ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ヘビトンボ

索引 ヘビトンボ

''Corydalus cornutus'' ヘビトンボ(蛇蜻蛉、Protohermes grandis)はヘビトンボ目(広翅目)・ヘビトンボ科に分類される昆虫の一種。ヘビトンボ科の昆虫を総称してヘビトンボと言うこともあるが、その場合は「ヘビトンボ類」の意である。.

35 関係: ざざむし天然樹脂宮城県対馬山と溪谷社幼虫広葉樹今森光彦伊那市体節ナラムカデトビケラヘビトンボアミメカゲロウ目カワゲラカゲロウ石垣島疳の虫白石市頭部複眼と単眼西表島長野県水生昆虫民間薬江戸時代指標生物成虫昆虫昆虫の翅1781年

ざざむし

ざざむし(ざざ虫)とは、長野県伊那市など天竜川上流域(岡谷市川岸から駒ヶ根市の間に限定される)で、清流に住むカワゲラ、トビケラ等の水生昆虫の幼虫を食用とする(昆虫食)時の総称である。主に佃煮や揚げ物などにして食する。.

新しい!!: ヘビトンボとざざむし · 続きを見る »

天然樹脂

天然樹脂(てんねんじゅし)は、天然に、主に植物に生じた やに状物質のことブリタニカ百科事典「樹脂」。樹皮より分泌される樹液が、揮発成分を失った後の固体のこと。樹液の不揮発性成分。 植物由来のものだけでなく動物から得られるものを含めることもある。.

新しい!!: ヘビトンボと天然樹脂 · 続きを見る »

宮城県

地形図 宮城県(みやぎけん)は、日本の東北地方にある県。東は太平洋に面し、西は奥羽山脈に接する。県庁所在地は仙台市。.

新しい!!: ヘビトンボと宮城県 · 続きを見る »

対馬

対馬(つしま)は、日本の九州の北方の玄界灘にある、長崎県に属する島である。面積は日本第10位である国立天文台編『平成19年 理科年表』p.565 ISBN 4621077635。島内人口は3万1105人である(2018年4月現在)。.

新しい!!: ヘビトンボと対馬 · 続きを見る »

山と溪谷社

株式会社山と溪谷社(やまとけいこくしゃ)は、日本の出版社のひとつ。山岳雑誌『山と溪谷』を柱として、山・アウトドア・スキー・旅・自然などに関する雑誌・書籍を出版・販売している。「ヤマケイ私鉄ハンドブック」、「ヤマケイ・レイル・グラフィックス」、「日本の鉄道」のシリーズなど、鉄道関係の出版を手掛けていたこともある。インプレスグループ。.

新しい!!: ヘビトンボと山と溪谷社 · 続きを見る »

幼虫

幼虫(ようちゅう)は、昆虫、クモ類、多足類(ムカデ類は除く)など陸生節足動物の幼生の総称である『岩波生物学辞典』P.1426a「幼虫」。卵から産まれて成虫になるまで(蛹の期間がある場合はそれ以前)の間の成長過程のものを指す。昆虫においては、特に完全変態のものに限って幼虫といい、不完全変態の幼生を若虫(わかむし)といって区別することがある。そのなかでも、等翅目では、初期の翅原基が外部から認められないものを幼虫、後期の翅原基が外部から現れたものを若虫と区別し、総翅目ではさらに若虫の前に翅原基を生じるが、その段階を前若虫と呼ぶ『岩波生物学辞典』P.1507h-1508「若虫」。.

新しい!!: ヘビトンボと幼虫 · 続きを見る »

広葉樹

広葉樹(こうようじゅ、闊葉樹〈かつようじゅ〉ともいう)とは葉が広く平たいサクラやケヤキ、ブナなどの被子植物に属す木本のことである。広葉樹で構成される森林は広葉樹林と称される。 双子葉植物が圧倒的に多いが、ヤシ科、リュウゼツラン科など、単子葉植物も少数ながらある。常緑性と落葉性の樹木があり、それぞれ常緑広葉樹、落葉広葉樹と呼ばれる。温帯から熱帯を中心に多く分布している。針葉樹に対する。 被子植物のことであるので、分類学上裸子植物であるイチョウやソテツ類は、ヘゴなどの木性シダ類とともに、葉が広くても広葉樹でも針葉樹でもない。.

新しい!!: ヘビトンボと広葉樹 · 続きを見る »

今森光彦

今森光彦(いまもり みつひこ、1954年8月6日 - )は滋賀県大津市出身の写真家。日本写真家協会、自然科学写真協会会員。.

新しい!!: ヘビトンボと今森光彦 · 続きを見る »

伊那市

伊那市(いなし)は、長野県の南部に位置する市。伊那谷北部に位置し、南信地方に含まれる。.

新しい!!: ヘビトンボと伊那市 · 続きを見る »

体節

体節(たいせつ、英語:segment, metamere)とは、動物の体の構造に見られる体軸方向の繰り返し構造を指す生物学用語である。19世紀の生物学者エルンスト・ヘッケルはこれを動物の体の構成の一つの単位と見なした。 全身の構造が体節の繰り返しでできている場合、これを体節制と言う。 また、脊椎動物の発生においても中胚葉性の分節構造の名称として「体節」があるが、こちらはsomiteの訳語であって、本項目の述べる概念とは意味が異なるので注意。背中側で脊索の両側に位置し、のちに脊椎骨を含む骨格や骨格筋、真皮などに分化する。(詳細は体節 (脊椎動物)).

新しい!!: ヘビトンボと体節 · 続きを見る »

ナラ

ナラ(楢)は、ブナ科 (Quercoideae) コナラ亜科 (Quercoideae) コナラ属 (Quercus) コナラ亜属 (subgenesis Quercus) のうち、落葉性の広葉樹の総称。英語名はオーク (oak)。秋には葉が茶色くなることで知られている。.

新しい!!: ヘビトンボとナラ · 続きを見る »

ムカデ

ムカデ(百足、蜈蜙、蜈蚣、蝍蛆)とは、多足亜門 ムカデ綱(=唇脚綱)に属する節足動物の総称。脚の数が多く、運動性に富む捕食性の虫である。英名のCentipedeはラテン語の百(centi)脚(pede)に由来する。.

新しい!!: ヘビトンボとムカデ · 続きを見る »

トビケラ

トビケラ(飛螻蛄)はトビケラ目(毛翅目)Trichoptera の昆虫すべてを指す。.

新しい!!: ヘビトンボとトビケラ · 続きを見る »

ヘビトンボ

''Corydalus cornutus'' ヘビトンボ(蛇蜻蛉、Protohermes grandis)はヘビトンボ目(広翅目)・ヘビトンボ科に分類される昆虫の一種。ヘビトンボ科の昆虫を総称してヘビトンボと言うこともあるが、その場合は「ヘビトンボ類」の意である。.

新しい!!: ヘビトンボとヘビトンボ · 続きを見る »

アミメカゲロウ目

Nemopteridae - ''Nemoptera sp.'' アミメカゲロウ目(アミメカゲロウもく、Neuroptera)は昆虫綱有翅亜綱の目の一つ。脈翅目(みゃくしもく)ともいう。 脈翅上目 (Neuropterida) とすることもある。その場合、アミメカゲロウ目(脈翅目、Neuroptera)はその中の1目の目名になる。しかしここでは、広義のアミメカゲロウ目(.

新しい!!: ヘビトンボとアミメカゲロウ目 · 続きを見る »

カワゲラ

ワゲラの幼虫 カワゲラは襀翅目(せきしもく、カワゲラ目、Plecoptera)の昆虫の総称。多新翅類に所属する。.

新しい!!: ヘビトンボとカワゲラ · 続きを見る »

カゲロウ

ウ(蜉蝣)とは、節足動物門・昆虫綱・カゲロウ目(蜉蝣目)Ephemeropteraに属する昆虫の総称。昆虫の中で最初に翅を獲得したグループの一つであると考えられている。幼虫はすべて水生。不完全変態であるが、幼虫→亜成虫→成虫という半変態と呼ばれる特殊な変態をし、成虫は軟弱で長い尾をもち、寿命が短い。 学名はギリシャ語でカゲロウ ( )と、翅 ( )からなる。 は名詞で、 または の複数中性格である。原義は (その日1日)で、カゲロウの寿命の短さに由来する。 はチラシやパンフレットなどのエフェメラを意味し、やはりその日だけの一時的な存在であることによる。.

新しい!!: ヘビトンボとカゲロウ · 続きを見る »

石垣島

石垣島の位置 石垣島(いしがきじま)は、沖縄県石垣市に属する八重山列島の島である。沖縄県内では沖縄本島、西表島に次いで3番目に広く、日本全体(本土と沖縄本島を含む)では21番目の面積を持つ。人口は約4万7千人。.

新しい!!: ヘビトンボと石垣島 · 続きを見る »

疳の虫

疳の虫(かんのむし)とは乳児の異常行動を指していう俗称。特に夜泣き、かんしゃく、ひきつけなどを指す。「癇の虫」「勘の虫」などの表記もあるが正しくない。疳とは漢方医学で脾疳(ひかん)のことで乳児の腹部膨満や異常食欲などをいったが、日本では乳児の異常行動は疳の虫によって起きていると信じられ、民間の呪医(まじない師)によって虫切り、虫封じ、疳封じなどの施術が行われた。施術の概要は乳児の手のひらに真言、梵字などを書き、粗塩で手のひらをもみ洗いして、しばらく置いてみると指先から細かい糸状のものが出ているのが見えるといい、これが虫であるとされた。 内服薬としては江戸時代の昔からヘビトンボの幼虫を「孫太郎虫」と呼び、乾燥させて数匹を串に刺し漢方薬としたものがよく効くとして有名であった。特に奥州斎川(宮城県白石市)産のものは特産とされた。 夜泣きやかんしゃくのように西洋では病気とされていないものであっても、日本では古くから治療を要する症状であるとされており、民間宗教者の活動の舞台ともなってきた。現代では主に鍼灸治療が有効であるとされるほか、虫封じの効験あらたかとされる寺社も各地に存在する。.

新しい!!: ヘビトンボと疳の虫 · 続きを見る »

白石市

白石市(しろいしし)は、宮城県南部、蔵王連峰のふもとに位置する市である。.

新しい!!: ヘビトンボと白石市 · 続きを見る »

頭部

頭部(とうぶ)とは、動物の頭に当たる部分をさす。体の進行方向最前方に位置し、感覚、摂食器官が集中する。進行方向に口があっても、その周囲にそのような器官が集中していなければ、頭とは見なされない(例;ミミズ)。さまざまな動物群に、ある程度似たような頭部が見られるが、必ずしも相同とは見なしがたい。.

新しい!!: ヘビトンボと頭部 · 続きを見る »

複眼と単眼

複眼(ふくがん)と単眼(たんがん)は節足動物などの生物が持つ眼構造。斧足類などでも同様の構造が見られる。.

新しい!!: ヘビトンボと複眼と単眼 · 続きを見る »

西表島

西表島(いりおもてじま)は、沖縄県八重山郡竹富町に属する八重山列島の島である。同列島で最大の面積を持つ。人口は2,366人(2017年3月末)である。.

新しい!!: ヘビトンボと西表島 · 続きを見る »

長野県

長野県空撮画像。長野盆地、富士山、浅間山、日本アルプスなどを望む。 長野県の地形図 長野県(ながのけん)は、本州内陸部に位置する日本の県の一つ。令制国名の信濃国に因み「信州」とも呼ばれている。海に面していないいわゆる内陸県であり、大規模な山岳地があるため可住地面積率は小さい。県庁所在地は長野市。善光寺の門前町として発展し第18回冬季オリンピックの開催地となった自治体でもある。.

新しい!!: ヘビトンボと長野県 · 続きを見る »

腹(はら、英語:abdomen)は、人間や動物の体における胴の下半部のことである。腹部(ふくぶ)とも言い、話し言葉ではおなかともいう。なお、人類の腹部のうち下方(鼠蹊部から股間のあたり)を下腹部(かふくぶ)という。 哺乳類では、胸腔と骨盤の間にあり、内部に消化器・生殖器を中心とする内臓の大部分がある。胸腔との間には横隔膜がある。.

新しい!!: ヘビトンボと腹 · 続きを見る »

蛹(さなぎ)は、昆虫の一部のものが、成虫になる寸前にとる、成虫に似た形で、ほとんど動かない一時期をさす。.

新しい!!: ヘビトンボと蛹 · 続きを見る »

GHSの高い急性毒性を示す標章 EUでの一般的な毒のシンボル(2015年までの使用)。 毒(どく)、毒物(どくぶつ)は、生物の生命活動にとって不都合を起こす物質の総称である。 毒物及び劇物指定令で定められる「毒物」については毒物及び劇物取締法#分類の項を参照のこと。.

新しい!!: ヘビトンボと毒 · 続きを見る »

水生昆虫

水生昆虫(すいせいこんちゅう、Aquatic insects)とは、生活史の少なくともある部分を水中、ないしは水面で生活する昆虫のことである。川のものは川虫などともよばれる。 タガメ、ゲンゴロウ、トンボ、ゲンジボタルなど、なじみ深い昆虫が多いが、最近の水環境の悪化のため、絶滅の危機に瀕しているものも多い。また一般にはあまりなじみがないが、カゲロウ、カワゲラ、トビケラ、ユスリカなどの幼虫も水生昆虫の主要メンバーで、特に河川の中上流域などでは動物群集の個体数の大部分をこれらの昆虫が占めている。.

新しい!!: ヘビトンボと水生昆虫 · 続きを見る »

民間薬

民間薬(みんかんやく)は、医療の専門家ではない庶民の間に伝承されてきた薬のことで、その多くが植物起源の生薬である。.

新しい!!: ヘビトンボと民間薬 · 続きを見る »

江戸時代

江戸時代(えどじだい)は、日本の歴史において徳川将軍家が日本を統治していた時代である。徳川時代(とくがわじだい)とも言う。この時代の徳川将軍家による政府は、江戸幕府(えどばくふ)あるいは徳川幕府(とくがわばくふ)と呼ぶ。 藩政時代(はんせいじだい)という別称もあるが、こちらは江戸時代に何らかの藩の領土だった地域の郷土史を指す語として使われる例が多い。.

新しい!!: ヘビトンボと江戸時代 · 続きを見る »

指標生物

指標生物(しひょうせいぶつ、indicator species、index species)とは、様々な環境条件を調べる際に、そこに生息する生物のうち、ある条件に敏感な生物を用いて調べる場合の、その生物を指していう言葉である。この方法の事を生物指標と言う。特に、河川の汚濁を調べる際の水生昆虫を中心とする淡水動物の例が有名である。.

新しい!!: ヘビトンボと指標生物 · 続きを見る »

成虫

成虫(せいちゅう)とは、昆虫において十分に成長をし、これ以上の成長や変態をおこさない最終形態である。昆虫に類似した他の動物(蜘蛛類や多足類などの節足動物)に対しても使用する場合がある。より生物一般の用語としては、成体という。.

新しい!!: ヘビトンボと成虫 · 続きを見る »

昆虫

昆虫(こんちゅう)は、節足動物門汎甲殻類六脚亜門昆虫綱(学名: )の総称である。昆虫類という言葉もあるが、多少意味が曖昧で、六脚類の意味で使うこともある。なお、かつては全ての六脚虫を昆虫綱に含めていたが、分類体系が見直され、現在はトビムシなど原始的な群のいくつかが除外されることが多い。この項ではこれらにも触れてある。 昆虫は、硬い外骨格をもった節足動物の中でも、特に陸上で進化したグループである。ほとんどの種は陸上で生活し、淡水中に棲息するものは若干、海中で棲息する種は例外的である。水中で生活する昆虫は水生昆虫(水棲昆虫)とよばれ、陸上で進化した祖先から二次的に水中生活に適応したものと考えられている。 世界の様々な気候、環境に適応しており、種多様性が非常に高い。現時点で昆虫綱全体で80万種以上が知られている。現在知られている生物種に限れば、半分以上は昆虫である。.

新しい!!: ヘビトンボと昆虫 · 続きを見る »

昆虫の翅

昆虫の翅(こんちゅうのはね)では、昆虫類の翅(はね)、一般にいう羽の構造について記す。いわゆる翼の一つであるが、脊椎動物のそれとは全く起源が異なるものである。.

新しい!!: ヘビトンボと昆虫の翅 · 続きを見る »

1781年

記載なし。

新しい!!: ヘビトンボと1781年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ヘビトンボ科孫太郎虫蛇蜻蛉

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »