ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ブルナンイルカ

索引 ブルナンイルカ

ブルナンイルカ(学名:Tursiops australis )とは、マイルカ科ハンドウイルカ属に属するイルカである。ブルナンとは、アボリジニ語で「イルカのような大きな魚」を意味する。また種小名となっている"australis"は、ラテン語で「南」を表す。.

14 関係: 学名ミナミハンドウイルカマイルカ科ハンドウイルカハンドウイルカ属ハクジラ亜目ポートフィリップ湾ラテン語デオキシリボ核酸イルカオーストラリアオーストラリア諸語鯨偶蹄目背びれ

学名

学名(がくめい、)は生物学(かつては博物学)的な手続きにもとづき、世界共通で生物の種および分類に付けられる名称。英語では二名法による名称という意味で 、あるいは科学的な名称という意味で という。命名には一定の規則があり、ラテン語として表記される。この規則は、それぞれの生物分野の命名規約により取り決められている。動物には「国際動物命名規約」があり、藻類・菌類と植物には「国際藻類・菌類・植物命名規約」が、細菌には「国際細菌命名規約」がある。日本語独自の和名(標準和名)などと異なり、全世界で通用し、属以下の名を重複使用しない規約により、一つの種に対し有効な学名は一つだけである。ただし、過去に誤って複数回記載されていたり、記載後の分類の変更などによって、複数の学名が存在する場合、どの学名を有効とみなすかは研究者によって見解が異なる場合も多い。 種の学名、すなわち種名は属名+種小名(細菌では属名+種形容語)で構成される。この表し方を二名法という。二名法は「分類学の父」と呼ばれるリンネ(Carl von Linné, ラテン語名 カロルス・リンナエウス Carolus Linnaeus, 1702 - 1778)によって体系化された。.

新しい!!: ブルナンイルカと学名 · 続きを見る »

ミナミハンドウイルカ

ミナミハンドウイルカ(南半道海豚、学名:Tursiops aduncus)はl鯨偶蹄目ハクジラ亜目マイルカ科ハンドウイルカ属に属するイルカの一種である。ミナミバンドウイルカとも呼ばれる。 同じハンドウイルカ属に属するハンドウイルカ(バンドウイルカ)の亜種とされることもあったが、2000年の国際捕鯨委員会 (IWC) 科学委員会により別の種とされる。また、ルデュックらは、ミナミハンドウイルカはTursiops 属(ハンドウイルカ属)よりもStenella 属(スジイルカ属)により近いと報告している。.

新しい!!: ブルナンイルカとミナミハンドウイルカ · 続きを見る »

マイルカ科

マイルカ科 は、鯨偶蹄目ハクジラ亜目に属する科の一つ。 いわゆる典型的なイルカ類はこのマイルカ科に属する。また、ゴンドウクジラやシャチなどの通俗的にはクジラとされるものも含まれる。.

新しい!!: ブルナンイルカとマイルカ科 · 続きを見る »

ハンドウイルカ

ハンドウイルカ(半道海豚、 )は鯨偶蹄目ハクジラ亜目マイルカ科ハンドウイルカ属に属するイルカである。バンドウイルカ(坂東海豚)と呼ばれることが多い。最も良く知られたイルカの一つであり、北極圏および南極を除く世界中の海に生息する。.

新しい!!: ブルナンイルカとハンドウイルカ · 続きを見る »

ハンドウイルカ属

ハンドウイルカ属(半道海豚属、Tursiops )は、クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科に属する属の一つ。ハンドウイルカ属はハンドウイルカ (T. truncatus) とミナミハンドウイルカ (T. aduncus)とブルナンイルカ(T. australis) の 3 種で構成される。以前はミナミハンドウイルカはハンドウイルカの亜種とされることもあったが、現在は別の種とされている。また、ブルナンイルカは他の2種のいずれかに属すると考えられていたが、2011年に別種であることが分かった。詳細は個別の項目を参照されたい。.

新しい!!: ブルナンイルカとハンドウイルカ属 · 続きを見る »

ハクジラ亜目

ハクジラ亜目(歯鯨亜目、Odontoceti)は鯨偶蹄目に属する分類群で、現生のクジラ類を2分する大グループの一つ。リンネ式の分類では亜目の階級が与えられているが、クジラ類が偶蹄目から分岐した系統であるためハクジラ類、ヒゲクジラ類の位置づけは変動する可能性が高い。またイルカもハクジラ類に分類される。イルカは分類学的にはクジラと相違はなく、ハクジラ亜目の小型種の慣習的な呼び名である。.

新しい!!: ブルナンイルカとハクジラ亜目 · 続きを見る »

ポートフィリップ湾

ポートフィリップ湾(Port Phillip (Bay) )は、オーストラリア南東部、オーストラリアで第二位の規模の大都市メルボルンを擁する湾である。湾の名はオーストラリア最初の入植団を指揮したアーサー・フィリップにちなんでいる。 湾の南西側はベラリン半島(Bellarin Peninsula)と、南東側はモーニングトン半島(Mornington Peninsula)に囲まれている。ベラリン半島の北西側にはジーロングを擁する湾内湾のコライオ湾がある。湾の外はインド洋とタスマン海を結んでいるバス海峡である。湾には北東からヤラ川、北西からが注ぐ。.

新しい!!: ブルナンイルカとポートフィリップ湾 · 続きを見る »

ラテン語

ラテン語(ラテンご、lingua latina リングア・ラティーナ)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派の言語の一つ。ラテン・ファリスク語群。漢字表記は拉丁語・羅甸語で、拉語・羅語と略される。.

新しい!!: ブルナンイルカとラテン語 · 続きを見る »

デオキシリボ核酸

DNAの立体構造 デオキシリボ核酸(デオキシリボかくさん、deoxyribonucleic acid、DNA)は、核酸の一種。地球上の多くの生物において遺伝情報の継承と発現を担う高分子生体物質である。.

新しい!!: ブルナンイルカとデオキシリボ核酸 · 続きを見る »

イルカ

イルカ(海豚、鯆)は、哺乳綱鯨偶蹄目クジラ類ハクジラ亜目に属する種の内、比較的小型の種の総称(なお、この区別は分類上においては明確なものではない)。.

新しい!!: ブルナンイルカとイルカ · 続きを見る »

オーストラリア

ーストラリア連邦(オーストラリアれんぽう、Commonwealth of Australia)、またはオーストラリア(Australia)は、オーストラリア大陸本土、タスマニア島及び多数の小島から成りオセアニアに属する国。南方の南極大陸とは7,877km離れている。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。日本での略称は「豪州」である。.

新しい!!: ブルナンイルカとオーストラリア · 続きを見る »

オーストラリア諸語

ーストラリア諸語(オーストラリアしょご、英:Australian Aboriginal languages)は、オーストラリア大陸及びその周辺のメルヴィル島・グルートアイランド島・ウェルズリー諸島・トレス海峡諸島などの島々で、先住民(アボリジニ)によって話されてきた、約200の言語の総称。一つの語族を形成するのではなく、数十の互いに関係性が見出しがたい語族からなる。 すでに消滅したタスマニア諸語は資料が乏しく、オーストラリア諸語との関係は明らかでない。 音韻的な類型などから、タスマニア諸語、パプア諸語、大アンダマン語族と合わせてインド・太平洋大語族を形成するという説がある。 かつては600~750程度の言語の存在が知られていたが、現在話されているのは北部準州内陸部を中心に分布する、200程度『世界の言語と国のハンドブック』 下宮忠雄(大学書林)の言語である。17万人ほどのアボリジニ人口のうち、母語を話せるのは47,000人程度である。話者数が1,000人に達する言語は、パマ・ニュンガン語族に属する (Alyawarr、1,500人)、 (Arrernte、3,175人)、 (Kala Lagaw Ya、3,000-4,000)、 (Ngaanyatjarra、1,200人)、 (Pitjantjatjara、2,500人)、 (Walmajarri、1,000人)、およびワルピリ語 (Warlpiri、3,000人)、孤立言語の (Tiwi、1,500人)、ならびに、グンウィングアン (Gunwingguan) 語族(英語版)に属する (Anindilyakwa、1,000人)、 (Gunwinggu、1,511人) が知られている。この他いくつかの数百程度の話者を持つ言語を除いた多くの言語は、すでに数名程度の高齢の話者しか残されていない。 パマ・ニュンガン語族に属する言語の話者数が多いのは、北部準州以外の地域で話者数の減少が著しかったためである。 多くの言語が膠着語的で、能格言語であることが知られている。また、2進数ないし3進数の数詞を持つ言語が多く、このため「アボリジニは3より多い数を数えられない」と言われることがあるが、これは誤りである。.

新しい!!: ブルナンイルカとオーストラリア諸語 · 続きを見る »

鯨偶蹄目

偶蹄目(くじらぐうていもく・げいぐうていもく)は、哺乳綱の1目。クジラ偶蹄目とも書く。鯨偶蹄類、鯨偶蹄上目などとすることもある。カナ書きの原則ではクジラウシ目とされることもある。 遺伝子手法で明らかになった系統にもとづく新しい目で、旧来の偶蹄目(ウシ目)とクジラ目からなる。鯨偶蹄目を置く場合、単系統のクジラ目は(分類階級を目より下げて)存続するが、側系統の偶蹄目は廃止される。 学名 Cetartiodactyla は、Cetacea(クジラ目)と Artiodactyla(偶蹄目)の合成語である。.

新しい!!: ブルナンイルカと鯨偶蹄目 · 続きを見る »

背びれ

レクマノミのひれ 背びれ(せびれ、背鰭)は魚、クジラ、イルカなどの水生動物の背側に付いているひれである。 背びれの主な機能は、回転を防止して水中での運動を安定させることと、急激な方向転換の際の手助けをすることである。中には敵から自分の身を守るために、鋭利なとげ状の背びれや、毒を持った背びれを発達させた種類もいる。多くのナマズは背びれを伸ばして、捕食者の気をそぐのに用いる。 背びれの形や大きさはさまざまである。.

新しい!!: ブルナンイルカと背びれ · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »