ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ブロックD

索引 ブロックD

ブロック D (Блок Д ブロック Dを意味する)はソビエトの開発した上段ロケットである。当初はN-1ロケットの上段ロケットとして開発されたがN-1計画の中止後はプロトン-Kやゼニットの上段ロケットとして使用される。 上段ロケットとして(派生機種を含めて)において250回以上打ち上げられ、.

32 関係: ロケットロシア連邦国防省ロケット・砲兵総局ブラン (オービタ)ブリーズ (ロケット)プロトン (ロケット)プロトン-Kプロトン-Mエンジンケロシンシーローンチスラスターゼニット (ロケット)ソビエトソ連の有人月旅行計画ゾンド計画火星静止衛星金星GLONASSLK (着陸船)LOXN-1RD-58S.P.コロリョフ ロケット&スペース コーポレーション エネルギア液体酸素月周回軌道月面着陸1960年代1967年1974年1982年2002年

ロケット

ット(rocket)は、自らの質量の一部を後方に射出し、その反作用で進む力(推力)を得る装置(ロケットエンジン)、もしくはその推力を利用して移動する装置である。外気から酸化剤を取り込む物(ジェットエンジン)は除く。 狭義にはロケットエンジン自体をいうが、先端部に人工衛星や宇宙探査機などのペイロードを搭載して宇宙空間の特定の軌道に投入させる手段として使われる、ロケットエンジンを推進力とするローンチ・ヴィークル(打ち上げ機)全体をロケットということも多い。 また、ロケットの先端部に核弾頭や爆発物などの軍事用のペイロードを搭載して標的や目的地に着弾させる場合にはミサイルとして区別され、弾道飛行をして目的地に着弾させるものを特に弾道ミサイルとして区別している。なお、北朝鮮による人工衛星の打ち上げは国際社会から事実上の弾道ミサイル発射実験と見なされており国際連合安全保障理事会決議1718と1874と2087でも禁止されているため、特に日本国内においては人工衛星打ち上げであってもロケットではなくミサイルと報道されている。 なお、推力を得るために射出される質量(推進剤、プロペラント)が何か、それらを動かすエネルギーは何から得るかにより、ロケットは様々な方式に分類されるが、ここでは最も一般的に使われている化学ロケット(化学燃料ロケット)を中心に述べる。 ロケットの語源は、1379年にイタリアの芸術家兼技術者であるムラトーリが西欧で初めて火薬推進式のロケットを作り、それを形状にちなんで『ロッケッタ』と名づけたことによる。.

新しい!!: ブロックDとロケット · 続きを見る »

ロシア連邦国防省ロケット・砲兵総局

ア連邦国防省ロケット・砲兵総局(ロシア語:Главное ракетно-артиллерийское управление МО РФ (ГРАУ、以下GRAUと呼称。)は、ロシア連邦国防省隷下のロシア連邦軍兵器部の一部署である。 GRAUの重要な役割として、ロシア軍の制式採用された兵器・装備類にGRAUインデックス(またはGRAUコードとも)という認識番号を付与するという事が挙げられる。.

新しい!!: ブロックDとロシア連邦国防省ロケット・砲兵総局 · 続きを見る »

ブラン (オービタ)

ブラン(Буран、Buran)は、ソ連の各設計局が開発した宇宙船(宇宙往還機)、ないしは同機を初代オービタとする打ち上げ計画(ブラン計画)である。 「ブラン」とは「吹雪」特に「ステップの猛吹雪」を意味するロシア語。ロシア語のカタカナ転写の方式の違いによる表記バリエーションにより、ブランのほかブラーンとも表記される。ブーランという表記は誤り。.

新しい!!: ブロックDとブラン (オービタ) · 続きを見る »

ブリーズ (ロケット)

ブリーズ(露:Бриз, ローマ字表記:Briz, 日本語でそよ風の意)はロシアで開発された上段ロケットである。クルニチェフ国家研究生産宇宙センターで生産され、ロコット、プロトン、アンガラ・ロケットに搭載されて使用する。ブリーズ・シリーズはこれまでにブリーズ-Kを基本とし、ブリーズ-M、ブリーズ-KMの各派生形が開発されている。推進剤はN2O4とUDMHというハイパーゴリック推進剤を使用している。ブリーズ-Mにおいて、1基のRD-2000エンジンを使用し、推力、比推力326秒を得ており、一回の飛行で3,000秒間燃焼することが出来る。.

新しい!!: ブロックDとブリーズ (ロケット) · 続きを見る »

プロトン (ロケット)

プロトン(ロシア語:Протонプラトーン、ラテン文字表記の例:Proton、「陽子」の意味)は旧ソ連で開発された打ち上げ用ロケットである。別名としてUR-500、D-1、SL-12、SL-13などが存在する。.

新しい!!: ブロックDとプロトン (ロケット) · 続きを見る »

プロトン-K

プロトン K(プロトン8K82K) プロトン K(プロトン8K82K)は2012年まで使用された上段にブロックDを備える改良型のプロトンロケットである。.

新しい!!: ブロックDとプロトン-K · 続きを見る »

プロトン-M

プロトン-M(Протон-М)はソ連時代のプロトンロケットを下に開発されたロシアの大型打ち上げロケット。GRAUインデックスでは8K82Mやとあらわされる。クルニチェフで製造されており、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地81番射点や200番射点から打ち上げられる。商業打ち上げはインターナショナル・ローンチ・サービシーズによって通常バイコヌール宇宙基地200/39射点で行われる。初飛行は2001年4月7日に行われた。.

新しい!!: ブロックDとプロトン-M · 続きを見る »

エンジン

ンジン(engine)は、以下の用法がある。.

新しい!!: ブロックDとエンジン · 続きを見る »

ケロシン

トラック サターンVの打ち上げ ケロシン(kerosene)とは、石油の分留成分の1つである。およそ沸点150 - 280℃、炭素数10 - 15、密度0.79 - 0.83のものである。ナフサ(ガソリンの原料)より重く、軽油より軽い。 ケロシンを主成分として、灯油、ジェット燃料、ケロシン系ロケット燃料などの石油製品が作られる。灯油は成分的にはほぼケロシンだが、日本では灯油をケロシンと呼ぶことはまれで、ケロシンといえばジェット燃料やロケット燃料のことが多い。 英語では、keroseneのほかkerosineとも綴り、また、coal oilともいう。中国語では、「煤油」や俗に「火水」という。日本のモービル石油のスタンドや灯油の貯蔵施設にある給油機には英語のKerosineが書かれている。また、英国と南アフリカではparaffin(パラフィン)とも呼ぶ。.

新しい!!: ブロックDとケロシン · 続きを見る »

シーローンチ

ーローンチ (Sea Launch) は、海上からゼニット3SLロケットを使って、人工衛星を打ち上げる商用サービス会社である。 1995年に米露など多国籍の企業による共同事業として開始されたが、2009年の経営破綻を経て、2016年現在はロシアのS7グループに所属する。.

新しい!!: ブロックDとシーローンチ · 続きを見る »

スラスター

ラスター (thruster) は、スラスト(推す、thrust)に由来する言葉で、広義には推進システムの総称。.

新しい!!: ブロックDとスラスター · 続きを見る »

ゼニット (ロケット)

ニット(ウクライナ語:Зенітゼニート;ロシア語:Зенитズィニート:「天頂」を意味する)は、ウクライナおよびソ連の打ち上げロケットである。.

新しい!!: ブロックDとゼニット (ロケット) · 続きを見る »

ソビエト

ビエト(ロシア語:Совет サヴィェート)とは、ロシア革命時において、社会主義者の働きかけもありながらも主として自然発生的に形成された労働者・農民・兵士の評議会(理事会)。もしくはそれらの(名目上の)後継組織であるソビエト連邦の議会。ラテン文字表記は英語では「Soviet」が一般的。日本語カタカナ表記としては「ソビエト」や「ソヴィエト」が比較的よく用いられるが、まれに「ソヴェト」「ソヴェート」「ソビエット」という表記もある。.

新しい!!: ブロックDとソビエト · 続きを見る »

ソ連の有人月旅行計画

連の有人月旅行計画(ソれんのゆうじんつきりょこうけいかく)は、アメリカのアポロ計画と並行して、1960年代から70年代のソ連において試みられながら、遂に実現しなかった有人宇宙船による月接近飛行および月面着陸計画である。.

新しい!!: ブロックDとソ連の有人月旅行計画 · 続きを見る »

ゾンド計画

ゾンド計画(ゾンドけいかく、Зонд;"探査機"という意味)はソビエト連邦の宇宙計画の1つ。ゾンド計画は2つのシリーズで構成され、1つは1964年から1970年にかけて進められていた惑星探査機の試験である。もう一方は有人月飛行のための無人試験で、ソユーズ宇宙船を構成するサービスモジュールと再突入モジュールを流用したものが使用された。.

新しい!!: ブロックDとゾンド計画 · 続きを見る »

火星

火星(かせい、ラテン語: Mars マールス、英語: マーズ、ギリシア語: アレース)は、太陽系の太陽に近い方から4番目の惑星である。地球型惑星に分類され、地球の外側の軌道を公転している。 英語圏では、その表面の色から、Red Planet(レッド・プラネット、「赤い惑星」の意)という通称がある。.

新しい!!: ブロックDと火星 · 続きを見る »

静止衛星

静止衛星(せいしえいせい)とは、赤道上空の高度約35,786kmの円軌道(静止軌道)を、地球の自転周期と同じ周期で公転している人工衛星のことを指す。.

新しい!!: ブロックDと静止衛星 · 続きを見る »

金星

金星(きんせい、Venus 、 )は、太陽系で太陽に近い方から2番目の惑星。また、地球に最も近い公転軌道を持つ惑星である。 地球型惑星であり、太陽系内で大きさと平均密度が最も地球に似た惑星であるため、「地球の姉妹惑星」と表現されることがある。また、太陽系の惑星の中で最も真円に近い公転軌道を持っている。 地球から見ると、金星は明け方と夕方にのみ観測でき、太陽、月についで明るく見える星であることから、明け方に見えるのが「明けの明星」、夕方に見えるのが「宵の明星」という。.

新しい!!: ブロックDと金星 · 続きを見る »

GLONASS

GLONASS GLONASS(ГЛОНАСС - ГЛОбальная НАвигационная Спутниковая Система、ラテン文字転記: GLObal'naya NAvigatsionnaya Sputnikovaya Sistema、Global Navigation Satellite System、グロナス)は、かつてのソビエト連邦が開発し、現在はロシア宇宙軍の手によってロシア政府のために運用されている衛星測位システムである。アメリカ合衆国によって運用されているグローバル・ポジショニング・システム(GPS)や、欧州連合(EU)によって計画されているガリレオなどに対応した、ロシアの衛星測位システムである。 GLONASSの開発は1976年に始められ、全世界を1991年までにサービス範囲に収めることを目標としていた。人工衛星の打ち上げは1982年10月12日から始められ、1996年に24基全ての衛星が運用開始されるまで多数のロケットの打ち上げが行われた。完成後、ロシア経済の崩壊に伴いシステムは急速に能力を失った。 ロシアは2001年からシステムの修復を開始し、近年システムを多角化してインド政府を協力者に迎え、2009年までに全世界をカバーする計画を推進し、2011年に全世界で実用可能となった。.

新しい!!: ブロックDとGLONASS · 続きを見る »

LK (着陸船)

LK(Lunniy Korabl )はソ連の有人月旅行計画の一環として開発されたソ連の月着陸船で、アメリカの月着陸船(LM)に相当する。ソ連はアメリカより先に、このLKによってソ連の宇宙飛行士を月面着陸させ、ムーン・レースに勝利する予定だった。LK の開発は成功し、地球軌道上での試験が成功裏に終わっている。しかし、N1ロケットの開発に失敗したことから、月に送られることは1度もなかった。.

新しい!!: ブロックDとLK (着陸船) · 続きを見る »

LOX

Lox.

新しい!!: ブロックDとLOX · 続きを見る »

N-1

N-1(ロシア語:Н1エーヌ・アヂーン)は、月にソ連人の宇宙飛行士を送るように造られたソビエト連邦のロケットである。全長、約100メートル。アメリカのサターンVロケットに匹敵する大きなロケットで、低軌道に95トンものペイロードを投入できるよう設計された。しかしながら、4回の試験打ち上げすべてに失敗し、実用化のめどが立たないまま1974年に計画は放棄された。.

新しい!!: ブロックDとN-1 · 続きを見る »

RD-58

RD-58 (製造品番 11D58)は1960年代にソビエトのOKB-1, 現在のRKK エネルギアが開発した液体燃料ロケットエンジンである。エンジンは当初は世界初の二段燃焼サイクルのエンジンであるS1.5400を元にMikhail Melnikovの管理下でN-1の上段であるブロックDの動力として開発された。この段の派生型が現在のプロトンやゼニットで使用される 。 Category:ロケットエンジン Category:二段燃焼サイクルのロケットエンジン Category:ソビエト連邦のロケットエンジン Category:ロシア連邦共和国のロケットエンジン Category:ケロシン/液体酸素を推進剤とするロケットエンジン.

新しい!!: ブロックDとRD-58 · 続きを見る »

S.P.コロリョフ ロケット&スペース コーポレーション エネルギア

S.P.コロリョフ ロケット&スペース コーポレーション エネルギアまたはS.P.コロリョフ・ロケット・宇宙会社「エネルギヤ」(Ракетно-космическая корпорация "Энергия" им.、略称:РКК Энергия、英文字略称:RKK EnergiaまたはRSC Energia) はロシアのソユーズ宇宙船、プログレス補給船、人工衛星などの宇宙機と宇宙ステーションのモジュールの設計・製造会社である。モスクワ近郊のコロリョフに本社を置く。 旧ソ連で1946年設計局の1つとして発足し、 セルゲイ・コロリョフを指導者(1946-1966)として発展し、コロリョフ設計局(第1設計局、OKB-1)としてソ連、ロシアの宇宙開発を支えてきた。西側でもその実績は高く評価され国際宇宙ステーションの建設では重要な役割を担っている。.

新しい!!: ブロックDとS.P.コロリョフ ロケット&スペース コーポレーション エネルギア · 続きを見る »

液体酸素

液体酸素(えきたいさんそ)とは、液化した酸素のこと。酸素の沸点は−183℃、凝固点は−219℃である。製鉄や医療現場の酸素源やロケットの酸化剤として利用され、LOX (Liquid OXygen)、LO2のように略称される。有機化合物に触れると爆発的に反応することがある。.

新しい!!: ブロックDと液体酸素 · 続きを見る »

月周回軌道

月軌道から見える地球の出 月周回軌道(つきしゅうかいきどう、Lunar orbit)とは、月を中心として周回する軌道のこと。月が地球の周りを周回する軌道(月の軌道)とは異なる。 宇宙計画で月の周りを周回する人工物に対して述べられることがほとんどである。月周回軌道の軌道遠点での高度はアポルーン(apolune)として知られており、軌道近点はペリルーン(perilune)として知られる.

新しい!!: ブロックDと月周回軌道 · 続きを見る »

月面着陸

NASAより。 月面着陸(げつめんちゃくりく、)は、地球の衛星である月への着陸をいう。英語では他に、 とも。人類史上初の月面着陸は、アメリカ合衆国のアポロ11号計画における船長ニール・アームストロングと月着陸船操縦士エドウィン・オルドリンによるものだった。1969年7月20日、司令船操縦士マイケル・コリンズが月周回軌道上の司令船コロンビアで待機する中、二人の乗り込んだ月着陸船イーグルは司令船から切り離され、7月20日午後4時17分(東部夏時間)、月面に着陸し21時間30分滞在した。米国が着陸計画を終了した1972年12月までに月に到達したのは合計12人、いずれも米国宇宙飛行士である。 本項では主に、成功へと至った月面着陸について取り上げる。.

新しい!!: ブロックDと月面着陸 · 続きを見る »

1960年代

1960年代(せんきゅうひゃくろくじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1960年から1969年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1960年代について記載する。.

新しい!!: ブロックDと1960年代 · 続きを見る »

1967年

記載なし。

新しい!!: ブロックDと1967年 · 続きを見る »

1974年

記載なし。

新しい!!: ブロックDと1974年 · 続きを見る »

1982年

この項目では、国際的な視点に基づいた1982年について記載する。.

新しい!!: ブロックDと1982年 · 続きを見る »

2002年

この項目では、国際的な視点に基づいた2002年について記載する。.

新しい!!: ブロックDと2002年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »