ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ホウライシダ属

索引 ホウライシダ属

ホウライシダ属 (Adiantum) は、シダ植物門ホウライシダ科の一群で、細く硬い軸と、葉が巻き込んだような包膜が特徴である。一部は観葉植物として栽培されている。.

15 関係: 山と溪谷社山野草岩槻邦男平凡社保育社ハコネシダワラビトーマス・ムーア (植物学者)ホウライシダオトメクジャククジャクシダシダ綱シダ植物門観葉植物植物

山と溪谷社

株式会社山と溪谷社(やまとけいこくしゃ)は、日本の出版社のひとつ。山岳雑誌『山と溪谷』を柱として、山・アウトドア・スキー・旅・自然などに関する雑誌・書籍を出版・販売している。「ヤマケイ私鉄ハンドブック」、「ヤマケイ・レイル・グラフィックス」、「日本の鉄道」のシリーズなど、鉄道関係の出版を手掛けていたこともある。インプレスグループ。.

新しい!!: ホウライシダ属と山と溪谷社 · 続きを見る »

山野草

山野草(さんやそう)または山草(さんそう)とは、国内外の平地から高山に至る野外に自生する観賞価値のある草本、低木及び小低木の一部を含む幅広い意味を持つ言葉であるが、日本国内における近代的な山野草栽培の歴史は100年程度と浅いこともあり、未だに明確な定義が確立されていない。 一般的には野生植物のみを指すと思われることが多いが、近年では国内外で品種改良されたものが「山野草」として流通している例も多く、取扱業者が便宜的につけた不適当な名称で取り引きされている場合もある。また、ラン科のエビネ属やキンポウゲ科のオオミスミソウなどのように、優秀な技術を有する専門業者等により積極的な育種が試みられ、観賞価値の高いものが広く普及しつつあるものもある。さらに、日本春蘭(シュンラン)、富貴蘭(フウラン)、長生蘭(セッコク)、日本桜草(サクラソウ)などの高度に園芸化された古典園芸植物をも広く含む場合がある。.

新しい!!: ホウライシダ属と山野草 · 続きを見る »

岩槻邦男

岩槻 邦男(いわつき くにお、1934年7月15日 - )は、日本の植物学者、東京大学名誉教授、文化功労者。.

新しい!!: ホウライシダ属と岩槻邦男 · 続きを見る »

平凡社

株式会社平凡社(へいぼんしゃ)は、日本の出版社。百科事典の出版社として有名で、多様な一般書のほか岩波書店、筑摩書房と並んで学術・教養性の強い出版物を多く刊行する。現在も継続刊行中の東洋文庫(1963年創刊)、『別冊 太陽』(1972年創刊)などは歴史が古い。社名の「平」の字は、厳密には二つの点が末広がりになった旧字体「」を用いる(大正末期創業のため)。.

新しい!!: ホウライシダ属と平凡社 · 続きを見る »

保育社

株式会社 保育社(ほいくしゃ)は日本の出版社。大阪市淀川区に本社がある。1946年創業。 図鑑の発行を主力出版物としており、生物をはじめとする様々な分野の原色図鑑を発行していた。また文庫判ながらカラー写真入りであらゆる分野の事象を解説した小百科シリーズ「カラーブックス」の発行や生態学の啓蒙書でも知られている。 図鑑の傾向としては、専門家にとっては原著論文を網羅してはいない、自らの狭い専門分野の周辺分野を見渡す用途には堪え、アマチュアにとっては入門段階からセミプロ級の研究家までの使用に適するといった、プロとアマチュアを橋渡しするレベル設定のものが多い。.

新しい!!: ホウライシダ属と保育社 · 続きを見る »

ハコネシダ

ハコネシダ(Adiantum monochlamys Eaton)は、シダ植物門ホウライシダ科ホウライシダ属に含まれるシダ植物である。観葉植物として栽培されるホウライシダに似て、丸い小葉を多数つける。.

新しい!!: ホウライシダ属とハコネシダ · 続きを見る »

ワラビ

ワラビ(蕨、学名:Pteridium aquilinum)はシダ植物の1種。コバノイシカグマ科。かつてはイノモトソウ科に分類されていた。草原、谷地、原野などの日当たりのよいところに群生している。酸性土壌を好む。山菜のひとつに数えられている。 春から初夏にまだ葉の開いてない若芽(葉)を採取しスプラウトとして食用にするほか、根茎から取れるデンプンを「ワラビ粉」として利用する。ただし、毒性があるため生のままでは食用にできない。伝統的な調理方法として、熱湯(特に木灰、重曹を含む熱湯)を使ったあく抜きや塩漬けによる無毒化が行われる。 この名は同時にシダ類の代表的な名として流用され、たとえばイヌワラビ、クマワラビ、コウヤワラビなどがある。また、アイヌ語でもワラビを「ワランビ」「ワルンベ」などと呼称しており、日本語由来の言葉と考えられている。.

新しい!!: ホウライシダ属とワラビ · 続きを見る »

トーマス・ムーア (植物学者)

トーマス・ムーア(Thomas Moore、1821年5月21日 - 1887年1月1日)は、イギリスの園芸家、植物学者である。.

新しい!!: ホウライシダ属とトーマス・ムーア (植物学者) · 続きを見る »

ホウライシダ

ホウライシダ (Adiantum capillus-veneris L.) は、ホウライシダ属のシダ植物。.

新しい!!: ホウライシダ属とホウライシダ · 続きを見る »

オトメクジャク

トメクジャク(乙女孔雀、Adiantum edgeworthii L.)は、シダ植物門ホウライシダ科ホウライシダ属の常緑性のシダ植物である。日本では大分県だけに分布している。.

新しい!!: ホウライシダ属とオトメクジャク · 続きを見る »

クジャクシダ

赤く色づいた若葉 クジャクシダ(孔雀羊歯、学名: )は、ホウライシダ科ホウライシダ属の夏緑性のシダ植物である。 葉の枝分かれに特徴があって、それぞれに羽状複葉になった枝(羽片)を扇のように広げた姿がクジャクの尾羽を思わせるのが和名の由来である。クジャクソウとも呼ばれる。.

新しい!!: ホウライシダ属とクジャクシダ · 続きを見る »

シダ綱

ダ綱(シダこう、学名:Pteridopsida)は、シダ(羊歯、歯朶)を含む植物の綱である。上位分類等に関してはシダ植物門を参照のこと。.

新しい!!: ホウライシダ属とシダ綱 · 続きを見る »

シダ植物門

ダ植物門(シダしょくぶつもん、羊歯植物門、学名:Pteridophyta)は、いわゆるシダ(羊歯、歯朶)を含む植物の門である。いわゆるシダ植物は側系統群であるが、ここではこのうちの最大の単系統群をシダ植物門としている。最新の分子系統学的な体系では、広義のシダ植物からヒカゲノカズラ植物門を除いたものに当たる。 シダ類の特徴などについてはシダ綱を参照。.

新しい!!: ホウライシダ属とシダ植物門 · 続きを見る »

観葉植物

リヅルラン ''Chlorophytum comosum'' 観葉植物(かんようしょくぶつ、英:ornamental foliage plant)は、葉やその色合いを楽しみ、自然な雰囲気を醸し出すために育てる植物である。葉の形状、色彩、斑などの模様・造形美を深く味わい観賞する。リラクゼーションの効用がある。主に屋内において、家庭などのほか、ホテルのロビーや美容室、飲食店などの店舗、オフィスなどに置かれる。 花屋、ホームセンターなどで入手可能である。また、商業目的で使用する場合は、リースする方法もある。 ほとんどが熱帯・亜熱帯原産の植物のため、冬は室外に置かず、室内の温度も氷点下にならない程度にする必要がある。ただし植物の種類や地方によっては室外でも冬を乗り切れる場合がある。.

新しい!!: ホウライシダ属と観葉植物 · 続きを見る »

植物

植物(しょくぶつ、plantae)とは、生物区分のひとつ。以下に見るように多義的である。.

新しい!!: ホウライシダ属と植物 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

アジアンタム

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »