ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争

索引 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争

ミハイル・エフスタフィエフ撮影) ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争(ボスニア・ヘルツェゴビナふんそう、Bosnian War)は、ユーゴスラビアから独立したボスニア・ヘルツェゴビナで1992年から1995年まで続いた内戦。単にボスニア紛争とも呼ばれる。.

103 関係: たたえられよ、サラエヴォあなたになら言える秘密のことある愛へと続く旅大クロアチア大セルビア大量虐殺妊娠中絶安全地帯強姦北大西洋条約機構ノルウェー軍ノー・マンズ・ランドマテ・ボバンマイケル・トーマスマイケル・ウィンターボトムネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!ハンティング・パーティムジャーヒディーンモスタルヤスミラ・ジュバニッチユリシーズの瞳ユーゴスラビアユーゴスラビア紛争ヨーロッパラトコ・ムラディッチラドヴァン・カラジッチライト・パターソン空軍基地ロミオとジュリエットボシュニャク人ボスニアボスニア・ヘルツェゴビナボスニア・ヘルツェゴビナ共和国軍ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦トゥルース 闇の告発ヘルツェグ=ボスナ・クロアチア人共和国パリビル・クリントンテオ・アンゲロプロスデイトン (オハイオ州)デイトン合意フランスフラニョ・トゥジマンフォーエヴァー・モーツアルトダニス・タノヴィッチ嵐作戦アメリカ合衆国アメリカ合衆国大統領アリヤ・イゼトベゴヴィッチアワーミュージックアンジェリーナ・ジョリー...イギリスイザベル・コイシェウェルカム・トゥ・サラエボエネミー・ラインクロアチアクロアチア人クロアチア紛争クロアチア防衛軍ゴラジュデジミー・カータージャン=リュック・ゴダールジョン・ムーア (映画監督)ジェノサイドジェパスルプスカ共和国スルプスカ共和国軍スレブレニツァスレブレニツァの虐殺スロボダン・ミロシェヴィッチセルビア人セルジオ・カステリットセイヴィアサラエヴォサラエボの花内戦国際司法裁判所国際連合国際連合平和維持活動国際連合保護軍第二次世界大戦高木徹難民NATOによるボスニア・ヘルツェゴビナ空爆 (1995年)U.N.エージェント欧州共同体民族浄化最愛の大地旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷拷問10月13日12月14日1991年1992年1995年1月1日2月29日3月1日4月10日4月1日4月6日7月11日7月12日7月6日 インデックスを展開 (53 もっと) »

たたえられよ、サラエヴォ

『たたえられよ、サラエヴォ』(こんにちはサラエヴォとも、仏語原題Je vous salue, Sarajevo)は、ジャン=リュック・ゴダール監督による1993年製作の短篇ビデオ映画である。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とたたえられよ、サラエヴォ · 続きを見る »

あなたになら言える秘密のこと

『あなたになら言える秘密のこと』(The Secret Life of Words)、は2005年制作のスペイン映画。スペインで制作されたが、全編英語である。原題は「言葉に秘められしもの」という意味で、日本人が一般的に考えるLifeとは用いられ方が異なる。基本的にはラブストーリーであるが、ハンナの告白内容は賛否の分かれるところであり、幼い子供や家族と一緒に鑑賞する際は注意する必要がある。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とあなたになら言える秘密のこと · 続きを見る »

ある愛へと続く旅

『ある愛へと続く旅』(あるあいへとつづくたび、Venuto al mondo)は2012年のイタリア・スペイン合作のドラマ映画。 マルガレート・マッツァンティーニのベストセラー小説『Venuto al mondo』を夫であるセルジオ・カステリット監督が映画化した作品である。マッツァンティーニの小説をカステリットが監督して映画化した作品としては本作と同じくペネロペ・クルスを主演に起用した『赤いアモーレ』(2004年)がある。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とある愛へと続く旅 · 続きを見る »

大クロアチア

20世紀末のユーゴスラビア紛争の頃に大クロアチアと考えられていた地域。現在のクロアチア領以外ではボスニア・ヘルツェゴビナ全土と、セルビア、モンテネグロ、ヴォイヴォディナ自治州の一部にまで及ぶ 大クロアチア(クロアチア語:Velika Hrvatska)は、クロアチアの民族主義の潮流のひとつで、クロアチア人による民族統一主義である大クロアチア主義が自国領とみなす領域である。 大クロアチア主義は20世紀の大半を通じてクロアチアの民族主義の根底となってきた考え方であり、特にユーゴスラビア王国時代、第二次世界大戦時、そしてクロアチア紛争時に盛んになった。現在ではクロアチア純粋権利党(en)がこの主張を支持している。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と大クロアチア · 続きを見る »

大セルビア

ルビア急進党のヴォイスラヴ・シェシェリによって示された大セルビアの範囲http://www.un.org/icty/cases-e/ciガラシャニンs/seselj/cis-seselj.pdf Šešelj ICTY Case information sheetその範囲はスロベニアとクロアチア北部を除いた、かつてのユーゴスラビア社会主義連邦共和国の領土の全域に及ぶ。 大セルビア(だいセルビア、セルビア語:Велика Србија / Velika Srbija)はセルビアの民族主義者の間にみられる民族統一主義の概念である。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と大セルビア · 続きを見る »

大量虐殺

大量虐殺(たいりょうぎゃくさつ、英: genocide)とは、人間を意図的に大量に虐殺すること。「虐殺」は国際法で規定されているが、一般報道ではきわめて曖昧に使われている。 一般的に、1つの人種・民族・国家・宗教などの構成員に対する計画的大量虐殺等の行為は、ジェノサイドと言い、その一部はジェノサイド条約において集団殺害罪(国際法違反)として規定されている。 日本トラウマティック・ストレス学会「」2007年12月19日。そのストレスのためにその大量虐殺がなかったことにしようという心理が働いたり、不合理な理屈で納得しようとしたりすることがある。たとえば、.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と大量虐殺 · 続きを見る »

妊娠中絶

妊娠中絶(にんしんちゅうぜつ、abortion)は、妊娠が終結し、胎児が死亡したことを言う。流産・死産を総括する概念。日本においては、妊娠中絶の時期により「流産」と「死産」の二つの用語で表記することが正式とされている。 日本において、単に「中絶」や「妊娠中絶」と言うと世間一般では人工妊娠中絶のことを指すことが多く、性交後に対応する緊急避妊のことを中絶と呼ぶ場合もあるが、医学上は自然妊娠中絶(一般的な意味での流産)の場合も含まれる。各項目の記述を参照。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と妊娠中絶 · 続きを見る »

安全地帯

安全地帯(あんぜんちたい).

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と安全地帯 · 続きを見る »

強姦

強姦(ごうかん)とは、一般に相手の意志に反し、暴力や脅迫、相手の心神喪失などに乗じ強要し人に対し性行為を行うこと。強かん日本の報道などでは、当用漢字による漢字制限で「強かん」と表記されることもあるが、近年はそのまま「強姦」と表記するようになってきている(『NEWS23X』などでは「強姦」の字を採用している。)。、性的暴行(せいてきぼうこう)とも表記される。 典型的には男性が強制的に女性を犯す事であるが、「強制」の定義や行為の具体的態様については時代的、国際的にも差異がある。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と強姦 · 続きを見る »

北大西洋条約機構

北大西洋条約機構(きたたいせいようじょうやくきこう)は、北大西洋条約に基づき、アメリカ合衆国を中心とした北アメリカ(=アメリカとカナダ)およびヨーロッパ諸国によって結成された軍事同盟である。前身はブリュッセル条約 (1948年)。 略称は頭字語が用いられ、英語圏では、North Atlantic Treaty Organization を略した NATO(ネイトー)と呼ばれ、日本やドイツ語圏では NATO(ナトー)、フランス語圏・スペイン語圏・ポルトガル語圏等では OTAN(オタン)と呼ばれる。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と北大西洋条約機構 · 続きを見る »

ノルウェー軍

ノルウェー軍(ノルウェーぐん、ブークモール:Forsvaret)は、ノルウェー王国の軍事組織。2009年時点で総員約19,100人、予備役とそれに相当する郷土防衛隊員を合わせて約45,200人。 国王を最高司令官とするも、実際には国防大臣の下で国防省を通じて文民統制を受ける。国防省傘下の陸海空の三軍の他に、予備役的組織として第四の軍種として運用されるノルウェー郷土防衛隊がある。 ノルウェーは第二次世界大戦時にドイツに占領された経験から、戦後は北大西洋条約機構に加盟し、郷土防衛隊を組織し、徴兵制を敷くなど国防力整備に力を注いでいる。冷戦終結後、軍の縮小および領域防衛中心から国外派遣中心への組織変更を進めている。 前述の通り徴兵制が敷かれており、19歳から44歳までの男女が対象となる。2015年から、女子にも兵役義務が課せられた。兵役期間は12~15ヵ月ほどで、良心的兵役拒否が合法とされており、代替役務として社会奉仕活動を選択することが可能である。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とノルウェー軍 · 続きを見る »

ノー・マンズ・ランド

『ノー・マンズ・ランド』(原題 Ničija zemlja、英語タイトル No Man’s Land)は、ボスニア紛争(1992年 - 1995年)を題材にした反戦映画。2001年公開。 俳優は広くヨーロッパから選ばれている。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とノー・マンズ・ランド · 続きを見る »

マテ・ボバン

マテ・ボバン(1940年 - 1997年7月7日)は、ヘルツェゴビナのクロアチア人政治家であり、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中に、ボスニア・ヘルツェゴビナ領内で一方的に建国され、国際的に承認されることのなかった国家「ヘルツェグ=ボスナ・クロアチア人共和国」の指導者であった。ボバンは、1991年から1994年にかけてのヘルツェグ=ボスナ・クロアチア人共和国の短い歴史の中で、唯一の大統領であった。ボバンは反ボシュニャク人の立場に立ち、クロアチア本国では同国政府とセルビア人によるクライナ・セルビア人共和国が内戦を繰り広げている中、ボスニア・ヘルツェゴビナではヘルツェグ=ボスナのクロアチア人勢力はセルビア人勢力と良好な関係を作り上げていた。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とマテ・ボバン · 続きを見る »

マイケル・トーマス

マイケル・トーマス(Michael Thomas).

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とマイケル・トーマス · 続きを見る »

マイケル・ウィンターボトム

マイケル・ウィンターボトム(Michael Winterbottom, 1961年3月29日 - )は、イングランド・ブラックバーン出身の映画監督・脚本家である。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とマイケル・ウィンターボトム · 続きを見る »

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!

『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』(ネイビーシールズ ナチスのきんかいをだっかんせよ!、原題:Renegades)は、2017年制作のフランス・ドイツのアクション映画。リュック・ベッソン製作・脚本。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ! · 続きを見る »

ハンティング・パーティ

『ハンティング・パーティ』(原題:The Hunting Party)は、2007年のアメリカ映画。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の戦争犯罪人を追うアメリカ人ジャーナリストをコミカルに描いたサスペンス・アクション。 ソフト化した際に『ハンティング・パーティ -CIAの陰謀-』というサブタイトルが追加された。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とハンティング・パーティ · 続きを見る »

ムジャーヒディーン

ムジャーヒディーン()は、アラビア語で「ジハードを遂行する者」を意味するムジャーヒド()の複数形。一般的には、イスラム教の大義にのっとったジハードに参加する戦士たちのことを指す。はイスラム教による連携した民兵を指すことが多い。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とムジャーヒディーン · 続きを見る »

モスタル

モスタル(Mostar、Mostar、Мостар) は、ボスニア・ヘルツェゴビナの都市およびそれを中心とした基礎自治体で同国を構成する構成体のうちボスニア・ヘルツェゴビナ連邦に属する。また、ヘルツェゴビナ・ネレトヴァ県の県都 Mostar でヘルツェゴビナ地方 では最大の中心都市である。ボスニア・ヘルツェゴビナでは5番目に大きな都市で、市内をネレトヴァ川が流れている。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争期には事実上独立したヘルツェグ=ボスナ・クロアチア人共和国の首都と定められていた。ただし政治情勢によって、事実上の首都はモスタル近郊のグルデであった。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とモスタル · 続きを見る »

ヤスミラ・ジュバニッチ

ヤスミラ・ジュバニッチ(Jasmila Žbanić, 1974年12月19日 - )は、ボスニアの映画監督、脚本家。2006年、監督および脚本をつとめた『サラエボの花』は、ベルリン国際映画祭で最高賞の金熊賞のほか、エキュメニカル審査員賞、平和映画賞を受賞した。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とヤスミラ・ジュバニッチ · 続きを見る »

ユリシーズの瞳

『ユリシーズの瞳』(ユリシーズのひとみ、原題:, To Vlemma tou Odyssea / Ulysses' Gaze)は、1995年制作のギリシャ、フランス、イタリアの映画。 「オデュッセイア」をモチーフに、ギリシャ最古の映画フィルムを行方を探し求め、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で動乱のバルカン半島を彷徨する映画監督の旅を描いた壮大な叙事詩映画。テオ・アンゲロプロス監督の『シテール島への船出』、『こうのとり、たちずさんで』に続く「国境三部作」の第3作目。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とユリシーズの瞳 · 続きを見る »

ユーゴスラビア

ユーゴスラビアは、かつて南東ヨーロッパのバルカン半島地域に存在した、南スラブ人を主体に合同して成立した国家の枠組みである。 国名として「ユーゴスラビア」を名乗っていたのは1929年から2003年までの期間であるが、実質的な枠組みとしては1918年に建国されたセルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国に始まり、2006年に解体されたセルビア・モンテネグロまでを系譜とする。また、その間に国名や国家体制、国土の領域についてはいくつかの変遷が存在する。(詳細は#国名の項目を参照)。 なお、ユーゴスラビアの名は解体後の現在においても政治的事情により、構成国のひとつであったマケドニア共和国の国際連合等における公式呼称である「マケドニア旧ユーゴスラビア共和国」として残存している。 その国際的位置から『七つの国境、六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つの文字、一つの国家』と形容される。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とユーゴスラビア · 続きを見る »

ユーゴスラビア紛争

ユーゴスラビア紛争(ユーゴスラビアふんそう)は、ユーゴスラビア連邦解体の過程で起こった内戦である。1991年から1999年(あるいは2001年)まで主要な紛争が継続した。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とユーゴスラビア紛争 · 続きを見る »

ヨーロッパ

ヨーロッパ日本語の「ヨーロッパ」の直接の原語は、『広辞苑』第5版「ヨーロッパ」によるとポルトガル語・オランダ語、『デジタル大辞泉』goo辞書版「」によるとポルトガル語。(、)又は欧州は、地球上の七つの大州の一つ。漢字表記は欧羅巴。 地理的には、ユーラシア大陸北西の半島部を包括し、ウラル山脈およびコーカサス山脈の分水嶺とウラル川・カスピ海・黒海、そして黒海とエーゲ海を繋ぐボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡が、アジアと区分される東の境界となる増田 (1967)、pp.38–39、Ⅲ.地理的にみたヨーロッパの構造 ヨーロッパの地理的範囲 "Europe" (pp. 68-9); "Asia" (pp. 90-1): "A commonly accepted division between Asia and Europe...

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とヨーロッパ · 続きを見る »

ラトコ・ムラディッチ

ラトコ・ムラディッチ(セルビア語:Ратко Младић / Ratko Mladić、IPA: 、1942年3月12日 - )は、ユーゴスラビア、およびスルプスカ共和国の軍人。ボスニア・ヘルツェゴビナがユーゴスラビアから独立した際、ボスニア・ヘルツェゴビナから一方的に分離を宣言したセルビア人共和国(スルプスカ共和国)の参謀総長となった。ムラディッチはボスニア・ヘルツェゴビナ紛争が続いた1992年から1995年までスルプスカ共和国軍(セルビア語: Vojska Republike Srpske、以下VRS)の参謀総長であった人物である。 ムラディッチは1992年から1995年にかけて行われたサラエヴォに対する包囲攻撃(サラエヴォ包囲)と、1995年7月11日にスレブレニツァで8000人以上のボシュニャク人が殺害されたスレブレニツァの虐殺に関連し、ジェノサイド、戦争犯罪、人道に対する罪などの容疑でハーグの旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(以下ICTY)から起訴されている。 ムラディッチに対しては、ICTYのRule61に基づいて国際令状が出されている。アメリカ合衆国はムラディッチとラドヴァン・カラジッチの逮捕に500万ドルの懸賞をかけている。セルビア政府は2007年10月11日に、ムラディッチの逮捕に繋がる情報に対して100万ユーロの懸賞を掛けると発表した。カラジッチは2008年7月に逮捕され、ハーグに送られたものの、ムラディッチの所在についてはその後も不明であった。2011年5月26日に、ムラディッチの逮捕がセルビアのボリス・タディッチ大統領により発表された。 2011年5月31日、旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷のあるオランダのハーグに移送され、2017年11月に終身刑を言い渡された。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とラトコ・ムラディッチ · 続きを見る »

ラドヴァン・カラジッチ

ラドヴァン・カラジッチ(Radovan Karadžić, セルビア語キリル文字: Радован Караџић, 1945年6月19日 - )はボスニアのセルビア系元政治家、詩人、精神科医であり、戦犯として旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(以下ICTY)から指名手配され、逮捕された。カラジッチに対しては、ジェノサイドに関与したと考えられる正当な理由があるとして、ICTYのRule61に基づいて国際令状が出されている。アメリカ合衆国はカラジッチとラトコ・ムラディッチの逮捕に500万ドルの懸賞をかけている。ラドバン・カラジッチと表記されることもある。 2008年7月21日、セルビアのボリス・タディッチ大統領は、カラジッチを拘束したとの声明を発表した。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とラドヴァン・カラジッチ · 続きを見る »

ライト・パターソン空軍基地

ライト・パターソン空軍基地(ライト・パターソンくうぐんきち、Wright-Patterson Air Force Base)はアメリカ合衆国オハイオ州に位置するアメリカ空軍の基地である。基地の名はライト兄弟(現在は基地の敷地であるハフマンプレーリー内で飛行活動を行った)とフランク・スチュアート・パターソン(NCRの共同創設者の親族であり、1918年に航空機事故で死亡した)にちなんで名付けられた。 ライト・パターソン空軍基地には米空軍資材コマンド(空軍直属部隊のひとつ)の本部がある。通称「Wright-Patt」と呼ばれるこの基地には、米空軍医療センター(病院)、空軍工科大学、国立アメリカ空軍博物館が位置している。 空軍予備役軍団に所属する第445空輸航空団の本部でもあり、航空機動軍団所属のC-5 ギャラクシー重輸送機も離着陸する。さらには航空システムセンター及び空軍研究所の本部も所在する。 2000年の国勢調査において、基地全体が一つの国勢調査指定地域であった。これにはモンゴメリー郡リバーサイドの一部も含まれる。その調査では6,656人の居住者を数えた。2005年9月30日現在の基地内の恒久的な就労者人口は5,517人の軍人と8,102人の民間人を数えた。 ライト・パターソン空軍基地では年に一度、空軍記念日(9月18日)に最も近い土曜日にアメリカ空軍マラソンが催される。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とライト・パターソン空軍基地 · 続きを見る »

ロミオとジュリエット

フォード・マドックス・ブラウンによる絵画「ロミオとジュリエット 『ロミオとジュリエット』(または『ロメオとジュリエット』、Romeo and Juliet )は、イングランドの劇作家ウィリアム・シェイクスピアによる戯曲。初演年度については諸説あるが、おおむね1595年前後と言われている。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とロミオとジュリエット · 続きを見る »

ボシュニャク人

ボシュニャク人(男性単数: Bošnjak/Бошњак 、女性単数: Bošnjakinja/Бошњакиња、男性複数: Bošnjaci/Бошњаци)は、15世紀から19世紀にかけてオスマン帝国支配下で、イスラム教に改宗した南スラブ人の末裔である。民族の言語はボスニア語だがセルビア・クロアチア諸語で、言語的にはクロアチア人、セルビア人と大きな差はない。かつてのユーゴスラビア社会主義連邦共和国ではムスリム人(モスレム人)と呼ばれた。日本語表記としては他にボシュニャック人、ボスニャク人、ボスニアク人、ボスニアック人などの表記が存在する。ボシュニャク人という名前はバルカン西部にあるボスニアの名前に由来している。ボシュニャク人はボスニア・ヘルツェゴビナを彼らの民族的故地と考えている。 バルカン諸国の全てのムスリムがボシュニャク人というわけではなく、他にもポマク人のようなブルガリア人ムスリムの民族や、アルバニア人、トルコ人、ロマのような非スラブ系ムスリムも存在する。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とボシュニャク人 · 続きを見る »

ボスニア

ボスニア (''Bosnia'') とヘルツェゴビナ (''Herzegovina'') の大まかな地域範囲図 ボスニア (Bosnia) は、.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とボスニア · 続きを見る »

ボスニア・ヘルツェゴビナ

1992年-1998年の国旗 1992年-1998年の国章 ボスニア・ヘルツェゴビナは、東ヨーロッパのバルカン半島北西部に位置する共和制国家。首都はサラエボで、ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦とスルプスカ共和国のふたつの構成体からなる連邦国家でもある。 ほぼ三角形の国土を持ち、国境のうち北側と南西側2辺でクロアチア、東側1辺でセルビア、モンテネグロと接する。ユーゴスラビアからの独立時、独立の可否や国のあり方をめぐってボシュニャク人、クロアチア人、セルビア人がそれぞれ民族ごとに分かれてボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で戦った。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とボスニア・ヘルツェゴビナ · 続きを見る »

ボスニア・ヘルツェゴビナ共和国軍

ボスニア・ヘルツェゴビナ共和国軍(ボスニア・ヘルツェゴビナきょうわこくぐん、ボスニア語・クロアチア語・セルビア語:Armija Republike Bosne i Hercegovine; ARBiH)は、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争勃発後の1992年に創設されたボスニア・ヘルツェゴビナの国軍。1995年のデイトン合意による紛争終結後は、ARBiHはボスニア・ヘルツェゴビナ連邦軍に再編された。2005年、スルプスカ共和国軍(VRS)とボスニア・ヘルツェゴビナ連邦軍は統合され、ボスニア・ヘルツェゴビナ軍となった。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とボスニア・ヘルツェゴビナ共和国軍 · 続きを見る »

ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦

Coat of arms of the Federation of Bosnia and Herzegovina(1996年 - 2007年) ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦(ボスニア・ヘルツェゴビナれんぽう)は、連邦国家であるボスニア・ヘルツェゴビナの構成体の1つ。ボスニア・ヘルツェゴビナの主要3民族のうち、ボシュニャク人とクロアチア人を主体とする共和国で、独自の大統領、政府、立法府を持つ。ボスニア・ヘルツェゴビナの全面積の51%を占める。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とボスニア・ヘルツェゴビナ連邦 · 続きを見る »

トゥルース 闇の告発

『トゥルース 闇の告発』(The Whistleblower)は、2010年にトロント国際映画祭にて初上映されたカナダ・ドイツ合作映画。日本では劇場未公開。 1999年にボスニアに国連平和維持軍として派遣されたアメリカ人婦人警官、キャサリン・ボルコバック(:en:Kathryn Bolkovac)の実体験を元にしている。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とトゥルース 闇の告発 · 続きを見る »

ヘルツェグ=ボスナ・クロアチア人共和国

ヘルツェグ=ボスナ・クロアチア人共和国(ヘルツェグ=ボスナ・クロアチアじんきょうわこく、クロアチア語:Hrvatska Republika Herceg-Bosna)は、1990年代の前半にボスニア・ヘルツェゴビナの中で分離を宣言し、事実上独立していた国家。ボスニア紛争における分離主義の動きの中で、国際的承認のないまま1991年から1994年まで存続した。モスタルを首都と定めたものの、そこは政治情勢が安定しなかったため、実際の政府はモスタルから西に19km離れていて政治的に安定していたグルデに置かれた。その後のワシントン合意によってボスニア・ヘルツェゴビナ連邦へと併合された。 ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦の県のひとつである第十県はこの国と同じ「ヘルツェグ=ボスナ県」を名乗っている。しかしながら、この名前は連邦憲法裁判所により憲法違反とされた(理由のひとつとして、第十県の領域はヘルツェゴヴィナ地方にはまったく及んでいないことが挙げられる)。それでもなおヘルツェグ=ボスナの呼称はこの県をさして広く用いられている。 なお、本項では、ボスニア・ヘルツェゴビナにおいて「ムスリム人」が「ボシュニャク人」と言い換えられる前の歴史的な記述についても、断り無く「ボシュニャク人」の呼称を使用する。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とヘルツェグ=ボスナ・クロアチア人共和国 · 続きを見る »

パリ

ランドサット パリの行政区 パリ(Paris、巴里)は、フランス北部、イル=ド=フランス地域圏にある都市。フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。 フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とパリ · 続きを見る »

ビル・クリントン

ウィリアム・ジェファーソン・"ビル"・クリントン(William Jefferson "Bill" Clinton, 1946年8月19日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。アーカンソー州司法長官、アーカンソー州知事、第42代アメリカ合衆国大統領を歴任。愛称はババ(Bubba, 南部英語で「兄弟」)。身長185cm。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とビル・クリントン · 続きを見る »

テオ・アンゲロプロス

テオ・アンゲロプロス(Theo Angelopoulos)ことテオドロス・アンゲロプロス(ギリシャ語:Θόδωρος Αγγελόπουλος、Theodoros Angelopoulos、1935年4月27日 - 2012年1月24日)は、ギリシャ・アテネ出身の映画監督。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とテオ・アンゲロプロス · 続きを見る »

デイトン (オハイオ州)

デイトン (Dayton) は、アメリカ合衆国オハイオ州西部に位置する都市。マイアミバレーと呼ばれる地域の中心都市で、同州モンゴメリー郡の郡庁所在地である。人口は141,527人(2010年国勢調査).

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とデイトン (オハイオ州) · 続きを見る »

デイトン合意

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ和平一般枠組み合意(ボスニア・ヘルツェゴヴィナわへいいっぱんわくぐみごうい、ボスニア語・セルビア語・クロアチア語:Opći okvirni sporazum za mir u Bosni i Hercegovini / Општи оквирни споразум за мир у Босни и Херцеговини、英語:General Framework Agreement for Peace in Bosnia and Herzegovina)、またはデイトン合意(デイトンごうい、ボスニア語・セルビア語・クロアチア語:Daytonski sporazum / Дејтонски споразум、英語:Dayton Agreement)とは、1995年11月にアメリカ合衆国オハイオ州デイトン市近郊のライト・パターソン空軍基地においてまとまり、同年12月14日にパリで署名された和平合意。デイトン・パリ合意などともいう。この合意によりユーゴスラヴィア紛争の1つである、3年半にわたったボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争は終結した。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とデイトン合意 · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とフランス · 続きを見る »

フラニョ・トゥジマン

フラニョ・トゥジマン(Franjo Tuđman, 1922年5月14日 - 1999年12月10日)はクロアチアの政治家。初代クロアチア共和国大統領。姓はツジマンとも表記されることもある。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とフラニョ・トゥジマン · 続きを見る »

フォーエヴァー・モーツアルト

『フォーエヴァー・モーツアルト』(For Ever Mozart)は、1996年(平成8年)公開のジャン=リュック・ゴダール監督による、フランス・スイス・ドイツ合作映画である。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とフォーエヴァー・モーツアルト · 続きを見る »

ダニス・タノヴィッチ

ダニス・タノヴィッチ(Danis Tanović, 1969年2月20日 - )はユーゴスラビア(現在はボスニア・ヘルツェゴビナ)出身の映画監督・脚本家である。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とダニス・タノヴィッチ · 続きを見る »

嵐作戦

嵐作戦(あらしさくせん、クロアチア語・ボスニア語・セルビア語:Operacija Oluja / Операција Олуја)は、クロアチア共和国軍を主体とし、ボスニア・ヘルツェゴビナ共和国軍の協力の下、クロアチア領内で事実上独立状態にあったクライナ・セルビア人共和国を奪還するための全面的軍事作戦のコードネームである。クライナ・セルビア人共和国は1991年以降、セルビア人の分離主義者によって事実上の独立国として統治され、クロアチアの支配権が及んでいなかった 作戦は36時間続き、第二次世界大戦後のヨーロッパでは最大の陸上進攻作戦と記された。作戦は、1995年8月4日の未明に始まり、4日後にはクロアチア軍による完全勝利に終わった。 クロアチア軍はアメリカ合衆国に拠点を置く民間軍事会社ミリタリー・プロフェッショナル・リソーシズ(Military Professional Resources Incorporated; MPRI)によって訓練を受けていた。この契約はアメリカ合衆国政府によって是認されていた。 当時のアメリカ合衆国大統領ビル・クリントンは回想録のなかで、地上での大規模な損失を与えることのみによってセルビア人を交渉の席に着けることが出来ると確信していたと述べている。後に交渉はデイトン合意としてまとまり、クロアチア紛争およびボスニア・ヘルツェゴビナ紛争を終結させた。 当時のアメリカ合衆国の和平交渉者リチャード・ホルブルック(Richard Holbrooke)は、「クロアチアのクライナに対する攻勢によっていかに劇的にバルカンの戦況を変化させ、それによって外交攻勢も変化したかを思い知った」と話した。退役した将軍でアメリカ統合参謀本部戦略計画・政策部の長官、後のNATO欧州連合軍最高司令部のは、簡潔に「転換点」であったと述べている。 スレブレニツァの虐殺後、ボスニア・ヘルツェゴビナのビハチでも同様の大量虐殺の発生が懸念されていた。ビハチは、スレブレニツァの4倍の規模があり、、クロアチア領のクライナ・セルビア人共和国やボスニア・ヘルツェゴビナ領のスルプスカ共和国といったセルビア人勢力に包囲され、攻撃を受けていた。 およそ15万人から20万人のセルビア人が、迫り来るクロアチア軍から逃れ、ボスニア・ヘルツェゴビナのセルビア人勢力支配地域や、さらに東にあるセルビアまで脱出した。欧州連合の旧ユーゴスラビア担当特使カール・ビルトは、1995年8月7日、「これまでバルカン見た中で最も効果を発揮した民族浄化」と呼んだ。これに対してクロアチア共和国の外相は、ビルトによる評価は「根拠がない」と答えた。ドイツの外相クラウス・キンケル(Klaus Kinkel)は、「遺憾」を表明する声明を発したが、同時に「セルビア人勢力による攻撃の年月を忘れてはならない。それはクロアチアの忍耐力に対する過酷な挑戦であった。」と付け加えた。アメリカ合衆国政府は自制を呼びかけたものの、軍事行動が「クライナ・セルビア人勢力によるムスリム人の飛び地ビハチへの攻撃によって引き起こされたもの」であったとした。軍事攻勢はボスニア・ヘルツェゴビナ領内に入ってからはミストラル作戦として続けられた。 クロアチア人の3人の将軍、アンテ・ゴトヴィナ、イヴァン・チェルマク(Ivan Čermak)、ムラデン・マルカチュ(Mladen Markač)は嵐作戦の計画と実施に関与したとして、旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(ICTY)によって訴追を受け、オランダのデン・ハーグにて裁判が進められている。3人に対する嫌疑は、実力をもってクライナ地域に住むセルビア人住民を不可逆的に排除することを目的とした共同犯罪活動、および人道に対する罪である。 クロアチア政府は、主権国家が自国の領土の支配権を守る権利に基づき、作戦を正当化している。クロアチア政府はまた、「戦争犯罪」に加担していないクロアチア領のセルビア人は、クロアチア領に帰還できると強調している。 クロアチアでは、8月5日は「勝利と祖国への感謝の日」として国民の祝日となっている。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と嵐作戦 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ合衆国大統領

アメリカ合衆国大統領(アメリカがっしゅうこくだいとうりょう、, 略:"POTUS")は、アメリカ合衆国の国家元首であり行政府の長である。現職は2017年1月20日より第45代ドナルド・トランプが在任。 アメリカ合衆国大統領選挙(以下「大統領選挙」)によって選出される。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とアメリカ合衆国大統領 · 続きを見る »

アリヤ・イゼトベゴヴィッチ

アリヤ・イゼトベゴヴィッチ(ボスニア語:Alija Izetbegović、1925年8月8日 – 2003年10月19日)は、ボシュニャク人活動家で、弁護士、作家、哲学者、政治家であり、1990年にボスニア・ヘルツェゴビナの初代大統領となった。イゼトベゴヴィッチは1996年まで大統領職を務め、その後ボスニア・ヘルツェゴビナ大統領評議会の一員となり、2000年までその地位にあった。イゼトベゴヴィッチはまた、多くの著書を残しており、特に『イスラム宣言』(The Islamic Declaration)などが知られる。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とアリヤ・イゼトベゴヴィッチ · 続きを見る »

アワーミュージック

『アワーミュージック』(仏語:Notre musique、「私たちの音楽」の意)は、2004年製作・公開、ジャン=リュック・ゴダール監督によるフランス・スイス合作の長篇劇映画である。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とアワーミュージック · 続きを見る »

アンジェリーナ・ジョリー

アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie, 出生名: Angelina Jolie Voight, 1975年6月4日 - )は、アメリカ合衆国の女優、映画プロデューサー、ファッションモデル。愛称は「アンジー」である。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とアンジェリーナ・ジョリー · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とイギリス · 続きを見る »

イザベル・コイシェ

イザベル・コイシェ・カスティージョ(Isabel Coixet Castillo:, 1962年4月9日 - )は、スペイン・バルセロナ出身の映画監督・脚本家。コイシェの作品はスペインの伝統的映画手法から逸脱しているとされる、自らを「カタルーニャ人作家」と定義している。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とイザベル・コイシェ · 続きを見る »

ウェルカム・トゥ・サラエボ

ウェルカム・トゥ・サラエボ」(Welcome To Sarajevo)は、1997年製作のイギリス映画である。マイケル・ウィンターボトム監督。内戦下のサラエヴォを舞台に、イギリス人ジャーナリストの葛藤を描く。 イギリスの記者、マイケル・ニコルソンの実体験を元に描かれている。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とウェルカム・トゥ・サラエボ · 続きを見る »

エネミー・ライン

『エネミー・ライン』(Behind Enemy Lines)は、2001年のアメリカ合衆国の映画。撃墜された戦闘機から脱出したパイロットの逃走劇を描いた戦争映画。オーウェン・ウィルソン主演。監督はジョン・ムーア。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とエネミー・ライン · 続きを見る »

クロアチア

アチア共和国(クロアチアきょうわこく、Republika Hrvatska)、通称クロアチアは、東ヨーロッパ、バルカン半島に位置する共和制国家である。本土では西にスロベニア、北にハンガリー、東にボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビアと国境を接している。南はアドリア海に面し対岸はイタリア、飛び地のドゥブロヴニクでは東にモンテネグロと接している。首都はザグレブ。 1991年に、それまで連邦を構成していたユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立した。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とクロアチア · 続きを見る »

クロアチア人

アチア人(クロアチア語:Hrvati)は、主としてバルカン半島北西部のクロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナに在住する南スラブ人。クロアチア語話者であり、主にカトリックを信仰する。 クロアチアのサヴァ川、ドラーヴァ川流域、それらの地域より南のダルマチア地方沿岸部に居住する柳田「クロアチア」『世界民族事典』、240-241頁。1991年当時のクロアチア共和国ではクロアチア人の人口はおよそ3,736,000人で総人口の78%を占めていた。ボスニア・ヘルツェゴヴィナには約760,000人のクロアチア人が住み、アメリカ、ドイツ、オーストラリア、カナダ、アルゼンチンなどの地域にクロアチア移民が生活している。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とクロアチア人 · 続きを見る »

クロアチア紛争

アチア紛争で最も戦闘が激しかった街の一つヴコヴァルの給水塔。画像は2003年に撮影したもの クロアチア紛争(クロアチアふんそう)は、1991年から1995年にかけての、クロアチアのユーゴスラビアからの分離独立、および国内でのクロアチア政府とセルビア系住民による自治政府の対立をめぐる紛争である。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とクロアチア紛争 · 続きを見る »

クロアチア防衛軍

アチア防衛軍(Hrvatske obrambene snage; HOS)は、クロアチア権利党(HSP)の武装勢力で、1991年から1992年まで存続した。1992年に指導者のブラジュ・クラリェヴィッチが殺害されると、HOSは解体され、クロアチアではクロアチア陸軍に、ヘルツェグ=ボスナではクロアチア防衛評議会に吸収された。クロアチア防衛軍はクロアチア人およびボシュニャク人によって構成されていた。中央ボスニアに最後まで残ったHOSは1993年に解体された。クロアチア防衛軍は、頻繁にそのクロアチア語略称である「HOS」を用いた。「HOS」は、第二次世界大戦のナチスの傀儡国家であるクロアチア独立国の軍備であるクロアチア武装軍(Hrvatske oružane snage; HOS)と頭文字が一致する。第二次世界大戦のクロアチア武装軍は、クロアチア独立国を支配したファシスト組織・ウスタシャの率いたウスタシャ民兵の流れを汲む戦力であった。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とクロアチア防衛軍 · 続きを見る »

ゴラジュデ

ラジュデ(Goražde,Goražde,Горажде)はボスニア・ヘルツェゴビナの都市及びそれを中心とした基礎自治体である。同国を構成する2つの構成体のうちボスニア・ヘルツェゴビナ連邦に属し、ボスニア=ポドリニェ県(Bosansko-podrinjski kanton)の主都である。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とゴラジュデ · 続きを見る »

ジミー・カーター

“ジミー”ジェームス・アール・カーター・ジュニア(James Earl "Jimmy" Carter, Jr., 1924年10月1日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。、ジョージア州知事、第39代アメリカ合衆国大統領を歴任。2002年ノーベル平和賞受賞。身長175cm。バプテスト派キリスト教信者。 牧師でもあり、長らく南部バプテスト連盟系列の教会の信徒だったが、南部バプテストが神学的・政治的に保守化を強めたことから2000年には脱退し、その後進歩派の「新バプテスト連盟」(New Baptist Covenant、新バプテスト契約)の創始者のひとりになっている。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とジミー・カーター · 続きを見る »

ジャン=リュック・ゴダール

ダールのサイン ジャン=リュック・ゴダール (Jean-Luc Godard, 1930年12月3日 - ) は、フランス・スイスの映画監督、編集技師、映画プロデューサー、映画批評家、撮影監督、俳優である。パリに生まれる。ソルボンヌ大学中退。ヌーヴェルヴァーグの旗手。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とジャン=リュック・ゴダール · 続きを見る »

ジョン・ムーア (映画監督)

ョン・ムーア(John Moore, 1970年 - )は、アイルランド出身の映画監督。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とジョン・ムーア (映画監督) · 続きを見る »

ジェノサイド

ェノサイド(genocide)は、1944年、ユダヤ系ポーランド人法律家の(Raphael Lemkin)の手によって創られた造語であり(後述)、一つの人種・民族・国家・宗教などの構成員に対する抹消行為をさす。 が、国外強制退去による国内の民族浄化、あるいは異民族、異文化・異宗教に対する強制的な同化政策による文化抹消、また国家が不要あるいは望ましくないと見なした集団に対する断種手術の強要あるいは隔離行為など、あくまでも特定の集団等の抹消行為を指し、物理的な全殺戮のみを意味するわけではない。 また、これを目的とした行為は集団殺戮行為も含め、国連のジェノサイド条約によって禁止されており、現在では、集団殺害罪は国際法上の犯罪として確立している。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とジェノサイド · 続きを見る »

ジェパ

ェパ(セルビア語:Жепа、ボスニア語:Žepa、クロアチア語:Žepa)は、ボスニア・ヘルツェゴビナの村。ボスニア・ヘルツェゴビナを構成する2つの構成体のうちスルプスカ共和国に属し、サラエヴォ=ロマニヤ地方のロガティツァ基礎自治体の一部である。ジェパはロガティツァの町から北東に位置しており、スレブレニツァから南西、ヴィシェグラードから北西にある。村を流れる小さなジェパ川は、近くのドリナ川へと注ぎ込んでいる。 1991年、ジェパの人口は2,441人であり、うち95%にあたる2,330はボシュニャク人(ムスリム人)、103人はセルビア人、8人はユーゴスラビア人であった。 1992年から1995年にかけてのボスニア・ヘルツェゴビナ紛争では、ジェパは、周囲をセルビア人勢力の支配地域に取り囲まれたボシュニャク人の飛び地となった。同様に、ジェパの北東に位置し、ドリナ側の下流側にあるスレブレニツァや、上流側にあるゴラジュデ(Goražde)なども、周囲をセルビア人勢力の支配地に取り囲まれ、孤立状態に置かれた。フォチャ(Foča)やブラトゥナツ、ズヴォルニク(Zvornik)などの周囲の町が、スレブレニツァやジェパよりも早くからセルビア人勢力の支配下となり、これらの土地に住んでいたボシュニャク人が民族浄化されたことにより、ジェパやスレブレニツァが残されたボシュニャク人の町として、飛び地状に取り残される形になった。ジェパを守っていたボスニア・ヘルツェゴビナ共和国軍(ARBiH)の指揮官はアヴド・パリッチ(Avdo Palić)であった。1993年4月、国際連合はジェパを「安全地帯」に指定し、UNPROFOR傘下のウクライナ軍がジェパに配置された。1995年7月、セルビア人のスルプスカ共和国軍(VRS)は、国際連合の「安全地帯」指定を無視してジェパに侵入し、制圧した。スルプスカ共和国軍は、町の住民を外部に強制移動した。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とジェパ · 続きを見る »

スルプスカ共和国

ルプスカ共和国(スルプスカきょうわこく)は、連邦国家であるボスニア・ヘルツェゴビナの構成体の1つ。ボスニア・ヘルツェゴビナの主要3民族のうち、セルビア人を主体とする共和国で、通称はセルビア人共和国。独自の大統領、政府、立法府を持ち、ボスニア・ヘルツェゴビナの全面積の49%を占める。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とスルプスカ共和国 · 続きを見る »

スルプスカ共和国軍

ルプスカ共和国軍(セルビア語:Војска Републике Српске;ВРС / Vojska Republike Srpske; VRS)、あるいはボスニア・ヘルツェゴビナ・セルビア人軍は、ボスニア・ヘルツェゴビナのうちセルビア人を主体とするスルプスカ共和国の軍。2003年からボスニア・ヘルツェゴビナ連邦軍との統合が進められはじめた。2005年、完全に統合されたセルビア人、クロアチア人、そしてボシュニャク人の民族混成の部隊がイラクに派遣された。2006年6月6日、スルプスカ共和国軍とボスニア・ヘルツェゴビナ連邦軍はボスニア・ヘルツェゴビナ軍に統合され、ボスニア・ヘルツェゴビナ中央政府国防省の指揮下に置かれることとなった。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とスルプスカ共和国軍 · 続きを見る »

スレブレニツァ

レブレニツァ(セルビア語:Сребреница、ボスニア語:Srebrenica、クロアチア語:Srebrenica、IPA: )あるいはスレブレニッツァはボスニア・ヘルツェゴビナの町、およびそれを中心とする基礎自治体。ボスニア・ヘルツェゴビナを構成する構成体のうち、スルプスカ共和国に属する。スレブレニツァは塩の採掘と温泉を産業の中心とする小さな町である。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争のなかで、ボシュニャク人の住民が大量殺害されるスレブレニツァの虐殺が起こった。2007年3月、スレブレニツァ市議会はスルプスカ共和国からの分離を求める決議案を採択した。セルビア系の議員は採決を棄権した。スレブレニツァ市にはスレブレニツァの町を含む集落ごとの19の地区に分かれている。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とスレブレニツァ · 続きを見る »

スレブレニツァの虐殺

13歳の少年の墓石(2007年7月11日) ボスニア・ヘルツェゴビナにおけるスレブレニツァの位置 スレブレニツァの虐殺(スレブレニツァのぎゃくさつ、Масакр у Сребреници、Masakr u Srebrenici)は、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にボスニア・ヘルツェゴビナのスレブレニツァで1995年7月に発生した大量虐殺事件である。ラトコ・ムラディッチに率いられたスルプスカ共和国軍(Vojska Republike Srpske; VRS)によって推計8000人のボシュニャク人が殺害された佐原徹哉 (2008) シェリ・フィンク (2004)。スレブレニツァ・ジェノサイド(Геноцид у Сребреници、Genocid u Srebrenici)ともいう。この時、スルプスカ共和国軍に加えて、セルビアを拠点とする準軍事組織「サソリ」(Škorpioni)が虐殺に加担していた。 ボスニア・ヘルツェゴビナの連邦行方不明者委員会による、スレブレニツァで殺害されるか行方不明となった人々の一覧には、8,373人の名前が掲載されている。2008年12月までの段階で、およそ5800人の遺体がDNA調査によって身元特定され、3,215人がポトチャリのスレブレニツァ虐殺記念館にて埋葬された。 なお、本項では、ボスニア・ヘルツェゴビナにおいて「ムスリム人」が「ボシュニャク人」と言い換えられる前の歴史的な記述についても、断り無く「ボシュニャク人」の呼称を使用する。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とスレブレニツァの虐殺 · 続きを見る »

スロボダン・ミロシェヴィッチ

ボダン・ミロシェヴィッチ(中央)。デイトン合意の調印の場にて スロボダン・ミロシェヴィッチ(Слободан Милошевић / Slobodan Milošević、1941年8月20日 - 2006年3月11日)は、セルビアの政治家。セルビア社会主義共和国幹部会議長(大統領に相当・第7代)、セルビア共和国大統領(初代)、ユーゴスラビア連邦共和国大統領(第3代)、セルビア共和国共産主義者同盟幹部会議長、セルビア社会党党首を歴任した。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とスロボダン・ミロシェヴィッチ · 続きを見る »

セルビア人

ルビア人(セルビア語:Срби / Srbi)は、主にセルビアやボスニア・ヘルツェゴビナのスルプスカ共和国を中心に住む南スラブ人。血統や言語はクロアチア人・ボシュニャク人(ボスニア人)とほぼ同じだが宗教が異なる。セルビア人には正教会信徒が多い。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とセルビア人 · 続きを見る »

セルジオ・カステリット

ルジョ・カステリット(Sergio Castellitto, 1953年8月18日 - )はイタリア・ローマ出身の俳優。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とセルジオ・カステリット · 続きを見る »

セイヴィア

『セイヴィア』(原題: Savior)は、1998年公開のアメリカ合衆国の映画。ボスニア紛争の悲惨さを描いた戦争映画。オリバー・ストーン製作作品。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とセイヴィア · 続きを見る »

サラエヴォ

ラエヴォ (ボスニア語:Sarajevo 、クロアチア語:Sarajevo、セルビア語:Сарајево)は、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都であり、同国で最大の人口をもつ都市である。ボスニア・ヘルツェゴビナの構成体のひとつであるボスニア・ヘルツェゴビナ連邦の首都でもある。 日本語表記においては、一般に「サラエボ」や「サライェヴォ」 などの表記も多く見られる(以下、本項では「サラエヴォ」とする。呼称と表記も参照)。 2011年8月の推計では、ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエヴォ県に属する4つの自治体の人口は併せて311,161人である。サラエヴォはまた、サラエヴォ県の県都でもある。サラエヴォはボスニア地方のサラエヴォ渓谷のなかにあり、ディナール・アルプスに取り囲まれ、ミリャツカ川周辺に広がっている。サラエヴォの町は宗教的な多様性で知られており、イスラム教、正教会、カトリック教会、ユダヤ教が何世紀にもわたって共存してきた。旅行ガイドブックのロンリープラネットでは、「世界の都市」ランキングにおいてサラエヴォを43位にランクしている。これは、同じ旧ユーゴスラビア諸国の観光都市であるドゥブロヴニクの59位、リュブリャナの84位、ブレッドの90位、ベオグラードの113位、ザグレブの135位を上回る。 サラエヴォに隣接して、ボスニア・ヘルツェゴビナの構成体のひとつであるスルプスカ共和国の首都であるイストチノ・サラエヴォ(東サラエヴォ)がある。現在のイストチノ・サラエヴォの市域には、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争前のサラエヴォの市域の一部が含まれている。 この地域に人が居住を始めたのは先史時代にまでさかのぼるものの、現代のサラエヴォにつながる町ができたのは15世紀のオスマン帝国の統治下でのことであった。オーストリア=ハンガリー帝国に併合されたのちもボスニアの州都と位置付けられたサラエヴォは、近代以降の何度かにわたって国際的な注目を受けることになった。1914年にはこの地はオーストリア帝位継承者の暗殺事件の現場となり、この事件によって第一次世界大戦が引き起こされた。1984年にはサラエヴォは1984年冬季オリンピックの会場となり、さらに後のユーゴスラビア崩壊のときには、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争において数年間にわたるセルビア人勢力による包囲を受けた。現在のサラエヴォは紛争後の復興開発が進み、21世紀初頭において紛争前の水準を回復しつつある。サラエヴォは、ボスニア・ヘルツェゴビナの経済・文化活動の拠点となっている。サラエヴォはヨーロッパで初めて、そして全世界で2番目に早く終日(朝から夜まで)運行の路面電車が運行された町である終日運行の路面電車の世界初はアメリカ合衆国のサンフランシスコであった。 Lonely Planet: Best Cities in the World。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とサラエヴォ · 続きを見る »

サラエボの花

『サラエボの花』(サラエボのはな、原題: Grbavica)は、2007年12月1日に公開されたボスニア・ヘルツェゴビナの映画作品。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とサラエボの花 · 続きを見る »

内戦

内戦(ないせん。英語:civil war)とは、国家の領域内で対立した勢力によって起こる、政府と非政府の組織間の武力紛争を指す。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と内戦 · 続きを見る »

国際司法裁判所

国際司法裁判所(こくさいしほうさいばんしょ、International Court of Justice, ICJ、Cour internationale de Justice, CIJ)は、6つある国際連合の主要機関のひとつであり、自治的な地位を持つ常設の国際司法機関である「国際司法裁判所」、『国際法辞典』、104-105頁。。オランダのハーグに本部を置く。国家間の法律的紛争について裁判をしたり(国連憲章第36条第3項、ICJ規程第36条)、国連総会や国連安保理などの要請に応じて勧告的意見を与える(国連憲章第96条、ICJ規程第4章)。判決や勧告的意見による国際司法裁判所の意見は、国際法の発展に多大な影響を与える杉原(2008)、19-20頁。。世界法廷(World Court)とも呼ばれる牧田(2011)、55-56頁。。 国際法一般を扱う常設司法裁判所という点において、常設仲裁裁判所、国際海洋法裁判所、国際刑事裁判所(ICC、2003年3月発足)などとは区別され、異なる意義を有する。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と国際司法裁判所 · 続きを見る »

国際連合

国際連合(こくさいれんごう、United Nations、联合国、聯合國、Organisation des Nations unies、略称は国連(こくれん)、UN、ONU)は、国際連合憲章の下、1945年に設立された国際機関である。 第二次世界大戦を防げなかった国際連盟の反省を踏まえ、1945年10月24日、51ヵ国の加盟国で設立された。主たる活動目的は、国際平和と安全の維持(安全保障)、経済・社会・文化などに関する国際協力の実現である。 英語表記の「United Nations」は、第二次世界大戦中の枢軸国に対していた連合国が自陣営を指す言葉として使用していたものが継続使用されたものであるが、日本語においては誤訳され「国際連合」と呼ばれる。 2017年5月現在の加盟国は193か国であり、現在国際社会に存在する国際組織の中では、敵国条項が存在するなど第二次世界大戦の戦勝国の色が強いものの、最も広範・一般的な権限と、普遍性を有する組織である。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と国際連合 · 続きを見る »

国際連合平和維持活動

青色が現在活動中。水色が過去に活動を実施した地域 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で展開するノルウェー軍の兵士(1992年) UNIFILのYP-408装甲兵員輸送車。白に塗色されるのが通例である 国際連合平和維持活動(こくさいれんごうへいわいじかつどう、)は、国連憲章でうたわれた集団安全保障を実現し、紛争において平和的解決の基盤を築くことにより、紛争当事者に間接的に平和的解決を促す国際連合の活動である。日本ではPKO(ぴーけいおー)と略されることが多い。PKOに基づき派遣される各国軍部隊を、国際連合平和維持軍(こくさいれんごうへいわいじぐん、United Nations Peacekeeping Force)という。日本ではPKF(ぴーけいえふ)とも略されるという。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と国際連合平和維持活動 · 続きを見る »

国際連合保護軍

国際連合保護軍(こくさいれんごうほごぐん、United Nations Protection Force,UNPROFOR)は、ユーゴスラビア紛争において旧ユーゴスラビア領域に展開した国際連合平和維持活動。1992年2月21日の国際連合安全保障理事会決議743に基づき設立された。 当初任務はクロアチアにおけるクロアチアとセルビア人勢力との停戦監視および国連保護区(UNPA)の非武装化・治安維持にあたった。1992年6月29日の国際連合安全保障理事会決議761により人道支援物資の供給のため、サラエボ空港への展開も開始している。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の拡大に伴い、ボスニア・ヘルツェゴビナ域内にも展開を行なった。 1992年12月からは、ユーゴスラビア連邦共和国のマケドニア共和国にも予防展開を行なっている。その後、1995年3月に改編して国際連合クロアチア信頼回復活動(UNCRO)、ボスニア・ヘルツェゴビナの国際連合保護軍、マケドニアの国際連合予防展開軍(UNPREDEP)に分離した。 デイトン合意に基づき、ボスニア・ヘルツェゴビナにおける治安維持は、北大西洋条約機構中心の和平履行部隊(IFOR)が担当することとなり、UNPROFORは1995年12月20日をもって任務を移行させている。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と国際連合保護軍 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と第二次世界大戦 · 続きを見る »

高木徹

木 徹(たかぎ・とおる、1965年7月1日 - )は、日本のジャーナリストで、NHK職員(報道ディレクター)。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と高木徹 · 続きを見る »

難民

難民(なんみん、refugee)は、対外戦争、民族紛争、人種差別、宗教的迫害、思想的弾圧、政治的迫害、経済的困窮、自然災害、飢餓、伝染病などの理由によって居住区域(自国)を離れた、あるいは強制的に追われた人々を指す 。 その多くは自身の生命を守るため、陸路、海路、河路、空路のいずれかで国外に脱出し、他国の庇護と援助を求める。 現在の国際法では、狭義の「政治難民 (せいじなんみん、Political Refugee)」を一般に難民と呼び、弾圧や迫害を受けて難民化した者に対する救済・支援が国際社会に義務付けられている。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と難民 · 続きを見る »

NATOによるボスニア・ヘルツェゴビナ空爆 (1995年)

F-16C デリバリット・フォース作戦(デリバリット・フォースさくせん、Operation Deliberate Force)は、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の最中の1995年に北大西洋条約機構(NATO)加盟諸国が行った、ボスニア・ヘルツェゴビナのセルビア陸軍に対する空爆及びその防空作戦である。作戦は8月30日から9月20日の間に実行され、15カ国から400機の軍用機と5,000人の兵士が動員された。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とNATOによるボスニア・ヘルツェゴビナ空爆 (1995年) · 続きを見る »

U.N.エージェント

『U.N.エージェント』(ユーエヌエージェント、Résolution 819)は、2008年のフランス・・イタリア合作のテレビ映画。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争において1995年7月に起きたスレブレニツァの虐殺を題材としている。 日本では2010年2月3日からDVDレンタルが開始され、2011年8月22日にDVDが発売されている。これとは別にWOWOWでも放送された。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とU.N.エージェント · 続きを見る »

欧州共同体

欧州共同体(おうしゅうきょうどうたい、European Community)とは、1992年に調印された欧州連合条約のもとで導入された欧州連合の3つの柱のうち、第1の柱を構成する政策の枠組み。またはその政策の実現のために設置されている国家間の共同体。ECとも。欧州共同体は超国家主義の原則に基づいており、欧州連合の前身である欧州経済共同体が起源となっており、共同体としても欧州経済共同体設立条約から改称された欧州共同体設立条約が法的根拠となってきた。2009年のリスボン条約発効で3本柱構造が廃止されたことにより欧州共同体と残りの2つの柱は統合され、法人格を持つ共同体としても消滅した。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と欧州共同体 · 続きを見る »

民族浄化

民族浄化(みんぞくじょうか、クロアチア語・ボスニア語・セルビア語: етничко чишћење / etničko čišćenje、ethnic cleansing)は、ユーゴスラビア(5つの民族、4つの言語、3つの宗教を持つ)のような多民族国家 において、ユーゴ内のある民族集団を強制的にその地域から殺害などにより除去しようとしたとする言葉。欧米諸国が1990年代前半にユーゴスラビア紛争が勃発した際に、武力介入することを正当化させ、世界世論を支持に誘導するために敵対したセルビア民族のみを悪だとする目的として造語されて対外発信に利用されたプロパガンダ用語である。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と民族浄化 · 続きを見る »

最愛の大地

『最愛の大地』(さいあいのだいち、In the Land of Blood and Honey)は、アンジェリーナ・ジョリー監督・脚本による2011年のアメリカ合衆国の恋愛映画である。ジョリーの監督デビュー映画であり、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争を背景とした物語である。アメリカ合衆国では2011年12月23日に限定公開された。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と最愛の大地 · 続きを見る »

旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷

旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(きゅうユーゴスラビアこくさいせんぱんほうてい、International Criminal Tribunal for the former Yugoslavia, ICTY(アイシーティーワイまたはイクティ))は、国際連合の安全保障理事会決議827によって1993年5月に設置された、旧ユーゴスラビア紛争の戦後処理を目的とした国際司法機関。正式名称は1991年以後旧ユーゴスラビアの領域内で行われた国際人道法に対する重大な違反について責任を有するものの訴追のための国際裁判所(International Tribunal for the Prosecution of Persons Responsible for Serious Violations of International Humanitarian Law Committed in the Territory of the Former Yugoslavia since 1991)。旧ユーゴスラビア国際刑事裁判所ともいわれる。 2017年12月21日に閉廷式典が開かれた。合計161人が訴追(うち90人以上はセルビア人)され、有罪判決が下った受刑者はICTYと協定を結んだ欧州14カ国で収監された。召喚された証人は約4650人、起訴状や判決文は約250万ページに達した。今後は、1000人以上いた職員が半分以下に減って残務処理を行い、ラドヴァン・カラジッチら2被告の控訴審は国連の国際刑事裁判メカニズムが引き継ぐ。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷 · 続きを見る »

拷問

拷問(ごうもん、torture)とは、被害者の自由を奪った上で肉体的・精神的に痛めつけることにより、加害者の要求に従うように強要する事。特に被害者の持つ情報を自白させる目的で行われることが多い。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と拷問 · 続きを見る »

10月13日

10月13日(じゅうがつじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から286日目(閏年では287日目)にあたり、年末まであと79日ある。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と10月13日 · 続きを見る »

12月14日

12月14日(じゅうにがつじゅうよっか、じゅうにがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から348日目(閏年では349日目)にあたり、年末まであと17日ある。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と12月14日 · 続きを見る »

1991年

この項目では、国際的な視点に基づいた1991年について記載する。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と1991年 · 続きを見る »

1992年

この項目では、国際的な視点に基づいた1992年について記載する。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と1992年 · 続きを見る »

1995年

この項目では、国際的な視点に基づいた1995年について記載する。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と1995年 · 続きを見る »

1月1日

1月1日(いちがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から1日目に当たり、年末まであと364日(閏年では365日)ある。誕生花は松(黒松)、または福寿草。 キリスト教においては生後8日目のイエス・キリストが割礼と命名を受けた日として伝えられる。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と1月1日 · 続きを見る »

2月29日

2月29日(にがつにじゅうくにち)は、太陽暦であるグレゴリオ暦の閏日2月24日を閏日とする地域もある。。年始から60日目に当たり、年末まであと306日である。閏日が入れられる年を閏年と言い、西暦で4の倍数の年十二支においては、子年・辰年・申年のいずれかに当たる。がこれに当たる。但し、西暦で100の倍数の年は、400で割り切れる年だけに存在し、400で割り切れない年には存在しない。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と2月29日 · 続きを見る »

3月1日

3月1日(さんがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から60日目(閏年では61日目)にあたり、年末まであと305日ある。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と3月1日 · 続きを見る »

4月10日

4月10日(しがつとおか)はグレゴリオ暦で年始から100日目(閏年では101日目)にあたり、年末まではあと265日ある。誕生花はチューリップ、ベニバナアセビ。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と4月10日 · 続きを見る »

4月1日

4月1日(しがつついたち)は、グレゴリオ暦で年始から91日目(閏年では92日目)にあたり、年末まであと274日ある。誕生花はカスミソウ、クロッカス。 日本や一部の国では4月1日は会計年度・学校年度の初日である。この日は政府機関、企業などで多くの制度の変更、新設、発足が行われ、異動や新入学など大きな変化が起こる日である。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と4月1日 · 続きを見る »

4月6日

4月6日(しがつむいか)はグレゴリオ暦で年始から96日目(閏年では97日目)にあたり、年末まであと269日ある。誕生花はナスタチウム、スオウバナ。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と4月6日 · 続きを見る »

7月11日

7月11日(しちがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から192日目(閏年では193日目)にあたり、年末まであと173日ある。誕生花はハイビスカス、インパチェンス。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と7月11日 · 続きを見る »

7月12日

7月12日(しちがつじゅうににち)は、グレゴリオ暦で年始から193日目(閏年では194日目)にあたり、年末まであと172日ある。誕生花はゼニアオイ、パッションフラワー。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と7月12日 · 続きを見る »

7月6日

7月6日(しちがつむいか)はグレゴリオ暦で年始から187日目(閏年では188日目)にあたり、年末まであと178日ある。誕生花はツユクサ、トキソウ。.

新しい!!: ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と7月6日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争ボスニア・ヘルツェゴビナ内戦ボスニア内戦ボスニア紛争

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »