ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ベルリン会議 (1878年)

索引 ベルリン会議 (1878年)

ベルリン会議(ベルリンかいぎ、1878年6月13日 - 1878年7月13日)は、露土戦争の結果起こった国際紛争解決のために、ドイツのビスマルクが主催した国際会議。イギリス、フランス、ドイツ、オーストリア・ハンガリー帝国、ロシア、イタリア、オスマン帝国の7か国が参加し、バルカン半島の新独立国の領域が決定された。.

80 関係: 大ブルガリア公国外務大臣 (フランス)外務・英連邦大臣希土戦争 (1897年)三帝同盟三国協商三国同盟 (1882年)三国干渉チュニジア侵攻バルカン半島バルカン同盟バルカン戦争モンテネグロ公国ルーマニア公国ロバート・ガスコイン=セシル (第3代ソールズベリー侯)ロシアの外相ロシア帝国ボスニア・ヘルツェゴビナ併合プリズレン連盟パリ条約 (1856年)テッサリアフランスドイツ帝国ドイツ国首相ベルリンベルリン条約 (1878年)ベルンハルト・フォン・ビューローベンジャミン・ディズレーリアレクサンドル・ゴルチャコフアンドラーシ・ジュライピロスイギリスイギリスの首相イスタンブールイタリア王国エーゲ海エジプトオード・ラッセル (初代アムトヒル男爵)オーストリアの首相 (帝国期)オーストリア=ハンガリー帝国オットー・フォン・ビスマルクオスマン帝国キプロス島ギリシャクレメンス・ヴィルヘルム・ヤーコプ・メッケルクロートヴィヒ・ツー・ホーエンローエ=シリングスフュルストセルビア公国 (近代)サン・ステファノ条約勢力均衡租借地...第一次世界大戦露仏同盟露土戦争 (1877年-1878年)英仏協商英露協商東ルメリ自治州東アジア戦争賠償日露戦争日英同盟普仏戦争1856年1875年1878年1879年1881年1882年1885年1890年1894年1895年1902年1904年1907年1908年1912年1913年19世紀6月13日7月13日 インデックスを展開 (30 もっと) »

大ブルガリア公国

大ブルガリア公国(だいブルガリアこうこく、Княжество България / Knyazhestvo Bulgaria)は、1878年3月に露土戦争の講和条約として結ばれたサン・ステファノ条約によって、一時的にブルガリアに成立した公国。 ロシア帝国からの影響が強く、この新たな国家はロシアの地中海への南下政策を容易にするものであったためイギリス、オーストリアの反発を招き、事態の収拾を図ったドイツが主催したベルリン会議の結果、ベルリン条約によって大きく領土を縮小された。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と大ブルガリア公国 · 続きを見る »

外務大臣 (フランス)

ヨーロッパ・外務大臣(ヨーロッパ・がいむだいじん、)は、フランスのヨーロッパ・外務省を所管する大臣。 フランスの外交を担当する大臣および省の名称は時代によって異なり、現名称は2017年からのものである。フランスにおける内閣の重要ポストのひとつであり、第五共和政下では首相経験者がしばしば任命されている。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と外務大臣 (フランス) · 続きを見る »

外務・英連邦大臣

女王陛下の外務および英連邦大臣()は、イギリスの外務・英連邦省の長たる国務大臣。一般にForeign Secretaryと略され、他国の外務大臣に相当する。Great Offices of Stateと呼ばれる重要閣僚ポストの一つでもある。 諸外国との外交関係、英連邦と海外領土に関わる事項に加えて、海外におけるイギリスの国益の増進を担当する。また、秘密情報部 (MI6) および政府通信本部 (GCHQ) を監督する行政上の権限も有する。 現在の外務・英連邦大臣は、元ロンドン市長のボリス・ジョンソン下院議員で、2016年7月にテリーザ・メイ首相により任用された。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と外務・英連邦大臣 · 続きを見る »

希土戦争 (1897年)

希土戦争 (ギリシャ語 Ελληνοτουρκικός πόλεμος του 1897)は、1897年にギリシャ王国とオスマン帝国の間に勃発した戦争。オスマン帝国の支配下にあったクレタ島の帰属を巡って争われた。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と希土戦争 (1897年) · 続きを見る »

三帝同盟

三帝同盟(さんていどうめい、Dreikaiserbund、Союз трёх императоров)は、19世紀に、ドイツ帝国がオーストリア=ハンガリー帝国およびロシア帝国との間に結んだ同盟。独墺露同盟ともいい、ドイツ首相オットー・フォン・ビスマルクの提唱により1873年締結され、1882年締結の三国同盟(独墺伊同盟とも)、1887年の独露再保障条約と並ぶビスマルク体制の支柱であった。「三帝協定」などの訳語もある。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と三帝同盟 · 続きを見る »

三国協商

三国同盟と三国協商 三国協商(さんごくきょうしょう、Triple Entente、Triple-Entente、Антанта)は、19世紀末から20世紀初頭においてイギリス・フランス・ロシア帝国の各国の間で締結された、露仏同盟・英露協商・英仏協商によって作られた三国の協調関係を指した言葉。英仏露協商ともいい、独墺伊同盟と対立し、第一次世界大戦の主要な交戦国となった。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と三国協商 · 続きを見る »

三国同盟 (1882年)

三国同盟(赤)と三国協商(青) 三国同盟(さんごくどうめい)は、ドイツ、オーストリア・ハンガリー、イタリアによる秘密軍事同盟。独墺伊(三国)同盟ともいう。第一次世界大戦が勃発するまで、オスマン債務管理局を舞台に英仏と熾烈な利権争いを展開しながら更新された。世界大戦ではドイツ・オーストリアが中央同盟国を形成して、三国協商などによる連合国と戦った。 18世紀以来ロシア帝国にはサンクトペテルブルクを通して列強の資本が流れており、日露戦争まではドイツが英仏よりも影響力をもった。しかしドイツは三国同盟を結成してから東方問題にかかりきりとなり、極東は英仏が政治・経済的に支配した。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と三国同盟 (1882年) · 続きを見る »

三国干渉

1895年11月8日、三国干渉の結果、日本は遼東還付条約に調印した。 三国干渉(さんごくかんしょう)は、1895年(明治28年)4月23日にフランス、ドイツ帝国、ロシア帝国の三国が日本に対して行った勧告である。日本と清の間で結ばれた下関条約に基づき日本に割譲された遼東半島を清に返還することを求める内容だった。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と三国干渉 · 続きを見る »

チュニジア侵攻

チュニジア侵攻は1881年に第三共和政下のフランスが、フサイン朝チュニス君侯国(1705年 - 1881年)(形式上はオスマン帝国領だが独立した統治を行っていた。現チュニジア共和国領にあった)に侵攻した武力衝突事件。 19世紀の地中海沿岸の勢力図は、オスマン帝国が弱体化しつつある中、フランスが勢力を伸ばす状況にあった。1830年のアルジェリア侵略ではチュニジアの隣国にあったを支配下に収めてフランス領アルジェリアが成立しており、その延長として行われた軍事行動である。チュニジア侵攻は終始、フランス側のペースで進み、1956年まで続く植民地体制が決定づけられた。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とチュニジア侵攻 · 続きを見る »

バルカン半島

バルカン半島(バルカンはんとう、Balkans、Balcania)は、ヨーロッパの南東部で、ギリシャ、アルバニア、ブルガリア、マケドニア、セルビア、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア、ヘルツェゴビナ、コソボ、ヴォイヴォディナ(スレム、バチュカ、バナト)及びトルコのヨーロッパ部分(ボスフォラス海峡以西)からなる地域である。バルカン半島の北限はしばしばドナウ川とサヴァ川とされているが、歴史的な繋がりの深いルーマニアや、旧ユーゴスラビア連邦のスロヴェニア(1991年以前の旧ユーゴスラビアの大部分がドナウ川またはサヴァ川以南)をバルカンに含めることもあり、必ずしも定まった地域概念ではない(バルカン山脈に詳しい)。オスマン語でバルカンは森林山脈を意味する。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とバルカン半島 · 続きを見る »

バルカン同盟

バルカン同盟(バルカンどうめい、Balkan League)は、1912年にバルカン半島に属する諸国である、ブルガリア、セルビア、ギリシャ、モンテネグロの間で結ばれたオスマン帝国に対する同盟。オスマン帝国が弱体化するに伴い、バルカン半島で増加するオーストリアの勢力を押しとどめるためにロシアの主導により締結された。同盟諸国は1912年にオスマン帝国に対し宣戦布告し、バルカン戦争が勃発した。 しかしバルカン同盟は、第一次バルカン戦争による同盟国側の勝利後に、獲得した領土を巡り同盟国同士が反目し、第二次バルカン戦争が勃発する。第一次世界大戦を誘発する伏線となり、同盟は事実上崩壊した。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とバルカン同盟 · 続きを見る »

バルカン戦争

バルカン戦争(バルカンせんそう、Balkan Wars)は、1912年から1913年にかけてヨーロッパの東南部で発生した戦争。バルカン同盟諸国(ギリシャ、ブルガリア、モンテネグロ、セルビア)と衰退しつつあるオスマン帝国との間で発生した第一次バルカン戦争(1912年10月 - 1913年5月)と、その戦後処理においてブルガリアと、ギリシャ・セルビアの対立から発生した第二次バルカン戦争(:en:Second Balkan War、1913年6月 - 1913年8月)からなる。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とバルカン戦争 · 続きを見る »

モンテネグロ公国

モンテネグロ公国(モンテネグロこうこく、キリル文字:Књажевина Црнa Горa)は、1852年から1910年の間、バルカン半島の現在のモンテネグロに存在した公国である。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とモンテネグロ公国 · 続きを見る »

ルーマニア公国

ルーマニア公国(ルーマニアこうこく、)は、1859年にワラキア公国とモルダヴィア公国が合併して成立した東ヨーロッパの国家。1881年3月13日に、ルーマニア公カロル1世が国王に即位して王制へ移行した。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とルーマニア公国 · 続きを見る »

ロバート・ガスコイン=セシル (第3代ソールズベリー侯)

3代ソールズベリー侯爵ロバート・アーサー・タルボット・ガスコイン=セシル(Robert Arthur Talbot Gascoyne-Cecil, 3rd Marquess of Salisbury, 、1830年2月3日 - 1903年8月22日)は、イギリスの政治家、貴族。 ソールズベリー侯爵セシル家の生まれ。1853年に庶民院議員として政界入りし、1868年に爵位継承で貴族院議員に転じる。保守党政権下で閣僚職を歴任し、ベンジャミン・ディズレーリ亡き後には保守党の党首となり、ヴィクトリア朝後期からエドワード朝初期にかけて3度にわたって首相を務めた(第1次:1885年 - 1886年、第2次:1886年 - 1892年、第3次:1895年 - 1902年)。民主主義を嫌う貴族主義的な人物ながら漸進的な内政改革を行い、外交面では帝国主義政策を遂行して大英帝国の更なる拡張を果たした。彼の政策は多くがジョゼフ・チェンバレンとの連携の影響を受けていた。1902年に退任し、甥にあたるアーサー・バルフォアが首相・保守党党首の地位を継承した。 1865年まではソールズベリー侯爵家のヤンガーサンとして卿(Lord)の儀礼称号で呼ばれ、侯爵家の嫡男となった1865年から爵位を継承する1868年まではクランボーン子爵(Viscount Cranborne)の儀礼称号で呼ばれた。本項でもそれに従うものとする。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とロバート・ガスコイン=セシル (第3代ソールズベリー侯) · 続きを見る »

ロシアの外相

アの外相では、ロシア・ツァーリ国、ロシア帝国、ロシア臨時政府、ソビエト連邦および現在のロシア連邦の外相(外務大臣、外務人民委員、外務参事院議長・副宰相)、ロシア・ツァーリ国の外交使臣について記述する。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とロシアの外相 · 続きを見る »

ロシア帝国

ア帝国(ロシアていこく、 ラスィーイスカヤ・インピェーリヤ)は、1721年から1917年までに存在した帝国である。ロシアを始め、フィンランド、リボニア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、カフカーズ、中央アジア、シベリア、外満州などのユーラシア大陸の北部を広く支配していた。帝政ロシア(ていせいロシア)とも呼ばれる。通常は1721年のピョートル1世即位からロシア帝国の名称を用いることが多い。統治王家のロマノフ家にちなんでロマノフ朝とも呼ばれるがこちらはミハイル・ロマノフがロシア・ツァーリ国のツァーリに即位した1613年を成立年とする。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とロシア帝国 · 続きを見る »

ボスニア・ヘルツェゴビナ併合

ボスニアとヘルツェゴビナの大まかな地域範囲図 アロイス・エーレンタール / ボスニア・ヘルツェゴビナ併合時のオーストリア外相 セルビア国王ペータル1世 / オーストリアとの対立を深めた ボスニア・ヘルツェゴビナ併合(ボスニア・ヘルツェゴビナへいごう)は、1908年10月6日、青年トルコ人革命の混乱に乗じたオーストリアがボスニア・ヘルツェゴビナの併合を宣言した事件をいう。本項ではこれによって生じた「ボスニア危機」(「バルカン危機」とも)と称される外交危機についても述べる。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とボスニア・ヘルツェゴビナ併合 · 続きを見る »

プリズレン連盟

プリズレン連盟(プリズレンれんめい、Lidhja e Prizrenit)は 1878年6月10日アルバニア人の政治的機関としてオスマン帝国コソボ州のプリズレンで結成した。その目的は、バルカン半島のアルバニア人居住地をスラヴ国家による併合から守り、オスマン帝国の下での自治権を獲得することであった。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とプリズレン連盟 · 続きを見る »

パリ条約 (1856年)

パリ条約(パリじょうやく)は、1856年にパリで開かれたクリミア戦争の講和会議で締結された条約。締結国はイギリス、フランス、オーストリア、プロイセン、サルデーニャ、オスマン帝国、ロシアの8か国。 1853年に作成されたウィーン議定書を踏襲するかたちで、一般に敗戦国のロシア帝国に対して勝利した同盟国側が有利な条件で交渉を進めたといわれるが、内容はオスマン帝国の保全など領土に関する問題は戦前の状態に戻すことで各国が合意しただけで、厳密には戦争継続を不利益とみなした欧州諸国の妥協案である。また、キリスト教世界であるヨーロッパの公法がイスラーム教国(この場合オスマン帝国)にも適用されることを明言したという意味でも、国際法学上重要な位置づけをされる条約である。 パリ条約は大きく分けると講和に関する部分、ボスポラス海峡とダーダネルス海峡の通航制度やドナウ川の航行に関する部分、バルカン半島の諸公国に関する部分で構成されており、両海峡の通航制度問題では、オスマン帝国以外の軍艦が海峡を通過することを禁止した1841年のロンドン条約の内容が再確認された。また、パリ条約では新たに黒海の非武装化が定められた。これは沿岸国であるロシアとオスマン帝国に適用されるものであったが、ロシアの抗議もあって黒海の非武装化に関する部分は1871年に改定された。これとは別にバルト海のオーランド諸島が黒海同様、非武装地帯に指定された。しかしオーランド諸島は、第一次世界大戦の勃発によりロシアによって要塞化される事となった。 五大国(五国同盟)同士が反目・敵対したために、1848年革命で形骸化していたとはいえ、1815年以来続いてきたウィーン体制はここに完全に終焉した。以降欧州列強は、自己の国益に赴くままに帝国主義に走ることになる。イギリスは、その国力を持ってして栄光ある孤立を選択し、他列強は、列強間の勢力均衡を図るため交互に同盟を結び、欧州は産業革命と植民地主義を掲げた新たな時代へと突入した。 パリ条約は1877年の露土戦争開戦までのバルカン半島の秩序となったが、1859年のワラキア・モルダヴィア両公国の合同や、1867年のセルビアによるオスマン軍の追放、1871年のロンドン条約(黒海の非武装化を定めた部分を改定し、露土両国が黒海に艦隊を置くことを認めた)などによって徐々に骨抜きとなった。最終的に露土戦争とその後のサン・ステファノ条約とベルリン会議によって、パリ条約の内容は完全に死文化した。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とパリ条約 (1856年) · 続きを見る »

テッサリア

テッサリア(Θεσσαλία / Thessalía、Thessaly)は、ギリシャ中部の地域名であり、ギリシャ共和国の広域自治体であるペリフェリエス(地方)のひとつである。 テッサリア平原の広がるこの地方は、ギリシャの穀倉地帯である。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とテッサリア · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とフランス · 続きを見る »

ドイツ帝国

ドイツ帝国(ドイツていこく、)は、1871年1月18日から1918年11月9日まで存続した、プロイセン国王をドイツ皇帝に戴く連邦国家を指す歴史的名称である。帝政ドイツ(ていせいドイツ)とも呼ばれる。普仏戦争において、パリ郊外のヴェルサイユ宮殿でプロイセン王ヴィルヘルム1世の皇帝戴冠式が行われて成立した。しかし第一次世界大戦の敗北とドイツ革命の勃発により、皇帝ヴィルヘルム2世がオランダに亡命して崩壊した。オランダ資本は、帝国の勢力範囲拡大政策(#世界政策)とルール地方における工業開発(#経済)の両面に貢献している。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とドイツ帝国 · 続きを見る »

ドイツ国首相

ドイツ国首相(ドイツこくしゅしょう、Reichskanzler)は、1871年から1945年まで存続したドイツ国の首相に相当する官職。国制に応じて帝国宰相(ていこくさいしょう)、首相とも訳される。 1871年から1918年までの第二帝政(ドイツ帝国)期においては、帝国宰相として皇帝の下で帝国指導部(Reichsleitung)を、1919年から1945年までのヴァイマル共和政・第三帝国期においては首相として大統領(ナチス・ドイツでは総統)の下でドイツ国政府(Reichsregierung)を率いた。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とドイツ国首相 · 続きを見る »

ベルリン

ベルリン(Berlin 、伯林)は、ドイツ北東部、ベルリン・ブランデンブルク大都市圏地域の中心に位置する都市である。16ある連邦州のうちの一つで、市域人口は万人とドイツでは最大の都市で欧州連合の市域人口ではロンドンに次いで2番目に多く、都市的地域の人口は7番目に多い。同国の首都と定められている。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とベルリン · 続きを見る »

ベルリン条約 (1878年)

ベルリン条約(ベルリンじょうやく)は、1878年6月13日から7月13日にかけて開催されたベルリン会議で結ばれた条約。露土戦争の講和条約であるサン・ステファノ条約を修正した。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とベルリン条約 (1878年) · 続きを見る »

ベルンハルト・フォン・ビューロー

ベルンハルト・ハインリヒ・カール・マルティン・フォン・ビューロー侯爵(Bernhard Heinrich Karl Martin von Bülow, 1849年5月3日 - 1929年10月28日)は、ドイツの外交官、政治家。1900年から1909年までドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の下、ドイツ帝国宰相を務めた。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とベルンハルト・フォン・ビューロー · 続きを見る »

ベンジャミン・ディズレーリ

初代ビーコンズフィールド伯爵ベンジャミン・ディズレーリ(Benjamin Disraeli, 1st Earl of Beaconsfield, 、1804年12月21日 - 1881年4月19日)は、イギリスの政治家、小説家、貴族。 ユダヤ人でありながら保守党内で上り詰めることに成功し、ダービー伯爵退任後に代わって保守党首となり、2期にわたって首相(在任:1868年、1874年 - 1880年)を務めた。庶民院の過半数を得られていなかった第一次内閣は短命の選挙管理内閣に終わったが、庶民院の過半数を制していた第二次内閣は「トーリー・デモクラシー(Tory democracy)」と呼ばれる一連の社会政策の内政と帝国主義の外交を行って活躍した。自由党のウィリアム・グラッドストンと並んでヴィクトリア朝の政党政治を代表する人物である。また、小説家としても活躍した。野党期の1881年に死去し、以降ソールズベリー侯爵が代わって保守党を指導していく。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とベンジャミン・ディズレーリ · 続きを見る »

アレクサンドル・ゴルチャコフ

アレクサンドル・ミハイロヴィッチ・ゴルチャコフ(Алекса́ндр Миха́йлович Горчако́в、ラテン文字転写の例:Alexandr Mikhailovich Gorchakov、1798年6月4日 - 1883年2月27日)は、帝政ロシアの政治家、外交官、貴族。 皇帝アレクサンドル2世の下で外務大臣(在職1856年 - 1882年)を務めた。爵位は公爵(Князь)。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とアレクサンドル・ゴルチャコフ · 続きを見る »

アンドラーシ・ジュラ

アンドラーシ・ジュラ / 1870年撮影の写真 アンドラーシ・ジュラ伯爵(Andrássy Gyula、1823年3月3日〜1890年2月18日)は19世紀ハンガリーの貴族・政治家。オーストリア=ハンガリー二重帝国)のハンガリー王国で初代の首相を務めた。ドイツ名はユリウス(またはジュラ)・アンドラーシ(Julius (Gyula) Graf Andrássy von Csík-Szent-Király und Kraszna-Horka)。姓の読みは「アンドラーッシ」とも。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とアンドラーシ・ジュラ · 続きを見る »

イピロス

イピロス(ギリシャ語: Ήπειρος / Ípiros、Epirus、Epiri)は、ギリシャ共和国の広域自治体であるペリフェリア(地方)のひとつ。歴史的な地名としては、現在のギリシャとアルバニアにまたがるイオニア海沿岸の地域を指す。 古典ギリシャ語ではエペイロス(Ἤπειρος / Ēpeiros)、ラテン語ではエピルス(Epirus)と呼ばれた。日本語表記ではギリシャ語に基づく慣用形としてエピロスも用いられる。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とイピロス · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とイギリス · 続きを見る »

イギリスの首相

レートブリテン及び北アイルランド連合王国の首相(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこくのしゅしょう、)は、イギリス政府(女王陛下の政府)の長、連合王国内閣総理大臣である。称号は「閣下(The Right Honourable)」。イギリスにおける実質的な行政権を掌握している。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とイギリスの首相 · 続きを見る »

イスタンブール

イスタンブール(İstanbul 、Istanbul 、Constantinopolis コーンスタンティーノポリス、Κωνσταντινούπολις コーンスタンティヌーポリス /現代ギリシア語 Κωνσταντινούπολι コンスタンディヌーポリ)は、トルコ最大の都市であり、経済・文化・歴史の中心地。トルコ語の発音に準じて「イスタンブル」と表記される場合もある。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とイスタンブール · 続きを見る »

イタリア王国

イタリア王国(イタリアおうこく、伊:)は、現在のイタリア共和国の前身となる王国。1861年に成立し、1946年に共和制へ移行した。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とイタリア王国 · 続きを見る »

エーゲ海

ーゲ海(エーゲかい、Aegean Sea)は、地中海の一部を構成する海域。地中海の東北部にあたり、西と北をバルカン半島(ギリシャ共和国)、東をアナトリア半島(トルコ共和国)に囲まれた入り江状の海である。 古くは固有名詞で「多島海」(the Archipelago)と呼ばれたこともある、代表的な多島海であり、多くの島々(エーゲ海諸島)が所在する。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とエーゲ海 · 続きを見る »

エジプト

プト・アラブ共和国(エジプト・アラブきょうわこく、جمهورية مصر العربية)、通称エジプトは、中東・アフリカの共和国。首都はカイロ。 西にリビア、南にスーダン、北東にイスラエルと隣接し、北は地中海、東は紅海に面している。南北に流れるナイル川の河谷とデルタ地帯(ナイル・デルタ)のほかは、国土の大部分が砂漠である。ナイル河口の東に地中海と紅海を結ぶスエズ運河がある。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とエジプト · 続きを見る »

オード・ラッセル (初代アムトヒル男爵)

初代アムトヒル男爵オード・ウィリアム・レオポルド・ラッセル(Odo William Leopold Russell, 1st Baron Ampthill, 、1829年2月20日 - 1884年8月25日)は、イギリスの外交官、貴族、政治家。 ベッドフォード公爵ラッセル家の分流の生まれ。外交官となり、1871年から1884年にかけてを務めた。1881年にアムトヒル男爵に叙された。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とオード・ラッセル (初代アムトヒル男爵) · 続きを見る »

オーストリアの首相 (帝国期)

ーストリア帝国期の国家宰相メッテルニヒ 二重帝国成立後、初代のオーストリア首相および共通閣僚評議会議長となったフォン・ボイスト 二重帝国成立後の初代ハンガリー王国首相アンドラーシ 帝国期オーストリアの首相(ていこくきオーストリアのしゅしょう)では、19世紀以降のオーストリア帝国・オーストリア=ハンガリー帝国における首相職(もしくはそれに相当する官職)の変遷・人事の一覧について述べる。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とオーストリアの首相 (帝国期) · 続きを見る »

オーストリア=ハンガリー帝国

ーストリア=ハンガリー帝国(オーストリア=ハンガリーていこく、 または Kaiserliche und königliche Monarchie、)は、かつて欧州に存在した国家。ハプスブルク帝国の一つであり、その最後の形態である。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とオーストリア=ハンガリー帝国 · 続きを見る »

オットー・フォン・ビスマルク

ットー・エドゥアルト・レオポルト・フュルスト(侯爵)・フォン・ビスマルク=シェーンハウゼン(Otto Eduard Leopold Fürst von Bismarck-Schönhausen, 1815年4月1日 - 1898年7月30日)は、プロイセン及びドイツの政治家、貴族。プロイセン王国首相(在職1862年-1890年)、北ドイツ連邦首相(在職1867年-1871年)、ドイツ帝国首相(在職1871年-1890年)を歴任した。ドイツ統一の中心人物であり、「鉄血宰相(Eiserne Kanzler)」の異名を取る。 プロイセン東部の地主貴族ユンカーの出身。代議士・外交官を経て、1862年にプロイセン国王ヴィルヘルム1世からに任命され、を断行してドイツ統一戦争に乗り出した。1867年の普墺戦争の勝利で北ドイツ連邦を樹立し、ついで1871年の普仏戦争の勝利で南ドイツ諸国も取り込んだドイツ帝国を樹立した。プロイセン首相に加えてドイツ帝国首相も兼務し、1890年に失脚するまで強力にドイツを指導した。文化闘争や社会主義者鎮圧法などで反体制分子を厳しく取り締まる一方、諸制度の近代化改革を行い、また世界に先駆けて全国民強制加入の社会保険制度を創出する社会政策を行った。卓越した外交力で国際政治においても主導的人物となり、19世紀後半のヨーロッパに「ビスマルク体制」と呼ばれる国際関係を構築した。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とオットー・フォン・ビスマルク · 続きを見る »

オスマン帝国

マン帝国(オスマンていこく、)は、テュルク系(後のトルコ人)のオスマン家出身の君主(皇帝)を戴く多民族帝国。英語圏ではオットマン帝国 (Ottoman Empire) と表記される。15世紀には東ローマ帝国を滅ぼしてその首都であったコンスタンティノポリスを征服、この都市を自らの首都とした(オスマン帝国の首都となったこの都市は、やがてイスタンブールと通称されるようになる)。17世紀の最大版図は、東西はアゼルバイジャンからモロッコに至り、南北はイエメンからウクライナ、ハンガリー、チェコスロバキアに至る広大な領域に及んだ。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とオスマン帝国 · 続きを見る »

キプロス島

プロス島(キプロスとう)は、東地中海のシリア・アナトリア半島の沿岸にある島。地中海ではシチリア島、サルデーニャ島に次いで3番目に大きな島である。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とキプロス島 · 続きを見る »

ギリシャ

リシャ共和国(ギリシャきょうわこく、ギリシャ語: Ελληνική Δημοκρατία)、通称ギリシャは、南ヨーロッパに位置する国。2011年国勢調査によると、ギリシャの人口は約1,081万人である。アテネは首都及び最大都市であり、テッサロニキは第2の都市及び中央マケドニアの州都である。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とギリシャ · 続きを見る »

クレメンス・ヴィルヘルム・ヤーコプ・メッケル

レメンス・ヴィルヘルム・ヤーコプ・メッケル(Klemens Wilhelm Jacob Meckel、1842年3月28日 - 1906年7月5日)はプロイセン王国及びドイツ帝国の軍人。明治前期に日本に兵学教官として赴任し、日本陸軍の軍制のプロイセン化の基礎を築いた。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とクレメンス・ヴィルヘルム・ヤーコプ・メッケル · 続きを見る »

クロートヴィヒ・ツー・ホーエンローエ=シリングスフュルスト

ートヴィヒ・カール・ヴィクトール・ツー・ホーエンローエ=シリングスフュルスト侯爵(Chlodwig Karl Victor Fürst zu Hohenlohe-Schillingsfürst, 1819年3月31日 – 1901年7月6日)は、ドイツの政治家。1894年から1900年まで皇帝ヴィルヘルム2世の下でドイツ帝国第3代帝国宰相を務めた。日清戦争後、ロシア、ドイツ、フランスによる三国干渉の時の帝国宰相である。 バイエルン王国の首相を経て、75歳の高齢にもかかわらず帝国宰相に就任することになった。1900年10月17日帝国宰相を辞任した。翌1901年7月6日スイスのバート・ラガーツで死去した。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とクロートヴィヒ・ツー・ホーエンローエ=シリングスフュルスト · 続きを見る »

セルビア公国 (近代)

ルビア公国(セルビアこうこく)は、1817年から1882年にかけてバルカン半島に存在した国家。1878年まではオスマン帝国の宗主権下にあり、1882年に君主が正式に「国王」を宣言して王制に移行した。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とセルビア公国 (近代) · 続きを見る »

サン・ステファノ条約

ン・ステファノ条約によるブルガリアの領域 サン・ステファノ条約(サン・ステファノじょうやく)は、1878年の露土戦争の講和条約。イスタンブール西方の村・において1878年3月3日にロシア帝国とオスマン帝国のあいだで結ばれた。 この条約によって、オスマン帝国は多額の賠償金とともに、.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)とサン・ステファノ条約 · 続きを見る »

勢力均衡

勢力均衡(せいりょくきんこう、英:Balance of power)は、19世紀以降、欧州の国際秩序を維持するために各国間の軍事力に一定の等質性(パリティ)を与えることにより、突出した脅威が生み出されることを抑制し、地域不安や紛争の誘因を低下させることを目的として考案されたバランス型の秩序モデル。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と勢力均衡 · 続きを見る »

租借地

租借地(そしゃくち)とは、ある国が条約で一定期間、他国に貸し与えた土地のこと。租借期間中は、貸した国には潜在的な主権が存在するが、実質的な統治権は借りた国が持つ。立法・行政・司法権は借りた国に移る。「租」とは年貢や田賦のことで、租借地・租界とは税を取って借す領域、あるいはより狭い区域のこと。 租借料が支払われることを想定した用語であるが、実際にはそれぞれの条約によった。中国では、アロー号拿捕事件の際にイギリスが清国政府から九龍半島を年500銀で租借したものの半年後の北京条約で割譲となり、それ以降に設定された租借地においても租借料の支払いは無くなった。一方で租界は、通常は都市などのより狭い一部区域に設定されるもので、永代借地契約であって地主や中国政府に地代を支払う必要があった。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と租借地 · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と第一次世界大戦 · 続きを見る »

露仏同盟

露仏同盟(ろふつどうめい、ロシア語 Франко-русский союз)とは、フランスとロシアの間で成立した軍事同盟。経済的対立をふくむ欧州情勢の混迷を背景として、両国の交渉は1891年から公然化した。公式の同盟は1894年1月4日に締結され、そこで三国同盟を仮想敵とする集団的自衛権が定められた。 ドイツ帝国のヴィルヘルム2世は世界政策(Weltpolitik)を掲げ、艦隊法の制定以降イギリスとの建艦競争に突入した上、3B政策を企図してロシアとの関係も悪化させた。露仏同盟は三国協商の土台となったが、それは日英同盟と結びつき対独包囲網を形成した。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と露仏同盟 · 続きを見る »

露土戦争 (1877年-1878年)

露土戦争(ろとせんそう、1877年 - 1878年)は、ロシア帝国とオスマン帝国(トルコ)の間で起こった戦争のひとつ(他の露土戦争については、露土戦争を参照オスマン帝国とロシアの間の戦争はしばしば起こっているが、狭義の露土戦争はこの戦争のことをいう。『世界史を読む事典』(1994)p.117)。 バルカン半島に在住するオスマン帝国領下のスラヴ系諸民族がトルコ人の支配に対して反乱し、それを支援するかたちでロシアが介入して起こった『世界史を読む事典』(1994)p.117。ロシア帝国の勝利で終わった。 ルーマニアでは「ルーマニア独立戦争」、トルコではイスラームの暦年(ヒジュラ暦1293年)にちなんで「93年戦争 (Doksanüç Harbi)」、また「オスマン・ロシア戦争」とも呼ばれた。ギリシャ独立戦争に続いて、東ヨーロッパ諸国の独立回復のための重要な戦役となった。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と露土戦争 (1877年-1878年) · 続きを見る »

英仏協商

英仏協商(えいふつきょうしょう、英/仏:)は、1904年4月8日にイギリスとフランスの間で調印された外交文書、およびそれによる英仏間の外交関係である。原語の意味は「友好的な相互理解」を意味する。 これにより両国の植民地政策の対立は解消され、中世の百年戦争以来の数百年にもわたった英仏間の対立関係に終止符が打たれた。 この条約の起源は、1881年3月にで行われたフランスの政治家レオン・ガンベタとイギリスのウェールズ公アルバート・エドワード王子との会見にさかのぼる。ウェールズ公が1901年にエドワード7世として即位すると彼は両国の対立解消を望み、フランス外相のテオフィル・デルカッセとイギリス外相の第5代ランズダウン侯爵ヘンリー・ペティ=フィッツモーリスとの間の交渉を仲立ちした。 この間、イギリスによるアフリカ大陸縦貫政策とフランスによる横断政策が交錯したことによって生じた小競り合いがファショダ事件である。もともとの英仏の国力差に加えて、ブーランジェ事件やドレフュス事件などの不祥事により軍への不信感が増大していたフランスが譲歩し、対外積極政策に批判的な国内世論に配慮した。結果としてはイギリスの政策が貫徹されたが、イギリスもまた南アフリカでボーア戦争で苦戦を強いられたため、かねてより勢力に翳りを見せていた大英帝国の一強時代は終焉を迎えることになる。このため伝統的な「栄光ある孤立」政策は放棄され、極東においてはロシア帝国の脅威に備えるために、アジアで初めて立憲政治を確立し近代化を果たした大日本帝国との日英同盟を締結した。 さらに、産業革命を迎えて工業化に成功し次第に台頭しつつあった新興国のアメリカ合衆国やドイツ帝国、とくにヴィルヘルム2世が親政を開始して以降は「新航路」政策と呼ばれる積極主義を掲げたドイツに対抗するため、ヨーロッパ情勢における英仏の接近は急速に進展していった。 協定は、最終的に第5代ランズダウン侯とフランスのにより1904年に調印された。協定ではエジプト、モロッコ、マダガスカル、タイ、西アフリカ、中央アフリカそしてニューファンドランド沖の漁業権についての権益が取り決められた。これらに加え、イギリスが支配していたスエズ運河の自由通行権も明記された。 1905年に発生したタンジール事件において現状の変更を求めたドイツに対してイギリスがフランスを支援したのは、この協商によるところが大きい。またサラエヴォ事件から第一次世界大戦勃発に至るまでの外交においても、イギリスは常にフランスを支援し続けた。英仏協商と露仏同盟に後に締結される英露協商をあわせてイギリス、フランス、ロシアの関係を三国協商と言い表す場合もある。 英仏海峡トンネルを走るユーロスターの終着駅であるロンドンのウォータールー駅とパリの北駅には、両国の国旗と“Entente Cordiale”の文字が掲げられている。 2004年には、調印100周年を記念して様々な行事が行われた。 Category:イギリスの条約 Category:フランス第三共和制の条約‎ Category:イギリス帝国 Category:フランス第三共和政 Category:英仏関係 Category:1904年の条約 Category:1904年のイギリス Category:1904年のフランス.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と英仏協商 · 続きを見る »

英露協商

英露協商(えいろきょうしょう、Anglo-Russian Entente、Англо-русское соглашение)とは、1907年にイギリスとロシアが結んだ協約。イラン、アフガニスタン、チベットにおける両国の勢力範囲を決定した。これによりイギリスとロシアは対立関係が解消し、両国はドイツの3B政策や汎ゲルマン主義に対抗することとなった。これにより露仏同盟、英仏協商と合わせて三国協商(英仏露協商)が成立する。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と英露協商 · 続きを見る »

東ルメリ自治州

東ルメリ自治州(ひがしルメリじちしゅう)は、1878年から1885年にかけて現在のブルガリア南部に存在した、オスマン帝国の地方行政単位。東ルメリアとも呼ばれる。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と東ルメリ自治州 · 続きを見る »

東アジア

東アジア(ひがしアジア)は、ユーラシア大陸の東部にあたるアジア地域の一部を指す地理学的な名称である。北西からモンゴル高原、中国大陸、朝鮮半島、台湾列島、琉球諸島、日本列島などを含む。北東アジア(東北アジア)、極東、東亜などと呼ぶ場合もある。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と東アジア · 続きを見る »

戦争賠償

戦争賠償(せんそうばいしょう、戦時賠償とも)は、戦争で生じた損害の賠償として、ある国が他の国へ金品や資産を提供すること。 多くの場合賠償金の形を取る。通常、戦争賠償が支払われるのは敗戦国から戦勝国に対してのみであり、逆の例は少ない。賠償する対象は戦勝国の費やした戦費も含まれ、戦争法規違反には限らない。よく似た概念語として「戦後補償」があるが、一般に戦争賠償は国家間、戦後補償は国家対個人の賠償・補償を指す場合に使われる。 第二次世界大戦を例にとるならば、日本の場合は国家間の戦争賠償、ドイツの場合は国家対個人の戦後補償にも応じている(ただしドイツの公式な立場は「個人が戦争で受けた被害を自国政府以外に請求することはできない」というものであり、ドイツ国民以外の戦争被害の請求は認めていない)。ドイツの個人に対する賠償の場合は、敗戦国であっても戦勝国に対し自国民が受けた被害(戦勝国内や独立国内に遺棄されたインフラや資産など)に対する賠償を請求し実際に賠償がなされたことがあり、この点は敗戦国にのみ負担が偏るという賠償に対する批判に類しない。また、遺棄された在外資産は中間賠償と呼ばれる賠償の一部という形態をとることもある。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と戦争賠償 · 続きを見る »

日露戦争

日露戦争(にちろせんそう、Русско-японская война 、Russo-Japanese War、1904年(明治37年)2月8日 - 1905年(明治38年)9月5日)は、大日本帝国とロシア帝国との間で朝鮮半島とロシア主権下の満洲南部と、日本海を主戦場として発生した戦争である。両国はアメリカ合衆国の仲介の下で終戦交渉に臨み、1905年9月5日に締結されたポーツマス条約により講和した。講和の結果、ロシア領の南樺太は日本領となり樺太庁が設置され、ロシアの租借地があった関東州については日本が租借権を得て、関東都督府が設置されるなど日本の勝利で終わった。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と日露戦争 · 続きを見る »

日英同盟

日英同盟(にちえいどうめい、Anglo-Japanese Alliance)は、日本とイギリスとの間の軍事同盟(攻守同盟条約)である。 1902年1月30日にロシア帝国の極東進出政策への対抗を目的としてイギリス外務省において日本駐英公使林董とイギリス外相第5代ランズダウン侯爵ヘンリー・ペティ=フィッツモーリスの間で調印された。その後、第二次(1905年)、第三次(1911年)と継続更新されたが、1921年のワシントン海軍軍縮会議の結果調印された四カ国条約成立に伴って1923年に失効した。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と日英同盟 · 続きを見る »

普仏戦争

普仏戦争(ふふつせんそう、Guerre franco-allemande de 1870、Deutsch-Französischer Krieg)は、フランス第二帝政期の1870年7月19日に起こり、1871年5月10日まで続いたフランスとプロイセン王国の間で行われた戦争である。ドイツ諸邦もプロイセン側に立って参戦したため独仏戦争とも呼ぶ他、フランス側では1870年戦争と呼称する。なお、日本の世界史の教科書ではプロイセン=フランス戦争と呼称する場合もある。プロイセンは北ドイツ連邦と南ドイツのバーデン大公国・ヴュルテンベルク王国・バイエルン王国と同盟を結び圧勝した。 もともとスペイン王位継承問題でプロイセンとフランスの対立が最高潮に達していたが、ドイツ首相ビスマルクはエムス電報事件でフランスとの対立を煽り開戦させた。フランスは7月19日にプロイセンのみに宣戦したが、ドイツ諸邦はプロイセン側に立って参戦した。野戦砲と鉄道輸送を巧みに活用したプロイセン軍の精強さは、ドイツ国境に侵攻したフランス軍を叩きのめした。防戦一方となったフランス軍は9月2日にセダンの戦いで包囲に置かれ、10万人のフランス兵と皇帝ナポレオン3世が降伏した。 第二帝政は終焉を迎えて第三共和政に移行した。新たに編成されたフランス軍も帝政時代と同じくプロイセン軍に一蹴され、5ヶ月間の北フランス攻撃を経て、1871年1月28日に首都パリを占領された。1871年5月10日、フランクフルト講和条約が締結され、正式にフランスはプロイセンに降伏した。 ジャコブ・マイエール・ド・ロチルドが1817年に設立したロチルド・フレール(de Rothschild Frères ロスチャイルド兄弟とも)は、50億フランにのぼる賠償金を支払うためのシンジケートを組成した。フランスはオスマン帝国に対する膨大な債権を回収してロチルドらに返済するつもりであったが、オスマン債務管理局の利権にドイツ帝国が割りこみ東方問題に佳境をもたらした。そして新たにカリブ海問題も生まれた。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と普仏戦争 · 続きを見る »

1856年

記載なし。

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と1856年 · 続きを見る »

1875年

記載なし。

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と1875年 · 続きを見る »

1878年

記載なし。

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と1878年 · 続きを見る »

1879年

記載なし。

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と1879年 · 続きを見る »

1881年

記載なし。

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と1881年 · 続きを見る »

1882年

記載なし。

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と1882年 · 続きを見る »

1885年

記載なし。

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と1885年 · 続きを見る »

1890年

記載なし。

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と1890年 · 続きを見る »

1894年

記載なし。

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と1894年 · 続きを見る »

1895年

記載なし。

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と1895年 · 続きを見る »

1902年

記載なし。

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と1902年 · 続きを見る »

1904年

記載なし。

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と1904年 · 続きを見る »

1907年

記載なし。

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と1907年 · 続きを見る »

1908年

記載なし。

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と1908年 · 続きを見る »

1912年

記載なし。

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と1912年 · 続きを見る »

1913年

記載なし。

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と1913年 · 続きを見る »

19世紀

19世紀に君臨した大英帝国。 19世紀(じゅうきゅうせいき)は、西暦1801年から西暦1900年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と19世紀 · 続きを見る »

6月13日

6月13日(ろくがつじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から164日目(閏年では165日目)にあたり、年末まであと201日ある。誕生花はトケイソウ、クチナシ。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と6月13日 · 続きを見る »

7月13日

7月13日(しちがつじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から194日目(閏年では195日目)にあたり、年末まであと171日ある。誕生花はホテイアオイ、ニチニチソウ。.

新しい!!: ベルリン会議 (1878年)と7月13日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »