ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ポンド危機

索引 ポンド危機

ポンド危機(ポンドきき、pound crisis)とは、1992年9月16日に英国の通貨であるポンドの為替レートが急落し、翌日に英国が欧州為替相場メカニズム(ERM)を離脱した一連の出来事である。ブラック・ウェンズデー(暗黒の水曜日)、もしくは逆にホワイト・ウェンズデー(白い水曜日)とも呼ばれるD.

48 関係: 原油原油価格大蔵省 (イギリス)大陸ヨーロッパ失業変動相場制北海油田マーガレット・サッチャーユーロユーロ圏リーマン・ショックロシア財政危機ヘッジファンドドイツドイツマルクドイツ再統一ドイツ連邦銀行ドイツ民主共和国利子アラン・ウォルターズアジア通貨危機イングランド銀行ジョン・メージャージョージ・ソロスストップゴー政策スターリング・ポンド内閣府国際金融のトリレンマ国際通貨第二次世界大戦経済企画庁経済政策為替レート英国病通貨PIIGS東南アジア欧州共同体欧州為替相場メカニズム欧州通貨制度欧州連合の経済通貨統合欧州懐疑主義政策金利1993年1995年1997年1999年2009年

原油

原油(げんゆ)は油田から採掘したままの状態で、精製されていない石油をいう。 埋蔵状態としては、油田(地下)、オイルシェール(地下の頁岩に含まれる。)、タールサンド、レークアスファルト等がある。 特に2000年代になってタイトオイル (一般にシェールオイルと呼ばれる) を水圧破砕法で取り出す技術がアメリカで開発され、「シェール革命」と言われるほどの産出量になっている。.

新しい!!: ポンド危機と原油 · 続きを見る »

原油価格

原油価格(げんゆかかく)とは、原油を取引する際の価格の事である。 各産油国に複数の価格指標がある。2000年代終盤時点において原油の国際価格動向に大きな影響を持っているのはアメリカのウェスト・テキサス・インターミディエイト(West Texas Intermediate, WTI) の先物価格であるが、2010年代初頭にはイギリスのブレント原油(Brent Crude)の先物価格が比重を増してきている。国際取引での単位は1バレル(158.9873リットルで、通常は約159リットル)当たりのアメリカ合衆国ドル ($/bbl) で表記される。日本国内向けでは1キロリットルあたりの日本円(円/kl)で表記される。.

新しい!!: ポンド危機と原油価格 · 続きを見る »

大蔵省 (イギリス)

女王陛下の大蔵省(じょうおうへいかのおおくらしょう、)は、イギリスの財政を担当する行政機関である。大蔵府とも。.

新しい!!: ポンド危機と大蔵省 (イギリス) · 続きを見る »

大陸ヨーロッパ

大陸ヨーロッパ(たいりくヨーロッパ、Continental Europe)とは、ヨーロッパのうち、アイスランド・アイルランド・イギリスなど島国を除く諸国であるヨーロッパ大陸諸国を指す。欧州本土/本土欧州 (Mainland Europe) や単に大陸 (the Continent) とも称する。 イギリスはその政治、経済、社会がいずれも大陸ヨーロッパ諸国とは乖離している。イギリスと似通った性質を持つのは、アメリカ合衆国やカナダ、オーストラリア・ニュージーランドなど、多くはイギリス(イングランド)の植民地であった国または地域である。国際比較にはまとめてアングロ・サクソン諸国として、ヨーロッパとは別ものとして扱われる。大陸欧州の特徴は、政治的には保守主義政党と社会民主主義政党が交互に政権に就くことが多く、また二大政党制ではなく、急進派、穏健派をふくめた左右両派と中道の多くの政党が支持を分け合う穏健な多党制または分極的多党制であることが多い。この結果連立政権となることも多い。経済的には、上記のような政治傾向から混合経済の傾向が強い。 さらに政治学や公共政策学などの分野では、イギリスと同時に北欧諸国(とくに親英米主義的な伝統の強いノルウェー・アイスランド)を除外することもある。地政学でいう大陸国家とは別の考え方に基づくが、大部分が重なっていることも確かである。.

新しい!!: ポンド危機と大陸ヨーロッパ · 続きを見る »

失業

'''世界の失業率''' 灰色は統計資料が入手できないことを表す。CIA World Factbook による 失業(しつぎょう、unemployment)とは、仕事を失うことおよび働く意思も能力もあるのに仕事に就けない状態を指す。特に、仕事が無い状態を指す無職(むしょく)のうち、就業に向けた職探しを行っている者の状態を指し、そのような状態の者を失業者(しつぎょうしゃ)と言う。日本など一部を除いて北欧の福祉国家でさえも青年失業率が20%から下がらないことがOECD加盟国で大きな問題になっている。.

新しい!!: ポンド危機と失業 · 続きを見る »

変動相場制

変動相場制(へんどうそうばせい、floating exchange rate system)とは、為替レートを外国為替市場における外貨の需要と供給の関係に任せて自由に決める制度である高橋洋一 『高橋教授の経済超入門』 アスペクト、2011年、43頁。。フロートあるいはフロート制とも呼ぶ。オンライン化された国際証券集中保管機関により運用される。.

新しい!!: ポンド危機と変動相場制 · 続きを見る »

北海油田

北海油田(ほっかいゆでん、)は、北海にある150余りの海底油・ガス田の総称。イギリス、ノルウェー、デンマーク、ドイツ、オランダの各経済水域にまたがるが、大半の油・ガス田はイギリスとノルウェーの経済水域の境界線付近に存在する。原油推定埋蔵量は130億バレル。日産約600万バレル。採掘された原油はパイプラインで輸送され、スコットランドのアバディーンやイングランドのミドルズブラ、ノルウェーのホルダラン県にあるエクイノールモングスタッド製油所などで精製される。.

新しい!!: ポンド危機と北海油田 · 続きを見る »

マーガレット・サッチャー

ッチャー女男爵マーガレット・ヒルダ・サッチャー(Margaret Hilda Thatcher, Baroness Thatcher, LG, OM, PC, FRS、1925年10月13日 - 2013年4月8日)は、イギリスの政治家、一代貴族。旧姓はロバーツ(Roberts)。 イギリス保守党初の女性党首(在任: 1975年 - 1990年)、イギリス初の女性首相(在任: 1979年 - 1990年)。1992年からは貴族院議員。 保守的かつ強硬なその政治姿勢から「鉄の女(Iron Lady)」の異名を取ったことで知られる。.

新しい!!: ポンド危機とマーガレット・サッチャー · 続きを見る »

ユーロ

ユーロは、欧州連合における経済通貨同盟で用いられている通貨である。.

新しい!!: ポンド危機とユーロ · 続きを見る »

ユーロ圏

ユーロ圏(ユーロけん, En:eurozone, またはeuro area)は、欧州連合に加盟し、ユーロを導入している諸国で形成される経済圏。ユーロゾーン、などともいう。ユーロ圏において通貨政策を担うのは欧州中央銀行である。 なお、少数の欧州連合非加盟国がユーロを独自に導入しているが、それらの国々は欧州中央銀行に代表を送ることができず、通貨政策は統一されていないので、通常はユーロ圏に含めない。.

新しい!!: ポンド危機とユーロ圏 · 続きを見る »

リーマン・ショック

リーマン・ショックは、2008年9月15日に、アメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングス()が経営破綻したことに端を発して、連鎖的に世界規模の金融危機が発生した事象を総括的によぶ。 なお「リーマン・ショック」は和製英語であり、日本においては一連の金融危機における象徴的な出来事として捉えられているためこの語がよく使用されている。英語では同じ事象を (2008年金融危機) と呼ぶのが一般的である。文脈にもよるが (金融危機)だけで「リーマン・ショック」を意味することも多い。.

新しい!!: ポンド危機とリーマン・ショック · 続きを見る »

ロシア財政危機

ア財政危機(ロシアざいせいきき)または、ロシア金融危機(ロシアきんゆうきき)とは、ロシアの財政が悪化したところへアジア通貨危機の余波も受けて発生した債務不履行(デフォルト)並びに、一連の経済危機を指す。 狭義には、1998年8月17日にキリエンコ政府並びにロシア中央銀行の行った対外債務の90日間支払停止と、これに起因するルーブル下落、キャピタル・フライトなどの経済的危機を指す。 広義には、それ以前から各種の要因でロシアの財政が逼迫し、債務支払い停止を経て資本の流出、ルーブルの下落を見たロシア国内の経済混乱、並びに、金融不安に伴う株価下落、投資方針を量から質へ転換した資本の移動、ヘッジファンドの倒産など、世界経済が受けた影響を指す。.

新しい!!: ポンド危機とロシア財政危機 · 続きを見る »

ヘッジファンド

ヘッジファンド(Hedge fund)は、金融派生商品など複数の金融商品に分散化させて、高い運用収益を得ようとする代替投資の一つ。投資信託そのもののみならず、投資信託を運用する基金や組織を指すこともある。ヘッジファンドも機関投資家の一種である。.

新しい!!: ポンド危機とヘッジファンド · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: ポンド危機とドイツ · 続きを見る »

ドイツマルク

ドイツマルク(Deutsche Mark, DM, DEM )は、1948年6月20日から1998年12月31日までのドイツ連邦共和国(1990年のドイツ再統一までは西ドイツ、それ以降はドイツ)の法定通貨。単にマルクとも呼ばれる。「マルク」の名は、貨幣に刻印(ドイツ語でこれをマルクという)があることから。補助単位はペニヒ (Pfennig) で、1ドイツマルク=100ペニヒ。 ライヒスマルクに代わって導入され、1999年1月1日のユーロ導入により廃止された。1ユーロは1.95583ドイツマルクと等価とされた。ドイツマルクの硬貨と紙幣は2002年に市場から回収されたが、ユーロへの交換はドイツ連邦銀行によって永久保証されている。.

新しい!!: ポンド危機とドイツマルク · 続きを見る »

ドイツ再統一

1990年のドイツ再統一 ドイツ再統一(ドイツさいとういつ、、)は、1990年10月3日、ドイツ連邦共和国(Bundesrepublik Deutschland、「西ドイツ」)にドイツ民主共和国(Deutsche Demokratische Republik、「東ドイツ」)が編入された出来事である。東西ドイツ統一、東西ドイツの統一、ドイツの東西統一などとも呼ばれる。.

新しい!!: ポンド危機とドイツ再統一 · 続きを見る »

ドイツ連邦銀行

ドイツ連邦銀行(ドイツれんぽうぎんこう、)は、ドイツの中央銀行。連邦政府直属の法人である。間接的ではあるが行政機関にも位置づけられる。本店はフランクフルト・アム・マインに設置されており、欧州中央銀行制度を構成する。通称はブンデスバンク。.

新しい!!: ポンド危機とドイツ連邦銀行 · 続きを見る »

ドイツ民主共和国

ドイツ民主共和国(ドイツみんしゅきょうわこく、Deutsche Demokratische Republik; DDR)、通称東ドイツ(ひがしドイツ、Ostdeutschland)または東独(とうどく)は、第二次世界大戦後の1949年に旧ドイツ国のソビエト連邦占領地域に建国された国家。旧ドイツ国西部から南部にかけてのアメリカ・イギリス・フランス占領地域に建国されたドイツ連邦共和国(西ドイツ)とともにドイツを二分した分断国家の一つ。1990年、ドイツ連邦共和国に領土を編入される形で消滅した。.

新しい!!: ポンド危機とドイツ民主共和国 · 続きを見る »

利子

利子(りし、interest)とは、貸借した金銭などに対して、ある一定利率で支払われる対価。 利息(りそく)と利子は通常同じ意味で使われるが、借りた場合に支払うものを利子、貸した場合に受け取るものを利息と使い分けることがある。また、銀行預金では利息と呼ぶ(ゆうちょ銀行では利子と呼ぶ)。法律用語としては利息を用いるのが通常である。 米の貸し借りの対価として支払われる「利子米(利米)」のように利子は金銭以外で支払われる場合もある。このような実物を対価とする利子を実物利子、金銭を対価とする利子を貨幣利子あるいは金利と呼ぶ。.

新しい!!: ポンド危機と利子 · 続きを見る »

アラン・ウォルターズ

アラン・ウォルターズ(Alan Walters, 1926年6月17日 - 2009年1月3日)は、イギリスの経済学者。 レスター出身。レスター大学で学び、オックスフォード大学で経済学修士を取得した。バーミンガム大学教授を経て、1967年からロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授、ジョンズ・ホプキンス大学教授を務めた。 1981年マーガレット・サッチャー首相個人の経済顧問に就任したが、1989年に財務大臣のナイジェル・ローソンとの政策対立から辞任した(同年、ローソン自身もスキャンダルで辞任する)。 Category:イギリスの経済学者 Category:20世紀の経済学者 Category:21世紀の経済学者 Category:ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの教員 Category:ジョンズ・ホプキンズ大学の教員 Category:バーミンガム大学の教員 Category:レスター出身の人物 Category:1926年生 Category:2009年没.

新しい!!: ポンド危機とアラン・ウォルターズ · 続きを見る »

アジア通貨危機

アジア通貨危機(アジアつうかきき、Asian Financial Crisis)とは、1997年7月よりタイを中心に始まった、アジア各国の急激な通貨下落(減価)現象である。東アジア、東南アジアの各国経済に大きな悪影響を及ぼした。.

新しい!!: ポンド危機とアジア通貨危機 · 続きを見る »

イングランド銀行

イングランド銀行(イングランドぎんこう、Bank of England)は、イギリスの中央銀行。正式名称は「Governor and Company of the Bank of England」である。.

新しい!!: ポンド危機とイングランド銀行 · 続きを見る »

ジョン・メージャー

ー・ジョン・メージャー(CH、1943年3月29日 - )は、イギリスの政治家。 保守党に所属し、マーガレット・サッチャー内閣で財務大臣や外務・英連邦大臣を務めた後、1990年のサッチャーの辞任で代わって首相(在職1990年11月28日 - 1997年5月2日)に就任した。1992年の総選挙に辛勝して長期政権の基盤を築き、6年半に渡って首相を務めた。アメリカとの協調を維持しつつ、ヨーロッパとの関係改善に努め、マーストリヒト条約の締結と欧州連合(EU)発足に大きな功績を果たした。しかし中間色の政策が多かったため、「理念なき政治家」との批判が高まり、また相次ぐ政治家のスキャンダルなどで徐々に人気が下降し、1997年の総選挙でトニー・ブレア率いる労働党に大敗を喫して退陣に追い込まれた。.

新しい!!: ポンド危機とジョン・メージャー · 続きを見る »

ジョージ・ソロス

ョージ・ソロス(George Soros、1930年8月12日 - )は、ハンガリー・ブダペスト生まれのハンガリー系ユダヤ人の投資家・投機家、慈善家。ハンガリー名はショロシュ・ジェルジ(Soros György)。「イングランド銀行を潰した男」("The Man Who Broke the Bank of England")の異名を取る。 (Soros Fund Management)会長、オープン・ソサエティ財団(Open Society Foundations; 旧称: Open Society Institute)創設者、彼の生まれ故郷でもあるブダペストにある中央ヨーロッパ大学 (CEU) 共同創設者、Project Syndicate 出資者、シンクタンク Institute for New Economic Thinking (INET) 出資者(創設に当たり5000万ドルを提供)及び創設者の一人。 投資家及び慈善家であると同時に、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで哲学の博士号(Ph.D.)を得た哲学者、自由主義的な政治運動家、政治経済に関する評論家としても広く認められている。自身を「国境なき政治家("stateless statesman")」と称す(この呼称はもともとマケドニアの元首相ブランコ・ツルヴェンコフスキから与えられたものであり、それを気に入ったソロスが以来自称するようになった)。また、ブルームバーグの億万長者ランキングによれば彼は、2015年9月の時点で世界で24番目に、米国で17番目に裕福な個人である。個人資産は277億ドル(2015年9月)。.

新しい!!: ポンド危機とジョージ・ソロス · 続きを見る »

ストップゴー政策

トップゴー政策 (stop-go) とは、経済政策において景気拡張姿勢と景気抑制姿勢を交互に繰り替えす政策のこと。ストップアンドゴー政策とも呼ぶ。 財政政策や金融政策において、短い期間に方針を変更することを特徴とする。.

新しい!!: ポンド危機とストップゴー政策 · 続きを見る »

スターリング・ポンド

ターリング・ポンド()は、イギリスの通貨。通貨単位としてのポンドはかつてイギリス連邦諸国で用いられ、エジプトなどでは現在も用いられているが、単にポンドというと通常イギリスのポンドのことを示す。通貨記号は £、国際通貨コード (ISO 4217) は、GBPであるが、STGとも略記する。呼称としてはポンド、スターリングの他に quid が用いられることがある。日本ではイギリス・ポンド、または英ポンドと呼ばれることも多い。.

新しい!!: ポンド危機とスターリング・ポンド · 続きを見る »

内閣府

内閣府(ないかくふ、Cabinet Office、略称:CAO)は、日本の行政機関の一つである。内閣の重要政策に関する内閣の事務を助けることを任務としており、同任務を遂行するにあたり内閣官房を助けるものとされている(内閣府設置法第3条第1項及び第3項)。 内閣府の長(主任の大臣)は内閣総理大臣とされるが、内閣総理大臣は自らを助けるものとして内閣府に特命担当大臣を置くことができる。なお、「沖縄及び北方対策担当」、「金融担当」並びに「消費者及び食品安全担当」の特命担当大臣は必置となっている。そして、内閣官房長官は内閣府の事務(国家公安委員会や内閣府特命担当大臣の所掌は除く)の総括整理を担当し(内閣府設置法第8条第1項)、内閣官房副長官は特定事項に係るものに参画する(同2項)。 内閣府の広報誌としては、「広報ぼうさい」(政策統括官(防災担当))、「学術の動向」(日本学術会議)などが部局ごとに存在する。.

新しい!!: ポンド危機と内閣府 · 続きを見る »

国際金融のトリレンマ

国際金融のトリレンマ(こくさいきんゆうのトリレンマ 英:Impossible trinity、あるいはThe trilemma)とは国際金融政策において、3つの政策を同時に実現することができないことを指すSYNODOS -シノドス- 2010年10月13日。マンデルフレミングモデルを拡張させたものであり、ロバート・マンデルによって提示された説である。不可能の三角形とも呼ばれる。.

新しい!!: ポンド危機と国際金融のトリレンマ · 続きを見る »

国際通貨

国際通貨(こくさいつうか)とは、国際取引や為替取引に使用される通貨のこと。.

新しい!!: ポンド危機と国際通貨 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: ポンド危機と第二次世界大戦 · 続きを見る »

経済企画庁

経済企画庁(けいざいきかくちょう、Economic Planning Agency、略称:EPA)は、2001年(平成13年)1月5日まで存在した日本の中央省庁の一つであり大臣庁で、略称は経企庁(けいきちょう)だった。総理府の外局として設置され、長期経済計画の策定、各省庁間の経済政策の調整、内外の経済動向に関する調査・分析、国民所得の調査等を所掌した。長は国務大臣である経済企画庁長官。.

新しい!!: ポンド危機と経済企画庁 · 続きを見る »

経済政策

経済政策(けいざいせいさく、Economic policy)とは、経済に対して政府が行う政策の総称をいう。 マクロ経済政策としては、財政当局が実施する財政政策、中央銀行が実施する金融政策、ミクロ経済政策としては、競争政策、経済的規制政策、産業政策などがあるとされる。.

新しい!!: ポンド危機と経済政策 · 続きを見る »

為替レート

替レート(かわせレート、)とは、通常の外国為替の取引における外貨との交換比率(交換レート)である。為替相場、通貨レート、単にレートとも呼ぶ。基本的に市場で決定される。市場で決定されたレートを() と呼ぶ。.

新しい!!: ポンド危機と為替レート · 続きを見る »

英国病

英国病(えいこくびょう)またはイギリス病とは、国を挙げてセカンダリー・バンキングへ傾注した1960年代以降のイギリスにおいて、充実した社会保障制度や基幹産業の国有化等の政策が実施され、社会保障負担の増加、国民の勤労意欲低下、既得権益の発生、およびその他の経済・社会的な問題を発生させた現象である。.

新しい!!: ポンド危機と英国病 · 続きを見る »

通貨

通貨(つうか、currency)とは、流通貨幣の略称で、国家もしくは、その地の統治主体によって価値が保証された、決済のための価値交換媒体。 政府は租税の算定にあたって通貨を利用する。 モノやサービスとの交換に用いられる「お金(おかね)」を、経済用語では貨幣、または通貨と呼ぶ。通貨は、現金通貨と預金通貨に大別され、前者は紙幣・硬貨(補助紙幣)であり、後者は普通預金・当座預金などの決済口座である。.

新しい!!: ポンド危機と通貨 · 続きを見る »

PIIGS

PIIGS(ピーグス、 ピグズ)またはPIGS(ピッグス、 ピグズ)は、世界金融危機において金融・財政部門の改善が自国の力のみでは達成出来ない可能性のあるヨーロッパの国をまとめて表現するために、該当する国家群の英語の頭文字からつくられた頭字語である。経済状況の変化に従って該当するとされる国家も変化しているため、この記事では同種の頭字語も扱う。.

新しい!!: ポンド危機とPIIGS · 続きを見る »

東南アジア

東南アジア(とうなんアジア)は、中国より南、インドより東のアジア地域を指す。インドシナ半島、マレー半島、インドネシア諸島、フィリピン諸島などを含む。主に、大陸部東南アジアと島嶼部東南アジアに分けられる。 '''東南アジア''' 東南アジアの地図 東南アジアの範域.

新しい!!: ポンド危機と東南アジア · 続きを見る »

欧州共同体

欧州共同体(おうしゅうきょうどうたい、European Community)とは、1992年に調印された欧州連合条約のもとで導入された欧州連合の3つの柱のうち、第1の柱を構成する政策の枠組み。またはその政策の実現のために設置されている国家間の共同体。ECとも。欧州共同体は超国家主義の原則に基づいており、欧州連合の前身である欧州経済共同体が起源となっており、共同体としても欧州経済共同体設立条約から改称された欧州共同体設立条約が法的根拠となってきた。2009年のリスボン条約発効で3本柱構造が廃止されたことにより欧州共同体と残りの2つの柱は統合され、法人格を持つ共同体としても消滅した。.

新しい!!: ポンド危機と欧州共同体 · 続きを見る »

欧州為替相場メカニズム

欧州為替相場メカニズム(おうしゅうかわせそうばメカニズム、英語表記:European Exchange Rate Mechanism, 略:ERM)は、ヨーロッパにおける為替相場の変動を抑制し、通貨の安定性を確保することを目的とした制度である。欧州委員会は1979年3月、欧州通貨制度の一環として欧州為替相場メカニズムを取り入れ、欧州連合における経済通貨同盟や1999年1月1日の単一通貨ユーロの導入に備えた。 欧州為替相場メカニズムは批判を込めてEternal Recession Mechanism(永遠に不況が続くメカニズム)と言われることもある。.

新しい!!: ポンド危機と欧州為替相場メカニズム · 続きを見る »

欧州通貨制度

欧州通貨制度(おうしゅうつうかせいど、英語表記:European Monetary System, EMS)は、1979年から1999年まで維持された欧州経済共同体の加盟国による地域的半固定為替相場制のシステム。通貨変動が年±2.25%以内に抑えることを原則として、ユーロ導入までの移行期間的システムで、ヨーロッパの諸通貨の安定を目的とした。なお、イギリスは1990年から1992年の期間を除いて不参加。.

新しい!!: ポンド危機と欧州通貨制度 · 続きを見る »

欧州連合の経済通貨統合

欧州連合の経済通貨統合(おうしゅうれんごうのけいざいつうかとうごう)では、地域経済統合の1つの形態である経済通貨同盟の欧州連合における実践について概説する。 経済学において、通貨統合とは複数の国が単一通貨を共有することで合意している状況をさす。欧州連合における経済通貨統合には経済政策の調整と欧州連合の単一通貨であるユーロ導入の実現にいたるまで3つの段階がある。欧州連合のすべての加盟国はこの経済通貨統合に参加していることになっているが、そのうち16か国は第3段階に至っており、ユーロを導入している。イギリス、デンマーク、スウェーデンはこの第3段階を受け入れておらず、今日に至っても従来の通貨を使用している。 コペンハーゲン基準では、欧州連合への加盟条件として一定期間内で通貨統合を実現することが挙げられている。2004年の新規加盟10か国は、さまざまな経済情勢によりその時期は異なるものの、おおむね10年以内の第3段階移行を予定している。同様に現在加盟交渉を行っている国も、加盟実現から数年以内にユーロを自国通貨とすることとなる。 ユーロ導入に先立ち、加盟国は自国通貨を2年間、欧州為替相場メカニズムに組み込ませなければならない。デンマーク、エストニアは欧州為替相場メカニズムに参加している。リトアニアも参加していたが、2015年1月1日にユーロに移行した。 なお欧州連合における経済通貨統合を EMU と略することがあるが、これは地域経済統合の1つの形態である経済通貨同盟 (Economic and Monetary Union) を意味するものであり、厳密にいうと本来は欧州連合の事例に限定されるものではない。とくに European Monetary Union(欧州通貨統合)の略称と解釈するのは誤りである。しかしながら欧州連合という略称は欧州連合の事例に限定して用いられることが多い。.

新しい!!: ポンド危機と欧州連合の経済通貨統合 · 続きを見る »

欧州懐疑主義

欧州懐疑主義(おうしゅうかいぎしゅぎ、Euroscepticism)とは、ヨーロッパの統合過程に対して反発する理念や思想。EU懐疑論などともいう。 もともとはイギリスで欧州経済共同体に加盟することに党として賛成した労働党や保守党の内部でも懐疑的であった一派のことを指していた。その後欧州懐疑主義の示すものは拡大され、欧州連合 そのものやその政策、ユーロの導入、将来における超国家、連邦制、国家連合といった形態の汎ヨーロッパ的な統合体の設立・移行といったものに対する懐疑論や批判論も指すようになった。欧州懐疑主義 "Euroscepticism" という言葉はほかのヨーロッパの言語にも外来語や翻訳借用といった形で浸透し、たとえばフランス語では Euroscepticisme 、ドイツ語では Europaskepsis といった言葉が使われるようになった。 欧州懐疑主義は国民国家、国家主権といった概念と関連づけられることがあり、典型的なものとして欧州共同体設立条約前文にある「限りなく連合体に近い (“ever closer union”) 」という表現が主権侵害に当たるという懸念から煽り立てられることがある。しかし欧州懐疑主義はイデオロギーとしては十分な定義がなされておらず、また懐疑論者もヨーロッパに対する展望と、その展望と現実との違いの感じ方によってさまざまである。すなわち、ヨーロッパの「連合体」(または別の名称について異なる形態を模索する者もいれば、ヨーロッパの統合過程を転換させようと考える者、居住する国を欧州連合から脱退させようとする者、欧州連合そのものを完全に解消させようとする者など、欧州懐疑論者とはさまざまなものを指す。また欧州連合の政治をきわめて官僚的で非民主的と考えるものもおり、そのため解消という手段ではなく欧州連合という枠組み内で変えていこうとするものもいる。.

新しい!!: ポンド危機と欧州懐疑主義 · 続きを見る »

政策金利

政策金利(せいさくきんり、bank rate)とは、中央銀行が、一般の銀行(市中銀行)に融資する際の金利。 中央銀行の金融政策によって決められ、景気が良い場合には高く設定され、景気が悪い場合には低く設定される。これによって、景気が良い場合には預貯金やローンの金利が上がり、通貨の流通が抑えられる。景気が悪い場合には金利が低くなって、通貨の流通を促進する意味合いを持たせることになる。.

新しい!!: ポンド危機と政策金利 · 続きを見る »

1993年

この項目では、国際的な視点に基づいた1993年について記載する。.

新しい!!: ポンド危機と1993年 · 続きを見る »

1995年

この項目では、国際的な視点に基づいた1995年について記載する。.

新しい!!: ポンド危機と1995年 · 続きを見る »

1997年

この項目では、国際的な視点に基づいた1997年について記載する。.

新しい!!: ポンド危機と1997年 · 続きを見る »

1999年

1990年代最後の年であり、1000の位が1になる最後の年でもある。 この項目では、国際的な視点に基づいた1999年について記載する。.

新しい!!: ポンド危機と1999年 · 続きを見る »

2009年

この項目では、国際的な視点に基づいた2009年について記載する。.

新しい!!: ポンド危機と2009年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ポンドショックブラックウェンズデー

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »