ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

プロクネー

索引 プロクネー

プロクネー(Πρόκνη, Procne)は、ギリシア神話の登場人物。長母音を省略してプロクネとも表記される。 アテーナイ王パンディーオーンの娘で、ピロメーラー、エレクテウス、ブーテースと兄弟。トラキア王のテーレウスと結婚した。 しかしテーレウスは妹のピロメーラの美貌に魅せられ、彼女たちは悲劇的な運命を辿った。詳しくはピロメーラーの項を参照。.

12 関係: 岩波文庫トラキアブーテースパンディーオーンピロメーラーテーレウスアポロドーロスアテナイエレクテウスギリシア神話高津春繁長母音

岩波文庫

岩波文庫(いわなみぶんこ)は、株式会社岩波書店が発行する文庫本レーベル。1927年(昭和2年)7月10日に、ドイツのレクラム文庫を模範とし、書物を安価に流通させ、より多くの人々が手軽に学術的な著作を読めるようになることを目的として創刊された日本初の文庫本のシリーズ。最初の刊行作品は『新訓万葉集』などであった。.

新しい!!: プロクネーと岩波文庫 · 続きを見る »

トラキア

トラキア(Thracia、Trakya)は、バルカン半島南東部の歴史的地域名。現在は3か国に分断され、西トラキアがブルガリアの南東部とギリシャ北東部の一部に、東トラキアがトルコのヨーロッパ部分となっている。.

新しい!!: プロクネーとトラキア · 続きを見る »

ブーテース

ブーテース(Βούτης, Būtēs)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してブテスとも表記される。 アポロドーロスでは、アルゴナウタイの一人としてテレオーンの息子が挙げられているが、これとは別にアテーナイ王パンディーオーンの息子もいる。以下でそれぞれについて記述する。.

新しい!!: プロクネーとブーテース · 続きを見る »

パンディーオーン

パンディーオーン(Πανδίων, )は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してパンディオンとも表記される。主に、.

新しい!!: プロクネーとパンディーオーン · 続きを見る »

ピロメーラー

ピロメーラー(ギリシア語:Φιλομήλα, Philomela)は、ギリシア神話に出てくる人物で、アテーナイ王パンディーオーンとゼウクシッペーの娘。姉にプロクネーがいる。長母音を省略してピロメラとも表記される。.

新しい!!: プロクネーとピロメーラー · 続きを見る »

テーレウス

ピーテル・パウル・ルーベンス作『イテュスの首を差し出されるテレウス』(1636/1638年) マドリッド、プラド美術館所蔵 テーレウス(Τηρεύς, )はギリシア神話の人物である。長母音を省略してテレウスとも表記される。 トラーキア王でアレースの息子とされる。妻のプロクネー、その姉妹ピロメーラーとともに鳥に姿を変えられた。.

新しい!!: プロクネーとテーレウス · 続きを見る »

アポロドーロス

アポロドーロス(Apollodoros)は、古代ローマ時代のギリシャの著作家。長母音表記を省略してアポロドロスとも。『ビブリオテーケー』(『ギリシア神話』)の編纂者として知られる。1世紀から2世紀頃の人物と推定されている。 紀元前2世紀後半ごろのアテーナイの文法家にアポロドーロスという人がいて、著作『神々について』、『年代記』の断片が現存している。かつてこのアポロドーロスと、『ビブリオテーケー』の編者は同一人物と見なされていたが、後年の研究によって、別人説が有力となっている。このため、『ビブリオテーケー』の編者は「偽アポロドーロス」とも呼ばれる。 『ビブリオテーケー』の編者については、9世紀にフォティオスが言及しているのが初出で、その後ツェツェース(Tzetzes, およそ1110年 - 1180年)が引用しているが、それ以前の記録は無い。伝承の諸写本ではこのアポロドーロスを「アテーナイ人にして文法家」、フォティオスも「文法家」と呼んでおり、古代後期の頃からこの両者は同一視されていたと見られる。 19世紀に入り、ローベルト(C.Robert)の研究(1873年)によって別人説が打ち出された。すなわち、アテーナイ人の文法家の著書の断片と『ビブリオテーケー』の比較から、文法家の合理主義的神話解釈と『ビブリオテーケー』の古代文学より伝承された神話の無批判的な編纂方針に於ける大きな乖離があることである。また、『ビブリオテーケー』ではカストール(Kastor)が引用されているが、異説はあるにせよ、ストラボンやスーイダースの伝えるところによれば、カストールは紀元前1世紀の歴史家であることから、『ビブリオテーケー』の編者としてのアポロドーロスは、最も早くとも紀元前1世紀より遡ることはないとの見解が有力である。とはいえ、年代を紀元前1世紀以後のいつごろに帰すべきかについては諸説の一致を見ておらず、「1世紀から2世紀ごろ」についても推定の域を出ていない。.

新しい!!: プロクネーとアポロドーロス · 続きを見る »

アテナイ

アクロポリス、間にアレオパゴス、西にプニュクスがある。 アテナイと外港ペイライエウス アテナイ(: Ἀθῆναι, Athēnai)は、ギリシャ共和国の首都アテネの古名。中心部にパルテノン神殿がそびえるイオニア人の古代ギリシアの都市国家。名はギリシア神話の女神アテーナーに由来する。アッティカ半島の西サロニコス湾に面し外港ペイライエウスを有していた。.

新しい!!: プロクネーとアテナイ · 続きを見る »

エレクテウス

レクテウス(Ἐρεχθεύς, )は、ギリシア神話の人物である。アテーナイ王パンディーオーンとその母の姉妹ゼウクシッペーの間にできた息子。兄弟姉妹に悲惨な運命を辿ったプロクネーとピロメーラーや、ブーテースがいる。ディオゲネイアの娘プラークシテアーと結婚し、子供にオーレイテュイア、プロクリス、ケクロプス、クレウーサ、クトニアーがいる。クレウーサはクスートスと、クトニアーはブーテースと、プロクリスはケパロスと結婚した。 父のパンディオーンから受け継いだ権力を分割するにあたり、エレクテウスは政治権力を、ブーテースはアテーナーとポセイドーンの神官職の権利を得た。それらは子孫にも受け継がれた。 後にエレウシース人と戦争が起きた。勝利を獲る方法を神託に問うたところ、娘の一人を殺すように言われた。それに従い最年少の娘を殺すと、他の娘も自害した。戦争が始まると、エレウシース側について戦ったエウモルポスを殺した。彼はキオネーとポセイドンの息子で、エレクテウスのひ孫にあたる。しかしポセイドンによりエレクテウスの家は破壊された。.

新しい!!: プロクネーとエレクテウス · 続きを見る »

ギリシア神話

リシア神話(ギリシアしんわ、ΜΥΘΟΛΟΓΊΑ ΕΛΛΗΝΙΚΉ)は、古代ギリシアより語り伝えられる伝承文化で、多くの神々が登場し、人間のように愛憎劇を繰り広げる物語である。ギリシャ神話とも言う。 古代ギリシア市民の教養であり、さらに古代地中海世界の共通知識でもあったが、現代では、世界的に広く知られており、ギリシャの小学校では、ギリシャ人にとって欠かせない教養として、歴史教科の一つになっている。 ギリシア神話は、ローマ神話の体系化と発展を促進した。プラトーン、古代ギリシアの哲学や思想、ヘレニズム時代の宗教や世界観、キリスト教神学の成立など、多方面に影響を与え、西欧の精神的な脊柱の一つとなった。中世においても神話は伝承され続け、その後のルネサンス期、近世、近代の思想や芸術にとって、ギリシア神話は霊感の源泉であった。.

新しい!!: プロクネーとギリシア神話 · 続きを見る »

高津春繁

津 春繁(こうづ はるしげ、1908年1月19日 - 1973年5月4日)は、日本の言語学者、比較言語学研究者、古代ギリシア文学研究者。文学博士(東京大学)。東京大学文学部教授、武蔵大学人文学部教授、人文学部長(初代)を歴任。東京大学名誉教授。.

新しい!!: プロクネーと高津春繁 · 続きを見る »

長母音

長母音(ちょうぼいん)とは、母音の持続時間が長いものをいう。これと対照的に持続時間が短いものは、短母音(たんぼいん)と呼ばれる。.

新しい!!: プロクネーと長母音 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »