ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ブライヤ

索引 ブライヤ

ブライヤ(briar)、または、ブライア(学名:Erica arborea)は、ヨーロッパ南部から南西アジアなどの地中海沿岸地域に分布するツツジ科エリカ属の常緑低木のことで、1〜3m程の高さに成長し(種によっては、最大で7m程にも成長)、葉は3枚ずつ輪生する。3〜7月頃に開花させ、枝先に鐘形で赤色を帯びた白色の小花を開く。温室などで栽培することが多い。また、スコットランドなどに多いヒースに似た白い花を咲かせることから、別名としてホワイトヒース(White heath)と呼ばれることもある。.

15 関係: いばら双子葉植物地中海バラパイプ (たばこ)ヒースツツジ科ツツジ目ダンヒルエリカ属コーンパイプタバコ被子植物植物未知谷

いばら

いばら、イバラ.

新しい!!: ブライヤといばら · 続きを見る »

双子葉植物

双子葉植物(そうしようしょくぶつ)、双子葉植物綱(そうしようしょくぶつこう)とは、2枚の初期葉もしくは子葉をもつ植物のことである。.

新しい!!: ブライヤと双子葉植物 · 続きを見る »

地中海

地中海(ちちゅうかい、Mare Mediterraneum)は、北と東をユーラシア大陸、南をアフリカ大陸(両者で世界島)に囲まれた地中海盆地に位置する海である。海洋学上の地中海の一つ。.

新しい!!: ブライヤと地中海 · 続きを見る »

バラ

バラ(薔薇)は、バラ科バラ属の総称である。あるいは、そのうち特に園芸種(園芸バラ・栽培バラ)を総称する。ここでは、後者の園芸バラ・栽培バラを扱うこととする。 バラ属の成形は、灌木、低木、または木本性のつる植物で、葉や茎に棘を持つものが多い。葉は1回奇数羽状複葉。花は5枚の花びらと多数の雄蘂を持つ(ただし、園芸種では大部分が八重咲きである)。北半球の温帯域に広く自生しているが、チベット周辺、中国の雲南省からミャンマーにかけてが主産地でここから中近東、ヨーロッパへ、また極東から北アメリカへと伝播した。南半球にはバラは自生しない。.

新しい!!: ブライヤとバラ · 続きを見る »

パイプ (たばこ)

パイプ パイプの構造 パイプとは、主にアメリカやヨーロッパ等で使われる喫煙具である。刻みたばこに香料を加えたものを詰めて吸う。.

新しい!!: ブライヤとパイプ (たばこ) · 続きを見る »

ヒース

デヴォン州。ヒースと呼ばれる地形の一例 ヒース(Heath)は、本来はイギリス北部、アイルランドなどにおける平坦地の荒地のこと。 薄い表土と砂でできており、耕作や牧畜には適さず人口密度は低い。表土に生えるヒース(heath)やヘザー(heather)と呼ばれるエリカ属の植物によって砂の飛散が抑えられている。ヒース荒地は概ね広大で未整備であり、かつては居住はおろか移動の障害ともなった。 17世紀の調査ではムーアなどの荒地を含め、イングランドとウェールズ全体で800万エーカーの荒地が存在したが、18世紀の囲い込みによって耕地化が試みられた。今日でもイングランドには500万エーカーの荒地が残されている。 古の多くの文筆家にとってヒース荒地は呪わしい不毛な場所だったが、リンカン・ヒースのように、ヒースの野原を景観に取り入れた地域もある。.

新しい!!: ブライヤとヒース · 続きを見る »

ツツジ科

ツツジ科(ツツジか、学名:Ericaceae) は、被子植物に分類される科の1つ。現在主流のAPG植物分類体系では、約125属4000種ほどの大きな科で、木本・草本を含め、温帯から寒帯にかけて広く分布する。次のような系統樹が推定されている。 従来のクロンキスト体系等の分類では、イチヤクソウ科(・シャクジョウソウ科)・エパクリス科・ガンコウラン科を含む4科または5科に分けられていた。 上記の亜科のうち、ドウダンツツジ亜科とシャクジョウソウ亜科以外の根は子嚢菌の一部と共生してツツジ型菌根を形成する。ドウダンツツジ亜科の根ではグロムス門の菌類と多くの陸上植物と共通のアーバスキュラー菌根が形成され、シャクジョウソウ亜科では担子菌の外生菌根菌とイチヤクソウ型菌根やシャクジョウソウ型菌根が形成される。.

新しい!!: ブライヤとツツジ科 · 続きを見る »

ツツジ目

ツツジ目 (Ericales) は双子葉植物の分類群で、ツツジ科をタイプ科とする目である。花弁は多くは4-5枚に分かれるが、合着するものが多いことから、古い分類(新エングラー体系)では合弁花類に含められた。しかし現在では、離弁花類とされていたツバキ科、マタタビ科等も同系統としてツツジ目に含めている。 またツツジ科やイチヤクソウ科は代表的な菌根植物で、特に腐生植物であるシャクジョウソウ科もこのグループに含まれる。これらはすべてツツジ科にまとめられた。.

新しい!!: ブライヤとツツジ目 · 続きを見る »

ダンヒル

ダンヒル銀座本店 ダンヒル (Alfred Dunhill, Ltd.) は、イギリスを代表する高級ファッションブランドで、リシュモングループに属する。.

新しい!!: ブライヤとダンヒル · 続きを見る »

エリカ属

リカ属(-ぞく、学名:Erica)とはツツジ科の植物の属のひとつ。700種類以上の種があり、その大部分は南アフリカ原産で、残りの70種程度がアフリカの他の地域や地中海地方、ヨーロッパ原産である。誕生花は1月13日、9月17日、11月25日など.

新しい!!: ブライヤとエリカ属 · 続きを見る »

コーンパイプ

ーンパイプとは、喫煙具のパイプ喫煙の一種。圧縮したトウモロコシの軸を使用する。英語名は「corn cob pipe」。日本語直訳は「トウモロコシ軸パイプ」となるが、一般に和製英語の「コーンパイプ」が使われている。コーンパイプの発祥の地であり、主要な生産国は米国である。ブライヤー製パイプに比べ安価で、カジュアルな喫煙具であるといえる。.

新しい!!: ブライヤとコーンパイプ · 続きを見る »

タバコ

タバコ(たばこ、煙草、)は、ナス科タバコ属の熱帯地方原産の植物佐竹元吉 監修『日本の有毒植物』 学研教育出版 2012年、ISBN 9784054052697 p.192.

新しい!!: ブライヤとタバコ · 続きを見る »

被子植物

被子植物(ひししょくぶつ、Angiospermae、Magnoliophyta、Angiosperm)とは、植物の分類の主要な1グループ名。種子植物(顕花植物)のうち、一般に花と呼ばれる生殖器官の特殊化が進んで、胚珠が心皮にくるまれて子房の中に収まったものをいう。裸子植物と対をなす分類群である。「被子植物門」、「被子植物類」。.

新しい!!: ブライヤと被子植物 · 続きを見る »

植物

植物(しょくぶつ、plantae)とは、生物区分のひとつ。以下に見るように多義的である。.

新しい!!: ブライヤと植物 · 続きを見る »

未知谷

株式会社未知谷(みちたに)は、日本の出版社。.

新しい!!: ブライヤと未知谷 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ブライヤーブライアブライアー

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »