ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ブルッヘ

索引 ブルッヘ

ブルッヘまたはブリュッヘ、ブルグ、ブラヘなど(フラマン語(オランダ語):Brugge )、ブリュージュ(仏語:Bruges )、ブルージュ(英語:Bruges )は、ベルギー北西部、フランデレン地域の都市で、ウェスト.

68 関係: 中央ヨーロッパ夏時間中央ヨーロッパ時間世界遺産世界遺産都市機構市民北欧北海ハンザ同盟バストーニュラムサール条約リール (フランス)ヴェネツィアボビンレーストニー・パーカーヘントブリュッセルブルッヘ歴史地区ブルゴスヒットマンズ・レクイエムフラマン語フランデレン地域フランドル伯フランドル地方のベギン会修道院群フランスフランス語ベルギーベルギーとフランスの鐘楼群ベギン会アントウェルペンイギリスウィーン少年合唱団ウェスト=フランデレン州エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルトオランダ語オーステンデクノック=ヘイストクラブ・ブルッヘジョルジュ・ローデンバックジェノヴァスペインズウィンゼーブルッヘ襲撃サラマンカサークル・ブルッヘサッカー社会社会党・別第1次オーステンデ襲撃第一次世界大戦運河...鐘楼観光都市自然保護区造船UボートUEFAチャンピオンズリーグ欧州文化首都死の都教会時代12世紀13世紀15世紀19世紀2002年9世紀 インデックスを展開 (18 もっと) »

中央ヨーロッパ夏時間

中央ヨーロッパ夏時間(ちゅうおうヨーロッパなつじかん、Central European Summer Time:略称CEST)は、中央ヨーロッパ時間の夏時間のことである。 協定世界時(UTC)を2時間進ませた標準時で、中央ヨーロッパ時間より1時間進めた時間である。 日本標準時との時差は-7時間。 3月の最終日曜日午前2時(.

新しい!!: ブルッヘと中央ヨーロッパ夏時間 · 続きを見る »

中央ヨーロッパ時間

中央ヨーロッパ時間(ちゅうおうヨーロッパじかん、Central European Time - CET)は、協定世界時 (UTC) を1時間進ませた標準時である (UTC+1) 。日本標準時との時差はマイナス8時間。 3月最終日曜日の午前2時(夏時間では午前3時)から10月最終日曜日の午前2時(夏時間では午前3時)までは、夏時間の中央ヨーロッパ夏時間 (Central European Summer Time) が使用される。 第二次世界大戦以前の1920年から1940年までの間は、リトアニアでも使われていた。戦時中にドイツが自国の占領した区域に導入させた後、フランス、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクではそれがそのまま残った。戦後、モナコ、スペイン、アンドラ、ジブラルタルも中央ヨーロッパ時間を導入した(スペインについては、カナリア諸島はUTCを採用、スペイン本土より1時間遅れ)。 現在、中央ヨーロッパ時間を使用している国の中には、実際の経度がUTC+1のタイムゾーンから外れている国もあり、スペイン、フランスなどは、国土のほとんどがUTC+0のタイムゾーンにあたる経度に位置している。特にスペインガリシア地方西部には、UTC-1のタイムゾーンにあたる経度に位置するところもある。 アイルランド、UKでも、1968年から1971年までの間、試験的に導入されたことがあったが、暗い冬の朝に通学する子供の交通事故が増加するなどしたため、すぐに元に戻された。また、ポルトガルでも、1966-1976年、1992-1996年の間、導入されていたことがある。 Category:標準時 Category:ヨーロッパの時間.

新しい!!: ブルッヘと中央ヨーロッパ時間 · 続きを見る »

世界遺産

世界遺産(せかいいさん、World Heritage Site)は、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて世界遺産リスト(世界遺産一覧表)に登録された、文化財、景観、自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つ物件のことで、移動が不可能な不動産が対象となっている。なお、慣例的な用法として、その中の文化遺産を世界文化遺産、自然遺産を世界自然遺産と呼ぶことがある。 なお、世界遺産の制度では正式な文書は英語とフランス語で示され、日本語文献では英語が併記されることがしばしばある一方、フランス語が併記されることは普通ないため、以下では参照しやすさを考慮して、などに依拠して、主たる用語には英語を併記しておく。.

新しい!!: ブルッヘと世界遺産 · 続きを見る »

世界遺産都市機構

世界遺産都市機構(The Organization of World Heritage Cities, OWHC)は、世界遺産に登録されている都市や世界遺産を抱える都市間で、保護などのための相互協力を促進することを目的とした非政府組織である。1991年に該当する一部都市による国際的なシンポジウムがケベック・シティで開催され、そこでの宣言を踏まえる形で1993年9月8日にモロッコのフェズで発足した。 本部はケベック・シティにあり、2008年7月末の段階で233の都市が参加している。.

新しい!!: ブルッヘと世界遺産都市機構 · 続きを見る »

市民

市民(しみん)は、政治的共同体である市及び都市においての構成員。個々の人間を指す場合と、人間集団をまとめて指す場合とがある。 構成員全員が主権者であることが前提となっている議論では、構成員を主権者として見たもの(現代社会について述べるときはこの意味合いのことが多い)。政治的共同体とは、語源的に都市を指している(citizenとcityは同語源である)。 市民に似た概念として国民があるが、両者の違いは、「市民」がその理想とするところの社会、共同体の政治的主体としての構成員を表すのに対して、「国民」はその「国家」の国籍を保持する構成員を表すという点にある。市民と国民は相互に置き換え可能な場合も多いが、そうでない場合もある。たとえば、絶対王制国家の場合、国民は全て臣民であり、市民ではない。また一方で「欧州連合の市民」のように国家とは直接に結びつかないような形の市民権もあり、この場合市民を国民と言い換えるのは適切でない。.

新しい!!: ブルッヘと市民 · 続きを見る »

北欧

中東 南ヨーロッパ 北欧(ほくおう、Nordic countries, Nordic region、北欧語: Norden)は、北ヨーロッパのなかで、文化・歴史的な共通点でくくられた地域である。.

新しい!!: ブルッヘと北欧 · 続きを見る »

北海

北海の位置 デンマーク側からの北海 北海(ほっかい:英語 、ドイツ語 、フランス語 、オランダ語 、デンマーク語 Nordsøen、ノルウェー語 Nordsjøen)は、大西洋の付属海。古名はゲルマン海(ラテン語 Mare Germanicum、英語 )。 東はノルウェー、デンマーク、南はドイツ、オランダ、ベルギー、フランス、西はイギリス、北はオークニー諸島・シェトランド諸島に囲まれている。東はスカゲラク海峡・カテガット海峡でバルト海に、北はノルウェー海に、南はドーバー海峡・イギリス海峡で大西洋に繋がっている。南北の長さは970km、東西は580km、面積は75万km2、水量は94000km3である。 北海に流れ込む主な川はエルベ川、ヴェーザー川、エムス川、ライン川などがある。なかでも、最も北海に影響を及ぼす河川はエルベ川とライン川・ムーズ川である.

新しい!!: ブルッヘと北海 · 続きを見る »

ハンザ同盟

ハンザ同盟(ハンザどうめい)は、中世後期に北ドイツを中心にバルト海沿岸地域の貿易を独占し、ヨーロッパ北部の経済圏を支配した都市同盟である。同盟の慣習法は海事法のもとになった。.

新しい!!: ブルッヘとハンザ同盟 · 続きを見る »

バストーニュ

バストーニュ(フランス語:Bastogne、ドイツ語:Bastnach、ルクセンブルク語:Baaschtnech、オランダ語:Bastenaken)は、ベルギー、リュクサンブール州の都市。アルデンヌ高原にあり、ルクセンブルク大公国の国境とは12kmしか離れていない。バストーニュは、かつてコミューンであったロングヴィリ、ノヴィル、ヴィラール・ラ・ボンヌ・オー、ワルダンを含む。 また、バストーニュとは、ワロン語地域で作られる、シナモンと黒砂糖のかかったビスケットの一種の名称でもある。.

新しい!!: ブルッヘとバストーニュ · 続きを見る »

ラムサール条約

ラムサール条約(ラムサールじょうやく、英:Ramsar Convention)は、湿地の保存に関する国際条約。水鳥を食物連鎖の頂点とする湿地の生態系を守る目的で、1971年2月2日に制定され1980年(昭和55年)条約第28号「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」、1975年12月21日に発効した。1980年以降、定期的に締約国会議が開催されている。 正式題名は特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約(英:Convention on Wetlands of International Importance Especially as Waterfowl Habitat)。日本での法令番号は昭和55年条約第28号。「ラムサール条約」は、この条約が作成された地であるイランの都市ラムサールにちなむ通称である。 制定当初のこの条約には条項の改正手続に関する規定が含まれていなかったため、第10条と第11条の間に改正規定に関する条項として第10条の2を加える旨などを規定した特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約を改正する議定書が、1982年12月3日にパリで作成された。こちらの日本での法令番号は昭和62年条約第8号1987年(昭和62年)条約第8号「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約を改正する議定書」()。.

新しい!!: ブルッヘとラムサール条約 · 続きを見る »

リール (フランス)

リール(フランス語:Lille, オランダ語・フラマン語:Rijsel ドイツ語:Ryssel)は、フランス北部の都市で、ベルギーと国境を接するオー=ド=フランス地域圏の首府、ノール県の県庁所在地である。.

新しい!!: ブルッヘとリール (フランス) · 続きを見る »

ヴェネツィア

ヴェネツィア(Venezia)は、イタリア共和国北東部に位置する都市で、その周辺地域を含む人口約26万人の基礎自治体(コムーネ)。ヴェネト州の州都、ヴェネツィア県の県都である。ヴの表記によりベネチアと表記されることもある。 中世にはヴェネツィア共和国の首都として栄えた都市で、「アドリア海の女王」「水の都」などの別名をもつ。英語では「Venice」と呼ばれ、これに由来して日本語でもヴェニス、ベニスと呼ばれることもある。.

新しい!!: ブルッヘとヴェネツィア · 続きを見る »

ボビンレース

ボビンレース(bobbin lace)は、織りの技法を用いたレースである。通常、糸をボビンと呼ばれる糸巻きに巻き、織り台の上に固定した型紙の上に、ピンで固定し始点とする。ボビンを両手で持ち、左右に交差させ交差をピンで固定しながら、平織り、綾織り、重ね綾織りの3種類で、様々な模様を織り上げてゆく。 職人の熟練に時間がかかるうえ、作成に膨大な時間を使うこと、産業としては機械レースが隆盛であることにより、高度の技術を必要とするレースは、現代では商業ベースに乗ることは少ない。アンティークレースや、ヨーロッパ各地の一部愛好家によりアンティークレースと同等の技術で作成される非常に高価なレースは「糸の宝石」とも呼ばれている。 なお、日本では一般的にレースの技法について「編み」と表現されることが多いが、ボビンレースの技法は正確には「織り」である。また、ヨーロッパの各地域では使用される言語により、様々な呼称が存在する(ボビンレース用語を参照)。.

新しい!!: ブルッヘとボビンレース · 続きを見る »

トニー・パーカー

トニー・パーカー(Tony Parker)ことウィリアム・アンソニー・パーカー・ジュニア(William Anthony Parker, Jr., 1982年5月17日 -)は、フランスのプロバスケットボール選手。NBAのサンアントニオ・スパーズ所属。ポジションはポイントガード。背番号は「9」。父はアメリカ人の元バスケット選手で母はオランダ人の元モデル。ベルギーのブルッヘ生まれでフランスで育ち、フランス国籍を持つ。ヨーロッパ出身選手、またアメリカ国籍を持たない選手としては初めてのNBAファイナルMVP獲得者である。.

新しい!!: ブルッヘとトニー・パーカー · 続きを見る »

ヘント

市庁舎 鐘楼 ベギン会小修道院 ヘント(Gent、Gand、Ghent古くは) は、ベルギー・フランデレン地域のオースト=フランデレン州にある都市で、同州の州都。(ベルギーの言語事情についてはベルギー#言語を参照)。 南東に位置するブリュッセル、北東に位置するアントウェルペンに次ぐベルギー第3の都市。南西に位置するフランスのリールにも近い。花の都市という異名を持つ。日本では、英語(Ghent)あるいはドイツ語(Gent)由来のゲント、フランス語(Gand)由来のガンの名で呼ばれることも多い。 フーベルト・ファン・エイクとヤン・ファン・エイクの代表作である「神秘の子羊」を所蔵することでも知られている。.

新しい!!: ブルッヘとヘント · 続きを見る »

ブリュッセル

ブリュッセル市庁舎 ブリュッセル( 、 、 、 )は、ベルギーの首都である。名称は「沼、湿地(bruoc、bruc、broek)」、「家(sella、zele)」という単語から来ている。ブリュッセル単独で、ベルギーの連邦構成主体である3つの地域のうちの一つ、ブリュッセル首都圏地域(、)を構成している。 人口116万人(2014年)。他の2つの地域と比べて面積は161km2と相対的に狭いが、約30km2の森林地域を除いて、その領域のほとんどが市街化されている。ユーロクリアと国際銀行間通信協会に加え、ロスチャイルド系グループ・ブリュッセル・ランバート本部と本部まで抱える、欧州有数の世界都市である。2013年に行われたアメリカのダウ・ジョーンズらによる調査は、ブリュッセルを世界24位の金融センターと評価している。 16世紀より欧州郵便網(帝国郵便)の起点であった歴史を持つ。1893年、フレンチ・コロニアル・ユニオンのジョゼフ・シェレが国際植民地学院の設立を提唱し、翌年に議会の承認を得た。学院は、植民地の行政・法制を比較研究する目的でブリュッセルにおかれた。戦後にブリュッセルはNATO の原点となり、現在では欧州連合の主要機関とアメリカ合衆国通商代表部の事務所が置かれている。.

新しい!!: ブルッヘとブリュッセル · 続きを見る »

ブルッヘ歴史地区

ブルッヘ歴史地区」は、ベルギーの古都ブルッヘ(ブリュージュ、ブルージュ)の中心市街のユネスコ世界遺産としての登録名である。対象区域内には、他の二つの世界遺産(「フランドル地方のベギン会修道院群」「ベルギーとフランスの鐘楼群」)に登録されている物件も包含している。 登録名の日本語訳は、町のフランス語名に基づいて「ブリュージュ(の)歴史地区」、慣例的な呼称に基づいて「ブルージュ(の)歴史地区」などとされることもある。.

新しい!!: ブルッヘとブルッヘ歴史地区 · 続きを見る »

ブルゴス

ブルゴス(Burgos)はスペインの都市。カスティーリャ・イ・レオン州・ブルゴス県の県都。サンタ・マリーア大聖堂(ブルゴス大聖堂)は、ユネスコの世界遺産に登録されており、中世の民族的英雄エル・シッドとその妻などが埋葬されている。.

新しい!!: ブルッヘとブルゴス · 続きを見る »

ヒットマンズ・レクイエム

『ヒットマンズ・レクイエム』(原題:In Bruges)は、2008年のイギリス映画。.

新しい!!: ブルッヘとヒットマンズ・レクイエム · 続きを見る »

フラマン語

フラマン語(フラマン語・Vlaams, Flamand, Flemish)は、ベルギーおよびフランス北東部で話されている低地フランク語の系統の呼称。一般的にはベルギーで話されているオランダ語を指す呼び方である。.

新しい!!: ブルッヘとフラマン語 · 続きを見る »

フランデレン地域

フランデレン地域(フランデレンちいき、Vlaams Gewest、Vlaanderen)は、ベルギーの連邦構成主体である3つの地域のうち、首都ブリュッセルを除いた国土の北半分を占める地域。 同じく連邦構成主体であるフラマン語を話すフラマン語共同体とは領域がほぼ同じであることから事実上統合されており、共通の政府・議会を有する。首府はブリュッセル。公用語はオランダ語である。.

新しい!!: ブルッヘとフランデレン地域 · 続きを見る »

フランドル伯

フランドル伯()は、現在のベルギー北部、フランス北部のフランドルを864年から1795年まで支配した領主、またはその称号。.

新しい!!: ブルッヘとフランドル伯 · 続きを見る »

フランドル地方のベギン会修道院群

フランドル地方のベギン会修道院群は、ベルギーにあるユネスコの世界遺産の物件名。ここでは仮に修道院と訳されているが、原語はベギンホフ(begijnhof、オランダ語)であり、その歴史をふりかえってみても、従来の修道院ではない上條敏子「単身女性の住まい方ー中世北西ヨーロッパにおけるベギンの居住及び組織形態」、赤坂俊一、柳谷慶子編『ジェンダー史叢書第8巻ー生活と福祉』明石書店、2010、pp.

新しい!!: ブルッヘとフランドル地方のベギン会修道院群 · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: ブルッヘとフランス · 続きを見る »

フランス語

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、langue d'oïl)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、'''フランコフォン''' (francophone) と言う。.

新しい!!: ブルッヘとフランス語 · 続きを見る »

ベルギー

ベルギー王国(ベルギーおうこく)、通称ベルギーは、西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家。隣国のオランダ、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。首都のブリュッセル(ブリュッセル首都圏地域)は欧州連合(EU)の主要機関の多くが置かれているため、"EUの首都"とも言われており、その通信・金融網はヨーロッパを越えて地球規模である。憲法上の首都は19の基礎自治体から成るブリュッセル首都圏の自治体の一つ、ブリュッセル市である。 19世紀にネーデルラント連合王国から独立した国家で、オランダ語の一種であるフラマン語が公用語の北部フランデレン地域とフランス語が公用語の南部ワロン地域とにほぼ二分される(この他にドイツ語が公用語の地域もある)。建国以来、単一国家であったが、オランダ語系住民とフランス語系住民の対立(言語戦争)が続いたため、1993年にフランデレン地域とワロン地域とブリュッセル首都圏の区分を主とする連邦制に移行した。.

新しい!!: ブルッヘとベルギー · 続きを見る »

ベルギーとフランスの鐘楼群

ベルギーとフランスの鐘楼群(ベルギーとフランスのしょうろうぐん)は、ユネスコの世界遺産のひとつ。ベルギー、フランス両国合わせて56の鐘楼が登録されている。 1999年にフランドル地方とワロン地方の鐘楼群(Belfries of Flanders and Wallonia)として32の鐘楼が世界遺産に登録されたのが最初。2005年にワロン地方のガンブルーの鐘楼、フランスのノール=パ・ド・カレー地域圏、ピカルディー地域圏の23の鐘楼の追加登録により、現在の名称となった。なお、ブリュッセル市庁舎の鐘楼は、それが包含されるブリュッセルのグラン=プラスが世界遺産に登録されたため、重複を避けるために登録解除された。.

新しい!!: ブルッヘとベルギーとフランスの鐘楼群 · 続きを見る »

ベギン会

ベギン会(Beguines)は、中世ヨーロッパで発生した半聖半俗の女性の姉妹団である。修道会とは異なる上條敏子「単身女性の住まい方ー中世北西ヨーロッパにおけるベギンの居住及び組織形態」、赤坂俊一、柳谷慶子編『ジェンダー史叢書第8巻ー生活と福祉』明石書店、2010、pp.

新しい!!: ブルッヘとベギン会 · 続きを見る »

アントウェルペン

アントウェルペン州内のアントウェルペン行政区の位置 Stadhuis van Antwerpen) ルーベンスの三連祭壇画がある。現在も市内最大の建造物 アントウェルペン(,, )は、ベルギーのフランデレン地域・アントウェルペン州の州都で、同国最大の都市(首都圏地域の人口を合わせればブリュッセル市が最大)。英語名に由来するアントワープや、フランス語名に由来するアンヴェルス(アンベルス)も日本語の表記においてよく用いられる。2012年1月1日の総人口は502,604人。面積は204.51 km2, 人口密度は2,457.56人/km2である。.

新しい!!: ブルッヘとアントウェルペン · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: ブルッヘとイギリス · 続きを見る »

ウィーン少年合唱団

ウィーン少年合唱団 ウィーン少年合唱団(、)は、1498年に神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世が、宮廷礼拝堂少年聖歌隊として創設した少年合唱団である。原型はインスブルックのヴィルテン少年合唱団で、マクシミリアン1世がウィーンでの新宮廷礼拝堂少年聖歌隊設立の際に、ヴィルテン少年合唱団のメンバーをウィーンに連れてきたものである。.

新しい!!: ブルッヘとウィーン少年合唱団 · 続きを見る »

ウェスト=フランデレン州

ウェスト=フランデレン州、ウェスト=フラーンデーレン州、西フランデレン (West-Vlaanderen) は、ベルギー北西部のフランデレン地域に位置する州。州都はブルッヘ。北側から時計回りにオランダ王国とオースト=フランデレン、エノーの各州、フランス、北海に接する。ベルギーの州のうち海(北海)に面する唯一の州である。.

新しい!!: ブルッヘとウェスト=フランデレン州 · 続きを見る »

エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト

ーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト(Erich Wolfgang Korngold, 1897年5月29日 - 1957年11月29日)はオーストリアとアメリカ合衆国で活躍した作曲家。ユダヤ系。.

新しい!!: ブルッヘとエーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト · 続きを見る »

オランダ語

ヨーロッパにおける低地フランク語の分布 オランダ語(オランダご、Nederlands )は、インド・ヨーロッパ語族の西ゲルマン語群に属し、オランダおよびベルギー北部を中心に2300万人以上が使っている言語。ベルギー方言はフラマン語と言うことがある。 日本語では現在は主にオランダ語と言うが、江戸時代には蘭語(らんご)とも呼ばれ、今でも蘭(らん)という略称が広く使われている。.

新しい!!: ブルッヘとオランダ語 · 続きを見る »

オーステンデ

ーステンデ(Oostende, Ostende オスタンド, Ostende オストエンデ, Ostend オステンド)は、ベルギー・ウェスト=フランデレン州の都市。オステンドの名称も一般的である。.

新しい!!: ブルッヘとオーステンデ · 続きを見る »

クノック=ヘイスト

ノック=ヘイスト (Knokke-Heist) は、ベルギーのウェスト=フランデレン州にある基礎自治体である。ヘイスト=アーン=ゼー、クノック、ドゥインベルゲン、ラムスカペル、西カペルそれぞれの町で構成されている。.

新しい!!: ブルッヘとクノック=ヘイスト · 続きを見る »

クラブ・ブルッヘ

ラブ・ブルッヘ(Club Brugge Koninklijke Voetbalvereniging、)は、ベルギー・ブルッヘに本拠地を置くサッカークラブである。ブルッヘはオランダ語圏のフランデレン地域に位置するが、フランス語読みでクラブ・ブリュージュと呼ばれることもある。RSCアンデルレヒト(ブリュッセル首都圏地域)、スタンダール・リエージュ(ワロン地域)と並んでベルギーを代表する強豪クラブである。 国内大会のみならず、国際舞台でも大きな成功を収めており、欧州カップ戦の決勝に2回、さらに準決勝に2回到達している。UEFAチャンピオンズカップの決勝に進出したことがあるベルギー唯一のクラブである。1977-78シーズンの同大会で決勝に進出したが、リヴァプールFC(イングランド)に敗れて準優勝に終わった。1975-76シーズンのUEFAカップ決勝でもやはりリヴァプールに敗れている。.

新しい!!: ブルッヘとクラブ・ブルッヘ · 続きを見る »

ジョルジュ・ローデンバック

ョルジュ・ローデンバック (Georges Rodenbach, ローデンバック、ロデンバック、ロダンバック) (ベルギー 1855 - フランス 1898) は19世紀末のベルギーの詩人、小説家。 その代表作に「死都ブリュージュ」があり、日本ではフランス文学研究者の村松定史が現代和訳、ローデンバック研究の第一人者。.

新しい!!: ブルッヘとジョルジュ・ローデンバック · 続きを見る »

ジェノヴァ

ェノヴァ(Genova)は、イタリア共和国北西部にある都市で、その周辺地域を含む人口約58万人の基礎自治体(コムーネ)。リグーリア州の州都であり、ジェノヴァ県の県都である。 リグリア海に面した港湾都市で、中世には海洋国家(ジェノヴァ共和国)として栄え、商工業・金融業の中心地としての長い歴史を持つ。現代においてもミラノ、トリノなど北イタリアの産業都市を背後に持つジェノヴァ港はイタリア最大の貿易港であり、地中海有数のコンテナ取扱高を誇っている。コムーネ人口は全国6位(2011年現在)。.

新しい!!: ブルッヘとジェノヴァ · 続きを見る »

スペイン

ペイン王国(スペインおうこく、Reino de España)、通称スペインは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置し、同半島の大部分を占める立憲君主制国家。西にポルトガル、南にイギリス領ジブラルタル、北東にフランス、アンドラと国境を接し、飛地のセウタ、メリリャではモロッコと陸上国境を接する。本土以外に、西地中海のバレアレス諸島や、大西洋のカナリア諸島、北アフリカのセウタとメリリャ、アルボラン海のアルボラン島を領有している。首都はマドリード。.

新しい!!: ブルッヘとスペイン · 続きを見る »

ズウィン

ウィン(Zwin)は、ベルギーのフランデレン地域の北海沿岸にある、ラグーンを含む自然保護区である。ズウィンの大部分(1.25km2)はベルギー側のクノック=ヘイスト(Knokke-Heist)に、一部(0.33km2)はオランダ側のスライス(Sluis)にまたがる。 シーラベンダー(イソマツ属)をはじめとする多様な塩生植物が自生している。また多種の野鳥が生息していることから、バードウォッチングのポイントとなっている。ズウィンには、この地域における主要な鳥類を観察できる小規模な動物公園がある。特にベルギーにおいて、シュバシコウ(ヨーロッパコウノトリ)の個体群が見られる数少ない場所でもある。 ズウィンは中世において入り江であり、港が築かれ貿易が営まれた。1277年、大西洋岸を経由してジェノヴァ商人が来訪したことで、フランデレン地方の諸都市と地中海が直接海路で結ばれた。それは近郊にある都市ブルッヘ(Brugge)の繁栄に大いに寄与したが、土砂の堆積によりやがて港は機能を失い、衰退していった。 1952年、ズウィンは自然保護区に指定された。また1986年3月にはラムサール条約登録地となった。.

新しい!!: ブルッヘとズウィン · 続きを見る »

ゼーブルッヘ襲撃

ーブルッヘ襲撃 (Zeebrugge Raid, Raid sur Zeebruges) は第一次世界大戦中の1918年4月にイギリス海軍が行った作戦で、目的はベルギーの主要港を使用不能とすることであった。この港は近隣のオーステンデと共にUボートの基地となっていた為、イギリス海軍の主要な攻撃目標とされた。同時にオーステンデ襲撃も実行された。.

新しい!!: ブルッヘとゼーブルッヘ襲撃 · 続きを見る »

サラマンカ

ラマンカ(Salamanca)は、スペイン・カスティーリャ・イ・レオン州サラマンカ県のムニシピオ(基礎自治体)。サラマンカ県の県都である。 スペインを代表する大学街であり、大学や大聖堂のあるサラマンカ旧市街全体が、ユネスコの世界遺産に登録されている(サラマンカの旧市街を参照)。.

新しい!!: ブルッヘとサラマンカ · 続きを見る »

サークル・ブルッヘ

ークル・ブルッヘ (Cercle Brugge Koninklijke Sportvereniging) は、ベルギー・ブルッヘを本拠地とするサッカークラブである。 スタジアムは同じくブルッヘを本拠地とするライバルであるクラブ・ブルッヘとヤン・ブレイデルスタディオンを共有している。.

新しい!!: ブルッヘとサークル・ブルッヘ · 続きを見る »

サッカー

ッカー(soccer, football)は、丸い球体を用いて1チーム11人の2チーム間で行われるスポーツ競技のひとつである。アソシエーション・フットボール(association football; 協会式フットボールの意)ないしはアソシエーション式フットボール日本語ではこれを略して「ア式蹴球(あしきしゅうきゅう)」とも呼ぶことがある。とも呼ばれる。他のフットボールと比較して、手の使用が極端に制限されるという、大きな特徴がある。蹴球ともいう。 現在サッカーは、200を越える国と地域で、2億5千万人を超える選手達によってプレーされており、4年に一度行われるFIFAワールドカップのテレビ視聴者数は全世界で300億人を超えており、世界で最も人気のあるスポーツといえる。試合は、それぞれの短い方の端の中央にゴールがある長方形の芝生あるいは人工芝のフィールドでプレーされる。試合の目的は、相手ゴールにボールを入れ得点することである。 スポーツ文化としてのサッカーについては、サッカー文化を参照。.

新しい!!: ブルッヘとサッカー · 続きを見る »

社会

会(しゃかい)は、人間と人間のあらゆる関係を指す。 社会の範囲は非常に幅広く、単一の組織や結社などの部分社会から国民を包括する全体社会までさまざまである。社会の複雑で多様な行為や構造を研究する社会科学では人口、政治、経済、軍事、文化、技術、思想などの観点から社会を観察する。.

新しい!!: ブルッヘと社会 · 続きを見る »

社会党・別

会党・別(オランダ語:Socialistische Partij Anders、略称sp.a)はベルギーの政党。オランダ語系のフラマン語圏であるベルギー北部のフランデレン地域を基盤とする社会民主主義政党である。異なった社会党 や 別の社会党 などとも訳されるが、日本語では聞き慣れない名称であるため、社会党連合、または意訳であるが フラマン系社会党 などと表記されることが多い。副次的な党名として 社会進歩オルタナティブ(オランダ語:Sociaal Progressief Alternatief、この場合も略称はsp.aとなる)を持つ。 1885年に創設された ベルギー労働党 を起源とする。第二次世界大戦後の1945年に ベルギー社会党(BSP) となり、さらに1978年にベルギー北部のフランデレン地域の党とベルギー南部のワロン地域の党(現在の社会党)に分割された。その後、2001年に現在の党名となった。 では社会自由主義政党のスピリットと政党連合を組んで下院である代議院では150議席のうち23議席を獲得して躍進し、ヒー・フェルホフスタット首相率いる連立政権に参加した。 しかし、では代議院で14議席を獲得するにとどまり、大きく後退した(上院である元老院では7議席)。選挙後、イヴ・ルテルム政権には参加せず、野党となった。 においては代議院で支持基盤のフランデレン地方のベルギーからの独立を目指す新フラームス同盟は第一党に躍進したのとは対照的に、1議席減らして13議席を獲得した。しかし第1党となった新フラームス同盟が与党に加わらないとしたため、各党は連立政権を、政局は混迷した。結局、ワロン系社会党である社会党 (ベルギー・ワロン地域)から党首のエリオ・ディルポが首相となるまで、535日を要した。ディルポ政権には社会党・別も参加した。 においては、代議院で前回総選挙と同じ13議席に留まった。その後の政党間協議によってシャルル・ミシェル連立政権が誕生したが、社会党・別はこれに加わらず、野党となった。 ヨーロッパレベルでは欧州社会党に、世界レベルでは社会主義インターナショナルに加盟している。.

新しい!!: ブルッヘと社会党・別 · 続きを見る »

第1次オーステンデ襲撃

1次オーステンデ襲撃(ZO作戦の一部)は、第一次世界大戦中の1918年春にイギリス海軍により実施された、ドイツ軍占領下のオーステンデ港に対する2度の攻撃の最初のものである。オーステンデは4月23日に近くのゼーブルッヘ港と同時に攻撃された。目的は、10km内陸に位置しイギリス沿岸や航路に対する攻撃を実施するに当たって理想的な場所である、きわめて戦略上重要なブルッヘ港を封鎖することであった。ブルッヘやその衛星港は、大西洋の戦いにおけるドイツ軍の計画において重要な位置を占めていた。なぜなら、ブルッヘはイギリス海峡を横断する兵員輸送船の航路に近く、またUボートがウエスタンアプローチへ出撃する際ドイツ本国からよりも所要時間が早く済むからであった。 攻撃計画は、旧式巡洋艦をオーステンデの運河入り口には2隻、ゼーブルッヘでは3隻沈め。ブルッヘからの敵艦の出撃を阻止するというものであった。オーステンデ運河はブルッヘへ通じるもう一つの運河より小規模で狭く、そのためゼーブルッヘよりは重要な目標ではないとされていた。ゼーブルッヘ襲撃では一定の成果があったが、オーステンデ襲撃は完全な失敗に終わった。港を守備するドイツの海兵隊は綿密な準備をしており、イギリスの襲撃部隊を迷わせ最終段階で作戦を失敗に追い込んだ。 攻撃の失敗から3週間後、2度目の攻撃が実行され運河入り口に閉塞船を沈めることに成功した。だが、結局はブルッヘ港を完全に封鎖は出来なかった。更なる攻撃計画は1918年夏の間に消え去り、ブルッヘからの脅威はそこが連合国軍により解放される戦争末期までなくなることはなかった。.

新しい!!: ブルッヘと第1次オーステンデ襲撃 · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: ブルッヘと第一次世界大戦 · 続きを見る »

運河

運河(うんが)とは、船舶の移動のために人工的に造られた水路であり、河川・湖沼を利用しているものもある。鉄道同様経路中に、橋梁や隧道なども見られる。産業革命以前は船舶を騾馬などが牽引したため、経路に沿って曳舟道(トウパス、towpath、船曳道、牽引路)が設けられている。.

新しい!!: ブルッヘと運河 · 続きを見る »

鐘楼

鐘楼(しょうろう、しゅろう)とは、寺院内にあって梵鐘を吊し、時を告げる施設。鐘つき堂、鐘楼堂とも言う。 「鐘楼」の語は、キリスト教の建物(教会堂、礼拝堂)において同様の機能を果たす施設を指しても用いられる。.

新しい!!: ブルッヘと鐘楼 · 続きを見る »

観光都市

観光都市(かんこうとし)とは観光による産業が主である都市を指す。観光地と都市が合わさったもので、都市の中に観光施設があるか、もしくは観光地の中に都市がある。「観光地」という言葉があるがこれは観光を行う上で目的とする場所のことであり、地理学的に都市ではない場所が観光地である事例(湿原、高原、山岳地帯、原野、海岸、農山漁村など)では地理的には「観光都市」という呼び名はあまり使われない。また、社会学的に言う意味では、一つの「観光地」が複数の単位行政区画(基礎自治体)に跨る場合もある。.

新しい!!: ブルッヘと観光都市 · 続きを見る »

''アメリゴ・ヴェスプッチ'' 船(ふね、舟、舩)とは、人や物をのせて水上を渡航(移動)する目的で作られた乗り物の総称である広辞苑 第五版 p.2354「ふね【船・舟・槽】」。 基本的には海、湖、川などの水上を移動する乗り物を指しているが、広い意味では水中を移動する潜水艇や潜水艦も含まれる。動力は人力・帆・原動機などにより得る。 大和言葉、つまりひらがなやカタカナの「ふね」「フネ」は広範囲のものを指しており、規模や用途の違いに応じて「船・舟・槽・艦」などの漢字が使い分けられている。よりかしこまった総称では船舶(せんぱく)あるいは船艇(せんてい)などとも呼ばれる(→#呼称参照)。 水上を移動するための乗り物には、ホバークラフトのようにエアクッションや表面効果を利用した船に近いものも存在する。また、水上機や飛行艇のように飛行機の機能と船の機能を組み合わせた乗り物も存在し、水上機のフロートや飛行艇の艇体は「浮舟」(うきぶね)と表現される。 なお、宇宙船や飛行船などの水上以外を航行する比較的大型の乗り物も「ふね」「船」「シップ」などと呼ばれる。これらについては宇宙船、飛行船などの各記事を参照のこと。また舟に形状が似ているもの、例えば刺身を盛る浅めの容器、セメントを混ぜるための容器(プラ舟)等々も、その形状から「舟」と呼ばれる。これらについても容器など、各記事を参照のこと。.

新しい!!: ブルッヘと船 · 続きを見る »

自然保護区

自然保護区(しぜんほごく)は、生態系や地形・地質・水源などを保全・涵養するために設けられる区域である。一般に、左記に関して何らかの特徴のある区域について、その特徴を保全することを目的に、人為的な開発を規制するために設けられることが多い。自然保護区にはその目的や公設・私設の別などにより様々な名称・呼称、形態があるが、主なものを以下で詳説する。.

新しい!!: ブルッヘと自然保護区 · 続きを見る »

造船

造船(ぞうせん)とは船を作ることである。.

新しい!!: ブルッヘと造船 · 続きを見る »

Uボート

Uボート(、)は、ドイツ海軍の保有する潜水艦の総称。一般的には特に第一次世界大戦から第二次世界大戦の時期のものをいう。 ドイツ潜水艦隊の華々しい活躍により、Uボートの名はドイツ潜水艦の代名詞として広く普及した。第一次大戦では、約300隻が建造され、商船約5,300隻を撃沈する戦果を上げた。第二次大戦では、1,131隻が建造され、終戦までに商船約3,000隻、空母2隻、戦艦2隻を撃沈する戦果をあげ、引き換えに849隻のUボートの損失を出した。 後に連合国が有効な対策を編み出した事もあり、全ドイツ軍の他のあらゆる部隊よりも高い死亡率であった「ナチス潜水艦U745の謎」ナショナルジオグラフィックチャンネル。 U9(1914年).

新しい!!: ブルッヘとUボート · 続きを見る »

UEFAチャンピオンズリーグ

UEFAチャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)は、欧州サッカー連盟(UEFA)の主催で毎年9月から翌年の5月にかけて行われる、クラブチームによるサッカーの大陸選手権大会である。CL、UCLとも略記される。1955年にユーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップ(European Champion Clubs' Cup、略してEuropean Cup)の名称で始まった。当初は各国リーグの優勝クラブの大会だったが、1990年代に参加クラブ数、資格が拡大された。.

新しい!!: ブルッヘとUEFAチャンピオンズリーグ · 続きを見る »

欧州文化首都

欧州文化都市および欧州文化首都に選ばれた都市の位置 2009年 欧州文化首都のシンボルを側面に描いたリンツの路面電車 2008年 欧州文化首都リヴァプールのバナー 1988年 欧州文化都市ベルリンの記念切手 欧州文化首都(おうしゅうぶんかしゅと、、)は、欧州連合 (EU) が指定した都市で、一年間にわたり集中的に各種の文化行事を展開する事業。.

新しい!!: ブルッヘと欧州文化首都 · 続きを見る »

死の都

《死の都》(しのみやこ、独語:Die tote Stadt)は、エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルトの作曲による3幕のオペラ。 作品は、ベルギー象徴主義の詩人ジョルジュ・ローデンバックが、自作の小説『死都ブリュージュ』(仏語:Bruges-la-Morte)を改作した戯曲『幻影』に基づく。本項目ではこの原作小説についても言及する。.

新しい!!: ブルッヘと死の都 · 続きを見る »

海(うみ)は、地球の地殻表面のうち陸地以外の部分で、海水に満たされた、一つながりの水域である。海洋とも言う。 海 海は地表の70.8%を占め、面積は約3億6106万km2で、陸地(約1億4889万km2)の2.42倍である。平均的な深さは3729m。海水の総量は約13億4993万立方キロメートルにのぼる理科年表地学部。ほとんどの海面は大気に露出しているが、極地の一部では海水は氷(海氷や棚氷)の下にある。 陸地の一部にも、川や湖沼、人工の貯水施設といった水面がある。これらは河口や砂州の切れ目、水路で海とつながっていたり、淡水でなく塩水を湛えた塩湖であったりしても、海には含めない。 海は微生物から大型の魚類やクジラ、海獣まで膨大な種類・数の生物が棲息する。水循環や漁業により、人類を含めた陸上の生き物を支える役割も果たしている。 天体の表面を覆う液体の層のことを「海」と呼ぶこともある。以下では主に、地球の海について述べる。.

新しい!!: ブルッヘと海 · 続きを見る »

教会

教会(きょうかい).

新しい!!: ブルッヘと教会 · 続きを見る »

時代

時代(じだい)とは、時間の継続性の観点で特徴を持った1区切りを指す。観点によって様々な使われ方がある。 歴史の分野では、政治や社会の形態の変化によって時代を区切る(時代区分)。国家体制が明確になっている時代であれば、政権の在処の変遷によって時代を区分する。日本の江戸時代、鎌倉時代などは当時の実質的中央政府である幕府の所在地を時代の名としている。飛鳥時代のように権力者にとって主流な文化として体系化され、普及し、栄えていた文化を時代の名とする場合もある。 平成時代や昭和時代は、天皇の在位によって区分されている(一世一元の制)。 それ以前の歴史(先史時代)では、生活の状態を規定する道具を持ってその生活状態を代表させ、時代の名としている。旧石器時代(打製石器)や弥生時代(弥生土器)等がその例である。時代の名としては使わないが、石器、青銅器、鉄器などの使用も時代を分けるものと見なされる。同様に、広い範囲に影響を与えるような道具や機械などによって時代を分けることもある(テレビの時代など)。 より古い時代は、地質学の分野であるが、そこでは代と紀を用いて体系的に名前を付ける。ただしやや通俗的に上記のような、たとえば恐竜時代といった表現は存在する。 その他にも、象徴的な事柄や社会の情勢、流行、栄えたもの、あるものの幕開けや区分、終わりを「時代」と表現する場合がある。また、最近では、通俗的な表現にとどまってはいるが、ファッションなどの風俗の在り方で時代を区切る考え方も普及している。.

新しい!!: ブルッヘと時代 · 続きを見る »

12世紀

アンコールの地にアンコール朝の王スーリヤヴァルマン2世はアンコール・ワットの建設を行い、続くジャヤーヴァルマン7世はアンコール・トムを築いた。画像はアンコール・トムのバイヨン四面像(観世菩薩像)。 12世紀(じゅうにせいき)とは、西暦1101年から西暦1200年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ブルッヘと12世紀 · 続きを見る »

13世紀

チンギス・ハーン像。 モンゴル帝国の発展。 モンゴル帝国の最大領域。 13世紀(じゅうさんせいき)は、西暦1201年から西暦1300年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ブルッヘと13世紀 · 続きを見る »

15世紀

大航海時代。大西洋を渡り新世界を発見したコロンブス。 マチュ・ピチュ遺跡。アンデス山麓に属するペルーのウルバンバ谷に沿いの尾根にある遺跡で標高2430mの高さにある。用途は未だ明らかでない所もあるが、15世紀に建造されたインカ帝国の技術の高さを反映している。 National Museum of Anthropology (Mexico)蔵)。 香辛料の魅惑。15世紀には東方との交易路はオスマン帝国に遮断される事になり、香辛料の供給不足が大きな問題となった。画像は1410年代に描かれた『世界の記述(東方見聞録)』の挿絵で、インドでの胡椒採収が取り上げられている。 エンリケ航海王子。ポルトガルは東方への航路の開発を推進したが、その中心となったのは「航海王子」の名を持つエンリケ王子である。サグレスに設置した「王子の村」が航海士の育成に貢献したことはよく知られている。画像は「サン・ヴィセンテの祭壇画」で聖人のすぐ右隣に位置する黒帽で黒髭の人物が王子ととされているが異論もある。 キルワの大モスク跡。 サマルカンド近郊のウルグ・ベク天文台。ティムール朝の君主ウルグ・ベクは天文学に造詣が深く「ズィージ・スルターニー」のような精緻な天文表も作成させた。 Musée des Augustins蔵)。 ロシア正教会の自立。東ローマ帝国の衰退に伴い「タタールの軛」を脱したロシアでは独自の組織が形成され文化的にも新たな展開が見られた。画像はこの時代を代表するモスクワ派のイコン(聖画像)でアンドレイ・ルブリョフの「至聖三者」(モスクワのトレチャコフ美術館蔵)。 グルンヴァルトの戦い(タンネンベルクの戦い)。ポーランド・リトアニア連合軍がドイツ騎士団を破り、東方植民の動きはここで抑えられた。画像はこの戦いを描いたポーランド人画家ヤン・マテイコの歴史画(ワルシャワ国立美術館蔵)。 天文時計で1410年頃作成されてから、後世の補修はあるものの今日まで動いているものである。 プラハ大学学長ヤン・フスの火刑。コンスタンツ公会議の決定によりカトリック教会と相容れぬ異端の徒として処刑されたが、これがチェック人の憤激を呼び起こすことになった。 オルレアンの乙女ジャンヌ・ダルク。劣勢のフランス軍を鼓舞し百年戦争の終結に大きな役割を果たしたが魔女裁判で火刑に処せられた。 グーテンベルク聖書(42行聖書)』の「創世記」。 『中世の秋』。歴史家ホイジンガはこの題名でこの時代のブルゴーニュ公国の歴史を描いた。画像はヤン・ファン・エイクの「宰相ロランの聖母」。ロランはこの国の宰相で、背後にはブルゴーニュのオータンの風景が広がる。 ブルネレスキの巨大なドーム建築で知られる「花の聖母教会(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)」。 ボッティチェリの「春(プリマヴェーラ)」。メディチ家などの文化支援活動に支えられてルネサンス文化が花開いた。画像の中心の女神は美と愛の女神ウェヌス(ヴィーナス)で、その周囲を多くの神々が取り囲んでいる(ウフィッツィ美術館蔵)。 サイイド朝からローディー朝へ。北インドではデリーを中心にイスラム系王朝が続いた。画像はデリーのローディー・ガーデン内にあるサイイド朝の君主ムハンマド・シャーの霊廟。この公園の敷地にはローディー朝君主たちの霊廟もある。 タイを支配したアユタヤ朝は上座部仏教を保護し東南アジアでも有数の国家となっていた。画像はアユタヤに残るワット・プラ・シーサンペットで、1448年にボーロマトライローカナート王により建立された寺院である。 万里の長城。モンゴル人を漠北に追い払ってからもその侵入に備え明代には長城が幾度となく修復・増築を繰り返されていた。画像は1404年に「慕田峪長城」と名付けられた長城で北京市の北東に位置するもの。 鄭和の南海大遠征。永楽帝時代には明の国威を示す大艦隊が各地に派遣された。画像は1417年にベンガルから運ばれたキリンを描いた「瑞應麒麟図」。 「仁宣の治」。明は仁宗洪熙帝と続く宣宗宣徳帝の時代に安定期を迎えた。画像は明の宣宗宣徳帝の入城を描いたもの(台北故宮博物院蔵)。 如拙「瓢鮎図」。禅宗の流入は「五山文学」や「舶来唐物」などを通じて室町時代の文化に大きな影響を与えた。この「瓢鮎図」も将軍足利義持の命で描かれた水墨画で数多くの禅僧の画讃がつけられている。京都妙心寺塔頭退蔵院の所蔵。 文化を極めた。 応仁の乱。将軍後継をめぐる守護大名の争いで京都の町は焦土と化した。以後足利将軍の権威は衰え下剋上の時代へと進むことになる。画像は応仁の乱を描いた「紙本著色真如堂縁起」(真正極楽寺蔵)。 15世紀(じゅうごせいき)とは、西暦1401年から西暦1500年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ブルッヘと15世紀 · 続きを見る »

19世紀

19世紀に君臨した大英帝国。 19世紀(じゅうきゅうせいき)は、西暦1801年から西暦1900年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ブルッヘと19世紀 · 続きを見る »

2002年

この項目では、国際的な視点に基づいた2002年について記載する。.

新しい!!: ブルッヘと2002年 · 続きを見る »

9世紀

船葬用の船体(オスロのヴァイキング船博物館蔵)。 イングランドを襲撃するデーン人(ヴァイキング)。画像は12世紀に書かれた『聖エドマンド殉教王伝』の挿絵。 マルウィヤ・ミナレット(サーマッラーのミナレット)。アッバース朝第8代カリフのムウタスィムが建築したサーマッラーの大モスク付属の螺旋式のミナレット。 ハールーン・アッラシード。アッバース朝最盛期のカリフで、『千夜一夜物語』では夜ごとにバグダードの街に繰り出す風流な君主として描かれている。 「知恵の館(バイト・アル・ヒクマ)」。アッバース朝カリフ・マアムーンの治世にバグダードには翻訳事業や学問研究のための「知恵の館」が設置された。画像はここに集まる学者たちを描いた13世紀の細密画(フランス国立図書館蔵)。 インド最後の仏教王朝のパーラ朝。ダルマパーラ王により9世紀末に北インドの大半が支配下に置かれた。画像は9世紀に造られたパーラ様式の文殊菩薩石像(ホノルル美術館)。 敦煌文書。敦煌には3万とも4万とも数えられる膨大な古文書が収蔵されている。画像は大英博物館所蔵の「金剛般若波羅蜜経」。これは現存する世界最古の木版印刷の巻子本(書籍)で唐の懿宗の治世の868年に作成されたもの。 禁止出境展览文物でもある「八重宝函」。 密教招来。空海らによって日本に密教がもたらされ平安時代の仏教に大きな影響を与えた。画像は密教で用いる胎蔵界曼荼羅で京都東寺所蔵のもの。 応天門の変。藤原氏による他氏排斥が進んで摂関政治が確立し、律令国家体制から王朝国家体制へと政体が変化した。画像は12世紀に応天門の変の経緯を描いた「伴大納言絵詞」(出光美術館蔵)。 ラパス県の4000メートル近くの標高にある遺跡で、最盛期である9世紀には人口は1万人を越えたと想定されている。画像は半地下式方形広場で人面の装飾がなされている。 Galerie des Batailles蔵)。 ラドガにて東スラブ人と出会うヴァリャーグのリューリク一行を描いたヴィクトル・ヴァスネツォフの歴史画。 ハギア・ソフィア教会アプス半ドームにある聖母子のモザイク画。 スラブ人への宣教。東ローマ帝国出身のキュリロス・メトディオス兄弟はグラゴール文字を作成しキリスト教の宣教に努めた。画像は18-19世紀にロシアで描かれたこの兄弟のイコン(聖画像)。 プリスカ遺跡。 9世紀(きゅうせいき)は、西暦801年から西暦900年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ブルッヘと9世紀 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ブリュージュブリュッヘブルージブルージュ

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »