ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

プラット・アンド・ホイットニー JT3C

索引 プラット・アンド・ホイットニー JT3C

JT3Cは、アメリカ空軍の要求に基づきプラット・アンド・ホイットニーで開発されたターボジェットエンジン。アメリカ空軍での識別番号はJ57。 世界で、事実上最初に実用化された二軸式ターボジェットであり、当時の水準を大きく上回る圧縮比12を達成している。.

30 関係: A-3 (航空機)ノースロップノースアメリカンマクドネル・エアクラフトロッキードヴォート・エアクラフト・インダストリーズボーイングボーイング707プラット・アンド・ホイットニーダグラス DC-8ダグラス・エアクラフトアメリカ空軍イングリッシュ・エレクトリック キャンベラグレン・L・マーティンコンベアターボプロップエンジンターボジェットエンジンB-52 (航空機)C-124 (航空機)C-135 (航空機)重量ポンドF-100 (戦闘機)F-101 (戦闘機)F-102 (戦闘機)F-8 (戦闘機)F4D (航空機)KC-135 (航空機)SM-62 (ミサイル)U-2 (航空機)YB-60 (航空機)

A-3 (航空機)

A-3は、ダグラス・エアクラフトによって開発され、アメリカ海軍が運用していた航空機。愛称はスカイウォーリアー(SkyWarrior)。 核攻撃を目的とした大型艦上攻撃機として開発され、後期には電子戦機や空中給油機として用いられた。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3CとA-3 (航空機) · 続きを見る »

ノースロップ

ノースロップ(Northrop Corporation)は、アメリカ合衆国で創業した航空機メーカーである。1994年にグラマンと合併して、ノースロップ・グラマンになった。 ウォーターゲート事件の捜査でニクソンへの不正献金が発覚、その後のロッキード事件へと波及した舞台となった会社である。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3Cとノースロップ · 続きを見る »

ノースアメリカン

ノースアメリカン・アビエーション・インク(North American Aviation, Inc. )はアメリカ合衆国の航空機メーカーである。1928年に設立され、1930年代から航空機の製造を行い、第二次世界大戦のP-51ムスタング、B-25ミッチェル、戦後のF-86セイバーなどの重要な機体を製作した。1967年にロックウェルと合併してノースアメリカン・ロックウェル(North American Rockwell Corporation )になった。1996年にノースアメリカンおよびロケットダイン部門を含むロックウェル・インターナショナルはボーイングに売却されている。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3Cとノースアメリカン · 続きを見る »

マクドネル・エアクラフト

マクドネル・エアクラフト(McDonnell Aircraft Corporation )はアメリカの航空機メーカーである。1967年にダグラス社と合併してマクドネル・ダグラスになった。 1938年ジェームス・マクドネル(James Smith McDonnell)によって、ミズーリ州セントルイスに設立された。第二次世界大戦によって発展し、新興メーカーのためジェット戦闘機に対する取り組みが早かったので戦後F-4 ファントムIIなどで有力な戦闘機メーカーになった。開発した機体の愛称を亡霊もしくはそれに類するもので統一していたことでも知られる。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3Cとマクドネル・エアクラフト · 続きを見る »

ロッキード

ッキード トライスター ロッキード(Lockheed Corporation)は、アメリカ合衆国の航空機メーカーで主に軍用機を製造していた。マーティン・マリエッタ社と合併し、現在はロッキード・マーティンである。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3Cとロッキード · 続きを見る »

ヴォート・エアクラフト・インダストリーズ

ヴォート・エアクラフト・インダストリーズ・インク(Vought Aircraft Industries, Inc. )は、アメリカ合衆国の航空機メーカー。旧チャンス・ヴォート(Chance Vought )。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3Cとヴォート・エアクラフト・インダストリーズ · 続きを見る »

ボーイング

ボーイング(The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバスと世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発・設計製造を行う。機体の設計に関して、有限要素法の設計手法の導入に先んじていて、その技術は車輌構体設計など他分野にも技術供与されており、世界の航空宇宙機器業界をリードしている。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3Cとボーイング · 続きを見る »

ボーイング707

ボーイング707(Boeing 707)は、アメリカのボーイング社が開発した4発式の大型ジェット旅客機。 1950年代初頭に原型機の開発が開始され、1958年に路線就航した。ダグラス DC-8やコンベア880(CV880)と並ぶ、第1世代ジェット旅客機を代表する機種であり、ボーイングの7X7シリーズの始まりでもある。 1950年代後期、世界の民間航空業界における大型ジェット旅客機の商業的優位性を決定づけた、航空史に残る歴史的機体である。ジェットエンジンの高出力を活かして機体大型化と速度向上を図り、それ以前の大型レシプロプロペラ旅客機を遥かに凌駕する定員100名超の輸送力と、(商業運航される大多数の旅客機の実用上限速度として21世紀初頭に至っても踏襲される)マッハ0.8級の快速を両立させた。 その高い完成度から世界各国の民間航空会社や政府・軍の公用に広く採用され、1991年までの長期にわたって1,000機以上が生産される商業的成功を収めた。また派生形のボーイング720も開発されたほか、胴体設計の流用で、中型3発ジェット機727、小型双発ジェット機737をも産み出す母体となったことは特筆される。707に始まる一連のジェット旅客機シリーズの成功で、ボーイング社はその後半世紀以上に渡り世界的な旅客機メーカーとしての地歩を固めた。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3Cとボーイング707 · 続きを見る »

プラット・アンド・ホイットニー

プラット・アンド・ホイットニー(Pratt & Whitney、プラット・アンド・ウィットニー)は、アメリカ合衆国の航空機用エンジンメーカー。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3Cとプラット・アンド・ホイットニー · 続きを見る »

ダグラス DC-8

ダグラス DC-8(Douglas DC-8)は、アメリカのダグラス・エアクラフト社が開発した大型ジェット旅客機である。ボーイング707やコンベア880と並んで第一世代ジェット機を代表する旅客機で、世界で初めて超音速飛行を行った旅客機でもあった「The DC-8 A Flying testament to quality」Mc Donnell Douglas。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3Cとダグラス DC-8 · 続きを見る »

ダグラス・エアクラフト

ダグラス・エアクラフト社(Douglas Aircraft Company )は、かつて存在したアメリカの航空機メーカー。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3Cとダグラス・エアクラフト · 続きを見る »

アメリカ空軍

アメリカ空軍(アメリカくうぐん、United States Air Force, 略称:USAF(ユサフ))は、アメリカ軍の航空部門である。アメリカ合衆国空軍、あるいは単に合衆国空軍、ほかに米空軍とも呼ばれる。任務は「アメリカ合衆国を防衛し、航空宇宙戦力によってその国益を守ること」である。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3Cとアメリカ空軍 · 続きを見る »

イングリッシュ・エレクトリック キャンベラ

イングリッシュ・エレクトリック キャンベラ (English Electric Canberra) は、イギリスのイングリッシュ・エレクトリック社が開発しイギリス空軍に採用されたジェット爆撃機である。初飛行1949年で、2006年にイギリス空軍では退役した。 速度性能や高高度性能、低空での操作性を評価され、イングリッシュ・エレクトリック社は爆撃機型を土台に偵察機型や練習機型も開発した。また、アメリカ合衆国やオーストラリアにも採用され、各国でライセンス生産された。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3Cとイングリッシュ・エレクトリック キャンベラ · 続きを見る »

グレン・L・マーティン

レン・L・マーティン・カンパニー(The Glenn L. Martin Company、単にマーティンとも)は、1912年8月に設立されたアメリカの航空機メーカーである。設立者はグレン・マーティン(Glenn L. Martin)。1961年にアメリカン・マリエッタと合併してマーティン・マリエッタになり、2006年現在はロッキードと合併して、ロッキード・マーティンとなっている。 有名な機体は、第二次世界大戦中のB-26 マローダーである。 マーチン社は後にそれぞれの会社を設立するドナルド・ダグラス(Donald Douglas)、ローレンス・ベル(Lawrence Bell)、ジェームス・マクドネル(James S. McDonnell)らの技術者が属していた。 後にボーイングを設立する ウィリアム・ボーイング(William Boeing)も飛行機事業にのりだすのにマーティン社の飛行機を購入することからはじめている。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3Cとグレン・L・マーティン · 続きを見る »

コンベア

ンソリデーテッド・ヴァルティ・エアクラフト(The Consolidated Vultee Aircraft Corporation)は、コンベア(Convair)として知られ、かつて存在したアメリカ合衆国の航空機メーカーである。その後ジェネラル・ダイナミクスに買収されその一部門として旅客機を製造していた。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3Cとコンベア · 続きを見る »

ターボプロップエンジン

ターボプロップエンジン(Turboprop Engine)とはガスタービンエンジンの1形態で、そのエネルギー出力の大部分をプロペラを回転させる力として取り出す機構を備えたエンジンである。ターボプロップエンジンは主に小型、あるいは低亜音速の航空機用動力として利用されるが、中には最大速度が500ノット (925 km/h) に達するような高速機においても適用例がある。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3Cとターボプロップエンジン · 続きを見る »

ターボジェットエンジン

ターボジェットエンジン(Turbojet engine)はジェットエンジンの一種。ターボファンエンジンやターボプロップエンジンに対し、レトロニムとしてピュアジェットエンジンとも言われる。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3Cとターボジェットエンジン · 続きを見る »

B-52 (航空機)

B-52は、ボーイング社が開発しアメリカ空軍に採用された戦略爆撃機。愛称はストラトフォートレス(Stratofortress:直訳すると「成層圏の要塞」だが、小説などでは「超空の要塞」と意訳される事も多い)。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3CとB-52 (航空機) · 続きを見る »

C-124 (航空機)

C-124(英語:C-124 Globemaster II)はアメリカ合衆国のダグラス社が開発した軍用輸送機である。愛称はグローブマスター II(Globemaster II)。1949年に初飛行した。冷戦時代初期の戦略軍事輸送の主力であった。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3CとC-124 (航空機) · 続きを見る »

C-135 (航空機)

C-135は、アメリカ空軍で使用されている輸送機である。愛称はストラトリフター(Stratolifter)。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3CとC-135 (航空機) · 続きを見る »

重量ポンド

重量ポンド(じゅうりょうポンド、、記号: lbf, lbf)は、ヤード・ポンド法のFPS単位系(英国工学単位系、英国重力単位系)で用いられる力または重量の単位である。米国以外では、使われることがまれで、米国内でも公式には使われない。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3Cと重量ポンド · 続きを見る »

F-100 (戦闘機)

F-100は、アメリカ合衆国のノースアメリカン社で開発された世界初の実用超音速戦闘機である。愛称はスーパーセイバー(Super Sabre)。非公式には形式番号の100にちなんでハン(Hun)とも呼ばれた。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3CとF-100 (戦闘機) · 続きを見る »

F-101 (戦闘機)

F-101 ヴードゥー (Voodoo) はアメリカ合衆国のマクドネル社が開発した、双発の超音速戦闘機。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3CとF-101 (戦闘機) · 続きを見る »

F-102 (戦闘機)

F-102はジェネラル・ダイナミクス社のコンベア部門が開発し、アメリカ空軍に制式採用された戦闘機(要撃機)。愛称はデルタダガー(Delta Dagger)。初飛行は1953年。 俗にセンチュリーシリーズと呼ばれる一連の機体のひとつである。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3CとF-102 (戦闘機) · 続きを見る »

F-8 (戦闘機)

ミッドウェイで発艦準備をする2機のF-8(1963年) F-8は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、チャンス・ヴォート(現ヴォート・エアクラフト・インダストリーズ)社が開発し、アメリカ海軍とアメリカ海兵隊を中心にフランス海軍とフィリピン空軍で使用された艦上戦闘機である。愛称はクルセイダー(Crusader、十字軍の戦士)。 開発当初の機種名はF8Uであるが、1962年の機種名整理で命名規則が変更されたため、F-8となった。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3CとF-8 (戦闘機) · 続きを見る »

F4D (航空機)

F4Dはアメリカ合衆国のダグラス・エアクラフト社で製造された艦上戦闘機。愛称はスカイレイ(Skyray)。1950年代にアメリカ海軍で艦上戦闘機として運用された。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3CとF4D (航空機) · 続きを見る »

KC-135 (航空機)

KC-135は、アメリカ空軍などが運用している空中給油・輸送機。愛称はストラトタンカー(Stratotanker:成層圏の燃料輸送機という意味)。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3CとKC-135 (航空機) · 続きを見る »

SM-62 (ミサイル)

SM-62 スナーク SM-62(愛称スナーク)はアメリカ空軍が運用していた大陸間巡航ミサイルである。 スナークとはルイス・キャロルの詩、『スナーク狩り』(原題:The Hunting of the Snark (An Agony in 8 Fits))に登場する架空の生物の名である(開発計画において並行検討された“ブージャム”(Boojum)の名も、ルイス・キャロルの詩に由来する)。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3CとSM-62 (ミサイル) · 続きを見る »

U-2 (航空機)

ッキード U-2(Lockheed U-2)はロッキード社がF-104をベースに開発したスパイ用の高高度偵察機。初飛行は1955年。公式ではないが、ドラゴンレディ(Dragon Lady)という愛称がある。また、その塗装から「黒いジェット機」の異名もある。当初、U-2はCIAとアメリカ空軍、台湾空軍で使用されていたが、1970年代にCIAと台湾空軍はU-2の運用を取りやめたため現在ではアメリカ空軍のみで運用されている。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3CとU-2 (航空機) · 続きを見る »

YB-60 (航空機)

YB-60とは、アメリカ合衆国の航空機メーカーであったコンベアがアメリカ空軍向けに開発していた爆撃機。B-36爆撃機を純ジェット化した機体であり、開発当初はXB-36Gと呼称していた。B-52爆撃機との競争試作であり、試作のみで量産はされなかった。.

新しい!!: プラット・アンド・ホイットニー JT3CとYB-60 (航空機) · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

J57JT3Cプラット・アンド・ホイットニーJT3C

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »