ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ボルタラ・モンゴル自治州

索引 ボルタラ・モンゴル自治州

ボルタラ・モンゴル自治州(-じちしゅう、モンゴル語: 転写:Borotal-a-yin Moŋɣol öbertegen jasaqu jėü)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区に位置する自治州。ボルタラはモンゴル語で銀灰色の草原を意味する。ウイグル語名ブルタラ。州府所在地はボルタラ市。 ジュンガル盆地西南部に位置し、北部と西部はカザフスタン共和国と385kmに渡って国境線を接する。東部はタルバガタイ(塔城)地区ウス(烏蘇)市、東北部はトリ(托里)県と隣接。南部はイリ・カザフ自治州のニルカ(尼勒克)県、グルジャ(伊寧)県、霍城県に隣接する。.

48 関係: 双河市中国西北部中華人民共和国乾隆張家口市チャハルモンゴル (曖昧さ回避)モンゴル語モンゴル民族ヴォルガ川ボルタラ市トリ県トルグートニルカ県イリ・カザフ自治州ウイグルウイグル語ウス市オイラトカザフカザフスタングルジャ県ジュンガル盆地スキタイタルバガタイ地区サリム湖元 (王朝)回族国内総生産精河県県級市西突厥霍城県阿拉山口口岸阿拉山口市阿拉山口駅自治州 (中国)温泉県満州里口岸新疆ウイグル自治区新疆省新疆生産建設兵団1954年7月13日

双河市

双河市(そうが-し)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区に位置する区直轄県級市。 「双河」とは古代同地域にある双河都督府から取った名称である。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と双河市 · 続きを見る »

中国西北部

中国西北部(ちゅうごく-せいほくぶ)は中国の西北内陸の地域。地理上は黄土高原西部、渭河平原、河西走廊、青蔵高原北部、内モンゴル高原西部、ツァイダム盆地、新疆の大部分の地域を含む。中国においては西北区、または略して西北と呼ばれる。 西北五省区は陝西省、甘粛省、青海省、寧夏回族自治区、新疆ウイグル自治区 広義の西北地区はさらに内モンゴル自治区西部の阿拉善盟、烏海市、巴彦淖爾市、鄂爾多斯市を含む。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と中国西北部 · 続きを見る »

中華人民共和国

中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく、中华人民共和国、中華人民共和國、People's Republic of China, PRC)、通称中国(ちゅうごく、China)は、東アジアに位置する主権国家である。 中華人民共和国は、13億8千万人以上の人口で世界一人口が多い国である。中華人民共和国は、首都北京市を政庁所在地とする中国共産党により統治されるヘゲモニー政党制である。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と中華人民共和国 · 続きを見る »

乾隆

乾隆(けんりゅう、満洲語:、転写:abkai wehiyehe)は、清の高宗の治世中に使われた元号。1736年 - 1795年。一世一元の制であったため高宗は乾隆帝と称される。 中国史上、康熙に次いで2番目に長く用いられた元号である。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と乾隆 · 続きを見る »

張家口市

張家口市(ちょうかこうし)は、中華人民共和国河北省北西部に位置する地級市。かつてはモンゴル諸語で万里の長城の「門」をあらわすハルガhālga またはカルガ kālga(その元の形はkaghalga)から、カルガン(Kalgan)の名でも知られていた。『北京の北門』とも呼ばれ、北京の北を取り巻く万里の長城の主要な門「大境門」のすぐ外側に位置し、ここを制したものは北方から北京を攻める場合にも、北京を守る場合にも有利になるという。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と張家口市 · 続きを見る »

チャハル

チャハル(Цахар、 転写:čaqar、漢語:察哈爾、Chahars)は、近世以降のモンゴルの有力部族集団のひとつ。清代以降にはそれらの遊牧する地域を指す名称としても用いられた。清朝はモンゴルを八旗蒙古・内属蒙古・外藩蒙古の三種に区分したが、チャハル部は、後述の「ブルニ親王の乱」以降、旧来の首長家が廃止され、清朝皇帝に直属する「内属蒙古」とされた。 15世紀の東アジア諸国と北方諸民族。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州とチャハル · 続きを見る »

モンゴル (曖昧さ回避)

モンゴル (Монгол) 民族.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州とモンゴル (曖昧さ回避) · 続きを見る »

モンゴル語

モンゴル文字で書かれた「モンゴル」 モンゴル語(モンゴルご、Монгол хэл、Mongol hel、、mongGul kele)は、モンゴル諸語に属する言語であり、モンゴル国の国家公用語である。モンゴル語を含むモンゴル語族は、テュルク語族及びツングース語族とともにアルタイ諸語と呼ばれる。 第8条はモンゴル語をモンゴル国の国家公用語に規定している。モンゴル国では、行政・教育・放送のほとんどがモンゴル語でなされるが、バヤン・ウルギー県では学校教育をカザフ語で行うことが認められている。こうした地域の人々の中にはモンゴル語を全く解さない者もいる。モンゴル国外には10万人以上のモンゴル国民が居住(日本国内にも合法・不法合わせ数千人が滞在しているものと推定されている)しており、かれらの母語でもある。 モンゴル諸語のうち、どこまでを「モンゴル語」と呼ぶのか明確な定義はないが、一般的にはモンゴル国や中国の内モンゴル自治区でも話されているものがモンゴル語とされる。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州とモンゴル語 · 続きを見る »

モンゴル民族

モンゴル民族(もんごるみんぞく、英:Mongol、蒙:Монгол、中:蒙古族)は、7世紀から歴史上に登場し、13世紀 - 14世紀にユーラシア大陸の大部分を版図としたモンゴル帝国を築いたモンゴル系民族。モンゴル語を話す。大きくハルハとチャハルに分けられる。現在はモンゴル国と中華人民共和国の内モンゴル自治区にその多くが住んでいる。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州とモンゴル民族 · 続きを見る »

ヴォルガ川

最上流の町・ルジェフ周辺(1909年から1915年頃のカラー写真) ヴォルガ川流域 ヴォルガ川(ヴォルガがわ、 ヴォールガ)は、ロシア連邦の西部を流れる、ヨーロッパ州最長の川で、ロシア主要部(ヨーロッパ・ロシア中心部)を水系に含む「ロシアの母なる川」でもある。全長は3,690kmにおよぶ。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州とヴォルガ川 · 続きを見る »

ボルタラ市

ボルタラ市(-し、モンゴル語: 転写:Borotal-a qota)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区ボルタラ・モンゴル自治州に位置する県級市。中国語での正式名称は博楽市(ボーラーし)、ウイグル語名はブルタラ。同州の行政中心地。温帯干旱気候に属し、平均気温5.6℃、年間平均降水量181mm。北でカザフスタンに隣接する。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州とボルタラ市 · 続きを見る »

トリ県

トリ県(-けん)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区に位置する県。県人民政府の所在地はトリ鎮(托里鎮)。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州とトリ県 · 続きを見る »

トルグート

トルグート( オイラト語:、モンゴル語:、満州語:、中国語:土爾扈特 Tǔěrhùtè)は、モンゴル系遊牧民族オイラトの一部族(トルグート部)で八部オイラトの一つ。トルグード、トルゴートともいう。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州とトルグート · 続きを見る »

ニルカ県

ニルカ県(-けん)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州に位置する県。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州とニルカ県 · 続きを見る »

イリ・カザフ自治州

イリ・カザフ自治州(-じちしゅう)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区北部に位置するカザフ族の副省級自治州。グルジャ市(伊寧市)を州都とし、全国で唯一、タルバガタイ(塔城)、アルタイ(阿勒泰)の2地区を管轄する地区級行政単位である。 民族構成はカザフ族が25.5%、漢族が45.2%、ウイグル族が15.9%を占める。自治区の中心部は天山山脈と(天山山脈の支脈)に挟まれたイリ盆地(イリ川上流部)である。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州とイリ・カザフ自治州 · 続きを見る »

ウイグル

ウイグル(、、)は、4世紀から13世紀にかけて中央ユーラシアで活動したテュルク系遊牧民族並びにその国家『突厥与回鶻史』では、モンゴル高原東部に興り、後に西トルキスタンや甘粛省・新疆ウイグル自治区に移住したトルコ系民族」としている。及びその後裔とも『大辞林』(三省堂、1988年)の「ウイグル」項20世紀の政治的必要性からの名乗りともされる「ウイグル」を自らの民族呼称とする民族を指し、後者は現在中華人民共和国の統治する新疆ウイグル自治区やカザフスタン・キルギス・ウズベキスタンなど中央アジアに居住している。人口は約1千万人。テュルク諸語のウイグル語を話すムスリム(イスラム教徒)である 。 本項では、古代から現在にいたるウイグルが興した国家や政権、および居住地域など、関連情報について概説する。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州とウイグル · 続きを見る »

ウイグル語

ウイグル語(ウイグルご、ウイグル語: ئۇيغۇرچە、)は、中央アジアで使用されるテュルク諸語のひとつ。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州とウイグル語 · 続きを見る »

ウス市

ウス市(-し)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区に位置する県級市。 新疆西北部、ウルムチとクイトゥンの西、カラマイの南に位置する。北疆鉄道と312国道が通る。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州とウス市 · 続きを見る »

オイラト

イラト(Oirad、Oyirad、瓦剌、衛拉特)は、モンゴル高原の西部から新疆の北部にかけて居住する民族。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州とオイラト · 続きを見る »

カザフ

フ(Қазақ, Qazaq, Казахи, Kazakhs, 哈萨克族)は、中央アジア西北部のカザフステップに広がって居住するテュルク系民族。カザフスタンにおよそ800万人が住んで同国人口の半数を占める他、中国の新疆ウイグル自治区北西部に約130万人が住む。新疆では哈薩克族(ハザク族、カザフ族)と呼ばれ、中国の55少数民族のひとつに数えられており、イリ・カザフ自治州はカザフ人の自治州となっている。その他、アクサイ・カザフ族自治県、バルクル・カザフ自治県、モリ・カザフ自治県といった自治県が存在する。モンゴルでは最西部のアルタイ山脈周辺に分布し、バヤン・ウルギー県はカザフ人の自治州となっている。 カザフ人のほとんどは元来遊牧民で、20世紀初頭までは人口のほとんどが遊牧生活を行っていたが、ソ連で1930年代に大規模な定住化が政策として行われた結果、現在は都市民・農耕民となっている。しかし、定住化と近代化を経てもカザフ人のジュズ、部族、氏族に対する帰属意識はよく残っている。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州とカザフ · 続きを見る »

カザフスタン

フスタン共和国(カザフスタンきょうわこく、)、通称カザフスタンは、中央アジアの共和制国家である。北をロシア連邦、東に中華人民共和国、南にキルギス、ウズベキスタン、西南をトルクメニスタンとそれぞれ国境を接する内陸国。カスピ海、アラル海に面している。首都はアスタナ、最大都市はアルマトイ。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州とカザフスタン · 続きを見る »

グルジャ県

ルジャ県(グルジャけん)は、中華人民共和国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州に位置する県。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州とグルジャ県 · 続きを見る »

ジュンガル盆地

ュンガル盆地の範囲。 ジュンガル盆地、ジュンガリア(Зүүнгар / Züüngar, جۇڭغار_ئويمانلىقى, 准噶尔盆地)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区の北西部にある盆地を中心とした土地である。面積はおおよそ77万7000平方キロメートル。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州とジュンガル盆地 · 続きを見る »

スキタイ

タイの騎兵 スキタイ(希: Σκύθαι (Skythai), 羅: Scythae)は紀元前8世紀〜紀元前3世紀にかけて、ウクライナを中心に活動していたイラン系遊牧騎馬民族および遊牧国家。スキュタイとも表記する。スキタイの居住地をスキティア(スキュティア)と呼ぶことからスキティア人(スキュティア人)ともいう。「スキタイ」は古代ギリシア人によってこの地域の諸部族をまとめて指す際に使われた呼称でもあり、スキタイが滅んだ後も遊牧騎馬民族の代名詞として「スキタイ」の名は使われ続けた。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州とスキタイ · 続きを見る »

タルバガタイ地区

タルバガタイ地区(-ちく)は中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州に位置する地区。カザフ族など少数民族の人口は38.5万人。「タルバガタイ」はモンゴル語でタルバガン(マーモットの一種)がいる所という意味。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州とタルバガタイ地区 · 続きを見る »

サリム湖

リム湖(賽里木湖、、サイラム湖、サイラム・ノール)は中国の新疆ウイグル自治区、ボルタラ・モンゴル自治州(博爾塔拉蒙古自治州)、ボルタラ市(博楽市)にある湖。カザフスタンとの国境近く、ボロホロ山脈(天山山脈支脈)西部の高地にある。イリ地方の北端部、ジュンガル盆地の西端部の南側に位置する。南北約25km、東西約30km、流出河川は無い。元々は魚はいなかったが1998年以降、高白鮭(コレゴヌス・ペレッド、:en:Coregonus peled)の養殖が行われている。観光開発も行われている。周囲は草原で放牧適地。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州とサリム湖 · 続きを見る »

唐(とう、、618年 - 907年)は、中国の王朝である。李淵が隋を滅ぼして建国した。7世紀の最盛期には、中央アジアの砂漠地帯も支配する大帝国で、中央アジアや、東南アジア、北東アジア諸国、例えば朝鮮半島や渤海、日本などに、政制・文化などの面で多大な影響を与えた世界帝国である。日本の場合は遣唐使などを送り、894年(寛平6年)に菅原道真の意見でその回の遣唐使を中止し、結果としてそれ以降遣唐使は送られず、それまでは積極的な交流をしていた。首都は長安に置かれた。 690年に唐王朝は廃されて武周王朝が建てられたが、705年に武則天が失脚して唐が復活したことにより、この時代も唐の歴史に含めて叙述することが通例である。 日本では唐の滅亡後も唐、唐土の語はそれ以降の王朝、さらには外国全般を漠然と指す語として用いられた。しかし、天竺同様昔の呼称のため、正確に対応するわけではない。詳しくは中国を参照のこと。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と唐 · 続きを見る »

元 (王朝)

元(げん)は、1271年から1368年まで中国とモンゴル高原を中心領域として、東アジア・北アジアの広大な土地を支配した王朝である。正式の国号は大元(だいげん)で、元朝(げんちょう)とも言う。モンゴル人のキヤト・ボルジギン氏が建国した征服王朝で国姓は「奇渥温」である。伝統的な用語上では、「モンゴル帝国が中国に支配後、中華王朝に変化した国」というように認定されたが、視点によって「元は中国では無く、大元ウルスと呼ばれるモンゴル遊牧民の国」と、様々な意見もある。 中国王朝としての元は、唐崩壊(907年)以来の中国統一政権であり、元の北走後は明(1368年 - 1644年)が中国統治を引き継ぐ。しかし、中国歴代征服王朝(遼・金・清など)の中でも元だけが「政治制度・民族運営は中国の伝統体制に同化されなく、モンゴル帝国から受け継がれた遊牧国家の特有性も強く持つ」のような統治法を行った。一方、行政制度や経済運営の面では、南宋の仕組みをほぼ潰して、中華王朝従来の体制を継承してることとは言わない。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と元 (王朝) · 続きを見る »

回族

道を行く回族の男女 清真)に従った食品を出すと書かれている。左上にはモスクの絵がある。 回族の老人 祈りを捧げる人々(寧夏回族自治区) 回族の一家。新年を祝っている(寧夏回族自治区)。 回族(かいぞく、ホウェイ族あるいはフェイ族、、 حواري)は、中国の少数民族の一つで、中国最大のムスリム(イスラム教徒)民族集団である。回族とされる人々は、言語・形質等は漢民族(漢族)と同じだが、イスラム教(イスラーム)を信仰する。中国全土に広く散らばって住んでおり、人口は2000年の時点で約980万人で、中国に住むムスリム人口のおよそ半数を占める。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と回族 · 続きを見る »

国内総生産

国内総生産(こくないそうせいさん、英:Gross Domestic Product、GDP)は、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のことである。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と国内総生産 · 続きを見る »

精河県

精河県(せいがけん)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区ボルタラ・モンゴル自治州に位置する県。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と精河県 · 続きを見る »

(けん)とは、地方のための行政機関の一種。正字の「縣」は釣り下がる意。元は中国の地方行政の名称で官庁を指したが、県の長の管轄する範囲も表すようになった。 現在の日本では地方自治法(昭和22年4月17日法律第67号)施行後、市町村を包括する広域の地方公共団体となり、県の事務所は県庁といい、法人格を持つ。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と県 · 続きを見る »

県級市

級市(けんきゅうし、,, シエンチーシー)は中華人民共和国の行政区画の単位で「県」と同じ区分にある市である。中国においては1980年代以来、工業化の発展と都市化に随い、大多数の「市」が県を廃して置かれた。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と県級市 · 続きを見る »

西突厥

西突厥(にしとっけつ、拼音:Xī Tūjué)は、582年に突厥から分離した西の勢力。これに対し東の勢力を東突厥という。西突厥は中央アジアを支配し、東はアルタイ山脈、南はタリム盆地,トハリスタン、西はカスピ海までをその版図とした。657年、西可汗の阿史那賀魯が唐に捕らえられて以降、西突厥は唐の羈縻政策下に入った。741年頃に西突厥の阿史那氏が滅ぶと、その後は(テュルギシュ)や葛邏禄(カルルク)が実権を握るようになった。西突厥は別に十姓(オン・オク、on-oq、)とも呼ばれた。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と西突厥 · 続きを見る »

霍城県

霍城県(かくじょうけん)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州に位置する県の1つ。ウイグル語名コルガス(Qorghas)を漢字転写して霍爾果斯(簡体字:霍尔果斯)、それを略して霍城と呼ぶ。ホルゴス、ホルガスと仮名表記されることもある。 グルジャ市の西45kmに位置しており、北は天山地方に、南はイリ川に面している。また、西はカザフスタンとの国境である。 漢族、ウイグル族など29民族が暮らす。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と霍城県 · 続きを見る »

阿拉山口口岸

阿拉山口口岸(あらさんこう-こうがん)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区ボルタラ・モンゴル自治州阿拉山口市とカザフスタン・アルマトイ州ドストゥクの間に位置する出入国検査場。 自治州政府所在地のボルタラ市から73キロメートルに位置する。1990年6月27日に対外開放され、1992年8月には中国・カザフスタン 両国政府により第三国旅行者の国境通過が認められた。 現在鉄道、道路による両国物流の中心的な地位を占める出入国検査場である。 Category:新疆ウイグル自治区の交通 Category:新疆ウイグル自治区の建築物 Category:ボルタラ・モンゴル自治州 Category:中国の国境検問所 Category:カザフスタンの国境.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と阿拉山口口岸 · 続きを見る »

阿拉山口市

阿拉山口市(あらさんこう し)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区ボルタラ・モンゴル自治州に位置する県級市。ウイグル語名はアラタウ市。2012年にボルタラ市から分離して設立された。カザフスタンに隣接し、出入国検査場の阿拉山口口岸がある。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と阿拉山口市 · 続きを見る »

阿拉山口駅

阿拉山口駅(あらさんこうえき/中国語:阿拉山口站/ピン音:Ālāshānkǒu zhàn)は、中華人民共和国新疆ウイグル自治区ボルタラ・モンゴル自治州阿拉山口市にある、中国鉄路総公司ウルムチ鉄路局北疆鉄路公司が管轄する駅である。本駅はアラタウ峠に位置し、蘭新線の蘭州駅より2358.376km離れていて、北疆線の終点でありカザフスタンへの出入口である。中国西部で唯一の鉄道による国際運輸の拠点であり、新ユーラシア・ランドブリッジの結節点である。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と阿拉山口駅 · 続きを見る »

自治州 (中国)

自治州(じちしゅう、)は中華人民共和国の行政単位のひとつで、省クラスと県クラスの行政レベルの中間で、少数民族に自治権が付与された地区クラスの行政体である。中国の少数民族の自治行政体としては省クラスの自治区や副省級クラスの副省級自治州、県クラスの自治県、さらに下級の自治郷もある。中国大陸には現在30の自治州がある。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と自治州 (中国) · 続きを見る »

温泉県

温泉県(おんせんけん、アルシャン県)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区ボルタラ・モンゴル自治州に位置する県。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と温泉県 · 続きを見る »

清(しん)は、清朝、大清、清国、大清帝国、清王朝ともいい、1616年に満洲において建国され、1644年から1912年まで中国とモンゴルを支配した最後の統一王朝である。首都は盛京(瀋陽)、後に北京に置かれた。満洲族の愛新覚羅氏(アイシンギョロ氏)が建てた征服王朝で、満洲語で(ラテン文字転写:daicing gurun、カタカナ転写:ダイチン・グルン、漢語訳:大清国)といい、中国語では大清(、カタカナ転写:ダァチン)と号した。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と清 · 続きを見る »

満州里口岸

満州里口岸(まんしゅうり こうがん)は中華人民共和国内モンゴル自治区満州里市とロシア連邦アムール州ザバイカリエ地方ザバイカリスクの間に位置する出入国検査場。 フルンボイル大草原の西部、中露蒙3国の国境地帯(三国国境)に位置し、北はロシア、西はモンゴルと接している。中国とロシア及び旧ソ連各国の国際貨物輸送の要衝であり、取り扱い貨物量は全国第1位となっている。2005年の貨物取り扱い量は1,752万トン、旅客数は延べ181万人である。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と満州里口岸 · 続きを見る »

明(みん、1368年 - 1644年)は、中国の歴代王朝の一つである。明朝あるいは大明とも号した。 朱元璋が元を北へ逐って建国し、滅亡の後には清が明の再建を目指す南明政権を制圧して中国を支配した。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と明 · 続きを見る »

新疆ウイグル自治区

新疆ウイグル自治区(新疆維吾爾自治区)(しんきょうウイグルじちく)(شىنجاڭ ئۇيغۇر ئاپتونوم رايونی / Shinjang Uyghur Aptonom Rayoni)は、中華人民共和国の西端にある自治区である。1955年に設立され、首府はウルムチである。 民族構成はウイグル族のほか、漢族、カザフ族、キルギス族、モンゴル族(本来はオイラト族である)などさまざまな民族が居住する多民族地域であり、自治州、自治県など、様々なレベルの民族自治区画が置かれている。中華民国時代には、1912年から新疆省という行政区分が置かれていた。 本来中国には時差が設定されていないが、新疆では非公式に北京時間(UTC+8)より2時間遅れの新疆時間(UTC+6)が使われている。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と新疆ウイグル自治区 · 続きを見る »

新疆省

新疆省(しんきょうしょう)は、清末から中華人民共和国初期にかけて、現在の新疆ウイグル自治区に設置された行政区画である。清代には現在の新疆ウイグル自治区のアルタイ地区を除く区域を管轄し、民国時代もそれが踏襲されたが、1919年(民国8年)6月にアルタイ地区が編入された。1933年(民国22年)にはモンゴル人民共和国軍により布爾根等が占拠されている。 清朝支配下の新疆は、在地有力者を通した間接支配であったが、1860-70年代に起きたヤクブ・ベクの乱の結果、1884年に中国内地と同様の省制が敷かれ、新疆省が設置された。辛亥革命後は、中華民国の地方行政区分として位置づけられたが、ソ連の強い影響の下、漢民族の官僚による独裁的な体制が維持され、事実上の独立状態となっていた。国共内戦終結後、1949年に中華人民共和国政府の支配下に入り、1955年に新疆ウイグル自治区に改組された。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と新疆省 · 続きを見る »

新疆生産建設兵団

新疆生産建設兵団(しんきょうせいさんけんせつへいだん)は、中華人民共和国西部新疆ウイグル自治区で開墾と辺境防衛を行う準軍事的政府組織。。中規模の都市に駐屯し、駐屯地の行政を行う当局、いわゆる屯田兵である。兵団第一政治委員は中央政治局局員、新疆ウイグル自治区党委書記である張春賢が兼任する。兵団政治委員、司令員は自治区党政副職を兼任し、国務院が任命する(正省級、中央委員)。 中央政府と新疆ウイグル自治区の両者の指揮下にあるものの、兵団の管理下にある地域の行政、司法を自身で行っている。つまり、副省級だが省級の権限を与えられている。総部はウルムチ市。所属する団員の内約88%が漢族で、兵団全体の総人口は258万人あまり。GDPは380.16億元で2005年より12.6%増、1人辺り14,766元となっている。(国家統計局『新疆生産建設兵団2006年国民経済と社会発展統計公報』から).

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と新疆生産建設兵団 · 続きを見る »

1954年

記載なし。

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と1954年 · 続きを見る »

7月13日

7月13日(しちがつじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から194日目(閏年では195日目)にあたり、年末まであと171日ある。誕生花はホテイアオイ、ニチニチソウ。.

新しい!!: ボルタラ・モンゴル自治州と7月13日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

博爾塔拉博爾塔拉蒙古自治州

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »