ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

フリードリヒ・シラー大学イェーナ

索引 フリードリヒ・シラー大学イェーナ

フリードリヒ・シラー大学イェーナ(Friedrich-Schiller-Universität Jena)は、ドイツ・テューリンゲン州のイェーナにある大学。通称イェーナ大学。以降、本項ではこの呼称を用いる。 1934年にドイツの作家フリードリヒ・フォン・シラーにちなんで現在の名称へと改称した。2004年現在、大学は入学した約19,000人の学生と340人の教授を抱えている。現在の学長、クラウス・ディッケは大学の歴史において317代目の学長である。.

25 関係: ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテヨハン・フリードリヒ (ザクセン選帝侯)ヨハン・ゴットリープ・フィヒテヨーロッパ大学協会テューリンゲン州フリードリヒ・フォン・シラーフリードリヒ・シュレーゲルフリードリヒ・シェリングフェルディナント1世 (神聖ローマ皇帝)ドイツイェーナイエナプラン教育カール5世 (神聖ローマ皇帝)カール・ツァイスカール・アウグスト (ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公)ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルコインブラ・グループザクセン公国ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公国1547年1558年1905年1934年2004年2月2日

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe、1749年8月28日 - 1832年3月22日)は、ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者(色彩論、形態学、生物学、地質学、自然哲学、汎神論)、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。 その文学活動は大きく3期に分けられる。初期のゲーテはヘルダーに教えを受けたシュトゥルム・ウント・ドラングの代表的詩人であり、25歳のときに出版した『若きウェルテルの悩み』でヨーロッパ中にその文名を轟かせた。その後ヴァイマル公国の宮廷顧問(その後枢密顧問官・政務長官つまり宰相も務めた)となりしばらく公務に没頭するが、シュタイン夫人との恋愛やイタリアへの旅行などを経て古代の調和的な美に目覚めていき、『エグモント』『ヘルマンとドロテーア』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』などを執筆、シラーとともにドイツ文学における古典主義時代を築いていく。 シラーの死を経た晩年も創作意欲は衰えず、公務や自然科学研究を続けながら『親和力』『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』『西東詩集』など円熟した作品を成した。大作『ファウスト』は20代から死の直前まで書き継がれたライフ・ワークである。ほかに旅行記『』、自伝『詩と真実』や、自然科学者として「植物変態論」『色彩論』などの著作を残している。.

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナとヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ · 続きを見る »

ヨハン・フリードリヒ (ザクセン選帝侯)

ラナッハ作(1531年) ヨハン・フリードリヒ(1世)(Johann Friedrich (I.), 1503年6月30日 - 1554年3月3日)は、ザクセン選帝侯(在位:1532年 - 1547年)。 ヴェッティン家エルンスト系のザクセン選帝侯ヨハンの長男。「」(、度量公、豪胆公)とも呼ばれた。 マルティン・ルターと友好関係にあり、ヘッセン方伯フィリップと共にシュマルカルデン同盟の盟主となった。しかし、1546年のシュマルカルデン戦争を経て、1547年に神聖ローマ皇帝カール5世にミュールベルクの戦いに敗れて捕縛され、選帝侯位と所領を剥奪された。選帝侯位と所領のほとんどは又従弟でヴェッティン家の別系統(アルブレヒト系)に属するモーリッツに与えられ、ヨハン・フリードリヒには「ザクセン公」の肩書とチューリンゲン地方の所領だけが残された。一方で、モーリッツの勢力拡大を恐れたカール5世は、ヨハン・フリードリヒの息子たちにテューリンゲンの各地の方伯として領土を与えて、ヴェッティン家の統一を阻んだ。.

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナとヨハン・フリードリヒ (ザクセン選帝侯) · 続きを見る »

ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ

ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ(Johann Gottlieb Fichte、1762年5月19日 - 1814年1月27日)は、ドイツの哲学者である。先行のイマヌエル・カントの哲学に大きく影響を受け、のちのG.W.F.ヘーゲルやフリードリヒ・シェリングらに影響を与えたドイツ観念論の哲学者である。息子のイマヌエル・フィヒテ(通称:小フィヒテ)も哲学者。ナポレオン占領下のベルリンでの講演「ドイツ国民に告ぐ」で広く知られる。.

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナとヨハン・ゴットリープ・フィヒテ · 続きを見る »

ヨーロッパ大学協会

ヨーロッパ大学協会(European University Association, EUA)は、ヨーロッパ46カ国の850以上の高等教育機関が参加する協力機関。 フォーラムの開催などにより、情報交換を推進。 2001年3月31日、Association of European Universities (CRE)と、Confederation of European Union Rectors' Conferences の合併により創設。.

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナとヨーロッパ大学協会 · 続きを見る »

テューリンゲン州

テューリンゲン州(Freistaat Thüringen)は、ドイツを構成する16の連邦州のひとつである。ドイツ再統一時に誕生した新連邦州5州の一つ。州都はエアフルト。 ドイツ語のStaatは英語のstateと同根の単語で、帝政ドイツ時代に「州」の意味で使用されていた。帝政崩壊後のヴァイマル共和政時代以降、これに代わりLandが使われ始めた。現在、多くの州はLandを使用するが、テューリンゲン州、バイエルン州、ザクセン州が"Freistaat"を称している。.

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナとテューリンゲン州 · 続きを見る »

フリードリヒ・フォン・シラー

ヨーハン・クリストフ・フリードリヒ・フォン・シラー(、1759年11月10日 - 1805年5月9日)は、ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家。ゲーテと並ぶドイツ古典主義(Weimarer Klassik)の代表者である(初期の劇作品群はシュトゥルム・ウント・ドラング期に分類される)。独自の哲学と美学に裏打ちされた理想主義、英雄主義、そして自由を求める不屈の精神が、彼の作品の根底に流れるテーマである。青年時代には肉体的自由を、晩年には精神的自由をテーマとした。彼の求めた「自由」はドイツ国民の精神生活に大きな影響を与えた。 劇作家として有名だが、ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」の原詞で最もよく知られるように、詩人としても有名である。シラーの書く詩は非常に精緻でありかつ優美であるといわれ、「ドイツ詩の手本」として今なおドイツの教育機関で教科書に掲載され、生徒らによって暗誦されている。 日本では、古くから舞台ドイツ語の影響もあって、「シルレル」(太宰治の「走れメロス」など)あるいは「シルラー」とも表記された。「シラー」は正確にはと発音される。.

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナとフリードリヒ・フォン・シラー · 続きを見る »

フリードリヒ・シュレーゲル

フリードリヒ・シュレーゲル フリードリヒ・シュレーゲル(Karl Wilhelm Friedrich von Schlegel, 1772年3月10日 - 1829年1月11日)はドイツ初期ロマン派の思想家・文芸評論家・詩人・小説家。 文学、哲学、歴史、政治、宗教を包括する彼の思想の領域は広大であり、特にカトリックへの改宗はその思想内容に大きな謎を与えている。彼のロマン主義理論と思想研究は、19世紀のドイツ文学界に多大な影響を与えた。.

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナとフリードリヒ・シュレーゲル · 続きを見る »

フリードリヒ・シェリング

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ヨーゼフ・フォン・シェリング(Friedrich Wilhelm Joseph von Schelling、1775年1月27日 - 1854年8月20日)は、ドイツの哲学者である。カント、フィヒテ、ヘーゲルなどとともにドイツ観念論を代表する哲学者のひとり。.

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナとフリードリヒ・シェリング · 続きを見る »

フェルディナント1世 (神聖ローマ皇帝)

フェルディナント1世(ドイツ語:Ferdinand I., 1503年3月10日 - 1564年7月25日)は、神聖ローマ帝国のローマ皇帝(在位:1556年 - 1564年)、オーストリア大公(在位:1521年 - 1564年)、ボヘミア王(在位:1526年 - 1564年)、ハンガリー王(在位:同)。 オーストリア系ハプスブルク家の祖であり、オーストリア、ドイツ、ボヘミア、ハンガリーを統治した。ローマ皇帝マクシミリアン1世の長男フィリップ美公とカスティーリャ女王フアナの間の次男で、皇帝カール5世(スペイン王カルロス1世)の弟。スペインで生まれ、スペインで育ったグレーシング、p.

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナとフェルディナント1世 (神聖ローマ皇帝) · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナとドイツ · 続きを見る »

イェーナ

イェーナ (Jena) は、ドイツのテューリンゲン州(チューリンゲン州)の都市。イエナと表記されることもある。人口10万。ヴァイマル(ワイマール)から列車で15分ほどの距離にある。フリードリヒ・シラー大学イェーナ(通称:イェーナ大学)を擁する歴史の古い大学町であることや、精密機械メイカーのカール・ツァイスがここで創業したこと、1806年にナポレオン戦争の戦いのひとつであるイエナ・アウエルシュタットの戦い(プロイセン軍対フランス軍)が近郊のコスペダで行われたことなどで知られる。.

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナとイェーナ · 続きを見る »

イエナプラン教育

イエナプラン教育(イエナプランきょういく、ドイツ語 Jena-Plan)とは、ドイツのイエナ大学の教育学教授だったペーター・ペーターゼン(Peter Petersen, 1884 - 1952年)が 1924年に同大学の実験校で創始した学校教育。 子どもたちを『根幹グループ(英語ではファミリー・グループを訳されることが多い)』と呼ばれる異年齢のグループにしてクラスを編制したことに大きな特徴がある。.

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナとイエナプラン教育 · 続きを見る »

カール5世 (神聖ローマ皇帝)

ール5世(Karl V., 1500年2月24日 - 1558年9月21日)は、神聖ローマ帝国のローマ皇帝(在位:1519年 - 1556年)、およびスペイン国王(在位:1516年 - 1556年)。スペイン国王としてはカルロス1世(Carlos I)と呼ばれる。 ハプスブルク家の絶頂期に君臨し、その治世は、ヨーロッパ統合を果たしたカール大帝以来の歴史的ヨーロッパ概念の体現者とも言われる。さらに当時は大航海時代の真っ只中にあったため、「太陽の沈まない国」と称されたようにヨーロッパから新大陸、アジア(フィリピン)に至る世界帝国を築き上げた。カールの理想は、オットー1世以来有名無実化していた神聖ローマ帝国を統一し、最終的には西ヨーロッパの統一とカトリック的世界帝国の構築であったが、覇権を争うフランス王国との戦い、宗教改革の嵐、スレイマン1世が率いるオスマン帝国の伸張など相次ぐ戦いに阻まれ、あと一歩のところで目的は果たせなかった。晩年は長年の痛風と相次ぐ戦争に疲れ果て自ら退位し、修道院に隠棲した。.

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナとカール5世 (神聖ローマ皇帝) · 続きを見る »

カール・ツァイス

1910年頃のツァイス工場 カール・ツァイス (Carl Zeiss) は、.

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナとカール・ツァイス · 続きを見る »

カール・アウグスト (ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公)

ール・アウグスト・フォン・ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ (Karl August von Sachsen-Weimar-Eisenach, 1757年9月3日 - 1828年6月14日)は、ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公。.

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナとカール・アウグスト (ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公) · 続きを見る »

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル

ルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル(Georg Wilhelm Friedrich Hegel, 1770年8月27日 - 1831年11月14日)は、ドイツの哲学者である。ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ、フリードリヒ・シェリングと並んで、ドイツ観念論を代表する思想家である。18世紀後半から19世紀初頭の時代を生き、領邦分立の状態からナポレオンの侵攻を受けてドイツ統一へと向かい始める転換期を歩んだ。 シュトゥットガルトのヘーゲルハウスにあるポートレイト.

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナとゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル · 続きを見る »

コインブラ・グループ

インブラ・グループ (Coimbra Group) はヨーロッパの大学連盟のひとつ。1985年に創設され、1987年に憲章を採択して正式に発足した。2009年現在の加盟大学数は39。加盟大学は全て総合大学であり、多くは長い歴史と権威を有する。 グループの名称はポルトガルの都市であるコインブラと当地のコインブラ大学に由来する。 本部はベルギーのブリュッセル。.

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナとコインブラ・グループ · 続きを見る »

ザクセン公国

ン公国(ザクセンこうこく、Herzogtum Sachsen)は、中世から近世にかけて北部ドイツ地方一帯を支配した領邦。その版図は時代によって変遷があって一様ではないが、おおむね現在のドイツのザクセン州、ニーダーザクセン州、ノルトライン=ヴェストファーレン州、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州、ザクセン=アンハルト州にまたがる。何度かの分裂と統合を経て、その一系統が1806年の神聖ローマ帝国の解体によってザクセン王国となった。.

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナとザクセン公国 · 続きを見る »

ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公国

ン=ヴァイマル=アイゼナハ()は、ドイツ中部のテューリンゲン地方にあった領邦国家。首都はヴァイマル。1741年から1815年まで公国、1815年から1918年まで大公国であった。 1903年に正式な国号をザクセン大公国()へと改めたが、それ以後もザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公国()の名で呼ばれることが多い。.

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナとザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公国 · 続きを見る »

1547年

記載なし。

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナと1547年 · 続きを見る »

1558年

記載なし。

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナと1558年 · 続きを見る »

1905年

記載なし。

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナと1905年 · 続きを見る »

1934年

記載なし。

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナと1934年 · 続きを見る »

2004年

この項目では、国際的な視点に基づいた2004年について記載する。.

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナと2004年 · 続きを見る »

2月2日

2月2日(にがつふつか)は、グレゴリオ暦で年始から33日目に当たり、年末まであと332日(閏年では333日)ある。.

新しい!!: フリードリヒ・シラー大学イェーナと2月2日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

フリードリヒ・シラー大学イェーナ大学イェナ大学イエナ大学

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »