ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ポワントノワール空港

索引 ポワントノワール空港

ポワントノワール空港(ポワントノワールくうこう、Pointe Noire Airport)はコンゴ共和国最大の港湾都市ポワントノワールにある空港。.

37 関係: マヤマヤ空港マラボマラボ国際空港バマコバマコ・セヌー国際空港ポワントノワールムハンマド5世国際空港ヨハネスブルグリーブルヴィルリーブルヴィル国際空港ルフトハンザドイツ航空ロイヤル・エア・モロッコワガドゥグーワガドゥグー空港ボレ国際空港ブラザヴィルパリパリ=シャルル・ド・ゴール空港フランクフルト・アム・マインフランクフルト空港フェリックス・ウフェ=ボワニ国際空港ドゥアラドゥアラ国際空港アビジャンアディスアベバアスファルトインターエア・サウスアフリカエチオピア航空エール・ブルキナエールフランスカジェフォウン空港カサブランカコンゴ共和国コトヌーCEIBAインターコンチネンタル空港O・R・タンボ国際空港

マヤマヤ空港

マヤマヤ空港(マヤマヤくうこう、Aéroport international Maya-Maya)はコンゴ共和国の首都ブラザヴィルにある国際空港。エクアトリアル・コンゴ・エアラインズ及びトランスエアコンゴの本拠地である。.

新しい!!: ポワントノワール空港とマヤマヤ空港 · 続きを見る »

マラボ

マラボ (Malabo) は、ギニア湾に浮かぶビオコ島に位置する、赤道ギニアの首都。同島北部の沿岸部に位置し、人口は1995年時点で3万人であったが、2012年時点で18万人に増加した。大陸に国土を有しながら、島に首都があるのはマラボとデンマークのコペンハーゲン、イギリスのロンドンのみである。.

新しい!!: ポワントノワール空港とマラボ · 続きを見る »

マラボ国際空港

マラボ国際空港(マラボこくさいくうこう、、)は赤道ギニア共和国の首都マラボにある国際空港。空港はマラボの東9kmに位置する。.

新しい!!: ポワントノワール空港とマラボ国際空港 · 続きを見る »

バマコ

バマコ(Bamako)はマリ共和国の首都。 2009年の人口は約180.9万人。 ニジェール川の河岸に位置し、同国内では南西部に位置する。.

新しい!!: ポワントノワール空港とバマコ · 続きを見る »

バマコ・セヌー国際空港

バマコ・セヌー国際空港(バマコ・セヌーこくさいくうこう、Aéroport international Modibo Keita、Bamako Senou International Airport)とは、マリ共和国の首都バマコ郊外にある国内唯一の国際空港。セヌー空港と略して使われることもある。かつての大統領の名を冠してモディボ・ケイタ国際空港とも称する。エール・マリの本拠地である。.

新しい!!: ポワントノワール空港とバマコ・セヌー国際空港 · 続きを見る »

ポワントノワール

ポワント=ノワール(Pointe-Noire)は、アフリカ大陸中西部、コンゴ共和国南西部の都市。コンゴ最大の港湾都市である。2010年の人口は82万9134人。同国首都であるブラザヴィルと同じ、特別市(Commune de Pointe-Noire)という地位でコンゴ共和国を構成する。.

新しい!!: ポワントノワール空港とポワントノワール · 続きを見る »

ムハンマド5世国際空港

ムハンマド5世国際空港(ムハンマド5せいこくさいくうこう、、L'Aéroport International Mohammed V - Nouasser)は、モロッコ王国のカサブランカにある国際空港。モロッコの国王ムハンマド5世(1909年 - 1961年)を記念して命名された。ロイヤル・エア・モロッコなどがハブ空港としている。 カサブランカ市内とは空港連絡鉄道で結ばれており、ターミナル1の地下にはモロッコ国鉄のがある。.

新しい!!: ポワントノワール空港とムハンマド5世国際空港 · 続きを見る »

ヨハネスブルグ

ヨハネスブルグ(Johannesburg、、、南アフリカ英語: 、IGoli)は、南アフリカ共和国ハウテン州にある都市(都市圏)、同州の州都である。同国最大の都市であり、人口は2011年で約443万人。2011年の近郊を含む都市圏人口は755万人であり、同国第1位、アフリカでは第4位である。 アフリカを代表する世界都市の一つであり、アメリカのシンクタンクが2017年に発表した総合的な世界都市ランキングにおいて、世界53位の都市と評価された。アフリカの都市では首位である。また、2016年に発表された「世界の都市総合力ランキング」では、世界42位と評価された。都市のGDPは1100億ドルで、南部アフリカ第1位である。アフリカ最大の証券取引所であるJSEの所在地でもあり、アフリカ最高の金融センターと評価されている。ヨハネスバーグとも表記される。.

新しい!!: ポワントノワール空港とヨハネスブルグ · 続きを見る »

リーブルヴィル

リーブルヴィル(Libreville)は、アフリカにあるガボン共和国の首都で、同国北西部に位置する。行政上はエスチュエール州に属すコミューン(Commune de Libreville)である。人口は73万人(2013年)。ガボン川に面し、ギニア湾にも近く、交易の中心地である。北緯0度22分30秒、東経9度25分にある。.

新しい!!: ポワントノワール空港とリーブルヴィル · 続きを見る »

リーブルヴィル国際空港

リーブルヴィル国際空港(リーブルヴィルこくさいくうこう、Aéroport international Léon-Mba)はガボン共和国の首都リーブルヴィルにある国際空港。かつての大統領レオン・ムバの名を冠してレオン・ムバ空港とも呼ばれる。Nationale Regionale Transportの本拠地である。.

新しい!!: ポワントノワール空港とリーブルヴィル国際空港 · 続きを見る »

ルフトハンザドイツ航空

ルフトハンザドイツ航空の本社 ルフトハンザドイツ航空(ルフトハンザドイツこうくう、AG, Lufthansa)は、ドイツのケルンに本拠を置くドイツ最大の航空会社。ドイツのいわゆる「フラッグ・キャリア」とされている。現在はドイツ国外の航空会社も多数傘下に置いている。.

新しい!!: ポワントノワール空港とルフトハンザドイツ航空 · 続きを見る »

ロイヤル・エア・モロッコ

イヤル・エア・モロッコ(Royal Air Maroc, الخطوط الملكية المغربية)はモロッコの航空会社。.

新しい!!: ポワントノワール空港とロイヤル・エア・モロッコ · 続きを見る »

ワガドゥグー

ワガドゥグー(Ouagadougou)は、ブルキナファソの首都で同国最大の都市である。 2012年の人口は162.7万人。.

新しい!!: ポワントノワール空港とワガドゥグー · 続きを見る »

ワガドゥグー空港

ワガドゥグー空港(ワガドゥグーくうこう、Aéroport international de Ouagadougou、Ouagadougou Airport)は、ブルキナファソの首都ワガドゥグーにある国際空港。エール・ブルキナが本拠地としている。.

新しい!!: ポワントノワール空港とワガドゥグー空港 · 続きを見る »

ボレ国際空港

ボレ国際空港(ボレこくさいくうこう、 )は、エチオピア連邦民主共和国の首都・アディスアベバ南東の近郊の町・ボレにある国際空港である。かつてはエチオピアの皇帝ハイレ・セラシエ1世にちなんで「ハイレ・セラシエ1世国際空港」とも呼ばれていた。 この空港はエチオピア航空の本拠地であり、世界各国へ接続している。また、ルフトハンザドイツ航空、ケニア航空、ターキッシュ エアラインズ、エミレーツ航空などが就航している。2003年には新・国際線ターミナルが開業し、3,800mの滑走路も完成した。 ターミナル1は、主にアフリカ内路線・国内線。ターミナル2(新ターミナル)は、主にアフリカ外への国際線。いずれもエチオピア航空のクラウド9(ビジネスクラス)空港ラウンジがある(ネット完備・軽食あり・シャワーなし)。.

新しい!!: ポワントノワール空港とボレ国際空港 · 続きを見る »

ブラザヴィル

ブラザヴィル()は、コンゴ共和国の首都。 2010年の人口は140万8150人。 コンゴ川下流に面する。 コンゴ川を挟んだ対岸にはコンゴ民主共和国の首都キンシャサがあり、この二つの都市で大都市圏を形成している(双子都市)。 首都が隣り合っているのは世界でここだけである。 ブラザヴィルは、ポワントノワールと並ぶコンゴ共和国屈指の都市であり、双方とも特別市として、他地方と共にコンゴ共和国を構成する。.

新しい!!: ポワントノワール空港とブラザヴィル · 続きを見る »

パリ

ランドサット パリの行政区 パリ(Paris、巴里)は、フランス北部、イル=ド=フランス地域圏にある都市。フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。 フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。.

新しい!!: ポワントノワール空港とパリ · 続きを見る »

パリ=シャルル・ド・ゴール空港

パリ=シャルル・ド・ゴール空港(パリ=シャルル・ド・ゴールくうこう、Aéroport de Paris-Charles-de-Gaulle)は、フランスの首都パリの国際空港である。フランスの軍人・大統領のシャルル・ド・ゴールにちなんで名付けられた。パリ=オルリー空港と並ぶ、パリの空の玄関口のひとつ。フランス最大の空港である。シャルル・ド・ゴール国際空港(シャルル・ド・ゴールこくさいくうこう)とも呼ばれる。.

新しい!!: ポワントノワール空港とパリ=シャルル・ド・ゴール空港 · 続きを見る »

フランクフルト・アム・マイン

マインハッタン」とも呼ばれるフランクフルト・アム・マインのスカイライン フランクフルト・アム・マイン (Frankfurt am Main) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州に属す郡独立市である。一般にフランクフルトと通称される。人口 72万人を超えるヘッセン州最大の都市(2016年現在)であり、ドイツ全体でもベルリン、ハンブルク、ミュンヘン、ケルンに次ぐ第5の都市である。 (PDF, 25.1 MB)(2013年2月28日 閲覧)、広義のライン=マイン大都市圏の総人口は550万人である。--> 中世以来、フランクフルトはドイツの中心都市の一つであった。794年には初めて文献に記録され、中世盛期の帝国自由都市であった。13世紀のライン都市同盟に参加している。 1806年まで神聖ローマ皇帝の選挙が行われる諸侯会議が開催された地であり、1562年以降は皇帝の戴冠式もこの都市で挙行された。1816年からドイツ連邦の議会がフランクフルト自由都市で開催され、1848年から49年にかけてはフランクフルト国民議会が開催された。1866年の普墺戦争により都市国家としての独立を喪失し、プロイセンに併合された。フランクフルトの人口は、1875年に10万人、1928年には50万人を超えた。 現在のフランクフルトは国際金融の中心地であり、工業や産業の中心でもある。経済的側面から世界都市の一つに数えられており、欧州中央銀行、ドイツ連邦銀行、フランクフルト証券取引所、ドイツ銀行、コメルツ銀行、ドイツ復興金融公庫、、(ヘラバ)の本社がある。ここに挙げきれない金融機関も多数存在する。  工業・産業・交通の要衝でもある。メッセ・フランクフルトは、世界最大の見本市会場の一つである。フランクフルト空港は世界最大級のハブ空港であり、鉄道についてもヨーロッパ最大級のターミナル駅であるフランクフルト中央駅がある。また、道路においてもフランクフルト・ジャンクションはドイツで最も自動車交通量が多いジャンクションの1つである。フランクフルトの は、データ転送量において世界最大のインターネット中継点である。.

新しい!!: ポワントノワール空港とフランクフルト・アム・マイン · 続きを見る »

フランクフルト空港

フランクフルト空港(フランクフルトくうこう、)は、ドイツのフランクフルト・アム・マインにあるドイツ最大規模の国際空港である。空港コードはFRA/EDDF。.

新しい!!: ポワントノワール空港とフランクフルト空港 · 続きを見る »

フェリックス・ウフェ=ボワニ国際空港

フェリックス・ウフェ=ボワニ国際空港(フェリックス・ウフェ=ボワニこくさいくうこう、、)は、コートジボワールの旧首都、アビジャンにある国際空港。エール・コートジボワールのハブ空港である。空港名はコートジボワールの初代大統領であるフェリックス・ウフェ=ボワニから命名された。.

新しい!!: ポワントノワール空港とフェリックス・ウフェ=ボワニ国際空港 · 続きを見る »

ドゥアラ

ドゥアラ(フランス語: Douala、英語/ドイツ語: Duala)はカメルーン共和国最大の都市でリトラル州の州都。 大西洋のギニア湾に面し北西には4070mのカメルーン山が聳えている。 2012年の人口は244万6945人で、周辺を含め300万人の都市圏を形成している。 商業上もっとも重要な都市である。 空港(ドゥアラ国際空港)や港もあり、運輸上の中心であると共にチャドからの輸送の中継地でもある。 首都のヤウンデとは道路と鉄道で結ばれている。 ウーリ川にかかるボナベリ橋によって市内は二つに大きく分かれる。.

新しい!!: ポワントノワール空港とドゥアラ · 続きを見る »

ドゥアラ国際空港

ドゥアラ国際空港(ドゥアラこくさいくうこう、仏語:Aéroport international de Douala)は、カメルーン共和国最大の都市ドゥアラにある国際空港である。また、カメルーン航空の拠点空港でもある。.

新しい!!: ポワントノワール空港とドゥアラ国際空港 · 続きを見る »

アビジャン

アビジャン(Abidjan)は、コートジボワールの最大都市。同国南部に位置する旧首都。1983年に首都が240km北のヤムスクロに移転されたが、現在も行政・経済の中心地として、事実上の首都機能を果たしている。2014年の人口は約470.7万人。.

新しい!!: ポワントノワール空港とアビジャン · 続きを見る »

アディスアベバ

アディスアベバ( 、)は、エチオピアの首都である。 アディスアベバとはアムハラ語で「新しい花」を意味する。 2015年の人口は327.3万人。 アフリカ有数の世界都市であり、2014年のアメリカのシンクタンクには世界都市80位の都市と評価された。アフリカ統一機構・アフリカ連合の本部が所在し、国際連合などから「アフリカの政治的な首都」と呼ばれている。.

新しい!!: ポワントノワール空港とアディスアベバ · 続きを見る »

アスファルト

精製されたアスファルト アスファルト舗装 アスファルト()もしくは土瀝青(どれきせい)とは、原油に含まれる炭化水素類の中で最も重質のものである。道路の舗装や防水剤などに使われる。減圧蒸留装置で作られた減圧残油はそのまま製品アスファルトとなり、ストレート・アスファルトと呼ばれる。 ストレート・アスファルトの性状を改善するため、溶剤抽出(溶剤脱瀝)や空気酸化(ブローン・アスファルト製造)などの処理を行うこともある。粘度の高い液体(ピッチ)であり、常温ではほとんど流動しないものが多い。ただし、常温で使用できるようにストレート・アスファルトを灯油や軽油でカットバックさせたカットバック・アスファルトもあるが、日本では統計上ストレート・アスファルトに含まれている。 なお、日本やアメリカ等では石油を精製して採れた減圧重質油をアスファルトと呼ぶのに対し、ヨーロッパではビチューメンと呼び、このビチューメンに骨材や砂などを混合したものをアスファルト(日本ではアスファルト混合物またはアスファルト合材)と呼んでいる。したがって、ヨーロッパの技術論文を読む際には注意が必要となる。なぜこのように呼称が違ったのか不明であるが、おそらくは、アスファルトの種類が増えたことが原因ではないかと考えられる。 トリニダード・トバゴでは純度の高いアスファルトが天然で噴出し、湖を形成するという稀なケースが見受けられる。これは、地中の原油から揮発成分が蒸発し、アスファルト分のみが残ったものと考えられる。→(ピッチ湖).

新しい!!: ポワントノワール空港とアスファルト · 続きを見る »

インターエア・サウスアフリカ

インターエア・サウスアフリカ(Interair South Africa)は南アフリカのヨハネスブルグに本拠地を置く航空会社である。主にインド洋・西アフリカ路線.

新しい!!: ポワントノワール空港とインターエア・サウスアフリカ · 続きを見る »

エチオピア航空

ボーイング767-300ER(ロンドン・ヒースロー空港にて) ボーイング757-200(旧塗装・ロンドン・ヒースロー空港にて) エチオピア航空(エチオピアこうくう、アムハラ語:ውክፔዲያ - የኢትዮጵያ አየር መንገድ Ethiopian Airlines)は、エチオピアのアディスアベバを本拠地とする航空会社。株式の100%をエチオピア政府が所有する、エチオピアのフラッグ・キャリアでもある。国内線は28都市、国際線は52都市へ乗り入れている。.

新しい!!: ポワントノワール空港とエチオピア航空 · 続きを見る »

エール・ブルキナ

ール・ブルキナ(Air Burkina)はブルキナファソの航空会社。ワガドゥグーを拠点として、国際線、国内線を運行している。 1967年3月17日、エール・ボルタの名で設立。国営企業であったが、2001年に株式の大半を民間に譲渡した。.

新しい!!: ポワントノワール空港とエール・ブルキナ · 続きを見る »

エールフランス

ールフランス(Air France)は、フランスの航空会社。ヨーロッパでは1位、世界では4位の規模である。.

新しい!!: ポワントノワール空港とエールフランス · 続きを見る »

カジェフォウン空港

トヌー・カジェフォウン空港(コトヌー・カジェフォウンくうこう、Aéroport international de Cotonou)はベナン共和国リトラル県の県都コトヌーにある空港。 同国最大の空港である。2004年の利用者数は301,493人。2,400mの滑走路を1本有する。.

新しい!!: ポワントノワール空港とカジェフォウン空港 · 続きを見る »

カサブランカ

ブランカ(Casablanca、الدار البيضاء; )は、モロッコ王国最大の都市。モロッコの商業・金融の中心地で、アフリカ有数の世界都市でもある。港湾も経済を支える重要な要素で、リン鉱石が最大の輸出品。漁業・魚缶詰も盛んである。 またスペイン語で「白い家」という意味がある。.

新しい!!: ポワントノワール空港とカサブランカ · 続きを見る »

コンゴ共和国

ンゴ共和国(コンゴきょうわこく)は、中部アフリカに位置する共和制国家。東にコンゴ民主共和国、北にカメルーンと中央アフリカ、西にガボン、南にアンゴラの飛地カビンダと国境を接している。首都はブラザヴィル。 二つのコンゴとアンゴラ北部は15世紀頃まではコンゴ王国の一体的な領域だったが、16世紀にポルトガルによる征服を経た後に、19世紀のベルリン会議でベルギー領(現在のコンゴ民主共和国)とフランス領(現在のコンゴ共和国)とポルトガル領に分けられた。1970年から1991年までの期間は左翼クーデターによりコンゴ人民共和国だった。.

新しい!!: ポワントノワール空港とコンゴ共和国 · 続きを見る »

コトヌー

トヌー(Cotonou)はベナンの都市で、同国の事実上の首都。 2012年の人口は約77.9万人。 ベナンを代表する港湾都市であり、ベナン経済の中心となる都市。 内陸まで鉄道が延びており、物資の集散地としても重要な役割を果たしている。 約25km北東に首都のポルトノボが位置している。 市内には国会、最高裁判所、カジェフォウン空港などがあり、憲法上の首都はポルトノボとはいえ、多くの首都機能はコトヌーに置かれている。 国立ベナン大学が置かれ多くの学生が学んでいる。.

新しい!!: ポワントノワール空港とコトヌー · 続きを見る »

CEIBAインターコンチネンタル

CEIBAインターコンチネンタル(スペイン語:CEIBA Intercontinental)は赤道ギニアのマラボに本拠地を置く航空会社である。.

新しい!!: ポワントノワール空港とCEIBAインターコンチネンタル · 続きを見る »

空港

港(くうこう、Airport)とは、公共の用に供する飛行場のことである。一般的な実態は主に旅客機・貨物機等の民間航空機の離着陸に用いる飛行場内の施設である。その名のとおり、海運における港のような機能をもつ施設であり、空港という日本語自体が英語 Airport(空の港)の直訳である。 2009年時点でアメリカ中央情報局がまとめた報告によると、「上空から確認できる空港あるいは飛行場」は、全世界に約44000箇所あり、その内の15095箇所は米国内にあり、米国が世界でもっとも多い。.

新しい!!: ポワントノワール空港と空港 · 続きを見る »

O・R・タンボ国際空港

O・R・タンボ国際空港(O・R・タンボこくさいくうこう、)は、南アフリカ共和国ハウテン州エクルレニ都市圏にある国際空港である。 2006年、ヨハネスブルグ国際空港(Johannesburg International Airport)から改称した。.

新しい!!: ポワントノワール空港とO・R・タンボ国際空港 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »