ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ポサード

索引 ポサード

ポサード(ウクライナ語 / Посад 、Пасад 。)はキエフ・ルーシ期 - 帝政ロシア期に用いられた、城塞(クレムリもしくはデティネツ)の外の市場や商工業者の密集して住まう地区を指す用語である。.

20 関係: マーケットタウンポショーロク (行政区画)リャドクロシア帝国パヴロフスキー・ポサドデティネツイコンウラジーミル・スーズダリ大公国ウクライナ語キエフ大公国クレムリセルギエフ・ポサード陶磁器12世紀13世紀1923年1929年

マーケットタウン

マーケットタウン もしくはマーケットライト(市場権、市場開催権)とは、中世から市場を開催する権利を持つヨーロッパ人居住地において、都市と村を区別するために用いた法律用語である。たとえ市場を保有していない町でも、今は保有していないマーケットタウンとして扱われた。.

新しい!!: ポサードとマーケットタウン · 続きを見る »

ポショーロク (行政区画)

ポショーロク(Посёлок)は、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ、カザフスタンの行政区画名の1種である。 ロシアでは、主に建設年度の新しい都会風の村を指す(ただし、ロシアとウクライナではセロ等と区別する法律上の基準はない)。.

新しい!!: ポサードとポショーロク (行政区画) · 続きを見る »

リャドク

リャドク(Рядок)とは、キエフ・ルーシ期に主にノヴゴロド公国で見られた、商工業者の小規模な居住地のことである。 キエフ・ルーシ期のリャドクには、法に基づいた契約の1つであるリャドを結び、一定期間他者に隷属したリャドヴィチに属する人々が住んでいた。また、リャドクの商工業者は農業にも従事した。 15世紀末には製鉄・製塩所などの採取産業地区や、などの交易路上にもリャドクが登場した。なお、より大規模な、しかし防御設備をもたない商工業者の居住地はポサードと呼ばれた。 16世紀前半、現在のノヴゴロド州には42のリャドクがあった。16世紀末から社会的価値を失い消滅していったリャドクもあったが、いくつかのリャドクはポサードへ、そしてゴロド(都市)へと発展していった。たとえばチフヴィン、ヴァルダイ、ヴイシニー・ヴォロチョークなどである。また、ベリョゾヴスキー・リャドク(ru)、オペチェンスキー・リャドク(ru)などの自治体の名に、リャドクの名が残っている。.

新しい!!: ポサードとリャドク · 続きを見る »

ロシア帝国

ア帝国(ロシアていこく、 ラスィーイスカヤ・インピェーリヤ)は、1721年から1917年までに存在した帝国である。ロシアを始め、フィンランド、リボニア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、カフカーズ、中央アジア、シベリア、外満州などのユーラシア大陸の北部を広く支配していた。帝政ロシア(ていせいロシア)とも呼ばれる。通常は1721年のピョートル1世即位からロシア帝国の名称を用いることが多い。統治王家のロマノフ家にちなんでロマノフ朝とも呼ばれるがこちらはミハイル・ロマノフがロシア・ツァーリ国のツァーリに即位した1613年を成立年とする。.

新しい!!: ポサードとロシア帝国 · 続きを見る »

パヴロフスキー・ポサド

パヴロフスキー・ポサド(パーヴロフスキー・パサード、Па́вловский Поса́д, Pavlovsky Posad)はロシア・モスクワ州の都市で、首都モスクワからは西へ68km。 オカ川の左支流・クリャージマ川沿いにありヴォフナ川がここで合流する。またモスクワからウラジーミルを経てニジニ・ノヴゴロドへ向かう鉄道が通る。 人口は2002年国勢調査で61,982人(1989年調査では 71,297人)。.

新しい!!: ポサードとパヴロフスキー・ポサド · 続きを見る »

デティネツ

デティネツ(ベラルーシ語(タラシケヴィツァ):Дзядзінец、Детинец、Дитинець。)とは、ルーシの城塞の内側を指す言葉の1つである。意味の上ではクレムリという言葉に類似している。「ノヴゴロドのデティネツ(ru)」(Новгородский детинец)、「キエフのデティネツ(ru)」などの用例がある。 年代記においては、『ノヴゴロド第一年代記』の1097年の記述に見出される。一方、クレムリという言葉は1317年のトヴェリのクレムリの建設についての物語が初出である。これ以降、デティネツという言葉はクレムリに取って代わられるが、14世紀まではデティネツという言葉は広く普及していた。また、13世紀 - 14世紀の境目から、デティネツという言葉は、ノヴゴロドからプスコフにかけての地域の史料にのみ用いられるようになっている。このときから、デティネツという言葉はノヴゴロドのデティネツを指していると見なすことができる。.

新しい!!: ポサードとデティネツ · 続きを見る »

イコン

イコン(εικών, Икона, Icon, Ikon)とは、イエス・キリスト(イイスス・ハリストス)、聖人、天使、聖書における重要出来事やたとえ話、教会史上の出来事を画いた画像(多くは平面)である。"εικών"をイコンと読むのは中世から現代までのギリシャ語による(ειは中世・現代ギリシャ語では「イ」と読む)。古典ギリシャ語再建音ではエイコーン。正教会では聖像とも呼ぶ。.

新しい!!: ポサードとイコン · 続きを見る »

ウラジーミル・スーズダリ大公国

ウラジーミル・スーズダリ大公国(ウラジーミル・スーズダリたいこうこく)は、ルーシの公国の一つ。12世紀後半以後は大公国。現在のスーズダリ・モスクワなどを含む地域で、当時の辺境地であった北東ルーシに位置した。首府はウラジーミル。.

新しい!!: ポサードとウラジーミル・スーズダリ大公国 · 続きを見る »

ウクライナ語

ウクライナ語( )は、インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派の東スラヴ語群に属し、キリル文字を使用する言語である。ウクライナの公用語である。ウクライナ国外においても、諸外国に住むウクライナ人によって使用されている。本国での話者人口は3680万人。本国以外に、ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、ポーランド、カナダやアメリカ合衆国などの南北アメリカ、オーストラリアなどにも話者がおり、それらを合計すれば約4500万人になる。スラヴ語派においてはロシア語、ポーランド語に次いで第3位の話者人口である。11月9日はウクライナ語の記念日となっている。.

新しい!!: ポサードとウクライナ語 · 続きを見る »

キエフ大公国

フ大公国(キエフたいこうこく)は、9世紀後半から1240年にかけてキエフを首都とした東欧の国家である。正式な国号はルーシ(古東スラヴ語: Русь)で、日本語名はその大公座の置かれたキエフに由来する。 10世紀までにキリスト教の受容によってキリスト教文化圏の一国となった。11世紀には中世ヨーロッパの最も発展した国の一つであったが、12世紀以降は大公朝の内訌と隣国の圧迫によって衰退した。1240年、モンゴル来襲によってキエフは落城し、事実上崩壊した。.

新しい!!: ポサードとキエフ大公国 · 続きを見る »

クレムリ

レムリ(Кремльクリェームリ;ラテン文字表記の例:Kreml')とは、ロシア語で「要塞」「城塞」「城」を意味する語。年代記の1317年の条に、トヴェリの城塞建築の際に「クレムニク」(кремник)の名で初出するが、その語源には諸説あり、「縁」や「柵」を意味する古いスラヴ語に由来するとの説のほか様々な説が唱えられている。クレムリン(Kremlin)という呼び方も一般的であるが、ロシア語から見れば正しくない。.

新しい!!: ポサードとクレムリ · 続きを見る »

セルギエフ・ポサード

ルギエフ・ポサード(Се́ргиев Поса́д)は、ロシア、モスクワ州の都市、の首府でもある。モスクワの北東70kmの地点に位置する。人口は2002年現在で11万3858人。 セルギエフ・ポサードは、1340年代にセルギー・ラドネシスキーによって創建された至聖三者聖セルギイ大修道院の周辺にできた門前町(ポサード)を起源として成長してきた。1742年には周辺の村落と合併して市域を拡大している。セルギエフの地名であったが、ソ連時代の1930年に宗教的な市名を理由にザゴルスクと改称した。ソ連崩壊後の1991年、「セルギイの居住地」を意味する現名称に改称。 主な産業としては、古くからのミニアチュールと木製玩具の製作が盛んである。「黄金の輪」を構成する都市のひとつとしての観光業も盛んで多くの観光客が訪れる。ロシア正教会の中心地のひとつでモスクワ神学大学、同神学校が設置されている。このような伝統的な宗教都市の一面と機械工業、軽工業を中心とする産業都市としての側面を持つ。なお、1947年に、ソビエト連邦はセルギエフ・ポサードの郊外に天然痘を化学兵器化するため、国内で最初に工場を建設した。 交通網としては、モスクワ – ヤロスラヴリ間を走る鉄道と高速道路によって、セルギエフ・ポサードへのアクセスが可能である。このほか、市内にはバスターミナルがある。 1993年、至聖三者聖セルギイ大修道院は、ユネスコの世界遺産に登録されている。.

新しい!!: ポサードとセルギエフ・ポサード · 続きを見る »

蝋(蠟、ろう)、あるいはワックス(wax)は狭義に特定の一群の化学物質を指すときは高級脂肪酸と一価または二価の高級アルコールとのエステルを指す融点の高い油脂状の物質(ワックス・エステル)で、広義には実用上、これとよく似た性状を示す中性脂肪や高級脂肪酸、炭化水素なども含める。多くの場合、室温では軟らかく滑らかな固体で、水の沸点(100℃)より低い融点を持ち、気体はよく燃焼する。ワックス・エステル以外の広義の蝋はこうした性質の脂肪や炭化水素などを含めるが、天然のワックス・エステルの中にはとりもちのように室温で粘質の性状を示したり、マッコウクジラ油などのように室温で液体のものもある。ワックス・エステルは一般に中性脂肪よりも比重が小さく、化学的に安定している。.

新しい!!: ポサードと蝋 · 続きを見る »

裾(すそ)とは、元は膝から下という意味。転じて、.

新しい!!: ポサードと裾 · 続きを見る »

麓(ふもと、ろく).

新しい!!: ポサードと麓 · 続きを見る »

陶磁器

野々村仁清『色絵藤花茶壺』(国宝) 陶磁器(とうじき、pottery and porcelain)は、セラミックの一種で、土を練り固め焼いて作ったものの総称。やきもの。 陶磁器に使われる粘土には、加熱することでアルミニウムやカルシウムなど他の物質と化合しガラス化する珪酸を主成分とする石英などが含まれる。成形後に加熱することで、土粒子の間に溶けて流体となったガラスが入り込み、冷めると固体化し土粒子同士をくっつける。『古陶磁の科学』の著者内藤匡は、この過程をおこしに喩えている。おおまかに言えば、陶器と磁器の違いはこのガラスになる成分と量の違いである。.

新しい!!: ポサードと陶磁器 · 続きを見る »

12世紀

アンコールの地にアンコール朝の王スーリヤヴァルマン2世はアンコール・ワットの建設を行い、続くジャヤーヴァルマン7世はアンコール・トムを築いた。画像はアンコール・トムのバイヨン四面像(観世菩薩像)。 12世紀(じゅうにせいき)とは、西暦1101年から西暦1200年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ポサードと12世紀 · 続きを見る »

13世紀

チンギス・ハーン像。 モンゴル帝国の発展。 モンゴル帝国の最大領域。 13世紀(じゅうさんせいき)は、西暦1201年から西暦1300年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ポサードと13世紀 · 続きを見る »

1923年

記載なし。

新しい!!: ポサードと1923年 · 続きを見る »

1929年

記載なし。

新しい!!: ポサードと1929年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »