフカ(ボヘミア公ボレスラフ1世の娘、かつてマイセン辺境伯ギュンターの妻であった)との息子ボレスワフ1世が国王として後を継いだ。ドゥブラフカとの間には他に2人の娘をもうけたが、そのうち長女シフィエントスワヴァ(シグリダ)は、最初スウェーデンのエリク6世に嫁ぎ、王妃シグリッドとしてスウェーデン王オーロフを生み、次いでデンマークのスヴェン1世に嫁いで、王妃グンヒルドとしてクヌーズ2世(カヌート大王)を生んだ。 現在ポーランドで発行されている10ズウォティ紙幣の、表面側の肖像に採用されている。 Category:ポーランド公 Category:ピャスト家 Category:ポーランド・ズウォティ紙幣の人物 Category:992年没.

新しい!!: ポーランドとミェシュコ1世 · 続きを見る »

ミェシュコ2世 (ポーランド王)

ミェシュコ2世ランベルト (Mieszko II Lambert、990年 - 1034年5月10日)は、ポーランド王。.

新しい!!: ポーランドとミェシュコ2世 (ポーランド王) · 続きを見る »

ミサ

ミサ(, )は、カトリック教会においてパンとぶどう酒を聖別して聖体の秘跡が行われる典礼(祭儀)。司教または司祭が司式し、信者全体が捧げるものとして位置づけられており新要理書編纂特別委員会/編、日本カトリック司教協議会/監修(2003年)『カトリック教会の教え』197頁、カトリック中央協議会、ISBN 9784877501068、カトリック教会で最も重要な典礼儀式である。 カトリック教会における他の典礼や、キリスト教の他教派における礼拝(公祈祷)一般をまとめて「ミサ」と呼ぶ事例がマスメディアや書籍などでさえも多く見られるがこれは誤りである及川信『オーソドックスとカトリック―どのように違うのか歴史と多様性を知る 第二部 三「ミサではないのに」』139頁 - 140頁、サンパウロ ISBN 9784805612279。「ミサ」とは、本項で詳述するカトリック教会における聖体の秘跡にかかる典礼だけを指す語彙である『キリスト教大事典 改訂新版』1033頁、教文館、昭和52年 改訂新版第四版。カトリック教会のミサは、正教会では聖体礼儀に、聖公会およびプロテスタントでは聖餐式に相当する。 特に、正教会およびプロテスタントでは「ミサ」という表記は全く使われない。教派や祈祷の種別を問わない場合は「礼拝」という表現を使うのが無難である。 ミサの様式は世界共通で、大多数の地域のカトリック教会で「ラテン典礼と呼ばれる様式によって行われるが、東方典礼カトリック教会においては、ビザンチン式などラテン典礼と異なるミサが行われることがあり、その場合の詳細な式次第などは後述と異なる場合がある。本項ではラテン典礼を中心に詳述する。古代以来1960年代までラテン典礼におけるミサはすべてラテン語で行われていたが、第2バチカン公会議以降の典礼改革により各国語でも行われることになった。.

新しい!!: ポーランドとミサ · 続きを見る »

マリ・キュリー

マリア・スクウォドフスカ=キュリー(Maria Skłodowska-Curie, 1867年11月7日 - 1934年7月4日)は、現在のポーランド(ポーランド立憲王国)出身の物理学者・化学者である。フランス語名はマリ・キュリー(、ファーストネームは日本語ではマリーとも)。キュリー夫人 として有名である。 ワルシャワ生まれ。放射線の研究で、1903年のノーベル物理学賞、1911年のノーベル化学賞を受賞し、パリ大学初の女性教授職に就任した。1909年、アンリ・ド・ロチルド (1872-1946) からキュリー研究所を与えられた。 放射能 (radioactivity) という用語は彼女の発案による。.

新しい!!: ポーランドとマリ・キュリー · 続きを見る »

マルメ

マルメ(Malmö,, Malmø)は、スウェーデン最南部のスコーネ地方にある都市。ストックホルムやヨーテボリに次いでスウェーデンでは3番目に多い人口を有するスカンジナビアの大都市の1つで、とスコーネ県の行政的な中心である。都市のほとんどの行政区域はで8つの地区に分かれており、2012年1月現在の人口は302,835人である。都市的地域の人口は2010年12月現在280,415人であった。 はスウェーデンで3つの公式に認められた都市圏 (storstadsområden) の1つで、2005年からマルメ市と他のスコーネ県南西部の11の自治体が定められている Definitions of Metropolitan Areas in Sweden.

新しい!!: ポーランドとマルメ · 続きを見る »

マルティヌス5世 (ローマ教皇)

マルティヌス5世(Martinus V、1368年 - 1431年2月20日、在位:1417年11月11日 - 1431年2月20日)は、コンスタンツ公会議での教会大分裂の解消後に選出されたローマ教皇である。本名オットーネ・コロンナ(Ottone Colonna)。.

新しい!!: ポーランドとマルティヌス5世 (ローマ教皇) · 続きを見る »

ノルウェー

ノルウェー王国(ノルウェーおうこく、Kongeriket Norge/Noreg)、通称ノルウェーは、北ヨーロッパのスカンディナビア半島西岸に位置する立憲君主制国家である。首都は半島南端部に存在するオスロフィヨルドの奥に形成された港湾都市のオスロで、東にスウェーデン、ロシア、フィンランドと国境を接している。 国土は南北に細長く、海岸線は北大西洋の複数の海域、すなわちスカゲラック海峡、北海、ノルウェー海およびバレンツ海に面している。海岸線には、多くのフィヨルドが発達する。この他、ノルウェー本土から約1,000キロメートル (km) 離れた北大西洋上のヤン・マイエン島は固有の領土の一部として領有され、スヴァールバル条約によりバレンツ海のスヴァールバル諸島を領有している。南大西洋にブーベ島を属領として持つ。 による高負担高福祉の福祉国家として知られ、OECDの人生満足度(Life Satisfaction)ではスイスに次いで第2位となった(2014年)。.

新しい!!: ポーランドとノルウェー · 続きを見る »

マルクス・レーニン主義

マルクス・レーニン主義(マルクス・レーニンしゅぎ)は、マルクス主義の一つの潮流であり、ボリシェヴィズム、ロシア・マルクス主義の中心でもある。レーニンの死後、ヨシフ・スターリンによって提唱され、定式化された、ロシア革命の指導理念としてボリシェヴィキの指導者ウラジーミル・レーニンが案出したもの。またそれを一般化・普遍化した思想である。.

新しい!!: ポーランドとマルクス・レーニン主義 · 続きを見る »

ノンフィクション

ノンフィクション(英語:non-fiction) とは、史実や記録に基づいた文章や映像などの創作作品。また、その形態。ドキュメンタリーやインタビューなど多肢にわたる。製作上の綿密な調査や取捨選択など作成者の独自色が出る。 日本では雑誌記事の分類としてノンフィクションという言葉は使われていたが、概念として一般に認知されるようになったきっかけは筑摩書房が1960年4月から月刊で刊行を始めた全50巻の『世界ノンフィクション全集』である。その後の1970年の文藝春秋の「大宅壮一ノンフィクション賞」と1979年の講談社の「講談社ノンフィクション賞」によって広く知られるようになったと言われる。現代文学のジャンルとしてルポルタージュ文学が定着していたアメリカに対して、日本では日中戦争など戦争や事件があると、出版社が作家を現地に派遣して現地報告を書かせるのが主流であり、文学としては低く見られていた。こうした作家の余技としてでなく、ノンフィクション・ライターが登場するようになったのは1960年代から1970年代にかけてである。雑誌社系の週刊誌の登場で、チーム取材による特集記事が需要が生まれ、文学者の余技ではない無名のライターによるノンフィクションの記事が成立した。.

新しい!!: ポーランドとノンフィクション · 続きを見る »

マンション

マンション (由来: Mansion(英語)) とは、日本語ではアパートよりも大型の共同住宅(集合住宅)を表す一般名詞として使われている。ただし、語源である英語では(例えばビル・ゲイツの私邸のような)豪邸などの意味で用いられることが多く、共同住宅の意味はほとんどない(英語の類語などの詳細は「#英語節」を参照)。.

新しい!!: ポーランドとマンション · 続きを見る »

マーヴィン・ルロイ

マービン・ルロイ(Mervyn LeRoy, 1900年10月15日 - 1987年9月13日)は、アメリカ合衆国の映画監督・映画プロデューサー。カリフォルニア州サンフランシスコ出身。両親はユダヤ人。.

新しい!!: ポーランドとマーヴィン・ルロイ · 続きを見る »

ノートルダム楽派

ノートルダム楽派(ノートルダムがくは)とは、1200年前後にパリのノートルダム大聖堂で活動した作曲家たちを指す。個人名が残されている作曲家はレオニヌスと ペロティヌスのみである。 オルガヌムとよばれる初期のポリフォニー音楽を発展させた。 Category:中世西洋音楽 Category:クラシック音楽史.

新しい!!: ポーランドとノートルダム楽派 · 続きを見る »

ノーベル文学賞

ノーベル文学賞(ノーベルぶんがくしょう、Nobelpriset i litteratur)はノーベル賞6部門のうちの一つ。文学の分野において理念をもって創作し、最も傑出した作品を創作した人物に授与される。原則として定数1名のみ受賞されるが、これまでに1904年のフレデリック・ミストラル、ホセ・エチェガライ・イ・アイサギレや1917年のカール・ギェレルプ、ヘンリク・ポントピダン、1966年のシュムエル・アグノン、ネリー・ザックス、1974年のエイヴィンド・ユーンソン、ハリー・マーティンソンが2人同時受賞となっている。.

新しい!!: ポーランドとノーベル文学賞 · 続きを見る »

マーシャル・プラン

マーシャル・プラン(Marshall Plan)は、第二次世界大戦で被災した欧州諸国のために、アメリカ合衆国が推進した復興援助計画。通常は提唱者の国務長官ジョージ・マーシャルの名を冠してこのように呼ぶが、正式名称は欧州復興計画(おうしゅうふっこうけいかく、European Recovery Program, ERP)。.

新しい!!: ポーランドとマーシャル・プラン · 続きを見る »

ノテチ川

ノテチ川(Noteć、ドイツ語:Netze、ラテン語:Natissis)は、ポーランド中部を東西に流れる河川である。長さ388kmはポーランド7位で、流域面積は17,330平方kmにおよぶ。ヴァルタ川の最大の支流(左支流)で、オーデル川を経てバルト海に注ぐ。ドイツ語ではネッツェ川と称される。 クヤヴィ・ポモージェ県最南部の丘陵地帯に発する。ヴィスワ川沿いの大都市ヴウォツワヴェクの南、ヴァルタ川沿いの小都市コウォの北にあたる。クヤヴィ・ポモージェ県の西部をヴィスワ川に平行に北へ流れ、ナクウォ・ナード・ノテチョン付近で西へ向きを変え、ヴィエルコポルスカ県とルブシュ県の低地帯を流れ、ゴジュフ・ヴィエルコポルスキ市の西でヴァルタ川に注ぐ。途中、北のポメラニア(ポモージェ)南部の丘陵地帯からドラヴァ川(Drawa)などが合流する。 主な街は、Izbica Kujawska、Kruszwica、Pakość、Barcin、Labiszyn、ナクウォ・ナード・ノテチョン(Nakło nad Notecią)、Ujście、チャルンクフ(Czarnków)、ヴィエレニ(Wieleń)、クシシュ・ヴィエルコポルスキ(Krzyż Wielkopolski)、ドレゼンコ(Drezdenko)など。 ナクウォ・ナード・ノテチョンからヴィスワ川下流の大都市ブィドゴシュチュ(ビドゴシュチ)の間は、1772年から1774年にかけて建設されたブィドゴシュチュ運河で結ばれており、オーデル川・ヴァルタ川水系とヴィスワ川水系とを結ぶポーランドの内陸水運の重要な路線になっている。.

新しい!!: ポーランドとノテチ川 · 続きを見る »

マニュファクチュア

マニュファクチュア(英語:manufacture、マニュファクチャーとも)は、製造業の形態のひとつ。日本語では、工場制手工業と訳される。.

新しい!!: ポーランドとマニュファクチュア · 続きを見る »

マイセン

マイセン(Meißen, ソルブ語:Mišno)は、ドイツザクセン州ドレスデン地方マイセン郡(Landkreis Meißen)の郡庁所在地であり、人口約2万8千の工業都市である。マイセン陶磁器とワインで有名。.

新しい!!: ポーランドとマイセン · 続きを見る »

マウォポルスカ県

マウォポルスカ県(Województwo małopolskie)は、ポーランド南部の県である。県都はクラクフ。スロヴァキアと接していて、国内ではシロンスク県、シフィェンティクシシュ県、ポトカルパチェ県と接している。 マウォポルスカは「小ポーランド」を意味し、これに対応する「大ポーランド」とはヴィエルコポルスカ県を中心としたヴィエルコポルスカ地方である。。また、歴史学者ズィグムント・グローゲル(Zygmunt Gloger)によれば、これは旧い村の隣に新しい村を立てた際に旧い方と新しい方をそれぞれ「大」「小」を冠して並び称するポーランドの習慣にしたがったものである。マウォポルスカという語はヤギェウォ朝のヤン1世がシュラフタの特権を認めたピョトルクフ法(Statuty Piotrkowskie, 1494)で初めて公文書に登場し、ポーランド・リトアニア共和国の時代になると「地方」としてのマウォポルスカは現在のウクライナ全土までをも包含する広大な地域となった。.

新しい!!: ポーランドとマウォポルスカ県 · 続きを見る »

マキシミリアノ・コルベ

マキシミリアノ・マリア・コルベ(Maksymilian Maria Kolbe、1894年1月8日 - 1941年8月14日)は、ポーランドのカトリック司祭。アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所で餓死刑に選ばれた男性の身代わりとなったことで知られ、「アウシュビッツの聖者」と呼ばれる。カトリック教会の聖人で記念日は8月14日。.

新しい!!: ポーランドとマキシミリアノ・コルベ · 続きを見る »

マクデブルク法

中世のマクデブルク マクデブルク法(Magdeburger Recht)は、神聖ローマ皇帝のオットー1世により作られた地域の支配者による市や村の情勢に対する法で、内容は都市の自由を守り抜く規定と並んで、商法、刑法、訴訟法、手続法などの条文が大部分を占める。長いあいだ神聖ローマ帝国の有力都市であったマクデブルクの自治権をモデルとするために同市の名を冠しており、中欧で中世の都市法で最も重要なものである。 この法は、ドイツ都市法の基礎となり何世紀の間に神聖ローマ帝国で発展した。重要な事ではボヘミア、ハンガリーやポーランドの君主達がマクデブルク法を採用し修正している、同法は何千もの都市や村の発展を促し、都市化へ画期的な法となった。.

新しい!!: ポーランドとマクデブルク法 · 続きを見る »

マズルカ

マズルカ(mazurek, クラシックの曲名としては mazurka が古くより一般的に使われている)は、4分の3拍子を基本とする特徴的なリズムを持つ、ポロネーズと並んで有名なポーランドの民族舞踊およびその形式(舞曲)。.

新しい!!: ポーランドとマズルカ · 続きを見る »

マゾフシェ県

350px マゾフシェ県(Województwo mazowieckie)はポーランド東中部の県。 県都はポーランドの首都でもあるワルシャワ。ポドラシェ県、ヴァルミア・マズールィ県、クヤヴィ・ポモージェ県、ウッチ県、シフィェンティクシシュ県、ルブリン県と接している。1999年1月1日、ポーランドの地方行政区画の改正にともない誕生した。面積・人口ともにポーランド最大の県である。.

新しい!!: ポーランドとマゾフシェ県 · 続きを見る »

チャンス (1979年の映画)

『チャンス』()は、ニーチェの『ツァラトゥストラはかく語りき』を下敷きにしたジャージ・コジンスキー原作・脚色のコメディー映画。 愚者が山から下り教師となって、エンディングではツァラトゥストラに則り超人となってしまう。そんな主人公を取り巻く人々の姿を20世紀後半のワシントンD.C.を舞台に活写した。.

新しい!!: ポーランドとチャンス (1979年の映画) · 続きを見る »

チーズ

チーズ()とは、牛・水牛・羊・山羊・ヤクなど鯨偶蹄目の反芻をする家畜から得られる乳を原料とし、乳酸発酵や柑橘果汁の添加で酸乳化した後に加熱や酵素(レンネット)添加によりカゼインを主成分とする固形成分(カード)と液体成分(ホエー)に分離して脱水した食品(乳製品)の一種。伝統的に乳脂肪を分離したバターと並んで家畜の乳の保存食として牧畜文化圏で重要な位置を占めてきた。日本語や中国語での漢語表記は、北魏時代に編纂された斉民要術に記されているモンゴル高原型の乳製品加工の記述を出典とする乾酪(かんらく)である。.

新しい!!: ポーランドとチーズ · 続きを見る »

チェロ

チェロ(ヴィオロンチェロ、セロとも)は、西洋音楽で使われるヴァイオリン属の弦楽器の一種である。弦の数は4本。略号は「Vc」。.

新しい!!: ポーランドとチェロ · 続きを見る »

チェンストホヴァ

ヤスナ・グラの聖母 2006年5月、ヤスナ・グラ修道院を訪問するローマ教皇ベネディクト16世 市庁舎 チェンストホヴァ (ポーランド語:Częstochowa、チェコ語:Čenstochová、ドイツ語:Tschenstochau、イディッシュ語:טשענסטעכאוו-Chenstekhov)は、ポーランド南部シロンスク県の都市。ヴァルタ川が流れる。 市は、聖パウルス派修道院で黒い聖母を祀るヤスナ・グラ修道院で知られる。毎年1千万人もの巡礼者が世界各地から集まる。.

新しい!!: ポーランドとチェンストホヴァ · 続きを見る »

チェコ

チェコ共和国(チェコきょうわこく、)、通称チェコは、中央ヨーロッパの共和制国家。首都はプラハである。 歴史的には中欧の概念ができた時点から中欧の国であった。ソ連の侵攻後、政治的には東欧に分類されてきたが、ヨーロッパ共産圏が全滅した時点で再び中欧または中東欧に分類されている。国土は東西に細長い六角形をしており、北はポーランド、東はスロバキア、南はオーストリア、西はドイツと国境を接する。 1993年にチェコスロバキアがチェコとスロバキアに分離し成立した。NATO、EU、OECDの加盟国で、中欧4か国からなるヴィシェグラード・グループの一員でもある。.

新しい!!: ポーランドとチェコ · 続きを見る »

チェコ人

チェコ人(Češi)は、現在のチェコを中心に居住しているスラヴ系民族。西スラヴ語系のチェコ語話者である。.

新しい!!: ポーランドとチェコ人 · 続きを見る »

チェコスロバキア

チェコスロバキア(チェコ語:Československo、スロバキア語:Česko-Slovensko)は、1918年から1992年にかけてヨーロッパに存在した国家。 現在のチェコ共和国及びスロバキア共和国により構成されていた。これはトマーシュ・マサリクやエドヴァルド・ベネシュが唱えた、チェコ人とスロバキア人がひとつの国を形成するべきであるというチェコスロバキア主義(:en:Czechoslovakism)に基づくものである。建国当初には現在のウクライナの一部であるカルパティア・ルテニアも領域に加えられていた。首都は現在のチェコ首都であるプラハ。国旗は現在のチェコ共和国と同じものが使用されていた。 1948年からはチェコスロバキア共産党の事実上の一党独裁制によるソ連型社会主義国となり、1960年から1989年まで、国名は「チェコスロバキア社会主義共和国」(チェコ語・スロバキア語: Československá socialistická republika)であった。.

新しい!!: ポーランドとチェコスロバキア · 続きを見る »

チェコ語

チェコ語(Čeština 、Český jazyk)は、スロヴァキア語やポーランド語、カシューブ語(ポメラニア語)、ソルブ語(ソラビア語、ヴェンド語とも)などと共に、西スラヴ語の一つである。チェコ共和国の人口(約1030万人、2007年3月現在)の9割以上を占めるチェコ人と、周辺国やアメリカ合衆国、カナダ等にコミュニティを作るチェコ系住民に話されている言語である(共和国の国内外合わせて約1200万人の話者が存在する)。.

新しい!!: ポーランドとチェコ語 · 続きを見る »

チェスワフ・ミウォシュ

チェスワフ・ミウォシュ(Czesław Miłosz, 1911年6月30日 - 2004年8月14日)はリトアニア系ポーランド人の詩人、作家、エッセイスト、翻訳家。共産主義体制下のポーランドからフランスへ亡命。アメリカ合衆国でポーランド文学教授となり執筆活動を行った。1980年にノーベル文学賞受賞。.

新しい!!: ポーランドとチェスワフ・ミウォシュ · 続きを見る »

ハリウッド

ハリウッド(英語:Hollywood )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州のロサンゼルス市にある地区。映画産業の中心地。アメリカ映画のことを指してハリウッドとも呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドとハリウッド · 続きを見る »

ハンドボール

ハンドボールの試合のハイライト動画 ハンドボール(handball)は、7人(6人のコートプレーヤーと1人のゴールキーパー)ずつの2組が手を使ってボールをパスし、相手のゴールに投げ入れて勝負を競うチームスポーツである。標準的な試合は30分の2ピリオドからなり、より多くのゴールを決めたチームが勝ちとなる。日本語では送球(そうきゅう)とも呼ばれる。 現代ハンドボールはでそれぞれの端の中央にゴールがあるコートでプレーされる。ゴールは守備側のゴールキーパーのみがプレーすることが許される6メートルゾーンで囲まれている。ゴールはこのゾーンの外側から、あるいはゾーンの中に「ジャンプ」している間にボールを投げることによって得点されなければならない。ハンドボールは通常屋内でプレーされるが、屋外ハンドボールやチェコ・ハンドボール、ビーチハンドボールといった屋外の形式も存在する。試合は非常に速く、身体の接触もある。ゴールは頻繁に生まれ、典型的にはそれぞれのチームが20から30ゴールを挙げる。 ハンドボールは19世紀の終わりに北ヨーロッパ(主にスカンジナビアとドイツ)で体系化された。現代のルールは1917年にドイツで発表され、数度の改訂が行われた。最初の国際試合はこれらのルールの下で男子では1925年、女子では1930年に行われた。男子ハンドボールは1936年のベルリンオリンピックで屋外競技として初めて行われ、次に1972年のミュンヘンオリンピックで屋内競技として行われて以降はオリンピック競技として定着している。女子ハンドボールは1976年のモントリオールオリンピックで追加された。 国際ハンドボール連盟は1946年に結成され、2013年現在174の連盟が所属している。ハンドボールはヨーロッパ大陸で最も人気があり、これらの国々が世界男子ハンドボール選手権では1938年以来、2015年準優勝のカタールを除いた全てのメダルを独占しており、世界女子ハンドボール選手権でも2013年にブラジルが優勝するまで大陸ヨーロッパのチームが全て優勝していた。ハンドボールは極東、北アフリカ、ブラジルでも人気がある。本場欧州では、サッカー、バスケットボールには及ばないものの、スポーツ人口調査では上位に位置する国もある。.

新しい!!: ポーランドとハンドボール · 続きを見る »

ハンガリー

ハンガリー(Magyarország)は、中央ヨーロッパの共和制国家。西にオーストリア、スロベニア、北にスロバキア、東にウクライナ、ルーマニア、南にセルビア、南西にクロアチアに囲まれた内陸国。首都はブダペスト。 国土の大部分はなだらかな丘陵で、ドナウ川などに潤される東部・南部の平野部には肥沃な農地が広がる。首都のブダペストにはロンドン、イスタンブールに次いで世界で3番目に地下鉄が開通した。.

新しい!!: ポーランドとハンガリー · 続きを見る »

ハンガリー人

ハンガリー共和国と、国外のハンガリー民族(マジャル人)の分布 ハンガリー人は、.

新しい!!: ポーランドとハンガリー人 · 続きを見る »

ハンガリー人民共和国 (1949年-1989年)

ハンガリー人民共和国(ハンガリーじんみんきょうわこく、Magyar Népköztársaság マジャル・ネープケスタールシャシャーグ, Hungarian People’s Republic)は、1949年から1989年までの社会主義政権時代のハンガリーの正式国名である。1918~1919年にも同名のハンガリー人民共和国が存在していた。この国家はソビエト連邦の強い影響下に置かれた衛星国であり、1989年の民主化によって同国がマルクス・レーニン主義を放棄するまで存続した。 この国家は、1919年に世界2番目の社会主義国としてソビエト連邦の後押しを受けて成立したハンガリー評議会共和国の後継国家と考えられている。.

新しい!!: ポーランドとハンガリー人民共和国 (1949年-1989年) · 続きを見る »

ハンガリー王国

ハンガリー王国(ハンガリーおうこく、Magyar Királyság)は、現在のハンガリーを中心とする地域をかつて統治した王国。.

新しい!!: ポーランドとハンガリー王国 · 続きを見る »

ハールィチ・ヴォルィーニ大公国

ハールィチ・ヴォルィーニ大公国(ハールィチ・ヴォルィーニたいこうこく、Галицько-Волинське князівство)は、1199年から1349年の間に現在の西ウクライナを中心として存在したリューリク朝のルーシ系国家である。君主の称号の変更によってハールィチ・ヴォルィーニ公国、ハールィチ・ヴォルィーニ王国と呼ばれることもある。.

新しい!!: ポーランドとハールィチ・ヴォルィーニ大公国 · 続きを見る »

ハインリヒ2世 (神聖ローマ皇帝)

ハインリヒ2世(Heinrich II., 973年5月6日 - 1024年7月13日)は中世ドイツの王(在位:1002年 - 1024年)及びイタリア王(在位:1004年 - 1024年)、並びに西ヨーロッパのローマ皇帝(在位:1014年 - 1024年)。ザクセン朝第5代の王、第4代の皇帝。皇帝としてはハインリヒ「1世」だが曾祖父であるザクセン朝の初代国王ハインリヒ1世捕鳥王から数えて「2世」とするのが一般的である。父は初代皇帝オットー1世大帝の甥であるバイエルン公ハインリヒ2世、母はブルグント王コンラートの娘ギーゼラ成瀬、p.

新しい!!: ポーランドとハインリヒ2世 (神聖ローマ皇帝) · 続きを見る »

バルト三国

バルト三国(バルトさんごく)は、バルト海の東岸、フィンランドの南に南北に並ぶ3つの国を指し、北から順に、エストニア、ラトビア、リトアニアである。3か国ともに、北大西洋条約機構(NATO)および欧州連合(EU)の加盟国、通貨もユーロでシェンゲン協定加盟国である。 歴史的に、エストニアやラトビアは北ヨーロッパ諸国やドイツと、リトアニアはポーランドとのつながりが深く、また3か国はロシアとも深く関わってきた。 バルト三国はロシアとロシアの飛地に接している。.

新しい!!: ポーランドとバルト三国 · 続きを見る »

バルト人

1200年ごろのバルト部族: 薄茶系エリア、東バルト人 緑系エリア、西バルト バルト人(balti、baltai、ラトガレ語: bolti)は、バルト海東南岸付近(現在のリトアニアと、ラトビア)に居住するバルト語派を話す民族をいう。古くからバルト海の東南にある南のヴィスワ川、ダウガヴァ川、また ドニエプル川 北方が囲まれている地域に居住したインド・ヨーロッパ語族のグループから来ている。 地域にある数多くの湖や沼沢はバルト人を外の世界から切り分けていたため、バルト語派は多くの古代語の特徴を保っている。バルト人の中には現代のリトアニア人、ラトビア人とラトガレ人(東バルト人の民族)がいれば、言語も文化が絶えてしまったプロイセン人、ヨトヴィング人とガリンド人 も皆バルト人であった。 このように東バルト語を母語とする東バルト人と西バルト語を母語とする西バルト人に分けられる。 遺伝的には印欧語族の担い手ハプログループR1a (Y染色体)が40%ほどの高頻度であるが、ウラル語族に関連するハプログループN (Y染色体)も40%ほどみられ、バルト人の基層にウラル系民族があることを示唆している。.

新しい!!: ポーランドとバルト人 · 続きを見る »

バルト海

3月のバルト海北部のボスニア湾は一部氷結している(衛星写真)。 バルト海(バルトかい、Baltic Sea)は、北ヨーロッパに位置する地中海。ヨーロッパ大陸とスカンディナビア半島に囲まれた海域である。ユーラシア大陸に囲まれた海域と説明されることもある「バルト海」『新版 地学事典』p.1046。 西岸にスウェーデン、東岸は、北から順にフィンランド、ロシア、エストニア、ラトビア、リトアニア、南岸は、東から西にポーランド、ドイツ、デンマークが位置する。.

新しい!!: ポーランドとバルト海 · 続きを見る »

バレーボール

バレーボール(volleyball)は、ネット越しにボールを打ち合う球技。1チーム6人で行われる。日本語や漢字圏では排球(はいきゅう)と訳されている。.

新しい!!: ポーランドとバレーボール · 続きを見る »

バロック

ピーテル・パウル・ルーベンス『東方三博士の礼拝』(1642):なにもない空間の周りを螺旋状に人物たちが取り囲むダイナミックな構図。鮮やかな襞、一条の光の矢に照らされた動きの気配、卓越した腕前を思うまま発揮して描かれている。 バロック(barocco, baroque baroque, Barock)とは、16世紀末から17世紀初頭にかけイタリアのローマ、マントヴァ、ヴェネツィア、フィレンツェで誕生し、ヨーロッパの大部分へと急速に広まった美術・文化の様式である。バロック芸術は秩序と運動の矛盾を超越するための大胆な試みとしてルネサンスの芸術運動の後に始まった。カトリック教会の対抗改革(反宗教改革運動)や、ヨーロッパ諸国の絶対王政を背景に、影響は彫刻、絵画、文学、建築、音楽などあらゆる芸術領域に及び、誇張された動き、凝った装飾の多用、強烈な光の対比のような劇的な効果、緊張、時として仰々しいまでの豊饒さや壮大さなどによって特徴づけられる。18世紀後半には新古典主義(文学、音楽は古典主義)へと移行した。.

新しい!!: ポーランドとバロック · 続きを見る »

バロック音楽

バロック音楽(バロックおんがく)は、ヨーロッパにおける17世紀初頭から18世紀半ばまでの音楽の総称である。この時代はルネサンス音楽と古典派音楽の間に位置する。絶対王政の時代とほぼ重なる。.

新しい!!: ポーランドとバロック音楽 · 続きを見る »

バーシア

バーシア(Basia)、本名:バルバラ・スタニセワ・チェチェレフスカ(Barbara Trzetrzelewska, 1954年9月30日 -)は、イギリスを中心に活動するポーランド出身の歌手、レコードプロデューサーである。.

新しい!!: ポーランドとバーシア · 続きを見る »

バトゥ

バトゥ (Batu, 1207年 - 1256年) は、ジョチ家の2代目(ハン:在位1225年 - 1256年)で、キプチャク・ハン国(ジョチ・ウルス)の実質的な創設者。チンギス・カンの長男ジョチの次男である。漢語では抜都、巴禿、八都罕。ペルシア語ではباتو bātūと書かれる。カナ表記ではバツ、バト。.

新しい!!: ポーランドとバトゥ · 続きを見る »

バグパイプ

バグパイプ(bagpipe/bagpipes もしくはバッグパイプ)は、リード式の民族楽器で、簧(リード)の取り付けられた数本の音管(パイプ pipe)を留気袋(バッグ bag)に繋ぎ、溜めた空気を押し出す事でリードを振動させて音を出すものである。バグパイプの発声原理は有簧木管楽器と同じであり、一種の気鳴楽器ではあるが、必ずしも一般的な意味での「吹奏楽器」ではない。 送気方式として、人の呼気を用いるものと、鞴(ふいご)を使うものとがあるが、いずれも留気袋の押圧で音管に送る空気の量を調節し、区切りなく音を出し続けることができる。旋律を演奏する主唱管(チャンター chanter)の他に、しばしば一本ないし数本の通奏管(ドローン drone)が付き、同時に鳴奏される。 日本ではスコットランドのものが有名であるが、この他にも独自のバグパイプがアイルランド、スペイン、ポーランド、トルコ、バルカン半島といった広い範囲に存在している。スコットランドの代表的なバグパイプである「グレート・ハイランド・バグパイプ」は、アイルランドや、スコットランド移民の多い北米やオーストラリア、ニュージーランドでも盛んに演奏される。また、インドを始めとする旧イギリス帝国植民地諸国では、軍事パレードで旧宗主国由来のバグパイプによる軍楽隊が使われることがある。 2008年10月12-19日には、「パイプフェストジャパン」として毎年世界各国で開催されているパイプフェストが関西を拠点として開催された。 2015年、スロバキアのバグパイプ文化がユネスコの無形文化遺産に登録された。.

新しい!!: ポーランドとバグパイプ · 続きを見る »

バス (交通機関)

バス(bus)は、大量の旅客輸送を目的に設計された乗り物である。 最も一般的なバスはのであり、より大規模な積載人数のおよび連節バス、より小規模な積載人数のおよびマイクロバス、長距離サービスにはが用いられる。 都市交通バスおよび都市間バスのように、多くの種類のバスが運賃を設定する。一方、小学校および中学校のスクールバス又は中等後教育キャンパスのシャトルバスは運賃を設定しない。多くの法域において、バスの運転士になるには通常の運転免許に加え、特別な免許が要件とされる。.

新しい!!: ポーランドとバス (交通機関) · 続きを見る »

バスケットボール

バスケットボール(basketball)は、1891年にアメリカで考案されたスポーツ。5人対5人の2チームが、一つのボールを手で扱い、長方形のコート上の両端に設置された高さ305m(10ft)、直径45cm(18in)のリング状のバスケットにボールを上方から通すこと(ゴール)で得点を競う球技である。公式試合は屋内競技として行われる。狭義では、この競技に使用する専用のボールのことを指す。籠球(ろうきゅう)とも訳される。.

新しい!!: ポーランドとバスケットボール · 続きを見る »

ポモージェ県

ポモージェ県(Województwo pomorskie)は、ポーランド北部の県である。 県都はグダニスク。北はバルト海に面していて、クヤヴィ・ポモージェ県、ヴァルミア・マズールィ県、ヴィエルコポルスカ県、西ポモージェ県と接している。 ポモージェとはポーランド語をはじめとしたこの地域一帯のスラヴ語で「海のそばの土地(po morze)」の意味で、中世以前からの古い歴史的呼称。英語のポメラニアやドイツ語のポンメルンといった呼称はポモージェの訛り。.

新しい!!: ポーランドとポモージェ県 · 続きを見る »

ポリャーネ族 (西)

ポリャーネ族(ポラン族とも)は8世紀にグレーターポーランド地域のヴァルタ川流域に住んでいた西スラヴ人のことであった。レヒト諸語グループに属する。Polansとは古スラヴ語で平野や平原を意味するpoljeに由来する。PolanesやPolaniansと表記される場合もある。 ポラン族は9世紀にいくつかある西スラヴの集団を統合してピャスト朝に導かれ、ポラン族の由来であるポーランド王国へと発展した。 初期のポラン族の統治者はポピエル(ポピエル朝最後の君主)や車大工のピャスト(ピャスト朝の初代君主)の名前で言及される。歴史的な統治者としてカトリック教会の記録に初出するのはミェシュコ1世で、これはピャスト朝5代目の君主である。彼はマソヴィアを吸収、シレジアとマウォポルスカ地方にあるヴィスワ族の土地を征服することでポーランドの領地を拡大した。 書籍ダゴーメ・イウデックス(「ミェシュコ1世記」、ダゴーメはミェシュコ1世のラテン語での別称)にミェシュコの君主はキヴィータス・シネースゲ(グニェズノ州)であり、国はオーデル川、ルーシ、マウォポルスカ(クラクフ)、バルト海の辺りまで拡大したと書されている。さらなる詳細は、 ポーランド前史やピャスト朝期のポーランドの歴史に書かれている。 考古学では、初期のポラン族の国の基となった四つの主要な砦や街を上げている。.

新しい!!: ポーランドとポリャーネ族 (西) · 続きを見る »

ポルトガル

ポルトガル共和国(ポルトガルきょうわこく、República Portuguesa、República Pertuesa)、通称ポルトガルは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置する共和制国家である。北と東にスペインと国境を接し、国境線の総延長は1,214kmに及ぶ。西と南は大西洋に面している。ヨーロッパ大陸部以外にも、大西洋上にアソーレス諸島とマデイラ諸島を領有している。首都はリスボン。 ポルトガルはユーラシア大陸最西端の国家である。ヨーロッパで最初に海路で中国や日本など東アジアとの接触を持った。.

新しい!!: ポーランドとポルトガル · 続きを見る »

ポロネーズ

ポロネーズ(polonaise、polonez、polacca)とは、フランス語で「ポーランド風」の意であり、マズルカと並んでポーランド起源のダンスまたはそのための曲の形式(舞曲)である。テンポがゆっくりな4分の3拍子で、もとはポーランドの民族舞踊であったが、1つの様式となってヨーロッパで流行した。特にショパンの英雄ポロネーズ、軍隊ポロネーズが有名。.

新しい!!: ポーランドとポロネーズ · 続きを見る »

ポロニウム

ポロニウム(polonium)は原子番号84の元素。元素記号は Po。漢字では。安定同位体は存在しない。第16族元素の一つ。銀白色の金属(半金属)。常温、常圧で安定な結晶構造は、単純立方晶 (α-Po)。36 以上で立方晶から菱面体晶 (β-Po) に構造相転移する。.

新しい!!: ポーランドとポロニウム · 続きを見る »

ポーランドとリトアニアのヘトマン一覧

ポーランドとリトアニアのヘトマン一覧は、ポーランド王国(王冠領)とリトアニア大公国、そして1569年に成立した両者の連合体であるポーランド・リトアニア共和国において、国王に次ぐ最高軍司令官の職である。ヘトマンの称号は1505年にポーランド王国で創設された。ヘトマンの称号は1581年までは戦時のみ軍司令官に与えられていたが、その後は終身の称号となった。1585年以後、ヘトマンの称号はそれを帯びている者の国家反逆行為が証明されない限り、剥奪されないことが取り決められた。.

新しい!!: ポーランドとポーランドとリトアニアのヘトマン一覧 · 続きを見る »

ポーランドの反独闘争

ポーランドの反独闘争(ポーランドのはんどくとうそう)は、ポーランドにおいてドイツの支配に対する反対闘争である。通常は、第二次世界大戦中にナチス・ドイツに占領されたポーランドにおける、ナチス・ドイツに対するレジスタンス運動を指す。.

新しい!!: ポーランドとポーランドの反独闘争 · 続きを見る »

ポーランドの大統領一覧

ポーランド共和国大統領(ポーランドきょうわこくだいとうりょう、)は、ポーランドの大統領で、元首である。現在の大統領は、アンジェイ・ドゥダ。 ポーランドの大統領には以下が存在する。.

新しい!!: ポーランドとポーランドの大統領一覧 · 続きを見る »

ポーランドの国章

ポーランドの国章(ポーランドのこくしょう)は、赤色の盾の背景に、王冠をかぶった白い鷲で表される。.

新しい!!: ポーランドとポーランドの国章 · 続きを見る »

ポーランドの観光地

ここではポーランドの観光について述べる。.

新しい!!: ポーランドとポーランドの観光地 · 続きを見る »

ポーランドの首相

ポーランドの首相(Premier Polski)は、ポーランドの行政府の長。正式な名称は閣僚評議会議長(Prezes Rady Ministrów)。.

新しい!!: ポーランドとポーランドの首相 · 続きを見る »

ポーランドの都市の一覧

Map of Poland この記事はポーランドの都市の一覧である。 ポーランドの都市の一覧。(2007年の人口順) ワルシャワ クラクフ ウッチ ヴロツワフ ポズナン * Category:都市の一覧 とし.

新しい!!: ポーランドとポーランドの都市の一覧 · 続きを見る »

ポーランド君主一覧

ポーランド君主一覧では、現在のポーランドにあった諸王朝、諸国の君主を一覧で挙げる。.

新しい!!: ポーランドとポーランド君主一覧 · 続きを見る »

ポーランド家族同盟

ポーランド家族同盟(ポーランドかぞくどうめい、Liga Polskich Rodzin, 略称:LPR)はポーランドにおける極右政党。党首はロマン・ギェルティフ。.

新しい!!: ポーランドとポーランド家族同盟 · 続きを見る »

ポーランド亡命政府

ポーランド亡命政府(ポーランドぼうめいせいふ、Rząd Rzeczypospolitej Polskiej na uchodźstwie)は、1939年のポーランド侵攻およびナチス・ドイツ・ソビエト連邦からの国土の占領によりポーランド第二共和国政府を継承し組織された亡命政府である。 ポーランド亡命政府は、と国内軍 の組織構造を通し第二次世界大戦期間に影響力があったとされる。終戦後、ポーランドはソ連の衛星国ポーランド人民共和国の管理下となり、亡命政府は存在したが影も薄く影響力も無かった。共産主義支配の終了後、亡命政府は正式に責務を新政府の第3共和制に移行した。 ポーランド亡命政府は、1939年にパリで発足し、1940年にアンジェに移転。その後1940年から90年まで、冷戦期を通してずっとロンドンを拠点とした。.

新しい!!: ポーランドとポーランド亡命政府 · 続きを見る »

ポーランド人

ポーランド人 (ポーランド語:Polacy)は、ポーランドの主要民族。 中東欧に広がるスラヴ人の一派インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派西スラヴ語群に属するポーランド語を母語とする。 ポーランド族は、様々な部族と交わりピャスト朝(960年頃-1370年)を築いた。 ポーランド国家を築いた西スラヴ人の一派の諸部族で、中心部族であったポラン族(別名レフ族)に由来している。ポラン族はポランの複数形を用いて「ポラニエ」と呼ばれるが、これで原義では平原の民という意味で、原インド・ヨーロッパ語を基とする。ポランから英語の国名「ポーランド」(ポーランド語、Polska)の由来となった。.

新しい!!: ポーランドとポーランド人 · 続きを見る »

ポーランド人民共和国

ポーランド人民共和国(ポーランドじんみんきょうわこく、Polska Rzeczpospolita Ludowa)は、第二次世界大戦後の1952年に成立し、1989年に崩壊したポーランドの国家体制である。ポーランド統一労働者党による一党独裁制を採るマルクス・レーニン主義の共産主義国家であった。 第二次世界大戦の終盤、傀儡政権としてソビエト連邦に支配されたポーランドは、ソ連にとって最も重要な衛星国であった。ソ連は、ポーランドの国内及び外交政策に対し多大なる影響を持ち、自国の軍隊をポーランドに駐在させた。.

新しい!!: ポーランドとポーランド人民共和国 · 続きを見る »

ポーランド侵攻

ポーランド侵攻(ポーランドしんこう)は、1939年9月1日にドイツ国、及びドイツと同盟を組む独立スロバキアが、続いて1939年9月17日にソビエト連邦がポーランド領内に侵攻したことを指す。ポーランドの同盟国であったイギリスとフランスが相互援助条約(ポーランド・イギリス相互援助条約(英語条文、ポーランド語条文)、ポーランド・フランス相互援助条約)を元に9月3日にドイツに宣戦布告し、第二次世界大戦が始まった。.

新しい!!: ポーランドとポーランド侵攻 · 続きを見る »

ポーランド・リトアニア合同

ポーランド・リトアニア連合(ポーランド語:Unia polsko-litewska)は、1569年のポーランド・リトアニア共和国(二民族の共和国)創設までに、ポーランド王国とリトアニア大公国が長期にわたって繰り返していた一連の法令による諸同盟を指す。1791年、共和国が5月3日憲法によって短命ながら統一国家へと移行した際も、合同に数えられる。 主な合同は以下の通り。.

新しい!!: ポーランドとポーランド・リトアニア合同 · 続きを見る »

ポーランド・リトアニア共和国

ポーランド・リトアニア共和国(ポーランド・リトアニアきょうわこく)、正式国称ポーランド王国およびリトアニア大公国(ポーランドおうこくおよびリトアニアたいこうこく、Królestwo Polskie i Wielkie Księstwo Litewskie)は、ポーランド王国とリトアニア大公国の制度的国家合同(ルブリン合同)によって1569年から1795年まで存在した複合君主制国家。18世紀後半には対外的な国称として最も静穏なるポーランド共和国、国内ではジェチュポスポリタ(Rzeczpospolita、共和国)と呼ばれた。また、二民族の共和国という呼称もあるが、1967年のパヴェウ・ヤシェニツァによる造語である。歴史学では「貴族の共和国 (Rzeczpospolita szlachecka) 」や「第一共和国 (I Rzeczpospolita) 」という用語も用いられる。 16・17世紀のヨーロッパ世界においてオスマン帝国に次いで広大な国の1つであった. Retrieved March 19, 2006: At its apogee, the Polish-Lithuanian Commonwealth comprised some and a multi-ethnic population of 11 million. For population comparisons, see also those maps:,. 。.

新しい!!: ポーランドとポーランド・リトアニア共和国 · 続きを見る »

ポーランド・ロシア戦争

ポーランドとロシアの間で戦われた諸戦争。.

新しい!!: ポーランドとポーランド・ロシア戦争 · 続きを見る »

ポーランド・カトリック教会

ワルシャワ ポーランド・カトリック教会(ポーランド・カトリックきょうかい、英語:The Polish Catholic Church)は、ユトレヒト・ユニオン、ポーランド公会議、世界教会協議会(WCC)に属しているポーランドのカトリック教会である。ローマ・カトリック教会(いわゆるカトリック教会)には属していない。 なおその名称に反し、ポーランドの多数派教会ではない。ポーランドで最も一般的な信仰はバチカン管轄下のローマ・カトリックである。.

新しい!!: ポーランドとポーランド・カトリック教会 · 続きを見る »

ポーランド・ソビエト戦争

ポーランド・ソビエト戦争におけるポーランド軍 ポーランド=ソビエト戦争(ポーランド=ソビエトせんそう、Wojna polsko-bolszewicka(ヴォーイナ・ポールスコ・ボルシェヴィーツ.

新しい!!: ポーランドとポーランド・ソビエト戦争 · 続きを見る »

ポーランドボール

ポーランドボール(Polandball)は、国家を題材としたインターネット・ミームのキャラクター。ポーランドは代表的な題材であるが、その他の国、地域、団体などの「ボール」も現存、歴史上を問わずに描かれる。それぞれの「カントリーボール」は国旗の模様をした球体のキャラクターとして描かれ、その国を体現した個性を持つ。画像掲示板やwebサイトでは、それぞれの国にまつわるクリシェ、国際関係、歴史上のイベントを表現するイラストレーションや漫画に用いられる。ドイツの画像掲示板、『』の国際板で、2009年の下半期頃に発生したと見られる。.

新しい!!: ポーランドとポーランドボール · 続きを見る »

ポーランド分割

ポーランド分割(ポーランドぶんかつ、Rozbiór Polski・Rozbiory Polski、Lietuvos-Lenkijos padalijimai、Падзелы Рэчы Паспалітай、)は、18世紀に、ポーランド・リトアニア共和国の領土が3度にわたって周囲の3つの大国に奪われ、最終的に完全に領土を失って滅亡したことを指す歴史用語。その後、ウィーン会議により改めて4度目の分割も行われた。.

新しい!!: ポーランドとポーランド分割 · 続きを見る »

ポーランド共和国上院

上院議事堂外観 ポーランド共和国上院(ポーランドきょうわこくじょういん、は、ポーランド共和国における立法府であるポーランド共和国国会を構成する議院である。.

新しい!!: ポーランドとポーランド共和国上院 · 続きを見る »

ポーランド共和国下院

下院議事堂外観 ポーランド共和国下院(ポーランドきょうわこく かいん、は、ポーランド共和国の立法府であるポーランド共和国国会の下院である。ポーランド共和国上院と共に両院制議院を構成している。セイム(Sejm)と通称される。 王国時代の1493年、当時のヤン1世オルブラフト王が召集した、国王と元老院(上院)及び小議会(下院)からなる全国議会(セイム)を起源としている。.

新しい!!: ポーランドとポーランド共和国下院 · 続きを見る »

ポーランド国王

ポーランド国王の称号はポーランドの支配者によって支配された称号であり、最初の国王は1025年に戴冠したボレスワフ1世・勇敢王である(992年以来、称号は公であった)。.

新しい!!: ポーランドとポーランド国王 · 続きを見る »

ポーランド国立銀行

ポーランド国立銀行(ポーランドこくりつぎんこう、Narodowy Bank Polski; NBP)はポーランドの中央銀行。通貨ズウォティの発行を管理している。本店はワルシャワにおかれ、国内の主要都市に支店を設置している。 ポーランド国立銀行は欧州中央銀行制度に組み込まれている。.

新しい!!: ポーランドとポーランド国立銀行 · 続きを見る »

ポーランド国民解放委員会

ルブリン委員会綱領を読む市民。プロパガンダ写真の1つ。 ポーランド国民解放委員会(ポーランドこくみんかいほういいんかい、Polski Komitet Wyzwolenia Narodowego, PKWN)は、「ルブリン委員会」の名で知られるポーランドの臨時執行機関である。ポーランド亡命政府に対抗し、1944年7月に樹立を宣言した。ナチス・ドイツより奪還したポーランド領を統治したが、組織はソビエト連邦により完全に支配・統制されていた。.

新しい!!: ポーランドとポーランド国民解放委員会 · 続きを見る »

ポーランド王国

ポーランド王国(ポーランドおうこく)は、1025年から1569年(リトアニアとの二重王国時代を含めると1795年)までポーランド一帯を支配していた王国。14世紀にリトアニア大公国と合同し、14世紀から16世紀にかけて北はエストニア、南はウクライナまでをも含む大王国を形成、人口や領土において当時のヨーロッパ最大の国家「ポーランド・リトアニア共和国」を形成し、その連邦の盟主となったが、ヨーロッパの経済構造が変化すると共に対外戦争と内乱が続き、18世紀に共和国が周辺諸国に領土を分割されると同時に消滅して、その領土的実態としての歴史を終えた。法的には1918年に成立したポーランド共和国(第二共和国)、1939年からのポーランド亡命政府、このポーランド亡命政府を1989年に継承した現在のポーランド共和国(第三共和国)がその法的継承国家。.

新しい!!: ポーランドとポーランド王国 · 続きを見る »

ポーランド王国 (1916年-1918年)

ポーランド王国(ドイツ語:Königreich Polen;ポーランド語:Królestwo Polskie)またはポーランド摂政王国(ドイツ語:Regentschaftskönigreich Polen;ポーランド語:Regencyjne Królestwo Polskie)は、ドイツ帝国とオーストリア=ハンガリー帝国が第一次世界大戦中の1916年に共同で発した11月5日勅令により、その創設が提案された国家である。同国は明確な国境を位置付けないまま旧ロシア帝国領プリヴィスリンスキー地方(ポーランド立憲王国がかつて存在した地域)に創設されることになり、同時にドイツ帝国の傀儡国家となるはずであった。この提案は中央同盟国がポーランド人の軍事的協力を得るために行った提案であり、当然ながらドイツ国内の支持を受けられるはずもなかった。完全に発足しないまま、ポーランド第二共和国にとって代わられた。.

新しい!!: ポーランドとポーランド王国 (1916年-1918年) · 続きを見る »

ポーランド空軍

ポーランド空軍(Siły Powietrzne シーウィ・ポヴィェートシュネ、略称SP)は、ポーランド軍の空軍組織。空軍司令部は、ワルシャワに位置する。2005年10月1日現在で、職業軍人15,543人、任期制2,711人、任期延長者1,013人、召集兵10,372人。なお、ポーランドではこのほかに陸軍航空隊がMi-24のような地上部隊支援用のヘリコプターの運用を、海軍航空隊がMi-14のような海上ヘリコプターの運用を行っている。.

新しい!!: ポーランドとポーランド空軍 · 続きを見る »

ポーランド空軍Tu-154墜落事故

ポーランド空軍Tu-154墜落事故(ポーランドくうぐんTu-154ついらくじこ)は、2010年4月10日に、ポーランド空軍のTu-154がロシア連邦西方スモレンスク州のスモレンスク北飛行場への着陸進入中に墜落した航空事故である。この事故でポーランドのレフ・カチンスキ大統領夫妻をはじめ、同国の政府と軍の要人を含む乗員乗客96名全員が死亡した。.

新しい!!: ポーランドとポーランド空軍Tu-154墜落事故 · 続きを見る »

ポーランド立憲王国

ポーランド立憲王国(ポーランドりっけんおうこく)は、ポーランドを支配していた国家の1つ。1815年、ナポレオン・ボナパルトのワルシャワ公国に代わって設置された。 正式にはポーランド王国という国名であったが、以前に存在していたポーランド王国と紛らわしいため「立憲王国」と呼ばれることが多い。ロシア皇帝が国王を兼ねる、帝政ロシアの衛星国である。.

新しい!!: ポーランドとポーランド立憲王国 · 続きを見る »

ポーランド第二共和国

ポーランド第二共和国(II Rzeczpospolita)は、1918年から1939年までの間、現在のポーランド共和国(第三共和国)を中心とする地域に存在した国家。「第二共和国」とはポーランド・リトアニア共和国(第一共和国)と対比しての呼称で、正式な国号は現在と同じポーランド共和国(Rzeczpospolita Polska)。 領土は現在のポーランド共和国と比較して東寄りであった。この領土の変遷については、オーデル・ナイセ線およびカーゾン線を参照。.

新しい!!: ポーランドとポーランド第二共和国 · 続きを見る »

ポーランド統一労働者党

ポーランド統一労働者党(ポーランドとういつろうどうしゃとう、Polska Zjednoczona Partia Robotnicza、略称:PZPR)は、冷戦時代のポーランド人民共和国に存在した政党で、当時の支配政党である。1948年結成、1989年解散。本稿では前身となるポーランド労働者党やポーランド共産党も含めて説明する。.

新しい!!: ポーランドとポーランド統一労働者党 · 続きを見る »

ポーランド特別軍

ポーランド特別軍(ポーランドとくべつぐん、Wojska Specjalne, WS)は、ポーランドの特殊部隊群。2007年にポーランド三軍にあった特殊部隊やコマンド部隊を統合して成立した。.

新しい!!: ポーランドとポーランド特別軍 · 続きを見る »

ポーランド語

ポーランド語(ポーランドご、język polski、polski、または polszczyzna)は、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派の西スラヴ語群レヒト諸語に属するポーランドの公用語。レヒト諸語と同じ西スラヴ語群に属する言語は、チェコ・スロヴァキア諸語とソルブ諸語である。名詞の格変化は7格(主格、生格、与格、対格、造格、前置格、呼格)あり、文中での語の働きが格語尾によって示されることなど、形態による表現の豊かさを特徴とする。 ポーランド語は16世紀の期間に発達し、新単語は19世紀に口語のドイツ語、ラテン語、ロシア語、英語から採られポーランド語のスペルに反映されている。ラテン文字は12世紀に導入され、話し言葉だけのポーランド語を記載できるようになった。.

新しい!!: ポーランドとポーランド語 · 続きを見る »

ポーランド農民党

ポーランド農民党(ポーランドのうみんとう、Polskie Stronnictwo Ludowe, 略称:PSL)は、ポーランドの中道右派政党。英語圏のメディア等でPolish People's Party の訳を用いるものがあるため、日本語でポーランド国民党とされることもあるが,現地を知る研究者らの間ではPolish Peasant Partyの訳が広く浸透している。日本の研究者の間でも「農民党」と呼ばれていることが多い。.

新しい!!: ポーランドとポーランド農民党 · 続きを見る »

ポーランド関係記事の一覧

ポーランド関係記事の一覧(ポーランドかんけいきじのいちらん).

新しい!!: ポーランドとポーランド関係記事の一覧 · 続きを見る »

ポーランド陸軍

ポーランド陸軍の紋章 ポーランド陸軍(Wojska Lądowe, WL)は、ポーランドが保有する陸軍。.

新しい!!: ポーランドとポーランド陸軍 · 続きを見る »

ポーランド民主化運動

ポーランド民主化運動(ポーランドみんしゅかうんどう)は、ポーランドの政治改革運動。最終的に従来のポーランド統一労働者党による政権は下野し、レフ・ヴァウェンサ(レフ・ワレサ)率いる独立自主管理労働組合「連帯」が政権を握った。 通常、ポーランドや欧米ではこの民主化期間を第3共和制(III Rzeczpospolita (III RP)、The Polish Third Republic)と呼ぶ。これは、1989年以降、特に1989年から1991年にかけて行われた民主化(運動)による民主政権を指す。.

新しい!!: ポーランドとポーランド民主化運動 · 続きを見る »

ポーランド海軍

ポーランド海軍(Marynarka Wojenna, MW)は、ポーランドが保有する海軍。.

新しい!!: ポーランドとポーランド海軍 · 続きを見る »

ポトカルパチェ県

ポトカルパチェ県 (Województwo podkarpackie) はポーランド南東部の県である。1999年に旧プシェムィシル県、ジェシュフ県、クロスノ県とタルノブジェク県の一部が合わさって誕生した。意味は「カルパチア山地の近くの土地」。 県都はジェシュフ。東でウクライナと、南でスロヴァキアと接していて、国内ではルブリン県、シフィェンティクシシュ県、マウォポルスカ県と接している。 もともとは「東マウォポルスカ県」 (Województwo Wschodniomałopolskie) という名前になる予定であったが、直前になって現在の名称に決定された。.

新しい!!: ポーランドとポトカルパチェ県 · 続きを見る »

ポピュラー音楽

ポピュラー音楽(ポピュラーおんがく、popular music ポピュラー・ミュージック)とは、広く人々の好みに訴えかける音楽のことであるOxford Dictionaries.

新しい!!: ポーランドとポピュラー音楽 · 続きを見る »

ポピュリズム

ポピュリズム(populism)とは、一般大衆の利益や権利、願望、不安や恐れを利用して、大衆の支持のもとに既存のエリート主義である体制側や知識人などと対決しようとする政治思想、または政治姿勢のことである今村仁司、三島憲一、川崎修「岩波社会思想事典」 岩波書店、2008年、p298-299。日本語では大衆主義(たいしゅうしゅぎ)や人民主義(じんみんしゅぎ)などのほか、否定的な意味を込めて衆愚政治や大衆迎合主義(たいしゅうげいごうしゅぎ)などとも訳されている。 また、同様の思想を持つ人物や集団をポピュリスト(populist)と呼び、民衆派や大衆主義者、人民主義者、もしくは大衆迎合主義者などと訳されている。.

新しい!!: ポーランドとポピュリズム · 続きを見る »

ポツダム会談

ポツダム会談の様子。1945年7月 ポツダム会談(ポツダムかいだん)は、ナチス・ドイツ降伏後の1945年7月17日から8月2日、ソ連占領地域となったポツダムに、アメリカ合衆国、イギリス、ソビエト連邦の3カ国の首脳が集まって行われた、第二次世界大戦の戦後処理を決定するための会談。第二次世界大戦の連合国三大国の首脳会談が行われたのはこれで3度目であり、最後となった。会議の最後にはポツダム協定が策定された。また7月26日には日本政府に対して日本軍の無条件降伏などを求めるポツダム宣言が表明されたことで知られているが、会議の公式日程において対日問題は協議されなかった。.

新しい!!: ポーランドとポツダム会談 · 続きを見る »

ポドラシェ県

ポドラシェ県(Województwo podlaskie)は、ポーランド北東部の県である。県都はビャウィストック。ベラルーシ、リトアニアと接していて、国内ではルブリン県、マゾフシェ県、ヴァルミア・マズールィ県と接している。県域にはポドラシェ低地がひろがっている。語源は「レフ人(ポーランド人)の近くの土地(pod Lachem)」で、中世ポーランド王国のリトアニアとの国境地帯であったためである。しかしこの一帯に広大な森があるため「森の近く(pod las)」が語源であると間違って解釈されることもある。.

新しい!!: ポーランドとポドラシェ県 · 続きを見る »

ポズナン

ポズナンまたはポズナニ(Poznań・)は、ポーランド西部に位置する、ポーランド最古の都市の一つで、中世ポーランド王国の最初の首都である。ラテン語名はポスナニア(Posnania)、ドイツ語名はポーゼン(Posen)、イディッシュ語名は פויזן (Poyzn)。ヴィエルコポルスカ県の県都である。人口は約58万人で、これはポーランド5番目の規模である。ポーランド分割後、プロイセン王国に管理され、1871年にはドイツ統一となりドイツ帝国となった。.

新しい!!: ポーランドとポズナン · 続きを見る »

ポズナン大公国

ポズナン大公国(ポズナンたいこうこく、Wielkie Księstwo Poznańskie, Großherzogtum Posen)は、1815年から1848年まで存在していた大公国。プロイセン王国の統制下におかれていた。都はポズナンにおかれた。元首である大公はプロイセン王が兼ねた。.

新しい!!: ポーランドとポズナン大公国 · 続きを見る »

メーデー

メーデー(、直訳すれば「5月の日」)は、世界各地で毎年5月1日に行われる祭典。ヨーロッパでは夏の訪れを祝う意味を持った日である一方、旧東側諸国などでは労働者が統一して権利要求と行進など活動を取り行う日としている国もある。「労働(者)の日」(Labour Day)ともいうが、いくつかの国ではその国独自の「労働者の日」を定めているため、International Labour Day との言い方も存在する。.

新しい!!: ポーランドとメーデー · 続きを見る »

メイド

アメリカのメイド,1944年撮影 メイド(maid, maid-servant)は、清掃、洗濯、炊事などの家庭内労働を行う女性の使用人(女中、家政婦、ハウスキーパー、家庭内労働者)を指し、狭義には個人宅で主に住み込みで働く女性の使用人。男性の対義語はボーイ。 語源の「maiden」は乙女、未婚の女性という意味で、過去に若い女性が結婚前には奉公に出されていたことに由来し、そこから女性奉公人・使用人の意味となった。現在では未婚や既婚に関わらず、あくまでも職種を意味し、ホテルの客室担当従業員(ルームキーパー)なども含まれる。.

新しい!!: ポーランドとメイド · 続きを見る »

モラヴィア

モラヴィア(Moravia)は、チェコ共和国東部の地方。チェコ語ではモラヴァ(Morava)、ドイツ語ではメーレン(Mähren)と呼ばれる。面積は約26,000km2稲野「モラビア」『東欧を知る事典』新版、574-575頁。.

新しい!!: ポーランドとモラヴィア · 続きを見る »

モルドバ

モルドバ共和国(モルドバきょうわこく、Republica Moldova)、通称モルドバ、モルドヴァ(Moldova )は、東ヨーロッパに位置する共和制国家。内陸国であり、西にルーマニアと、他の三方はウクライナと国境を接する。旧ソビエト連邦(ソ連)を構成していた国家の一つであった。現在、ドニエストル川東岸地域が沿ドニエストル共和国として事実上、独立状態にある。 モルドバ人は言語的、文化的にルーマニア人との違いはほとんどなく、歴史的には中世のモルダビア公国以後、トルコとロシアならびソ連その名残りで共通語としてロシア語が通じる。、ルーマニアの間で領土の占領・併合が繰り返された地域である。.

新しい!!: ポーランドとモルドバ · 続きを見る »

モレーン

イスのツェルマットに見られるモレーン。 モレーン(、堆石、氷堆石)とは、氷河が谷を削りながら時間をかけて流れる時、削り取られた岩石・岩屑や土砂などが土手のように堆積した地形のことである。地形学上の定義では土手状の地形を指す。堆積物に注目した場合、モレーンという用語がモレーン堆積物を指す場合もあったが、。こうしたモレーン堆積物はシルト状のものから巨礫まで幅広く含まれ、通常淘汰が悪い。 氷河の後退などによりモレーンが氷河と切り離され、氷河との間の空間に溶けた水が溜まり氷河湖を形成することがある。氷河の後退によってモレーンとの間に出来た氷河湖は、モレーンの崩壊によって決壊し洪水を起こす可能性がある。実際にネパールやブータンで何度か氷河湖が決壊して洪水が発生し、。.

新しい!!: ポーランドとモレーン · 続きを見る »

モンゴルのポーランド侵攻

モンゴルのポーランド侵攻(モンゴルのポーランドしんこう)は、「バトゥの西征」()のうち、1240年後半から1241年にかけての「トゥルスクの戦い」、「フミェルニクの戦い」、「レグニツァの戦い」、「モヒの戦い」等のシロンスク公ヘンリク2世率いるキリスト教騎士修道会とポーランド軍を壊滅させた諸戦闘の総称である。.

新しい!!: ポーランドとモンゴルのポーランド侵攻 · 続きを見る »

モンゴル系民族

モンゴル系民族(Mongols、モンゴル文字: Mongɣul、キリル文字:Монгол)は、モンゴル高原(現在のモンゴル国と中華人民共和国の内モンゴル自治区を合わせたものにほぼ一致する地域)にバイカル湖~興安嶺の一帯とバイカル湖~アルタイ山脈の一帯を合わせた地域(中央ユーラシア)に居住するモンゴル諸語を母語とする民族。 大雑把な人口の内訳は、モンゴル国に200万、中国・内モンゴル自治区に400万、ロシア・ブリヤート共和国に20万である。詳細に見るとモンゴル国では人口約253万3100人のうち95%(約241万人)がモンゴル族(2004年統計年鑑)であり、中国には約1000万人(内モンゴル自治区に約400〜500万、それ以外の中国内に約500〜600万)のモンゴル族がいる。.

新しい!!: ポーランドとモンゴル系民族 · 続きを見る »

モータースポーツ

モータースポーツ(motorsports)とは、人間の筋肉以外の機械的なモーターやエンジンなどの原動機を使用して稼働する乗り物を用いて行われる競技・スポーツ。カテゴリと呼ばれる競技ランクや競技種別の違いによって定められたルールやレギュレーションに従い「速さ」を競う競技である。 広義においてはモーターボートや飛行機など、いわゆる「車両」以外の乗り物を用いて行われるものを含めてモータースポーツと指す。陸上を走る四輪自動車やモーターサイクル(オートバイ)などの車両を使用したものが一般的であるため、それらを指す場合が多い。自動車を用いて行われる競技については自動車競技、オートバイを用いて行われる競技についてはオートバイ競技を参照のこと。.

新しい!!: ポーランドとモータースポーツ · 続きを見る »

モスクワ

モスクワ(ロシア語:Москва́ IPA: マスクヴァー、)は、ロシア連邦の首都。連邦市として市単独でロシア連邦を構成する83の連邦構成主体のひとつとなっており、周囲を占めるモスクワ州の州都でもある。ただし州とは区別され「モスクワ市」(Город Москва)となる。人口は約1150万人でヨーロッパで最も人口の多い都市であり、世界有数の世界都市である。漢字による当て字は莫斯科。英語で発音した場合には、モスコーあるいはモスカウ(Moscow )のようになる。.

新しい!!: ポーランドとモスクワ · 続きを見る »

モスクワ大公国

1390年から1525年にかけてのロシア大公国の領土の変遷 モスクワ大公国(モスクワたいこうこく、ロシア語: Московское великое княжество モスコーフスコエ・ヴェリーコエ・クニャージェストヴォ)は、キエフ・ルーシの北東辺境地にあったルーシ系のウラジーミル・スズダリ公国のもとに成立した国家である。ロシア帝国の前身。モスクワ・ルーシ(Московская Русь モスコーフスカヤ・ルーシ)とも呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドとモスクワ大公国 · 続きを見る »

ヤマドリタケ

ヤマドリタケ(Boletus edulis)はイグチ目イグチ科ヤマドリタケ属の食用キノコ。香りが良く、イタリア料理、ポーランド料理など、ヨーロッパでよく使われる。日本でふつうに発生するヤマドリタケモドキ(Boletus aestivalis (.

新しい!!: ポーランドとヤマドリタケ · 続きを見る »

ヤルタ会談

ターリン ヤルタ会談(ヤルタかいだん、Yalta Conference)は、1945年2月4日から11日にかけて、当時のソ連クリミア自治ソビエト社会主義共和国のヤルタ近郊のリヴァディア宮殿で行われた、アメリカ合衆国・イギリス・ソビエト連邦による首脳会談である。 第二次世界大戦が終盤に入る中、ソ連対日参戦、国際連合の設立について協議されたほか、ドイツおよび中部・東部ヨーロッパにおける米ソの利害を調整することで、大戦後の国際レジームを規定し、東西冷戦の端緒ともなった(ヤルタ体制)。.

新しい!!: ポーランドとヤルタ会談 · 続きを見る »

ヤロスワフ・イヴァシュキェヴィッチ

ヤロスワフ・イヴァシュキェヴィッチ(Jarosław Iwaszkiewicz, 1894年2月20日 - 1980年3月2日)はポーランドの小説家、詩人。.

新しい!!: ポーランドとヤロスワフ・イヴァシュキェヴィッチ · 続きを見る »

ヤロスワフ・カチンスキ

ヤロスワフ・カチンスキ(Jarosław Kaczyński、1949年6月18日 - )は、ポーランドの政治家。同国元首相。弟のレフと共に、一卵性双生児の政治家として知られる。.

新しい!!: ポーランドとヤロスワフ・カチンスキ · 続きを見る »

ヤン3世 (ポーランド王)

ヤン3世ソビェスキ(ポーランド語:Jan III Sobieski, 1629年8月17日 - 1696年6月17日)は、ポーランド王(在位:1674年 - 1696年)。オスマン帝国との戦いで活躍し、1683年の第二次ウィーン包囲で勝利して英雄として名を馳せた。「ソビェスキ」は「ソビエスキ」とも表記する。女優のリーリー・ソビエスキーは彼の子孫に当たる。。.

新しい!!: ポーランドとヤン3世 (ポーランド王) · 続きを見る »

ヤン・マテイコ

ヤン・マテイコ (Jan Matejko、Jan Mateykoとも。1838年6月24日 - 1893年11月1日)は、ポーランドの画家。ポーランド史に残る政治・軍事の出来事を主題にしたことで知られる.

新しい!!: ポーランドとヤン・マテイコ · 続きを見る »

ヤン・ドゥウゴシュ

ヤン・ドゥウゴシュ(Jan Długosz、ラテン語:ヨハネス・ロンギヌス。1415年12月1日、スタラ・ブジェジュニツァ - 1480年5月19日、クラクフ)は、ポーランドの司祭、年代記作者、外交官、軍人、またクラクフ司教ズビグニェフ・オレシニツキ枢機卿の秘書を務めた。 ヤン・ドゥウゴシュは965年から彼の没年である1480年までの南東ヨーロッパおよび西ヨーロッパで起きた諸事蹟について執筆した『有名なポーランド王国に関する年代記(Annales seu cronici incliti regni Poloniae)』によって最もよく知られている。この作品は1701年から1703年の間に初めて印刷された。同書の中でドゥウゴシュは著者である自分をどのように位置付けるか迷ったらしく、自分のことは三人称で呼んでいる。 ドゥウゴシュは同市にあるクラクフ大学(現在のヤギェウォ大学)で教育を受け、1434年、クロブクの主席司祭だった叔父によってクロブクの聖マルチン教会の律修司祭に任じられた。クロブクはシロンスクのオポーレ公国に属していた都市であり、つい最近ポーランド王ヴワディスワフ2世ヤギェウォによって征服されたばかりだった。ドゥウゴシュは1452年までこの地に留まっており、同市に修道院を創設している。 1450年、ドゥウゴシュは王母ゾフィア・ホルシャンスカと国王カジミェシュ4世から、ハンガリーの摂政フニャディ・ヤーノシュとボヘミア貴族ヤン・ジシュカとの紛争の調停を頼まれた。6日間の交渉の後、ドゥウゴシュは両者を講和させることに成功している。1452年、ドゥウゴシュはクラクフの律修司祭となった。1455年、クラクフでは大火が発生して都市の大半と城壁などを焼き、ドゥウゴシュの家にも燃え広がった。彼はその後もカジミェシュ4世の命令で教皇庁や神聖ローマ皇帝の宮廷へと外交交渉に赴いており、13年戦争(1454年 - 1466年)では国王とドイツ騎士団との和平交渉に加わった。 1461年、ドゥウゴシュを含むポーランド政府代表団はボヘミア王イジー・ス・ポジェブラトの密使とシロンスクのビトム(ボイテン)で会合を開いた。6日間の協議の末、両国は同盟を結ぶことを決めた。13年戦争中の1466年、ドゥウゴシュはシロンスクのヴロツワフ(ブレスラウ)に特使として派遣され、シロンスクの諸公国がドイツ騎士団に肩入れしないよう説得を試みた。ドュウゴシュはこの任務に成功し、翌1467年には国王の次男カジミェシュ王子の家庭教師となっている。 ドゥウゴシュはプラハ大司教に就任するよう要請されたが断り、死の直前にルヴフ大司教に就任した。ドゥウゴシュはの中高ドイツ語の年代記「Chronica nova Prutenica」を大雑把な形でラテン語に仮翻訳している。仮翻訳であるためドイツ語圏の固有名詞について多くの間違い、特に人名、地名などで混同がみられる。特に、ポーランドとドイツ騎士団の決戦が行われた場所のドイツ語名は「緑の野原」を意味する「グリュンフェルデ」であったが、ドゥウゴシュはこれを間違えて「緑の森」を意味する「グルンヴァルト」としてしまい、後にはこの「グルンヴァルト」の名前のほうが定着してしまった。.

新しい!!: ポーランドとヤン・ドゥウゴシュ · 続きを見る »

ヤン・コハノフスキ

ヤン・コハノフスキ(、1530年 - 1584年8月22日 ルブリン)はルネサンス時代のポーランドの詩人、王室秘書官。折衷主義哲学(ストア主義、エピクロス主義、ルネサンス期の新プラトン主義、そして古代とキリスト教を結びつけた神への深い信心の融合)の代表的な人物でもある。 の紋章を持つシュラフタ階級のコハノフスキ家の出で、の地方裁判官(Sędzia ziemski)ピョトルを父に、(同じくシュラフタの)オドロヴォンシュ家のアンナ・ビャワチョフスカを母に持つ。弟ミコワイもルネサンス詩人の一人であり、次弟のアンジェイはヴェルギリウスの「アエネーイス」をポーランド語に翻訳したことで知られる。バロック期には甥のピョトルも翻訳の仕事に従事した。.

新しい!!: ポーランドとヤン・コハノフスキ · 続きを見る »

ヤン・ザモイスキ

ヤン・ザモイスキ(ポーランド語:Jan Zamoyski、1542年3月19日 - 1605年6月3日)は、ポーランド・リトアニア共和国のマグナート(大貴族)。 ザモシチ市(ユネスコ世界遺産)の建設者で、同市の第1代オルディナト(大領主)。1566年より宮廷秘書(:pl:Sekretarz królewski)、1576年より王国法官(副首相)、1578年より王国大法官(首相)。1580年から1585年までクラクフ市の総代官、さらにベウス市、市、市、市、デルプスク市の代官も務めた。ジグムント2世アウグスト王とステファン・バートリ王の最高政策顧問であり、彼らの後任であるジグムント3世ヴァーサ王の最も強力な反対者であった。ザモイスキは同時代で最も熟練した外交官かつ政治家であり、当時の共和国の政治における重鎮であった。 彼は国政の場においてはポーランド王国の名君ジグムント2世アウグスト王およびステファン・バートリ王の絶大なる信頼を得て、王国およびポーランド・リトアニア共和国の黄金時代を確立した、まさに大宰相であった。社会運動家としても精力的に活動、古代の共和政ローマを参考に立憲君主制の確立を目指し、主に中小シュラフタを集めて履行運動と呼ばれるシュラフタ民主主義の社会運動を主導した。また数々の武勲をたて、当代きっての名将としても欧州に名を馳せた。 立憲主義を表すものとして、17世紀に確立したイギリスの政体に関して頻繁に使われる「国王は君臨すれども統治せず」(Rex regnat et non gubernat)の言葉は、本来はこのヤン・ザモイスキの言葉であり、彼が16世紀に確立したポーランド・リトアニア共和国の立憲政体を表したものである。.

新しい!!: ポーランドとヤン・ザモイスキ · 続きを見る »

ヤヴォジュノ

ヤヴォジュノ (Jaworzno, ドイツ語:Arnshalde アルンスハルデ) はポーランド西部、シロンスク県の都市。人口200万人を抱える「上シロンスク広域都市圏」に属する。近代には周辺に小規模の炭鉱が何か所も開発され、炭鉱町として栄えた。現在は炭鉱が廃止され、広域経済圏の中心都市カトヴィツェ市のベッドタウンとして発展。スポーツ・文化の振興が盛んである。ヨーロッパ最新式のスポーツ施設や文化施設がいくつかあり、それらで国内・国際イベントがよく開催される。13世紀から続く中央市場広場を中心に商店街と住宅が広がり、近くに昔の領主が住んでいた白亜の宮殿がある。中心から離れたところに鉄道駅、一見フィンランド風の新興住宅地、大きな公園、人工ビーチと水上スキー競技施設のある湖、大型ショッピングセンター、高級乗馬クラブなどが点在し、さらに郊外に行くと火力発電所(市内や周辺地域に電力と温水を供給している)がある。環境政策にも熱心で、発電所は最新式の環境設備を備え、周辺で保護されている52種類の貴重植物への悪影響を最小限に抑える配慮がされている。 街の西方にある「」(モラヴィア地方との境にある広く低い峠で、古代からそう呼ばれている)からは常に西南のそよ風(風速約2メートル)が吹いている。.

新しい!!: ポーランドとヤヴォジュノ · 続きを見る »

ヤヌシュ・コルチャック

ヤヌシュ・コルチャック(Janusz Korczak, 1878年7月22日 - 1942年8月)は、ポーランドの小児科医、児童文学作家で教育者。本名はヘンリク・ゴルトシュミット。ユダヤ系ポーランド人。1911年からユダヤ人孤児のための孤児院「ドム・シェロト」の院長となる。著作と実践の両面から児童教育に力を注ぎ、子どもの権利という概念の先駆者となった。日本では「コルチャック先生」と表記されることが多い。.

新しい!!: ポーランドとヤヌシュ・コルチャック · 続きを見る »

ヤドヴィガ (ポーランド女王)

ヤドヴィガ・アンデガヴェンスカ(ポーランド語:Jadwiga Andegaweńska,1373年10月3日/1374年2月18日 - 1399年7月17日)は、ポーランド王(在位:1384年 - 1399年)。ハンガリー王・ポーランド王ラヨシュ1世(ルドヴィク1世)の末娘、母はその2番目の妻でボスニア太守スティエパン2世の娘であるエリザベタ・コトロマニッチ。女性の君主でありながら女王(regina, queen)ではなく王(rex, king)の称号を持つが、これはヨーロッパでは非常に稀な例である。ハンガリー名はヘドヴィグ(Hedvig)。カトリック教会の聖人で、女性君主、王妃および統合ヨーロッパの守護聖人である。.

新しい!!: ポーランドとヤドヴィガ (ポーランド女王) · 続きを見る »

ヤギェウォ大学

ヤギェウォ大学()はクラクフにあるポーランド最古の大学。ヤギェロン大学とも呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドとヤギェウォ大学 · 続きを見る »

ヤギェウォ朝

ヤギェウォ朝(Dynastia Jagiellonów)は、ポーランド、リトアニア、ボヘミアおよびハンガリーの王朝。ヤギェロ朝、ヤゲロ朝とも呼ばれる。1386年にリトアニア大公国の大公ヨガイラにより、ハンガリー王をも兼ねたポーランド王ルドウィク1世(ハンガリー王としてはラヨシュ1世)を継承した女王ヤドヴィガ(在位:1384年 - 1399年)との結婚により成立した。 王朝の年代は各君主位によって異なるが、それぞれ以下の通りになる。.

新しい!!: ポーランドとヤギェウォ朝 · 続きを見る »

ヤクブ・ブワシュチコフスキ

ヤクブ・ブワシュチコフスキ(Jakub Błaszczykowski、1985年12月14日 - )は、ポーランド・トルスコラシ出身のサッカー選手。ブンデスリーガのVfLヴォルフスブルクに所属し、ポーランド代表にも選出されている。ポジションはミッドフィールダー。ボルシア・ドルトムントではJakubの短縮形であるKuba(クバ)と名前の入ったシャツを着ることからクバという愛称でも知られる。.

新しい!!: ポーランドとヤクブ・ブワシュチコフスキ · 続きを見る »

ユリウシュ・ザレンプスキ

ユリウシュ・ザレンプスキ(Juliusz Zarębski, 1854年2月28日か3月3日 ジトーミェシュ(ジトームィル) - 1885年9月15日ジトーミェシュ)は、ポーランドのピアニスト、作曲家。 ショパン(1849年没)とシマノフスキ(1882年生)の間の時期に活躍したが、1885年に結核により31歳で死去した。主な芸術活動はポーランド国外で展開されたため、後に自国におけるザレンプスキ研究は遅れを見ることとなった。また、このことはポーランド音楽史の文脈の顧みる上で、19世紀後半の部分に大きな間隙となった。.

新しい!!: ポーランドとユリウシュ・ザレンプスキ · 続きを見る »

ユーロチャレンジ

FIBAユーロチャレンジ(FIBA EuroChallenge)は、FIBAヨーロッパが主催していた男子バスケットボールクラブチームによる国際大会である。.

新しい!!: ポーランドとユーロチャレンジ · 続きを見る »

ユニバーサルヘルスケア

ユニバーサルヘルスケア(Universal health care, Universal care)、ユニバーサルヘルスカバレッジ(Universal health coverage, Universal coverage)、普遍主義的医療制度(ふへんしゅぎてきいりょうせいど)、国民皆保険(こくみんかいほけん)とは、市民の全員に保健医療サービスおよび医療費補助を提供する保健プログラムのこと。 WHOによれば、社会の構成員すべてに対し特定の福利厚生パッケージを提供することで、医療費リスクから保護し、医療アクセスを改善し、保健状態の向上を図ることを目的とした制度である。 ユニバーサルヘルスケアは、すべてのケースにおいて最善の形態が存在する概念ではないし、また万人のすべてのケースに対応できるものでもない。「誰をカバーするか」「どのようなサービスまでカバーするか」「どの価格までカバーするか」という、三つの要素によって形態が定義づけられる。 OECD諸国においては、ギリシャ、米国、ポーランドを除いたすべての国で、基本的保健サービス(GP受診・専門医・検査・手術・医療用品)におけるカバーを達成している。歯科および処方薬については、これらの国では一般的に部分的補助となる。 ギリシャにおいては国家経済破綻のため、長期失業者や保険に加入しない自営業者が発生した(加入率79.9%)。 米国では現在オバマケアが進行中である(加入率88.5%)。ポーランドでは保険料不払い者が資格を喪失するようになった(加入率91.6%)。.

新しい!!: ポーランドとユニバーサルヘルスケア · 続きを見る »

ユニテリアン主義

ユニテリアン主義(ユニタリアン主義 、ユニタリアニズム、英語:Unitarianism)とは、キリスト教正統派教義の中心である三位一体(父と子と聖霊)の教理を否定し、神の唯一性を強調する主義の総称をいう『キリスト教大事典 改訂新版第9版』教文館1988年。ユニテリアンはイエス・キリストを宗教指導者としては認めつつも、その神としての超越性は否定する。キリスト教正統派の中心教義を否定しているため、正統派キリスト教とは区別される『ユニテリアン派は偶像教に勝さる異端なり』と言及。- 内村鑑三『基督信徒の慰』警醒社,1893年米国の国勢調査ではキリスト教に含まれず「その他の宗教」に分類されている。- 八木谷涼子『なんでもわかるキリスト教大事典』p181,朝日新聞出版,2012年日本ルーテル教団伝道委員会の要請により執筆された文献において、ユニテリアン主義は異端として言及されている。- 轟勇一『100の質問』コンコーディア社,1963年。.

新しい!!: ポーランドとユニテリアン主義 · 続きを見る »

ユダヤ人

ユダヤ人(יהודים、Jews、Djudios、ייִדן)は、ユダヤ教の信者(宗教集団)、あるいはユダヤ人を親に持つ者(血統)によって構成される宗教的民族集団である。 ムスリムやクリスチャンと同じで、ユダヤ人という人種・血統的民族が有る訳では無い。ヨーロッパでは19世紀中頃まで主として前者の捉え方がなされていたが、近代的国民国家が成立してからは後者の捉え方が広まった。ハラーハーでは、ユダヤ人の母親から生まれた者、あるいは正式な手続きを経てユダヤ教に入信した者がユダヤ人であると規定されている。2010年現在の調査では、全世界に1340万を超えるユダヤ人が存在する。民族独自の国家としてイスラエルがあるほか、各国に移民が生活している。ヘブライ人やセム人と表記されることもある。 ユダヤ人はディアスポラ以降、世界各地で共同体を形成し、固有の宗教や歴史を有する少数派のエスニック集団として定着した。しかし、それらを総体的に歴史と文化を共有する一つの民族として分類することはできない。言語の面をみても、イディッシュ語の話者もいればラディーノ語の話者もいる。歴史的にはユダヤ人とはユダヤ教徒のことであったが、現状では国籍、言語、人種の枠を超えた、一つの尺度だけでは定義しえない文化的集団としか言いようのないものとなっている。 で追加された記述だが、出典が示されていない。古代のイスラエル人やセファルディムは(いわゆる「白人」ではないものの)主にコーカソイドのはずで、これを単に「有色人種」と説明するのは誤りではないにしても誤解を招きかねず、不適切であろう。また、アシュケナジムをハザール人と関連づけるのは(当該記事の記述によれば)諸説があり、広く受け入れられている説ではない。 「古代のイスラエル人は有色人種で、12支族の1支族ユダ族のユダヤ人は有色人種セファルディムで、白系ユダヤ人アシュケナジム(ヘブライ語でドイツを意味する)は8世紀頃、ハザール人のユダヤ教への改宗によって、ユダヤ人を名乗った。」 -->.

新しい!!: ポーランドとユダヤ人 · 続きを見る »

ユダヤ教

ダビデの星 ユダヤ教(ユダヤきょう、יהדות)は、古代の中近東で始まった唯一神ヤハウェ(יהוה)を神とし、選民思想やメシア(救世主)信仰などを特色とするユダヤ人の民族宗教である。ただしメシア思想は、現在ではハバド・ルバヴィッチ派などを除いて中心的なものとなっていない。 『タナハ』(キリスト教の『旧約聖書』に当たる書物)が重要な聖典とされる。.

新しい!!: ポーランドとユダヤ教 · 続きを見る »

ユゼフ・ピウスツキ

ユゼフ・ピウスツキ(Józef Klemens Piłsudski, 1867年12月5日 - 1935年5月12日)はポーランド共和国の建国の父にして初代国家元首、国防相、首相。ポーランド軍創立者にして元帥。独裁的な政権で同国を盛り立てたことで知られる。文化人類学者でアイヌ研究家のブロニスワフ・ピウスツキは兄。ピルスツキ、ピルスヅキ、ピルツスキー、ピルスーツキイとも表記される。.

新しい!!: ポーランドとユゼフ・ピウスツキ · 続きを見る »

ユゼフ・ベック

ユゼフ・ベック ユゼフ・ベック(Józef Beck、1894年10月4日 - 1944年6月5日)は、ポーランドの政治家、外交官、軍人。大佐。.

新しい!!: ポーランドとユゼフ・ベック · 続きを見る »

ユゼフ・エルスネル

ユゼフ・クサヴェルィ・エルスネル(Józef Ksawery Elsner 1769年6月1日 - 1854年4月18日)はポーランドの作曲家で音楽教育家。主にフリデリク・ショパンの師として知られる。ドイツ語読みではヨーゼフ・クサーヴァー・エルスナー(Joseph Xaver Elsner)。.

新しい!!: ポーランドとユゼフ・エルスネル · 続きを見る »

ヨハネ・パウロ2世 (ローマ教皇)

ヨハネ・パウロ2世(羅:Ioannes Paulus PP.、英:John Paul II、伊:Giovanni Paolo II、波:Jan Paweł II、1920年5月18日 - 2005年4月2日)は、ポーランド出身の第264代ローマ教皇(在位:1978年10月16日 - 2005年4月2日)。ヨハネス・パウルス2世とも表記される。本名はカロル・ユゼフ・ヴォイティワ(Karol Józef Wojtyła)。 カトリック教会の聖人で、ヨハネ23世とともに、ピウス10世以来60年ぶりに列聖された教皇である。ハドリアヌス6世(オランダ出身、在位:1522年 - 1523年)以来455年ぶりの非イタリア人教皇にして史上最初のスラヴ系教皇。同時に20世紀中最年少で着座した教皇でもある。神学と哲学の2つの博士号を持っていた。 冷戦末期において、世界平和と戦争反対への呼びかけと、呼びかけだけにとどまらない数々の平和行動を実践し、共産党一党独裁下にあった母国ポーランドを初めとする民主化活動の精神的支柱としての役割も果たした。 また、生命倫理などの分野でのキリスト教的道徳観の再提示を行うとともに、エキュメニズムの精神からキリスト教内の他宗派や他宗教・他文化間の対話を呼びかけたことは、宗教・宗派の枠を超えて現代世界全体に大きな影響を与え、没後も多くの信徒や宗教関係者から尊敬を集めている。.

新しい!!: ポーランドとヨハネ・パウロ2世 (ローマ教皇) · 続きを見る »

ヨハネス19世 (ローマ教皇)

ヨハネス19世(Ioannes XIX、生年不詳 - 1032年10月9日)は、ローマ教皇(在位1024年 - 1032年)。もとの名はロマーノ・デイ・コンティ・ディ・トゥスコロ(Romano dei Conti di Tuscolo)。ラテン語名はロマヌス・コメス・トゥスクリ(Romanus Comes Tusculi)。 ローマの有力者トゥスコロ家に生まれ、兄のベネディクトゥス8世(在位1012年 - 24年)のあとを継いで教皇に選出された。選出された時には、聖職者経験のない俗人で、執政官および元老院議員の肩書きしか有していなかったため、教皇に就任するにあたり、司教に任命された。 ヨハネス19世は、それまでの教会の方針に反して、多額の賄賂と引き換えにコンスタンディヌーポリ総主教庁に司教の肩書きを与えることを約束したものの、聖職者たちからの大きな反対を受け、即座に約束の撤回に追い込まれた。 1024年、神聖ローマ皇帝ハインリヒ2世(在位1002年 - 1024年)の死に際し、ヨハネス19世はコンラート2世(在位1024年 - 1039年)の即位を支持し、コンラート2世は1027年の復活祭(3月26日)にサン・ピエトロ大聖堂にて戴冠を受けた。 同年の4月6日、ラテラノ教会会議を開き、アクイレイア総大司教に対して総大司教の地位を認め、対立していたグラード総大司教を支配下に置くことを宣言した。しかし、1029年にはこの宣言を撤回し、グラードに再びその地位を認めた。他に、バーリの大司教ビザンティウスに公開勅書を与え、その12座の属司教の聖別権を付与した。 ヨハネス19世の死後、その甥に当たるベネディクトゥス9世がその地位を継承した。この時ベネディクトゥスはまだ若年であったといわれ、史料によっては12歳であったと伝えるが、通説ではおそらく18~20歳程度であったとされている。 なお、ヨハネス20世は存在せず、次にヨハネスを名乗ったのは1276年に位に就いたヨハネス21世である。また、ヨハネス16世は対立教皇であったため、正確にはローマ教皇としてのヨハネスは18人目であったが、同時代にはこのような認識はなく、16人目の教皇ヨハネスは自らをヨハネス17世と名乗ったため、18人目の教皇ヨハネスも19世となった。更に一部の歴史家は、ヨハネス14世とヨハネス15世の間に、もう一人別の教皇ヨハネスがいたという伝説に基づき、ヨハネス19世を、ヨハネス20世、あるいはヨハネス19世(20世)と呼んでいる。このようなことから、教皇ヨハネスの代数は非常に複雑なものとなっている。.

新しい!!: ポーランドとヨハネス19世 (ローマ教皇) · 続きを見る »

ヨハネス・ヘヴェリウス

ヘヴェリウスによる月面図「セレノグラフィア」/1645年発表。科学的観測史上(望遠鏡による観測史上)、最も早くに作られた月面図の代表的一つ。彼が名付けた月の地名のいくつかは現在も使われている。月の輪郭が二重に描かれているのは、地球から見た月の位置的揺らぎの限界を示したものである。 ヨハネス・ヘヴェリウス(ラテン語:Johannes Hevelius 、ポーランド語:Jan Heweliusz 、ドイツ語:Johannes Hewel 、1611年1月28日 - 1687年1月28日)は、ポーランドの天文学者。月の地形学の創始者とされる。.

新しい!!: ポーランドとヨハネス・ヘヴェリウス · 続きを見る »

ヨーロッパバイソン

ヨーロッパバイソン(Bison bonasus)は、哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科バイソン属に分類される偶蹄類。生息地であるポーランドでは「ジュブル」(:pl:Żubr)と呼ばれる 。.

新しい!!: ポーランドとヨーロッパバイソン · 続きを見る »

ヨーロッパ戦勝記念日

ヨーロッパ戦勝記念日(ヨーロッパせんしょうきねんび)は、第二次世界大戦において連合国がドイツを降伏させたとして、ヨーロッパにおける勝利を記念する日である。VEデー(Victory in Europe Day, V-E Day or VE Day)とも呼ばれる日で、1945年5月8日に当たる。.

新しい!!: ポーランドとヨーロッパ戦勝記念日 · 続きを見る »

ヨシフ・スターリン

ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン(, 1878年12月18日 – 1953年3月5日)は、ソビエト連邦の政治家、軍人。同国の第2代最高指導者。一般に広く知られているスターリンという姓は「鋼鉄の人」を意味する筆名であり、本姓はジュガシヴィリ(、)である。.

新しい!!: ポーランドとヨシフ・スターリン · 続きを見る »

ラトビア人

ラトビア人(latvieši; Latvians, Letts)は、ラトビア共和国(ラトビア)の基本住民を形成する民族。現在の総人口は凡そ150万人程である。 9世紀のころから民族形成の過程は始まるが、12世紀~13世紀のドイツ人(東方植民)の侵入によってその過程は遅らされ、15世紀~16世紀になってようやく終結した。 著名なラトビア人に関してはラトビア人の一覧を参照。.

新しい!!: ポーランドとラトビア人 · 続きを見る »

ラテン語

ラテン語(ラテンご、lingua latina リングア・ラティーナ)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派の言語の一つ。ラテン・ファリスク語群。漢字表記は拉丁語・羅甸語で、拉語・羅語と略される。.

新しい!!: ポーランドとラテン語 · 続きを見る »

ラベンダー

ラベンダー(英: 、仏:)は、シソ科ラヴァンドラ属(ラベンダー属、)の半木本性植物の通称である宮崎泰 著 『ハーブ―育てる・食べる』 偕成社 1995年。または、半耐寒性の小低木Lavandula angustifolia (通称:ラベンダー、コモン・ラベンダー、イングリッシュ・ラベンダーなど)を指す。.

新しい!!: ポーランドとラベンダー · 続きを見る »

ライムギ

ライムギ(ライ麦、学名Secale cereale)はイネ科の栽培植物で、穎果を穀物として利用する。別名はクロムギ(黒麦)。単に「ライ」とも。日本でのライムギという名称は、英語名称のryeに麦をつけたものである。食用や飼料用としてヨーロッパや北アメリカを中心に広く栽培される穀物である。寒冷な気候や痩せた土壌などの劣悪な環境に耐性があり、主にコムギの栽培に不適な東欧および北欧の寒冷地において栽培される。.

新しい!!: ポーランドとライムギ · 続きを見る »

ライプツィヒ

ライプツィヒ(ドイツ語: )は、ザクセン州に属するドイツの都市である。人口は約52万1千人(2012年12月現在)、ザクセン州では州都ドレスデンをやや上回って最大の都市で、旧東ドイツ地域ではベルリンに次いで2番目である。日本語ではライプチヒとも表記される(表記参照)。南部ドイツ語ではライプツィクと発音されることもある。 バッハやメンデルスゾーンそしてヴァーグナーらゆかりのドイツを代表する音楽の街、またベルリンの壁崩壊、ひいては東西両ドイツの統一の端緒となった住民運動の発祥地として知られる。.

新しい!!: ポーランドとライプツィヒ · 続きを見る »

ラウジッツ

ラウジッツの位置 ラウジッツ(、、、、、ラテン語・)は、現在のドイツ東部、ブランデンブルク州南部からザクセン州東部にかけての歴史的地域名で、ラテン語ではルーサティア(ルサティア、ルサチアとも)。シレジアの西隣にあたる。北部を、南部をと呼ぶ。ドイツ語の発音に合わせ、ラオジッツまたはラオズィッツと表記されることもある。 イリュリア(Illyria)と同じ語源である。西スラヴ語では r が ž/ż に法則的に転化する。イリュリア人は古代のラウジッツ文化の主な担い手と見られ、後に主要部分がアドリア海東岸へと南下したとされる。 ソルブ人が住むことから、ソルビア(Sorbia)とも呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドとラウジッツ · 続きを見る »

ラジヴィウ家

ラジヴィウ家(Radziwiłł / Radvila / Radziwill / Радзівіл / Radvil)は、リトアニア大公国およびポーランド・リトアニア共和国において、数世紀にわたって権力の中枢にあり国政に重きをなしていた大貴族(マグナート)の家系。リトアニア語読みはラドヴィラ。政治的野心を持ってドイツに接近し1547年より一族全員が神聖ローマ帝国のフュルスト(公爵)を名乗る資格を得ていた。(ただしこの公爵位はポーランド・リトアニア共和国では公式のものではない。ポーランド・リトアニア共和国ではシュラフタはすべて政治的に平等の身分であるという考えがあり、爵位が存在しなかった。).

新しい!!: ポーランドとラジヴィウ家 · 続きを見る »

ラズベリー

ラズベリー(英語:raspberry)は、バラ科キイチゴ属 (Rubus) に属するいくつかの種の低木、およびその果実。分類学的には亜属 Idaeobatus に相当する。フランボワーズ(フランス語:framboise)とも呼ぶ。 単独でラズベリーを意味した古い方言raspにberry(ベリー)を加えた語である。 ヨーロッパでは (raspberryもframboiseも) ヨーロッパ産のラズベリーであるヨーロッパキイチゴを意味することが多いが、ここでは広義のラズベリーについてのべる。.

新しい!!: ポーランドとラズベリー · 続きを見る »

リトアニア

リトアニア共和国(リトアニアきょうわこく、Lietuvos Respublika)、通称リトアニア(Lietuva)は、ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、通貨はユーロ、人口は325万人、首都はヴィリニュスである。.

新しい!!: ポーランドとリトアニア · 続きを見る »

リトアニア大公国

フ県などが置かれた地域)を獲得した。 合同により、現在のウクライナにあたる地域がポーランドの領土となっている。 ヤン・マテイコ画『リトアニア大公国の洗礼』(1387年) リトアニア大公国(リトアニアたいこうこく、、)は、13世紀から1795年のあいだにリトアニアを中心とした地域を支配した国家である。その全盛期には、広大な領土を擁するヨーロッパの強国であった。この国家の支配層の民族構成は人口においてはリトアニア人はむしろ少数派で、特にルーシ人と呼ばれる東スラヴ人が多かった。このルーシ人は、のちのベラルーシ人やウクライナ人の先祖に当たり、やがてリトアニア人とあわせてと呼ばれるようになった。 リトアニア人が支配した当初はその領土もいわゆる「原リトアニア」と呼ばれる、現代のリトアニア共和国とほぼ同じ狭い地域に限られており、小さな異教国家(非キリスト教国家、Romuva)であったが、複雑な政治的経緯により人口の膨大なルーシ(現在のロシア・スモレンスク地方、ベラルーシ、西部ウクライナ)の正教徒の人々が住む広大な地域(すなわちヴォルィーニ公国やハールィチ公国の地域)も徐々に広く包含するようになると、そういった地方の支配層も取り込むようになったため結果として大公国全体で徐々に正教徒の東スラヴ人が政治的に優勢となった。原リトアニアでも東スラヴの文化を広く受け入れるようになり、大公国の唯一の公用語として教会スラブ語が採用された。1387年にローマ・カトリックを正式に国教としたが、正教徒の信仰も認められた。1430年以後、ポーランド王国と実質的な同君連合となり(ポーランド・リトアニア合同)、支配階層のポーランド文化への同質化が進んだ。1569年のルブリン合同をもってリトアニア大公国はポーランド王国との連合政体であるポーランド・リトアニア共和国を形成した。.

新しい!!: ポーランドとリトアニア大公国 · 続きを見る »

リトアニア人

リトアニア人は、現在のリトアニア共和国(リトアニア)の住民を形成する民族。総人口は約370万人から約410万人とされる。 著名なリトアニア人に関してはリトアニア人の一覧を参照。.

新しい!!: ポーランドとリトアニア人 · 続きを見る »

リトアニア語

リトアニア語(リトアニア語: lietuvių kalba)は、主にリトアニアおよびその周辺国の一部の地域で用いられている言語。インド・ヨーロッパ語族のバルト語派に属す。リトアニアの公用語で、話者人口はおよそ302万人。.

新しい!!: ポーランドとリトアニア語 · 続きを見る »

リプカ・タタール人

リプカ・タタールの国旗 リプカ・タタール人(Tártaros de Lipka)は、14世紀初頭にリトアニア大公国に移住してきたタタールを起源とする民族集団。.

新しい!!: ポーランドとリプカ・タタール人 · 続きを見る »

リドリー・スコット

ー・リドリー・スコット(Sir Ridley Scott、1937年11月30日 - )は、イギリスの映画監督、映画プロデューサー。 主にアメリカで活動している。映画監督のトニー・スコットは弟、同じく映画監督のは長女、映像監督のジェイク・スコットは長男、映画監督のは次男。.

新しい!!: ポーランドとリドリー・スコット · 続きを見る »

リシャルト・カプシチンスキ

right リシャルト・カプシチンスキ(Ryszard Kapuściński、1932年3月4日 - 2007年1月23日)は、ピンスク出身のポーランド人ジャーナリスト、作家、新聞社通信員。世界中から「20世紀の最も偉大なジャーナリスト」、「最も生気にあふれた報道記者」と評価される、現代ジャーナリズムの巨人。.

新しい!!: ポーランドとリシャルト・カプシチンスキ · 続きを見る »

リスィ山

リスィ山(Rysy,; Meeraugspitze, Tengerszem-csúcs)は、ポーランドとスロバキア国境付近にあるタトラ山脈(ハイタトラス)の最も高い山である。リスィ山には、中央の 2,503m(8,212ft)、北西の 2,499m(8,199ft)、そして南東の 2,473m(8,114ft)の3つの頂があり、そのうち北西のものはポーランドで最も高い地点となる。その他の2つはスロバキア側にあり、プレショウ県に属する。.

新しい!!: ポーランドとリスィ山 · 続きを見る »

リサイクル

リサイクルのシンボル オランダの空き瓶回収器 リサイクル()とは、「再循環」を表す概念で、具体的には、廃棄物等を再資源化し、新たな製品の原料として利用することである。資源再生、再資源化、再生利用、再生資源化等とも呼ばれる。同一種の製品に再循環できないタイプの再生利用についても広くリサイクルに位置付けられる。 リデュース(reduce、減量)、リユース(reuse、再使用)と共に3Rと呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドとリサイクル · 続きを見る »

ルネサンス

レオナルド・ダ・ヴィンチによるウィトルウィウス的人体図、科学と芸術の統合 ルネサンス(Renaissance ルネサーンスイギリス英語発音: リネイスンス、アメリカ英語発音: レナサーンス)は「再生」「復活」を意味するフランス語であり、一義的には、古典古代(ギリシア、ローマ)の文化を復興しようとする文化運動であり、14世紀にイタリアで始まり、やがて西欧各国に広まった(文化運動としてのルネサンス)。また、これらの時代(14世紀 - 16世紀)を指すこともある(時代区分としてのルネサンス)。 日本では長らく文芸復興と訳されており、ルネサンスの時代を「復興期」と呼ぶこともあったが、文芸のみでなく広義に使われるため現在では余り使われない。ルネッサンスとも表記されるが、現在の歴史学、美術史等ではルネサンスという表記が一般的である。.

新しい!!: ポーランドとルネサンス · 続きを見る »

ルーマニア

ルーマニアは、東ヨーロッパに位置する共和制国家。南西にセルビア、北西にハンガリー、北にウクライナ、北東にモルドバ、南にブルガリアと国境を接し、東は黒海に面している。首都はブカレスト。 国の中央をほぼ逆L字のようにカルパティア山脈が通り、山脈に囲まれた北西部の平原をトランシルヴァニア、ブルガリアに接するワラキア、モルドバに接するモルダヴィア、黒海に面するドブロジャの4つの地方に分かれる。 東欧では数少ないロマンス系の言語であるルーマニア語を公用語として採用している国家であるが、宗教的には東方教会系のルーマニア正教会が多数派である。いっぽう北西のポーランドはスラヴ語派のうち西スラヴ語群に属するポーランド語が主に話されているが、宗教的にはカトリック教会が支配的であり、ルーマニアとは好対照をなしている。.

新しい!!: ポーランドとルーマニア · 続きを見る »

ルーシ

ルーシとは、以下のようなものに用いられた名称である。.

新しい!!: ポーランドとルーシ · 続きを見る »

ルーシ人

ウクライナ・ベラルーシの領域。 ルーシ人(ルーシじん;古ルーシ語・ルーシ語・Руси́ни, Русь, Ру́си ; ;)は、中世から近世にかけて東欧に居住した東スラヴ系の民族である。第一義的には、ルーシ族(ルーシ人とも呼ばれる)、あるいはルーシという地名に由来し、ルーシ(キエフ大公国)という国に属した人々を指す用語であるが、時代が下るとともに意味するところが変わる。 14世紀末から17世紀前半にかけては、今日のウクライナ人およびベラルーシ人の祖先となる共通民族名であったが、17世紀後半から20世紀初頭にかけてはウクライナ人のみを指す民族名として用いられるようになった。西欧の文献ではルテニア人()「ルーシ」のラテン語名「ルテニア」()に由来する。として登場するが、日本語文献ではルーシ人とルテニア人の概念は一致しない。 日本語文献で「ルーシ人」といえば、キエフ・ルーシの人々を指している場合と、14世紀以降のウクライナ人・ベラルーシ人あるいは17世紀以降のウクライナ人を指している場合、それらを特に区別せずに書いている場合とがある。日本語では、少なくとも近世以降のロシア人(大ロシア人)を指して「ルーシ人」と呼ぶことはない。.

新しい!!: ポーランドとルーシ人 · 続きを見る »

ルーシ語

ルーシ語(ルーシご; руский языкъ, проста мова)は、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派東スラヴ語群の言語の一つである。14世紀から18世紀にかけて今日のウクライナやベラルーシにあたる地域におけるルーシ人、およびモルダヴィアの正教徒が用いた文語である。ウクライナ語やベラルーシ語の祖語であり、今日では死語となっている。外名でルテニア語(Ruthenian language; Ruthenische Sprache)あるいはロシア語と呼ばれることもあるが(本文参照)、それぞれ別の言語と紛らわしいしばしばルテニア語と呼ばれるルシン語やパンノニア・ルシン語、それにロシア語。。.

新しい!!: ポーランドとルーシ語 · 続きを見る »

ルーシ族

ルーシ族(ルーシぞく、古ルーシ語:Роусь)は、中世東ヨーロッパに侵入したヴァリャーグの内、ルーシ・カガン国やノヴゴロド公国及びキエフ大公国を建国した集団に対して、かつての東スラヴ人が用いた呼称。俗にノルマン人であるとされているが、民族系統については不明で、後述のノルマン説に従えばスウェーデン人の一グループとされる(論拠として確立されている訳ではない事に注意。あくまでもノルマン支持者の論説の一部)。 中世から近世に至る、東スラヴ人の事を指すルーシ人とは異なる。 原初年代記などといった中世諸国の文書記録では、彼らがノルマン人でありヴァイキングであったことが示唆されているため、ノルマン説が有力であると見られている。これらの文書は、俗説なども含むものの、概ね複数の文明圏の文献などによって推察されている。もっとも確証ある訳ではなく、特に東欧の反ノルマン説論者からの異議として、彼らが本当に「ノルマン人の部族」を指した名称であったのかについての論争が続けられている。ロシアなどでは特定の民族名と言うよりも、東スラヴ人の部族連合のひとつであるポリャーネ族が自称した国号名からの語源が主流となっている。一方で、ルーシ・カガン国の民族構成から、ノルマン人や東スラヴ人の中の一部族ではなく、複数の民族の混血であったとも言われている。.

新しい!!: ポーランドとルーシ族 · 続きを見る »

ルブリン

ルブリン(Lublin)はポーランドの都市で、ルブリン県の県都。 ルブリン県の政治、産業、経済の中心地。市内には公園や森林も多く、緑豊かな閑静な街である。ヨハネ・パウロ2世が教鞭をとったことでも有名なヨハネ・パウロ2世・ルブリン・カトリック大学や、マリー・キュリーの名を冠したマリー・キュリー・スクウォドフスカ大学がある。郊外のマイダネクには、ナチス・ドイツによって建設されたルブリン強制収容所がある。.

新しい!!: ポーランドとルブリン · 続きを見る »

ルブリン合同

ルブリン合同(ルブリンごうどう)、もしくはルブリン連合(ルブリンれんごう、リトアニア語:Liublino unija;ポーランド語:Unia lubelska)は、1569年7月1日に成立した制度的同君連合である。これにより、ポーランド王国とリトアニア大公国はポーランド・リトアニア共和国に統合された。 実質的には、ポーランドによるリトアニアの併合であり、ポーランド・リトアニア共和国は、選挙された一人の君主(ポーランド王・リトアニア大公)・元老院・合同議会(Sejm)によって統治されることとなった。これは、リトアニア大公国がモスクワ・ロシアとの戦争(リヴォニア戦争を参照)によって危険な状態にあったことが原因だった。 スタニスワフ・ホジュシュ枢機卿、画面右端で農民の手を引いている白髭の人物は政治思想家アンジェイ・フリチュ・モジェフスキ。ここでやや場違いに登場している農民は、未来のポーランドを象徴している。 ルブリン合同に対する見方は歴史家によって異なる。ポーランドの歴史家は平和的・自発的な手続きや、制度的な信教の自由、多民族による多文化主義、多くの政治参加者による議会制民主主義などといった(当時の)ポーランドの自由主義とコスモポリタニズムの文化とその理念が広まったこと、など正の側面を強調する。リトアニアの歴史家は、より民族主義的・国粋主義的な立場を採り、リトアニア貴族とポーランド貴族の参政権は平等であったにもかかわらず、リトアニア大公国において文化のポーランド化が進んだことから、ポーランドによる支配であると主張する。また、連合国の農民は、その他の地域(リトアニアの敵国モスクワ・ロシアなど)よりも自由を手にすることになったと指摘する歴史家もいる。実際に、一部の農民はモスクワ・ロシアから逃げて来ている:en:Jerzy Czajewski, "Zbiegostwo ludności Rosji w granice Rzeczypospolitej" (Russian population exodus into the Rzeczpospolita), Promemoria journal, October 2004 nr.

新しい!!: ポーランドとルブリン合同 · 続きを見る »

ルブリン県

Międzyrzec Podlaski Old chapel Krzna river ルブリン県(Województwo lubelskie)は、ポーランド東部の県である。県都はルブリン。ウクライナ、ベラルーシと接していて、国内ではポドラシェ県、マゾフシェ県、シフィェンティクシシュ県、ポトカルパチェ県と接している。 1998年の地方行政区画再編にともない、旧ルブリン県、ヘウム県、ザモシチ県、ビャワ・ポドラスカ県、そしてタルノブジェク県の一部と、同じくシェドルツェ県の一部を合わせて成立した。県名のルブリンはこの地域の伝統的呼称。.

新しい!!: ポーランドとルブリン県 · 続きを見る »

ルブシュ県

ルブシュ県(Województwo lubuskie)は、ポーランド西部の県である。県都はゴジュフ・ヴィエルコポルスキ、県議会所在地はジェロナ・グラ。ドイツ・ブランデンブルク州との国境線沿いにあり、国内ではドルヌィ・シロンスク県、ヴィエルコポルスカ県、西ポモージェ県と接している。.

新しい!!: ポーランドとルブシュ県 · 続きを見る »

ルドヴィコ・ザメンホフ

Ludwik Lejzer Zamenhof, 1908 ルドヴィコ・ラザーロ・ザメンホフ(エスペラント:Ludoviko Lazaro Zamenhof 、1859年12月15日 - 1917年4月14日)は、ユダヤ系ポーランド人の眼科医・言語学者で、現在のところ最も広く使われている人工言語エスペラントの創案者。 本名はエリエゼル・レヴィ・ザメンホフ(ヘブライ語:אֱלִיעֶזֶר לֵוִי זאַמענהאָף 、ドイツ語転写:Eliezer Lewi Samenhof )。ファーストネームは、少年時代はエリエゼルのイディッシュ語形レイゼル(Lejzer)とそのロシア語形ラーザリもしくはラーザリ・マルコヴィチ(Лазарь (Маркович))を併用し、大学以降はレヴィの欧州語代用名ルードヴィク(Ludwik)とリュードヴィク(Людвик)、そして1901年にエスペラントでルドヴィーコ(Ludoviko)と名乗り、"Dr.

新しい!!: ポーランドとルドヴィコ・ザメンホフ · 続きを見る »

ルシン人

ルシン人(ルシン語: Русины;ウクライナ語:Русини;ルシーン人とも)は、ウクライナ語の方言とされるルシン語を話すスラヴ人の民族集団である。ルーマニア、スロヴァキア、セルビア、ウクライナなど東ヨーロッパ各地に広く住む。.

新しい!!: ポーランドとルシン人 · 続きを見る »

ルシン語

ルシン語(ルシーン語、Русиньскый язык)は、ルシン人によって話される言語であり、東スラヴ語群に分類される。セルビアのヴォイヴォディナ自治州の公用語の一つ。ウクライナ・ザカルパッチャ州、スロバキア東部、ポーランド南東部、そしてハンガリーなどでも用いられている。 ルシン語はウクライナ語との共通点も多く、そのためにウクライナ語の方言としてみなされているが、話者の中にはルシン語がウクライナ語とは別の独立した言語であると考える者もいる。.

新しい!!: ポーランドとルシン語 · 続きを見る »

ルサチア文化

ルサチア文化(ルサチアぶんか、英語:Lusatian culture、ルサティア文化とも表記される)は後期青銅器時代から初期鉄器時代(紀元前1300年ごろから紀元前500年ごろまで)にかけて、ポーランドを中心に、チェコ・スロバキア・ドイツ東部・ウクライナのそれぞれ一部地方にかけて広がっていた文化。日本ではラウジッツ文化とも呼ばれる。「ルサチア」(ルサティア)とは地名で、ドイツ語で「ラウジッツ」、ポーランド語やソルブ語で「ウジツェ」と呼ばれる、ドイツ東部からポーランド西部にかけての地方の、ラテン語での名称。 ルサチア文化は骨壺墓地文化と呼ばれる青銅器時代の中央ヨーロッパ文化群のうちのひとつで、東部群を構成する。ウーニェチツェ文化(:en:Únětice culture)のうち、東部に当たるポーランドにおける発展型であるトシュチニェツ文化(Dolukhanov 1996:113)の後継文化。トシュチニェツ文化はプロト・スラヴ人と関連があるとされている文化で"Trzciniec culture", J. P. Mallory and D. Q. Adams, Encyclopedia of Indo-European Culture, Fitzroy Dearborn Publishers, London and Chicago, 1997.

新しい!!: ポーランドとルサチア文化 · 続きを見る »

レヒト諸語

レヒト諸語(レヒトしょご、Języki lechickie)は、西スラヴ語群のうち北部、すなわちおよそポーランドに分布する諸言語である。レッヒ諸語、レキティック諸語ということもある。.

新しい!!: ポーランドとレヒト諸語 · 続きを見る »

レデンプトール会

レデンプトール会は、カトリック教会に所属する男子修道会のひとつで、正式名称をラテン語でCongregatio Sanctissimi Redemptoris (略称:C.Ss.R.)と言い、日本語では至聖贖罪主修道会と訳される。 1732年、聖アルフォンソ・デ・リゴリによってイタリアで創立された。現在、世界70ヶ国以上の地域で活動している。日本国内には戦後東京や大阪の司教の要請でカナダのケベック州やトロント管区から来日した会員を元にする東京準管区とドイツミュンヘン管区から派遣された会員を元にして構成された鹿児島準管区の二つが置かれた。その後2015年1月5日付けで両準管区を統合して、新たに日本準管区が設立された。準管区本部は東京教区初台教会の敷地内に置かれている。 同会出身の聖人として、聖クレメンス・マリア・ホフバウアー、聖ジェラルド・マイエラ、聖ヨハネ・ノイマンなどを輩出している。また、「心のともしび」運動に参加している近藤雅広神父も、同会所属の司祭である。.

新しい!!: ポーランドとレデンプトール会 · 続きを見る »

レフ・ヴァウェンサ

レフ・ヴァウェンサ(ポーランド語:Lech Wałęsa、、1943年9月29日 - )は、ポーランドの政治家、労働組合指導者、電気技師で、ポーランド共和国の第三共和政第2代大統領。ノーベル平和賞受賞者。 「ヴァウェンサ」は原語での発音に基づいたカタカナ転写で、比較的新しい表記法。日本では「ワレサ」という表記が多く用いられているが、これはポーランド語アルファベットに対する誤解から生じたものである( → 詳細は下記「表記の異同」節を参照)。.

新しい!!: ポーランドとレフ・ヴァウェンサ · 続きを見る »

レフ・カチンスキ

レフ・カチンスキ(Lech Kaczyński、1949年6月18日 - 2010年4月10日)は、ポーランドの政治家、大統領。兄のヤロスワフと共に、一卵性双生児の政治家として知られる。2010年4月、カティンの森事件追悼70周年記念式典に出席するため搭乗していた大統領専用機の墜落事故により、同じく式典出席のため同行していた妻のマリアおよび多数の有力政府高官と共に死亡した。.

新しい!!: ポーランドとレフ・カチンスキ · 続きを見る »

レオパルト2

レオパルト2(Leopard 2/Leopard Zwei)は、西ドイツが開発した第3世代主力戦車である。製造にはクラウス=マッファイ社を中心に複数の企業が携わっている。.

新しい!!: ポーランドとレオパルト2 · 続きを見る »

レグニツァ

レグニツァ (ポーランド語:;ドイツ語:Liegnitz)は、ポーランド南西ドルヌィ・シロンスク県の都市。ポーランド語の主格では「レグニーツァ」のように発音されるため、日本語でもレグニーツァと書かれることもある。ドイツ語での読みはリーグニッツ。.

新しい!!: ポーランドとレグニツァ · 続きを見る »

ロマ

マ(Roma、次節も参照、単数はロム)は、ジプシーと呼ばれてきた集団のうちの主に北インドのロマニ系に由来し中東欧に居住する移動型民族である。移動生活者、放浪者とみなされることが多いが、現代では定住生活をする者も多い。ジプシーと呼ばれてきた集団が単一の民族であるとするステレオタイプは18世紀後半に作られたものであり舟木譲「」『』第11号、2007年3月。、ロマでない集団との関係は不明である。.

新しい!!: ポーランドとロマ · 続きを見る »

ロマン・ポランスキー

マン・ポランスキー(Roman Polanski, 1933年8月18日 - )は、ポーランド出身の映画監督。.

新しい!!: ポーランドとロマン・ポランスキー · 続きを見る »

ロマン派

マン派は、.

新しい!!: ポーランドとロマン派 · 続きを見る »

ロマ語

マ語(ロマご、ロマニー語、ジプシー語)はインド・ヨーロッパ語族インド語派の言語で、インドから北アフリカ、ヨーロッパへ移住した少数民族ロマ(ジプシー)が使用する。 ロマは国家をもたないため標準語はない。方言が非常に多様で、20群60種類以上に分類される。もともと固有の文字はなく、現在ではラテン文字で筆記されることが多い。 サンスクリット語が起源であるといわれ、現在北インドで使われているグジャラート語、ヒンディー語、カシミール語などの諸言語とも、語彙・文法などの点で関連性があることが指摘されている。 また、何百年という年月をかけて広大な地域を移動したことにより、彼らの通過地および滞在地の諸言語との相互的影響がみられる。ロマがインドからヨーロッパへ移動する間に関与した言語にはペルシア語、アルメニア語、アラビア語、トルコ語が、ヨーロッパ侵入後に影響を与えた言語にはギリシア語、ロシア語、ルーマニア語、ハンガリー語、更にドイツ語、フランス語、英語がある木内信敬 『青空と草原の民族―変貌するジプシー』(白水社、1980年) 98ページ。 近年ではロマの流浪範囲が狭くなり、一つの国から外に出ることが稀になったため、ますます接触言語の影響力が増してきている。このことはロマ語の方言化と話者の減少を加速させ、言語の消滅も危惧されている。.

新しい!!: ポーランドとロマ語 · 続きを見る »

ロバート・クビサ

バート・ユゼフ・クビツァ(Robert Józef Kubica, 1984年12月7日 - )は、ポーランド共和国クラクフ市出身のレーシングドライバー。 ワールド・シリーズ・バイ・ルノーの初代チャンピオンで、ポーランド人初のF1ドライバーである。.

新しい!!: ポーランドとロバート・クビサ · 続きを見る »

ロンドン

ンドン(London )はグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国およびこれを構成するイングランドの首都。イギリスやヨーロッパ域内で最大の都市圏を形成している。ロンドンはテムズ川河畔に位置し、2,000年前のローマ帝国によるロンディニウム創建が都市の起源である。ロンディニウム当時の街の中心部は、現在のシティ・オブ・ロンドン(シティ)に当たる地域にあった。シティの市街壁内の面積は約1平方マイルあり、中世以来その範囲はほぼ変わっていない。少なくとも19世紀以降、「ロンドン」の名称はシティの市街壁を越えて開発が進んだシティ周辺地域をも含めて用いられている。ロンドンは市街地の大部分はコナベーションにより形成されている 。ロンドンを管轄するリージョンであるグレーター・ロンドンでは、選挙で選出されたロンドン市長とロンドン議会により統治が行われている。 ロンドンは屈指の世界都市として、芸術、商業、教育、娯楽、ファッション、金融、ヘルスケア、メディア、専門サービス、調査開発、観光、交通といった広範囲にわたる分野において強い影響力がある。また、ニューヨークと並び世界をリードする金融センターでもあり、2009年時点の域内総生産は世界第5位で、欧州域内では最大である。世界的な文化の中心でもある。ロンドンは世界で最も来訪者の多い都市であり、単一の都市圏としては世界で最も航空旅客数が多い。欧州では最も高等教育機関が集積する都市であり、ロンドンには大学が43校ある。2012年のロンドンオリンピック開催に伴い、1908年、1948年に次ぐ3度目のオリンピック開催となり、同一都市としては史上最多となる。 ロンドンは文化的な多様性があり、300以上の言語が使われている。2011年3月時点のロンドンの公式の人口は817万4,100人であり、欧州の市域人口では最大で、イギリス国内の全人口の12.7%を占めている。グレーター・ロンドンの都市的地域は、パリの都市的地域に次いで欧州域内で第2位となる8,278,251人の人口を有し、ロンドンの都市圏の人口は1200万人から1400万人に達し、欧州域内では最大である。ロンドンは1831年から1925年にかけて、世界最大の人口を擁する都市であった。2012年にマスターカードが公表した統計によると、ロンドンは世界で最も外国人旅行者が訪れる都市である。 イギリスの首都とされているが、他国の多くの首都と同様、ロンドンの首都としての地位を明示した文書は存在しない。.

新しい!!: ポーランドとロンドン · 続きを見る »

ローム (土壌)

右 ローム(、)とは土壌区分の一つ。粘性質の高い土壌であり、シルトおよび粘土の含有割合が25% - 40%程度のものを指す。ロームで構成された地層をローム層という。日本では火山起源の関東ロームが著名だが、ローム定義は、土壌中の粒径組成比率のみであり、火山起源物質であるかどうかは関係ない。.

新しい!!: ポーランドとローム (土壌) · 続きを見る »

ローザ・ルクセンブルク

ーザ・ルクセンブルク(Rosa Luxemburg, ポーランド語:Róża Luksemburg, ルジャ・ルクセンブルク、1871年3月5日 - 1919年1月15日)は、ポーランドに生まれドイツで活動したマルクス主義の政治理論家、哲学者、革命家。ミハイル・トゥガン=バラノフスキーとルドルフ・ヒルファーディングの不比例説に対してカール・カウツキーとともに消費制限説で対峙し、ミハウ・カレツキに影響を与えた。 彼女はポーランド王国社会民主党の理論家であり、のちにドイツ社会民主党、ドイツ独立社会民主党(ドイツ社会民主党左派)に関わるようになった。機関紙『Die Rote Fahne(赤旗)』を発刊し、革命組織スパルタクス団を母体としてドイツ共産党を創設、1919年1月にはベルリンでドイツ革命に続いて1月蜂起を指導するが、国防軍の残党やフライコール(義勇軍、Freicorps)との衝突の中で数百人の仲間とともに逮捕、虐殺される。死後、多くのマルクス主義者や社会主義者のあいだでは、同じく虐殺された盟友のカール・リープクネヒトとともに、革命の象徴的存在とされている。後にその思想はルクセンブルク主義とも呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドとローザ・ルクセンブルク · 続きを見る »

ローズマリーの赤ちゃん

『ローズマリーの赤ちゃん』(ローズマリーのあかちゃん、Rosemary's Baby)は、アイラ・レヴィンの小説、およびこれを原作とした1968年制作のアメリカ映画。.

新しい!!: ポーランドとローズマリーの赤ちゃん · 続きを見る »

ロック (音楽)

音楽ジャンルとしてのロック、ないし、ロック・ミュージック、ロック音楽(ロックおんがく、rock music)は、1950年代にアメリカ合衆国におけるロックンロールを起源とし、1960年代以降、特にイギリスやアメリカ合衆国で、幅広く多様な様式へと展開したポピュラー音楽のジャンルであるP.

新しい!!: ポーランドとロック (音楽) · 続きを見る »

ロベルト・レヴァンドフスキ

ベルト・レヴァンドフスキ(Robert Lewandowski, 1988年8月21日 - )は、ポーランドの首都・ワルシャワ出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・バイエルン・ミュンヘン所属。ポーランド代表。ポジションはフォワード。 ボルシア・ドルトムント、バイエルン・ミュンヘンのストライカーとして4度のブンデスリーガ優勝を経験、2度のリーグ得点王を獲得している。ポーランド代表の歴代最多得点記録の保持者でもある。.

新しい!!: ポーランドとロベルト・レヴァンドフスキ · 続きを見る »

ロイター

イター(Reuters)はイギリスロンドンに本社を置く通信社。カナダのトムソン・ロイターの一部門。.

新しい!!: ポーランドとロイター · 続きを見る »

ロシア

ア連邦(ロシアれんぽう、Российская Федерация)、またはロシア (Россия) は、ユーラシア大陸北部にある共和制及び連邦制国家。.

新しい!!: ポーランドとロシア · 続きを見る »

ロシア帝国

ア帝国(ロシアていこく、 ラスィーイスカヤ・インピェーリヤ)は、1721年から1917年までに存在した帝国である。ロシアを始め、フィンランド、リボニア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、カフカーズ、中央アジア、シベリア、外満州などのユーラシア大陸の北部を広く支配していた。帝政ロシア(ていせいロシア)とも呼ばれる。通常は1721年のピョートル1世即位からロシア帝国の名称を用いることが多い。統治王家のロマノフ家にちなんでロマノフ朝とも呼ばれるがこちらはミハイル・ロマノフがロシア・ツァーリ国のツァーリに即位した1613年を成立年とする。.

新しい!!: ポーランドとロシア帝国 · 続きを見る »

ロシア人

ア人.

新しい!!: ポーランドとロシア人 · 続きを見る »

ロシア化

ア化(ロシア語:Руссификация;英語:Russification)は、ロシア人が非ロシア諸民族を同化・融合する政策および過程である。.

新しい!!: ポーランドとロシア化 · 続きを見る »

ロシア・ポーランド戦争 (1605年-1618年)

ア・ポーランド戦争 (Polish-Muscovite War) は17世紀初頭(1605年から1618年)にロシア(モスクワ国家、ロシア・ツァーリ国)で起こった一連の戦争である。 モスクワ国家が「動乱時代」(大動乱、スムータ)と呼ばれる無政府状態に陥り内戦で引き裂かれた時期、ポーランド・リトアニア共和国(国王の軍ではなく、貴族階級であるマグナートたちが率いる私兵と傭兵)がロシアに東進し、内戦に介入し始めた。 その戦況や、ポーランド・ロシア双方の戦争目的は何度も変化した。当初、1609年までポーランド・リトアニア共和国はロシアと公式な戦争状態になっておらず、ロシア内部のさまざまな武装勢力がポーランドやその他の国の軍を味方につけながら相互に戦っている状態であった。スウェーデン(ヴァーサ朝)も大動乱に介入し、ロシアとの間で(1610年 - 1617年)を戦い、ロシアの味方に回ったり敵に回ったりした。戦争目的も、小規模な国境争いから、ロシアの正統なツァーリを僭称する者をポーランドが後押ししてロシアのツァーリに即位させようとする画策、ポーランド・リトアニアとロシアの連合国家を作ろうという野望まで様々に変わった。.

新しい!!: ポーランドとロシア・ポーランド戦争 (1605年-1618年) · 続きを見る »

ロシア皇帝

ア皇帝(ロシアこうてい、Императоры России)は、1721年から1917年までのロシア帝国で用いられた君主号である。正式名称は全ロシアのインペラートルないし全ロシアのインペラトリーツァ。 インペラトルの称号は大北方戦争にて勝利したことにより採用され、ヨーロッパにおける皇帝号に適応させる形で出現した。 «всероссийский»(全ルーシの)の接頭辞はウラジーミル・スーズダリ大公国時代のロシアの君主が用いていたвсея Руси»という表現を継続しているという意味合いが含まれていた。.

新しい!!: ポーランドとロシア皇帝 · 続きを見る »

ロシア語

ア語(ロシアご、русский язык )は、インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派東スラヴ語群に属する言語。露語とも略される。ロシア連邦の公用語。ロシア連邦の国語表記には、キリル文字を使用する。近縁の言語にウクライナ語とベラルーシ語がある。.

新しい!!: ポーランドとロシア語 · 続きを見る »

ロシア連邦軍

ア連邦軍(ロシアれんぽうぐん、Вооруженные силы Российской Федерации、略称: ВС РФ、Armed Forces of the Russian Federation)は、ロシア連邦の軍隊である。 ソ連崩壊後の1992年に、旧ソ連の核兵器を含むソビエト連邦軍の主力を継承して成立した。.

新しい!!: ポーランドとロシア連邦軍 · 続きを見る »

ロタール3世 (神聖ローマ皇帝)

タール3世(Lothar III., 1075年6月 - 1137年12月3日)はザクセン公(在位:1106年 - 1137年)、ローマ王(在位:1125年 - 1137年)及びイタリア王(在位:1125年 - 1137年)、並びに中世西ヨーロッパのローマ皇帝(在位:1133年 - 1137年)。国王選挙によって選ばれたズップリンブルク家のドイツ君主であるが、ズップリンブルク家の王位は1代限りであった。ローマ皇帝としてはロタール「2世」であるが、イタリア王ロターリオ2世及びロタリンギア王ロタール2世との区別のため「3世」とされることが多い。.

新しい!!: ポーランドとロタール3世 (神聖ローマ皇帝) · 続きを見る »

ワルシャワ

ワルシャワ(;ヴァルシャヴァ、Warsaw、ワルソー)は、ポーランドの首都でかつ同国最大の都市。マゾフシェ県の県都。ポーランドの政治、経済、交通の要衝でもある。.

新しい!!: ポーランドとワルシャワ · 続きを見る »

ワルシャワ大劇場

ワルシャワ大劇場(Teatr Wielki w Warszawie)はポーランドの首都ワルシャワにある劇場。ポーランド国立ワルシャワ室内歌劇場の本拠地としても知られている。.

新しい!!: ポーランドとワルシャワ大劇場 · 続きを見る »

ワルシャワ大学

ワルシャワ大学(Uniwersytet Warszawski)はポーランドのワルシャワにある大学。.

新しい!!: ポーランドとワルシャワ大学 · 続きを見る »

ワルシャワ公国

ワルシャワ公国(ワルシャワこうこく)は、ナポレオン・ボナパルトによって作られた公国である。1807年のティルジット条約に基づき、プロイセン王国からの領土割譲によって作られた。ナポレオンが1812年にロシア遠征に失敗した後、公国はプロイセンとロシアに占領され、1815年のウィーン会議の結果2つの国に分割された。.

新しい!!: ポーランドとワルシャワ公国 · 続きを見る »

ワルシャワ蜂起

ワルシャワ蜂起(ワルシャワほうき、ポーランド語:Powstanie Warszawskie)は、第二次世界大戦後期、ナチス・ドイツ占領下のポーランドの首都ワルシャワで起こった武装蜂起である。.

新しい!!: ポーランドとワルシャワ蜂起 · 続きを見る »

ワルシャワ条約機構

加盟国 ワルシャワ条約機構(ワルシャワじょうやくきこう、Организации Варшавского договора/Варшавский договор, Układ o Przyjaźni, Współpracy i Pomocy Wzajemnej/Układ Warszawski, Warsaw Treaty Organization/Warsaw Pact Organization)は、冷戦期の1955年、ワルシャワ条約に基づきソビエト社会主義共和国連邦を盟主とした東ヨーロッパ諸国が結成した軍事同盟。「友好協力相互援助条約機構」(Договор о дружбе, сотрудничестве и взаимной помощи)が正式名。.

新しい!!: ポーランドとワルシャワ条約機構 · 続きを見る »

ワールシュタットの戦い

ワールシュタットの戦い(Schlacht bei Wahlstatt)またはレグニツァの戦い(Легницийн тулалдаан; Bitwa pod Legnicą)は、1241年、4月9日にモンゴル帝国のヨーロッパ遠征軍と、ポーランド・ドイツ連合軍が激突した戦いである。 世界的には会戦場であったポーランド西部のレグニツァ(Legnicą、もしくはリーグニッツ-Liegnitz)の地名を用いることが一般的である。ドイツでは「ワールシュタットの戦い」(Schlacht bei Wahlstatt)が用いられることもあるが、現代ドイツの歴史でも「リーグニッツの戦い」(Schlacht bei Liegnitz)を用いる。ワールシュタットとはドイツ語で「死体の山」を意味する。.

新しい!!: ポーランドとワールシュタットの戦い · 続きを見る »

ヴロツワフ

ヴロツワフ(ポーランド語: 、 ブレスラウ、 ボロスロー)は、ポーランド西部にある第4の都市で、ドルヌィ・シロンスク県の県都。歴史的にシロンスク地方の中心都市で、ポーランドの中でも最も古い都市のひとつである。市内にはオドラ川とその支流が流れ、200以上の橋が架かっている。 ヴロツワフは歴史上、様々な国(ポーランド王国、オーストリア帝国、ドイツ、ハンガリー、プロイセン、ボヘミア)の1部となっていたが、1945年(第二次世界大戦後)にポーランド領となった。 ヴロツワフは、UEFA欧州選手権2012 のホストである。2016年の欧州文化首都になることが決まっており、またワールドゲームズ2017の開催地にも決定した。.

新しい!!: ポーランドとヴロツワフ · 続きを見る »

ヴワディスワフ2世 (ポーランド王)

ヨガイラ(Jogaila)、後のヴワディスワフ2世ヤギェウォ(彼は以下の複数の名で知られている: Jogaila Algirdaitis; Władysław II Jagiełło; Jahajła (Ягайла)。:en: Names and titles of Władysław II Jagiełłoを参照のこと、1362年頃–1434年6月1日)はリトアニア大公(1377年–1434年)、ポーランドの王配(1386年–1399年)及び単独のポーランド国王(1399年–1434年)。1377年からリトアニアを統治し、最初は叔父のケーストゥティスと共同で統治した。1386年にクラクフでヴワディスワフの名で洗礼を受けて若き女王ヤドヴィガ・アンジューと結婚し、ポーランド国王ヴワディスワフ2世ヤギェウォとして戴冠した。1387年にはリトアニア全土をキリスト教に改宗させた。ヤドヴィガの死を受けて1399年からヴワディスワフ2世による単独の統治が始まり、それは35年以上にも続き、数世紀に及ぶポーランド・リトアニア合同の土台が築かれた。ヴワディスワフ2世は己の名前を帯びたヤギェウォ朝の創設者である一方、異教徒としてのヨガイラはリトアニア大公国を創設したゲディミナス朝の後継者であった。王朝は両国を1572年まで支配し1596年に没したアンナ・ヤギェロンカがヤギェウォ家最後の男系の人物である。、中世後期及び近世の中・東欧で最も影響力のある王朝の一つとなっている。その統治期間中、ポーランド=リトアニア合同はキリスト教世界で最大の国家であった。 ヨガイラは中世リトアニア最後の異教の君主であった。クレヴォ合同の結果、ポーランド国王になった後に新たに形成されたポーランド・リトアニア合同はドイツ騎士団勢力の台頭に直面することとなった。1410年のタンネンベルクの戦いでの合同の勝利は、第一次トルンの和約により、ポーランドとリトアニアの国境線を確固たるするものとなり、ヨーロッパに重要な戦力としてのポーランド=リトアニア合同の出現を印象付けた。ヴワディスワフ2世ヤギェウォの統治はポーランドの国境を拡張させ、大概はポーランド黄金時代の幕開けと見做されている。.

新しい!!: ポーランドとヴワディスワフ2世 (ポーランド王) · 続きを見る »

ヴワディスワフ2世ヴィグナニェツ

ヴワディスワフ2世ヴィグナニェツ(ポーランド語:Władysław II Wygnaniec, 1105年 - 1159年5月30日)は、ポーランド大公、シロンスク公(在位:1138年 - 1146年)。ボレスワフ3世とキエフ大公スヴャトポルク2世の娘ズビスラヴァの長男として、クラクフで生まれた。亡命公(Wygnaniec)と呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドとヴワディスワフ2世ヴィグナニェツ · 続きを見る »

ヴワディスワフ・レイモント

ヴワディスワフ・レイモント(Władysław Stanisław Reymont、1867年5月7日 - 1925年12月5日)はポーランドの小説家。1924年度ノーベル文学賞受賞。.

新しい!!: ポーランドとヴワディスワフ・レイモント · 続きを見る »

ヴワディスワフ・ゴムウカ

ムウカ ヴワディスワフ・ゴムウカ(ゴムルカ、Władysław Gomułka 1905年2月6日 - 1982年9月1日)は、ポーランドの政治家。1956年から1970年までポーランド統一労働者党(ポーランド語: Polska Zjednoczona Partia Robotnicza、PZPR)第一書記を務めた。.

新しい!!: ポーランドとヴワディスワフ・ゴムウカ · 続きを見る »

ヴワディスワフ・ジェレンスキ

ヴワディスワフ・ジェレィンスキ(Władysław Żeleńskiまたはジェリンスキ(ジェリィンスキ, Żeliński)とも, 1837年7月6日 グロトコヴィツェ - 1921年1月23日 クラクフ)は、ポーランドの作曲家・ピアニスト・オルガニスト。.

新しい!!: ポーランドとヴワディスワフ・ジェレンスキ · 続きを見る »

ヴァリャーグ

ヴァリャーグ(古東スラヴ語: 、、古ノルド語: 、、、)とは、スラヴ語名によるヴァイキング(ヴィーキング)である。複数形はヴァリャーギ(古東スラヴ語: 、ギリシア語: 、ウクライナ語: 、ベラルーシ語: 、ロシア語: )。 東スラヴ人による呼称でゲルマン人の一派を指す。一般的には、スウェーデン・ヴァイキング(ノルマン人、移動ルートも参照)の事であると現代では解釈されている。ロシアでは15世紀までスウェーデン人をヴァリャーグと呼んでいた。 実のところは、民族系統については不明との説もあり、ノルマン人と似た習俗があったとされ、一般的に東スラヴ人による呼称でゲルマン人の一派を指し、スカンディナヴィアから出てロシア平原に出現したヴァイキングの事とされているが、物的証拠の乏しさもあり、あくまで移動ルートは推測である。.

新しい!!: ポーランドとヴァリャーグ · 続きを見る »

ヴァルミア

ヴァルミア(波:Warmia、羅:Varmia)または、エルムラント(独:Erm(e)land )は、ポーランド北東部のポモージェとマズールィに挟まれた地域である。マズールィと共にヴァルミア=マズールィ県を構成している。ヴァルミアの西方にPomesania、南方にZiemia chełmińska、Zemia sasińska、マズールィ(Mazury)があり、東方にサンビア(Sambia)、北方にヴィスワ川の河口であるヴィストゥラ潟という潟がある。ヴァルミアはその歴史上さまざまな国や民族に支配されてきており、特にプルーセン、ドイツ騎士団、ポーランド王国、プロイセン王国などがあった。この地域の歴史は、ヴァルミア大司教領(ヴァルミア公国)と密接に関わっている。ヴァルミアは、その北部に居住していたプロイセンの部族ヴァルミア族に関係しており、民間伝承によると、ヴァルミアの名は、伝説的なヴァルミア族の族長ヴァルモ(Warmo)に由来すると言われているが、エルムラントの方は、彼の妻エルマ(Erma)に由来していると言われる。 Category:ポーランドの歴史的地域 Category:東プロイセン *.

新しい!!: ポーランドとヴァルミア · 続きを見る »

ヴァルミア=マズールィ県

ヴァルミア=マズールィ県 (Województwo warmińsko-mazurskie) は、ポーランド北部の県である。県都はオルシュティン。北ではバルト海やロシアの飛び地のカリーニングラード州と接していて、国内ではポドラシェ県、マゾフシェ県、クヤヴィ・ポモージェ県、ポモージェ県と接している。東プロイセンの南部に相当する。.

新しい!!: ポーランドとヴァルミア=マズールィ県 · 続きを見る »

ヴァルタ川

ドラ川(オーデル川)流域図、ヴァルタ川は右支流 ヴァルタ川(ポーランド語:Warta、ドイツ語: Warthe、ラテン語:Varta)は、ポーランドの中部から西部にかけて流れる河川でオドラ川(オーデル川)最大の支流である。合流点まではオドラ川本流よりも長い。ドイツ語ではヴァルテ川と呼ばれる。ポズナンやゴジュフ・ヴィエルコポルスキなどポーランド西部の主要都市を流れる。 長さは約808km、流域面積は54,529平方kmにおよぶ。ヴィスワ川・オドラ川に次ぐポーランド第3の大河。シロンスク県(上シレジア)中部のザヴィエルチェ(Zawiercie)付近に発し、シロンスク県とウッチ県の県境を西へ流れた後にウッチ県西部を北へ流れ、ヴィエルコポルスカ県に入り西へと向きを変え、低地を何度か北へ蛇行しながら、ルブシュ県を経てコストシン・ナド・オドロン(Kostrzyn nad Odrą、独:キュストリン)で西からオドラ川に合流する。.

新しい!!: ポーランドとヴァルタ川 · 続きを見る »

ヴァンダル族

ヴァンダル族のローマ略奪(455年) ヴァンダル族(Vandal)は、古代末期にゲルマニアから北アフリカに移住した民族。ローマ領外の蛮族による民族移動時代にローマ領内へ侵入して北アフリカにまで進軍し、カルタゴを首都とするヴァンダル王国を建国した。彼らが北アフリカに進出する前に一時的に定着したスペインのアンダルシア(もともとはVandalusiaと綴った)や、破壊行為を意味するヴァンダリズムの語源ともなっている。 近代まではゲルマン系の部族と考えられていたが、現代ではポーランド地方のプシェヴォルスク文化に起源を持つスラブ系あるいはイリュリア系民族であったと考えられている。.

新しい!!: ポーランドとヴァンダル族 · 続きを見る »

ヴァヴェル大聖堂

大聖堂 ヴァヴェル大聖堂(Katedra Wawelska)は、ポーランドの古都クラクフにあるカトリック教会の大聖堂。ポーランド史における英雄的人物や歴代国王などが埋葬されている。.

新しい!!: ポーランドとヴァヴェル大聖堂 · 続きを見る »

ヴァイマール三角連合

ヴァイマール三角連合(ヴァイマール三国連合、ヴァイマル・トライアングル)は、ポーランド、ドイツ、フランスの3つの国家をつなぐ緩やかな国家連合を指す。これは加盟国相互の関係を増進させる目的で創設された。.

新しい!!: ポーランドとヴァイマール三角連合 · 続きを見る »

ヴァイオリン

ヴァイオリンまたはバイオリンは弦楽器の一種。ヴァイオリン属の高音楽器である。ヴァイオリン属に属する4つの楽器の中で最も小さく、最も高音域を出す楽器である。弦を弓や指などで振動させて音を出す、弦鳴楽器に属する。しばしば「Vn」「Vl」と略記される。.

新しい!!: ポーランドとヴァイオリン · 続きを見る »

ヴィリニュス

ヴィリニュス(Vilnius )は、リトアニア共和国の首都で、同国最大の都市である。人口は 558,165 人(2009年現在)。かつてポーランド領だったこともある。バルト三国で唯一海に面していない首都で、バルト海に面したリトアニア主要港のクライペダからは 312 km離れている。 ヴィリニュスは、・沿いに位置し、リトアニアの南東と地理的に偏ったところにある。これは過去数世紀の間に国境の形が変わっていったことと関係している。かつてリトアニア大公国の時代にヴィリニュスは国土の中央にあった。 1994年に旧市街はユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。また、2009年には欧州文化首都に選ばれたこともある。.

新しい!!: ポーランドとヴィリニュス · 続きを見る »

ヴィルヘルム2世 (ドイツ皇帝)

ヴィルヘルム2世(Wilhelm II., 1859年1月27日 - 1941年6月4日)は、第9代プロイセン王国国王・第3代ドイツ帝国皇帝(在位:1888年6月15日 - 1918年11月28日)。全名はフリードリヒ・ヴィルヘルム・ヴィクトル・アルベルト・フォン・プロイセン(Friedrich Wilhelm Viktor Albert von Preußen)。.

新しい!!: ポーランドとヴィルヘルム2世 (ドイツ皇帝) · 続きを見る »

ヴィータウタス

ヴィータウタス ヴィータウタス(リトアニア語:Vytautasヴィータウタス、1352年 - 1430年10月27日、在位1401年 - 1430年)は、リトアニア大公国の大公である。ケーストゥティスの子にあたる。.

新しい!!: ポーランドとヴィータウタス · 続きを見る »

ヴィトルト・ルトスワフスキ

ルトスワフスキ ヴィトルト・ルトスワフスキ(Witold Lutosławski, 1913年1月25日 - 1994年2月7日)は、ポーランドを代表する作曲家、ピアニストの一人。ヴィトルド・ルトスワフスキとも呼ばれ、ポーランド楽派の黎明期に活躍した。.

新しい!!: ポーランドとヴィトルト・ルトスワフスキ · 続きを見る »

ヴィェルバルク文化

ヴィェルバルク文化(Wielbark culture)は、1世紀初頭から3世紀にわたって、ポーランドからウクライナに見られる文化。特にゴート族と関連づけられる。ヴィエルバルク文化とも表記される。 3世紀初頭までに、文化発祥の地であるバルト海沿岸では人口が激減することが確かめられており、その後はウクライナ方面に移動。黒海北部においてはサルマタイ人とスラヴ人の文化であるチェルニャコヴォ文化の一部と混交し、この多部族社会はを形成したと考えられる。.

新しい!!: ポーランドとヴィェルバルク文化 · 続きを見る »

ヴィエリチカ岩塩坑

ヴィエリチカ岩塩坑(ヴィエリチカがんえんこう、Kopalnia soli Wieliczka)は、ポーランド共和国マウォポルスカ県にある岩塩の採掘坑。クラクフ首都圏内の都市ヴィエリチカで13世紀以来稼働していたが、コストの問題と坑内で洪水が起きる危険性があることから1996年に商業採掘は中止され、現在は観光地となっている。.

新しい!!: ポーランドとヴィエリチカ岩塩坑 · 続きを見る »

ヴィエルコポルスカ県

ヴィエルコポルスカ県 (Województwo wielkopolskie) は、ポーランド中西部の県である。県都はポズナン。ポーランドの全16県の中では、面積で2番目、人口で3番目に大きい。1999年に、旧ポズナン県、カリシュ県、コニン県、レシュノ県と、ピワ郡の大部分の地域を統合して発足した。ルブシュ県、ドルヌィ・シロンスク県、オポーレ県、ウッチ県、ポモージェ県、西ポモージェ県、クヤヴィ・ポモージェ県と接している。 ヴィエルコポルスカ()を意味する県名は、「ポーランド揺籃の地」であるこの地域の歴史的呼称でもある。歴史学者によれば、これは旧い村の隣に新しい村を立てた際に旧い方と新しい方をそれぞれ「大」「小」を冠して並び称するポーランドの習慣にしたがったものであり、1242年にプシェムィスウ公とボレスワフ敬虔公が「大ポーランド両公(Duces Maioris Poloniae)」と共同で称したのが公文書における初出である。実際のところ、かつてのポーランド・リトアニア共和国の時代には、マウォポルスカ地方は現在のウクライナ全土までをも含む広大な地域を指しており、本来はヴィエルコポルスカ地方のほうがマウォポルスカ地方よりも面積が小さい。.

新しい!!: ポーランドとヴィエルコポルスカ県 · 続きを見る »

ヴィシェグラード・グループ

ヴィシェグラード・グループの参加国 ヴィシェグラード・グループまたはヴィシェグラード4か国は、中央ヨーロッパの4か国による地域協力機構。ヴィシェグラード諸国、又は頭文字から略してV4と表現されることもある。 V4は、1991年2月15日にチェコスロバキア、ハンガリー・ポーランドの3か国が、ハンガリーの都市ヴィシェグラードでの首脳会議において設立された。これら諸国は、伝統・文化的に近縁であることもあって、各国の友好・協力関係を進めること及びヨーロッパ統合の進展等を目的としている。 チェコスロバキアは、1993年にビロード離婚より分離したが、チェコとスロバキアの両国ともグループのメンバーとなった。これらの4か国は2004年5月1日にそろって欧州連合に加盟している。.

新しい!!: ポーランドとヴィシェグラード・グループ · 続きを見る »

ヴィスワ川

流路 ヴィスワ川()は、ポーランドで最長の川である。全長は1,047km、流域面積はポーランド国土の60%以上におよぶ。ポーランド南部の(:en:Silesian Beskids、:en:Barania Góra)の標高1,106m地点に源を発し、ポーランド国内を大きく蛇行しながら北へ流れ、バルト海へと注ぐ。 ヴィスワの名前は、紀元前77年に記された大プリニウスの「博物誌」にも登場する。古くはラテン語で「ウィストゥラ川 」など、ポーランド語で「ヴァンダルス川」などと呼ばれていた。これらの語は非常に古いもので、スラヴ語やゲルマン語などが成立する前にそれらのヨーロッパ言語の共通祖語として存在した後期インド・ヨーロッパ祖語(球状アンフォラ文化の時代)を起源とし、語幹は「水」を意味する(例:スラヴ語派のポーランド語でヴォダ、バルト語派のリトアニア語でヴォダ)。ローマ時代に一大勢力としてこの一帯に住んでいた古代部族「ヴァンダル族」(別名「ルーク族」)の名称はここから来たと推測される。おそらく「ヴァンダル」はラテン語での他称で、「ルーク」が現地語での自称に由来していたと思われる。ポーランドでは15世紀ごろまで「Alba aqua」という、ラテン語での別称ないし愛称も定着していた。ドイツ語では「ヴァイクセル川」。 ヴィスワ川は、大きく3つの区間に分けることができる。.

新しい!!: ポーランドとヴィスワ川 · 続きを見る »

ヴィスワ作戦

ヴィスワ作戦(Akcja "Wisła"、Operation Vistula)は、第二次世界大戦後の1947年に、ポーランド南東部のウクライナ系住民(ボイコ人、レムコ人を含む)を強制移住させた、ポーランドの共産主義政権による政策のコードネーム。その目的は、ポーランド国内で展開されていたウクライナ蜂起軍(UPA)などによる抵抗運動を壊滅させることにあった。ポーランド南東部に居住していた約20万人の罪のない民間人が、ポーランド西部や北部の旧ドイツ東部領土への移住を強制された。作戦名は、ポーランドの南西部から北部へと流れるヴィスワ川から採られた。1989年の東欧革命を経て東ヨーロッパにおける共産主義政権が崩壊すると、ポーランドやウクライナの政治家や歴史家から、この作戦を糾弾する声が上がり始めた。西側のメディアのみならずBohdan, Kordan.

新しい!!: ポーランドとヴィスワ作戦 · 続きを見る »

ヴィスワヴァ・シンボルスカ

ヴィスワヴァ・シンボルスカ(Wisława Szymborska, 1923年7月2日 - 2012年2月1日)はポーランドの詩人、随筆家、翻訳家。1996年のノーベル文学賞他様々な賞を受賞。亡くなるまで、彼女は存命中の最も偉大なポーランドの詩人だと考えられていた。 スウェーデン・アカデミーのノーベル賞委員会はシンボルスカを、「詩歌のモーツァルト」、「言葉のエレガンスとベートーヴェンの激情とを調和させつつ、深刻な主題にユーモアをもって取り組む女性」と評しているhttp://online.wsj.com/article/SB10001424052970204740904577197532569389236.html Poland's Nobel Poet Szymborska Dies at 88, The Wall Street Journal FEBRUARY 1, 2012, 6:24 P.M. ET。.

新しい!!: ポーランドとヴィスワヴァ・シンボルスカ · 続きを見る »

ヴェルサイユ条約

William Orpen ヴェルサイユ条約(ヴェルサイユじょうやく、Traité de Versailles)は、1919年6月28日にフランスのヴェルサイユで調印された、第一次世界大戦における連合国とドイツの間で締結された講和条約の通称。正文はフランス語と英語であり、正式な条約名はそれぞれTraité de paix entre les Alliés et les Puissances associées et l'Allemagne、Treaty of Peace between the Allied and Associated Powers and Germanyであるが、ヴェルサイユ宮殿ので調印されたことによって、ヴェルサイユ条約と呼ばれる。日本における正式条約名は同盟及連合国ト独逸国トノ平和条約(大正9年条約第1号)。この条約および、諸講和条約によってによりもたらされた国際秩序をヴェルサイユ体制という。ヴェルサイユの表記揺れで、ベルサイユ条約やベルサイユ体制と表記することもある。.

新しい!!: ポーランドとヴェルサイユ条約 · 続きを見る »

ヴェステルプラッテ

ヴェステルプラッテ(Westerplatte)とは、ポーランドのグダニスクにおける岬のことで、マルトゥファ・ヴィスワ川(Martwa Wisła、ヴィスワ川の支流の一つ)の河口に存在する。1926年 - 1939年の間、自由都市ダンツィヒの領土(現在はポーランド領グダニスク)であったが、ポーランド軍の基地が存在していた。 この場所は、1939年のナチス・ドイツによるポーランド侵攻の際の最初で長時間にわたった攻防である、ヴェステルプラッテの戦闘で有名である。.

新しい!!: ポーランドとヴェステルプラッテ · 続きを見る »

ヴォイチェフ・ヤルゼルスキ

ヴォイチェフ・ヴィトルト・ヤルゼルスキ(Wojciech Witold Jaruzelski, 、1923年7月6日 - 2014年5月25日)は、ポーランドの軍人、政治家。軍人としての最終階級は上級大将。元ポーランド統一労働者党第一書記、首相、国家評議会議長、ポーランド大統領。.

新しい!!: ポーランドとヴォイチェフ・ヤルゼルスキ · 続きを見る »

ヴォイチェフ・キラール

ヴォイチェフ・キラール(Wojciech Kilar、1932年7月17日 - 2013年12月29日 ) は、ポーランドの現代音楽・映画音楽の作曲家。キラルと表記される場合もある。.

新しい!!: ポーランドとヴォイチェフ・キラール · 続きを見る »

ボヤール

ボヤールは、中世ロシアやスラブ系諸国に存在した支配階級である。 軍事に関する重要な役職を務め、ドゥーマと呼ばれる国家会議では公(クニャージ)やツァーリへの助言を行った。 13世紀、14世紀においては、クニャージへ助言を与える裕福な地主であったが、他の土地や公へ仕える自由もあった。 祖先に先代の公や諸外国の貴族を持つボヤールは15世紀から17世紀のモスクワにおいては、貴族制と強固な関係にあり、200前後のボヤール家が存在した。ヨーロッパの観念からすると高潔とは言えない行儀作法を持ち、多くの者は文字を読むことができなかった。旅行に出ることは少なく、外国のもの全てに懐疑的であった。 17世紀になると地位が低下しはじめ、18世紀初期には、ピョートル1世によってボヤールの称号は廃止された。 * Category:ルーシの社会的集団 Category:モスクワ・ロシア Category:ロシア帝国 Category:ワラキア Category:セルビアの歴史 Category:第一次ブルガリア帝国.

新しい!!: ポーランドとボヤール · 続きを見る »

ボルシア・ドルトムント

BVボルシア09 e.V. ドルトムント(Ballspielverein Borussia Dortmund)は、ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州・ドルトムントを本拠地とする総合スポーツクラブである。通称・ボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund、)である。ドルトムントもしくは略字表記のBVB(ベーファウベー)とも呼称される。サッカー部門はドイツサッカーリーグ機構(ブンデスリーガ)に加盟する。.

新しい!!: ポーランドとボルシア・ドルトムント · 続きを見る »

ボレスワフ1世 (ポーランド王)

ボレスワフ1世(ポーランド語:Bolesław I ボレースワフ・ピェールフシ、966年/967年? - 1025年6月17日)は、ピャスト朝のポーランド公(在位:992年 - 1025年)、ポーランド国王(在位:1025年)、ボヘミア公(チェコ語名:ボレスラフ・フラブルィー、Boleslav Chrabrý, 在位:1003年 - 1004年)。ミェシュコ1世とボヘミア公ボレスラフ1世の娘ドゥブラフカ(マイセン辺境伯ギュンター未亡人)の子。.

新しい!!: ポーランドとボレスワフ1世 (ポーランド王) · 続きを見る »

ボレスワフ1世ヴィソキ

ヤン・マテイコによるボレスワフ1世ヴィソキ ボレスワフ1世ヴィソキの墓石 ボレスワフ1世ヴィソキ(波:Bolesław I Wysoki、独:Boleslaus der Lange, 1127年 - 1201年12月7日/12月8日、Leśnica)は、ヴロツワフ公(在位:1163年 - 1201年)。ヴワディスワフ2世(亡命公)の長男、母はオーストリア辺境伯レオポルト3世の娘で、ローマ王コンラート3世の異父妹であるアグネス。ミェシュコ1世、コンラトの兄。ヤロスワフ、ヘンリク1世の父。神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世は母方の従兄に当たる。.

新しい!!: ポーランドとボレスワフ1世ヴィソキ · 続きを見る »

ボレスワフ2世 (ポーランド王)

ボレスワフ2世 (Bolesław Śmiały, 1042年 - 1081年/1082年)は、ポーランド王(在位:1076年 - 1079年)。1058年から1076年まではポーランド公であった。『大胆王』、『冷酷王』とも呼ばれた。カジミェシュ1世とキエフ大公女マリアの息子でヴワディスワフ1世ヘルマンの兄。 後世、ピャスト家出身の君主の中でも有能な人物と評された。治世の間は国中に教会を建て、1075年にはグニェズノ司教座を再設置した。ベネディクト会派修道院を、ヴロツワフ、ルブリン、モギルノに建てた。また、ポーランド初の硬貨鋳造が行われた。 しかし1079年、敵対していたクラクフ司教スタニスワフを、ミサを挙げているところを捕らえ殺害した。これが発端となって国を追われ、妻子を連れてハンガリー王国へ亡命した。1082年頃に死んだと伝えられているが、埋葬場所は現在も不明である。 弟のヴワディスワフ1世が即位したが、王ではなく公としてであった。ポーランド王位の復活は216年後の1295年、プシェミスウ2世が即位した時であった。 Category:ピャスト家 Category:ポーランド公 Category:ポーランド国王 Category:1042年生 Category:1080年代没.

新しい!!: ポーランドとボレスワフ2世 (ポーランド王) · 続きを見る »

ボレスワフ3世クシヴォウスティ

ボレスワフ3世クシヴォウスティ(Bolesław III Krzywousty, 1085年8月20日 - 1138年10月28日)は、ポーランド大公(在位:1102年 - 1138年)。ヴワディスワフ1世ヘルマンと最初の妃でボヘミア公ヴラチスラフ2世の娘ユディタの子として生まれた。曲唇公(Krzywousty)と呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドとボレスワフ3世クシヴォウスティ · 続きを見る »

ボヘミア

ボヘミア(Bohemia、Čechy、Böhmen, ベーメン)は、現在のチェコの西部・中部地方を指す歴史的地名。古くはより広くポーランドの南部からチェコの北部にかけての地方を指した。西はドイツで、東は同じくチェコ領であるモラヴィア、北はポーランド(シレジア)、南はオーストリアである。 この地方は牧畜が盛んである。牧童の黒い皮の帽子に皮のズボンにベストは、オーストリア帝国の馬術や馬を扱う人たちに気に入られた。このスタイルは、オーストリアと遠戚関係にあるスペインを経て、アメリカのカウボーイの服装になったといわれる。西欧にも伝わり、芸術家気取り、芸術家趣味と解されて、ボヘミアンやボヘミアニズムという言い方も生まれた。 '''ボヘミア''' チェコ西部から中部に位置する緑色の部分.

新しい!!: ポーランドとボヘミア · 続きを見る »

ボクシング

ボクシング(boxing)は、拳にグローブを着用しパンチのみを使い、相手の上半身前面と側面のみを攻撃対象とする格闘スポーツ。拳闘(けんとう)ともいう。ボクシングに似た競技はフランスのサバットのほか、タイのムエタイおよびムエタイをベースにした日本のキックボクシングやシュートボクシング等があり、それらと区別するための俗称として国際式ボクシングと呼ばれることもある。.

新しい!!: ポーランドとボクシング · 続きを見る »

ボグスワフ・シェッフェル

ボグスワフ・シェッフェル(Bogusław Schäffer/Schaeffer, 1929年6月6日 - )は、ポーランドの作曲家、演奏家、劇作家、画家、音楽学者。彼より年長のポーランドの作曲家シュテファン・キジエレフスキから「ポーランドの現代音楽の父」と称えられた。.

新しい!!: ポーランドとボグスワフ・シェッフェル · 続きを見る »

トヨタ自動車

トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 トヨタグループ全体の2017年の世界販売台数は約1038万台で3位、トヨタブランド単独では約847万台で世界第1位である。またインターブランドジャパンの調査による、世界展開している日本企業のブランド価値ランキングで10年連続1位を獲得している。 本社が位置する豊田市は、奈良時代から約1,300年間「挙母(ころも、挙母市)」と称された地名を1959年に「豊田(豊田市)」へ改称することを市議会で決議し、本社所在地の表示が「挙母市大字下市場字前山8番地」から「豊田市トヨタ町1番地」に変更された。日本の企業城下町で、市名に企業名が採られた稀な事例である。.

新しい!!: ポーランドとトヨタ自動車 · 続きを見る »

トルン

トルン(Toruń 、ドイツ語:Thorn)は、ポーランド中北部ヴィスワ川のほとりに位置する工業都市で、クヤヴィ=ポモージェ県の県議会所在地。1998年までは旧トルン県の県都であった。1997年に旧市街が世界遺産に登録された。トルンは、中世からプロイセン領内にあった都市。 トルンはブィドゴシュチュからヴィスワ川を遡り東南東に40kmほどのところにある。2003年にはブィドゴシュチュ医科大学がトルン大学に統合された。 日本語ではトルンの表記の他、トルニと表記されることも多い。.

新しい!!: ポーランドとトルン · 続きを見る »

トルコ人

トルコ人(トルコじん、Türk HalkıあるいはTürkler)は、アナトリア半島とバルカン半島、アラブ諸国の一部に居住し、イスタンブール方言を公用語・共通語とするトルコ語を話すテュルク系の民族である。アゼルバイジャン人やトルクメン人とは民族的に親近関係にある。.

新しい!!: ポーランドとトルコ人 · 続きを見る »

ヘラジカ

ヘラジカ(箆鹿、Alces alces)は、哺乳綱偶蹄目シカ科ヘラジカ属に分類されるシカ。本種のみでヘラジカ属を形成する。別名オオジカ。.

新しい!!: ポーランドとヘラジカ · 続きを見る »

ヘロドトス

ヘロドトスの胸像 ヘロドトス(ヘーロドトス、Ἡρόδοτος, Hēródotos、羅:Herodotus、紀元前485年頃 - 紀元前420年頃)は、古代ギリシアの歴史家。今日まで伝承されている最初の歴史書、『歴史』の著者であることから、「歴史の父」とも呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドとヘロドトス · 続きを見る »

ヘンリク2世

レグニツァの戦いにおけるヘンリク2世、ヤン・マテイコ画 ヘンリク2世ポボジュヌィ(ポーランド語:Henryk II Pobożny;ドイツ語:Heinrich II der Fromme、1196年頃 - 1241年4月9日)は、ピャスト朝のポーランド大公(在位:1238年 - 1241年)。シロンスク=ヴロツワフ、クラクフ、ヴィエルコポルスカ南部の公でもあった(在位:同)。また1238年から1239年まで及びオポーレ=ラチブシュの2公国の摂政を務めた。ヴロツワフ公ヘンリク1世(髭公)の息子で、母はメラーノ公ベルトルト4世の娘ヤドヴィガ(後にシロンスクの守護聖人)。敬虔公(Pobożny)と呼ばれた。.

新しい!!: ポーランドとヘンリク2世 · 続きを見る »

ヘンリク・ヴィエニャフスキ

ヘンリク・ヴィエニャフスキ(ヴィエニアフスキー,Henryk Wieniawski, 1835年7月10日 - 1880年3月31日)はポーランドのヴァイオリニスト・作曲家。ルブリン出身。 ユダヤ人の家系だが、父トビアシュ・ピェトルシュカ(Tobiasz Pietruszka)の代にユダヤ教からカトリックに改宗した。8歳でパリ音楽院に入学し、13歳で独立した演奏家として広く欧米を巡演し、モスクワで客死した。1874年から1877年までブリュッセル王立音楽院教授として教育活動に従事している。 驚異的な技巧と情熱による華麗な演奏が知られ、その作品もまたスラヴ的情緒と名人芸的要素により今日なお愛される。1935年には彼の生誕100年を記念して、現在でもヴァイオリニストの登竜門として知られるヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクールが創設された。1957年、ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン製作コンクールが創設された。 弟のユゼフ・ヴィエニャフスキもピアニスト・作曲家として活躍し、時には兄と共演することもあった。.

新しい!!: ポーランドとヘンリク・ヴィエニャフスキ · 続きを見る »

ヘンリク・グレツキ

ヘンリク・ミコワイ・グレツキ(Henryk Mikołaj Górecki, 1933年12月6日 - 2010年11月12日)は、ポーランドの現代音楽の作曲家。.

新しい!!: ポーランドとヘンリク・グレツキ · 続きを見る »

ヘンリク・シェンキェヴィチ

ヘンリク・アダム・アレクサンデル・ピウス・シェンキェーヴィチ(, 1846年5月5日 - 1916年11月15日)は、ポーランドの小説家。リトフォス(Litwos )のペンネームもある。.

新しい!!: ポーランドとヘンリク・シェンキェヴィチ · 続きを見る »

ヘンリク条項

ヘンリク条項(ポーランド語:Artykuły henrykowskie, ラテン語:Articuli Henriciani)は、ポーランド・リトアニア共和国において制定された、統治に関する基本原則と定められた約定。21の条文からなる諸条項は憲法的な性格を帯びている。ヤギェウォ朝断絶後の空位期に入っていた1573年、シュラフタ(ポーランド貴族階級)によってワルシャワ近郊のカーミェンにおいて採択された。黄金の自由の体制を決定づけたものの一つである。.

新しい!!: ポーランドとヘンリク条項 · 続きを見る »

ヘブライ語

ヘブライ語(ヘブライご、עברית, Ivrit, Lingua Hebraea)は、アフロ・アジア語族のセム語派に属する北西セム語の一つ。ヘブル語とも呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドとヘブライ語 · 続きを見る »

ブラックベリー

ブラックベリー (Blackberry) は、バラ科キイチゴ属の一群の種または1種の低木およびその果実。広義には Rubus 亜属の総称として使う。ただし Rubus 亜属にはブラックベリーのほかに類も含まれ、それらはブラックベリーから区別することもある。 クロイチゴ、はいずれもラズベリーであり、(広義でも)ブラックベリーには含まれない。.

新しい!!: ポーランドとブラックベリー · 続きを見る »

ブリュッセル

ブリュッセル市庁舎 ブリュッセル( 、 、 、 )は、ベルギーの首都である。名称は「沼、湿地(bruoc、bruc、broek)」、「家(sella、zele)」という単語から来ている。ブリュッセル単独で、ベルギーの連邦構成主体である3つの地域のうちの一つ、ブリュッセル首都圏地域(、)を構成している。 人口116万人(2014年)。他の2つの地域と比べて面積は161km2と相対的に狭いが、約30km2の森林地域を除いて、その領域のほとんどが市街化されている。ユーロクリアと国際銀行間通信協会に加え、ロスチャイルド系グループ・ブリュッセル・ランバート本部と本部まで抱える、欧州有数の世界都市である。2013年に行われたアメリカのダウ・ジョーンズらによる調査は、ブリュッセルを世界24位の金融センターと評価している。 16世紀より欧州郵便網(帝国郵便)の起点であった歴史を持つ。1893年、フレンチ・コロニアル・ユニオンのジョゼフ・シェレが国際植民地学院の設立を提唱し、翌年に議会の承認を得た。学院は、植民地の行政・法制を比較研究する目的でブリュッセルにおかれた。戦後にブリュッセルはNATO の原点となり、現在では欧州連合の主要機関とアメリカ合衆国通商代表部の事務所が置かれている。.

新しい!!: ポーランドとブリュッセル · 続きを見る »

ブリヂストン

株式会社ブリヂストン()は、東京都中央区に本社を置く世界最大手の巨大タイヤメーカーおよびそのブランド。 創業地の福岡県久留米市ではムーンスター、アサヒシューズとこの会社とで「ゴム三社」と呼ばれている。元々は1930年(昭和5年)、日本足袋株式会社(にほんたび。現在のアサヒシューズ株式会社)のタイヤ部門として発足したのが会社の源流で、1931年(昭和6年)に「日本タイヤ株式会社」(にほんタイヤ)として独立分社化、その後、1951年(昭和26年)に「ブリヂストンタイヤ株式会社」に社名変更し、1984年(昭和59年)に現在の社名となる。 2005年(平成17年)、フランスのミシュラン社を抜き世界シェアトップとなる。 生産拠点数は25か国178拠点(2012年(平成24年)現在)。 売上高のおよそ2割はタイヤ以外の多角化事業での売上。同ブランドのスポーツ(ゴルフやテニスなど)用品事業と自転車事業はグループ子会社。.

新しい!!: ポーランドとブリヂストン · 続きを見る »

ブルーノ・シュルツ

right ブルーノ・シュルツ(Bruno Schulz, 1892年7月12日 - 1942年11月19日)は、ポーランドのユダヤ系作家・画家。 シュルツは、ヴィトルド・ゴンブローヴィチ、スタニスワフ・イグナツィ・ヴィトキェヴィチとともに、戦間期ポーランドでひときわ異彩を放った作家の一人として再評価されており、現在その作品は世界十数ヶ国に翻訳されている。 日本ではポーランド文学者工藤幸雄による1967年の初訳以来、幾度もの改訳・増補を経て1998年に世界初となる『全集』が出版された(読売文学賞受賞)。2005年末には『シュルツ全小説』が平凡社ライブラリーより公刊されている。.

新しい!!: ポーランドとブルーノ・シュルツ · 続きを見る »

ブルーベリー

ブルーベリー(blueberry)は、ツツジ科スノキ属シアノコカス節に分類される北アメリカ原産の落葉低木果樹の総称である。.

新しい!!: ポーランドとブルーベリー · 続きを見る »

ブレスト (ベラルーシ)

ブレスト(Брэст(ブレスト)、古ルーシ語およびウクライナ語: Берестя(ベレスチャ)、Берасьце (Bieraście)、Бярэсьце (Biareście))は、ベラルーシ西部の都市。ポーランドとの国境近くに位置する。ブク川(西ブーフ川)とMukhavets川との合流点にある。かつてリトアニア大公国領であった際に、ブレスト=リトフスク(Brest-Litovsk)(リトアニアのブレスト)とも呼ばれた。人口は2004年の統計では29万人。 ブレスト中央駅は、ベルリンとモスクワを結ぶ鉄道のレールのゲージの変換点であり、税関と出入国管理のポイントでもある。ブレストにおいて、列車をロシア規格の広軌から、欧州規格の標準軌に変更しなければならなかった。.

新しい!!: ポーランドとブレスト (ベラルーシ) · 続きを見る »

ブロニスワフ・ピウスツキ

ブロニスワフ・ピオトル・ピウスツキ ブロニスワフ・ピオトル・ピウスツキ(herbu Piłsudski、Bronislovas Petras Pilsudskis、Брони́слав Пётр Гиня́тович Косьче́ша Пилсу́дский、Браніслаў Пілсудзкі、1866年11月2日(ユリウス暦10月21日)1918年5月17日頃)は、ポーランドの社会主義活動家、文化人類学者。1918年に独立したポーランド共和国の初代国家元首ユゼフ・ピウスツキは弟。当時のロシア領ポーランドの公用語であったロシア語の読みでは、ピルスツキーと呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドとブロニスワフ・ピウスツキ · 続きを見る »

ブロニスワフ・コモロフスキ

ブロニスワフ・マリア・コモロフスキ(Bronisław Maria Komorowski, 1952年6月4日 - )は、ポーランドの政治家。前大統領(第三共和政第5代)。元国防相(第三共和政第10代)。2005年から2007年までセイム(ポーランド下院)副議長を務め、2007年11月5日から2010年7月8日までセイム議長を務めた。2010年4月10日ポーランド空軍Tu-154墜落事故発生によるレフ・カチンスキの死去に伴い、大統領代行に就任した。コルチャック家紋のマグナート(大貴族)の家系である。 市民プラットフォームの副総裁で、2010年10月に行われる予定であった大統領選の候補者であったが、それに先立つ4月10日に発生した「ポーランド空軍Tu-154墜落事故」により、選挙は6月20日に繰り上がった。レフ・ワレサとタデウシュ・マゾヴィエツキからも個人的な推薦を受けた。.

新しい!!: ポーランドとブロニスワフ・コモロフスキ · 続きを見る »

ブィドゴシュチュ

街の風景 街を走るトラム ブィドゴシュチュ(Bydgoszcz)は、ポーランドの都市。かつてはブィドゴシュチュ県、現在はクヤヴィ=ポモージェ県の県都。ビドゴシチ、ビドゴシュチュ、ビドゴシュチなどとも表記される。ドイツ語ではブロンベルク(Bromberg)。人口は36万8千人。.

新しい!!: ポーランドとブィドゴシュチュ · 続きを見る »

ブク川

ブク川(西ブーフ川)(Bug、Західний Буг、Заходні Буг)は、ウクライナ・ベラルーシ・ポーランドを流れる川である。長さ772km、流域面積73470km²。.

新しい!!: ポーランドとブク川 · 続きを見る »

プラハのアダルベルト

プラハの聖アダルベルト (ドイツ語:Adalbert von Prag、チェコ語:Svatý Vojtěch、ポーランド語:Święty Wojciech、956年 - 997年4月23日)は、プラハ司教。バルト海沿岸の古プルーセン人に布教している最中、殉教した。チェコ語での読みはヴォイティエフ、ポーランド語の読みはヴォイチェフ。後にカトリック教会で聖人とされ、ボヘミア、ポーランド、ハンガリー、プロイセンの守護聖人とされた。.

新しい!!: ポーランドとプラハのアダルベルト · 続きを見る »

プルーセン

プルーセン、古プロイセン人、あるいはバルト・プロイセン人(低ザクセン語: Pruzzen、、、、、プロシア語: Prūsas)は、バルト海の南東岸の、およそヴィスワ川とクロニアン (Curonian) 湖周辺に居住している、近隣のスラブ民族とは異なる中世バルト族(バルト人)から成る民族グループ。 13世紀の間に古プロイセン人はドイツ騎士団によって征服され、ドイツ人により支配された。ドイツ帝国が統一される前にかつて存在した王国であるプロイセンは、バルト語派の古プロイセン地域からその名前を取り、古プロイセン語は17世紀から18世紀初頭までには消滅した。 プルーセン人の土地は、ポラン族(現ポーランド人)の出現前まで広大だった。およそ東プロイセンの中央から南部、現ポーランドのヴァルミア・マズールィ県、ロシアのカリーニングラード州、リトアニアのクライペダ地方から成り立っていた。.

新しい!!: ポーランドとプルーセン · 続きを見る »

プロテスタント

プロテスタント(Protestantism、Protestant)は、宗教改革運動を始めとして、カトリック教会(または西方教会)から分離し、特に(広義の)福音主義を理念とするキリスト教諸教派を指す。日本ではカトリック教会(旧教)に対し、「新教」(しんきょう)ともいう。.

新しい!!: ポーランドとプロテスタント · 続きを見る »

プロイセン

プロイセン(、、、プロシア語: Prūsa)の歴史的地域はグダニスク湾(現、ポーランド、ロシア)からバルト海南東岸のクルシュー砂州(現リトアニア、ロシア)の端、そして内陸のマズールィ(Masuria、現ポーランド北部)までに及ぶ。プロシア(普魯西)は、英語名Prussiaに基づくの名称。 西暦98年、タキトゥスの「ゲルマニア」記述によると、スエビ族、ゴート族とその他のゲルマニア民族がヴィスワ川両岸から北東は (en:Aesti) まで居住していた。約800-900年後、Aestiは古プルーセン (Old Prussians) と名づけられ、997年以降ポラン族の新公国からの侵略には幾度も抵抗に成功した。1230年代、プルーセン人と近隣の:en:Curonians、リーヴ人達の領土は、教皇の秩序の基、ドイツ騎士団国家とし成立した。1466-1772年、プロイセンは政治的に西と東に分裂された。西はポーランド・リトアニア公国の王の守護下、東は1660年までポーランド領地となった。プロイセンの統一は、東西がプロイセン王国により政治的にも再統一されたるまで、国境、市民権、自治権により俟たれていた。 プロイセン公国とブランデンブルク辺境伯を起源とするドイツ帝国のプロイセン (1701–1947年)(ドイツ語:Preußen、英:Prussia、ポーランド語:Prusy)は、この地域の名が由来する。 古プルセーン族の地図(13世紀)、市・城はドイツ騎士団が建設.

新しい!!: ポーランドとプロイセン · 続きを見る »

プロイセン王国

プロイセン王国(プロイセンおうこく、Königreich Preußen)は、ホーエンツォレルン家の君主が統治したヨーロッパの王国。現在のドイツ北部からポーランド西部にかけてを領土とし、首都はベルリンにあった。 プロイセンの語源となったプルーセンはドイツ騎士団に征服され、1224年にドイツ騎士団国が作られた。ドイツ騎士団国は1525年にプロシア公領ないしプロイセン公国となる。1618年、公国はブランデンブルク選帝侯領とともに、同君連合であるブランデンブルク=プロイセンを構成した。君主フリードリヒ・ヴィルヘルムは、オランダ総督との姻戚関係によって威勢を増した。1701年にプロイセン王国となった。王国は北ドイツ連邦の盟主となるまで軍事国家として成長し続け、普仏戦争に勝利した。そのときプロイセンを盟主とするドイツ帝国ができた。1918年からドイツ革命によりヴァイマル共和政のプロイセン州となった。(#歴史).

新しい!!: ポーランドとプロイセン王国 · 続きを見る »

プロシア連合

プロシア連合(Związek Pruski プルシ連合、Bund vor Gewalt 闘争連合 / Preußischer Bund プロイセン連合)は、ドイツ騎士団に対抗することを目的としてプロシア地方の19の都市と貴族や僧侶53人が合同して1440年3月14日に結成された自治領連合である。この連合は30年間プロイセンのリーダーにより統制され、ハンザ同盟の市(ケーニヒスベルク 、グダニスク、エルブロンク、トルニ)の指揮で結党した。同年4月3日にはさらに7つの都市が加盟した。 十三年戦争でドイツ騎士団と戦って勝利し1466年に戦争を終結させ、同時にドイツ騎士団の本拠地マルボルク城を獲得。.

新しい!!: ポーランドとプロシア連合 · 続きを見る »

プウォツク

プウォツク(Płock、ドイツ語:Plock, PlotzkまたはPlozk、1941年-1945年の間はSchröttersburg)はポーランド中部のヴィスワ川に面した都市である。マゾフシェ県に属しており、1999年に行政区画変更があるまではプウォツク県の県都であった。.

新しい!!: ポーランドとプウォツク · 続きを見る »

プシェヴォルスク文化

プシェヴォルスク文化(英語:Przeworsk Culture)は紀元前2世紀から4世紀にかけてポーランドの南部と中部およびウクライナの西部に広がって存在していた鉄器時代文化。ヴァンダル族()の文化と推定される。プシェヴォルスク(Przeworsk)はポーランド東南部、ポトカルパチェ県の街で、この街で典型的な遺跡が最初に発見されたことにちなむ。さらに東方のザルビンツィ文化やチェルニャコヴォ文化との類似性から、この三者は鉄器時代のスラヴ人の各地方の文化と考えられる。 Kiev cultureはゴート族のヴィェルバルク文化がチェルニャコヴォ文化と接触・融合して成立した文化。 ザルビンツィ文化に比べて、プシェヴォルスク文化とその北隣のゲルマン系と推定されるオクシヴィエ文化(おそらくゴート族の、集団としての最初の文化)はこの前の時代にこれらの地域に広がっていた前期鉄器時代のポメラニア文化(前7世紀-前2世紀)の特徴を色濃く引き継いでいる。 ポメラニア文化はイリュリア人と推定される青銅器時代・初期鉄器時代文化のラウジッツ文化(前14世紀-前6世紀)に、東方のスラヴ人の前期鉄器時代文化である農耕スキタイのチェルノレス文化(前12世紀-前3世紀。スラヴ語派発生の決定的な文化と考えられる。)が拡大しこれに加わって成立したものである。のちには北部一帯を中心に西方のゲルマン人の初期・前期鉄器時代文化であるヤストルフ文化(前6世紀-1世紀)の影響を受けるようになった。なお、ヤストルフ文化はゲルマン語派発生の決定的な文化と考えられ、エルベ川流域を中心として西はヴェーザー川東岸下流、東はオドラ川(オーデル川)河口域にまで広がっている(左図参照)。後にはプシェヴォルスク文化自体が南部で西進しヤストルフ文化の地域に食い込んで、ヤストルフ文化に対して影響を及ぼしている。 南ブク川の水系へと向かった。両者はこのように、ウクライナへ向かって互いに競うように南下している。 ポメラニア文化のうち、ヤストルフ文化の影響を強く受けた地域(ポーランドのポモージェ県と西ポモージェ県に相当する、バルト海沿岸部の土地が痩せている地方)では後の前2世紀になるとオクシヴィエ文化(前2世紀-1世紀)に発展した。これはゲルマン系の「ゲルマン人」(ゲルマニア地方の部族)であるゴート族の部族文化の成立であると推定される。 残りの地域(ポーランドのヴィスワ川とオドラ川(オーデル川)が作った比較的肥沃な平原と湿地が混在する大森林地帯)は同じ時期(前2世紀)よりバルト海沿岸一帯とは明らかに内容が異なるプシェヴォルスク文化として発展、これはスラヴ系の「ゲルマン人」(ゲルマニア地方の部族)であるヴァンダル族と推定される。 1世紀になるとオクシヴィエ文化の担い手(ゴート族と推定される)はヴィスワ川の東岸一帯で南下を開始、プシェヴォルスク文化の担い手(ヴァンダル族と推定される)のうちこの地方に住む人々の文化と融合することで即座に変貌し、ヴィェルバルク文化に発展した。 プシェヴォルスク文化の担い手(ヴァンダル族)もヴィスワ川の西岸一帯で、東岸のヴィエルバルク文化の担い手(ゴート族)と同時期に南下し、上流部ではヴィスワ川を越えて東岸一帯に大きく進出していく。このようにプシェヴォルスク文化(ヴァンダル族)とヴィェルバルク文化(ゴート族)の両者はまるで互いに競うようにウクライナへ向かって勢力を拡大していくことになる(右中図・右下図参照)。 これまで40ほどの遺跡が発見されている。これらには防塁や環濠などといった防御のための工夫がまったく見られない開けた集落もある。住居は初期には半地下式であったが、のちには地上式となった。大きな墓地もあり、火葬が習慣で、初期は直接穴に埋めていたようだが、後には骨壺を用いるのが一般化した。亡くなった人が生前に愛用していたと思われる武器も一緒に埋葬されていることがある。装飾品にはオオカミ、グリフィン、結婚式、雄ヤギ、騎士像などが精巧に彫られており、これらの象徴物は意味が互いに関連していることから、各地の部族それぞれの歴史を説明していると推測されている。 5世紀に入ると、プシェヴォルスク文化はウクライナやベラルーシの方面からやってきた類似の文化と融合、プラハ・コルチャク文化へと移行する。東方で何らかの政治的な大変動がこの直前の時代に起こった推測される(ウクライナへのフン族襲来?)。 File:0151 Przeworsk culture c. 160 AD.jpg|農具(犂、斧、短剣など) File:023 Rekonstruktionsversuch wandalicher Besiedlung von dem Äußere Karpatensenken und Westbeskiden PR DSC 0146 przeworsk.JPG|農具(斧) File:025 Rekonstruktionsversuch wandalicher Besiedlung von dem Äußere Karpatensenken und WestbeskidenPR DSC 0147 przeworsk.JPG|農具(大鎌は現代のポーランドでも使用される) File:0144 Przeworsk culture c. 250 BC.jpg|農具(鎌、短剣) File:001350 przeworsk culture 2nd c. AD.JPG|ローマ帝国のコインを使用 File:Wandalische Funde von dem Äußere Karpatensenken und Westbeskiden, 2 bis 3 Jh n. Chr..JPG|ガラス製の器 File:027 Wandalische Keramik von dem Äußere Karpatensenken und Westbeskiden, 2 bis 3 Jh n. Chr..JPG|ヴァンダル人庶民の使った陶器 File:0039 Wandalische Keramik des 3.

新しい!!: ポーランドとプシェヴォルスク文化 · 続きを見る »

パリ

ランドサット パリの行政区 パリ(Paris、巴里)は、フランス北部、イル=ド=フランス地域圏にある都市。フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。 フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。.

新しい!!: ポーランドとパリ · 続きを見る »

パン・タデウシュ物語

『パン・タデウシュ物語』(パンタデウシュものがたり、Pan Tadeusz)は1999年の・フランス合作の歴史映画。 ポーランド文学の最高傑作と言われるアダム・ミツキェヴィチの長編叙事詩『』をポーランド映画界の巨匠アンジェイ・ワイダ監督により完全映画化した作品である。 なお、「パン(Pan)」はポーランド語で「男性の主人」を意味し、2人称の敬称や、人名の頭に付けることで「〜氏、〜さん」の意味(英語の「Mr.」に相当)にも使われる。 同原作の映像化作品としては1928年のポーランドのサイレント映画『Pan Tadeusz』がある。.

新しい!!: ポーランドとパン・タデウシュ物語 · 続きを見る »

パヴェル・シマヌスキ

パヴェル・シマヌスキ(シマニスキまたはパヴェウ・シマンスキ、ポーランド語:Paweł Szymański, 1954年3月27日 ワルシャワ - )はポーランドの作曲家。 シマヌスキの音楽は厳格な技術的規律に基づいている。過去の音楽(とくにバロック音楽)のしきたりに根ざしたものを最初の音の素材として、そこから加工して、一から作り直す。シマヌスキ自身は自分の音楽について、「surkonwencjonalizm(超慣例主義)」という必要条件を使っていると話している。.

新しい!!: ポーランドとパヴェル・シマヌスキ · 続きを見る »

パヴェウ・ヴウォトコヴィツ

パヴェウ・ヴウォトコヴィツ(Paweł Włodkowic、1370年頃 – 1435年)は、15世紀ポーランドにおける、カトリック教会の教会法学者。クラクフ大学の学長も務めた。ラテン語名では、パウルス・ウラディミリ(Paulus Vladimiri)と呼ばれる。「ヴウォトコヴィツ」は姓ではなく父称(父の名はヴウォジミェシュで、ヴウォトコヴィツは「ヴウォジミェシュの倅」の意味)。.

新しい!!: ポーランドとパヴェウ・ヴウォトコヴィツ · 続きを見る »

パーソナルコンピュータ

パーソナルコンピュータ(personal computer)とは、個人によって占有されて使用されるコンピュータのことである。 略称はパソコン日本独自の略語である。(著書『インターネットの秘密』より)またはPC(ピーシー)ただし「PC」という略称は、特にPC/AT互換機を指す場合もある。「Mac対PC」のような用法。。.

新しい!!: ポーランドとパーソナルコンピュータ · 続きを見る »

パウエル・ナツラ

パウエル・ナツラ(、Paweł Nastula、男性、1970年6月26日 - )は、ポーランドの柔道家、総合格闘家。ワルシャワ出身。チーム・ナツラ所属。アトランタオリンピック男子柔道95kg級金メダリスト。身長186cm。 一本背負投や朽木倒しを自在に使いこなす立ち技の腕もさることながら、その寝技の実力はヨーロッパ随一と言われ、バルセロナ、アトランタ、シドニーと、オリンピック3大会に連続出場。アトランタオリンピックでは、95kg級で金メダリストとなった。、近代柔道史上屈指の名選手。 ポーランドの首都ワルシャワでフィットネスクラブ 『ナツラ柔道フィットネスクラブ』 を経営し、実業家として成功している。クラブには柔道場も併設されており、ナツラ自ら初心者、一般、女性、子供たちに柔道を教えるクラスがある。 ちなみに、名前の正しい発音はパヴェウ・ナストゥーラであり、パウエル・ナツラは英語風のリングネームである。一時期、パウェル・ナスツラとも表記された。.

新しい!!: ポーランドとパウエル・ナツラ · 続きを見る »

パスポート

日本国旅券(10年間有効) パスポート(passeport.

新しい!!: ポーランドとパスポート · 続きを見る »

ヒップホップ

ブレイクダンサー ヒップホップ (hip hop) は、1970年代のアメリカ合衆国ニューヨークのブロンクス区で、アフロ・アメリカンやカリビアン・アメリカン、ヒスパニック系の住民のコミュニティで行われていたブロックパーティから生まれた文化。 80年代には、ヒップホップには三大要素があると言われていた。ラップ、ブレイク・ダンス、グラフィティ・アートがその構成要素である。現在ではMC、DJ、ブレイクダンス、グラフィティが四大要素である。hipはかっこいい(スラング)、hopは(ぴょんと)跳ぶ/跳躍するという意味で、アフリカ・バンバータは、音楽やダンスのみならず、ファッションやアートを含めた黒人の創造性文化を「黒人の弾ける文化」という意味を込めてヒップホップと呼称した。これは1974年11月のことだったとされる。このことから、11月を「Hip Hop History Month」として祝う習慣がある。 単に「ヒップホップ」と言った場合、文化から派生したサンプリングや打ち込みを中心としたバックトラックに、MCによるラップを乗せた音楽形態を特に指すことが一般化しているが、これらは本来はヒップホップ・ミュージックあるいはラップ・ミュージックと呼ぶのが正しい。.

新しい!!: ポーランドとヒップホップ · 続きを見る »

ビャウィストク

right ビャウィストク right ビャウィストク(ポーランド語: Białystok 、Белосто́к ベロストーク、Беласток、Balstogė)は、ポーランド北東部にある都市で、ビャウィストク県の県都であった。現在はポドラシェ県の県都。ポーランド北東部最大の都市である。.

新しい!!: ポーランドとビャウィストク · 続きを見る »

ビャウォヴィエジャの森

en)内。 ビャウォヴィエジャの森(ビャウォヴィエジャのもり)は、ポーランドとベラルーシの国境にまたがる原生林。ヨーロッパに残された最後の原生林と言われる。貴重なヨーロッパバイソンポーランド語では żubr (ジュブル)。-->の棲息地としても知られる。 ポーランド側は1979年、ベラルーシ側は1992年に、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された。.

新しい!!: ポーランドとビャウォヴィエジャの森 · 続きを見る »

ビルベリー

ビルベリーの果実 ビルベリー(Bilberry)は、ツツジ科スノキ属 (Vaccinium) のいくつかの低灌木種を指す。食用となるベリーを付ける。最も多く言及される種はセイヨウスノキ (Vaccinium myrtillus L.) であるが、いくつかの近縁種が存在する。.

新しい!!: ポーランドとビルベリー · 続きを見る »

ビェルスコ=ビャワ

ビェルスコ=ビャワ(Bielsko-Biała, 発音:ファイル:ltspkr.png ˈbjɛlskɔ ˈbjawa; Bielitz-Biala, Bjylsko-Bjoło, Beltz-Beil, Bílsko-Bělá)は、ポーランド中南部、シロンスク県南部の都市。 1951年に東岸の(ビーリッツ)と西岸の(Biała, (1925年-1951年) Biała Krakowska, Krakauer Biala, Krakovská Bělá)が合併して誕生した。ビェルスコはシレジアに、ビャワはガリツィアに属す。が両地区の間を流れる。 1975年から1998年まではの首都であり、1999年までは小さなシロンスク県に属していた。.

新しい!!: ポーランドとビェルスコ=ビャワ · 続きを見る »

ビザ

ビザ(Visa Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置き世界的な決済技術を提供している会社である。クレジットカードを柱とする決済手段の国際ブランドを運営する。.

新しい!!: ポーランドとビザ · 続きを見る »

ピャスト朝

ピャスト朝(Dynastia Piastów)は、ポーランドの王朝。960年頃から1370年まで続いた。王朝としてあるが、初期においてはポーランド的な王家ではなく、グニェズノを主体とする地方侯家であった。1000年にボレスワフ1世がローマ皇帝オットー3世から戴冠および大司教座設置を許可され、その後1025年にローマ教皇ヨハネス19世の許可が下ったことをもってポーランド国家の始まりと見なされる。ここに名前を載せている者で、公には即位したが王位に就かなかった者もいる。.

新しい!!: ポーランドとピャスト朝 · 続きを見る »

ピーター・セラーズ

ピーター・セラーズ, CBE(Peter Sellers, 1925年9月8日 - 1980年7月24日)は、イギリスのコメディアン、喜劇俳優。本名はRichard Henry Sellers(リチャード・ヘンリー・セラーズ)。しかし幼少時から両親に「ピーター」と呼ばれていた。これは死産だった兄の名前という。.

新しい!!: ポーランドとピーター・セラーズ · 続きを見る »

テュルク系民族

世界のテュルク系民族の分布。濃い青色の部分はテュルク系言語を公用語にしている国。薄い青色の部分はテュルク系言語を公用語にしている自治地域。 テュルク系民族の分布。 テュルク系民族(テュルクけいみんぞく、 または、 、 )は、中央アジアを中心にシベリアからアナトリア半島にいたる広大な地域に広がって居住する、テュルク諸語を母語とする人々のことを指す民族名称である。.

新しい!!: ポーランドとテュルク系民族 · 続きを見る »

テレビ

テレビは、テレビジョン及び「テレビ受像機(テレビジョンセット、television set)」の略語。一般には次のような文脈で用いられる。.

新しい!!: ポーランドとテレビ · 続きを見る »

テクノロジー

テクノロジー(technology)とは基本的に「特定の分野における知識の実用化」とされたり、「科学的知識を個別領域における実際的目的のために工学的に応用する方法論」とされる、用語・概念である。 そこから派生して「テクノロジー」は、科学的知識をもちいて開発された機械類や道具類を指すこともあるOxford Dictionaries 「technology」。 また、「エンジニアリングや応用科学を扱う、知識の一部門」ともされる。 組織的手法、技術といった、より広いテーマを指すこともある。→#定義と用法 「technology テクノロジー」という表現は17世紀初期に登場した表現であり、語源はギリシア語の technología (τεχνολογία) であり、τέχνη téchnē テクネー(=「わざ」「技巧」)という語と -λογία -logia(=「~論」「~学」)という意味の接尾辞を組み合わせた語である。 (ヨーロッパではかつて、本というのは羊皮紙に一文字ずつ手書きで写して一冊ずつ作ること(=写本)が常識で、非常に高価なもので一般庶民は所有できなかったのだが)「本を簡単に大量に作る」という実用的な目的のために、従来からあった圧搾機に関する知識やインクに関する知識を用いて印刷機が発明された。印刷機は最初、主として聖書の印刷に用いられ、これによって聖書が一般人にまで普及し、(聖職者の都合による説明を一方的に声で聞かされていた状態から卒業し)人々が自身の目で聖書を実際に読むことが可能になり、聖書に実際に書かれている本当のイエスの教えと、当時の教会が人々に押し付けている慣習の間に大きなズレがあるということを人々が知ったことが宗教改革につながった。また印刷機はマスコミュニケーションも可能にした。 人類のテクノロジーの使用は、自然界にあるものを単純な道具にすることから始まった。先史時代、火を扱う方法を発見することで食料の幅が広がり、車輪の発明によって行動範囲が広がり、環境を制御できるようになった。もっと最近の例では、印刷機、電話、インターネットなどの発明によりコミュニケーションの物理的障壁を低減させ、人類は世界的規模で自由に対話できるようになった。ただし、テクノロジーが常に平和的目的で使われてきたわけではない。武器の開発は、人類の歴史とともに棍棒から核兵器へとその破壊力を増す方向に進んでいる。 テクノロジーは社会に様々な形で影響を与える。多くの場合、テクノロジーは経済発展に貢献し、有閑階級を生み出す。テクノロジーは公害という好ましくない副産物も生み出し、天然資源を消費し、地球とその環境に損害を与えている(→環境問題)。テクノロジーは社会における価値観にも影響を与え、新たなテクノロジーは新たな倫理的問題を生じさせる。例えば efficiency(効率)という概念は本来、機械に適用されるものだったが、人間のefficiency効率性(生産性)をも意味するようになってきた。 テクノロジーが人間性を向上させるか否か、また、テクノロジーのもたらす害悪・危険について、様々な議論が行われている。古くはネオ・ラッダイトやアナキズムなどの運動は哲学的に、現代社会におけるテクノロジーの普遍性を批判し、それが環境を破壊し、人々を疎外する(.

新しい!!: ポーランドとテクノロジー · 続きを見る »

テクラ・バダジェフスカ

テクラ・ボンダジェフスカ=バラノフスカ(Tekla Bądarzewska-Baranowska、1834年/1838年 - 1861年9月29日)は、ポーランド出身の作曲家・ピアニスト。二重姓の後半は夫の姓(の女性形)でしばしば省略されることがあり、日本ではオゴネクを省いたラテン文字表記からの転写等で一般にテクラ・バダジェフスカ、あるいはテクラ・バダルジェフスカと表記される(ポーランド語では rz という綴りで一音の有声そり舌摩擦音を表す)。.

新しい!!: ポーランドとテクラ・バダジェフスカ · 続きを見る »

デュエリスト/決闘者

『デュエリスト/決闘者』(The Duellists)は、1977年のイギリス映画。リドリー・スコット監督のデビュー作である。原作はジョゼフ・コンラッドによる短編小説『決闘』。.

新しい!!: ポーランドとデュエリスト/決闘者 · 続きを見る »

デンマーク

デンマーク(Danmark, )は、北ヨーロッパのバルト海と北海に挟まれたユトランド半島とその周辺の多くの島々からなる立憲君主制国家。北欧諸国の1つであり、北では海を挟んでスカンディナヴィア諸国、南では陸上でドイツと国境を接する。首都のコペンハーゲンはシェラン島に位置している。大陸部分を領有しながら首都が島嶼に存在する数少ない国家の一つである(他には赤道ギニア、イギリスのみ)。 自治権を有するグリーンランドとフェロー諸島と共にデンマーク王国を構成している。 ノルディックモデルの高福祉高負担国家であり、市民の生活満足度は高く、2014年の国連世界幸福度報告では第1位であった。.

新しい!!: ポーランドとデンマーク · 続きを見る »

デア・シュピーゲル

『デア・シュピーゲル 』(Der Spiegel) は、ドイツの週刊誌。発行部数がヨーロッパで最も多いニュース週刊誌であり、毎週平均110万部が売られている。時の政府とも論陣を張る進歩的なメディアである。誌名はドイツ語で鏡の意。発行元は Spiegel-Verlag(Mirror publisher、鏡出版)で、本社はハンブルクに所在する。最近は競合誌『フォークス』(Focus) の出現で従来の勢いはない。.

新しい!!: ポーランドとデア・シュピーゲル · 続きを見る »

デジタル家庭電化製品

デジタル家庭電化製品(デジタルかていでんかせいひん)とは、家庭用電気機械器具(以下、家電製品とする)のうち、デジタル関連の技術を使用したもの。略称は、デジタル家電。スマートフォンの普及に伴い、同様の概念としてスマート家電との呼称を用いる場合も散見される。.

新しい!!: ポーランドとデジタル家庭電化製品 · 続きを見る »

フランクフルト・アム・マイン

マインハッタン」とも呼ばれるフランクフルト・アム・マインのスカイライン フランクフルト・アム・マイン (Frankfurt am Main) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州に属す郡独立市である。一般にフランクフルトと通称される。人口 72万人を超えるヘッセン州最大の都市(2016年現在)であり、ドイツ全体でもベルリン、ハンブルク、ミュンヘン、ケルンに次ぐ第5の都市である。 (PDF, 25.1 MB)(2013年2月28日 閲覧)、広義のライン=マイン大都市圏の総人口は550万人である。--> 中世以来、フランクフルトはドイツの中心都市の一つであった。794年には初めて文献に記録され、中世盛期の帝国自由都市であった。13世紀のライン都市同盟に参加している。 1806年まで神聖ローマ皇帝の選挙が行われる諸侯会議が開催された地であり、1562年以降は皇帝の戴冠式もこの都市で挙行された。1816年からドイツ連邦の議会がフランクフルト自由都市で開催され、1848年から49年にかけてはフランクフルト国民議会が開催された。1866年の普墺戦争により都市国家としての独立を喪失し、プロイセンに併合された。フランクフルトの人口は、1875年に10万人、1928年には50万人を超えた。 現在のフランクフルトは国際金融の中心地であり、工業や産業の中心でもある。経済的側面から世界都市の一つに数えられており、欧州中央銀行、ドイツ連邦銀行、フランクフルト証券取引所、ドイツ銀行、コメルツ銀行、ドイツ復興金融公庫、、(ヘラバ)の本社がある。ここに挙げきれない金融機関も多数存在する。  工業・産業・交通の要衝でもある。メッセ・フランクフルトは、世界最大の見本市会場の一つである。フランクフルト空港は世界最大級のハブ空港であり、鉄道についてもヨーロッパ最大級のターミナル駅であるフランクフルト中央駅がある。また、道路においてもフランクフルト・ジャンクションはドイツで最も自動車交通量が多いジャンクションの1つである。フランクフルトの は、データ転送量において世界最大のインターネット中継点である。.

新しい!!: ポーランドとフランクフルト・アム・マイン · 続きを見る »

フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング

フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング(Frankfurter Allgemeine Zeitung、F.A.Z.)は、1949年11月1日に設立されたドイツの新聞社。発行部数は約36万部(2006年)。 社名は「フランクフルト総合新聞」を意味し、本社もヘッセン州フランクフルト・アム・マインに設置されている。日曜版は「Frankfurter Allgemeine Sonntagszeitung(フランクフルト総合日曜版新聞)」。.

新しい!!: ポーランドとフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング · 続きを見る »

フランシス・フォード・コッポラ

フランシス・フォード・コッポラ(Francis Ford Coppola, 1939年4月7日 - )は、アメリカ合衆国の映画監督、映画プロデューサー、脚本家、実業家。 娘は映画監督のソフィア・コッポラ、息子は映画監督のロマン・コッポラ。甥は俳優のニコラス・ケイジ(フランシスの兄オーガストの子)、ジェイソン・シュワルツマン(タリア・シャイアの子)。.

新しい!!: ポーランドとフランシス・フォード・コッポラ · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: ポーランドとフランス · 続きを見る »

フランス君主一覧

ルイ8世とブランシュ・ド・カスティーユの戴冠式。1450年代に描かれたフランス大年代記 (''Grandes Chroniques de France'') のミニアチュールより(フランス国立図書館所蔵) フランス君主一覧では、君主制時代のフランスの君主の一覧を示す。.

新しい!!: ポーランドとフランス君主一覧 · 続きを見る »

フランス人

フランス人(フランスじん、peuple français)は、フランス(フランス共和国、フランス王国、フランス帝国など)の国籍を有する人々を指し、2004年時点で約6200万人を数える。.

新しい!!: ポーランドとフランス人 · 続きを見る »

フランス語

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、langue d'oïl)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、'''フランコフォン''' (francophone) と言う。.

新しい!!: ポーランドとフランス語 · 続きを見る »

フリードリヒ1世 (神聖ローマ皇帝)

フリードリヒ1世(Friedrich I., 1122年 - 1190年6月10日)はローマ王(在位:1152年 - 1190年)及びイタリア王(在位:1155年 - 1190年)、並びに中世西ヨーロッパのローマ皇帝(在位:1155年 - 1190年)。1178年にブルグント王としても戴冠。ホーエンシュタウフェン朝第2代の王で初代皇帝。父はシュヴァーベン大公フリードリヒ2世(独眼公)、母はバイエルン公ハインリヒ9世の娘ユーディト。皇帝ハインリヒ4世の曾孫にあたる。西ヨーロッパの歴代ローマ皇帝の中でも有能なことで知られ、後世では英雄とまで呼ばれた。また、赤みを帯びたブロンドの髭を持っていたことから、赤髭王(バルバロッサ、Barbarossa)と呼ばれた。 なお、弟のライン宮中伯コンラート(1135年 - 1195年)の娘のアグネスはハインリヒ5世(バイエルン公ハインリヒ9世の曾孫)に嫁いでいる。.

新しい!!: ポーランドとフリードリヒ1世 (神聖ローマ皇帝) · 続きを見る »

フレデリック・ショパン

フレデリック・フランソワ・ショパン(Frédéric François Chopin 、国際音声記号による発音表記は 。 、1810年3月1日(2月22日(出生証明の日付)、1809年3月1日説もあり) - 1849年10月17日)は、ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名だった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、ピアノの詩人フランス語 le poète du piano、ポーランド語 poeta fortepianu、英語 the poet of the piano、ドイツ語 der Poet am Klavierなど。とも呼ばれるように、様々な形式・美しい旋律・半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いた。夜想曲やワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが多い作曲家の一人でもある。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地だった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。 1988年からポーランドで発行されていた5000ズウォティ紙幣に肖像が使用されていた。また、2010年にもショパンの肖像を使用した20ズウォティの記念紙幣が発行されている。2001年、ポーランド最大の空港「オケンチェ空港(Port lotniczy Warszawa-Okęcie)」が「ワルシャワ・ショパン空港」に改名された。.

新しい!!: ポーランドとフレデリック・ショパン · 続きを見る »

フン族

フン族(フンぞく、Hun)は北アジアの遊牧騎馬民族。中央アジアのステップ地帯が出拠と考えられるが、民族自体の出自についてはかなり以前より「フン」=「匈奴」説などがあるものの、いまだ定説となっていない。言語学的にはテュルク語族に属すると考えられているテュルクの音写として丁零が知られており、中国の秦から漢の時代に匈奴と覇権を争っていたことがわかっている。モンゴル諸語はテュルク諸語、ツングース諸語とともにアルタイ語族にまとめられているが、まだ弱い相関しか知られておらず系統接続ははっきりしていない。。 4世紀中頃から西に移動を始め、これが当時の東ゴート族、西ゴート族を圧迫して、ゲルマン民族大移動を誘発、さらには西ローマ帝国崩壊の遠因ともなった。5世紀中頃のアッティラの時代に統一帝国を築いて最盛期を迎えたが、453年に王の死去、翌年には帝国は瓦解、急速に衰退した。 同じ名称の後裔または後継者がおおよそ4世紀から6世紀に東ヨーロッパと中央アジアの一部に住んでいたと記録されている。フン族の末裔が8世紀前半にカフカスで記録されている。.

新しい!!: ポーランドとフン族 · 続きを見る »

フェンシング

フェンシング(fencing)は、ヨーロッパで発祥した剣を用いるスポーツ競技である。.

新しい!!: ポーランドとフェンシング · 続きを見る »

フォーブス (雑誌)

| 画像ファイル名.

新しい!!: ポーランドとフォーブス (雑誌) · 続きを見る »

フス戦争

フス戦争(Husitské války、Wojny husyckie、Hussitenkriege、Crociata Hussita)は、15世紀に中央ヨーロッパで起こった戦争。ヤン・フスの開いたキリスト教改革派のフス派(プロテスタントの先駆)の信者(ボヘミアとポーランドを中心とする)と、それを異端としたカトリック、神聖ローマ帝国の間で戦われた。フス派戦争とも表記される。.

新しい!!: ポーランドとフス戦争 · 続きを見る »

ドナルド・トゥスク

ドナルド・フランチシェク・トゥスク(Donald Franciszek Tusk, 1957年4月22日 - )は、ポーランド・グダニスク出身の政治家。元首相(第三共和政第14代)。所属する政党は市民プラットフォーム(PO)。現在、欧州連合の元首に相当する欧州理事会議長を務めている。.

新しい!!: ポーランドとドナルド・トゥスク · 続きを見る »

ドルヌィ・シロンスク県

ドルヌィ(ドルノ)・シロンスク県(Województwo dolnośląskie)は、ポーランド南西部の県である。 ドルヌィ・シロンスクはポーランド語で「下シレジア」を意味する。 県都はヴロツワフ。 2015年の人口は290万4207人。.

新しい!!: ポーランドとドルヌィ・シロンスク県 · 続きを見る »

ドント方式

ドント方式(どんとほうしき)は政党名簿比例代表において、議席を配分するための最高平均方式(highest averages method)のひとつである。この方式はベルギーの数学者ヴィクトル・ドント(Victor D'Hondt)から名づけられた。配分法は、トーマス・ジェファーソンが、有権者数に基づいて各選挙区に議員定数を割り当てるために考案したジェファーソン方式と同等である この制度は、各政党の1議席あたりの得票数順に議席を割り当てることに主眼を置いている。 他の一般に普及している除数方式であるサン=ラグ方式は、除数の増分を変えることで小政党も議席を獲得しやすくしている。 この制度を使用している国は、アルゼンチン、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、チリ、コロンビア、チェコ共和国、東ティモール、エクアドル、フィンランド、ハンガリー、アイスランド、イスラエル、日本、マケドニア共和国、オランダ、パラグアイ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スコットランド、セルビア、スロベニア、スペイン、トルコ、ウェールズである。 この制度は北アイルランド自治政府の閣僚ポストの配分や、ロンドン市議会の'補充'議席や、欧州議会選挙のいくつかの国や、タイ王国の1997年憲法下での政党名簿議会議席の配分にも使われている。オーストラリア首都特別地域の立法議会では修正型が使われていたが、ヘア=クラーク制(Hare-Clark system)が賛成されたため廃止された。.

新しい!!: ポーランドとドント方式 · 続きを見る »

ドンブロフスキのマズルカ

ドンブロフスキのマズルカ(Mazurek Dąbrowskiego)は、ポーランドの国歌。ユゼフ・ヴィビツキ(Józef Wybicki)作詞。「ポーランドは未だ滅びず(Jeszcze Polska nie zginęła)」の名でも呼ばれる。 かつて、作曲者はポーランドの大貴族で作曲家のミハウ・クレオファス・オギンスキと推定されたが、現在では否定されている。楽曲はかつてのユーゴスラビア社会主義連邦共和国及びユーゴスラビア連邦共和国、セルビア・モンテネグロの国歌であった「スラヴ人よ」にも使われている(「スラヴ人よ」の場合は、「ドンブロフスキのマズルカ」よりもテンポが遅く、メロディが強調されている)。 この歌は第3次ポーランド分割によって共和国が全ての領土を失ってから2年後、1797年にヤン・ヘンリク・ドンブロフスキ将軍が率いる亡命ポーランド人部隊の軍歌として書かれたものだが、この抵抗歌が第一次世界大戦後にポーランド国歌として定着した。 なお、このときの亡命ポーランド人部隊は共和国復興のためにフランスのナポレオン・ボナパルトに協力して対オーストリア戦を戦ったため、歌詞中にボナパルトの名が登場する。その後、ポーランド人部隊はナポレオンの指揮下で各地を転戦しながら数々の戦功をあげ、後のワルシャワ公国の建国へとつながっていくのであった。.

新しい!!: ポーランドとドンブロフスキのマズルカ · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: ポーランドとドイツ · 続きを見る »

ドイツ少数民族

ドイツ少数民族(ドイツしょうすうみんぞく、Mniejszość Niemiecka、Deutsche Minderheit)は、ポーランドに居住するドイツ系住民の政治的・法的地位の確立やシロンスクの伝統および環境保持、近隣地域住民との交流を選挙プログラムに掲げて活動する民族政党である。本稿では、ドイツ少数民族(MN)以外のドイツ系政党の説明も合わせて行う。.

新しい!!: ポーランドとドイツ少数民族 · 続きを見る »

ドイツ帝国

ドイツ帝国(ドイツていこく、)は、1871年1月18日から1918年11月9日まで存続した、プロイセン国王をドイツ皇帝に戴く連邦国家を指す歴史的名称である。帝政ドイツ(ていせいドイツ)とも呼ばれる。普仏戦争において、パリ郊外のヴェルサイユ宮殿でプロイセン王ヴィルヘルム1世の皇帝戴冠式が行われて成立した。しかし第一次世界大戦の敗北とドイツ革命の勃発により、皇帝ヴィルヘルム2世がオランダに亡命して崩壊した。オランダ資本は、帝国の勢力範囲拡大政策(#世界政策)とルール地方における工業開発(#経済)の両面に貢献している。.

新しい!!: ポーランドとドイツ帝国 · 続きを見る »

ドイツ人

ドイツ人(ドイツじん、)は、ドイツを中心としてヨーロッパに分布する住民の定義である。文脈により以下の三つの定義を有する。.

新しい!!: ポーランドとドイツ人 · 続きを見る »

ドイツ騎士団

ドイツ騎士団(ドイツきしだん、Deutscher Orden)とは、ローマ・カトリック教会の公認した騎士修道会の一つである。正式名称はドイツ人の聖母マリア騎士修道会(Ordo domus Sanctae Mariae Theutonicorum Ierosolimitanorum、Orden der Brüder vom Deutschen Haus der Heiligen Maria in Jerusalem)。英語では Teutonic Order と呼ばれ、日本ではその訳語であるチュートン騎士団でも知られる。 12世紀後半、聖地パレスチナに巡礼するキリスト教信者の護衛と病院設立の目的で設立された。メンバーは、中世には十字軍の騎士修道会とし任務していたので、一般的にはチュートン騎士として知られていた。プロイセンなど統治し、東方植民の先駆けとなった。テンプル騎士団、聖ヨハネ騎士団と共に、中世ヨーロッパの三大騎士修道会の1つに数えられる。.

新しい!!: ポーランドとドイツ騎士団 · 続きを見る »

ドイツ騎士団国

ドイツ騎士団国()(Staat des Deutschen Ordens; Civitas Ordinis Theutonici)、 Deutschordensstaat Ordensstaat は、13世紀、バルト湾沿いで北方十字軍の期間、ドイツ騎士団により建国された十字軍国家である。 ドイツ騎士団領、ドイツ騎士修道会領などとも呼ばれ、ドイツ語ではOrdensstaat(騎士団国)とも呼ばれる。また、ドイツ騎士団はチュートン騎士団と訳されることもある。 ドイツ騎士団が1230年に、異教徒古プロイセン人を征服した後、故地を基盤に作った国。しかし、ゴットランド島、クールラント、リヴォニア、Neumark、ポメレリア、ジェマイティヤまで拡大した。領土は、現在のエストニア、ラトビア、ポーランド、リトアニア、ロシアにおよぶ。.

新しい!!: ポーランドとドイツ騎士団国 · 続きを見る »

ドイツ語

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語である。 話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としている。漢字では独逸語と書き、一般に独語あるいは独と略す。ISO 639による言語コードは2字が de、3字が deu である。 現在インターネットの使用人口の全体の約3パーセントがドイツ語であり、英語、中国語、スペイン語、日本語、ポルトガル語に次ぐ第6の言語である。ウェブページ数においては全サイトのうち約6パーセントがドイツ語のページであり、英語に次ぐ第2の言語である。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多い。 しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めている。上記の事情と、両国の大幅な領土縮小も影響して、欧州では非常に多くの国で母語使用されているのも特徴である。.

新しい!!: ポーランドとドイツ語 · 続きを見る »

ドイツ民主共和国

ドイツ民主共和国(ドイツみんしゅきょうわこく、Deutsche Demokratische Republik; DDR)、通称東ドイツ(ひがしドイツ、Ostdeutschland)または東独(とうどく)は、第二次世界大戦後の1949年に旧ドイツ国のソビエト連邦占領地域に建国された国家。旧ドイツ国西部から南部にかけてのアメリカ・イギリス・フランス占領地域に建国されたドイツ連邦共和国(西ドイツ)とともにドイツを二分した分断国家の一つ。1990年、ドイツ連邦共和国に領土を編入される形で消滅した。.

新しい!!: ポーランドとドイツ民主共和国 · 続きを見る »

ニコラウス・コペルニクス

ニコラウス・コペルニクス(ラテン語名: Nicolaus Copernicus、ポーランド語名: ミコワイ・コペルニク 、1473年2月19日 - 1543年5月24日)は、ポーランド出身の天文学者、カトリック司祭である。当時主流だった地球中心説(天動説)を覆す太陽中心説(地動説)を唱えた。これは天文学史上最も重要な発見とされる。(ただし、太陽中心説をはじめて唱えたのは紀元前三世紀のサモスのアリスタルコスである)。また経済学においても、貨幣の額面価値と実質価値の間に乖離が生じた場合、実質価値の低い貨幣のほうが流通し、価値の高い方の貨幣は退蔵され流通しなくなる (「悪貨は良貨を駆逐する」) ことに最初に気づいた人物の一人としても知られる。 コペルニクスはまた、教会では司教座聖堂参事会員(カノン)であり、知事、長官、法学者、占星術師であり、医者でもあった。暫定的に領主司祭を務めたこともある。.

新しい!!: ポーランドとニコラウス・コペルニクス · 続きを見る »

ホロコースト

ホロコースト(Holocaust、The Holocaust、חורבן אייראפע、השואה)は、第二次世界大戦中の国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)率いるナチス・ドイツがユダヤ人などに対して組織的に行った大量虐殺を指す。元来はユダヤ教の宗教用語にあたる「燔祭」(en)(獣を丸焼きにして神前に供える犠牲)を意味するギリシア語で、のち転じて火災による大虐殺、大破壊、全滅を意味するようになった。英語では、ユダヤ人虐殺に対しては定冠詞をつけて固有名詞 (The Holocaust) とし、その他の用法を普通名詞 (holocaust) として区別している。.

新しい!!: ポーランドとホロコースト · 続きを見る »

ホワイトカラー

ホワイトカラーを象徴する衣類の例:ワイシャツにネクタイ、スラックスを着用している。 ホワイトカラー(White-collar、白い襟のこと。色彩を意味するcolorではない)とは、一般には頭脳労働をする人、もしくは背広・ネクタイ姿で仕事をする人(総合職)のことを言う。定義は国、地域、人により様々なので一概に「これがホワイトカラーである」とは言えない。大人同士で業務内容について話すときに用いられることが多い。話し手、状況、使われ方によっても指し示すものが違うことがある。対義語には肉体労働者を指すブルーカラーが挙げられ、関連語にはサラリーマンが挙げられる。.

新しい!!: ポーランドとホワイトカラー · 続きを見る »

ホテル

東京駅に隣接するホテル外観。シャングリ・ラ ホテル 東京は写真向かって左側の建物 ラスベガスのMGMグランド世界一の面積を誇るカジノホテルで、総客室数は6850。これは日本で一番部屋数が多いホテルの3倍ほどにあたる。 ホテル(hôtel)とは、主にビジネス目的の出張者や観光目的の旅行者のための宿泊施設。語源はラテン語の「ホスピタリア」であり、無償の接待部屋という意味。大型のホテルでは、結婚式場やプールなどの設備を備える。 なお、ホテルと類似した施設として、ユースホステル、ペンション、コテージ、短期賃貸マンション(いわゆるウィークリーマンション・マンスリーマンション)などがある。.

新しい!!: ポーランドとホテル · 続きを見る »

ベラルーシ

ベラルーシ共和国(ベラルーシきょうわこく、Рэспу́бліка Белару́сь、Республика Беларусь)、通称ベラルーシは、東ヨーロッパに位置する共和制国家。日本語では白ロシア(はくロシア)とも呼ばれる。東にロシア、南にウクライナ、西にポーランド、北西にリトアニア、ラトビアと国境を接する、世界最北の内陸国である。首都はミンスク。ソビエト連邦から独立した。国際連合にはウクライナと共に、ソ連時代からソ連とは別枠で加盟していた。また、ヨーロッパ州で最も北にある内陸国の一つでもある。.

新しい!!: ポーランドとベラルーシ · 続きを見る »

ベラルーシ人

ベラルーシ人(ベラルーシ語:беларусыビェラルースィ;ポーランド語:biełarusyビェワルースィ;英語:Belarusians;ロシア語:белорусыビラルースィ)は、東スラヴ人に属する、ベラルーシの人口の大半を占める民族である。ベラルーシ近隣のポーランド、ロシア、リトアニア、ウクライナにも居住している。20世紀初頭には、アメリカ、ブラジル、カナダに多く移住した。ソビエト連邦が崩壊した1990年代初頭からは、数十万人のベラルーシ人がEU、アメリカ、カナダ、ロシアに移住している。.

新しい!!: ポーランドとベラルーシ人 · 続きを見る »

ベラルーシ語

ベラルーシ語(Беларуская мова)は、ベラルーシ共和国の公用語。白ロシア語(はくろしあご)と呼ばれていたこともある。話者は700万人から800万人で、ベラルーシやポーランド東部に分布している。系統的には、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派に属し、ロシア語、ウクライナ語とともに東スラヴグループを形成する。 東スラヴ語群に属しロシア語やウクライナ語に非常に近いが、ポーランド・リトアニア共和国内の地域であったことから本来は現在に比べ西スラヴ語であるポーランド語寄りの特徴を持っていた服部 2004, p. 136.

新しい!!: ポーランドとベラルーシ語 · 続きを見る »

ベリー

ンコード)、柿、セイヨウスグリ、フサスグリ(上)。 ベリー (berry)とは、小さく多肉で、しばしば食用にもなるような果実の総称である。ベリーは普通、多汁質で丸く、明るい色合いで、甘くまたは酸味があり、多くの種子を持つものの、核を持たない。一般的な例としては、イチゴ、ラズベリー、ブルーベリー、クロスグリなどがある。 イギリスにおける という言葉はこの種の果実に対する園芸上の用語である。 一方、植物学における「ベリー」の定義は日常用語とは異なる。植物学上の「ベリー」は、日本語では「」と呼ばれる 。植物学上の「ベリー」は単一の花の子房から生成される単一の果実であり、子房壁の外層が多肉質になったもの(植物学的には果皮)である。この定義には、日常用語では「ベリー」とは呼ばれない多くの果物や果菜類、例えば、ブドウ、トマト、キュウリ、ナス、バナナなども含まれる。また、この植物学的な定義に従うと、イチゴやラズベリーなどは除外される。 多くのベリーは食用になるが、ベラドンナやヨウシュヤマゴボウのような人間に対して有毒な種類もある。その他にニワトコのように、未熟の時は有毒だが完熟すれば食用になる種類もある。.

新しい!!: ポーランドとベリー · 続きを見る »

ベルギー

ベルギー王国(ベルギーおうこく)、通称ベルギーは、西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家。隣国のオランダ、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。首都のブリュッセル(ブリュッセル首都圏地域)は欧州連合(EU)の主要機関の多くが置かれているため、"EUの首都"とも言われており、その通信・金融網はヨーロッパを越えて地球規模である。憲法上の首都は19の基礎自治体から成るブリュッセル首都圏の自治体の一つ、ブリュッセル市である。 19世紀にネーデルラント連合王国から独立した国家で、オランダ語の一種であるフラマン語が公用語の北部フランデレン地域とフランス語が公用語の南部ワロン地域とにほぼ二分される(この他にドイツ語が公用語の地域もある)。建国以来、単一国家であったが、オランダ語系住民とフランス語系住民の対立(言語戦争)が続いたため、1993年にフランデレン地域とワロン地域とブリュッセル首都圏の区分を主とする連邦制に移行した。.

新しい!!: ポーランドとベルギー · 続きを見る »

ベアタ・シドゥウォ

ベアタ・マリア・シドゥウォ(Beata Maria Szydło, 出生名:ベアタ・クシニスカ(Beata Kusińska), 1963年4月15日 - )はポーランドの政治家。2017年12月11日より同国副首相。2015年11月16日から2017年12月11日まで首相を務めた。法と正義(PiS)の副党首として大統領選挙、総選挙()の2つの選挙を勝利に導いた。彼女はエヴァ・コパチ前首相に続く、3人目の女性首相。女性同士の首相交代は初めて。ベアタ・シドウォとも書かれる。一部の報道では「ベアタ・シェドワ」と表記された。.

新しい!!: ポーランドとベアタ・シドゥウォ · 続きを見る »

味の素

味の素株式会社(あじのもと、)は、日本の食品企業。「味の素」は、同社が製造販売するL-グルタミン酸ナトリウムを主成分とするうま味調味料で、同社の登録商標(登録番号第34220号他)。 現在のコーポレートスローガンは「Eat Well, Live Well.」。.

新しい!!: ポーランドと味の素 · 続きを見る »

アバンギャルド

アバンギャルド、または、アヴァンギャルド(avant-garde)、また漢語表現で「前衛」と呼ばれているものについて解説する。.

新しい!!: ポーランドとアバンギャルド · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: ポーランドとアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ大陸

アメリカ大陸(アメリカたいりく)とは、南アメリカ大陸と北アメリカ大陸をあわせた呼称。両アメリカや新大陸などとも言う。 南北に分かれた二大陸であるが、両者はパナマ地峡で接続しているため、まとめて超大陸と見なすこともできる。なお、広くアメリカ州(米州)というときは、カリブ海やカナダ北部の島々・海域をも含める場合が多い。 「アメリカ」と言う名称は、イタリアの探検家アメリゴ・ヴェスプッチの名から付けられた。詳細はアメリカ州を参照。.

新しい!!: ポーランドとアメリカ大陸 · 続きを見る »

アメリカ軍

アメリカ軍(アメリカぐん、United States Armed Forces)は、アメリカ合衆国が有する軍隊。アメリカ合衆国軍(アメリカがっしゅうこくぐん)、合衆国軍(がっしゅうこくぐん)とも呼ばれ、日本では米軍(べいぐん)と略される。.

新しい!!: ポーランドとアメリカ軍 · 続きを見る »

アメリカ文学

アメリカ文学(アメリカぶんがく、英語:American literature)とは、アメリカ合衆国の文学、及びそれらの作品や作家を研究する学問のこと。米国文学(べいこくぶんがく)、米文学(べいぶんがく)とも言う。また、イギリス文学と合わせて英米文学と呼ぶこともある。English literature と言った場合、英国や合衆国に限らず英語による各地域の文学を含むことがある。しかし現代ではアメリカ人の特異な性格と作品の幅広さによって、イギリス文学とは別の系統と伝統が出来てきたと考えられることが多い。.

新しい!!: ポーランドとアメリカ文学 · 続きを見る »

アルメニア人

アルメニア人の分布 色が濃い国ほどアルメニア人居住者が多い アルメニア人(アルメニアじん)は、アルメニアの主要民族。インドヨーロッパ語族に属するアルメニア語を使用している。アルメニア人の6割はアルメニア共和国の外に暮らすディアスポラである。自称は「ハイ」(Հայ)。.

新しい!!: ポーランドとアルメニア人 · 続きを見る »

アルトゥール・ルービンシュタイン

アルトゥール・ルービンシュタイン(Arthur Rubinstein, 1887年1月28日 - 1982年12月20日)は、ポーランド出身のピアニスト。様々な作曲家の作品の演奏で国際的な名声を博し、特にショパンの演奏では同時代の最も優れたピアニストであるとみなされている.

新しい!!: ポーランドとアルトゥール・ルービンシュタイン · 続きを見る »

アルフレト・タルスキ

アルフレト・タルスキ(Alfred Tarski, 1901年1月14日 - 1983年10月26日)はポーランドおよびアメリカの数学者・論理学者。彼の生年を1902年とする記述も散見されるが、これは誤りである。 アリストテレス、クルト・ゲーデル、ゴットロープ・フレーゲとともに、「四人の偉大な論理学者」の一人として数えられる。また、彼の名前は「バナッハ=タルスキーの定理」などで知られる。.

新しい!!: ポーランドとアルフレト・タルスキ · 続きを見る »

アルベルト・ブルゼフスキ

アルベルト・ブルゼフスキ(Albert Brudzewski)、またはアルベルト・ブラール・ド・ブルゼヴォ(Albert Blar de Brudzewo)、ブルゼヴォのアルベルト、ヴォイチェフ・ブルゼフスキ(Wojciech Brudzewski、ラテン語:アルベルトゥス・デ・ブルゼヴォAlbertus de Brudzewo、1445年頃カリシュ近郊ブルゼヴォ生 – 1497年ヴィリニュス没)はポーランドの天文学者、数学者、哲学者、文学者、外交官。.

新しい!!: ポーランドとアルベルト・ブルゼフスキ · 続きを見る »

アンナ (ポーランド女王)

アンナ(Anna Jagiellonka, 1523年10月18日 - 1596年9月9日)は、ポーランド・リトアニア共和国の女王(在位:1575年 - 1586年または1596年)。ヤギェウォ朝のジグムント1世の娘で、母はボナ・スフォルツァ。ジグムント2世の妹である。.

新しい!!: ポーランドとアンナ (ポーランド女王) · 続きを見る »

アンナ・ヴェルブリンスカ

アンナ・ヴェルブリンスカ (Anna Werblińska、旧姓Barańska/バランスカ, 1984年5月14日-)はポーランドのバレーボール選手。ポジションはウイングスパイカーで、ナショナルチーム代表選手。 ポーランド・ドルヌィ・シロンスク県シフィドニッツァ生まれ。ウイングスパイカーとしてはあまり身長はないものの、レシーブもこなし安定感がある。ジャンプサーブは強烈で欧州チャンピオンズリーグ2005-2006ではサーブ賞を受賞した。肩にはイルカのタトゥーが入っている。2010年6月19日、地元で結婚式をあげポーランドのサイトで話題になった。グヴァルディア・ヴロツワフでプレーするバレーボール選手のボグミワ・バランスカは、実妹である。.

新しい!!: ポーランドとアンナ・ヴェルブリンスカ · 続きを見る »

アンリ2世 (フランス王)

アンリ2世(Henri II de France, 1519年3月31日 - 1559年7月10日)は、ヴァロワ朝第10代のフランス王(在位:1547年 - 1559年)。フランソワ1世と王妃クロード・ド・フランス(ルイ12世の王女)の次男。メディチ家出身のカトリーヌ・ド・メディシスを王妃とした。しかし、カトリーヌが嫁ぐ前から家庭教師であったディアーヌ・ド・ポワチエと長く愛人関係にあり、王妃とは不仲であったといわれる。.

新しい!!: ポーランドとアンリ2世 (フランス王) · 続きを見る »

アンリ3世 (フランス王)

アンリ3世(Henri III, 1551年9月19日 - 1589年8月2日)は、ポーランド最初の選挙王(在位:1573年 - 1575年)、およびヴァロワ朝最後のフランス王(在位:1574年 - 1589年)。アンリ2世の四男、母はカトリーヌ・ド・メディシス。フランソワ2世およびシャルル9世の弟。ポーランドではヘンリク・ヴァレジ(Henryk Walezy)と呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドとアンリ3世 (フランス王) · 続きを見る »

アンドレイ・タルコフスキー

アンドレイ・タルコフスキー(ロシア語:Андрей Арсеньевич Тарковский, アンドレイ・アルセーニエヴィチ・タルコフスキー, 英語:Andrei Arsenyevich Tarkovsky, 1932年4月4日 - 1986年12月29日)は、ソ連の映画監督である。「映像の詩人」と呼ばれ、叙情的とも言える自然描写、とりわけ「水」の象徴性を巧みに利用した独特の映像美で知られる。深い精神性を探求し、後期から晩年にかけて、人類の救済をテーマとした作品を制作・監督する。表現の自由を求めてソ連を亡命し、故郷に還ることなく、パリにて54歳で客死する。.

新しい!!: ポーランドとアンドレイ・タルコフスキー · 続きを見る »

アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ(Andrzej Wajda、1926年3月6日 - 2016年10月9日)は、ポーランドの映画監督。親日家として知られた。.

新しい!!: ポーランドとアンジェイ・ワイダ · 続きを見る »

アンジェイ・ドゥダ

アンジェイ・セバスティアン・ドゥダ(Andrzej Sebastian Duda,, 1972年5月16日 -)は、ポーランドの法律家にして政治家。2015年にポーランド共和国大統領に就任した。.

新しい!!: ポーランドとアンジェイ・ドゥダ · 続きを見る »

アダム・ミツキェヴィチ

アダム・ミツキェヴィチ(1798-1855) アダム・ベルナルト・ミツキェヴィチ(Adam Bernard Mickiewicz 1798年12月24日 - 1855年11月26日)はポーランドを代表する国民的ロマン派詩人であり、政治活動家。.

新しい!!: ポーランドとアダム・ミツキェヴィチ · 続きを見る »

アダム・ミツキェヴィチ大学

right 図書館 アダム・ミツキェヴィチ大学(Uniwersytet im.、Adam Mickiewicz University)はポーランドのポズナンにある大学である。ポズナン大学とも。1919年に設立された。設立当時はポーランドの最初の王朝ピャスト朝にちなんでピャスト大学という名称であった。1955年からはポーランドの詩人アダム・ミツキェヴィチにちなんで現在の名称になっている。ポズナン医科大学が1950年に独立した。13学部に50,000人の学生が学んでいる。.

新しい!!: ポーランドとアダム・ミツキェヴィチ大学 · 続きを見る »

アダム・マリシュ

アダム・マリシュ(Adam Małysz、1977年12月3日 - )は、ポーランド南部ヴィスワ出身の元スキージャンプ選手。1990年代中盤から国際試合で活躍し2010-2011シーズン限りで現役を引退した。ポーランド語の発音に近いアダム・マウィシュとも表記される。 身長170cmと小柄な体ながら、ダイナミックなジャンプで2000年代前半にスキージャンプ・ワールドカップで連勝を重ねた“ポーランドの英雄”。.

新しい!!: ポーランドとアダム・マリシュ · 続きを見る »

アイルランド

アイルランド、またはアイルランド共和国(-きょうわこく)は、北西ヨーロッパ、北大西洋のアイルランド島の大部分を領土とする立憲共和制国家。首都はダブリン。島の北東部はイギリスのカントリーの一つである北アイルランドと接している。 独立前より北アイルランドも自国の領土であると主張し、イギリスとの対立と抗争を繰り返してきたが、1998年のベルファスト合意により領有権を放棄した。 2005年、『エコノミスト』の調査では最も住みやすい国に選出されている。.

新しい!!: ポーランドとアイルランド · 続きを見る »

アイヌ

アイヌは、北海道・樺太・千島列島およびカムチャツカ半島南部にまたがる地域に居住していた民族。母語はアイヌ語。 1878年(明治11年)、イギリス人旅行家・イザベラ・バードが北海道の日高地方でスケッチしたアイヌ民族の男性。 アイヌは、元来は物々交換による交易を行う狩猟採集民族である。文字を持たない民族であったが1923年(大正12年)に出版された知里幸恵のアイヌ神謡集では、その発音を、ローマ字で表記するなどの工夫がされている。、生業の毛皮や海産物などをもって、アムール川下流域や沿海州そしてカムチャツカ半島、これらの地域と交易を行い、永く、このオホーツク海地域一帯に経済圏を有していた。 1855年2月7日(安政元年12月21日)の当時のロシア帝国との日露和親条約での国境線決定により、当時の国際法の下、各々の領土が確定した以降は、大半が日本国民、一部がロシア国民となった。21世紀初頭の現在、日本国内では、北海道地方の他に首都圏等にも広く居住している。.

新しい!!: ポーランドとアイヌ · 続きを見る »

アイスランド

アイスランドは、北ヨーロッパの北大西洋上に位置する共和制を取る国家である。首都はレイキャビク。総人口は約337,610人。.

新しい!!: ポーランドとアイスランド · 続きを見る »

アイスホッケー

アイスホッケー(ice hockey)は、天然または人工氷のスケートリンク上で、スケート靴を履いて行う団体スポーツ競技である。陸上で行われるホッケーの形式を氷上に持ち込んだものである。2チームが長方形(楕円形)をしたリンクの中で、スティック(長い柄の先端部分に角度をつけ湾曲させた杖状の用具)を用いて硬質ゴムでできた扁平な円柱状の パックを打ち合い、相手方のゴールに入れることでその得点を競うゲームである。『氷上の格闘技』とも呼ばれている。漢字を当てて氷球(ひょうきゅう)と表記される。 2006年トリノオリンピックの試合の模様(動画) スケートを用いるため、グラウンド上の同種競技と比べ格段に早いスピードが出てゲームをスリリングなものにするが、接触等による危険が高いため全身に防具を装着してプレーを行うことが義務づけられている。 アイスホッケーが盛んな国として、世界ではカナダ、アメリカ合衆国、ロシア、スウェーデン、フィンランド、チェコ、スロバキア(1993年以前、前2国はチェコスロバキア)、ベラルーシ、ラトビア、スイスなどを挙げることができる。冬季オリンピックなどでこの競技を統括する国際アイスホッケー連盟(IIHF)の加盟国(または地域)は2015年現在で74カ国に及ぶ。.

新しい!!: ポーランドとアイスホッケー · 続きを見る »

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所(アウシュヴィッツ ビルケナウ きょうせいしゅうようじょ、Das Konzentrationslager Auschwitz-Birkenau、Obóz Koncentracyjny Auschwitz-Birkenau)とは、ナチス・ドイツが第二次世界大戦中に国家を挙げて推進した人種差別による絶滅政策 (ホロコースト) および強制労働により、最大級の犠牲者を出した強制収容所である。収容された90%がユダヤ人(アシュケナジム)であった。 アウシュヴィッツ第一強制収容所は、ドイツ占領地のポーランド南部オシフィエンチム市(ドイツ語名アウシュヴィッツ)に、アウシュヴィッツ第二強制収容所は隣接するブジェジンカ村(ドイツ語名ビルケナウ)に作られた。周辺には同様の施設が多数建設されている。ユネスコの世界遺産委員会は、二度と同じような過ちが起こらないようにとの願いを込めて、1979年に世界遺産リストに登録した。公式な分類ではないが、日本ではいわゆる「負の世界遺産」に分類されることがしばしばである。一部現存する施設は「ポーランド国立オシフィエンチム博物館」が管理・公開している。 この項では、ビルケナウに限定せず、アウシュヴィッツ全体について述べる。.

新しい!!: ポーランドとアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所 · 続きを見る »

アシュケナジム

アシュケナジム(アシュケナージム、Ashkenazim, אשכנזים)とは、ユダヤ系のディアスポラのうちドイツ語圏や東欧諸国などに定住した人々、およびその子孫を指す。語源は創世記10章3節ならびに歴代誌上1章6節に登場するアシュケナズ(新共同訳や新改訳での表記。口語訳ではアシケナズと表記)である。単数形はアシュケナジ(Ashkenazi, אשכנזי)。 アシュケナジムとセファルディムは、今日のユダヤ社会の二大勢力である。アシュケナージは、ヘブライ語でドイツを意味する。イスラエルでは一般に、前者が白系ユダヤ人、後者がアジア人、南欧系及び中東系ユダヤ人を指す語として大雑把に使われる場合があるが、これはオスマン朝からイギリス委任統治期を経てイスラエル共和国建国後に至るユダヤ教の宗教行政において「オリエントのユダヤ教徒」(Yahudei ha-Mizrah)がセファルディムの主席ラビの管轄下に置かれていたことに起因する。しかし、それ以前の歴史や人種的にはっきりしたことは不詳で、現在も論争がたえない。.

新しい!!: ポーランドとアシュケナジム · 続きを見る »

アジア

アジア アジアの地図 東南アジア アジア(ラテン語: Asia古典ラテン語では「アシア」だが、現代ラテン語では「アジア」とも発音する。)は、世界の大州のひとつ。現在では一般的にヨーロッパを除くユーラシア大陸全般を指すが、政治的・経済的な立場の違いにより、様々な定義がなされる場合がある。亜州。 アッシリア語で東を意味する「アス」に語源をもつ。古代では現在の小アジアを指した。.

新しい!!: ポーランドとアジア · 続きを見る »

イノベーション

イノベーション(英: )とは、物事の「新結合」「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」(を創造する行為)のこと。一般には新しい技術の発明を指すと誤解されているが、それだけでなく新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を創造し、社会的に大きな変化をもたらす自発的な人・組織・社会の幅広い変革を意味する。つまり、それまでのモノ・仕組みなどに対して全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出して社会的に大きな変化を起こすことを指す。.

新しい!!: ポーランドとイノベーション · 続きを見る »

イチゴ

イチゴ(苺、Fragaria)は、バラ科の多年草。 一見して種子に見える一粒一粒の痩果(そうか)が付いた花托(花床ともいう)部分が食用として供される。甘みがあるため果物として位置づけられることが多いが、草本性の植物であるので野菜として扱われることもある。.

新しい!!: ポーランドとイチゴ · 続きを見る »

イラン系民族

イラン系民族(Iranian peoples)とは、インド・ヨーロッパ語族イラン語派の言語を話す民族の総称である。 イラン祖語はインド・ヨーロッパ語族の下位言語として中央アジアにおいて起元前2千年紀に誕生したと考えられる。紀元前1000年紀に分布が最大になった時には、イラン系民族の分布範囲はイラン高原を超えて西はハンガリー平原、東はオルドス平原に至るユーラシア・ステップ全域に及んだ: "From the first millennium b.c., we have abundant historical, archaeological and linguistic sources for the location of the territory inhabited by the Iranian peoples.

新しい!!: ポーランドとイラン系民族 · 続きを見る »

イルクーツク

イルクーツク(ロシア語:Иркутскイルクーツク、ブリヤート語:Erkhüü、英語:Irkutsk)は、ロシアのシベリア地方(北緯52°17′、東経104°16′)に位置する都市で、イルクーツク州の州都。人口は約59万人。 首都モスクワからはシベリア鉄道で繋がっており、ロシア極東地域とウラル・中央アジアを繋ぐシベリア東部の工商および交通の要衝である。ロシア正教会の大主教座が置かれ、劇場、オペラ座などの文化施設も充実する。これらの公共建築にはシベリアに抑留された日本人によって建てられたものも多い。しかし、現在では在留日本人は僅少。また、街並みの美しさから「シベリアのパリ」と呼ばれることもある。 街はバイカル湖西岸内陸にあたり、イルクート川とバイカル湖から流れ出るアンガラ川(どちらもエニセイ川の支流)の合流地点の右岸に位置する。.

新しい!!: ポーランドとイルクーツク · 続きを見る »

イレーナ・センドラー

イレーナ・センドラー(Irena Sendler、ポーランド語の本名はイレナ・センドレロヴァ Irena Sendlerowa、のちイレナ・ズグジェムプスカ Irena Zgrzembska、1910年2月15日 - 2008年5月12日)は、ポーランドの慈善活動家。第二次世界大戦中は「ポーランド地下国家 (Polish Underground State)」と反ホロコーストレジスタンス「ジェゴタ」の活動家。2500人にものぼるユダヤ人児童を見つからないようにワルシャワ・ゲットーから連れ出し、偽造書類を作成したりゲットーの外の個人やグループの家にかくまったりすることにより救出する活動を行った。カトリック教徒。.

新しい!!: ポーランドとイレーナ・センドラー · 続きを見る »

インフラストラクチャー

インフラストラクチャー(infrastructure)とは「下支えするもの」「下部構造」を指す観念的な用語であり、以下の意味がある。.

新しい!!: ポーランドとインフラストラクチャー · 続きを見る »

インド・ヨーロッパ語族

インド・ヨーロッパ語族(インド・ヨーロッパごぞく)は、ヨーロッパから南アジア、北アジア、アフリカ、南アメリカ、北アメリカ、オセアニアにかけて話者地域が広がる語族である。印欧語族(いんおうごぞく、いんのうごぞく)と略称される。この語族に属する言語を公用語としている国は100を超える。.

新しい!!: ポーランドとインド・ヨーロッパ語族 · 続きを見る »

イングランド王国

イングランド王国(イングランドおうこく、英語:Kingdom of England)は、927年のアングロ=サクソン七王国の一つウェセックス王国の王アゼルスタンのイングランド全土統一から、1707年のスコットランド王国との合同まで存在した国家。ウェセックス王エグバートの825年のイングランド統一から最初のイングランド王と言われることが多いが、実際の称号はブレトワルダ(覇王)であった。 スコットランド王であったステュアート朝のジェームズ1世が1603年に王位を兼ねて以来、スコットランドとは同君連合の関係にあったが、アンの時代の1707年の合同法により、スコットランド王国と合同してグレートブリテン王国となった。.

新しい!!: ポーランドとイングランド王国 · 続きを見る »

イツホク・レイブシュ・ペレツ

イツハク・レーブ・ペレツ(Yitzchaq Löb(usch) Peretz, Yitzchoq Leybush P., Isaac Leib P., ポーランド語 Izak Lejb P., 1851/2年5月18日 - 1915年4月3日)はポーランドのイディッシュ語作家。戯曲・詩・短編小説など多作。 出版社『ユダヤ文庫』(ワルシャワ、1891年-95年)の出版に参加。モダニズム文学の手法を取り入れて象徴主義的な作品を残し、イディッシュ文学の水準を高めた。イディッシュ文学の第一世代を代表する作家の一人。 ニューヨークのローワーマンハッタンにあるペレツ・スクエアは1952年、ペレツにちなんで命名された。.

新しい!!: ポーランドとイツホク・レイブシュ・ペレツ · 続きを見る »

イディッシュ語

イディッシュ語(ייִדיש、Jiddisch、Yiddish、ייִדיש)は、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派のうち西ゲルマン語群に属する高地ドイツ語(標準ドイツ語)の一つで、世界中で400万人のアシュケナージ系・ユダヤ人によって使用されている。イーディッシュ語とも表記される。.

新しい!!: ポーランドとイディッシュ語 · 続きを見る »

イェジ・ブゼク

イェジ・ブゼク(Jerzy Buzek, 1940年7月3日 - )は、ポーランドの大学教授、政治家。現在はチェコ領となっている、ザオルジェ地方シュミウォヴィツェ出身。1997年から2001年まで同国(第三共和政)第9代首相。2004年6月13日の欧州議会議員選挙では最多得票を獲得して欧州議会議員に当選。2009年7月から2012年1月まで欧州議会議長を務めた。現代のポーランドで最も尊敬されている政治家の一人。.

新しい!!: ポーランドとイェジ・ブゼク · 続きを見る »

イェジ・アンジェイェフスキ

イェジ・アンジェイェフスキ(1949年当時) イェジ・アンジェイェフスキ(Jerzy Andrzejewski, 1909年8月19日 - 1983年4月19日)は、ポーランドの小説家。.

新しい!!: ポーランドとイェジ・アンジェイェフスキ · 続きを見る »

イェジー・カヴァレロヴィチ

イェジー・カヴァレロヴィチ (Jerzy Kawalerowicz, 1922年1月19日 - 2007年12月27日) は、ポーランドの映画監督。.

新しい!!: ポーランドとイェジー・カヴァレロヴィチ · 続きを見る »

イエズス会

イエズス会(イエズスかい、)は、キリスト教、カトリック教会の男子修道会。1534年にイグナチオ・デ・ロヨラやフランシスコ・ザビエルらによって創設され、1540年にパウルス3世により承認された。世界各地への宣教に務め、日本に初めてカトリックをもたらした。なおイエズスは、中世ラテン語による (イエス・キリスト)の古くからのカトリックの日本語表記。.

新しい!!: ポーランドとイエズス会 · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: ポーランドとイギリス · 続きを見る »

イギリス文学

イギリス文学(イギリスぶんがく、もしくは英文学、British literature/English literature)とは、イギリスの文学、及びそれらの作品や作家を研究する学問のこと。アメリカ文学と合わせて英米文学と呼ぶこともある。なお、英文学 English literature と言った場合、英語による各地域の文学を含むことがある。 ポストコロニアル理論の発展と共に、いわゆる英文学の領域も広がりつつあり、Englishes と複数形で語ることにより、20世紀前半までの帝国主義的な英文学の枠組みをこわそう、という動きも現在では見られる。 Eng.

新しい!!: ポーランドとイギリス文学 · 続きを見る »

イグナツィ・パデレフスキ

イグナツィ・ヤン・パデレフスキ(Ignacy Jan Paderewski, 1860年11月18日 - 1941年6月29日)は、ポーランドのピアニスト・作曲家・政治家・外交官。高名なピアニストである一方、ポーランドの初代首相を務めたことで知られる。.

新しい!!: ポーランドとイグナツィ・パデレフスキ · 続きを見る »

イスラム教

イスラム教(イスラムきょう、イスラーム教、イスラーム、和名・漢字圏名:回教)は、唯一絶対の神(アラビア語でアッラー)を信仰し、神が最後の預言者を通じて人々に下した(啓示した)とされるクルアーンの教えを信じ、従う一神教である。 ユダヤ教やチゲリスト教の影響を受けた唯一神教で、偶像崇拝猶、いわゆる『偶像崇拝』が神像を用いた礼拝と同義であるのかを巡っては、宗教や個人により大きな開きがあるを徹底的に排除し、神への奉仕を重んじ、信徒同士の相互扶助関係や一体感を重んじる点に大きな特色があるとされる。アッラーを崇拝するが、アッラーとは、もともとアラビアの多神教の神々の中の一人であったが、ムハンマドがメッカを占領すると、他の多神教の神々の像は全て破壊され、そして作ることや描くことも禁止され、その神だけを崇拝するようになった。.

新しい!!: ポーランドとイスラム教 · 続きを見る »

イスラエル

イスラエル国(イスラエルこく、מְדִינַת יִשְׂרָאֵל メディナット・イスラエル、دولة إسرائيل ダウラト・イスラーイール、State of Israel )、通称イスラエルは、中東のパレスチナに位置する国家。北にレバノン、北東にシリア、東にヨルダン、南にエジプトと接する。ガザ地区とヨルダン川西岸地区を支配するパレスチナ自治政府(パレスチナ国)とは南西および東で接する。地中海および紅海にも面している。首都はエルサレムであると主張しているが、国際連合などはテルアビブをイスラエルの首都とみなしている(エルサレム#首都問題を参照)。 イスラエルは、シオニズム運動を経て1948年5月14日に建国された。建国の経緯に根ざす問題は多い。版図に関するものではパレスチナ問題がよく報道される。.

新しい!!: ポーランドとイスラエル · 続きを見る »

イタリア

イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA:, Repubblica Italiana)、通称イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバル(lo Stivale)と称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属する。地中海性気候が農業と歴史に大きく影響している。.

新しい!!: ポーランドとイタリア · 続きを見る »

イタリア人

イタリア人(イタリアじん、italiani)は.

新しい!!: ポーランドとイタリア人 · 続きを見る »

ウラン

ウラン(Uran, uranium )とは、原子番号92の元素。元素記号は U。ウラニウムの名でも知られるが、これは金属元素を意味するラテン語の派生名詞中性語尾 -ium を付けた形である。なお、ウランという名称は、同時期に発見された天王星 (Uranus) の名に由来している。.

新しい!!: ポーランドとウラン · 続きを見る »

ウラジオストク

ウラジオストク(ロシア語:Владивосток ヴラヂヴァストーク、IPA:、;ラテン文字表記の例: Vladivostok、漢語: 海参崴)は、ロシアの極東部に位置する都市で、沿海地方(プリモールスキイ地方、Приморский край)の州都である。.

新しい!!: ポーランドとウラジオストク · 続きを見る »

ウワディスワフ・シュピルマン

ウワディスワフ・シュピルマン(Władysław Szpilman、1911年12月5日 - 2000年7月6日)は、ユダヤ系ポーランド人のピアニスト、作曲家。長男のクリストファー・W・A・スピルマンは日本近代右翼思想の研究者で、九州産業大学教授である。 幼少時からフランツ・リストの弟子であったヨセフ・ミスドヴィッチとにピアノを学んでいる。ワルシャワのショパン音楽院でピアノを学び、20歳からベルリン音楽大学でレオニード・クロイツァーとアルトゥール・シュナーベルに師事した。しかし、1933年、ヒトラーが政権を掌握したことにより2年でポーランドへ帰国。ワルシャワでポーランド放送のピアニストとして音楽家活動を始める。 この時代、シュピルマンはクラシック音楽の演奏活動のほか数多くの大衆音楽を作曲、自らも演奏した。なかでも彼が作曲し、カジミェシュ・ヴィンクラー(Kazimierz Winkler)が作詞した明るいジャズ調の歌謡曲『ワルシャワの赤いバス』("Czerwony Autobus")がよく知られている。 1939年にヒトラーのポーランド侵攻により第二次世界大戦が勃発。ドイツ占領下のポーランドでナチス・ドイツによるユダヤ人への大量虐殺(ホロコースト)を目の当たりにする。家族全員が絶滅収容所送りとなり、ワルシャワ蜂起後の廃墟を逃亡する中を、ドイツ軍の将校ヴィルム・ホーゼンフェルト大尉によって命を救われた。 戦後はポーランド放送へ復職。1946年に戦時中の体験をまとめた『ある都市の死』(Śmierć miasta)を出版し、2002年にはこれを原作とした映画『戦場のピアニスト』が公開された。 2000年に脳溢血で入院中に死去。 世界中で2000回以上の演奏活動を行なうとともに、戦前から戦後にかけて、数多くの映画音楽、管弦楽作品、大衆歌、ポピュラー音楽を作曲して、ポーランドの大衆音楽史にその名を残した。作曲は一部フランツ・シュレーカーに学んだとも言われている。1972年までに幼児・児童向けの愛唱歌やポップスも含めて約500曲を作曲した。1961年にはオーガナイザーの一人としてポップスの祭典「ソポト国際音楽フェスティバル」を初開催した。1963年に結成したジャズ・ポップス・クラシックなど幅広いジャンルを扱うワルシャワ・ピアノ・クインテットの初代メンバーの1人としては1986年(75歳)まで国内外で精力的に演奏活動をした。 Category:ポーランドのピアニスト Category:ポーランドのクラシック音楽のピアニスト Category:ユダヤ人のクラシック音楽のピアニスト Category:ポーランドの作曲家 Category:ユダヤ系ポーランド人 Category:ロシア帝国のユダヤ人 Category:ホロコースト生還者 Category:ポーランド復興勲章受章者 Category:ショパン音楽アカデミー出身の人物 Category:ソスノヴィエツ出身の人物 Category:1911年生 Category:2000年没.

新しい!!: ポーランドとウワディスワフ・シュピルマン · 続きを見る »

ウッチ

ウッチ(Łódź、ウッジ、ウージとも)は、ポーランド中央部の都市で、ウッチ県の県都。ウッチ高地に位置する。ポーランド第2の都市、最大の工業都市であり、繊維工業の中心地でもある。.

新しい!!: ポーランドとウッチ · 続きを見る »

ウッチ県

ウッチ県 (Województwo łódzkie) はポーランド中部の県である。 県都はウッチ。マゾフシェ県、ヴィエルコポルスカ県、クヤヴィ・ポモージェ県、シフィェンティクシシュ県、シロンスク県、オポーレ県と接している。県域のほとんどがウッチ高地にある。.

新しい!!: ポーランドとウッチ県 · 続きを見る »

ウィーン会議

Jean-Baptiste Isabey画 ウィーン会議(ウィーンかいぎ、Wiener Kongress、Congrès de Vienne、Congress of Vienna.)は、1814年から1815年にかけて、オーストリア帝国の首都ウィーンにおいて開催された国際会議。 オーストリアの外相メッテルニヒが議長を務め、ヨーロッパ諸国の代表が集った。会場はシェーンブルン宮殿。.

新しい!!: ポーランドとウィーン会議 · 続きを見る »

ウォッカ

ウォッカ(ロシア語: водка ヴォートカ;ポーランド語: wódka ヴートカ;ウクライナ語: горілка ホリールカ 英語:vodka)は、ロシアやウクライナやエストニアなど東欧の旧ソ連圏、スウェーデンやノルウェーなど北欧圏、ポーランドやスロヴァキアなど中欧圏で製造されている蒸留酒。.

新しい!!: ポーランドとウォッカ · 続きを見る »

ウカシュ・ピシュチェク

ウカシュ・ピシュチェク(Łukasz Piszczek, 1985年6月3日 - )は、ポーランド・チェホビツェ=ジェジツェ出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・ボルシア・ドルトムント所属。ポーランド代表。ポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。.

新しい!!: ポーランドとウカシュ・ピシュチェク · 続きを見る »

ウクライナ

ウクライナ(Україна、)は、東ヨーロッパの国。東にロシア連邦、西にハンガリーやポーランド、スロバキア、ルーマニア、モルドバ、北にベラルーシ、南に黒海を挟みトルコが位置している。 16世紀以来「ヨーロッパの穀倉」地帯として知られ、19世紀以後産業の中心地帯として大きく発展している。天然資源に恵まれ、鉄鉱石や石炭など資源立地指向の鉄鋼業を中心として重化学工業が発達している。 キエフ大公国が13世紀にモンゴル帝国に滅ぼされた後は独自の国家を持たず、諸侯はリトアニア大公国やポーランド王国に属していた。17世紀から18世紀の間にはウクライナ・コサックの国家が興亡し、その後ロシア帝国の支配下に入った。第一次世界大戦後に独立を宣言するも、ロシア内戦を赤軍が制したことで、ソビエト連邦内の構成国となった。1991年ソ連崩壊に伴い独立した。 歴史的・文化的には中央・東ヨーロッパの国々との関係が深い。 また本来の「ルーシ」「ロシア」とは、現在のロシア連邦よりもウクライナを指した。.

新しい!!: ポーランドとウクライナ · 続きを見る »

ウクライナ人

ウクライナ人( )は、ウクライナの主要民族である。東欧の東スラヴ人に属し、主にウクライナ語を母語とするものが多い。.

新しい!!: ポーランドとウクライナ人 · 続きを見る »

ウクライナ語

ウクライナ語( )は、インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派の東スラヴ語群に属し、キリル文字を使用する言語である。ウクライナの公用語である。ウクライナ国外においても、諸外国に住むウクライナ人によって使用されている。本国での話者人口は3680万人。本国以外に、ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、ポーランド、カナダやアメリカ合衆国などの南北アメリカ、オーストラリアなどにも話者がおり、それらを合計すれば約4500万人になる。スラヴ語派においてはロシア語、ポーランド語に次いで第3位の話者人口である。11月9日はウクライナ語の記念日となっている。.

新しい!!: ポーランドとウクライナ語 · 続きを見る »

エミリア・プラテル

ミリア・プラテル(ポーランド語:Emilia Plater;リトアニア語:Emilija Pliaterytė、1806年11月13日 - 1831年12月23日)は、ポーランド・リトアニアの貴族、革命家。伯爵夫人。11月蜂起に参加し、かつてのポーランド・リトアニア共和国を構成していたポーランド、リトアニア、ベラルーシの国民的英雄となった。.

新しい!!: ポーランドとエミリア・プラテル · 続きを見る »

エニグマ (暗号機)

ニグマのロゴ エニグマ (Enigma) とは、第二次世界大戦のときにナチス・ドイツが用いていたことで有名なローター式暗号機のこと。幾つかの型がある。その暗号機の暗号も広義にはエニグマと呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドとエニグマ (暗号機) · 続きを見る »

エカチェリーナ2世

チェリーナ2世(エカチェリーナ2世アレクセーエヴナ、、1729年4月21日(ロシア暦)/5月2日(グレゴリオ暦) - 1796年11月6日(ロシア暦)/11月17日(グレゴリオ暦)は、ロマノフ朝第8代ロシア皇帝(在位:1762年6月28日(ロシア暦)/7月9日(グレゴリオ暦) - 1796年11月6日(ロシア暦)/11月17日(グレゴリオ暦))。夫はピョートル3世ならびにグリゴリー・ポチョムキン(秘密結婚)、子はパーヴェル1世ほか。 プロイセンのフリードリヒ2世(大王)やオーストリアのヨーゼフ2世と共に啓蒙専制君主の代表とされる。ロシア帝国の領土をポーランドやウクライナに拡大し、大帝 (ヴェリーカヤ)(Вели́кая)と称される。 帝政時代にが発行していた100ルーブル紙幣の肖像に描かれていたほか、沿ドニエストル共和国のが発行する500沿ドニエストル・ルーブルにも描かれていた。 日本では従来「エカテリーナ」の表記が多かったが、近年は原音により忠実な「エカチェリーナ」の表記が普及してきた。また、ドイツ語や英語由来の「カタリーナ」(Katharina II.)、「カザリン」、「キャサリン」などの表記も散見する。.

新しい!!: ポーランドとエカチェリーナ2世 · 続きを見る »

エスペラント

ペラント (Esperanto) とは、ルドヴィコ・ザメンホフとその弟子(協力者)が考案・整備した人工言語。母語の異なる人々の間での意思伝達を目的とする、国際補助語としては最も世界的に認知され、普及の成果を収めた言語となっている。.

新しい!!: ポーランドとエスペラント · 続きを見る »

エストニア

トニアが外交使節を派遣している諸国の一覧図。 エストニア共和国(エストニアきょうわこく、)、通称エストニア()は、北ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、通貨はユーロ、人口は134万人。首都はタリンである。.

新しい!!: ポーランドとエストニア · 続きを見る »

エスカルゴ

ルゴ(escargot、 エスカルゴ)は、フランス語でカタツムリを意味する語。日本では、通常カタツムリそのものを指すのではなく、エスカルゴを用いたフランス料理を意味する。通常は前菜として食卓に供される。普通、複数個で供されるため、メニューにはles escargots(レゼスカルゴ)と複数形で書かれていることが多い。.

新しい!!: ポーランドとエスカルゴ · 続きを見る »

オペラ

イタリア・ミラノにあるスカラ座。1778年に完成したこの歌劇場は、世界で最も有名である。 オペラ(イタリア語・英語: opera、フランス語: opéra、ドイツ語: Oper)は、演劇と音楽によって構成される舞台芸術である。歌劇(かげき)とも呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドとオペラ · 続きを見る »

オポーレ

ポーレ(Opole)、ドイツ語名オペルン(Oppeln)は、ポーランド南西部の都市。オポーレ県の県都。同県の経済、文化の中心地。ポーランドでも長い歴史を持つ都市の一つで、中世前半には上シロンスク地方の主都であった。.

新しい!!: ポーランドとオポーレ · 続きを見る »

オポーレ県

ポーレ県 (Województwo opolskie) は、ポーランド南部の県である。 県都はオポーレ。チェコとの国境沿いに位置し、国内ではドルヌィ・シロンスク県、ヴィエルコポルスカ県、シロンスク県、ウッチ県と接している。面積は16県中最小である。.

新しい!!: ポーランドとオポーレ県 · 続きを見る »

オランダ

ランダ(Nederland 、; Nederlân; Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。.

新しい!!: ポーランドとオランダ · 続きを見る »

オルシュティン

ルシュティン、オルシチン(Olsztyn)、アレンシュタイン(Allenstein)は、ポーランドヴァルミア=マズールィ県の県都で一番大きい都市である。主な文化・文教・経済活動の中心や一般官庁ばかりでなく、重要な鉄道連絡駅及び交通の要所でもある。 ヴァルミア=マズールィ大学、プラネタリウム、天体観測館、コンサートホールなどがある。また、オルシュティンにはミシュランの大規模タイヤ工場がある。.

新しい!!: ポーランドとオルシュティン · 続きを見る »

オーデル川

流域 オーデル川(Oder, Odra)は、中央ヨーロッパを流れる河川である。チェコ共和国北東部のズデーテン山脈に源流を発し、ポーランド国内のシレジア(シロンスク)を北西に向けて流れ、ポーランドとドイツの国境(オーデル・ナイセ線)沿いの延長187kmを北に向かう。ナイセ川・ヴァルタ川などの支流を合わせた後、ポメラニア(ポモージェ)に入りシュチェチンの北にある潟湖(シュチェチン湾)へ注ぎ、そこから3つの川(あるいは海峡)に分かれてバルト海に注ぐ。 全長は854.3km、流域面積は11万8,861平方kmにおよぶ。水位の変動が激しいことで有名である。 オーデル川とはドイツ語に由来のする呼称で、ポーランドではオードラ川と呼ばれている。また現代ドイツ語発音に基づきオーダー川とも表記される。 中流にはヴロツワフ(独:ブレスラウ)、下流にはシュチェチン(独:シュテティーン)などの都市がある。運河でヴィスワ川と結ばれており、シロンスクの重工業地域とポーランドの中央部が水運で繋がれている。ポーランドの生命線の役割を果たす川である。 1945年のポツダム会談により、ドイツ・ポーランドの暫定的な国境として設定されていたが、1990年11月のドイツ・ポーランド国境条約により正式な国境となっている。.

新しい!!: ポーランドとオーデル川 · 続きを見る »

オーストリア

ーストリア共和国(オーストリアきょうわこく、、バイエルン語: )、通称オーストリアは、ヨーロッパの連邦共和制国家。首都は音楽の都といわれたウィーン。 ドイツの南方、中部ヨーロッパの内陸に位置し、西側はリヒテンシュタイン、スイスと、南はイタリアとスロベニア、東はハンガリーとスロバキア、北はドイツとチェコと隣接する。基本的には中欧とされるが、歴史的には西欧や東欧に分類されたこともある。.

新しい!!: ポーランドとオーストリア · 続きを見る »

オーストリア=ハンガリー帝国

ーストリア=ハンガリー帝国(オーストリア=ハンガリーていこく、 または Kaiserliche und königliche Monarchie、)は、かつて欧州に存在した国家。ハプスブルク帝国の一つであり、その最後の形態である。.

新しい!!: ポーランドとオーストリア=ハンガリー帝国 · 続きを見る »

オットー3世 (神聖ローマ皇帝)

ットー3世(Otto III., 980年7月 - 1002年1月23日)は中世ドイツの王(在位:983年12月 - 1002年)及びイタリア王(在位:996年4月 - 1002年)、並びに西ヨーロッパのローマ皇帝(在位:996年5月 - 1002年)。ザクセン朝第4代の王、第3代の皇帝。第2代皇帝オットー2世とギリシャ皇女テオファヌの子、初代オットー1世大帝の孫。古代ローマ帝国の復興を図った。ローマを首都とした帝国の再興を試みたが、現実に合わず果たせなかった。1002年に21歳で死去。.

新しい!!: ポーランドとオットー3世 (神聖ローマ皇帝) · 続きを見る »

オットー・フォン・ビスマルク

ットー・エドゥアルト・レオポルト・フュルスト(侯爵)・フォン・ビスマルク=シェーンハウゼン(Otto Eduard Leopold Fürst von Bismarck-Schönhausen, 1815年4月1日 - 1898年7月30日)は、プロイセン及びドイツの政治家、貴族。プロイセン王国首相(在職1862年-1890年)、北ドイツ連邦首相(在職1867年-1871年)、ドイツ帝国首相(在職1871年-1890年)を歴任した。ドイツ統一の中心人物であり、「鉄血宰相(Eiserne Kanzler)」の異名を取る。 プロイセン東部の地主貴族ユンカーの出身。代議士・外交官を経て、1862年にプロイセン国王ヴィルヘルム1世からに任命され、を断行してドイツ統一戦争に乗り出した。1867年の普墺戦争の勝利で北ドイツ連邦を樹立し、ついで1871年の普仏戦争の勝利で南ドイツ諸国も取り込んだドイツ帝国を樹立した。プロイセン首相に加えてドイツ帝国首相も兼務し、1890年に失脚するまで強力にドイツを指導した。文化闘争や社会主義者鎮圧法などで反体制分子を厳しく取り締まる一方、諸制度の近代化改革を行い、また世界に先駆けて全国民強制加入の社会保険制度を創出する社会政策を行った。卓越した外交力で国際政治においても主導的人物となり、19世紀後半のヨーロッパに「ビスマルク体制」と呼ばれる国際関係を構築した。.

新しい!!: ポーランドとオットー・フォン・ビスマルク · 続きを見る »

オフィス

フィス (office) とは、事務作業を行う部屋。事務所、事務局、事務室などのこと。また、一般的に業務施設という場合もオフィスを用途とした施設・建物(ビルなど)を指すことが多い。.

新しい!!: ポーランドとオフィス · 続きを見る »

オアシス

アシス(リビア) オアシス(英語:Oasis)とは砂漠・ステップなど乾燥地域における緑地。英語読みはオウエイスィス。.

新しい!!: ポーランドとオアシス · 続きを見る »

オスマン帝国

マン帝国(オスマンていこく、)は、テュルク系(後のトルコ人)のオスマン家出身の君主(皇帝)を戴く多民族帝国。英語圏ではオットマン帝国 (Ottoman Empire) と表記される。15世紀には東ローマ帝国を滅ぼしてその首都であったコンスタンティノポリスを征服、この都市を自らの首都とした(オスマン帝国の首都となったこの都市は、やがてイスタンブールと通称されるようになる)。17世紀の最大版図は、東西はアゼルバイジャンからモロッコに至り、南北はイエメンからウクライナ、ハンガリー、チェコスロバキアに至る広大な領域に及んだ。.

新しい!!: ポーランドとオスマン帝国 · 続きを見る »

カミル・ストッフ

ミル・ストッフ(Kamil Stoch、1987年5月25日 - )は、ポーランド・ザコパネ出身のスキージャンプ選手。AZSザコパネに所属。.

新しい!!: ポーランドとカミル・ストッフ · 続きを見る »

カライム語

ライム語(カライムご、Karaim)とは、ヘブライ語の影響下に成立した、北西語群に属するテュルク諸語の一つである。Lewis et al. (2015) とHammarström (2016) とでは下位分類の内訳に違いが見られるが、カラチャイ・バルカル語、クムク語、クリムチャク語の3言語と近い関係にあるとされている点は共通している。ヘブライ語の影響下に成立したドイツ語の一種であるイディッシュ語や、ヘブライ語の影響下に成立したスペイン語の一種であるラディーノ語の、いわばトルコ語版である。カライム語はリトアニアやクリミアやウクライナのカライ派ユダヤ教徒()が話す言語だが、現存する話者は非常に少ない。クリミアのカライム語話者はユダヤ教に改宗したとされるハザールの末裔である、とする議論があるが、未だ定説には至っていない。 カライム語のリトアニア方言は、主にトラカイ(別名トロキ)の小さなユダヤ教徒コミュニティで話されている。トラカイは本来リトアニアの首都であった。この町のユダヤ教徒は、1397年から1398年にかけて、ヴィタウタス大公によって城の防衛のために連れて来られた歴史がある。この町ではカライム語を観光の目玉として公的に支援しているため、カライム語が生き残る可能性が期待されている。.

新しい!!: ポーランドとカライム語 · 続きを見る »

カリーニングラード

リーニングラード(ロシア語:Калининград〔カリニングラート〕、ラテン文字転写の例:Kaliningrad )は、ロシア連邦西部にあるカリーニングラード州の州都である。バルト海に接する港湾都市で、人口は約42万人。カリーニングラード州はポーランドとリトアニアに挟まれたロシアの飛地領で人口はおよそ95万人、世界有数の琥珀の産地である。 カリーニングラードはもともと1255年にドイツ人の東方植民によって建設された都市で、1946年まで使われていた旧名はケーニヒスベルク(Königsberg;ドイツ語で「王の山」の意)。20世紀前半まではドイツの東北辺境の重要都市であった。.

新しい!!: ポーランドとカリーニングラード · 続きを見る »

カリーニングラード州

リーニングラード州(Калининградская область, Kaliningradskaya oblast')は、バルト海沿岸のロシア連邦の州(オーブラスチ)。ロシア連邦の最西端で、飛び地である。琥珀を産したことからヤンタルヌイ・クライ(Янтарный Край, 「琥珀の土地」の意)と通称される。 最大の都市は州都カリーニングラード。カリーニングラードは、かつてケーニヒスベルク Königsberg (ドイツ語で「王の山」の意)と呼ばれ、プロイセン公国とプロイセン王国の首都であった。 州名は革命家ミハイル・カリーニンに因む。.

新しい!!: ポーランドとカリーニングラード州 · 続きを見る »

カリシュの法令

ユダヤ人の自由に関する一般憲章」(一般的には「カリシュ法」(Statut kaliski)として知られる。)は、1264年9月8日、カリシュにおいて大ポーランドのボレスワフ敬虔公によって発布された憲章。この憲章はポーランドのユダヤ人の法的地位の根拠となり、これによって「国民内国民」とも言えるようなイディッシュ語話者による自治組織が創始された。この憲章は1795年の第3次ポーランド分割まで存続した。この憲章によってユダヤ人に関する事案はユダヤ人の裁判所のみが取り扱うことになり、ユダヤ人とキリスト教徒が関わる事案については別個に独立した法廷で取り扱うことになった。この法令は同時に、ユダヤ人の安全と個人の自由を保障しており、これによりポーランドのユダヤ人たちは安心して自分たちの信仰を守り、商売を行い、旅行をすることができた。カリシュの法令は1334年にカジミェシュ3世大王、1453年にカジミェシュ4世王、1539年にジグムント1世王によって、それぞれ改めて承認されている。.

新しい!!: ポーランドとカリシュの法令 · 続きを見る »

カリスマ

リスマ(Χάρισμα、Charisma)とは、預言者・呪術師・英雄などに見られる超自然的・または常人を超える資質のことを指す。もとは、キリスト教用語として、『新約聖書』において、神からの天与の賜物の意味で用いられた言葉である.

新しい!!: ポーランドとカリスマ · 続きを見る »

カルト

ルト(culte、cult)は、悪しき集団であることを明確にするために用いられる通俗用語である。良い意味ではなく、反社会的な団体を指す世俗的な異常めいたイメージがほぼ定着し島田裕巳 『日本の10大新宗教』(幻冬舎、2007年11月30日) ISBN 978-4344980600 、犯罪行為を犯すような反社会的な集団を指して使用される。元来は、「儀礼・祭祀」の意味を表す、否定的・批判的なニュアンスを持たない宗教用語であった。 ヨーロッパでは、一般的な宗教から派生した団体を「セクト」と呼び竹内節子 『カルトか宗教か』(文藝春秋 1999年11月20日) ISBN 978-4166600731、ときに、同義として扱われることもある。 「少数の熱烈な信奉者を指す用法」(カルト・ムービーなどの肯定的な意味)は#サブカルチャーでの用例の節を参照。.

新しい!!: ポーランドとカルト · 続きを見る »

カルパティア山脈

ルパティア山脈(またはカルパチア山脈)は、中央ヨーロッパ・東ヨーロッパの山脈である。 カルパティア山脈の衛星写真.

新しい!!: ポーランドとカルパティア山脈 · 続きを見る »

カロル・シマノフスキ

ル・マチエイ・シマノフスキ(Karol Maciej Szymanowski, 1882年10月6日 - 1937年3月29日)は、ポーランドの作曲家。激動する時代に合わすかのようにその作風を何度か変えながら4つの交響曲、2つのヴァイオリン協奏曲、2つの弦楽四重奏曲、2つのオペラ、ピアノ曲や歌曲を残した。.

新しい!!: ポーランドとカロル・シマノフスキ · 続きを見る »

カール1世 (オーストリア皇帝)

ール1世(、1887年8月17日 - 1922年4月1日)は、最後のオーストリア皇帝(在位:1916年11月21日 - 1918年11月12日)。ハンガリー国王としてはカーロイ4世()。オーストリア帝国内ボヘミア国王としてはカレル3世()。福者。.

新しい!!: ポーランドとカール1世 (オーストリア皇帝) · 続きを見る »

カール9世 (スウェーデン王)

ール9世(Karl IX,1550年10月4日 - 1611年10月30日)は、ヴァーサ王朝のスウェーデン国王(在位:1604年 - 1611年)。1599年から1604年まで摂政。グスタフ1世と2度目の妃マルガレータの子。.

新しい!!: ポーランドとカール9世 (スウェーデン王) · 続きを見る »

カール・シュテファン・フォン・エスターライヒ

ール・シュテファン・フォン・エスターライヒ()は、Erzherzog)位を有するハプスブルク=ロートリンゲン家の成員で、オーストリア=ハンガリー帝国の軍人、海軍提督。1919年にポーランド国籍を取得し、カロル・ステファン・ハプスブルグ=ロタルィンスキ()と名乗った。ナポレオン戦争期にオーストリア軍司令官として活躍したカール大公の孫に当たる。.

新しい!!: ポーランドとカール・シュテファン・フォン・エスターライヒ · 続きを見る »

カトリーヌ・ド・メディシス

トリーヌ・ド・メディシス(Catherine de Médicis、1519年4月13日 - 1589年1月5日)は、フランス王アンリ2世の王妃。フランス王フランソワ2世、シャルル9世、アンリ3世の母后成瀬治 『世界の歴史〈15〉近代ヨーロッパへの道』(講談社、1978年)、フィリップ・エルランジェ 『聖バルテルミーの大虐殺』 (磯見辰典訳、白水社、1985年)、オルソラ・ネーミ、ヘンリー・ファースト 『カトリーヌ・ド・メディシス』(千種堅訳、中央公論社、1982年)、ジョルジュ・リヴェ 『宗教戦争』(二宮宏之、関根素子訳、白水社、1968年)はいずれもカトリーヌの称号として「母后」の用語を用いている。また、ジャン・オリユー 『カトリーヌ・ド・メディシス―ルネサンスと宗教戦争〈上下〉』( 田中梓訳、河出書房新社、1990年)は「王母」としている。。 1519年、イタリアのフィレンツェでウルビーノ公ロレンツォ2世・デ・メディチ(ロレンツォ・デ・メディチの孫)と、オーヴェルニュ伯ジャン3世の娘マドレーヌの間に生まれた。イタリア語名はカテリーナ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチ(Caterina di Lorenzo de' Medici)。 彼女を出産後に母が亡くなり、間もなく父も亡くして孤児となる。1533年、ローマ教皇クレメンス7世とフランス王フランソワ1世の間で縁組交渉がまとまり、フランスの第2王子オルレアン公アンリ・ド・ヴァロワ(後のアンリ2世)と結婚する。10人の子を産むが、アンリ2世の寵愛は愛妾ディアーヌ・ド・ポワチエに独占されていた。1559年に馬上槍試合での事故でアンリ2世が死去し、長男フランソワ2世の短い治世の後に幼いシャルル9世が即位すると摂政として政治を担うことになる。 国内ではユグノー(フランスカルヴァン派の呼称)とカトリックの対立が激化しており、カトリーヌは融和政策を図るが、フランス宗教戦争(ユグノー戦争)の勃発を止めることはできなかった。休戦と再戦を繰り返した1572年にパリやフランス各地でプロテスタントの大量虐殺(サン・バルテルミの虐殺)が起こり、カトリーヌは悪名を残すことになる。シャルル9世はこの2年後に死去し、四男のアンリ3世が即位するが、内乱はカトリック陣営のギーズ公アンリそしてユグノー陣営のナバラ王アンリとのいわゆる「三アンリの戦い」の様相を呈し、泥沼化する。1588年にアンリ3世は強硬手段に出てギーズ公アンリを暗殺するが、病床にあったカトリーヌは息子の愚行を嘆きつつ程なくして死去した。カトリーヌの死の8ヶ月後にアンリ3世はカトリック修道士に暗殺され、ヴァロワ朝は断絶した。ナバラ王アンリがアンリ4世として即位し、新たにブルボン朝が開かれた。 芸術を愛好し、宮殿の造営や歌謡・演劇の分野で才能を発揮した。また、フランスの食文化の発展に貢献したともいわれるが(日本大百科全書、小学館)、証拠はなく、影響を与えていないと考える学者もいる。 イタリア出身ではあるが、その生涯の大半がフランス王族としての事跡であるため、便宜上、本項目ではフランス語読みの「カトリーヌ・ド・メディシス」で統一する。.

新しい!!: ポーランドとカトリーヌ・ド・メディシス · 続きを見る »

カトリック教会

トリック教会(カトリックきょうかい、)は、ローマ教皇を中心として全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。その中心をローマの司教座に置くことからローマ教会、ローマ・カトリック教会とも呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドとカトリック教会 · 続きを見る »

カトヴィツェ

トヴィツェ(Katowice )は、ポーランドの都市。シロンスク県の県都で、同地方を代表する工業都市。ドイツ語ではカトヴィッツ(Kattowitz)、シレジア語ではカトヴィツィ(Katowicy)。.

新しい!!: ポーランドとカトヴィツェ · 続きを見る »

カピチュレーション

ピチュレーション(capitulation)とは、ローディの和を最初として、オスマン帝国が領内在住の外国人に対し恩恵的に認めた特権である。通商・居住の自由、租税免除、身体・財産・企業の安全などを保障した。 1536年にスレイマン1世が仏王フランソワ1世に与えたとされているが、正確にはフランス使節がオスマン帝国大宰相と合意した条約案である。フランスへの最初のものとして確実なものは、セリム2世の1569年に締結された。1579年にイギリス、1613年にオランダにも同様の特権が認められた。また、18世紀までにオーストリア・ロシア・スウェーデン・プロイセンなどにも商業特権が与えられた。掲げられた国家郡は、英蘭露を中心として選帝侯の自律性を高めた勢力を包摂する。.

新しい!!: ポーランドとカピチュレーション · 続きを見る »

カティンの森事件

ティンの森事件(カティンのもりじけん、、)は、第二次世界大戦中にソビエト連邦(ロシア共和国)のグニェズドヴォ(Gnyozdovo)近郊の森で約22,000人のポーランド軍将校、国境警備隊員、警官、一般官吏、聖職者がソビエト内務人民委員部(NKVD)によって銃殺された事件。「カティンの森の虐殺」などとも表記する。 NKVD長官ベリヤが射殺を提案し、ソビエト共産党書記長スターリンと政治局の決定で実行された「カチンの森 戦後70年歴史を歩く」『読売新聞』2015年11月13日付夕刊。。 「カティン(カチンとも。)」は現場近くの地名で、事件とは直接関係ないものの、覚えやすい名前であったためナチス・ドイツが名称に利用した。.

新しい!!: ポーランドとカティンの森事件 · 続きを見る »

カシミール・フンク

カシミール・フンク カシミール・フンク(Casimir Funk, 1884年2月23日 - 1967年11月20日)は、ポーランドの生化学者。ビタミンの発見者、命名者として知られる。本名はカジミェシュ・フンク (Kazimierz Funk)。 ワルシャワでユダヤ系の家に生まれ、1904年にベルン大学で学位を取得。パリのパスツール研究所、ベルリン大学、ロンドンのリスター予防医学研究所などで研究。1915年にアメリカに渡り、1920年にはアメリカの市民権を取得している。その後一時ポーランドへ戻るが政情不安を理由にパリに移り、自分の研究所を持つようになる。同じ頃に結婚し、最終的には15人の父となった。 脚気の原因について研究し、1911年に米ぬかに含まれる化学物質が欠乏することによってこの病気が起ることを発見したと発表すると、1912年にこれを「重要な生命活動をつかさどるアミン」という意味の造語で「ビタミン」と名づけ、ビタミン摂取の重要性を主張した。これはビタミンB1であったが、その後ビタミンB2、ビタミンC、ナイアシン、チアミンなどを発見している。 1967年にニューヨークで死去。 Category:ポーランドの生化学者 Category:パスツール研究所の人物 Category:リスター予防医学研究所の人物 Category:アメリカ合衆国帰化市民 Category:ユダヤ系ポーランド人 Category:ロシア帝国のユダヤ人 Category:ポーランド系アメリカ人 Category:東欧ユダヤ系アメリカ人 Category:ワルシャワ出身の人物 Category:1884年生 Category:1967年没.

新しい!!: ポーランドとカシミール・フンク · 続きを見る »

カシューブ語

ューブ語(kaszëbsczi jãzëk)は、スラヴ語派の西スラヴ語群に含まれる言語。言語コードはISO 639-2 csb。 ポメラニアのバルト海沿岸の地域にいたカシューブ族の言語から発展したと考えられている。現代ポーランド語とも親近関係にあり、低地ドイツ語の東方方言、ポラーブ語、プロシア語から影響を受けている。一般的には独自の言葉と解釈されており、しばしポーランドの言語学者には、カシューブ語をポーランド語の方言と考えるものもいるが、ポーランドでは少数民族の言語と認知されている。 現在、ポーランド北部のポモージェ地方、ドイツ北東部のメクレンブルク=フォアポンメルン州および、移民先のカナダにあわせて20万人の話者がいる。2002年の国勢調査では、5万3千人が家庭ではもっぱらカシューブ語を使用するとしている。公用語ではないが、ポモージェ地方の一部の郡では公式の場で使用される。.

新しい!!: ポーランドとカシューブ語 · 続きを見る »

カジミェシュ1世

ミェシュ1世復古公 カジミェシュ1世(Kazimierz I Odnowiciel, 1016年7月25日 - 1058年11月28日)は、ピャスト家のポーランド公。自身が王位に就くことには失敗したが、実質的には、国全体を統治していた。マゾフシェ、シレジア、ポメラニアに分割されていた時代の後、再統合を成し遂げたことから復興公と呼ばれる。 ミェシュコ2世ランベルトと、王妃リヘザ・ロタリンスカの長子として生まれた。グニェズノの宮廷で育ったとされる。父の暗殺後、カジミェシュに王位を継がせるべく母リチェザは実権を掌握しようとして失敗。子供たちを連れてハンガリー王国へ逃亡した。ポーランド国内は反乱が起き、異教支配が復活しようとしていた。この混乱につけ込み、ボヘミア公ブジェチスラフ1世がポーランド南部へ侵攻を開始。混乱のうちに、カジミェシュはシレジアと小ポーランド地方の支配を確実にする。しかし、グニェズノに火が放たれ、この時聖プラハのアダルベルトの聖遺物が失われた。 1040年、ボヘミア公と対抗するイタリア王ハインリヒ(のちの神聖ローマ皇帝ハインリヒ3世)は、亡命の身であるカジミェシュと同盟を結ぶ。彼は与えられた1000人の軍を連れて勝利を収めた。また、1041年に彼はキエフ大公ヤロスラフ1世とも同盟を結び、その証としてヤロスラフの異母妹マリアと結婚した。 妃マリアとの間に以下の子供を得た。.

新しい!!: ポーランドとカジミェシュ1世 · 続きを見る »

カジミェシュ3世 (ポーランド王)

ミェシュ3世ヴィエルキ(Kazimierz III Wielki、1310年4月30日 - 1370年11月5日)は、ポーランド王(在位:1333年 - 1370年)。大王(Wielki)の異称で呼ばれる。ヴワディスワフ1世(短身王)の三男で、母はヴィエルコポルスカ公ボレスワフ(敬虔公)の娘ヤドヴィガ。 現在ポーランドで発行されている50ズウォティ紙幣の、表面側の肖像に採用されている。.

新しい!!: ポーランドとカジミェシュ3世 (ポーランド王) · 続きを見る »

カジミェシュ・セロツキ

ミェシュ・セロツキ(Kazimierz Serocki, 1922年3月3日 - 1981年1月9日)は、ポーランドの現代音楽の作曲家、ピアニスト。名の日本語表記はカジミエルシ、カジミエシなどの綴りも見られる。.

新しい!!: ポーランドとカジミェシュ・セロツキ · 続きを見る »

ガリツィア

リツィア(ウクライナ語: Галичина、ハルィチナー)は、現在のウクライナ南西部を中心とした地域である。18世紀末からポーランド最南部も含まれることもある。住民は主にウクライナ人で、西部にはポーランド人も住んでいる。紅ルーシとも呼ばれた。現代では、東欧に跨る地域となっている。 「ガリツィア」という名称は、ラテン語化されたウクライナ語の「ハルィチナー」という名前に由来する。「ハルィチナー」は「ハールィチの国」または「ハールィチの土地」といった意味で、にあるハールィチという町名を起源としている。.

新しい!!: ポーランドとガリツィア · 続きを見る »

ガーディアン

ーディアン(The Guardian)は、イギリスの大手一般新聞である。旧題号は『マンチェスター・ガーディアン』(The Manchester Guardian; 1821年~1959年)。労働党を支持している。.

新しい!!: ポーランドとガーディアン · 続きを見る »

キャベツ

ャベツ(古くはキャベジ、英語:Cabbage、Brassica oleracea var.

新しい!!: ポーランドとキャベツ · 続きを見る »

キリスト

リストは、ヘブライ語のメシア(מָשִׁיחַ)のギリシア語訳 Χριστος (Khristos クリストス、フリストス)からの、日本語における片仮名表記。基督、クリスト、クライスト、ハリストスとも表記される。 本項ではキリスト教における語彙「キリスト」の語義・意義について述べる。.

新しい!!: ポーランドとキリスト · 続きを見る »

キリスト教民主主義

リスト教民主主義(キリストきょうみんしゅしゅぎ、Christian democracy)は、キリスト教の政治思想の1つ。.

新しい!!: ポーランドとキリスト教民主主義 · 続きを見る »

キロバイト

バイト (kilobyte) はコンピュータで情報の大きさや記憶装置の容量を表す単位である。kBと略記される。 普段よく使われているSI接頭辞のキロ (k) と違って、慣用では210を表すものとして使われることが多い。この場合、1,024バイトを1キロバイトと換算する。 103と区別する目的で、kではなくKと書くことも多い。しかし、Kと大文字で書くことを定めたなんらかの規定があるわけではない(口語では、さらに明確に区別するために、「ケーバイト」と読む場合もある)。 いずれにせよ、このように1,024バイトを1キロバイトとするのはあくまで慣用であり、SI接頭辞に厳密に従えば、1kBは1,000バイトである。そのため、明確に210を表したい場合は、キビバイト (KiB) を用いる方が無用な混乱を招かずに済む。.

新しい!!: ポーランドとキロバイト · 続きを見る »

キェルツェ

) is a city in central Poland with 202,609 inhabitants (2006). It is also the capital city of the Swietokrzyskie Voivodship (Holy Cross Voivodship) since 1999, previously in Kielce Voivodship (1919-1939, 1945-1998). The city is located in the middle of the Holy Cross Mountains, at the banks of Silnica river. Once an important centre of limestone mining, Kielce is nowadays a centre of trade and commerce.--> キェルツェ(ポーランド語: Kielce)は、ポーランドの中心部に位置する都市である。人口は202,609人(2006年)。1999年よりシフィェンティクシシュ県の県都である。シフィェンティクシシュ山の中腹の、Silnica河畔にある。かつては石灰石鉱山で栄え、いまでは取引と商業の中心地である。近隣の都市としては、約100キロ南西のクラクフが挙げられる。約150キロ北にワルシャワが位置しており、両都市を結ぶ中継地として、交通の要所になっている。 市内にTargi Kielceと呼ばれる大型展示場があり、ミリタリーショーなどの大きな展示会が有ると、市内のホテルは軒並み満室になる。 また日本企業では日本精工株式会社が進出している。旧イスクラ社を買収、NSK ISKRA,SAを設立、名称を変更しNSK Bearings Polska,SAとした。 コロナ・キェルツェが、キェルツェを本拠地とするサッカークラブである。近年まで3部に低迷していたが、大富豪の買収を経て連続昇格を果たし、1部リーグで一時は首位に立つなどポーランドリーグにおける台風の目となっている。.

新しい!!: ポーランドとキェルツェ · 続きを見る »

キエフ大公国

フ大公国(キエフたいこうこく)は、9世紀後半から1240年にかけてキエフを首都とした東欧の国家である。正式な国号はルーシ(古東スラヴ語: Русь)で、日本語名はその大公座の置かれたキエフに由来する。 10世紀までにキリスト教の受容によってキリスト教文化圏の一国となった。11世紀には中世ヨーロッパの最も発展した国の一つであったが、12世紀以降は大公朝の内訌と隣国の圧迫によって衰退した。1240年、モンゴル来襲によってキエフは落城し、事実上崩壊した。.

新しい!!: ポーランドとキエフ大公国 · 続きを見る »

ギネス世界記録

橋の科学館に展示された認定証(明石海峡大橋) ギネス世界記録(ギネスせかいきろく、Guinness World Records)は、「世界一」を収集する書籍であり、世界一の記録を「ガイドライン」と呼ばれる基準に従い認定し続ける組織でもある。 よく認知されているのが、年に一度出版されるギネス世界記録の本。2000年版までは『The Guinness Book of Records』として刊行されており、それを略した「ギネスブック」と呼ばれる。毎年9月に発行され、様々な分野の世界一が何かを認定、掲載している。記録認定を行っているギネス世界記録には様々な地域から申請が届く。日本には、「ギネスワールドレコーズジャパン」という名称の日本支社がある。.

新しい!!: ポーランドとギネス世界記録 · 続きを見る »

クヤヴィ=ポモージェ県

ヤヴィ=ポモージェ県()はポーランド中部の県である。県都はブィドゴシュチュ、県議会所在地はトルン。ポモージェ県、ヴィエルコポルスカ県、ウッチ県、マゾフシェ県、ヴァルミア=マズールィ県と接している。.

新しい!!: ポーランドとクヤヴィ=ポモージェ県 · 続きを見る »

クランベリー

ランベリー (Cranberry) とはツツジ科スノキ属ツルコケモモ亜属 (Oxycoccos) に属する常緑低木の総称。北半球、寒帯の酸性の沼地に見られる。 主な種はツルコケモモ(蔓苔桃)、ヒメツルコケモモ(姫蔓苔桃)、オオミツルコケモモ(大実蔓苔桃)、アクシバ(灰汁柴、青木柴)。果実は安息香酸を含有している。.

新しい!!: ポーランドとクランベリー · 続きを見る »

クラクフ

ラクフ(Kraków,, 独:Krakau クラカウ)は、ポーランド南部にある都市で、マウォポルスカ県の県都。 ポーランドで最も歴史ある都市の一つであり、17世紀初頭にワルシャワに遷都するまではクラクフがポーランド王国の首都であった。ポーランドの工業、文化の主要な中心地でもある。ヴィスワ川の上流に位置し、市街地はを中心として川の両岸に広がっている。 1038年から1569年まではポーランド王国、1569年から1596年までポーランド・リトアニア共和国であった。 1794年からオーストリア帝国領となり、1846年から1918年までオーストリアのクラクフ大公国であった。 人口は766,739人で、これはワルシャワ、ウッチに続く第3の規模。.

新しい!!: ポーランドとクラクフ · 続きを見る »

クリミア・ハン国

リミア・ハン国(クリム・ハン国とも。Qırım Hanlığı, Кримське ханство, Крымское ханство、1441年頃 - 1783年)は、ジョチ・ウルスの後継国家のひとつで、クリミア半島を中心に存在した国家。首都はバフチサライ。 クリミア・ハン国の支配下で、クリミア半島にはテュルク諸語の一種を話すムスリム(イスラム教徒)の住民が多く居住するようになった。彼らの子孫が、現在クリミアで少数民族となっているクリミア・タタール人である。.

新しい!!: ポーランドとクリミア・ハン国 · 続きを見る »

クリミア・タタール人

リミア・タタール人(qırımtatar、кримські татари、крымские татары)は、クリミア半島に起源もつテュルク系民族である。 クリミア・タタール語を母語とし、スンニ派ムスリムが大半を占める。 クリミアの先住民族であることを強調して「クルムル」(qırımlı、крымцы;意訳:「クリミア人」「クリミア出身者」)という名称で言及されることもある。現在のクリミア・タタール人の容貌はほぼコーカソイドで、外見でロシア人やウクライナ人との見分けをつけることは外国人には難しい。.

新しい!!: ポーランドとクリミア・タタール人 · 続きを見る »

クリミア戦争

リミア戦争(クリミアせんそう、Crimean War、Guerre de Crimée、Крымская война、Kırım Savaşı)は、1853年から1856年の間、クリミア半島などを舞台として行われた戦争である。.

新しい!!: ポーランドとクリミア戦争 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: ポーランドとクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: ポーランドとクリスマス・イヴ · 続きを見る »

クリスマス・キャロル

聖母子像が描かれたフェロー諸島の切手。 クリスマス・キャロル(、)はキャロルの一種で、現代ではキャロルというとクリスマス・キャロルのことを指すことが多い。 主としてキリスト教文化圏において、イエス・キリストの誕生と関係した内容の歌である。救世主キリストの誕生を祝い、誕生にまつわる様々な場面や逸話を歌詞にした歌をいう。通常世間的には、クリスマス前の時期に歌われ、クリスマス・イブにおいてはとりわけ愛唱されるが、教会では待降節(降臨節)から公現祭(主の公現・顕現日)前までの期間に歌われる。.

新しい!!: ポーランドとクリスマス・キャロル · 続きを見る »

クリスマスツリー

リスマスツリー()は、クリスマスのために飾り付けられた木である。「知恵の樹」の象徴とされる。別名の聖樹(せいじゅ)とも呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドとクリスマスツリー · 続きを見る »

クリストフ・コメダ

ュトフ・コメダ(Krzysztof Komeda、1931年4月27日 - 1969年4月23日)は、ポーランドを代表するジャズ・ピアニスト、作曲家。本名はクシシュトフ・トルチンスキ(Krzysztof Trzcinski)だが、ジャズを嫌う共産党に目を付けられることを恐れ、ステージネームとしてコメダの名前を使用していた。 コメダは元々医者であったが、1950年代後半からヨーロッパ各国でジャズ演奏の活動を始める。ワルシャワのジャズ・ジャンボリー演奏会などでのライブ録音が残されている。1962年リーダー・アルバム“Crazy Girl”で本格デビュー。1965年“Astigmatic”ではモードを基盤としたフリー手法で緊迫感のある、それまでのイメージを刷新した革新的なサウンドで注目を浴びた。 またコメダは、数多くの映画音楽を手がけ、中でもロマン・ポランスキー監督の『水の中のナイフ』や『ローズマリーの赤ちゃん』、アンジェイ・ワイダ監督の『夜の終わりに』などが有名である。 1969年、不慮の事故により37歳で死亡した。.

新しい!!: ポーランドとクリストフ・コメダ · 続きを見る »

クレヴォの合同

レヴォの合同この文書は1837年に発見され、それ以後ポーランドの史料編纂の流派はこれを「クレヴォ(Krewo)の合同」と呼んでいる。原文の文書が調印された城は、リトアニア大公ヨガイラの領地内にあった。最初のラテン語版は"Krew"の名を使用している(これは、語尾の母音は当時存在したとしても、ほとんど発音されなかったことを示している。ほとんどの場合最後の子音は"v"と発音されていた)。リトアニア大公国宰相の地位に使われた、ロシア語で書かれた16世紀の書物では、"Крево" - Krevoの名が使われており、この場合は最後の母音は"a"と発音される傾向にある。リトアニア語の地名は "Krėva" である。現在は、ベラルーシの都市で、 Kreva (Крэва) と呼ばれている。(クレヴォのごうどうこの文書を国家間の条約とする根拠はない。ポーランド王国の国家のエリートを招くにあたり、リトアニア大公ヨガイラはポーランド王女ヤドウィガと結婚し、リトアニア大公国を統治する世襲の権利を保護し、ポーランド王に即位した。)は、成人前のポーランド女王ヤドヴィガとの婚姻を約束した、リトアニア大公ヨガイラの一連の契約である。.

新しい!!: ポーランドとクレヴォの合同 · 続きを見る »

クロスグリ

リ(黒酸塊、別名クロフサスグリ、英名ブラックカラント、学名 Ribes nigrum)は、小さな食用の果実をつける温帯性の落葉低木。カシス()とも呼ばれる。果実は黒に近い濃紫色で、ビタミンCやアントシアニンが豊富。他のスグリの仲間と同じく、スグリ科スグリ属に分類される。.

新しい!!: ポーランドとクロスグリ · 続きを見る »

クーデター

ーデター()は、一般に暴力的な手段の行使によって引き起こされる政変を言う。 フランス語で「国家の一撃」もしくは「国家に対する一撃」を意味し、発音は(ク・デタ) 、(クーデイター)である。日本語では「クーデタ」や「クー・デ・タ」と表記することもある。英語では単に「coup(クー)」と表記されることが多い。 社会制度と支配的なイデオロギーの政治的な転換については革命、統治機構に対する政治的な対抗については反乱、政治的な目的を達成するための計画的な暴力の行使についてはテロリズム、単一国家の国民が階級や民族・宗派などに分かれて戦う武力紛争については内戦をそれぞれ参照されたい。.

新しい!!: ポーランドとクーデター · 続きを見る »

クヌート1世 (イングランド王)

ヌート1世(英語:Canute / Cnut / Knut I、デンマーク語:Knud 2.、995年 - 1035年11月12日)は、ノルマン系デーン人で、イングランド王・デンマーク王・ノルウェー王を兼ねた王(イングランド王在位:1016年 - 1035年、デンマーク王在位:1018年 - 1035年、ノルウェー王在位:1028年〈1030年説あり〉 - 1035年)。デンマーク王としてはクヌーズ2世。カヌート、クヌットなどとも。大王(英語:the Great、デンマーク語:den Store)と称される。.

新しい!!: ポーランドとクヌート1世 (イングランド王) · 続きを見る »

クォ・ヴァディス

"Dirce chrześcijańska", 本項で扱う小説を題材としたヘンリク・シェミラツキの絵画である。 『クォ・ヴァディス: ネロの時代の物語』(Quo Vadis: Powieść z czasów Nerona)は、ポーランドの作家ヘンリク・シェンキェヴィチによる、西暦1世紀のローマ帝国を舞台とした歴史小説である。一般には単に『クォ・ヴァディス』として知られる。「クォ・ヴァディス」とはラテン語で「(あなたは)どこに行くのか?」を意味し、新約聖書の『ヨハネによる福音書』13章36節からの引用でもある。.

新しい!!: ポーランドとクォ・ヴァディス · 続きを見る »

クシシュトフ・ペンデレツキ

ュトフ(またはクリシュトフ)・エウゲニウシュ・ペンデレツキ(Krzysztof Eugeniusz Penderecki 1933年11月23日 - )は、ポーランドの作曲家、指揮者。クラクフ生まれのカトリック教徒。ポーランド楽派の主要作曲家の1人である。.

新しい!!: ポーランドとクシシュトフ・ペンデレツキ · 続きを見る »

クシシュトフ・メイエル

ュトフ・メイエル(Krzysztof Meyer)はポーランドの現代音楽の作曲家、ピアニスト。.

新しい!!: ポーランドとクシシュトフ・メイエル · 続きを見る »

クシシュトフ・キェシロフスキ

ュトフ・キェシロフスキ (Krzysztof Kieślowski, 1941年6月27日 - 1996年3月13日) は、ポーランドの映画監督。晩年はフランスでも活動した。.

新しい!!: ポーランドとクシシュトフ・キェシロフスキ · 続きを見る »

グラル人

ラル人(ポーランド語:Górale、スロバキア語:Gorali、チェコ語:Gorole、英語:Gorals、意味は「高地の人々」)はポーランド南部、スロバキア北部、チェコ北東部といった地域に住んでいる原住民。現在はウクライナ領となっているブコヴィナ地方と、ルーマニア北部にも見られる。海外ではアメリカのシカゴに多く住んでおり、北米ポーランド高地人同盟を形成している。.

新しい!!: ポーランドとグラル人 · 続きを見る »

グラジナ・バツェヴィチ

ラジナ・バツェヴィチ(Grażyna Bacewicz, 1909年2月5日 ウッジ – 1969年1月17日 ワルシャワ)はポーランドの女性作曲家・ヴァイオリニスト。ポーランドの内外で国際的に認知された最初のポーランド人女性作曲家である。父親はリトアニア人の音楽家で、兄ヴィータウタス・バツェヴィチュス(Vytautas Bacevičius)はリトアニアの、もう一人の兄キェイストゥット(Kiejstut Bacewicz)はポーランドの作曲家になった。.

新しい!!: ポーランドとグラジナ・バツェヴィチ · 続きを見る »

グレゴリウス9世 (ローマ教皇)

レゴリウス9世(Papa Gregorius IX, 1143年? - 1241年8月22日)は中世のローマ教皇(在位:1227年 - 1241年)。アナーニ(イタリア中部)出身。本名はウゴリーノ・ディ・コンティ(Ugolino di Conti)。神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世との確執で有名だが、法学者としても有能で、各司教が自らの裁量で行っていた異端審問の制度を整備した事でも知られる。.

新しい!!: ポーランドとグレゴリウス9世 (ローマ教皇) · 続きを見る »

グディニャ

ディニャ(Gdynia, カシューブ語:Gdiniô、ドイツ語:グディンゲン、Gdingen、1939年から1945年まではゴーテンハーフェン、Gotenhafenと呼ばれた)はポーランドのポモージェ県に属する都市。古くから記録に登場する漁村であったが、新たに港湾が建設され大都市となったのはポーランド独立後の1920年代以降のことである。バルト海のグダニスク湾に面しており、ポーランドの主要な港湾の一つである。 伝統的にカシューブ人が多い地域に属している。グディニャは、南に隣接するスパの町ソポト、その南にある古い港湾都市グダニスク、および郊外の町などを合わせて「三連都市」(Trójmiasto)という人口100万人以上の規模の大都市圏を形成している。.

新しい!!: ポーランドとグディニャ · 続きを見る »

グニェズノ

ニェズノ ((グニェーズノ);(グネーゼン))は、ポーランド、ヴィエルコポルスカ県の町で、グニェズノ郡の行政中心地。グニエズノとも書かれることがある。かつてはポズナン県に属した。ポズナンの東方50kmにある。.

新しい!!: ポーランドとグニェズノ · 続きを見る »

グダニスク

ダニスク(Gdańsk グダーィンスク、)は、ポーランドの都市。バルト海南部に面するポモージェ(ポメラニア)地方東部に位置し、グダニスク湾を擁するポーランド最大の港湾都市であり、ポモージェ県の県都である。ポーランド語名の発音は片仮名転写が難しく、グダンスクと表記されることがあり、政府観光局はグダンスク、市役所はグダニスクと表記しており、公的機関においても表記が分かれている。カシューブ語ではGduńsk(グダンスク)。また、ドイツ語名のダンツィヒ( 、ダンチヒとも)でもよく知られている。.

新しい!!: ポーランドとグダニスク · 続きを見る »

ゲルマン人

1世紀のゲルマニア。スエビ人(おそらくケルト系が主)やヴァンダル人(おそらくスラヴ系が主)など、母語がゲルマン語派の言語かどうかが怪しまれている民族も含まれている。 ゲルマン人(ゲルマンじん、ドイツ語:Germanen)は、現在のドイツ北部・デンマーク・スカンディナヴィア南部地帯に居住していたインド・ヨーロッパ語族 - ゲルマン語派に属する言語を母語とする諸部族・民族百科事典マイペディア、平凡社。。先史時代,歴史時代初めのゲルマン語を話す部族および部族連合を原始ゲルマン人、または古ゲルマン人と呼ぶ日本大百科全書(ニッポニカ)「ゲルマン人」平城照介。原始ゲルマン人は中世初期に再編されゲルマン民族となり、4世紀以降フン人の西進によって、ゲルマン系諸民族は大移動を開始し、ローマ領内の各地に建国して、フランク、ヴァンダル、東ゴート・西ゴート、ランゴバルドなどの新しい部族が形成された。 原始ゲルマン人は現在のデンマーク人、スウェーデン人、ノルウェー人、アイスランド人、アングロ・サクソン人、オランダ人、ドイツ人などの祖先となった。アングロ・サクソン人になったゲルマン人系部族にはアングル人、サクソン人、ジュート人、フリース人がいた岩谷道夫「スエービーとアレマンネン」法政大学キャリアデザイン学部、2004。.

新しい!!: ポーランドとゲルマン人 · 続きを見る »

ゲルマニア (書物)

ブーク川まで。現在のドイツ、ポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリー、オーストリアにまたがり、現代の区分では「中央ヨーロッパ」(中欧)の大半に相当する。 『ゲルマニア』は、ローマの歴史家タキトゥスが、ゲルマニア地方の風土や、その住民の慣習・性質・社会制度・伝承などについてラテン語で記述した書物である。紀元98年の作。紀元9年のトイトブルクの戦いの場所を記したのもこの書物においてである(ただし実際に起きた場所とはまったく異なる)。.

新しい!!: ポーランドとゲルマニア (書物) · 続きを見る »

コンラト1世 (マゾフシェ公)

ヤン・マテイコによる肖像画 コンラト1世マゾヴィエツキ(Konrad I Mazowiecki, 1187年? - 1247年8月31日)は、マゾフシェ公(在位:1197年 - 1247年)、ポーランド君主(クラクフ公、在位:1229年 - 1232年、1241年 - 1243年)。カジミェシュ2世と、その妻でモラヴィアのズノイモ公コンラート2世の娘であるヘレナの間に生れた末息子。レシェク1世の弟。マゾフシェ・ピャスト家の祖で、ポーランド国王ヴワディスワフ1世は孫に当たる。.

新しい!!: ポーランドとコンラト1世 (マゾフシェ公) · 続きを見る »

コンスタンツ公会議

ンスタンツ公会議(コンスタンツこうかいぎ)は1414年から1418年にかけてドイツのコンスタンツで開催されたカトリック教会の公会議。3人の対立教皇を廃し、一人の正統なローマ教皇を立てることで教会大分裂(シスマ)を終結させた。またジョン・ウィクリフと、その影響を受けたヤン・フスを有罪とした。コンスタンツ公会議は教皇権が失墜した中で、公会議主義者が主導した唯一の公会議となった。.

新しい!!: ポーランドとコンスタンツ公会議 · 続きを見る »

コンサートホール

ンサートホール()あるいは音楽堂(おんがくどう)は主にクラシック音楽の演奏会が催されることを目的とした文化的な建築物である。多くのコンサートホールは、複数のホールや、より大きな芸術的または文化的複合施設の演奏用スペースの一部として存在する。 多くの大都市には公設・私設両方のコンサートホールが所在する一方で、とりわけ上述の役割を担う施設の選択肢がさほど多くないような中小都市では、コンサートホールはその主要な用途に加えて、(例えば)ロックのコンサートから大学の卒業式典まで、他の活動用途にも利用できるような場合がある。 当項目のコンサートホールのリストには、コンサートホール専門の施設のみ挙げる。.

新しい!!: ポーランドとコンサートホール · 続きを見る »

ゴート族

ート族(ゴートぞく、、Gothe(または Gote))は、古代ゲルマン系の民族で、東ゲルマン系に分類されるドイツ平原の民族。ゴットランドからウクライナに移動した後、いわゆる「ゲルマン民族の大移動」によってイタリア半島やイベリア半島に王国を築いた。ローマ帝国の軍勢と戦い、壊滅的打撃を与えたこともある精強な軍を持った民族である。また、ゲルマン系のなかでは早くからローマ帝国の文化を取り入れて独自のルーン文字を残したほか、ローマ軍に傭兵として雇われるなど、後期のローマ帝国の歴史において大きな役割を担った。.

新しい!!: ポーランドとゴート族 · 続きを見る »

ゴジュフ・ヴィエルコポルスキ

ュフ・ヴィエルコポルスキ(Gorzów Wielkopolski)は、ポーランド西部の都市で、ルブシュ県の県都(行政府と議会はジェロナ・グラにある)であり、同県内最大の都市である。市内をヴァルタ川が流れる。ドイツ名は Landsberg an der Warthe(ランツベルク・アン・デア・ヴァルテ)。.

新しい!!: ポーランドとゴジュフ・ヴィエルコポルスキ · 続きを見る »

ザモシチ

モシチ(Zamość ザーモシチ)はポーランド南東部・ルブリン県の、郡と同格の都市である。郡都ルブリンから90km、ワルシャワから247kmで、ウクライナ国境まで60kmである。市街地から約20km離れた場所にが位置する。 「ザモシチ旧市街」は、1992年にユネスコの世界遺産に登録された。.

新しい!!: ポーランドとザモシチ · 続きを見る »

ザルビンツィ文化

ルビンツィ文化(Зарубинецька культура, Zarubintsy Culture)は前3-2世紀ごろから1世紀ごろにプシェヴォルスク文化の東方、現在のウクライナ北部からベラルーシ南部にかけてのいわゆるドニエプル川上流地方に繁栄した文化。名称は、ウクライナのチェルカースィ州ザルービネツィ村で発見された遺跡にちなむ。南方のチェルニャコヴォ文化の系統の地方文化が拡大してくる3世紀まで続いた。その基本的な内容はプシェヴォルスク文化と非常に似通っており、プシェヴォルスク文化の東方版ともいえ、その地理的範囲と河川等の名称からスラヴ人の文化であることが推定されている。スキタイ人やサルマタイ人のステップ地帯の文化、さらにはネウロイ人の森林地帯の文化(前7世紀-1世紀の東バルト系文化と推定される)の影響が見られる。 500ほどの集落や墓地が発掘されている。集落は防御の措置がまったく採られていない開けたものもあれば、丘の上に作られたうえ様々な防御の仕掛けがあるものもある。後者は東方からイラン系遊牧民のサルマタイ人がやってきて村を荒らすようになった結果、地元の人々が自らの生命や財産を守るために丘の上の小城塞に移り住むようになったと推測される。一つの集落はそれぞれ12-16平方メートル程度の小規模な家々10-15戸ほどから構成されている。 初期から大規模な混合農業を中心とした経済で、小麦、大麦、ライ麦、雑穀一般、エンドウ豆、レンズ豆、さや豆一般、麻、亜麻などを栽培していた。周囲の自然には豊かな動物相が見られ、人々は農業の他に盛んに狩猟をし、獲物の皮を交易品としてすぐ南方の黒海沿岸の都市群で売っていたようである。この経済構造はザルビンツィ文化の前のチェルノレス文化時代からこの同じ地域一帯に見られている。火葬の習慣があり、初期は地面に掘った穴に直接遺灰を埋めていたようであるが、のちに骨壺を用いることが一般化した。.

新しい!!: ポーランドとザルビンツィ文化 · 続きを見る »

ザコパネ

パネ(ポーランド語:Zakopane)はポーランドの都市。マウォポルスカ県に属する。ポーランド屈指の避暑地、保養地であり、ウィンター・スポーツも盛んである。人口は約2万7千人(2005年)。.

新しい!!: ポーランドとザコパネ · 続きを見る »

シャープ

ャープ株式会社(SHARP、Sharp Corporation、夏普電器有限公司「夏普」 は音訳)は、日本・大阪府堺市に拠点を置く鴻海精密工業傘下の電機メーカー。.

新しい!!: ポーランドとシャープ · 続きを見る »

シュチェチン

ュチェチン (Szczecin) は、ポーランドの都市で、西ポモージェ県の県都。ドイツ名はシュテティーン (Stettin)。ポーランド北西部にあり、ドイツとの国境沿いに位置する。バルト海に面し、ポーランドではグダニスクに次ぐ第2の規模の港湾都市で機械工業などが盛んである。歴史的にポメラニア、プロイセン王国、神聖ローマ帝国、ドイツ帝国の影響下にあった時代が長い。 中世は、北方十字軍、東方植民により低地ドイツ人商人やドイツ人の住民が増えていった。1945年後のドイツ人追放により戦前のほとんどの住民は去ったか退去させられた。 1946年3月のウィンストン・チャーチル英首相による「鉄のカーテン」演説にてこの地が起点として持ち出されたことから、米ソ冷戦を象徴する街として有名となった(ただし、その後の東ドイツの発足によってカーテンの境界からは外れることとなった)。.

新しい!!: ポーランドとシュチェチン · 続きを見る »

シュラフタ

ュラフタ、シラフタ、シュリャーフタ(ポーランド語:Szlachta;ルーシ語:Шляхта)は、ポーランド王国で法的特権参政権を持つ社会階級、ないしそこに所属する「貴族」。のちにその資格がポーランド・リトアニア連合、ポーランド・リトアニア共和国、ポーランド立憲王国のポーランド、リトアニア、ルーシ(ウクライナ・ベラルーシ)の各地方に拡大した。 伝統的に、シュラフタ階級になれた者は地主であったとされ、19世紀末まで政治的そして法的特権を交渉により獲得し維持していた。各シュラフタは貧富の差や職業上の上下関係はあるものの、平等な政治的権利を持っていた。 ポーランド・リトアニア連合におけるシュラフタは、古代ローマにおいて寡頭支配を行ったローマ市民と類似する。シュラフタは社会階級ではなく、どちらかといえばヒンドゥー社会のカースト制度におけるクシャトリヤのような世襲身分だった。便宜的に「ポーランド貴族」と呼ばれることもある。 シュラフタは国会(セイム)と元老院(セナト)を構成し、国会議員から選出・信任され国王によって任命される、首相に相当する大法官、および大元帥に相当する王冠領大ヘトマン(大法官と王冠領大ヘトマンはしばしば兼任された)、そして大法官が率いる、内閣に相当する評議会、および王冠領大ヘトマンが率いる(軍備の大半は非常設の)国会軍を設けていた。この貴族共和政の議会制度によってシュラフタは時にポーランド国王兼リトアニア・ルーシ大公をもしのぐ権力を持ち、立憲君主制を基礎としてそれを改革改良、あるいは時に改革改良の是非をめぐる激しい政治闘争を展開しながら中世から近世にかけての東欧の政治・文化に置いて大きな影響力を与えた。1918年のポーランド第二共和国成立時にシュラフタの制度は廃止された。.

新しい!!: ポーランドとシュラフタ · 続きを見る »

ショパン国際ピアノコンクール

ョパン国際ピアノ・コンクール(ショパンこくさいピアノコンクール、波:Międzynarodowy Konkurs Pianistyczny im.

新しい!!: ポーランドとショパン国際ピアノコンクール · 続きを見る »

シレジア人

レジア人(シレジアじん、Silesian)は、現在のドイツ、ポーランド、チェコに分割されたシレジア地域に居住する人々である。 シレジア人にあたる集団(歴史的には)が識別出来る国家を構成していたかどうか、議論がある。現代の歴史では、彼らはドイツ人なのか、ポーランド人なのか、チェコ人なのか、と迫られることがあり、現在の各国家の中心民族の言語を話す。ところが、2011年のポーランド国家会議で81万7千人がナショナリティとしてシレジア人を言明(36万2千人が単一のナショナリティを言明、41万8千人のポーランド国籍保有者がシレジア人を第一のナショナリティとして保有すると言明、42万3千人のポーランド国籍保有者がシレジア人を第二のナショナリティとして保有すると言明して(2002年のポーランド国家会議では17万3153人)、最も大きな少数民族グループを保っている。約12万6千人のシレジア人が、ドイツでのマイノリティーであると言明し、3番目に大きな少数民族グループを構成する(ポーランドに住むドイツ人の93%は、ポーランドのシレジア地域に居住する)。.

新しい!!: ポーランドとシレジア人 · 続きを見る »

シレジア語

レジア語(Ślůnsko godka)は、ポーランド南西部からチェコ北東部にまたがる上シレジア(シュレージエン)地方で話される言語。西スラヴ語群のレヒト諸語に属し、ポーランド語に近いのでその方言とする見解もあるが、最近になり独立の言語とされることが多くなった。 話者数は正確には不明であるが、20万人前後と思われる。ポーランドの国勢調査(2011年)によると、自称シレジア語話者が6万人、「シレジア人」が81万7千人という。チェコでは話者(多くの人はポーランド人と自称する)が10万人とされる。この地方はオーストリアおよびプロイセンに長く支配されたことから、スラヴ人のシレジア語は独自の発展を遂げた。しかし書記言語としては必ずしも確立していない。 ポーランドでは2003年にシレジア国立出版社が設立され、シレジア語およびシレジアに関する図書を刊行している。2007年、ISO 639と国際SILによりシレジア語が認められた。2007年にはポーランドの国会議員有志がシレジア語に地方言語の資格を与えるための新法を提案した。.

新しい!!: ポーランドとシレジア語 · 続きを見る »

シロンスク・ピャスト家

ヴワディスワフ2世(亡命公) シロンスク・ピャスト家(ポーランド語:Piastowie śląscy;ドイツ語:Schlesische Piasten)は、ポーランドのピャスト家の嫡系。ポーランド公ボレスワフ3世(曲唇公)の長男ヴワディスワフ2世(亡命公)を始祖とする。.

新しい!!: ポーランドとシロンスク・ピャスト家 · 続きを見る »

シロンスク県

ンスク県 (Województwo śląskie) は、ポーランド南部の県である。 県都はカトヴィツェ。チェコ、スロヴァキアと接していて、国内ではシフィェンティクシシュ県、マウォポルスカ県、オポーレ県、ウッチ県と接している。ヤスナ・グラ僧院で有名なチェンストホヴァがあり、8月の聖母マリア被昇天の祝日には全ポーランドから巡礼者がやってくる。.

新しい!!: ポーランドとシロンスク県 · 続きを見る »

シフィェンティクシシュ県

フィェンティクシシュ県(Województwo świętokrzyskie)は、ポーランド南東部の県である。シフィェンティクシシュは「聖十字架」を意味し、これは県内にあるシフィェンティクシシュ山(聖十字架山)に由来する。 県都はキェルツェ。シロンスク県、マウォポルスカ県、ウッチ県、マゾフシェ県、ポトカルパチェ県、ルブリン県と接している。.

新しい!!: ポーランドとシフィェンティクシシュ県 · 続きを見る »

シベリア

       シベリア連邦管区        シベリア        広義の(歴史的)シベリア シベリア(Siberia 、Сибирь )は、ロシア連邦領内のおよそウラル山脈分水嶺以東の北アジア地域である。漢字表記で西比利亜又は西伯利亜とも書く。かつては日本語でシベリヤという表記も多くみられた。シベリアの名称はシビル・ハン国に由来する。 一般的には極東分水嶺(サハ共和国東縁)より東の日本海・オホーツク海など沿岸地域(極東ロシア)は含まないが、広義には含めることもある。ロシア連邦所属の共和国・自治管区は存在するが、独立国家は存在しない。主な都市として、西から、オムスク、ノヴォシビルスク、クラスノヤルスク、イルクーツク、ヤクーツクがある。広義のシベリアはさらに、エカテリンブルク、ハバロフスク、ウラジオストクを含む。人口最大の都市はノヴォシビルスク。現在ではロシア語話者が人口の大半を占めるが、サハ語などのテュルク諸語や、ウラル語族に属する言語が多く分布している。.

新しい!!: ポーランドとシベリア · 続きを見る »

シェンゲン協定

国境審査を行っていない非EU加盟国 シェンゲン協定(シェンゲンきょうてい)は、ヨーロッパの国家間において国境検査なしで国境を越えることを許可する協定である。.

新しい!!: ポーランドとシェンゲン協定 · 続きを見る »

シェンゲン情報システム

ェンゲン情報システム(Schengen Information System,SIS)は、欧州加盟国が共有する人や物に関する情報システムである。データ項目には、例えば逮捕令状が出されている人物や盗難車両等の行方不明となっている物などがある。このシステムはシェンゲン条約調印国であるフランス、ドイツ、ベルギー、オランダ及びルクセンブルクが、その実現に必要なシステムとして構築した。その後欧州各国がシステム共有に同意し、現在はギリシャ、オーストリア、アイスランド、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、イタリア、ポルトガル、スペイン、ノルウェー並びにシェンゲン非加盟国であるアイルランドとイギリスを含む17ヶ国が共有している。なお、アイスランドとノルウェーを除く全ての国は欧州連合の加盟国である。 各国は自国の法律に基づいて情報を登録することで、システムへと蓄積されてゆく。100万を越える登録があり、例えば人物については、次のデータ項目が含んでいる:.

新しい!!: ポーランドとシェンゲン情報システム · 続きを見る »

シェールガス

ェールガスの賦存(黒色部分)。シェールガスを含む頁岩層 (Gas-rich shale) に水平にパイプを入れ、高水圧で人工的に割れ目をつくり、ガスを採取する。 EIA) による主なシェールガス層の分布図。 シェールガス(shale gas)は、頁岩(シェール)層から採取される天然ガス(天然気)。従来のガス田ではない場所から生産されることから、非在来型天然ガス資源と呼ばれる。頁岩気(けつがんき)ともいう。 アメリカ合衆国では1990年代から新しい天然ガス資源として重要視されるようになった。また、カナダ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアの潜在的シェールガス資源も注目され、2020年までに北米の天然ガス生産量のおよそ半分はシェールガスになると予想する研究者もいる。 別の研究者は、シェールガス開発により世界のエネルギー供給量が大きく拡大すると予想している。ライス大学ベーカー研究所の研究では、アメリカとカナダにおけるシェールガスの生産量の増加によってロシアとペルシャ湾岸諸国からヨーロッパ各国へのガス輸出価格が抑制されると結論付けた。2009年の米中シェールガス・イニシアティブにおいてアメリカのオバマ大統領は、シェールガス開発は温室効果ガス排出量を減らすことができるとの見解を示した。しかしその後シェールガスの温室効果ガス排出量が、従来の天然ガスや石油よりも大きくなるとの指摘が学会から上がるようになった。.

新しい!!: ポーランドとシェールガス · 続きを見る »

ジミ・ヘンドリックス

ェームズ・マーシャル・ヘンドリックス(James Marshall Hendrix、1942年11月27日 - 1970年9月18日)は、アメリカ合衆国のミュージシャン、シンガーソングライター。ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)の名で親しまれ、日本では「ジミヘン」の略称で呼ばれることもある。.

新しい!!: ポーランドとジミ・ヘンドリックス · 続きを見る »

ジャージ・コジンスキー

イェジ・ニコデム・コシンスキ、ジャージ・ニコデム・コジンスキー(, Jerzy Nikodem Kosiński, 1933年6月18日 - 1991年5月3日)、はポーランド出身でアメリカ合衆国で活動した小説家。本名ヨセク・レヴィンコプフ(Josek Lewinkopf )。.

新しい!!: ポーランドとジャージ・コジンスキー · 続きを見る »

ジャガン

ャガン(Żagań、Sagan、Záhaň、Saganum は、ポーランド・ルブシュ県の最南部に位置する都市で、ジャガン郡(Żagań County)の主要都市である。2004年6月30日の時点では、人口 26,665人の都市である。 ジャガンはブプル川とチェルナ川の沿岸に位置し、南部には森林が広がる。1975年から1998年までは、ジェロナ・グラ県に属していた。.

新しい!!: ポーランドとジャガン · 続きを見る »

ジャズ

ャズ(jazz)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ南部の都市を中心に派生した音楽形式。西洋楽器を用いた高度な西洋音楽の技術と理論、およびアフリカ系アメリカ人の独特のリズム感覚と音楽形式とが融合して生まれた。演奏の中にブルー・ノート、シンコペーション、スウィング、コール・アンド・レスポンス(掛け合い演奏)、インプロヴィゼーション、ポリリズム(複合リズム)などの要素を組み込んでいることが、大きな特徴とされている。 その表現形式は自由なものだった。また、初期からポール・ホワイトマンやビックス・バイダーベックらの白人ミュージシャンも深くかかわり、黒人音楽であると同時に人種混合音楽でもあった。演奏技法なども急速に発展した。20世紀後半には世界の多くの国々で、ジャズが演奏されるようになった。.

新しい!!: ポーランドとジャズ · 続きを見る »

ジュラ紀

ュラ紀(ジュラき、Jurassic period)は現在から約1億9960万年前にはじまり、約1億4550万年前まで続く地質時代である。三畳紀の次で白亜紀の1つ前にあたる中生代の中心時代、あるいは恐竜の時代といえる。ジュラ紀の名前は、フランス東部からスイス西部に広がるジュラ山脈において広範囲に分布する石灰岩層にちなみ、1829年にアレクサンドル・ブロンニャールにより提唱された。その後、1962年と1967年に開かれた国際ジュラ系層序小委員会により、11の階(期)の区分が確立された(時代区分参照)。なお、漢字を当てる場合は「侏羅紀」となるが、一般的ではない。.

新しい!!: ポーランドとジュラ紀 · 続きを見る »

ジョアキーノ・ロッシーニ

ッシーニの肖像画 ジョアキーノ・アントーニオ・ロッシーニ(Gioachino Antonio Rossini, 1792年2月29日 - 1868年11月13日)は、イタリアの作曲家。美食家としても知られる。作品の中でも『ウィリアム・テル』序曲が非常に有名。.

新しい!!: ポーランドとジョアキーノ・ロッシーニ · 続きを見る »

ジョゼフ・コンラッド

ョゼフ・コンラッド(Joseph Conrad, 1857年12月3日 - 1924年8月3日)は、イギリスの小説家。ジョウゼフ・コンラッドとも表記される。海洋文学で知られ、作品には『闇の奥』、『ロード・ジム』、『ナーシサス号の黒人』、『文化果つるところ』、『密偵』などがある。.

新しい!!: ポーランドとジョゼフ・コンラッド · 続きを見る »

ジヴィエツ

ヴィエツ(Żywiec)は、ポーランド南中部の町。1975年よりビェルスコ=ビャワ県に属していたが、1998年の地方行政改革でシロンスク県に再編された。人口は3万2242人(2007年11月)。ドイツ語名はザイブッシュ (Saybusch) である。 市街はジヴィエツ湖に近く、ソワ川に臨む。国内に8つある保護区のひとつ、ジヴィエツ自然公園の域内にあたる。.

新しい!!: ポーランドとジヴィエツ · 続きを見る »

ジェロナ・グラ

聖ヤドウィガ聖堂 ジェロナ・グラ(ポーランド語:Zielona Góra, ドイツ語:Grünberg(グリュンベルク))は、ポーランドの西部、ルブシュ県の都市である。市名の意味は、ポーランド語とドイツ語で同じく「緑の山」となる。.

新しい!!: ポーランドとジェロナ・グラ · 続きを見る »

ジェシュフ

ェシュフ(ポーランド語:Rzeszów、ドイツ語旧称:Resche, Reichshof、ラテン語:Resovia、イディッシュ語:ריישע-Reyshe)はポーランドの都市。ポトカルパチェ県(1998年まではジェシュフ県)の県都。.

新しい!!: ポーランドとジェシュフ · 続きを見る »

ジグムント2世

ムント2世アウグスト(Zygmunt II August, 1520年8月1日 - 1572年7月7日)はポーランド王、リトアニア大公(在位1548年 - 1572年)。ジグムント1世の長男、母はボナ・スフォルツァ。.

新しい!!: ポーランドとジグムント2世 · 続きを見る »

ジグムント3世

ムント3世(Zygmunt III、1566年6月20日 - 1632年4月19日)はポーランド・リトアニア共和国の国王(在位:1587年 - 1632年)、ヴァーサ朝第4代のスウェーデン王(在位:1592年 - 1599年)。スウェーデン王ヨハン3世と、王妃でポーランド王ジグムント1世の娘カタジナの長男。スウェーデン王としてはシギスムンド(Sigismund)と称される。.

新しい!!: ポーランドとジグムント3世 · 続きを見る »

スペイン

ペイン王国(スペインおうこく、Reino de España)、通称スペインは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置し、同半島の大部分を占める立憲君主制国家。西にポルトガル、南にイギリス領ジブラルタル、北東にフランス、アンドラと国境を接し、飛地のセウタ、メリリャではモロッコと陸上国境を接する。本土以外に、西地中海のバレアレス諸島や、大西洋のカナリア諸島、北アフリカのセウタとメリリャ、アルボラン海のアルボラン島を領有している。首都はマドリード。.

新しい!!: ポーランドとスペイン · 続きを見る »

スラヴ人

南スラヴ人 スラヴ人(スラヴじん)は、中欧・東欧に居住し、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派に属する言語を話す諸民族集団である。ひとつの民族を指すのではなく、本来は言語学的な分類に過ぎない。東スラヴ人(ウクライナ人、ベラルーシ人、ロシア人)・西スラヴ人(スロバキア人、チェコ人、ポーランド人)・南スラヴ人(クロアチア人、セルビア人、ブルガリア人など)に分けられる。言語の共通性は見られ、特に西スラヴと東スラヴは時により北スラヴと分類されることがある。.

新しい!!: ポーランドとスラヴ人 · 続きを見る »

スラヴ語派

ラヴ語派(スラヴごは)とは、インド・ヨーロッパ語族バルト・スラヴ語派の一派で、スラヴ系諸民族が話す言語の総称。かつては同民族の祖先スラヴ人に話される「スラヴ祖語」が存在したと想定されるが、スラヴ人の民族大移動の頃(5 - 6世紀)から分化が進み、次第に各語群が独自の特徴を明確にし始め、12世紀には単一言語としての統一は完全に失われた。.

新しい!!: ポーランドとスラヴ語派 · 続きを見る »

スロバキア

バキア共和国(スロバキアきょうわこく、)、通称スロバキアは、中央ヨーロッパの共和制国家。首都はブラチスラバで、北西にチェコ、北にポーランド、東にウクライナ、南にハンガリー、南西にオーストリアと隣接する。 古代には(623年-658年)・モラヴィア王国として独立を保った期間もあったが、この地のスラブ人は1000年間少数民族としてハンガリー王国の支配下にあって、ハンガリーにとっても歴史的に重要な地域であり、多くのハンガリー人の出身地、ハンガリー貴族の発祥地でもある(元来スラブ系で、ハンガリー文化に同化した者も多い)。 第一次世界大戦後オーストリア・ハンガリー帝国からチェコと合併するかたちで独立し、その後、1989年のビロード革命による共産党政権崩壊を経て、1993年1月1日にチェコスロバキアから分離独立し現在に至る。.

新しい!!: ポーランドとスロバキア · 続きを見る »

スロバキア人

バキア人(スロヴァキア人、スロバキア語: Slováci (スロヴァーツィ))はヨーロッパ中東部、現在のスロバキア共和国を中心に居住しているスラブ系民族。西スラブ人に分類され、スロバキア語を用いる。現在はスロバキア共和国の多数民族であり、他には隣国のチェコ共和国やハンガリーの他、移民によるアメリカ合衆国やカナダ、あるいはセルビアなどでの居住者が多い。.

新しい!!: ポーランドとスロバキア人 · 続きを見る »

スロバキア共和国 (1939年-1945年)

バキア共和国(スロバキアきょうわこく、Slovenská republika)は、1939年3月14日から1945年5月8日まで存在していた共和国である。ナチス・ドイツの同盟国かつ従属国であった。 スロバキア共和国の法的地位は、ミュンヘン協定の破棄の結果、第二次世界大戦の戦勝国によって、成立の時点に遡及して無効なものであるとされた。このため後のチェコスロバキア共和国(第三共和国)や現在のスロバキア共和国(第二共和国、Druhá Slovenská republika)は、スロバキア共和国の継承国とはみなされない。.

新しい!!: ポーランドとスロバキア共和国 (1939年-1945年) · 続きを見る »

スロバキア語

バキア語(、) またはスロヴァキア語は、スロバキア人の典型的母語であり、スロバキア共和国の公用語である。インド・ヨーロッパ語族、スラヴ語派に属する。スラヴ語派ではチェコ語、ポーランド語などと同様西スラヴ語群に属し、とりわけチェコ語には近く、チェコ語の話者とスロヴァキア語の話者とが互いの言語で会話が成立する程である。言語コードはISO 639-1はsk, ISO 639-2は SLO/SLK.

新しい!!: ポーランドとスロバキア語 · 続きを見る »

ステファン・バナフ

テファン・バナフ(Stefan Banach, 1892年3月30日 - 1945年8月31日)はポーランドの数学者。バナッハ空間論、実解析論、数学基礎論などで多大な業績をのこした。ワルシャワ学派、クラクフ学派、ルヴフ学派の3派で構成されるポーランド学派のうち、ルヴフ学派のオリジナルメンバーの一人。.

新しい!!: ポーランドとステファン・バナフ · 続きを見る »

スティーブン・ソダーバーグ

ティーブン・ソダーバーグ(Steven Soderbergh、本名: Steven Andrew Soderbergh、1963年1月14日 - )は、アメリカ合衆国の映画監督・脚本家・プロデューサー。ジョージア州アトランタ出身。.

新しい!!: ポーランドとスティーブン・ソダーバーグ · 続きを見る »

スイス

イス連邦(スイスれんぽう)、通称スイスは中央ヨーロッパにある連邦共和制国家。永世中立国であるが、欧州自由貿易連合に加盟しているほかバチカン市国の衛兵はスイス傭兵が務めている。歴史によって、西欧に分類されることもある。 ドイツ、フランス、イタリア、オーストリア、リヒテンシュタインに囲まれた内陸に位置し、国内には多くの国際機関の本部が置かれている。首都はベルンで、主要都市にチューリッヒ、バーゼル、ジュネーヴ、ローザンヌなど。.

新しい!!: ポーランドとスイス · 続きを見る »

スウェーデン

ウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語: )、通称スウェーデンは、北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。首都はストックホルム。西にノルウェー、北東にフィンランドと国境を接し、南西にカテガット海峡を挟んでデンマークと近接する。東から南にはバルト海が存在し、対岸のロシアやドイツとの関わりが深い。法定最低賃金は存在しておらず、スウェーデン国外の大企業や機関投資家に経済を左右されている。.

新しい!!: ポーランドとスウェーデン · 続きを見る »

スウェーデン人

ウェーデン人(スウェーデンじん、svenskar)は、スウェーデンの国民、または、北欧スカンディナヴィア半島に分布するゲルマン民族の総称。以下、後者についてここで解説する。 主にスウェーデンをはじめ、ノルウェー、フィンランドに住んでいる。 98年、タキトゥスの記した「ゲルマニア」によると、強勢な種族 "Suiones"()の存在が確認出来る。北欧神話によれば、スヴェーア人は古代の紀元前1世紀頃の王にまで遡ることが出来、2世紀にはルーン文字を使用していた。スヴェーア人たちは、ヴァイキング活動の最中に纏まりを見せ、10世紀までにスウェーデン王国を形成した。なお、東方及び東欧に進出したヴァイキングの中には、ルーシ族などがヴァリャーグを構成し、ルーシ諸国家(キエフ・ルーシ等)の建設を担ったとされるが、これもスヴェーア人を含んだゲルマン人だとされている。 これらのスヴェーア人によってスウェーデン人が形成されたものと思われるが、民族としてのスウェーデン人は16世紀のデンマークを盟主としたカルマル同盟からの独立によって成立したと言える。フィンランドにいるスウェーデン人は、北方十字軍以降に移住したスウェーデン系フィンランド人を指す。また19世紀から20世紀にかけてアメリカ合衆国に移住したスウェーデン人は、スウェーデン系アメリカ人と言い、主に北部に移住している(アメリカ移民と同時期にカナダに移住したスウェーデン人は、スウェーデン系カナダ人を形成した)。 スウェーデン語を母語とするスウェーデン人は、現在、本国スウェーデンの他、フィンランドとフィンランドの自治領オーランド諸島に住む。南部のスコーネ県はデーン人に由来し、現在もデンマーク語に近い方言を話すが、一般的にはスウェーデン人に含まれる。なお、スウェーデン国内には、サーミ人やフィンランド人も少数おり、近年は移民も受け入れている。宗教はプロテスタント系のルター派(ルーテル教会)が多数を占めており、国教(スウェーデン国教会)となっている。近年の世論調査では、90%がスウェーデン人を自認している。.

新しい!!: ポーランドとスウェーデン人 · 続きを見る »

スウェーデン・ポーランド戦争

ウェーデン・ポーランド戦争(スウェーデン・ポーランドせんそう)とは、広義に1563年から1721年までにスウェーデン王国とポーランド・リトアニア共和国の間に幾度となく起こった戦争のシリーズをいう。.

新しい!!: ポーランドとスウェーデン・ポーランド戦争 · 続きを見る »

スカンディナヴィア

ンディナヴィア スカンディナヴィア(Scandinavia (スキャンダネイヴィア))は、ヨーロッパ北部のスカンディナヴィア半島周辺の地域。.

新しい!!: ポーランドとスカンディナヴィア · 続きを見る »

スキージャンプ

#スキー競技のひとつ。坂を加速しながら降りてきて、踏み切り台から飛び出し、飛んでいる間のフォームの美しさや距離を争う競技。後述。.

新しい!!: ポーランドとスキージャンプ · 続きを見る »

スキタイ

タイの騎兵 スキタイ(希: Σκύθαι (Skythai), 羅: Scythae)は紀元前8世紀〜紀元前3世紀にかけて、ウクライナを中心に活動していたイラン系遊牧騎馬民族および遊牧国家。スキュタイとも表記する。スキタイの居住地をスキティア(スキュティア)と呼ぶことからスキティア人(スキュティア人)ともいう。「スキタイ」は古代ギリシア人によってこの地域の諸部族をまとめて指す際に使われた呼称でもあり、スキタイが滅んだ後も遊牧騎馬民族の代名詞として「スキタイ」の名は使われ続けた。.

新しい!!: ポーランドとスキタイ · 続きを見る »

スターリニズム

ヨシフ・スターリン スターリン。 スターリニズムまたはスターリン主義(スターリンしゅぎ、Сталинизм)は、1924年から1953年までソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)の最高指導者を務めたヨシフ・スターリンの発想と実践の総体で、指導者に対する個人崇拝、軍事力や工作活動による暴力的な対外政策、秘密警察の支配を背景とした恐怖政治や大規模な粛清などを特徴とする全体主義を指す。また、それに通じる思想・体制である。スターリン自身はマルクス・レーニン主義と呼んだ。.

新しい!!: ポーランドとスターリニズム · 続きを見る »

スタニスワフ・モニューシュコ

タニスワフ・モニューシュコ(Stanisław Moniuszko, 1819年5月5日 ミンスク近郊ウビェル - 1872年6月4日 ワルシャワ)はポーランド人指揮者・作曲家。.

新しい!!: ポーランドとスタニスワフ・モニューシュコ · 続きを見る »

スタニスワフ・レム

タニスワフ・レム (Stanisław Lem, 1921年9月12日 - 2006年3月27日)は、ポーランドの小説家、SF作家、思想家。ポーランドSFの第一人者であるとともに、20世紀SF最高の作家の一人とされる。また、著書は41の異なる言語に翻訳され、2700万部が販売されており、世界で最も広く読まれているSF作家であるhttp://www.mirror.co.uk/news/top-stories/2011/11/23/stanis-aw-lem-google-doodle-ten-things-you-need-to-know-about-the-polish-science-fiction-writer-115875-23582355/ Stanisław Lem Google Doodle: Ten things you need to know about the Polish science fiction writer。代表作に、2度映画化もされた『ソラリスの陽のもとに』など。 日本での翻訳初期にはロシア語版からの重訳での出版が多かったためか、ロシア語読みでスタニスラフ・レムと紹介されることが多かった(斜線(クレスカ)の付いた ł はポーランド語では L ではなく w の発音だが、キリル文字圏ではЛになるため)。.

新しい!!: ポーランドとスタニスワフ・レム · 続きを見る »

スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ

タニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ(Stanisław August Poniatowski, 1732年1月17日 - 1798年2月12日)は、ポーランド・リトアニア共和国の最後の国王(在位:1764年 - 1795年)。スタニスワフ2世アウグスト()とも呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドとスタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ · 続きを見る »

ズビグニェフ・ボニエク

ビグニェフ・ボニエク(Zbigniew Boniek, 本名:ズビクニェフ・カジミェシュ・ボニエク、Zbigniew Kazimierz Boniek、1956年3月3日 - )は、ポーランド・ビドゴシチ出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。選手時代のポジションはFW、MF。 読みはズビグニェフ・ボニエク(太字は強勢で、やや長音にも聞こえる)。.

新しい!!: ポーランドとズビグニェフ・ボニエク · 続きを見る »

ズデーテン山地

ニェシュカ山 ズデーテン山地(英語:Sudates、ドイツ語:Sudeten、チェコ語・ポーランド語:Sudety)は、ドイツ東部からポーランド南部を経てチェコまでのびる山地。日本語ではスデーティ山地とも表記する場合もある。最高峰はチェコとポーランドの国境にある(Sněžka、Śnieżka)で、標高1,602mである。.

新しい!!: ポーランドとズデーテン山地 · 続きを見る »

ズウォティ

ウォティ(złoty )は、ポーランドの通貨単位である。ズウォティはポーランド語で「金」を意味し、中世以来金貨の名前として用いられてきた。1ズウォティは100グロシュ。zł または ISO 4217コードに基づくPLN(波: polski nowy, 英: polish new)と表記される。ポーランド国内ではPLN表記が優勢になりつつある。日本ではズロチまたはズオチと呼ぶこともある。 民主化以降の経済の不安定化が一段落し、激しかったインフレーションがバルツェロヴィチ・プラン(「ショック療法」経済政策)の成功により沈静化したことを受けて、1995年1月1日にデノミが実施され、旧10,000zł(PLZ、波: polski złoty、英: polish zloty)が新1zł(PLN)に切り下げられた。.

新しい!!: ポーランドとズウォティ · 続きを見る »

ズジスワフ・ベクシンスキー

ベクシンスキーのシグネチャ ズジスワフ・ベクシンスキ、又はゾディソワフ・ベクシンスキー(Zdzisław Beksiński 、1929年2月24日 - 2005年2月21日)は、ポーランドの画家、写真家、芸術家。.

新しい!!: ポーランドとズジスワフ・ベクシンスキー · 続きを見る »

セントラルヒーティング

ヨーロッパのセントラル・ヒーティング・システム セントラルヒーティングとは、一箇所の給湯器熱源装置(ボイラーなど)を設置して、熱を暖房が必要な各部へ送り届ける暖房の方式である。全館集中暖房、中央暖房ともいう。 日本においては石油(重油)ボイラーが主として用いられてきたが、建物の種類や規模(民家など)によっては、ガスボイラーも使われている。これらのボイラー熱で湯を沸かし、循環ポンプにより各部屋へ循環させる。各部屋にはラジエーターと呼ばれる放熱器が設置される。 各部屋に設置されるラジエータは、一般的なストーブほど高温にはならないため、火傷や火災の危険が少なく、ラジエータ自体からは燃焼ガスの発散が全くないので、安全性に優れる。一方、設置時に大掛かりな工事が必要となり、初期費用がかさむことが多い。.

新しい!!: ポーランドとセントラルヒーティング · 続きを見る »

セビリアの理髪師

『セビリアの理髪師』(セビリアのりはつし)は、フランスの劇作家ボーマルシェの書いた風刺的な戯曲(フランス語原題:Le barbier de Séville ou la précaution inutile 「セビリアの理髪師あるいは無用の用心」)、ならびに同戯曲を題材にジョアキーノ・ロッシーニの作曲した2幕のメロドランマ・ブッフォ(イタリア語原題:Almaviva o sia L'inutile precauzione、一般には Il Barbiere di Siviglia )である。本項ではロッシーニのオペラについて扱う。なお、ロッシーニに先立ってジョヴァンニ・パイジエッロが同戯曲により同名のオペラを作曲している(1782年初演)が、ロッシーニ作品の成功によって忘れられた存在となった。 なお、セビリア(Sevilla)はスペインの都市で、セビーリャ、セビージャとも表記されるが、イタリア語ではスィヴィッリャ(Siviglia)、フランス語ではセヴィーユ(Séville)、英語ではセヴィル(Seville)となる。.

新しい!!: ポーランドとセビリアの理髪師 · 続きを見る »

セイム

イム.

新しい!!: ポーランドとセイム · 続きを見る »

セイヨウスグリ

イヨウスグリ(西洋酸塊、学名 Ribes uva-crispa)はスグリ科スグリ属の落葉低木。別名、マルスグリ(丸酸塊)、オオスグリ。英語ではgooseberry(アメリカとイギリス北部では主にグースベリーまたはグーズベリー、イギリス南部では主にグズバリ)。 ヨーロッパなどでは普通に栽培され、甘い果実をジャムやゼリーに加工する。近縁種にアメリカスグリ(Ribes hirtellum Michaux)など。.

新しい!!: ポーランドとセイヨウスグリ · 続きを見る »

ゼノ・ゼブロフスキー

ノ・ゼブロフスキー(Zenon Żebrowski、1891年 - 1982年4月24日)は、ポーランド出身のカトリックの修道士。「蟻の街の神父」として知られ、戦後、戦災孤児や恵まれない人々の救援活動に力を入れた。日本人のイメージから「ゼノ神父」と呼ばれることがあるが 、司祭(神父)ではなくコンベンツァル聖フランシスコ修道会の修道士である。.

新しい!!: ポーランドとゼノ・ゼブロフスキー · 続きを見る »

ソポト

ポトの市街風景 ソポト (Sopot) はポーランドの都市。ポモージェ県に属する。人口は約4万人(2006年)。面積は約17km。ドイツ語ではツォポット (Zoppot)。 バルト海に面する観光都市。国内外から多くの観光客が訪れる。ソポト国際音楽祭も開催される。大都市であるグダンスクとグディニャの中間に位置しており、両都市まで約10キロ程度。3つの都市をまとめて Trójmiasto(Tricity)と呼ぶ。 ポーランド王国領だったが、第二次ポーランド分割によってプロイセン王国領となった。19世紀より観光地として発展し、20世紀初頭にはドイツ皇帝ヴィルヘルム2世も訪れた。1919年より、ヴェルサイユ条約に従ってダンツィヒ自由市に属することになった。第二次世界大戦に際して、ナチス・ドイツに併合された後、ソヴィエト赤軍の攻撃を受けて街は荒廃した。 戦後も観光地として発展し、バルト海随一のリゾート地として毎夏多くのバカンス客がポーランドのみならずヨーロッパ各地からやってきて滞在する。周囲も多くの観光地に恵まれており、ポーランド観光の基点としても使われる。夏の終わりにはユーロビジョンにならぶヨーロッパ最大規模の「インタービジョン(ソポト国際音楽フェスティバル)」が開催される。 この他にも、ヨーロッパで最大かつ最長の観光桟橋、(.

新しい!!: ポーランドとソポト · 続きを見る »

ソラリス (バス)

ラリス(Solaris Bus & Coach S.A.)はバス、高速バス、トロリーバス、路面電車を製造するポーランドの大手車両メーカー。ポズナン近郊のボレホヴォ・オシェドレ(Bolechowo-Osiedle)とシロダ・ヴィエルコポルスカ(Środa Wielkopolska)に拠点がある。新興企業ながらポーランド最大の運送車両メーカーで、ヨーロッパで最も成長著しい企業の一つでもある。 この会社は会長のクシシュトフ・オルシェフスキとその妻で社長のソランゲ・オルシェフスカが夫婦で経営する同族会社。.

新しい!!: ポーランドとソラリス (バス) · 続きを見る »

ソラリス (映画)

『ソラリス』(Solaris)は、スタニスワフ・レムの小説『ソラリスの陽のもとに』を原作にした2002年製作のアメリカ映画。アンドレイ・タルコフスキー監督の『惑星ソラリス』(1972年)以来、2度目の映画化となる。.

新しい!!: ポーランドとソラリス (映画) · 続きを見る »

ソラリスの陽のもとに

『ソラリスの陽のもとに』(ソラリスのひのもとに、原題:Solaris)は、ポーランドのSF作家スタニスワフ・レムが1961年に発表したSF小説。最初の日本語訳(ロシア語版からの重訳)は、1964年に早川書房『S-Fマガジン』に掲載され、1965年にハヤカワ・SF・シリーズで刊行された。2004年にポーランド語からの直訳が『ソラリス』の題名で国書刊行会より刊行された(2015年、ハヤカワ文庫SFから刊行)。 『惑星ソラリス』として1972年にソ連で、『ソラリス』として2002年にアメリカで、2度映画化された。.

新しい!!: ポーランドとソラリスの陽のもとに · 続きを見る »

ソーシャル・ネットワーキング・サービス

ーシャル・ネットワーキング・サービス(social networking service, SNS)とは、Web上で社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築可能にするサービスである。.

新しい!!: ポーランドとソーシャル・ネットワーキング・サービス · 続きを見る »

ソビエト連邦

ビエト社会主義共和国連邦(ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう、Союз Советских Социалистических Республик)は、1922年から1991年までの間に存在したユーラシア大陸における共和制国家である。複数のソビエト共和国により構成された連邦国家であり、マルクス・レーニン主義を掲げたソビエト連邦共産党による一党制の社会主義国家でもある。首都はモスクワ。 多数ある地方のソビエト共和国の政治および経済の統合は、高度に中央集権化されていた。.

新しい!!: ポーランドとソビエト連邦 · 続きを見る »

ゾロトゥルン

時計塔''Zeitglockenturm'' ゾロトゥルン(Soledurn、標準Solothurn、Soleure、Soletta)は、スイスの都市。ゾロトゥルン州の州都。ゾロトゥルン地区の唯一の自治体である。.

新しい!!: ポーランドとゾロトゥルン · 続きを見る »

タバコ

タバコ(たばこ、煙草、)は、ナス科タバコ属の熱帯地方原産の植物佐竹元吉 監修『日本の有毒植物』 学研教育出版 2012年、ISBN 9784054052697 p.192.

新しい!!: ポーランドとタバコ · 続きを見る »

タルヌフ

街の中央広場 シナゴーグ跡 タルヌフ(ポーランド語:Tarnów)は、ポーランドの都市。マウォポルスカ県に属する。.

新しい!!: ポーランドとタルヌフ · 続きを見る »

タンネンベルクの戦い (1410年)

タンネンベルクの戦いあるいはグルンヴァルトの戦いは、1410年7月15日、ポーランド王国・リトアニア大公国連合軍とドイツ騎士団の間で戦われた戦闘である。現在のポーランドのヴァルミア・マズールィ県にある、グルンヴァルト村・ステンバルク(タンネンベルク)村と村の間にある平原で戦われた。この戦いで勝利をおさめたポーランド・リトアニアはさらに勢力を拡大、ヨーロッパで最大の版図をもつ強国として最盛期を迎えることになる。.

新しい!!: ポーランドとタンネンベルクの戦い (1410年) · 続きを見る »

タトラ山脈

西部タトラ タトラ山脈(ポーランド語、スロバキア語:Tatry)は、ポーランド南部からスロバキア北部に広がる山脈。ポーランドとスロバキアの国境に位置し、両国の自然的国境を形成している沼野『中欧 ポーランド・チェコ スロヴァキア・ハンガリー』、116-117頁。東西約55km、南北約17kmでうち約80%がスロバキア領、残りの20%がポーランド領に含まれる長與「タトリ」『東欧を知る事典』新訂増補、266頁。スロバキアを象徴する山であり、スロバキアの国歌(Nad Tatrou sa blýska、稲妻がタトラの上を走り去り)にも歌われている。 カルパティア山脈の北辺に含まれるタトラ山脈は最も高い山と変化に富んだ地形が特徴で、結晶片岩、花崗岩、片麻岩からなる。山脈の西側(Západné Tatry、西タトラ)は氷河地形と高原草地が混ざり合い、東側((Východné Tatry、東タトラ)は切り立った崖と氷河地形で構成される。山脈に含まれる氷河地形には、カール、氷河湖、堆石地などが挙げられる。東部でも特に険阻な地形はヴィソケー・タトラ((Vysoké Tatry、高タトラ/高タトリ)と呼ばれ、スロバキアの最高峰ゲルラホウスキー峰(ゲルラホフスカ、約2654m)、スラウコウスキー峰などが連なっている。山間部にはプレソと呼ばれる湖が点在する。ヴィソケー・タトラの南には、ニスケ・タトラ(Nízke Tatry、低タトラ)が東西約120kmにわたって広がる。タトラ山脈という語は一般的にヴィソケー・タトラを指して使われるが、広義ではニスケ・タトラも含まれる。景観保護のため、1949年にタトラ山脈は国立公園に指定された。動植物相が豊かな地域で、マーモットやカモシカなどが生息する。ポーランド、スロバキアの両方に、国立公園に関連する展示を行う博物館が開設されている。 center 16世紀には、で金の採掘が行われていた徳永康元、鈴木二郎、萩原直編『東ヨーロッパ』(世界の文化地理, 講談社, 1966年)、144頁。1944年のスロバキア民衆蜂起の際に、タトラ山脈はパルチザンの拠点となった。また、20世紀に入ってタトラ山脈の観光地化が進められ、避暑地、ウィンタースポーツの施設が点在する地域となった。ポーランド領のザコパネ、スロバキア領のスタリー・スモコヴェツなどが避暑地として知られている。スロバキア領では、多くの電車やバスの発着地であるポプラド・タトリがヴィソケー・タトラへの入り口となっている「地球の歩き方」編集室・編『チェコ ポーランド スロヴァキア(2011‐2012年版)』、373頁。タトラ電気鉄道でポプラドと結ばれているスタリー・スモコヴェツが、滞在の拠点となっている。タトランスカー・ロムニツァからは、タトラ山脈で3番目に高いロムニツキー・シュティートの山頂に向かうロープウェイが運行されている。 center.

新しい!!: ポーランドとタトラ山脈 · 続きを見る »

タデウシュ・バイルト

タデウシュ・バイルト(Tadeusz Baird, 1928年7月26日 - 1981年9月2日)はポーランドの現代音楽の作曲家。.

新しい!!: ポーランドとタデウシュ・バイルト · 続きを見る »

タデウシュ・コシチュシュコ

アンジェイ・タデウシュ・ボナヴェントゥラ・コシチュシュコ (Andrzej Tadeusz Bonawentura Kościuszko 、1746年2月4日 - 1817年10月15日)はポーランド・リトアニア共和国の将軍にして政治家、アメリカ合衆国の軍人で、1794年の蜂起の指導者としてポーランドとリトアニアでは国民的英雄である。 名前はアンドレーイ・タデーヴシュ・バナヴャントゥーラ・カシツューシュカ(Андрэ́й Тадэ́вуш Банавянту́ра Касьцю́шка )、ターダス(あるいはタデーウシャス)・コーシツュシュカ(Tadas/Tadeušas Kosciuška )、アンドルー・サディアス(あるいはサディーアス)・バナヴェンチャー・カスキアスコウ(あるいはカスィアスコウ(Andrew Thaddeus Bonaventure Kosciusko )など、言語によって呼び方/発音が異なる。 ポーランド語のカナ表記でも、コシチュシコ、コシチューシュコなどとも表記され、従来、日本ではコシューシコと表記されることが多かった。.

新しい!!: ポーランドとタデウシュ・コシチュシュコ · 続きを見る »

タデウシュ・シェリゴフスキ

タデウシュ・シェリゴフスキ(Tadeusz Szeligowski, 1896年9月13日 - 1963年1月10日)は、ポーランドの作曲家。 リヴィウ出身。幼いころより母からピアノを学び、現地の音楽院でヴィレーム・クルツらについて学んだ。その後クラクフのヤギェウォ大学で1918年から1922年まで法律を、1921年から1928年まで音楽学と作曲を学び、博士号を取得した。その間、1923年にビリニュスに出て、1925年から1927年までビリニュス音楽院で音楽史を講義した。1929年よりパリに出て、ナディア・ブーランジェとポール・デュカスに師事した。1931年に帰国し、ポズナン音楽院で音楽理論と作曲を教えた。第二次世界大戦中はビリニュスの教会でオルガニストを務めた。1945年からルブリン音楽院の教授となり、1947年にはポズナンオペラアカデミーの学長となった。またポズナン管弦楽団を指揮し、1951年から1954年までポーランド作曲家連盟の議長を務めた。.

新しい!!: ポーランドとタデウシュ・シェリゴフスキ · 続きを見る »

タキトゥス

タキトゥスの横顔 コルネリウス・タキトゥス(Cornelius Tacitus, 55年頃 - 120年頃)は、帝政期ローマの政治家、歴史家。個人名はプブリウス(Publius)ともガイウス(Gaius)ともいわれるがどちらかは不明で、通常は個人名を除いて表記される。サルスティウス、リウィウスらとともに古代ローマを代表する歴史家の一人であり、いわゆるラテン文学白銀期の作家として知られる。その著作では、ローマ皇帝ティベリウス・カエサルの治世中にユダヤ総督ポンテオ・ピラトがイエス・キリストを処刑したことも書いている。.

新しい!!: ポーランドとタキトゥス · 続きを見る »

タタール

18世紀のタタールの女性 タタール(Tatar)は、北アジアのモンゴル高原とシベリアとカザフステップから東ヨーロッパのリトアニアにかけての幅広い地域にかけて活動したモンゴル系、テュルク系、ツングース系およびサモエード系とフィン=ウゴル系の一部など様々な民族を指す語として様々な人々によって用いられてきた民族総称である。日本では、中国から伝わった韃靼(だったん)という表記も用いてきた。.

新しい!!: ポーランドとタタール · 続きを見る »

タタール語

タタール語は、ロシア連邦に属するタタールスタン共和国の公用語。特にカザン・タタール語とも呼ばれる。タタールスタン共和国の外にも、ウクライナやトルコ、中国など広い範囲に話者が分布している。ロシア連邦内の話者は約530万人(2002年)。.

新しい!!: ポーランドとタタール語 · 続きを見る »

サルマタイ

ルマタイ(ギリシア語:Sarmatai、ラテン語:Sarmatae、英語:Sarmatians)は、紀元前4世紀から紀元後4世紀にかけて、ウラル南部から黒海北岸にかけて活動したイラン系遊牧民集団。紀元前7世紀末からウラル南部にいたサウロマタイに紀元前4世紀頃東方から移動してきた遊牧民が加わって形成されたとされる。サルマタイはギリシア語であり、ラテン語ではサルマタエとなる。また、彼らのいた黒海北岸地域をその名にちなんでサルマティアと呼ぶため、サルマティア人とも呼ばれる。 紀元前1世紀頃の黒海周辺諸族。.

新しい!!: ポーランドとサルマタイ · 続きを見る »

サンタクロース

ンタクロース()は、クリスマス・イブに良い子のもとへプレゼントを持って訪れる人物。 サンタクロー.

新しい!!: ポーランドとサンタクロース · 続きを見る »

サッカー

ッカー(soccer, football)は、丸い球体を用いて1チーム11人の2チーム間で行われるスポーツ競技のひとつである。アソシエーション・フットボール(association football; 協会式フットボールの意)ないしはアソシエーション式フットボール日本語ではこれを略して「ア式蹴球(あしきしゅうきゅう)」とも呼ぶことがある。とも呼ばれる。他のフットボールと比較して、手の使用が極端に制限されるという、大きな特徴がある。蹴球ともいう。 現在サッカーは、200を越える国と地域で、2億5千万人を超える選手達によってプレーされており、4年に一度行われるFIFAワールドカップのテレビ視聴者数は全世界で300億人を超えており、世界で最も人気のあるスポーツといえる。試合は、それぞれの短い方の端の中央にゴールがある長方形の芝生あるいは人工芝のフィールドでプレーされる。試合の目的は、相手ゴールにボールを入れ得点することである。 スポーツ文化としてのサッカーについては、サッカー文化を参照。.

新しい!!: ポーランドとサッカー · 続きを見る »

サッカーポーランド代表

ッカーポーランド代表(Reprezentacja Polski w piłce nożnej)は、ポーランドサッカー協会 (PZPN) により編成されるポーランドのサッカーのナショナルチームである。.

新しい!!: ポーランドとサッカーポーランド代表 · 続きを見る »

サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

優勝皿"マイスターシャーレ" ドイツにおけるサッカー・ブンデスリーガ(Fußball-Bundesliga フースバル・ブンデスリーガ、サッカー連邦リーグ)は、ドイツのプロサッカーリーグである。1部、2部それぞれ18クラブ、3部20クラブの合計56クラブが所属している。観客動員数では世界第1位のプロサッカーリーグである。 1部と2部はDFL(Deutsche Fußball Liga、ドイツサッカーリーグ機構)が運営しており、3部はDFB(Deutscher Fußball Bund、ドイツサッカー連盟)が直接運営している。そのため、上位2リーグの正式名称が1.(エアステ・ブンデスリーガ)と2.(ツヴァイテ・ブンデスリーガ)であるのに対し、3部は3.(ドリッテ・リーガ)となっていてその違いを反映させている。通常、「ブンデスリーガ」と言えば1部リーグのことを指すことが多い。.

新しい!!: ポーランドとサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ) · 続きを見る »

サッカー戦争

ッカー戦争(サッカーせんそう、)は、1969年7月14日から7月19日にかけてエルサルバドルとホンジュラスとの間で行われた戦争である。両国間の国境線問題、ホンジュラス領内に在住するエルサルバドル移民問題、貿易摩擦などといった様々な問題が引き金となり戦争に発展した猪口 2005、395頁。この戦争の根本的な原因は両国の経済成長モデルと農地問題に起因した国内矛盾にあり、寡頭支配層が国際紛争を引き起こすことで政情不安の高まりを一時的に回避しようとする狙いがあったと考えられている加茂、細野、原田 1990、250頁。一般的には同年6月に行われた1970 FIFAワールドカップ・予選における両国の対戦と関連付けた「サッカー戦争」の名称で知られているが、この戦争の性質を端的に捉えたものではない。100時間戦争大貫 1999、186頁、エルサルバドル・ホンジュラス戦争、1969年戦争とも呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドとサッカー戦争 · 続きを見る »

サイエンス・フィクション

宇宙戦争』のイラストレーション。Henrique Alvim Corr画(1906年) SF漫画雑誌『プラネット・コミックス』 サイエンス・フィクション(Science Fiction、略語:SF、Sci-Fi、エスエフ)は、科学的な空想にもとづいたフィクションの総称。メディアによりSF小説、SF漫画、SF映画、SFアニメなどとも分類される。日本では科学小説、空想科学小説とも訳されている(詳細は呼称を参照)。.

新しい!!: ポーランドとサイエンス・フィクション · 続きを見る »

サクラ

ラ(桜)は、バラ科モモ亜科スモモ属(サクラ属)(Prunus, Cerasus) の落葉樹の総称。 サクラは日本文化に馴染みの深い植物である(#日本人とサクラ)。また、日本において観賞用として植えられているサクラの多くはソメイヨシノという品種である。英語では桜の花のことをCherry blossomと呼ぶのが一般的であるが、日本文化の影響から、sakuraと呼ばれることも多くなってきている。 現在、ヨーロッパ・西シベリア・日本・中国・米国・カナダなど、主に北半球の温帯に、広範囲に分布している。 サクラの果実はサクランボまたはチェリーと呼ばれ、世界中で広く食用とされる。 サクラ全般の花言葉は「精神の美」「優美な女性」西洋では「優れた教育」も追加される。.

新しい!!: ポーランドとサクラ · 続きを見る »

傀儡政権

傀儡政権(かいらいせいけん、puppet government)とは、ある領域を統治する政権が、名目上には独立しているが、実態では事実上の支配者である外部の政権・国家によって管理・統制・指揮されている政権を指す。内政も外交も自己決定権が完全ではなく、支配者の利益のために支配者に操作・命令され統治される。傀儡国家(かいらいこっか、puppet state)とも呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドと傀儡政権 · 続きを見る »

冷戦

ワルシャワ条約 (WT) 加盟国朱色.

新しい!!: ポーランドと冷戦 · 続きを見る »

円卓会議 (ポーランド)

円卓会議(えんたくかいぎ、Rozmowy Okrągłego Stołu)は、1989年2月6日から4月5日にかけてポーランド(ポーランド人民共和国)のワルシャワで開催された東欧革命の先駆となった会議である。 日増しに高まる民主化への要求や相次ぐストライキ、社会主義経済運営の行き詰まりを受け、政府と反体制勢力による対話の場として国内の安定化を図ることを目的に設けられた。「連帯」幹部やカトリック教会関係者、政府幹部が一堂に会して2ヶ月にわたり行われたこの会議は全国に向けてテレビ中継され、全てのポーランド国民がその協議の推移を固唾を飲んで見守ったのである。.

新しい!!: ポーランドと円卓会議 (ポーランド) · 続きを見る »

内閣

内閣(ないかく)は、イギリスや日本などの議院内閣制の国家において、国の行政権を担当する合議体の執行機関である。なお、「内閣」は "Cabinet" の訳にあてられるが、行政権を担わない場合には大統領顧問団と訳される場合もある(#概説を参照)。.

新しい!!: ポーランドと内閣 · 続きを見る »

内閣総理大臣

内閣総理大臣(ないかくそうりだいじん、prime minister of Japan)とは、日本国において行政権の属する内閣の首長たる国務大臣である(憲法第66条1項)。したがって、日本国における政府の長である。文民(憲法第66条2項)かつ国会議員の中から国会の議決で指名され(憲法第67条)、これに基いて天皇によって任命される(憲法第6条)。略称は総理大臣ないしは総理。一般的には首相、またはまれに宰相とも言う。現任は安倍晋三。.

新しい!!: ポーランドと内閣総理大臣 · 続きを見る »

啓蒙時代

啓蒙時代(けいもうじだい)は、ヨーロッパで啓蒙思想が主流となっていた17世紀後半から18世紀にかけての時代のこと。啓蒙思想とは、聖書や神学といった従来の権威を離れ、理性(悟性)による知によって世界を把握しようとする思想運動である。この時代にはスコットランドとフランスの思想家たちが、特に重要な役割を果たした。政治と経済の面では、三十年戦争でヨーロッパを二分した政治的宗教的対立がやみ、絶対主義王権と重商主義が確立した時期に当たる。.

新しい!!: ポーランドと啓蒙時代 · 続きを見る »

全権委員

全権委員(ぜんけんいいん)とは、一国の政府を代表して外交を行い、条約に署名・調印する権限を付与された者。.

新しい!!: ポーランドと全権委員 · 続きを見る »

共同体

共同体(きょうどうたい)とは.

新しい!!: ポーランドと共同体 · 続きを見る »

共同通信社

共同通信社(きょうどうつうしんしゃ)は、日本の通信社である。一般社団法人共同通信社とその子会社である株式会社共同通信社の2社が、同じ「共同通信社」という名称で存在している。このため、両者を区別する必要があるときには、それぞれを「社団共同」「KK共同」と呼ぶケースが多い。KK共同には社団共同から出向する。.

新しい!!: ポーランドと共同通信社 · 続きを見る »

共和制

共和政(きょうわせい、republic)は、人民または人民の大部分が統治上の最高決定権を持つ政体で、政体のとる制度を共和制(きょうわせい、republic)という 。現代の一般的な定義では、「君主ではない元首を持っている政体」「君主制ではない政体」である。 共和制では政府の大半の意思決定が元首の裁量によらず制定法を参照して行われることから、現在では君主制は共和制では無いとされる場合が多い。.

新しい!!: ポーランドと共和制 · 続きを見る »

共和国

共和国(きょうわこく、republic、res publica)とは、君主が存在しない国家(共和制の国家)である。対比語は君主国。.

新しい!!: ポーランドと共和国 · 続きを見る »

共産主義

主にマルクス・レーニン主義系の共産主義のシンボルともされる赤い星 共産主義(きょうさんしゅぎ、Communism、Коммунизм)とは、政治や経済分野での思想や理論、運動、政治体制のひとつ、財産の一部または全部を共同所有することで平等な社会をめざす。その理念、共有化の範囲や形態、あるいは共産主義社会実現のための方法論などには古くから多数の議論があり、このため「共産主義」の定義は多数存在している。 共産主義のシンボルには、社会主義と同様に赤色や赤旗が広く使用されている。また特にマルクス・レーニン主義系の共産主義を表すシンボルには赤い星や鎌と槌なども使用されている。.

新しい!!: ポーランドと共産主義 · 続きを見る »

元首

元首(げんしゅ)または国家元首(こっかげんしゅ、dux civitatis、chef d’État、head of state)とは、.

新しい!!: ポーランドと元首 · 続きを見る »

元老院

フォロ・ロマーノに復元されたローマ時代の元老院議事堂「クリア・ユリア」 元老院(げんろういん、senatus)は、王政ローマにおける王の助言機関、また、後の共和政ローマにおける統治機関、更に、後のローマ帝国皇帝の諮問機関を指す語である。また現在では、多くの国が上院の呼称に用いる語でもある。senatusに由来する名称の機関は必ずしも「元老院」と訳されるわけではないが、本項では便宜上「元老院」と表記する。.

新しい!!: ポーランドと元老院 · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: ポーランドと元日 · 続きを見る »

先史時代

先史時代(せんしじだい、Prehistory、præ.

新しい!!: ポーランドと先史時代 · 続きを見る »

兵站

兵站(へいたん Military Logistics)は、戦闘地帯から後方の、軍の諸活動・機関・諸施設を総称したもの。戦争において作戦を行う部隊の移動と支援を計画し、また、実施する活動を指す用語でもあり、例えば兵站には物資の配給や整備、兵員の展開や衛生、施設の構築や維持などが含まれる。 兵站の字義は「軍の中継点」(Wiktionary 「站」)であり、世界中で広範に使用される英語つまりはでの「logistics」は、ギリシア語で「計算を基礎にした活動」ないしは「計算の熟練者」を意味する「logistikos」、またはラテン語で「古代ローマ軍あるいは東ローマの行政官・管理者」を意味する「logisticus」に由来する。 類義語としては、戦闘を実施する上で部隊の作戦行動を支援する戦闘支援(Combat Support)、作戦行動を行う部隊の軍事的な機能を保持させる後方支援(Combat Service Support)があり、これらに比べて兵站はより広い範囲を指示する概念である。.

新しい!!: ポーランドと兵站 · 続きを見る »

国名の漢字表記一覧

国名の漢字表記一覧(こくめいのかんじひょうきいちらん)では、世界の国名を日本語における漢字表記と中国語における漢字表記で対照させた表を掲載し、簡単に解説する。.

新しい!!: ポーランドと国名の漢字表記一覧 · 続きを見る »

国境

国境.

新しい!!: ポーランドと国境 · 続きを見る »

国家

国家(こっか)とは、国境線で区切られた国の領土に成立する政治組織で、その地域に居住する人々に対して統治機構を備えるものである。領域と人民に対して、排他的な統治権を有する(生殺与奪の権利を独占する)政治団体もしくは政治的共同体である。 政治機能により異なる利害を調整し、社会の秩序と安定を維持していくことを目的にし社会の組織化をする。またその地域の住民は国家組織から国民あるいは公民と定義される。.

新しい!!: ポーランドと国家 · 続きを見る »

国庫

国庫(こっこ:独 Fiskus)とは、ドイツ法や日本法において、国家を財産権の主体としてとらえた場合の呼称。.

新しい!!: ポーランドと国庫 · 続きを見る »

国内総生産

国内総生産(こくないそうせいさん、英:Gross Domestic Product、GDP)は、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のことである。.

新しい!!: ポーランドと国内総生産 · 続きを見る »

国王自由選挙

ヘンリク・ヴァレズィの国王選出、ヤン・マテイコ画 ワルシャワ郊外のヴォーラでの選挙会場の設営プラン アウグスト2世の国王選出、 ジャン=ピエール・ノルブラン・ド・ラ・グルデーヌ画 国王自由選挙(こくおうじゆうせんきょ、ポーランド語:wolna elekcja)は、ポーランド・リトアニア共和国において実施されていた、国王を血統上の権利ではなく個人的資格によって選ぶための選挙制度。1572年から1791年まで行われていたが、5月3日憲法の成立とともに廃止された。.

新しい!!: ポーランドと国王自由選挙 · 続きを見る »

国際通貨基金

国際通貨基金(こくさいつうかききん、)は、国際金融、並びに、為替相場の安定化を目的として設立された国際連合の専門機関である。国際通貨基金(IMF)の本部は、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.に位置する。2018年現在、国際通貨基金(IMF)の加盟国は、189か国である。 加盟国の経常収支が著しく悪化した場合などに融資などを実施することで、国際貿易の促進、加盟国の高水準の雇用と国民所得の増大、為替の安定、などに寄与する事を目的としている。 また、為替相場の安定のために、経常収支が悪化した国への融資や、為替相場と各国の為替政策の監視などを行っている。各国の中央銀行の取りまとめ役のような役割を負う。世界銀行と共に、国際金融秩序の根幹を成す。.

新しい!!: ポーランドと国際通貨基金 · 続きを見る »

国際連合

国際連合(こくさいれんごう、United Nations、联合国、聯合國、Organisation des Nations unies、略称は国連(こくれん)、UN、ONU)は、国際連合憲章の下、1945年に設立された国際機関である。 第二次世界大戦を防げなかった国際連盟の反省を踏まえ、1945年10月24日、51ヵ国の加盟国で設立された。主たる活動目的は、国際平和と安全の維持(安全保障)、経済・社会・文化などに関する国際協力の実現である。 英語表記の「United Nations」は、第二次世界大戦中の枢軸国に対していた連合国が自陣営を指す言葉として使用していたものが継続使用されたものであるが、日本語においては誤訳され「国際連合」と呼ばれる。 2017年5月現在の加盟国は193か国であり、現在国際社会に存在する国際組織の中では、敵国条項が存在するなど第二次世界大戦の戦勝国の色が強いものの、最も広範・一般的な権限と、普遍性を有する組織である。.

新しい!!: ポーランドと国際連合 · 続きを見る »

国際連合教育科学文化機関

フランス、パリのユネスコ本部庁舎と平和の庭園(日本庭園) 日本ユネスコ国内委員会が入居する東京都の霞が関コモンゲート東館(右側) 国際連合教育科学文化機関(こくさいれんごうきょういくかがくぶんかきかん、Organisation des Nations unies pour l'éducation, la science et la culture、United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization, UNESCO ユネスコ)は、国際連合の経済社会理事会の下におかれた、教育、科学、文化の発展と推進を目的とした専門機関である。 1945年11月に44カ国の代表が集い、イギリス・ロンドンで開催された国連会議 "United Nations Conference for the establishment of an educational and cultural organization" (ECO/CONF)において11月16日に採択された 「国際連合教育科学文化機関憲章」(ユネスコ憲章)に基づいて1946年11月4日に設立された。 分担金(2016年現在)の最大の拠出国はアメリカ合衆国(22%)、2位は日本(9%)である(米国は拠出金支払いを全額停止しているため、実質的に最大の拠出国は日本であるなおアメリカは2018年12月31日付でのユネスコ脱退を表明している。)。.

新しい!!: ポーランドと国際連合教育科学文化機関 · 続きを見る »

国防省

国防省(こくぼうしょう)は、各国政府において設置されている省庁の一つ。主に他国による侵略やテロリストによるテロから国家および国民を防衛することを任務とし、国軍を統制する。 国軍を持たない国もあり、その国には国防省はない(アイスランドは国軍は保有していないが、防空レーダーの運用やNATO等との調整を任務とするため外務省の外局扱いで防衛庁を設置している)。 沿岸警備隊などを保有している場合は、警察や外務省の管轄下にある場合が多い。.

新しい!!: ポーランドと国防省 · 続きを見る »

国連薬物犯罪事務所

国連薬物犯罪事務所(こくれんやくぶつはんざいじむしょ、United Nations Office on Drugs and Crime:略称UNODC)は、薬物規制と薬物犯罪対応に加え、人身売買や資金洗浄を含めた組織犯罪や汚職を含めた腐敗対応を目的として、1997年に設立された国際連合の機関である国際連合広報局『国際連合の基礎知識』関西学院大出版会、2009年、P72-73。ISBN 978-4-86283-042-5。(外務省)。 1991年に国連薬物統制計画(UNDCP)および犯罪防止刑事司法計画が設立され、1997年に両者を統合し、国連薬物統制犯罪防止事務所(UNODCCP)が設立された。2002年に国連薬物犯罪事務所に名称変更している。ウィーンの本部のほか、世界各地に支部を持つ。主に拠出金で運営され、2009年時点では職員数約450名、2015年時点では約698名となっている。各機関への助言や司法制度整備支援をはじめ、関連する調査・統計等も行っている。 国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約と国際連合腐敗防止条約(United Nations Convention against Corrptionの執行にも携わっている。さらに犯罪の問題に関連して世界のAIDS/HIV問題や刑事施設の監視も行っている。.

新しい!!: ポーランドと国連薬物犯罪事務所 · 続きを見る »

国民保守主義

国民保守主義(こくみんほしゅしゅぎ、National conservatism、あるいは民族保守主義、国家保守主義)は、保守主義の一種を表すために、もともとヨーロッパで使われた政治用語である。.

新しい!!: ポーランドと国民保守主義 · 続きを見る »

国有企業

国有企業(こくゆうきぎょう、)、政府所有会社()、国営企業は、国ないし政府が所有する企業である。.

新しい!!: ポーランドと国有企業 · 続きを見る »

国有化

国有化(こくゆうか)とは、私有財産・公有財産を国有財産とすることをいう。つまり、私人(一般人)・法人・団体の財産を、国家のものにすることをいう。また、これらの手続を指して国有化ということもある。 国内における国有化はその国の国内法が規律し、国際的関係にわたる国有化では国際法が規律する。.

新しい!!: ポーランドと国有化 · 続きを見る »

リスパンとスカパン」 --> 噂(うわさ)は、その内容が事実であるかどうかを問わず、世間で言い交わされている話のこと。類義語として飛語(蜚語)、ゴシップ、デマ、流言などがあり、それぞれ下項で紹介する。.

新しい!!: ポーランドと噂 · 続きを見る »

皇后

皇后(こうごう、Empress)は、天皇や皇帝の正妃(正妻)、およびその人物に与えられる称号。 一夫多妻制のもとでは、天皇や皇帝の複数の妻のうち最上位の者となる。.

新しい!!: ポーランドと皇后 · 続きを見る »

皇太子

皇太子(こうたいし、Crown Prince)は、皇位継承(帝位継承)の第一順位にある皇子を指す称号。一般的には皇室ならびに海外の王室における君主位の法定推定相続人の敬称として使われる。.

新しい!!: ポーランドと皇太子 · 続きを見る »

石炭

石炭(せきたん、英:coal)とは、古代(数億年前)の植物が完全に腐敗分解する前に地中に埋もれ、そこで長い期間地熱や地圧を受けて変質(石炭化)したことにより生成した物質の総称。見方を変えれば植物化石でもある。 石炭は古くから、産業革命以後20世紀初頭まで最重要の燃料として、また化学工業や都市ガスの原料として使われてきた。第一次世界大戦前後から、艦船の燃料が石炭の2倍のエネルギーを持つ石油に切り替わり始めた。戦間期から中東での油田開発が進み、第二次世界大戦後に大量の石油が採掘されて1バレル1ドルの時代を迎えると産業分野でも石油の導入が進み(エネルギー革命)、西側先進国で採掘条件の悪い坑内掘り炭鉱は廃れた。 しかし1970年代に二度の石油危機で石油がバレルあたり12ドルになると、産業燃料や発電燃料は再び石炭に戻ったが、日本国内で炭鉱が復活することは無かった。豪州の露天掘りなど、採掘条件の良い海外鉱山で機械化採炭された、安価な海外炭に切り替わっていたからである。海上荷動きも原油に次いで石炭と鉄鉱石が多く、30万トンの大型石炭船も就役している。 他の化石燃料である石油や天然ガスに比べて、燃焼した際の二酸化炭素 (CO2) 排出量が多く、地球温暖化の主な原因の一つとなっている。また、硫黄酸化物の排出も多い。.

新しい!!: ポーランドと石炭 · 続きを見る »

玄武岩

火山岩のQAPF図; Q:石英、A:アルカリ長石、P:斜長石、F:準長石 玄武岩(げんぶがん、)は、苦鉄質火山岩の一種。深成岩の斑れい岩に対応する。 火成岩は全岩化学組成(特にSiO2の重量%)で分類され、そのうち玄武岩はSiO2が45 - 52%で斑状組織を有するもの。斑晶は肉眼で見えないほど小さい場合もある。肉眼での色は黒っぽいことが多いが、ものによっては灰色に見えることもあり、また含まれる鉄分の酸化によって赤 - 紫色のこともある。.

新しい!!: ポーランドと玄武岩 · 続きを見る »

王権

ア皇帝のレガリア(王権の象徴) 王権(おうけん)は、人々に君臨する王の権力、統治権のこと。.

新しい!!: ポーランドと王権 · 続きを見る »

灰とダイヤモンド

『灰とダイヤモンド』(はいとダイヤモンド、)は、ポーランドの作家であるイェジ・アンジェイェフスキが1948年に発表した小説である。ドイツ軍が降伏し、ロンドン亡命政府系のゲリラとソ連の後押しを受けるポーランド労働者党(後のポーランド統一労働者党)との内戦が始まろうとしていた1945年5月の4日間に、とある地方都市に集った人々を描写することによって、第2次世界大戦末期のポーランドの姿を映し出している。共産主義体制下では共産主義者シチューカが主人公と考えられており、また映画版では暗殺者マーチェクが主人公に据えられたが、共に原作での登場シーンはそれほど多くない。.

新しい!!: ポーランドと灰とダイヤモンド · 続きを見る »

現代音楽

代音楽(げんだいおんがく)は、西洋クラシック音楽の流れにあり20世紀後半から現在に至る音楽を指す。ドイツ語では「Neue Musik」、英語では「20th century classical music」などと表記されるようにその定義も非常に曖昧・抽象的であり、他の時代の西洋音楽史の区分のように、様式によって区分されたものではない。現代音楽は調性をはじめとする従来の音楽様式を否定・更新した先鋭的な音楽を指すことが多い。最も顕著な特徴は無調への傾倒と不協和音の多用である。 現代音楽という用語が一般的に指し示す範疇にとらわれない、ポップ・ミュージックやジャズ、ロックなど現代における音楽全般の区分については、現代の音楽の項を参照のこと(隣接他分野の音楽については後述)。また地域別の動向も参照のこと。なお、現代音楽という用語自体が、「現代の音楽」全体の中で特権的であり、エリート的であるとする批判もなされている。.

新しい!!: ポーランドと現代音楽 · 続きを見る »

琥珀

琥珀のペンダント 琥珀(こはく)またはコハク(Amber、アンバー)は、天然樹脂の化石であり、宝石である。半化石の琥珀はコーパル(Copal)、加熱圧縮成形した再生コハクはアンブロイド(ambroid)という。 バルト海沿岸で多く産出するため、ヨーロッパでは古くから知られ、宝飾品として珍重されてきた。 鉱物に匹敵する硬度を持ち、色は黄色を帯びたあめ色のものが多い。.

新しい!!: ポーランドと琥珀 · 続きを見る »

球状アンフォラ文化

球状アンフォラ文化(英語:Globular Amphora culture)は紀元前3400年ごろから紀元前2800年ごろにかけて、西はエルベ川西岸地方、東はドニエプル川中流域まで広がっていた銅器時代文化。インド・ヨーロッパ語族の中央ヨーロッパ、バルカン半島、ギリシャへの進出に関して非常に重要な意味があると考えられている。もこの文化に含まれる。 この範囲は、これより前の新石器時代のヨーロッパにが広がっていた地域とだいたい同じで、球状アンフォラ文化の草創期には両文化が同時に存在していた。 住居の遺跡よりも墓地の遺跡がよく発見されている。ただしポーランドでは住居の遺跡もよく発見されており、ほぼ四角形の基礎を持つ家屋や、丸い基礎を持つ半地下式の小屋といったものが発掘調査されている。家屋は孤立していたり、複数が集まっていたりしており、個々の家族の家屋が点在している場合と、村落となっている場合とがあることが分かる。大半は移動の途中で一時的に建てられた住居で、定住型の住居についてははっきりしたことは分かっていない。彼らはつねに住地を移動していたものとみられる。 主に牧畜を営んでおり、牛、豚、羊、ヤギ、犬、馬などを飼っており、アカシカ、ノウサギ、鳥類、魚類を獲っていたようである。球状アンフォラ文化の草創期は圧倒的に豚を飼っている場合が多く、この前の時代のこのあたりの文化である漏斗状ビーカー文化が圧倒的に牛を飼っている場合が多いのと好対照をなす。ただし球状アンフォラ文化のいくつかの遺跡でも牛が主体の牧畜を行っていることはある。小麦、スペルト小麦、大麦、エンドウマメなどを栽培していた。 この文化は、2つか4つの小さな取手がその絞った首のちかくに付いている、独特の丸い形をした土器(「アンフォラ」と呼ばれる)で知られている。「球状アンフォラ文化」の名称はここから来ている。この土器には様々な模様がついている。墓地からはフリント(石英の一種)製の平らな斧がよく見つかる。土葬を行い、遺体を墓穴に直に埋めるか、あるいは石棺を用いる。遺体は腰と膝を折り曲げて右または左の横向きに寝ており、頭は必ず東を向いている。石棺の蓋には複合弓などの彫刻が施されている場合がある。副葬品には、アンフォラ、その他の土器、フリント製の斧、ナイフ、鏃(やじり)、琥珀(こはく)のビーズのほか、動物の骨製で作ったさまざまな製品などがある。豚の下顎の骨やイノシシの牙も見つかっており、これらの動物を生贄にしたことがうかがわれる。牛一頭分の骨がまるごと見つかることもある。木製の盾と思われるものも発見されている。 球状アンフォラ文化がインド・ヨーロッパ語族の起源や拡大についての議論に登場するのは、この文化の経済が移動型であること、おそらく馬が家畜化されていたこと、特徴的な陶器が作られていること、が主な理由である。この文化の陶器はコーカサス山脈北麓のマイコープ文化や、ドニエプル川中流域のと関連があると推測される。陶器には移動の際に台車あるいは動物の背などに複数まとめて固定して運ぶのに都合の良い工夫が施されている。異論はあるものの、コーカサス山脈地方と北部ヨーロッパ平原地帯との直接的なつながりがあるとも主張されている。特にクルガン仮説においてはこの地域的つながりが強調される。球状アンフォラ文化の埋葬の儀式、とくに寡婦の殉死の習慣が頻繁に見られることは、インド・ヨーロッパ語族との関連を扱ううえで非常に重要である。生贄の牛を埋葬し、琥珀の日輪像を副葬品とするなどの風習は、インド・ヨーロッパ語族にとりわけ特徴的である。 この文化の人々の身体的特徴は東方のステップ地帯のものに似ており、特に、この文化の東部にあたるウクライナ西部、モルドバ、ルーマニア北部の一帯においてはこの特徴が顕著である。しかし馬、生贄の動物の埋葬、斧といった象徴的なものはその前の時代のこの地に存在したやにもある程度見ることができることから、球状アンフォラ文化の起源をこの一帯、特に、この文化の中心部であるポーランドにおける土着の文化の発展拡大にあると考える人々は、球状アンフォラ文化と東方のステップ文化との関連性については疑問を呈している。最新の分析によると、球状アンフォラ文化の起源はこの地の土着の複数の文化や隣接した様々な文化との複合的な関係が考えられ、以前に唱えられていたような、外来であるとか土着であるとかいった単純な排他的発生過程を経ているわけではないようである。(Y-DNAハプログループR1aおよびクルガン文化の担い手の遺伝的特徴の項目を参照。) 球状アンフォラ文化はその地理的広がりから、ゲルマン語派、スラヴ語派、バルト語派、ヘレニック語派(古代ギリシア語)の基層文化と推定される。さらにケルト語派やイタリック語派の各地の社会の政治的支配層はこの文化に由来し、のちの青銅器時代を通じて西欧や南欧の土着の非インド・ヨーロッパ語族の社会(鐘状ビーカー文化の社会など)を次々と支配することによりそれぞれの語派を拡大した、と考えられる。 発掘結果から、球状アンフォラ文化の中心地はポーランド中部と推定される。これは東方文化のヨーロッパ北部への進入経路を考える際、カルパチア山脈、南ブク川、ドニエストル川、ヴィスワ川、オドラ川、エルベ川など、山脈や水系の構造から自然なことと思われる。歴史時代においてもこの経路での東西ヨーロッパ諸文化の往来は非常に盛んであった。さらにポーランド中部や南部においては最も古い時代の縄目紋土器が見つかっていることから、縄目紋土器文化は球状アンフォラ文化の中心部であるポーランドから発生してライン川西岸地方からヴォルガ川中流域までの広大な地域を占めるようになったと考えられる。また、ポルトガル西端部で発生し広まった非インド・ヨーロッパ語族の鐘状ビーカー文化(ベル・ビーカー文化)はインド・ヨーロッパ語族の縄目文土器文化や球状アンフォラ文化の人々と接触し、言語交替が起きてほぼ全体がケルト語派となったと推測される。マリア・ギンブタスはそのクルガン仮説において、球状アンフォラ文化をインド・ヨーロッパ語族の第二の源郷と位置づけている。(第一の源郷ははるか東方、ドニエプル川流域からヴォルガ川流域にかけての、アゾフ海とコーカサス山脈の北側に広がるステップ地帯。).

新しい!!: ポーランドと球状アンフォラ文化 · 続きを見る »

破門

(はもん)は.

新しい!!: ポーランドと破門 · 続きを見る »

海浜の砂 Sand from Pismo Beach, California. 砂(すな、)は、砕屑物のうち、礫とシルトの中間(粒径が2 ミリメートル (mm) - 1/16 mm (62.5マイクロメートル (μm)) の粒子)のものをいう。岩石が風化・浸食・運搬される過程で生じた岩片や鉱物片などの砕屑物(砕屑性堆積物)から構成され、サンゴ・貝殻などの石灰質の化石片を含むこともある。河川の下流、河口、海岸、海底など、様々な堆積環境下で観察される。 また、岩石を人工的手段で破砕した破砕物のうち、上記定義に該当する粒度のものを指す場合もある。.

新しい!!: ポーランドと砂 · 続きを見る »

砂漠

ハラ砂漠 アタカマ砂漠 カラハリ砂漠 砂漠(さばく、沙漠)とは、降雨が極端に少なく、砂や岩石の多い土地のこと。 年間降雨量が250mm以下の地域、または降雨量よりも蒸発量の方が多い地域などの定義がある。 植物がほとんど生息せず、水分も少ないため、気温の日較差が激しい。よって農業には適さず、人間の居住が難しい地域(アネクメネ)である。砂漠地は岩石(メサ、ビュート)、礫(れき)、砂、ワジ(涸れ川)、塩湖などで形成され、砂漠地の中で水が得られる希少な場所は人などが生息できるオアシスとなる。 海の砂漠は砂漠ではないが、本項で解説する。.

新しい!!: ポーランドと砂漠 · 続きを見る »

硬貨

貨(こうか)は金属で作られた貨幣である。コイン(coin)ともいわれる。かつて「コイン」は基本的に金や銀の素材金属の価値と額面の差の無い本位通貨やその補助貨幣として鋳造されることが多かったが、現在は管理通貨制度の下で不換紙幣と並列して素材の価値が額面を大きく下回る硬貨1988年以前は臨時通貨法の下、日本では事実上の現金通貨が日本銀行券と臨時補助貨幣のみであったため、硬貨は「補助貨幣」と称されていたが(『世界大百科事典』26、平凡社、2009年)、1988年に制定された通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律以降は「貨幣」と称する。のみが流通する。 他方、経済学においては『硬貨』はハードカレンシー(国際決済通貨)や本位貨幣を指すことばであり、対義語の『軟貨』(ソフトカレンシー)とは国際決済に用いられない・用いることが出来ない通貨を指す。.

新しい!!: ポーランドと硬貨 · 続きを見る »

社会主義

会主義(しゃかいしゅぎ、socialism)は、個人主義的な自由主義経済や資本主義の弊害に反対し、より平等で公正な社会を目指す思想、運動、体制The Oxford English Dictionary (1970年) C - 701p。 歴史的にも社会主義を掲げる主張は多数あり、共産主義、社会民主主義、無政府主義、国家社会主義なども含む生産手段の共有化は社会主義に見られる大きな特徴であり、必須の条件のように語られることも多いが、後出のアンリ・ド・サン=シモンのようにそれを掲げていない思想家の例もある。エミール・デュルケームは「社会主義とは、結局のところ経済生活をばそれを規制する中心的機関に結びつけることに帰着するのではないか」と述べている(『社会主義およびサン‐シモン』邦訳:森博 恒星社厚生閣 ISBN 4-769-90190-9)。この言葉に従うならば、社会を組織化することにより人々を支える制度は、例えば富の再分配だけであっても、社会主義の範疇に含めることができる。。.

新しい!!: ポーランドと社会主義 · 続きを見る »

社会主義国

会主義国(しゃかいしゅぎこく)とは、社会主義を標榜する国家のこと。 通常は憲法などで社会主義を国家理念・国家政策として掲げる共和国であり、単に共産党が政権を担っているだけでは社会主義国とは呼ばれない(キプロス、サンマリノなど)。狭義にはマルクス・レーニン主義を掲げる国家、広義には社会主義的諸政策を推進している国家である。 最初の社会主義国家はソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)で、ソ連崩壊後の現在では中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)、ベトナム、ラオス、キューバである。.

新しい!!: ポーランドと社会主義国 · 続きを見る »

神聖ローマ帝国

聖ローマ帝国(しんせいローマていこく、,,, Holy Roman Empire)は、現在のドイツ、オーストリア、チェコ、イタリア北部を中心に存在していた国家。9~10世紀に成立し、1806年まで続いた。西ローマ帝国の後継国家を称した。.

新しい!!: ポーランドと神聖ローマ帝国 · 続きを見る »

神聖ローマ皇帝

聖ローマ皇帝(しんせいローマこうてい、Römisch-deutscher Kaiser、Holy Roman Emperor)は神聖ローマ帝国の君主であるローマ皇帝を指し、古代ローマ皇帝や東ローマ皇帝と区別するための歴史学的用語。実際に用いられた称号ではなく、実際にはローマ人の皇帝(Romanorum Imperator、Kaiser der Römer)と称した。カール大帝以降を指す場合とオットー1世以降に限る場合がある。理念的には、中世西ヨーロッパにおける世俗の最高支配者とされ、カトリック世界において普遍的な世俗支配権を主張した。特にドイツとイタリアで国法上最も重要な位置を占め、指導的役割を担った。ドイツ皇帝と通称される場合もあり、これは近世以降の国号に「ドイツ国民の」が加わったことによる。.

新しい!!: ポーランドと神聖ローマ皇帝 · 続きを見る »

租税

租税(そぜい、税(ぜい)、tax)とは、国や地方公共団体(政府等)が、公共財や公共サービスの経費として、法令の定めに基づいて国民や住民に負担を求める金銭である。現代社会においてほとんどの国が物納や労働ではなく「お金(おかね、その国で使用されている通貨)」による納税方法を採用しており、日本では税金(ぜいきん)と呼ばれている。 税制(ぜいせい)とは、「租税制度」を指す用語であり、国家の運営に係る歳入歳出(財政)の根幹、また政治経済(経世済民)そのものである。商売や契約・取引等の行為及び所得や有形無形の財産などに対して税を賦課することを課税(かぜい)、課税された税を納めることを納税(のうぜい)、徴収することを徴税(ちょうぜい)、それらについての事務を税務(ぜいむ)という。政府の財政状況において租税徴収額を減額することを減税、逆に増額することを増税という。.

新しい!!: ポーランドと租税 · 続きを見る »

移動祝日

移動祝日(いどうしゅくじつ)とは年によって日付が変動する祝日のことである。移動祝祭日(いどうしゅくさいじつ)とも呼ぶ。.

新しい!!: ポーランドと移動祝日 · 続きを見る »

移民

移民(いみん)とは、異なる国家や異なる文化地域へ移り住む事象(immigration, emigration)、また移住する・移住した人々(immigrants, emigrants)を指す。.

新しい!!: ポーランドと移民 · 続きを見る »

税率

率(ぜいりつ)とは、税額を算定するに当たり課税標準に対する割合をさす。.

新しい!!: ポーランドと税率 · 続きを見る »

立法

立法(りっぽう、legislation)とは、形式的意味においては議会の議決を経て法律を定立することをいうが、実質的意味においては法規という特定の内容の法規範を定立する国家作用のことをいい、行政・司法と並ぶ国家作用の一つである。この国家作用を行う権能を立法権という。.

新しい!!: ポーランドと立法 · 続きを見る »

立方メートル

立方メートル(りっぽうメートル、cubic metre)は、計量法、国際単位系 (SI) の体積の単位である。 1 立方メートルは、 辺の長さが 1 メートル (m) の立方体の体積である。.

新しい!!: ポーランドと立方メートル · 続きを見る »

立憲君主制

立憲君主制(りっけんくんしゅせい、Constitutional monarchy)または制限君主制とは、君主の権力が憲法により規制されている君主制。君主制とは、ある政治共同体において世襲の君主が主権を持つ政治形態。.

新しい!!: ポーランドと立憲君主制 · 続きを見る »

第1回十字軍

中世の写本に描かれた第1回十字軍のエルサレム攻撃 第1回十字軍(だいいっかいじゅうじぐん、1096年 – 1099年)は、1095年にローマ教皇ウルバヌス2世の呼びかけにより、キリスト教の聖地エルサレムの回復のために始められた軍事行動。クレルモンにおける教会会議の最後に行われた聖地回復支援の短い呼びかけが、当時の民衆の宗教意識の高まりとあいまって西欧の国々を巻き込む一大運動へと発展した。 十字軍運動においては、一般に考えられているような騎士たちだけではなく一般民衆もエルサレムへ向かった。彼らは戦闘の末にイスラム教徒を破って、同地を1099年7月15日に占領した。そして、エルサレム王国など「十字軍国家」と呼ばれる一群の国家群がパレスティナに出現した。西欧諸国が初めて連携して共通の目標に取り組んだという点で、十字軍運動は欧州史における重大な転換点となった。そしていわゆる「十字軍」を名乗った運動で当初の目的を達成することができたのは、この第1回十字軍が最初で最後となる。.

新しい!!: ポーランドと第1回十字軍 · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: ポーランドと第一次世界大戦 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: ポーランドと第二次世界大戦 · 続きを見る »

第二次トルンの和約

''第二次トルンの和約''(ヤン・マテイコ画/1873年/District Museum in Toruń) 第二次トルンの和約で成立したポーランド王領プロシア(1466年 - 1772年、ポーランドの領土)。青はポメレリア、赤はクルマーラント、緑はエルビングとマリーエンブルク、黄色はヴァルミア司教領(エルムラント) 第二次トルンの和約(波:Drugi Pokój Toruński、独:Zweiter Friede von Thorn)は、1466年10月9日にハンザ同盟の都市、トルンでポーランド王カジミェシュ4世とドイツ騎士団との間で調印された平和条約である。 条約は、ドイツ騎士団国の支配に対してダンツィヒ、エルビング、クルム、トルン、そして、プロイセンの商工民、地主、非ドイツ騎士団系僧侶の人々が率いるプロイセン連合が1454年2月に起こした反乱に端を発したいわゆる「十三年戦争」を終結させた。 両者はローマ教皇パウルス2世と神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世の承認を求めることに同意したが、ドイツ皇帝の権利に懐疑的なポーランド王国側はこの承認が条約の批准に必要とされないと強調し、騎士団側もこれに同意した。条約において、ドイツ騎士団はダンツィヒのあるポメレリア(東部ポメラニア)、クルムとトルンのあるクルマーラント、ヴィスワ川河口周辺とそのエルビングとマリーエンブルク、アレンシュタインのあるヴァルミア司教領を割譲した。騎士団は西プロイセンにおけるポーランド王国の権利を認め、その後ポーランド王領プロシアとして知られるようになった。 条約の結果、ヴァルミアはヴァルミア司教(ヴァルミア公国)によって統治される自治領となった。東プロイセン(後のプロシア公領)は1525年までドイツ騎士団に残されており、騎士団総長はポーランド王へ直に誓いを立て、王に軍隊を供することとなっていた。誓いを立てることを避けるため、新任の騎士団総長はプロイセンに訪れないことを慣例とした。 条約では、王領プロシアはポーランド王とポーランド王国の独占的な所有地となった。後に、意見の相違がダンツィヒの特権のように、王領プロシアとその都市が持っていた特定の特権について表れた。ポーランド側が王領プロシアを単に王国の一部と考える一方でそこの住人たちは自分たちの自治を保証された。各都市の統治構造はポーランド王国と異なっており、王国の他のいくつかの地域と同様に独自の通貨を鋳造することが許可され、プロイセンの諸身分が参加する議会を持ち、軍隊とドイツ語による管理のための慣習法を持つなどの特権が許されていた。プロイセン人の聖職者すなわちドイツ騎士団は王領プロシアで司教の名前を挙げる権利を与えられなかったが、それはこの地がポーランドのグニェズノ大司教の直轄地であることを示していた。これに不満を持ったドイツ騎士団は王国首都クラクフの(ポーランド国会)に用意されていた彼らの議席に座らないことを決意した。この対立は1年後の1467年に司祭戦争の勃発を招いた。この戦争もプロイセン連合の諸都市に支持されたポーランド王国の勝利に終わった。 注意すべきは、この地方ではドイツ系住民の間で一般市民と貴族階級の間の階級的対立が厳然と存在し、前者がドイツ貴族よりも寛容で自由主義的な政策を採るポーランド王国を常に支持しつづけたことである。 以後、王領プロシアはポーランド王国そしてポーランド・リトアニア共和国とだんだん融和していった。この地方は文化や社会制度においては18世紀後期のポーランド分割まで社会において王国の他の地方と比較して若干の違いが見られた。 1525年に、騎士団は騎士団総長アルプレヒト・フォン・ブランデンブルクによりプロイセンから放逐され、アルプレヒトはルター派に改宗し、プロイセンによる臣従の礼をとり、ポーランド王の下で世襲統治者として公爵の位を帯びた。その地域はプロシア公領(後の東プロイセン)として知られるようになった。.

新しい!!: ポーランドと第二次トルンの和約 · 続きを見る »

第二次ウィーン包囲

二次ウィーン包囲(だいにじウィーンほうい)は、1683年に行われたオスマン帝国による最後の大規模なヨーロッパ進撃作戦である。オスマン軍はオーストリアの首都にして神聖ローマ皇帝の居城であるウィーンを大軍をもって攻撃したが、拙速な作戦により包囲戦を長期化させ、最後は反オスマン帝国を掲げて結集した中央ヨーロッパ諸国連合軍によって包囲を打ち破られるという惨憺たる敗北に終わり、この包囲戦を契機にオーストリア、ポーランド、ヴェネツィア、ロシアらからなる神聖同盟とオスマン帝国は16年間にわたる長い大トルコ戦争に突入した。その結果、歴史上初めてオスマン帝国がヨーロッパ諸国に大規模な領土の割譲を行った条約として知られる1699年のカルロヴィッツ条約締結に至った。.

新しい!!: ポーランドと第二次ウィーン包囲 · 続きを見る »

第二次産業

二次産業(だいにじさんぎょう、secondary sector of industry)は、コーリン・クラークによる古典的な産業分類の一つ。.

新しい!!: ポーランドと第二次産業 · 続きを見る »

第四紀

四紀(だいよんき一部の地学事典には「だいしき」と記述されているが、文部省『学術用語集 地学編』(日本学術振興会、1984年、ISBN 4-8181-8401-2、)の表記は「Daiyonki」である。『学術用語集』編纂の経緯に鑑み、ここでは「だいよんき」とした。なお、日本第四紀学会公式サイトにおいて、「『だいよんき』と『だいしき』のどちらが正しいのか」との質問に対し、「『だいよんき』と『だいしき』のどちらが正しいということはありませんが、一般に広く用いられているのは前者です。日本第四紀学会の読み方としても「だいよんき」が使われます。」と回答している。、Quaternary period)は地質時代の一つで、258万8000年前から現在までの期間。 他の地質時代が生物相の大幅な変化(特に大量絶滅)を境界として定められたのに対し、第四紀は人類の時代という意味で決められた。したがって、古人類学の進展に伴い次々に古い原人が発見されるとともに第四紀の始まる年代も変化していった。現在ではヒト属の出現を基準とし、地質層序や気候変動を併用して決定している。 第四紀より古い地層を、かつては三紀層と呼んでいたが、今では古第三紀・新第三紀に分かれている(#語源)。.

新しい!!: ポーランドと第四紀 · 続きを見る »

簒奪

奪(さんだつ)とは、本来君主の地位の継承資格が無い者が、君主の地位を奪取すること。あるいは継承資格の優先順位の低い者が、より高い者から君主の地位を奪取する事。ないしそれを批判的に表現した語。本来その地位につくべきでない人物が武力や政治的圧力で君主の地位を譲ることを強要するという意味合いが含まれる。.

新しい!!: ポーランドと簒奪 · 続きを見る »

累進課税

累進課税(るいしんかぜい)とは、課税標準(租税を賦課する課税対象)が増えるほど、より高い税率を課する課税方式のことをいう。また、この制度下における税率は「累進税率」と称される。.

新しい!!: ポーランドと累進課税 · 続きを見る »

紅ルーシ

紅ルーシ(ウクライナ語:Червона Русь;ポーランド語:Ruś Czerwona;ラテン語:Ruthenia Rubra)は、ウクライナ西部の歴史的地名である。西欧の文献におけるガリツィア地方の別称、あるいは旧ハールィチ・ヴォルィーニ大公国の領域を指す概念である。主な市町はリヴィウ、ハールィチ、ベルズ、ホルム、ペレームィシュリ。赤ルーシとも。.

新しい!!: ポーランドと紅ルーシ · 続きを見る »

緊縮財政政策

緊縮財政政策もしくは緊縮財政(英:austerity measures, fiscal consolidation, fiscal austerity)とは、政府支出の削減や増税といった手段で政府の財政を均衡させる試みのことである。.

新しい!!: ポーランドと緊縮財政政策 · 続きを見る »

総合格闘技

総合格闘技(そうごうかくとうぎ)は、打撃(パンチ、キック)、投げ技、固技(抑込技、関節技、絞め技)などの様々な攻撃法を駆使して勝敗を競う格闘技の一つである。略して「総合」と呼ばれることもある。英語では「混合格闘技」を意味する「Mixed Martial Arts」、略称は「MMA」と呼ばれるが、この言葉は1984年ロス五輪のレスリング金メダリストで、プロレスやUFCの解説も行っていたジェフ・プラトニックが日本の「総合格闘技」という言葉を参考に造語したといわれる。.

新しい!!: ポーランドと総合格闘技 · 続きを見る »

総督

総督(そうとく)とは、以下のことを指す。.

新しい!!: ポーランドと総督 · 続きを見る »

羽毛

羽毛(うもう)とは、.

新しい!!: ポーランドと羽毛 · 続きを見る »

翻訳借用

翻訳借用(ほんやくしゃくよう)とは、ある言語がほかの言語から語を借用するとき、借用元の語の意味をなぞり翻訳して取り入れることを指す。語の音形をなぞって取り入れる「音訳借用」(Homophonic translation)に対立する概念である。 翻訳借用は通例複合語の借用の際に問題となる現象だが(単純語を単純語に翻訳しても「借用」とは意識されない)、借用元の語の構成要素である形態素(または語)のひとつひとつを翻訳し、これを組み合わせて新しい複合語を作る場合(カルク(fr:calque)、なぞりともいう)がほとんどであり、翻訳借用の例(例えば"airport"→「空港」)としてしばしば挙げられるのもすべてカルクである。しかし、実際には後述の漢字語のようにカルクによらない訳例も見られるため、翻訳借用と「カルク」は完全には一致しない。 明確に借用であると分かる音訳借用とは違い、通常の翻訳による造語なのか翻訳借用(考え方・造語法の借用)なのか不明瞭な部分も大きく、両者の間に明確なラインを引けない面もある。.

新しい!!: ポーランドと翻訳借用 · 続きを見る »

父の日

の日(ちちのひ)は、父に感謝を表す日。アメリカのドッド夫人が『母の日』にならって、父親に感謝するために白いバラを送ったのが始まり。.

新しい!!: ポーランドと父の日 · 続きを見る »

絞首刑

ピサネロが描いた絞首刑の様子 絞縄 絞首刑(こうしゅけい)とは、死刑の一種で、絞殺する刑罰である。絞殺刑(こうさつけい)ともいう。.

新しい!!: ポーランドと絞首刑 · 続きを見る »

絶滅

絶滅(ぜつめつ)とは、一つの生物種の全ての個体が死ぬことによって、その種が絶えること。種全体に対してではなく個体群に対して用いることもある。ただし野生のものも含めて全ての個体の死亡を確認するのは難しく、絶滅したとされた種の個体が後になって生存を確認されることもある。 また、IUCNレッドリストのカテゴリーである「Extinct」の訳語としても用いられる。.

新しい!!: ポーランドと絶滅 · 続きを見る »

経済協力開発機構

経済協力開発機構(けいざいきょうりょくかいはつきこう、Organisation for Economic Co-operation and Development, OECD、Organisation de coopération et de développement économiques, OCDE)は、ヨーロッパ、北米等の国々によって、国際経済全般について協議することを目的とした国際機関。 本部事務局はパリ16区の旧に置かれている。公用語は英語とフランス語。事務総長はアンヘル・グリア。.

新しい!!: ポーランドと経済協力開発機構 · 続きを見る »

経済学者

経済学者(けいざいがくしゃ、)とは、経済の研究をしたり、その結果得られた理論やその体系(経済学)を社会に提言・実践したりする経済の専門家のこと。エコノミストともいう。.

新しい!!: ポーランドと経済学者 · 続きを見る »

経済相互援助会議

経済相互援助会議(けいざいそうごえんじょかいぎ、Совет экономической взаимопомощи、СЭВ、SEV)は、1949年にソ連の主導のもとで東ヨーロッパ諸国を中心とした共産主義諸国(東側諸国)の経済協力機構として結成された。西側での通称はコメコン(COMECON- Council for Mutual Economic Assistance の略)。.

新しい!!: ポーランドと経済相互援助会議 · 続きを見る »

環濠集落

集落(かんごうしゅうらく、moated settlements, ditched settlements, ditch-enclosed settlements)とは、周囲に堀をめぐらせた集落(ムラ)のこと。水稲農耕とともに大陸からもたらされた新しい集落の境界施設と考えられている。 水堀をめぐらせた場合に環濠と書き、空堀をめぐらせた場合に環壕と書いて区別することがある。.

新しい!!: ポーランドと環濠集落 · 続きを見る »

生存権

生存権(せいぞんけん、droit à la vie、Recht auf Leben、right to live)とは、人間が人間らしく生きるのに必要な諸条件の確保を、国家に要求する権利.

新しい!!: ポーランドと生存権 · 続きを見る »

無政府状態

無政府状態(むせいふじょうたい、anarchy)は、国家などの社会集団において支配や統制が無い状態。この用語は当初は指導者不在の意味で使用されたが、1840年にピエール・ジョゼフ・プルードンが新しい政治思想であるアナキズム(無政府主義)の用語としても使用した。.

新しい!!: ポーランドと無政府状態 · 続きを見る »

異教徒

教徒(いきょうと、、、)とは、自己の奉ずる宗教とは異なる宗教を信じる人。ユダヤ教、原始キリスト教の書物(それぞれユダヤ教聖書、旧約聖書・新約聖書)の日本語訳では「異邦人」(ヘブライ語:ゴイ、ギリシャ語:エトネー、、 = ジェンタイル、)としている。 キリスト教が広まるにつれてキリスト教以外の宗教を信じる人となり、しばしば無神論者を指すこともある。.

新しい!!: ポーランドと異教徒 · 続きを見る »

独ソ不可侵条約

条約に調印するソ連外相モロトフ。後列の右から2人目はスターリン 独ソ不可侵条約(どくそふかしんじょうやく、Deutsch-Russischer Nichtangriffspakt、Договор о ненападении между Германией и Советским Союзом、German-Soviet Nonaggression Pact)は、1939年8月23日にドイツとソ連の間に締結された不可侵条約。天敵といわれたヒトラーとスターリンが手を結んだことは、世界中に衝撃を与えた。 条約は別名署名したモロトフ、リッベントロップ両外務大臣の名前を取り、モロトフ=リッベントロップ協定(Ribbentrop-Molotow-Pakt、Пакт Молотова-Риббентропа、Molotov-Ribbentrop Pact)、M.

新しい!!: ポーランドと独ソ不可侵条約 · 続きを見る »

独立

立(どくりつ)とは、他者・他国家などによって支配され、従属的立場にあったものがその支配から離れ、1つの主体として成立することである。とりわけ従属的立場にあった民族が別個の国家を樹立する際に用いられる。.

新しい!!: ポーランドと独立 · 続きを見る »

独立自主管理労働組合「連帯」

立自主管理労働組合「連帯」(どくりつじしゅかんりろうどうくみあい「れんたい」、通称:連帯、Niezależny Samorządny Związek Zawodowy „Solidarność”、略称:NSZZ „Solidarność”)は、ポーランドにおいて労働組合から公然たる反共運動へと発展した組織である。1980年、社会主義国として初の労働者による自主的かつ全国規模の労働組合として結成。.

新しい!!: ポーランドと独立自主管理労働組合「連帯」 · 続きを見る »

花崗岩

深成岩のQAPF図; Q:石英、A:アルカリ長石、P:斜長石、F:準長石 花崗岩(かこうがん、)とは、火成岩の一種。流紋岩に対応する成分の深成岩である。石材としては御影石(みかげいし)とも呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドと花崗岩 · 続きを見る »

鎌と槌

一般的な「鎌と槌」の図像 一般的な「鎌と槌」の図像 1955年以降のソビエト連邦の国旗に表された「鎌と槌」、鎌の形が若干違い、握りがより明確に描かれている 鎌と槌(かまとつち、鎌と鎚とも)または鎌とハンマー若しくはツチカマとは、鎌と槌を組み合わせた標章。農民と労働者の団結を表し、マルクス・レーニン主義の共産主義や共産党のシンボルとして使われている。.

新しい!!: ポーランドと鎌と槌 · 続きを見る »

遷都

遷都(せんと)は、都(みやこ)を他所へうつす(遷す)こと広辞苑 第五版。、都を替えることを意味する漢字文化圏の語。日本語では古くは都遷り大辞林 第三版。/都移り(みやこうつり)とも言った。反対に、かつて都であった場所に都を戻す(還す)ことは還都(かんと)と言い(cf. #還都の一覧)、日本語では古くは都還り(みやこがえり)とも言った。ただし、日本語に限っては、還都は遷都と同義で用いられることもある。現代では、首都機能の全部もしくは重要な一部を他に遷すことを指して首都機能移転という語も用いられる(後述)。.

新しい!!: ポーランドと遷都 · 続きを見る »

選挙権

選挙権(せんきょけん)とは参政権のうちの1つであり、選挙人の資格すなわち選挙に参加できる資格もしくは地位を指す。 これは選挙において投票する権利(投票権)のみならず、選挙人名簿への登録や選挙の公示を受ける権利などを含み、広義では被選挙権(選挙の候補者となる権利)を含める場合がある。また、選挙における議員定数に著しい不均衡が生じた場合に、選挙人がその是正のための立法措置を求める権利も含まれるとされている。.

新しい!!: ポーランドと選挙権 · 続きを見る »

聖人

聖人(せいじん[漢音]、しょうにん[呉音])とは、一般的に、徳が高く、人格高潔で、生き方において他の人物の模範となるような人物のことをさす。主に特定の宗教・宗派の中での教祖や高弟、崇拝・崇敬対象となる過去の人物をさすことが多い。一般的な読み方は「聖人」(せいじん)であるが、仏教の場合は「聖人」(しょうにん)と読むことがある。.

新しい!!: ポーランドと聖人 · 続きを見る »

聖体の祝日

Meckenbeuren) Münsterland) 聖体の祝日(せいたいのしゅくじつ、)あるいは聖体祭は、西方カトリックの祝日である。また若干の英国国教会や一部のルーテル教会、リベラル・カトリック教会などでも祝われる。これは聖体をあがめる祝日であって、イエスの人生での特定の出来事を祝うものではない。この木曜の祝日は、最後の晩餐における聖体の秘蹟と結び付けられている。この祝日は、三位一体の主日の後の木曜日に、または、一部で日曜日に持たれる。現在のカトリック教会典礼では、この祝日は至聖なるキリストの体と血の儀式とされている。 多くの英語圏の国では聖体の祝日は、カトリックでも英国国教会派でも、三位一体の主日の後の日曜日へ移されている。ミサ終了後、聖体の行列(しばしば屋外)を行うのが慣例で、そして聖体の祝福が続く。.

新しい!!: ポーランドと聖体の祝日 · 続きを見る »

聖母の騎士高等学校

聖母の騎士高等学校(せいぼのきしこうとうがっこう)は、長崎県長崎市本河内にあるキリスト教カトリック系私立高等学校。.

新しい!!: ポーランドと聖母の騎士高等学校 · 続きを見る »

荷車

ハイチの荷車 荷車(にぐるま)とは、荷物を運ぶために使われる、車輪の付いた輸送用の道具。車輪が2つのものが多く、人力でひくか使役動物にひかせることが多い。荷物が重い場合は、ひくと同時に後ろから人間が押す。小型の手押し車は1輪の場合もあるし、大型のものは4輪のものもある。日本の道路交通法では、荷車は一部を除いて軽車両の扱いである(詳細は軽車両を参照)。 荷車をひかせる動物としては、ウマ、ポニー、ウシ、スイギュウ、ロバなどがよく使われるが、ヤギや大型犬などの小さめの動物を使うこともある。 荷車を作る職人は車大工と呼ぶ。英語の「カートライト (Cartwright)」という姓はこれに由来する。また、荷車で様々な物品を運ぶ職業から「カーター (Carter)」という姓が生まれた。.

新しい!!: ポーランドと荷車 · 続きを見る »

非鉄金属

非鉄金属(ひてつきんぞく、non-ferrous metal)とは、鉄および鉄を主成分とした合金、つまり鋼(ferrous metal)以外の金属のすべてを指す。日本工業規格 (JIS) では、部門記号 H(非鉄金属)に区分されている。.

新しい!!: ポーランドと非鉄金属 · 続きを見る »

非拘束名簿式

非拘束名簿式(ひこうそくめいぼしき)とは、選挙における比例代表制において比例名簿の順位を決めない方式のこと。 議席を得た政党内での当選者は、各候補者の個人名での得票数により決定される。.

新しい!!: ポーランドと非拘束名簿式 · 続きを見る »

領邦

邦(りょうほう、Territorium)は、中世ヨーロッパに成立した君主を中心とする半自立の支配圏。ドイツでは領邦が徐々に自立を進めて国家の体裁を整えていき(領邦国家、Territorialstaat, Landesstaat)、17世紀半ばに一応の国家主権が認められた。19世紀後半にドイツ統一が果たされると国家主権は失われ、ドイツ帝国を構成する諸邦としての地位を認められた。.

新しい!!: ポーランドと領邦 · 続きを見る »

行政

行政(ぎょうせい、英: administration)とは、立法および司法と並ぶ国家作用の1つで、法律などにより決定された内容を実現することである。.

新しい!!: ポーランドと行政 · 続きを見る »

衆議院

衆議院(しゅうぎいん、House of Representatives)は、日本の立法府たる国会の議院の一つで、参議院とともにこれを構成する(日本国憲法第42条)。 1890年(明治23年)の大日本帝国憲法の施行に伴い帝国議会の一院として成立した議院であり、1947年(昭和22年)の日本国憲法の施行に伴って国会の一院として成立した。いずれも下院にあたる。.

新しい!!: ポーランドと衆議院 · 続きを見る »

衛星国

衛星国(えいせいこく、Satellite state)とは、主権国家として独立しているが、主要政策で大国により主権を制限され、常に追随する行動を取る国家に対する批判的な呼称。第一次世界大戦頃から相手の陣営に参加した国に対して用いられるようになった。.

新しい!!: ポーランドと衛星国 · 続きを見る »

飛地

飛地(とびち、飛び地)とは、一つの国の領土や行政区画、町会等の内、地理的に分離している一部分である。土地の一部が「他所に飛んでいる」と見られることからこう呼ばれる。 オエクシ)が飛地にあたる。.

新しい!!: ポーランドと飛地 · 続きを見る »

西ポモージェ県

西ポモージェ県(Województwo zachodniopomorskie)は、ポーランド北西部の県である。県都はシュチェチン。バルト海に面している。ドイツと接していて、国内ではルブシュ県、ヴィエルコポルスカ県、ポモージェ県と接している。1999年1月1日、ポーランドの地方行政区画の改正にともない誕生した。主に旧シュチェチン県、旧コシャリン県からなり、旧ゴジュフ県、スウプスク県、ピワ県の一部も含む。 ポメラニア地方としてポーランド、デンマーク、スウェーデン、ドイツが領有権を求めて争った。第二次世界大戦まではドイツ領であった。ドイツ領時代は後ポンメルン(ヒンターポンメルン)地方と呼ばれた。オーデル・ナイセ線が国境として確定されたのに伴い、数百年ぶりにポーランド領に復帰した。.

新しい!!: ポーランドと西ポモージェ県 · 続きを見る »

西ドイツ

西ドイツ(にしドイツ、Westdeutschland、West Germany)は、1949年5月23日から1990年10月2日までのドイツ連邦共和国の通称である。略称、西独。 冷戦時代はドイツ民主共和国(東ドイツ)と対峙する分断国家だったが、1990年10月3日、ドイツ民主共和国を併合する東西ドイツ再統一により、この通称は使われなくなった。東西ドイツ再統一まで首都はボンに置かれたが、再統一後はベルリンに移った。ドイツ人は、かつての西ドイツを「ボン共和国」(die Bonner Republik)と呼ぶこともある。ドイツ再統一は法的には「旧東ドイツの各州がドイツ連邦共和国に加入」という形式で行なわれたため、厳密にいうと現在のドイツは再統一により再編成された新しい国家ではなく領域を旧東ドイツにも拡大した西ドイツである。.

新しい!!: ポーランドと西ドイツ · 続きを見る »

西スラヴ人

西スラヴ人が多数を占める国 西スラヴ人(にしスラヴじん)は、スラヴ人の中で、西スラヴ語を話すチェコ人、ポーランド人、スロバキア人、カシューブ人、 ソルブ人を指す、グループも含む。このうちカシューブ人はすでにポーランド人に同化され、ソルブ人もドイツ社会に取り込まれているが、他の西スラヴ人は今日まで彼らの文化的なアイデンティティを保ち続いている。西スラヴ人社会は西ヨーロッパ諸国に倣って神聖ローマ帝国と政治的に連携することで発展してきた。.

新しい!!: ポーランドと西スラヴ人 · 続きを見る »

西スラヴ語群

西スラヴ語群(にしスラヴごぐん、ポーランド語: Języki zachodniosłowiańskie, チェコ語: Západoslovanské jazyky)は、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派の下位分類。中央ヨーロッパに分布し、話者人口は5600万人。ポーランド語、チェコ・スロバキア語、ソルブ語の三つが有名。 かつてはスラヴ族にとっての単一言語である「スラヴ祖語」が存在したと想定されるが、スラヴ人の民族大移動の頃(5~6世紀)から次第に方言的分化が進み、7世紀前後には西スラヴ語群としての特徴が明確になった。7世紀から10世紀にかけての時期には、この語群内でも分化が進んだ。すなわち、レヒト諸語とソルブ諸語(ラウジッツ諸語とも)である。また9世紀にはチェコ・スロヴァキア諸語が分出した。.

新しい!!: ポーランドと西スラヴ語群 · 続きを見る »

西欧

西欧(せいおう).

新しい!!: ポーランドと西欧 · 続きを見る »

親近感

親近感(しんきんかん)とは、自分と似た境遇・状態の相手や共通の趣味・主義主張などをもつ他者に対し、実際にはその他者と血縁や「近所に住んでいる。よく一緒に出かける」など身近な関係でなくてもその相手が自分と身近な存在であると認識・錯覚すること。 親近感を抱く場合、その趣味や境遇は深く入り込んだものであったり、一般的でない場合もある。.

新しい!!: ポーランドと親近感 · 続きを見る »

馬車

ア、エルミタージュ美術館に展示されている豪奢な馬車 馬車(ばしゃ)とは、人を乗せたり、荷物を運搬する、馬などに引かせる車である。馬だけでなく、ロバや騾馬などに引かせることもある。 現在は世界的に自動車にとって代わられつつあるが、インドや北アフリカ、東欧の一部や、中国の奥地など、農業の機械化が進展していない国や地域の農村部では、現在でも荷馬車を日常的に見ることができる。.

新しい!!: ポーランドと馬車 · 続きを見る »

馬肉

桜肉とも呼ばれる馬肉 馬肉(ばにく)とは馬(ウマ)の肉のこと。一部の国、地域、民族では食肉とされるが、国、民族等によってはタブー食とされている (後述) ウマは消化能力が低く食性も狭いため、食用として飼養した場合は牛(ウシ)や豚(ブタ)と比べて生産コストが高い。一方、廃用乗用馬があり、また、一般的に消費者による選好性も牛肉や豚肉に比して低いことから、馬肉は安価な食肉として、ソーセージやランチョンミートのつなぎなどの加工食品原料や、ペットフード原料に利用される。ただし、食用として育てられたものや、馬刺しなどで利用可能な部位は比較的高値で取引される。.

新しい!!: ポーランドと馬肉 · 続きを見る »

首相

首相(しゅしょう、英語:prime minister)は、首席の宰相ないし大臣を意味し、特に、議院内閣制において行政府たる内閣において首席の大臣を指す。行政府の長。国家元首やその代理人としての総督よりも儀礼上は下位に位置する。.

新しい!!: ポーランドと首相 · 続きを見る »

首都

ブラジルの首都、ブラジリア ボリビアの憲法上の首都、スクレ オーストラリアの首都、キャンベラ 南アフリカ共和国の首都の一つ、プレトリア フィリピンの首都圏、マニラ首都圏 ベトナムの首都、ハノイ 首都(しゅと、Capital city)とは、一国の中心となる都市のことを指す。ほとんどの場合にはその国の中央政府が所在し、国家元首等の国の最高指導者が拠点とする都市のことである。ただ、場合によっては、中央政府の所在とは別に、その国のシンボル的存在として認められている都市が首都とされることもある。首府・国都・都などとも呼ばれ、また、帝制国家や王制国家の場合は帝都・王都等の称がある。.

新しい!!: ポーランドと首都 · 続きを見る »

香川真司

香川 真司(かがわ しんじ、1989年3月17日 - )は、兵庫県神戸市垂水区出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・ボルシア・ドルトムント所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。.

新しい!!: ポーランドと香川真司 · 続きを見る »

詩人

詩人(しじん)とは、詩を書き、それを発表する者。また、そのことを職業にしている者。 後者でも詩作のみで生活している人はほとんどおらず、多くの場合、評論、随筆、翻訳、小説、音楽、絵画、演劇、漫画、歌の作詞など他の分野の創作活動を並行して行っていたり、あるいは(文学と縁遠い)他の職業を持っている。たとえば高村光太郎は彫刻家としても多数の作品を残しているし、草野心平にはバーや居酒屋の経営をしていた時期がある。アルチュール・ランボーは10代に残した業績によって詩人と呼ばれているが、詩作を止めた後は貿易商などさまざまな仕事に捧げた。 シンガーソングライターが詩人としても高い評価を得、詩集を出すまでに至る例もある。ボブ・ディラン、パティ・スミスなどがその例である。 また、詩人は古くから聴衆を前に自身の詩を朗読するのを常としていたが、その行為を、ポエトリーリーディングという表現形態において現代社会に甦らせた動きが、欧米のみならず、日本においても1990年代の半ば以降見受けられる、フランスのパリのレーベルで自身のポエトリーリーディングのCDを出している詩人であり美術家でありポエトリーリーディングアートパフォーマーである千葉節子等がその代表的な例である。 詩を書く者以外に対しても「詩人」という言葉が使われることがある。新明解国語辞典第六版(三省堂)にもそのような広義の意味が書かれているし、三好達治は『詩を読む人のために』(至文堂、1952年)の中で「誰かもいったように」と前書きした上で「詩を読み詩を愛する者は既に彼が詩人」であると書いている。 歌の歌詞の作者のことは一般に作詞家と呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドと詩人 · 続きを見る »

諸聖人の日

諸聖人の日(しょせいじんのひ、、)は、カトリック教会の祝日の一つで、全ての聖人と殉教者を記念する日。古くは「万聖節」(ばんせいせつ)と呼ばれていた。カトリック教会の典礼暦では11月1日。 カトリック教会にかぎらず、聖公会や正教会などキリスト教の他の一部の教派でも「諸聖人の日」に相当する祝日・祭日を定めている教会があるが、呼び名や日付は必ずしも一致しない。.

新しい!!: ポーランドと諸聖人の日 · 続きを見る »

高層建築物

層建築物(こうそうけんちくぶつ)は、高さによって建築物を区分する際の一区分で、中層建築物を超える高さを有する建築物を指す。超高層建築物と区別する場合には、中層と超高層の間の高さを有する建築物を指す。高層ビル(こうそうビル)ともいう。.

新しい!!: ポーランドと高層建築物 · 続きを見る »

高度経済成長

度経済成長(こうどけいざいせいちょう)または、高度成長(こうどせいちょう)、高成長(こうせいちょう)とは、飛躍的に経済規模が継続して拡大することである。好景気時の実質経済成長率が約10%以上を表す.

新しい!!: ポーランドと高度経済成長 · 続きを見る »

高地ソルブ語

地ソルブ語(Hornjoserbšćina)は、スラブ語派の言語である。上ソルブ語ともいう。話者がいる地域は、歴史的に高地ラウジッツ(高地ソルブ語: Hornja Łužica)と呼ばれた地域で、現在のドイツ、ザクセン州の一部である。言語分類的には、西スラヴ語群に属する言語で低地ソルブ語とで枝分かれしたグループ(ソルブ語)を形成しており、西スラヴ語群には他にチェコ語、ポーランド語、スロバキア語などが属している。.

新しい!!: ポーランドと高地ソルブ語 · 続きを見る »

高等教育

等教育(こうとうきょういく、Higher education)とは、中等教育における学修を受け、学修の成果として学位などの学術称号やサーティフィケートが授与される課程、具体的には、大学、高等専門学校、専門学校修了者に専門士または高度専門士の称号が授与される課程などで行われている教育のことである。国際標準教育分類(ISCED)ではレベル5以上のものを指す。 ISCEDによる「第3期の教育」(Tertiary education)における高等教育の区分は、学士レベル(Bachelor)の課程はレベル5A、準学士(Associate)課程はレベル5B、大学院課程はレベル6に区分される。 日本における上記の専門学校は、ISCEDレベル5Bに区分され高等教育とされるがISCEDレベル4の学位や学術称号を付与されない課程は、高等教育には区分されない。 また、「高等」教育という呼称から、日本の高等学校の課程が高等教育を行う課程であると誤認されることもあるが、正しくはそれは後期中等教育(ISCEDレベル3)を行う課程である。また、それらの学校の専攻科については中等後非高等教育(ISCEDレベル4)に位置づけられている。 世界人権宣言においては「高等教育は、能力に応じ、すべての者にひとしく開放されていなければならない」と定められている。.

新しい!!: ポーランドと高等教育 · 続きを見る »

謝肉祭

仮面舞踏会のマスク姿のヴェネツィアのカーニバル 謝肉祭(しゃにくさい、カーニバル)は、もともとカトリックなど西方教会の文化圏で見られる通俗的な節期で、四旬節の前に行われる。仮装したパレードが行なわれたり、菓子や花を投げる行事などが行なわれてきたことから、現代では宗教的な背景のない単なる祝祭をもカーニバルと称することが少なくない。.

新しい!!: ポーランドと謝肉祭 · 続きを見る »

講談社

株式会社講談社(こうだんしゃ、英称:Kodansha Ltd.)は、日本の総合出版社。創業者の野間清治の一族が経営する同族企業。.

新しい!!: ポーランドと講談社 · 続きを見る »

議会

議会が開かれる議場の例(日本参議院) 議会(ぎかい)は、通常は選挙によって選出された議員によって構成され、法律の制定(立法)などを行う機関(立法府)。近代の議会では通常、選挙民の代表、法律の制定、政府の監視(行政監督権)の3機能を持つ。.

新しい!!: ポーランドと議会 · 続きを見る »

議院内閣制

議院内閣制(ぎいんないかくせい)とは、政府(内閣)が議会(特に下院)の信任によって存立することとする制度。.

新しい!!: ポーランドと議院内閣制 · 続きを見る »

識字

識字(しきじ)(literacy)とは、文字(書記言語)を読み書きし、理解できること、またその能力。 文字に限らずさまざまな情報の読み書き、理解能力に言及する際には、日本語ではリテラシーという表現が利用される。.

新しい!!: ポーランドと識字 · 続きを見る »

財産権

財産権(ざいさんけん、property right)は、財産的価値を有する権利の総称。.

新しい!!: ポーランドと財産権 · 続きを見る »

貨物自動車

貨物自動車(かもつじどうしゃ、、トラック、、カミオン)は、主に貨物を運搬する自動車である。 比較的小型で、運転席と荷室が一体となった車体を持つ車種については、「ライトバン」を参照。.

新しい!!: ポーランドと貨物自動車 · 続きを見る »

路面電車

路面電車(ろめんでんしゃ)は、主に道路上に敷設された軌道(併用軌道)を用いる「路面鉄道」(Tram、Tramway、Streetcar、Straßenbahn)を走行する電車である。類似のシステムにライト・レール・トランジット、トラムトレイン、ゴムタイヤトラムなども存在する。.

新しい!!: ポーランドと路面電車 · 続きを見る »

鷹(たか)とは、タカ目タカ科に属する鳥のうち比較的小さ目のものを指す通称で、鳥類の一種である。 オオタカ、ハイタカ、クマタカなどの種がいる。タカ科に分類される種にて比較的大きいものをワシ(鷲,Eagle)、小さめのものをタカ(鷹, Hawk)と呼び分けているが、明確な区別ではなく慣習に従って呼び分けているに過ぎない。また大きさからも明確に分けられているわけでもない。例えばクマタカはタカ科の中でも大型の種であり大きさからはワシ類といえるし、カンムリワシは大きさはノスリ程度であるからタカ類といってもおかしくない。.

新しい!!: ポーランドと鷹 · 続きを見る »

軍法会議

軍法会議(ぐんぽうかいぎ、court martial)とは、主として軍人に対し司法権を行使する軍隊内の機関。一般的には軍の刑事裁判所として知られる。軍事裁判所、軍事法廷とも。.

新しい!!: ポーランドと軍法会議 · 続きを見る »

黄土

土とは、黄色みの強い土のことである。専門用語としては2つの用法がある。.

新しい!!: ポーランドと黄土 · 続きを見る »

黄金の自由

金の自由(おうごんのじゆう、ラテン語:Aurea Libertas アウレア・リベルタス、ポーランド語:Złota Wolność ズウォタ・ヴォルノシチ)、貴族共和国または貴族民主主義とは、ポーランド王国およびルブリン合同(1569年)後のポーランド・リトアニア共和国において機能した、貴族支配による民主主義の政治システム。このシステムの下では、領地を有する全ての貴族(シュラフタ)が法的に平等であり、きわめて多くの諸特権を享受していた。この特権に基づき、貴族階級は立法府であるセイム(ポーランド議会)を構成し、国王を選挙によって選出していた(選挙王政)。.

新しい!!: ポーランドと黄金の自由 · 続きを見る »

輸出

輸出(ゆしゅつ:Export)とは、外国へ財を販売する事である。対義語は輸入。.

新しい!!: ポーランドと輸出 · 続きを見る »

農奴制

中世ヨーロッパの農奴の服装 農奴制(のうどせい、serfdom)は、一般的に封建制のもとで行われる統治制度。農奴はもともとヨーロッパ封建社会で強く領主に隷属され「保有」された農民を指したが、強度の差はあれ前近代の中国・日本においても小作制度などとして論じることができる。しかし、奴隷との差異においても、何を基準に農奴とみるかは歴史学、経済学、法学などの学問の分野、さらに定義となる地域や時代によっても一様でない。農奴制の構成に共通する、領主と使役される小作人という関係以外では、一律に概要を説明せず下記では地域ごとの特徴を論ずるに留める。.

新しい!!: ポーランドと農奴制 · 続きを見る »

農家

農家(のうか)とは、第一次産業である農業を家業としている世帯や、その家屋のこと。農民(のうみん)、百姓などともいう。農家の定義は、時代や地域によって変わってくる。.

新しい!!: ポーランドと農家 · 続きを見る »

農産物

農産物(のうさんぶつ)とは、農業による生産物のことである。したがって正確には畜産物を含むが、このことを強調して農畜産物と言い換えられる場合がある。なお、栽培の客体としての文脈では、通常農作物(のうさくぶつ)という語が用いられるが、この場合は畜産物を含まない。.

新しい!!: ポーランドと農産物 · 続きを見る »

部族

部族(ぶぞく、tribe)とは、民族や氏族と同様に、同一の出自や歴史的背景を持ち、共通の文化や言語、価値観の上で共同生活を営むとされる集団の単位のこと。主に近代的民族概念と異なる社会形態をもつとされる集団に対して用いられる。.

新しい!!: ポーランドと部族 · 続きを見る »

都市

都市(とし、city)とは、商業、流通などの発達の結果、限られた地域に人口が集中している領域である。.

新しい!!: ポーランドと都市 · 続きを見る »

都市法

都市法(英語:City rightsまたはTown privileges)とは、中世のヨーロッパで領主が領地内の町に与えた交易権やギルド結成権などの諸権利(または法)のこと。これらの権利を得た町は周辺の町より力を持ち「都市(City)」とよばれた。また、自治権や課税権も与えられることが多かった。 都市権や都市特権と翻訳されている場合もある。.

新しい!!: ポーランドと都市法 · 続きを見る »

舞踏会

ウィリアム・ホガース、『舞踏会』、1745年 ヴィルヘルム・ゴーズ、『ホーフブルクの宮中舞踏会』、1900年。ホーフブルク宮殿で行われた舞踏会で、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の周囲に貴族たちが集まる 舞踏会(ぶとうかい、ball)は西洋における正式なダンスパーティーである。英語の「ball」はこうした舞踏会で踊られる正式なダンス(ボールルームダンス・社交ダンス、民衆のダンスであるフォークダンスとは対をなす)のことも指す。この語はラテン語で「踊る」を意味する「ballare」に由来している(スペイン語やポルトガル語では「ballare」は「bailar」に変化している)。 宮廷で催される舞踏会を宮廷舞踏会という。17世紀から18世紀にかけて、宮廷舞踏会はヨーロッパ諸国の宮廷で典礼、儀式などの機会に開催された。こうした場でのダンスは社交界に必須のものとしてイギリスで社交ダンスとして大成された。 参加者は燕尾服やイブニングドレスなどの夜会服を着て舞踏会に参加する。招待の際にはホワイトタイ(正式な礼服、男性は燕尾服・女性はボールガウン)やブラックタイ(準礼服、タキシード等)のドレスコードが指定される。.

新しい!!: ポーランドと舞踏会 · 続きを見る »

赤い星

赤い星(レッドスター、Красная звезда クラースナヤ・ズヴェズダー、five-pointed red star)は、一般的な赤色の五点星(五光星)の図案である。色々な政治的または宗教的な意味を込めて、国旗、旗、勲章、モニュメント、ロゴなどに使用されている。 20世紀以降、「赤い星」は特にレーニン主義に基づく共産主義のシンボルとして広く使われており、「黄金の星」(ゴールドスター)とも呼ばれる黄色の星(中華人民共和国の国旗などで使用)も共産主義のシンボルとして使用される場合は「赤い星」と呼ばれる。 なお、「赤い星」は他の意味でも使われている場合があり、類似の図案としてアメリカ合衆国の国旗などの「銀の星」(シルバースター)とも呼ばれる白い星などがある。.

新しい!!: ポーランドと赤い星 · 続きを見る »

赤軍

赤軍(せきぐん、ロシア語:Красная армия クラースナヤ アールミヤ)は、1918年から1946年にかけてロシアおよびソビエト連邦に存在した軍隊。1917年より始まったロシア内戦の最中に労働者・農民赤軍(ろうどうしゃ・のうみんせきぐん、Рабоче-крестьянская Красная армия ラボーチェ・クリスチヤーンスカヤ・クラースナヤ・アールミヤ、略称:労農赤軍、РККА エールカーカーアー)として設立され、1937年に海軍が赤軍から独立した後はソ連の地上軍(陸軍)を指す呼称となった。.

新しい!!: ポーランドと赤軍 · 続きを見る »

間接民主主義

間接民主主義(かんせつみんしゅしゅぎ)、間接民主制(かんせつみんしゅせい)、または代表民主主義(だいひょうみんしゅしゅぎ)、代表民主制(だいひょうみんしゅせい)とは、民主主義の分類または制度のひとつで、構成員が選挙などの一定の方法で代表者を選出し、その代表者が議会などで決定を行うこと。代議制民主主義、代議制民主制、議会制民主主義、議会制民主制、などもほぼ同義。対比概念は直接民主主義。.

新しい!!: ポーランドと間接民主主義 · 続きを見る »

開発独裁

開発独裁(かいはつどくさい、developmental dictatorship、developmental autocrat)とは、.

新しい!!: ポーランドと開発独裁 · 続きを見る »

重量挙げ

重量挙げ(じゅうりょうあげ)は、バーベルを両手で頭上に持ち上げて、その重さを競うスポーツ。ウエイトリフティング(Weightlifting)とも呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドと重量挙げ · 続きを見る »

釧路湿原

細岡展望台より宮島岬方面を望む(2009年8月) 細岡展望台より冬の湿原を見る(2006年2月) 釧路市湿原展望台より(2005年9月) 山﨑岬より宮島岬方面(2006年12月) 細岡展望台から見た夕日の釧路湿原(2010年9月) 釧路湿原大橋から見た釧路湿原と阿寒富士(2013年1月) 釧路湿原(くしろ しつげん)は、北海道釧路平野に位置する日本最大の湿原である。面積1万8290ha。釧路湿原国立公園の区域は2万8788ha。.

新しい!!: ポーランドと釧路湿原 · 続きを見る »

自由主義

自由主義(じゆうしゅぎ、liberalism、リベラリズム)とは、国家や集団や権威などによる統制に対し、個人などが自由に判断し決定する事が可能であり自己決定権を持つとする思想・体制・傾向などを指す用語。.

新しい!!: ポーランドと自由主義 · 続きを見る »

自由権

自由権(じゆうけん)は、基本的人権の分類の一つであり、国家から制約も強制もされず、自由に物事を考え、自由に行動できる権利のことをいう。.

新しい!!: ポーランドと自由権 · 続きを見る »

自衛 (ポーランド)

自衛(じえい、Samoobrona、正式名称:Samoobrona Rzeczpospolitej Polskiej(ポーランド共和国自衛)、略称: SRP)は、ポーランドの政党である。党首はアンジェイ・レッペル(Andrzej Lepper、1992年~2011年)。.

新しい!!: ポーランドと自衛 (ポーランド) · 続きを見る »

自衛権

自衛権(じえいけん)とは、急迫不正の侵害を排除するために、武力をもって必要な行為を行う国際法上の権利『現代国際法講義』、456頁。であり、自己保存の本能を基礎に置く合理的な権利であると考えられてきた。国内法上の正当防衛権に対比されることもあるが『国際法 【新版】』、732頁。、社会的条件の違いから国内法上の正当防衛権と自衛権が完全に対応しているわけでもない『国際法辞典』、167頁。。 自国を含む他国に対する侵害を排除するための行為を行う権利を集団的自衛権といい、自国に対する侵害を排除するための行為を行う権利である個別的自衛権と区別する『現代国際法講義』、456-460頁。『国際法 【新版】』、736頁。。.

新しい!!: ポーランドと自衛権 · 続きを見る »

金融危機

金融危機(きんゆうきき、financial crisis)とは、金融に端を発する経済危機のこと。.

新しい!!: ポーランドと金融危機 · 続きを見る »

金融機関

金融機関(きんゆうきかん)とは、金融取引に関する業務を営む組織のこと。狭義には預貯金取扱金融機関のみを指すが、広義には保険会社や証券会社、ノンバンクも含む。 金融の本質は、資金を余剰している先から集め、不足している先に融通するところにある。 この事業の性質上、公共性が極めて高いことから、この事業を行うものに対しては、各国とも行政運営上、この事業の資金調達ならびに営業(個人、法人および事業性個人に対するものも含めて)に対して、免許制ないし認可制・登録制などの規制を行うことがほとんどである。この、行政によって認可・許可・登録などをなされた法人を、狭義の金融機関と定義することができる。 この業態でよく見られる例としては、銀行や信用金庫などが預金という形式で集めて融資を行ったり保険会社が保険料という形式で集めて融資を行うという間接金融形式、証券会社が事業法人が株式や社債を発行する直接金融の仲介を行う形式などを挙げることができる。 これらの金融機関は、金融市場において、立場はさまざまであるが、重要なプレーヤーとして機能する。.

新しい!!: ポーランドと金融機関 · 続きを見る »

長崎市

佐山から望む長崎市街地。長崎市の夜景は世界新三大夜景・日本三大夜景にも数えられている。 長崎市(ながさきし)は、九州の北西部に位置する都市で、長崎県の県庁所在地である。国から中核市に指定されている。 古くから、外国への玄関口として発展してきた港湾都市である。江戸時代は国内唯一の貿易港出島を持ち、ヨーロッパ(主にオランダ)から多くの文化が入ってきた。外国からの文化流入の影響や、坂の多い街並みなどから、日本国内の他都市とは違った景観を保持している。 人口は長崎県で最大である。市域面積の13.1%である市街地に人口の約78%が住み、市街地の人口密度は7,900人/km2となっている。人口密度が高いため山間部にも建物が密集する。.

新しい!!: ポーランドと長崎市 · 続きを見る »

長崎市への原子爆弾投下

*.

新しい!!: ポーランドと長崎市への原子爆弾投下 · 続きを見る »

配給 (物資)

配給(はいきゅう)とは、国家等の公権力が特定の政策目的のために特定の物資の配分について、その流通や配分方法を規制する構造や制度をいう。.

新しい!!: ポーランドと配給 (物資) · 続きを見る »

鉄道車両

鉄道車両(てつどうしゃりょう)は線路またはそれに準じる軌道の上を走行する車両である。.

新しい!!: ポーランドと鉄道車両 · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: ポーランドと英語 · 続きを見る »

集団農場

集団農場(しゅうだんのうじょう)とは、耕作農民の組合によって所有・運営される形態の農場。コミューンの一形態。 多くの場合、農業施設にとどまらず様々な福利厚生施設を兼ね備えており、組合員の共同生活を前提としていることが多い。社会主義国においては国策としての既存農地に対する農業集団化の過程において半ば強制的に形成された。一方、資本主義国においては既存農地が集団化される例はほとんどなく、開拓地に形成されることが多い。農場の意志決定は(少なくとも外観的には)民主的プロセスによって行われる。.

新しい!!: ポーランドと集団農場 · 続きを見る »

通奏低音

通奏低音(つうそうていおん)とは、主にバロック音楽において行われる伴奏の形態。一般に楽譜上では低音部の旋律のみが示され、奏者はそれに適切な和音を付けて演奏する。イタリア語のバッソ・コンティヌオ (Basso continuo) の訳語で、伴奏楽器が間断なく演奏し続けるということからこの名がある。略してコンティヌオと呼ぶことも多い。ドイツ語でゲネラルバス (Generalbass) とも呼ばれる。 記譜された音に和音を付け加える和声化の作業をリアライズという。リアライズを補助するために、音符に和音の構成音の記譜音からの音程を示す数字を付けることが一般的であり、これを数字付き低音という。現代では専門教育を受けていない者のためにリアリゼーションを楽譜に書き起こしたものも多く市販されている。 通奏低音の演奏には、オルガン、チェンバロなどの鍵盤楽器や、リュート(テオルボ)、ハープ、ギターなどの撥弦楽器といった和音の出せる楽器が用いられ、しばしばヴィオラ・ダ・ガンバ、チェロ、コントラバス(またはヴィオローネ)、ファゴットなどの低音旋律楽器が併用される。コントラバスやヴィオローネの場合、記譜音の8度下を演奏することが通例である。一般には楽譜に演奏楽器の指定は無く、演奏時にこれらの楽器を任意で選択する。ただし、歴史的には和音楽器と一緒に低音旋律楽器が使われることは限定的であったことに留意しなければならない。イギリスのP.ホールマンによれば「ソナタでこれらの楽器が使われたのは、音楽がオブリガートのバス・パート(コンティヌオのバス・ラインより手がこんでいる)を含むときだったと思われる」という。一方、楽器編成の都合上や古楽の様式に則らない近代的な楽団による演奏では、旋律楽器のみで和音を伴わない楽譜どおりの演奏がなされることもあるが、これは本来の通奏低音の形態からすれば不完全なものといえる。 このような通奏低音という形態は、バロック音楽の根幹をなす要素であり、バロック時代を指して「通奏低音の時代」と称することがある。また、ポピュラー音楽における「コードネーム」の概念にも通じる原理がある。.

新しい!!: ポーランドと通奏低音 · 続きを見る »

考古学

考古学(こうこがく、英語:archaeology)は、人類が残した物質文化の痕跡(例えば、遺跡から出土した遺物、遺構などの考古資料)の研究を通し、人類の活動とその変化を研究する学問である。.

新しい!!: ポーランドと考古学 · 続きを見る »

陸上競技

屋外陸上競技場における競技の模様(女子400mH) 陸上競技場の例(敷島公園陸上競技場) 陸上競技(りくじょうきょうぎ、英語:athletics)は、主に野外競技場のトラックやフィールドあるいは道路で行われる、走る・跳ぶ・投げるの3基本技を中心とする競技の総称大辞泉。単に陸上(りくじょう)と呼ぶことも多い。.

新しい!!: ポーランドと陸上競技 · 続きを見る »

F-16 (戦闘機)

F-16は、アメリカ合衆国のジェネラル・ダイナミクス社が開発した第4世代ジェット戦闘機である。愛称はファイティング・ファルコン (Fighting Falcon)。 ジェネラル・ダイナミクス社軍用機部門のロッキード社への売却と、ロッキードのマーティン・マリエッタ併合によるロッキード・マーティンへの改称により、現在はロッキード・マーティン社の製品となっている。.

新しい!!: ポーランドとF-16 (戦闘機) · 続きを見る »

Facebook

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。.

新しい!!: ポーランドとFacebook · 続きを見る »

MIDI

MIDI(ミディ、Musical Instrument Digital Interface)は、日本のMIDI規格協議会(JMSC、現在の社団法人音楽電子事業協会)と国際団体のMIDI Manufacturers Association (MMA) により策定された、電子楽器の演奏データを機器間でデジタル転送するための世界共通規格。物理的な送受信回路・インタフェース、通信プロトコル、ファイルフォーマットなど複数の規定からなる。.

新しい!!: ポーランドとMIDI · 続きを見る »

UEFA EURO 2012

UEFA EURO 2012(UEFA Euro 2012)は、2012年6月8日から7月1日にかけて、ウクライナとポーランドで開催された第14回目のUEFA欧州選手権である。 スペインが2大会連続3回目の優勝を飾り、大会史上初の連覇を果たした。またFIFAコンフェデレーションズカップ2013への出場権は、優勝したスペインが2010 FIFAワールドカップ優勝国として既に出場権を得ているため、準優勝したイタリアに与えられた。.

新しい!!: ポーランドとUEFA EURO 2012 · 続きを見る »

暁新世

暁新世(ぎょうしんせい、Paleocene)は地質時代の時代区分の一つで、約6,600万年前から約5,600万年前までの期間を指す。新生代最古の世。古第三紀の第一の世。 前時代である中生代白亜紀には主役であった恐竜のグループは、鳥類を唯一の例外として、そのほかはK-Pg境界においてことごとく絶滅している。(ただし、アラモサウルスなどのごく一部の属は境界における絶滅を免れ、この時代のダニアン期まで生き延びていた可能性が化石から示唆されている)。海中におけるアンモナイトや首長竜類、モササウルス類も全て滅びた。.

新しい!!: ポーランドと暁新世 · 続きを見る »

暴力行為等処罰ニ関スル法律

暴力行為等処罰ニ関スル法律(ぼうりょくこういとうしょばつにかんするほうりつ、旧字体: 暴力行爲等處罰ニ關スル法律、大正15年4月10日法律第60号)は、団体または多衆による集団的な暴行・脅迫・器物損壊・強要(面会強請・強談威迫)などを特に重く処罰する日本の法律である。治安警察法17条の削除に伴う制定で、公布・施行は1926年、2004年に改正。「暴力行為法」、「暴力行為等処罰法」などと略す。 現在では暴力団及びその構成員を利用しての強要・脅迫行為を取り締まる為の法律と解釈されているが、治安警察法17条という由来から判るように、政府が労働運動としての同盟罷業を封じ込めることが本来の立法趣旨である。2009年からは学生運動の取締りにも用いられている(法政大学での実例)。また、教育機関等におけるいじめも同法の対象となりえる場合がある(福岡中2いじめ自殺事件)。特別刑法であるが、犯罪白書・警察白書においては、より総論的な性格の強い準刑法として扱われており、同書の統計では、特別刑法犯ではなく狭義の刑法犯として計上されている。.

新しい!!: ポーランドと暴力行為等処罰ニ関スル法律 · 続きを見る »

暗号文単独攻撃

暗号文単独攻撃(あんごうぶんたんどくこうげき、ciphertext-only attack、COA)または既知暗号文攻撃(きちあんごうぶんこうげき、known ciphertext attack)とは、暗号解読における攻撃モデルの一つで、攻撃者は暗号文にのみアクセス可能であるという仮定のもとで行われる攻撃である。 暗号文から、対応する平文あるいは鍵を導けることができれば、その攻撃は完全に成功したと言える。また、元となる平文の情報を少しでも取得することができれば、それだけでも攻撃は成功と見なされる。例えば、攻撃対象がトラフィック流保護のため暗号文を定期的に送信している場合、本物のメッセージと空のメッセージとを区別できれば非常に有用である。また、本物のメッセージの存在の有無が推測できるというだけでもトラフィック解析の助けとなる。 暗号史において、紙とペンとで行われていた初期の暗号は、暗号文だけをもとに破られることがよくあった。暗号分析者は頻度分析などの統計的手法を利用して暗号を破る方法を編み出したが、エニグマのような機械式暗号装置の登場により、このような攻撃は難しくなった(ただし、歴史的には、ポーランドの暗号分析者はプロトコル上の脆弱性を突くことでエニグマに対する暗号文単独攻撃を成功させることができた)。 現代の暗号はどれも暗号文単独攻撃への耐性を持つように設計されている。 新しい暗号規格の選定は数年かけて行われるが、剪定作業には大量の暗号文を使用した徹底的なテストが含まれており、これにより暗号文とランダムノイズとが統計的な性質の点で区別できないことを確認する(AES暗号選定プロセスも参照のこと)。また、ステガノグラフィーの分野においては、あるデータに他のデータの統計的性質を取り込むMimic functionなどの手法の開発により一部で発展が見られた。それでもなお、誤った暗号の使用法や、念入りな精査が行われていない自家製の暗号アルゴリズムへの依存のせいで、コンピュータ時代の暗号システムの中にも暗号文単独攻撃の対象となるものが数多く存在する。例を以下に挙げる。.

新しい!!: ポーランドと暗号文単独攻撃 · 続きを見る »

接尾辞

接尾辞(せつびじ)とは、接辞のうち、語基の後ろに付くもの。接尾語(せつびご)とも言うが、接尾辞は語ではない。.

新しい!!: ポーランドと接尾辞 · 続きを見る »

恐慌

恐慌(きょうこう、crisis、Wirtschaftskrise)は、景気循環の過程のうち、好況局面で突如発生する深刻な景気後退である。経済学の研究分野の1つである。マルクス経済学では、資本主義経済に固有の現象として恐慌を重視する。.

新しい!!: ポーランドと恐慌 · 続きを見る »

東側諸国

東側諸国 東側諸国(ひがしがわしょこく、東側、社会主義陣営、共産主義陣営とも、Eastern Bloc、イースタンブロック)とは、冷戦の間、ソビエト連邦および中央ヨーロッパ・東ヨーロッパの衛星国(ブルガリア、ルーマニア、ハンガリー、チェコスロヴァキア、東ドイツ、ポーランド、1960年代前半まではアルバニアも含む)を指して使われた言葉である。対する陣営は西側諸国。.

新しい!!: ポーランドと東側諸国 · 続きを見る »

東京

西新宿東京スカイツリー/レインボーブリッジ渋谷/国会議事堂 東京(とうきょう、)は、日本の関東平野中央部の東京湾に面する都市、あるいは都市圏であり、江戸幕府の所在地・江戸が慶応4年7月(1868年9月)に「東京」に名称変更されたものである。 明治2年3月28日に、日本の都(みやこ)が京都から「東京」に遷された。そして現在の日本の事実上の首都である。 現在の東京は世界都市であり、都市圏として世界最大の人口・経済力を擁している。.

新しい!!: ポーランドと東京 · 続きを見る »

東ヨーロッパ

中東 東ヨーロッパ(ひがしヨーロッパ)は、東欧ともいい、ヨーロッパ東部の地域を指す。時代によって「東欧」の概念は大きく変わる。広義には、かつてのヨーロッパのソ連型社会主義圏を指して「東欧」と呼んでいたが、狭義にはロシア(のウラル山脈以西)・ウクライナ・ベラルーシの三国を指す。以下は「東欧」という概念の大まかな変遷を説明する。.

新しい!!: ポーランドと東ヨーロッパ · 続きを見る »

東スラヴ人

東スラヴ人(ひがしスラヴじん)とは、スラヴ人の中で東スラヴ語を話す、現代のウクライナ人、ベラルーシ人、ロシア人や近隣の少数民族のことを指す。中世には、東スラヴ人のルーシ人がキエフ・ルーシ(リューリク朝)を支配した。.

新しい!!: ポーランドと東スラヴ人 · 続きを見る »

東スラヴ語群

東スラヴ語群(ひがしスラヴごぐん)は、インド・ヨーロッパ語族バルト・スラヴ語派のスラヴ語派を形成する一派。東ヨーロッパから北東アジアにまで分布する。話者人口はおよそ2億1000万人で、スラヴ語派内で最大のグループを形成している。.

新しい!!: ポーランドと東スラヴ語群 · 続きを見る »

東芝

株式会社東芝(とうしば、TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。.

新しい!!: ポーランドと東芝 · 続きを見る »

東欧革命

東欧革命(とうおうかくめい)は、1989年にソビエト連邦(ソ連)の衛星国であった東ヨーロッパ諸国で共産主義体制が連続的に倒された革命である。1989年革命と呼ばれる事もある。.

新しい!!: ポーランドと東欧革命 · 続きを見る »

東方の三博士

東方の三博士の来訪 東方の三博士像(ブラジル・ナタール) 東方の三博士(とうほうのさんはかせ)とは、新約聖書に登場し、イエスの誕生時にやってきてこれを拝んだとされる人物。東方の三賢者(とうほうのさんけんじゃ)または東方の三賢人(とうほうのさんけんじん)という呼称も多い。.

新しい!!: ポーランドと東方の三博士 · 続きを見る »

東方植民

東方植民(とうほうしょくみん、Ostsiedlung)とは、12世紀~14世紀、エルベ 、ザーレ両川以東の地への神聖ローマ帝国の西部ドイツ人や騎士修道会による植民。後に、神聖ローマ帝国とドイツ騎士団領土の拡大に続く。エルベ以東の地方は、民族大移動前ゲルマン人の居住地域であったが、その後スラブ人 により占拠された。 現在のエストニア、スロベニアやトランシルヴァニアの地域。 とくに、ドイツ騎士団は先住民のキリスト教化を理由にバルト海東南沿岸地域で軍事的性格の濃い植民を推し進め、のちのプロイセンのもとになる大規模な領土を獲得した。.

新しい!!: ポーランドと東方植民 · 続きを見る »

村落

村落(そんらく、英語: village, hamlet)とは、人口や家屋の密度が小さく、第一次産業に従事する人の割合が高い集落を指す学術用語。一般的には農村などの呼称が用いられることが多い。対義語は都市。 地理学的概念である集落に対して、村落は、人間関係の社会的・文化的な統合状態に基づく社会学的概念である。広義では地縁集団にも含まれるが、村落は、地縁集団に比べて、人間関係の社会的、文化的な自律的統合単位でなければならず、政治的な単位として形成されている地域社会の一種として位置づけられる。.

新しい!!: ポーランドと村落 · 続きを見る »

森林

森林(しんりん)は、広範囲にわたって樹木が密集している場所である。集団としての樹木だけでなく、そこに存在するそれ以外の生物および土壌を含めた総体を指す。 樹木が密生している植物群落を樹林(じゅりん)という。高木からなる樹林を森林、高木林(こうぼくりん)、低木からなるものを低木林(ていぼくりん)という。 森林、高木林のうち、比較的小規模・低密度のものを林(はやし)、そうでないものを森(もり、杜)とも呼ぶが、明確な区別はない。なお日本語の「林(はやし)」は「生やし」を語源とし、「森(もり)」は「盛り」と同語源であるという。日本の農林水産省は、人工的なもの(人工林)を林、自然にできたもの(自然林)を森と定めているのは語源に沿ったものといえる。なお、林業分野ではむしろ人工林を指して森林と言うことが多い。また、これも科学的な用語ではないが、木の比較的まばらなものを疎林(そりん)、密集したものを密林(みつりん)という。広域にわたって樹木が繁茂し、高所から見ると海のように見える大きな森林を樹海(じゅかい)という。国際連合食糧農業機関(FAO)は、森林を「樹冠投影面積が10%以上であり、0.5ヘクタール以上の広さがあり、成木となると5m以上となる樹種の樹林であり、農地等森林以外の目的に使用されていない土地」と定義している。ただしこの定義の場合、低木林は森林に含まれないこととなる。.

新しい!!: ポーランドと森林 · 続きを見る »

楽器

楽器(がっき、musical instrument)とは一般的には「音楽の素材としての音を発するための道具の総称下中直也(編) 『音楽大事典』 全6巻、平凡社、1981年」「音楽に使用される音を出す器具『音楽中辞典』 音楽之友社、1979年」とされる。.

新しい!!: ポーランドと楽器 · 続きを見る »

楕円軌道

楕円軌道 楕円軌道(だえんきどう、elliptical orbit)は、楕円形の軌道。 楕円は2定点 F, F からの距離の和が一定である点の集合。原点Oを中心とする楕円の方程式は: 天体の周回軌道はケプラーの第1法則により一般に楕円軌道をとる。 人工衛星の軌道の場合、利用上の便宜から円軌道をとる場合もあるが、これは楕円軌道の特別な場合となる。 楕円軌道にいる人工衛星は地表からの高度が軌道上の位置によって変化する。この場合、地球は楕円の焦点のひとつ(図の例では F)に位置する。決して楕円の図形的中心 O にくるわけではない。 地球から最も遠ざかった点を遠地点(アポジ、apogee)、最も近づいた地点を近地点(ペリジ、perigee)という。 楕円の扁平の度合いを表すパラメータとして離心率e を次のように定義する。 a を楕円の長半径(長径の半分)、b を短半径(短径の半分)として 図形的には、楕円の中心と焦点 F, F との距離 OF.

新しい!!: ポーランドと楕円軌道 · 続きを見る »

構造改革

構造改革(こうぞうかいかく)とは、現状の社会が抱えている問題は表面的な制度や事象のみならず社会そのものの構造にも起因するものであり、その社会構造自体を変えねばならないとする政策論的立場。「改良主義」を批判するマルクス主義の側からは、「構造改良」と呼ばれることもある。.

新しい!!: ポーランドと構造改革 · 続きを見る »

樺太

樺太(からふと)、樺太島(からふととう、、)、サハリン、サハリン島は、ユーラシア大陸の東方、オホーツク海の南西部にあるロシア連邦サハリン州の島。広義の日本列島に含む場合もある。南北約948km、東西の幅最大約160kmで南北に細長い。面積76,400kmは世界第22位で21位の北海道(78,073km)より若干小さい。人口約50万人。最大都市はサハリン州の州都でもあるユジノサハリンスク(人口約18万人)。 樺太は、日露戦争後のポーツマス条約により北緯50度線を境界に南北に分割され、それぞれ異なる沿革を経たため、ここでは北緯50度以北を「北樺太」(または「北サハリン」)、以南を「南樺太」と表記する。 現在、サハリンプロジェクトが進められている。.

新しい!!: ポーランドと樺太 · 続きを見る »

欧州委員会

欧州委員会(おうしゅういいんかい、英: European Commission、略称:EC)は、欧州連合の政策執行機関。法案の提出や決定事項の実施、基本条約の支持など、日常の連合の運営を担っている。 委員会は28人の委員による合議制で運営されている。1つの加盟国から1人の委員が選出されるが、委員は自らの出身国よりも欧州連合全体の利益を代表することが求められている。28人の委員のうち1人は欧州理事会が任命し、欧州議会の承認を受けた委員長である。委員の任期は5年。2014年からは元ルクセンブルク首相のジャン=クロード・ユンケルがユンケル委員会を率いている。 「委員会」という表現は上述した「委員の合議体」という意味のほか、広くは機関の意味も持つ。すなわち、約25,000人の職員を擁し、「総局」と呼ばれる部署を持つ政策執行を担う機構を指す表現でもある。機構としての欧州委員会はおもにブリュッセルにあるベルレモン・ビルを拠点としており、委員会内では英語、フランス語、ドイツ語が作業言語となっている。.

新しい!!: ポーランドと欧州委員会 · 続きを見る »

欧州安全保障協力機構

thumb 欧州安全保障協力機構の全加盟国と協力国(2008年) 欧州安全保障協力機構(おうしゅうあんぜんほしょうきょうりょくきこう、Organization for Security and Co-operation in Europe、OSCE)は、ヨーロッパの国境不可侵と安全保障・経済協力などを約束したヘルシンキ宣言を採択して全欧安全保障協力会議として1972年に発足し冷戦終結後、紛争防止とその解決へ向けた新機構として、1995年に現在の名称に変更した国際機関である。2014年現在、57か国が加盟し、地域的安全保障組織としては世界最大である。民主主義体制の構築・強化および、基本的人権の保障と保護、武力行使の抑止における、加盟各国の協力と相互尊重を目的とする。本部はウィーンに置かれている。.

新しい!!: ポーランドと欧州安全保障協力機構 · 続きを見る »

欧州復興開発銀行

欧州復興開発銀行(おうしゅうふっこうかいはつぎんこう、European Bank for Reconstruction and Development, EBRD)は、1989年の東欧革命で体制が交代した中東欧諸国や独立国家共同体 (CIS) 諸国の自由市場経済への移行にあたり、個人や企業を財政的に支援することを使命とする国際開発金融機関。1991年4月1日にロンドンで発足した。.

新しい!!: ポーランドと欧州復興開発銀行 · 続きを見る »

欧州理事会議長

欧州理事会議長(おうしゅうりじかいぎちょう)は、欧州連合の政治的指針を示す機関である欧州理事会の議長を務め、またその機能を推し進める役職。正確ではないが、その立場から「欧州連合(EU)大統領」と表現されることもある。国際的な場において欧州連合を代表する第一人者である。 欧州連合条約第15条では、欧州理事会は任期2年半で、1度に限り再任することができる議長を任命することがうたわれている。欧州理事会議長の任免には条件を満たした多数の賛成を要する。 1975年から2009年まで欧州理事会議長は、そのときどきの欧州連合理事会議長国の国家元首または政府の長が半年で交替する輪番制を採っており、また法的な根拠を持つ役職ではなかった。 2009年12月1日、ヘルマン・ファン・ロンパイが初代欧州理事会常任議長に就任した。ファン・ロンパイは2009年11月19日に初代議長に選出されており、リスボン条約の発効にともなって就任した。ファン・ロンパイは1期目の任期満了の3ヶ月前に行われた欧州理事会にて再選され、2014年11月末まで議長を務めた。 2014年12月1日、ポーランド元首相のドナルド・トゥスクが2代目となる欧州理事会常任議長に就任した。.

新しい!!: ポーランドと欧州理事会議長 · 続きを見る »

欧州電気標準化委員会

欧州電気標準化委員会(おうしゅうでんきひょうじゅんかいいんかい、European Committee for Electrotechnical Standardization、Comité Européen de Normalisation Electrotechnique, CENELEC)は、電気工学分野のヨーロッパにおける標準規格を策定する機関。 ETSI(電気通信)とCEN(他の技術分野)と共に、ヨーロッパにおける技術標準体系を形成する。 これらの機関が策定した標準は、ヨーロッパ以外の国々でも採用されることが多い。 CENELEC は1973年に CENELCOM と CENEL という2つの機関が合併して誕生した。ベルギーの法律下での非営利団体であり、本拠地はブリュッセルにある。メンバーは主にヨーロッパ各国の標準化団体である。 CENELEC の現在のメンバーは次の通り。.

新しい!!: ポーランドと欧州電気標準化委員会 · 続きを見る »

欧州連合

欧州連合(おうしゅうれんごう、、略称:)は、マーストリヒト条約により設立されたヨーロッパの地域統合体。 欧州連合では欧州連合条約の発効前に調印されていた単一欧州議定書によって市場統合が実現し、またシェンゲン協定により域内での国境通過にかかる手続きなどの負担を大幅に削減した。さらに欧州連合条約発効後によって外交・安全保障分野と司法・内務分野での枠組みが新たに設けられ、ユーロの導入による通貨統合が進められている。このほかにも欧州議会の直接選挙が実施されたり、欧州連合基本権憲章が採択されたりするなど、欧州連合の市民の概念が具現化されつつある。加盟国数も欧州経済共同体設立を定めたローマ条約発効時の6か国から、2013年7月のクロアチア加盟により28か国にまで増えている。.

新しい!!: ポーランドと欧州連合 · 続きを見る »

正教会

Σημειώσεις από τις παραδόσεις τού καθηγητού Ι. Δ. Ζηζιούλαより)。 正教会(せいきょうかい、Ορθόδοξη Εκκλησία、Православие、Orthodox Church)は、ギリシャ正教もしくは東方正教会(とうほうせいきょうかい、Eastern Orthodox Church)とも呼ばれる、キリスト教の教会(教派)の一つ。 日本語の「正教」、英語名の"Orthodox"(オーソドックス)は、「正しい讃美」「正しい教え」を意味するギリシャ語のオルソドクシア "ορθοδοξία" に由来する。正教会は使徒継承を自認し、自身の歴史を1世紀の初代教会にさかのぼるとしている『正教会の手引き』8頁 - 11頁。 なお「東方教会」(とうほうきょうかい)が正教会を指している場合もある。 例外はあるものの、正教会の組織は国名もしくは地域名を冠した組織を各地に形成するのが基本である。コンスタンディヌーポリ総主教庁、アレクサンドリア総主教庁、アンティオキア総主教庁、エルサレム総主教庁、ロシア正教会、セルビア正教会、ルーマニア正教会、ブルガリア正教会、グルジア正教会、ギリシャ正教会、日本正教会などは個別の組織名であって教会全体の名ではない。いずれの地域別の教会組織も、正教として同じ信仰を有している。教会全体の名はあくまで正教会であり、「ロシア正教に改宗」「ルーマニア正教に改宗」といった表現は誤りである。 なお、アルメニア使徒教会、シリア正教会、コプト正教会、エチオピア正教会なども同じく「正教会」を名乗りその正統性を自覚しているが、上に述べたギリシャ正教とも呼ばれる正教会とは別の系統に属する。英語ではこれらの教会は"Oriental Orthodox Church"とも呼ばれる。詳細は非カルケドン派正教会を参照。.

新しい!!: ポーランドと正教会 · 続きを見る »

正教徒

正教会の教会機構の図解。 正教徒(せいきょうと)とは、キリスト教の教派のひとつである正教の信者を意味する用語。正教信徒(せいきょうしんと)とも。日本ハリストス正教会でも頻繁に用いられる。一般には7つの全地公会議を認める諸教会(Eastern Orthodox)の信徒を指し、非カルケドン派(Oriental Orthodox)に所属する教会の信徒にはあまり用いられない。 グルジア正教会、ブルガリア正教会、セルビア正教会、ロシア正教会、ギリシャ正教会、ルーマニア正教会、日本正教会等、そのいずれもが正教会なのであり、同じ信仰を有している。 教義・教理は全く同じであり、機密(秘蹟)はいずれの教会のものも相互に有効であるとされ、いずれの教会に属する信徒も「正教徒」と呼ばれ、教会間の相互領聖は完全に行われており、フル・コミュニオンの関係にある。.

新しい!!: ポーランドと正教徒 · 続きを見る »

歴史家

歴史学者(れきしがくしゃ)は、歴史を後世に残すべく、叙述(文章化)する人のことである。また、残された史料を元に歴史を研究し、その成果を論文や著作として著す人の事も指す。.

新しい!!: ポーランドと歴史家 · 続きを見る »

死者の日

死者の日を描いた絵画 死者の日(ししゃのひ)または万霊節(ばんれいせつ、)は、キリスト教で全ての死者の魂のために祈りを捧げる日である。ローマ・カトリック教会では正式には「」(信仰を持って逝った人全ての記念日)と呼ぶ。 カトリック教会では、諸聖人の日(諸聖人の祭日・万聖節)の翌日の11月2日である。死者の日が主日と重なった場合も、死者の日のミサが捧げられる。カトリック教会では、ミサの聖書朗読配分が定められているのだが、死者の日に関しては固定されておらず、死者のためのミサのものから自由に選べる。.

新しい!!: ポーランドと死者の日 · 続きを見る »

歌川広重

歌川 広重(うたがわ ひろしげ、寛政9年(1797年) - 安政5年9月6日(1858年10月12日)は、江戸時代の浮世絵師。本名は安藤重右衛門。江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。.

新しい!!: ポーランドと歌川広重 · 続きを見る »

歌謡曲

歌謡曲(かようきょく)とは、昭和時代に流行した日本のポピュラー音楽の総称。1970年代半ばからは、ニューミュージックが主流となり、90年代半ばから流行したものはJ-POPと呼ばれ、曲調・サウンドなどが変遷していった。 1960年代以降に隆盛した演歌と混同されがちであるが、本来はあくまで西洋音楽の日本における派生形である。ただし愛好者の層が重なるため、近年では『演歌・歌謡曲』というジャンルが存在する。 なお歌謡曲は、昭和初期には流行歌とも呼ばれていた。.

新しい!!: ポーランドと歌謡曲 · 続きを見る »

歌曲

歌曲(かきょく)は、クラシック音楽における独唱声楽曲(または小人数の重唱声楽曲)のジャンルの代表的なものである。特に18世紀後半から19世紀初頭にかけて確立し、ロマン派時代に興隆を迎えた様式を指す。.

新しい!!: ポーランドと歌曲 · 続きを見る »

殺人

タギーの殺人 殺人(さつじん)とは、人を殺すことである。人殺し(ひとごろし)ともいう。.

新しい!!: ポーランドと殺人 · 続きを見る »

殿 (軍事用語)

殿(しんがり)は、後退する部隊の中で最後尾の箇所を担当する部隊。後備え(あとぞなえ)、殿軍(でんぐん)ともいう。 転じて、隊列や順番の最後尾のこと。.

新しい!!: ポーランドと殿 (軍事用語) · 続きを見る »

母の日

母の日(ははのひ)は、日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日。アメリカでは以下のアン・ジャービスへの教会での追悼にさかのぼり、5月の第2日曜日に祝い、日本もそれに倣っているが、その起源は世界中で様々であり日付も異なる。例えばスペインでは5月第1日曜日、北欧スウェーデンでは5月の最後の日曜日に当たる。.

新しい!!: ポーランドと母の日 · 続きを見る »

母語

母語(ぼご)とは、人間が幼少期から自然に習得する言語。最も得意な言語という意味で第一言語(だいいちげんご)ともいうが、厳密には両者の間にはずれがある。母語を話す人は母語話者という。母国語(ぼこくご)と混同される場合も少なくないが、別の概念である(後述)。.

新しい!!: ポーランドと母語 · 続きを見る »

比例代表制

比例代表制(ひれいだいひょうせい)とは、選挙において各政党が獲得した投票数に比例して議席を配分する制度。比例代表制は比例代表法ともいい多数代表法(多数代表制)や少数代表法(少数代表制)とともに代表法の一種に分類される。.

新しい!!: ポーランドと比例代表制 · 続きを見る »

水泳

水泳(すいえい、)とは、水の中を泳ぐこと である。.

新しい!!: ポーランドと水泳 · 続きを見る »

氷河

氷河(ひょうが、)は、山地では重力、平坦な大陸では氷の重さによる圧力によって塑性流動する、巨大な氷の塊である。.

新しい!!: ポーランドと氷河 · 続きを見る »

氷河時代

氷河時代(ひょうがじだい、ice age)は、地球の気候が寒冷化し、地表と大気の温度が長期にわたって低下する期間で、極地の大陸氷床や高山域の氷河群が存在し、または拡大する時代である。長期に及ぶ氷河時代のうち、律動する個々の寒冷な気候の期間は氷期と呼ばれ、氷期と氷期の間の断続的な温暖期は間氷期と呼ばれる。氷河学の専門用語では、「氷河時代」 (ice age) は北半球と南半球の両方において広大な氷床が存在することを示唆する。この定義によれば、我々は氷河時代の間氷期―完新世―の只中にいることになる。最後の氷河時代(第四紀氷河時代)は更新世が開始した約260万年前に始まり、それは今も、北極、そして南極大陸に氷床が存在していることからいえる。 なお、当項目の記述内容は、まだ立証が十分でない仮説であったり、論争が続いていたりするような内容を含む。.

新しい!!: ポーランドと氷河時代 · 続きを見る »

民主主義

ノミスト・インテリジェンス・ユニットによる2016年の民主主義指数の世界地図。青色(9-10)が最も指数が高い。 アダム・プシェヴォルスキによる2008年の「民主主義-独裁制」の世界地図。緑色:議院内閣制民主主義、水色:混合民主主義(半大統領制)、青色:大統領制民主主義、黄色:君主独裁制、橙色:文民独裁制、赤色:軍事独裁制。 民主主義(みんしゅしゅぎ、democracy デモクラシー)とは、国家など集団の支配者が、その構成員(人民、民衆、国民など)である政体、制度、または思想や運動。日本語では、主に政体を指す場合は民主政(みんしゅせい)、制度を指す場合は民主制(みんしゅせい)とも訳される。対比語は貴族制、寡頭制、独裁制、専制、全体主義など。.

新しい!!: ポーランドと民主主義 · 続きを見る »

民主化

民主化(みんしゅか、democratization)とは、一般に政治体制として民主主義が拡大する過程であり、国内政治においては民主主義の政治体制を形成していく過程、国際政治においては民主主義の政治体制をとる国家が普及していく過程を指す。.

新しい!!: ポーランドと民主化 · 続きを見る »

民営化

民営化(みんえいか、Privatization)とは、国や地方公共団体が経営していた企業および特殊法人などが、一般民間企業に改組されること、運営が民間委託されること、さらには民間に売却されることなど、さまざまな形態を指して用いられている政治的な言葉である。 Privatization とは別な言葉である Corporatization も民営化と日本語訳される。 多くの場合、根拠法の廃止又は改正により会社法上の会社となることを指す。一般には、公社・公団、現業事業などが特殊会社に移行することも「民営化」と呼ばれる。また、PFIによる半官半民の公営事業の委託も民営化ということがある。民営化の目的は効率化、サービスの向上、透明化、税金の納入による国民負担の軽減、債務の切り離し、労働組合の弱体化などである。総じて、政府による経済介入を減らす小さな政府政策に関連している。 逆に、国又は国の出資する特殊法人が民間会社の議決権の過半数を取得することを国有化という。.

新しい!!: ポーランドと民営化 · 続きを見る »

民族自決

ヨーロッパにおける民族自決 (1920年) 民族自決(みんぞくじけつ、self-determination)とは、各民族集団が自らの意志に基づいて、その帰属や政治組織、政治的運命を決定し、他民族や他国家の干渉を認めないとする集団的権利。民族自決権ともいう。.

新しい!!: ポーランドと民族自決 · 続きを見る »

汚職

汚職(おしょく)とは、議員・公務員など公職にある者が、自らの地位や職権・裁量権を利用して横領や不作為、収賄や天下りをしたり、またその見返りに特定の事業者等に対し優遇措置をとることなどの不法行為をいう。国際連合腐敗防止条約を始め国際法では、汚職は『腐敗』の一部と認識されている。 他方、便宜供与や優遇措置を求める側のする活動は、ロビー活動やレント・シーキングという。.

新しい!!: ポーランドと汚職 · 続きを見る »

求人

求人(きゅうじん)は、労働力となる者を収集するために行う告知、及び雇用契約の誘引行為のことである。対義語は「求職」。 以下では特に断り書きがない限り、日本での事例について述べる。.

新しい!!: ポーランドと求人 · 続きを見る »

法と正義

法と正義(ほうとせいぎ、Prawo i Sprawiedliwość)は、ポーランドの政党。党首はヤロスワフ・カチンスキ。略称:PiS(ピス)。日本語では「法と公正」とも呼ばれる。.

新しい!!: ポーランドと法と正義 · 続きを見る »

清掃

清掃(せいそう、英:Cleaning)とは、ほこりやゴミなどの不要物を、室内や機器などから取り除き、衛生的な環境を整備して、人の健康を守ったり、機器の正常な動作を確保したりすること。.

新しい!!: ポーランドと清掃 · 続きを見る »

湿原

沼湿原の池塘と木道 湿原(しつげん)とは、湿地 (wetland) の一種で、淡水によって湿った草原を指す。英語では または と訳される。.

新しい!!: ポーランドと湿原 · 続きを見る »

湖(みずうみ、英語:lake)は、湖沼のうち比較的大きなものであり、一般には水深 5 - 10 m より深いものを指す。湖沼学や陸水学に基づく定義、水質、形成要因などについては湖沼を参照のこと。.

新しい!!: ポーランドと湖 · 続きを見る »

月の軌道

月は、約27.3日の周期で地球の周りを公転している(地球が太陽の周りを公転しているため、満ち欠けの周期は約29.5日となる)。正確には、地球と月は、地球の中心から約4,600km(地球半径の約4分の3)の地点にある共通の重心の周りを公転する。平均では、月は地球の中心から、地球半径の約60倍に相当する38万5,000kmの距離にある。平均軌道速度は1,023m/sで、.

新しい!!: ポーランドと月の軌道 · 続きを見る »

最後の晩餐

レタのセオファニスによる機密制定の晩餐のイコン。16世紀のもの。 最後の晩餐(さいごのばんさん)は、キリスト教の新約聖書に記述されているキリストの事跡の一つ。イエス・キリストが処刑される前夜、十二使徒と共に摂った夕食、またその夕食の席で起こったことをいう。 正教会では最後の晩餐とは呼ばず、機密制定の晩餐(きみつせいていのばんさん)と呼ぶ。「晩餐」はイエスの復活後にも弟子達とともに行われていたほか、現在に至るまで聖体礼儀として教会に継承されており、本項で述べる晩餐は「最後の」ものではなかったからだとする。また、正教会では「機密制定の晩餐」のイコンをイコノスタシスの王門の上におく規定がある。 日本聖書協会による新共同訳聖書では、該当する聖書の記述箇所に「主の晩餐」との見出しがつけられている。 この場面に関して、数々のイコンが描かれて来たが、芸術作品としては、レオナルド・ダ・ヴィンチが絵画で描いた『最後の晩餐』が有名である。.

新しい!!: ポーランドと最後の晩餐 · 続きを見る »

惑星ソラリス

『惑星ソラリス』(わくせいソラリス、原題ロシア語:Солярис、サリャーリス、英語:Solaris)は、アンドレイ・タルコフスキーの監督による、1972年の旧ソ連の映画である。ポーランドのSF作家、スタニスワフ・レムの小説『ソラリス』(早川書房版での邦題は、『ソラリスの陽のもとに』) を原作としているが、映画自体はレムの原作にはない概念が持ち込まれており、また構成も大きく異なっている。1972年カンヌ国際映画祭審査員特別賞受賞。1978年、第9回星雲賞映画演劇部門賞受賞。.

新しい!!: ポーランドと惑星ソラリス · 続きを見る »

戦場のピアニスト

『戦場のピアニスト』(せんじょうのピアニスト、原題: The Pianist)は、第二次世界大戦におけるワルシャワを舞台としたフランス・ドイツ・ポーランド・イギリスの合作映画。2002年公開。.

新しい!!: ポーランドと戦場のピアニスト · 続きを見る »

戦間期

戦間期(せんかんき、interbellum、interwar period)は、第一次世界大戦終結から第二次世界大戦勃発まで、つまり、基本的には1919年から1939年までの時代である。両大戦間期、大戦間期ともいう。 世界史全体に関わるが、特にヨーロッパ史で重要である。.

新しい!!: ポーランドと戦間期 · 続きを見る »

戦斧文化

囲 戦斧 戦斧文化(せんぷぶんか、英語:Battle Axe culture)あるいは縄目文土器文化(英語:Corded Ware culture)または単葬墓文化(英語:Single Grave culture)は、紀元前2900~2400年頃の新石器時代末期から銅器時代を経て青銅器時代初期にかけ、ヨーロッパ北部一帯に広まった一連の考古文化。 特徴的な遺物として石製戦斧があるのでこの名があるが、他の特徴に注目して縄目文土器文化(コーデッドウェア文化:Corded Ware culture)または単葬墓文化(Single Grave culture)という名でも呼ばれる。 インド・ヨーロッパ語族のヨーロッパへの拡がりと関係があると見る考えもある。.

新しい!!: ポーランドと戦斧文化 · 続きを見る »

戴冠式

戴冠式(たいかんしき、coronation)は、君主制の国家で、国王・皇帝が即位の後、公式に王冠・帝冠を聖職者等から受け、王位・帝位への就任を宣明する儀式。 即位式とも言うが、特に王冠を戴くのではない形式のものに用いられる(例:オランダ)。 日本では、即位の礼がこれに相当する。非キリスト教国でも、タイ、ブルネイ、マレーシアの東南アジア諸国や、中近東の君主制国家では、戴冠式やそれに類似した即位式が行われる。.

新しい!!: ポーランドと戴冠式 · 続きを見る »

戒厳

戒厳(かいげん)とは、戦時や自然災害、暴動等の緊急事態において兵力をもって国内外の一地域あるいは全国を警備する場合に、国民の権利を保障した憲法・法律の一部の効力を停止し、行政権・司法権の一部ないし全部を軍部の指揮下に移行することをいう。軍事法規のひとつであり、戒厳について規定した法令を戒厳令(英語:martial law)という。 本来はテロなどによる治安悪化や過激な暴動を中止させるために発令が行われる。非常事態宣言との定義の違いは、戒厳令とは国の立法・司法・行政の一部又は全部を軍に移管させることである。通常の民事法・刑事法の適用は一部または全部停止され軍法による統治が行われる。また、裁判は軍事法廷の管轄となる場合がある。 戒厳令は、 クーデター ( タイは2006年と2014年 、エジプトは2013年)に伴い発生する例がある。(中国、 1989年の天安門事件)民衆の抗議・デモ等により政府が危機に陥った際に、反政府勢力を抑える目的で戒厳令が布かれることがある。また、大規模な自然災害の際には戒厳令が宣言される場合がある。戦時中であったり、または民政政府が機能していなかったり、民政政府が存在しない場合は、戒厳令が布かれる場合がある。このような例としては、第二次世界大戦後の復興期のドイツと日本 、そして米国南北戦争後の南部復興の時代などがある。典型的な戒厳令下では夜間外出禁止令を伴う。.

新しい!!: ポーランドと戒厳 · 続きを見る »

映画

映画(えいが)とは、長いフィルムに高速度で連続撮影した静止画像(写真)を映写機で映写幕(スクリーン)に連続投影することで、形や動きを再現するもの。活動写真、キネマ、シネマとも。 なお、本来の語義からははずれるものの、フィルムではなくビデオテープなどに磁気記録撮影されたものや映画館で上映される動画作品全般についても、慣例的に映画と呼ばれている。.

新しい!!: ポーランドと映画 · 続きを見る »

映画音楽

映画音楽(えいがおんがく、film musicあるいはfilm score)とは、映画の中で使用される音楽のことである。.

新しい!!: ポーランドと映画音楽 · 続きを見る »

流罪

ダンテ』 流罪(るざい)とは刑罰の一つで、罪人を辺境や島に送る追放刑である。流刑(るけい、りゅうけい)、配流(はいる)とも言う。特に流刑地が島の場合には島流し(しまながし)とも呼ばれる事もある。 歴史的には、本土での投獄より、遠いところに取り残された方が自分一人の力だけで生きていかなければならなくなり、苦痛がより重い刑罰とされていた。ほか、文化人や戦争・政争に敗れた貴人に対して、死刑にすると反発が大きいと予想されたり、助命を嘆願されたりした場合に用いられた。配流の途中や目的地で独り生涯を終えた流刑者は多いが、子孫を残したり、赦免されたりした例もある。脱走を企てた流刑者や、源頼朝、後醍醐天皇、ナポレオン・ボナパルトのように流刑地から再起を遂げた(一時的な成功も含めて)政治家・武人もいた。 日本では離島への文化伝播に大きな役割を果たしたほか、海外ではシベリアやオーストラリアといった植民地に労働力を送り込む強制移民としても機能した。.

新しい!!: ポーランドと流罪 · 続きを見る »

浮世絵

浮世絵(うきよえ)は、江戸時代に成立した絵画のジャンルである。本来、「浮世」という言葉には「現代風」「当世」「好色」という意味もあり、当代の風俗を描く風俗画である。大和絵の流れを汲み、総合的絵画様式としての文化的背景を保つ一方で、人々の日常の生活や風物などを多く描いている。演劇、古典文学、和歌、風俗、地域の伝説と奇談、肖像、静物、風景、文明開化、皇室、宗教など多彩な題材がある。大別すると、版本の挿絵、一枚摺の木版画、肉筆浮世絵の3種類に分けられる。当然、木版画が量産されるようになる以前には肉筆画のみしか存在しなかったわけで、巻物などの肉筆浮世絵が含まれる。肉筆浮世絵は、形式上、屏風絵、絵巻、画帖、掛け物、扇絵、絵馬、画稿、版下絵の8種類に大別される。また、浮世絵師は和装本の挿絵、表紙の仕事も並行して行った。広義には引き札、鏝絵、泥絵、ガラス絵、凧絵 ねぶた絵なども浮世絵の一種といえる。ただし、現代においては一般的には多色摺りの木版画錦絵のことを指すことが多い。.

新しい!!: ポーランドと浮世絵 · 続きを見る »

文化闘争

ピウス9世を描いた風刺画(1875年) 文化闘争(ぶんかとうそう、Kulturkampf)は、ルドルフ・ルートヴィヒ・カール・フィルヒョウによって生み出された言葉で、1871年から1878年にかけてドイツ帝国宰相オットー・フォン・ビスマルクによって行われた、ローマ・カトリック教会に関する政策を指す。.

新しい!!: ポーランドと文化闘争 · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: ポーランドと日本 · 続きを見る »

日本テレビ放送網

日本テレビ放送網株式会社(にっぽんテレビほうそうもう、英称:)は、関東広域圏を放送対象地域としてテレビジョン放送を行う特定地上基幹放送事業者である。1953年8月28日に日本国内で初めての民間放送テレビ局として開局した。 一般的には日本テレビ(にほんテレビ)または日テレ(にっテレ、Nittele)と呼ばれる。他に「NTV」(エヌティーヴィー)、コールサイン「'''JOAX-DTV'''」(東京 25ch)からの「AX」(エーエックス、アックス)という略称もある。 リモコンキーIDは「4」。 スカパー!プレミアムサービスをプラットフォームとして日テレジータスの放送を行う衛星一般放送事業者でもある。 なお、認定放送持株会社制移行のために、2012年10月1日に(旧)日本テレビ放送網株式会社(現日本テレビホールディングス株式会社・旧会社)から新設分割され、移管・放送免許を承継した(新)日本テレビ放送網株式会社(現行会社)が現業を行なっている。.

新しい!!: ポーランドと日本テレビ放送網 · 続きを見る »

日本美術技術博物館“マンガ”館

マンガ日本美術・技術博物館 日本美術技術博物館“マンガ”館(、)は、ポーランドのクラクフにある博物館である。旧称は、日本美術技術センター・マンガ館()である。.

新しい!!: ポーランドと日本美術技術博物館“マンガ”館 · 続きを見る »

日本語

日本語(にほんご、にっぽんご「にっぽんご」を見出し語に立てている国語辞典は日本国語大辞典など少数にとどまる。)は、主に日本国内や日本人同士の間で使用されている言語である。 日本は法令によって公用語を規定していないが、法令その他の公用文は全て日本語で記述され、各種法令において日本語を用いることが規定され、学校教育においては「国語」として学習を課されるなど、事実上、唯一の公用語となっている。 使用人口について正確な統計はないが、日本国内の人口、および日本国外に住む日本人や日系人、日本がかつて統治した地域の一部住民など、約1億3千万人以上と考えられている。統計によって前後する場合もあるが、この数は世界の母語話者数で上位10位以内に入る人数である。 日本で生まれ育ったほとんどの人は、日本語を母語とする多くの場合、外国籍であっても日本で生まれ育てば日本語が一番話しやすい。しかし日本語以外を母語として育つ場合もあり、また琉球語を日本語と別の言語とする立場を採る考え方などもあるため、一概に「全て」と言い切れるわけではない。。日本語の文法体系や音韻体系を反映する手話として日本語対応手話がある。 2017年4月現在、インターネット上の言語使用者数は、英語、中国語、スペイン語、アラビア語、ポルトガル語、マレー語に次いで7番目に多い。.

新しい!!: ポーランドと日本語 · 続きを見る »

日本語学校

日本語学校(にほんごがっこう)とは、主に日本語を母語としない者を対象として、第二言語・外国語としての日本語教育を実施する機関。日本国内外に存在している。 日本国内では、法務省より告示を受けた日本語教育機関を特に指し、入学者には在留資格「留学」が認められる。第二言語として日本語(JSL)を学ぶ留学生が主な対象となるが、必ずしも外国人に限られるものではなく、帰国子女なども対象となりえる。逆に、外国籍であっても日本語を母語とする者は対象とならない。 1980年代の中曽根内閣による留学生十万人計画によって日本語学校が多く設立されたが、当初より大学等への進学を前提とした留学生が多数を占めており、大学の留学生別科と並んで、日本語学校は高等教育機関に進学するための準備として日本語を学ぶ機関としての性格が強かった。しかし、2016年現在では留学生の目的も大学・大学院・専門学校等への進学のみならず、就労や日本文化体験など多様化している。.

新しい!!: ポーランドと日本語学校 · 続きを見る »

摂政

摂政(せっしょう、英:Regent)とは、君主制を採る国家において、君主が幼少、女性、病弱、不在などの理由でその任務(政務や儀式)を行うことが出来ない時、君主に代わってそれを行う(政を摂る)こと、またはその役職のことである。 多くの場合、君主の後継者(皇太子など)、兄弟、母親、あるいは母方の祖父や叔父などの外戚が就任する。.

新しい!!: ポーランドと摂政 · 続きを見る »

政治体制

政治体制(せいじたいせい)とは、ある国家における政治的諸制度の総体を指して言う。.

新しい!!: ポーランドと政治体制 · 続きを見る »

憲兵

憲兵(けんぺい)とは、戦闘支援兵科の一種であり、主に軍隊内部の秩序維持と交通整理を任務とする。英語ではMilitary police(MP)と記され、軍警察(ぐんけいさつ)とも呼ばれる。一般警察としての役割も兼ねている憲兵組織は国家憲兵と呼ばれる。 日本軍の憲兵については特にkempeitaiと表記されることも多い。.

新しい!!: ポーランドと憲兵 · 続きを見る »

憲法

憲法(けんぽう)とは、統治の根本規範(法)となる基本的な原理原則に関して定めた法規範をいう(法的意味の憲法)。一般的に国家は個々の国民に生殺与奪の権利を認めない。なお、法規範ではなく国家の政治的統一体の構造や組織そのものを指す場合もあり(事実的意味の憲法)佐藤幸治『憲法』青林書院 16~17頁、このほか憲法は多義的な概念として論じられる。国家における統治機構や統治者や為政者、また国民の義務や権利に加え、前文に「国」の成り立ちや政府樹立の目的、さらには「神」について記載されたりもする。.

新しい!!: ポーランドと憲法 · 続きを見る »

教会

教会(きょうかい).

新しい!!: ポーランドと教会 · 続きを見る »

教皇

教皇(きょうこう、Pāpa、Πάπας Pápas、The Pope)は、キリスト教の最高位聖職者の称号。一般的にはカトリック教会のローマ司教にして全世界のカトリック教徒の精神的指導者であるローマ教皇を指す。ヴァティカン市国の首長。教皇の地位は「教皇位」、あるいは「教皇座」と呼ばれる。また、教皇の権威のことを「聖座」、「使徒座」ということもある。現在の教皇はフランシスコ(第266代)。 日本語では「ローマ法王」と表記されることも多いが、日本のカトリック教会の中央団体であるカトリック中央協議会は「ローマ教皇」の表記を推奨している(後述)。またカトリックの内部では「教父」の呼称を用いる場合もある。なお、退位した教皇の称号は名誉教皇(名誉法王とも)という。 本項では主にローマ教皇について記述する。その他の教皇については称号の変遷とその他の「教皇」の節を参照。.

新しい!!: ポーランドと教皇 · 続きを見る »

所得税

所得税(しょとくぜい)とは、担税力の源泉を、所得、消費及び資産と区分した場合に、個人の所得に対して課される税金のこと。.

新しい!!: ポーランドと所得税 · 続きを見る »

拒否権

拒否権(きょひけん、veto)とは、ある事柄について拒み断る権利を言う。この意味での用例としては供述拒否権がある。政治の世界で拒否権と言う場合にはさらに意味が限定され、政策決定の際に、決議された法律・提案された決議・締結された条約その他を一方的に拒否できる特権を意味することが多い。 下記の国連安全保障理事会の拒否権の例のように、権利が行使されると案件が停止するため、案件がその所持者の意に直接対立しないように作られたり、対立を回避するために曖昧にされたりすることがあり、拒否権はそれを行使しなくても影響力を発揮する。.

新しい!!: ポーランドと拒否権 · 続きを見る »

書記言語

書記言語(しょきげんご)とは、文字を媒介とすることを典型とする言語変種の一つ。 一方書き言葉(かきことば)とは、日常会話ではあまり使われず、主として文章を書くときに使われる語句や語法のことである。.

新しい!!: ポーランドと書記言語 · 続きを見る »

景気後退

景気循環 景気後退(けいきこうたい、Recession、リセッション)とは、景気循環の局面のうち、景気が下降している状態を言う。景気循環の考え方によって、1つの循環を2局面(景気拡張期、景気後退期)と4局面(好況、後退、不況、回復)で分割する考え方があるが、2局面で考えた場合の景気後退期、4局面で考えた場合の後退と不況がこれにあたる。.

新しい!!: ポーランドと景気後退 · 続きを見る »

.pl

.plは、ポーランドに割り当てられているインターネットの国別コードトップレベルドメイン (ccTLD) である。ポーランドの研究開発組織であるNASKによって運営されている。NASKは、ヨーロッパのインターネットトップレベルドメインレジストリで構成する協会組織のCENTRの創設メンバーのひとつである。.

新しい!!: ポーランドと.pl · 続きを見る »

1000年

月曜日から始まる。また、10世紀および1千年紀における最後の年でもある。.

新しい!!: ポーランドと1000年 · 続きを見る »

1004年

記載なし。

新しい!!: ポーランドと1004年 · 続きを見る »

1015年

記載なし。

新しい!!: ポーランドと1015年 · 続きを見る »

1018年

記載なし。

新しい!!: ポーランドと1018年 · 続きを見る »

1020年

記載なし。

新しい!!: ポーランドと1020年 · 続きを見る »

1025年

記載なし。

新しい!!: ポーランドと1025年 · 続きを見る »

1034年

記載なし。

新しい!!: ポーランドと1034年 · 続きを見る »

1038年

記載なし。

新しい!!: ポーランドと1038年 · 続きを見る »

1058年

記載なし。

新しい!!: ポーランドと1058年 · 続きを見る »

1076年

記載なし。

新しい!!: ポーランドと1076年 · 続きを見る »

1079年

記載なし。

新しい!!: ポーランドと1079年 · 続きを見る »

10世紀

江南の爛熟。画像は顧閎中が描いた「韓煕載夜宴図(北京故宮博物館蔵)」。五代十国南唐の後主李煜時代の宮廷の優雅な様子がしのばれる。 コルドバ。画像はコルドバにあるメスキータの円柱の森。10世紀末までに歴代の後ウマイヤ朝カリフによって改築が続けられ今ある姿となった。 10世紀(じっせいき)とは、西暦901年から西暦1000年までの100年間を指す世紀。1千年紀における最後の世紀である。.

新しい!!: ポーランドと10世紀 · 続きを見る »

10月21日

10月21日(じゅうがつにじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から294日目(閏年では295日目)にあたり、年末まであと71日ある。.

新しい!!: ポーランドと10月21日 · 続きを見る »

1138年

記載なし。

新しい!!: ポーランドと1138年 · 続きを見る »

1146年

記載なし。

新しい!!: ポーランドと1146年 · 続きを見る »

11世紀

トスカーナ女伯マティルデ(右)とクリュニー修道院長(左)。 ウィリアム1世になる。 マーストリヒト大聖堂宝物室の写本外装。聖遺物崇敬の高まりとともにモザン美術と呼ばれるマース川流域の低地地方で生み出された金銀やエナメルの細工も巧緻なものとなった。この11世紀に造られた写本外装は現在はルーヴル美術館にある。 藤原道長。御堂関白とも通称された道長の時代に摂関政治は頂点に達した。画像は『紫式部日記』藤田家本第5段から1008年の一条天皇の土御門邸行幸に備え、新造の竜頭鷁首の船を検分する道長。 紫式部と『源氏物語』。かな文字の発達は日本独特の女流文学の発展を促した。画像は12世紀初頭に描かれた『源氏物語絵巻』「竹河」(徳川美術館蔵)。 宇治の平等院鳳凰堂。末法思想の高まりとともに阿弥陀仏の極楽浄土に往生すること(浄土思想)が求められた。平等院は関白藤原頼通によって建てられたもので、中心の鳳凰堂には仏師定朝の手による阿弥陀仏が安置されている。 遼の応県木塔。山西省応県の仏宮寺釈迦塔のことで章聖皇太后の弟蕭孝穆により建立された中国最古の木造の塔とされる。 仁宗の時期までに北宋は国制を整え、遼や西夏とは和平関係を結び、安定期を現出した。画像は仁宗の皇后曹氏(慈聖光献曹皇后)の肖像(台湾故宮博物院蔵)。 北宋の宰相・王安石。慢性的な財政難を克服するため神宗皇帝の熙寧年間に大改革を行った王安石だったが、司馬光らとの党争を惹起し、国内を混乱させることともなった。 山水画の大成。唐末五代から著しい進展を見せた山水画は北宋の李成・范寛・郭熙らの名手により高い技術と深い精神性を得ることになった。画像は台北国立故宮博物院蔵の郭熙の「早春図」。 敦煌楡林窟第3窟壁画「文殊菩薩」。仏教信仰に熱心だった西夏支配の敦煌では最後の繁栄の時代を迎えていた。 チャンパ王国の発展。11世紀初頭にヴィジャヤに遷都した王国はこの地に独特の文化を花開かせた。画像はビンディン省タイソン県にあるズオン・ロン塔で「象牙の塔」の名でも知られている。 カジュラーホーのパールシュバナータ寺院の塔(シカラ)。チャンデーラ朝のダンガ王と続く歴代の王によって建立された。 マフムードの宮廷。 『シャー・ナーメ(王書)』。11世紀初めにフェルドウスィーによってまとめられた長大なペルシア民族叙事詩。画像はサファヴィー朝時代の『シャー・ナーメ』の写本。 イブン・スィーナー。『医学典範』を著した博学な医師であると同時に東方イスラム世界を代表する哲学者としても多くの仕事を残した。 「ハラガーン双子塔」。1067年に建てられたこの建築は、セルジューク朝の二人の王子の墓廟であり、二つの塔にわかれているのでこの名がある。この塔のあるガズヴィ