ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ボーンホルム島

索引 ボーンホルム島

ボーンホルム島の位置 ボーンホルム島の旗 ボーンホルム島の旗 ボーンホルム島(Bornholm、古ノルド語による古い表記ではBurgundarholmr)は、バルト海上にあるデンマーク領の島。スウェーデン南部スコーネ県とドイツ、ポーランドに挟まれている。人口5万人。行政面ではデンマーク首都地域のボーンホルム基礎自治体を成している。かつてはボーンホルム島と周辺の小島でボーンホルム県を成していた。「バルト海の宝石」と称される。 ボーンホルム島は、東ゲルマン語群のブルグント族の故地であると言う伝承もあり、地名や考古学上の証拠による裏付けがある。300年頃、「ブルグント族の島」の意味する名前を持つボーンホルム島から突如人々の姿が消え、ほとんどの共同墓地が使われなくなり、少数のいくつかの墓だけが使われるようになった[Stjerna, in Nerman 1925:176]。 1658年のロスキレ条約で、一時スウェーデン領となったが、1660年のコペンハーゲン条約で再びデンマーク領となっている(北方戦争)。  デンマーク本土には遠く、コペンハーゲンからのフェリーでは7時間かかる。このため、コペンハーゲンからは、フェリー連絡バスか鉄道でスウェーデン領土を経由してスコーネ県のイースタッド(Ystad)から高速船で行くのが普通である。また、ドイツ、ポーランド側からのフェリーもある。フェリーターミナル、空港のある中心都市レネ(Rønne)から島内各地にバス便がある。 ボーンホルム最大の町は島の西岸にあるレネで人口1万5000人。他に大きな町は、ネクセ Nexø、オーキアケビュ Aakirkeby、スヴァネ Svaneke、グルイェム Gudhjem、アリンエ・サンドヴィ Allinge-Sandvig など。主な見所は、ハンメルシュスHammershus の教会遺跡、島内に多く見られる円形教会 Rundkirke、Round Church(Østerlars エステルラースが代表的)、クリスチャン Christiansø 島の要塞など。 産業は農業、特に畜産が盛んで、良質の乳製品を産する。ちなみに、デンマーク産のブルーチーズの半分はボーンホルム産である。また、工芸も盛ん。移住してアトリエやスタジオを構える工芸作家が増えている。 バルト海西部の戦略的要衝であり、第二次世界大戦中はナチス・ドイツの占領下にあった。ソ連軍はドイツへの反攻の一環として1945年3月から島に激しい砲爆撃を浴びせ、5月に占領。ドイツ領でなかったにも関わらず、1946年4月まで撤退しなかった。現在、島には北大西洋条約機構(NATO)のレーダー基地が設置されている。 また、1980年にポーランドで独立自主管理労働組合「連帯」が結成され民主化運動が進んだ際には、ポーランド国内でのテレビ放送の電波をこの島で傍受したものが西側のテレビ局に配信された(日本でもNHKのニュースで放送された)。 島の旗として、デンマーク国旗の白十字の中に緑十字が入っているものと、白十字の代わりに緑十字が入っているものの2種類あるが、いずれも公式には承認されていない。緑色は島の緑を表すとされる。.

43 関係: 古ノルド語工芸乳製品北大西洋条約機構北方戦争ナチス・ドイツバルト海バス (交通機関)ポーランドポーランド人民共和国レネロスキレ条約 (1658年)ブルーチーズブルグント族デンマークデンマークの国旗デンマーク首都地域フェリードイツイースタッドエクスナレッジ (出版社)コペンハーゲンコペンハーゲン条約 (1660年)スウェーデンスコーネ県ソビエト連邦第二次世界大戦産業畜産独立自主管理労働組合「連帯」遺跡要塞農業東ゲルマン語群日本放送協会教会1658年1660年1945年1946年1980年300年

古ノルド語

古ノルド語(こノルドご、、 )とは、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派北ゲルマン語群に属する言語である。古北欧語(こほくおうご)とも。 一般には、8世紀から14世紀にかけて、スカンディナヴィア人やスカンディナヴィア出身の入植者たちによって用いられていたであろう言語を指す。時代区分を2世紀から8世紀とする文献もある。 アイスランド語の書物『グラーガース』は、スウェーデン人、ノルウェー人、アイスランド人、デンマーク人がと呼ばれる同一の言語を話していた、と記している。スウェーデンやデンマークといった、東部の方言を話していた人々は、自身の言葉を(デーン人の言語)あるいは(北方人の言葉)と呼んでいた。.

新しい!!: ボーンホルム島と古ノルド語 · 続きを見る »

世界の島 島(とう、しま)は、大陸の面積より小さく、四方を海洋に囲まれた陸地である。.

新しい!!: ボーンホルム島と島 · 続きを見る »

工芸

工芸(こうげい)とは、実用品に芸術的な意匠を施し、機能性と美術的な美しさを融合させた工作物のこと。多くは、緻密な手作業によって製作される手工業品である。あくまでも実用性を重視しており、鑑賞目的の芸術作品とは異なる。ただし両者の境界は曖昧であり、人によって解釈は異なり得る。.

新しい!!: ボーンホルム島と工芸 · 続きを見る »

乳製品

乳製品(にゅうせいひん)とは、動物の乳、特に牛乳を加工して作られる製品の総称。乳製品を製造することを製酪または製乳という。.

新しい!!: ボーンホルム島と乳製品 · 続きを見る »

北大西洋条約機構

北大西洋条約機構(きたたいせいようじょうやくきこう)は、北大西洋条約に基づき、アメリカ合衆国を中心とした北アメリカ(=アメリカとカナダ)およびヨーロッパ諸国によって結成された軍事同盟である。前身はブリュッセル条約 (1948年)。 略称は頭字語が用いられ、英語圏では、North Atlantic Treaty Organization を略した NATO(ネイトー)と呼ばれ、日本やドイツ語圏では NATO(ナトー)、フランス語圏・スペイン語圏・ポルトガル語圏等では OTAN(オタン)と呼ばれる。.

新しい!!: ボーンホルム島と北大西洋条約機構 · 続きを見る »

北方戦争

北方戦争(ほっぽうせんそう、Northern War、1655年 - 1661年)は、17世紀に起きたスウェーデン(バルト帝国)とその他の国々、ポーランド・リトアニア連合(大洪水時代、1648年 - 1667年)、モスクワ大公国(ロシア・ツァーリ国、1656年 - 1658年)、ブランデンブルク=プロイセン(1657年 - 1660年)、神聖ローマ帝国(1657年 - 1660年)、そしてデンマーク=ノルウェー(1657年 - 1658年、1658年 - 1660年)との戦争を一纏めにした時に使われる。.

新しい!!: ボーンホルム島と北方戦争 · 続きを見る »

ナチス・ドイツ

ナチス・ドイツは、アドルフ・ヒトラー及び国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP、ナチ党)による支配下の、1933年から1945年までのドイツ国に対する呼称である。社会のほぼ全ての側面においてナチズムの考え方が強制される全体主義国家と化した。ヨーロッパにおける第二次世界大戦が終結する1945年5月に連合国軍に敗北し、ナチス政権とともに滅亡した。.

新しい!!: ボーンホルム島とナチス・ドイツ · 続きを見る »

バルト海

3月のバルト海北部のボスニア湾は一部氷結している(衛星写真)。 バルト海(バルトかい、Baltic Sea)は、北ヨーロッパに位置する地中海。ヨーロッパ大陸とスカンディナビア半島に囲まれた海域である。ユーラシア大陸に囲まれた海域と説明されることもある「バルト海」『新版 地学事典』p.1046。 西岸にスウェーデン、東岸は、北から順にフィンランド、ロシア、エストニア、ラトビア、リトアニア、南岸は、東から西にポーランド、ドイツ、デンマークが位置する。.

新しい!!: ボーンホルム島とバルト海 · 続きを見る »

バス (交通機関)

バス(bus)は、大量の旅客輸送を目的に設計された乗り物である。 最も一般的なバスはのであり、より大規模な積載人数のおよび連節バス、より小規模な積載人数のおよびマイクロバス、長距離サービスにはが用いられる。 都市交通バスおよび都市間バスのように、多くの種類のバスが運賃を設定する。一方、小学校および中学校のスクールバス又は中等後教育キャンパスのシャトルバスは運賃を設定しない。多くの法域において、バスの運転士になるには通常の運転免許に加え、特別な免許が要件とされる。.

新しい!!: ボーンホルム島とバス (交通機関) · 続きを見る »

ポーランド

ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、Rzeczpospolita Polska)、通称ポーランドは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。欧州連合 (EU)、北大西洋条約機構 (NATO) の加盟国。通貨はズウォティ。首都はワルシャワ。 北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する。 10世紀に国家として認知され、16世紀から17世紀にかけヨーロッパで広大な国の1つであったポーランド・リトアニア共和国を形成。18世紀、4度にわたり国土が隣国によって分割され消滅。 第一次世界大戦後、1918年に独立を回復したが、第二次世界大戦時、ナチス・ドイツとソビエト連邦からの事前交渉を拒否し両国に侵略され、再び国土が分割された。戦後1952年、ポーランド人民共和国として国家主権を復活、1989年、民主化により共和国となった。冷戦時代は、ソ連の影響下に傀儡政権の社会主義国とし最大で最も重要なソ連の衛星国の一国となり、政治的にも東側諸国の一員となった。国内及び東側諸国の民主化とソ連の崩壊と東欧革命を経て、「中欧」または「中東欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: ボーンホルム島とポーランド · 続きを見る »

ポーランド人民共和国

ポーランド人民共和国(ポーランドじんみんきょうわこく、Polska Rzeczpospolita Ludowa)は、第二次世界大戦後の1952年に成立し、1989年に崩壊したポーランドの国家体制である。ポーランド統一労働者党による一党独裁制を採るマルクス・レーニン主義の共産主義国家であった。 第二次世界大戦の終盤、傀儡政権としてソビエト連邦に支配されたポーランドは、ソ連にとって最も重要な衛星国であった。ソ連は、ポーランドの国内及び外交政策に対し多大なる影響を持ち、自国の軍隊をポーランドに駐在させた。.

新しい!!: ボーンホルム島とポーランド人民共和国 · 続きを見る »

レネ

レネ(Rønne、レンネ、レーネとも)は、デンマークのボーンホルム島にある町。人口は1万3730人(2013年1月1日)。以前は町だけでひとつの基礎自治体をなしたが、いまはボーンホルム市の行政の中心である。 天然の良港とバルト海における戦略的位置のため、ニシン漁で発展するかたわら、たえずドイツとスウェーデンの影響にさらされてきた。丸石の石畳や外面真壁づくりの家々、数々の博物館は今日、デンマーク本土のみならずドイツ、スウェーデン、ポーランドから多くの観光客を惹きつけている。.

新しい!!: ボーンホルム島とレネ · 続きを見る »

ロスキレ条約 (1658年)

トロンデラーグ地方とボーンホルム島はロスキレ条約でスウェーデンに割譲されたが反乱がおこり、1660年にデンマーク=ノルウェー領に戻された。条約はスカンディナヴィアの勢力均衡を永久的に変え、スウェーデンを人口でも面積でも最大にした。 ロスキレ条約(ロスキレじょうやく、Treaty of Roskilde、)は、北方戦争中の1658年3月8日(グレゴリオ暦)/2月26日(ユリウス暦)、デンマーク領のロスキレで締結されたデンマーク=ノルウェー王フレデリク3世とスウェーデン王カール10世の間の条約。氷上侵攻により大敗したデンマーク=ノルウェーは独立を保つために領土の3分の1にあたるスコーネ地方、ブーヒュースレーン地方、ブレーキンゲ地方、トロンデラーグ地方、ボーンホルム島をスウェーデンに割譲、ブレムセブルー条約によるハッランド地方への請求権を放棄した。 条約が発効した後、スウェーデン軍はデンマーク=ノルウェーでの戦役を続けたが、デンマーク=ノルウェーとネーデルラント連邦共和国が同盟したためデンマークからは撤退せざるを得ず、1660年のコペンハーゲン条約でボーンホルム島をデンマークに、トロンデラーグ地方をノルウェーに返還した。それ以外の割譲地はスウェーデン領のままとなった。.

新しい!!: ボーンホルム島とロスキレ条約 (1658年) · 続きを見る »

ブルーチーズ

ブルーチーズの一種、スティルトン ブルーチーズ(英語:blue cheese、フランス語:bleu)は、牛乳もしくは羊乳をもとに作られるチーズの一種であり、アオカビ(青黴)によって熟成を行うナチュラルチーズ。語源は青を表すフランク語の blao という説と、凝固させるという意味のプロヴァンス語 broussa という説がある。 用いられるアオカビはブルーチーズの種類ごとにそれぞれ異なる。.

新しい!!: ボーンホルム島とブルーチーズ · 続きを見る »

ブルグント族

ハドリアヌス帝(在位117年-138年)時代のローマ帝国。当時ブルグント族はポーランドのオーデル川とヴィスワ川に囲まれた地域に定住していた。 ブルグント族(英語:Burgundians、ラテン語:Burgundiones)またはブルグンド族は、スカンジナビア半島からボーンホルム島(Bornholm、古ノルド語による古い表記ではBurgundarholmr)、後にヨーロッパ大陸へと移住した東ゲルマン諸語を話すゲルマン人である。『Þorsteins saga Víkingssonar』(バイキングの息子トルスタインの冒険談)でヴェセティ(Veseti)が住んでいた島が「ブルグントの小島(holm)」、すなわちボーンホルム(Bornholm)である。また、アルフレッド大王によるオロシウス(Orosius)著書の古英語翻訳では「ブルグントの土地」(Burgenda land)という名前を使っている。スウェーデンの詩人であり初期の神話学者でもあるヴィクトル・リュードベリ(Viktor Rydberg、1828年-1895年)は、中世初期の文献『Vita Sigismund』に基づき、ブルグント族は自らの起源がスカンジナビアであると口承していた、と述べている。.

新しい!!: ボーンホルム島とブルグント族 · 続きを見る »

デンマーク

デンマーク(Danmark, )は、北ヨーロッパのバルト海と北海に挟まれたユトランド半島とその周辺の多くの島々からなる立憲君主制国家。北欧諸国の1つであり、北では海を挟んでスカンディナヴィア諸国、南では陸上でドイツと国境を接する。首都のコペンハーゲンはシェラン島に位置している。大陸部分を領有しながら首都が島嶼に存在する数少ない国家の一つである(他には赤道ギニア、イギリスのみ)。 自治権を有するグリーンランドとフェロー諸島と共にデンマーク王国を構成している。 ノルディックモデルの高福祉高負担国家であり、市民の生活満足度は高く、2014年の国連世界幸福度報告では第1位であった。.

新しい!!: ボーンホルム島とデンマーク · 続きを見る »

デンマークの国旗

デンマークの国旗はダンネブロ (Dannebrog) と呼ばれ、赤地に白のスカンディナヴィア十字を描いた旗。伝説では1219年6月にヴァルデマー2世がエストニア軍とリュンダニの戦いの最中、空から降ってきたとも、ローマ帝国皇帝からこの旗を授かった処、それまで苦戦していた戦いが形勢逆転し勝利したとも伝えられている。この旗は北欧諸国でよく使われる、「スカンディナヴィア十字」の基ともなった。オーストリアの国旗やスコットランドの国旗と並んで現在使用されている国旗の中で世界最古の国旗といわれる。 政府や海軍が使用する際は、フライ側を燕尾型にする。スカンディナヴィア十字の中心が旗竿側にずれているのは、燕尾型にしたときに中央に見えるようにするためである。ほぼ同等の形状であるが、軍艦旗の方が濃い赤を用いている。 Flag of Denmark (state).svg|政府公用旗・陸軍旗 Naval Ensign of Denmark.svg|軍艦旗 Flag of the Kalmar Union.svg|カルマル同盟の旗 Flag of Denmark.svg|デンマーク=ノルウェーの旗 Flag of Denmark eac.png|東アシア会社の旗 Danish flag of mourning.svg|クリスチャン6世死去の際の弔旗.

新しい!!: ボーンホルム島とデンマークの国旗 · 続きを見る »

デンマーク首都地域

デンマーク首都地域(デンマークしゅとちいき、Region Hovedstaden)は、デンマークの地方行政区画である5つの地域(region)の一つ。.

新しい!!: ボーンホルム島とデンマーク首都地域 · 続きを見る »

フェリー

ダニエル・カサノバ (コルシカ・リネア) - マルセイユ(フランス) 新港第三突堤へ入港する「りつりん2」 世界最大のフェリー「カラー・ファンタジー」 en)。ヘルシンキのオリンピア埠頭にて撮影。 フェリー(ferry)とは、日常の交通手段として使われる(観光客専用ではない)客船・貨客船の事である。.

新しい!!: ボーンホルム島とフェリー · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: ボーンホルム島とドイツ · 続きを見る »

イースタッド

イースタッド イースタッドの紋章 イースタッド(スウェーデン語:Ystad)は、スウェーデンスコーネ県にある都市。ポーランドのシフィノウイシチェへのフェリーがある。.

新しい!!: ボーンホルム島とイースタッド · 続きを見る »

エクスナレッジ (出版社)

株式会社エクスナレッジは、日本の出版社。月刊誌『建築知識』をはじめとして建築分野では日本最大規模。建築・住宅・インテリア分野の雑誌・書籍の刊行を主とするが、医療・健康・資格分野にも出版領域を広げている。.

新しい!!: ボーンホルム島とエクスナレッジ (出版社) · 続きを見る »

コペンハーゲン

ペンハーゲン(Kopenhagen )、クブンハウン(ケブンハウン)(København 、コゥペンヘイゲン(Copenhagen )は、デンマークの首都。デンマーク最大の都市で、自治市の人口は52万人。市名はデンマーク語の"Kjøbmandehavn"(商人たちの港)に由来する。「北欧のパリ」と比喩される。.

新しい!!: ボーンホルム島とコペンハーゲン · 続きを見る »

コペンハーゲン条約 (1660年)

ペンハーゲン条約(コペンハーゲンじょうやく、Treaty of Copenhagen)は1660年5月27日に締結され、デンマーク=ノルウェーとポーランド=リトアニア共和国の同盟とスウェーデンの間の北方戦争を終結させた条約。この条約はロスキレ条約の追加条約ともいえるものであり、デンマーク・スウェーデン・ノルウェー間の国境を決定した。この国境は現代でもほとんど同じである。.

新しい!!: ボーンホルム島とコペンハーゲン条約 (1660年) · 続きを見る »

スウェーデン

ウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語: )、通称スウェーデンは、北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。首都はストックホルム。西にノルウェー、北東にフィンランドと国境を接し、南西にカテガット海峡を挟んでデンマークと近接する。東から南にはバルト海が存在し、対岸のロシアやドイツとの関わりが深い。法定最低賃金は存在しておらず、スウェーデン国外の大企業や機関投資家に経済を左右されている。.

新しい!!: ボーンホルム島とスウェーデン · 続きを見る »

スコーネ県

ーネ県 (Skåne län、英語:Scania、ドイツ語:Schoneとも)は、スウェーデンの県の一つで、略号はM。県庁所在地はマルメ (Malmö)。県の面積は1万1035平方キロメートルで、2005年現在の人口は116万919人。人口数では首都を抱えるストックホルム県、ヨーテボリ(Göteborg)を擁するヴェストラ・イェータランド県に続いて三番目である。また県庁所在地のマルメ市は首都ストックホルム市(Stockholm)、ヨーテボリ市に次いでスウェーデンでは3番目に大きい市。1997年にかつてのクリファンスタッド県とマルメヒュース県が合併してできた県である。 県下の都市ヘルシンボリからデンマークのヘルシングエー(Helsingør)市へのフェリーが出ている。この航路は、以前はデンマーク・スウェーデンを結ぶ幹線だった。また、マルメ市の北東に位置するルンド市には、スウェーデンの大学としてはウプサラ大学に続いて二番目に古いルンド大学が中心となるキャンパスを置いている。マルメ市の東には、イースタッドという歴史のある港町があり、ここからフェリーに乗ってデンマーク領のボーンホルム島に行くことができる。デンマーク側からボーンホルム島へはスウェーデン領を通過してフェリーに連絡するバスが出ている。スコーネ県とほぼ位置の重なるスコーネ地方は、1658年のロスキレ条約までデンマーク領だった。ボーンホルム島も同条約は一旦はスウェーデン領になったが、2年後の1660年にデンマークへ返還されている。 スコーネ県は地理的にデンマークに近く、ロスキレ条約まではデンマーク領であった歴史から、現在でもデンマークとの政治的、経済的つながりは他県に比べて強い。また2000年にはマルメとデンマークの首都コペンハーゲンを結ぶエーレスンド橋(Öresundsbron)が開通し、その傾向が以前にも増して強くなった。現在では、マルメ、ルンド、ヘルシンボリとその近郊はコペンハーゲンの都市圏内である。エーレスンド橋は実際には東京湾アクアラインのように、橋梁部分とトンネルの部分から成り立っている。橋の開通後、スカンジナビア航空のハブ空港であるデンマークのカストルップ空港へも県内各地から鉄道によって比較的簡単に到達できるようになった。.

新しい!!: ボーンホルム島とスコーネ県 · 続きを見る »

ソビエト連邦

ビエト社会主義共和国連邦(ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう、Союз Советских Социалистических Республик)は、1922年から1991年までの間に存在したユーラシア大陸における共和制国家である。複数のソビエト共和国により構成された連邦国家であり、マルクス・レーニン主義を掲げたソビエト連邦共産党による一党制の社会主義国家でもある。首都はモスクワ。 多数ある地方のソビエト共和国の政治および経済の統合は、高度に中央集権化されていた。.

新しい!!: ボーンホルム島とソビエト連邦 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: ボーンホルム島と第二次世界大戦 · 続きを見る »

産業

産業(さんぎょう、)とは、人々が生活するうえで必要とされるものを生み出したり、提供したりする経済活動のこと。また、経済活動の分類の単位という意味でも使われる。 産業は、社会的な分業として行われる製品・サービスの生産・分配にかかわるすべての活動を意味し、公営・民営のかかわりなく、また営利・非営利のかかわりなく、教育、宗教、公務などの活動をも含む概念である。なお、日本語の「産業」という語は西周によるものとされている毎日新聞社編『話のネタ』PHP文庫 p.55 1998年。.

新しい!!: ボーンホルム島と産業 · 続きを見る »

畜産

産(ちくさん)は、動物のうち家畜・家禽を繁殖、飼育または肥育し、乳製品、肉、卵、皮革など畜産物を得て生活に役立てる産業である。飼育する動物が水棲生物である場合は養殖と呼ぶことが一般的である。畜産を営む農家は特に、畜産農家、または畜産家と呼ばれる。 放牧により畜産をする場合、牧畜とも言う。乳を得ることを目的とする場合は酪農という。 畜産業を営む(業としない場合でも、同一地域に一定数以上の家畜を飼育する際には該当する)ためには、「化製場等に関する法律」に基づく保健所(都道府県)の許可が必要になる。 畜産は食糧確保の手段である一方で、環境問題や倫理問題等の問題があるという指摘がなされており、畜産に反対する運動や主張もなされている。.

新しい!!: ボーンホルム島と畜産 · 続きを見る »

独立自主管理労働組合「連帯」

立自主管理労働組合「連帯」(どくりつじしゅかんりろうどうくみあい「れんたい」、通称:連帯、Niezależny Samorządny Związek Zawodowy „Solidarność”、略称:NSZZ „Solidarność”)は、ポーランドにおいて労働組合から公然たる反共運動へと発展した組織である。1980年、社会主義国として初の労働者による自主的かつ全国規模の労働組合として結成。.

新しい!!: ボーンホルム島と独立自主管理労働組合「連帯」 · 続きを見る »

遺跡

遺跡(いせき、Site)は、.

新しい!!: ボーンホルム島と遺跡 · 続きを見る »

要塞

堡式城郭の例。オランダのブールタング 要塞(ようさい)とは、外敵等から戦略上重要な地点を守る為に築かれた構築物。とりで(砦、堡、塞)、城砦(じょうさい)、城堡(じょうほ)ともいう。.

新しい!!: ボーンホルム島と要塞 · 続きを見る »

農業

農業(のうぎょう)とは、土地の力を利用して有用な植物を栽培し、また、有用な動物を飼養する、有機的な生産業のこと広辞苑 第六版「農業」。.

新しい!!: ボーンホルム島と農業 · 続きを見る »

東ゲルマン語群

東ゲルマン語群(ひがしゲルマンごぐん)とは、ゲルマン語派のインド・ヨーロッパ語族に含まれる、一連の死語を指す。東ゲルマン語としては、ゴート語のみ文書の存在が知られているが、他にもや、クリミアゴート語が東ゲルマン語に含まれると考えられている。また、クリミアゴート語は18世紀まで存続していたとされている。 やプロコピオス、パウルス・ディアコヌスら、また、言語証拠(ゴート語を参照)や地名、或いは考古学的な痕跡から、東ゲルマン語群を話す、東ゲルマン民族は、およそ紀元前600年から300年ほど前に、スカンディナヴィアから、オーデル川とヴィスワ川とに挟まれた地域に移り住んできたと考えられている。実際、昔から、ポメラニアや北ポーランドに対するスカンディナヴィアの影響は非常に大きく、この地域を北欧青銅器時代の文化に含めることもある (Dabrowski 1989:73)。 考古学的、或いは地名に見られる痕跡からも、ブルグント民族は、デンマークにあるボーンホルム島(古ノルド語で「Borgundarholm」)を起源としていると考えられる。 東ゲルマン民族は、スカンディナヴィアからエルベ川の東方に移住した北ゲルマン民族と関係性がある(ヴァンダル族やブルグント族、ゴート族、ルギ族等)。.

新しい!!: ボーンホルム島と東ゲルマン語群 · 続きを見る »

日本放送協会

日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 公式略称は、「NIPPON HOSO KYOKAI」の頭文字を取り「」と呼称・記される。 公共放送としての事業規模は、英国放送協会 (BBC) などと並び、国内にNHKエンタープライズ、NHKグローバルメディアサービス、NHK出版など13の連結子会社を持つ。また、関連会社として日本国外にNHKコスモメディアアメリカ、NHKコスモメディアヨーロッパが設立されている。1986年には子会社である株式会社NHKエンタープライズを出資母体として、NHKエンタープライズ25%、株式会社電通25%の共同出資による株式会社総合ビジョンを設立した。しかし、これは事業の縮小を経て2013年7月1日付けでNHKエンタープライズに吸収合併した。 愛宕山。 中継車(いすゞ・フォワード).

新しい!!: ボーンホルム島と日本放送協会 · 続きを見る »

教会

教会(きょうかい).

新しい!!: ボーンホルム島と教会 · 続きを見る »

1658年

記載なし。

新しい!!: ボーンホルム島と1658年 · 続きを見る »

1660年

記載なし。

新しい!!: ボーンホルム島と1660年 · 続きを見る »

1945年

この年に第二次世界大戦が終結したため、世界史の大きな転換点となった年である。.

新しい!!: ボーンホルム島と1945年 · 続きを見る »

1946年

記載なし。

新しい!!: ボーンホルム島と1946年 · 続きを見る »

1980年

この項目では、国際的な視点に基づいた1980年について記載する。.

新しい!!: ボーンホルム島と1980年 · 続きを見る »

300年

記載なし。

新しい!!: ボーンホルム島と300年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ボルンホルムボルンホルム島

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »