ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ボリバル・フエルテ

索引 ボリバル・フエルテ

ボリーバル・フエルテ(bolívar fuerte)はベネズエラの通貨である。2008年1月1日よりそれまでのボリーバルに代わって流通が始まった。 .

12 関係: 原油ニコラス・マドゥロベネズエラベネズエラ・ボリバルインフレーション国境通貨通貨の補助単位12月12日1月1日2008年2017年

原油

原油(げんゆ)は油田から採掘したままの状態で、精製されていない石油をいう。 埋蔵状態としては、油田(地下)、オイルシェール(地下の頁岩に含まれる。)、タールサンド、レークアスファルト等がある。 特に2000年代になってタイトオイル (一般にシェールオイルと呼ばれる) を水圧破砕法で取り出す技術がアメリカで開発され、「シェール革命」と言われるほどの産出量になっている。.

新しい!!: ボリバル・フエルテと原油 · 続きを見る »

ニコラス・マドゥロ

ニコラス・マドゥロ・モロス(別表記:マドゥーロ、、1963年11月23日 - )は、ベネズエラの政治家。ウゴ・チャベス政権下の閣僚。2013年4月、チャベス大統領の死去後の大統領選挙を経て第54代大統領に就任した。 元バス運転手で、労働組合の代表などを経て政界入りした。その後、チャベスの下で頭角を現し、2006年8月から外務大臣、2012年10月からは副大統領を務めた。「チャベス側近の中では最も有能な行政官であり政治家だ」とも評される。 2013年3月、チャベスの死後暫定大統領に就任、同年4月14日に予定されている2013年ベネズエラ大統領選挙にチャベス路線の継承を訴えて出馬した。当選後、4月19日に正式に大統領に就任した。任期は2019年1月10日まで。米国などからは「独裁者」と看做されている。.

新しい!!: ボリバル・フエルテとニコラス・マドゥロ · 続きを見る »

ベネズエラ

ベネズエラ・ボリバル共和国国名の由来となった人物は「シモン・ボリバル」、「シモン・ボリーバル」の表記がともに広く用いられているが、国名の表記は「ベネズエラ・ボリバル共和国」がほぼ定着している。ただし、大久保仁奈「」(『外務省調査月報』/No.3、2006年1月15日)のように、「ベネズエラ・ボリーバル共和国」とする例もある。(ベネズエラ・ボリバルきょうわこく、)、通称ベネズエラは、南アメリカ北部に位置する連邦共和制国家である。東にガイアナ、西にコロンビア、南にブラジルと国境を接し、北はカリブ海、大西洋に面する。首都はカラカス。コロンビアと共に北アンデスの国家であるが、自らをカリブ海世界の一員であると捉えることも多い。ベネズエラ海岸の向こうには、オランダ王国のABC諸島(クラサオなど)、トリニダード・トバゴといったカリブ海諸国が存在する。ガイアナとは、現在ガイアナ領のグアヤナ・エセキバを巡って、19世紀から領土問題を抱えている。 南アメリカ大陸でも指折りの自然の宝庫として知られている。また原油埋蔵量は2977億バレルと世界一であり、1980年代までは南米でも屈指の裕福な国であったが、原油価格の下落や政府の失策などにより経済状況が悪化、現在は多くの国民が貧困にあえいでおり、更に2010年代に入ってからはハイパーインフレーションが慢性化し、市民生活が混乱に陥る危機的状況となっている。世界幸福度報告では2015年には23位、2016年の44位と比較的上位に位置していたが、2017年には82位と順位を低下させている。.

新しい!!: ボリバル・フエルテとベネズエラ · 続きを見る »

ベネズエラ・ボリバル

ベネズエラ・ボリバルは、かつてベネズエラで使われていた通貨。2008年1月1日付で1/1000デノミネーションを行い、通貨単位の呼称はボリバル(コード:VEB、現地略号:Bs.)からボリバル・フエルテ(コード:VEF、現地略号:Bs.F)に移行した。また、合わせて1/100の補助通貨単位céntimo(センティモ)が導入された。 Category:流通していない通貨 ほりはる es:Bolívar venezolano fr:Bolívar (monnaie) no:Bolívar (valuta) pl:Bolivar (waluta) ru:Боливар (валюта) tr:Venezuela Bolivarı.

新しい!!: ボリバル・フエルテとベネズエラ・ボリバル · 続きを見る »

インフレーション

インフレーション(inflation)とは、経済学においてモノやサービスの全体の価格レベル、すなわち物価が、ある期間において持続的に上昇する経済現象である。日本語の略称はインフレ。日本語では「通貨膨張」とも訳す。 反対に物価の持続的な下落をデフレーションという。.

新しい!!: ボリバル・フエルテとインフレーション · 続きを見る »

国境

国境.

新しい!!: ボリバル・フエルテと国境 · 続きを見る »

通貨

通貨(つうか、currency)とは、流通貨幣の略称で、国家もしくは、その地の統治主体によって価値が保証された、決済のための価値交換媒体。 政府は租税の算定にあたって通貨を利用する。 モノやサービスとの交換に用いられる「お金(おかね)」を、経済用語では貨幣、または通貨と呼ぶ。通貨は、現金通貨と預金通貨に大別され、前者は紙幣・硬貨(補助紙幣)であり、後者は普通預金・当座預金などの決済口座である。.

新しい!!: ボリバル・フエルテと通貨 · 続きを見る »

通貨の補助単位

通貨の補助単位(つうかのほじょたんい)とは、各国の通貨の取引において、1通貨単位未満の金額や、多額の金額を、簡単な数字で表すために使われる単位である。現在ではそのほとんどが1通貨単位の100分の1である。硬貨により流通することが多いが、補助単位の価値が日常取り引きされる金額の最小単位より小さい場合には、この補助単位は用いられないこともある。 例えば、日本円の補助単位は銭であるが、現在、1銭硬貨や10銭硬貨などは流通していない。これは1953年に小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律によって1953年12月31日を最後に1円未満の通貨の通用は廃止したためである。ただし、現在においても為替や日経平均株価の表示には銭が使われているため、ニュース等ではなじみのある単位となっている。.

新しい!!: ボリバル・フエルテと通貨の補助単位 · 続きを見る »

12月12日

12月12日(じゅうにがつじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から346日目(閏年では347日目)にあたり、年末まであと19日ある。.

新しい!!: ボリバル・フエルテと12月12日 · 続きを見る »

1月1日

1月1日(いちがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から1日目に当たり、年末まであと364日(閏年では365日)ある。誕生花は松(黒松)、または福寿草。 キリスト教においては生後8日目のイエス・キリストが割礼と命名を受けた日として伝えられる。.

新しい!!: ボリバル・フエルテと1月1日 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: ボリバル・フエルテと2008年 · 続きを見る »

2017年

この項目では国際的な視点に基づいた2017年について記載する。.

新しい!!: ボリバル・フエルテと2017年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ベネズエラの通貨

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »