ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ボルボ・C30

索引 ボルボ・C30

ボルボ・C30(Volvo C30 )は、ボルボ・カーズがかつて販売したシューティングブレーク型の自動車。 発売当時、ボルボの乗用車ラインナップ中最もサイズが小さく、エントリーモデルに位置づけられていた。S40、V50、C70、マツダ・アクセラ、フォーカスと同じフォード主権で開発されたフォード・C1プラットフォームを使用しており、欧州ではCセグメントに相当する。.

49 関係: 上海市中華人民共和国亜酸化窒素北米国際オートショーマツダ・アクセラマニュアルトランスミッションハイブリッドカーバイオマスエタノールモンディアル・ド・ロトモビルヨーテボリリチウムイオン二次電池リットルボルボ・カー・ジャパンボルボ・カーズボルボ・C70ボルボ・V40ボルボ・V50トラクションコントロールシステムヘントプラグインハイブリッドカーデュアルクラッチトランスミッションデトロイトディーゼルエンジンフランクフルトモーターショーフォード・フォーカスベルギーアルコール燃料アンチロック・ブレーキ・システムエアバッグエクセーヌエタノールオートマチックトランスミッションガラスハッチガルウィングドアガソリンエンジンゲトラグコンセプトカーシューティングブレークスーパーチャージャーターボチャージャー前輪駆動Cセグメント特殊部品市場協会直列4気筒直列5気筒自動車東京モーターショー横滑り防止装置2000年

上海市

上海市(シャンハイし、、 ()、呉語発音: 、)は、中華人民共和国の直轄市である。 有数の世界都市であり、同国の商業・金融・工業・交通などの中心地、香港・北京と並ぶ中国最大の都市の一つである。アメリカのシンクタンクが2017年に発表した総合的な世界都市ランキングにおいて、世界9位と評価された。 2012年6月時点の常住人口は2,400万人を超え、市内総生産は2兆3,560億元(約45兆円)であり、いずれも首都の北京市を凌ぎ中国最大である。中華人民共和国国務院により国家中心都市の一つに指定されている。 略称は滬(/こ:フー)だが、古称の申(しん:シェン)も用いられる。.

新しい!!: ボルボ・C30と上海市 · 続きを見る »

中華人民共和国

中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく、中华人民共和国、中華人民共和國、People's Republic of China, PRC)、通称中国(ちゅうごく、China)は、東アジアに位置する主権国家である。 中華人民共和国は、13億8千万人以上の人口で世界一人口が多い国である。中華人民共和国は、首都北京市を政庁所在地とする中国共産党により統治されるヘゲモニー政党制である。.

新しい!!: ボルボ・C30と中華人民共和国 · 続きを見る »

亜酸化窒素

亜酸化窒素(あさんかちっそ。英語、nitrous oxide)とは、窒素酸化物の1種である。化学式ではN2Oと表されるため、一酸化二窒素(いっさんかにちっそ)とも呼ばれる。 ヒトが吸入すると陶酔させる作用があることから笑気ガス(しょうきガス。英語、laughing gas)とも言い、笑気と略されることもある。また麻酔作用もあるため、全身麻酔など医療用途で用いることもあり、世界保健機関においては必須医薬品の一覧にも載せられている。この他にも、工業用途では燃料の発火促進のために使われる。また、調理用途では食材をムース状に加工するエスプーマと呼ばれる調理法に使用される。 しかし、陶酔感を得るために亜酸化窒素を乱用する者が後を絶たないことから、日本では、2016年2月18日に医薬品医療機器法に基づき「亜酸化窒素」が指定薬物に指定された。そして、日本では同月28日から、医療などの目的以外に亜酸化窒素を製造・販売・所持・使用することなどが禁止されるに至った。なお、乱用以外にも、亜酸化窒素が大気中へと放出されると、 紫外線によって分解されるなどして一酸化窒素を生成し、この一酸化窒素にはオゾン層を破壊する作用がある。したがって、亜酸化窒素の使用もオゾン層の破壊につながるという地球環境への問題も抱えている。.

新しい!!: ボルボ・C30と亜酸化窒素 · 続きを見る »

北米国際オートショー

2014年の会場の様子 北米国際自動車ショー(ほくべいこくさいじどうしゃショー、North American International Auto Show, NAIAS) は、アメリカ合衆国・デトロイトで、毎年1月に開催される国際自動車展示会、世界5大モーターショーの一つ。以前はデトロイト・オートショーと称していたが、現在においても、しばしばこの名称で呼ばれることがある。.

新しい!!: ボルボ・C30と北米国際オートショー · 続きを見る »

マツダ・アクセラ

アクセラ(AXELA)は、マツダが製造・販売する乗用車である。日本国外向けの車名はMazda3(マツダ3 )。ファミリアの事実上の後継車である。.

新しい!!: ボルボ・C30とマツダ・アクセラ · 続きを見る »

マニュアルトランスミッション

マニュアルトランスミッション車におけるシフトノブの例 5速マニュアル車のシフトパターンの例 マニュアルトランスミッション()もしくは手動変速機(しゅどうへんそくき)とは運転者が減速比(ギア)を選択して操作するトランスミッション(変速機)。主に内燃機関が原動機である自動車やオートバイ・農業機械などに装備されている。操作が容易なオートマチックトランスミッション(自動変速機)が普及して極めて少数になりつつある。.

新しい!!: ボルボ・C30とマニュアルトランスミッション · 続きを見る »

ハイブリッドカー

トヨタ・プリウス(初代) ハイブリッド車(ハイブリッドしゃ、hybrid car ハイブリッドカー)は、2つ以上の動力源を持つ自動車。略称はHV(hybrid vehicle)。 本稿では自動車のハイブリッド車について述べる。鉄道車両のハイブリッド車についてはハイブリッド機関車および日本の電気式気動車#電気式の将来(ハイブリッド気動車)を参照。.

新しい!!: ボルボ・C30とハイブリッドカー · 続きを見る »

バイオマスエタノール

バイオマスエタノール (Biomass Ethanol)、またはバイオエタノール (Bioethanol) は、産業資源としてのバイオマスから生成されるエタノールを指す。一般には内燃機関の燃料としての利用を意識した用語である。微細藻類の炭化水素生合成は本稿では扱わない。.

新しい!!: ボルボ・C30とバイオマスエタノール · 続きを見る »

モンディアル・ド・ロトモビル

2014年 モンディアル・ド・ロトモビル (Mondial de l'Automobile) とは、フランス・パリで偶数年の9月末から10月半ばにかけて開催される大規模な国際自動車見本市(モーターショー)で、世界5大モーターショーの一つ。1986年以前はサロン・ド・ロト (Salon de l'Auto) の名称で開催され、日本でも長らく「パリサロン」と呼ばれ親しまれてきた。 1988年に現在の名称に改称された。日本では引き続きパリサロンと呼ばれるほか、改称後は東京モーターショーに準じパリモーターショーと呼ばれることがある。.

新しい!!: ボルボ・C30とモンディアル・ド・ロトモビル · 続きを見る »

ヨーテボリ

ヨーテボリ(スウェーデン語:、 )は、ヴェストラ・イェータランド県に属するスウェーデンの港湾都市で、県庁所在地である。人口は約52万人。スウェーデンではストックホルムに次ぎ、北欧では5番目に大きい都市である。町の名前は「ゴートの都市」を意味する。日本語ではイェーテボリ、イエテボリ、エーテボリなどとも呼ばれる。.

新しい!!: ボルボ・C30とヨーテボリ · 続きを見る »

リチウムイオン二次電池

封口前の円筒形リチウムイオン電池 (18650) 東芝Dynabookのリチウムイオンポリマー二次電池パック リサイクル法による) リチウムイオン二次電池(リチウムイオンにじでんち、lithium-ion rechargeable battery)は、正極と負極の間をリチウムイオンが移動することで充電や放電を行う二次電池である。正極、負極、電解質それぞれの材料は用途やメーカーによって様々であるが、代表的な構成は、正極にリチウム遷移金属複合酸化物、負極に炭素材料、電解質に有機溶媒などの非水電解質を用いる。単にリチウムイオン電池、リチウムイオンバッテリー、Li-ion電池、LIB、LiBとも言う。リチウムイオン二次電池という命名はソニー・エナジー・デバイスによる。 なお、似た名前の電池には以下のようなものがある。.

新しい!!: ボルボ・C30とリチウムイオン二次電池 · 続きを見る »

リットル

リットル(litre, litre, liter, 記号: L, l)は体積の単位である。メートル法の古い単位であって今日のSI単位ではないが、「SI単位と併用される非SI単位」の一つである。 リットルの定義は1901年と1964年に2度変更された(後述)が、現在の定義は 立方メートル (m).

新しい!!: ボルボ・C30とリットル · 続きを見る »

ボルボ・カー・ジャパン

ボルボ・カー・ジャパン株式会社(Volvo Car Japan Limited)は、日本におけるボルボ車のインポーター(輸入業者)である。.

新しい!!: ボルボ・C30とボルボ・カー・ジャパン · 続きを見る »

ボルボ・カーズ

ボルボ・カー・コーポレーション(Volvo Car Corporation )、通称ボルボ・カーズ(Volvo Cars)は、中国の浙江吉利控股集団傘下のスウェーデンの自動車会社。2010年8月まではフォード・モーター内のプレミアム・オートモーティブ・グループに属していた。ボルボ・カーズの前身は、ボルボグループ(いわゆるトラック部門や船舶エンジン部門で構成されるコングロマリット)の乗用車部門である。1998年にこの乗用車部門が64億ドルでフォードに買収されたことから、フォード傘下の自動車会社としてボルボ・カーズが誕生した。ボルボとフォードの間には資本関係は無いが、ボルボの商標はボルボとフォードが共同所有する企業、ボルボ・トレードマーク・ホールディングABに帰属しており、同社の許諾によりフォードがボルボの名称を乗用車に冠していた。2010年にボルボ・カーズはフォードから浙江吉利控股集団(中国企業で元々は冷蔵庫製造会社)に18億ドルで売却された。.

新しい!!: ボルボ・C30とボルボ・カーズ · 続きを見る »

ボルボ・C70

ボルボ・C70はボルボ・カーズが製造・販売するクーペカブリオレタイプの乗用車である。下述するように、かつてはクーペタイプも販売されていた。.

新しい!!: ボルボ・C30とボルボ・C70 · 続きを見る »

ボルボ・V40

V40(ブイよんじゅう)はボルボ・カーズが生産・販売する乗用車である。1995年にステーションワゴンモデルのV40が発売された。.

新しい!!: ボルボ・C30とボルボ・V40 · 続きを見る »

ボルボ・V50

ボルボ・V50(ブイごじゅう)はボルボ・カーズが2004年から2012年まで製造・販売していたステーションワゴンタイプの乗用車である。.

新しい!!: ボルボ・C30とボルボ・V50 · 続きを見る »

トラクションコントロールシステム

トラクションコントロールシステム(Traction Control System, TCS)は自動車の制御機構の一種で、発進・加速時のタイヤの空転を防止する装置である。一般的に使用される略称はTCSであるが、トヨタ自動車では、TRC(TRaction Control)、三菱自動車では、TCL(Traction ControL)という異なる略称をそれぞれ用いて呼称している。アンチスリップレギュレーション(Anti-Slip Regulation, ASR)とも呼ばれる。近年ではオートバイでも採用されている。.

新しい!!: ボルボ・C30とトラクションコントロールシステム · 続きを見る »

ヘント

市庁舎 鐘楼 ベギン会小修道院 ヘント(Gent、Gand、Ghent古くは) は、ベルギー・フランデレン地域のオースト=フランデレン州にある都市で、同州の州都。(ベルギーの言語事情についてはベルギー#言語を参照)。 南東に位置するブリュッセル、北東に位置するアントウェルペンに次ぐベルギー第3の都市。南西に位置するフランスのリールにも近い。花の都市という異名を持つ。日本では、英語(Ghent)あるいはドイツ語(Gent)由来のゲント、フランス語(Gand)由来のガンの名で呼ばれることも多い。 フーベルト・ファン・エイクとヤン・ファン・エイクの代表作である「神秘の子羊」を所蔵することでも知られている。.

新しい!!: ボルボ・C30とヘント · 続きを見る »

プラグインハイブリッドカー

プラグインハイブリッドカー (plug-in hybrid car) は、コンセントから差込プラグを用いて直接バッテリーに充電できるハイブリッド車であり、PHV (Plug-in Hybrid Vehicle) またはPHEV (Plug-in Hybrid Electric Vehicle) と略されるプラグインハイブリッド式輸送機器の一種。.

新しい!!: ボルボ・C30とプラグインハイブリッドカー · 続きを見る »

デュアルクラッチトランスミッション

6速DCTのカットモデル(フォルクスワーゲンのDCT) デュアルクラッチトランスミッション(Dual Clutch Transmission)とは、自動車など車両用の有段自動変速機の一種で、ギアが2系統ありそれぞれにクラッチがあることからこの名前がある。 略してDCTと表記される。日本では、デュアルクラッチのほかツインクラッチとも称される。またダブルクラッチと呼ばれることもあるが、運転技法の「ダブルクラッチ」中吹かしの際のクラッチペダルの操作方法。とは異なるので注意が必要である。.

新しい!!: ボルボ・C30とデュアルクラッチトランスミッション · 続きを見る »

デトロイト

アメリカ最大の自動車メーカーゼネラルモーターズ本社 デトロイト( )は、アメリカ合衆国ミシガン州南東部にある都市。南北をエリー湖とヒューロン湖に挟まれており、東はカナダのウィンザー市に接する。アメリカ中西部有数の世界都市。 人口は、2000年国勢調査では951,270人、2012年では701,475人と減り続けている。デトロイトの都市圏(大都市統計地域:MSA)の人口は4,452,559人であり、全米第9位の規模。フリントなどを含めた広域都市圏(合同統計地域:CSA)の人口は5,357,538人(いずれも2000年国勢調査)で、やはり全米9位の規模である。また、失業率、貧困率が高く、犯罪都市としても有名である。主要産業は自動車産業であり、「自動車の街」とも呼ばれる(後述)。.

新しい!!: ボルボ・C30とデトロイト · 続きを見る »

ディーゼルエンジン

ハ183系)用の高速ディーゼルエンジンの一例。DML30HSI形ディーゼルエンジン水平対向12気筒排気量30L(440PS/1,600rpm) 4サイクル・ディーゼルエンジンの動作 ディーゼルエンジン (英:Diesel engine) は、ディーゼル機関とも呼ばれる内燃機関であり、ドイツの技術者ルドルフ・ディーゼルが発明した往復ピストンエンジン(レシプロエンジン)である。1892年に発明され、1893年2月23日に特許を取得した。 ディーゼルエンジンは点火方法が圧縮着火である「圧縮着火機関」に分類され、ピストンによって圧縮加熱した空気に液体燃料を噴射することで着火させる。液体燃料は発火点を超えた圧縮空気内に噴射されるため自己発火する。 単体の熱機関で最も効率に優れる種類のエンジンであり、また軽油・重油などの石油系の他にも、発火点が225℃程度の液体燃料であればスクワレン、エステル系など広範囲に使用可能である。汎用性が高く、小型高速機関から巨大な船舶用低速機関までさまざまなバリエーションが存在する。 エンジン名称は発明者にちなむ。日本語表記では一般的な「ディーゼル」のほか、かつては「ヂーゼル」「ジーゼル」「デイゼル」とも表記された。日本の自動車整備士国家試験では現在でもジーゼルエンジンと表記している。.

新しい!!: ボルボ・C30とディーゼルエンジン · 続きを見る »

フランクフルトモーターショー

2009年の会場の様子 フランクフルトモーターショーは、ドイツのフランクフルトで2年に1度開催される世界最大のモーターショー。ドイツ自動車工業会 (VDA) が主催している。 正式名称は 国際モーターショー(Internationale Automobil-Ausstellung 、IAA)であるが、IAAには乗用車ショーと商用車ショーの2種類があり、フランクフルトモーターショーは前者を指す。1991年以前は開催地がフランクフルトのみであったが、1992年以降、偶数年にはハノーファーで商用車ショーを、奇数年にはフランクフルトで乗用車およびバイクのショーをそれぞれ開催するようになった。 国際的にも大きな自動車展示会であるため、国際自動車工業連合会 (OICA) が日程を決めている。.

新しい!!: ボルボ・C30とフランクフルトモーターショー · 続きを見る »

フォード・フォーカス

フォード・フォーカス(Focus)は、フォード・モーターが製造・販売するセダン型、ハッチバック型、ステーションワゴン型の自動車である。.

新しい!!: ボルボ・C30とフォード・フォーカス · 続きを見る »

ベルギー

ベルギー王国(ベルギーおうこく)、通称ベルギーは、西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家。隣国のオランダ、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。首都のブリュッセル(ブリュッセル首都圏地域)は欧州連合(EU)の主要機関の多くが置かれているため、"EUの首都"とも言われており、その通信・金融網はヨーロッパを越えて地球規模である。憲法上の首都は19の基礎自治体から成るブリュッセル首都圏の自治体の一つ、ブリュッセル市である。 19世紀にネーデルラント連合王国から独立した国家で、オランダ語の一種であるフラマン語が公用語の北部フランデレン地域とフランス語が公用語の南部ワロン地域とにほぼ二分される(この他にドイツ語が公用語の地域もある)。建国以来、単一国家であったが、オランダ語系住民とフランス語系住民の対立(言語戦争)が続いたため、1993年にフランデレン地域とワロン地域とブリュッセル首都圏の区分を主とする連邦制に移行した。.

新しい!!: ボルボ・C30とベルギー · 続きを見る »

アルコール燃料

沖縄県宮古島市のE3/E10(エタノールを容積比で3%/10%含む燃料)専用給油所 アルコール燃料(アルコールねんりょう)は、内燃機関などのエネルギー源として利用されるアルコールの総称。アルコール単独であるいは他の燃料と混合して使用される。最近の原油価格高騰および地球温暖化に対する関心の高まりを背景に、化石燃料を代替する燃料として注目が集まっている。特に、メタノール、エタノール、ブタノールおよびプロパノールについては、バイオマス(現生生物由来の資源)から合成が可能で、現在普及している内燃機関の燃料としてそのまま利用できることから注目度が高い。 アルコール燃料のうち、メタノールは、主として天然ガスから合成されており、原油価格の高騰を背景に、石油を補う代替自動車燃料としての利用が模索されている。一方、エタノールは、主としてバイオマスから製造されているため、温暖化ガスの排出につながらないことや再生可能資源(renewable resource)で永続的に利用可能であることを背景に注目され、近年急速に普及をみせている。.

新しい!!: ボルボ・C30とアルコール燃料 · 続きを見る »

アンチロック・ブレーキ・システム

アンチロック・ブレーキ・システム(Antilock Brake System、略称:ABS)とは、急ブレーキあるいは低摩擦路でのブレーキ操作において、車輪のロックによる滑走発生を低減する装置である。アンチロック・ブレーキング・システムとも呼ばれる。.

新しい!!: ボルボ・C30とアンチロック・ブレーキ・システム · 続きを見る »

エアバッグ

アバッグ作動後の状態(スペインの自動車セアト・イビサ、衝突を感知してから0.3秒で膨らむ) エアバッグ()とは、膨らんだ袋体を用いて移動体の運動エネルギーを吸収、もしくは衝撃緩和する装置のことである。 身近なところでは自動車の乗員保護システムの中の1つとしてエアバッグがあり、SRSエアバッグシステム(SRSはSupplemental Restraint System(補助拘束装置)の略)と呼ばれる。Supplemental(補助)とあるように、エアバッグはあくまでシートベルト着装を前提とした上で、その効果を最大限に発揮する乗員保護システムの1つである。したがって、シートベルトを着用していないとその効果は発揮されない。それどころか、最悪の場合はエアバッグにより死亡する場合もある(後述)。 前席(運転席と助手席)に加え、一部車種では後部座席用も用意された。現在では側面からの衝突に対応するサイドエアバッグやカーテンエアバッグ、膝にかかる衝撃を緩和するためのニーエアバッグ、さらにはシートベルトを膨らませる方式のものもある。 オートバイ・自転車のライダー用や歩行者用のエアバッグも販売されている。また、火星探査機が火星に着陸する際にエアバッグを利用して着陸するなど、さまざまな方面で衝撃吸収のために利用されている。なお、エアバッグは保安基準の対象外であるため取り外しても特に罰則等はないが、取り外しや故障によって警告灯が点灯している場合は車検が受け付けられない。.

新しい!!: ボルボ・C30とエアバッグ · 続きを見る »

エクセーヌ

ーヌ エクセーヌ(Ecsaine )とは、東レが開発・展開しているスエード調人造皮革のブランドである。ただし工業用途・産業用途を除きグローバルブランドであるウルトラスエードに統合された。イタリア製欧州及び自動車内装向けではアルカンターラ(alcantara )というブランド名で展開していたが、アルカンターラをイタリア製、ウルトラスエードを日本製と明確に使い分けていく戦略に変更された。.

新しい!!: ボルボ・C30とエクセーヌ · 続きを見る »

エタノール

タノール(ethanol)は、示性式 CHOH、又は、CHCHOH で表される、第一級アルコールに分類されるアルコール類の1種である。別名としてエチルアルコール(ethyl alcohol)やエチルハイドレート、また酒類の主成分であるため「酒精」とも呼ばれる。アルコール類の中で、最も身近に使われる物質の1つである。殺菌・消毒のほか、食品添加物、また揮発性が強く燃料としても用いられる。.

新しい!!: ボルボ・C30とエタノール · 続きを見る »

オートマチックトランスミッション

ートマチックトランスミッション(、AT)あるいは自動変速機(じどうへんそくき)とは、自動車やオートバイの変速機の一種で、車速やエンジンの回転速度に応じて変速比を自動的に切り替える機能を備えたトランスミッション(変速機)の総称である。.

新しい!!: ボルボ・C30とオートマチックトランスミッション · 続きを見る »

ガラスハッチ

ラスハッチとは一部のステーションワゴン、SUV、トールワゴンを含むハッチバックなどに用いられる開閉機構であり、グラスハッチと呼ばれることもある。 リアウインドウ自体を跳ね上げ式としてバックドアに準ずる役割をもたせたものと、バックドアのウインドウをさらに跳ね上げ式としたものとがある。.

新しい!!: ボルボ・C30とガラスハッチ · 続きを見る »

ガルウィングドア

モメの翼 ガルウィングドア(gull wing door )とは自動車などのドアの開閉方式の1つである。「ガルウィング」は「カモメの翼」の意味。.

新しい!!: ボルボ・C30とガルウィングドア · 続きを見る »

ガソリンエンジン

4ストロークエンジン (1)吸入 (2)圧縮 (3)燃焼・膨張 (4)排気 ガソリンエンジン(gasoline engine)は、ガソリン機関ともいい、燃料であるガソリンと空気の混合気を圧縮したあと点火、燃焼(予混合燃焼)・膨張させるという行程を繰り返し、運動エネルギーを出力する内燃機関である。.

新しい!!: ボルボ・C30とガソリンエンジン · 続きを見る »

ゲトラグ

トラグ(Getrag Corporate Group )は、ドイツ・ウンターグルッペンバッハに本社を置く自動車用トランスミッションメーカー。1935年創業。.

新しい!!: ボルボ・C30とゲトラグ · 続きを見る »

コンセプトカー

ンセプトカーは、自動車メーカーが展示目的で製作した自動車のこと。モーターショーや、各メーカーのショールームなどにおいて展示されることが多い。北米では1950年代から存在し、「ドリームカー」、「フューチャーカー」、「ハローモデル」などと呼ばれた。 コンセプトカーの一例(トヨタPM).

新しい!!: ボルボ・C30とコンセプトカー · 続きを見る »

シューティングブレーク

ューティングブレーク(Shooting brake)とは、乗用車のボディ形状の一種。時代によって意味が異なる。 現代では主にスポーツクーペの要素を持つスリークなステーションワゴンに対して用いられる。主に3ドア(2ドア+バックドア)であるが、5ドア(4ドア+バックドア)でもシューティングブレークと呼ばれる場合がある。 元々は19世紀から20世紀初頭に英国で使われた狩猟用のオープン馬車(キャリッジ)のことを指した。 1910年代になると、狩猟用としてコーチビルダーがロールス・ロイスなどのシャシを使い木製(及び木骨鋼板張り)ボディで少量生産する車両のことを指すようになった。その後狩猟だけでなく多用途に使えるシューティングブレイクが登場し、エステートやステーションワゴンと同義語になっていった。 単に「ブレーク」という用語は、フランス車を筆頭に、通常のステーションワゴンに対して用いられることが多い。フランス以外のメーカーでも、ブレーク(またはブレク)、アルファベットでは「brake」や「break」(綴りは国によって異なる)を用いる例がある。.

新しい!!: ボルボ・C30とシューティングブレーク · 続きを見る »

スーパーチャージャー

217x217ピクセル スーパーチャージャー(supercharger)は本来、過給機全般を指すが、機械式過給機を指して「スーパーチャージャー」と呼び、排気タービン式過給機(ターボチャージャー)とは区別されるのが通例となっている。機械式過給器を特に区別する場合はメカニカル・スーパーチャージャーと言われる。.

新しい!!: ボルボ・C30とスーパーチャージャー · 続きを見る »

ターボチャージャー

ターボチャージャー(turbocharger)は、排気の流れを利用してコンプレッサ(圧縮機)を駆動して内燃機関が吸入する空気の密度を高くする過給機である。.

新しい!!: ボルボ・C30とターボチャージャー · 続きを見る »

前輪駆動

フロントエンジン・フロントドライブ概念図 前輪駆動(ぜんりんくどう、略: FWD.

新しい!!: ボルボ・C30と前輪駆動 · 続きを見る »

Cセグメント

Cセグメント(英語名:C-Segment,Small family car/compact car)は、主に欧州で利用されている乗用車の分類方法であるセグメントの1カテゴリーで、BセグメントとDセグメントの中間に位置付けられる。同一セグメントにセダン、クーペ、ハッチバックなどのボディスタイルを包括する。 調査会社であるグローバルインサイト社の分類では、スポーツ・クーペ、マルチパーパスカー(ミニバン)、SUVを含むが、欧州で「以前に使用されていた最も狭義の分類」において、これらは別セグメントに分類される。.

新しい!!: ボルボ・C30とCセグメント · 続きを見る »

特殊部品市場協会

特殊部品市場協会()、略称SEMA(セマ)は、アメリカ合衆国の自動車用アフターマーケット部品メーカーで構成される団体である。 特殊機器市場協会、専門装置市場協会、特別装備部品市場協会、特殊装備市場協会 などとも。 本部はカリフォルニア州ダイヤモンドバー()。6383社が加盟している。.

新しい!!: ボルボ・C30と特殊部品市場協会 · 続きを見る »

直列4気筒

列4気筒(ちょくれつよんきとう)とは、レシプロエンジン等の形式の1つで、シリンダーが1列に4本配置されている形式。当記事では専らピストン式内燃機関のそれについて述べる。主に、排気量1L(リットル)から2.5L程度までの普及価格帯の車両に搭載されることが多い。.

新しい!!: ボルボ・C30と直列4気筒 · 続きを見る »

直列5気筒

列5気筒(ちょくれつごきとう)とは、レシプロエンジンなどのシリンダー(気筒)配列形式のひとつ。シリンダーが5つ直列に並んでいる。略して「直5」とも記載することもある。この形式は直列4気筒と直列6気筒エンジンの折衷案的なものである。.

新しい!!: ボルボ・C30と直列5気筒 · 続きを見る »

自動車

特殊作業車の例(ダンプカー) 自動車(じどうしゃ、car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。.

新しい!!: ボルボ・C30と自動車 · 続きを見る »

東京モーターショー

東京モーターショー(とうきょうモーターショー)は、自動車に関する最新の技術やデザインについての情報を紹介する日本の見本市。主催は日本自動車工業会。略称はTMSまたは東モ。.

新しい!!: ボルボ・C30と東京モーターショー · 続きを見る »

横滑り防止装置

横滑り防止装置(よこすべりぼうしそうち、英:Electronic Stability Control、略称 ESC)とは、自動車の旋回時における姿勢を安定させる装置の一種。 横滑り防止機構、スタビリティ・コントロール・システム、車両(制動)挙動安定(化)装置、車両挙動制御装置、車両挙動安定化制御システム、車両安定制御システムや車両走行安定補助システムなどとも呼ばれる。 突然の路面状況の変化や、危険回避などのために急激なステアリング操作をして自動車の車両姿勢が乱れた際、横滑りなどの車両の不安定な挙動を抑制し、走行安定性を確保し、車両の姿勢を安定させるシステムのことである岡崎五朗日経BP社、2006年1月13日。.

新しい!!: ボルボ・C30と横滑り防止装置 · 続きを見る »

2000年

400年ぶりの世紀末閏年(20世紀および2千年紀最後の年)である100で割り切れるが、400でも割り切れる年であるため、閏年のままとなる(グレゴリオ暦の規定による)。。Y2Kと表記されることもある(“Year 2000 ”の略。“2000”を“2K ”で表す)。また、ミレニアムとも呼ばれる。 この項目では、国際的な視点に基づいた2000年について記載する。.

新しい!!: ボルボ・C30と2000年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »