ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ボンネット (帽子)

索引 ボンネット (帽子)

ボンネット (bonnet)、ボネ (bonnet) は、ヨーロッパの伝統的な帽子である。いくつかの種類の帽子がボンネットと呼ばれる。.

29 関係: おくるみがらがら (玩具)実写帽子布団乳幼児バスケットポパイヨーロッパロリータ・ファッションピンセットフランスベッド初宮参りイラストレーションクーハンクッションジャン=フランソワ・ミレースコットランドゆりかご哺乳瓶絵画絵本落穂拾い (絵画)軍服赤ちゃん捨て子挿絵手紙

おくるみ

"''De Wikkelkinderen''" /ユトレヒト同盟時代のネーデルラント(オランダの前身)で1617年に描かれた作者不明の油彩画。おくるみの双子。 アンブロージョ・ロレンツェッティ "''Madonna and Child''"/1319年の油彩画。イタリア人画家の手になる聖母子像で、幼子イエスは包帯状の細長い布でくるまれている。幼子の腕は外に出ているし、巻き方は随分と緩い様子である。 おくるみ(御包み)三省堂『大辞林』第3版小学館『大辞泉』とは、ベビー服(ベビーウェア、英語:babywear)の一種。赤ちゃん用の防寒着で、衣服の上から全身を包むものをいう。おおよそ首がまだ据わらないうちの首が据わる(くびがすわる)とは、乳児の安定しない首がしっかりした構造になること。生後3〜4カ月頃まで。赤ちゃん(新生児と低月齢児)のためのもので、体温や湿度の保持と姿勢の安定などを含む体の保護を主な目的として、小さな体をくるみ込む(すなわち、内包する)布や衣服である。日本語では、くるみ(包み)、または、くるみぶとん(包み布団)ともいう。 英語では「おくるみ」を "'''swaddle'''"『英辞郎』、「おくるみを施す」ことを "'''swaddling'''" といい平凡社『世界大百科事典』「スワドリング」、現代日本語にもこれらに由来する外来語「スワドル」および「スワドリング」がある。また、「'''アフガン'''」という名称もあるが、これはおくるみの素材に手編みの一種である「」が多用されるうちに素材名から転じたとの推測がなされている。.

新しい!!: ボンネット (帽子)とおくるみ · 続きを見る »

がらがら (玩具)

がらがら、ガラガラは、乳幼児をあやすために用いられる音響玩具である多田信作、多田千尋 『世界の玩具事典』 岩崎美術社、1989年、、281-282頁。「」 『世界大百科事典』第2版、kotobank(2014年6月22日閲覧)。一般に柄の付いた円筒状の形をしており、中に球が入っていて、柄を持って振ることで音を出す。振るとがらがら音が鳴るのでこの名がある。保育者が振ることを想定したものと、赤ちゃん自身に握らせることを想定したものと二つのタイプがあり、後者にはやわらかい素材で作られたリング状のもの、おしゃぶりと一体化したものなども含まれ、「おにぎり」とも呼ばれる齋藤良輔『日本人形玩具事典』東京堂出版、1997年。 ISBN 4-490-10477-4 89-90頁。 「がらがら」は世界中で広く見られる玩具である。素材はプラスチックや木製のものが多いが、メキシコにはさとうきびの茎で編まれたがらがらがあり、エスキモーはアザラシの皮を使ってがらがらを作る。日本にも張子を使った伝統的ながらがらもあるが、でんでん太鼓のような郷土玩具もがらがらの一種であると言える。.

新しい!!: ボンネット (帽子)とがらがら (玩具) · 続きを見る »

実写

実写(じっしゃ)とは、本来は実況や実景を文章や絵で表現、またフィルムなどに写しとることであり、記録映画を指す言葉である。アニメーションやCGなどの映像に対し、実際に撮影された映像を指す言葉としても使われており、本記事ではその意味として解説する。.

新しい!!: ボンネット (帽子)と実写 · 続きを見る »

帽子

帽子(ぼうし)は、防暑、防寒、防砂、装飾を主な目的として頭にかぶる衣類の一種 特許庁。.

新しい!!: ボンネット (帽子)と帽子 · 続きを見る »

布団

布団 布団(ふとん)は日本で広く用いられる寝具のひとつ。畳やベッドの上に敷いて、睡眠時に用いる。ベッドと違い収納することができる。主に、人が上に横たわるための敷き布団(しきぶとん)と、人の上に被せる掛け布団(かけぶとん) に分けられる。 人が快適に寝ることを目的に用いる。寝る際に、体温が下がらないように保温し、体重が一点に集中して、痛くなることがないようにする効果がある。このような効果を高めるために、布の袋の中に綿、ポリエステルなどの化学繊維、羽毛、羊毛などが詰められ、中綿が型くずれしないように綴じ糸やキルティングなどで固定されている。 綿や化学繊維は掛け布団にも敷き布団にも用いられるが、羽毛は主に掛け布団、羊毛は主に敷き布団に用いられる。同じ材質であれば一般的に厚みのある方が保温効果が高いが、厚すぎると重くて圧迫されたり、姿勢が曲がったりする弊害もでる。 元々蒲団と書かれ、蒲でできた円い敷物に由来する。この「団」は丸いという意味である。現在は軟らかい材質を用いるようになったため、布団と書かれるのが普通である。.

新しい!!: ボンネット (帽子)と布団 · 続きを見る »

乳幼児

乳幼児(にゅうようじ)は、乳児と幼児を合わせた呼び名。乳児は児童福祉法では、生後0日から満1歳未満までの子をいい、幼児は、満1歳から小学校就学までの子供のことをいう。.

新しい!!: ボンネット (帽子)と乳幼児 · 続きを見る »

バスケット

バスケット(basket).

新しい!!: ボンネット (帽子)とバスケット · 続きを見る »

ポパイ

ポパイ ポパイ()は、アメリカ合衆国で発表されたアメリカン・コミック・カートゥーン作品及びその代表的な登場キャラクターの1人で、架空の水兵又は船乗りである(作品によって水兵であったり船乗りであったりする)。.

新しい!!: ボンネット (帽子)とポパイ · 続きを見る »

ヨーロッパ

ヨーロッパ日本語の「ヨーロッパ」の直接の原語は、『広辞苑』第5版「ヨーロッパ」によるとポルトガル語・オランダ語、『デジタル大辞泉』goo辞書版「」によるとポルトガル語。(、)又は欧州は、地球上の七つの大州の一つ。漢字表記は欧羅巴。 地理的には、ユーラシア大陸北西の半島部を包括し、ウラル山脈およびコーカサス山脈の分水嶺とウラル川・カスピ海・黒海、そして黒海とエーゲ海を繋ぐボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡が、アジアと区分される東の境界となる増田 (1967)、pp.38–39、Ⅲ.地理的にみたヨーロッパの構造 ヨーロッパの地理的範囲 "Europe" (pp. 68-9); "Asia" (pp. 90-1): "A commonly accepted division between Asia and Europe...

新しい!!: ボンネット (帽子)とヨーロッパ · 続きを見る »

ロリータ・ファッション

p.

新しい!!: ボンネット (帽子)とロリータ・ファッション · 続きを見る »

ピンセット

ピンセット(オランダ語: pincet、英語: tweezers)とは、道具のひとつ。微細なものをより分けたり、薄くあるいは脆いものをはさむといった、人間の手・指そのままでは困難なレベルの、緻密な作業を行うために用いられるものである。日本語では「鑷子」(せっし)と表記する。.

新しい!!: ボンネット (帽子)とピンセット · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: ボンネット (帽子)とフランス · 続きを見る »

ベッド

ベッドまたはベット(、 )とは床(寝床・苗床・川床・鉱床・道床など)を表す言葉である。日本語では主にの意味で用いる。と意訳される場合もある。.

新しい!!: ボンネット (帽子)とベッド · 続きを見る »

初宮参り

初宮参り(はつみやまいり)とは、赤ちゃんが無事に生誕1か月目を迎えたことを産土神に感謝して報告する行事である。初宮詣(はつみやもうで)とも。通常、単に宮参り(お宮参り)というと初宮参りのことを指す。.

新しい!!: ボンネット (帽子)と初宮参り · 続きを見る »

イラストレーション

イラストレーション(-en-short-fr-shortillustration)とは図像によって物語、小説、詩などを描写もしくは装飾し、また科学・報道などの文字情報を補助する、形式よりも題材に主眼を置いた図形的もしくは絵画的な視覚化表現である。 イラストレーションは情報を伝達する媒体の1つであり、目的に沿って作成される絵や図像であり、情報の図解という性格を持つ。マスメディアを通じて社会の中で機能することを大前提としており、グラフィックデザインの中の分野でもある。そのため、作家自身の世界を一貫して追求する芸術・美術とは性質が異なっている。 イラストレーションを描くことを職業にしている人をイラストレーターという。.

新しい!!: ボンネット (帽子)とイラストレーション · 続きを見る »

クーハン

ーハン(仏:couffin)とは、生後3か月程度までの新生児を寝かし付けたり持ち運んだりするための籠(あるいは上部が開いたバッグ状のもの)の一種である。ベビーキャリーとも。.

新しい!!: ボンネット (帽子)とクーハン · 続きを見る »

クッション

ッション(Cushion)とは、西洋の調度品の一つ。.

新しい!!: ボンネット (帽子)とクッション · 続きを見る »

ジャン=フランソワ・ミレー

ャン=フランソワ・ミレー(Milletはパリの発音では「ミエ」となるが、ミレーの出身地ノルマンディーの発音では「ミレー」となる(井出 (2014: 141))。、1814年10月4日 - 1875年1月20日)は、19世紀のフランスの画家。バルビゾン派の代表的画家の1人とされ、特に農民画で知られる。.

新しい!!: ボンネット (帽子)とジャン=フランソワ・ミレー · 続きを見る »

スコットランド

ットランド()は、北西ヨーロッパに位置するグレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成するカントリーの一つ。1707年の合同法によってグレートブリテン王国が成立するまでは独立した王国(スコットランド王国)であった。 スコットランドはグレートブリテン島の北部3分の1を占め、本島と別に790以上の島嶼部から構成される。 首都のエディンバラは第2の都市であり、ヨーロッパ最大の金融センターの一つである。最大の都市であるグラスゴーは、人口の40%が集中する。 スコットランドの法制度、教育制度および裁判制度はイングランドおよびウェールズならびに北アイルランドとは独立したものとなっており、そのために、国際私法上の1法域を構成する。スコットランド法、教育制度およびスコットランド教会は、連合王国成立後のスコットランドの文化および独自性の3つの基礎であった。しかしスコットランドは独立国家ではなく、国際連合および欧州連合の直接の構成国ではない。.

新しい!!: ボンネット (帽子)とスコットランド · 続きを見る »

ゆりかご

19世紀末~20世紀初頭頃のゆりかご ゆりかご(揺り籠)は、幼児・乳幼児を収めてあやすための道具(家具・容器)である。揺籃(ようらん)ともいう。.

新しい!!: ボンネット (帽子)とゆりかご · 続きを見る »

哺乳瓶

哺乳瓶(ほにゅうびん)とは、乳児にミルクを呑ませるのに用いる瓶のこと広辞苑第六版「哺乳瓶」。.

新しい!!: ボンネット (帽子)と哺乳瓶 · 続きを見る »

絵画

絵画(かいが)は、物体の形象を平面に描き出したもの広辞苑。 日本語では類語の絵が幅広く用いられ、絵画という語は、特に芸術作品としての絵を指す場合がある。ただし、絵と絵画を区別して用いるとは限らない。また画を後ろにつけて描写の技法や対象を示す用語もある(水墨画、静物画など)。 フランス語の peinture(パンチュール)、英語の painting(ペインティング)、日本語の雅言的表現で絵と呼ぶこともある。 文字などを「書く」ことより早く、絵画を「描く」行動は幼少期から見られる行動である。発達心理学などの分野では、14歳から18歳程度で完成期と呼ばれる時期を迎え、多くの人はその頃から、ほとんど描かなくなる。子どもの絵に関する社会科学的研究は豊富だが、大人の絵に関する同様の研究は少ない。その一方で、多くの人が描かなくなる年齢を過ぎても活動的に絵を描く人々が居る。歴史的に代表的なのは画家であると言えるが、現代ではより多くの業種に見出される傾向である。なお、人間の発達には個人差があり、柔軟な姿勢が必要である。.

新しい!!: ボンネット (帽子)と絵画 · 続きを見る »

絵本

絵本(えほん、Picture book)とは、その主たる内容が絵で描かれている書籍の一種。絵画(イラストレーション)を主体とした書籍のうち、物語などテーマを設けて文章を付与し、これを読ませるものである。 絵物語とは似ている面がある。コマ割りがなされていない点などで漫画とは区別され、文章がなかったり物語(ストーリー)の代わりに解説が付されていたりする点で画集・イラスト集とは異なる。.

新しい!!: ボンネット (帽子)と絵本 · 続きを見る »

落穂拾い (絵画)

『落穂拾い』(おちぼひろい)は、1857年にフランスの画家ジャン=フランソワ・ミレーによって描かれた油彩作品。ニコラ・プッサンにも同様の絵画があるように「落穂拾い」は農村の貧しい人々の姿を描いただけでなく、『旧約聖書』の「ルツ記」に基づいた作品である。1849年6月にパリの政治的混乱やコレラを避けて、当時芸術家たちの集まっていたバルビゾン村に疎開したミレーが描いた農民画のひとつで、『種まく人』『晩鐘』とともにミレーやバルビゾン派絵画の代表作と位置付けられている。1857年にサロン・ド・パリ(官展)に出展され、現在はパリにあるオルセー美術館が所蔵する。.

新しい!!: ボンネット (帽子)と落穂拾い (絵画) · 続きを見る »

軍服

1943年の米国陸海軍将官の会食。左から順にヘンリー・アーノルド陸軍大将、ウィリアム・リーヒ海軍大将、アーネスト・キング海軍大将、ジョージ・マーシャル陸軍大将。 軍服(ぐんぷく)とは軍隊の構成員(軍人)が着用する衣類をいう。広義においては近代以前の戦闘員の服装も含むが、通常はヨーロッパで近代的軍隊が整備された17世紀以降の軍隊で定められた制服を指す。本項では後者の意味の軍服について記述する。 軍隊の服制は、時代や国によって非常に差があるが、この項では代表的な軍隊のものについて説明する。 なお、.

新しい!!: ボンネット (帽子)と軍服 · 続きを見る »

赤ちゃん

っている赤ちゃん 赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。.

新しい!!: ボンネット (帽子)と赤ちゃん · 続きを見る »

捨て子

捨て子(すてご。英語:foundling、abandoned child)とは、様々な事情によって、病院、路上、他人の家、児童養護施設などにこっそり置き去られた子供を指す。棄児(きじ)ともいう。 日本のマスコミでは、差別用語に当たるとして「捨て子」という表現を避け、赤ちゃん置き去りと言うことが多い。尚、英語で捨て子を意味する「foundling」は、直訳すると「発見された者」を意味する。.

新しい!!: ボンネット (帽子)と捨て子 · 続きを見る »

挿絵

挿絵(さしえ、挿し絵とも表記する)とは、イラストレーションの一種で、雑誌や新聞あるいは書籍など文字主体の媒体において、読者の理解を助けるため等の目的で入れられる絵のこと。挿画(そうが)ともいう。雑誌や書籍の見開きにわたる大きなものから、雑誌の片隅に使われる小さなものまである。正確に説明すれば、挿絵は、本、雑誌、新聞の間にさまざまな大きさで挿入された主に白黒の版画をさして言う。特に小さなものはカットとも呼ばれる。文章の傍らにあるものだけだとする考え方と、それに口絵を含むとする考え方がある。 画家、イラストレーター、漫画家などが担当するが、 専門の挿絵画家も存在する。 日本文学においては、そもそも源氏物語絵巻などの文学作品を視覚化した絵画が多く制作されている。また、江戸時代には草双紙、合巻、狂歌本などに浮世絵師などによる白黒の挿絵が描かれていた。現代では、特に児童文学など低年齢層向けの書物や、図解なしでは理解の困難な専門書などに見られるが、識字率の急激に上昇している社会では一般書物にも多く用いられる傾向にある。たとえば19世紀イギリスの新聞、雑誌掲載の小説(「パンチ」「ストランド・マガジン」など参照)では、ディケンズ、アーサー・コナン・ドイルなどの例を挙げるまでもなく、また18〜19世紀日本の黄表紙・読本等においても挿絵が多用されており、演劇・絵画・文学の境界は非常に流動的なものだったとする研究もある。ライトノベルにおいては、とくに挿絵が不可分のものとなっている。アニメ化・ゲーム化される際の登場人物の造形イメージを共通させるなど挿絵に依存する比率は極めて高い。.

新しい!!: ボンネット (帽子)と挿絵 · 続きを見る »

手紙

手紙(てがみ)とは、特定の相手に対して情報を伝達するための文書のこと。信書(しんしょ)、書簡・書翰(しょかん)、書状(しょじょう)などとも呼ばれる。古くは消息(しょうそく、しょうそこ)、尺牘(せきとく)とも呼ばれた。 広義には封書(封筒に入れて送る書状)、はがき(封筒に入れずに送る書状)、特定の人に向けて回覧する紙片の全般を含むが、狭義には封書のみを指して用いることも多い。英語では封書を意味する"letter"、あるいは郵便物を意味する"mail"をあてるのが一般的である。.

新しい!!: ボンネット (帽子)と手紙 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ボンネット帽

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »