ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ホンダ・S800

索引 ホンダ・S800

S800(エスはっぴゃく)は、本田技研工業がかつて生産、販売していた小型スポーツカーである。 略称は「S8(エスハチ)」。.

35 関係: 差動装置後輪駆動マニュアルトランスミッションラジアルタイヤローラーチェーントルクパワーバルジディスクブレーキホンダ・Sホンダ・S2000ホンダ・S360ホンダ・S500ホンダ・S600ダミーダブルウィッシュボーン式サスペンションエキゾーストマニホールドオープンカーカーオーディオクーペケーヒンシューティングブレークスポーツカーサスペンション縦置きエンジン独立懸架直列4気筒DOHC馬力車軸懸架水冷エンジン本田技研工業1966年1968年1970年5月

差動装置

差動装置(さどうそうち)は機械的機構の一種で、二つの部分の動きの差を検出、あるいは動力に差をつけ振り分ける装置。歯車を使った差動歯車やねじを使ったものなどがある。.

新しい!!: ホンダ・S800と差動装置 · 続きを見る »

後輪駆動

後輪駆動(こうりんくどう、RWD:Rear Wheel Drive)とは、車輪を有する輸送機器の駆動方式の一つで、前後の車輪のうち後方の車輪を駆動する方式である。後輪駆動と対比される駆動方式は前輪駆動である。後輪駆動はオートバイ、自転車に広く使われ、四輪自動車ではトラック・バスに広く用いられている。かつては乗用車でも主流であったが、小型車から順次前輪駆動が主流となっている。ここでは主に四輪自動車における後輪駆動について述べる。.

新しい!!: ホンダ・S800と後輪駆動 · 続きを見る »

マニュアルトランスミッション

マニュアルトランスミッション車におけるシフトノブの例 5速マニュアル車のシフトパターンの例 マニュアルトランスミッション()もしくは手動変速機(しゅどうへんそくき)とは運転者が減速比(ギア)を選択して操作するトランスミッション(変速機)。主に内燃機関が原動機である自動車やオートバイ・農業機械などに装備されている。操作が容易なオートマチックトランスミッション(自動変速機)が普及して極めて少数になりつつある。.

新しい!!: ホンダ・S800とマニュアルトランスミッション · 続きを見る »

ラジアルタイヤ

ラジアルタイヤ(radial tire)とは、自動車のタイヤの設計の一つである。より適切な表現としてはラジアルプライタイヤ (radial-ply tire) が用いられる。 本項ではカーカスコードを内部構造に有するタイヤ全般の説明を行っているため、ラジアルタイヤの前身として存在するバイアスタイヤや、ラジアルタイヤ登場後にバイアスタイヤから派生したバイアスベルテッドタイヤについても、本項にて併せて記述を行う。.

新しい!!: ホンダ・S800とラジアルタイヤ · 続きを見る »

ローラーチェーン

ーラーチェーンとスプロケット ローラーチェーンとは動力などを張力として伝達する機械要素である。スプロケットと組み合わせて使用される場合が一般的である。本項ではローラーチェーンに類似する他の動力伝達用チェーンについても触れる。.

新しい!!: ホンダ・S800とローラーチェーン · 続きを見る »

トルク

トルク(torque)とは、力学において、ある固定された回転軸を中心にはたらく、回転軸のまわりの力のモーメントである。一般的には「ねじりの強さ」として表される。力矩、ねじりモーメントとも言う。.

新しい!!: ホンダ・S800とトルク · 続きを見る »

パワーバルジ

ホンダ・シティ ターボII。既存車へ空冷インタークーラーを装備するにあたり、これを納めるためにパワーバルジが採用された。 パワーバルジとは、自動車のボンネット上の膨らみ(バルジ)のこと。.

新しい!!: ホンダ・S800とパワーバルジ · 続きを見る »

ディスクブレーキ

ディスクブレーキ (disc brake) は、制動装置の一種であり、主に航空機、自動車、オートバイ、自転車、鉄道車両に使用されている。車輪とともに回転する金属の円盤を、パッドなどで両側から挟み込むことによって制動する。一般的に円盤はブレーキローター、挟み込む機構はブレーキキャリパーと称される。.

新しい!!: ホンダ・S800とディスクブレーキ · 続きを見る »

ホンダ・S

ホンダスポーツまたはホンダ・S(エス)は、本田技研工業が過去に製造及び発売していたFR(後輪駆動)クーペまたはオープンカーの車種である。現在は、ホンダ・S660が登場している。.

新しい!!: ホンダ・S800とホンダ・S · 続きを見る »

ホンダ・S2000

S2000(エスにせん)は、本田技研工業がかつて生産・販売していたSシリーズ第4弾のスポーツカーである。.

新しい!!: ホンダ・S800とホンダ・S2000 · 続きを見る »

ホンダ・S360

300px S360(エスさんびゃくろくじゅう)は、本田技研工業が四輪車事業への進出をめざし発表した軽自動車規格のオープンスポーツカーである。S360は市販されず、後に排気量を増したエンジンを搭載したモデルが市販された。名称はSports 360としているものが当時の資料には多いがS360としているものもある。当記事では市販された後発車種に合わせS360とする。.

新しい!!: ホンダ・S800とホンダ・S360 · 続きを見る »

ホンダ・S500

S500(エスごひゃく)は、本田技研工業がかつて生産、販売していた小型スポーツカーである。.

新しい!!: ホンダ・S800とホンダ・S500 · 続きを見る »

ホンダ・S600

S600(エスろっぴゃく)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたSシリーズ第2弾の小型スポーツカーである。 愛称は「エスロク」。.

新しい!!: ホンダ・S800とホンダ・S600 · 続きを見る »

ダミー

ダミー(dummy)は、一般的に、本物に似せて偽装した、実際には機能を持たないもの。.

新しい!!: ホンダ・S800とダミー · 続きを見る »

ダブルウィッシュボーン式サスペンション

ダブルウィシュボーン式サスペンション (Double wishbone suspension) とは、自動車の懸架の方式のひとつで、独立懸架に分類される。 上下一対のアームでタイヤを支持するもので、レーシングカーではほとんどがこれを採用している。スポーツカーにも多い。.

新しい!!: ホンダ・S800とダブルウィッシュボーン式サスペンション · 続きを見る »

エキゾーストマニホールド

電用エンジンのエキゾーストマニホールド。 遮熱板が付けられたエキゾーストマニホールド エキゾーストマニホールド(Exhaust manifold)は、内燃機関における排気管のうち複数の排気流路を1つにまとめる多岐管(manifold)である。日本語ではエキゾーストマニフォールドと表記されるほか、エキマニと略されることもある。排気マニホールドや排気集合管と呼ぶ場合や、タコ足と俗称される場合もある。イギリス英語ではexhaust extractors、アメリカ英語ではexhaust headersとも呼ばれ、それぞれextractorsあるいはheadersと略される場合もある。.

新しい!!: ホンダ・S800とエキゾーストマニホールド · 続きを見る »

オープンカー

VW・ニュービートル レクサス・IS C ダイハツ・コペン(軽自動車) アウディTT・ロードスター オープンカーとは、屋根がないか、もしくは屋根開放が可能な乗用自動車を指す言葉。和製英語である。 馬車の歴史からボディスタイルを詳細に区別する欧米では、アメリカ合衆国ではコンバーチブル(Convertible )、イギリスではロードスター(Roadster )もしくはドロップヘッドクーペ(Drophead Coupe )、フランスやドイツではカブリオレ・カブリオレット(Cabriolet / Kabriolett )やカブリオ (Cabrio )と呼ばれるものが現代の代表的なオープンカーである。黎明期の自動車はオープンボディであったが、クローズドボディのセダンが一般化したため、従来のオープンボディの自動車を示すレトロニムである。現代では開放的な走りを楽しむ趣味的な車として使用されることが多い。客室が開放され外部へのアピールができるため、このタイプの車両は馬車の時代から各種のパレードや式典などでも用いられている。 現在では、ほとんどの車種が折りたたみや取り外しが可能な幌を備えており、車種によっては収納式や取り外しが可能なハードトップが用意されているものもある。.

新しい!!: ホンダ・S800とオープンカー · 続きを見る »

カーオーディオ

ンターコンソールにはめ込まれたカーオーディオ カーオーディオ(Car Audio)は、自動車に搭載される音響機器のことで、「カーステレオ」ともいわれる。また、ラジオ放送受信機能のみのものはカーラジオともいう。.

新しい!!: ホンダ・S800とカーオーディオ · 続きを見る »

クーペ

ーペ(仏:coupé クペ、クッペフランス語発音はで、「クペ」または「クッペ」(アポロ仏和辞典・角川書店 ISBN 4-04-012700-5)となる。発音記号でもkupeで短母音である。カタカナで一般的に表記される「クーペ」という長母音の表記は、本来のフランス語発音からは間違ったものとなる。)とは、.

新しい!!: ホンダ・S800とクーペ · 続きを見る »

ケーヒン

株式会社ケーヒン(Keihin Corporation )は、本田技研工業(ホンダ)系最大手の総合システムメーカー。本社は東京都新宿区。.

新しい!!: ホンダ・S800とケーヒン · 続きを見る »

シューティングブレーク

ューティングブレーク(Shooting brake)とは、乗用車のボディ形状の一種。時代によって意味が異なる。 現代では主にスポーツクーペの要素を持つスリークなステーションワゴンに対して用いられる。主に3ドア(2ドア+バックドア)であるが、5ドア(4ドア+バックドア)でもシューティングブレークと呼ばれる場合がある。 元々は19世紀から20世紀初頭に英国で使われた狩猟用のオープン馬車(キャリッジ)のことを指した。 1910年代になると、狩猟用としてコーチビルダーがロールス・ロイスなどのシャシを使い木製(及び木骨鋼板張り)ボディで少量生産する車両のことを指すようになった。その後狩猟だけでなく多用途に使えるシューティングブレイクが登場し、エステートやステーションワゴンと同義語になっていった。 単に「ブレーク」という用語は、フランス車を筆頭に、通常のステーションワゴンに対して用いられることが多い。フランス以外のメーカーでも、ブレーク(またはブレク)、アルファベットでは「brake」や「break」(綴りは国によって異なる)を用いる例がある。.

新しい!!: ホンダ・S800とシューティングブレーク · 続きを見る »

スポーツカー

ポーツカー(sports car)とは、自動車のカテゴリのひとつ。.

新しい!!: ホンダ・S800とスポーツカー · 続きを見る »

サスペンション

ペンション(suspension)または懸架装置(けんかそうち)とは、主に車両において、路面の凹凸を車体に伝えない緩衝装置としての機能と、車輪、車軸の位置決め、車輪を路面に対して押さえつける機能を持つことで、乗り心地や操縦安定性などを向上させる機構である。また、その他の機械類における、防振機構(インシュレーター)のことを指す場合もある。.

新しい!!: ホンダ・S800とサスペンション · 続きを見る »

縦置きエンジン

縦置きエンジン(たておきエンジン)とは、主に輸送機器たる乗り物において搭載されているエンジンのクランクシャフトが進行方向に平行、かつ前後方向に搭載されている状態をいう。英語では longitudinal engine が正式だが、進行方向を地図の北に見立てて north-south engine(ノース=サウス・エンジン)という言い方も広く用いられる。例えば「エンジンはノース=サウスだ」という文があれば、「エンジンは縦置きだ」という意味を持つ。 自動車の場合、フロントエンジン・リアドライブ配置の場合には縦置きであることが多く、実際にそのような構造をした車両が多い。リアエンジンやミッドシップエンジンでは、コンパクトにまとめたい等の理由で横置きすることも多い。差動機構が不要なオートバイ等では回転方向を90度変えるためのかさ歯車を採用する場合もあったが、現代においても自動車の入出力に相当する大トルクを担保するかさ歯車を製造出来る製造業者は数少ない。 フロントエンジン・フロントドライブ配置のいわゆるFF車の場合には、横置きが多数派であるが、乗り心地や運動性能にこだわったり、四輪駆動の派生モデルを考慮しているメーカーや車種(例えば国外メーカーであればアウディ、国内メーカーであれば水平対向エンジンを多く搭載しているスバルやホンダなど)では縦置きした車もある。FF車ではエンジンを縦置きにすることで左右のドライブトレーンの長さが均等になり、トルクステアを防止することができるため走行性能の向上に寄与する。.

新しい!!: ホンダ・S800と縦置きエンジン · 続きを見る »

独立懸架

立懸架(どくりつけんか)とは、自動車等のサスペンション形式のひとつである。インディペンデント・サスペンション (Independent Suspension) ともいう。 対義語は車軸懸架(固定車軸、リジッド・アクスルとも)。.

新しい!!: ホンダ・S800と独立懸架 · 続きを見る »

直列4気筒

列4気筒(ちょくれつよんきとう)とは、レシプロエンジン等の形式の1つで、シリンダーが1列に4本配置されている形式。当記事では専らピストン式内燃機関のそれについて述べる。主に、排気量1L(リットル)から2.5L程度までの普及価格帯の車両に搭載されることが多い。.

新しい!!: ホンダ・S800と直列4気筒 · 続きを見る »

DOHC

DOHC (ディーオーエィチシー) とは、Double OverHead Camshaft(ダブル・オーバーヘッド・カムシャフト)の略で、レシプロエンジンにおける吸排気弁機構の形式の一つ。.

新しい!!: ホンダ・S800とDOHC · 続きを見る »

馬力

力(ばりき)は工率の単位である。今日では、ヤード・ポンド法に基づく英馬力、メートル法に基づく仏馬力を始めとして、馬力の定義はいくつかある。日本の計量法では、仏馬力を特例的に当分の間のみ認めており、 正確に 735.5 ワットと定義している。 国際単位系 (SI) における仕事率、工率の単位はワット (W) であり、馬力は併用単位にもなっていない。.

新しい!!: ホンダ・S800と馬力 · 続きを見る »

車軸懸架

車軸懸架(しゃじくけんか)とは、自動車のサスペンション形式のひとつで、左右の車輪が車軸でつながっているものである。これに対するものは独立懸架である。 リジッドアクスル(rigid axle)、固定車軸式等とも呼ばれる。使用するバネにより、リーフスプリング式とコイルスプリング式に大別される。.

新しい!!: ホンダ・S800と車軸懸架 · 続きを見る »

水冷エンジン

水冷エンジン(すいれいエンジン)は、水またはそれに類する冷却液を媒体として冷却を行う、水冷による液冷のエンジン(発動機)である。「液冷エンジン」も(ほぼ)同義。.

新しい!!: ホンダ・S800と水冷エンジン · 続きを見る »

本田技研工業

本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。.

新しい!!: ホンダ・S800と本田技研工業 · 続きを見る »

1966年

記載なし。

新しい!!: ホンダ・S800と1966年 · 続きを見る »

1968年

記載なし。

新しい!!: ホンダ・S800と1968年 · 続きを見る »

1970年

記載なし。

新しい!!: ホンダ・S800と1970年 · 続きを見る »

5月

『ベリー公のいとも豪華なる時祷書』より5月 5月(ごがつ)はグレゴリオ暦で年の第5の月に当たり、31日ある。.

新しい!!: ホンダ・S800と5月 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »