ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

プロダクションカー世界ラリー選手権

索引 プロダクションカー世界ラリー選手権

プロダクションカー世界ラリー選手権(Production car World Rally Championship)は、2002年から2012年まで開催されていた国際自動車連盟(FIA)公認の世界ラリー選手権(WRC)のカテゴリの一つである。略称はPCWRCまたはPWRC。現在のWRC2の前身。.

54 関係: 奴田原文雄安全性差動装置世界ラリー選手権三菱三菱・ランサーエボリューション二輪駆動ナサール・アルアティヤモンテカルロモータースポーツヤリ=マティ・ラトバラユホ・ハンニネンヨーロッパラリー・フィンランドラリー・ド・ポルトガルラリー・カタルーニャラリー・スウェーデンラリージャパンルノー・クリオレプコロールケージワールドラリーカーボーダフォンヘイデン・パッドンブレーキパイオニアフィアット・プントフォード・フォーカスWRCアバルトウェールズウェールズ・ラリーGBオット・タナクカロッツェリア (AV機器)グループNシュコダ・ファビアシトロエン・DS3スバル・インプレッサスーパー2000ゼッケンサルデーニャサスペンション国際自動車連盟BP (企業)SUBARU排気量新井敏弘2005年2006年2007年2008年...2009年2010年2011年2013年 インデックスを展開 (4 もっと) »

奴田原文雄

奴田原 文雄(ぬたはら ふみお、1963年12月20日-)は、日本のラリードライバー。高知県高知市出身。道都大学卒。北海道恵庭市在住。 全日本ラリー選手権で10度の総合チャンピオンを獲得し、海外ラリーでも成功を収めている。主に三菱・ランサーエボリューション(ランエボ)で活躍していることから、通称「ランサー(ランエボ)のヌタハラ」と呼ばれる。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権と奴田原文雄 · 続きを見る »

安全性

安全性(あんぜんせい、safety、セイフティ)とは、ある物事についての安全(リスクが許容可能な水準に抑えられている状態)の度合いのことである。 言い換えれば、安全とは事故・災害・犯罪などの危害に対して個人や一般社会が許容できる限度に抑えられている状態のことをいう。 安全について定義を記載している公の国際規格の一つにIEC 62278 があり、その中で「安全とは許容できない危害が発生するリスクがないこと」と定義されている。 対義語は危険性。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権と安全性 · 続きを見る »

差動装置

差動装置(さどうそうち)は機械的機構の一種で、二つの部分の動きの差を検出、あるいは動力に差をつけ振り分ける装置。歯車を使った差動歯車やねじを使ったものなどがある。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権と差動装置 · 続きを見る »

世界ラリー選手権

| category.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権と世界ラリー選手権 · 続きを見る »

三菱

三菱(みつびし、MITSUBISHI、ミツビシ).

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権と三菱 · 続きを見る »

三菱・ランサーエボリューション

ランサーエボリューション(LANCER Evolution 、ランエボ)は、三菱自動車工業が生産、および販売していた自動車である。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権と三菱・ランサーエボリューション · 続きを見る »

二輪駆動

二輪駆動(にりんくどう)とは、自動車、オートバイ、自転車などの駆動方法の一種で、装着されている車輪のうち二輪を駆動させる方式である。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権と二輪駆動 · 続きを見る »

ナサール・アルアティヤ

ナサール・アルアティヤ(ناصر بن صالح العطية ナーセル・ビン・サーリフ・アル=アティーヤ、Nasser Salih Nasser Abdullah Al-Attiyah、1970年12月21日 - )は、カタールの射撃選手、レーシングドライバー。名前は英語読みのナッサー・アルアティヤと表記される場合もある。 ロンドン・オリンピック射撃男子銅メダル、PWRC/WRC2王者、ダカール・ラリー/クロスカントリーラリー・ワールドカップ王者と幅広く一流の実績を残している。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とナサール・アルアティヤ · 続きを見る »

モンテカルロ

モンテカルロ(フランス語:Monte Carlo、オック語:Montcarles、モナコ語:Monte-Carlu)は、モナコの4つの地区(カルティエ)の1つであり、同国の北東部、モナコ湾の北岸に位置する。モンテカルロ地区は行政上、同名の「モンテカルロ区」を含む4つの区にさらに分けられている。 モンテカルロとはイタリア語で「シャルル3世の山」という意味であり、彼の治世下で名づけられた。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とモンテカルロ · 続きを見る »

モータースポーツ

モータースポーツ(motorsports)とは、人間の筋肉以外の機械的なモーターやエンジンなどの原動機を使用して稼働する乗り物を用いて行われる競技・スポーツ。カテゴリと呼ばれる競技ランクや競技種別の違いによって定められたルールやレギュレーションに従い「速さ」を競う競技である。 広義においてはモーターボートや飛行機など、いわゆる「車両」以外の乗り物を用いて行われるものを含めてモータースポーツと指す。陸上を走る四輪自動車やモーターサイクル(オートバイ)などの車両を使用したものが一般的であるため、それらを指す場合が多い。自動車を用いて行われる競技については自動車競技、オートバイを用いて行われる競技についてはオートバイ競技を参照のこと。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とモータースポーツ · 続きを見る »

ヤリ=マティ・ラトバラ

ヤリ=マティ・ラトバラ(Jari-Matti Latvala 1985年4月3日- )は、フィンランド出身のラリードライバー。世界ラリー選手権 (WRC) における最年少優勝記録(22歳313日)の保持者。フォード、フォルクスワーゲンを経て2017年からトヨタWRCのワークスドライバーとして活躍している。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とヤリ=マティ・ラトバラ · 続きを見る »

ユホ・ハンニネン

ユホ・ハンニネン(Juho Hänninen,1981年7月25日 - )は、フィンランド出身のラリードライバー。2010年インターコンチネンタル・ラリー・チャレンジ(IRC)、2011年S2000世界ラリー選手権(SWRC)、2012年ヨーロッパラリー選手権(ERC)チャンピオン。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とユホ・ハンニネン · 続きを見る »

ヨーロッパ

ヨーロッパ日本語の「ヨーロッパ」の直接の原語は、『広辞苑』第5版「ヨーロッパ」によるとポルトガル語・オランダ語、『デジタル大辞泉』goo辞書版「」によるとポルトガル語。(、)又は欧州は、地球上の七つの大州の一つ。漢字表記は欧羅巴。 地理的には、ユーラシア大陸北西の半島部を包括し、ウラル山脈およびコーカサス山脈の分水嶺とウラル川・カスピ海・黒海、そして黒海とエーゲ海を繋ぐボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡が、アジアと区分される東の境界となる増田 (1967)、pp.38–39、Ⅲ.地理的にみたヨーロッパの構造 ヨーロッパの地理的範囲 "Europe" (pp. 68-9); "Asia" (pp. 90-1): "A commonly accepted division between Asia and Europe...

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とヨーロッパ · 続きを見る »

ラリー・フィンランド

ラリー・フィンランド(Rally Finland)は、フィンランドで開催される世界ラリー選手権 (WRC) のイベント。旧称1000湖ラリー (1000 Lakes Rally) 。毎年50万人が訪れる北欧最大のモータースポーツの祭典である。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とラリー・フィンランド · 続きを見る »

ラリー・ド・ポルトガル

ラリー・ド・ポルトガル(Rally de Portugal)はポルトガル北部地方で開催される世界ラリー選手権 (WRC) の一戦。1967年創設。1973年のWRC創設時からカレンダーの1戦として行われてきた。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とラリー・ド・ポルトガル · 続きを見る »

ラリー・カタルーニャ

ラリー・RACC・カタルーニャ-コスタ・ドラダ(Rally RACC Catalunya-Costa Daurada)は、スペイン・カタルーニャ州で行われる世界ラリー選手権 (WRC) の一戦。別名ラリー・デ・エスパーニャ(Rally de España)。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とラリー・カタルーニャ · 続きを見る »

ラリー・スウェーデン

ラリー・スウェーデン(Rally Sweden, Svenska rallyt)は、スウェーデンで開催される世界ラリー選手権 (WRC) のイベント。スウェディッシュ・ラリー (Swedish Rally) とも呼ばれる。現在ではWRC唯一のフルスノーラリー。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とラリー・スウェーデン · 続きを見る »

ラリージャパン

2006年 ラリージャパン(Rally Japan)は、FIAが主催する世界ラリー選手権(WRC)のモータースポーツ、ラリーイベントの一つ。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とラリージャパン · 続きを見る »

ルノー・クリオ

リオ(Clio)は、フランスの自動車製造会社ルノー(Renault)の生産する小型乗用車。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とルノー・クリオ · 続きを見る »

レプコ

レプコ (Repco)は、オーストラリアの自動車工学会社で、レース用エンジン製造の他、オーストラリアとニュージーランドでは両国で約400店舗を展開する自動車用品店として知られている。社名のRepcoとはReplacement Parts Company(補修用・部品・会社)の略であり、補修部品、カー用品、工具類を販売する店舗を2013年末現在オーストラリアに295店舗、ニュージーランドに81店舗、そして業者販売専門のAPPCO店を10店展開している。 F1レース用エンジンは、ビュイック(オールズモビル)製のV8・2500ccエンジンをベースに開発した物で、1966年と1967年のF1チャンピオンを獲得している。SOHCの2,500ccで出力は低かったものの、F1の規定が1,500ccから3,000ccに改訂されたばかりで混乱しているさなか、レプコエンジンは圧倒的な信頼性を発揮した。 オーストラリア出身のF1ドライバー、ジャック・ブラバムが自チーム「ブラバム」のマシンにレプコエンジンを採用。瞬間的な速さではロータスやフェラーリに一歩譲るものの、ほとんどメカトラブルを発生しないレプコエンジンの信頼性が功を奏し1966年の世界チャンピオンを獲得した。これによりブラバムは自分が製作したマシンで世界チャンピオンを獲得した史上初(現在のところ史上唯一)のドライバーになった。翌年はブラバムチームの同僚であるデニス・ハルムがチャンピオンを獲得している。しかし1968年以降はライバルのエンジンも信頼性を獲得。出力の低いレプコエンジンは劣勢となる。結局レプコエンジンの世界タイトルは1966年から1967年の2年のみ。 このF1用レプコエンジンの開発者は、2輪の名車ヴィンセントの設計も行った天才的エンジニア、フィル・アービングである。ヴィンセントは市販バイクとして初めて時速200キロが可能な超高速バイクだったが、アービングは「ヴィンセント社の社長(フィル・ヴィンセント)は世界一を誇示したがったが、設計者である私が最も重視したのは信頼性である。それはレプコエンジンでも同じだった」と述べている。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とレプコ · 続きを見る »

ロールケージ

ールケージ(英語:roll cage)とは、事故による横転(roll over)などから乗員スペースを保護するため、自動車や農機具に組み込まれる鋼やアルミ等のパイプで作られたフレームである。また、ロールオーバーバー(roll over bar 、しばしば単に「ロールバー」)、ロールフープ(roll hoop)もこの定義に当てはまるが、ロールケージは特に"かご"(cage)のように乗員スペースを囲うような構造のものを指す。 なお、日本ではロールケージをロールゲージと表記する例が散見されるが、ケー.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とロールケージ · 続きを見る »

ワールドラリーカー

ワールドラリーカー (World Rarry Car) とは、市販車両をベースとして大幅な改造を行った、FIA世界ラリー選手権(WRC)用の競技専用車両である。通称はWRカー。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とワールドラリーカー · 続きを見る »

ボーダフォン

ボーダフォン・グループ(Vodafone Group Plc)は、イギリスに本社を置く世界最大の多国籍携帯電話事業会社である。2006年6月における市場価値は1340億ドル。1985年1月創業。Vodafoneは現在26か国に子会社があり、33か国以上にパートナーネットワークが存在する。社名の由来はVoice Data FONE (PHONE) に由来する。2012年にケーブル・アンド・ワイヤレスを買収した。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とボーダフォン · 続きを見る »

ヘイデン・パッドン

ヘイデン・パッドン(Hayden Paddon、1987年4月20日 - )は、ニュージーランド出身のラリードライバー。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とヘイデン・パッドン · 続きを見る »

ブレーキ

ブレーキ (Brake) は、運動、移動する物体の減速、あるいは停止を行う装置である。これらの動作を制動と呼ぶため、制動装置(せいどうそうち)ともいわれる。 自転車、自動車、オートバイ、鉄道車両、航空機、エレベーター、競技用のソリ(ボブスレーなど)といった乗り物にはおおむね搭載されている。また、高速な稼動部を有したり、精密な停止制御が必要な機械類などでも、ブレーキを持つものがある。原義から転じて、変化を抑制する意味の単語としても用いられる(「景気にブレーキがかかる」など)。 自動車用ブレーキの一例(ランボルギーニ・ムルシエラゴのブレンボ製ディスクブレーキ).

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とブレーキ · 続きを見る »

パイオニア

パイオニア株式会社(Pioneer Corporation)は、東京都文京区に本社を置く、日本の電機メーカーである。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とパイオニア · 続きを見る »

フィアット・プント

プント(Punto)はイタリアの自動車製造会社フィアットが製造、販売する小型のハッチバック型自動車である。 フィアット社内でのプロジェクト名、「178プロジェクト」のコードネームのもと、フィアット・ティーポをベース車両として開発され、1993年9月に発表。1994年にフィアット・ウーノの後継車両として登場。伊語でPuntoとは英語でPoint、日本語で「点」を意味し、オペル・コルサ、フォルクスワーゲン・ポロなどの対抗馬として、小型ハッチバック車市場に投入された。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とフィアット・プント · 続きを見る »

フォード・フォーカスWRC

フォーカスWRC(フォーカスダブリューアールシー、ford focus world Rallycar)は、フォードが世界ラリー選手権(WRC)に出場するために開発した競技専用車(ワールドラリーカー)である。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とフォード・フォーカスWRC · 続きを見る »

アバルト

フィアットアバルト500 フィアットアバルト750 フィアットアバルト750ザガート フィアットアバルト1000前部 フィアットアバルト1000後部 フィアットアバルトシムカ1300 フィアットアバルトシムカ2000 アバルトレースカー アバルト(Abarth)は、かつてイタリアに存在した自動車メーカーである。1949年、トリノに設立され、おもにフィアット車を用いての自動車競技への参加、自動車部品や改造車の販売などを行っていた。 1971年にフィアットに買収され、その後しばらくは同社の自動車競技部門に関与するなどしていた。1990年代以降にはフィアット車のモデル名に名を残す、いわゆる社内ブランドとの位置付けとなっていた。 その後、フィアットの自動車部門を統括するフィアットオートモービルグループ社のもとに、アバルト&C.社(Abarth & C. S.p.A.)が再組織され、2007年に発売された乗用車フィアット・500へアバルトの名を冠するモデルが設定され、現在に至る。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とアバルト · 続きを見る »

ウェールズ

ウェールズ(Wales、Cymru カムリ)は、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国(イギリスのカントリー)」(country)のひとつである。ウェールズはグレートブリテン島の南西に位置し、南にブリストル海峡、東にイングランド、西と北にはアイリッシュ海が存在する。 かつて、石炭を代表とする豊富な地下資源を産出し、イギリスの産業革命を支えた歴史をもつ。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とウェールズ · 続きを見る »

ウェールズ・ラリーGB

2012年大会 ウェールズ・ラリーGB(Wales Rally GB)は世界ラリー選手権 (WRC) の1レース。ウェールズで開催される、ラリー・モンテカルロに次ぐ歴史を持つイベント。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とウェールズ・ラリーGB · 続きを見る »

オット・タナク

ット・タナク(Ott Tänak, 1987年10月15日 - )は、エストニア出身のラリードライバー。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とオット・タナク · 続きを見る »

カロッツェリア (AV機器)

ッツェリア(carrozzeria)は、パイオニアの車載用AV機器(カーオーディオ、カーナビゲーション)事業のブランド名であり、日本国内のみで使用されている。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とカロッツェリア (AV機器) · 続きを見る »

グループN

ループNは、自動車レースに使用する競技車両のカテゴリーの1つ。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とグループN · 続きを見る »

シュコダ・ファビア

ュコダ・ファビア (Škoda Fabia) は、チェコの自動車メーカーであるシュコダ・オートが製造・販売する欧州Bセグメント級の小型自動車である。2001年に生産中止となったフェリツィア (Felicia) の後継車種である。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とシュコダ・ファビア · 続きを見る »

シトロエン・DS3

DS 3は、フランスの自動車メーカー、シトロエンが製造し、DSブランドとして販売するBセグメントの3ドアハッチバック型コンパクトカーとセミオープンカーである。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とシトロエン・DS3 · 続きを見る »

スバル・インプレッサ

インプレッサ(IMPREZA)は、SUBARU(旧・富士重工業)が生産・販売する乗用車である。1992年(平成4年)に発売を開始した。通称は「インプ」。なお、この項では2010年(平成22年)の改良時に「インプレッサWRX STI」から改名された「WRX STI」、ならびに2014年(平成26年)に登場したWRXについても便宜上併記する。 また、この項目では以下のモデルについても便宜上記述する。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とスバル・インプレッサ · 続きを見る »

スーパー2000

ーパー2000(Super 2000、S2000)は、国際自動車連盟 (FIA) が定めた競技車両規定の1つ。グループAの発展で、ラリーとツーリングカーレースに用いられた。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とスーパー2000 · 続きを見る »

ゼッケン

ッケンとはスポーツを行う際に個体の識別を目的として装着する表示の日本での呼称である。これは、国際的な競技においては英語由来のビブ、ビブス(bib, bibs。涎掛けの意)と呼ばれるもので2006年現在、日本においても国際的な競技においてはそれに倣うようになりつつある。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とゼッケン · 続きを見る »

サルデーニャ

ルデーニャ(Sardegna)は、イタリア半島西方、コルシカ島の南の地中海に位置するイタリア領の島。地中海ではシチリア島に次いで2番目に大きな島である。 周辺の島を含めて、サルデーニャ自治州を構成している。この州は、イタリアに5つある特別自治州のひとつである。州都はカリャリ(カリアリ)。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とサルデーニャ · 続きを見る »

サスペンション

ペンション(suspension)または懸架装置(けんかそうち)とは、主に車両において、路面の凹凸を車体に伝えない緩衝装置としての機能と、車輪、車軸の位置決め、車輪を路面に対して押さえつける機能を持つことで、乗り心地や操縦安定性などを向上させる機構である。また、その他の機械類における、防振機構(インシュレーター)のことを指す場合もある。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とサスペンション · 続きを見る »

国際自動車連盟

国際自動車連盟(こくさいじどうしゃれんめい、Fédération Internationale de l'Automobile)は、世界各国の自動車団体により構成される非営利の国際機関。略称はFIA。本部はフランスのパリにある。2009年以降の会長はジャン・トッド。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権と国際自動車連盟 · 続きを見る »

BP (企業)

BP(ビーピー、英:BP p.l.c.)は、イギリスのエネルギー関連事業を展開する多国籍企業。一代貴族を量産してきた国際石油資本の典型。民営化で進められた垂直的統合により、石油や天然ガスの探鉱(シュルンベルジェと連携)から採掘、輸送(パイプラインふくむ)、石油精製、小売まで一括で行う。他のスーパーメジャーと同じく、裾野がさらに広い。天然ガスの生産とそれを利用した発電事業、再生可能エネルギーとしての太陽光発電・風力発電、石油化学製品の製造・販売も手がけている。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とBP (企業) · 続きを見る »

SUBARU

株式会社SUBARU(スバル、)は、日本の重工業メーカーである。 かつての商号は、「富士重工業株式会社」(ふじじゅうこうぎょう、略称:富士重(ふじじゅう)・富士重工(ふじじゅうこう)、、略称:FHI)であったが、2017年4月1日に自動車のブランド名として広く浸透していた「SUBARU」(スバル)に商号を変更した。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権とSUBARU · 続きを見る »

排気量

排気量 (はいきりょう)とは、内燃機関の燃焼行程に関わる容積の大きさを示す数値で、エンジンの性能指標のひとつである。単位は立方センチメートル(cm³)であるが、慣習的にリットルを用いたり、日本国外では立方インチを使用するケースもある。 一般には排気量が大きくなるにしたがって、単位時間あたりの燃焼する燃料が多くなるため、エンジンのトルクおよび出力は増加する傾向にある。反対に燃費は悪化する傾向があるが、機械損失(主に摩擦)やパワーバンド、エンジン設計の関係上、小排気量エンジンが必ずしも低燃費であるわけではない。 エンジンのシリンダー内でピストンが上下する範囲の体積を行程容積といい、この値とシリンダー(気筒)数との積が総排気量となる。内径(ボア)をd(mm)、行程(ストローク→ピストンが動く距離)をS(mm)、気筒数をNとした場合、エンジンの総排気量Dは次式で表される。 例:ホンダ・CB1300スーパーフォア (SC54)、内径78.0mm、行程67.2mm、4気筒、の場合(πを3.14として計算) もしくは D.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権と排気量 · 続きを見る »

新井敏弘

新井 敏弘(あらい としひろ、1966年12月25日 - )は、日本のラリードライバー。群馬県出身。AB型。群馬大学工学部卒。ニックネームは「トシ」。 スバル・インプレッサWRX STiに乗り、全日本ラリー選手権 (JRC) や世界ラリー選手権 (WRC) などで活躍する日本を代表するラリーストの一人。2005年、2007年のプロダクションカー世界ラリー選手権 (PCWRC) シリーズチャンピオン。ラリー参戦、車両・パーツ開発、プロモーション活動などを国内外で行うアライモータースポーツ株式会社の代表を務める。 長男の新井大輝(ひろき)も親子2代ラリーストとしてデビューしている。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権と新井敏弘 · 続きを見る »

2005年

この項目では、国際的な視点に基づいた2005年について記載する。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権と2005年 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権と2006年 · 続きを見る »

2007年

この項目では、国際的な視点に基づいた2007年について記載する。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権と2007年 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権と2008年 · 続きを見る »

2009年

この項目では、国際的な視点に基づいた2009年について記載する。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権と2009年 · 続きを見る »

2010年

この項目では、国際的な視点に基づいた2010年について記載する。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権と2010年 · 続きを見る »

2011年

この項目では、国際的な視点に基づいた2011年について記載する。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権と2011年 · 続きを見る »

2013年

この項目では、国際的な視点に基づいた2013年について記載する。.

新しい!!: プロダクションカー世界ラリー選手権と2013年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

PCWRC

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »