ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ブラインド

索引 ブラインド

ベネシャンブラインド ブラインド(blind)は、通常、窓の内側に付けられる窓のための覆いのこと。外側にいる人の視線から屋内を隠し、太陽光や風を遮るために取りつける簡単な仕掛である。オフィスでもっとも広く使われているものにベネシャンブラインド(Venetian blind)がある。.

21 関係: すだれ太陽光二重窓ハンター・ダグラスルーバーヴェネツィアファラオアメリカ合衆国オランダカーテン国鉄583系電車障子遮光幕複層ガラス鉄道車両雨戸暖簾日本国有鉄道1946年1980年代

すだれ

立すだれ すだれ(簀垂れ、簾)とは、竹や葦などを編んで部屋の仕切りあるいは日よけのために写真のように吊り下げて用いるもの 特許庁。.

新しい!!: ブラインドとすだれ · 続きを見る »

太陽光

雲間から差す太陽光。 太陽光(たいようこう、sunlight)とは、太陽が放つ光である。日光(にっこう)とも言う。地球における生物の営みや気候などに多大な影響を与えている。人類も、太陽の恵みとも言われる日の光の恩恵を享受してきた。.

新しい!!: ブラインドと太陽光 · 続きを見る »

二重窓

二重窓 二重窓(にじゅうまど)とは、窓のサッシを2組用いて断熱効果を高めた窓のこと。内窓とも呼ばれる。 北海道や東北等の寒冷地では断熱性向上のために昔から一般的に用いられているが、近年省エネルギーや防音対策の面からも有効とされ、温暖な地域でも使用する例が見られる。ただし、新しい建築物では低価格化した複層ガラスが使われているため、断熱を目的とした二重窓の需要は薄れてきている。 幹線道路沿いや線路沿い、空港沿いの建物など騒音が激しい家屋では、防音のために使われる。さらに断熱性を向上させるために、複層ガラスを用いる例もある。.

新しい!!: ブラインドと二重窓 · 続きを見る »

ハンター・ダグラス

ハンター・ダグラス(Hunter Douglas)は、オランダのロッテルダムを本部とする世界100カ国以上、グループ企業164社、従業員数約18,000人をもつグローバル企業。 世界で初めてアルミ製ベネシャンブラインドを開発。世界のブラインド・シェード市場をリード。また、アルミの資源開発から圧延、塗装、成形に至る一切を自社開発し事業を展開。 日本法人は、日本ハンター・ダグラス株式会社(Hunter Douglas Japan Limited)。住所は、東京都港区六本木。.

新しい!!: ブラインドとハンター・ダグラス · 続きを見る »

ルーバー

建築物でのルーバーの例 ルーバー(Louver)は、羽板(はいた)と呼ばれる細長い板を、枠組みに隙間をあけて平行に組んだもの。 羽板の取付角度によって、風・雨・光・埃・視界などを、選択的に遮断したり透過したりすることができるため、柵や塀などとしてや、照明器具やエアコンなど隠すことなどの、建築物をはじめとしてさまざまな箇所で用いられる。 羽板の方向は使用箇所により縦のものも横のものもある。ルーバーの断面を見ると、カタカナのミの字状になっており、正面からでは向こう側が見えないが、視点をずらすことにより向こう側が見えるようになる。また、風の通る量を変えるため、羽板の角度が調節できるものもある。 壁や天井の開口部に取り付けられる建具の場合、ルーバーが枠ごと開閉できるものは「鎧戸」、はめ殺しになっているものは「ガラリ」と呼ばれる。また、建築物と一体化されたものは、「ブリーズ・ソレイユ」と呼ばれることもある。 内燃機関において、低温時や軽負荷高速運転時のオーバークールを防ぐ目的で放熱器に取り付けられるものは、ラジエーターシャッターと呼ばれる。 気象測定用の百葉箱のケース(筐体)には、外気が入るようにルーバー(ガラリ)が使われている。.

新しい!!: ブラインドとルーバー · 続きを見る »

ヴェネツィア

ヴェネツィア(Venezia)は、イタリア共和国北東部に位置する都市で、その周辺地域を含む人口約26万人の基礎自治体(コムーネ)。ヴェネト州の州都、ヴェネツィア県の県都である。ヴの表記によりベネチアと表記されることもある。 中世にはヴェネツィア共和国の首都として栄えた都市で、「アドリア海の女王」「水の都」などの別名をもつ。英語では「Venice」と呼ばれ、これに由来して日本語でもヴェニス、ベニスと呼ばれることもある。.

新しい!!: ブラインドとヴェネツィア · 続きを見る »

ファラオ

ファラオ(英語:Pharaoh)は、古代エジプトの君主の称号。しばしば王と和訳される。.

新しい!!: ブラインドとファラオ · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: ブラインドとアメリカ合衆国 · 続きを見る »

オランダ

ランダ(Nederland 、; Nederlân; Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。.

新しい!!: ブラインドとオランダ · 続きを見る »

カーテン

ーテン(Curtain)とは、遮光、防音、間仕切り、覗き見防止などを目的として、窓や部屋の出入り口、玄関などに吊り下げて使用する家具。主に布製で、水平方向に広げたり折り畳んだりして使うことが多い。.

新しい!!: ブラインドとカーテン · 続きを見る »

国鉄583系電車

国鉄583系電車(こくてつ583けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した動力分散方式の交直両用特急形寝台電車。最初に投入された列車愛称にちなみ月光形電車の呼称がある。本項で交流60Hz対応の581系電車についても解説を行う。.

新しい!!: ブラインドと国鉄583系電車 · 続きを見る »

窓(部屋の中から) 窓(部屋の外から) 窓(まど)とは、採光、通風、眺望といった目的のために日常は人の出入りに供さない開口部に設置される可動型もしくははめ込み型の建具 特許庁。部屋や廊下などの建物の外壁部分や屋根などに設けられる。近代化された建物ではガラス戸などが取り付けられていることが多い。また、ステンドグラスなどの高度な装飾が施されることもある。自動車や鉄道車両などの車体、航空機の機体などにも設けられる(なお、自動車の窓についてはパワーウィンドウ、三角窓も参照)。.

新しい!!: ブラインドと窓 · 続きを見る »

障子

子(しょうじ)は、現在の和風建築では明かりを通すように木枠に紙(主に和紙)を貼っているものを指すが、元々はさえぎる道具(建具)の意味で、現在のドア、戸、カーテン、ブラインド、衝立、屏風、襖までも含む。.

新しい!!: ブラインドと障子 · 続きを見る »

遮光幕

遮光幕(しゃこうまく)とは、光を遮るための幕(カーテン)などのことをいう。.

新しい!!: ブラインドと遮光幕 · 続きを見る »

複層ガラス

'''典型的な複層ガラスの断面図'''中間層 (Air Space)ガラス板 (Glass Lite)シリコーンによる密閉 (Silicone Seal)乾燥剤 (Desiccant)スペーサー (Spacer)ブチルゴムによる密閉 (Butyl Seal) 複層ガラス(ふくそうガラス)とは、複数枚の板ガラスを重ね、その間に乾燥空気やアルゴンガス等が封入された(または真空状態にした)中間層を設ける形で1ユニットを構成するガラスを指す。中間層は密閉されているため、基本的に中間層の厚さが増すほど断熱性能が高まるが、封入された気体に対流が発生する程厚くなると断熱性能が頭打ちになる。ただし、中間層にガラスを追加することでこの問題は解消できる。 多くの先進国では、エネルギー消費量を抑えるために複層ガラスの利用が義務化されているが、日本では特に規定されていない。.

新しい!!: ブラインドと複層ガラス · 続きを見る »

鉄道車両

鉄道車両(てつどうしゃりょう)は線路またはそれに準じる軌道の上を走行する車両である。.

新しい!!: ブラインドと鉄道車両 · 続きを見る »

雨戸

木製の雨戸(90°回転する構造) 雨戸(あまど)は、防風・防犯・遮光・目隠しといった目的のために建物の開口部に設置する建具 特許庁。窓や庭へ出る戸などの外側に立てる建具。 寝殿造の時代には無く、書院造以後、次第に用いられるようになった。日本の住宅では一般的だが、海外の住宅ではあまり見られない地域も多い。日本国内でも、地域差が見られる。 欧米の家屋の窓には、錠が内蔵されていない装飾用の雨戸がついている場合もある。.

新しい!!: ブラインドと雨戸 · 続きを見る »

暖簾

ならまちの織物店 暖簾(のれん)とは、店先あるいは部屋の境界に日よけや目隠しなどのために吊り下げる布のことである 特許庁。商店の入り口などに営業中を示すため掲げられ、屋号・商号や家紋などが染め抜かれていることも多い。.

新しい!!: ブラインドと暖簾 · 続きを見る »

日本国有鉄道

鉄道博物館所蔵) 日本国有鉄道(にほんこくゆうてつどう、にっぽんこくゆうてつどう鉄道総合技術研究所の提供する や、高橋政士『詳解 鉄道用語辞典』山海堂 2006年などでは「にほんこくゆうてつどう」で記載されているが、米国特許(US 3865202、US 3822375、US 4134342など)ではNippon Kokuyu Tetsudoで出願されている。、英称:、英略称: )は、日本国有鉄道法に基づき日本の国有鉄道を運営していた事業体である。 経営形態は政府が100%出資する公社(特殊法人)であり、いわゆる三公社五現業の一つ。通称は国鉄(こくてつ)。 鉄道開業以来、国営事業として政府官庁によって経営されていた国有鉄道事業を、独立採算制の公共事業として承継する国の事業体として1949年6月1日に発足した。すなわち、日本国有鉄道は当時の運輸省の外郭団体であった。 国鉄分割民営化によって発足した政府出資の株式会社(特殊会社)形態のJRグループ各社および関係法人に事業を承継させ、1987年4月1日に日本国有鉄道の清算業務を行なう日本国有鉄道清算事業団(1998年10月22日解散)に移行した。 鉄道事業の経営形態を示す広義の国有鉄道については国鉄を参照のこと。.

新しい!!: ブラインドと日本国有鉄道 · 続きを見る »

1946年

記載なし。

新しい!!: ブラインドと1946年 · 続きを見る »

1980年代

1980年代(せんきゅうひゃくはちじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1980年から1989年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1980年代について記載する。.

新しい!!: ブラインドと1980年代 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »