ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)

索引 フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)

ン=ヒルトブルクハウゼン公フリードリヒ、1790年頃 フリードリヒ(ドイツ語:Friedrich, 1763年4月29日 - 1834年9月29日)は、ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(在位1780年 - 1826年)、のちザクセン=アルテンブルク公(在位1826年 - 1834年)。 ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公エルンスト・フリードリヒ3世と、その妻でザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ公エルンスト・アウグスト1世の娘であるエルネスティーネの一人息子として生まれた。1780年に父の死に伴ってヒルトブルクハウゼン公位を継承したが、まだ17歳と若かったため、曾祖父の弟でオーストリア元帥のヨーゼフ・フリードリヒ公子が摂政を務めた。1787年にヨーゼフ・フリードリヒが死ぬと、フリードリヒは親政を開始した。 1785年9月3日、フリードリヒはメクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の娘シャルロッテと結婚した。 フリードリヒは人気者で賢い為政者だった。治世中、彼とその美貌の妻シャルロッテのもとで、ヒルトブルクハウゼンの小さな町は文化の全盛期を迎えた。多くの詩人や芸術家がフリードリヒの宮廷を訪れ、ヒルトブルクハウゼンは「小ヴァイマル(Klein Weimar)」と呼ばれるようになった。1825年にザクセン=ゴータ=アルテンブルク公フリードリヒ4世が後継者なく没すると、エルネスティン系諸公国の間で領土再編が行われた。フリードリヒはザクセン=ヒルトブルクハウゼン公国をザクセン=マイニンゲン公国に譲渡し、1826年11月12日にザクセン=アルテンブルク公となった。 1831年、フリードリヒは新たな領国に最初の国家基本法を制定している。.

15 関係: ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)ルートヴィヒ1世 (バイエルン王)ヴァイマルヴィルヘルム (ナッサウ公)パウル・フォン・ヴュルテンベルクテレーゼ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼンフリードリヒ4世 (ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公)ドイツ語エルネスティン家エドゥアルト・フォン・ザクセン=アルテンブルクカール2世 (メクレンブルク=シュトレーリッツ大公)ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)ザクセン=マイニンゲン公国ザクセン=ヒルトブルクハウゼンザクセン=アルテンブルク公国

ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)

ン=アルテンブルク公ヨーゼフ、1848年頃 ヨーゼフ・ゲオルク・フリードリヒ・エルンスト・カール(ドイツ語:Joseph Georg Friedrich Ernst Karl von Sachsen-Altenburg, 1789年8月27日 - 1868年11月25日)は、ザクセン=アルテンブルク公(在位:1834年 - 1848年)。 ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(1826年よりザクセン=アルテンブルク公)フリードリヒとその妃でメクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の娘であるシャルロッテの間の次男、事実上の長男として生まれた。1814年には同盟国側についてナポレオン戦争に参加し、その後はザクセン王国軍に少将として仕えた。1834年に父の後を継いでザクセン=アルテンブルク公となった。ヨーゼフの政府は保守反動的だと見なされ、このためドイツで1848年革命が発生した際、ヨーゼフは退位を余儀なくされ、公爵位を弟のゲオルクに譲った。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公) · 続きを見る »

ルートヴィヒ1世 (バイエルン王)

ルートヴィヒ1世(Ludwig I., 1786年8月25日 - 1868年2月29日)は、バイエルン王国の第2代国王(在位:1825年 - 1848年)。全名はルートヴィヒ・カール・アウグスト (Ludwig Karl August)。先王マクシミリアン1世の長子である。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とルートヴィヒ1世 (バイエルン王) · 続きを見る »

ヴァイマル

ヴァイマル(Weimar )は、ドイツ・テューリンゲン州の都市で、主要な歴史的文化都市のひとつ。ワイマール、ヴァイマール、ワイマル、ヴァイマー、ワイマー、ウァイマーなどとも表記される。慣用的に「ワイマール」と表記されることが多い。 面積は84,27 km2、人口は約人。主な宗教はキリスト教プロテスタントルター派。1999年には欧州文化首都に選ばれている。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とヴァイマル · 続きを見る »

ヴィルヘルム (ナッサウ公)

ヴィルヘルム・ゲオルク・アウグスト・ハインリヒ・ベルグス・ツー・ナッサウ(Wilhelm Georg August Heinrich Belgus zu Nassau, 1792年6月14日 - 1839年8月20日)は、ナッサウ公(在位:1816年 - 1839年)。最後のナッサウ公でもあったルクセンブルク大公アドルフの父。 ナッサウ=ヴァイルブルク侯フリードリヒ・ヴィルヘルムとその妻でザイン=ハヒェンブルク伯領の女子相続人であるルイーゼ・フォン・キルヒベルクの間の長男として、プファルツ地方のキルヒハイムボランデン(Kirchheimbolanden)に生まれる。1816年1月9日に父の死にともないナッサウ=ヴァイルブルク侯位を相続、その2カ月後にナッサウ=ウジンゲン家のフリードリヒ・アウグストからナッサウ公位を継承した。同年のうちに、それまで分かれて存在していたナッサウ=ヴァイルブルク侯領をナッサウ公国へ統合した。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とヴィルヘルム (ナッサウ公) · 続きを見る »

パウル・フォン・ヴュルテンベルク

パウル・カール・フリードリヒ・アウグスト・フォン・ヴュルテンベルク(Paul Karl Friedrich August von Württemberg, 1785年1月19日 - 1852年4月16日)は、ヴュルテンベルクの王族、ヴュルテンベルク王子(Prinz von Württemberg)およびヴュルテンベルク公(Herzog von Württemberg)。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とパウル・フォン・ヴュルテンベルク · 続きを見る »

テレーゼ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼン

テレーゼ・シャルロッテ・ルイーゼ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼン(Therese Charotte Luise von Sachsen-Hildburghausen, 1792年7月8日 - 1854年10月26日)は、バイエルン国王ルートヴィヒ1世の王妃。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とテレーゼ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼン · 続きを見る »

フリードリヒ4世 (ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公)

ン=ゴータ=アルテンブルク公フリードリヒ4世 フリードリヒ4世(独:Friedrich IV.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とフリードリヒ4世 (ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公) · 続きを見る »

ドイツ語

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語である。 話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としている。漢字では独逸語と書き、一般に独語あるいは独と略す。ISO 639による言語コードは2字が de、3字が deu である。 現在インターネットの使用人口の全体の約3パーセントがドイツ語であり、英語、中国語、スペイン語、日本語、ポルトガル語に次ぐ第6の言語である。ウェブページ数においては全サイトのうち約6パーセントがドイツ語のページであり、英語に次ぐ第2の言語である。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多い。 しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めている。上記の事情と、両国の大幅な領土縮小も影響して、欧州では非常に多くの国で母語使用されているのも特徴である。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とドイツ語 · 続きを見る »

エルネスティン家

ルネスティン家の始祖、選帝侯エルンスト エルネスティン家またはエルネスティン系()は、ドイツのザクセン地方を支配していたヴェッティン家の分枝。家名は始祖のザクセン選帝侯エルンストに由来し、エルンスト系と呼ばれることもある。1464年から1547年まで選帝侯の地位にあった。選帝侯位は後に失うことになるが、諸分家はドイツの領邦()として存続した。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とエルネスティン家 · 続きを見る »

エドゥアルト・フォン・ザクセン=アルテンブルク

ドゥアルト・フォン・ザクセン=アルテンブルク エドゥアルト・カール・ヴィルヘルム・クリスティアン・フォン・ザクセン=アルテンブルク(Eduard Karl Wilhelm Christian von Sachsen-Altenburg, 1804年7月3日 ヒルトブルクハウゼン - 1852年5月16日 ミュンヘン)は、ドイツのザクセン=アルテンブルク家(1826年まではザクセン=ヒルトブルクハウゼン家)の公子で、バイエルンの軍人、陸軍中将。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とエドゥアルト・フォン・ザクセン=アルテンブルク · 続きを見る »

カール2世 (メクレンブルク=シュトレーリッツ大公)

ール2世(Karl II., 1741年10月10日 - 1816年11月6日)は、メクレンブルク=シュトレーリッツ大公国の初代大公(在位:1816年)。初めはメクレンブルク=シュトレーリッツ公(在位:1794年 - 1816年)。全名はカール・ルートヴィヒ・フリードリヒ(Karl Ludwig Friedrich)。メクレンブルク=シュトレーリッツ公子カールの次男。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とカール2世 (メクレンブルク=シュトレーリッツ大公) · 続きを見る »

ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)

ン=アルテンブルク公ゲオルク、1820年頃 ゲオルク・カール・フリードリヒ・フランツ(ドイツ語:Georg Karl Friedrich Franz von Sachsen-Altenburg, 1796年7月24日 - 1853年8月3日)は、ザクセン=アルテンブルク公(在位:1848年 - 1853年)。 ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(1826年よりザクセン=アルテンブルク公)フリードリヒとその妃でメクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の娘であるシャルロッテの間の四男、事実上の次男として生まれた。1848年革命の煽りを受けて退位した兄ヨーゼフの後を継いで、ザクセン=アルテンブルク公となった。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公) · 続きを見る »

ザクセン=マイニンゲン公国

ン=マイニンゲン公国(Herzogtum Sachsen-Meiningen)は、ドイツ中部のテューリンゲン地方に存在した領邦国家。ヴェッティン家のエルンスト系によって統治されたザクセン諸公国の一つである。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とザクセン=マイニンゲン公国 · 続きを見る »

ザクセン=ヒルトブルクハウゼン

ン=ヒルトブルクハウゼン()は1680年から1826年まで存在した、ヴェッティン家エルネスティン系が統治した公国。領土は現ドイツのテューリンゲン州の一部(現とほぼ同じ)にあたる。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とザクセン=ヒルトブルクハウゼン · 続きを見る »

ザクセン=アルテンブルク公国

ン=アルテンブルク公国 (Sachsen-Altenburg) は、ドイツ中部のテューリンゲン地方に存在した領邦国家。 17世紀に神聖ローマ帝国の領邦として存在したが、ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公国に編入されて消滅。同公家が1825年に断絶すると領土の再編が行われて復活し、ドイツ帝国成立以後はその領邦となった。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とザクセン=アルテンブルク公国 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

フリードリヒ (ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公)

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »