ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ボストーク

索引 ボストーク

ボストーク(ロシア語:Востокヴァストーク、ヴォストーク)は、1960年代前半にソ連によって地球軌道上に打ち上げられた有人宇宙船の名であり、人類初の有人宇宙飛行を実現した計画である。打ち上げには「ボストークロケット」が用いられた。「ボストーク」とは「東」を意味するロシア語の一般名詞である。.

55 関係: 名詞大気圏再突入宇宙飛行士宇宙船宇宙開発競争人工衛星弾道飛行マーキュリー・レッドストーン3号マーキュリー計画チャイカハヤブサバイコヌール宇宙基地ユーリイ・ガガーリンロシア語ワレンチナ・テレシコワヴァレリー・ブィコフスキーボストーク (ロケット)ボストーク1号ボストーク2号ボストーク3号ボストーク4号ボストーク5号ボストーク6号ボスホートパーヴェル・ポポーヴィチヒマラヤスギニェジェーリンの大惨事アネクドートアメリカ合衆国アラン・シェパードアンドリアン・ニコラエフイヌイヌワシウォッカカモメゲルマン・チトフコラブリ・スプートニクスプートニク1号スプートニク5号ソユーズソビエト連邦ソビエト連邦の宇宙開発タカ爆発R-16 (ミサイル)有人宇宙飛行1960年1960年代1961年...3月9日4月12日5月5日8月6日9月18日 インデックスを展開 (5 もっと) »

名詞

名詞(めいし )とは、品詞(語の文法的分類)の一つで、典型的には物体・物質・人物・場所など具体的な対象を指示するのに用いられKoptjevskaja Tamm 2006: 720.

新しい!!: ボストークと名詞 · 続きを見る »

大気圏再突入

ミュレーション画像 大気圏再突入(たいきけんさいとつにゅう、atmospheric reentry)とは、宇宙船などが真空に近い宇宙空間から地球などの大気圏に進入すること。単に再突入(さいとつにゅう、)ともいう。宇宙飛行においては最も危険が大きいフェイズのひとつである。大気圏突入(たいきけんとつにゅう、atmospheric entry)と言う場合は、隕石など外来の物体も含む広義の使われ方であるのに対し、大気圏再突入は地上から打ち上げた宇宙機や物体の帰還に限って言う。.

新しい!!: ボストークと大気圏再突入 · 続きを見る »

宇宙飛行士

ユーリイ・ガガーリン アポロ計画でのニール・アームストロング NASAでの毛利衛 MMU) を使用して宇宙遊泳を行なっている。 宇宙飛行士(うちゅうひこうし、、ソ連/ロシアの飛行士はコスモノート カスマナーフト kosmonavt、中国の飛行士は宇航員や太空人と呼ぶのが通例)とは、宇宙船による大気圏外の飛行を行なうよう選ばれた人のこと。.

新しい!!: ボストークと宇宙飛行士 · 続きを見る »

宇宙船

ェミニ 6号 スペースシャトルのオービタ(チャレンジャー、1983年) 宇宙船(うちゅうせん、)は、宇宙機のなかで、とくに人の乗ることを想定しているものを言う。有人宇宙機とも。.

新しい!!: ボストークと宇宙船 · 続きを見る »

宇宙開発競争

宇宙開発競争(うちゅうかいはつきょうそう、Space Race、宇宙開発レース、スペースレース)とは、冷戦中にアメリカ合衆国とソビエト連邦との間で宇宙開発をめぐって戦われた、非公式の競争である。.

新しい!!: ボストークと宇宙開発競争 · 続きを見る »

人工衛星

GPS衛星の軌道アニメーション 人工衛星(じんこうえいせい)とは、惑星、主に地球の軌道上に存在し、具体的な目的を持つ人工天体。地球では、ある物体をロケットに載せて第一宇宙速度(理論上、海抜0 mでは約 7.9 km/s.

新しい!!: ボストークと人工衛星 · 続きを見る »

弾道飛行

弾道飛行(だんどうひこう、sub-orbital flight)は、大砲の弾のように弧の弾道を描く飛行形態。一般的には、弾道ミサイルや軌道に到達しないロケットの飛行経路を指す言葉として使われる。宇宙開発の分野では宇宙弾道飛行や準軌道飛行と呼ばれることもある。 ICBMなどの弾道ミサイルの中には、高度1000kmというスペースシャトルの飛行高度(~578km)以上の高さに達するものもあるが、弾道飛行では速度が第一宇宙速度を超えないため、いずれは地表に到達し、地球を回る軌道となることはない。.

新しい!!: ボストークと弾道飛行 · 続きを見る »

マーキュリー・レッドストーン3号

マーキュリー・レッドストーン3号 (MR-3)、通称フリーダム7は、アメリカ合衆国初の有人宇宙飛行である。宇宙飛行士アラン・シェパードを搭乗させ、1961年5月5日に発射された。MR-3はマーキュリー計画における最初の有人飛行であり、同計画の主眼は飛行士を地球周回軌道に到達させ、かつ安全に地球に帰還させることにあった。シェパードのフライトは15分間の弾道飛行であり、その主な目的は発射時や大気圏再突入時の強烈な加速度に人体が耐えられるか否かを検証することであった。 シェパードは自らの宇宙船にフリーダム7と命名した。これに倣い、その後の6名の飛行士たちも自分が乗る機体に独自の名前をつけることとなった。マーキュリー計画で有人飛行をした機体の名称には、アメリカ初の7名の宇宙飛行士マーキュリー・セブンにちなみ、すべて数字の7がつけられていた。シェパードの機体は高度187.5キロメートルに達し、水平距離487.3キロメートルを飛行した。また大西洋沿岸のフロリダ州ケープカナベラル空軍基地からレッドストーンロケットによってマーキュリー宇宙船が打ち上げられたのは、これが4度目のことであった。 飛行中シェパードは地球を観測し、また姿勢制御装置をテストして宇宙船の熱遮蔽板を進行方向に向け、大気圏再突入に備えた。さらに彼は逆噴射ロケットにも点火した。弾道飛行では宇宙船は野球のフライのように地球の重力に引かれて自然に落下してくるため、逆噴射は本来は行う必要はないのだが、今後の軌道周回飛行では帰還の際に絶対的に不可欠になるものであるため、宇宙空間における噴射試験を実行したのである。再突入後、宇宙船はバハマ沖の北大西洋にパラシュートで着水し、シェパードとともにヘリコプターでホイストされ、USSレイク・シャンプレインに回収された。 この飛行は技術的には成功したものであったと言えるが、3週間ほど前にソビエト連邦のユーリ・ガガーリンがボストーク1号で地球周回飛行を達成していたという事実があったため、アメリカ国民の自尊心を満足させるものとはならなかった。.

新しい!!: ボストークとマーキュリー・レッドストーン3号 · 続きを見る »

マーキュリー計画

マーキュリー計画(マーキュリーけいかく、Project Mercury)は、1958年から1963年にかけて実施された、アメリカ合衆国初の有人宇宙飛行計画である。これはアメリカとソビエト連邦(以下ソ連)の間でくり広げられた宇宙開発競争の初期の焦点であり、人間を地球周回軌道上に送り安全に帰還させることを、理想的にはソ連よりも先に達成することを目標としていた。計画は、空軍から事業を引き継いだ新設の非軍事機関アメリカ航空宇宙局によって実行され、20回の無人飛行 (実験動物を乗せたものを含む)、およびマーキュリー・セブンと呼ばれるアメリカ初の宇宙飛行士たちを搭乗させた6回の有人飛行が行われた。 宇宙開発競争は、1957年にソ連が人工衛星スプートニク1号を発射したことにより始まった。この事件はアメリカ国民に衝撃を与え、その結果NASAが創設され、当時行われていた宇宙開発計画は文民統制の下で推進されることとなった。1958年、NASAは人工衛星エクスプローラー1号の発射に成功し、次なる目標は有人宇宙飛行となった。 だが初めて人間を宇宙に送ったのは、またしてもソ連であった。1961年4月、史上初の宇宙飛行士ユーリ・ガガーリンの乗るボストーク1号が地球を1周した。この直後の5月5日、アメリカ初の宇宙飛行士アラン・シェパードが搭乗するマーキュリー・レッドストーン3号が弾道飛行を行った。同年8月、ソ連はゲルマン・チトフを飛行させ1日間の宇宙滞在に成功した。アメリカが衛星軌道に到達したのは翌1962年2月20日のことで、ジョン・グレンが地球を3周した。マーキュリー計画が終了した1963年の時点で両国はそれぞれ6人の飛行士を宇宙に送っていたが、アメリカは宇宙での総滞在時間という点で依然としてソ連に後れを取っていた。 マーキュリー宇宙船を設計したのは、マクドネル・エアクラフト社であった。円錐の形状をした船内は完全に与圧され、水、酸素、食料などの補給物資を約1日間にわたり飛行士に供給した。打ち上げはフロリダ州ケープ・カナベラル空軍基地で行われ、発射機にはレッドストーンミサイルまたはアトラスDミサイルを改良したロケットが使用された。また宇宙船の先には、ロケットが故障するなどの緊急事態が発生した際に飛行士を安全に脱出させるための緊急脱出用ロケットが取りつけられていた。飛行手順は、追跡および通信の基地である有人宇宙飛行ネットワークを経由して地上からコントロールされるように設計されていたが、機内にもバックアップのための制御装置が搭載されていた。帰還の際には、小型の逆噴射用ロケットを点火して軌道から離脱した。また機体の底部には溶融式の耐熱保護板が取りつけられており、大気圏再突入時の高温から宇宙船を守った。最終的にはパラシュートが開いて海上に着水し、近隣にいる海軍の艦船のヘリコプターが宇宙船と飛行士を回収した。 計画名は、ローマ神話の旅行の神メルクリウス (Mercurius, マーキュリー) からつけられた。マーキュリーは翼の生えた靴を履き、高速で移動すると言われている。計画の総費用は16億ドル (2010年の貨幣価値で換算) で、およそ200万人の人間が関わった。宇宙飛行士たちはマーキュリー・セブンの名で知られ、各宇宙船には「7」で終わる名称が、それぞれの飛行士によってつけられた。 開始当初こそ失敗が連続して進行は遅れたものの、計画は次第に知名度を得、テレビやラジオで世界中に報道されるようになった。この後の二人乗りの宇宙船を使用するジェミニ計画では、月飛行で必要となる宇宙空間でのランデブーやドッキングが実行された。マーキュリー計画はその基礎を築いたと言える。さらにアポロ計画の開始が発表されたのは、マーキュリーが初の有人宇宙飛行を成功させた数週間後のことだった。.

新しい!!: ボストークとマーキュリー計画 · 続きを見る »

チャイカ

チャイカ(キリル文字表記: чайка チャーイカ、ラテン文字転写の例: chaika, čajka)は、ロシア語の女性名詞で、「カモメ」のこと。チャイカは一般に広く愛されており、様々なものの名称や愛称に使用されている。また、チャイカ(Чайка)は、ウクライナ系の姓でもある。地名としても旧ソビエト連邦諸国の各地に見られる。 一方、ポーランド語ではチャイカ(czajka チャイカ、チャーイカ)は「カモメ」ではなく「タゲリ」のことを指す。ポーランド語で「カモメ」を意味する語はドイツ語系の「メヴァ」(mewa メヴァ、メーヴァ)である。また、ウクライナ語では「カモメ」を指すことの方が一般的であるが、「タゲリ」を指すこともある。どちらもチドリ目の鳥であるが、なぜ混同が生じたのかについては明白ではない。.

新しい!!: ボストークとチャイカ · 続きを見る »

ハヤブサ

ハヤブサ(隼安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社、2008年、266-267頁。、鶻、鸇、Falco peregrinus)は、ハヤブサ目ハヤブサ科ハヤブサ属に分類される鳥類。.

新しい!!: ボストークとハヤブサ · 続きを見る »

バイコヌール宇宙基地

バイコヌール宇宙基地(バイコヌールうちゅうきち、Космодром Байконур、Космодром Байқоңыр、Baikonur Cosmodrome)は、カザフスタン共和国のチュラタムにあるロシアのロケット発射場である。現在、ロシア連邦宇宙局が管理している。.

新しい!!: ボストークとバイコヌール宇宙基地 · 続きを見る »

ユーリイ・ガガーリン

ユーリイ・アレクセーエヴィチ・ガガーリン(Юрий Алексеевич Гагарин、ラテン文字転写:Yuri Alekseyevich Gagarin、1934年3月9日 - 1968年3月27日)は、ソビエト連邦の軍人、パイロット、宇宙飛行士。最終階級は大佐。 1961年、世界初の有人宇宙飛行としてボストーク1号に単身搭乗した人物である。.

新しい!!: ボストークとユーリイ・ガガーリン · 続きを見る »

ロシア語

ア語(ロシアご、русский язык )は、インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派東スラヴ語群に属する言語。露語とも略される。ロシア連邦の公用語。ロシア連邦の国語表記には、キリル文字を使用する。近縁の言語にウクライナ語とベラルーシ語がある。.

新しい!!: ボストークとロシア語 · 続きを見る »

ワレンチナ・テレシコワ

ワレンチナ・ヴラディミロヴナ・テレシコワ(Валенти́на Влади́мировна Терешко́ва、ラテン文字転写:Valentina Vladimirovna Tereshkova、1937年3月6日 - )は、ソ連の宇宙飛行士。1963年6月16日にボストーク6号に搭乗し、女性として世界初の宇宙飛行を行った。.

新しい!!: ボストークとワレンチナ・テレシコワ · 続きを見る »

ヴァレリー・ブィコフスキー

ヴァレリー・フョードロヴィチ・ブィコフスキー(;ラテン文字転写の例:Valery Fyodorovich Bykovsky、1934年8月2日 - )は、ソ連の宇宙飛行士。ボストーク5号、ソユーズ22号、ソユーズ31号と3度、宇宙飛行を行っている。また、ボストーク3号、ソユーズ37号のバックアップも務めた。.

新しい!!: ボストークとヴァレリー・ブィコフスキー · 続きを見る »

ボストーク (ロケット)

ボストーク(ロシア語:Востокヴァストーク、ラテン文字表記の例:Vostok)とは、1959年から1991年の間にソビエト連邦で使用されていた宇宙機打ち上げ用のロケット。R-7大陸間弾道ミサイルの流れをくむロケットで、3段式の構造を持つ。世界初の有人宇宙船ボストークを打ち上げたことからこの名があるが、それ以外にもルナ計画の1号から3号・ゼニット偵察衛星・メテオール気象衛星などさまざまな宇宙機の打ち上げに使用された。名称は、「東」という意味。 ルナ計画で用いられた8K72はルナロケットと呼ばれる場合もある。.

新しい!!: ボストークとボストーク (ロケット) · 続きを見る »

ボストーク1号

ボストーク1号(ボストーク1ごう、ロシア語:Восток-1ヴァストーク・アヂーン、英語:Vostok-1、東方1号の意味)は1961年にソビエト連邦によって行われた人類初の有人宇宙飛行、およびそのミッションで使用された宇宙船の名称である。宇宙飛行士ユーリ・ガガーリンを乗せて前人未到の大気圏外へ旅をし、地球周回軌道に乗った。.

新しい!!: ボストークとボストーク1号 · 続きを見る »

ボストーク2号

ボストーク2号(ボストーク2ごう、Vostok 2、ロシア語:Восток-2)は、ソビエト連邦の有人宇宙飛行で、長期間の無重力状態が人体に与える影響を調べるために、宇宙飛行士ゲルマン・チトフを乗せて軌道上を約1日飛行した。 ボストーク1号のユーリ・ガガーリンとは異なり、チトフは短期間の間、宇宙船の手動操縦も行った。また、地球や宇宙空間の撮影も行った。 宇宙酔いに罹ったこと、ヒーターが故障し、内部の温度が6.1℃まで下がってしまったこと、再突入モジュールの分離が予定通り行かなかったことを除いて、飛行はおおむね成功した。 次世代機ボスホートの開発に伴い、再突入カプセルは破棄された。 現在でもチトフは、宇宙飛行の最年少記録保持者である。彼は飛行当時、25歳11ヶ月だった。.

新しい!!: ボストークとボストーク2号 · 続きを見る »

ボストーク3号

ボストーク3号(ボストーク3ごう)はソビエト宇宙計画のミッションのひとつ。 ボストーク3号は1962年8月11日、バイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。また、一日置いて4号も発射された。これら二台の宇宙船の計画は同じ時間帯に軌道上に二つの有人宇宙機があること、また、ランデブーすることを目標にした。この機会にソ連の管制官はこの種の飛行をどう管理するかを覚えた。 ボストーク3号のクルーはアンドリアン・グリゴリビッチ・ニコラエフ。 彼はボストーク4号のカプセルが彼の近くの軌道に入ってきたとき、それを発見、その位置を報告し、宇宙空間では初めて4号側のカプセルと通信機経由でコミュニケーションをとった。また、この宇宙機は軌道上から初めてカラー映像で地球を撮影した。.

新しい!!: ボストークとボストーク3号 · 続きを見る »

ボストーク4号

ボストーク4号(ボストーク4ごう)は、ソビエト連邦の1962年の宇宙計画。ボストーク3号の後にパベル・ポポビッチを乗せて打ち上げられた。目標は同時に2機の有人宇宙船を軌道に乗せることであった。両機は互いに5kmの距離まで近づき、人類初の宇宙での交信を行った。 計画はおおむね予定通りに進んだ。しかしボストークの生命安全装置が機能不全を起こし、船内温度が10度下がったと表示された。これは地上管制塔の誤解だったが、飛行は早くに終えられた。しかし、この帰還はポポビッチが早く帰還することを頼んだためと信じられた。 再突入に使用されたカプセルは現在モスクワのズヴェズダ博物館に展示されている。しかしこれは改修されたボスホート2号のものであると思われる。.

新しい!!: ボストークとボストーク4号 · 続きを見る »

ボストーク5号

ボストーク5号(ボストーク5ごう、Vostok 5、Восток-1)は、ソビエト連邦の有人宇宙飛行。1963年6月14日に打ち上げられ、4日と23時間7分で地球を82周した。コールサインはЯстреб(鷹)。 ボストーク3号,4号と同じように、ボストーク5号と6号はソビエト宇宙プログラムの合同事業として行われ、軌道上でランデブーして無線交信を行った。 宇宙飛行士ヴァレリー・ブィコフスキーは当初8日間宇宙に滞在する予定だったが、太陽フレアが活発化したために途中で計画が何度も変更され、5日後に地球に帰還することとなった。しかし、これは現在でも単独での宇宙滞在の最高記録である。 この飛行で、宇宙船内のトイレのシステムの不備が指摘された。また、大気圏再突入時にリエントリーモジュールが計画通りにはずれないという、ボストーク1号・2号でも発生した問題も生じた。 この時のリエントリーモジュールは、現在カルーガのツィオルコフスキー記念航空宇宙学歴史博物館に展示されている。.

新しい!!: ボストークとボストーク5号 · 続きを見る »

ボストーク6号

ボストーク6号 ボストーク6号(ボストーク6ごう)は、初めて女性が宇宙へ飛行を行ったソビエトの宇宙ミッションである。乗員はワレンチナ・テレシコワで、宇宙飛行中の女性の体の反応のデータを集めるのが目的だった。他の宇宙飛行士と同じように、彼女は飛行記録をつけ、写真を撮り、宇宙船を操縦した。彼女が撮影した宇宙の日の出の写真は後に大気中のエアロゾル層を調査するのに使用された。2日前に打ち上げられたボストーク5号とはソビエト宇宙プログラムの合同事業として行われた。今回のミッションは、もともと両方に女性が搭乗するはずだったが、ボストーク計画はボスホート計画に引き継がれることが決まったため実現しなかった。ボストーク6号はボストーク3KA機の最後の飛行となった。 報告と長年に渡る噂によると、テレシコワには飛行中、宇宙酔いや酷い月経などの症状が表れたという。ある報告によると、ある時彼女はヒステリー状態になり、無線を通じてセルゲイ・コロリョフに叱られるまで泣き続けたという。しかし結局、彼女はプログラムを完璧にこなした。 2004年、制御プログラムのエラーのため宇宙船が軌道から下降すべき時に上昇してしまっていたことが明らかとなった。テレシコワは飛行の初日にその事態に気づき、コロリョフに報告した。そのミスは適切に直され、彼女は無事に帰還することができた。宇宙船の設計も担当したコロリョフの要請によって、テレシコワはその後30年間その事実を隠した。 後に明らかにしたところによると、テレシコワは宇宙船をうまく誘導することができず、降下が始まる直前には通信も途絶えてしまった。管制センターは着陸完了から2時間もの間、テレシコワの位置を把握できなかった。救助隊がテレシコワをようやく発見した場所は、想定していた地点から数十キロも離れていた。 着陸地点はアルタイ地方の:en:Bayevo西方の農場だった。パラシュートで落下中に強い風が吹いて、テレシコワはもう少しで湖に落下するところだった。再突入時のカプセルは、モスクワ近郊コロリョフにあるRKKエネルギア博物館に展示されている。 またこれはボストーク計画の最後の飛行となった。.

新しい!!: ボストークとボストーク6号 · 続きを見る »

ボスホート

ボスホート (Восхо́д, ヴァスホート, Voskhod) はソビエト連邦が開発した有人宇宙船である。「ボスホート」とはロシア語で日の出を意味する。 ボスホート宇宙船は、ボストークに続く有人宇宙船で、ボストーク宇宙船を改造し、バックアップ用の固形燃料逆噴射ロケットを帰還船に追加すると共に、シートを増やして2-3人乗りに改良された。一方、帰還船の大きさはボストーク宇宙船と同じであったため内部のスペースを確保するために宇宙飛行士の座席を射出する装置をなくした。ボストーク宇宙船では、宇宙飛行士は降下時に空中で射出されてパラシュートで地上に降りていたが、ボスホート宇宙船では宇宙船に乗ったまま、パラシュートを開いて降下し、着地前に逆噴射ロケットで減速する方式になった。また同じくスペース不足のため、1号の乗組員は宇宙服なしで乗り組むことになったが、2号の乗組員は2人だったため宇宙服を着ることができた。2号には船外活動のために伸展式の気密室(エアロック)が設置された。ボスホート宇宙船は、打ち上げ時と帰還時の緊急脱出方法がない、リスクの大きな宇宙船であった。 ボスホートはアメリカ合衆国が2人乗りのジェミニ宇宙船を開発していることを知ったソ連がそれに対抗して急遽計画したものだったが、結局無人テスト機のコスモス衛星3機と有人機2機が打ち上げられたのみで、先に開発が始まっていたソユーズに一本化された。.

新しい!!: ボストークとボスホート · 続きを見る »

パーヴェル・ポポーヴィチ

パウロー・ポポーヴィチ(ウクライナ語:Павло́ Рома́нович Попо́вич)、パーヴェル・ポポーヴィチ(ロシア語:Па́вел Рома́нович Попо́вич;1930年10月5日 - 2009年9月29日)はソ連の宇宙飛行士である。初めて宇宙に行ったウクライナ人。.

新しい!!: ボストークとパーヴェル・ポポーヴィチ · 続きを見る »

ヒマラヤスギ

ヒマラヤスギ(ヒマラヤ杉、学名:)は、マツ科ヒマラヤスギ属の常緑針葉樹。ヒマラヤ山脈西部の標高1500 mから3200 mの地域が原産地である。高さは40 m-50 m、時には60 mにまで成長し、幹の直径は3 mに達する。樹冠は円錐形で、地面に水平な枝と垂れ下がった小枝があるFarjon, A. (1990).

新しい!!: ボストークとヒマラヤスギ · 続きを見る »

ニェジェーリンの大惨事

ニェジェーリンの大惨事(Nedelin catastrophe または Nedelin disaster)は、1960年10月24日にバイコヌール宇宙基地でソビエト連邦の大陸間弾道ミサイルR-16の試験打上げ時に発射台上で発生した事故である。 試作ミサイルの試験飛行のため発射台で準備が行われている間、誤って二段目のロケットエンジンが着火した。結果として地上で大規模な爆発に至り、多くの軍人や技術者等が犠牲となった。であったが、。災害の規模にも関わらず、この事故のニュースは長年にわたり隠蔽され、ソビエト政府も1989年まで認めていなかった。初代ソ連戦略ロケット軍総司令官でR-16開発計画の責任者だったミトロファン・ニェジェーリン砲兵総元帥もこの事故に巻き込まれて死亡したため、このような名前が付いた。 なお、文献によっては本件についてネデリンの大災害などと表記されることがある東京大学出版会「ロシア宇宙開発史」。.

新しい!!: ボストークとニェジェーリンの大惨事 · 続きを見る »

アネクドート

アネクドート()とは、ロシア語では滑稽な小話全般を指すが、日本ではそのうち特に旧ソ連で発達した政治風刺の小話を指して用いられることが多い。本来この言葉はギリシャ語のアネクドトン(ανέκδοτον)に由来し「公にされなかったもの」の意を表した例えば、6世紀の東ローマ帝国・ユスティニアヌス1世時代にプロコピオスが書いた秘密ノート『秘史』(Ἀνέκδοτα)。。同根の言葉である英語のアネクドート(anecdote)や、多くの言語での対応する言葉は逸話の意味で用いられている。この記事ではソ連時代を主としたロシアの政治的な小話について取り扱う。.

新しい!!: ボストークとアネクドート · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: ボストークとアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アラン・シェパード

アラン・バートレット・シェパード・ジュニア(Alan Bartlett Shepard Jr.、1923年11月18日 - 1998年7月21日)はアメリカ合衆国最初の宇宙飛行士マーキュリー・セブンの一人、アメリカ初の宇宙飛行に成功。アメリカ海軍の軍人。 ニューハンプシャー州生まれ。1950年から海軍のテストパイロットを務め、F2HやF3H、F8U等の各種新戦闘機のテスト飛行を行った。 その後、シェパードはアメリカ航空宇宙局(NASA)に参加を求められライトスタッフと呼ばれた宇宙飛行士となった。1961年5月5日、マーキュリー計画の「マーキュリー3号(フリーダム7)」でアメリカ人として初めて宇宙へ出た。ただし、その飛行は15分28秒の弾道飛行であった。さらにジェミニ計画、アポロ計画に参加、アポロ13号に搭乗予定だったが中耳炎の悪化で延期になり、1971年2月にアポロ14号に船長として搭乗し、月面に降り立った5人目の人類となった。なお、この時のシェパードの年齢は47歳で、月面を歩いた人類としては最高齢だった。またこの際、月面でゴルフをするというパフォーマンスを行ったことは有名である。 また、シェパードはイギリスのSF人形劇サンダーバードに登場するトレーシー家の五男アラン・トレーシーの名前の由来となっている。 シェパードは海軍少将で退役した後、1998年7月21日に74歳で没した。 アメリカ海軍は、シェパードの功績をたたえてルイス・アンド・クラーク級貨物弾薬補給艦3番艦をアラン・シェパード (USNS Alan Shepard, T-AKE-3、2007年6月26日就役)と命名した。 Category:アメリカ合衆国の宇宙飛行士 Category:月面歩行者 Category:アメリカ合衆国海軍の軍人 Category:第二次世界大戦期のアメリカ合衆国の軍人 Category:アポロ計画の人物 Category:マーキュリー計画の人物 Category:NASAの人物 Category:ニューハンプシャー州の人物 Category:1923年生 Category:1998年没.

新しい!!: ボストークとアラン・シェパード · 続きを見る »

アンドリアン・ニコラエフ

アンドリアン・グリゴリビッチ・ニコラエフ(Andriyan Grigoryevich Nikolayev、Андриян Григорьевич Николаев、1929年9月5日 - 2004年7月3日)は、ソビエト連邦のチュヴァシ人(テュルク系)の宇宙飛行士。.

新しい!!: ボストークとアンドリアン・ニコラエフ · 続きを見る »

イヌ

イヌ(犬、狗、学名:Canis lupus familiaris、ラテン語名:canis、英語名[国際通用名]:dog、domestic dog)は、ネコ目(食肉目)- イヌ科- イヌ属に分類される哺乳類の一種である。.

新しい!!: ボストークとイヌ · 続きを見る »

イヌワシ

イヌワシ(犬鷲安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社、2008年、48頁。、狗鷲、Aquila chrysaetos)は、タカ目タカ科イヌワシ属に分類される鳥類。イヌワシ属の模式種。ベルクート(Berkut)とも呼ばれる。.

新しい!!: ボストークとイヌワシ · 続きを見る »

ウォッカ

ウォッカ(ロシア語: водка ヴォートカ;ポーランド語: wódka ヴートカ;ウクライナ語: горілка ホリールカ 英語:vodka)は、ロシアやウクライナやエストニアなど東欧の旧ソ連圏、スウェーデンやノルウェーなど北欧圏、ポーランドやスロヴァキアなど中欧圏で製造されている蒸留酒。.

新しい!!: ボストークとウォッカ · 続きを見る »

カモメ

モメ(鴎安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社、2008年、106頁。、Larus canus)は、チドリ目カモメ科カモメ属に分類される鳥類。.

新しい!!: ボストークとカモメ · 続きを見る »

ゲルマン・チトフ

ルマン・ステパノヴィチ・チトフ(、、1935年9月11日 - 2000年9月20日)は、ソビエト連邦の宇宙飛行士。ガガーリンの次に宇宙に行ったソ連の宇宙飛行士として知られている。最終階級は大将。.

新しい!!: ボストークとゲルマン・チトフ · 続きを見る »

コラブリ・スプートニク

ボストーク3K型宇宙船。 コラブリ・スプートニク(Корабль Спутник)とは、1960年から翌1961年にかけてソビエト連邦が打ち上げた一連の宇宙機のこと。ボストーク計画の有人宇宙飛行の前段階として7機が打ち上げられ、うち5機が地球周回軌道に達した。.

新しい!!: ボストークとコラブリ・スプートニク · 続きを見る »

スプートニク1号

プートニク1号(スプートニク1ごう、Спутник-1)は、ソビエト連邦が1957年10月4日に打ち上げた世界初の人工衛星である。重量は 83.6kg。Спутникはロシア語で衛星を意味する。 コンスタンチン・ツィオルコフスキーの生誕100年と国際地球観測年に合わせて打ち上げられた。科学技術的に大きな成果となっただけでなく、スプートニク・ショックを引き起こし、米ソの宇宙開発競争が開始されるなど、冷戦期の政治状況にも影響を与えた。.

新しい!!: ボストークとスプートニク1号 · 続きを見る »

スプートニク5号

プートニク5号(スプートニク5ごう、Спутник-5)は、1960年にソ連によって打ち上げられた有人宇宙船の試験機。動物を軌道上に打ち上げ地球への生還に成功した初めての例である。スプートニク5号はソ連のスプートニク計画の一つだが、ボストーク宇宙船の2回目のテスト飛行も兼ねていたため、コラブリ・スプートニク2号と呼ばれることもある。.

新しい!!: ボストークとスプートニク5号 · 続きを見る »

ソユーズ

ユーズ(Союз)は、ソビエト連邦およびロシア連邦の1 - 3人乗り有人宇宙船である。2人乗りボスホート宇宙船に続くもので、ソ連の有人月旅行計画のために製作されたが、結局有人月旅行計画は実現されなかった。 当初はソ連の宇宙ステーション「サリュート」や「ミール」への連絡に使用され、登場から40年以上経た21世紀でも、国際宇宙ステーション (ISS) へアクセスする唯一の有人往復宇宙船、およびステーションからの緊急時の脱出・帰還用として、現役で使用されている。 名称の「ソユーズ」は、ロシア語で「団結、結合」という意味で、ほかに「同盟」、「連邦」、「連合」、「組合」という意味も持つ。ロシア語本来の読みは「サユース」が近い。.

新しい!!: ボストークとソユーズ · 続きを見る »

ソビエト連邦

ビエト社会主義共和国連邦(ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう、Союз Советских Социалистических Республик)は、1922年から1991年までの間に存在したユーラシア大陸における共和制国家である。複数のソビエト共和国により構成された連邦国家であり、マルクス・レーニン主義を掲げたソビエト連邦共産党による一党制の社会主義国家でもある。首都はモスクワ。 多数ある地方のソビエト共和国の政治および経済の統合は、高度に中央集権化されていた。.

新しい!!: ボストークとソビエト連邦 · 続きを見る »

ソビエト連邦の宇宙開発

deadurldate.

新しい!!: ボストークとソビエト連邦の宇宙開発 · 続きを見る »

タカ

タ.

新しい!!: ボストークとタカ · 続きを見る »

爆発

(ばくはつ、explosion)とは、.

新しい!!: ボストークと爆発 · 続きを見る »

ハクトウワシ 鷲(わし)とは、タカ目タカ科に属する鳥のうち、オオワシ、オジロワシ、イヌワシ、ハクトウワシなど、比較的大き目のものを指す通称である。タカ科にて、比較的大きいものをワシ、小さめのものをタカ(鷹)と呼ぶが、明確な区別はなく、慣習に従って呼び分けているに過ぎない。 鷲の尾羽は矢羽根として最高のものとされる。陸奥国の名産として朝廷や伊勢神宮の遷宮の折などに鷲の尾羽を献上したという記録が残っている。.

新しい!!: ボストークと鷲 · 続きを見る »

R-16 (ミサイル)

R-16(NATOコードネーム:SS-7「サドラー」)は1956年にヤンゲリ設計局で開発され、1961年〜1978年にかけて初めて大量に配備されたソ連の二段式大陸間弾道ミサイルである。 R-16は地上から発射するタイプの弾道ミサイルだが、サイロから発射するR-16Uも存在していた。.

新しい!!: ボストークとR-16 (ミサイル) · 続きを見る »

有人宇宙飛行

ェミニ4号でアメリカ人初の宇宙遊泳(船外活動)を行った。(1965年) 有人宇宙飛行(ゆうじんうちゅうひこう)とは、宇宙船に人が乗り、宇宙を飛行することである。宇宙飛行を行うために特に訓練された者を宇宙飛行士と呼び、そうでない者が宇宙飛行を行う場合、特に宇宙旅行と呼ぶ。 宇宙ロケットに人間が乗り込むことには、依然安全上の大きなリスクがあり、実際に宇宙開発においては、惑星探査などその多くをロボットが担っているが、人間が行わなくてはならない活動も少なくない。宇宙船内での高度な実験、宇宙ステーションの建設などを行うことは、すなわち宇宙開発の主導権を握ることを意味する。現在建設中の国際宇宙ステーションでは有人飛行実績の高いロシアとアメリカが、主導的な立場を担っている。 有人宇宙飛行に成功しているのはロシア連邦(1961年4月 当時はソビエト連邦)、アメリカ合衆国(1961年5月)、中華人民共和国(2003年10月)の3か国となっている。.

新しい!!: ボストークと有人宇宙飛行 · 続きを見る »

1960年

アフリカにおいて当時西欧諸国の植民地であった地域の多数が独立を達成した年であることに因み、アフリカの年と呼ばれる。.

新しい!!: ボストークと1960年 · 続きを見る »

1960年代

1960年代(せんきゅうひゃくろくじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1960年から1969年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1960年代について記載する。.

新しい!!: ボストークと1960年代 · 続きを見る »

1961年

記載なし。

新しい!!: ボストークと1961年 · 続きを見る »

3月9日

3月9日(さんがつここのか)はグレゴリオ暦で年始から68日目(閏年では69日目)にあたり、年末まであと297日ある。.

新しい!!: ボストークと3月9日 · 続きを見る »

4月12日

4月12日(しがつじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から102日目(閏年では103日目)にあたり、年末まではあと263日ある。誕生花はアンズ、カタクリ。.

新しい!!: ボストークと4月12日 · 続きを見る »

5月5日

5月5日(ごがついつか)はグレゴリオ暦で年始から125日目(閏年では126日目)にあたり、年末まではあと240日ある。誕生花はハナショウブ。.

新しい!!: ボストークと5月5日 · 続きを見る »

8月6日

8月6日(はちがつむいか)は、グレゴリオ暦で年始から218日目(閏年では219日目)にあたり、年末まであと147日ある。.

新しい!!: ボストークと8月6日 · 続きを見る »

9月18日

9月18日(くがつじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から261日目(閏年では262日目)にあたり、年末まであと104日ある。.

新しい!!: ボストークと9月18日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ヴァストークヴォストーク

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »