ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ポエニ戦争

索引 ポエニ戦争

ポエニ戦争(ポエニせんそう、Bella Punica)とは、共和政ローマとカルタゴとの間で地中海の覇権を賭けて争われた一連の戦争である。ポエニとは、ラテン語でフェニキア人(カルタゴはフェニキア系国家)を意味する。紀元前264年のローマ軍によるシチリア島上陸から、紀元前146年のカルタゴ滅亡まで3度にわたる戦争が繰り広げられた。.

59 関係: 塩野七生大ハンノ属州マメルティニマルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウスマルクス・クラウディウス・マルケッルスノビレスチュニスの戦いハミルカル・バルカハンニバルメッシーナラテン語ヌミディアプレブスパトリキヒエロン2世ヒスパニアフェニキアアルプス山脈アルキメデスアエガテス諸島沖の海戦アグリジェントイベリア半島イタリア半島カルタゴカンナエの戦いクィントゥス・ファビウス・マクシムスコルウスコルシカ島ザマの戦いシチリアシラクサスパルタスキピオ・アフリカヌススキピオ・アエミリアヌスサルデーニャサグント円周率共和主義共和政ローマ第二次ポエニ戦争紀元前146年紀元前149年紀元前201年紀元前202年紀元前216年紀元前219年紀元前241年紀元前244年紀元前249年...紀元前255年紀元前262年紀元前263年紀元前264年長谷川博隆松谷健二戦象我らが海3月10日 インデックスを展開 (9 もっと) »

塩野七生

塩野 七生(しおの ななみ、女性、1937年7月7日 - )は、日本の歴史作家、小説家である。名前の「七生」は、7月7日生まれであることに由来。.

新しい!!: ポエニ戦争と塩野七生 · 続きを見る »

大ハンノ

大ハンノ(Hanno the Great)と呼ばれる人物は、歴史上3人いる。.

新しい!!: ポエニ戦争と大ハンノ · 続きを見る »

属州

属州(ぞくしゅう、)は、古代ローマの本国以外の領土を指す。.

新しい!!: ポエニ戦争と属州 · 続きを見る »

マメルティニ

マメルティニ(Mamertini、Mamertines)は、第一次ポエニ戦争時期にシチリア島の一部を支配下においていたカンパニア人を中心とする傭兵集団。「マメルティニ」の意味は「マルスの子たち」という意味で、日本語では「マルス組」とも訳される事もある。イタリック語派サベリ語群のオスク語では「マルス神」を「マメルス」と呼んでいた。当初シラクサのアガトクレスに雇われていたが、紀元前289年にアガトクレスが死去すると独自の権力集団として台頭しメッシーナの街を簒奪、そしてシラクサのヒエロン2世と対立した。このシラクサとの対立で彼らはローマとカルタゴの間で変節を繰り返し、もともと緊張関係にあった両者の誤解から両国が武力衝突する第一次ポエニ戦争を招くきっかけを作った。.

新しい!!: ポエニ戦争とマメルティニ · 続きを見る »

マルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウス

マルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウス(Marcus Porcius Cato Censorius、紀元前234年 - 紀元前149年)は共和政ローマ期の政治家。清廉で弁舌に優れ、執政官(コンスル)、監察官(ケンソル)を務めた。曾孫のマルクス・ポルキウス・カト・ウティケンシス(小カト)と区別するため、「大カト(Cato maior)」や「カト・ケンソリウス(Cato Censorius)」と称される。.

新しい!!: ポエニ戦争とマルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウス · 続きを見る »

マルクス・クラウディウス・マルケッルス

マルクス・クラウディウス・マルケッルス(Marcus Claudius Marcellus, 紀元前268年 - 紀元前208年)は、共和政ローマ期の軍人、政治家。第二次ポエニ戦争でハンニバルに対して果敢に戦闘を仕掛け「ローマの剣」と称された。「ll」を促音で表記しないことも多いためマルクス・クラウディウス・マルケルスとも表記される。.

新しい!!: ポエニ戦争とマルクス・クラウディウス・マルケッルス · 続きを見る »

ノビレス

ノビレス (Nobiles) は、共和政ローマにおける支配者階級を構成した貴族階層。従来の貴族階層パトリキと政治的発言力を強めた有力平民(プレブス)家族をあわせて構成された世襲貴族階級。日本語では、新貴族、平民貴族などと訳される。.

新しい!!: ポエニ戦争とノビレス · 続きを見る »

チュニスの戦い

チュニスの戦いまたはバグラダスの戦いは、第一次ポエニ戦争中の紀元前255年春に勃発した共和政ローマとカルタゴの戦い。戦いはカルタゴが勝利し、ローマはアフリカから撤退した。.

新しい!!: ポエニ戦争とチュニスの戦い · 続きを見る »

ハミルカル・バルカ

ハミルカル・バルカ(Hamilcar Barca(s), 紀元前275年頃 - 紀元前228年)は、カルタゴの将軍で、ハンニバル・バルカの父である。個人名のハミルカルはフェニキア語の「アブド・メルカルト(メルカルトの僕)」のギリシア語・ラテン語表記。また家族名のバルカはフェニキア語の「バラク(baraq, 電光)」に由来し、ヘブライ語のと全く同じ意味である。 第一次ポエニ戦争(紀元前264年 - 紀元前241年)の際ローマ軍と戦い、シチリア島での戦いでは陸と海でローマ軍を挟みうちにしローマを苦しめたが、本国カルタゴが敗れ、ローマとの講和を余儀なくさせられた。.

新しい!!: ポエニ戦争とハミルカル・バルカ · 続きを見る »

ハンニバル

ハンニバル・バルカ(Hannibal Barca, 紀元前247年 - 紀元前183年/紀元前182年)は、カルタゴの将軍。ハミルカル・バルカの長子。ハンニバルは「バアルの恵み」や「慈悲深きバアル」、「バアルは我が主」を意味すると考えられ、バルカとは「雷光」という意味である。 第二次ポエニ戦争を開始した人物とされており、連戦連勝を重ねた戦歴から、カルタゴが滅びた後もローマ史上最強の敵として後世まで語り伝えられていた。2000年以上経た現在でも、その戦術は研究対象として各国の軍隊組織から参考にされるなど、戦術家としての評価は非常に高い。 チュニジアで流通している5ディナール紙幣に肖像が使用されている。.

新しい!!: ポエニ戦争とハンニバル · 続きを見る »

メッシーナ

メッシーナ(Messina)は、イタリア共和国のシチリア島北東部にある都市で、その周辺地域を含む人口約24万人の基礎自治体(コムーネ)。メッシーナ県の県都である。イタリア本土のカラブリア半島とを隔てるメッシーナ海峡に面した港湾都市で、シチリア州ではパレルモ、カターニアに次いで第3位のコムーネ人口を有する。都市圏にはおよそ50万人が暮らす。 古代ギリシャの植民都市にさかのぼるこの要衝の港町は、長く交易で栄えるとともに、古代には第一次ポエニ戦争の契機となり、中世には黒死病上陸地となるなど、多くの歴史的事件の舞台となった。近代ヨーロッパ最悪の犠牲者を出した地震・津波として記憶されているメッシーナ地震など、多くの自然災害や戦災に見舞われながら復興を遂げている。海峡南東に大都市レッジョ・ディ・カラブリアと向かい合い、経済的に密接なつながりがある。.

新しい!!: ポエニ戦争とメッシーナ · 続きを見る »

ラテン語

ラテン語(ラテンご、lingua latina リングア・ラティーナ)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派の言語の一つ。ラテン・ファリスク語群。漢字表記は拉丁語・羅甸語で、拉語・羅語と略される。.

新しい!!: ポエニ戦争とラテン語 · 続きを見る »

ヌミディア

ヌミディアの詳細地図 ヌミディア (Numidia) は、カルタゴや共和政ローマの時代にベルベル系の部族が住んでいたアフリカ北部の地域・王国。ヌミディアとは古代ローマによる呼称であり、現在のアルジェリア北東部周辺に当たる。ヌミディア王国は、東隣にカルタゴ、西隣にマウレタニア王国と接していた。王国の滅亡後にローマの属州となった。中心都市はキルタ(Cirta, 現在の名称はコンスタンティーヌ)。 「ヌミディア」とは「ヌミド」と呼ばれる半遊牧の先住民の小都市群の意味とされる。.

新しい!!: ポエニ戦争とヌミディア · 続きを見る »

プレブス

プレブス(古典ラテン語:プレープス)とは古代ローマ社会における階級のひとつである。主にパトリキと対比して用いられる。日本語では「平民」と訳されることが多い。主にローマ社会での中流以下の階級を指したが、共和政後期からその意味は次第に薄れていった。 日本語への音写では「プレブス」と表記されることが多いが、古典ラテン語では s の直前の b は と発音され、また長母音と短母音の区別が失われるのは俗ラテン語の時期まで待たなければならず、この plebs の e は長母音であるため「プレープス」という表記の方が原音に近い。.

新しい!!: ポエニ戦争とプレブス · 続きを見る »

パトリキ

パトリキ(Patricii)とは、古代ローマ社会における階級のひとつ。貴族という訳があてられることもある。 パトリキ (Patricii) の語源は「父」を意味する「パテル(Pater)」であり、古代ローマ社会では上流階級、富を受け継ぐ者、選ばれた者、そしてノブレス・オブリージュの責務を負う者という意味合いがあった。その意味通り、古代ローマではエリート層として考えられ、共和政ローマ初期中期においては元老院を構成する人材を提供し続けてきた。「パトリキ」という言葉はたいていプレープス(平民)という下層階級と対比して用いられる。.

新しい!!: ポエニ戦争とパトリキ · 続きを見る »

ヒエロン2世

ヒエロン2世(Ιέρων Β΄)は、第一次ポエニ戦争時代にシラクサを支配していた人物。当初は僭主であったが、後に民衆より王に擁立される。メッシーナを簒奪した傭兵集団マメルティニと対立し、戦闘で破るも、これがローマとカルタゴの軍事介入を招き、第一次ポエニ戦争の原因となった。.

新しい!!: ポエニ戦争とヒエロン2世 · 続きを見る »

ヒスパニア

ーマ帝国初期の行政区分 ヒスパニア(Hispania)は、イベリア半島(現在のスペインとポルトガルや、アンドラ・ジブラルタルの領域)の古名である。なお、スペインの現代語での名称(España、Espanha、Espagne、Spagna、Spain、Spanien、Испания、إسبانياなど)は全てこのヒスパニアを語源とする。.

新しい!!: ポエニ戦争とヒスパニア · 続きを見る »

フェニキア

フェニキア(、ポイニーケー、Phoenices、、ポエニ、Phoenicia)は、古代の地中海東岸に位置した歴史的地域名。シリアの一角であり、北は現シリアのタルトゥースのあたりから、南はパレスチナのカルメル山に至る海岸沿いの南北に細長い地域であって、およそ現在のレバノンの領域にあたる。 フェニキア人という名称は自称ではなく、ギリシア人による呼称である。ギリシア人は、交易などを目的に東から来た人々をこう呼んだ。フェニキアという名称は、の居住地がギリシャ語で Φοινίκη (Phoiníkē; ポイニケー)と呼ばれたことに由来している。その語源は不明であり、フェニキアがミュレックス(en)と呼ばれる貝から取れる紫色の染料(貝紫)を特産としていたことから、「紫色」(または「緋色」)という意味のギリシア語を語源とする説も存在する。今日でも南部のサイーダなどの町中でこの貝殻の山を見ることができる。フェニキア人の母体となったとされるカナンという呼称も、アッカド語で染料を意味するキナッフに由来する。.

新しい!!: ポエニ戦争とフェニキア · 続きを見る »

アルプス山脈

アルプス山脈最高峰 モンブラン山 ツェルマットから見たマッターホルン山 アルプス山脈(アルプスさんみゃく、 アルペース、、、、)は、アルプス・ヒマラヤ造山帯に属し、ヨーロッパ中央部を東西に横切る「山脈」である。オーストリア、スロベニアを東端とし、イタリア、ドイツ、リヒテンシュタイン、スイス各国にまたがり、フランスを南西端とする多国にまたがっている。アルプ(スイスの高山山腹の夏季放牧場;,,)がいっぱいであるからアルプスであると考える説と、ケルト語の alp「岩山」を語源とし、ラテン語を経由したと考える説がある。最高峰のモンブランは標高4,810.9m(2007年)で、フランスとイタリアの国境をなし、ヨーロッパの最高峰でもある。 アルプス山脈はヨーロッパの多数の河川の水源地となっており、ここからドナウ川、ライン川、ローヌ川、ポー川、といった大河川が流れ出て、それぞれ黒海、北海、地中海、アドリア海へと注ぐ。.

新しい!!: ポエニ戦争とアルプス山脈 · 続きを見る »

アルキメデス

アルキメデス(Archimedes、Ἀρχιμήδης、紀元前287年? - 紀元前212年)は、古代ギリシアの数学者、物理学者、技術者、発明家、天文学者。古典古代における第一級の科学者という評価を得ている。.

新しい!!: ポエニ戦争とアルキメデス · 続きを見る »

アエガテス諸島沖の海戦

アエガテス諸島沖の海戦はシチリア島西方のアエガテス諸島付近で、紀元前241年3月10日に発生した、カルタゴとローマの海戦である。第一次ポエニ戦争最後の海戦であり、ローマが決定的勝利を収めたことにより長期間続いていた戦争が終結した。.

新しい!!: ポエニ戦争とアエガテス諸島沖の海戦 · 続きを見る »

アグリジェント

アグリジェント(Agrigento)は、イタリア共和国のシチリア島南部にある都市で、その周辺地域を含む人口約5万8000人の基礎自治体(コムーネ)。アグリジェント県の県庁所在地でもある。 古代ギリシアの植民都市アクラガスに起源を持ち、当時の遺跡が現在も残る。「神殿の谷」は「アグリジェントの考古学地域」として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。.

新しい!!: ポエニ戦争とアグリジェント · 続きを見る »

イベリア半島

イベリア半島(スペイン語・ポルトガル語・ガリシア語:Península Ibérica、カタルーニャ語:Península Ibèrica、バスク語:Iberiar penintsula)は、ヨーロッパの南西に位置する半島である。.

新しい!!: ポエニ戦争とイベリア半島 · 続きを見る »

イタリア半島

イタリア半島(イタリアはんとう、Penisola italiana、Paeninsula Italica)は、ヨーロッパ大陸のアルプス山脈の南側から地中海に南東に延びた形の半島。別名アペニン半島。東側をアドリア海、南側をイオニア海、西側をティレニア海に分断している。アペニン山脈が貫いていて、半島のつけ根には北のアルプス山脈と南のアペニン山脈に囲まれるようにパダーナ平原がある。 以下の国が存在する。.

新しい!!: ポエニ戦争とイタリア半島 · 続きを見る »

カルタゴ

ルタゴ(Carthāgō または Karthāgō カルターゴー、قرطاج Qarṭāj、Carthage)は、現在のチュニジア共和国の首都チュニスに程近い湖であるチュニス湖東岸にあった古代都市国家。地中海貿易で栄え、現在は歴史的な遺跡のある観光地となっているほか、行政上はチュニス県カルタゴ市として首都圏の一部を成す。 「カルタゴ」の名は、フェニキア語のカルト・ハダシュト(Kart Hadasht=「新しい町」)に由来するとされる。.

新しい!!: ポエニ戦争とカルタゴ · 続きを見る »

カンナエの戦い

ンナエの戦い(カンナエのたたかい)は、紀元前216年8月2日、アプリア地方のカンナエ(カンネー)で起こったローマ軍とカルタゴ軍の戦いである。第二次ポエニ戦争における会戦の一つで、ハンニバル率いるカルタゴ軍が、ローマの大軍を包囲殲滅した戦いとして戦史上名高い。2倍の敵を包囲・殲滅した衝撃的な勝利であった。カンネーの戦いとも表記する。 1018年10月1日にも同じ場所で戦闘が起こっており、これもカンナエの戦いと呼ばれる(英語版)。これは東ローマとノルマン人の間で行われた戦闘で、東ローマ側が勝利したものである。.

新しい!!: ポエニ戦争とカンナエの戦い · 続きを見る »

クィントゥス・ファビウス・マクシムス

ィントゥス・ファビウス・マクシムス・ウェッルコスス・クンクタートル (Quintus Fabius Maximus Verrucosus Cunctator, 紀元前275年 - 紀元前203年) は、共和政ローマの政治家、将軍。主要政務官を歴任し、第二次ポエニ戦争で活躍、持久戦略でハンニバルを苦しめ、「ローマの盾」と称された。なお、持久戦略をファビアン戦略(フェビアン戦略)、とくに暴力革命やプロレタリア独裁などに頼らない社会改良主義を志向した運動をフェビアニズムと呼ぶのは彼の名に由来する。 よく知られた二つ名のクンクタートル (Cunctator) は、ラテン語で「のろま」「ぐず」といった意味である。持久戦略をとった彼に付けられたあだ名で、当初は否定的な意味合いであった。また、ウェッルコスス (Verrucosus) は「いぼ」という意味である。.

新しい!!: ポエニ戦争とクィントゥス・ファビウス・マクシムス · 続きを見る »

コルウス

ルウスまたはコルバス (corvus) とは、共和政ローマ海軍の兵器の一種で、ガレー船に備え付けられた渡し板、もしくは梯子である。「コルウス」はラテン語でカラスを意味し、そこから日本語訳ではカラスが使われることもある。カラスが餌を啄む姿に似ていることからこの名称が付けられた。 第一次ポエニ戦争でカルタゴ海軍に対抗するために作ったとされる。古代の海戦は、衝角を使った戦術など操船技術に強く依拠していた。海での戦いの経験が全くないに等しかったローマ海軍は、この兵器により、海戦を得意とする強力なカルタゴ海軍を打ち破ることができたといわれる。 コルウスの構造図 ポリュビオスによれば、コルウスとは幅1.2メートル、長さ10メートル程度の架橋(艦上桟橋)であり、滑車により通常は船体の甲板上に折りたたんである。架橋の先端には鋭い爪が下方に伸びており、海戦で船体がぶつかった時に滑車を使って架橋を降ろし、先端を敵船の甲板に打ち込ませて固定し乗務員が安全に敵船に乗り移ることができるようにした。ローマの軍団兵はカルタゴの兵士よりも白兵戦に長けていたので、コルウスによって不慣れな海戦でも有利な展開に持ち込むことができたという。 コルウスにも弱点があったとされている。総重量が1トン近くにもなり、船体の重量バランスが不均等になり、嵐などの場合、簡単に船が転覆した。ボーンバッカーによれば排水量250m3の船舶では安定性を失うとしている。実際に紀元前255年と紀元前249年に嵐により艦隊2つがほとんど全滅、また戦争を通じてローマの海軍も海戦に慣れてくるようになり、戦争末期には使われなくなった。.

新しい!!: ポエニ戦争とコルウス · 続きを見る »

コルシカ島

ルシカ島(コルシカとう、Corsica)、または、コルス島(コルスとう、Corse、)は、地中海西部、イタリア半島の西に位置するフランス領の島である。面積は約8,680km2(日本の広島県と同程度)と、地中海ではシチリア島、サルデーニャ島、キプロス島に次いで4番目に大きく、人口は約30.2万人である。 フランス皇帝ナポレオン1世の出身地として知られ、1980年代にはコルシカ民族解放戦線(FLNC)が活動して爆弾テロ事件を頻発させていたことでも知られる。.

新しい!!: ポエニ戦争とコルシカ島 · 続きを見る »

ザマの戦い

マの戦い(ザマのたたかい、英語:Battle of Zama)は、紀元前202年10月19日に北アフリカのザマで起こったローマ軍とカルタゴ軍の戦いである。大スキピオ率いるローマ軍がハンニバル率いるカルタゴ軍を破り、第二次ポエニ戦争の趨勢を決した。.

新しい!!: ポエニ戦争とザマの戦い · 続きを見る »

シチリア

チリア島(Sicilia, シチリア語: Sicìlia)は、イタリア半島の西南の地中海に位置するイタリア領の島。地中海最大の島である。 周辺の島を含めてシチリア自治州を構成している。この州はイタリアに5つある特別自治州のひとつである。州都はパレルモ。.

新しい!!: ポエニ戦争とシチリア · 続きを見る »

シラクサ

ラクサ(Siracusa)は、イタリア共和国のシチリア島南東部に位置する都市で、その周辺地域を含む人口約12万人の基礎自治体(コムーネ)。シラクサ県の県都である。標準イタリア語の発音に近い表記は「シラクーザ」。 古代ギリシャの植民都市シュラクサイに起源を持つ都市で、歴史的な遺跡など、多くの観光スポットがある。2005年には市内および周辺の歴史的建造物や遺跡が「シラクサとパンターリカの岩壁墓地遺跡」の名で世界遺産に登録もされている。.

新しい!!: ポエニ戦争とシラクサ · 続きを見る »

スパルタ

パルタ(: Σπάρτα / Spártā スパルター、Sparta)は、現在のペロポネソス半島南部スパルティにあった古代ギリシア時代のドーリス人による都市国家(ポリス)である。自らはラケダイモーン(Λακεδαίμων / Lakedaimōn)と称した。 古代ギリシア世界で最強の重装歩兵軍を誇り、ペルシア戦争ではギリシア軍の主力であった。ペロポネソス同盟の盟主となり、アテナイを破って一時期はギリシア世界に覇を唱えた。他のギリシャ諸都市とは異なる国家制度を有しており、特に軍事的教育制度は「スパルタ教育」として知られる。.

新しい!!: ポエニ戦争とスパルタ · 続きを見る »

スキピオ・アフリカヌス

プブリウス・コルネリウス・スキピオ・アフリカヌス・マイヨル(Publius Cornelius Scipio Africanus Major, 紀元前236年 - 紀元前183年頃)は、共和政ローマ期の軍人、政治家。元老院議員。スキピオ・アフリカヌスと称され、妻の甥で義理の孫に当たるスキピオ・アエミリアヌス(小スキピオ)と区別して大スキピオとも呼ばれる。第二次ポエニ戦争後期に活躍し、カルタゴの将軍ハンニバルをザマの戦いで破り戦争を終結させた。グラックス兄弟の外祖父にあたる。.

新しい!!: ポエニ戦争とスキピオ・アフリカヌス · 続きを見る »

スキピオ・アエミリアヌス

プブリウス・コルネリウス・スキピオ・アエミリアヌス・アフリカヌス・ヌマンティヌス(Publius Cornelius Scipio Aemilianus Africanus Numantinus、紀元前185年 - 紀元前129年)は、共和政ローマ期の軍人、政治家。カルタゴの破壊者である。スキピオ・アエミリアヌスと称され、第二次ポエニ戦争で活躍したスキピオ・アフリカヌス(大スキピオ)と区別して小スキピオとも称される。なお、以下文中では「アエミリアヌス」と記載する。.

新しい!!: ポエニ戦争とスキピオ・アエミリアヌス · 続きを見る »

サルデーニャ

ルデーニャ(Sardegna)は、イタリア半島西方、コルシカ島の南の地中海に位置するイタリア領の島。地中海ではシチリア島に次いで2番目に大きな島である。 周辺の島を含めて、サルデーニャ自治州を構成している。この州は、イタリアに5つある特別自治州のひとつである。州都はカリャリ(カリアリ)。.

新しい!!: ポエニ戦争とサルデーニャ · 続きを見る »

サグント

ント(スペイン語:Sagunto、バレンシア語:Sagunt)は、スペイン・バレンシア州バレンシア県のムニシピ(基礎自治体)。古い歴史を有する都市である。公式名は両言語の名称をスラッシュで区切ったSagunto/Sagunt。2014年時点での人口は65,003人である。.

新しい!!: ポエニ戦争とサグント · 続きを見る »

円周率

円周率(えんしゅうりつ)は、円の周長の直径に対する比率として定義される数学定数である。通常、ギリシア文字 (パイ、ピー、ラテン文字表記: )で表される。数学をはじめ、物理学、工学といった様々な科学分野に出現し、最も重要な数学定数とも言われる。 円周率は無理数であり、その小数展開は循環しない。円周率は、無理数であるのみならず、超越数でもある。 円周率の計算において功績のあったルドルフ・ファン・コーレンに因み、ルドルフ数とも呼ばれる。ルドルフは、小数点以下35桁までを計算した。小数点以下35桁までの値は次の通りである。.

新しい!!: ポエニ戦争と円周率 · 続きを見る »

共和主義

共和主義(きょうわしゅぎ、Republicanism)とは、政治思想の一つ。共和国・共和制といった政体の構成原理である。.

新しい!!: ポエニ戦争と共和主義 · 続きを見る »

共和政ローマ

共和政ローマ(きょうわせいローマ)は、紀元前509年の王政打倒から、紀元前27年の帝政の開始までの期間の古代ローマを指す。 この時期のローマは、イタリア中部の都市国家から、地中海世界の全域を支配する巨大国家にまで飛躍的に成長した。帝政成立以後ではなく地中海にまたがる領域国家へと発展して以降を「ローマ帝国」と呼ぶ場合もある。また、1798年に樹立されたローマ共和国 (18世紀)、1849年に樹立されたローマ共和国 (19世紀)と区別するために「古代ローマ共和国」と呼ばれることもある。.

新しい!!: ポエニ戦争と共和政ローマ · 続きを見る »

第二次ポエニ戦争

ハンニバル ハンニバルの進軍路 アルプス山脈を越えるハンニバルの軍 第二次ポエニ戦争(だいにじポエニせんそう、Secundum Bellum Punicum)は、共和政ローマとカルタゴとの間で紀元前219年から紀元前201年にかけて戦われた戦争。ローマ、カルタゴ間の戦争はカルタゴの住民であるフェニキア人のローマ側の呼称からポエニ戦争と総称されるが、この戦争は全3回のポエニ戦争の2回目にあたる。 またこの戦争において、カルタゴ側の将軍ハンニバル・バルカはイタリア半島の大部分を侵略し、多大な損害と恐怖をローマ側に残したため、この戦争はハンニバル戦争とも称される。.

新しい!!: ポエニ戦争と第二次ポエニ戦争 · 続きを見る »

紀元前146年

紀元前146年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: ポエニ戦争と紀元前146年 · 続きを見る »

紀元前149年

紀元前149年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: ポエニ戦争と紀元前149年 · 続きを見る »

紀元前201年

紀元前201年.

新しい!!: ポエニ戦争と紀元前201年 · 続きを見る »

紀元前202年

紀元前202年.

新しい!!: ポエニ戦争と紀元前202年 · 続きを見る »

紀元前216年

紀元前216年.

新しい!!: ポエニ戦争と紀元前216年 · 続きを見る »

紀元前219年

紀元前219年.

新しい!!: ポエニ戦争と紀元前219年 · 続きを見る »

紀元前241年

紀元前241年は、ローマ暦の年である。当時は、「アウルス・マンリウス・ティトゥス・トルクァトゥス・アッティクスとクィントゥス・ルタティウス・カトゥルス・ケルコが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元513年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前241年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: ポエニ戦争と紀元前241年 · 続きを見る »

紀元前244年

紀元前244年は、ローマ暦の年である。当時は、「アウルス・マンリウス・トルクァトゥス・アッティクスとガイウス・センプロニウス・ブラエススが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元510年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前244年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: ポエニ戦争と紀元前244年 · 続きを見る »

紀元前249年

紀元前249年は、ローマ暦の年である。当時は、「プブリウス・クラウディウス・プルケルとルキウス・ユニウス・プッルスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元505年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前249年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: ポエニ戦争と紀元前249年 · 続きを見る »

紀元前255年

紀元前255年は、ローマ暦の年である。当時は、「マルクス・アエミリウス・パウッルスとセルウィウス・フルウィウス・パエティヌス・ノビリオルが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元499年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前255年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: ポエニ戦争と紀元前255年 · 続きを見る »

紀元前262年

紀元前262年は、ローマ暦の年である。当時は、「ルキウス・ポストゥミウス・メゲッルスとクィントゥス・マミリウス・ウィトゥルスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元491年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前262年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: ポエニ戦争と紀元前262年 · 続きを見る »

紀元前263年

紀元前263年は、ローマ暦の年である。当時は、「マニウス・オタキリウス・クラッススとマニウス・ウァレリウス・マクシムスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元491年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前263年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: ポエニ戦争と紀元前263年 · 続きを見る »

紀元前264年

紀元前264年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: ポエニ戦争と紀元前264年 · 続きを見る »

長谷川博隆

長谷川 博隆(はせがわ ひろたか、1927年9月20日 - 2017年5月31日)は、日本のローマ史研究者。名古屋大学名誉教授。 東京都出身。.

新しい!!: ポエニ戦争と長谷川博隆 · 続きを見る »

松谷健二

松谷 健二(まつたに けんじ、1928年8月12日 - 1998年2月9日)は、ドイツ文学研究家で、翻訳家である。元山形大学教授。 数多くの翻訳を手がけており、特に1971年から現在まで刊行され続けている『宇宙英雄ペリー・ローダン』シリーズを第1巻から一人で翻訳し続け、死去するまでの27年間に234冊を翻訳した。またローダンシリーズ以外にも77冊の書物を翻訳しており、生涯に翻訳した書物は311冊にも上る。また、翻訳以外に執筆した書物も7冊ある。 松谷が出版した翻訳本の大半は、早川書房から出されている。また、松谷本人は編集者から原稿の催促をされたことがないという逸話がある。登山が趣味。.

新しい!!: ポエニ戦争と松谷健二 · 続きを見る »

戦象

戦象(せんぞう)とは軍事用に使われた象のことである。主にインド、東南アジアや古代地中海世界で用いられ、突撃で敵を踏み潰すか、あるいは敵戦列を破砕することを主目的とした。象の社会は血縁のある雌の群れを基礎とした母系社会であり、それが原因で雌象は他の雌象へ向かって行く傾向があったため、軍用には雄の象が用いられた。.

新しい!!: ポエニ戦争と戦象 · 続きを見る »

我らが海

我らが海(われらがうみ、Mare Nostrum)とは、古代ローマにおける地中海の呼称。1861年のイタリア統一後、イタリアをローマ帝国の後継者だと信じるイタリアのナショナリストによって盛んに用いられたLowe (2002), p.34。我らの海や我々の海とも訳される。.

新しい!!: ポエニ戦争と我らが海 · 続きを見る »

3月10日

3月10日(さんがつとおか)はグレゴリオ暦で年始から69日目(閏年では70日目)にあたり、年末まであと296日ある。.

新しい!!: ポエニ戦争と3月10日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ポエニ戦役

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »