ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

フリー・ジャズ

索引 フリー・ジャズ

フリー・ジャズ(free jazz)は、ジャズの(演奏形態及び奏法についての)表現総称のひとつ。.

52 関係: AACM十二音技法即興演奏五音音階チャーリー・ヘイデンハード・バップバトンルージュポピュラー和声メロディモード・ジャズモダン・ジャズリズムローランド・カークロサンゼルスヴァーヴ・レコードビバップピアノテキサス州フュージョン (音楽)ファラオ・サンダースドミナントモーションドン・チェリーニューヨークニューオーリンズアミリ・バラカアルバート・アイラーアーチー・シェップアート・アンサンブル・オブ・シカゴアトランティック・レコードインパルス!レコードインターネットアーカイブエリック・ドルフィーオーネット・コールマンクラシック音楽ジャズジョン・コルトレーンスティーヴ・レイシーセシル・テイラーサン・ラサクソフォーンBYGアクチュエル・レコード現代音楽ESPディスク・レコード調性音楽高柳昌行豊住芳三郎転調阿部薫 (サックス奏者)植草甚一楽式...旋法1950年代 インデックスを展開 (2 もっと) »

AACM

AACM (Association for the Advancement of Creative Musicians) とは、アメリカ合衆国のシカゴで設立された、非営利の音楽団体である。創立は1965年。ジャズ・ミュージシャンのリチャード・エイブラムズによって設立された。主に、ジャズ、フリー・ジャズを中心とした、創造的なアート志向のミュージシャンをサポートすることを目的にしている。加入しているジャズ・ミュージシャンの人数は、比較的多い。.

新しい!!: フリー・ジャズとAACM · 続きを見る »

十二音技法

十二音技法(じゅうにおんぎほう、Twelve-tone music、Zwölftonmusik)は、一般にはアルノルト・シェーンベルクが「五つのピアノ曲」作品23で1921年に完全に体系化した(とされる)作曲技法であり、ドデカフォニー(dodecaphony)ともいうが、実際は「無調音楽」や「雑音音楽」、「電子音楽」のように複数の作曲家によって同時代に別々に独立して出てきた作曲技法である。.

新しい!!: フリー・ジャズと十二音技法 · 続きを見る »

即興演奏

即興演奏(そっきょうえんそう)は、楽譜などに依らず音楽を、即興で作曲または編曲しながら演奏を行うこと。ともに歌を歌うことも含まれる。アドリブ(ラテン語:ad lib)、インプロビゼーション(英語:improvisation)などとも言う。 広義には決めごとによらず音を出す行為を指すため、音楽の最も原始的な形態は即興であったとみなす事ができる。しかし現在では自由即興を除けば、ある一定の決まり事の中で即興的に演奏されることを即興演奏と呼ぶ事が多く、その決まり事の内容や範囲がジャンルやスタイルによって異なる。クラシック音楽、ジャズや各種の民族音楽など非常に多くのジャンルで行われる。 既存の音楽の表現の幅を広げる以外に即興性そのものに価値を見いだす即興専門の表現者もいる。また、芸術表現としてだけでなく、演奏家の教育や音楽療法の一環として行われる事も多い。また、先鋭的な表現を目指す前衛音楽や実験音楽、ノイズミュージックと隣接する。特に即興に新しさを求める場合は異なるジャンルへの越境が頻繁に行われる。.

新しい!!: フリー・ジャズと即興演奏 · 続きを見る »

五音音階

五音音階(ごおんおんかい)は、1オクターブに5つの音が含まれる音階のこと。ペンタトニックスケールとも呼ばれる。スコットランド民謡などにあらわれる。日本の民謡や演歌にみられるヨナ抜き音階も五音音階の一つである。.

新しい!!: フリー・ジャズと五音音階 · 続きを見る »

チャーリー・ヘイデン

チャーリー・ヘイデン(Charles Edward "Charlie" Haden、1937年8月6日 - 2014年7月11日)は、アメリカ合衆国のジャズのベース奏者。.

新しい!!: フリー・ジャズとチャーリー・ヘイデン · 続きを見る »

ハード・バップ

ハード・バップ (Hard bop) は、モダン・ジャズの一つ。アメリカ東海岸で、1950年代半ばをピークに1960年代まで続いたスタイル。 「ビバップの発展過程での揺り戻し」「ビバップの伝統の上に、ウエストコースト・ジャズの混在状態を経て、様々な音楽を取り入れて成立」「黒人のブルースフィーリングを熱く押し出したもの」と様々な形容がなされている。 1950年代半ばに衰退をはじめたビバップであったが、1955年のチャーリー・パーカーの死と共に、その影響下にあった若手演奏家たちが一気に活躍し、表面化したのがきっかけといわれている。ビバップのように、コード進行に乗せた、あるいは、コード分解によるアドリブといった基本は一緒だが、それよりも、特にソロのアドリブ演奏面で、ホットでハードドライビングしながらも、メロディアスに洗練されたスタイルといわれている。また、よりフレーズが重要視されるため、メロディーとして成立しない音を音階からはずさざるをえないため、同じコードを使用しても、使えない音が出てくることが多く、ビバップよりも、融通性のないメロディーやフレーズとなりがちであった。 また、ハード・バップはアフロ・キューバン/ラテン音楽の要素、とりわけルンバやマンボ等を取り入れて、ラテン・ジャズへと発展していく。特にハード・バップで演奏されるものはアフロ・キューバン・ジャズといわれることが多い。.

新しい!!: フリー・ジャズとハード・バップ · 続きを見る »

バトンルージュ

バトン・ルージュ市の紋章 イーストバトンルージュ郡 バトン・ルージュ(Baton Rouge、仏語:Bâton-Rouge)はアメリカ合衆国ルイジアナ州の州都であり、ニューオーリンズに続き州内第二位の規模を誇る都市である。但し、2005年のハリケーン・カトリーナ後、ニューオーリンズの人口が激減したことにより、一時的ではあるが両都市の規模が逆転した。2000年現在の国勢調査で、バトンルージュの人口は227,818人だが、ハリケーン・カトリーナ後は約300,000人まで増加したと言われる。イーストバトンルージュ郡の郡庁所在地でもある。.

新しい!!: フリー・ジャズとバトンルージュ · 続きを見る »

ポピュラー和声

ポピュラー和声(ポピュラーわせい、ハーモニー〈harmony〉)は、音楽に関する用語である「和声」から独立した記事名であり、改めて、ここではジャズやポップスにおける「和声」について記述する。和声……つまりハーモニーは、メロディ、リズムとともに、音楽における要素の一つを指し、時間の流れの中でコードとコードを連結するときに起こる動的な響きの変化を、広義にいうものである。.

新しい!!: フリー・ジャズとポピュラー和声 · 続きを見る »

メロディ

メロディ(Melody)は、ある高さと長さを持ついくつかの楽音が前後に連続して、それがリズムに従って、連続的に進行する(演奏される)ことによって、何らかの音楽的内容をもつもの。したがって、一連の音の高さの比率が同じならば, 最初の1音の高さが違っても、同一のメロディーとなる。和訳は旋律。節(ふし)のこと。 特に西洋音楽において、このメロディはハーモニー(和声)、リズム(律動)と共に、音楽の三要素のひとつとされる。 旋律理論では、最初に現れた音をもとにして、反復または緊張という役割をもつ音が続き、解決をする音で終了すると考える。さらに、数秒または数小節の短いメロディ(楽句、フレーズ)を一つの単位としてとらえ、長いメロディを構成する各単位に反復、緊張、解決という役割を与えることができる。 一般的にメロディは音階や旋法といった音組織の上に成り立つ。特に西欧の古典音楽(ルネサンス後期の調性が確立した以降の音楽で、シェーンベルクのような調性を持たない音楽以前のもの)においては、音階の選択は調性が強く意識されており、和音進行が重要な意味を持つ。その意味において、より緊張や解決という役割はハーモニーの考え方からよく理解できる、また反復とはリズムそのものである。それぞれは重なり合い明確に区別することはできない。 人は大量の音が含まれる音楽でも、印象的な音のつながりを直感的に認識しメロディとして楽しむことができる。 多くの西洋系音楽は、中心となるメロディを印象付けるように意図的に作曲されている。直感的に認識しがたいことを意図した楽曲もある。.

新しい!!: フリー・ジャズとメロディ · 続きを見る »

モード・ジャズ

モード・ジャズあるいはモーダル・ジャズ(Modal Jazz)は、コード進行よりもモード (旋法)を用いて演奏されるジャズ。モダン・ジャズのサブ・ジャンルのひとつである。.

新しい!!: フリー・ジャズとモード・ジャズ · 続きを見る »

モダン・ジャズ

モダン・ジャズ (Modern Jazz) とは、1940年代に確立したビバップから、1960年代終盤の「エレクトリック・ジャズ」(主に、マイルス・デイヴィスらによって作られた)直前までのジャズの総称。 それ以前のジャズは、「アーリー・ジャズ」「クラシック・ジャズ」「オールド・ジャズ」などと呼ばれる。.

新しい!!: フリー・ジャズとモダン・ジャズ · 続きを見る »

リズム

リズム(rhythm)は古代ギリシャに生まれた概念で、ῥυθμός - rhythmos(リュトモス)を語源とする。リュトモスは古代ギリシャ語では物の姿、形を示すのに一般的に用いられた語で、たとえば「αという文字とβという文字ではリュトモス(形)が違う」というように用いられた。やがて、音楽におけるひとつのまとまりの形をリュトモスと言うようになった徳丸吉彦『音楽理論の基礎('07)第10回「リズムと時間構造」』、放送大学学園東京テレビジョン放送局・放送大学学園東京デジタルテレビジョン放送局、放送日2010年2月25日など。。 時間軸の中に人間に知覚されるような2つの点を近接して置くと、2点間の時間に長さを感じるようになるが、その「長さ」をいくつか順次並べたものをリズムという。律動(りつどう)と訳される。.

新しい!!: フリー・ジャズとリズム · 続きを見る »

ローランド・カーク

ラサーン・ローランド・カーク(Rahsaan Roland Kirk、1935年または1936年Kernfeld, Barry.

新しい!!: フリー・ジャズとローランド・カーク · 続きを見る »

ロサンゼルス

ンゼルス(Los Angeles、スペイン語も同じ)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州にある都市。同州最大の都市かつ全米有数の世界都市であり、国内ではニューヨークに次いで人口が多い(アメリカ合衆国国勢調査局)。.

新しい!!: フリー・ジャズとロサンゼルス · 続きを見る »

ヴァーヴ・レコード

ヴァーヴ・レコード(Verve Records)は1956年にノーマン・グランツにより設立されたアメリカのジャズレコード会社。現在はユニバーサル ミュージック グループ(UMG)の一部となっており、またヴァーヴ・ミュージック・グループ(The Verve Music Group)の本体となっている。 現在の会長はプロデューサーのトミー・リピューマ。.

新しい!!: フリー・ジャズとヴァーヴ・レコード · 続きを見る »

ビバップ

ビバップ (bebop) は、1940年代に成立したとされる、ジャズの一形態。スウィングを継承するか、反発から生じたかの違いはあっても、モダン・ジャズの起源はこの音楽にあるというのが、最も一般的な見解である。仮名表記によって、ビー・バップ、ビ・バップなどとも記される。.

新しい!!: フリー・ジャズとビバップ · 続きを見る »

ピアノ

ピアノは、弦をハンマーで叩くことで発音する鍵盤楽器の一種である。鍵を押すと、鍵に連動したハンマーが対応する弦を叩き、音が出る。また、内部機構の面からは打楽器と弦楽器の特徴も併せ持った打弦楽器に分類される。 一般に据え付けて用いる大型の楽器で、現代の標準的なピアノは88鍵を備え、音域が非常に広く、オーケストラの全音域よりも広いフランツ・リストの『ハンガリー狂詩曲』やビゼーの『子供の遊び』、モーリス・ラヴェルのほとんどの作品にみられるように、多くのオーケストラの作品はピアノ曲の編曲である。Samuel Adler, The Study of Orchestration (Third Edition, NORTON, 2002) p.666-667.

新しい!!: フリー・ジャズとピアノ · 続きを見る »

テキサス州

テキサス州(State of Texas)は、アメリカ合衆国の州のひとつ。略称はTX。合衆国本土南部にあり、メキシコと国境を接している。.

新しい!!: フリー・ジャズとテキサス州 · 続きを見る »

フュージョン (音楽)

フュージョン(Fusion, Jazz Fusion)は1960年代後半から現在に至るまでのジャズを基調にロックやラテン音楽、R&B、電子音楽などを融合(フューズ)させた音楽のジャンルである。一般的には、ジャズジャンルから確立されたものの一種に位置づけされている。.

新しい!!: フリー・ジャズとフュージョン (音楽) · 続きを見る »

ファラオ・サンダース

ファラオ・サンダース(Pharoah Sanders、1940年10月13日 - )は、アメリカ合衆国のジャズ・サクソフォーン奏者。アーカンソー州リトル・ロック出身。晩年のジョン・コルトレーンと活動を共にしており、彼の後継者として知られている。.

新しい!!: フリー・ジャズとファラオ・サンダース · 続きを見る »

ドミナントモーション

ドミナントモーションとは、属和音から主和音への進行、およびそれから派生して代理和音を使用した進行をいう。.

新しい!!: フリー・ジャズとドミナントモーション · 続きを見る »

ドン・チェリー

ドン・チェリー(Don Cherry, 1936年11月18日 - 1995年10月19日)はアメリカオクラホマ州オクラホマシティ出身のジャズトランペット、コルネット奏者。.

新しい!!: フリー・ジャズとドン・チェリー · 続きを見る »

ニューヨーク

ニューヨーク市(New York City)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州にある都市。 1790年以来、同国最大の都市であり、市域人口は800万人を超え、都市圏人口では定義にもよるが2000万人以上である.

新しい!!: フリー・ジャズとニューヨーク · 続きを見る »

ニューオーリンズ

ニューオーリンズ(New Orleans、La Nouvelle-Orléans)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州南部にある同州最大の都市。 メキシコ湾に面し、ミシシッピ川の河口に位置する重要な港湾都市で、元来は穀物・綿花等、ミシシッピ川流域の農産物の輸出港として発展し、のちには工業都市・観光都市としても発展した。英語名New Orleans()およびフランス語名La Nouvelle-Orléans( )は、「新オルレアン」という意味でルイ15世の摂政オルレアン公フィリップ2世に因む。かつてはフランス領ルイジアナの首府であり、市内のフレンチ・クオーターと呼ばれる地区には、今なおフランス植民地帝国時代の雰囲気を残している。.

新しい!!: フリー・ジャズとニューオーリンズ · 続きを見る »

アミリ・バラカ

アミリ・バラカ(Amiri Baraka、1934年10月7日 - 2014年1月9日、前名リロイ・ジョーンズ)はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれの詩人、作家、音楽評論家、思想家、活動家。.

新しい!!: フリー・ジャズとアミリ・バラカ · 続きを見る »

アルバート・アイラー

アルバート・アイラー(Albert Ayler、1936年7月13日 - 1970年11月25日)は、アメリカ人の前衛ジャズ・サックス奏者、歌手、作曲家。 アイラーは、1960年代のフリー・ジャズのミュージシャンの中で、重要人物の一人である。評論家のジョン・リトワイラーは書いている。「これまでには決して存在しなかった。ジャズの歴史の中で、これほどまでに剥き出しの攻撃性というものがあっただろうか。」 アイラーの音色は、深みのある激しいものだった。それは、テナー・サックスに固いプラスティックのファイバーケインの4番のリードを使うことで得られたものだった。そして幅のある、悲哀に満ちたヴィブラートを使用するのである。 彼のトリオとカルテットの1964年のレコード、例えば「スピリチュアル・ユニティ」や「ヒルヴェルスム・セッション」などからは、彼が即興演奏において、ジョン・コルトレーンやオーネット・コールマンから影響を受け、ジャズを抽象的な領域にまで発展させた。その結果、旋律を伴った和声だけでなく、音色や音質までも、音楽の土台となることが実証された。アイラーの、恍惚感すら感じられる1965年や1966年の音楽、例えば、「スピリッツ・リジョイス」や「真実が(行進して)やってくる」などは、批評家にブラス・バンドの音と比較されたりしてきた。そして、そうした曲では、単純で行進曲のようなテーマと、激しい集団即興とが交互に現れては繰り返され、ジャズの「ルイ・アームストロングのルーツ」までも思い起こさせるものだと受け止められたのである。.

新しい!!: フリー・ジャズとアルバート・アイラー · 続きを見る »

アーチー・シェップ

アーチー・シェップ(Archie Shepp、1937年5月24日 - )は、アメリカ合衆国のジャズ、フリー・ジャズ・ミュージシャン、サックス奏者である。フロリダ州生まれ。セシル・テイラー、、ジョン・コルトレーン、ホレス・パーランらとの共演でも知られる。アフリカ音楽に影響を受けたフリー・ジャズの代表的なミュージシャンである。.

新しい!!: フリー・ジャズとアーチー・シェップ · 続きを見る »

アート・アンサンブル・オブ・シカゴ

アート・アンサンブル・オブ・シカゴ(Art Ensemble Of Chicago)は、アメリカ合衆国シカゴ出身のフリー・ジャズ・バンド。「多楽器主義」を掲げ、ステージ上に膨大な数の楽器を並べて、それらすべてを演奏することで知られる副島輝人『現代ジャズの潮流』(1994年、丸善)pp.25-28。.

新しい!!: フリー・ジャズとアート・アンサンブル・オブ・シカゴ · 続きを見る »

アトランティック・レコード

アトランティック・レコード(Atlantic Recording Corporation)はアメリカのレコード会社。 現在はワーナー・ミュージック・グループの傘下にある。.

新しい!!: フリー・ジャズとアトランティック・レコード · 続きを見る »

インパルス!レコード

インパルス!レコード (Impulse! Records) はABCパラマウント・レコードのプロデューサークリード・テイラーによって1960年に設立されたジャズレーベル。 現在はユニバーサル ミュージック グループのヴァーヴ・ミュージック・グループの一部にあり、再版のみのレーベルとなっている。 見開きのジャケットで、黒とオレンジ色で統一されたデザインが特徴的。多くのアルバムはボブ・シール(Bob Thiele)によりプロデュースされており、ルディ・ヴァン・ゲルダーがサウンド・エンジニアをしている。 フリー・ジャズのレーベルとして有名だが、ベン・ウェブスターやベニー・カーター等スウィング/モダン等にも範囲を広げており、1960年代後半にはフュージョン的な作品もリリースしている。しかしこの頃には第一弾で主力アーティストのジョン・コルトレーンの死去により減退、1970年代には彼の未公開演奏のアルバム化したりするが活気は戻らず、1970年代後半には新譜を発表するのをやめた。後にプロデューサートミー・リピューマにより、活動を再開し、音源を再発し始めた。また古くからのアーティスト、マッコイ・タイナーやジョン・コルトレーンの寡婦アリス・コルトレーン等を中心に新録音も再開していた。現在はカタログの再発のみ行っている。.

新しい!!: フリー・ジャズとインパルス!レコード · 続きを見る »

インターネットアーカイブ

旧インターネットアーカイブ本部(1996年 - 2009年11月) インターネットアーカイブ (The Internet Archive) は、WWW・マルチメディア資料のアーカイブ閲覧サービスとして有名なウェイバックマシン (Wayback Machine)を運営している団体である。本部はカリフォルニア州サンフランシスコのリッチモンド地区に置かれている。 アーカイブにはプログラムが自動で、または利用者が手動で収集したウェブページのコピー(ウェブアーカイブ)が混在しており、これは「WWWのスナップショット」と呼ばれる。ほか、ソフトウェア・映画・本・録音データ(音楽バンドなどの許可によるライブ公演の録音も含む)などがある。アーカイブは、それらの資料を無償で提供している。.

新しい!!: フリー・ジャズとインターネットアーカイブ · 続きを見る »

エリック・ドルフィー

リック・ドルフィー(Eric Dolphy、1928年6月20日 - 1964年6月29日 )は、ジャズのマルチ・ホーン・プレイヤーで、バスクラリネット、アルト・サックス、フルートを吹いたほか、普通のクラリネットやピッコロも吹いた。アメリカ合衆国ロサンゼルス生まれ。 卓越した技巧と独特のアドリブフレーズで知られる。 それまでクラシックにおいて使用されるのが主だったバスクラリネットをジャズの独奏楽器として用いたことは、後のジャズ奏者に多大な影響を与えた。 彼の独特な音楽観から、時にフリー・ジャズに分類されることもあるが、基本的には音楽理論に則りアドリブを展開していくスタイルである。.

新しい!!: フリー・ジャズとエリック・ドルフィー · 続きを見る »

オーネット・コールマン

ーネット・コールマン(Ornette Coleman, 1930年3月19日 - 2015年6月11日)は、アメリカ合衆国テキサス州フォートワース生まれのジャズ・サックス奏者。アルトサックスの他、トランペットやヴァイオリンもこなす。フリージャズの先駆者である参照 コトバンク。.

新しい!!: フリー・ジャズとオーネット・コールマン · 続きを見る »

クラシック音楽

ラシック音楽(クラシックおんがく classical music、Klassische Musik 、musique classique、musica classica)は、直訳すると「古典音楽」となるが、一般には西洋の芸術音楽を指す。宗教音楽、世俗音楽のどちらにも用いられる。.

新しい!!: フリー・ジャズとクラシック音楽 · 続きを見る »

ジャズ

ャズ(jazz)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ南部の都市を中心に派生した音楽形式。西洋楽器を用いた高度な西洋音楽の技術と理論、およびアフリカ系アメリカ人の独特のリズム感覚と音楽形式とが融合して生まれた。演奏の中にブルー・ノート、シンコペーション、スウィング、コール・アンド・レスポンス(掛け合い演奏)、インプロヴィゼーション、ポリリズム(複合リズム)などの要素を組み込んでいることが、大きな特徴とされている。 その表現形式は自由なものだった。また、初期からポール・ホワイトマンやビックス・バイダーベックらの白人ミュージシャンも深くかかわり、黒人音楽であると同時に人種混合音楽でもあった。演奏技法なども急速に発展した。20世紀後半には世界の多くの国々で、ジャズが演奏されるようになった。.

新しい!!: フリー・ジャズとジャズ · 続きを見る »

ジョン・コルトレーン

ョン・コルトレーン(John Coltrane, 1926年9月23日 - 1967年7月17日)は、アメリカ、ノースカロライナ州生まれのモダンジャズのサックスプレーヤー。愛称はトレーン(Trane)。 長い間無名のままでいたため、第一線で活躍した期間は10年余りであったが、自己の音楽に満足せずに絶えず前進を続け、20世紀ジャズの巨人の一人となった。.

新しい!!: フリー・ジャズとジョン・コルトレーン · 続きを見る »

スティーヴ・レイシー

ティーヴ・レイシー(Steve Lacy、1934年7月23日 - 2004年6月4日)は、アメリカ・ニューヨーク出身のジャズのソプラノ・サックス奏者。フリー・ジャズ。1971年初頭、公式に「ポスト・フリー」という用語を用いた。.

新しい!!: フリー・ジャズとスティーヴ・レイシー · 続きを見る »

セシル・テイラー

ル・パーシヴァル・テイラー(Cecil Percival Taylor、1929年3月25日-2018年4月5日)はアメリカ人のピアニスト、詩人。 クラシック音楽に基づく教育を受けているが、テイラーは一般的にはフリー・ジャズの先駆者として認識されている。テイラーの音楽は、極めて旺盛な生命力や精力を感じさせるものであり、また、肉体的存在を意識させる方法論、複雑でかつ即興によって創り出された音、塊として聞こえてくる音塊、極めて複雑な複層リズム、こうした要素が特徴だと考えることができる。テイラーのピアノ演奏の技術は、長らくパーカッションにたとえられてきた。例えば、「88個の異なる音階に調整されたドラムズ」(標準的なピアノの鍵盤数のことをさして言っている)と表されたりしている。また、テイラーは、「クラシックの現代音楽に必要な教育を受けたアート・テイタム」などと言い表されてもきた。.

新しい!!: フリー・ジャズとセシル・テイラー · 続きを見る »

サン・ラ

ン・ラ(Sun Ra, 出生名:Herman Poole Blount 正式名:Le Sony'r Ra,1914年- 1993年)はジャズ作曲家、バンドリーダー、ピアノ、シンセサイザー奏者、詩人、思想家である。独自の「宇宙哲学」と作曲、パフォーマンスで知られる。.

新しい!!: フリー・ジャズとサン・ラ · 続きを見る »

サクソフォーン

フォーンまたはサクソフォンは、木管楽器の一種である。サックスと略称で呼ばれることも多い。.

新しい!!: フリー・ジャズとサクソフォーン · 続きを見る »

BYGアクチュエル・レコード

BYGアクチュエル・レコード(BYG Actuel Records)は、フランスのレコード・レーベルである。1967年にジャン・リュック・ヤングら3人によって設立された。主にフリー・ジャズなどの革新的でアヴァンギャルドなジャズを中心に、作品を発表した。.

新しい!!: フリー・ジャズとBYGアクチュエル・レコード · 続きを見る »

現代音楽

代音楽(げんだいおんがく)は、西洋クラシック音楽の流れにあり20世紀後半から現在に至る音楽を指す。ドイツ語では「Neue Musik」、英語では「20th century classical music」などと表記されるようにその定義も非常に曖昧・抽象的であり、他の時代の西洋音楽史の区分のように、様式によって区分されたものではない。現代音楽は調性をはじめとする従来の音楽様式を否定・更新した先鋭的な音楽を指すことが多い。最も顕著な特徴は無調への傾倒と不協和音の多用である。 現代音楽という用語が一般的に指し示す範疇にとらわれない、ポップ・ミュージックやジャズ、ロックなど現代における音楽全般の区分については、現代の音楽の項を参照のこと(隣接他分野の音楽については後述)。また地域別の動向も参照のこと。なお、現代音楽という用語自体が、「現代の音楽」全体の中で特権的であり、エリート的であるとする批判もなされている。.

新しい!!: フリー・ジャズと現代音楽 · 続きを見る »

ESPディスク・レコード

ESPディスク・レコード(ESP-Disk Records)は、アメリカ合衆国のレコード・レーベルである。1964年にによって設立された。ニューヨークのブルックリンを本拠地として、フリー・ジャズやアンダーグラウンド・ロックの創造的な作品を中心に、リリースしていった。.

新しい!!: フリー・ジャズとESPディスク・レコード · 続きを見る »

調性音楽

調性音楽(ちょうせいおんがく)は、19世紀終盤又は20世紀初頭以降の「無調音楽」の登場により、その対の概念として整備された音楽上の概念であり、狭義には長調または短調による機能和声に基づいた音楽を指し、広義には何らかの中心音が存在する音組織に基づいた音楽のことをいう。西洋16世紀のポリフォニー音楽の複雑化は、結局技法の困難さと共に中心音を浮かび上がらせる結果となり、17世紀の器楽曲の発展によって調性音楽が生まれることとなった。 当初は、狭義の用法のみを調性音楽として旋法性は排除されていたが、現代では旋法も包括して調性音楽とする広義の用法も定着している。長調や短調、教会旋法や非西洋の民族旋法などを含め、中心音の存在する音組織のことを包括し調性と呼ぶことも多い。.

新しい!!: フリー・ジャズと調性音楽 · 続きを見る »

高柳昌行

柳 昌行(たかやなぎ まさゆき、1932年12月22日 - 1991年6月23日)は、日本のフリー・ジャズ・ギタリスト。東京都出身。フリー・ジャズに影響を受け、実験的な即興演奏を追求した。.

新しい!!: フリー・ジャズと高柳昌行 · 続きを見る »

豊住芳三郎

豊住 芳三郎(とよずみ よしさぶろう、1943年7月11日 - )はフリージャズドラマー、二胡奏者、インプロヴァイザー(即興演奏者)である。神奈川県横浜市生まれ。1960年代、日本のフリージャズ創成期より、国内外において多数のミュージシャンと演奏、招聘にも尽力している。.

新しい!!: フリー・ジャズと豊住芳三郎 · 続きを見る »

転調

転調(てんちょう).

新しい!!: フリー・ジャズと転調 · 続きを見る »

阿部薫 (サックス奏者)

阿部 薫(あべ かおる、1949年5月3日 - 1978年9月9日)は、フリー・ジャズのアルトサックスプレイヤー。他にソプラニーノサックス、バスクラリネット、ハーモニカ等もプレイする。.

新しい!!: フリー・ジャズと阿部薫 (サックス奏者) · 続きを見る »

植草甚一

植草 甚一(うえくさ じんいち、1908年(明治41年)8月8日 - 1979年(昭和54年)12月2日)は、欧米文学、ジャズ、映画の評論家。通称“J・J氏”。.

新しい!!: フリー・ジャズと植草甚一 · 続きを見る »

楽式

楽式(がくしき、musical forms、Musikalische Formen)は、楽曲の形式のことである。楽式を論ずる学問のことを楽式論と呼ぶ。 動機や主題といったミクロ的視点による形式と、交響曲などのマクロ的な視点による形式がある。.

新しい!!: フリー・ジャズと楽式 · 続きを見る »

旋法

旋法(せんぽう、英語:musical mode、モード)とは、旋律の背後に働く音の力学である。 一般に旋法は音階を用いて記述されるので、音階と混同されがちであるが、音階が単に音を音高により昇順あるいは降順にならべたものであるのに対し、旋法は主音あるいは中心音、終止音、音域などの規定を含む。 旋法は特殊化した音階、あるいは一般化した旋律として定義できる。.

新しい!!: フリー・ジャズと旋法 · 続きを見る »

1950年代

1950年代(せんきゅうひゃくごじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1950年から1959年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1950年代について記載する。.

新しい!!: フリー・ジャズと1950年代 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

フリージャズ

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »