ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ベース (弦楽器)

索引 ベース (弦楽器)

この項でのベース(bass、Bass バスとも)は、低音パートを演奏する弦楽器の総称である。 楽器そのものを指す場合とパートを指す場合があるので、使用には注意が必要である。.

34 関係: 古典派音楽両面テープ弦 (楽器)弦楽合奏弦楽器マンドリンマンドローネチェロバンド (音楽)バス (声域)ヤマハロック (音楽)ヴァイオリンヴィオラヴィオローネフレットフェンダー (楽器メーカー)フェンダー・プレシジョンベースベーシストアコースティック・ベースアコースティック・ギターエレクトリック・アップライト・ベースエレクトリックベースオクターヴギターコントラバスシンセベースジャズスティック調律明和電機5弦ベース6弦ベース8弦ベース

古典派音楽

古典派音楽(こてんはおんがく)は、クラシック音楽の歴史において、1730年代から1820年代まで続いた時期の芸術音楽の総称。.

新しい!!: ベース (弦楽器)と古典派音楽 · 続きを見る »

両面テープ

両面テープ(りょうめんテープ、英語:double-sided tape)とは、薄膜状の基材などを利用して接着剤を両面から接着できるようなシート状に加工し、その表面に剥離紙を取り付けて細長い帯状にした文房具である。 稀に「りゃんめんテープ」と発音、「りゃんめん」と呼称される場合もあるが、これは麻雀用語の「両面待ち(リャンメンまち)」からの転用である。.

新しい!!: ベース (弦楽器)と両面テープ · 続きを見る »

弦 (楽器)

弦(げん)とは、弦楽器の発音体、すなわち、最初に振動する部分である。糸状になっており、材質や太さはなるべく均質に作られている。両端または片方の端は、さまざまな方法によって弦楽器の本体に固定され、張力を持って張られている。表記については、絃とするのが正式である。また、和楽器においては糸 (いと)と呼ばれる。.

新しい!!: ベース (弦楽器)と弦 (楽器) · 続きを見る »

弦楽合奏

弦楽合奏(げんがくがっそう)は、ヴァイオリン属の弦楽器による合奏。使用される楽器は、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ及びコントラバスの4つ。.

新しい!!: ベース (弦楽器)と弦楽合奏 · 続きを見る »

弦楽器

弦楽器(げんがっき)(絃楽器とも)とは、弦に何らかの刺激を与えることによって得られる弦の振動を音とする楽器の総称である。弦の振動を得るために、弦とそれを張力をもって張っておく装置を備え、多くの場合は得られた音を共鳴させて音を拡大するための装置を持つ。 楽器分類学では弦鳴楽器と呼ぶ。.

新しい!!: ベース (弦楽器)と弦楽器 · 続きを見る »

マンドリン

マンドリン(、独・、)は、イタリア発祥の撥弦楽器。 現在、もっとも一般的にみられるのは17世紀中頃に登場したナポリ型マンドリンから発展したもので弦はスチール製の8弦4コース、調弦はヴァイオリンと同じく低い方からG-D-A-E。ただしヴァイオリンと違って指板にはフレットがあり、弓ではなくピックを使って演奏する。 撥弦楽器であるマンドリンはギターと同じく持続音が出せない楽器である。この問題は高音においてギターより大きな問題となり、その結果、持続音を模したトレモロ奏法が使われる。その他の奏法には、アルペジオ、ピッツィカート、ハーモニクスなどがある。 19世紀末にアメリカ合衆国で派生したフラットマンドリンは、ブルーグラス、カントリーなどの音楽ジャンルで、フィドルやバンジョーなどとともに使用されることが多い。.

新しい!!: ベース (弦楽器)とマンドリン · 続きを見る »

マンドローネ

マンドローネ(mandolone)はマンドリン属の最低音域を受け持つ楽器であるが、通常のマンドリン属の楽器とはやや様相を異にする。.

新しい!!: ベース (弦楽器)とマンドローネ · 続きを見る »

チェロ

チェロ(ヴィオロンチェロ、セロとも)は、西洋音楽で使われるヴァイオリン属の弦楽器の一種である。弦の数は4本。略号は「Vc」。.

新しい!!: ベース (弦楽器)とチェロ · 続きを見る »

バンド (音楽)

バンド(band)または楽団(がくだん)は、楽曲を演奏する集団のこと。.

新しい!!: ベース (弦楽器)とバンド (音楽) · 続きを見る »

バス (声域)

プラノ アルト テノール '''バス''' バス(Bass、英語ではベイスと発音)は、声域としては最も低い音域の声部をさす。.

新しい!!: ベース (弦楽器)とバス (声域) · 続きを見る »

ヤマハ

本社(2006年11月25日撮影) 別角度から ヤマハ株式会社()は、楽器・半導体・音響機器(オーディオ・ビジュアル)・スポーツ用品・自動車部品製造発売を手がける日本のメーカーであり、日経平均株価の構成銘柄の一つ。 1969年にピアノ生産台数で世界一となり、販売額ベースで現在でも世界首位のほか、ハーモニカやリコーダー、ピアニカといった学校教材用楽器からエレクトリックギターやドラム、ヴァイオリン、チェロ、トランペット、サクソフォーンなど100種類以上もの多岐に渡る楽器を生産するなど、世界最大の総合楽器メーカーであると同時に業界の盟主でもある。大手二輪メーカーであるヤマハ発動機は二輪製造部門が独立して設立されたものである。.

新しい!!: ベース (弦楽器)とヤマハ · 続きを見る »

ロック (音楽)

音楽ジャンルとしてのロック、ないし、ロック・ミュージック、ロック音楽(ロックおんがく、rock music)は、1950年代にアメリカ合衆国におけるロックンロールを起源とし、1960年代以降、特にイギリスやアメリカ合衆国で、幅広く多様な様式へと展開したポピュラー音楽のジャンルであるP.

新しい!!: ベース (弦楽器)とロック (音楽) · 続きを見る »

ヴァイオリン

ヴァイオリンまたはバイオリンは弦楽器の一種。ヴァイオリン属の高音楽器である。ヴァイオリン属に属する4つの楽器の中で最も小さく、最も高音域を出す楽器である。弦を弓や指などで振動させて音を出す、弦鳴楽器に属する。しばしば「Vn」「Vl」と略記される。.

新しい!!: ベース (弦楽器)とヴァイオリン · 続きを見る »

ヴィオラ

ヴィオラまたはビオラは、西洋音楽で使われるヴァイオリン属の弦楽器である。長い間独奏楽器としてはほとんど無視された存在であったが、近代以降では独奏曲も数多く作られるようになってきている。合奏や重奏の中では中音部を受け持つ。しばしば「Va」「Vla」と略記される。.

新しい!!: ベース (弦楽器)とヴィオラ · 続きを見る »

ヴィオローネ

ヴィオローネ(伊・独:Violone)は、ヴィオール属の擦弦楽器で、16~18世紀頃ヨーロッパで用いられた古楽器。 ヴィオラ・ダ・ガンバと同属の最低音域楽器であり、コントラバスの先祖に当たる。 バロック音楽の頃には通奏低音として盛んに用いられ、小規模なアンサンブルでは現在のチェロのような役割として低音部の旋律を、やや大規模なアンサンブルやオーケストラでは、チェロとともにその8度下(オクターブ・ユニゾンという)を演奏する、現在のコントラバスの役割を担った。現在も古楽系の楽団において、復元楽器が使用されている。 ウィキペディア英語版では、「チェロのサイズのヴィオローネ」、「チェロよりやや大きめのヴィオローネ」の存在も確認されているが、こちらを使用する場合は一オクターブ下ではなく実音を演奏する。ヴィオローネといえばコントラバス、という常識がなかなか覆らなかったために、ヴィオローネのパートは長い間一オクターブ下げた深く重い音でどっしりと演奏されていたが、最近の古楽考証により小ぶりな音色と実音で演奏されている録音も増えつつある。.

新しい!!: ベース (弦楽器)とヴィオローネ · 続きを見る »

フレット

フレット(Fret)とは、ある種の弦楽器が持つ構造で、ネック(棹)にある突起であり、弦の出す音の高さを変えるための仕組みのひとつである。撥弦楽器に多いが、擦弦楽器にも見られることがある。一般にフレットと呼び、フレットのある楽器のことをフレッテッド、フレッテド(Fretted)と呼ぶが、琵琶では柱(じ)と呼んでいる。.

新しい!!: ベース (弦楽器)とフレット · 続きを見る »

フェンダー (楽器メーカー)

フェンダー(Fender Musical Instruments Corporation)は、レオ・フェンダーが1946年に創業した楽器メーカーである。主にエレクトリック・ギター、アンプの製造を行っている。.

新しい!!: ベース (弦楽器)とフェンダー (楽器メーカー) · 続きを見る »

フェンダー・プレシジョンベース

プレシジョンベース(Precision Bass)は、エレクトリックベースの一種。1951年にフェンダー社から発売されて以来、現在まで広く普及している。日本での一般的な略称はプレベ。英語圏ではP-Bassなどとも。.

新しい!!: ベース (弦楽器)とフェンダー・プレシジョンベース · 続きを見る »

ベーシスト

ベーシスト(Bassist)またはベースプレイヤー(Bass player)は、ベースを演奏するミュージシャンである。ベースにはいろいろな種類があるが、奏者としては区別なくベーシストと呼ぶことがある。ただし、日本語においては「ベーシスト」という呼称はポピュラー音楽やロック、ジャズ等を演奏する奏者をイメージさせることが多い。ドラマーとともにリズム隊として重要なポジションを占める。.

新しい!!: ベース (弦楽器)とベーシスト · 続きを見る »

アコースティック・ベース

アコースティック・ベース・ギター(ワッシュバーン) アコースティック・ベースとは、弦楽器のひとつで、電気的音量増幅を必要としない(アンプラグド)ベースの総称。エレクトリックベースが登場したことによるレトロニムである。.

新しい!!: ベース (弦楽器)とアコースティック・ベース · 続きを見る »

アコースティック・ギター

アコースティックギター(acoustic guitar)とは、撥弦楽器であるギターのうち、より古典的な、楽器から直接音声を得るものを指す。ピックアップを備え電気信号を出力するエレクトリックギターに対して旧来のギターを区別するためのレトロニムである。狭義ではフォークギターのことを指し、こちらのほうが一般的な用法である。 標準で6本の弦をもち、指で爪弾くフィンガーピッキング、あるいはピックではじくピック奏法で演奏される。弦の振動および音波は楽器本体および本体内の空洞の共鳴を経て奏者や聴客の耳へ届く。 (チューニング等は、チューニングの項参照。) アコースティックギター.

新しい!!: ベース (弦楽器)とアコースティック・ギター · 続きを見る »

エレクトリック・アップライト・ベース

レクトリック・アップライト・ベース(Electric Upright Bass)は4本または5本の弦を持つ大きな弦楽器である。 日本語に訳すと“電気式で直立の”ベースとなる。名が示す通りエレクトリックベースとの一番大きな差は、ピアノに於けるグランドとアップライトの対比と同様に弦が鉛直方向に張られていること。 たびたびEUBと略され、これに対してコントラバスなどを指すAUB(Acoustic Upright Bass)という呼称も存在する。 また簡易的な略称として、“エレアプ”とも呼ばれる。.

新しい!!: ベース (弦楽器)とエレクトリック・アップライト・ベース · 続きを見る »

エレクトリックベース

レクトリックベース(electric bass、エレキベースとも)は低音部の撥弦楽器である。日本では「エレクトリックベース」と略さずに呼ばれることは少なく、エレキベース、電気ベース、あるいは単にベースと呼ばれる(本項本文では主にエレキベースと表記する)。弦は基本的に4本。5本や6本以上のものは多弦ベースと呼ばれることもある。 21世紀ではポピュラーな楽器だが、登場初期は非常に高価な代物でヴァン・ヘイレンのベーシスト、マイケル・アンソニーはエレクトリックギターの1弦と2弦を外してエレキベースの練習をしていたという。また、Mr.Big、ナイアシンのベーシスト、ビリー・シーンは「当時ギターよりエレキベースが高価で買えなかったから、ギターでベースラインを弾いていたんだ」と語っている。ベース弦もギター弦にくらべると高価である。 目立たなかったベースをメジャーに押し上げたのはビートルズのポール・マッカートニーがスチュワート・サトクリフの脱退によりそれまで担当していたサイドギターからチェンジしベースに転向してからである。.

新しい!!: ベース (弦楽器)とエレクトリックベース · 続きを見る »

オクターヴ

ターヴは、西洋音楽における8度音程であり、周波数比2:1の音程である。 「オクターブ」とも表記される。.

新しい!!: ベース (弦楽器)とオクターヴ · 続きを見る »

ギター

ター(Guitar)は、リュート属に分類される弦楽器。指、またはピックで弦を弾くことにより演奏する撥弦楽器である。 クラシック音楽、フラメンコのほか、ジャズ、ロック、フォルクローレ、ポピュラー音楽など幅広いジャンルで用いられる。 ギターの演奏者をギタリスト(Guitarist)という。 また、エレクトリック・ギター(エレキギター)を単にエレキ、もしくはギターと呼ぶ場合も多い。.

新しい!!: ベース (弦楽器)とギター · 続きを見る »

コントラバス

ントラバスは音楽における音域の区分のひとつ。バスのオクターヴ下に位置づけられる。また、この音域をもつ弦楽器のひとつ。本項では弦楽器としてのコントラバスについて記述する。 4本または5本の弦を持つ大きな弦楽器である。略号は「Cb」。単にバスもしくはベース(Bass)(英語圏ではこの呼び方をする人が多い)、ダブルベース(英語起源)、ストリングベース(英語圏においてエレクトリックベースに対し)、ウッドベース(和製英語)、弦バス(日本の吹奏楽において管楽器バス(チューバ等)に対し)、アップライトベース、アコースティックベース(ポピュラー音楽でエレクトリックベースに対し)、ベース・フィドル(ケルト系の音楽でヴァイオリンの呼称であるフィドルに対して)とも言う。呼称が多いのは、コントラバスがさまざまな場面で使われることの表れである。画像:Kontrabas.jpg-->.

新しい!!: ベース (弦楽器)とコントラバス · 続きを見る »

シンセベース

ンセベースは、キーボード・シンセサイザーの一種であり、シンセサイザーで演奏されるベースパート。もしくはエレクトリック・ベースやダブル・ベースのシミュレーションを、ベースのレンジの中でクリエイトする楽器である。ファンクやR&B、Gファンクやギャングスタ・ラップのジャンルで、効果的に使用される。.

新しい!!: ベース (弦楽器)とシンセベース · 続きを見る »

ジャズ

ャズ(jazz)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ南部の都市を中心に派生した音楽形式。西洋楽器を用いた高度な西洋音楽の技術と理論、およびアフリカ系アメリカ人の独特のリズム感覚と音楽形式とが融合して生まれた。演奏の中にブルー・ノート、シンコペーション、スウィング、コール・アンド・レスポンス(掛け合い演奏)、インプロヴィゼーション、ポリリズム(複合リズム)などの要素を組み込んでいることが、大きな特徴とされている。 その表現形式は自由なものだった。また、初期からポール・ホワイトマンやビックス・バイダーベックらの白人ミュージシャンも深くかかわり、黒人音楽であると同時に人種混合音楽でもあった。演奏技法なども急速に発展した。20世紀後半には世界の多くの国々で、ジャズが演奏されるようになった。.

新しい!!: ベース (弦楽器)とジャズ · 続きを見る »

スティック

10弦スティック スティックは、1970年代初頭に、アメリカのエメット・チャップマンによって発明された電気楽器である。彼は1969年に生み出した、両手をフレットに対して並行にして弾く、“フリー・ハンズ”タッピング奏法のための新しい弦楽器を設計した。スティックの最初のモデルは1974年に出荷された。 ドラムスティックと区別するため、作者の名と併せてチャップマン・スティック (chapman stick) という呼ばれ方もする。.

新しい!!: ベース (弦楽器)とスティック · 続きを見る »

調律

調律(ちょうりつ)とは、楽器の音高を、演奏に先立って適切な状態に調整すること。楽器全体の音高は、楽器の各音の中の特定の音を特定の高さにすることで調整され、各音の音高の相対的な関係は、一定の音律に従って調整される。.

新しい!!: ベース (弦楽器)と調律 · 続きを見る »

明和電機

明和電機(めいわでんき、Maywa Denki)は、土佐 信道(とさ のぶみち)プロデュースによる、中小電機メーカーに偽装した芸術ユニット。所属事務所は吉本興業。作品制作のほか、音楽活動、舞台パフォーマンス、タレント活動も行っている。.

新しい!!: ベース (弦楽器)と明和電機 · 続きを見る »

5弦ベース

アイバニーズ・サウンドギア 5弦ベース(ごげんベース)とは、主にアコースティックベース及びエレクトリックベース(エレキベースギター)のバリエーションの一つ。 一般的に、通常の4弦エレクトリックベースのチューニング「E-A-D-G」に、最低音であるEよりも5フレット分音が低い「Low-B」音弦を付加、あるいはG弦の開放よりも5フレット分音が高い「High-C」弦が付加された楽器。 起源となったコントラバスでは5弦ベースを用いる場合、低音弦をLOW-B(ドイツ読みではH)に調弦するケースとチェロの最低音に合わせて低音弦をC音に調弦するケース「C-E-A-D-G」のどちらも見られるが、エレクトリックベースでは最低音を足した場合「B-E-A-D-G」でも、高音弦を足した場合「E-A-D-G-C」でも、完全四度の関係でチューニングされる事が殆どである。 ただし用途や共演する楽器の傾向により他の調弦も使われており、LOW-Aに調弦された7弦ギター(「A-E-A-D-G-B-E」)とのユニゾン目的で最低音をAにした「A-E-A-D-G」に調弦するケースや(俗に言うドロップチューニング。この場合ギターの5弦、7弦、ベースの5弦が3オクターブでユニゾンする)、コードを表現しやすくするためギターの調弦の「E-A-D-G-B-E」を模して「E-A-D-G-B」(「High-C」弦を半音下げ)に調弦するケース等がある。また、5弦目により太い弦を張り最低音をFにした「F-A#-F-A#-D#」など極めて低いチューニングにするアーティストもいる。(のベーシスト、Alex Milovicのチューニングである。).

新しい!!: ベース (弦楽器)と5弦ベース · 続きを見る »

6弦ベース

6弦ベース(ろくげんベース)とは、主にエレクトリックベースの一種。通常のエレクトリックベースが4弦であるのに対し、6本の弦が張ってあることから、そう呼ばれている。.

新しい!!: ベース (弦楽器)と6弦ベース · 続きを見る »

8弦ベース

8弦ベース(はちげんベース)とは、エレクトリックベースのバリエーションの一つ。.

新しい!!: ベース (弦楽器)と8弦ベース · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »