ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

フランス

索引 フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

1287 関係: 労働組合労働者の闘争原子力空母原子力発電原子力潜水艦お雇い外国人みすず書房停戦偵察機いじめ半大統領制印象派単一国家単科大学と総合大学南フランス南アメリカ収奪された大地 ラテンアメリカ五百年収斂基準反資本主義新党古代ローマ古代ギリシア古フランス語叙事詩名誉革命同君連合合併 (企業)多民族国家大山巌大砲大西洋大里俊晴大陸性気候大正大日本帝国陸軍大日本帝国海軍太平洋夫婦別姓失業外国資本奴隷奴隷貿易実存主義実証主義実質経済成長率官僚制対外治安総局対仏大同盟対潜戦小倉孝誠小田中直樹...小選挙区制就学前教育少子化将官属州山川出版社山田文比古山本耀司岩倉使節団岩波書店川島永嗣川久保玲上院帝国主義両院制中央同盟国中央ヨーロッパ夏時間中央アフリカ共和国中央公論新社中央高地 (フランス)中央集権中国中等教育中華人民共和国中近東中部フランク王国中東七年戦争世界遺産世界貿易機関世界都市世界金融危機 (2007年-)三十年戦争三国協商三国干渉三銃士三部会下関戦争下院平地競走平凡社平野千果子幕府陸軍人種差別人種主義人種的差別撤廃提案人類学人間と市民の権利の宣言人間開発指数人民戦線人文書院二回投票制仏印進駐建国記念日弾道ミサイル住民税佐藤賢一作戦機復活祭徳川好敏徴兵制度信仰志願制度在フランス日本人地中海地中海性気候医療制度北大西洋条約機構北アフリカ北米植民地戦争北部鉄道 (フランス)北海ナチス・ドイツナチス・ドイツによるフランス占領ナチス・ドイツのフランス侵攻ナバラ王国ナポレオン3世ナポレオン・ボナパルトナポレオン戦争ナントナントの勅令ペンテコステペイ・ド・ラ・ロワール地域圏ナショナリズムペストペタンクミハイル・バクーニンミュゼットミッシェル・ポルナレフミシュランミシェル・プラティニミシェル・フーコーミシェル・ド・モンテーニュミシシッピ計画ミサイルミサイル駆逐艦マヨットマラニョン州マリ北部紛争 (2012年)マリー・アントワネットマリア・ルイーザ (パルマ女公)マリ共和国ノルマン・コンクエストマルティニークマルキ・ド・サドマルクス主義マルセイユノール県ノートルダム大聖堂 (アミアン)ノートルダム聖堂マーシャル・プランマトラマトラ (自動車)マクシミリアン1世 (神聖ローマ皇帝)マグナ・カルタマグマ (バンド)マグリブチャドチュニジアチョークポイントチーズチェ・ゲバラネーデルラント17州ネーデルラント継承戦争ネグリチュードハンニバルハンガリーハイチ帝国 (1804年-1806年)ハイチ革命バラク・オバマバロンドールバカロレア (フランス)バスク人バスケットボール世界選手権バスケットボールフランス代表バスケットボール男子アメリカ合衆国代表バスケットボール欧州選手権ポリネシアポルトガルポルトガル語ポン・デュ・ガールポンディシェリポンディシェリ連邦直轄領ポーランドポール・ゴーギャンポール・セザンヌポール=ルイポピュラー音楽ポスト印象派ポストモダンポスト構造主義ムスリムムスタファ・ケマル・アタテュルクメロヴィング朝メーデーメトロポール・ド・リヨンメキシコメキシコドルメキシコ出兵モロッコモンペリエ大学モンブランモーリス・ラヴェルモーリタニアモータースポーツモゼル県ヤング案ユーロユーロ債ユーグ・カペーユッスー・ンドゥールユニバーサルヘルスケアユダヤ人ユダヤ教ユグノーユグノー戦争ヨハン・ゴットリープ・フィヒテヨーロッパヨーロッパの祖母ラ・マルセイエーズラテン人ラテンアメリカラテン通貨同盟ラティフンディウムラファール (航空機)ライン同盟ライン川ライシテラグビーラグビーワールドカップラグビーワールドカップ2007ラグビーフランス代表ラザードラシッド・タハラスコー洞窟リュミエール兄弟リュック・ベッソンリヨンリヨン大学リヨン歴史地区リール (フランス)リーグ・ナショナル・バスケットボールリーグ・アンリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーリシャール・ガスケリシュリューリジェリスボン条約リセルノールノーF1ルネ・デカルトルワンダ紛争ルヴァロワ=ペレル・マン24時間レースル・コルビュジエルーマニアルール地方ルートヴィヒ1世 (フランク王)ルテティアルイ13世 (フランス王)ルイ14世 (フランス王)ルイ15世 (フランス王)ルイ16世 (フランス王)ルイ7世 (フランス王)ルイ8世 (フランス王)ルイ9世 (フランス王)ルイ・ヴィトンルイ・ボナパルトのブリュメール18日ルイ・アルチュセールルイジアナ買収ルイ=エミール・ベルタンルクセンブルクルシヨンレユニオンレンヌレパントの海戦レイモン・コパレオポール・セダール・サンゴールレオン・フーコーレジス・ドゥブレロマン主義ロマンス諸語ロレーヌ地域圏ロレーヌ語ロワール川ロンドン大火ロンシャン競馬場ローマ帝国ローランの歌ローラン・ギャロスローヌ川ロック (音楽)ロテール (西フランク王)ロベール2世 (フランス王)ロベール・ゲランロシアロシア革命ロスチャイルド家ワーテルローの戦いワインワシントンハイツ (在日米軍施設)ヴァランシエンヌヴァロワ=ブルゴーニュ家ヴァロワ朝ヴァンセンヌ競馬場ヴィクトル・ユーゴーヴィシー政権ヴィタルカードヴェルダン条約ヴェルサイユ宮殿ヴェゼール渓谷の先史的景観と装飾洞窟群ヴォルテールヴォージュ山脈ボナパルティズムボリビアボリシェヴィキボルドーヌーヴェル=アキテーヌ地域圏ヌーヴォー・レアリスムヌーベルフランストマス・アクィナストヨタ自動車トルデシリャス条約トニー・パーカートゥール・ポワティエ間の戦いトゥールーズトゥアレグトウモロコシトタルヘリコプターヘリ空母ブラックアフリカブラジルブリュメールのクーデターブルネイブルボン家ブルボン朝ブルトン人ブルトン語ブルキナファソブルゴーニュ公国ブルゴーニュ戦争ブルターニュブルターニュ地域圏ブルターニュ・クラシックブレーズ・パスカルブローニュ=ビヤンクールブーランジェ将軍事件ブタプチ・サン・ベルナール峠プランテーションプランタジネット朝プレタポルテプロンビエールの密約プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏プジョーパリパリのカナロパリのセーヌ河岸パリ大学パリ外国宣教会パリ万国博覧会 (1889年)パリ伯パリ・カトリック大学パリ・コミューンパリ・コレクションパリクラブパリ国立高等鉱業学校パリ〜ルーベパリ〜ツールパリ〜ニースパリ講和会議パリ警視庁パリ条約 (1763年)パリ改造パンパトリック・シャモワゾーパトリス・ド・マクマオンパブロ・ピカソパクス・ロマーナビッグバン (金融市場)ピレネー山脈ピピン3世ピニョー・ド・ベーヌピエ・ノワールピエール・アベラールピエール・ジョゼフ・プルードンピカルディ語ツール・ド・フランスツァーベルン事件テンプル騎士団テンサイテニスデンマークディエンビエンフーの戦いデクシアフランツ・ファノンフランドルフランドル・フランセーズフランク人フランク王国フランコフォニー国際機関フランシスコ・フランコフランス6人組フランス7月革命フランスの大統領フランスの世界遺産フランスの交通フランスの地方行政区画フランスの医療フランスのユーロ硬貨フランスの国章フランスの競馬フランスの経済フランスの首相フランスの鉄道フランスの鉄道史フランスの歴史フランスの海外県・海外領土フランス君主一覧フランス外人部隊フランス委任統治領シリアフランス人フランス人の一覧フランス復古王政フランスワインフランス・メトロポリテーヌフランス・フランフランス・ギャルフランスパンフランスグランプリフランス共同体フランス共和国保安機動隊フランス共和国親衛隊フランス共和国臨時政府フランス共産党フランス国家警察フランス国家警察介入部隊フランス国家警察特別介入部隊フランス国立行政学院フランス王国フランス空軍フランス第三共和政フランス第一帝政フランス第一共和政フランス第二帝政フランス第二共和政フランス第五共和政フランス第四共和政フランス銀行フランス革命フランス領北アフリカフランス領ポリネシアフランス領ルイジアナフランス領アルジェリアフランス領インドシナフランス領ギアナフランス領西アフリカフランス領赤道アフリカフランス語フランス語圏フランス車フランス軍フランス軍事顧問団 (1867-1868)フランス軍事顧問団 (1872-1880)フランス軍事顧問団 (1884-1889)フランス関係記事の一覧フランス電力フランス陸軍フランス東インド会社フランス植民地帝国フランス民主連合フランス海軍フランス文化フランス料理フランソワ・ミッテランフランソワ・ノエル・バブーフフランソワ・ラブレーフランソワ・トリュフォーフランソワ・オランドフランソワ・ケネーフラッグ・キャリアフリードリヒ・エンゲルスフリゲートフレンチ・インディアン戦争ファルマン IIIファッションファッションデザイナーファッション雑誌ファブリス・サントロファイサル1世 (イラク王)ファショダ事件フィリップ2世 (フランス王)フィリップ4世 (フランス王)フィリップ・ペタンフィンセント・ファン・ゴッホフェミニズムフェリペ2世 (スペイン王)フェルディナン・ド・ソシュールフォンテーヌブローの勅令フォンテーヌブロー宮殿フォーチュン・グローバル500フォーヴィスムドミニク・ド・ビルパンドルイドドレフュス事件ド・ゴール主義ドーヴァーの密約ドーズ案ドイツドイツ帝国ドイツ語ドイツ車ニューカレドニアニュージーランドニースニコラ・サルコジニジェールダッソーダカール・ラリーベナンベルナール・イノーベルベル語派ベルギーベルギー人ベルギー国立銀行ベルギー領コンゴベールヴァルデ条約ベトナム戦争ベトミンベトレン・ガーボルベアリングス銀行初等教育初期雇用契約列強刑法嘉隆帝アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレアナーニ事件アナキズムアマ (植物)アネト山アムステルダム銀行アメリカ合衆国アメリカ合衆国の独立アメリカ大陸アメリカ州の先住民族アメリカ賞アメリカ英語アラン・バディウアラゴン連合王国アリエノール・ダキテーヌアルマダの海戦アルル王国アルプス山脈アルビジョア十字軍アルフォンス・ドーデアルカテル・ルーセントアルザス人アルザス地域圏アルザス語アルザス=ロレーヌアルザス=ロレーヌ共和国アルジェリアアルジェリア戦争アルストムアルゼンチンアレヴァアレクサンドル・デュマ・ペールアレクサンドル・コジェーヴアロー戦争アンリ1世 (フランス王)アンリ2世 (フランス王)アンリ・マティスアンリ・ドロネーアンリ・ド・サン=シモンアンリ・ベルクソンアンフォルメルアンドレ・モーロワアンセルム・ペイアンアヴァールアヴィニョン捕囚アール・ヌーヴォーアール・デコアーヘン会議 (1818年)アブラナアフリカアフリカの年アフリカ分割アドルフ・ティエールアクサアグリビジネスアシエントアジアアジア通貨危機イランイラク戦争イル=ド=フランス地域圏インディアンインディオインドネシア独立戦争インドシナ半島インドシナ銀行インド洋イングランドイングランド銀行イヴ・モンタンイヴ・サン=ローランイベリア半島イギリスイギリス帝国イギリス東インド会社イギリス海峡イザベル・アジャーニイスラム教イタリアイタリア半島イタリア人イタリア語イタリア戦争ウマイヤ朝ウッドロウ・ウィルソンウィーン楽派ウィキリークスウェルキンゲトリクスウォール・ストリート・ジャーナルウジェーヌ・ドラクロワエマニュエル・マクロンエマニュエル・レヴィナスエメ・セゼールエリートエリザベート・ド・ヴァロワエルネスト・ルナンエルメスエンジーエールフランスエディット・ピアフエドゥアルド・ガレアーノエドゥアール・マネエドゥアール・フィリップエドゥアール・グリッサンエアバスエアバスA318エアバス・グループエクス=マルセイユ大学エコール・ポリテクニークエコール・サントラルエジプト・シリア戦役エセーオノレ・ド・バルザックオランプ・ド・グージュオランダオランダ語オリンピックのバスケットボール競技オリンピック・マルセイユオーバーニュオートクチュールオーギュスト・コントオーストラリアオーストリアオーストリア帝国オー=ド=フランス地域圏オック語オフショア市場オイルショックオオムギオクシタニー地域圏オクシタニアオスマン帝国オスマン債務管理局オセアニアカペー家カペー朝カミーユ・サン=サーンスカリブ海カリウムカルロス・ゴーンカルパチア盆地カルテルカルフールカルタゴカロリング朝カロリング朝ルネサンスカンヌカンヌ国際映画祭カーナティック戦争カール・マルテルカール・マルクスカトリック教会カトー・カンブレジ条約カピチュレーションカフェカタリ派ガヤトリ・C・スピヴァクガリアガリア人ガリア・ナルボネンシスガリア戦争ガリカニスムガルガンチュワとパンタグリュエルガロンヌ川ガロ・ローマ文化ガボンガブリエル・フォーレガブリエル・アノガイウス・ユリウス・カエサルガエル・モンフィスガスペ半島キューバキュビスムキリキアキリストの昇天キリスト教ギュスターヴ・エミール・ボアソナードギュスターヴ・クールベギリシャ人ギニアクリュニー修道院クリテリウム・デュ・ドフィネクリアストリーム事件クリケットクリスマスクリスマスツリークリスチャン・ディオールクリストフ・ヴィリバルト・グルッククリストファー・コロンブスクリスティナ・オナシスクレープクレディ・アグリコルクレオール言語クロワッサンクロヴィス1世クロード・モネクロード・レヴィ=ストロースクロード・ドビュッシーグノーシス主義グラン・テスト地域圏グランツールグランゼコールグループ・ブリュッセル・ランバートグループPSAグレート・ゲームグアナバラ湾グアドループケルト人ケンゾーケーキケベック州ゲルマン人ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルコム・デ・ギャルソンコムギコモロ諸島コルシカ島コルシカ人コルシカ語コレージュコンゴ共和国コートジボワールコーヒーコーカサスコニャックコアビタシオンココ・シャネルゴルフシチリア王国シモーヌ・ド・ボーヴォワールシャルル8世 (フランス王)シャルルマーニュシャルル・ルルーシャルル・フーリエシャルル・ド・モンテスキューシャルル・ド・ゴールシャルル・ド・ゴール (空母)シャルル・アズナヴールシャルトル大聖堂シャンソンシュナイダーエレクトリックシュルレアリスムシルヴィ・ヴァルタンシトロエンシベリア鉄道ジネディーヌ・ジダンジバンシィジャポニスムジャン・バティスト・ルイ・グロジャンヌ・ダルクジャンセニスムジャン=バティスト・リュリジャン=バティスト・コルベールジャン=ポール・サルトルジャン=リュック・ゴダールジャン=ピエール・パパンジャン=フィリップ・ラモージャン=ジャック・ルソージャック・ネッケルジャック・ラカンジャック・デリダジャック・オッフェンバックジャック・カルティエジャック・シラクジャック=ルイ・ダヴィッドジャック=ベニーニュ・ボシュエジャガイモジャコモ・マイアベーアジャズジュラ山脈ジュール・マザランジュール・リメジュール・ヴェルヌジュディス・バトラージョルジュ・ブラックジョルジュ・ビゼージョルジュ・ソレルジョー=ウィルフリード・ツォンガジョニー・ハリデージル・ドゥルーズジル・シモンジークムント・フロイトジブチジブラルタルスペインスペイン継承戦争スラヴォイ・ジジェクスロベニアスーダンストラスブールストラスブールのグラン・ディルストラスブール大学ストレーザ戦線スイススウェーデンスウェーデン国立銀行スエズ (会社)スエズ運河スエズ運河会社スカイチームスキースコラ学スタンダールセネガルセバスチャン・グロジャンセルヴァル作戦セルジュ・ゲンスブールセント・クロイ島セーヴル条約セーヌ川セーヌ=マリティーム県セクトセザール・フランクゼネラル・エレクトリックゼネラル・ストライキソーカル事件ソビエト連邦ソシエテ・ジェネラルタレス・グループタンゴタイ・フランス領インドシナ紛争タイ王国サハラ砂漠サリフ・ケイタ (ミュージシャン)サルダーニャサン・ルイス (マラニョン州)サント・シャペルサンクトペテルブルクサンクトペテルブルク条約 (1762年)サンゴバンサン=テチエンヌ大聖堂 (ブールジュ)サン=ドマングサン=ドニ大聖堂サヴォワサヴォイア家サッカーサッカーフランス代表サトウキビサフラングループサイエンス・フィクションサイクス・ピコ協定唯名論唯物史観儒教冷戦写実主義凱旋門賞啓蒙思想全仏オープン八十日間世界一周公務員公用語六角形共同市場共和制共和国大統領 (フランス)共和政ローマ共産主義元老院 (フランス)元日先進国兵站国の平均寿命順リスト国の国内総生産順リスト (為替レート)国の国内総生産順リスト (購買力平価)国名の漢字表記一覧国家社会主義ドイツ労働者党国家憲兵隊 (フランス)国家憲兵隊治安介入部隊国交国内総生産国内治安総局国務院 (フランス)国際労働機関国際サッカー連盟国際石油資本国際連合国際連合安全保障理事会常任理事国国際連合事務局国際連合教育科学文化機関国際決済銀行国民国家国民運動連合国民議会 (フランス)国民識別番号国民投票国民楽派国民戦線 (フランス)個人の尊厳BNPパリバCFAフラン火力発電理性社会契約論社会主義社会党 (フランス)社会進化論神学神学大全神聖ローマ帝国神聖ローマ皇帝福井憲彦福祉国家論移動祝日移民空中給油機空想的社会主義競馬競馬の競走立憲君主制第1コンスル第2次バロン戦争第七次対仏大同盟第三世界第一次世界大戦第一次バロン戦争第一次モロッコ事件第一次インドシナ戦争第二次中東戦争第二次世界大戦第二次ポエニ戦争第二次モロッコ事件第六次対仏大同盟篠沢秀夫米欧回覧実記精神分析学紅山雪夫紀元前1世紀紀元前219年紀元前58年総裁政府繋駕速歩競走義和団の乱真珠湾攻撃絶対君主制絶対王政経済協力開発機構点字生活水準牛乳直接選挙直接投資百年戦争DCNS障害競走銃火器鎮台遼東半島聖母の被昇天道徳再武装華僑青島の戦い預金供託金庫装甲車飛行隊飛行機複合遺産 (世界遺産)複葉機西側諸国西山朝西岸海洋性気候西園寺公望西ヨーロッパ西ローマ帝国西フランク王国西ドイツ西アフリカ西インド諸島親仏観光駆逐艦騎士道証券化言語学諸聖人の日高等師範学校 (フランス)高等教育高田賢三譲渡抵当象徴主義財務総監貿易貿易摩擦鳥取絹子購買力平価説資本主義鶏卵軍事偵察局軍需産業軍艦軍服 (大日本帝国陸軍)黒人黒田清輝輸送機農業近世哲学露仏同盟露清銀行航空宇宙産業赤と黒間接選挙脱植民地化臨時航空隊自動車自由フランス自由、平等、友愛自然遺産 (世界遺産)自転車酒井宏樹鉄器時代英仏協商英葡永久同盟難民電子戦集英社連合国 (第一次世界大戦)連合国 (第二次世界大戦)連隊陸上自衛隊陸軍分列行進曲陸軍飛行戦隊FCメスFIFAワールドカップG7INSEEINSEEコードNBANTNOrange (通信会社)TGVUEFA EURO 2000UEFAチャンピオンズリーグUEFA欧州選手権UEFA欧州選手権1984投資信託柴田三千雄柔道掃海艇排他的経済水域恐怖政治東京条約東ヨーロッパ東フランク王国核実験核兵器梅本洋一 (映画評論家)植民地植民地主義構造主義機関投資家欧州中央銀行欧州石炭鉄鋼共同体欧州統合欧州連合欧州連合加盟国欧州連合の経済通貨統合欧州憲法毛沢東毛沢東思想水力発電民法民族主義江戸江戸幕府法の精神活性炭洗礼清仏戦争潜水艦朝鮮民主主義人民共和国木下長宏月の港ボルドー最後の授業最高経営責任者戦車戦闘機戒厳明号作戦明石書店明治明治維新海外領土海底二万里海底ケーブル新古典主義新植民地主義新潮社方法序説文化遺産 (世界遺産)文藝春秋日仏修好通商条約日経BP日産自動車日露戦争日野熊蔵日清戦争日本日本の降伏文書日本国との平和条約日本軍日本放送協会早期警戒管制機旅団政府紙幣政党政教分離原則憲法教会堂教皇教皇領教育指数所得税所沢航空記念公園所沢陸軍飛行場普仏戦争.fr10月27日10月2日10月4日10月9日11月1日11月8日1209年12月19日12月25日12月2日1337年1453年1494年1534年1556年1559年1562年1673年1685年1763年1769年1789年1791年1792年1793年1799年1803年1804年1808年1814年1815年1822年1830年1848年1848年のフランス革命1852年1858年1870年1873年1882年1884年1885年1886年1887年1888年1889年1893年1894年1895年1898年1900年パリオリンピック1900年パリオリンピックのクリケット競技1903年1904年1905年1906年1910年1914年1916年1917年1918年1919年1920年1923年1939年1940年1946年1954年1957年1958年1959年1960年1960年代1962年1979年1981年1985年1986年1990年代1998 FIFAワールドカップ1999年19世紀1月1日1月29日1月8日2000年2000年シドニーオリンピックのバスケットボール競技2001年2002年2004年2005年2005年バスケットボール男子欧州選手権2005年パリ郊外暴動事件2008年2009年2012年2012年フランス大統領選挙2013年2014年2016年2017年20世紀3月29日3月8日476年4月10日4月19日4月26日508年5世紀5月16日5月6日6月1日6月30日7月24日7月王政843年8月8月10日987年 インデックスを展開 (1237 もっと) »

労働組合

労働組合(ろうどうくみあい、英語:trade union、labor union)とは、労働者の連帯組織であり、誠実な契約交渉の維持・賃上げ・雇用人数の増加・労働環境の向上などの共通目標達成を目的とする集団である。その最も一般的な目的は、「組合員の雇用を維持し改善すること」である ch.

新しい!!: フランスと労働組合 · 続きを見る »

労働者の闘争

労働者の闘争(ろうどうしゃのとうそう、フランス語:Lutte ouvrière 略称:LO)は、フランスのトロツキスト政党。フランス政界においては「極左政党」と分類されることが多いが、フランスではフランス社会党やフランス共産党のような「既成左翼政党」より政策的に「左」を位置する勢力が「極左-Extrême Gauche」と見なされることによる。国際的なトロツキスト運動の一潮流である国際共産主義者連盟のフランス支部でもあり、その最大組織である。現在の党首(スポークスマン)はナタリー・アルトー。.

新しい!!: フランスと労働者の闘争 · 続きを見る »

原子力空母

原子力空母(げんしりょくくうぼ)は、原子力を動力源とする航空母艦(空母)。艦内に原子炉を搭載し、原子核反応による反応熱を熱源とする蒸気タービンを動力機関に備えた戦闘用の大型艦船で、長大な航続力を誇る。 原子力空母は、通常英語では という日本の英語辞書によく見られる「」(直訳:「核空母」)という表現はあまり用いられない。。またアメリカ海軍の原子力空母に用いられている記号の は、「汎用航空母艦(原子力推進)」を意味する「」という船体分類法船体分類記号については英語版「Hull classification symbol」項を参照。を略称化した に由来する。.

新しい!!: フランスと原子力空母 · 続きを見る »

原子力発電

浜岡原子力発電所 泊発電所 島根原子力発電所 チェルノブイリ原子力発電所 原子力発電(げんしりょくはつでん、nuclear electricity generation)とは、原子力を利用した発電のことである。現代の多くの原子力発電は、原子核分裂時に発生する熱エネルギーで高圧の水蒸気を作り、蒸気タービンおよびこれと同軸接続された発電機を回転させて発電する。ここでは主に軍事用以外の商業用の原子力発電の全般について説明する。.

新しい!!: フランスと原子力発電 · 続きを見る »

原子力潜水艦

原子力潜水艦(げんしりょくせんすいかん)は、動力に原子炉を使用する潜水艦のことである。原潜(げんせん)と略されることもある。.

新しい!!: フランスと原子力潜水艦 · 続きを見る »

お雇い外国人

お雇い(御雇)外国人(おやといがいこくじん)は、幕末から明治にかけて、「殖産興業」などを目的として、欧米の先進技術や学問、制度を輸入するために雇用された外国人で、欧米人を指すことが多い。江戸幕府や諸藩、明治政府や府県によって官庁や学校に招聘された。お抱え外国人とも呼ばれることもある。.

新しい!!: フランスとお雇い外国人 · 続きを見る »

みすず書房

株式会社みすず書房(みすずしょぼう)は、哲学、科学、心理学、現代史、西洋史、社会学などの専門書を中心にした出版活動を行う学術出版社である。旧社名は美篶書房。.

新しい!!: フランスとみすず書房 · 続きを見る »

停戦

停戦(ていせん)とは戦争や武力紛争の一時的な停止をいう。.

新しい!!: フランスと停戦 · 続きを見る »

偵察機

偵察機(ていさつき、英:surveillance aircraft)は、敵性地域などの状況を把握するために偵察など情報収集を行う軍用機(航空機)のひとつ。基本的に軍隊で軍用機として運用される事が大半だが、なかには情報機関や準軍事組織が運用するものもある。 偵察機は軍用機の種類の中では最も古参であり、史上初めて本格的に軍事転用された航空機として第一次世界大戦に登場した。戦闘機や爆撃機は偵察機から事実上派生したものであり、以降偵察機は軍用機の歴史と共にあった(#歴史)。.

新しい!!: フランスと偵察機 · 続きを見る »

いじめ

いじめ(苛め、虐め、イジメBullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、暴力や差別、いやがらせ(被害者が精神的な苦痛や不快感を感じるすべての行為)などによって一方的に苦しめること」である。いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第四条にて、いじめは禁じられており、同法第二十五条および第二十六条において、加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても明記されている。.

新しい!!: フランスといじめ · 続きを見る »

半大統領制

半大統領制(はんだいとうりょうせい、semi-presidential system)は、議院内閣制の枠組みを採りながら、より権限の大きな大統領をもつ政治体制である。.

新しい!!: フランスと半大統領制 · 続きを見る »

印象派

モネ『印象・日の出』 印象派(いんしょうは)または印象主義(いんしょうしゅぎ)は、19世紀後半のフランスに発した絵画を中心としたであり、当時のパリで活動していた画家たちのグループが起源である。フランスの保守的な美術界からの激しい批判にさらされながらも、独立した展覧会を連続して開催することで、1870年代から1880年代には突出した存在になった。この運動の名前はクロード・モネの作品『印象・日の出』に由来する。この絵がパリの風刺新聞「」で批評家ルイ・ルロワの槍玉に挙げられ、その結果「印象派」という新語が生まれた。 印象派の絵画の特徴としては、小さく薄い場合であっても目に見える筆のストローク、戸外制作、空間と時間による光の質の変化の正確な描写、描く対象の日常性、人間の知覚や体験に欠かせない要素としての動きの包摂、斬新な描画アングル、などがあげられる。 印象派は登場当初、この時代には王侯貴族に代わって芸術家たちのパトロン役になっていた国家(芸術アカデミー)にも評価されず、印象派展も人気がなく絵も売れなかったが、次第に金融家、百貨店主、銀行家、医者、歌手などに市場が広がり、さらにはアメリカ合衆国市場に販路が開けたことで大衆に受け入れられていった。ビジュアルアートにおける印象派の発展によって、他の芸術分野でもこれを模倣する様式が生まれ、印象主義音楽や として知られるようになった。 ドガ『舞台の踊り子』(1878年、オルセー美術館).

新しい!!: フランスと印象派 · 続きを見る »

単一国家

単一国家(たんいつこっか、Unitary state)とは、主権国家のうち単一の統一された中央政府によって統治され、対外的にも対内的にも、国家主権を分有する政体を含まない国家様態である。 対義語は、連邦国家。.

新しい!!: フランスと単一国家 · 続きを見る »

単科大学と総合大学

単科大学(たんかだいがく)とは、小規模で単一の学問領域を教育・研究する大学の日本における呼称である。英称:college(カレッジ)。(小規模な総合大学と短期大学にも英語としてcollegeがあてはまる。) 総合大学(そうごうだいがく)とは、大規模かつ広範囲な学問領域について教育・研究する大学の日本における呼称である。英称:University(ユニバーシティ)。.

新しい!!: フランスと単科大学と総合大学 · 続きを見る »

南フランス

南フランス(みなみフランス、Le Midi、Southern France, south of France)とは、大西洋岸のポワトヴァン湿地(en)より南、スペイン、地中海、イタリアと接するフランスの地理的地域。 ル・ミディ()として知られている。 日本語では南仏(なんふつ)と略される。南フランスには以下の地域が含まれる。.

新しい!!: フランスと南フランス · 続きを見る »

南アメリカ

南アメリカ(みなみアメリカ、América del Sur、América do Sul、Zuid-Amerika、Amérique du Sud)は、南アメリカ大陸とその周辺の島嶼・海域を含む地域の総称で、六大州の一つ。南米(なんべい)ともいう。ラテンアメリカに含まれる。西半球、南半球に位置し、西は太平洋に、東と北は大西洋に面している。北アメリカとカリブ海が北西に横たわっている。 南アメリカは1507年、アメリカ州が東インドではなくヨーロッパ人にとっての新大陸であると指摘した最初のヨーロッパ人ヴァルトゼーミュラー、リングマンによって、ヴェスプッチの名から付けられた。 面積は17,780,000 km²であり、地球の陸地面積の約12%を占める。人口は、2016年10月現在で4億23千万人と見積もられている。南アメリカは六大州の中でアジア、アフリカ、ヨーロッパ、北アメリカに続いて5番目に人口が多い。.

新しい!!: フランスと南アメリカ · 続きを見る »

収奪された大地 ラテンアメリカ五百年

『収奪された大地 ラテンアメリカ五百年』(しゅうだつされただいち ラテンアメリカごひゃくねん、スペイン語:Las venas abiertas de América Latina、原語を直訳すれば 『ラテンアメリカの切り開かれた血脈』となる)は、ウルグアイのジャーナリスト、エドゥアルド・ガレアーノによって1971年に出版されたルポルタージュである。 1997年の版の序文では、チリの小説家であり、元チリ大統領だったサルバドール・アジェンデの親戚であるイサベル・アジェンデが「クーデター後私は多くの物を持ち出すことが出来なかったので、服と、家族の写真と、庭の泥に塗れたバッグと、二冊の本を持ち出しました。古い版のパブロ・ネルーダの『オデス』と黄色いカバーの『ラテンアメリカの切り開かれた血管』がそれだったのです。」と記している。 英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スウェーデン語、ノルウェー語、デンマーク語、オランダ語、ポルトガル語、ハンガリー語、チェコ語、ギリシャ語、ルーマニア語に翻訳されている 。日本語訳の訳者は大久保光夫。新評論と藤原書店から訳書が出版されている。.

新しい!!: フランスと収奪された大地 ラテンアメリカ五百年 · 続きを見る »

収斂基準

収斂基準(しゅうれんきじゅん、convergence criteria)とは、欧州連合の機能に関する条約第140条第1項において規定されている4項目からなる要件。マーストリヒト基準 (Maastricht criteria) ともいう。欧州連合加盟国は経済通貨統合の第3段階であるユーロの導入にあたって、これらの基準を満たさなければならない。この基準を導入するにあたって、条約案の採択の時点ですべての加盟国が基準を満たしていたわけではなかったために、どれだけ厳密にこの基準が解釈されるべきかということがとくに議論された。.

新しい!!: フランスと収斂基準 · 続きを見る »

反資本主義新党

反資本主義新党(はんしほんしゅぎしんとう、Nouveau parti anticapitaliste, 略称: NPA)は、フランスの極左政党。最左派政党の中で最大勢力だった革命的共産主義者同盟(LCR)を主な母体として「反資本主義」を最大の一致点として社会党やフランス共産党、労働者の闘争などの諸党派から離脱したグループや個人、それまで非党派であった労働運動や市民運動の活動家を糾合する形で、2009年2月6日から開催された結成総会で正式に結成された。.

新しい!!: フランスと反資本主義新党 · 続きを見る »

古代ローマ

古代ローマ(こだいローマ、Roma antiqua)は、イタリア半島中部に位置した多部族からなる都市国家から始まり、領土を拡大して地中海世界の全域を支配する世界帝国までになった国家の総称である。当時の正式な国号は元老院ならびにローマ市民(Senatus Populusque Romanus)であり、共和政成立から使用されて以来滅亡まで体制が変わっても維持された。伝統的には476年のロムルス・アウグストゥルスの退位をもって古代ローマの終焉とするのが一般的であるが、ユスティニアヌス1世によってイタリア本土が再構成される554年までを古代ローマに含める場合もある。ローマ市は、帝国の滅亡後も一都市として存続し、世界帝国ローマの記憶は以後の思想や制度に様々な形で残り、今日まで影響を与えている。.

新しい!!: フランスと古代ローマ · 続きを見る »

古代ギリシア

この項目では、太古から古代ローマに占領される以前までの古代ギリシアを扱う。.

新しい!!: フランスと古代ギリシア · 続きを見る »

古フランス語

古フランス語(こふらんすご、ancien français)は、9世紀から14世紀にかけて現在のフランス北部を中心に話されていたフランス語である。 西ローマ帝国の崩壊(476年)以降、俗ラテン語の地域ごとの分化はとどまるところを知らず、ガリア(フランス)の俗ラテン語はガロ=ロマンス語と呼ばれる方言群となった。フランス語はそうしたガロ=ロマンス語の一つであるが、古フランス語と言うときには現代フランス語の直接の祖だけでなく、ガロ=ロマンス語の諸方言全体を指す。 14世紀には、ガロ=ロマンス語は、フランス南部のオック語との対比の上で、オイル語として認識されるようになり、ついで14世紀半ばには、そのオイル語のイル=ド=フランス方言(パリ周辺の方言。フランシアン語とも)に基づいて中期フランス語(期のフランス語)が生じていった。 古フランス語(ガロ=ロマンス方言連続体)が土着の言葉として話されていた領域は、おおまかに言ってフランス王国の歴史的領土とその封臣領、ブルゴーニュ公国、それにロレーヌ公国とサヴォワ伯国を東限としたものである(全体としては現在の北仏および中央フランス、ベルギーのワロン地域、スイス西部、イタリア北部となる)。しかし古フランス語の影響が及んだ地域はそれよりずっと広く、イングランド、シチリア、十字軍諸国に当時の社会における支配階級の言語として、また通商の言語として伝播した(なお、異民族間の共通語を表す「リングワ・フランカ」は「フランク人の言葉」という意味だが、実際に十字軍時代から東地中海で通商に用いられ「リングワ・フランカ」と呼ばれたロマンス語系のピジン言語は実質的にはオック語とイタリア語に基づくものである)。.

新しい!!: フランスと古フランス語 · 続きを見る »

叙事詩

多くの演劇の題材に用いられるアジアの代表的叙事詩『ラーマーヤナ』(インドネシア、サヌール海岸) 叙事詩(じょじし、epic)とは、物事、出来事を記述する形の韻文であり、ある程度の長さを持つものである。一般的には民族の英雄や神話、民族の歴史として語り伝える価値のある事件を出来事の物語として語り伝えるものをさす。 口承文芸として、吟遊詩人や語り部などが伝え、その民族の古い時代には次世代の教養の根幹を成したり、教育の主要部分となることも多かった。後世に書き残され、歴史資料に保存されることになったものが多い。.

新しい!!: フランスと叙事詩 · 続きを見る »

名誉革命

名誉革命(めいよかくめい、Glorious Revolution)は、1688年から1689年にかけて、ステュアート朝のイングランドで起こったクーデター事件である。 王ジェームズ2世(スコットランド王としてはジェームズ7世)が王位から追放され、ジェームズ2世の娘メアリー2世とその夫でオランダ総督ウィリアム3世(ウィレム3世)がイングランド王位に即位した。これにより「権利の章典」が発布された。実際には小規模の戦闘がおこり無血だったわけではないが、当時まだ記憶に新しいイギリスの内戦に比べると無血に等しいということで無血革命とも呼ばれている。清教徒革命と併せて「イギリス革命」と呼ぶ場合もある。.

新しい!!: フランスと名誉革命 · 続きを見る »

同君連合

同君連合(どうくんれんごう)は、複数の君主国の君主が同一人物である状態・体制のことである。同君連合の形態は大きく2つに分けることができる。同君連合の各構成国がそれぞれ独立した主権をもち続ける人的同君連合 と、各構成国を超えた中央政府が置かれて一元的にコントロールされる物的同君連合 の2つである。.

新しい!!: フランスと同君連合 · 続きを見る »

合併 (企業)

合併(がっぺい:amalgamation/merger)とは、法定の手続に従って、複数の法人その他の事業体が一つの法人その他の事業体になること。.

新しい!!: フランスと合併 (企業) · 続きを見る »

多民族国家

多民族国家(たみんぞくこっか)とは、複数の民族から構成される国家のことである。対義語は単一民族国家である。地球規模での交通が発達し、国家間の行き来が盛んになった現在、純粋な単一民族国家というのは存在しえず、すべての国家が多民族国家であるということもできる。.

新しい!!: フランスと多民族国家 · 続きを見る »

大山巌

大山 巌(おおやま いわお、、天保13年10月10日(1842年11月12日) - 大正5年(1916年)12月10日)は、日本の武士(薩摩藩士)、陸軍軍人、政治家。幼名は岩次郎。通称は弥助。雅号は赫山、瑞岩。字は清海。称号・階級は元帥陸軍大将。栄典(位階勲等および爵位)は従一位大勲位功一級公爵。 大警視(第2代)、陸軍大臣(初・2・3・4・6・7代)、陸軍参謀総長(第4・6代)、文部大臣(臨時兼任)、内大臣(第5代)、元老、貴族院議員を歴任した。西郷隆盛・従道兄弟は従兄弟にあたる。.

新しい!!: フランスと大山巌 · 続きを見る »

大砲

大砲(たいほう)は、火薬の燃焼力を用いて大型の弾丸(砲弾)を高速で発射し、弾丸の運動量または弾丸自体の化学的な爆発によって敵および構造物を破壊・殺傷する兵器(武器)の総称。火砲(かほう)、砲とも称す。.

新しい!!: フランスと大砲 · 続きを見る »

大西洋

大西洋(たいせいよう、Atlantic Ocean、Oceanus Atlanticus)は、ヨーロッパ大陸とアフリカ大陸、アメリカ大陸の間にある海である。なお、大西洋は、南大西洋と北大西洋とに分けて考えることもある。おおまかに言うと、南大西洋はアフリカ大陸と南アメリカ大陸の分裂によって誕生した海洋であり、北大西洋は北アメリカ大陸とユーラシア大陸の分裂によって誕生した海洋である。これらの大陸の分裂は、ほぼ同時期に発生したと考えられており、したがって南大西洋と北大西洋もほぼ同時期に誕生したとされる。.

新しい!!: フランスと大西洋 · 続きを見る »

大里俊晴

大里 俊晴(おおさと としはる、1958年2月5日 - 2009年11月17日)は日本の現代音楽研究者、横浜国立大学教育人間科学部教授。新潟県出身。 早稲田大学文学部でフランス文学を学ぶ。同時にロックバンド「ガセネタ」「タコ」などで山崎春美らとともに演奏活動を行う。大学卒業後、パリ第8大学芸術研究科修士課程、研究課程に学び、ダニエル・シャルルに師事する。 留学から帰国した1990年代以降、『ユリイカ』などを舞台に現代音楽を主な対象とした評論活動を展開する。また、自らノイズ系のパフォーマンスを行うとともに、リュク・フェラーリなどフランスの前衛的な音楽家を積極的に日本に紹介した。1992年には、自らのバンド経験を下敷きにした小説『ガセネタの荒野』(洋泉社)を出版している。 評論活動のかたわら、早稲田大学などの非常勤講師を務めていたが、1998年、横浜国立大学教育人間科学部に助教授として採用された。以降、多彩なゲストを迎えて共演するなど、型破りな授業を展開した。 横浜国立大学では、梅本洋一や木下長宏と同僚であり、2000年にはこの3名の共編で『現代フランスを知るための36章』(明石書店)が出版された。 大里は、2006年に公開された間章についてのドキュメンタリー映画『AA』では、インタビュアーを務めている。 横浜国立大学で同僚だった、室井尚や木下長宏によれば、大里はシャイな人柄で医者に体を晒すことを嫌って健康診断などを受けず、菜食と甘味に偏った食生活(本人曰く、「菜食主義」ではなく「菜食趣味」)によって健康を蝕んだ結果、晩年には闘病を強いられ、遂には落命したという。享年51。 2010年、評論を中心とした著作集『マイナー音楽のために』(月曜社)が出版された。 2011年、月曜社より『ガセネタの荒野』が復刊される。それに併せてガセネタの10枚組CD-BOX『ちらかしっぱなし-ガセネタ in the BOX』がリリースされた。.

新しい!!: フランスと大里俊晴 · 続きを見る »

大陸性気候

アメリカ・プレーリーの晩秋の景色 アメリカ・グランドキャニオンの景色 ステップ 大陸性気候(たいりくせいきこう、continental climate)とは大陸と大陸に近い島にみられる気候である。.

新しい!!: フランスと大陸性気候 · 続きを見る »

大正

大正(たいしょう)は日本の元号の一つ。明治の後、昭和の前。大正天皇の在位期間である1912年(明治45年/大正元年)7月30日から1926年(大正15年/昭和元年)12月25日までの期間。.

新しい!!: フランスと大正 · 続きを見る »

大日本帝国陸軍

大日本帝国陸軍(だいにっぽんていこくりくぐん、だいにほんていこくりくぐん、旧字体:大日本帝國陸軍)は、1871年(明治4年) - 1945年(昭和20年)まで日本 (大日本帝国) に存在していた軍隊組織である。通常は、単に日本陸軍や帝国陸軍と呼ばれた。解体後は、陸上自衛隊との区別などのため旧日本陸軍もしくは旧帝国陸軍という名称も使用される。.

新しい!!: フランスと大日本帝国陸軍 · 続きを見る »

大日本帝国海軍

大日本帝国海軍(だいにっぽんていこくかいぐん、旧字体:大日本帝國海軍、英:Imperial Japanese Navy)は、1872年(明治5年) - 1945年(昭和20年)まで日本(大日本帝国)に存在していた軍隊(海軍)組織である。通常は、単に日本海軍や帝国海軍と呼ばれた。戦後からは、別組織であるもののその伝統を重んじる傾向にある海上自衛隊との区別などのため、旧日本海軍もしくは旧帝国海軍とも呼ばれる。.

新しい!!: フランスと大日本帝国海軍 · 続きを見る »

太平洋

太平洋(たいへいよう)は、アジア(あるいはユーラシア)、オーストラリア、南極、南北アメリカの各大陸に囲まれる、世界最大の海洋。大西洋やインド洋とともに、三大洋の1つに数えられる。日本列島も太平洋の周縁部に位置する。面積は約1億5,555万7千平方キロメートルであり、全地表の約3分の1にあたる。英語名からパシフィックオーシャン(Pacific ocean)とも日本語で表記されることもある。.

新しい!!: フランスと太平洋 · 続きを見る »

夫婦別姓

夫婦別姓(ふうふべっせい)とは、夫婦が結婚後もそれぞれの姓を名乗ることである明鏡国語辞典、第二版、大修館書店、2010年。。日本法では「姓」ではなく「氏」が用いられているため法的には「夫婦別氏」(ふうふべっし)という床谷 文雄、、女性学評論、2号、1988年、13-47頁。doi/10.18878/00002058。夫婦別姓と夫婦同姓を選択できる制度を、「選択的夫婦別姓」(せんたくてきふうふべっせい)、法的には「選択的夫婦別氏」(せんたくてきふうふべっし)と呼ぶ。 一方、婚姻時に両者の名字(氏)を統一する婚姻および家族形態、またはその制度のことを「夫婦同姓」(ふうふどうせい)、法的には「夫婦同氏」(ふうふどうし)という。日本では現在、民法750条により夫婦同氏と定められ、夫婦別氏は国際結婚の場合を除き認められていないため、別氏のまま婚姻することを選択できる選択的夫婦別姓制度の導入の是非が議論されている。.

新しい!!: フランスと夫婦別姓 · 続きを見る »

失業

'''世界の失業率''' 灰色は統計資料が入手できないことを表す。CIA World Factbook による 失業(しつぎょう、unemployment)とは、仕事を失うことおよび働く意思も能力もあるのに仕事に就けない状態を指す。特に、仕事が無い状態を指す無職(むしょく)のうち、就業に向けた職探しを行っている者の状態を指し、そのような状態の者を失業者(しつぎょうしゃ)と言う。日本など一部を除いて北欧の福祉国家でさえも青年失業率が20%から下がらないことがOECD加盟国で大きな問題になっている。.

新しい!!: フランスと失業 · 続きを見る »

外国資本

外国資本(がいこくしほん)とは、外国人や外国系企業の資本。略称は外資(がいし)。民族資本の対義語として用いられる。 ほとんどの国では民族資本と比較して外国資本がより大きな資本を持っていることから、外国資本を自国に呼び込んで投資することによって経済を向上させる手法が考慮されることがある。.

新しい!!: フランスと外国資本 · 続きを見る »

奴隷

鞭打ちによる傷跡のある黒人奴隷(米国1863年) 奴隷(どれい)とは、人間でありながら所有の客体即ち所有物とされる者を言う。人間としての名誉、権利・自由を認められず、他人の所有物として取り扱われる人。所有者の全的支配に服し、労働を強制され、譲渡・売買の対象とされた。奴隷を許容する社会制度を特に奴隷制という。 1948年に国連で採択された世界人権宣言では、次のような宣言がある。.

新しい!!: フランスと奴隷 · 続きを見る »

奴隷貿易

奴隷貿易(どれいぼうえき)は国際間の奴隷の取引を指す。.

新しい!!: フランスと奴隷貿易 · 続きを見る »

実存主義

実存主義(じつぞんしゅぎ、existentialisme、existentialism)とは、人間の実存を哲学の中心におく思想的立場。あるいは本質存在(essentia)に対する現実存在(existentia)の優位を説く思想。実存(existenz)の当初の日本語訳は「現実存在」であったが、九鬼周造がそれを短縮して「実存」とした。語源はex-sistere(続けて外に立つの意)。.

新しい!!: フランスと実存主義 · 続きを見る »

実証主義

実証主義(じっしょうしゅぎ、positivism、positivisme、Positivismus)は、狭い意味では実証主義を初めて標榜したコント自身の哲学を指し、広い意味では、経験的事実に基づいて理論や仮説、命題を検証し、超越的なものの存在を否定しようとする立場である。 英語の「positive」は、もともと「(神によって)置かれた」を意味するラテン語「positivus」に由来する。この原義から転じて、実証主義における「positive」とは、経験的に裏付けられたものを意味する。.

新しい!!: フランスと実証主義 · 続きを見る »

実質経済成長率

実質経済成長率(じっしつけいざいせいちょうりつ)とは、実質GDPに基づいた経済成長率のこと。実質成長率とも呼ばれる。名目経済成長率の対義語。.

新しい!!: フランスと実質経済成長率 · 続きを見る »

官僚制

本記事では官僚制(かんりょうせい、bureaucracy)について解説する。.

新しい!!: フランスと官僚制 · 続きを見る »

対外治安総局

対外治安総局(たいがいちあんそうきょく、; DGSE)はフランスの情報機関である。本部はパリ20区モルティエ大通り141番。 対外治安総局の任務は、フランスの安全に関係する情報の収集及び分析、国外でのフランスに対する破壊活動の摘発及び予防、国家利益のための機密作戦の実施等である。国防省の傘下組織だが、文民と軍人の比率は、2: 1 と文民が多数であり、人員は4747名(2011年現在)。.

新しい!!: フランスと対外治安総局 · 続きを見る »

対仏大同盟

対仏大同盟(たいふつだいどうめい)とは、フランス革命戦争およびナポレオン戦争において、イギリスを中心とするヨーロッパ諸国が、フランス第一共和制およびフランス第一帝政の打倒を目的として結成した同盟である。1793年の第一次対仏大同盟から、1815年の第七次対仏大同盟まで、7回にわたって同盟が結成された。一貫してイギリスが参加した他は、参加国には入れ替わりがある。相当量の軍資金がイングランド銀行から同盟諸国へ提供されていた。.

新しい!!: フランスと対仏大同盟 · 続きを見る »

対潜戦

対潜戦(たいせんせん、Anti-submarine warfare, ASW, A/S)は、潜水艦に対する海戦のこと。潜水艦対対潜ユニットでの局地的対潜戦闘は、ASWと称され、敵対勢力との競合海域全般におよぶ、より広範囲の対潜水艦戦をシアターASW:戦域対潜戦と呼称する。 対潜戦では、他の形態の海戦と同様にセンサや兵器などの技術的進歩、訓練および経験、平時からの敵潜水艦の音紋や磁気特性などの継続的な収集(水中音響戦)と潮流など自然環境の観測、海戦術や航空戦術の改善により戦闘時の優位をもたらす。とりわけ、最初に敵潜水艦を発見するソナーの役割は大きく、対潜戦の成否の鍵を握っている。潜水艦の破壊には航空機や水上艦、水中のプラットホームから発射される対潜兵器が使用される。 対潜戦の実行は同時に水中の脅威から艦隊・商船を護衛することになる。第一次世界大戦以降、潜水艦を含む脅威から商船を守るため護送船団が編成された。.

新しい!!: フランスと対潜戦 · 続きを見る »

小倉孝誠

小倉 孝誠(おぐら こうせい、1956年1月2日 - )は、フランス文学者、慶應義塾大学教授。日本学術会議会員。.

新しい!!: フランスと小倉孝誠 · 続きを見る »

小田中直樹

小田中 直樹(おだなか なおき、1963年 - )は、日本の経済史学者。 千葉県船橋市生まれ。1982年宮城県仙台第二高等学校卒、1986年東京大学経済学部卒、1991年同大学院経済学研究科理論経済学・経済史学専攻第二種博士課程単位取得退学、1995年博士(経済学、東京大学)。1991年東京大学社会科学研究所助手、1994年東北大学経済学部助教授、2005年東北大学大学院経済学研究科教授(現在まで)、2015年東北大学副理事(現在まで)、同年東北大学高度教養教育・学生支援機構教授(現在まで)。専門はフランス社会経済史。 東北大学名誉教授で法学者の小田中聰樹は実父。.

新しい!!: フランスと小田中直樹 · 続きを見る »

小選挙区制

小選挙区制(しょうせんきょくせい)とは、1選挙区ごとに1名のみを選出する選挙制度である。.

新しい!!: フランスと小選挙区制 · 続きを見る »

就学前教育

森での活動 就学前教育(しゅうがくぜんきょういく, Pre-primary education)とは、一般に教育段階において、小学校などの初等教育より前の段階にある教育のことを指して使われている言葉である。幼年教育(ようねんきょういく, Pre-school education)とも呼ばれる。また、幼児を対象とするため幼児教育(ようじきょういく, Early childhood education)とも呼ばれる。.

新しい!!: フランスと就学前教育 · 続きを見る »

少子化

少子化(しょうしか)とは、.

新しい!!: フランスと少子化 · 続きを見る »

将官

将官(しょうかん)は、軍隊の階級区分の一。佐官の上に位置する。その区分は複雑で、国により軍種により多岐に亘るが、2階級制を採るものから4階級制を採るものなどがある。陸軍や空軍では将軍、海軍では提督と総称される。一般的には、階級としての元帥は、将官には含まないことが多い。.

新しい!!: フランスと将官 · 続きを見る »

属州

属州(ぞくしゅう、)は、古代ローマの本国以外の領土を指す。.

新しい!!: フランスと属州 · 続きを見る »

山川出版社

山川出版社(やまかわしゅっぱんしゃ)は、高校教科書(地歴公民科)・参考書・歴史関係の一般書などを刊行する日本の出版社である。.

新しい!!: フランスと山川出版社 · 続きを見る »

山田文比古

山田 文比古(やまだ ふみひこ、1954年7月 - )は、日本の国際政治学者。東京外国語大学教授、東京大学非常勤講師、お茶の水女子大学非常勤講師。専門は、日本外交論、フランス政治外交論。フミヒコサイコー!.

新しい!!: フランスと山田文比古 · 続きを見る »

山本耀司

山本 耀司(やまもと ようじ、1943年10月3日 - )は、日本のファッションデザイナー。ヨウジヤマモト (Yohji Yamamoto) の名でプレタポルテ(高級既製服)ブランドを展開している。 長女・山本里美(りみ)も、自身のブランド「LIMI feu」(リミフゥ)のデザイナー。.

新しい!!: フランスと山本耀司 · 続きを見る »

岩倉使節団

左から木戸孝允、山口尚芳、岩倉具視、伊藤博文、大久保利通 岩倉使節団(いわくらしせつだん)とは、明治維新期の明治4年11月12日(1871年12月23日)から明治6年(1873年9月13日)まで、日本からアメリカ合衆国、ヨーロッパ諸国に派遣された大使節団である。岩倉具視を正使とし、政府首脳陣や留学生を含む総勢107名で構成された。.

新しい!!: フランスと岩倉使節団 · 続きを見る »

岩波書店

株式会社岩波書店(いわなみしょてん、Iwanami Shoten, Publishers. )は、日本の出版社。.

新しい!!: フランスと岩波書店 · 続きを見る »

峠(とうげ)とは、山道を登りつめてそこから下りになる場所。山脈越えの道が通る最も標高が高い地点。なお、峠の片側にのみ大きな高低差があってもう一方の側が平坦に近いものを片峠という。日本での片峠の代表的な事例としては碓氷峠がある。 峠は、中国地方で垰あるいは乢とも書き、「たお」「とう」「たわ」「たわげ」などと呼ぶ地方があり、地名などにも見られる(岡山県久米南町安ケ乢など)。登山用語では乗越(のっこし)、または単に越(こえ、こし)などとも言い、山嶺・尾根道に着目した場合は鞍部(あんぶ)、窓、コル(col)とも言う。 かつて峠はクニ境であり、その先は異郷の地であった。そのため、峠は、これから先の無事を祈り、帰り着いた時の無事を感謝する場所でもあったことから、祠を設けている所が多い。この祠は、異郷の地から悪いものが入り込まないための結界の役割も果たしていたと考えられる。本来の意味から転じて、何らかの物の勢いが最も盛んな時期のことを峠という。.

新しい!!: フランスと峠 · 続きを見る »

川島永嗣

川島 永嗣(かわしま えいじ、1983年3月20日 - )は、埼玉県与野市(現さいたま市中央区)出身のサッカー選手。リーグ・アンのFCメス所属。日本代表。ポジションはゴールキーパーである。.

新しい!!: フランスと川島永嗣 · 続きを見る »

川久保玲

川久保 玲(かわくぼ れい、女性、1942年10月11日 -)は、日本のファッションデザイナーで、ファッションブランド「コムデギャルソン」の創始者。株式会社コムデギャルソンの創業者にして設立から現在に至るまで代表取締役社長を務めるオーナーデザイナー。.

新しい!!: フランスと川久保玲 · 続きを見る »

上院

上院(じょういん、upper house)とは、両院制議会における一方の議院の呼称。もう一方の議院は下院(かいん、lower house)と呼ぶ。.

新しい!!: フランスと上院 · 続きを見る »

帝国主義

1898年当時の帝国主義列強勢力図 帝国主義(ていこくしゅぎ、imperialism)とは、一つの国家が、自国の民族主義、文化、宗教、経済体系などを拡大するため、あるいは新たな領土や天然資源などを獲得するために、軍事力を背景に他の民族や国家を積極的に侵略し、さらにそれを推し進めようとする思想や政策。.

新しい!!: フランスと帝国主義 · 続きを見る »

両院制

両院制(りょういんせい)とは、「立法府」が独立して活動する二つの「議会」ないし「議院」によって構成される政治制度。二院制(にいんせい)とも言う。対照的な制度に一院制がある。.

新しい!!: フランスと両院制 · 続きを見る »

中央同盟国

中央同盟国(ちゅうおうどうめいこく、、 または 、、)は、第一次世界大戦時に連合国(協商国)と戦った諸国を指す名称。日本では単に同盟国と呼ばれることも多い。三国同盟を結んでいたドイツ帝国とオーストリア=ハンガリー帝国(もう1か国のイタリア王国は連合国に転じる)およびオスマン帝国、ブルガリア王国の4か国を指す。 「中央」同盟国という名称は、対立する連合国のロシアおよびイギリス・フランスによって、それらの同盟諸国が東西から挟まれていることに由来する。位置関係においてオスマン帝国は特に着目するべきである。なぜなら、大戦の主因がオスマン債務管理局をめぐる債権国間の対立であり、三国同盟で中央同盟に残るドイツとオーストリアは自国の投下資本と一緒にオスマン帝国の政体を維持しようとしていたからである。 1917年の十月革命ののち、崩壊したロシア共和国から次々と独立を宣言した各国が、中央同盟国と同盟を結んでボリシェヴィキとの戦闘を展開した。ボリシェヴィキは中央同盟国の軍事力によって圧倒され、中央同盟国はブレスト=リトフスク条約によって赤軍ならびに艦隊の撤退とそれら諸国の独立を承認させた。 1918年11月に中央同盟国は連合国に降伏し、それら新しい同盟諸国の多くは連合国によって一時的な占領を受けた。中央同盟国を構成した国のうち、ブルガリア王国以外は敗戦後数年のうちに国家が崩壊した(ドイツ革命、オーストリア革命、トルコ革命)。 File:Flag_of_the_German_Empire.svg|ドイツ帝国 File:Flag_of_Austria-Hungary_(1869-1918).svg|オーストリア=ハンガリー帝国 File:Ottoman_Flag.svg|オスマン帝国 File:Flag_of_Bulgaria_(1878-1944).svg|ブルガリア王国.

新しい!!: フランスと中央同盟国 · 続きを見る »

中央ヨーロッパ夏時間

中央ヨーロッパ夏時間(ちゅうおうヨーロッパなつじかん、Central European Summer Time:略称CEST)は、中央ヨーロッパ時間の夏時間のことである。 協定世界時(UTC)を2時間進ませた標準時で、中央ヨーロッパ時間より1時間進めた時間である。 日本標準時との時差は-7時間。 3月の最終日曜日午前2時(.

新しい!!: フランスと中央ヨーロッパ夏時間 · 続きを見る »

中央アフリカ共和国

中央アフリカ共和国(ちゅうおうアフリカきょうわこく、République centrafricaine、Ködörösêse tî Bêafrîka)、通称中央アフリカは、アフリカ中央部にある国家。北東にスーダン、東に南スーダン、南にコンゴ民主共和国、南西にコンゴ共和国、西にカメルーン、北にチャドと国境を接する内陸国で、首都のバンギはウバンギ川河畔に位置している。人口は550万人ほどで、独立以来クーデターが多発しており政情は常に不安定である。その影響から経済は低迷し続けており、後発開発途上国あるいは失敗国家のひとつにも数えられる。.

新しい!!: フランスと中央アフリカ共和国 · 続きを見る »

中央公論新社

株式会社中央公論新社(ちゅうおうこうろんしんしゃ)は、日本の出版社である。読売新聞グループ本社の傘下。略称は中公(ちゅうこう)。 本項では、旧法人の株式会社中央公論社(ちゅうおうこうろんしゃ)についても述べる。.

新しい!!: フランスと中央公論新社 · 続きを見る »

中央高地 (フランス)

フランスの中央高地(ちゅうおうこうち、フランス語:Massif Central、オック語:Massís Central / Massís Centrau)は、フランス南部の地域で、山地や台地からなる。日本語では中央山地、中央山塊、マッシフセントラル、マッシフサントラル、マシーフサントラルとも表記される。フランス国土のおよそ の面積を占める。 1万年前に終了した火山活動の結果、中央高地の山地はアルプス山脈から切り離され、ローヌ川によって南北に作られた裂け目が形成された。この裂け目はフランス語でsillon rhodanien(ローヌ川のみぞ)と呼ばれる。 長い間交通の障害となっていたが、高速道路A75の開通によってフランス南北の旅行が便利となり、中央高地自体も開発されることとなった。ミヨー橋を参照。.

新しい!!: フランスと中央高地 (フランス) · 続きを見る »

中央集権

中央集権(ちゅうおうしゅうけん、centralization)とは.

新しい!!: フランスと中央集権 · 続きを見る »

中国

中国(ちゅうごく)は、ユーラシア大陸の東部を占める地域、および、そこに成立した国家や社会。中華と同義。 、中国大陸を支配する中華人民共和国の略称として使用されている。ではその地域に成立した中華民国、中華人民共和国に対する略称としても用いられる。 本記事では、「中国」という用語の「意味」の変遷と「呼称」の変遷について記述する。中国に存在した歴史上の国家群については、当該記事および「中国の歴史」を参照。.

新しい!!: フランスと中国 · 続きを見る »

中等教育

中等教育(ちゅうとうきょういく、Secondary education)とは、学校教育を、主に人の発達段階(年齢)に応じ初等教育、中等教育、第3期の教育(高等教育)の3段階に分ける考え方での第2段階のことである。初等教育と高等教育をつなぐ年代を指す。 国際連合教育科学文化機関 (UNESCO) が策定する国際標準教育分類 (ISCED) は、前期中等教育(ぜんきちゅうとうきょういく、Lower secondary education)をレベル2、後期中等教育(こうきちゅうとうきょういくUpper secondary education)をレベル3として分類している。.

新しい!!: フランスと中等教育 · 続きを見る »

中華人民共和国

中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく、中华人民共和国、中華人民共和國、People's Republic of China, PRC)、通称中国(ちゅうごく、China)は、東アジアに位置する主権国家である。 中華人民共和国は、13億8千万人以上の人口で世界一人口が多い国である。中華人民共和国は、首都北京市を政庁所在地とする中国共産党により統治されるヘゲモニー政党制である。.

新しい!!: フランスと中華人民共和国 · 続きを見る »

中近東

中近東(ちゅうきんとう、)は、中東と近東の総称。主に便宜上の理由から使われる用語であり、その範囲は時と場合によって異なる。.

新しい!!: フランスと中近東 · 続きを見る »

中部フランク王国

中部フランク王国(ちゅうぶフランクおうこく、Francie médiane, Mittelreich)は、ヴェルダン条約によるフランク王国の分裂によって、東フランク王国と西フランク王国の中間に、カール大帝の孫でローマ皇帝の称号を持つロタール1世の領土として建てられた王国。中フランク王国、ロタール王国、ロタール領と呼ぶこともある。 843年のヴェルダン条約によって国土は、イタリア、ブルゴーニュ、プロヴァンス、西アウストラシアに及んだ。領土が入り組んだ形になったのは重要拠点を中部フランク王国が取得したからであるが、その諸民族を統率するべき歴史的、民族的、あるいは地理的一体性もない人為的な建国で、その維持は困難であった。855年のロタール1世の死後、遺領は息子たちがこれをロタリンギア、プロヴァンスおよびイタリアに3分して治め、870年メルセン条約で、それぞれ東フランク王国(国王ルートヴィヒ2世)、西フランク王国(国王シャルル2世)、イタリア王国(国王ロドヴィコ2世)に割譲された。.

新しい!!: フランスと中部フランク王国 · 続きを見る »

中東

中東の地図 中東(ちゅうとう、Middle East)は、狭義の地域概念では、インド以西のアフガニスタンを除く西アジアとアフリカ北東部の総称。西ヨーロッパから見た文化の同一性や距離感によって、おおまかに定義される地政学あるいは国際政治学上の地理区分。.

新しい!!: フランスと中東 · 続きを見る »

七年戦争

七年戦争(しちねんせんそう、Seven Years' War、Siebenjähriger Krieg)は、1754年から1763年まで(主な戦闘は1756年から1763年まで)行われた戦争である。 ハプスブルク家がオーストリア継承戦争で失ったシュレージエンをプロイセンから奪回しようとしたことが直接の原因だが、そこに1754年以来の英仏間の植民地競争が加わり世界規模の戦争となった。イギリス・プロイセン側とその他の列強(フランスとオーストリアとロシア、スペイン、スウェーデン)に分かれてオスマン帝国を除く当時の欧州列強が全て参戦しており、戦闘はヨーロッパ以外にも拡大した。またインドではムガル帝国がフランスの支持をうけて、イギリスによるベンガル地方の侵攻を阻止しようとした。 この戦争の前にフランスとオーストリアは、台頭してきたイギリスとプロイセンを抑えるために古くからの因縁を捨てて同盟を組んだ(外交革命)。しかし、戦争の結果、墺仏の外交努力は英普側が勝利したことで水泡と化し、イギリスの飛躍とフランスのヨーロッパにおける優位性の喪失、オーストリアの神聖ローマ帝国内での権威低下を招き、ヨーロッパの勢力均衡を変える結果となった。.

新しい!!: フランスと七年戦争 · 続きを見る »

世界遺産

世界遺産(せかいいさん、World Heritage Site)は、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて世界遺産リスト(世界遺産一覧表)に登録された、文化財、景観、自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つ物件のことで、移動が不可能な不動産が対象となっている。なお、慣例的な用法として、その中の文化遺産を世界文化遺産、自然遺産を世界自然遺産と呼ぶことがある。 なお、世界遺産の制度では正式な文書は英語とフランス語で示され、日本語文献では英語が併記されることがしばしばある一方、フランス語が併記されることは普通ないため、以下では参照しやすさを考慮して、などに依拠して、主たる用語には英語を併記しておく。.

新しい!!: フランスと世界遺産 · 続きを見る »

世界貿易機関

世界貿易機関(せかいぼうえききかん、、略称:WTO)は、自由貿易促進を主たる目的として創設された国際機関である。常設事務局がスイスのジュネーブに置かれている。.

新しい!!: フランスと世界貿易機関 · 続きを見る »

世界都市

UK ロンドン USA ニューヨーク FRA パリ 東京 CHN 北京 HKG 香港 CHN 上海 Singapore シンガポール 世界都市(せかいとし、world city)とは、主に経済的、政治的、文化的な中枢機能が集積しており、世界的な観点による重要性や影響力の高い都市のことである。グローバル都市(global city)ともいう。.

新しい!!: フランスと世界都市 · 続きを見る »

世界金融危機 (2007年-)

2006年1月–2008年11月までのダウ平均 世界金融危機(せかいきんゆうきき、Global Financial Crisis)とは、サブプライムローン問題(サブプライム住宅ローン危機)を発端とした2007年のアメリカの住宅バブル崩壊から連鎖的に発生した2008年のリーマン・ショック等を含む、一連の国際的な金融危機のことである。この経済不況の世界的連鎖は世界経済危機、世界金融崩壊、世界金融不況、世界同時不況、第二次世界恐慌などとも呼ばれる。 2008年9月29日にアメリカ合衆国下院が緊急経済安定化法案を一旦否決したのを機に、ニューヨーク証券取引市場のダウ平均株価は史上最大の777ドルの暴落を記録した。金融危機はヨーロッパを中心に各国に連鎖的に広がり、さらに10月6日から10日まではまさに暗黒の一週間とも呼べる株価の暴落が発生し、世界規模の恐慌への発展が危惧されている。日本でも日経平均株価が暴落したほか、生命保険会社の大和生命保険が破綻した。 ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマンは2009年1月に、生産、金融、消費の世界的な縮小状況について「これは実に第二次世界恐慌(Second Great Depression)の始まりのように思われる」と評した。また、国際通貨基金(IMF)のドミニク・ストロス=カーン専務理事(当時)は2009年2月に非公式のコメントとして「(日本を含む先進各国は)既に恐慌の状態にある」と述べた。.

新しい!!: フランスと世界金融危機 (2007年-) · 続きを見る »

三十年戦争

三十年戦争(さんじゅうねんせんそう、Dreißigjähriger Krieg)は、ボヘミア(ベーメン)におけるプロテスタントの反乱をきっかけに勃発し、神聖ローマ帝国を舞台として、1618年から1648年に戦われた国際戦争。ドイツとスイスでの宗教改革による新教派(プロテスタント)とカトリックとの対立のなか展開された最後で最大の宗教戦争といわれる中村賢二郎「三十年戦争」日本大百科全書(ニッポニカ)。中村賢二郎「三十年戦争」世界大百科事典 第2版Sigfrid 1973。当初は神聖ローマ帝国内で局所的に起きた小国家同士のプロテスタントとカトリックの戦争が、ドイツ以外のデンマーク、スウェーデン、フランス、スペインなどヨーロッパ中を巻き込む国際戦争へと発展した。戦争はカトリックの国であるフランス王国がプロテスタント側につくなど、次第に宗教とは関係のない争いに突き進んだ。統一的な様相としては、フランス王国ブルボン家およびネーデルラント連邦共和国と、スペイン・オーストリア両ハプスブルク家のヨーロッパにおける覇権をかけた戦いであった。.

新しい!!: フランスと三十年戦争 · 続きを見る »

三国協商

三国同盟と三国協商 三国協商(さんごくきょうしょう、Triple Entente、Triple-Entente、Антанта)は、19世紀末から20世紀初頭においてイギリス・フランス・ロシア帝国の各国の間で締結された、露仏同盟・英露協商・英仏協商によって作られた三国の協調関係を指した言葉。英仏露協商ともいい、独墺伊同盟と対立し、第一次世界大戦の主要な交戦国となった。.

新しい!!: フランスと三国協商 · 続きを見る »

三国干渉

1895年11月8日、三国干渉の結果、日本は遼東還付条約に調印した。 三国干渉(さんごくかんしょう)は、1895年(明治28年)4月23日にフランス、ドイツ帝国、ロシア帝国の三国が日本に対して行った勧告である。日本と清の間で結ばれた下関条約に基づき日本に割譲された遼東半島を清に返還することを求める内容だった。.

新しい!!: フランスと三国干渉 · 続きを見る »

三銃士

『三銃士』(さんじゅうし、)は、アレクサンドル・デュマ・ペールによる小説。1844年に新聞『世紀』に連載された。.

新しい!!: フランスと三銃士 · 続きを見る »

三部会

三部会(さんぶかい)は、通常は全国三部会(、エタ・ジェネロ)を指し、これはフランス国内の三つの身分の代表者が重要議題を議論する場として、中世から近世にかけて存在した身分制議会のことである。他にも地方三部会(州三部会:、エタ・プロヴァンショ)もあった。全国三部会は全三身分会議「アンシアン・レジーム」p52とも日本語訳される。以下、単に「三部会」という。.

新しい!!: フランスと三部会 · 続きを見る »

下関戦争

下関戦争(しものせきせんそう)は、幕末に長州藩と、イギリス・フランス・オランダ・アメリカの列強四国との間に起きた、文久3年(1863年)と同4年(1864年)の前後二回にわたる攘夷思想に基づく武力衝突事件。 歴史的には、1864年の戦闘を馬関戦争(ばかんせんそう)と呼び、1863年の戦闘はその「原因となった事件」として扱われることが多い。今日では1863年のことを下関事件、1864年のことを四国艦隊下関砲撃事件と呼んで区別している。また両者を併せた総称として「下関戦争」が使われているが、その影響で「馬関戦争」が総称として使われることもある。ただ、1863年のことを「下関事件」、1864年のことを「下関戦争」と呼んで区別している教科書もある。.

新しい!!: フランスと下関戦争 · 続きを見る »

下院

日本における下院である衆議院議場(国会議事堂内)2007年(平成19年)5月撮影 下院(かいん、lower house)は、両院制議会における一方の議院の呼称。対称となる議院は上院(じょういん、upper house)。一般に上院に比べると任期が短く、解散による民意の問い直しの機能を備える。日本では衆議院、アメリカ合衆国では代議院、イギリスでは庶民院、フランスでは国民議会、ドイツでは連邦議会と呼ばれるものがこれに該当する。.

新しい!!: フランスと下院 · 続きを見る »

平地競走

平地競走(へいちきょうそう)とは競馬の競走形態のひとつである。ひらちきょうそうとも読む。.

新しい!!: フランスと平地競走 · 続きを見る »

平凡社

株式会社平凡社(へいぼんしゃ)は、日本の出版社。百科事典の出版社として有名で、多様な一般書のほか岩波書店、筑摩書房と並んで学術・教養性の強い出版物を多く刊行する。現在も継続刊行中の東洋文庫(1963年創刊)、『別冊 太陽』(1972年創刊)などは歴史が古い。社名の「平」の字は、厳密には二つの点が末広がりになった旧字体「」を用いる(大正末期創業のため)。.

新しい!!: フランスと平凡社 · 続きを見る »

平野千果子

平野 千果子(ひらの ちかこ、1958年-)は、日本の歴史学者。武蔵大学人文学部教授。専門はフランスの植民地統治。 東京都出身。1981年上智大学外国語学部卒。パリ政治学院、パリ第一大学に留学。鈴鹿国際大学助教授、武蔵大学人文学部助教授を経て、現職。.

新しい!!: フランスと平野千果子 · 続きを見る »

幕府陸軍

幕府陸軍(ばくふりくぐん)は、幕末に江戸幕府が整備した陸上戦闘を任務とした西洋式軍備の陸軍である。文久2年(1862年)、幕府の軍制改革で対外防衛と国内体制維持を目的として創設された。長州征討や天狗党の乱などで実戦を経験し、大政奉還により幕府が消滅した後も所属部隊の多くが戊辰戦争で戦闘を続けた。簡略化して単に幕府軍と呼称される場合もある。.

新しい!!: フランスと幕府陸軍 · 続きを見る »

人種差別

人種差別(じんしゅさべつ、racial discrimination)とは、人間を人種や民族、国籍、地域において、その特定の人々に対して嫌がらせ、暴力やいじめなどの行為や差別をすることである。世界的、歴史的に、各種の事例が存在している。 差別的思想を持つ者のことを「racist(レイシスト)」(race:人種、racist「人種差別主義者」)と称す場合もある。 南アフリカ共和国におけるかつての人種差別政策については、「アパルトヘイト」も参照。.

新しい!!: フランスと人種差別 · 続きを見る »

人種主義

人種主義(じんしゅしゅぎ、racism、レイシズム)とは、人種間に根本的な優劣の差異があるという、人種差別を正当化する思想。ただし現在では人種のみを対象とした考えであるとは見なされない見解も多い。.

新しい!!: フランスと人種主義 · 続きを見る »

人種的差別撤廃提案

Roman Dmowski(ポーランド、左から5人目)、ヤン・スマッツ(南アフリカ連邦国防相、左から8人目)、ウッドロウ・ウィルソン(アメリカ合衆国大統領、左から9人目)、カレル・クラマーシュ(チェコスロバキア首相、左から10人目)、顧維鈞(中華民国駐米公使、左から12人目)、など 人種的差別撤廃提案(じんしゅてきさべつてっぱいていあん Racial Equality Proposal)とは、第一次世界大戦後のパリ講和会議の国際連盟委員会において、大日本帝国が主張した、人種差別の撤廃を明記するべきという提案を指す。この提案に当時のアメリカ合衆国大統領だったウッドロウ・ウィルソンも賛成だったが、イギリス帝国の自治領であったオーストラリアやアメリカ合衆国上院などが強硬に反対し否決された。国際会議において人種差別撤廃を明確に主張した国は日本が世界で最初である。.

新しい!!: フランスと人種的差別撤廃提案 · 続きを見る »

人類学

人類学(じんるいがく、anthropology)とは、人類に関しての総合的な学問である。生物学的特性について研究対象とする学問分野を形質人類学もしくは自然人類学と呼び、言語や社会的慣習など文化的側面について研究する学問分野を文化人類学もしくは社会人類学と呼ぶ。さらに言語学や考古学、民俗学や民族学、芸能も包括する。.

新しい!!: フランスと人類学 · 続きを見る »

人間と市民の権利の宣言

人間と市民の権利の宣言(にんげんとしみんのけんりのせんげん、Déclaration des Droits de l'Homme et du Citoyen)は、人間の自由と平等、人民主権、言論の自由、三権分立、所有権の神聖など17条からなるフランス革命の基本原則を記したものである。単に人権宣言(じんけんせんげん)とも呼ばれ、通常は世界人権宣言などの他の人権宣言と区別するためにフランス人権宣言と呼ばれる。 憲法制定への第一段階として、1789年8月26日に憲法制定国民議会によって採択された。.

新しい!!: フランスと人間と市民の権利の宣言 · 続きを見る »

人間開発指数

人間開発指数(にんげんかいはつしすう、Human Development Index, HDI)とは、各国を人間開発の4段階に順位付けするために用いられる平均余命、教育及び所得指数の複合統計である。1990年にインド人経済学者のアマルティア・セン及びパキスタン人経済学者のマブーブル・ハックが開発し、国際連合開発計画が刊行する。 2010年の人間開発報告書では、不平等調整済み人間開発指数 (IHDI) が導入された。通常のHDIがなお有用である一方、IHDIは不平等を主要因とした人間開発の実際の水準を示し、HDIは「潜在的な」人間開発の指数又は不平等さえなければ実現可能な最大値のIHDIとして見なすことが可能である。 男女格差に限定した類似指標としては、世界経済フォーラムが発表しているジェンダー・ギャップ指数が存在する。.

新しい!!: フランスと人間開発指数 · 続きを見る »

人民戦線

人民戦線(じんみんせんせん、Front Populaire)とは、反ファシズム、反帝国主義、反戦主義を共同目標とする集団である。その起源はフランスの労働階級における統一戦線から発展したものであるが、「人民戦線」という言葉は1935年の第7回コミンテルン世界大会においてブルガリア共産党の指導者ゲオルギ・ディミトロフによる提唱の後に一般化した。フランス・スペイン・チリでは政権を掌握し、労働改革・社会改革などを実現した。.

新しい!!: フランスと人民戦線 · 続きを見る »

人文書院

人文書院(じんぶんしょいん)は、日本の出版社。主に、仏・独の文学、哲学思想の紹介の他、ジークムント・フロイト、カール・グスタフ・ユングらの心理学・精神医学などの翻訳書や、宗教、歴史、民俗、文化人類学等の人文書の他、芸術、自然科学書などを出版している。.

新しい!!: フランスと人文書院 · 続きを見る »

二回投票制

二回投票制(Two-round system)とは、選挙方法のひとつ。投票を二回行うことが多いため、この名がある(必ず二回行われるとは限らない)。フランス大統領選挙における採用例が有名である。.

新しい!!: フランスと二回投票制 · 続きを見る »

仏印進駐

仏印進駐(ふついんしんちゅう)とは、第二次世界大戦下におけるフランス領インドシナ(仏領印度支那)への日本軍の進駐のことを指す。1940年の北部仏印進駐と、1941年の南部仏印進駐に分けられる。南部仏印進駐は日米関係の決定的な決裂をもたらした、太平洋戦争へのであると評されている。.

新しい!!: フランスと仏印進駐 · 続きを見る »

建国記念日

建国記念日(けんこくきねんび)とは、文字通り「建国を記念する日(祝日)」である。何をもって建国の日付とするかは、国家により異なる。 日本では、実際の建国日が明確でないため、建国神話をもとに、建国を祝う日を定めている。すなわち、日本神話の登場人物で古事記や日本書紀で初代天皇とされる神武天皇の即位日(紀元前660年1月1日 (旧暦))より、その即位月日を明治期に新暦に換算した2月11日を「建国記念の日」とした。 法律で定められた「建国記念日」(祝日)がない国家としてはイギリスが挙げられるが、伝統的に、イングランドの守護聖人・聖ジョージを記念したゲオルギオスの日(、4月23日)が宗教的な国家の日である。.

新しい!!: フランスと建国記念日 · 続きを見る »

弾道ミサイル

弾道ミサイル(だんどうミサイル、ballistic missile)は、大気圏の内外を弾道を描いて飛ぶ対地ミサイルのこと。弾道弾とも呼ばれる。弾道ミサイルは最初の数分の間に加速し、その後慣性によって、いわゆる弾道飛行と呼ばれている軌道を通過し、目標に到達する。.

新しい!!: フランスと弾道ミサイル · 続きを見る »

住民税

住民税(じゅうみんぜい)は、日本の税金のうち、道府県民税と市町村民税を合わせていう語。特に、個人に対する道府県民税と市町村民税は、地方税法に基づき市町村(または特別区)が一括して賦課徴収することから、この2つを合わせて住民税と呼ぶ。 法人住民税については、道府県民税#法人の道府県民税および市町村民税#法人の住民税を参照。.

新しい!!: フランスと住民税 · 続きを見る »

佐藤賢一

佐藤 賢一(さとう けんいち、1968年3月12日 - )は、山形県鶴岡市出身の日本の小説家。.

新しい!!: フランスと佐藤賢一 · 続きを見る »

作戦機

作戦機(さくせんき)とは、軍用機の中で、実質的に任務を実行する主要な航空機のこと。.

新しい!!: フランスと作戦機 · 続きを見る »

復活祭

復活祭(ふっかつさい、Πάσχα、Pascha、Pâques、Easter、Ostern、Пасха)は、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目に復活したことを記念・記憶する、キリスト教において最も重要な祭正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、昭和48年9月30日 改訂新版第二版(正教会:教会用語辞典)(カトリック百科事典)。 多くの教会で特別な礼拝(典礼・奉神礼)が行われるほか、様々な習慣・習俗・行事がある。 正教会ではギリシャ語から「パスハ」とも呼ぶ「パスハ」表記の大本はギリシア語である。Πάσχαは、古典ギリシア語再建からは「パスカ」と転写し得るが、現代ギリシア語では「パスハ」。新約時代以降のギリシア語の発音はアクセントやイ音化、各種子音の発音等、かなり現代ギリシア語に近くなっていた。正教が優勢な地域におけるスラヴ系言語、ルーマニア語等における、ギリシア語に由来する教会関連の語彙の発音は、中世以降のギリシア語発音に則っている。。カトリック教会では「復活の主日」(カトリック中央協議会)とも呼ばれ、聖公会、プロテスタントなどでは「復活日」(ふっかつび)「祭」の表記が教会暦において頻繁に使われる教会(正教、カトリックなど)では「復活祭」の表記が使われ、「祭」と位置づけられ呼ばれるが、「祭」の表記が比較的もしくはあまり使われない教会(聖公会、プロテスタントなど)では「復活日」という表記が一般的であり、「祝日」といった説明がなされる。プロテスタントの参照元である『キリスト教大事典』でも項目名は「復活日」となっていて、その説明冒頭において「祝日」としており「祭」とは書かれて居ない。や、英語から「イースター」とも呼ぶ。「復活節」(ふっかつせつ)は、西方教会において復活祭からの一定期間を指す用法の他、プロテスタントの一部で復活祭(復活日)当日を指す用法がある。 基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるため、年によって日付が変わる移動祝日である。日付は変わるものの、必ず日曜日に祝われる。キリスト教が優勢な国においてはその翌日の月曜日も休日にされていることがある。欧州における主要株式・債券市場は、復活祭の前の聖金曜日、復活祭後の月曜日に休場する。 東方教会と西方教会とでは日付の算定方法が異なるため、日付が重なる年もあるものの、日付が異なる年の方が多い春分の日の扱いが異なること、正教会では復活祭をユダヤ教の過越とともに祝わないという古い規定をそのまま守っていること、これら二つの違いが東西教会間にある。。.

新しい!!: フランスと復活祭 · 続きを見る »

徳川好敏

徳川 好敏(とくがわ よしとし、1884年(明治17年)7月24日 - 1963年(昭和38年)4月17日)は、日本の陸軍軍人、華族。 清水徳川家第8代当主にあたり、陸軍で航空分野を主導した。軍人としての最終階級は陸軍中将。華族としての爵位は男爵。 1910年(明治43年)12月19日午前、軍公式の飛行試験で日本国内で初めて飛行機により空を飛んだ。.

新しい!!: フランスと徳川好敏 · 続きを見る »

徴兵制度

徴兵制度(ちょうへいせいど)とは、国家が国民に兵役に服する義務を課す制度である。徴兵制とも言い、国民国家や国民皆兵の思想とかかわりが深く、志願兵(募兵)制度の対義語である。 北アフリカ諸国の他、ベトナム、イスラエル、ウクライナ、キプロス、韓国、スイス、オーストリア等、CSTOに加盟しているアルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、ロシアなどでは徴兵制が続いているが、冷戦終結後は、西側諸国ではフランス(2002年)、ドイツ(2011年)のように徴兵制度を廃止する国が増え、また、実施している国でも良心的兵役拒否した場合の代替服務を選択可能を導入している場合が大半である。 NATOに加盟している28か国を例にとると、90年代から00年代にかけて冷戦の終結に伴い次々と徴兵制を廃止し、2010年12月時点でNATO加盟国において徴兵制を採用している国はエストニア、トルコ、ギリシャ、デンマーク、ノルウェーの5か国にまで減少している。 徴兵制による国民皆兵武装を基盤として永世中立を掲げるスイスとオーストリアでは国民投票で徴兵制の廃止が否決され、2013年に徴兵制を廃止したウクライナでは、翌年発生したロシアのクリミア侵攻の後に徴兵制が復活するなど、国是や国家を取り巻く情勢によって左右されている状況にある。また、2010年7月に廃止していたスウェーデンでもウクライナと同様に、ロシアの脅威を理由に、2018年1月から新たに女性も対象にした徴兵制が復活することになった AFP(2017年3月3日)2017年3月3日閲覧。 有事の際にかぎり徴兵制を認めている国もあり、常備軍を持たないコスタリカでは、有事の際に徴兵制を実施できることが憲法に明記されている。.

新しい!!: フランスと徴兵制度 · 続きを見る »

信仰

信仰(しんこう、英語 faith)とは、.

新しい!!: フランスと信仰 · 続きを見る »

志願制度

志願制度(しがんせいど、以下志願制)とは軍人の徴募制度の一つ。国民に軍務に服する義務を課す徴兵制度(以下徴兵制)に対し、それをせず当人の自由意思に任せる制度である。.

新しい!!: フランスと志願制度 · 続きを見る »

在フランス日本人

在フランス日本人(ざいフランスにほんじん、在仏日本人(ざいふつにほんじん)とも)では、フランスで生活する日本人について記述する。 約3万人におよぶ在仏日本人の多くは数年間の在住であるが、フランスでの永住権を得た日本人や、フランス生まれの者も含む。永住者や2世、3世などは日系フランス人(にっけいフランスじん)とも言われる。在仏日本人の過半数はパリ都市圏に在住している。パリでは特に15区、16区での居住が多く、また日本関係の支店・商店が旧オペラ座周辺に集積している。企業、官公庁等勤務者だけでなく、留学・研修生、自由業者等の多様な属性の人々が多い。 在フランスの他の外国人と比べた特徴としては、滞在期間が数年で短いことがある。また地域住民と関わる暮らしではなく勤務先中心の生活を送っている、日本文化を強く主張することが少ないといった指摘もある。 なおフランスでは、特にパリを中心に、寿司、ラーメン等の日本料理店や、日本のアニメ、漫画が多くみられるようになっており、また柔道も普及している。 日本では、特にパリはファッションや美術、料理などで世界最先端、流行の発信地としての憧れのイメージが広く持たれている。反面、そうした先入観と、現実には日本より不便な点も多いフランス生活との大きな相違を感じ、パリ症候群太田 博昭『パリ症候群』トラベルジャーナル、1991年。ISBN 978-4895592338といった適応障害を生じる事例についても指摘される。.

新しい!!: フランスと在フランス日本人 · 続きを見る »

地中海

地中海(ちちゅうかい、Mare Mediterraneum)は、北と東をユーラシア大陸、南をアフリカ大陸(両者で世界島)に囲まれた地中海盆地に位置する海である。海洋学上の地中海の一つ。.

新しい!!: フランスと地中海 · 続きを見る »

地中海性気候

地中海性気候(ちちゅうかいせいきこう)とはケッペンの気候区分における気候区のひとつで温帯に属する。記号はCsa,Csb,CscでCは温帯、sは夏季乾燥(sommertrocken)を示す。 フローンの気候区分における亜熱帯冬雨帯(記号:PW)に相当する。またアリソフの気候区分でも地中海性気候と呼ばれることのある気候帯4-3.亜熱帯西岸気候に相当する。.

新しい!!: フランスと地中海性気候 · 続きを見る »

医療制度

医療制度(いりょうせいど、Health care system)は目標とする地域の医療ニーズに合致するように設計される。世界には様々な医療制度が存在する。市場原理によって動くように設計されている国があれば、それよりは中央集権的に運営されている国もある。この主体は政府であったり、労働組合であったり、慈善団体であったり、宗教であったり、他の連合組織であったりする。医療制度の変化は革命的であることより改善的であることが多い。.

新しい!!: フランスと医療制度 · 続きを見る »

北大西洋条約機構

北大西洋条約機構(きたたいせいようじょうやくきこう)は、北大西洋条約に基づき、アメリカ合衆国を中心とした北アメリカ(=アメリカとカナダ)およびヨーロッパ諸国によって結成された軍事同盟である。前身はブリュッセル条約 (1948年)。 略称は頭字語が用いられ、英語圏では、North Atlantic Treaty Organization を略した NATO(ネイトー)と呼ばれ、日本やドイツ語圏では NATO(ナトー)、フランス語圏・スペイン語圏・ポルトガル語圏等では OTAN(オタン)と呼ばれる。.

新しい!!: フランスと北大西洋条約機構 · 続きを見る »

北アフリカ

北アフリカ(きたアフリカ)は、アフリカのうちサハラ砂漠より北の地域を指す。また、狭義には西端部のマグリブ地域のみを指す場合もある。エジプトやリビアを中心に中東の一部として定義されることも多い。サハラ砂漠をはじめとした砂漠地帯やステップが大部分を占めるが、地中海を挟んでEU諸国と対しており、モロッコやチュニジアのように経済が比較的発達している国が多い。住民にはアラブ系のコーカソイドが多いため、ホワイトアフリカともよばれる。.

新しい!!: フランスと北アフリカ · 続きを見る »

北米植民地戦争

北米植民地戦争(ほくべいしょくみんちせんそう)は、17世紀から18世紀にかけて植民地時代の北米大陸で行われた一連の抗争の総称。各植民地戦争は欧州における国家間の戦争に呼応している。.

新しい!!: フランスと北米植民地戦争 · 続きを見る »

北部鉄道 (フランス)

北部鉄道(Compagnie des chemins de fer du Nord)はロスチャイルド家などが1845年に設立した国際鉄道会社。北部会社とも。戦後に政治家ジョルジュ・ポンピドゥーを輩出し、ロチルド銀行(現バークレイズ)の持株会社となった。.

新しい!!: フランスと北部鉄道 (フランス) · 続きを見る »

北海

北海の位置 デンマーク側からの北海 北海(ほっかい:英語 、ドイツ語 、フランス語 、オランダ語 、デンマーク語 Nordsøen、ノルウェー語 Nordsjøen)は、大西洋の付属海。古名はゲルマン海(ラテン語 Mare Germanicum、英語 )。 東はノルウェー、デンマーク、南はドイツ、オランダ、ベルギー、フランス、西はイギリス、北はオークニー諸島・シェトランド諸島に囲まれている。東はスカゲラク海峡・カテガット海峡でバルト海に、北はノルウェー海に、南はドーバー海峡・イギリス海峡で大西洋に繋がっている。南北の長さは970km、東西は580km、面積は75万km2、水量は94000km3である。 北海に流れ込む主な川はエルベ川、ヴェーザー川、エムス川、ライン川などがある。なかでも、最も北海に影響を及ぼす河川はエルベ川とライン川・ムーズ川である.

新しい!!: フランスと北海 · 続きを見る »

ナチス・ドイツ

ナチス・ドイツは、アドルフ・ヒトラー及び国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP、ナチ党)による支配下の、1933年から1945年までのドイツ国に対する呼称である。社会のほぼ全ての側面においてナチズムの考え方が強制される全体主義国家と化した。ヨーロッパにおける第二次世界大戦が終結する1945年5月に連合国軍に敗北し、ナチス政権とともに滅亡した。.

新しい!!: フランスとナチス・ドイツ · 続きを見る »

ナチス・ドイツによるフランス占領

1940年7月23日、エッフェル塔を訪れたドイツ総統アドルフ・ヒトラー(シャイヨ宮) ナチス・ドイツによるフランス占領(ナチス・ドイツによるフランスせんりょう)は、ドイツ軍による1940年のナチス・ドイツのフランス侵攻とフランス第三共和政政府の崩壊によって開始され、1944年以降にドイツ軍が連合国軍に駆逐されるまで続いた。.

新しい!!: フランスとナチス・ドイツによるフランス占領 · 続きを見る »

ナチス・ドイツのフランス侵攻

フランスを侵攻するI号戦車とII号戦車 ルノーB1重戦車。機甲師団を持つドイツに各地で撃破された マンシュタインの侵攻計画 ナチス・ドイツのフランス侵攻(ナチス・ドイツのフランスしんこう)は、第二次世界大戦中の1940年5月に発生したドイツ軍をはじめとする枢軸国軍と連合国軍とのベネルクス三国・フランス北部での戦闘である。ドイツ軍の電撃戦が最も成功を収めた例と考えられている。フランスの戦い(Bataille de France)、西方戦役(Westfeldzuge)とも呼ばれる。ドイツ側の作戦名は第1フェイズ(ベネルクス三国、フランス北部侵攻)が黄色作戦(Fall Gelb、ファル・ゲルプ)、第2フェイズ(フランス本国侵攻)が赤色作戦(Fall Rot、ファル・ロート)である。.

新しい!!: フランスとナチス・ドイツのフランス侵攻 · 続きを見る »

ナバラ王国

ナバラ王国(ナバーラ王国とも、Nafarroako Erresuma、Reino de Navarra、Royaume de Navarre)は、中世のイベリア半島北東部パンプローナより興った王国。824年バスク人の首領アリスタがパンプローナで王として選ばれフランク王国に対する反乱を率いたことによる。ナバラの名は、7世紀のスペインでの西ゴート族の時代が終わりを告げた頃から登場している。.

新しい!!: フランスとナバラ王国 · 続きを見る »

ナポレオン3世

ナポレオン3世(Napoléon III, 1808年4月20日 - 1873年1月9日)は、フランス第二共和政の大統領(在任:1848年 - 1852年)、のちフランス第二帝政の皇帝(在位:1852年 - 1870年)。本名はシャルル・ルイ=ナポレオン・ボナパルト(Charles Louis-Napoléon Bonaparte)であり、皇帝に即位して「ナポレオン3世」を名乗る以前については一般にルイ・ナポレオンと呼ばれている。本項でもそのように記述するものとする。 ナポレオン・ボナパルトの甥にあたり、1815年のナポレオン失脚後、国外亡命生活と武装蜂起失敗による獄中生活を送ったが、1848年革命で王政が消えるとフランスへの帰国が叶い、同年の大統領選挙でフランス第二共和政の大統領に当選した。第二共和政の大統領の権力は弱く、はじめ共和派、のち王党派が牛耳るようになった国民議会から様々な掣肘を受けたが、1851年に国民議会に対するクーデタを起こし、独裁権力を掌握。1852年に皇帝に即位して「ナポレオン3世」となり、第二帝政を開始した。1850年代は「権威帝政」と呼ばれる強圧支配を敷いたが、1860年代頃から「自由帝政」と呼ばれる議会を尊重した統治へと徐々に移行した。内政面ではパリ改造計画、近代金融の確立、鉄道網敷設などに尽くした。外交ではクリミア戦争によってウィーン体制を終焉させ、ヨーロッパ各地の自由主義ナショナリズム運動を支援することでフランスの影響力を拡大を図った。またアフリカ・アジアにフランス植民地を拡大させた。しかしメキシコ出兵の失敗で体制は動揺。1870年に勃発した普仏戦争でプロイセン軍の捕虜となり、それがきっかけで第二帝政は崩壊し、フランスは第三共和政へ移行した。 以降2018年現在までフランスは共和政であるため、彼がフランスにおける最後の君主にあたる。.

新しい!!: フランスとナポレオン3世 · 続きを見る »

ナポレオン・ボナパルト

ダヴィッド『ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト』 ナポレオン一世皇家の紋章 ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 - 1821年5月5日)または、省略して、ナポレオンは、革命期のフランスの軍人・政治家である。ナポレオン1世(Napoléon Ier、在位:1804年 - 1814年、1815年)としてフランス第一帝政の皇帝にも即位した。 フランス革命後の混乱を収拾して軍事独裁政権を樹立した。大陸軍(グランダルメ)と名付けた巨大な軍隊を築き上げてナポレオン戦争を引き起こし、幾多の勝利と婚姻政策によって、イギリス、ロシア、オスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いたが、最終的には敗北して失脚した。.

新しい!!: フランスとナポレオン・ボナパルト · 続きを見る »

ナポレオン戦争

1811年のヨーロッパ。濃い青はフランス帝国の領土。薄い青はフランスの衛星国 ナポレオン戦争(ナポレオンせんそう、Guerres napoléoniennes、Napoleonic Wars、Napoleonische Kriege)は、1803年にアミアンの和約が破れてから、1815年にナポレオン・ボナパルトが完全に敗北するまでの期間を通して行われた戦争である。 ナポレオンⅠ世率いるフランス帝国とその同盟諸国から動員された大陸軍(グランダルメ)が、イギリス、オーストリア、ロシア、プロイセンなどのヨーロッパ列強諸国を中心にして結成された対仏大同盟の諸軍隊と交戦した。.

新しい!!: フランスとナポレオン戦争 · 続きを見る »

ナント

ナント(Nantes)は、フランスの西部、ロワール川河畔に位置する都市。ブルトン語(ブレイス語)ではナオネト(Naoned)、ガロ語ではノーント(Naunnt)と称する。ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏の首府であり、ロワール=アトランティック県県庁所在地である。ブルターニュ半島南東部に位置し、大西洋への玄関口となっている。フランスの地域最大の都市でかつ、国内第6位の都市である。日本ではフランス王アンリ4世によりナントの勅令が出された歴史ある都市として知られる。.

新しい!!: フランスとナント · 続きを見る »

ナントの勅令

ナントの勅令、原本 ナントの勅令(ナントのちょくれい。Édit de Nantes)は、1598年4月13日にフランス王アンリ4世がナントで発布した勅令。ユグノーなどのプロテスタント信徒に対してカトリック信徒とほぼ同じ権利を与え、初期近代のヨーロッパでは初めて個人の信仰の自由を認めた。 この勅令によってユグノー戦争は急速に収まりを見せ、フランスの国家統一の出発になった。戦費の縮小や商工業におけるユグノーの活躍もあって政治情勢のみならず国家財政も安定し、17世紀のフランスの大国時代を作り上げた。 しかしプロテスタント信徒はこのとき、自分たちの教会を持つことは許されたが、それとは別にカトリック教会にも十分の一税を納めなければならなかった。 1685年、「太陽王」ルイ14世はフォンテーヌブローの勅令によりこの勅令を廃止し、カトリック中心の権威主義的な国家へと逆戻りさせた。これによって、プロテスタント信徒の大半はネーデルラントなどの国外へ逃れ、商工業の担い手を失ったフランスの衰退を招くことになった。プロテスタント信徒は産業の中核を占めていたため数世代にもわたる財政の悪化を招くことにもなり、それを補うための増税政策に反発した貴族・聖職者や市民・一般国民などの不満が爆発したフランス革命の遠因ともなった。.

新しい!!: フランスとナントの勅令 · 続きを見る »

ペンテコステ

ペンテコステ(Pentecostes)は、聖霊降臨(せいれいこうりん)と呼ばれる新約聖書にあるエピソードの1つ。イエスの復活・昇天後、集まって祈っていた120人の信徒たちの上に、神からの聖霊が降ったという出来事のこと、およびその出来事を記念するキリスト教の祝祭日。教派により訳語は異なり、聖霊降臨祭(せいれいこうりんさい)、五旬節(ごじゅんせつ)、五旬祭(ごじゅんさい)ともいう。.

新しい!!: フランスとペンテコステ · 続きを見る »

ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏

ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏 (Pays de la Loire) は、フランス西部に位置し、大西洋に面する地域圏である。日本の関東地方と同じぐらいの広さの地域に、横浜市とほぼ同じぐらいの人口を抱える。ペイ・ドゥ・ラ・ルワールとも。.

新しい!!: フランスとペイ・ド・ラ・ロワール地域圏 · 続きを見る »

ナショナリズム

ナショナリズム(nationalism)とは、国家という統一、独立した共同体を一般的には自己の所属する民族のもと形成する政治思想や運動を指す用語。日本語では内容や解釈により民族主義、国家主義、国民主義、国粋主義などとも訳されている。.

新しい!!: フランスとナショナリズム · 続きを見る »

ペスト

ペスト(, )とは、ヒトの体にペスト菌(Yersinia pestis 腸内細菌科 通性嫌気性/グラム陰性/無芽胞桿菌)が感染することにより発症する伝染病である。黒死病(, )とも。.

新しい!!: フランスとペスト · 続きを見る »

ペタンク

ブールとビュット(中央) ペタンク(pétanque)とは、フランス発祥の球技である。名称は南フランス・プロヴァンスの方言「ピエ・タンケ(両足を揃えて)」に由来する。スポールブールやプロヴァンサルゲームをベースに1907年に考案されたとされている。 テラン(コート)上に描いたサークルを基点として木製のビュット(目標球)に金属製のブール(ボール)を投げ合って、相手より近づけることで得点を競うスポーツである。.

新しい!!: フランスとペタンク · 続きを見る »

ミハイル・バクーニン

ミハイル・アレクサンドロヴィチ・バクーニン(Михаи́л Алекса́ндрович Баку́нин、Mikhail Alexandrovich Bakunin、1814年5月30日 - 1876年7月1日)はロシアの思想家で哲学者、無政府主義者、革命家。元正教徒で無神論者。.

新しい!!: フランスとミハイル・バクーニン · 続きを見る »

ミュゼット

ミュゼット(musette)は、フランスの地方の民族音楽と、そこから派生した様々な音楽概念について用いられる。.

新しい!!: フランスとミュゼット · 続きを見る »

ミッシェル・ポルナレフ

ミッシェル・ポルナレフ(Michel Polnareff, 1944年7月3日 - )はフランスの男性ポップス・シンガーソングライター、コンポーザー。フランス共和国ロット=エ=ガロンヌ県ネラック出身。フランスでは国民的歌手としての人気があり、日本でも「シェリーに口づけ」、「愛の休日」などのヒット曲で知られている。 名前の発音はフランス語では「ミシェル」に近いが、日本では長年「ミッシェル」と呼び慣わされているために項目名はこれに倣う。.

新しい!!: フランスとミッシェル・ポルナレフ · 続きを見る »

ミシュラン

F1のミシュランタイヤ トランスポーターからレースに使用するタイヤを降ろす様子。 ミシュラン(Michelin、)は、フランスに本拠地を持つ世界規模のタイヤメーカー、世界企業である。世界で初めてラジアルタイヤを製品化した実績を持ち、長年にわたり世界最大のタイヤメーカーであった歴史を持ち、2005年にブリヂストンに抜かれた後も世界第2位の売上を保っており、グッドイヤー社よりも上位である。 同社の商業ブランドとしては、Michelinブランドだけでなく、ヨーロッパではKleberクレベールやストミールオルスチン、アメリカではBFGoodrich BFグッドリッチやUniroyal ユニロイヤルの他、さらにTigar、Riken、Kormoranなど数十のブランドを所有したり、傘下に収めており、各営業地域において最適なブランドを選定、展開する「マルチブランド戦略」を推し進めている。(日本では、「Michelin Tire ミシュランタイヤ」だけでなく、たとえば繊維業者とも手を組み、白洋舎とホテルなどに向けた「Michelin」、カフェなどをターゲットにした「BIBENDUM」でサービスユニフォームも展開している。) ミシュラン社はまた、『レッドガイドブック』(あるいは「ミシュランガイド」)という、覆面調査での「三つ星」評価付きの、(当時として)非常に画期的なドライブ・ガイドブック(旅行ガイドブック、レストラン・ガイドブック)を発行したことや、それが現在にいたるまでガイドブックのひとつの頂点として存在し、人々によって支持され、改訂・発行されつづけていることでも世界的に知られている。 グループの主要な構成は、株式合資会社であるコンパニー・ジェネラル・デ・ゼタブリスマン・ミシュラン(Compagnie générale des établissements Michelin 、CGEM)が、金融とフランス国外の製造・取引・調査を担当するスイスのコンパニー・フィナンシエール・ミシュラン(Compagnie financière Michelin 、CFM )に100%出資し、CGEMとCFMが、フランス国内の製造・取引を担当するマニュファクチュール・フランセーズ・デ・プヌマティーク・ミシュラン(Manufacture française des pneumatiques Michelin)を、それぞれ40%と60%出資するという形をとっている。.

新しい!!: フランスとミシュラン · 続きを見る »

ミシェル・プラティニ

ミシェル・プラティニ(Michel Platini, 1955年6月21日 - )は、フランス出身の元サッカー選手、元サッカー指導者。欧州サッカー連盟 (UEFA) 前会長、元国際サッカー連盟 (FIFA) 副会長、フランスサッカー連盟 (FFF) 副会長。 サッカーフランス代表のエースとして1984年のUEFA欧州選手権において同国に初の国際タイトルをもたらした1980年代を代表するサッカー選手の一人であり、1950年代のレイモン・コパや1990年代のジネディーヌ・ジダンと共にフランスサッカー史に名を残す選手である。愛称「Le Roi」は直訳すれば「王」だが、日本では「将軍」と意訳されることが慣例化している。.

新しい!!: フランスとミシェル・プラティニ · 続きを見る »

ミシェル・フーコー

ミシェル・フーコー(フコ)(Michel Foucault 、1926年10月15日 - 1984年6月25日)は、フランスの哲学者。『言葉と物』(1966)は当初「構造主義の考古学」の副題がついていたことから、当時流行していた構造主義の書として読まれ、構造主義の旗手とされた。フーコー自身は自分が構造主義者であると思っていたことはなく、むしろ構造主義を厳しく批判したため、のちにポスト構造主義者に分類されるようになる。代表作はその他、『狂気の歴史』『監獄の誕生』『性の歴史』など。.

新しい!!: フランスとミシェル・フーコー · 続きを見る »

ミシェル・ド・モンテーニュ

ミシェル(・エイケム)・ド・モンテーニュ(Michel Eyquem de Montaigne, 1533年2月28日 - 1592年9月13日)は、16世紀ルネサンス期のフランスを代表する哲学者。モラリスト、懐疑論者、人文主義者。現実の人間を洞察し人間の生き方を探求して綴り続けた主著『エセー』は、フランスのみならず、各国に影響を与えた。.

新しい!!: フランスとミシェル・ド・モンテーニュ · 続きを見る »

ミシシッピ計画

ミシシッピ計画(みししっぴけいかく, Compagnie du Mississippi)は、18世紀初頭に北アメリカに植民地を有していたフランスが立てたミシシッピ川周辺における開発・貿易計画。ミシシッピ会社とも言う。 フランスで立てられたこの計画は、開発バブルを引き起こし、会社の業績が極端に悪いのに発行価格の40倍にまで株価が暴騰する事態を招いた。 チューリップ・バブル(オランダ)や南海泡沫事件(イギリス)とともに、三大バブル経済の例えとして知られる。.

新しい!!: フランスとミシシッピ計画 · 続きを見る »

ミサイル

ュピター 広くミサイル(missile)として知られる、誘導ミサイルあるいは誘導弾(ゆうどうだん、guided missile)は、目標に向かって誘導を受けるか自律誘導によって自ら進路を変えながら、自らの推進装置によって飛翔していく軍事兵器のことである。.

新しい!!: フランスとミサイル · 続きを見る »

ミサイル駆逐艦

ミサイル駆逐艦(ミサイルくちくかん、Guided missile Destroyer)は、軍艦の艦種の一つであり、広義にはミサイルを搭載している駆逐艦の事である。ミサイル艦の一種。日本の海上自衛隊においてはミサイル護衛艦(DDG)という名称が用いられている。 狭義においては、アメリカ海軍における艦種記号でDDGの艦の事であり、テリア、ターター、スタンダードのような艦隊防空用の艦対空ミサイルを搭載した駆逐艦の事である。アーレイ・バーク級、キッド級などがある。スプルーアンス級駆逐艦(艦種記号DD)の様に艦隊防空用のミサイルを搭載していない駆逐艦はミサイルを搭載していてもミサイル駆逐艦とは類別されないが、何故か艦隊防空用のミサイルを搭載していないズムウォルト級(DDG-1000)はミサイル駆逐艦扱いである。 アメリカ海軍以外には冷戦時代にスペイン海軍及びイギリス海軍、海上自衛隊や韓国海軍なども防空ミサイル駆逐艦を導入した他、1980年代までには世界各国海軍で必須の装備(水上戦闘艦)として開発が進んだ艦種である。 ソ連やロシアにおいてはミサイル艦とは艦対艦ミサイルを搭載した艦のことであり、アメリカ海軍でいうような艦隊防空用のミサイルを搭載した駆逐艦をミサイル艦とは呼ばない。むしろ、1950年代後半ないし1960年代以降においてたんに「駆逐艦」といえばアメリカ海軍で言うようなミサイル駆逐艦に相当すると考えた方が適切である。ソビエト連邦海軍やロシア海軍においても「ミサイル駆逐艦」という艦種名称は存在せず、単に「駆逐艦」と呼ばれる艦種や「大型対潜艦」と呼ばれる艦種がアメリカ海軍でいうところのミサイル駆逐艦と同様の任務を負う同規模の艦となっている。.

新しい!!: フランスとミサイル駆逐艦 · 続きを見る »

マヨット

マヨットは、フランスの海外県(collectivité d'outre-mer)であり、海外地域圏()である。アフリカ大陸南東、マダガスカル島との間のモザンビーク海峡に浮かぶコモロ諸島に属する島である。コモロ諸島の最も南東に位置する。マヨット島を除く他の島々は独立国家コモロ連合であり、同国はフランスに対し、マヨット島の領有権および返還を主張している。.

新しい!!: フランスとマヨット · 続きを見る »

マラニョン州

マラニョン州(、マラニャン州とも)は、ブラジル東北部の州で、州庁所在地はサン・ルイス である。州の略称は「MA」である。 マラニョン州出身の人物の愛称としてもよく使われる。.

新しい!!: フランスとマラニョン州 · 続きを見る »

マリ北部紛争 (2012年)

マリ北部紛争は、マリ共和国の北部地域(アザワド)において中央政府からの独立を求めるトゥアレグ族による武装蜂起と、それにひき続いてイスラム原理主義勢力による独立派占領地の乗っ取り、そして事態悪化に対して介入した諸外国やイスラム勢力が入り乱れる紛争。 武装蜂起は(MNLA)の戦闘員がマリ軍駐屯地を襲撃した2012年1月17日に開始される。アザワド戦争(guerre de l'Azawad)の呼び名は、主にMNLAとトゥアレグ分離独立派との争いで用いられるが、統一的なイスラム国家の確立を画策している(MOJWA)やイスラーム・マグリブ諸国のアル=カーイダ機構(AQIM)に関しては適用されない点に留意が必要である。 MNLAは北部マリの重要都市であるキダル、トンブクトゥおよびガオの3都市を占領し、アザワドの自決と独立を主張する。2012年4月5日にドゥエンツァ(Douentza)の掌握を持って攻撃の終了を発表し翌日に独立宣言をする。通常、「トゥアレグ紛争」または「トゥアレグ反乱」と呼称され、MNLAの蜂起の影響により主に食糧事情の悪化から現地住民が難民化し周辺国(モーリタニア、アルジェリア、ニジェールおよびブルキナファソ)に流入する結果となった。 4月上旬、マリ軍との戦闘終了時にMNLAとイスラム過激派は新たな国家像をめぐって対立し始めた。6月27日、ガオの支配権をめぐりMNLAとイスラム過激派は交戦状態に至る。戦闘終了後、イスラム過激派はトゥアレグ人を排除し町の支配権を確立し、残りの地域を制圧しにかかる。7月17日、トゥアレグ人が確保していた北部マリの主要都市は全て陥落する。 2013年1月11日、二つに分かたれたマリの境界線となっていた中部の要衝コンナ(Konna)を超えてイスラム武装勢力は南下を開始、首都バマコが占領される危機が迫り国家非常事態宣言が発令された。.

新しい!!: フランスとマリ北部紛争 (2012年) · 続きを見る »

マリー・アントワネット

マリー=アントワネット=ジョゼフ=ジャンヌ・ド・アブスブール=ロレーヌ・ドートリシュ(Marie-Antoinette-Josèphe-Jeanne de Habsbourg-Lorraine d'Autriche, 1755年11月2日 - 1793年10月16日)は、フランス国王ルイ16世の王妃。 フランス革命中の1793年10月16日に刑死した。.

新しい!!: フランスとマリー・アントワネット · 続きを見る »

マリア・ルイーザ (パルマ女公)

マリア・ルイーザ(Maria Luisa, 1791年12月12日 - 1847年12月17日)は、神聖ローマ皇帝フランツ2世(オーストリア皇帝フランツ1世)の娘で、フランス皇帝ナポレオン1世の皇后。後にパルマ公国の女公(在位:1814年 - 1847年)。.

新しい!!: フランスとマリア・ルイーザ (パルマ女公) · 続きを見る »

マリ共和国

マリ共和国(マリきょうわこく)、通称マリは、西アフリカに位置する共和制国家。西をモーリタニア、北をアルジェリア、東をニジェール、南をブルキナファソ、コートジボワール、南西をギニア、西をセネガルに囲まれた内陸国である。首都はバマコ。 国土の北側3分の1はサハラ砂漠の一部であり、ちょうど中心を流れるニジェール川沿岸に農耕地が広がる。南部はやや降水量の多いサバンナ地帯である。.

新しい!!: フランスとマリ共和国 · 続きを見る »

ノルマン・コンクエスト

バイユーのタペストリーから。 バイユーのタペストリーから。 ノルマン・コンクエスト()は、ノルマンディー公ギヨーム2世によるイングランドの征服を指す。コンクエストを日本語にし、ノルマン征服ともいう。1066年のヘイスティングズの戦いに勝利したギヨーム2世はウィリアム1世としてノルマン朝を開いた(ウェストミンスター寺院での戴冠式は同年12月25日)。これによりイングランドはノルマン人により支配されることとなった。 ノルマン・コンクエストはイングランドの歴史の分水嶺となり、デンマーク付近(ゲルマン人の領域)の強い政治的・文化的影響から離れ、ラテン系のフランスと政治的にも文化的にも強く関係することになる。 なお、ノルマン人はイングランド人(アングロ・サクソン人やデーン人)と同様にゲルマン人の一種なので、異民族というほどでもない。ノルマン・コンクエストが比較的容易に進んだ一因に、どちらの民族もゲルマン人であったという点が挙げられる。 イングランド以外のウェールズとスコットランドとアイルランドには、ノルマン・コンクエストの支配・影響はあまり及ばなかった。これらの領域はもともとケルト人の勢力下にあり、ゲルマン人の勢力下にはなかったので、そういうことも一因となったようである。ただし後になって、これらの地域でイングランドとの抗争や関係なども発生する。この抗争や関係はノルマン・コンクエスト自体によるものではなく、ノルマン・コンクエスト以後の出来事による。.

新しい!!: フランスとノルマン・コンクエスト · 続きを見る »

マルティニーク

マルティニーク(Martinique)は、フランスの海外県の1つであり、カリブ海に浮かぶ西インド諸島のなかのウィンドワード諸島に属する島。海を隔てて北にドミニカ国が南にセントルシアが存在する。県都はフォール=ド=フランス(Fort de France)。面積1,128平方キロ、人口407,000人(2011年)、時間帯はUTC-4、国番号は596で、ドメイン名は.mqである。 「世界で最も美しい場所」とコロンブスに呼ばしめ、彼を魅了したマルティニーク島の語源は島に住んでいた、カリブ人の言葉でマディニーナ(Madinina、花の島)、またはマティニーノ(Matinino、女の島)がマルティニークの語源になっている。.

新しい!!: フランスとマルティニーク · 続きを見る »

マルキ・ド・サド

マルキ・ド・サド(Marquis de Sade, 1740年6月2日 - 1814年12月2日)は、フランス革命期の貴族、小説家。マルキはフランス語で侯爵の意であり、正式な名は、ドナスィヤン・アルフォンス・フランソワ・ド・サド(Donatien Alphonse François de Sade )。 サドの作品は暴力的なポルノグラフィーを含み、道徳的に、宗教的に、そして法律的に制約を受けず、哲学者の究極の自由(あるいは放逸)と、個人の肉体的快楽を最も高く追求することを原則としている。サドは虐待と放蕩の廉で、パリの刑務所と精神病院に入れられた。バスティーユ牢獄に11年、コンシェルジュリーに1ヶ月、ビセートル病院(刑務所でもあった)に3年、要塞に2年、サン・ラザール監獄に1年、そしてシャラントン精神病院に13年入れられた。サドの作品のほとんどは獄中で書かれたものであり、しばらくは正当に評価されることがなかったが、現在その書籍は高い評価を受けている。サディズムという言葉は、彼の名に由来する。.

新しい!!: フランスとマルキ・ド・サド · 続きを見る »

マルクス主義

マルクス主義(マルクスしゅぎ、Marxismus)とは、カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスによって展開された思想をベースとして確立された社会主義思想体系の一つである。しばしば科学的社会主義(かがくてきしゃかいしゅぎ)とも言われる。 マルクス主義は、資本を社会の共有財産に変えることによって、労働者が資本を増殖するためだけに生きるという賃労働の悲惨な性質を廃止し、階級のない協同社会をめざすとしている。 エンゲルスは1883年に『空想から科学へ』を出版し、彼やマルクスの思想を社会主義思想、弁証法的唯物論、資本主義分析の三つの分野に分けて解説したうえで、唯物史観と剰余価値の発見によって社会主義は科学になったと説明した。また、レーニンは1913年に『マルクス主義の三つの源泉と三つの構成部分』を書き、マルクス主義の三つの源泉をドイツ哲学、イギリス経済学、フランス社会主義とし、マルクス主義の三つの構成部分を弁証法的唯物論、経済学、社会主義思想とした。.

新しい!!: フランスとマルクス主義 · 続きを見る »

マルセイユ

マルセイユ (Marseille) は、フランス最大の港湾都市で、プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏 (Provence-Alpes-Côte d'Azur, PACA) の首府、ブーシュ=デュ=ローヌ県の県庁所在地である。地中海リオン湾を臨む。.

新しい!!: フランスとマルセイユ · 続きを見る »

ノール県

ノール県 (Département du Nord) は、フランスのオー=ド=フランス地域圏の県である。フランス最北部に位置することから、北(Nord)を意味するその名がつけられた。ノール県はフランドル・フランセーズ(Flandre française、フランス領フランドル)と呼ばれる、ダンケルクとリール(旧フランドル伯領)、カンブレジ(旧司教公領)、そして旧エノー伯領から構成されている。.

新しい!!: フランスとノール県 · 続きを見る »

ノートルダム大聖堂 (アミアン)

アミアンのノートルダム大聖堂(アミアンのノートルダムだいせいどう、仏語 Cathédrale Notre-Dame d'Amiens)は、フランスの北部都市アミアンにあるカトリック教会の聖堂。「アミアンにおける我らが貴婦人(聖母マリア)の大聖堂」という意味。しばしばアミアン大聖堂と略称される。 1981年、ユネスコの世界遺産に登録された。.

新しい!!: フランスとノートルダム大聖堂 (アミアン) · 続きを見る »

ノートルダム聖堂

ノートルダム教会、ノートルダム寺院、ノートルダム(聖堂)大聖堂は、聖母マリアに捧げられ、名付けられた教会堂である。 ノートルダム (Notre-Dame, 英語ではOur Lady) はフランス語で「私達の貴婦人」という意味で、聖母マリアを指している。ノートルダムを冠した教会堂は世界各地のフランス語圏の都市に建てられてきた。 以下に主要なノートルダム聖堂を掲げる。.

新しい!!: フランスとノートルダム聖堂 · 続きを見る »

マーシャル・プラン

マーシャル・プラン(Marshall Plan)は、第二次世界大戦で被災した欧州諸国のために、アメリカ合衆国が推進した復興援助計画。通常は提唱者の国務長官ジョージ・マーシャルの名を冠してこのように呼ぶが、正式名称は欧州復興計画(おうしゅうふっこうけいかく、European Recovery Program, ERP)。.

新しい!!: フランスとマーシャル・プラン · 続きを見る »

マトラ

マトラ(Matra:Mécanique Aviation Traction)は、フランスにかつて存在した企業グループである。.

新しい!!: フランスとマトラ · 続きを見る »

マトラ (自動車)

マトラ・オトモビル(Matra Automobile )はかつて存在したフランスの自動車メーカー。.

新しい!!: フランスとマトラ (自動車) · 続きを見る »

マクシミリアン1世 (神聖ローマ皇帝)

マクシミリアン1世(Maximilian I., 1459年3月22日 - 1519年1月12日)は、神聖ローマ帝国のローマ皇帝(1508年 - 1519年)、ローマ王(ドイツ王、在位:1486年 - 1493年)、オーストリア大公。 自身と子・孫の結婚政策で成功をおさめ、ハプスブルク家の隆盛の基礎を築いたことから、マクシミリアン大帝(Maximilian der Große)と称される。また武勇に秀でな体躯に恵まれ、芸術の保護者であったことから、中世最後の騎士とも謳われる。ハプスブルク家ならではの多民族国家の姿が、マクシミリアン1世の時代に生み出されていった。.

新しい!!: フランスとマクシミリアン1世 (神聖ローマ皇帝) · 続きを見る »

マグナ・カルタ

マグナ・カルタまたは大憲章(だいけんしょう)(Magna Carta、Magna Carta Libertatum、the Great Charter of the Liberties、直訳では「自由の大憲章」)は、イングランド王国においてジョン王により制定された憲章である。イングランド国王の権限を制限したことで憲法史の草分けとなった。また世界に先駆け敵性資産の保護を成文化した。.

新しい!!: フランスとマグナ・カルタ · 続きを見る »

マグマ (バンド)

マグマ(MAGMA)は、フランス出身のプログレッシブ・ロックバンド。 クリスチャン・ヴァンデールが主宰し、長い活動実績を誇る同国の代表的グループ。コバイア語という架空言語を駆使して、スペース・オペラ的な長編物語を構築。強力なリズム隊と呪術的な混声合唱を展開し、独自のスタイルを築き上げた。.

新しい!!: フランスとマグマ (バンド) · 続きを見る »

マグリブ

マグリブを表す地域 マグリブ(Maghreb、مغرب)は、アラビア語で「日が没すること、没するところ」を原義とする語。マグレブとも言う。「西方」の意味を持ち、地域名としても用いられる。また、ムスリム(イスラム教徒)の義務である一日五回の礼拝(サラート)のうちの一つである日没時の礼拝を指す言葉でもある。ここでは、地域名としてのマグリブについて記す。.

新しい!!: フランスとマグリブ · 続きを見る »

チャド

チャド共和国(チャドきょうわこく、、)、通称チャドは、アフリカ中央部の国家。スーダン、中央アフリカ、カメルーン、ナイジェリア、ニジェール、リビアと国境を接する。首都はンジャメナ。.

新しい!!: フランスとチャド · 続きを見る »

チュニジア

チュニジア共和国(チュニジアきょうわこく、الجمهورية التونسية、ベルベル語: ⵜⴰⴳⴷⵓⴷⴰ ⵏ ⵜⵓⵏⴻⵙ、République tunisienne)、通称チュニジアは、北アフリカのマグリブに位置する共和制をとっている国家。西にアルジェリア、南東にリビアと国境を接し、北と東は地中海に面する。地中海対岸の北東にはイタリアが存在する。首都はチュニス。 アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟と地中海連合とアラブ・マグレブ連合に加盟している。最も早く「アフリカ」と呼ばれ、アフリカ大陸の名前の由来になった地域である。.

新しい!!: フランスとチュニジア · 続きを見る »

チョークポイント

チョークポイント(choke point)とは、海洋国家の地政学における概念のひとつであり、 シーパワーを制するに当たり、戦略的に重要となる海上水路をいう。 見方を変えれば、例えば、シーレーン防衛において、重要な航路が集束している部位であったり、あるいはスエズ運河やパナマ運河など、水上の要衝を意味する。ボトルネックという語で表されることもあるが、重要なのは、チョークポイントは水上航路のみを指す概念である点である。よって、陸上は含まず、海峡や運河、場合によっては港湾など、もっぱら水運の要衝を指す語である点に注意すること。.

新しい!!: フランスとチョークポイント · 続きを見る »

チーズ

チーズ()とは、牛・水牛・羊・山羊・ヤクなど鯨偶蹄目の反芻をする家畜から得られる乳を原料とし、乳酸発酵や柑橘果汁の添加で酸乳化した後に加熱や酵素(レンネット)添加によりカゼインを主成分とする固形成分(カード)と液体成分(ホエー)に分離して脱水した食品(乳製品)の一種。伝統的に乳脂肪を分離したバターと並んで家畜の乳の保存食として牧畜文化圏で重要な位置を占めてきた。日本語や中国語での漢語表記は、北魏時代に編纂された斉民要術に記されているモンゴル高原型の乳製品加工の記述を出典とする乾酪(かんらく)である。.

新しい!!: フランスとチーズ · 続きを見る »

チェ・ゲバラ

ルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ(Ernesto Guevara de la Serna、1928年6月14日 - 1967年10月9日)は、アルゼンチン生まれの政治家、革命家で、キューバのゲリラ指導者。 「チェ・ゲバラ」の呼び名で知られるが、「チェ」は主にアルゼンチンやウルグアイ、パラグアイで使われているスペイン語(リオプラテンセ・スペイン語をはじめとする諸方言)で「やぁ」「おい」「お前(親しみを込めた)」「ダチ」といった砕けた呼び掛けの言葉であり、ゲバラが初対面の相手にしばしば「チェ。エルネスト・ゲバラだ」と挨拶していたことから、キューバ人たちが「チェ」の発音を面白がり付けたあだ名である。ラテンアメリカではキューバ革命以降「チェ」もしくは「エル・チェ (El Che)」(「el」男性定冠詞単数形)といえば彼のことを指す。.

新しい!!: フランスとチェ・ゲバラ · 続きを見る »

ネーデルラント17州

17州(Zeventien Provinciën、Dix-sept Provinces)は、低地諸国に16世紀に存在した同君連合下の国家群。現在のオランダ、ベルギー、ルクセンブルク、そしてフランス北部のアルトワ(Artois)、ノール(Nord)とドイツの一部を含む地域を含んだ領域に存在した。.

新しい!!: フランスとネーデルラント17州 · 続きを見る »

ネーデルラント継承戦争

ネーデルラント継承戦争(ネーデルラントけいしょうせんそう、War of Devolution)は、1667年から1668年にかけて行われた、フランス王国とスペイン王国の間の戦争。フランス王ルイ14世がスペイン領ネーデルラントの継承権を主張して起こした。フランドル戦争、帰属戦争とも言う。.

新しい!!: フランスとネーデルラント継承戦争 · 続きを見る »

ネグリチュード

ネグリチュード(Négritude、黒人性)は、黒人の自覚を促す標語、あるいは精神的風土や文化の特質をさす語。おもにフランス領アンティルとフランス語圏アフリカで発祥した文学運動の名称でもある。 1930年代前半にマルティニークのエメ・セゼール、セネガルのレオポール・セダール・サンゴールらが初めて用い、被抑圧民族である黒人固有の文化を高揚する運動を展開し、アフリカ、北アメリカ、西インド諸島地域の黒人知識人に大きな影響を与えた。.

新しい!!: フランスとネグリチュード · 続きを見る »

ハンニバル

ハンニバル・バルカ(Hannibal Barca, 紀元前247年 - 紀元前183年/紀元前182年)は、カルタゴの将軍。ハミルカル・バルカの長子。ハンニバルは「バアルの恵み」や「慈悲深きバアル」、「バアルは我が主」を意味すると考えられ、バルカとは「雷光」という意味である。 第二次ポエニ戦争を開始した人物とされており、連戦連勝を重ねた戦歴から、カルタゴが滅びた後もローマ史上最強の敵として後世まで語り伝えられていた。2000年以上経た現在でも、その戦術は研究対象として各国の軍隊組織から参考にされるなど、戦術家としての評価は非常に高い。 チュニジアで流通している5ディナール紙幣に肖像が使用されている。.

新しい!!: フランスとハンニバル · 続きを見る »

ハンガリー

ハンガリー(Magyarország)は、中央ヨーロッパの共和制国家。西にオーストリア、スロベニア、北にスロバキア、東にウクライナ、ルーマニア、南にセルビア、南西にクロアチアに囲まれた内陸国。首都はブダペスト。 国土の大部分はなだらかな丘陵で、ドナウ川などに潤される東部・南部の平野部には肥沃な農地が広がる。首都のブダペストにはロンドン、イスタンブールに次いで世界で3番目に地下鉄が開通した。.

新しい!!: フランスとハンガリー · 続きを見る »

ハイチ帝国 (1804年-1806年)

ハイチ帝国(Empire d'Haïti)は、1804年に独立したハイチが、皇帝としてジャン=ジャック・デサリーヌ(ジャック1世)を戴くことで成立した国家。 ジャック1世.

新しい!!: フランスとハイチ帝国 (1804年-1806年) · 続きを見る »

ハイチ革命

ハイチ革命(ハイチかくめい、仏:Révolution haïtienne, 1791年 - 1804年)は、西半球で起こったアフリカ人奴隷の反乱の中でも最も成功した革命。これにより、自由黒人の共和国としてハイチが建国された。革命が起こった時、ハイチはサン=ドマングと呼ばれるフランスの植民地であった。この革命によって、アフリカ人とアフリカ人を先祖に持つ人々がフランスの植民地統治から解放されただけでなく、奴隷状態からも解放された。奴隷が世界中で使われていた時代に多くの奴隷の反乱が起こったが、サン=ドマングの反乱だけが成功し、全土を恒久的に解放できた。 ハイチは近代史の中で初めての黒人の共和国であり、フランスの植民地から直接自治に移行し、今日まで続いている。革命前は、奴隷所有者たちが作り上げた仕組みが多数派を支配する時における暴力と軍事力の有効性を示していた。この仕組みが革命後も生き残り、誕生したばかりの黒人共和国でも続いた。多数派の黒人農民に対し、肌の色の薄いムラートなどの少数派エリートが政治力も経済力も支配した。 歴史家は、1791年8月にボア・カイマンで、ブードゥー教の高僧によって行われた特別の儀式が革命の触媒になったと指摘している。しかし、実際には多くの複雑な出来事が起こり、それがアフリカ人奴隷の歴史において最も意義深い革命に繋がる舞台を用意した。.

新しい!!: フランスとハイチ革命 · 続きを見る »

バラク・オバマ

バラク・フセイン・オバマ2世( 、1961年8月4日 - )は、アメリカ合衆国の政治家である。民主党所属。上院議員(1期)、イリノイ州上院議員(3期)、第44代アメリカ合衆国大統領を歴任した。 アフリカ系アフリカ系黒人とヨーロッパ系白人との混血=ムラートとしてアメリカ合衆国史上3人目となる民選上院議員(イリノイ州選出、2005年 - 2008年2008年アメリカ大統領選挙で当選後上院議員を辞任。)。また、アフリカ系、20世紀後半生まれ、ハワイ州出身者としてアメリカ合衆国史上初となる大統領である。 身長6フィート1インチ(約185.4cm)。2009年10月に現職アメリカ合衆国大統領としてノーベル平和賞を受賞する。.

新しい!!: フランスとバラク・オバマ · 続きを見る »

バロンドール

バロンドール(Ballon d'Or)は、1956年にフランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」が創設したヨーロッパの年間最優秀選手に贈られる賞である。"Ballon d'Or"はフランス語で「黄金の球」という意味で、受賞者には金色のサッカーボールを模したトロフィーが贈られる。2010年度より、それまでFIFAが選出していた「FIFA最優秀選手賞」と統合され「FIFAバロンドール」として表彰されるようになった。しかし2016年をもってFIFAの提携を解消し、同年より独自表彰が復活した。.

新しい!!: フランスとバロンドール · 続きを見る »

バカロレア (フランス)

バカロレア(baccalauréat)は、フランス教育省が発行する、中等教育レベル認証の国家資格である。1808年にナポレオン・ボナパルトによって導入され、2005年の時点では18歳に達したフランス国民の62%がバカロレアを取得している。なお、フランス以外の国のバカロレアに関しては、ここでは触れない。 以下の3種類が存在する。.

新しい!!: フランスとバカロレア (フランス) · 続きを見る »

バスク人

バスク人(バスクじん、vascos, euskaldunak)とは、ビスケー湾岸でピレネー山脈西端部にある、伝統的にバスク地方として知られる地域に元来居住している系統不明の民族。文脈によって、以下のどちらかを指す。.

新しい!!: フランスとバスク人 · 続きを見る »

バスケットボール世界選手権

バスケットボール世界選手権.

新しい!!: フランスとバスケットボール世界選手権 · 続きを見る »

バスケットボールフランス代表

バスケットボールフランス代表 (France national basketball team) は、フランスバスケットボール連盟によって編成されるバスケットボールのナショナルチームである。ニックネームは「Les Bleus」。.

新しい!!: フランスとバスケットボールフランス代表 · 続きを見る »

バスケットボール男子アメリカ合衆国代表

バスケットボール男子アメリカ合衆国代表(United States men's national basketball team)は、オリンピックなどの国際大会に参加するアメリカ男子バスケットボールのナショナルチーム。NBAプレイヤーで固めたチームはドリームチームと呼ばれる。.

新しい!!: フランスとバスケットボール男子アメリカ合衆国代表 · 続きを見る »

バスケットボール欧州選手権

FIBAヨーロッパ選手権(FIBA Europe Championship)は、FIBAヨーロッパが主催するバスケットボールのナショナルチームによる国際大会である。通称「ユーロバスケット(EuroBasket)」。.

新しい!!: フランスとバスケットボール欧州選手権 · 続きを見る »

ポリネシア

右 右 ポリネシア(Polynesia)は、オセアニアの海洋部の分類の一つである。太平洋で、概ねミッドウェー諸島(北西ハワイ諸島内)、アオテアロア(ニュージーランドのマオリ語名)、ラパ・ヌイ(イースター島)を結んだ三角形(ポリネシアン・トライアングル)の中にある諸島の総称で、2017年の人口は約700万人。.

新しい!!: フランスとポリネシア · 続きを見る »

ポルトガル

ポルトガル共和国(ポルトガルきょうわこく、República Portuguesa、República Pertuesa)、通称ポルトガルは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置する共和制国家である。北と東にスペインと国境を接し、国境線の総延長は1,214kmに及ぶ。西と南は大西洋に面している。ヨーロッパ大陸部以外にも、大西洋上にアソーレス諸島とマデイラ諸島を領有している。首都はリスボン。 ポルトガルはユーラシア大陸最西端の国家である。ヨーロッパで最初に海路で中国や日本など東アジアとの接触を持った。.

新しい!!: フランスとポルトガル · 続きを見る »

ポルトガル語

ポルトガル語(Português, língua portuguesa)は、主にポルトガルおよびブラジルで使われている言語である。俗ラテン語から発展して形成されたロマンス語の1つで、スペイン語などと共にインド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する。 スペインの作家セルバンテスはポルトガル語を「甘美な言語」と評し、ブラジルの詩人オラーヴォ・ビラックは「ラティウムの最後の、粗野で美しい花」と評している。 ポルトガル語は、大航海時代のポルトガル海上帝国の成長とともにアジア・アフリカ地域に広まった。日本では最初に伝播したヨーロッパの言語であり、古くからの外来語として定着しているいくつかの単語は、ポルトガル語由来である。代表的な例として「パン」があり、戦国時代にキリスト教と共に伝わった。.

新しい!!: フランスとポルトガル語 · 続きを見る »

ポン・デュ・ガール

ポン・デュ・ガール(仏: Pont du Gard)あるいはガール橋はフランス南部・ガール県のガルドン川に架かる水道橋である。ユゼスからニームへ水を運ぶための水路の途中にあり、古代ローマ時代・紀元前19年頃にアウグストゥス帝の腹心アグリッパの命令で架けられたと考えられている。.

新しい!!: フランスとポン・デュ・ガール · 続きを見る »

ポンディシェリ

ポンディシェリ(タミル語:பாண்டிச்சேரி, 仏語:Pondichéry, 英語:Pondicherry)は、インド東海岸タミル・ナードゥ州隣接地域に位置するポンディシェリ連邦直轄地域の首府。元フランスの植民地。17世紀から18世紀にかけてフランス領インドの首府であり、その後も非軍事的な植民地として英領インドのなかでフランス領として存続した。連邦直轄州の境界線はかつての国境線そのものであるが、フランスが半世紀以上かけて村落単位で植民地を広げていったため、いくつもの飛地が入り組んだ状態になっている。 現在でもタミル語、英語とともにフランス語が話されており、またフランス極東学院研究センターなどフランスの研究機関が設置されている。 なお、域内にはインドにおける古代ローマ人の居留地で、ローマ金貨などが出土するポドゥケー遺跡()がある。.

新しい!!: フランスとポンディシェリ · 続きを見る »

ポンディシェリ連邦直轄領

ポンディシェリ連邦直轄領 பாண்டிச்சேரி.

新しい!!: フランスとポンディシェリ連邦直轄領 · 続きを見る »

ポーランド

ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、Rzeczpospolita Polska)、通称ポーランドは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。欧州連合 (EU)、北大西洋条約機構 (NATO) の加盟国。通貨はズウォティ。首都はワルシャワ。 北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する。 10世紀に国家として認知され、16世紀から17世紀にかけヨーロッパで広大な国の1つであったポーランド・リトアニア共和国を形成。18世紀、4度にわたり国土が隣国によって分割され消滅。 第一次世界大戦後、1918年に独立を回復したが、第二次世界大戦時、ナチス・ドイツとソビエト連邦からの事前交渉を拒否し両国に侵略され、再び国土が分割された。戦後1952年、ポーランド人民共和国として国家主権を復活、1989年、民主化により共和国となった。冷戦時代は、ソ連の影響下に傀儡政権の社会主義国とし最大で最も重要なソ連の衛星国の一国となり、政治的にも東側諸国の一員となった。国内及び東側諸国の民主化とソ連の崩壊と東欧革命を経て、「中欧」または「中東欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: フランスとポーランド · 続きを見る »

ポール・ゴーギャン

ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン(Eugène Henri Paul Gauguin, 1848年6月7日 - 1903年5月8日)は、フランスのポスト印象派の画家。姓は「ゴギャン」「ゴーガン」とも。.

新しい!!: フランスとポール・ゴーギャン · 続きを見る »

ポール・セザンヌ

ポール・セザンヌ(, 1839年1月19日 - 1906年10月23日(墓碑には10月22日と記されているが、近年は23日説が有力近年(特に1993年以降)の文献では、死没日を10月23日とするものが多くなっている。浅野 (2000: 68) は、最近の調査で死亡時刻が10月23日午前7時であったことが判明したと指摘している。また、ルイス (2005: 339) は、セザンヌの墓碑に記された10月22日という死没日は誤記であるとしている。))は、フランスの画家。当初はクロード・モネやピエール=オーギュスト・ルノワールらとともに印象派のグループの一員として活動していたが、1880年代からグループを離れ、伝統的な絵画の約束事にとらわれない独自の絵画様式を探求した。ポスト印象派の画家として紹介されることが多く、キュビスムをはじめとする20世紀の美術に多大な影響を与えたことから、しばしば「近代絵画の父」として言及される。.

新しい!!: フランスとポール・セザンヌ · 続きを見る »

ポール=ルイ

ポール=ルイ (Port-Louis、ブルトン語:Porzh-Loeiz)は、フランス、ブルターニュ地域圏、モルビアン県のコミューン。.

新しい!!: フランスとポール=ルイ · 続きを見る »

ポピュラー音楽

ポピュラー音楽(ポピュラーおんがく、popular music ポピュラー・ミュージック)とは、広く人々の好みに訴えかける音楽のことであるOxford Dictionaries.

新しい!!: フランスとポピュラー音楽 · 続きを見る »

ポスト印象派

ポスト印象派 または、ポスト印象主義(Post-Impressionism、Post-impressionnisme)は、印象派の後に、フランスを中心として主に1880年代から活躍した画家たちを指す便宜的な呼称である。この区分は印象派に対する態度によるものであることから、様式的な共通性は希薄であり、それぞれの画家の画風は大きく異なる。一般的には、フィンセント・ファン・ゴッホ、ポール・ゴーギャン、ポール・セザンヌなどを指す。.

新しい!!: フランスとポスト印象派 · 続きを見る »

ポストモダン

ポストモダン()とは、「モダニズム(近代主義)がその成立の条件を失った(と思われた)時代のこと。ポストモダニズム とは、そのような時代を背景として近代主義の閉塞を打開すべく成立した、モダニズム(近代主義)を批判する文化的諸分野上の運動(ムーブメント)のこと。脱近代主義。"主に哲学・思想・文学・建築の分野で用いられる語。.

新しい!!: フランスとポストモダン · 続きを見る »

ポスト構造主義

ポスト構造主義(ぽすとこうぞうしゅぎ、)は1960年後半から1970年後半頃までにフランスで誕生した思想運動の総称である。アメリカの学会で付けられた名称であり当時のフランスではあまり用いられなかった。「反」構造主義ではなく文字通り「post(〜の後に)構造主義」と解釈すべきであるが、明確な定義や体系を示した論文は未だ存在していない。ただしポスト構造主義者たちのアプローチは隠喩、主題、合理性といった古典的な概念に対する批判において一致しており、全体主義、父権主義、差別主義、自民族中心主義、啓蒙思想などを否定している。構造主義、ポストモダンとそれぞれ関係があり、現象学の影響を受けている。このため批評家のコリン・デイヴィスは「ポスト構造主義者でなく厳密にはポスト現象学者と言うべきである」と主張している。 代表的な思想家はミシェル・フーコー、ジャック・デリダ、ジル・ドゥルーズ、中期のジャン=フランソワ・リオタール、後期のロラン・バルトなど。もっとも、これらの思想家で自らをポスト構造主義者と規定した者はいない。.

新しい!!: フランスとポスト構造主義 · 続きを見る »

ムスリム

ムスリム(مسلم、Muslim)とは、「(神に)帰依する者」を意味するアラビア語で、イスラム教の教徒のことである。.

新しい!!: フランスとムスリム · 続きを見る »

ムスタファ・ケマル・アタテュルク

ムスタファ・ケマル・アタテュルク軍での階級に沿って、尉官までは、エフェンディ (Mustafa Kemal Efendi)、佐官時代は、ベイ (Mustafa Kemal Bey)、将官時代 (1916年3月19日以降)は、パシャ (Mustafa Kemal Paşa)、1921年9月19日以降は、ガーズィ(Gazi Mustafa Kemal Paşa)の敬称・称号が付けられる。1934年11月24日以降、ムスタファ・ケマル・アタテュルク。日本では、ケマル・パシャとも言われる。「エフェンディ」および母ズュベイデや妻ラティーフェに用いられている「ハヌム」は姓名ではなく、トルコ語における一般的な敬称である。「ベイ」「パシャ」も当該記事のとおり一定の階級以上の者に用いられる尊称であり、「ガーズィ」は元軍人を意味する名誉称号で、アタテュルクのそれに関してはトルコ大国民議会から贈られたものである。(Mustafa Kemal Atatürk、1881年5月19日 - 1938年11月10日)は、オスマン帝国の将軍、トルコ共和国の元帥、初代大統領(在任1923年10月29日 - 1938年11月10日)。トルコ独立戦争とトルコ革命を僚友たちとともに指導したことで知られる。.

新しい!!: フランスとムスタファ・ケマル・アタテュルク · 続きを見る »

メロヴィング朝

メロヴィング朝フランク王国 メロヴィング朝(メロヴィングちょう、Mérovingiens, Merovingian dynasty, Merowinger)は、ゲルマン人(西ゲルマン)であるフランク族の支族のサリ族が築いたフランク王国における最初の王朝である。 メロヴィングの名は、始祖クロヴィスの祖父メロヴィクスにちなむ。4子に分割相続して以後、分裂・内紛を繰り返して衰退した。.

新しい!!: フランスとメロヴィング朝 · 続きを見る »

メーデー

メーデー(、直訳すれば「5月の日」)は、世界各地で毎年5月1日に行われる祭典。ヨーロッパでは夏の訪れを祝う意味を持った日である一方、旧東側諸国などでは労働者が統一して権利要求と行進など活動を取り行う日としている国もある。「労働(者)の日」(Labour Day)ともいうが、いくつかの国ではその国独自の「労働者の日」を定めているため、International Labour Day との言い方も存在する。.

新しい!!: フランスとメーデー · 続きを見る »

メトロポール・ド・リヨン

メトロポール・ド・リヨン(Métropole de Lyon)は、2015年1月1日よりフランス共和国憲法第72条により設置された、フランスの地方公共団体。属するコミューンは廃止されたリヨン都市共同体(グラン・リヨン)を継承する。首府はリヨンにある。.

新しい!!: フランスとメトロポール・ド・リヨン · 続きを見る »

メキシコ

メキシコ合衆国(メキシコがっしゅうこく、)、通称メキシコは、北アメリカ南部に位置する連邦共和制国家。北にアメリカ合衆国と南東にグアテマラ、ベリーズと国境を接し、西は太平洋、東はメキシコ湾とカリブ海に面する。首都はメキシコシティ。メキシコの総人口は約1億3千万人(2016年時点)で、スペイン語圏においては最も人口の多い国で、GDPは中南米2位である。しかし、人口の40%が貧困層である。.

新しい!!: フランスとメキシコ · 続きを見る »

メキシコドル

メキシコドルはメキシコを中心にラテンアメリカ各国で鋳造された、8レアル銀貨である。貿易決済に用いられスペインなどヨーロッパ諸国、中国など東アジア諸国にも大量に流入し流通した貿易銀であった。 額面は8レアルであるが、アメリカにおいて1ドル銀貨として通用したことからメキシコドルと呼ばれるようになった。中国および日本ではメキシコを墨西哥と表記するため墨銀とも呼ばれ、外国から流入した洋銀の主流的位置を占めた。日本ではドルラル、ドロ銀などとも呼ばれた。.

新しい!!: フランスとメキシコドル · 続きを見る »

メキシコ出兵

フランス第二帝政によるメキシコ出兵は、メキシコにおけるフランス干渉戦争 (Segunda intervención francesa en México)、マクシミリアン問題、フランス干渉戦争、フランス・メキシコ戦争としても知られる。メキシコ帝国と『メキシコ1857年憲法』に基づくメキシコ共和国との主導権争いは、保守か革新かという独立後のメキシコの体制を決する争いであり、フランス帝国とアメリカ合衆国の代理戦争でもあった。 このフランス第二帝政による侵略戦争は、当初はイギリスとスペインの支援を受けていた。 1861年にメキシコのベニート・フアレス大統領が2年物の国債の利息の支払い停止を外国に宣言し、これにメキシコの債権者とフランス、スペイン、イギリスが怒ったことが、この戦争のきっかけとなった。ナポレオン3世は自由貿易にかかわる広範な外交の主張によって軍事介入を正当化し、扇動者となった。彼にとって、メキシコに親フランス政権を樹立することはヨーロッパとラテンアメリカとのつながりを確保することであった。 またナポレオン3世はメキシコから採掘される銀を欲してもいた。アメリカ合衆国で南北戦争が起こっている最中に、ナポレオン3世はスペインとイギリスとの連合を結成し、3カ国は10月31日にロンドン条約に調印し、メキシコに利息を支払わせることを目的として翌年、共同出兵した。 大きな利権が伴わないスペイン、イギリスは、個別に債権の利払いに関する交渉を進め、1862年中に撤兵したが、フランスはカトリックの布教という宗教的な関心を持つウジェニー・ド・モンティジョ(ナポレオン3世皇后)の影響と、台頭するアメリカに対する牽制としてラテンアメリカに親欧州の帝国を築きたいナポレオン3世の意向もあって出兵を継続。プエブラの会戦ではフランス側が敗北を喫するものの、フランス外人部隊などを含め派兵数を3万人に増強。1863年6月にメキシコ市を陥落させ、翌年にはオーストリア皇弟フェルディナント・ヨーゼフ・マクシミリアン大公を皇帝に据えた傀儡政権(第2次メキシコ帝国)を成立させた。 フランスは、メキシコ北西の豊かな鉱山資源の利用、アメリカ大陸でのカトリック帝国の発展によるプロテスタントとの勢力均衡、ソルフェリーノの戦いなどで敵対したオーストリア帝国との和解など、メキシコ問題にさまざまな関心を持っていた。.

新しい!!: フランスとメキシコ出兵 · 続きを見る »

モロッコ

モロッコ王国(モロッコおうこく、المملكة المغربية、ベルベル語: ⵜⴰⴳⵍⴷⵉⵜ ⵏ ⵎⵓⵔⴰⴽⵓⵛ)、通称モロッコは、北アフリカ北西部のマグリブに位置する立憲君主制国家。東にアルジェリアと、南に西サハラ(サハラ・アラブ民主共和国)と、北にスペインの飛地(セウタとメリリャ)に接し、西は大西洋に、北は地中海に面している。首都はラバト。 南に接する西サハラはスペインが放棄後、モロッコと現地住民による(亡命)政府であるサハラ・アラブ民主共和国が領有権を主張している。モロッコは西サハラの約7割を実効支配しているが、国際的には認められていない。実効支配下を含めた面積は約599,500km2(うち、西サハラ部分が189,500km2)、人口は33,848,242人(2014年国勢調査)。 地中海世界とアラブ世界の一員であり、地中海連合とアラブ連盟とアラブ・マグリブ連合に加盟している。モロッコはサハラ・アラブ民主共和国を自国の一部であるとの立場から独立国家として承認しておらず、1984年にサハラ・アラブ民主共和国のアフリカ統一機構(2002年にアフリカ連合へ発展)加盟に反対して同機構を脱退、アフリカ大陸唯一のアフリカ連合(AU)非加盟国になっていたが、2017年1月31日に再加入した。.

新しい!!: フランスとモロッコ · 続きを見る »

モンペリエ大学

フランスの大学としては屈指の歴史を誇り、とりわけ医学部はヨーロッパ最古とされ、法学部も名門で知られている。 1970年に以下のように三分されたが、2015年に人文・芸術系のモンペリエ第3大学(ポール=ヴァレリー)以外の、モンペリエ第1大学とモンペリエ第2大学が再統合され「モンペリエ大学」となった。.

新しい!!: フランスとモンペリエ大学 · 続きを見る »

モンブラン

モンブラン(仏: Mont Blanc 伊: Monte Bianco)は、フランスとイタリアの国境に位置する、ヨーロッパアルプスの最高峰。標高4810.9m。ヨーロッパではロシアのエルブルス山に次ぎ高い山であり、西ヨーロッパでは最高峰である。.

新しい!!: フランスとモンブラン · 続きを見る »

モーリス・ラヴェル

ョゼフ=モーリス(モリス)・ラヴェル(Joseph-Maurice Ravel, 1875年3月7日 - 1937年12月28日)は『スペイン狂詩曲』やバレエ音楽『ダフニスとクロエ』『ボレロ』の作曲、『展覧会の絵』のオーケストレーションで知られるフランスの作曲家。バスク系フランス人。.

新しい!!: フランスとモーリス・ラヴェル · 続きを見る »

モーリタニア

モーリタニア・イスラム共和国(モーリタニア・イスラムきょうわこく、الجمهورية الإسلامية الموريتانية)、通称モーリタニアは、アフリカ北西部に位置する共和制国家。 北西にモロッコ(サハラ・アラブ民主共和国)、北東にアルジェリア、東と南にマリ、南西にセネガルと国境を接し、西は大西洋に面する。 大西洋沖の西にはカーボベルデが存在する。 首都はヌアクショットである。 2015年の人口は約406.8万人。 アフリカ世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟に加盟している。アラブ・マグリブ連合にも加盟しており、広義のマグリブ諸国に含まれる。.

新しい!!: フランスとモーリタニア · 続きを見る »

モータースポーツ

モータースポーツ(motorsports)とは、人間の筋肉以外の機械的なモーターやエンジンなどの原動機を使用して稼働する乗り物を用いて行われる競技・スポーツ。カテゴリと呼ばれる競技ランクや競技種別の違いによって定められたルールやレギュレーションに従い「速さ」を競う競技である。 広義においてはモーターボートや飛行機など、いわゆる「車両」以外の乗り物を用いて行われるものを含めてモータースポーツと指す。陸上を走る四輪自動車やモーターサイクル(オートバイ)などの車両を使用したものが一般的であるため、それらを指す場合が多い。自動車を用いて行われる競技については自動車競技、オートバイを用いて行われる競技についてはオートバイ競技を参照のこと。.

新しい!!: フランスとモータースポーツ · 続きを見る »

モゼル県

モゼル県(Moselle)は、フランス北東部、グラン・テスト地域圏の県である。.

新しい!!: フランスとモゼル県 · 続きを見る »

ヤング案

ヤング案(ヤングあん、Young Plan)は、第一次世界大戦の賠償を緩和する新たな賠償方式で、1924年成立のドーズ案によるドイツの負担をさらに緩和した。ヤング案の発効は世界恐慌へつながった。1932年ローザンヌ会議において、賠償金はさらに今後30億金マルクに減額された。しかし翌年、ナチスによって支払いは一方的に拒否された。その後、アメリカへの戦債は解消しないままであった。戦後補償を完了するのはドイツ再統一後に利子の支払いを再開してからで、アメリカへの債務は2010年10月3日にようやく終わった。しかし他国への債務はまだ2020年まで残っている。.

新しい!!: フランスとヤング案 · 続きを見る »

ユーロ

ユーロは、欧州連合における経済通貨同盟で用いられている通貨である。.

新しい!!: フランスとユーロ · 続きを見る »

ユーロ債

ユーロ債(ユーロさい、Eurobond)とは、元来その債券の表示通貨国以外の国で起債・購買される債券を指す。SGウォーバーグ(S. G. Warburg & Co.)らが1963年にアウトストラーダ債を発行したのがドル建てユーロ債の最初とされる。ただし、その後の市場の発展により、オフショア市場での発行であれば、発行国の通貨建であってもユーロ債とみなすようになった。ユーロ債市場はシティ・オブ・ロンドンの外債発行市場を圧迫しながら、長期資本市場としてユーロクリア創立にかけて形成された。ユーロ債市場は、短期資本市場としてのユーロダラー市場(1957年スタート)とまとめてユーロ市場と呼ばれる。菅原歩 「ユーロ債市場の形成とS・G・ウォーバーグ商会、1963-1968年(1)」 経済論叢 170(3), 251-264, 2002-09.

新しい!!: フランスとユーロ債 · 続きを見る »

ユーグ・カペー

ユーグ・カペー(Hugues Capet、940年頃 - 996年10月24日)は、ロベール家の出身でフランスのカペー朝を開いた。フランス王(在位:987年 - 996年)。年幼くして家督を相続した当初はその力量からロベール家領の多くを失ったが、カロリング朝が断絶したことにより王位を継承、彼の子孫はしだいに勢力を回復した。以後ヴァロワ朝からブルボン朝へと血統を繋げ、フランス革命からナポレオンの時代を除いた七月王政まで、800年以上フランスの王権を保った。史家の多くはこのユーグ・カペーの王位継承をもってフランク王国が終わりフランス王国が始まったと解釈している。.

新しい!!: フランスとユーグ・カペー · 続きを見る »

ユッスー・ンドゥール

ユッスー・ンドゥール(Youssou N'Dour, 1959年10月1日 - )は、セネガルの歌手、ロイター日本版サイト、2012年3月2日閲覧。。 セネガルの伝統音楽に、さまざまな民族音楽や欧米のポップ・ミュージックのエッセンスを取り入れ、独自の音楽世界を展開している同国音楽界の大御所。セネガルの楽器ジャンベを用いた伝統音楽から、カリブ音楽やその他様々なジャンルの音楽を融合したンバラという音楽ジャンルを確立した。2004年、米国の『ローリング・ストーン』誌は、「アフリカにおいて存命する最も著名な音楽家であろう」と評した。これまで20年以上に渡り、自身のバンド (Super Étoile de Dakar) と共に活動を続けている。.

新しい!!: フランスとユッスー・ンドゥール · 続きを見る »

ユニバーサルヘルスケア

ユニバーサルヘルスケア(Universal health care, Universal care)、ユニバーサルヘルスカバレッジ(Universal health coverage, Universal coverage)、普遍主義的医療制度(ふへんしゅぎてきいりょうせいど)、国民皆保険(こくみんかいほけん)とは、市民の全員に保健医療サービスおよび医療費補助を提供する保健プログラムのこと。 WHOによれば、社会の構成員すべてに対し特定の福利厚生パッケージを提供することで、医療費リスクから保護し、医療アクセスを改善し、保健状態の向上を図ることを目的とした制度である。 ユニバーサルヘルスケアは、すべてのケースにおいて最善の形態が存在する概念ではないし、また万人のすべてのケースに対応できるものでもない。「誰をカバーするか」「どのようなサービスまでカバーするか」「どの価格までカバーするか」という、三つの要素によって形態が定義づけられる。 OECD諸国においては、ギリシャ、米国、ポーランドを除いたすべての国で、基本的保健サービス(GP受診・専門医・検査・手術・医療用品)におけるカバーを達成している。歯科および処方薬については、これらの国では一般的に部分的補助となる。 ギリシャにおいては国家経済破綻のため、長期失業者や保険に加入しない自営業者が発生した(加入率79.9%)。 米国では現在オバマケアが進行中である(加入率88.5%)。ポーランドでは保険料不払い者が資格を喪失するようになった(加入率91.6%)。.

新しい!!: フランスとユニバーサルヘルスケア · 続きを見る »

ユダヤ人

ユダヤ人(יהודים、Jews、Djudios、ייִדן)は、ユダヤ教の信者(宗教集団)、あるいはユダヤ人を親に持つ者(血統)によって構成される宗教的民族集団である。 ムスリムやクリスチャンと同じで、ユダヤ人という人種・血統的民族が有る訳では無い。ヨーロッパでは19世紀中頃まで主として前者の捉え方がなされていたが、近代的国民国家が成立してからは後者の捉え方が広まった。ハラーハーでは、ユダヤ人の母親から生まれた者、あるいは正式な手続きを経てユダヤ教に入信した者がユダヤ人であると規定されている。2010年現在の調査では、全世界に1340万を超えるユダヤ人が存在する。民族独自の国家としてイスラエルがあるほか、各国に移民が生活している。ヘブライ人やセム人と表記されることもある。 ユダヤ人はディアスポラ以降、世界各地で共同体を形成し、固有の宗教や歴史を有する少数派のエスニック集団として定着した。しかし、それらを総体的に歴史と文化を共有する一つの民族として分類することはできない。言語の面をみても、イディッシュ語の話者もいればラディーノ語の話者もいる。歴史的にはユダヤ人とはユダヤ教徒のことであったが、現状では国籍、言語、人種の枠を超えた、一つの尺度だけでは定義しえない文化的集団としか言いようのないものとなっている。 で追加された記述だが、出典が示されていない。古代のイスラエル人やセファルディムは(いわゆる「白人」ではないものの)主にコーカソイドのはずで、これを単に「有色人種」と説明するのは誤りではないにしても誤解を招きかねず、不適切であろう。また、アシュケナジムをハザール人と関連づけるのは(当該記事の記述によれば)諸説があり、広く受け入れられている説ではない。 「古代のイスラエル人は有色人種で、12支族の1支族ユダ族のユダヤ人は有色人種セファルディムで、白系ユダヤ人アシュケナジム(ヘブライ語でドイツを意味する)は8世紀頃、ハザール人のユダヤ教への改宗によって、ユダヤ人を名乗った。」 -->.

新しい!!: フランスとユダヤ人 · 続きを見る »

ユダヤ教

ダビデの星 ユダヤ教(ユダヤきょう、יהדות)は、古代の中近東で始まった唯一神ヤハウェ(יהוה)を神とし、選民思想やメシア(救世主)信仰などを特色とするユダヤ人の民族宗教である。ただしメシア思想は、現在ではハバド・ルバヴィッチ派などを除いて中心的なものとなっていない。 『タナハ』(キリスト教の『旧約聖書』に当たる書物)が重要な聖典とされる。.

新しい!!: フランスとユダヤ教 · 続きを見る »

ユグノー

ユグノー(Huguenot)は、フランスにおける改革派教会(カルヴァン主義)またはカルヴァン派。フランス絶対王政の形成維持と崩壊の両方に活躍し、迫害された者は列強各国へ逃れて亡命先の経済を著しく発展させた。その活躍は、まずとびぬけてイギリスでみられたが、ドイツでは順当な規模であった。 関連項目と記事下部のカテゴリからのリンクが充実している。.

新しい!!: フランスとユグノー · 続きを見る »

ユグノー戦争

ユグノー戦争(ユグノーせんそう、フランス語:Guerres de religion, 1562年 - 1598年)は、フランスのカトリックとプロテスタントが休戦を挟んで8次40年近くにわたり戦った内戦である。 ドイツに始まった宗教改革運動は各国に広まったが、ジャン・カルヴァンの思想がフランスでも勢力を持ち、プロテスタントはカトリック側からユグノー(huguenot)と呼ばれた。ユグノーには貴族も加わり、弾圧にもかかわらず勢力を広げていった。1562年にカトリックの中心人物ギーズ公によるヴァシーでのユグノー虐殺事件(ヴァシーの虐殺)が契機となり、内乱状態になった。妥協的な和平を挟んだ数次の戦争の後の1572年8月24日には、カトリックがユグノー数千人を虐殺するサン・バルテルミの虐殺が起こっている。 宗教上の対立であるとともに、ブルボン家(プロテスタント)やギーズ家(カトリック)などフランス貴族間の党派争いでもあった。加えて、この戦争はカトリックのスペイン王フェリペ2世とプロテスタントのイングランド女王エリザベス1世との代理戦争の性格も有している。1589年にギーズ公アンリ、次いで国王アンリ3世が暗殺されてヴァロワ朝が断絶し、アンリ4世が即位してブルボン朝が興った。パリではカトリックの勢力が強く、プロテスタントの王を認めなかったため、アンリ4世はカトリックに改宗している。一方でナントの勅令(1598年)を発して、プロテスタントに一定の制限の下ではあるが信仰の自由を認め、戦争は終結した。.

新しい!!: フランスとユグノー戦争 · 続きを見る »

ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ

ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ(Johann Gottlieb Fichte、1762年5月19日 - 1814年1月27日)は、ドイツの哲学者である。先行のイマヌエル・カントの哲学に大きく影響を受け、のちのG.W.F.ヘーゲルやフリードリヒ・シェリングらに影響を与えたドイツ観念論の哲学者である。息子のイマヌエル・フィヒテ(通称:小フィヒテ)も哲学者。ナポレオン占領下のベルリンでの講演「ドイツ国民に告ぐ」で広く知られる。.

新しい!!: フランスとヨハン・ゴットリープ・フィヒテ · 続きを見る »

ヨーロッパ

ヨーロッパ日本語の「ヨーロッパ」の直接の原語は、『広辞苑』第5版「ヨーロッパ」によるとポルトガル語・オランダ語、『デジタル大辞泉』goo辞書版「」によるとポルトガル語。(、)又は欧州は、地球上の七つの大州の一つ。漢字表記は欧羅巴。 地理的には、ユーラシア大陸北西の半島部を包括し、ウラル山脈およびコーカサス山脈の分水嶺とウラル川・カスピ海・黒海、そして黒海とエーゲ海を繋ぐボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡が、アジアと区分される東の境界となる増田 (1967)、pp.38–39、Ⅲ.地理的にみたヨーロッパの構造 ヨーロッパの地理的範囲 "Europe" (pp. 68-9); "Asia" (pp. 90-1): "A commonly accepted division between Asia and Europe...

新しい!!: フランスとヨーロッパ · 続きを見る »

ヨーロッパの祖母

ヨーロッパの祖母(ヨーロッパのそぼ、英語:Grandmother of Europe)は、.

新しい!!: フランスとヨーロッパの祖母 · 続きを見る »

ラ・マルセイエーズ

ラ・マルセイエーズ(La Marseillaise、 )は、フランスの国歌である。マルセイユの歌とも言う。もとはフランス革命のときの革命歌で、マルセイユの連盟兵(義勇兵)が隊歌として歌って広めたことからこの名前がある。.

新しい!!: フランスとラ・マルセイエーズ · 続きを見る »

ラテン人

ラテン人(ラテン語:Latini)は、イタリック語派に属する古代民族で、イタリア中西部のラティウム・ベトゥスに居住した勢力を指す。紀元前1000年頃から居住を開始したラテン人は、後に世界帝国へ躍進するローマ文明の礎を築いたことで知られている。 また彼らの使用した言語(ラテン語)はロマンス諸語の母体となり、多大な文化的影響を残している。.

新しい!!: フランスとラテン人 · 続きを見る »

ラテンアメリカ

ラテンアメリカ(Latinoamérica, América Latina, Latinoamerica, América Latina, Latin America, Amérique latine)は、アングロアメリカに対する概念で、アメリカ大陸の北半球中緯度から南半球にかけて存在する独立国及び非独立地域を指す総称である。 ここでの「ラテン」という接頭語は「イベリア(系)の」という意味であり、これらの地を支配していた旧宗主国が、ほぼスペインとポルトガルであったことに由来している。 多くの地域がスペイン語、ポルトガル語、フランス語などのラテン系言語を公用語として用いており、社会文化もそれに沿ったものであったことから名付けられた。。--> 右図に見るようにラテンアメリカは北アメリカ大陸のメキシコをふくみ、南米大陸のガイアナ・スリナム・フランス領ギアナをふくまない。ラテンアメリカは中南米と呼称される場合もあるが、図に合う正確な表現ではない大貫1987、p.473。.

新しい!!: フランスとラテンアメリカ · 続きを見る »

ラテン通貨同盟

ラテン通貨同盟(ラテンつうかどうめい)とは、フランス、ベルギー、イタリア、スイスを原加盟国とする通貨同盟。フランスが1857年にアルジェリアを制圧してすぐ、フランス銀行の正貨準備高は25%も跳ね上がったLouvet Paul, La Banque de France et l'escompte, Paris, 1900, pp.250-251.

新しい!!: フランスとラテン通貨同盟 · 続きを見る »

ラティフンディウム

ラティフンディウム(ラテン語:latifundium)またはラティフンディア(latifundia:latifundiumの複数形)は、古代ローマにおける奴隷労働に頼った大土地経営である。.

新しい!!: フランスとラティフンディウム · 続きを見る »

ラファール (航空機)

ラファール(Rafale)は、フランスのダッソー社が開発した戦闘機。フランス空軍・海軍でマルチロール機として運用されている。当初フランスは、イギリス、ドイツとの共同開発で欧州戦闘機開発を行っていたが、軍事的・政治的理由(後述)で脱退。その後、単独で開発に着手し、完成させた。 クロースカップルドデルタ(close coupled canard/delta)と呼ばれる無尾翼デルタ式にカナード翼を組み合わせた翼を持つ。機体名称は、フランス語で「疾風、突風」の意味。.

新しい!!: フランスとラファール (航空機) · 続きを見る »

ライン同盟

1808年のライン同盟 1812年のライン同盟 ライン同盟(ラインどうめい、Rheinbund、Confédération du Rhin)は、19世紀のドイツにおいて、フランス皇帝ナポレオン1世の圧力により成立した国家連合である。1813年に起きたライプツィヒの戦いで、ナポレオンの敗退とともに解体した。ライン連邦とも訳される。.

新しい!!: フランスとライン同盟 · 続きを見る »

ライン川

ライン川(ラインがわ、阿:Rhy、巴 / Rhein、Rijn、Rhin、Rhine、Rhenus)は、ヨーロッパを流れる川。 スイスアルプスのトーマ湖に端を発し、ボーデン湖に入りドイツ・フランスの国境を北に向かう、ストラスブールを越えてカールスルーエの少し南からドイツ国内を流れ、ボン、ケルン、デュッセルドルフ、デュースブルクなどを通過しオランダ国内へと入ったあと2分岐し、ワール川とレク川となりロッテルダム付近で北海に注いでいる。 全長1,233km。そのうちドイツを流れるのは698kmである。ドイツにとっては特に重要な川であり、ライン流域を主軸のひとつとしてドイツ史は展開していった。また、ドイツ語の名詞には男性名詞、女性名詞、中性名詞があるが、河川のほとんどは女性名詞であるのに対し、ライン川、マイン川、ネッカー川などごく少数の川だけは男性形であらわされる。そのこともあって、ドイツ人はこの川を「父なる川」と呼んでいる。ドナウ川とともに、外国の船が自由に航行する国際河川の一つ。 下流地域は川幅が広く流れが穏やかなため、水運が盛んである。バーゼルから河口までのライン川流域圏はブルーバナナ(「太平洋ベルト」の西欧版)の一部を成す。また、産業革命の中心地のひとつとなったルール工業地帯もライン川とルール川に挟まれる形で位置しており、その充実した内陸水路と豊富な地下資源によって発達した。.

新しい!!: フランスとライン川 · 続きを見る »

ライシテ

ライシテ(laïcité)、あるいは、ライシスム(laïcisme, laicism レイアシズム)とは、フランスにおける世俗主義(俗権主義)・政教分離の原則・政策のこと。 元々はフランス革命以来、主に学校・教育に関するローマカトリック勢力と、共和民主主義・反教権主義勢力との対立・駆け引きを通じて醸成されてきた原則・政策だが、中東からの移民増加とその文化的軋轢が表面化した1990年代以降は、イスラームとの関係で論じられることが多い満足 p125。.

新しい!!: フランスとライシテ · 続きを見る »

ラグビー

ラグビー(rugby)は、イギリスラグビー校発祥のフットボールの一種。現在、ラグビーユニオンとラグビーリーグの2つのスポーツとして主に行われている。日本でのラグビーは通常ラグビーユニオンである。和名で闘球やラ式蹴球とも呼ばれる。.

新しい!!: フランスとラグビー · 続きを見る »

ラグビーワールドカップ

ラグビーワールドカップ (Rugby World Cup) とは、ラグビーユニオンのナショナルチームの世界一を決定する世界選手権大会。第1回大会は1987年に開催され、4年ごとに開催されている。優勝トロフィーは「ウェブ・エリス・カップ」。ワールドラグビー主催。現在、運営管理はラグビーワールドカップリミテッド(RWCL)に委託されている。 夏季オリンピック、FIFAワールドカップとともに、世界3大スポーツイベントである。 大会テーマソングは「ワールド・イン・ユニオン」。.

新しい!!: フランスとラグビーワールドカップ · 続きを見る »

ラグビーワールドカップ2007

ワールドカップに際し、大型のラグビーボールで飾られたエッフェル塔 ラグビーワールドカップ2007は、2007年9月7日から10月20日まで、フランスを中心にウェールズ、スコットランドにまたがって開催された第6回ラグビーワールドカップ。.

新しい!!: フランスとラグビーワールドカップ2007 · 続きを見る »

ラグビーフランス代表

ラグビーフランス代表 (Équipe de France de rugby à XV) は、フランスラグビー連盟によるラグビーユニオンのナショナルチームである。愛称はレ・ブル (Les Bleus) である。.

新しい!!: フランスとラグビーフランス代表 · 続きを見る »

ラザード

ラザード は、27か国43都市に事業所を持つ、ラザード・グループLLCの親会社であり、世界的な名門投資銀行。少数精鋭の体制で知られる。インドシナ銀行をはじめとする多くの企業へ役員を派遣し、PSA・プジョーシトロエン等フランス企業同士の大合併を仲介してきた。2004年、バンク・ワン(Bank One Corporation)とJPモルガン・チェースの合併に役割を演じて相応の顧問料を得たInternational Directory of Company Histories, Vol. 121.。2008年の金融危機に際しては、三菱UFJフィナンシャル・グループのモルガン・スタンレーへの出資を手掛けた。ラザードは永らく非公開の合名会社であったが、2005年5月5日、ニューヨーク証券取引所に株式公開した。巨大な投資子会社ユーラゼオのポートフォリオがラザードの投資顧問業と相乗効果をあげている。.

新しい!!: フランスとラザード · 続きを見る »

ラシッド・タハ

2007年 ラシッド・タハ(、1958年9月18日 -)はフランスの歌手。アルジェリアのオランで生まれた。「ラシッド・ター」と表記される事もある。.

新しい!!: フランスとラシッド・タハ · 続きを見る »

ラスコー洞窟

ラスコー洞窟の壁画 p.

新しい!!: フランスとラスコー洞窟 · 続きを見る »

リュミエール兄弟

リュミエール兄弟(左が兄のオーギュスト、右が弟のルイ) リュミエール兄弟(リュミエールきょうだい)は、トーマス・エジソンと並び称せられるフランスの映画発明者。「映画の父」と呼ばれる。世界初の実用カラー写真の開発者でもある。.

新しい!!: フランスとリュミエール兄弟 · 続きを見る »

リュック・ベッソン

リュック・ベッソン(仏:Luc Besson、1959年3月18日 - )は、フランスの映画監督、脚本家、映画プロデューサーである。映画製作会社ヨーロッパ・コープ (EuropaCorp) 社長。主な業績に『レオン』の監督や、『トランスポーター』シリーズの製作などがある。 ベッソンは同年代にデビューしたジャン=ジャック・ベネックス、レオス・カラックスとともに「恐るべき子供たち」(ジャン・コクトーの同名小説と映画からの命名)「BBC」と呼ばれ、ヌーヴェル・ヴァーグ以後のフランス映画界に「新しい波」をもたらした。日本でも「ニュー・フレンチ・アクション・シネマ」として紹介され、カルト的な人気を誇っている。.

新しい!!: フランスとリュック・ベッソン · 続きを見る »

リヨン

リヨン (Lyon) は、フランスの南東部に位置する都市で、オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏の首府、メトロポール・ド・リヨンの県庁所在地である。1996年にサミットが行われた。1989年以降は国際刑事警察機構(インターポール、ICPO)の本部が置かれている。.

新しい!!: フランスとリヨン · 続きを見る »

リヨン大学

リヨン大学 (仏語:Université de Lyon、英語:University of Lyon)は、フランスの中南東部の都市リヨンにある大学群。現在は3つの大学に分かれている。.

新しい!!: フランスとリヨン大学 · 続きを見る »

リヨン歴史地区

リヨン歴史地区(―れきしちく)は、フランス南東部、リヨン市内西部に位置する。ソーヌ川沿いにある、石畳の街並みの残る旧市街(Vieux Lyon)からクロワ・ルースにかけての地区で、1998年12月、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。.

新しい!!: フランスとリヨン歴史地区 · 続きを見る »

リール (フランス)

リール(フランス語:Lille, オランダ語・フラマン語:Rijsel ドイツ語:Ryssel)は、フランス北部の都市で、ベルギーと国境を接するオー=ド=フランス地域圏の首府、ノール県の県庁所在地である。.

新しい!!: フランスとリール (フランス) · 続きを見る »

リーグ・ナショナル・バスケットボール

リーグ・ナシオナル・ドゥ・バスケット・プロA(Ligue Nationale de Basket Pro A, Pro National Basketball League A)は、フランスの男子プロバスケットボールリーグ。略称はLNB。1987年に設立。.

新しい!!: フランスとリーグ・ナショナル・バスケットボール · 続きを見る »

リーグ・アン

リーグ・アン (Ligue 1) は、フランスにおけるサッカーのプロリーグのトップディビジョン(1部リーグ)。1932年に創設された。以前はディヴィジオン・アン (Division 1) と呼ばれていたが、2002-03シーズンに改称した。サッカーにおいてはモナコ公国はフランスに含まれるためモナコ公国のクラブも参加できる。 最多優勝はASサンテティエンヌの10回。その後オリンピック・マルセイユの9回、FCナントとASモナコの8回、オリンピック・リヨンとパリ・サンジェルマンFCの7回と続く。最多連覇記録はリヨンの2001-02シーズンから2007-08シーズンまでの7連覇。.

新しい!!: フランスとリーグ・アン · 続きを見る »

リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー

リヒャルト・ニコラウス・栄次郎・クーデンホーフ=カレルギー(、1894年11月16日 - 1972年7月27日)は、クーデンホーフ家とカレルギー家が連携した伯爵一族クーデンホーフ=カレルギー家の人物で、東京生まれのオーストリアの国際的政治活動家。汎ヨーロッパ連合主宰者。日本人名の幼名を持ち、その名は、青山 栄次郎(あおやま えいじろう)。 汎ヨーロッパ主義(パン・ヨーロッパ主義)を提唱し、それは後世の欧州連合構想の先駆けとなった。そのため欧州連合の父の一人に数えられる。哲学の博士号があり、地政学に造詣が深く、ジャーナリストとしての顔も持つ。ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの「歓喜の歌」がヨーロッパのシンボル「欧州の歌」に採択されたのはクーデンホーフ=カレルギーの提案による。多数の著作を残し、代表作は『パン・ヨーロッパ』(1923年)、『自由と人生』(1937年)など。.

新しい!!: フランスとリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー · 続きを見る »

リシャール・ガスケ

リシャール・ガスケ(Richard Gasquet, 1986年6月18日 - )は、フランス・ベジエ出身の男子プロテニス選手。身長185cm、体重75kg。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。シングルス自己最高ランキングは7位。これまでにATPツアーでシングルス15勝、ダブルス2勝を挙げている。 2004年全仏オープン混合ダブルス優勝者。2012年のロンドン五輪男子ダブルスで、ジュリアン・ベネトーとペアを組んで銅メダルを獲得。ホップマンカップ2017優勝。 シングルスではグランドスラムベスト4が3回、マスターズ1000決勝に3度進出。ATPワールドツアー・ファイナルに2度出場。2018年現在、フランス出身の選手としてはヤニック・ノアに次ぐ歴代2位の勝利数となっている。.

新しい!!: フランスとリシャール・ガスケ · 続きを見る »

リシュリュー

枢機卿およびリシュリュー公爵アルマン・ジャン・デュ・プレシー(, 1585年9月9日 - 1642年12月4日)は、カトリック教会の聖職者にしてフランス王国の政治家である。1624年から死去するまでルイ13世の宰相を務めた。.

新しい!!: フランスとリシュリュー · 続きを見る »

リジェ

リジェ(Ligier )とは、主に1976年から1996年までF1に参戦したコンストラクター。現在はイタリアのピアッジオ傘下で、マイクロカー(日本の軽自動車より小さい超小型車)の製造も行う。.

新しい!!: フランスとリジェ · 続きを見る »

リスボン条約

リスボン条約(リスボンじょうやく)は、既存の欧州連合の基本条約を修正する条約。改革条約(かいかくじょうやく)とも呼ばれる。本条約の正式な名称は「欧州連合条約および欧州共同体設立条約を修正するリスボン条約」。2007年12月13日にリスボンのジェロニモス修道院において加盟国の代表らによって署名され、2009年12月1日に発効した。 2005年にフランスとオランダにおける国民投票で欧州憲法条約の批准が否決された。欧州連合の基本条約の枠組み改定には全加盟国の賛成が必要であるため、欧州憲法条約は発効が断念された。これを受けて2007年6月、欧州理事会において新条約の枠組みが合意され、政府間協議 (IGC) において起草、条約案が承認された。草案は2007年10月19日に合意に達し、欧州憲法条約に大幅な変更が加えられたものの欧州憲法条約とは異なり、既存の基本条約と置き換えるのではなく、修正する形をとっている。 リスボン条約では欧州憲法条約に盛り込まれていた機構改革や、市民の欧州連合への関与を強化することが規定されている。その一方で欧州憲法条約にあった欧州連合の旗のような超国家機関的な性格は取り除かれ、また特定の国には適用除外条項が規定されている。 リスボン条約の第6条第2項では、発効にはすべての欧州連合加盟国の批准手続きの完了を要することが規定されている。条文では2009年1月1日の発効をうたっているが、すべての加盟国による批准手続きの完了に遅れが生じた場合には、完了した日の翌月の1日に発効することになっている。実際にアイルランドが本条約批准に必要な憲法改正手続きに遅れが生じるなどしたため、条約発効は2009年12月1日となった。.

新しい!!: フランスとリスボン条約 · 続きを見る »

リセ

リセ()は、フランスの後期中等教育機関。日本の高等学校に相当する。コレージュが設置される以前はドイツのギムナジウムに近かった。大まかには、3年制のバカロレア取得コースと、2年制の職業適性証取得コースがある。 アリストテレスが創設した学園のリュケイオンにちなんで名付けられた。現代トルコ語では、高等学校のことをliseという。これは、オスマン帝国時代末期の19世紀、タンジマートなどの近代化の結果、フランス語の語彙がトルコ語にもたらされたからである。 フランスの教育制度 2013年の時点で、リセ校数は以下である。.

新しい!!: フランスとリセ · 続きを見る »

ルノー

メガーヌ RS R.S.17 ルノー(Renault S.A.)は、フランスのパリに本社を置く自動車製造会社。グループの日産自動車やダチア、ルノーサムスン自動車などを含めると世界最大の自動車会社である。.

新しい!!: フランスとルノー · 続きを見る »

ルノーF1

ルノーF1()はフランスの自動車メーカー、ルノーが運営するワークス・チームである。 2016年からのエントリー名は、ルノー・スポール・フォーミュラワン・チーム(Renault Sport Formula One Team)。 本項ではレーシングチームとしての活動のほか、ルノーおよびその子会社のルノー・スポールによるエンジン供給のかたちでのF1参戦についても扱う。.

新しい!!: フランスとルノーF1 · 続きを見る »

ルネ・デカルト

ルネ・デカルト(René Descartes、1596年3月31日 - 1650年2月11日)は、フランス生まれの哲学者、数学者。合理主義哲学の祖であり、近世哲学の祖として知られる。.

新しい!!: フランスとルネ・デカルト · 続きを見る »

ルワンダ紛争

ルワンダ紛争(ルワンダふんそう)は、アフリカ中央部にあるルワンダにおいて、1990年から1993年にかけ、フツ系の政府軍及びインテラハムウェと、ツチ系のルワンダ愛国戦線 (英語:Rwandan Patriotic Front,RPF、仏語:Front Patriotique Rwandais,FPR)との間で行われた武力衝突・ルワンダ内戦と、和平協定後も続いたツチとフツ等の対立、虐殺を指す場合もある。.

新しい!!: フランスとルワンダ紛争 · 続きを見る »

ルヴァロワ=ペレ

ルヴァロワ=ペレ(Levallois-Perret)は、フランスのパリ北西部に位置するオー=ド=セーヌ県のコミューン。.

新しい!!: フランスとルヴァロワ=ペレ · 続きを見る »

ル・マン24時間レース

ル・マン 24時間レース(ル・マンにじゅうよじかんレース、24 heures du Mans )は、フランスのル・マン近郊で行われる耐久レースである。24時間でのサーキット周回数を競う。主催はフランス西部自動車クラブ(ACO)で世界耐久選手権 (WEC) の1戦でもある。ル・マン24時間耐久レースと記されることもある。 ル・マンでは毎年自動車とオートバイのふたつの24時間レースが行われているが、本項では自動車による24時間レースについて解説する2輪のル・マン24時間はサルト・サーキットでなくブガッティ・サーキットで行われる。。.

新しい!!: フランスとル・マン24時間レース · 続きを見る »

ル・コルビュジエ

ル・コルビュジエ(Le Corbusier発音およびカタカナ表記の揺れは名前の表記を参照。、1887年10月6日 - 1965年8月27日)はスイスで生まれ、フランスで主に活躍した建築家。本名はシャルル=エドゥアール・ジャヌレジャンヌレとも表記される。=グリ(Charles-Edouard Jeanneret-Gris)。 フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエと共に「近代建築の三大巨匠」として位置づけられる(ヴァルター・グロピウスを加えて四大巨匠とみなすこともある)。.

新しい!!: フランスとル・コルビュジエ · 続きを見る »

ルーマニア

ルーマニアは、東ヨーロッパに位置する共和制国家。南西にセルビア、北西にハンガリー、北にウクライナ、北東にモルドバ、南にブルガリアと国境を接し、東は黒海に面している。首都はブカレスト。 国の中央をほぼ逆L字のようにカルパティア山脈が通り、山脈に囲まれた北西部の平原をトランシルヴァニア、ブルガリアに接するワラキア、モルドバに接するモルダヴィア、黒海に面するドブロジャの4つの地方に分かれる。 東欧では数少ないロマンス系の言語であるルーマニア語を公用語として採用している国家であるが、宗教的には東方教会系のルーマニア正教会が多数派である。いっぽう北西のポーランドはスラヴ語派のうち西スラヴ語群に属するポーランド語が主に話されているが、宗教的にはカトリック教会が支配的であり、ルーマニアとは好対照をなしている。.

新しい!!: フランスとルーマニア · 続きを見る »

ルール地方

ルール地方の位置 ルール地方(ルールちほう、Ruhrgebiet)は、ルール川下流域に広がる面積4,435平方キロのドイツ屈指の大都市圏である。人口は2009年時点でおよそ524万人である。近代から戦後しばらくまでにおいては、ドイツの重工業を牽引した地方である。現在も生産活動は活発であり、ベートゥヴェルートを使って製品を出荷する。.

新しい!!: フランスとルール地方 · 続きを見る »

ルートヴィヒ1世 (フランク王)

ルートヴィヒ1世(ドイツ語:Ludwig I, 778年 - 840年6月20日)は、中世西欧の西ローマ皇帝(在位:814年 - 840年)。フランク王。カール大帝の三男で、大帝死後も唯一生存していた嫡出の男子である成瀬、p.

新しい!!: フランスとルートヴィヒ1世 (フランク王) · 続きを見る »

ルテティア

ルテティア (Lutetia) は、前ローマ時代およびローマ時代のガリア地方にあった町である。別名をラテン語ではルテティア・パリシオルム (Lutetia Parisiorum, パリシイ族の沼沢地) 、ルコテキア (Lucotecia) 、リュテス (Lutèce) 。 ガロ・ローマ都市であるルテティアは、メロヴィング朝時代に再建され、現代のパリの祖先となった。セーヌ川の洗い越しとして造られたシテ島は、ルテティアとパリの共通する数少ない場所である。「ルテティア」はラテン語のルトゥム (泥) から造られた地名である牧英夫 『世界地名ルーツ辞典』, 創拓社, 1989年。.

新しい!!: フランスとルテティア · 続きを見る »

ルイ13世 (フランス王)

ルイ13世(、1601年9月27日 - 1643年5月14日)は、ブルボン朝第2代のフランス国王(在位:1610年5月14日 - 1643年5月14日)。ナバラ国王としてはルイス2世()。ブルボン朝創成期の王である。 父王アンリ4世の暗殺により幼くして即位した。母后マリーが摂政を務めるが、成年すると母后を排除している。リュイヌ公シャルル・ダルベール、次いで有能なリシュリュー枢機卿を重用してユグノーなどの国内の抵抗勢力を制圧し、国外では三十年戦争でハプスブルク家と戦い、国政を整備して最初期の絶対君主の一人となった。また、ブルボン朝で初めてハプスブルク家と政略結婚した。.

新しい!!: フランスとルイ13世 (フランス王) · 続きを見る »

ルイ14世 (フランス王)

ルイ14世(仏:Louis XIV、1638年9月5日 - 1715年9月1日)は、ブルボン朝第3代のフランス王国国王(在位:1643年5月14日 - 1715年9月1日)である。ナバラ王国国王としてはルイス3世(バスク語:Luis III.a)である。ルイ13世の長子であり、妃はスペイン国王であるフェリペ4世の娘マリー・テレーズ・ドートリッシュである。王朝の最盛期を築き、太陽王(Roi-Soleil)と呼ばれた。 父の死後、幼くしてフランス国王に即位し、宰相ジュール・マザランの補佐を得てフロンドの乱を鎮圧した。1661年に親政を開始するとジャン=バティスト・コルベールを登用して中央集権と重商主義政策を推進した。対外戦争を積極的に行い、帰属戦争、仏蘭戦争で領土を拡張して権威を高めると、ジャック=ベニーニュ・ボシュエの唱える王権神授説・ガリカニスムを掲げ、絶対君主制を確立した。さらにミディ運河とヴェルサイユ宮殿を建設した。治世後半のアウクスブルク同盟戦争、スペイン継承戦争では苦戦し、晩年には莫大な戦費調達と放漫財政によりフランスは深刻な財政難に陥った。 72年もの在位期間はフランス史上最長であり、18世紀の啓蒙主義思想家ヴォルテールはルイ14世の治世を「大世紀」(グラン・シエクル Grand Siècle)と称えている。また、「中世以後の国家元首として最長の在位期間を持つ人物」としてギネス世界記録にも認定されている。 また、メヌエットを宮廷舞踊に取り入れ、メヌエットを最初に踊った人と言われ、その時、太陽神アポロンに変装して踊った姿から「太陽王」と言う諢名がついたとも言われる。.

新しい!!: フランスとルイ14世 (フランス王) · 続きを見る »

ルイ15世 (フランス王)

ルイ15世(、1710年2月15日 - 1774年5月10日)は、ブルボン朝第4代のフランス国王(在位:1715年9月1日 - 1774年5月10日)。ナバラ国王としてはルイス4世()。 曾祖父ルイ14世の死によりわずか5歳で即位し、ルイ14世の甥に当たるオルレアン公フィリップ2世が摂政の座に就いて政務を取り仕切った。成人後はブルボン公ルイ・アンリ、次いでフルーリー枢機卿が執政した。優れた政治家であるフルーリー枢機卿の執政によりフランスは繁栄した。フルーリー枢機卿の死後は親政を行う。ポーランド継承戦争に参戦して領土を得たが、続くオーストリア継承戦争では得るものはなく、戦争により財政を逼迫させた。七年戦争ではアメリカ大陸の権益を失い、フランスの衰退を招いた。ジョン・ローのミシシッピ会社が破綻してしまい、治世の間に5回もデフォルトした。 多くの愛人を持ち私生活は奔放で、最愛王(Bien-Aimé)と呼ばれた。特にポンパドゥール夫人とデュ・バリー夫人はルイ15世の治世に大きな影響を与えている。晩年になってショワズール公、次いで大法官を起用して改革を行い王権の強化を図るが、1774年に天然痘により64歳で崩御した。 この時代、啓蒙思想がヨーロッパ世界を席巻し、ヴォルテール、モンテスキュー、ルソーなどがフランスのサロンで活躍している。.

新しい!!: フランスとルイ15世 (フランス王) · 続きを見る »

ルイ16世 (フランス王)

ルイ16世(、1754年8月23日 - 1793年1月21日)は、ブルボン朝第5代のフランス国王(在位:1774年5月10日 - 1792年8月10日)。ナバラ国王としてはルイス5世()。ルイ15世の孫。王妃は神聖ローマ皇帝フランツ1世と皇后マリア・テレジアの娘マリー・アントワネット。 初勅で今後デフォルトしないと宣誓したが、1775年7月に減債基金を停止させた。もっとも、テュルゴーとネッケルは初勅に従い巨額の借換債を発行した。 在位中の1789年にフランス革命が起こり、1792年に王権が停止し、翌年処刑された。フランス最後の絶対君主にしてフランス最初の立憲君主である。1791年憲法に宣誓して以後は、称号は「フランス国王」ではなく「フランス人の王」となる。.

新しい!!: フランスとルイ16世 (フランス王) · 続きを見る »

ルイ7世 (フランス王)

ルイ7世(Louis VII, 1120年 - 1180年9月18日)は、フランス・カペー朝第6代国王(在位:1137年 - 1180年)。ルイ6世と2番目の王妃アデル・ド・サヴォワの息子。 若王(le Jeune)と呼ばれる。.

新しい!!: フランスとルイ7世 (フランス王) · 続きを見る »

ルイ8世 (フランス王)

ルイ8世(Louis VIII, 1187年9月5日 - 1226年11月8日)は、フランス王国カペー朝第8代国王(在位:1223年 - 1226年)。フィリップ2世の長男。獅子王(le Lion)と呼ばれる。第一次バロン戦争中にはイングランド王位も宣言している(イングランド王ルイス1世)。.

新しい!!: フランスとルイ8世 (フランス王) · 続きを見る »

ルイ9世 (フランス王)

ルイ9世(Louis IX, 1214年4月25日 - 1270年8月25日)は、フランス王国カペー朝第9代の国王(在位:1226年 - 1270年)。ルイ8世とカスティーリャ王アルフォンソ8世の娘ブランシュの子。死後、カトリック教会より列聖され、ここから、Saint-Louis(サン=ルイ)と呼ばれるようになった。これは日本語では聖ルイあるいは聖王ルイと訳される。米国の都市、セントルイス(ミズーリ州)の地名の由来ともなった(セントルイスはSaint-Louisを英語読みしたもの)。ブルボン家の先祖でもあり、同家の王の多くがルイを名乗るのも彼に由来すると思われる。同じく聖王と称されたカスティーリャ王フェルナンド3世は従兄。 内政に力を入れ長期の平和を保ったため、彼の治世の間、フランス王国は繁栄した。国内外を問わず、争いを収めるよう努力したためヨーロッパの調停者と呼ばれ、高潔で敬虔な人格から理想のキリスト教王と評価されている。ただ、宗教的情熱から2回の十字軍を行ったが、莫大な費用を費やし、自身も捕虜となるなど散々な負け戦を喫し、失敗に終わっている。.

新しい!!: フランスとルイ9世 (フランス王) · 続きを見る »

ルイ・ヴィトン

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton Malletier)は、フランスのマルティエ(スーツケース職人)であるルイ・ヴィトン(Louis Vuitton、1821年8月4日 - 1892年2月28日)が創始したファッションブランド。LVMH(モエ・ヘネシー・モギビッシュルイ・ヴィトン)グループの中核ブランドである。LVMHの2008年の売上高は239億ドル。 服飾部門における2014年現在のデザイナーはニコラ・ジェスキエール。またメンズコレクションについてはヴァージル・アブローがチーフディレクター。LVJが誕生した。.

新しい!!: フランスとルイ・ヴィトン · 続きを見る »

ルイ・ボナパルトのブリュメール18日

『ルイ・ボナパルトのブリュメール18日』(Der 18te Brumaire des Louis Bonaparte)は、カール・マルクスの著書。 本書『ルイ・ボナパルトのブリュメール18日』は、1848年の二月革命に始まるフランス第二共和政における諸階級の政治闘争がフランス皇帝ナポレオン3世のを成立させた過程について分析した評論で、「ボナパルティズム」という言葉を世の中に定着させた。.

新しい!!: フランスとルイ・ボナパルトのブリュメール18日 · 続きを見る »

ルイ・アルチュセール

ルイ・ピエール・アルチュセール(Louis Pierre Althusser、1918年10月16日 - 1990年10月22日)は、フランスの哲学者。マルクス主義哲学に関する研究において著名である。.

新しい!!: フランスとルイ・アルチュセール · 続きを見る »

ルイジアナ買収

ルイジアナ買収(ルイジアナばいしゅう、Louisiana Purchase)は、1803年にアメリカがフランスから210万km2を超える領地を1500万ドル(現金1125万ドル + 当時の借入金375万ドルを帳消し)で買収した出来事である。 資金はオランダのホープ商会とイギリスのベアリング家がファイナンスしている。つまり米国債で支払われたため、両家が割り引いて現金化した。両家とフランスの関係はナポレオン戦争終結後も続き、1817年に両家は年利8.13%から9.52%でフランス国債を引受けている。.

新しい!!: フランスとルイジアナ買収 · 続きを見る »

ルイ=エミール・ベルタン

フランス学士院の正装を着用したルイ=エミール・ベルタン、1903年以降の撮影。 ルイ=エミール・ベルタン(Louis-Émile Bertin 、1840年3月23日 - 1924年10月22日)はフランスの海軍技術者。当時最も有名な人物の一人で、ジューヌ・エコールの支持者だった。.

新しい!!: フランスとルイ=エミール・ベルタン · 続きを見る »

ルクセンブルク

ルクセンブルク大公国(ルクセンブルクたいこうこく)、通称ルクセンブルクは、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。首都は国名と同名のルクセンブルク市。隣接国は、南のフランス、西と北のベルギー、東のドイツである。ベルギー、オランダと併せてベネルクスと呼ばれる。.

新しい!!: フランスとルクセンブルク · 続きを見る »

ルシヨン

ルシヨン(フランス語:Roussillon)またはルサリョー(カタルーニャ語:Rosselló,、スペイン語:Rosellón, )は、フランスの歴史的地域。フランス革命前の州。古くはカタルーニャ君主国に属し、現在は南フランスのピレネー=オリアンタル県に含まれている。カタルーニャ語コミュニティーからは北カタルーニャ(Catalunya del Nord)と呼ばれている。.

新しい!!: フランスとルシヨン · 続きを見る »

レユニオン

レユニオンの地図 レユニオン(Réunion)は、フランス共和国の海外県ならびに海外地域圏(レジオン)である。マダガスカル島東方のインド洋上に位置する。面積2512km、人口約84万6,000人(2010年推定)。コーヒーの原種の一つブルボン種の原産地。県都はサン=ドゥニ。.

新しい!!: フランスとレユニオン · 続きを見る »

レンヌ

レンヌ(Rennes)は、フランスの西部に位置する都市で、ブルターニュ地域圏の首府、イル=エ=ヴィレーヌ県の県庁所在地である。ブレイス語(ブルトン語)ではロアゾン(Roazhon)と称する。 古くからブルターニュ地方の中心都市で、モン=サン=ミシェル観光の起点となる街として、日本からも多くの観光客が訪れている。.

新しい!!: フランスとレンヌ · 続きを見る »

レパントの海戦

レパントの海戦(レパントのかいせん)は、1571年10月7日にギリシアのコリント湾口のレパント(Lepanto)沖での、オスマン帝国海軍と、教皇・スペイン・ヴェネツィアの連合海軍による海戦である。 スペイン王国は、支配下のジェノヴァやイタリアの諸都市、マルタ騎士団等から最大限の戦力を集めた。この海戦は西ヨーロッパ史において初めての大海戦でのオスマン軍に対する勝利であり、オスマン帝国の地中海での前進を防ぐのに役立った。レパントの海戦は、ガレーが主力を成す大海戦としては最後であることが知られている。.

新しい!!: フランスとレパントの海戦 · 続きを見る »

レイモン・コパ

レイモン・コパゼフスキー(Raymond Kopaszewski、1931年10月13日 - 2017年3月3日)はフランス出身のサッカー選手。ポーランド系。ポジションはFW、MF。愛称はナポレオン。 1950〜60年代のフランスサッカー界のスター選手であり、フランス人サッカー選手として初めてレジオンドヌール勲章を受章した - uefa.com 2011年2月4日。.

新しい!!: フランスとレイモン・コパ · 続きを見る »

レオポール・セダール・サンゴール

レオポール・セダール・サンゴール(Léopold Sédar Senghor、1906年10月9日 - 2001年12月20日)は、セネガル共和国の政治家。セネガルの初代大統領(1960年9月6日 - 1980年12月31日)を務め、一方で詩人としても活躍した。.

新しい!!: フランスとレオポール・セダール・サンゴール · 続きを見る »

レオン・フーコー

フーコーの墓(モンマルトル墓地) フーコーと共同研究を行ったアルマン・フィゾー フーコーの振り子が描く軌道(左上の画像はフーコー) ジャン・ベルナール・レオン・フーコー(フランス語:Jean Bernard Léon Foucault、1819年9月18日 - 1868年2月11日)は、フランス王国パリ出身の物理学者。 1851年に地球の自転を証明する際に用いられる「フーコーの振り子」の実験を行ったことで名高い。 また、1855年にはアルミニウムなどの金属板を強い磁界内で動かしたり、金属板の近傍の磁界を急激に変化させた際に、電磁誘導効果により金属内で生じる渦状の誘導電流である「渦電流(フーコー電流とも)」を発見した。 また、ジャイロスコープの発明者とされるが、実際は1817年にドイツの天文学者が発明した。なお、フーコーが1851年に発明した「フーコーの振り子」をフーコー自身が「ジャイロスコープ」と呼称したため、「ジャイロスコープ」が一般に広まった。詰まるところ、1852年にフーコーが発明したのは「ジャイロスコープ」と言う「名称」である。 1855年にイギリス王立協会からコプリ・メダルが授与され、時のフランス皇帝ナポレオン3世からはレジオンドヌール勲章のオフィシエが与えられた。.

新しい!!: フランスとレオン・フーコー · 続きを見る »

レジス・ドゥブレ

レジス・ドゥブレ レジス・ドゥブレ(Régis Debray, 1940年9月2日 - )は、フランスの哲学者、作家。メディオロジーの提唱者として、あるいは、ボリビアでのチェ・ゲバラのゲリラ闘争への参加などで知られる。.

新しい!!: フランスとレジス・ドゥブレ · 続きを見る »

ロマン主義

マン主義(ロマンしゅぎ、Romanticism、Romantisme、Romantik、Romanticismo、Romanticismo、Romantismo)は、主として18世紀末から19世紀前半にヨーロッパで、その後にヨーロッパの影響を受けた諸地域で起こった精神運動の一つである。それまでの理性偏重、合理主義などに対し感受性や主観に重きをおいた一連の運動であり、古典主義と対をなす。恋愛賛美、民族意識の高揚、中世への憧憬といった特徴をもち、近代国民国家形成を促進した。その動きは文芸・美術・音楽・演劇など様々な芸術分野に及んだ。のちに、その反動として写実主義・自然主義などをもたらした。 ドラクロワ『アルジェの女たち』(1834年、ルーヴル美術館所蔵).

新しい!!: フランスとロマン主義 · 続きを見る »

ロマンス諸語

マンス諸語(ロマンスしょご)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派ラテン・ファリスク語群に属する言語のうち、ラテン語の口語である俗ラテン語に起源をもつ言語の総称である。ロマン諸語、ロマンス語、ロマン語とも言う。 また、ラテン・ファリスキ語群のことをロマンス語群、イタリック語派のことをロマンス語派と言うこともある。 方言連続体についての論議の際、しばしばロマンス系諸語の近似性について言及される。これは近代言語学の父・フェルディナン・ド・ソシュールが一般言語学講義の中でフランス語とイタリア語は一つの方言連続体であり、「明確な境界線を引くことは難しい」と記している事からも窺える。ロマンス諸語は個々の言語である前にラテン語の方言であるともいえる。.

新しい!!: フランスとロマンス諸語 · 続きを見る »

ロレーヌ地域圏

レーヌ地域圏(フランス語:Lorraine、ドイツ語:Lothringen ロートリンゲン、アレマン語:Lothringe ロートリンゲ)は、フランス北東部にあり、ドイツ国境に近いかつて存在した地域圏である。東にかつてのアルザス、西にかつてのシャンパーニュ=アルデンヌ、南にかつてのフランシュ=コンテが隣接している。地域圏の広さは東京都の約10倍(九州の6割程度)、人口は宮城県と同じぐらいである。.

新しい!!: フランスとロレーヌ地域圏 · 続きを見る »

ロレーヌ語

レーヌ語はフランスのロレーヌ、アルザスの小部分、ベルギーのGaumeの少数の人々により話されている方言。オイル語である。 フランスの地域言語に分類され、ワロン地域の地域言語として認定された地位を持っており、そこではGaumaisとして知られている。Lorraine Franconianやルクセンブルク語、近隣・重複地域で話されているゲルマン語の影響を受けている。.

新しい!!: フランスとロレーヌ語 · 続きを見る »

ロワール川

ワール川(フランス語:Loire、オック語:Léger/Leir、アルピタン語:Lêre、ブルトン語:Liger)は、フランスの中央部を流れる川である。長さは1,012km、流域面積は117,000km²でフランスの面積の5分の1を占める。中央高地に源を発し、大西洋に注ぐ。 ロワール渓谷の中部は、2000年にユネスコの世界遺産に登録された。.

新しい!!: フランスとロワール川 · 続きを見る »

ロンドン大火

に包まれたロンドンロンドン橋(左)、ロンドン塔(右)遠くに見えるのがセント・ポール大聖堂 対岸のSouthwark方面からロバート・チャプマン著の"Book of Days"より ロンドン大火(ロンドンたいか、The Great Fire of London)とは1666年にロンドンで起こった大火のこと。これによって中世都市ロンドンは焼失し、木造建築の禁止などからなる建築規制やセント・ポール大聖堂をはじめとする教会堂の復興が行われた。.

新しい!!: フランスとロンドン大火 · 続きを見る »

ロンシャン競馬場

ンシャン競馬場 (ロンシャンけいばじょう、Hippodrome de Longchamp) は、フランスのパリ西のセーヌ川沿い、パリ16区ブローニュの森の中にある世界で1番美しいと言われる競馬場。平地競走専用の競馬場であり、凱旋門賞をはじめとするフランス競馬の主要な競走が行われることで知られる。 競馬場の正門にはフランス競馬史上最高の国民的英雄と評された史上2頭目のイギリスクラシック三冠馬グラディアトゥール (Gladiateur) の銅像がある。.

新しい!!: フランスとロンシャン競馬場 · 続きを見る »

ローマ帝国

ーマ帝国(ローマていこく、Imperium Romanum)は、古代ローマがイタリア半島に誕生した都市国家から、地中海にまたがる領域国家へと発展した段階以降を表す言葉である。従って厳密には古代ローマの体制が共和制だった頃を含んでいる。最盛期には地中海沿岸全域に加え、ブリタンニア、ダキア、メソポタミアなど広大な領域を版図とした。シルクロードの西の起点であり、古代中国の文献では大秦の名で登場する。 帝国という訳語があてられている事から、狭義にはオクタウィアヌスがアウグストゥスの尊称を与えられた紀元前27年からの古代ローマを指す場合もある。しかし、本来の表現からすればこの場合は帝政ローマ、またはローマ帝政期とした方が正確である。.

新しい!!: フランスとローマ帝国 · 続きを見る »

ローランの歌

『ローランの歌』(または『ロランの歌』、La Chanson de Roland)は、11世紀成立の古フランス語叙事詩(武勲詩)である。.

新しい!!: フランスとローランの歌 · 続きを見る »

ローラン・ギャロス

ーラン・ギャロス (Roland Garros, 1888年10月6日 - 1918年10月5日)は、インド洋のフランス領レユニオン・サン=ドニ出身のフランスの飛行家。世界で初めて地中海横断飛行に成功した。第一次世界大戦でのエースパイロットである。.

新しい!!: フランスとローラン・ギャロス · 続きを見る »

ローヌ川

ーヌ川(Le Rhône)は、フランス4大河川の一つで、主としてフランス南部を流れて地中海に注ぐ唯一の川であり、4大河川のうち唯一の男性名詞でもある。全長812kmのうち、フランス国内を流れるのは581kmである。フランスを流れる川としては長さ・流域面積とも屈指のものとなっている。 ローヌ(Rhône)の語源はラテン語のロダヌス川(flumen Rhodanus)であり、さらには古典ギリシア語のロダノス(ροδανός;Rhodanos)に遡れるが、これはケルト語の河川名RotoあるいはRodoの音写と考えられている。 プロヴァンス地方の風物詩である北風「ミストラル」は、大西洋からフランス国土に流れ込みアルプス山脈にぶつかって方向を変え、この流域を地中海へ強烈に吹き降ろす。このとき、気温を10度近く下げ、歩くことも困難になるため、人々はひっそりとこの北風の怒りが収まるのを待つ。3の倍数日吹き続けるというこの季節風の対策として、プロヴァンスの古い家屋では北側に窓を設けないなどの工夫がされていた。 鉄道や飛行機が登場する前は、ローヌ川は物資の大動脈としてフランスの南北を結んでいた。例えば、ワインがギリシア人によって最初にマルセイユに持ち込まれると、カエサル率いるローマ軍の進軍とカトリック修道院の繁栄ともに北に西に運ばれ、ブルゴーニュやボルドーといった名産地に伝播した。そのためこの流域には、プロヴァンス、コート・デュ・ローヌ、ブルゴーニュとワインの産地が連なっている。.

新しい!!: フランスとローヌ川 · 続きを見る »

ロック (音楽)

音楽ジャンルとしてのロック、ないし、ロック・ミュージック、ロック音楽(ロックおんがく、rock music)は、1950年代にアメリカ合衆国におけるロックンロールを起源とし、1960年代以降、特にイギリスやアメリカ合衆国で、幅広く多様な様式へと展開したポピュラー音楽のジャンルであるP.

新しい!!: フランスとロック (音楽) · 続きを見る »

ロテール (西フランク王)

テール(フランス語:Lothaire, 941年 - 986年3月2日)は、西フランク王国(カロリング朝)の国王(在位:954年 - 986年)。ドイツ語ではロタール(Lothar)。ルイ4世とドイツ王ハインリヒ1世(捕鳥王)の娘ゲルベルガの息子。.

新しい!!: フランスとロテール (西フランク王) · 続きを見る »

ロベール2世 (フランス王)

ベール2世(Robert II, 972年3月27日 - 1031年7月20日)は、カペー朝第2代のフランス国王(在位:996年 - 1031年)。「敬虔王」(le Pieux)と呼ばれる。ユーグ・カペーとその王妃であったアキテーヌ公ギヨーム3世の公女アデライードの息子。.

新しい!!: フランスとロベール2世 (フランス王) · 続きを見る »

ロベール・ゲラン

ベール・ゲラン(Robert Guérin, 1876年6月28日 - 1952年)はフランス出身の人物で、国際サッカー連盟(FIFA)の初代会長である。FIFA会長に就任した時は、まだ28歳であった。FIFA会長の任期の1904年から1906年の2年間で、英国本土4協会を含む、8協会がFIFAに加盟した-FIFA公式HP。.

新しい!!: フランスとロベール・ゲラン · 続きを見る »

ロシア

ア連邦(ロシアれんぽう、Российская Федерация)、またはロシア (Россия) は、ユーラシア大陸北部にある共和制及び連邦制国家。.

新しい!!: フランスとロシア · 続きを見る »

ロシア革命

ア革命(ロシアかくめい, Российская революция ラシースカヤ・レヴァリューツィヤ, Russian Revolution)とは、1917年にロシア帝国で起きた2度の革命のことを指す名称である。特に史上初の社会主義国家樹立につながったことに重点を置く場合には、十月革命のことを意味している。また逆に、広義には1905年のロシア第一革命も含めた長期の諸革命運動を意味する。 「二月革命」、「十月革命」は当時ロシアで用いられていたユリウス暦における革命勃発日を基にしており、現在一般的に用いられるグレゴリオ暦ではそれぞれ「三月革命」、「十一月革命」となる。この項目で使用されている月日は1918年2月14日のグレゴリオ暦導入までの事柄についてはユリウス暦による月日で表記しており、13日を加算するとグレゴリオ暦の月日に換算できる。.

新しい!!: フランスとロシア革命 · 続きを見る »

ロスチャイルド家

Rothschild |紋.

新しい!!: フランスとロスチャイルド家 · 続きを見る »

ワーテルローの戦い

ワーテルローの戦い(ワーテルローのたたかい、Bataille de Waterloo、Battle of Waterloo、Slag bij Waterloo、Schlacht bei Waterloo 場所名の「ワーテルロー」はフランス語の発音に基づく)とは、1815年6月18日、ベルギー(当時ネーデルラント連合王国領)のワーテルロー近郊においてイギリス・オランダをはじめとする連合軍およびプロイセン軍と、フランス皇帝ナポレオン1世(ナポレオン・ボナパルト)率いるフランス軍(大陸軍.

新しい!!: フランスとワーテルローの戦い · 続きを見る »

ワイン

ワイン(vin、wine、vino、Wein)とは、主としてブドウの果汁を発酵させたアルコール飲料である。葡萄酒、ぶどう酒(ぶどうしゅ)とも。通常、単に「ワイン」と呼ばれる場合には他の果汁を主原料とするものは含まない。日本の酒税法では「果実酒」に分類されている。.

新しい!!: フランスとワイン · 続きを見る »

ワシントンハイツ (在日米軍施設)

ワシントンハイツ(Washington Heights; U.S. Air Force Washington Heights housing complex、合衆国空軍ワシントンハイツ団地)は、第二次世界大戦敗戦後の日本において、日本を占領していた連合国軍の一部であるアメリカ軍が東京・代々木に有していた、兵舎・家族用居住宿舎などからなる軍用地の名称である。 1946年(昭和21年)に建設され、1964年(昭和39年)に日本国に返還されて取り壊されるまで存在した。同地は現在、代々木公園、国立代々木競技場、国立オリンピック記念青少年総合センター、NHK放送センターなどとなっている。.

新しい!!: フランスとワシントンハイツ (在日米軍施設) · 続きを見る »

ヴァランシエンヌ

ヴァランシエンヌ (Valenciennes) はフランス北部ノール県のヴァランシエンヌ郡にあるコミューン。スヘルデ川流域に位置する。1975年から1990年の間、この街や地域の人口は減少していた。1999年の国勢調査では街の人口は41,278人、都市圏の人口は399,677人であった。.

新しい!!: フランスとヴァランシエンヌ · 続きを見る »

ヴァロワ=ブルゴーニュ家

ヴァロワ=ブルゴーニュ家(仏:maison de Valois-Bourgogne)は、フランスの王家ヴァロワ家の分枝の一つで、ブルゴーニュ公国を統治した一門である。単にブルゴーニュ家と言った場合にこの家系を指すことも少なくないが、他にカペー家系ブルゴーニュ家(その分家からポルトガル王家のブルゴーニュ家が出ている)や、ヴァロワ=ブルゴーニュ家以前にブルゴーニュ伯の家系であったアンスカリ家(その分家からカスティーリャ王家のブルゴーニュ家が出ている)を指す場合もあるので、注意を要する。.

新しい!!: フランスとヴァロワ=ブルゴーニュ家 · 続きを見る »

ヴァロワ朝

ヴァロワ朝の紋章 ヴァロワ朝(ヴァロワちょう、dynastie des Valois)は、中世フランス王国の王朝。1328年から1589年まで続いた。 1328年にカペー朝が断絶したため、カペー家の支流でヴァロワを所領とするヴァロワ家からフィリップ6世が即位してヴァロワ朝が始まった。初期には1339年に勃発した百年戦争に苦しんだが、この戦争を通じて英仏両国で国民意識が形成された。1491年のシャルル8世の代にブルターニュ女公アンヌとの結婚によってフランスを再統一することを果たしたが、直後に直系が断絶し、傍系に引き継がれつつ1589年までの間で13代の王が続いた。.

新しい!!: フランスとヴァロワ朝 · 続きを見る »

ヴァンセンヌ競馬場

ヴァンセンヌ競馬場(ヴァンセンヌけいばじょう、Hippodrome de Vincennes)は、フランス・パリヴァンセンヌの森にある競馬場。施行者ならびに管理者はシュヴァルフランセである。繋駕速歩競走及び騎乗速歩競走が施行され、収容人数は60,000人とパリにある競馬場の中で最も規模が大きい。1863年3月29日に開設された。 施行される競走は、フランス最大の競馬イベントであるアメリカ賞(G1)が有名。その他に共和国大統領賞(G1)、グランナシオナル(G1)等がある。コースは外回り1970m、内回り1325m。全てダートの左回り。.

新しい!!: フランスとヴァンセンヌ競馬場 · 続きを見る »

ヴィクトル・ユーゴー

ヴィクトル=マリー・ユーゴー(Victor, Marie Hugo、1802年2月26日 - 1885年5月22日)はフランス・ロマン主義の詩人、小説家。七月王政時代からフランス第二共和政時代の政治家。『レ・ミゼラブル』の著者として著名。 1959年から1965年まで発行されていた5フラン紙幣に肖像画が採用されていた。 日本での「Hugo」の表記は、「ユーゴー」と「ユゴー」が併用されているが、ここでは「ユーゴー」を採用する。.

新しい!!: フランスとヴィクトル・ユーゴー · 続きを見る »

ヴィシー政権

ヴィシー政権(ヴィシーせいけん、Régime de Vichy)は、第二次世界大戦中における、フランスの政権(1940年 - 1944年)。フランス中部の町、ヴィシーに首都を置いたことからそう呼ばれた。「ヴィシー政府」、「ヴィシー・フランス」ともいい、この政権下の体制を「ヴィシー体制」と呼ぶ。正式国名はフランス国(État français、エタ・フランセ)。.

新しい!!: フランスとヴィシー政権 · 続きを見る »

ヴィタルカード

ヴィタルカードあるいはカルトヴィタル(Carte Vitale)とは、フランスの公的医療受給のためのICカード式保険証である。国民識別番号(INSEEコードNIR)が記載され、身分証明書としても利用される。世界でも発行枚数が巨大なカードの一つである。 1997年頃にパイロットシステムが開始され、1998年から全国展開された。オンライン化により医療費の支払い時に保険金の申請手続きができ、専用端末を設置した医療施設では自己負担分のみの支払いで済むようになった。専用端末のない医療施設では全額を支払うが、払戻し期間が短縮された。開始当初はボイコット運動もあり医師の加入が遅れるという問題もあったが、制度の整備(費用援助など)と共に普及し始めた。 (1993年設立)にてシステムの開発が行われている。.

新しい!!: フランスとヴィタルカード · 続きを見る »

ヴェルダン条約

ヴェルダン条約(-じょうやく、独Vertrag von Verdun)は、843年にフランク王国(カロリング朝)の王ルートヴィヒ1世(敬虔王、ルイ1世)の死後、遺子であるロタール、ルートヴィヒ、カールがフランク王国を3分割して相続することを定めた条約。 ヴェルダン条約で定められた国境 この条約によって東フランク王国・西フランク王国・中フランク王国が誕生し、それぞれ現在のドイツ・フランス・イタリアの原型が形成された。870年メルセン条約が再画定した。.

新しい!!: フランスとヴェルダン条約 · 続きを見る »

ヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿(ヴェルサイユきゅうでん、フランス語:一番多く使用されている、「ヴェルサイユ城」との意味であるChâteau de Versailles、あるいは、「ヴェルサイユ宮殿」との意味であるPalais de Versailles)は、1682年にフランス王ルイ14世(1638年 - 1715年、在位1643年 - 1715年)が建てたフランスの宮殿(建設当初は離宮)である。ベルサイユ宮殿とも表記される。 パリの南西22キロに位置する、イヴリーヌ県ヴェルサイユにある。主な部分の設計はマンサールとル・ブランによっておこなわれ、庭園はアンドレ・ル・ノートルによって造営された。バロック建築の代表作で、豪華な建物と広大な美しい庭園で有名である。.

新しい!!: フランスとヴェルサイユ宮殿 · 続きを見る »

ヴェゼール渓谷の先史的景観と装飾洞窟群

アブリ・ドゥ・クロ=マニョン(fr:Abri de Cro-Magnon) アブリ・ドゥ・ラ・マドレーヌ(fr:Abri de la Madeleine) ヴェゼール渓谷の先史的景観と装飾洞窟群(ヴェゼールけいこく の せんしてきけいかん と そうしょくどうくつぐん、英語名:Prehistoric Sites and Decorated Caves of the Vézère Valley)は、1979年にユネスコの世界遺産に登録された、フランスの文化遺産物件の名称(2006年に改称)。 ヴェゼール渓谷( Valley。ドルドーニュ県のレゼイジ=ドゥ=タイヤック=シルイユ[en]からモンティニャック[en]にかけての40kmほどの間に広がっている地域)に点在する先史時代遺跡群のうち、ユネスコによって選定された重要性の高い物件の総称である。.

新しい!!: フランスとヴェゼール渓谷の先史的景観と装飾洞窟群 · 続きを見る »

ヴォルテール

ヴォルテール(Voltaire)こと、本名フランソワ=マリー・アルエ(François-Marie Arouet、1694年11月21日 - 1778年5月30日)は、フランスの哲学者、文学者、歴史家である。歴史的には、イギリスの哲学者であるジョン・ロックなどとともに啓蒙主義を代表する人物とされる。また、ドゥニ・ディドロやジャン・ル・ロン・ダランベールなどとともに百科全書派の学者の一人として活躍した。ボルテールと表記されることもある。 パリの公証人の子。姓は“アルーエ”とも表記される。Voltaireという名はペンネームのようなもので、彼の名のArouetをラテン語表記した"AROVET LI" のアナグラムの一種、「ヴォロンテール」(意地っぱり)という小さい頃からの渾名(あだな)をもじった等、諸説ある。.

新しい!!: フランスとヴォルテール · 続きを見る »

ヴォージュ山脈

ヴォージュ山脈(-さんみゃく;フランス語 Massif des Vosges)はフランス北東部にある山脈。アルザス=ロレーヌ両地方にまたがる。 フランス東部・ドイツ国境のライン川に並行して北北東から南南西に連なる。東はライン川沿いのアルザス平原(ライン地溝帯)、西はロレーヌ台地である。海抜千メートル前後で、北はドイツに至る丘陵へ続く。南はベルフォール付近の低地を隔ててジュラ山脈北部に向かい合う。 農業と牧畜が盛んで、特にアルザス側のブドウ栽培とワインが有名である。 地質学的にはドイツ側のシュヴァルツヴァルトと同じで、石炭紀の片麻岩・花崗岩・斑岩やペルム紀と三畳紀の砂岩が見られる。 UNESCOの北ヴォージュ・プフェルツァーヴァルト生物圏保護区に指定されている。.

新しい!!: フランスとヴォージュ山脈 · 続きを見る »

ボナパルティズム

ボナパルティズム(フランス語:Bonapartisme)は、本来の意味では、ナポレオン・ボナパルト(ナポレオン1世)によるフランス第一帝政の崩壊以後に活発化した政治運動で、国民の支持でフランスの支配者に選ばれたナポレオンとその一族を再びフランスの支配者に据えようとした運動を指す。ボナパルト家支持者たちはボナパルティスト(Bonapartiste)と呼ばれた。 より広い意味では、革命運動を強権でもって弾圧しようとする権威主義的・反動的な運動一般のことを指す。.

新しい!!: フランスとボナパルティズム · 続きを見る »

ボリビア

ボリビア多民族国(ボリビアたみんぞくこく、、、))、通称ボリビアは、南アメリカの共和制国家。国の面積はアメリカ大陸では8番目に、ラテンアメリカでは6番目に、世界的には27番目に大きい国である。日本の約3.3倍の広さである。かつてはより広大な国土面積を有し太平洋沿岸部にも領土があったが、周辺国との戦争に負け続けたために現在では最大時の半分ほどになってしまった。北と東をブラジル、南をアルゼンチン、南東をパラグアイ、南西をチリ、北西をペルーに囲まれた内陸国である。南半球にあり、晴れていれば南十字星が見える眞鍋周三編著 『ボリビアを知るための73章 【第2版】 』 明石書店 2013年 20ページ。憲法上の首都はスクレだが、議会をはじめとした政府主要機関はラパスにある。世界最高高度にある首都である。 かつて「黄金の玉座に座る乞食」と形容されたように、豊かな天然資源を持つにもかかわらず実際には貧しい状態が続いており、現在もラテンアメリカ貧国の一つである。約1万人強の日系ボリビア人がおり、日本人町もある。.

新しい!!: フランスとボリビア · 続きを見る »

ボリシェヴィキ

ボリシェヴィキ(、「多数派」の意)は、ロシア社会民主労働党が分裂して形成された、ウラジーミル・レーニンが率いた左派の一派。ボリシェビキ、ボルシェヴィキ、ボルシェビキとも呼称され、戦前の日本国内おける刊行物等の資料では、ボルシエヴィキー、ボルシエヴィキなどの表記が用いられている。単数形はボリシェヴィク()。 1917年の十月革命以前から活動していた者は特にオールド・ボリシェヴィキと呼ばれる。ボリシェヴィキはメンシェヴィキや社会革命党に比べ少数派であったが、人事と要職を握ったので「多数派」を名乗った。暴力革命を主張し、徹底した中央集権による組織統制が特徴である。その特徴は、そのまま後身であるソビエト連邦共産党へと引き継がれた。 なおドイツではボルシェヴィズムス()は第一義的にロシアの共産主義者を指し、帝政ドイツからナチス時代には、ドイツの社会民主主義よりさらに急進的な過激派という意味でも用いられた。 ロシア革命時には「パン・土地・平和」をスローガンとして掲げた。平和を求める大衆の意見を尊重すべきとのトロツキーの意見が反映されている。 ボリシェヴィキはAmerican International Corporationから財政支援を受けていた。当社は1915年、Frank A. Vanderlipを会長としてニューヨークに設立された。出資者はジョン・モルガン、ロックフェラー、ジェームズ・スティルマン。1917年の役員はPierre S. du Pont、Percy Avery Rockefeller、Albert H. Wiggin、Beekman Winthrop、そしてEmpire Trust CompanyのMatthew C. Brushであった。 なお、日本では、ロシア革命時に主導権を握ったレーニンらのボルシェビキを和訳した際に過激派と訳した。 学生運動で自らをボルシェビキと称した人々がいた。.

新しい!!: フランスとボリシェヴィキ · 続きを見る »

ボルドー

ボルドー(Bordeaux)は、フランス南西部の中心的な都市で、ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏の首府、ジロンド県の県庁所在地である。アキテーヌ公国の首府だった。.

新しい!!: フランスとボルドー · 続きを見る »

ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏

ヌーヴェル=アキテーヌ (Nouvelle-Aquitaine)は、2016年に発足したフランスの地域圏(レジオン)のひとつ。.

新しい!!: フランスとヌーヴェル=アキテーヌ地域圏 · 続きを見る »

ヌーヴォー・レアリスム

ヌーヴォー・レアリスム(Nouveau Réalisme)とは、1960年に美術評論家ピエール・レスタニ(Pierre Restany)と芸術家イヴ・クライン(Yves Klein)がフランスで結成した芸術家グループ、およびその芸術運動を指す。ピエール・レスタニは1950年代以来のアンフォルメルなどの絵画運動に満足を感じていなかったが、大量生産品や消費されたあとの廃棄物を用いて美術作品を作り第二次大戦後の工業化社会の新しいリアリティを模索する作家たちに共感し、彼らと共に「新しいリアリズム(ヌーヴォー・レアリスム)」という運動を立ち上げようとした。.

新しい!!: フランスとヌーヴォー・レアリスム · 続きを見る »

ヌーベルフランス

1681年の北アメリカの地図 ヌーベルフランス(Nouvelle-France、New France)は、1534年にジャック・カルティエがセントローレンス川を探検した時期から、1763年のパリ条約により、スペインとイギリスにヌーベルフランスを移譲した時まで、フランスが北アメリカに植民を行った地域である。その頂点にあった1712年(ユトレヒト条約の前)、領土は東はニューファンドランド島から西のロッキー山脈まで、北はハドソン湾から南のメキシコ湾までに拡大した。この領土はカナダ、アカディア、ハドソン湾、ニューファンドランド(プレサンス)およびルイジアナの5植民地に分割され、それぞれに管理政体が置かれた。ユトレヒト条約の結果、本土のアカディア、ハドソン湾およびニューファンドランド植民地に対するフランスの領有権が消え、アカディアの後継地としてイル・ロワイヤル(ケープ・ブレトン島)の植民地が設立された。.

新しい!!: フランスとヌーベルフランス · 続きを見る »

トマス・アクィナス

トマス・アクィナス(Thomas Aquinas、1225年頃 - 1274年3月7日)は、中世ヨーロッパ、イタリアの神学者、哲学者。シチリア王国出身。ドミニコ会士。『神学大全』で知られるスコラ学の代表的神学者である。カトリック教会と聖公会では聖人、カトリック教会の33人の教会博士のうちの1人。イタリア語表記ではトンマーゾ・ダクイーノ (Tommaso d'Aquino)。.

新しい!!: フランスとトマス・アクィナス · 続きを見る »

トヨタ自動車

トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 トヨタグループ全体の2017年の世界販売台数は約1038万台で3位、トヨタブランド単独では約847万台で世界第1位である。またインターブランドジャパンの調査による、世界展開している日本企業のブランド価値ランキングで10年連続1位を獲得している。 本社が位置する豊田市は、奈良時代から約1,300年間「挙母(ころも、挙母市)」と称された地名を1959年に「豊田(豊田市)」へ改称することを市議会で決議し、本社所在地の表示が「挙母市大字下市場字前山8番地」から「豊田市トヨタ町1番地」に変更された。日本の企業城下町で、市名に企業名が採られた稀な事例である。.

新しい!!: フランスとトヨタ自動車 · 続きを見る »

トルデシリャス条約

トルデシリャス条約(トルデシリャスじょうやく、Tratado de Tordesilhas, Tratado de Tordesillas)は、1494年6月7日にスペインとポルトガルの間で結ばれた条約。当時両国が盛んに船団を送り込んでいた「新世界」における紛争を解決するため、教皇アレクサンデル6世の承認によってヨーロッパ以外の新領土の分割方式を取り決めた。 本条約において西アフリカのセネガル沖に浮かぶカーボベルデ諸島の西370リーグ(1770km)の海上において子午線にそった線(西経46度37分)の東側の新領土がポルトガルに、西側がスペインに属することが定められた。名称の由来は、条約が批准されたカスティージャのトルデシリャスの地名からとられている。条約調書の原本は2007年にスペインとポルトガルの共同申請で、ユネスコの記憶遺産に登録された。 サラゴサ条約もまた同じ意図によって、1529年に両国の間で批准された条約である。.

新しい!!: フランスとトルデシリャス条約 · 続きを見る »

トニー・パーカー

トニー・パーカー(Tony Parker)ことウィリアム・アンソニー・パーカー・ジュニア(William Anthony Parker, Jr., 1982年5月17日 -)は、フランスのプロバスケットボール選手。NBAのサンアントニオ・スパーズ所属。ポジションはポイントガード。背番号は「9」。父はアメリカ人の元バスケット選手で母はオランダ人の元モデル。ベルギーのブルッヘ生まれでフランスで育ち、フランス国籍を持つ。ヨーロッパ出身選手、またアメリカ国籍を持たない選手としては初めてのNBAファイナルMVP獲得者である。.

新しい!!: フランスとトニー・パーカー · 続きを見る »

トゥール・ポワティエ間の戦い

トゥール・ポワティエ間の戦い(トゥールポワティエかんのたたかい、Bataille de Poitiers、معركة بلاط الشهداء)は、732年にフランス西部のトゥールとポワティエの間で、フランク王国とウマイヤ朝の間で起こった戦い。ツール・ポアティエの戦いとも表記する。.

新しい!!: フランスとトゥール・ポワティエ間の戦い · 続きを見る »

トゥールーズ

トゥールーズ(トゥルーズ、Toulouse, オック語:Tolosa )は、フランスの南西部に位置するコミューンで、オクシタニー地域圏の首府、オート.

新しい!!: フランスとトゥールーズ · 続きを見る »

トゥアレグ

トゥアレグ (Tuareg) またはトゥアレグ族は、ベルベル人系の遊牧民。アフリカ大陸サハラ砂漠西部(アザワド)が活動の範囲である。自身では「ケル・タマシェク(Kel Tamasheq)」(タマシェク語を話す人々)と呼ぶ。.

新しい!!: フランスとトゥアレグ · 続きを見る »

トウモロコシ

''Zea mays "fraise"'' ''Zea mays "Oaxacan Green"'' ''Zea mays 'Ottofile giallo Tortonese''' トウモロコシ(玉蜀黍、学名 )は、イネ科の一年生植物。穀物として人間の食料や家畜の飼料となるほか、デンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要で、年間世界生産量は2009年に8億1700万トンに達する。世界三大穀物の一つ。 日本語では地方により様々な呼び名があり、トウキビまたはトーキビ(唐黍)、ナンバ、トウミギ、などと呼ぶ地域もある(詳しくは後述)。 コーン ともいう。英語圏ではこの語は本来穀物全般を指したが、現在の北米・オーストラリアなどの多くの国では、特に断らなければトウモロコシを指す。ただし、イギリスではトウモロコシを メイズ()と呼び、穀物全般を指して コーン()と呼ぶのが普通である。.

新しい!!: フランスとトウモロコシ · 続きを見る »

トタル

トタル (Total S.A.) は、フランスのパリ近郊ラ・デファンスに本部を置く多国籍企業である。国際石油資本であり、スーパーメジャーと呼ばれる6社の内の一社である。石油化学の研究・開発の分野では世界屈指。 潤滑油の分野では、モータースポーツに進出している自動車企業へのサポートや技術コンタクトを行っている。 このため、エルフ、トタル、ペトロフィナ3社が合併する前のそれぞれのブランドは、自動車メーカーの推奨燃料、潤滑油の指定を受けていた。 ユーロネクスト、ニューヨーク証券取引所上場企業(、)。商標はTOTAL, ELF。.

新しい!!: フランスとトタル · 続きを見る »

ヘリコプター

一般的なシングルローター形態のヘリコプター、ベル 407 ヘリコプター(helicopter)は、エンジンの力で機体上部にあるメインローターと呼ばれる回転翼で揚力を発生し飛行する航空機の一種であり、回転翼機に分類される。 空中で留まる状態のホバリングや、ホバリング状態から垂直、水平方向にも飛行が可能であり、比較的狭い場所でも離着陸できるため、各種の広い用途で利用されている。 名前はギリシャ語の螺旋 (helico-,ヘリックス) と翼 (pteron,プテロン) に由来しており、「ヘリ(heli)」や「コプター(copter)」と略される他、「チョッパー(chopper)」とも呼ばれる。.

新しい!!: フランスとヘリコプター · 続きを見る »

ヘリ空母

ャンヌ・ダルク」 ヘリ空母(ヘリくうぼ、Helicopter carrier)とは、ヘリコプターを運用することを主目的とした航空母艦。.

新しい!!: フランスとヘリ空母 · 続きを見る »

ブラックアフリカ

肌の色。サブサハラアフリカの大半に、最も肌の色が黒いネグロイド(黒人)が住む。ただし、北アフリカと南部アフリカ西部の先住民は肌の色が黒くはない。 ブラックアフリカ()は、文字どおりには、アフリカのうちネグロイド(黒人)が主に居住する地域である。コーカソイド(白人)が主に住むホワイトアフリカ(北アフリカ)と対比され、黒人差別する時に使われるケースも多くある。 サブサハラアフリカ(サハラ以南のアフリカ)の同義語とみなされることもあるが、厳密にはサブサハラ全土で黒人が多数派であるわけではなく、マダガスカルのような非黒人地域を除外することもある。.

新しい!!: フランスとブラックアフリカ · 続きを見る »

ブラジル

ブラジル連邦共和国(ブラジルれんぽうきょうわこく、República Federativa do Brasil)、通称ブラジルは、南アメリカに位置する連邦共和制国家である。南米大陸で最大の面積を占め、ウルグアイ、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビア、ペルー、コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム、フランス領ギアナ(つまりチリとエクアドル以外の全ての南米諸国)と国境を接している。また、大西洋上のフェルナンド・デ・ノローニャ諸島、トリンダージ島・マルティン・ヴァス島、セントピーター・セントポール群島もブラジル領に属する。その国土面積は日本の約22.5倍で、アメリカ合衆国よりは約110万km2(コロンビア程度)小さいが、ロシアを除いたヨーロッパ全土より大きく、インド・パキスタン・バングラデシュの三国を合わせた面積の約2倍に相当する。首都はブラジリア。 南アメリカ大陸最大の面積を擁する国家であると同時にラテンアメリカ最大の領土、人口を擁する国家で、面積は世界第5位である。南北アメリカ大陸で唯一のポルトガル語圏の国であり、同時に世界最大のポルトガル語使用人口を擁する国でもある。公用語はポルトガル語ではあるがスペイン語も比較的通じる。ラテンアメリカ最大の経済規模であり、同時に世界で7番目の経済規模でもある。 ブラジルは全体的に低緯度(北部は赤道直下)で、尚且つ海流等の影響もあり気候は大変温暖であり、ポルトガルによる植民地支配が厳格化する17世紀半頃までは、ほとんどの原住民は男女とも全裸に首飾り等の装飾品を付けた状態で生活していたという。.

新しい!!: フランスとブラジル · 続きを見る »

ブリュメールのクーデター

ブリュメール18日のクーデターで五百人会議員らに取り囲まれるナポレオン・ボナパルト将軍 ブリュメールのクーデターは、1799年11月9日(共和暦8年ブリュメール(霧月)18日)、ナポレオンが総裁政府を倒した軍事クーデターのこと。彼は統領政府を樹立、自ら第一統領となった。フランス革命はここに終わったとされる。ブリュメール18日のクーデターともいう。実際の革命は1794年のテルミドール9日のクーデターによって終わっており、惰性で続いていたブルジョワによる革命がナポレオンによって息の根を止められたと言うべきであろう。.

新しい!!: フランスとブリュメールのクーデター · 続きを見る »

ブルネイ

ブルネイ・ダルサラーム国(ブルネイ・ダルサラームこく)、通称ブルネイは、東南アジアのイスラム教国で、イギリス連邦加盟国である。ボルネオ島(カリマンタン島)北部に位置し、北側が南シナ海に面するほかは陸地ではマレーシアに取り囲まれている。首都はバンダルスリブガワン。元首はハサナル・ボルキア国王(スルターン)。 石油や天然ガスなどの資源を多く埋蔵しており、ASEANの一員になっている。環太平洋戦略的経済連携協定の原加盟国でもある。.

新しい!!: フランスとブルネイ · 続きを見る »

ブルボン家

ブルボン家(ブルボンけ。Maison de Bourbon)は、ヨーロッパの王家で、フランス王家カペー家の支流の一つ。かつてのフランス王家、また現在のスペイン王家であり、さらに両シチリア王国など現在のイタリアの一部を治めていた家系もある。現在のルクセンブルク大公家も男系ではブルボン家の後裔である。 ブルボン(Bourbon)の語源は、ケルト語で「泥」を意味する borvo もしくは borbo である。.

新しい!!: フランスとブルボン家 · 続きを見る »

ブルボン朝

ブルボン朝の紋章 ブルボン朝(ブルボンちょう、dynastie des Bourbons)は、近世フランス王国の王朝である。1589年から1792年まで、一時中断を挟んで1814年から1830年まで続いた。文化史の分野ではルイ王朝と呼ばれることがある。これはこの王朝にルイという名の国王が何代にもわたって続いたからである。カペー朝の支流である。 新旧両派の宗教戦争であったユグノー戦争の最中にヴァロワ朝が断絶して、遠縁筋の新教徒でブルボン家のアンリ4世がカトリック教徒のフランス国王として即位したことでブルボン朝が成立した。このときメディチ家の財力を受け継いだ。ルイ14世の時代には絶対王政を築き、ハプスブルク家と政略結婚もし、領土拡大など戦果を上げて最盛期を迎えた。 フランス革命でブルボン家は王位を追われてフランスを去り、ナポレオン1世の失脚により王政復古で舞い戻ったが、七月革命によって再度王位を追われた。現在のスペイン王室は分家にあたる。.

新しい!!: フランスとブルボン朝 · 続きを見る »

ブルトン人

ウィリアム・アドルフ・ブグロー画、''ブルトン人の姉弟'' ブルトン人 (Bretons、BreizhizまたはBretoned)は、フランス、ブルターニュ地方に主として暮らすケルト系民族のこと。ブルターニュ人、ブレイス人ともいう。彼らの先祖は4世紀から6世紀にかけてグレートブリテン島南西部から移住してきたブリトン人である。ブルターニュという地名は彼らにちなんでおり、一部の人々は今もケルト語系のブルトン語(最近はブレイス語と呼ばれる)を話している。フランス国外、カナダ(主としてケベック州)、アメリカ合衆国、イギリス、アイルランドにもブルトン人のコミュニティーがある。ブレイスとはブルトン語でブルターニュという意味である。.

新しい!!: フランスとブルトン人 · 続きを見る »

ブルトン語

ブルトン語(ブルトン語:、フランス語:)は、ブリトン語系ケルト諸言語の一つである。ブレイス語・ブルターニュ語とも言われる。 ブルトン語は、「著しい危機に瀕している」とUNESCOの危機に瀕した言語のレッドブック(en)によって定義されている。ブルトン語とフランス語のバイリンガル教育を行うクラスに在籍した児童の数は2006年から2012年までは33%上がり、14709人にのぼっている:fr:Fañch Broudic, 2009.

新しい!!: フランスとブルトン語 · 続きを見る »

ブルキナファソ

ブルキナファソ()は、西アフリカに位置する共和制国家。北にマリ、東にニジェール、南東にベナン、トーゴ、南にガーナ、南西にコートジボワールと国境を接する内陸国である。首都はワガドゥグー。 第二次世界大戦後、1960年にオートボルタ(Haute-Volta, 上ボルタ)共和国として独立した。独立後、フランスから離れて非同盟路線を歩み、東側諸国と友好関係を築いたが、1987年以降はフランスとの関係を最重視している。現在の国名ブルキナファソは1984年に旧来の国名のオートボルタから改称された。.

新しい!!: フランスとブルキナファソ · 続きを見る »

ブルゴーニュ公国

ブルゴーニュ公領 ブルゴーニュ公国(ブルゴーニュこうこく、仏:État bourguignon エタ ブルギニョン)は、14世紀から15世紀のフランス東部からドイツ西部にかけて存在した、ブルゴーニュ公領(Duché de Bourgogne)を中心とする、ヴァロワ=ブルゴーニュ家のブルゴーニュ公(Duc de Bourgogne)の支配領域ないしその支配体制をいう。なお正確にはブルゴーニュ公爵領と隣接するブルゴーニュ伯領(フランシュ=コンテ地域圏)とは区別を要する。.

新しい!!: フランスとブルゴーニュ公国 · 続きを見る »

ブルゴーニュ戦争

ブルゴーニュ戦争(ブルゴーニュせんそう)は、15世紀にヴァロワ家の分枝のブルゴーニュ公と宗家のフランス王の間で戦われた一連の戦争。後に(Alte Eidgenossenschaft)も巻き込まれたが、スイスはこの戦争で決定的な役割を演じることになった。1474年に開戦し、ブルゴーニュ公シャルル突進公はナンシーの戦いで戦死した。ブルゴーニュ公の本領とその他の公領はフランスに併合されたが、ネーデルラントとフランシュ=コンテ(ブルゴーニュ自由伯領)はシャルルの娘マリーが相続し、最終的にはハプスブルク家の所領になった。.

新しい!!: フランスとブルゴーニュ戦争 · 続きを見る »

ブルターニュ

ブルターニュ (Bretagne; Breizh ブレイス; ガロ語: )は、フランス北西部にある地域。ブルトン語を意識した際には、ブレイスという名称も用いられる。かつてはブルターニュ王国、そしてブルターニュ公国という独立国だったが、1532年にフランスに併合され州となった。ブルターニュは6つあるケルト国の1つとみなされている。時には、現在のブルターニュ地域圏と区別する目的で「歴史的なブルターニュ」(Bretagne historique、ブルターニュ・イストリック)と呼ばれることもある。 ブルターニュは、フランス北西部、ヨーロッパ大陸の北西に突き出た半島にある。北はイギリス海峡、西はケルト海と大西洋、南をビスケー湾と接している。面積は34,023 km² 。ブルターニュとみなされる県が5つある。西のフィニステール県、北のコート=ダルモール県、北東のイル=エ=ヴィレーヌ県、南東のロワール=アトランティック県、ビスケー湾に面したモルビアン県である。 1956年、これらの県を集めフランスの地域圏がつくられた。ブルターニュ地域圏は、ブルターニュとみなされる5つの県のうち4つで構成される(歴史的なブルターニュの80%を占める)。一方でかつてのブルターニュの一部であるロワール=アトランティック県はペイ・ド・ラ・ロワール地域圏に含まれることになった。この地域圏編成は定期的に論争の種となっている。ブルターニュ王国、ブルターニュ公国、かつてのブルターニュ州、そして現在のブルターニュ地域圏は、ローマ時代にアルモリカとして知られた地方の西部分にあたる。 2010年の調査で、歴史的なブルターニュ人口は概算で4,475,295人であった。これらのうち71%の人口がブルターニュ地域圏で暮らしている。残り29%はロワール=アトランティック県に暮らす。2008年時点の都市圏はナント都市圏(854,807人)、レンヌ都市圏(654,478人)、ブレスト都市圏(311,735人)であった。.

新しい!!: フランスとブルターニュ · 続きを見る »

ブルターニュ地域圏

ブルターニュ地域圏(フランス語:Région Bretagne、ブレイス語:Rannvro Breizh)は、フランス北西部のブルターニュ半島全体に位置するフランスの地域圏。首府はレンヌ。 周囲の2/3程は大西洋に面した海岸線であり、東部でバス=ノルマンディー地域圏とペイ・ド・ラ・ロワール地域圏に接している。内部はコート=ダルモール県、フィニステール県、イル=エ=ヴィレーヌ県、モルビアン県の4県に分けられる。 ケルト系ブルトン人の言語、風俗が強く残存した地域である。日本の近畿地方ほどの面積に、茨城県と同程度の人口が集まっている。最大都市は州都であり学術都市でもあるレンヌ(人口約21万人)。 同じくブルターニュ文化(ケルト色)の濃いロワール=アトランティック県は隣のペイ・ド・ラ・ロワール地域圏へ分断されている。フランス中央とは風俗習慣が全く異なるため、現在でも相続法など民法の一部については独自の慣習法が認められている。.

新しい!!: フランスとブルターニュ地域圏 · 続きを見る »

ブルターニュ・クラシック

ブルターニュ・クラシック・ウエスト=フランス(Bretagne Classic Ouest-France)とは、UCIワールドツアーに組み込まれる自転車プロロードレースの一つ。フランスのブルターニュ地方にある人口5000人の小さな街、プルエーで3日間にわたり行われる自転車レースの最終日に開催されるワンデイレース(金曜日はシクロスポルティフ、土曜日は女子、日曜日が本レース)。以前はUCIワールドカップに次ぐランクの「1-HC」に位置づけられていたが、2005年にUCIプロツアーがスタートしたのに伴い、プロツアーの一つとして組み込まれ、そのままUCIワールドツアーに受け継がれた。2015年まではGP西フランス・プルエー(GP Ouest-France Plouay)という名称であった。 熱狂的な自転車ファンが多いブルターニュ地方での開催ということと、周回コースのレースということもあって、コースの両脇には切れ目なく観客たちが並んで大声援を送る。.

新しい!!: フランスとブルターニュ・クラシック · 続きを見る »

ブレーズ・パスカル

ブレーズ・パスカル(Blaise Pascal、1623年6月19日 - 1662年8月19日)は、フランスの哲学者、自然哲学者、物理学者、思想家、数学者、キリスト教神学者である。 早熟の天才で、その才能は多分野に及んだ。ただし、短命であり、三十代で逝去している。死後『パンセ』として出版されることになる遺稿を自身の目標としていた書物にまとめることもかなわなかった。 「人間は考える葦である」などの多数の名文句やパスカルの賭けなどの多数の有名な思弁がある遺稿集『パンセ』は有名である。その他、パスカルの三角形、パスカルの原理、パスカルの定理などの発見で知られる。ポール・ロワヤル学派に属し、ジャンセニスムを代表する著作家の一人でもある。 かつてフランスで発行されていた500フラン紙幣に肖像が使用されていた。.

新しい!!: フランスとブレーズ・パスカル · 続きを見る »

ブローニュ=ビヤンクール

ブローニュ=ビヤンクール(Boulogne-Billancourt)はフランス中北部の都市である。イル=ド=フランス地域圏オー=ド=セーヌ県に属し、パリ近郊の都市としては最も人口が多い。1926年に現在の名称となるまではブローニュ=シュル=セーヌ(Boulogne sur Seine)と呼ばれていた。.

新しい!!: フランスとブローニュ=ビヤンクール · 続きを見る »

ブーランジェ将軍事件

ブーランジェ運動の高揚を描いた風刺画 ブーランジェ将軍事件(ブーランジェしょうぐんじけん)とは、第三共和政治下のフランスで1886年から1889年にかけて起こった、反議会主義的・反共和主義的政治運動である。ブーランジェ事件、ブーランジェ運動、またはブーランジスムとも呼ばれる。.

新しい!!: フランスとブーランジェ将軍事件 · 続きを見る »

ブタ

岐阜市畜産センターのビジターハウス内に展示) 岐阜市畜産センターにて) 仔豚に母乳を与える豚 豚小屋で飼育されている放牧豚 ブタ(豚、学名:Sus scrofa domesticus(仮名転写:スース・スクローファ・ドメスティクス)、英名:pig)は、哺乳綱鯨偶蹄目イノシシ科の動物で、イノシシ(Sus scrofa)を家畜化したものである。主に食用(豚肉)とされる。.

新しい!!: フランスとブタ · 続きを見る »

プチ・サン・ベルナール峠

プチ・サン・ベルナール峠(プチ・サン・ベルナールとうげ、Col du Petit-Saint-Bernard; Colle del Piccolo San Bernardo)は、フランスとイタリアとの国境にあるアルプス山脈の峠である。標高は2,188m。.

新しい!!: フランスとプチ・サン・ベルナール峠 · 続きを見る »

プランテーション

プランテーション (plantation) とは、大規模工場生産の方式を取り入れ、熱帯、亜熱帯地域の広大な農地に大量の資本を投入し、単一作物を大量に栽培する(モノカルチャー)大規模農園またはその手法をさす。 先住民や黒人奴隷などの熱帯地域に耐えうる安価な労働力を使う場合が多いが、現代では途上地域などの現地雇用を主な働き手とする場合が増えている。経営主体は、国営/企業/民間など様々である。経営する側をプランターと呼ぶ場合もある。生産国の経済を支え、日本を含め諸国が安価な輸入品を享受できる一面を持ちながら、後述の問題をはらんでいる。.

新しい!!: フランスとプランテーション · 続きを見る »

プランタジネット朝

プランタジネット朝(プランタジネットちょう、Plantagenet dynasty )は、中世イングランド王国の王朝。フランスの貴族であったアンジュー伯アンリが1154年にイングランド王ヘンリー2世となり、1399年にリチャード2世が廃されるまで続いた。ただし、その後に続くランカスター朝、ヨーク朝ともプランタジネット家の男系の傍系であるため、広義ではプランタジネット朝に含まれる。この場合はヨーク朝のリチャード3世が最後のプランタジネット朝の王となる。ヨーク朝を滅ぼして王位を得たテューダー朝およびその後のすべての王朝は、女系でプランタジネット家の血を引いている。アンジュー伯家から興ったことから、その初期(ヘンリー2世からジョンまで)についてはアンジュー朝(Angevin Dynasty)とも呼ばれる。.

新しい!!: フランスとプランタジネット朝 · 続きを見る »

プレタポルテ

プレタポルテは、既製服のうち、高級なものについていうファッション用語。 フランス語でready to wear(そのまま着られる)あるいは ready to carry(そのまま持ち帰ることができる)を意味する prêt-à-porter が語源。フランス語でprêt(プレ)は「用意ができている」、porter(ポルテ)は「着る」という意味であり、à(ア)は不定詞を導く前置詞である。.

新しい!!: フランスとプレタポルテ · 続きを見る »

プロンビエールの密約

プロンビエールの密約(プロンビエールのみつやく、Accordi di Plombières)は、19世紀のイタリア統一戦争の際にフランス帝国とサルデーニャ王国との間に結ばれた1858年の密約。サルデーニャはフランスにサヴォアとニースを割譲する代わりに軍事支援を受け、ロンバルディア獲得に成功した。.

新しい!!: フランスとプロンビエールの密約 · 続きを見る »

プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏

プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏(Provence-Alpes-Côte d'Azur プロヴァンサルプコットダズュル)は、フランス南東部の地中海沿いの地域圏である。PACA (パカ)と略される。東部はアルプス山脈をはさんでイタリアと国境を接する。北はオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏、西はオクシタニー地域圏と接している。その名が示すとおり、国際的に名高い風光明媚な海岸コート・ダジュールがある。同地域圏の首府はフランス第二の都市・マルセイユにあり、日本国総領事館も同地にある。石油化学工業や鉄鋼業の他、観光も盛んに行われている。日本の中国地方5県ほどの広さに、広島県と岡山県を足した人口とほぼ同程度の住民が在住する。気候は地中海性気候の影響で一年を通して温暖で乾燥しており、世界中の著名人がニース、カンヌなどに別荘を構える事で有名。.

新しい!!: フランスとプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏 · 続きを見る »

プジョー

プリンス車の参考とされた プジョー(Peugeot S.A.)は、フランスの自動車メーカーで、かつ世界最古の量産自動車メーカーである。同じフランスのシトロエン等を傘下に持ち、企業グループ「PSA・プジョーシトロエン」を構成している。 その他、50cc - 500ccのモーターサイクルを欧州市場にて、製造販売している。また19世紀末より1980年代まで自転車を製造しており、プジョーの自転車は通算10回、ツール・ド・フランスの総合優勝者の使用機材となっている。 後ろ足で立ち上がるライオンをかたどった企業ロゴ(ベルフォールのライオン)を採用している。.

新しい!!: フランスとプジョー · 続きを見る »

パリ

ランドサット パリの行政区 パリ(Paris、巴里)は、フランス北部、イル=ド=フランス地域圏にある都市。フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。 フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。.

新しい!!: フランスとパリ · 続きを見る »

パリのカナロ

パリのカナロ(Canaro en Paris)とは、アレハンドロ・スカルピーノ(Alejandro Scarpino)と、フアン・カルダレージャ(Juan Caldarella)の両者の作曲の1925年のタンゴの作品。.

新しい!!: フランスとパリのカナロ · 続きを見る »

パリのセーヌ河岸

パリのセーヌ河岸」(パリのセーヌかがん)は、フランスにあるユネスコ世界遺産のひとつ。首都パリを流れるセーヌ川の川岸のうち、シュリー橋からイエナ橋までのおよそ8kmが登録対象となっている。これには、中州であるシテ島とサン・ルイ島、および区域内に架かる橋も含まれている。 登録対象地区はパリの中心部であり、この都市が辿ってきた歴史がよく現れている。この地区には、ノートルダム大聖堂などの中世の建築群や、エッフェル塔などの近・現代建築群のように観光名所としてもよく知られた建築群が含まれる。また同時に、19世紀における優れた都市計画であり、全世界のその後の新興都市計画に影響を及ぼしたオスマン男爵によるパリ改造を限定的ながら例示するものともなっている。.

新しい!!: フランスとパリのセーヌ河岸 · 続きを見る »

パリ大学

パリ大学(仏:Université de Paris)は、フランス共和国のパリ、クレテイユおよびヴェルサイユの3大学区にある13の大学の総称である。多くのノーベル賞受賞者を送り出している他、法学、政治学、科学、物理学、神学などの分野で優秀な学者を輩出している。また芸術の教育機関としても名高い。.

新しい!!: フランスとパリ大学 · 続きを見る »

パリ外国宣教会

パリ外国宣教会 (パリがいこくせんきょうかい、Missions Étrangères de Paris; 略称:MEP) は、フランスのパリに本部を置くカトリック教会の男子(司祭)の宣教会。1653年にフランソワ・パリューらによって設立された宣教会で、当初より東アジアの宣教を担当している。明治以降の日本のカトリック教会の再建に携わった。パリミッション会とも呼ばれ、「パリ外邦伝教会」と訳されることもある。現在の日本管区長は、アントワン・デ・モンジュロ。 さいたま教区所沢教会の主任司祭との兼任である。.

新しい!!: フランスとパリ外国宣教会 · 続きを見る »

パリ万国博覧会 (1889年)

1889年のパリ万国博覧会の様子 機械館 1889年のパリ万国博覧会(せんはっぴゃくはちじゅうくねんのパリばんこくはくらんかい, Exposition Universelle de Paris 1889, Expo 1889)は、1889年5月6日から10月31日までフランスのパリで開催された国際博覧会である。.

新しい!!: フランスとパリ万国博覧会 (1889年) · 続きを見る »

パリ伯

パリ伯(仏:Comte de Paris)は、カロリング朝フランク王国でパリ周辺(イル=ド=フランス)を統治していた支配者の称号。パリ伯ユーグ・カペーがフランス王へと推戴され、パリが王都となるに伴い、パリ伯の称号は失われたが、後にカペー家の後継を自認してフランス王となったオルレアン家によって復興された。 文学作品ではシェイクスピアの『ロミオとジュリエット』にパリ伯という架空の人物が登場する。.

新しい!!: フランスとパリ伯 · 続きを見る »

パリ・カトリック大学

パリ・カトリック大学 パリ・カトリック学院 (L'Institut catholique de Paris) は、フランス共和国のパリ6区にある私立大学。1875年に設立された。多数の学部から構成されており、この大学で修士号や博士号を取得できる。.

新しい!!: フランスとパリ・カトリック大学 · 続きを見る »

パリ・コミューン

パリ・コミューン(Commune de Paris、Paris Commune)は、フランス・パリ市の自治市会(革命自治体)のことであるが、ここでは国防政府のプロイセンとの和平交渉に反対し、同時期にフランス各地で蜂起したコミューン(la Commune)のうち普仏戦争後の1871年3月26日に、史上初の「プロレタリアート独裁」による自治政府を宣言した1871年のパリのコミューン(La Commune de Paris 1871)について説明する。 このパリ・コミューンは約2ヶ月でヴェルサイユ政府軍によって鎮圧されたが、後の社会主義、共産主義の運動に大きな影響を及ぼし、短期間のうちに実行に移された数々の社会民主主義政策は、今日の世界に影響を与えた。マルセイユ(1870年9月5日宣言)、リヨン(1870年9月4日宣言)、サン・テティエンヌ(1871年3月26日宣言)、トゥールーズ、ナルボンヌ(1871年3月30日宣言)、グルノーブル、リモージュなどの、7つの地方都市でも同様のコミューンの結成が宣言されたが、いずれも短期間で鎮圧された。.

新しい!!: フランスとパリ・コミューン · 続きを見る »

パリ・コレクション

Magdalena Frackowiak パリ・コレクション(semaine de la mode à Paris, Paris Fashion Week)は、年2回、フランスのパリで開かれるファッションブランドの新作発表会である。.

新しい!!: フランスとパリ・コレクション · 続きを見る »

パリクラブ

パリクラブ(Club de Paris)は、フランス財務省で年に10回 - 経済産業省(2017年3月27日閲覧)ほど開催される、主要な債権国と債務国が二国間のリスケジュール(返済の繰り延べ)協議を行う非公式会合の呼称である。1956年に創設。.

新しい!!: フランスとパリクラブ · 続きを見る »

パリ国立高等鉱業学校

パリ国立高等鉱業学校(パリこくりつこうとうこうぎょうがっこう、École nationale supérieure des mines de Paris)は、フランスのグランゼコールの一つであり、様々な工学分野の技術者を育成する教育機関である。名称は、Mines ParisTech、もしくは École des Mines、École des Mines de Paris、あるいは単に Mines Paris や Mines と呼ばれることもある。略称はENSMP。 工学系グランゼコールの中で、国立土木学校 、エコール・ポリテクニーク、エコール・サントラル・パリと並ぶ名門校であり、現在でも入学難易度が高いことで知られている。また、卒業生は実業界において重要な位置を占めるなど、幅広い活躍で知られる。パリの科学技術研究機関であるParisTechの有力なメンバーである。 1967年、パリ国立高等鉱業学校はパリ近郊のフォンテーヌブローとエヴリーに校舎が設けられ、1976年には南仏のソフィア・アンチポリスのテクノポリスにも校舎が設けられた。 なお、グランゼコールとしては、サン・テチエンヌとナンシーに他の鉱業学校が置かれている。また、2007年8月29日、慶應義塾大学理工学部とÉcole des Mines d'Albi-Carmaux(国立高等鉱業学校アルビ・カルモー校)との間で交流協定が締結された。.

新しい!!: フランスとパリ国立高等鉱業学校 · 続きを見る »

パリ〜ルーベ

パリ〜ルーベ (Paris - Roubaix) とは、自転車プロロードレースの一つ。フランスのパリからルーベまで、およそ260Kmを走るワンデーレース。1896年から行われているクラシックレース。最多優勝者はロジェ・デフラミンク(1972、74、75、77年)とトム・ボーネン(2005、08、09、12年)の各4回。 レースの最後はルーベの街中にあるヴェロドロームのトラックコースを1周半し、ゴールとなるのが恒例。.

新しい!!: フランスとパリ〜ルーベ · 続きを見る »

パリ〜ツール

パリ〜ツール(Paris-Tours)は、自転車プロロードレースの一つ。フランスのパリからツールを走るワンデーレース。1896年から行われている。.

新しい!!: フランスとパリ〜ツール · 続きを見る »

パリ〜ニース

パリ〜ニース(Paris-Nice)とは、フランスで毎年春に行われる、パリ近郊から地中海のリゾート都市ニースをめざす自転車ロードレースのステージレースである。.

新しい!!: フランスとパリ〜ニース · 続きを見る »

パリ講和会議

Quai d'Orsayに面している(現在の外務・ヨーロッパ問題省) パリ講和会議(パリこうわかいぎ、Paris Peace Conference)は、1919年1月18日から開会され第一次世界大戦における連合国が中央同盟国の講和条件等について討議した会議。世界各国の首脳が集まり、講和問題だけではなく、国際連盟を含めた新たな国際体制構築についても討議された。「ヴェルサイユ会議」と呼ばれることもあるが、実際の討議のほとんどはパリのフランス外務省内で行われており、ヴェルサイユ宮殿を会場に使ったのは対独平和条約(ヴェルサイユ条約)と、対ハンガリー平和条約(トリアノン条約)、関連する諸条約()の調印式のみであるため正確ではない。.

新しい!!: フランスとパリ講和会議 · 続きを見る »

パリ警視庁

パリ警視庁本部 パリ警視庁(パリけいしちょう、、)は、パリ市及びその周辺地域を管轄する警察組織(首都警察)である。逐語訳 は「パリの警察の長官事務所」「パリ警察長官府」であるが、慣用表現として日本の警視庁にあてはめパリ警視庁と翻訳される。シテ島のパリ4区側に所在し、ノートルダム大聖堂の正面に位置する。.

新しい!!: フランスとパリ警視庁 · 続きを見る »

パリ条約 (1763年)

パリ条約(パリじょうやく、英語: Treaty of Paris、フランス語: Traité de Paris)は、ヨーロッパの七年戦争と北アメリカ大陸のフレンチ・インディアン戦争とインドのカーナティック戦争などの講和条約。1763年2月10日にイギリス、フランス、スペインの間で締結され、欧州外での覇権は(西欧諸国の中では)イギリスが握る時代の幕開けとなった。.

新しい!!: フランスとパリ条約 (1763年) · 続きを見る »

パリ改造

パリ改造は、第二帝政時の19世紀、セーヌ県知事のジョルジュ・オスマンが取り組んだフランス最大の都市整備事業である。 ジョルジュ・オスマンの名をとり、「travaux haussmanniens」とも呼ばれる。.

新しい!!: フランスとパリ改造 · 続きを見る »

パン

ムギとエンバクのパン パン(pão パンウン)とは、小麦粉やライ麦粉などに水、酵母、塩などを加えて作った生地を発酵させた後に焼いた食品。日本語・朝鮮語・中国語での漢字表記は「麵麭」(、)など。 基本的に、小麦粉やライ麦粉などに水・酵母(イースト)を加えてパン生地にし、それを焼いた食品を指す。発酵のための酵母と糖類(砂糖など)をセットで加えることも一般的である。なお、出芽酵母を入れずに生地をつくるパンもあり、これを「無発酵パン」や「種なしパン」などと言う(その場合、出芽酵母で発酵させてから焼いたパンのほうは「発酵パン」と言う)。無発酵パンとしては、生地を薄くのばして焼くパンがあり、アフリカ・中東からインドまでの一帯でさかんに食べられている。なお、生地を発酵させるのは主として気泡を生じさせ膨張させるためであるが、出芽酵母で時間をかけて気泡を生じさせる代わりに、ベーキングパウダーや重曹を加えることで簡便に気泡を生じさせるものもある。また、生地にレーズン、ナッツなどを練り込んだり、別の食材を生地で包んだり、生地に乗せて焼くものもある(変種として、焼く代わりに、蒸したもの、揚げたものもある)。 パンは多くの国で主食となっている。アブラハムの宗教では儀式(ミサ)において用いられる。.

新しい!!: フランスとパン · 続きを見る »

パトリック・シャモワゾー

パトリック・シャモワゾー(Patrick Chamoiseau、1953年12月3日 - )はカリブ海のフランス領マルティニーク島の小説家。黒人たちの民話の語りを応用しつつ豊かな想像力と鮮やかな文体によって描かれた年代記『テキサコ』によって1992年にゴンクール賞を受賞した。またラファエル・コンフィアン及びジャン・ベルナベとの共著である評論『クレオール礼賛』は、クレオール文化及びクレオール化の肯定的評価を世に知らしめるうえで多大な役割を果たした。 2013年2月号『群像』に、大江健三郎との対談が掲載された。.

新しい!!: フランスとパトリック・シャモワゾー · 続きを見る »

パトリス・ド・マクマオン

マクマオン伯爵およびマジェンタ公爵マリー・エドム・パトリス・モーリス・ド・マクマオン(Marie Edme Patrice Maurice de Mac-Mahon, comte de Mac-Mahon, duc de Magenta, 1808年7月13日 - 1893年10月16日)は、19世紀フランスの軍人、政治家。第3代大統領(フランス第三共和政)。大陸ヨーロッパにおいて国家元首に就任した、唯一のアイルランド系の人物である。.

新しい!!: フランスとパトリス・ド・マクマオン · 続きを見る »

パブロ・ピカソ

パブロ・ピカソ(Pablo Picasso, 1881年10月25日 - 1973年4月8日)は、スペインのマラガに生まれ、フランスで制作活動をした画家、素描家、彫刻家。 ジョルジュ・ブラックとともに、キュビスムの創始者として知られる。生涯におよそ1万3500点の油絵と素描、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作し、最も多作な美術家であると『ギネスブック』に記されている。.

新しい!!: フランスとパブロ・ピカソ · 続きを見る »

パクス・ロマーナ

パークスの石像 アウグストゥス治世におけるローマ帝国の版図。緑はアウグストゥスの治世下に徐々に征服された地域を表しており、黄色は紀元前31年の共和政ローマの版図を表し、ピンクの領域は従属国を表している。 パクス・ロマーナ()とは、「ローマの平和」を意味し、ローマ帝国の支配領域(地中海世界)内における平和を指す語である。パクス(パークス)とはローマ神話に登場する平和と秩序の女神である。 エドワード・ギボン 18世紀のイギリスの学者エドワード・ギボンが『ローマ帝国衰亡史』のなかで五賢帝(Five Good Emperors)の時代を「人類史上もっとも幸福な時代」と評し「パークス・ロマーナ」というラテン語の造語で表現してから一般に広まった。 ただし、「五賢帝」とともに美化されたイメージは、今日の歴史学では基本的に支持されていない。.

新しい!!: フランスとパクス・ロマーナ · 続きを見る »

ビッグバン (金融市場)

ビッグバン (Big Bang) とは、機関投資家の成長を背景として代田純 「機関化傾向と取引所改革 ビッグバンの意味するもの」 証券研究 第109巻 199-255頁、サッチャー政権下の1986年10月27日にロンドン証券取引所が実施した金融改革である。ブローカーまたはジョバーの単一資格制を廃しマーケットメイカー制をイギリスに定着させた。.

新しい!!: フランスとビッグバン (金融市場) · 続きを見る »

ピレネー山脈

ピレネー山脈(ピレネーさんみゃく、Les Pyrénées、Los Pirineos、オック語:Los Pirenèus、Els Pirineus、Pirinioak)とは、ユーラシア大陸西端部のイベリア半島の付け根付近をほぼ東西方向に走る、長さ約430 kmの褶曲山脈である。.

新しい!!: フランスとピレネー山脈 · 続きを見る »

ピピン3世

ピピンの寄進 ピピン3世(ドイツ語:Pippin III, 714年 - 768年9月24日)は、フランク王国の国王(在位:751年 - 768年)。アウストラシアの宮宰だったピピン1世(大ピピン)との対比で、「小ピピン(Pippin der Jüngere)」とも呼ばれる。また、「ピピン短躯王(Pépin le Bref、ペパン・ル・ブレフ)」とも呼ばれる。フランク王国宮宰カール・マルテルの子。はじめネウストリアの宮宰(在職:741年 - 751年)およびアウストラシアの宮宰(在職:747年 - 751年)であったが、メロヴィング朝のキルデリク3世を廃して自ら王位に即き、カロリング朝を開いた。.

新しい!!: フランスとピピン3世 · 続きを見る »

ピニョー・ド・ベーヌ

ピニョー・ド・ベーヌ ピエール・ジョゼフ・ジョルジュ・ピニョー (Pierre Joseph Georges Pigneau, 1741年11月2日 - 1799年10月9日)は、フランスのカトリック宣教師。ピニョー・ド・ベーヌ(Pigneau de Behaine)として知られる。のちのヴェトナム阮朝初代嘉隆帝を補佐した。ベトナム名は百多禄(Pedro)。.

新しい!!: フランスとピニョー・ド・ベーヌ · 続きを見る »

ピエ・ノワール

ピエ・ノワール(Pieds-noirs)とは、1830年6月18日のフランス侵攻から、1962年のアルジェリア戦争終結に伴うアルジェリア独立までのフランス領アルジェリアに居たヨーロッパ系(フランス、スペイン、イタリア、マルタ、ユダヤ系)植民者。また、アルジェリアだけでなくモロッコ、チュニジアを加えたマグレブ諸国のヨーロッパ系住民を含める場合もある。独立時点までのピエ・ノワールの人口は約100万人だと推される。 1962年のアルジェリア独立により多くは母国に帰国したが、フランス本国で差別的な扱いを受けている。 アルジェリアのユダヤ系住民で、同様にフランス国民として引き揚げてきた者も含むことがある。 ピエ・ノワールとは黒い足を意味する。フランス人の入植者が、先住民と、黒い靴を履いていることで区別されたことが由来と言われる。また、20世紀初頭、蒸気船の燃料庫で動力となる石炭を燃やしていたアルジェリア労働者を指す語としても用いられていた。彼らは石炭が敷き詰められた倉庫の中を裸足で労働に従事しており、その足は石炭で真っ黒に汚れていた。その後、「イスラムのアルジェリア人」つまりヨーロッパ人入植前から居住していたアルジェリア人とも、「フランス本土のフランス人」とも異なるヨーロッパ入植者を指す呼称として1955年から使用された.

新しい!!: フランスとピエ・ノワール · 続きを見る »

ピエール・アベラール

ピエール・アベラール(Pierre Abélard 、1079年 - 1142年4月21日)は中世フランスの論理学者・キリスト教神学者。「唯名論」学派の創始者として知られ、後にトマス・アクィナスらによって集成されるスコラ学の基礎を築いたとされる。弟子であるアルジャントゥイユのエロイーズとのロマンスでも有名。ラテン語式のペトルス・アベラルドゥス(Petrus Abaelardus)という名前でも知られる。.

新しい!!: フランスとピエール・アベラール · 続きを見る »

ピエール・ジョゼフ・プルードン

ピエール・ジョゼフ・プルードン(Pierre Joseph Proudhon ;1809年1月15日-1865年1月19日)は、フランスの社会主義者、無政府主義者。無政府主義の父と言われる。.

新しい!!: フランスとピエール・ジョゼフ・プルードン · 続きを見る »

ピカルディ語

400px ピカルディ語 (Picard) は、フランス北部及びベルギー南部に分布するロマンス語の一つで、オイル語系の言語である。.

新しい!!: フランスとピカルディ語 · 続きを見る »

ツール・ド・フランス

ツール・ド・フランスまたは(ル・)トゥール・ド・フランス(Le Tour de France、以下「ツール」)とは毎年7月にフランスおよび周辺国を舞台にして行われる自転車プロロードレースである。1903年から開催されている。主催は傘下にスポーツ新聞レキップや一般紙ル・パリジャンなどを抱えるフランスの大企業・アモリ・スポル・オルガニザシオン (ASO, Amaury Sport Organisation)。 名称はフランス語で「フランス一周」を意味する。フランス語による同様の名称のレースには、スイスで行われるツール・ド・スイスなどがある。単にル・ツール(Le Tour:ル・トゥール)と称されることもある。.

新しい!!: フランスとツール・ド・フランス · 続きを見る »

ツァーベルン事件

ツァーベルン事件(ツァーベルンじけん、アレマン語・標準Zabern-Affäre)は、1913年末にツァーベルンに駐屯していたプロイセン軍将校の侮蔑的発言をきっかけに生じた軍と住民の衝突事件、またそれによって生じたドイツ帝国内における政治的危機をいう。ツァーベルンがあるエルザス(フランス語ではアルザス)州は、ロートリンゲン州とともに普仏戦争以降ドイツ帝国の直轄州であり、プロイセン軍の歩兵連隊2個大隊が駐屯していた。事件の背景には、「第二級の国民」であるエルザス人への差別感情や軍国主義的時代思潮とそれに対するエルザス人の反感があった。.

新しい!!: フランスとツァーベルン事件 · 続きを見る »

テンプル騎士団

テンプル騎士団の紋章一頭の馬に跨る二人の騎士は、清貧の精神及び騎士にして修道士という二重性を表現している。 テンプル騎士団(テンプルきしだん)は、中世ヨーロッパで活躍した騎士修道会。正式名称は「キリストとソロモン神殿の貧しき戦友たち()」であり、日本語では「神殿騎士団」や「聖堂騎士団」などとも呼ばれる。 十字軍活動以降、いくつかの騎士修道会(構成員たちが武器を持って戦闘にも従事するタイプの修道会)が誕生したが、テンプル騎士団はその中でももっとも有名なものである。創設は1096年の第1回十字軍の終了後の1119年であり、ヨーロッパ人によって確保されたエルサレムへの巡礼に向かう人々を保護するために設立された。.

新しい!!: フランスとテンプル騎士団 · 続きを見る »

テンサイ

文部科学省 「」| kJ.

新しい!!: フランスとテンサイ · 続きを見る »

テニス

テニス(tennis)は二人または二組のプレイヤーがネット越しにラケットでボールを打ち合う球技である。オリンピックやパラリンピックで採用されている競技であり、年齢性別、身体的個性を問わず広く親しまれている。漢字名の庭球(ていきゅう)とも呼ばれることがある。.

新しい!!: フランスとテニス · 続きを見る »

デンマーク

デンマーク(Danmark, )は、北ヨーロッパのバルト海と北海に挟まれたユトランド半島とその周辺の多くの島々からなる立憲君主制国家。北欧諸国の1つであり、北では海を挟んでスカンディナヴィア諸国、南では陸上でドイツと国境を接する。首都のコペンハーゲンはシェラン島に位置している。大陸部分を領有しながら首都が島嶼に存在する数少ない国家の一つである(他には赤道ギニア、イギリスのみ)。 自治権を有するグリーンランドとフェロー諸島と共にデンマーク王国を構成している。 ノルディックモデルの高福祉高負担国家であり、市民の生活満足度は高く、2014年の国連世界幸福度報告では第1位であった。.

新しい!!: フランスとデンマーク · 続きを見る »

ディエンビエンフーの戦い

1954年3月開戦時のディエンビエンフー。緑の部分が、フランス軍が盆地の中の丘の上に作った陣地(全て女性名)。うち最南部のイザベル陣地は危険なまでに他陣地から離れている。対するベトミン軍は5個師団を盆地を見下ろす北部及び東部の山頂に配置した。 ディエンビエンフーの戦い(ディエンビエンフーのたたかい、Chiến dịch Điện Biên Phủ, 漢字:戰役奠邊府, Bataille de Điện Biên Phủ)とは、1954年3月から5月にかけてフランス領インドシナ北西部のディエンビエンフー(Điện Biên Phủ, 漢字:奠邊府)で起こった、第一次インドシナ戦争中最大の戦闘。ベトナム人民軍とフランス軍合わせて約1万人の戦死者を出した。同戦争の大きな転機となり、フランスはベトナム撤退を余儀なくされることになる。.

新しい!!: フランスとディエンビエンフーの戦い · 続きを見る »

デクシア

デクシア(Dexia)は、ベルギーに本拠を置く、ヨーロッパ有数の金融グループ。1996年に、預金供託金庫を母体とする二社(1860年に分離したCrédit Communal de Belgiqueと、1987年にスピンオフしたCrédit Local de France)が合併して設立された公的金融機関International Directory of Company Histories, vol. 88.。.

新しい!!: フランスとデクシア · 続きを見る »

フランツ・ファノン

フランツ・オマー・ファノン (Frantz Omar Fanon、1925年7月20日 - 1961年12月6日) は、植民地主義を批判し、アルジェリア独立運動で指導的役割を果たした思想家・精神科医・革命家。ポストコロニアル理論の先駆者としても認識されている。.

新しい!!: フランスとフランツ・ファノン · 続きを見る »

フランドル

フランドル(Vlaanderen、Flandre、Flandern)は、旧フランドル伯領を中心とする、オランダ南部、ベルギー西部、フランス北部にかけての地域。中世に毛織物業を中心に商業、経済が発達し、ヨーロッパの先進的地域として繁栄した。.

新しい!!: フランスとフランドル · 続きを見る »

フランドル・フランセーズ

フランドル・フランセーズ(La Flandre française; Frans-Vlaanderen)は、フランドル地方のうち現在はフランスに属する地域における歴史的な地理概念。この地域は現在では、ベルギー国境地域のノール=パ・ド・カレー地域圏のリール郡、ドゥエー郡及びダンケルク郡といった郡を構成しており、また、カンブレジ(旧カンブレー大司教領)と旧エノー伯領とともにノール県を構成している。.

新しい!!: フランスとフランドル・フランセーズ · 続きを見る »

フランク人

Gelasian Sacramentary』。750年頃にメロヴィング朝フランク王国で作られたもので現在はヴァティカン図書館に所蔵されている。 フランク人(フランクじん)またはフランク族(フランクぞく、Franci, Franken, Francs, Franchi, Franks)は、ローマ帝国時代後期から記録に登場するゲルマン人の部族である。一般的にサリー族と(ライン・フランク族)に大別される。前者は西ヨーロッパにおいてフランク王国を建国した事で知られる。 フランクという名前は西暦3世紀半ばに初めて史料に登場する五十嵐 2003, p. 317。記録に残る「フランク(francus または franci)」という言葉の最も古い用例は241年頃の歴史的事実を踏まえたとされるローマ行軍歌においてであり佐藤 1995a, p. 134、これは4世紀に書かれた『皇帝列伝』に収録されて現代に伝わっている。ローマ人はライン川中流域に居住するゲルマン人たちを一括して「フランク人」と呼んでいた。フランク(francus、franci)の語義は「勇敢な人々」、「大胆な人々」、あるいは「荒々しい」「猛々しい」「おそろしい」人々という意味であるとされている渡部 1997, p. 45。 西ヨーロッパ全域を支配する王国を建設したことから、東方の東ローマ帝国やイスラム諸国では、西ヨーロッパ人全般を指す言葉として用いられた事もある。十字軍研究の分野では現代の学者たちもレヴァント十字軍国家を指して「フランク国家」と表現したり、移住したヨーロッパ人全般を指して「フランク人」と言う用語を用いる場合があるグルッセ 1954, pp.

新しい!!: フランスとフランク人 · 続きを見る »

フランク王国

フランク王国の時代別の領土 フランク王国(フランクおうこく、Royaumes francs、Fränkisches Reich)は、5世紀後半にゲルマン人の部族、フランク人によって建てられた王国。カール1世(大帝)の時代(8世紀後半から9世紀前半)には、現在のフランス・イタリア北部・ドイツ西部・オランダ・ベルギー・ルクセンブルク・スイス・オーストリアおよびスロベニアに相当する地域を支配し、イベリア半島とイタリア半島南部、ブリテン諸島を除く西ヨーロッパのほぼ全域に勢力を及ぼした。カール1世以降のフランク王国は、しばしば「フランク帝国」「カロリング帝国」などとも呼ばれる。 この王国はキリスト教を受容し、その国家運営は教会の聖職者たちが多くを担った。また、歴代の王はローマ・カトリック教会と密接な関係を構築し、即位の際には教皇によって聖別された。これらのことから、西ヨーロッパにおけるキリスト教の普及とキリスト教文化の発展に重要な役割を果たした。 フランク王国はメロヴィング朝とカロリング朝と言う二つの王朝によって統治された。その領土は、成立時より王族による分割相続が行われていたため、国内は恒常的に複数の地域(分王国)に分裂しており、統一されている期間は寧ろ例外であった。ルートヴィヒ1世(敬虔王、ルイ1世とも)の死後の843年に結ばれたヴェルダン条約による分割が最後の分割となり、フランク王国は東・中・西の3王国に分割された。その後、西フランクはフランス王国、東フランクは神聖ローマ帝国の母体となり、中フランクはイタリア王国を形成した。 このようにフランク王国は政治的枠組み、宗教など多くの面において中世ヨーロッパ社会の原型を構築した。.

新しい!!: フランスとフランク王国 · 続きを見る »

フランコフォニー国際機関

フランコフォニーの旗 フランコフォニー国際機関(フランコフォニーこくさいきかん、Organisation Internationale de la Francophonie, OIF)は、世界中の様々な文化圏に属する、民主主義や人権といった普遍的な価値観とフランス語とを共有する国・地域の総体であるフランコフォニーの名を冠した国際機関である。 フランコフォニー国際機関に加盟している国・地域はフランス語圏に限定されず、英語圏やポルトガル語圏(カーボヴェルデやサントメ・プリンシペ)、アラビア語圏(チュニジアやモロッコなど)の国もあるため「フランコフォニー国際機関の加盟国=フランス語圏」とは必ずしも言い切れない。 州単位でフランコフォニーに参加しているケベック州(フランス語のみが公用語)とニューブランズウィック州(英仏両語を公用語とする)を除いて基本的には英語が優勢な連邦カナダも参加している。ベトナムやラオスなどのように旧フランス植民地といえどもフランス語を公的な場で使用することがほとんどない国や、南欧のギリシャやアフリカのエジプトなどのようにフランスの植民地や保護領にすらなったことのない国もある。そしてオブザーバーとして東欧のポーランド、チェコ、スロヴァキアや、ドイツ語圏に属するオーストリア、スペイン語圏に属するメキシコ、アルゼンチンやウルグアイ、東南アジアでは例外的に各勢力からの独立を維持してきたタイ王国、東アジアからは韓国も加わっている。 しかし、旧フランス植民地の一つであるアルジェリアは、フランス語が比較的通用するが政治的な理由などで加盟していない。.

新しい!!: フランスとフランコフォニー国際機関 · 続きを見る »

フランシスコ・フランコ

フランシスコ・フランコ・イ・バアモンデ(、1892年12月4日 - 1975年11月20日)は、スペインの軍人、スペイン軍大元帥、政治家、独裁者(総統)、首相を歴任した。ガリシア出身。 一般には、フランシスコ・フランコ(、IPA: )として知られる。称号は「カウディーリョ・デ・エスパーニャ(Caudillo de España)」。.

新しい!!: フランスとフランシスコ・フランコ · 続きを見る »

フランス6人組

フランス6人組(フランスろくにんぐみ 仏:Les Six)は、20世紀前半フランスで活躍した作曲家の集団。単に「6人組」とも呼ばれる。全員で活動したのはたったの1回であった。 ロマン派音楽や印象主義音楽とは一線を画し、新古典主義音楽に含まれる傾向を示す。 彼等は一つのグループであっても、誰一人として「同じ音楽的傾向は持ち合わせていない」と語っていたものの、今日の音楽学者や批評家は彼らの音楽を「家族的作風」というひとつの傾向にまとめている。また、常に新しい音楽を提案していたグループとしても知られ、全音階(ドレミファソラシド)に最後の可能性を求めた音楽家集団でもあった。.

新しい!!: フランスとフランス6人組 · 続きを見る »

フランス7月革命

フランス7月革命(フランスしちがつかくめい、La Révolution de Juillet)は、1830年7月27日から29日にフランスで起こった市民革命である。フランスでは栄光の三日間(Trois Glorieuses)とも言う。 これにより、1815年の王政復古で復活したブルボン朝は再び打倒された。ウィーン体制により構築された正統主義は部分的に崩壊し、ブルジョワジーの推すルイ・フィリップが王位に就いた。その影響はヨーロッパ各地に波及し、ウィーン体制を揺るがせた。.

新しい!!: フランスとフランス7月革命 · 続きを見る »

フランスの大統領

共和政時代のフランスの国家元首について、「大統領」と訳されない者を含めて年代順に一覧する。 なお、肩書きは時代により異なり、以下の通りである。.

新しい!!: フランスとフランスの大統領 · 続きを見る »

フランスの世界遺産

フランスの世界遺産 はユネスコの世界遺産に登録されているフランス国内の文化・自然遺産。以下は第41回世界遺産委員会(2017年)終了時点の情報である。.

新しい!!: フランスとフランスの世界遺産 · 続きを見る »

フランスの交通

フランスの交通(フランスのこうつう)では、フランス共和国における交通についての概略を示す。 現在フランスは世界で最も緻密な交通網が整備された国のひとつである。100km²あたり146kmの道路と6.2kmの鉄道が整備されており、これらは首都でありまた国内最大都市であるパリを中心とした交通網を形成している。.

新しい!!: フランスとフランスの交通 · 続きを見る »

フランスの地方行政区画

ヨーロッパにおけるフランスの地方行政区画。22の地域圏と首都圏に、96の県を表した地図。右下にコルシカと、左にパリの拡大図が含まれている。 以下にフランスの地方行政区画について県を中心として述べ、さらに一覧を示す。また海外の領土について併せて示す。.

新しい!!: フランスとフランスの地方行政区画 · 続きを見る »

フランスの医療

フランスの医療(Health care in France)では社会保険制度によるユニバーサルヘルスケアが達成されており、フランス厚生省が所管している。医療機関には公立病院、非営利団体による病院(公的医療と提携している)、私的営利病院の3つが存在する。2000年のWHO調査において、フランスは世界の医療制度の中でも総合的に最善な医療(close to best overall health care)を提供していると評された。2011年では、平均寿命は82歳(OECDで6位)、医療費はGDPの11.6%ほど(一人あたり4,118米ドル、OECD欧州国で第2位)、公的支出はおおよそ77%ほどであった。 医療制度の理念は連帯(Solidarity)であり、傷病の大きい人ほど支払は少なくなる。特定の深刻な傷病(AIDS、深刻な精神疾患、医療補助が必須な人々)には、保険者は100%の払戻を行っており、自己負担は免除される。公的医療受給では医療費の平均70%が、償還払いで保険負担となり、高額および長期医療は100%保険負担となる。補助的医療についてはプライベート保険から調達するが、その多くは非営利組織によるものである。 保険財政・運営統治など保険制度の運営は、保険者ではなく政府が責任を負っており(ドイツの社会保険制度とは異なる)、政府によって収入レベルごとの自己負担額、医薬品およびサービスの自己負担額などが決定されている。かつて保険のカバー範囲は加入している社会保険基金(勤労者・退職者など)によりけりであり、また貧困層が排除されていたが、2000年にリオネル・ジョスパン政権によってユニバーサルヘルスケア法(Couverture maladie universelle, CMU法)が施行され全市民に広がった。.

新しい!!: フランスとフランスの医療 · 続きを見る »

フランスのユーロ硬貨

ユーロ (EUR, &#8364) は、欧州連合に加盟しているフランスを含む多くの国で使われている通貨である。 ユーロ硬貨の片面はユーロ圏全域共通のデザイン、もう片面は各国の独自のデザインとなっている。各国共通の表面の詳細はユーロ硬貨を参照。2ユーロ硬貨以外の縁(へり)のデザインもまた、全域で共通である。独自デザインとされている裏面も、欧州連合を象徴する12個の星と発行年を西暦で表示することは共通である。 フランスのユーロ硬貨のデザインは3種類ある。1ユーロ硬貨と2ユーロ硬貨は、フランスの国土を象徴する六角形、生命と連続性と成長を象徴する木、フランスのモットーである"Liberté Égalité Fraternité"(自由、平等、友愛)の文字を組み合わせたもの。いずれのデザインにも、フランス語による国名 ("République Française") の略称であるRFの文字が入っている。.

新しい!!: フランスとフランスのユーロ硬貨 · 続きを見る »

フランスの国章

在のフランスの紋章は公式紋章として法に基づいたものではないが、1953年以降フランスの象徴とされており、フランスのパスポートの表紙にも標されている。オリジナルは1912年に外交のため派遣された領事派遣団のシンボルとして、フランス外務省が彫刻家のデザインを採用したものである。 1953年国連からフランスに、他の加盟国の紋章と並べて表示するため、国章の写しを送るよう要請があった。内務省の委員会は、紋章画家のに宗教的デザインの変形で創作を依頼した。しかし、フランス共和国は公式な紋章にはこれを採択しなかった。 貴族的芸術とみなされる、つまりアンシャン・レジームを連想する紋章学の規定には沿っていないため、厳密に言えば「紋章 coat of arms 」というよりは「記章 emblem 」というべきものである。; 紋章の構成は次の通り.

新しい!!: フランスとフランスの国章 · 続きを見る »

フランスの競馬

フランスの競馬(フランスのけいば)では、フランスにおける競馬について記述する。.

新しい!!: フランスとフランスの競馬 · 続きを見る »

フランスの経済

フランスの経済(仏語:L'économie de la France 、英語:Economy of France)は2008年の名目GDP換算で、アメリカ合衆国、日本、中華人民共和国、ドイツに次いで世界第5位の規模である。フランスは冷戦期において、資本主義陣営に属していたものの、国家が企業を統治する混合経済体制を敷いていた(ディリジスム(en / fr))。 1980年代の第1次コアビタシオンの時期に、フランス経済は民営化が進んだものの、ルノーやフランス電力、フランスガス公社とスエズが合併したエンジー、Orangeといった主要企業にはフランス政府が大株主となっており、混合経済体制の影響は色濃く残っている。.

新しい!!: フランスとフランスの経済 · 続きを見る »

フランスの首相

フランスの首相では、フランスにおける首相について記述する。 現代語訳の首相に当たる行政府の長のフランス語名称は以下の通り。 フランス王国.

新しい!!: フランスとフランスの首相 · 続きを見る »

フランスの鉄道

フランスの鉄道輸送は、フランス国鉄(SNCF、Société Nationale des Chemins de fer français)がほぼ独占して運行し、鉄道施設はフランス鉄道線路事業公社(RFF、Réseau Ferré de France)が管理している。 SNCFはヨーロッパにおいて、旅客輸送で第2位(年間722億人キロ)、貨物輸送で第5位(年間468億トンキロ)の規模を有している(2002年)。.

新しい!!: フランスとフランスの鉄道 · 続きを見る »

フランスの鉄道史

フランスの鉄道の歴史は、19世紀初頭にはじまり、高速鉄道TGVの発展などがみられる現在に至る。.

新しい!!: フランスとフランスの鉄道史 · 続きを見る »

フランスの歴史

ルイ14世の時期である。 フランスの歴史(Histoire de France)では、現在のフランス共和国の領土を構成する西ヨーロッパの領域の歴史を取り扱う。有史以前、古代ローマ支配、中世のフランク王国の建国と分裂、そしてフランス王国の成立と発展からフランス革命以降から現在の第5共和政に至る歴史である。.

新しい!!: フランスとフランスの歴史 · 続きを見る »

フランスの海外県・海外領土

フランスの海外県・海外領土(départements et territoires d'outre-mer、通称DOM-TOM )とは、フランスがヨーロッパ以外に有する土地の総称である。.

新しい!!: フランスとフランスの海外県・海外領土 · 続きを見る »

フランス君主一覧

ルイ8世とブランシュ・ド・カスティーユの戴冠式。1450年代に描かれたフランス大年代記 (''Grandes Chroniques de France'') のミニアチュールより(フランス国立図書館所蔵) フランス君主一覧では、君主制時代のフランスの君主の一覧を示す。.

新しい!!: フランスとフランス君主一覧 · 続きを見る »

フランス外人部隊

Légion étrangère 隊旗 フランス外人部隊(フランスがいじんぶたい, Légion étrangère, French Foreign Legion)は、フランス陸軍所属の外国人の志願兵で構成される正規部隊である。 部隊の象徴は、「7つの炎の手榴弾」である。 総兵員数は約8,360人である。.

新しい!!: フランスとフランス外人部隊 · 続きを見る »

フランス委任統治領シリア

フランス委任統治領シリア(フランスいにんとうちりょうシリア、アラビア語:انتداب فرنسي على سوريا、フランス語:Mandat français en Syrie)は、第一次世界大戦の結果1920年8月10日に締結されたセーヴル条約によりオスマン帝国からフランスの委任統治下にはいった領土である。当初はほぼ現在のシリア・アラブ共和国、レバノン共和国及びトルコ共和国のハタイ県を合わせた地域であった。.

新しい!!: フランスとフランス委任統治領シリア · 続きを見る »

フランス人

フランス人(フランスじん、peuple français)は、フランス(フランス共和国、フランス王国、フランス帝国など)の国籍を有する人々を指し、2004年時点で約6200万人を数える。.

新しい!!: フランスとフランス人 · 続きを見る »

フランス人の一覧

この一覧はフランス出身者、フランス国籍を持つ人物についての人名記事を名の50音順に配列したものである。ただし、分野別のフランス人の一覧記事に載っている人物を除く。.

新しい!!: フランスとフランス人の一覧 · 続きを見る »

フランス復古王政

復古王政(ふっこおうせい、Restauration)は、フランス史上、1814年のナポレオン没落後、1830年の七月王政成立までの時代を指す。 フランス革命(1789年–1799年)でブルボン朝の国王ルイ16世が廃位・処刑された後、第一共和政(1792年–1804年)、第一帝政(1804年–1814年、1815年)が続いたが、第六次対仏大同盟がナポレオンを破って第一帝政が終わり、ルイ16世の後継者による王政が復活した。 復古王政は早くとも1814年4月6日から1830年の七月革命の民衆蜂起まで続いたが、百日天下の間は王家はフランスからヘントへの亡命に追い込まれた。 復古王政期のブルボン朝はアンシャン・レジームのような絶対王政ではなく立憲王政であったため、その権力には制限が課されていた。この時代の特徴は極端な保守反動にあり、その結果として漠然とした社会不安や騒擾が蔓延していた。また、政治におけるローマ・カトリック教会の復権もみられた。.

新しい!!: フランスとフランス復古王政 · 続きを見る »

フランスワイン

300px フランスワイン(Vin de France、French wine)は、フランス共和国で生産されるワイン(ぶどう酒)である。 現在、ワインの生産量ではイタリアが、ぶどうの栽培面積ではスペインがそれぞれ世界一である。だが、品質の高さ、洗練されたワイン文化、知名度などで、フランスはワイン産地として高く評価されている。これは、フランスの気候・風土が、ワイン用ぶどうの栽培に適していることが一番の理由であるが、1935年にAOC法を制定するなど、フランス共和国政府を挙げて、ワイン品質の維持・管理・向上に取り組んでいる。.

新しい!!: フランスとフランスワイン · 続きを見る »

フランス・メトロポリテーヌ

フランス・メトロポリテーヌの地図 フランス・メトロポリテーヌ (France métropolitaine)とは、ヨーロッパにあるフランス共和国領土を示す名称。これにはヨーロッパ大陸にあるフランス領土の他、大西洋、イギリス海峡、地中海にある島々も含まれ、コルス島もこれに含まれる。 フランス・メトロポリテーヌは、ヨーロッパにないフランス共和国領土を意味するフランス・ドゥトル=メール(France d'outre-mer、フランスの海外県・海外領土)とは異なる。.

新しい!!: フランスとフランス・メトロポリテーヌ · 続きを見る »

フランス・フラン

フランス・フラン(Franc français)とは、かつてフランス共和国で流通していた法定通貨である。 フランス本土のほか、ニューカレドニア・フランス領ポリネシア・ウォリス・フツナを除く海外領土、およびモナコとアンドラで通用していた。米ドル、ドイツマルク、日本円、イギリスポンドに次ぐ国際通貨のひとつであったが、ユーロの導入により、2002年までに通貨としての役割を終えた。 通貨記号はまたはFF, あるいは単にFと表記する。ISO 4217のコードはFRF.

新しい!!: フランスとフランス・フラン · 続きを見る »

フランス・ギャル

フランス・ギャル(France Gall, 本名:イザベル・ジュヌヴィエーヴ・マリ・アンヌ・ギャル(Isabelle Geneviève Marie Anne Gall)、1947年10月9日 - 2018年1月7日)はフランスの歌手である。初期の代表曲には「夢見るシャンソン人形」(この曲で第10回ユーロビジョン・ソング・コンテスト優勝)がある。.

新しい!!: フランスとフランス・ギャル · 続きを見る »

フランスパン

フランスパン。バゲット(左)とエピ(右)。 フランスパンとは、小麦粉・塩・水・イーストのみで作られるフランスのパリ発祥のパンの総称。バゲットやバタールがよく知られている。本国フランスでは pain traditionnel ( パン・トラディショネル)と呼ばれているが、単にbaguette(バゲット)、あるいは他国の呼称に倣い pain français ( パン・フランセ)と呼ぶこともある。かつてのインドシナ(ベトナム、ラオス、カンボジア)などフランスの植民地だった地域でも普及している。.

新しい!!: フランスとフランスパン · 続きを見る »

フランスグランプリ

フランスグランプリ(Grand Prix de France)はフランスで行われるF1のレース。国際規模のグランプリレースとしては最古の歴史を持つ。.

新しい!!: フランスとフランスグランプリ · 続きを見る »

フランス共同体

フランス共同体(フランスきょうどうたい、)は、1958年にフランス連合から改編されて成立した国家および植民地などの連合体である。第5共和制憲法下では、加盟地域および旧フランス植民地から独立した加盟国は多くの独立性を持っていたものの、通貨、防衛、外交および安全保障についてはフランスが一定の影響力を保持した。 1958年9月に各海外領土に対して「共同体に参加するか、独立するか」の決定を国民投票に委ねた。ギニアは95%の得票率で共同体への加盟を拒否して独立を決定したが、「アフリカの年」と言われる1960年に独立した他の多くの加盟地域は共同体への加盟を認め、そのままフランス共同体内の独立国に移行した。しかし、翌1961年には共同体の創設を主導したシャルル・ド・ゴール大統領自身が「共同体はもはや存在しない」と痛恨の面持ちで語り、実体を持たないままに事実上消滅した事を認めた。フランス第五共和政憲法の規定としては、1995年8月4日の改正まで残っていた。.

新しい!!: フランスとフランス共同体 · 続きを見る »

フランス共和国保安機動隊

共和国保安機動隊(きょうわこくほあんきどうたい、)は、フランス国家警察の警備警察部隊。.

新しい!!: フランスとフランス共和国保安機動隊 · 続きを見る »

フランス共和国親衛隊

フランス共和国親衛隊(フランスきょうわこくしんえいたい、ギャルド・レピュブリケーヌ 仏:Garde républicaine)とは、主にフランス政府庁舎等を警備する親衛隊である。フランス国家憲兵隊所属。.

新しい!!: フランスとフランス共和国親衛隊 · 続きを見る »

フランス共和国臨時政府

フランス共和国臨時政府(フランスきょうわこくりんじせいふ、Gouvernement provisoire de la République française、略記 GPRF)は、1944年6月3日に北アフリカのアルジェで成立した臨時政府。8月のパリの解放とともにパリに移転し、1946年10月27日にフランス第四共和政が成立するまでの期間、憲法制定とフランスの統治に当たった。.

新しい!!: フランスとフランス共和国臨時政府 · 続きを見る »

フランス共産党

フランス共産党(フランスきょうさんとう、Parti communiste français、PCF)は、前身のフランス社会党(SFIO)から最左派が分裂して1921年に結成されたフランスの左翼政党。結党当初は「共産主義インターナショナル・フランス支部」(SFIC / Section Française de l'Internationale Communiste)を称した。マルクス・レーニン主義を掲げ、パブロ・ピカソやエリック・サティ、イヴ・モンタンらも党員だった時期がある。.

新しい!!: フランスとフランス共産党 · 続きを見る »

フランス国家警察

フランス国家警察(Police nationale de France、National Police of France)は、フランスの警察組織の1つ。内務省の管轄下で、主として都市圏での警察活動を担当する。2006年現在、総人員14万5,820名、うち警察官11万9,182名を擁する。.

新しい!!: フランスとフランス国家警察 · 続きを見る »

フランス国家警察介入部隊

国家警察介入部隊(こっかけいさつかいにゅうぶたい、)は、フランス国家警察の特殊部隊。.

新しい!!: フランスとフランス国家警察介入部隊 · 続きを見る »

フランス国家警察特別介入部隊

特別介入部隊(とくべつかいにゅうぶたい)は、フランス国家警察の特殊部隊。正式名称は「捜査・支援・介入・抑止」()であり、RAIDと略称される。.

新しい!!: フランスとフランス国家警察特別介入部隊 · 続きを見る »

フランス国立行政学院

フランス国立行政学院(フランスこくりつぎょうせいがくいん、École nationale d'administration、略称はENA (エナ))は、グランゼコール (Grandes Ecoles) のひとつであり、フランス随一のエリート官僚養成学校。.

新しい!!: フランスとフランス国立行政学院 · 続きを見る »

フランス王国

フランス王国(フランスおうこく、Royaume de France)は、現在のフランス共和国の領域にかつて存在し、その前身となった王国。起源はフランク王国に遡り、「フランス王国」の名も「フランク王国」の発音が変化したものである。また、西フランク王国とフランス王国は同一の王国を指す歴史学上の別名であり、一般にはユーグ・カペーが西フランク王に即位した987年以降の西フランク王国を指して「フランス王国」と呼び、それ以前のフランス王国を指して西フランク王国と呼ぶ。これを前提とすると、1789年のフランス革命まで800年間、さらに1848年にオルレアン朝が倒れて王政が廃止されるまで、第一共和政・第一帝政期(1792年 - 1814年)を挟んで約840~860年間、存続したことになる。.

新しい!!: フランスとフランス王国 · 続きを見る »

フランス空軍

フランス空軍(Armée de l'air française )はフランスの空軍である。.

新しい!!: フランスとフランス空軍 · 続きを見る »

フランス第三共和政

フランス第三共和政(フランスだいさんきょうわせい、Troisième République)は、普仏戦争さなかの1870年に樹立したフランスの共和政体。1940年にナチス・ドイツのフランス侵攻によるヴィシー・フランス成立まで存続した。 初期は議会で君主制の復権を掲げる勢力が多数だったが、君主の性質などをめぐりボナパルティスト・王党派など様々な対立があり機を逃した。最終的にレジティミストの推すシャンボール伯アンリが1883年に没すると世論は共和政容認が大勢となり、選挙でも共和派が多数を占めた。結果として、王政復古の望みは潰えて「共和政」の名が公的に現れるようになった。 1875年憲法は第三共和制にその基礎となる二院制(上院(元老院)と下院(代議院))の一元主義型議院内閣制を制定した。また、任期7年の共和国大統領が名目的元首となり両院による多数決で選出されることが定められた。 第三共和制下では新たな植民地、インドシナ、マダガスカル、ポリネシア、大規模な領土西アフリカを含むアフリカ領土を20世紀までに獲得した。 20世紀初頭の議会政治は中道右派の民主共和同盟によって進められた。そもそも民主共和同盟は中道左派勢力と結集したが、共和制が定着するにつれて保守勢力となった。第一次世界大戦以降、特に30年代後半に急進党を中心にした左派との政治的対立が激化した。第二次世界大戦によるナチスドイツによる占領、フィリップ・ペタンを主席とするヴィシー政権が誕生したことでフランス第三共和政は終焉を迎えた。 フランス第三共和政は70年で歴史を終えたが、1789年のアンシャン・レジーム崩壊以降の政体としては現在のフランス第五共和政も含めて最長のものとなった。.

新しい!!: フランスとフランス第三共和政 · 続きを見る »

フランス第一帝政

フランス第一帝政(フランスだいいちていせい)は、1804年から1814年および1815年まで存続した、皇帝ナポレオン1世が支配する強力な軍事力を後ろ盾とした軍事独裁政権。大陸軍(グランダルメ)と命名された巨大な陸軍組織が国家の柱石だった。.

新しい!!: フランスとフランス第一帝政 · 続きを見る »

フランス第一共和政

フランス第一共和政(フランスだいいちきょうわせい、Première République française、French First Republic)は、フランス史上初の共和政体である。8月10日事件によるブルボン王政打倒を経て国民公会によって王政廃止が宣言された1792年9月21日から、ナポレオン1世の下で帝政が宣言された1804年5月18日まで存続した後世、この日の帝政の宣言において一応の第一共和政の終わりとしているが、ナポレオン1世の帝政は共和国の上に立脚しており、政体が代わっても共和国自体が消滅したというわけではない。。 第一共和政は、少なくとも3つの時期に分けられ、3つの政体があった。すなわち、1792年9月20日から1795年10月26日までの国民公会期、1795年11月2日から1799年11月9日までの総裁政府期、1799年12月24日から1804年5月17日までの統領政府期である。.

新しい!!: フランスとフランス第一共和政 · 続きを見る »

フランス第二帝政

フランス第二帝政(フランスだいにていせい、Second Empire Français)は、1852年から1870年まで存在した君主政体。ナポレオン・ボナパルトの甥であるルイ=ナポレオン(ナポレオン3世)が1851年12月2日にによって議会を解散し、新たな憲法を制定した上で国民投票によってフランス皇帝に即位した。 第二共和政期において、とりわけ六月蜂起後に保守・反動化した議会は、幅広い民衆の支持を得ることに失敗していた。こうして反議会に傾いた民衆をルイ=ナポレオン大統領は取り込むことに成功した。クーデターによる議会打倒を経て成立した第二帝政(第二帝国)は、権威主義的・反議会主義的な統治体制である一方、国民投票によって指導者を選出し、幅広い民衆に支持基盤をおいた点で、人民主権的、民主主義的な性格も有していた。.

新しい!!: フランスとフランス第二帝政 · 続きを見る »

フランス第二共和政

フランス第二共和政(フランスだいにきょうわせい、Deuxième République)は、1848年の二月革命から1852年のナポレオン3世皇帝即位(第二帝政の成立)までの期間のフランスの政体を指す。 第二共和政の発足当初はブルジョワと社会主義者の協調が図られたが、実際の政策運営にあたって対立が先鋭化し、六月蜂起へと至った。これにより保守化したブルジョワ・農民は社会的安定を求めて強力な指導者を求め、一方で新政府に失望した労働者も強力な指導者による保護を求めた。こうした中、ナポレオン1世の威光を帯びたルイ=ナポレオン・ボナパルトが各層の広範な支持を得て権力を掌握し、1852年に皇帝に即位したことで第二共和政は崩壊した。本項は1848年のフランス革命の続きである。.

新しい!!: フランスとフランス第二共和政 · 続きを見る »

フランス第五共和政

フランス第五共和政(フランスだいごきょうわせい、Cinquième République)は、1958年にシャルル・ド=ゴール将軍がアルジェリア戦争を背景に第四共和政を事実上打倒し、新たに作られた現在のフランスの共和政体。第四共和政に比べて立法権(国民議会)の権限が著しく低下し、大統領の執行権が強化され、行政・官僚機構が強力なのが特徴。.

新しい!!: フランスとフランス第五共和政 · 続きを見る »

フランス第四共和政

フランス第四共和政(フランスだいよんきょうわせい、Quatrième République)は、1946年10月から1958年10月までフランスを統治した政体である。第二次世界大戦後の復興に取り組んだが、植民地問題のこじれから軍部の圧力によって崩壊した。.

新しい!!: フランスとフランス第四共和政 · 続きを見る »

フランス銀行

フランス銀行(フランスぎんこう、仏:Banque de France)は、フランスの中央銀行。.

新しい!!: フランスとフランス銀行 · 続きを見る »

フランス革命

フランス革命(フランスかくめい、Révolution française, French Revolution)は、18世紀(1789年5月5日 – 1799年11月9日)にフランス王国(ブルボン朝)で起きた市民革命。 世界史上の代表的な市民革命で、前近代的な社会体制を変革して近代ブルジョア社会を樹立した革命。フランス革命戦争を通して、カリブ海から中東まで戦争が波及した。歴史家はフランス革命を世界史の中で最も重要な出来事の一つであると見なしている。 1787年にブルボン朝の絶対王権に対する貴族の反抗に始まった擾乱は、1789年から全社会層を巻き込む本格的な革命となり、政治体制は絶対王政から立憲王政、そして共和制へと移り変わった。さらに1794年のテルミドール反動ののち退潮へ向かい、1799年にナポレオン・ボナパルトによるクーデターと帝政樹立に至る(1799年11月9日のブリュメール18日のクーデター)。一般的には1787年の貴族の反抗から1799年のナポレオンによるクーデターまでが革命期とされている。 フランスの王政とアンシャン・レジームが崩壊する過程で、封建的諸特権が撤廃されて近代的所有権が確立される一方、アッシニア紙幣をめぐって混乱が起こった。.

新しい!!: フランスとフランス革命 · 続きを見る »

フランス領北アフリカ

フランス領北アフリカ(フランスりょうきたアフリカ、Afrique française du Nord)は、北アフリカにおいて、フランスが統治していた、フランス領アルジェリアを中心とするいくつかの領域の総称。最盛期には、マグリブの大部分を占めていた。 フランス領北アフリカの起源は、オスマン帝国の衰退に求められる。1830年、フランスはアルジェを占領し、1848年から、独立を果たす1962年までアルジェリアをフランスと不可分の地域として扱った。アルジェリアの領域を超えて影響力を拡大しようとしたフランスは、アルジェリアの東西に保護領を設定していった。フランス保護領チュニジアは、チュニジア侵攻後の1881年に、は1912年に設けられた。これらの領域は、モロッコの場合1955年まで、チュニジアでは1956年のの到来まで存続した。 フランス領北アフリカは、1962年3月のエビアン協定に基づいて7月に行なわれたアルジェリア独立住民投票によって終焉を迎えた。.

新しい!!: フランスとフランス領北アフリカ · 続きを見る »

フランス領ポリネシア

フランス領ポリネシア(Polynésie française)は、南太平洋にあるフランスの海外共同体(Collectivité d'outre-mer、略してCOM:英語:overseas collectivity、海外準県)であり、その中でも海外領邦(仏語:Pays d'outre-mer、略してPOM:英語:Overseas Country)という特別な地位を有している。ポリネシアのいくつかの諸島からなる。 ソシエテ諸島のタヒチ島は、リゾート地として最も有名な島で、フランス領ポリネシアの中心地でもある。タヒチの面積は1,608kmの火山島でオロヘナ山(2,237m)が最も高い山。人口も最大であり、行政所在地パペーテがある。コプラ、ノニ(ヤエヤマアオキ)、真珠母貝、黒蝶貝真珠(黒真珠)、バニラ、果汁、マグロなどを産出する。.

新しい!!: フランスとフランス領ポリネシア · 続きを見る »

フランス領ルイジアナ

フランス領ルイジアナ(フランスりょうルイジアナ、La Louisiane、Louisiana)は、北アメリカ大陸のフランス植民地・ヌーベルフランスの一管轄地域の名前である。17世紀から18世紀にかけての名称であり、この地方を探検したフランス人の探検家ロベール=カブリエ・ド・ラ・サールによって、フランス国王ルイ14世に因んでルイジアナと名づけられた。元々、その領域はミシシッピ川流域のほとんどを含んでおり、南北は五大湖からメキシコ湾まで、東西はアパラチア山脈からロッキー山脈まで広大に広がっていた。管理上は、アーカンザス川から北のアッパー・ルイジアナ(フランス語:Haute-Louisiane)とローワー・ルイジアナ(フランス語:Basse-Louisiane)に分かれていた。現代のアメリカ合衆国ルイジアナ州は、フランス領ルイジアナのほんの一部に過ぎないが、これはこの歴史的な地域の名前を貰ったものである。 1682年にラ・サールがこの地域を探検して、フランスが領有権を主張したものの、人も財源も不足していたために大きな発展は暫くの間無かった。フレンチ・インディアン戦争において、フランスがイギリスに敗れたことにより、1763年にミシシッピ川を境として東側をイギリスに、西側はフロリダと引き換えにスペインに割譲された。フランスは秘密の条約で西側の領土を取り戻したが、ナポレオン・ボナパルトが1803年にアメリカ合衆国への譲渡(ルイジアナ買収)を決め、フランスの支配は終わった。 アメリカとイギリスの間の国境を定めるために結ばれた1818年の条約で、北緯49度線より北にあった部分をイギリス領カナダに編入し、そこは今日ではアルバータ州とサスカチュワン州の一部となっている。.

新しい!!: フランスとフランス領ルイジアナ · 続きを見る »

フランス領アルジェリア

フランス領アルジェリア(フランスりょうアルジェリア、)は、1830年から1962年までフランスの支配下にあった北アフリカのアルジェリア地域のことである。.

新しい!!: フランスとフランス領アルジェリア · 続きを見る »

フランス領インドシナ

フランス領インドシナ フランス領インドシナ(フランスりょうインドシナ、l'Indochine française、, 法属印度支那)は、1887年から1954年まで、大日本帝国により占領された一時期を除きフランスの支配下にあったインドシナ半島(インドシナ)東部地域である。現在のベトナム・ラオス・カンボジアを合わせた領域に相当する。仏印(ふついん)とも略する。.

新しい!!: フランスとフランス領インドシナ · 続きを見る »

フランス領ギアナ

ュイヤンヌ(Guyane)は、南アメリカ北東部に位置するフランスの海外県ならびに海外地域圏(レジオン)。ただし、ギュイヤンヌ(ギアナ)地方との混同を避けるためギュイヤンヌ・フランセーズ()、また日本では英語名French Guianaを直訳した仏領ギアナ(ふつりょうギアナ)で知られる。 西にスリナム、南と東をブラジルのアマパー州と接し、北は大西洋に面する。面積は北海道とほぼ等しい。県都はカイエンヌ。.

新しい!!: フランスとフランス領ギアナ · 続きを見る »

フランス領西アフリカ

フランス領西アフリカ(フランスりょうにしアフリカ、French West Africa、Afrique occidentale française, AOF)は、フランス共和国が統治したモーリタニア、セネガル、フランス領スーダン(現在のマリ共和国)、フランス領ギニア(現在のギニア)、コートジボワール、ニジェール、オートボルタ(上ボルタ、現在のブルキナファソ)とフランス領ダホメ(現在のベナン)の旧フランス領8地域のことである。1895年–1902年の首都はサンルイ、1902年からの首都はダカール。.

新しい!!: フランスとフランス領西アフリカ · 続きを見る »

フランス領赤道アフリカ

フランス領赤道アフリカ(フランスりょうせきどうアフリカ、Afrique Équatoriale Française、AEF)は、1910年から1959年まで中部アフリカに存在した、フランスの植民地。.

新しい!!: フランスとフランス領赤道アフリカ · 続きを見る »

フランス語

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、langue d'oïl)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、'''フランコフォン''' (francophone) と言う。.

新しい!!: フランスとフランス語 · 続きを見る »

フランス語圏

フランス語圏(フランスごけん)とは、公用語や準公用語にフランス語が設定され、フランス語がその地域で重要な言語のひとつになっている国・地域の総称。フランスの旧植民地が広がっていたアフリカ西北部に多い。全世界で、1億2300万人が母語として使用し、2億人以上が公用語・第二言語(第一外国語)として使用している。 フランスの地理学者であるオネジム・ルクリュは、自著・『France, Algérie et colonies』(1880年)にて、フランス語の話者を「フランコフォン (francophone)」と、その言語共同体を「フランコフォニー (francophonie)」と、それぞれ呼んだ。ここから転じて現在では、フランス語圏についても「フランコフォニー」と呼ばれることがある。 フランス語は、かつてヨーロッパにおける外交語として広く流通していた実績もある。英語に次ぐ第二外国語として欧米を中心に広く学ばれており、国際連合や国際オリンピック委員会の公用語にも採用されている。世界約50カ国以上で話されている。.

新しい!!: フランスとフランス語圏 · 続きを見る »

フランス車

ルノー・グラン・セニック フランス車(フランスしゃ)とは、フランスで生産される自動車(フランス製自動車)、もしくはフランスを本拠とするメーカーやブランドが販売する自動車(フランスブランド車)のことである。.

新しい!!: フランスとフランス車 · 続きを見る »

フランス軍

フランス軍(フランスぐん、Forces armées françaises)は、フランス陸軍()・フランス海軍()・フランス空軍()さらに第四の軍としてフランス国家憲兵隊()を保有するフランスの軍隊のことである。.

新しい!!: フランスとフランス軍 · 続きを見る »

フランス軍事顧問団 (1867-1868)

一次フランス軍事顧問団(1867-1868年)は、西洋式陸軍の訓練のために日本に派遣された、最初の顧問団である。顧問団の一部は、明治政府成立後も幕府側に加担し、戊辰戦争に参加した。.

新しい!!: フランスとフランス軍事顧問団 (1867-1868) · 続きを見る »

フランス軍事顧問団 (1872-1880)

二次フランス軍事顧問団(1872–1880年)は、幕末に派遣され第一次顧問団に続き、日本に派遣された軍事顧問団である。.

新しい!!: フランスとフランス軍事顧問団 (1872-1880) · 続きを見る »

フランス軍事顧問団 (1884-1889)

三次フランス軍事顧問団(1884年-1889年)は、フランスから日本に派遣された3回目の軍事顧問団で、メンバーは5人であった。.

新しい!!: フランスとフランス軍事顧問団 (1884-1889) · 続きを見る »

フランス関係記事の一覧

フランス関係記事の一覧(フランスかんけいきじのいちらん)では、フランスに関係する記事の一覧を50音順にまとめた。なお、フランス出身の人物についてはフランス人の一覧を参照。.

新しい!!: フランスとフランス関係記事の一覧 · 続きを見る »

フランス電力

フランス電力会社(ふらんすでんりょくかいしゃ、Électricité de France、 EDF)は、フランス最大の電力会社である。第二次大戦後の1946年4月8日に、当時のフランスの産業大臣マルセル・ポールのもとで成立した「電気・ガス事業国有化法」によって、複数の発電・送電・配電会社が合同し、国有会社「フランス電力公社」が設立された。2004年11月19日までは完全な国有会社だったが、それ以後は株式を公開して民間会社となっている。ただし、2008年末現在でも政府が会社の85%ほどを所有し続けている。.

新しい!!: フランスとフランス電力 · 続きを見る »

フランス陸軍

フランス陸軍(フランス語:Armée de Terre française)はフランスの陸軍である。.

新しい!!: フランスとフランス陸軍 · 続きを見る »

フランス東インド会社

フランス東インド会社(フランスひがしインドがいしゃ、Compagnie française des Indes Orientales)は、フランスで1604年にアンリ4世が対インド貿易でのオランダとイギリスの独占に対抗して組織した特権会社である。.

新しい!!: フランスとフランス東インド会社 · 続きを見る »

フランス植民地帝国

何世紀にもわたるフランスの占領地及び領土 フランス植民地帝国(フランスしょくみんちていこく、仏:Empire colonial français)は、16世紀から20世紀にかけてフランスが海外に建設した植民地の集合体である。この場合の「帝国」とは、フランス本国の政体が王政・帝政・共和政のいずれであるかにかかわらず、海外の多民族の領域を支配したことを指す。.

新しい!!: フランスとフランス植民地帝国 · 続きを見る »

フランス民主連合

フランス民主連合(フランスみんしゅれんごう、Union pour la Démocratie Française)は、かつて存在したフランスの中道右派政党である。略称はUDF。.

新しい!!: フランスとフランス民主連合 · 続きを見る »

フランス海軍

フランス海軍(フランスかいぐん、Marine nationale、MN)はフランスが保有する海軍。 第二次世界大戦での教訓から独自の軍事体制を維持しており、戦略核や空母などを保持している。また、海外に植民地があることから、小型の艦艇を警備用として太平洋・インド洋・カリブ海などの海外領土に展開している。海軍司令部はパリの総司令部、ブレストの大西洋艦隊司令部、トゥーロンの地中海艦隊司令部及びシェルブールの英仏海峡小艦隊司令部が存在する。.

新しい!!: フランスとフランス海軍 · 続きを見る »

フランス文化

フランス文化(フランスぶんか)は、フランス文化圏における全ての精神活動を指称する。 フランス文化とは、社会科学と自然科学と人文科学のフランスで築かれ世界的基準となったメートル法をはじめとする論理と形式と量的基準の全てを指称する。基本となったのは、ギリシアとローマの文化であり、それを花開かせたカトリック(ローマ・カトリック)教会である。フランス文化は、ローマ・カトリックの神学と、理神論の両者の人道的な「自己の尊厳の尊重と他者の尊厳の尊重」を重んずる「個人主義」の永い伝統と、神のもとにおける人間の平等と共存と博愛思想が基礎にあり、「人間の意志の自由」を打ち立てた「実存主義哲学」の伝統である。「フランス文化」とは、ローマ以来の伝統であるラテン語文化を受け継ぎ、アカデミーフランセーズによる規範フランス標準語構築し、その国際語となったフランス標準語による文学と芸術と人文科学・神学(カトリック神学)・社会科学・自然科学の著作とその伝統を継承して現代に至った先に記述した文化全般を指称する(ミストラル(Frédéric Mistral (1830年-1914年))のような方言文学も含まれる)。したがって、フランス文化とは人文科学のみに限定できるものではなく、社会科学と自然科学を包含する概念である。そしてフランス語圏のすべてをも含む国際的文化であり、フランス共和国のみに限定されるものでもない。 たとえば、社会学では、コンドルセの「人間精神進歩の歴史」、エミール・デュルケームの社会学的心理学の教育論の著作活動に拠るフランス社会学の伝統、ピネルの伝統を受け継ぐ人道的な精神医療(精神医学は心理学から出発したものといえ、この二つの学問の密接なつながりはその後フランス文化の伝統の一つとなり、オーギュスト・コント以来の社会学と心理学と医学(福祉)との密接な連携は、現在の「国境なき医師団」等の医学全般の福祉的な人道的活動に承継されている。)と福祉的な人道的医学、キュリー夫妻の「放射能」「電気石・キュリー点・常磁性の研究」等の各論文の人道的(ラジウム治療法の開放)な無償の無体財産権(特許権)の開放、ヴルツの「化学はフランスの科学である」との豪語に裏づけられる「有機化学、放射線化学、物理化学(physicalchemistry)」の伝統、サルトルをはじめとする実存哲学の伝統、ベルクソンのうち立てた量子論的哲学、すなわち、自然科学と社会科学と人文科学の融合した自然科学に依拠した哲学、そして、TGVで代表される鉄道工学、ユーロトンネル開通で実証されたトンネル工学、そして、純粋数学、解析学、光学の伝統、そして、それらの基礎となったフランス文学の永い伝統の全ての精神活動をいう。最近では、フランスの生化学者「Henri Laborit: (1914年-1995年)」の1952年に発明したクロルプロマジン(chlorpromazine)が、ピネルの理念を受け継ぐ「開放病棟」の理念に全世界で生かされていることも特筆に値する。.

新しい!!: フランスとフランス文化 · 続きを見る »

フランス料理

フランス料理(フランスりょうり)は、フランスで発祥した様々な食文化の総称。現代では世界三大料理の一つに数えられている。 中世後期にはその原型が存在していたとされ、その概形は14世紀当時のレシピを編纂したという から窺い知る事が出来る。16世紀になるとイタリア料理の大きな影響を受ける事になったが、17世紀前半からフランス本来の料理様式を確立する運動が始まり、宮廷料理モデルのオートキュイジーヌの誕生とワインとチーズ文化の開明などを経て、後世に継承される伝統的なフランス料理文化が形成されていった。 20世紀に入るとエスコフィエによって体系化されたフランス料理の国際的知名度は飛躍的に高まったが、高級料理としての一面ばかりが脚光を浴びる事になり、その土台であるフランスの各地方料理は蚊帳の外に置かれていた。フランス料理の代表的なメニューはローカルな郷土料理から発展したものが多く、各地方の食文化を抜きにして語る事は出来なかった。こうした点が見直される中で20世紀半ばからは、いわゆるカントリーサイドの料理にも焦点が置かれるようになり、多様性に富んだ食文化の総合体であるフランス料理本来の姿が世界中にも知られるようになった。2010年にフレンチガストロノミー(フランス美食学)は、ユネスコの無形文化遺産に登録された。.

新しい!!: フランスとフランス料理 · 続きを見る »

フランソワ・ミッテラン

フランソワ・モリス・アドリヤン・マリー・ミッテラン(François Maurice Adrien Marie Mitterrand, 1916年10月26日 - 1996年1月8日)は、フランスの政治家。社会党所属(第一書記)。第21代大統領(第五共和政)を2期14年にわたって務め、同時にアンドラ公国の共同大公も務めた。.

新しい!!: フランスとフランソワ・ミッテラン · 続きを見る »

フランソワ・ノエル・バブーフ

フランソワ・ノエル・バブーフ(François Noël Babeuf, 1760年11月23日 – 1797年5月27日)は、フランスの革命家、思想家である。通称グラキュース・バブーフ(Gracchus Babeuf)。平等社会の実現を目指し、いわゆる「バブーフの陰謀」を企てたが、失敗して刑死した。「独裁」という語を、現代の意味で初めて使った人物の一人である。.

新しい!!: フランスとフランソワ・ノエル・バブーフ · 続きを見る »

フランソワ・ラブレー

フランソワ・ラブレー(François Rabelais、 1483年? - 1553年4月9日)は、フランス・ルネサンスを代表する人文主義者、作家、医師。ヒポクラテスの医書を研究したことで著名となり、次いで中世の巨人伝説に題材を取った騎士道物語のパロディー『ガルガンチュワ物語』と『パンタグリュエル物語』(『ガルガンチュワとパンタグリュエル』)で知られる。これらは糞尿譚から古典の膨大な知識までを散りばめ、ソルボンヌや教会など既成の権威を風刺した内容を含んでいたため禁書とされた。.

新しい!!: フランスとフランソワ・ラブレー · 続きを見る »

フランソワ・トリュフォー

フランソワ・ロラン・トリュフォー(François Roland Truffaut、1932年2月6日 - 1984年10月21日)は、フランスの映画監督。ヌーヴェルヴァーグを代表する監督の一人。映画作家・理論家のアレクサンドル・アストリュックがトリュフォーを「愛のシネアスト(cinéaste)」と定義した。。.

新しい!!: フランスとフランソワ・トリュフォー · 続きを見る »

フランソワ・オランド

フランソワ・ジェラール・ジョルジュ・ニコラ・オランド(François Gérard Georges Nicolas Hollande、1954年8月12日 - )は、フランスの政治家。第24代フランス大統領(第五共和政)及びアンドラ公国の共同大公である。.

新しい!!: フランスとフランソワ・オランド · 続きを見る »

フランソワ・ケネー

フランソワ・ケネー(François Quesnay、1694年6月4日 - 1774年12月16日)は、フランスの医師・重農主義(フィジオクラシー)の経済学者。 1758年に、重農主義の考え方の基礎を提供した"Tableau économique"(『経済表』)を出版したことで知られる。これは、分析的手法で経済活動についての説明を試みる、恐らくは最初の活動であり、経済思想への最初の重要な貢献の1つと見ることができる。 1718年外科医となり、1749年からは宮廷医師としてヴェルサイユ宮殿で暮らした。1752年貴族に列せられるが、50歳代で経済学の研究を志し、土地所有者の資金を農業に投入し、その生産力を高めることが重要であるという観点から『経済表』を発表し、重農主義経済学の祖と仰がれた。ケネーの経済表のアプローチは、マルクスの再生産表式、ワルラスの一般均衡理論、ケインズの有効需要の原理、レオンチェフの産業連関表、ミルトン・フリードマンとアンナ・シュワルツの貨幣供給理論に受け継がれた。.

新しい!!: フランスとフランソワ・ケネー · 続きを見る »

フラッグ・キャリア

フラッグ・キャリア(英語:flag carrier)とは、一国を代表する航空会社のことである。.

新しい!!: フランスとフラッグ・キャリア · 続きを見る »

フリードリヒ・エンゲルス

フリードリヒ・エンゲルス(Friedrich Engels、1820年11月28日 - 1895年8月5日)は、ドイツの社会思想家、政治思想家、ジャーナリスト、実業家、共産主義者、軍事評論家、革命家、国際的な労働運動の指導者。 盟友であるカール・マルクスと協力して科学的社会主義の世界観を構築し、労働者階級の歴史的使命を明らかにした。マルクスを公私にわたり支え、世界の労働運動、革命運動、共産主義運動の発展に指導的な役割を果たした。.

新しい!!: フランスとフリードリヒ・エンゲルス · 続きを見る »

フリゲート

帆走するフリゲート フリゲート(Frigate)は、軍艦の艦種の一つ。時代により様々な任務や大きさの軍艦に対して使用された名称である。フリゲイトとも表記される。 日本では、"Destroyer"は「駆逐艦」、"Cruiser"は「巡洋艦」、"Battleship"は「戦艦」などと日本語訳されたが、フリゲートに関してはそのままカタカナ語として用いられている。語尾に「艦」を付加して「フリゲート艦」と呼ばれることもあるが、「フリゲート」のみで一つの艦種を表すので、特に「艦」は付けなくてもよい。なお漢字文化圏では、「駆逐艦」「巡洋艦」については日本での訳語がおおむね踏襲されているが、「フリゲート」については「護衛艦」(, )あるいは「巡防艦」と訳されることが多い。.

新しい!!: フランスとフリゲート · 続きを見る »

フレンチ・インディアン戦争

フレンチ・インディアン戦争(フレンチ・インディアンせんそう、French and Indian War、1755年 - 1763年)は、七年戦争のうち、北アメリカを舞台に繰り広げられた一連の戦闘である。イギリス領アメリカ植民地とヌーベルフランスが主な戦場となり、いずれも、本国からの援助を得て戦闘が行われた。1756年、この戦争は北アメリカの地域紛争から世界的な戦争となった。カナダでは、一部の歴史家がこの戦争を単に七年戦争と呼ぶが、フランス系カナダ人はしばしば、この戦争のことをラ・ゲール・ド・ラ・コンケットLa Guerre de la Conquête(征服戦争)と表現する。 ヨーロッパでは、北アメリカで行われたこの戦争に関して、特に決まった呼び名はない。この名はイギリス人入植者の、2つの主な敵、フランス王国の軍、フランス軍と同盟を結んだ様々なインディアンの部族のことである。しかしグレートブリテン王国(イギリス)もまたインディアンと同盟を結んでいた。しかし、イギリス側からの視点でフランスがインディアンと同盟していたと見るため、「フランスとインディアンとの戦争(French and Indian War)」と呼ばれる。この戦争は、従来の植民地戦争とは違い、欧州の戦争に先立つ植民地での衝突で火ぶたが切られた。 戦場は主にヌーベルフランスと、バージニア植民地からノバスコシアに至るまでのイギリス人入植地との境界に沿って行われた。戦争の発端は、アレゲニー川と、モノンガヘラ川が合流する場所(現在のペンシルベニア州ピッツバーグ)で起きた紛争だった。この紛争は1754年5月、ジュモンヴィルグレンの戦いにおいて、バージニア民兵隊の指揮官、ジョージ・ワシントンが、フランスの巡回兵を待ち伏せして起こした暴動に発展した。1755年、1756年そして1757年の、ペンシルベニアとニューヨーク植民地における作戦はことごとく失敗した。失敗の原因は、同盟を管理する上でのまずさ、内輪もめ、そしてフランスとインディアン同盟の攻撃が功を奏したためであった。1755年の、ノバスコシアと(フランス人入植地の)アカディアの境界で起きたボーセジュールの戦いは、イギリスがアカディア人をこの地から追い出した結果、アカディア人の抵抗が起きたものである。 1757年、イギリスにとって惨憺たる敗戦が続いた。ルイブールへの遠征の失敗に続き、ウィリアム・ヘンリー砦の戦いでは、インディアンによりイギリス兵にかなりの残虐行為がなされた。イギリス本国政府は評価を落とし、ウィリアム・ピットが首相に返り咲いた。ピットは植民地の軍事力を大幅に増やし、一方フランスは、ヌーベルフランスの限られた戦力の援助のために、護送船団を出すのには乗り気でなく、代わりに、ヨーロッパの戦争で、プロシャとその同盟国に対する軍事力を結集するのを優先させた。1758年から1760年の間、イギリス軍はヌーベルフランスの中心地ケベックの陥落に成功し、1760年9月、ついにモントリオールを攻略した。 この結果、イギリスは第二次百年戦争ともいえる北米植民地戦争の参戦国で最も大きな発展を遂げることとなった。フランスはミシシッピ川以西のルイジアナを同盟国のスペインに割譲した、これは、スペインが敗戦によりフロリダをイギリスに割譲した、その代償だった。スペインは、イギリスにフロリダを割譲した見返りに、キューバのハバナを手に入れた。カリブ海から北のフランスの植民地は、サンピエール島とミクロン島現在もフランスの海外領土(海外準県)である。だけになった。これにより、イギリスは、北アメリカ東半分の植民地勢力の支配を固めた。.

新しい!!: フランスとフレンチ・インディアン戦争 · 続きを見る »

ファルマン III

ファルマン III(Farman III)は、フランスで製作された推進式の複葉機。1909年(明治42年)にアンリ・ファルマンにより設計・製作され、第一次大戦前の世界各国で広く導入された。日本では、購入された同型の1機が「アンリ・ファルマン複葉機」などの通称で知られ、この機体は1910年(明治43年)12月に行われた日本初の試験飛行に使用された機体のひとつである。.

新しい!!: フランスとファルマン III · 続きを見る »

ファッション

ファッション(fashion、 ファシャン。mode、 モッド)とは、ある時点において広く行われているスタイルや風習のことである。特に、人々の間で流行している服装を指すが、装いに関係する装身具、美容(理容、髪型、化粧)、香水などもファッションの範疇である。さらに広義には音楽などの文化やライフスタイルまでをも包括しうる。「ファッショナブル」や「おしゃれ」といった表現は、ある人や物が最新の、もしくは最新ではなくとも評判の良い様式に沿っているか否かを指し示すのに用いられる。 一般に人は地理条件、性別、年齢、社会階層、職業、思想や嗜好等を反映した服装を着用するが、それと同時に文化的に影響力のあるステータスを持つ人々が何か新しい、もしくはそれまでと違った衣服を着用し、他の人々がそれに追随しはじめた時、ファッションの流行は始まる。服飾の流行は全世界的に見られるが、法律や宗教、道徳等による服装規範が相対的に緩く、服装の選択肢も広い現代の西洋的な市民社会においては、その変動は特に激しく、またそれらの流行を利用した衣料品産業が巨大産業を形成している。最新のファッションに盲目的に追随する人は「ファッショニスタ」(fashionista)とか、ファッション中毒等と呼ばれる。また、ロラン・バルトによれば、さまざまなファッションを着て見せびらかすという営為の体系は、さまざまなファッション文をファッションの文法を用いて組み合わせるファッション言語とも見做せる。.

新しい!!: フランスとファッション · 続きを見る »

ファッションデザイナー

ファッションデザイナー(:en:fashion designer、:fr:styliste)とは、デザイナーの中で、服飾・ファッション分野のデザインを専門とする者を指す。特に、ファッションショー等に出展する者の職業名ではなく、実際にはこれらに無関係の、企業専属のアパレルデザイナーや、インディーズのデザイナー、フリーのデザイナーなど、多岐にわたる。彼らは一貫してデザイン画を描いたり、実際に裁縫をすることも多い。なお、服の完成や、商品の売上について責任の一端を負う場合も多い。映画や舞台などにおける衣裳をてがけるデザイナーは、衣裳デザイナーと呼ばれる。.

新しい!!: フランスとファッションデザイナー · 続きを見る »

ファッション雑誌

ファッション雑誌(ファッションざっし)は、ファッションを主なテーマとして扱う雑誌である。 ファッションが報道の対象として定期的に取り上げられるようになったのは、19世紀前半のフランスにおいてである。『ジュルナル・デ・ダム・エ・デ・モード』がその先駆的な雑誌であるが、1829年にはベリー公爵夫人の援助によって『ラ・モード』が創刊され、バルザックら知識人を執筆陣に迎えてフランスのファッション雑誌の代表的な存在となった。19世紀末には『ジュルナル・ド・ラ・ヴィ・リテレール』がフランスのファッション雑誌の中心的存在に躍り出た。 今日に続くファッション雑誌の基礎を作ったのは、1867年にアメリカで創刊された『ハーパース・バザー』および1893年に同じくアメリカで創刊された『ヴォーグ』である。両誌は現在も世界で最も影響力があるファッション雑誌として、多数の国で発行されている。.

新しい!!: フランスとファッション雑誌 · 続きを見る »

ファブリス・サントロ

ファブリス・ベテア・サントロ(Fabrice Vetea Santoro, 1972年12月9日 - )は、フランスの元男子プロテニス選手。タヒチ島生まれ。これまでにATPツアーでシングルス6勝、ダブルス24勝を挙げる。自己最高ランキングはシングルス17位、ダブルス6位。身長177cm、体重74kg、右利き。フォアハンド・ストローク、バックハンド・ストローク・ボレーすべて両手打ちは男子プロとしてはかなり珍しい。強打を武器とせず、トリッキーな配球で相手を翻弄するプレイスタイルから「フレンチマジシャン (フランスの魔術師)」の異名を持つ。 ダブルスでは全豪オープンで2回、マスターズで3回の優勝経験がある。また、ロジャー・フェデラーに破られるまで、グランドスラムシングルス本戦出場70回の史上最多出場記録を持っている。.

新しい!!: フランスとファブリス・サントロ · 続きを見る »

ファイサル1世 (イラク王)

ファイサル1世・ビン・アル=フサイン・ビン・アリー・アル=ハーシミー(、1883年5月20日 - 1933年9月8日)は、第一次世界大戦期に起こったオスマン帝国に対するアラブ反乱の指導者であり、初代シリア国王(在位:1920年3月11日 - 1920年7月25日)、初代イラク国王(在位:1921年8月23日 - 1933年9月8日)。ファイサル・イブン・フセイン()とも呼ばれる。.

新しい!!: フランスとファイサル1世 (イラク王) · 続きを見る »

ファショダ事件

ファショダ事件(1898年)当時のアフリカ 南北に伸びるイギリスの植民地(黄色)と東西に伸びるフランスの植民地(赤色)の拡大政策が現在のスーダンで衝突した Kodok)と首都ハルツーム、ナイル川の位置関係(現在は南スーダンに位置する) ファショダ事件(ファショダじけん)は、1898年、アフリカ大陸の植民地化(アフリカ分割)を競う、イギリスの大陸縦貫政策とフランスの大陸横貫政策が衝突した事件である。この事件を契機として、英仏は接近することとなった。 イギリスは1815年、早くもアフリカ最南端のケープ植民地を領有して、その支配地を北に拡大し始めた。その後、1875年にはスエズ運河を確保し1882年にエジプトを事実上の保護国化した後、ナイル川に沿って南下し始めた。1885年、エジプト統治下のスーダンでマフディー教徒が蜂起し、スーダンを完全に支配下に置くために、10年間ほどイギリスの南下政策は停滞した(マフディー戦争)。しかしその後、イギリスは2万5千の大軍を動員し、鉄道を敷きながら南下し、マフディー教国を破ってスーダンを支配下に置いた。このとき、イギリス軍の先遣隊が、さらに南の(現南スーダン上ナイル州)にフランス国旗が掲げられていることを発見し、急遽、軍を派遣した。 フランスは1830年にアルジェリアに進出して以来、1881年にはチュニジアを、次いでセネガル、マリ、ニジェール、チャドのサハラ砂漠一帯を領有した。また、紅海沿岸のジブチ(仏領ソマリランド)を領有し、東部アフリカに橋頭保を築いた。 英領であるカイロとケープタウンを結ぶ直線と、仏領であるダカール(セネガル)とジブチを結ぶ直線は、スーダンのファショダ付近で交差する。このようにファショダは両国のアフリカ戦略上きわめて重要な地点に位置していた。 フランスはサヘル地域からさらに東部への進出を図って、マルシャン大尉率いる200名の武装探検隊を送った。一行はブラザビル(コンゴ)から蒸気船でウバンギ川を遡上し、ジャングルと砂漠地帯を横断し、1898年7月10日、ナイル河畔のファショダ村に到着した。 他方、キッチナー率いるイギリス軍の船隊はナイル川を南下して同年9月18日にファショダに到着した。 ファショダで遭遇したイギリス軍とフランス軍はあわや衝突かと思われた。しかし両軍の司令官(キッチナーと)の会見で、事態の処理を本国にゆだねることになった。 フランスの外相テオフィル・デルカッセはこの場面でイギリスとの軍事衝突を選ぶことは得策ではないと考えた。当時急速に勢力を拡大していたドイツとの衝突に備えてイギリスとの関係を悪化させることは避けるべきであったし、また、ドレフュス事件をはじめとする不祥事で当時のフランスの軍部は国民の信頼を失っており、遠くスーダンで戦争を遂行することは世論の賛同を得られないと思われたからである。結局、フランス軍が譲歩し、翌1899年ファショダから撤退した。 本事件は帝国主義の時代において英仏両国の関係が最も緊張した出来事であり、本事件以後、英仏関係は融和に向かうことになる。先述のとおりドイツ帝国の勢力拡大に直面した両国は、1904年、英仏協商を結んだ。その協商で、フランスはエジプト・スーダンでのイギリスの優越権を、イギリスはモロッコにおけるフランスの優越権をそれぞれ認めることで決着をみたのである。 その後、第一次世界大戦でイギリスが、敗北したドイツからドイツ領東アフリカ(タンガニーカ)を獲得したため、イギリスの大陸縦貫政策は完遂した。ファショダ事件でスーダンから撤退したため、フランスの横貫政策は成らなかったが、フランスはアフリカ大陸の西半分の広大な地とマダガスカルを領有し、事実上アフリカ大陸をイギリスと2分割したも同然であった。.

新しい!!: フランスとファショダ事件 · 続きを見る »

フィリップ2世 (フランス王)

フィリップ2世(Philippe II, 1165年8月21日 - 1223年7月14日)は、フランス・カペー朝第7代の王(在位:1180年 - 1223年)。ルイ7世と妃でシャンパーニュ伯ティボー2世の娘アデルの子。フランス最初の偉大な王と評価され、尊厳王(オーギュスト、Auguste)と呼ばれた。 父の死により15歳で即位し、当初は舅であるエノー伯ボードゥアン5世の摂政下にあったが、間もなく親政を始めた。エノー伯やシャンパーニュ伯などの強力な北部諸侯を抑え、婚姻政策によりヴァロワなどを得た。さらに、イングランド王家で欠地王ジョン王のフランス南部に広大な領地を有するプランタジネット家との抗争に勝利し、その大陸領土の大部分をフランス王領に併合した他、アルビジョア十字軍を利用して、王権をトゥールーズ、オーヴェルニュ、プロヴァンスといったフランス南東部から神聖ローマ帝国領にまで及ぼした。この結果、フランス王権は大いに強まり、フランスはヨーロッパ一の強国となった。.

新しい!!: フランスとフィリップ2世 (フランス王) · 続きを見る »

フィリップ4世 (フランス王)

フィリップ4世(、1268年 - 1314年11月29日)は、フランス王(在位:1285年 - 1314年)、およびナバラ王としてはフェリペ1世(、在位:1284年 - 1305年)。整った顔立ちのため「端麗王」(le Bel、ル・ベル)と称される藤田(1995)pp.106-109。 官僚制度の強化に努め、やがて絶対王政へとつながる中央集権化の第一歩を踏み出した。対外的には、毛織物業で栄え経済的に豊かであったフランドル地方の支配を目指し、フランドル諸都市の市民と激しく争った。ローマ教皇とも対立し、フランス国内の支持を得てアナーニ事件を起こし、最終的には教皇権を王権に従えて教皇庁をアヴィニョンに移し(アヴィニョン捕囚、または「教皇のバビロン捕囚」)、また、テンプル騎士団を異端として弾圧し、解散に追い込み、後世「教皇を憤死させた王」として一部より悪評を得ることとなった。これらはそれぞれ、教会の徴税権に対する権益拡大と騎士団財産の没収を意味した。また、フィリップはパリ高等法院を創設して売官できるようにしたり、三部会を設置して市中からも資金を吸い上げたりした。フィリップは封建関係の頂点に立ち、国家の防衛や国益のために従来の慣習を超えて行動した。.

新しい!!: フランスとフィリップ4世 (フランス王) · 続きを見る »

フィリップ・ペタン

アンリ・フィリップ・ベノニ・オメル・ジョゼフ・ペタン(Henri Philippe Benoni Omer Joseph Pétain, 1856年4月24日 - 1951年7月23日)は、フランスの軍人、政治家。フランス第三共和政最後の首相およびフランス国(ヴィシー政権)の主席をつとめた。.

新しい!!: フランスとフィリップ・ペタン · 続きを見る »

フィンセント・ファン・ゴッホ

フィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホファン/ヴァンは姓の一部である。ヨーロッパ諸語における発音は様々であり、日本語表記もバリエーションがある。オランダ語では。オランダ・ホラント州の方言では、vanの"v"が無声化してとなる。ゴッホはブラバント地方で育ちブラバント方言で文章を書いていたため、彼自身は、自分の名前をブラバント・アクセントで"V"を有声化し、"G"と"gh"を無声硬口蓋摩擦音化してと発音していた可能性がある。イギリス英語では、場合によってと発音し、アメリカ英語では(ヴァンゴウ)とghを発音しないのが一般的である。彼が作品の多くを制作したフランスでは、(ヴァンサン・ヴァン・ゴーグ)となる。日本語では英語風のヴィンセント・ヴァン・ゴッホという表記も多く見られる。(、1853年3月30日 - 1890年7月29日)は、オランダのポスト印象派の画家。 主要作品の多くは1886年以降のフランス居住時代、特にアルル時代(1888年 - 1889年5月)とサン=レミでの療養時代(1889年5月 - 1890年5月)に制作された。感情の率直な表現、大胆な色使いで知られ、ポスト印象派を代表する画家である。フォーヴィスムやドイツ表現主義など、20世紀の美術にも大きな影響を及ぼした。 なお、オランダ人名のvanはミドルネームではなく姓の一部であるために省略しない。日本を含め多くの国では、これを省略してゴッホという呼び方が定着しているが、本項では正式にファン・ゴッホと呼ぶ。.

新しい!!: フランスとフィンセント・ファン・ゴッホ · 続きを見る »

フェミニズム

フェミニズム フェミニズム(feminism)又は女性主義(じょせいしゅぎ)とは、性差別を廃止し、抑圧されていた女性の権利を拡張しようとする思想・運動、性差別に反対し女性の解放を主張する思想・運動などの総称。男女同権運動との関わりが深い。リベラル・フェミニズムやラディカル・フェミニズムなど、フェミニズムの思想は多様であり、一本の思想と考えることはできない。対置概念はマスキュリズム。 フェミニズムを主張する人のことを「フェミニスト」と呼ぶ。.

新しい!!: フランスとフェミニズム · 続きを見る »

フェリペ2世 (スペイン王)

フェリペ2世(Felipe II, 1527年5月21日 - 1598年9月13日)は、ハプスブルク家のカスティーリャ王国・アラゴン王国(=スペイン)の国王(在位:1556年 - 1598年)。イングランド女王メアリー1世と結婚期間中、共同統治者としてイングランド王フィリップ1世(Philip I)の称号を有していた。また1580年からは、フィリペ1世(Filipe I)としてポルトガル国王も兼ねた。 スペイン帝国・スペイン黄金世紀の最盛期に君臨した偉大なる王で、絶対主義の代表的君主の一人とされている。その治世はスペイン帝国の絶頂期に当たり、ヨーロッパ、中南米、アジア(フィリピン)に及ぶ大帝国を支配し、地中海の覇権を巡って争ったオスマン帝国を退けて勢力圏を拡大した。さらにポルトガル国王も兼ね、イベリア半島を統一すると同時にポルトガルが有していた植民地も継承した。その繁栄は「太陽の沈まない国」と形容された。 1925年発行の100ペセタ紙幣に肖像が使用されていた。.

新しい!!: フランスとフェリペ2世 (スペイン王) · 続きを見る »

フェルディナン・ド・ソシュール

フェルディナン・ド・ソシュール(Ferdinand de Saussure、1857年11月26日 - 1913年2月22日)は、スイスの言語学者、言語哲学者。「近代言語学の父」といわれている(ここでの「近代」とは、構造主義のこと、特に「ヨーロッパにおける構造主義言語学」を指している。それとは全く異なる「アメリカ構造主義言語学」もあるので注意。また、現代の言語学の直接の起こりは第二次大戦後であり、この「近代言語学」との直接の連続性は低い)。.

新しい!!: フランスとフェルディナン・ド・ソシュール · 続きを見る »

フォンテーヌブローの勅令

フォンテーヌブローの勅令(フォンテーヌブローのちょくれい、Édit de Fontainebleau)は、1685年10月18日にフランス国王ルイ14世により署名された、ナントの勅令を破棄する法令である。直接のきっかけは大トルコ戦争のため、1684年に神聖ローマ帝国とレーゲンスブルクで12年間の休戦を妥決したことである。あらかじめ竜騎兵によりユグノーは拷問にかけられ、カトリックへ改宗させられた。ジャン・アンリ・ユグタン(Jean Henri Huguetan)のように、アムステルダムへ逃れた多くの中産ユグノーが出版・金融業で栄えた。ユグノー系の銀行家には国内にとどまったものもあり、1694年と1709年の大飢饉に遭難したルイ14世は彼らを頼った。彼らの家族は先のアムステルダムだけでなく、ロンドン・ハンブルク・ダンチヒに亡命していたので、そこから原資を募ることができた。この勅令はルイ16世時代の1787年11月7日になって、ヴェルサイユ勅令の署名により破棄された。 « L'exemption de logement des gens de guerre et contribution d'iceux pendant deux ans en faveur de ceux qui, étant de la RPR se sont convertis et faits catholiques depuis le 1er janvier dernier et qui se convertiront ci-après » ドラゴナードは1681年5月から実施され、 ポワトゥーにマリアック(Marillac)行政官が着任した。ドラゴナードは住民に対する暴力的な説得手段で、王の兵士である竜騎兵がプロテスタント住民の家へ駐屯し、「王の望みにより」あらゆる手段を用いて彼らを強制的に異端放棄させようとするものであった。用いられる手段は住民の抵抗の度合いに応じて、単なる示威行為から略奪、強姦、殺人までさまざまであった。ひとつの村の改宗が完遂すれば、兵士たちは別の村へ移った。この第一次ドラゴナードは宮廷人にとって大いに見世物となり、また彼らにもっとも効果を与えもした。ポワトゥーの新教徒は多くが改宗し、それまでまだ続いていた教会も閉められた。 彼らの改宗はカトリックへの真の同意に基づくというよりは恐怖によってなされたものではあったが、結果として大量の改宗者を獲得し、第一次亡命者は 大西洋沿岸の港から逃亡をはかった。プロテスタントの国々では、これらのフランスからの新教徒亡命者によって大きな動揺が引き起こされた。ヨーロッパのプロテスタント君主たちはフランスのユグノーへ助けを申し出、彼らを受け入れて定住を援助した。ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルムはユグノー亡命者へ土地税を免除した。 3年後、1685年にドラゴナードは再開した。第二次の大規模なドラゴナードは1685年5月より南西部で実施され、ベアルンから開始し、ラングドックをへて、東にはローヌ川流域へ、北へはサントンジュへ及んだ。 法の制定がドラゴナードに追い討ちをかけた。1684年8月、プロテスタント派宗務局の大半が施療院へ移転させられ、同年9月には、施療院が宗教組織によって使用されていることを理由にプロテスタントの貧者や病人に対して援助を施すことが新教徒に対して禁じられた。1684年12月、プロテスタントの家族が10家族に満たない場合に礼拝式を行うことが禁じられ、翌年5月、逃亡した新教徒が逮捕された場合、漕役刑に処することが決定された。 1685年10月には、すでに多くの新教徒が改宗し、改革派教会は崩壊し、「異端」は根こそぎにされており、もはや王にとっては、すでに過去のものとなり、無用の象徴に過ぎないナントの勅令を破棄するだけとなっていたのである。.

新しい!!: フランスとフォンテーヌブローの勅令 · 続きを見る »

フォンテーヌブロー宮殿

フォンテーヌブロー宮殿(仏:Palais de Fontainebleau)はセーヌ=エ=マルヌ県に在する、フランスで最も大きな宮殿。フォンテーヌブロー城(城館) (Château de Fontainebleau) とも呼ばれる。「フォンテーヌブロー」は「フォンテンブロー」とも表記する。宮殿の現在の姿は多くのフランス王による築城の結実であり、基本的な建築構造はフランソワ1世による。建物は中庭を囲むように広がり、フォンテーヌブローの街がかつての王の狩猟場(フォンテーヌブローの森)跡を取り囲むように発展している。.

新しい!!: フランスとフォンテーヌブロー宮殿 · 続きを見る »

フォーチュン・グローバル500

フォーチュン・グローバル500(Fortune Global 500)は、フォーチュン誌が毎年1回発表している、世界中の会社を対象とした総収益ランキングであるとともに、定額制の企業情報データベースでもある。 ランク付けされた各企業の""(総収益)のほか、""(総収益増減率)、""(当期純利益)、""(総資産)、""(当期純利益増減率)、""(従業員数)、""(前年ランク)は無料で見ることができる。有料で更に詳しい企業情報データベースを利用することができる。.

新しい!!: フランスとフォーチュン・グローバル500 · 続きを見る »

フォーヴィスム

フォーヴィスム(Fauvisme、野獣派)は、20世紀初頭の絵画運動の名称。.

新しい!!: フランスとフォーヴィスム · 続きを見る »

ドミニク・ド・ビルパン

ドミニク・ド・ビルパン(Dominique de Villepin、1953年11月14日 - )は、フランスの作家、外交官、弁護士、政治家。本名は、Dominique Marie François René Galouzeau de Villepin。ジャック・シラクのもとで、2005年から2007年まで首相を務めた。 呼び名について、貴族称である前置詞 "de" を略し、ビルパン(ヴィルパン)という呼称が使用されることがある。.

新しい!!: フランスとドミニク・ド・ビルパン · 続きを見る »

ドルイド

ドルイド ドルイド(Druid)は、ケルト人社会における祭司のこと。日本語ではドゥルイドとも表記する。女性形はドルイダス(Druidas)。 ドルイドは宗教的指導のほか、政治的指導、公私の争い事の調停と、ケルト社会に重要な役割を果たしていたとされる。 カエサルの『ガリア戦記』によれば、ドルイドの社会的影響力はかなり大きかったようである。争い事の調停あるいは裁決をし、必要があれば当事者に賠償や罰金を課した。ドルイドの裁決を不服とした者は、社会的地位や信用を失った。このほか、ドルイドは兵役や納税を免除される特権的地位にあった。 ドルイドの宗教上の特徴の一つは、森や木々との関係である。プリニウスの『博物誌』によると、ドルイドが珍重したのはヤドリギの中でもロブル(オーク)に寄生した物だけで、彼らはオークの森を聖なる地とした。彼らはヤドリギを飲み物にするとどんな動物も多産となり、あらゆる毒の解毒剤になると信じた。 近代になって発掘された古代ガリアの奉納物には、オークで作られた物が多い。また、ドルイドが四葉のクローバーなどの希少な植物を崇拝していたということが伝えられている。なお、神木の概念自体はケルト人に留まらず世界中に存在する。 比較宗教学においてドルイドは、古代ローマのや古代インドのブラフマンと関連付けられている。.

新しい!!: フランスとドルイド · 続きを見る »

ドレフュス事件

ドレフュス事件(ドレフュスじけん、Affaire Dreyfus)とは、1894年にフランスで起きた、当時フランス陸軍参謀本部勤務の大尉であったユダヤ人のアルフレド・ドレフュスがスパイ容疑で逮捕された冤罪事件である。.

新しい!!: フランスとドレフュス事件 · 続きを見る »

ド・ゴール主義

ド・ゴール主義またはゴーリスム(仏:)とはシャルル・ド・ゴールの思想と行動を基盤にしたフランスの政治イデオロギーのことである。イデオローグ達は「ゴーリスト」と呼ばれ、これは彼の姓であるド=ゴール(フランス語:de Gaulle)に由来する。 ド・ゴール主義の最も大きな主張は外国の影響力(特に米英)から脱し、フランスの独自性を追求することである。また、ド・ゴール主義は哲学的な形で社会や経済にも言及しており、政府が積極的に市場や経済に介入することを志向する。.

新しい!!: フランスとド・ゴール主義 · 続きを見る »

ドーヴァーの密約

ドーヴァーの密約(ドーヴァーのみつやく。Secret Treaty of Dover。ドーヴァー秘密条約とも)とは、1670年5月22日(ユリウス暦。グレゴリオ暦では6月1日)にイングランド王国のドーヴァーで結ばれたイングランド国王とフランス王国との密約。イングランド議会と対立していた国王チャールズ2世が、独断でフランスから資金援助を受ける代わりに、イングランドがフランス側で参戦する事を約束した。この密約に則ってオランダ侵略戦争及び第三次英蘭戦争が開始された。.

新しい!!: フランスとドーヴァーの密約 · 続きを見る »

ドーズ案

ドーズ案(ドーズあん、Dawes Plan)は、第一次世界大戦の敗戦国ドイツの賠償方式を緩和するため、1924年に定められた新たな賠償方式である。アメリカ合衆国の財政家チャールズ・ドーズを委員長とする特別委員会により策定されたためこの名がある。アメリカ資本の投下によるヴァイマル共和政の経済復興を企図し、国内の投信熱を煽った。.

新しい!!: フランスとドーズ案 · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: フランスとドイツ · 続きを見る »

ドイツ帝国

ドイツ帝国(ドイツていこく、)は、1871年1月18日から1918年11月9日まで存続した、プロイセン国王をドイツ皇帝に戴く連邦国家を指す歴史的名称である。帝政ドイツ(ていせいドイツ)とも呼ばれる。普仏戦争において、パリ郊外のヴェルサイユ宮殿でプロイセン王ヴィルヘルム1世の皇帝戴冠式が行われて成立した。しかし第一次世界大戦の敗北とドイツ革命の勃発により、皇帝ヴィルヘルム2世がオランダに亡命して崩壊した。オランダ資本は、帝国の勢力範囲拡大政策(#世界政策)とルール地方における工業開発(#経済)の両面に貢献している。.

新しい!!: フランスとドイツ帝国 · 続きを見る »

ドイツ語

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語である。 話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としている。漢字では独逸語と書き、一般に独語あるいは独と略す。ISO 639による言語コードは2字が de、3字が deu である。 現在インターネットの使用人口の全体の約3パーセントがドイツ語であり、英語、中国語、スペイン語、日本語、ポルトガル語に次ぐ第6の言語である。ウェブページ数においては全サイトのうち約6パーセントがドイツ語のページであり、英語に次ぐ第2の言語である。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多い。 しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めている。上記の事情と、両国の大幅な領土縮小も影響して、欧州では非常に多くの国で母語使用されているのも特徴である。.

新しい!!: フランスとドイツ語 · 続きを見る »

ドイツ車

メルセデス・ベンツ・Sクラス ドイツ車(German Car)とは、以下のいずれかを意味する。.

新しい!!: フランスとドイツ車 · 続きを見る »

ニューカレドニア

ニューカレドニア(Nouvelle-Calédonie)は、ニューカレドニア島(フランス語でグランドテール Grande Terre、「本土」と呼ばれる)およびロイヤルティ諸島(ロワイヨテ諸島)からなるフランスの海外領土(collectivité sui generis、特別共同体)である。ニッケルを産出する鉱業の島である一方、リゾート地でもある。ニューカレドニアの珊瑚礁は世界遺産に登録されている。.

新しい!!: フランスとニューカレドニア · 続きを見る »

ニュージーランド

ニュージーランド(New Zealand)は、南西太平洋のオセアニアのポリネシアに位置する立憲君主制国家であり、ニュージーランド王国を構成する最大の主体地域である。島国であり、二つの主要な島と、多くの小さな島々からなる。北西に2,000km離れたオーストラリア大陸(オーストラリア連邦)と対する。南方の南極大陸とは2,600km離れている。北はトンガ、ニューカレドニア、フィジーがある。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。.

新しい!!: フランスとニュージーランド · 続きを見る »

ニース

ニース(Nice)は、フランスの南東部に位置する都市で、アルプ=マリティーム県の県庁所在地である。プロバンス語(ニサール語)ではニッサ(Niça、Nissa)、イタリア語ではニッツァ(Nizza)という。 地中海・コート・ダジュールに面する、世界的に有名な保養地・観光都市である。.

新しい!!: フランスとニース · 続きを見る »

ニコラ・サルコジ

ニコラ・ポール・ステファヌ・サルコジ・ド・ナジ=ボクサ(Nicolas Paul Stéphane Sarközy de Nagy-Bocsa、1955年1月28日 - )は、フランスの政治家。第23代フランス大統領(フランス第五共和政)(2007年5月16日 - 2012年5月14日)およびアンドラ公国の共同大公。国民運動連合や、その後継の共和党総裁などを歴任した。フランスの大統領としては異色の新保守主義者、新自由主義者とされる。ユダヤ人を母に持つハンガリー移民2世で、ともにアメリカですら例のない移民2世、ユダヤ系の大統領の誕生はフランスの多民族国家化を強く印象づけた。本人はカトリック信者である。.

新しい!!: フランスとニコラ・サルコジ · 続きを見る »

ニジェール

ニジェール共和国(ニジェールきょうわこく、)、通称ニジェールは、西アフリカのサハラ砂漠南縁のサヘル地帯に位置する共和制国家。首都はニアメ。内陸国であり、アルジェリア、マリ、ブルキナファソ、ベナン、ナイジェリア、チャド、リビアと隣接する。.

新しい!!: フランスとニジェール · 続きを見る »

ダッソー

ダッソー はマルセル・ダッソーが創立したフランスの複合企業で、親会社はグループ・ダッソー ((GIMD)、または単に)。航空機メーカーのダッソー・アビアシオン (Dassault Aviation) がグループ起源の企業であり、グループ・ダッソーがダッソー・アビアシオンの株式50.21%を保有している。大手日刊紙のル・フィガロやCADソフトウェアCATIA V4,V5,V6で知られるダッソー・システムズなどを傘下に持つ。 本社はサン=クルーにあり、2017年現在の会長兼最高経営責任者は()、名誉会長はマルセルの息子セルジュ・ダッソー。.

新しい!!: フランスとダッソー · 続きを見る »

ダカール・ラリー

ダカール・ラリー()とは、アモリ・スポル・オルガニザシオン (A.S.O.) の主催により毎年1月に南米大陸で行われるラリーレイド競技大会である。フランス人冒険家ティエリー・サビーヌの発案により1979年から開催されており、「世界一過酷なモータースポーツ競技」とも言われている。 元々はフランスのパリを出発点、セネガルのダカールを終着点として主にアフリカ大陸で競技が行われ、パリ-ダカール・ラリー(、日本での略称「パリダカ」)と呼ばれていた。 大会の公式語はフランス語であり、フランス語では一般に「ラリー・ダカール()」と呼び、さらに短縮して「ル・ダカール()」と呼ぶこともある。日本語では英語風の語順で「ダカール・ラリー」と呼ぶことが多い。.

新しい!!: フランスとダカール・ラリー · 続きを見る »

ベナン

ベナン共和国(ベナンきょうわこく、)、通称ベナンは、西アフリカに位置する共和制国家。南北に長く、西にトーゴ、北西にブルキナファソ、北東にニジェール、東にナイジェリアと接し、南は大西洋のギニア湾に面する。.

新しい!!: フランスとベナン · 続きを見る »

ベルナール・イノー

ベルナール・イノー(Bernard Hinault、1954年11月14日 - )はフランスのブルターニュ地方コート=ダルモール県イフィニアック(サンブリュー近郊)出身の自転車プロロードレース選手。.

新しい!!: フランスとベルナール・イノー · 続きを見る »

ベルベル語派

TAMAZIGHT(ティフィナグ文字) ベルベル語(ベルベル語: ⵜⴰⵎⴰⵣⵉⵖⵜ - Tamazight)は現在主にモロッコ、アルジェリア、リビアで話されているアフロ・アジア語族の言語。 正確に言えばベルベル語派またはベルベル諸語と呼ぶほうが実状に近い、少しずつ異なる同系統の言語群の総称である。.

新しい!!: フランスとベルベル語派 · 続きを見る »

ベルギー

ベルギー王国(ベルギーおうこく)、通称ベルギーは、西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家。隣国のオランダ、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。首都のブリュッセル(ブリュッセル首都圏地域)は欧州連合(EU)の主要機関の多くが置かれているため、"EUの首都"とも言われており、その通信・金融網はヨーロッパを越えて地球規模である。憲法上の首都は19の基礎自治体から成るブリュッセル首都圏の自治体の一つ、ブリュッセル市である。 19世紀にネーデルラント連合王国から独立した国家で、オランダ語の一種であるフラマン語が公用語の北部フランデレン地域とフランス語が公用語の南部ワロン地域とにほぼ二分される(この他にドイツ語が公用語の地域もある)。建国以来、単一国家であったが、オランダ語系住民とフランス語系住民の対立(言語戦争)が続いたため、1993年にフランデレン地域とワロン地域とブリュッセル首都圏の区分を主とする連邦制に移行した。.

新しい!!: フランスとベルギー · 続きを見る »

ベルギー人

ベルギー人(オランダ語:Belgen 、フランス語:Belges、ドイツ語:Belgier、英語:Belgians)は、主に西ヨーロッパに位置するベルギー王国の国民を指す語である。.

新しい!!: フランスとベルギー人 · 続きを見る »

ベルギー国立銀行

ベルギー国立銀行(ベルギーこくりつぎんこう、蘭:Nationale Bank van België 仏:Banque nationale de Belgique 独:Belgische Nationalbank)はベルギーの中央銀行。欧州中央銀行制度に参加している。日銀のモデルとなり(松方正義#明治維新後)、ユーロ導入前は独自通貨ベルギー・フランを発行していた。 ベルギー総合会社は国立銀行と別の経済主体であるが、しかし国立銀行の設立時に通貨発行権を譲った歴史をもっており、現代へいたるまでの経営史も他行との関わりにおいて興味深いため、一節を割いて説明している。.

新しい!!: フランスとベルギー国立銀行 · 続きを見る »

ベルギー領コンゴ

ベルギー領コンゴ(ベルギーりょうコンゴ)は、かつて存在したベルギーの植民地。現在のコンゴ民主共和国を領域とする。ベルギー国王レオポルド2世が、その私領コンゴ自由国の支配権をベルギー政府に委譲した1908年11月15日からコンゴ民主共和国が独立する1960年6月30日まで存在した。 2004年にシンコロブエ鉱山でウランが盗掘されて世界に注目された(#マンハッタン計画と秘密協定も参照)。.

新しい!!: フランスとベルギー領コンゴ · 続きを見る »

ベールヴァルデ条約

ベールヴァルデ条約(ベールヴァルデじょうやく)またはベールヴァルデ協定(ベールヴァルデきょうてい)とは、1631年1月23日にフランスとスウェーデンとの間で結ばれた軍事同盟である。1630年に三十年戦争に介入したスウェーデンに対し、フランスは間接的にこれを支援する事となった。条約内容はフランスによるスウェーデンへの軍事資金の援助という形で現れた。また、同盟締結には、フランス宰相リシュリューの思惑も絡んでいた。 .

新しい!!: フランスとベールヴァルデ条約 · 続きを見る »

ベトナム戦争

ベトナム戦争(ベトナムせんそう, Vietnam War)は、インドシナ戦争後に南北に分裂したベトナムで発生した戦争の総称。第二次インドシナ戦争(Second Indochina War)ともいわれた。ベトナム社会主義共和国では米国戦争()、対米抗戦()、抗米救国戦争()などと呼ばれる。.

新しい!!: フランスとベトナム戦争 · 続きを見る »

ベトミン

ベトミン()、正式名称ベトナム独立同盟会()は、1941年5月19日に正式に結成され、フランス植民地からの独立を求め第一次インドシナ戦争を戦ったベトナムの独立運動組織である。ホー・チ・ミンが結成して主席となり、ヴォー・グエン・ザップおよびファム・ヴァン・ドンがともに指導した。.

新しい!!: フランスとベトミン · 続きを見る »

ベトレン・ガーボル

ベトレン・ガーボル ベトレン・ガーボル(ハンガリー語:Bethlen Gábor;ルーマニア語:Gabriel Bethlen;ドイツ語:Gabriel Bethlen von Iktár, 1580年 - 1629年11月15日)は、トランシルヴァニア公(在位:1613年 - 1629年)、オポーレ公(在位:1622年 - 1625年)、そして王領ハンガリーにおける反ハプスブルク家反乱の指導者。三十年戦争にも参加し、積極的にプロテスタント陣営を支援した。.

新しい!!: フランスとベトレン・ガーボル · 続きを見る »

ベアリングス銀行

ベアリングス銀行 (Barings Bank) は1762年にフランシス・ベアリングによって創業されたイギリスの名門投資銀行。女王陛下の銀行と呼ばれるほどの名門で、財閥ベアリング家によって同族経営された。1995年に経営破たんした。.

新しい!!: フランスとベアリングス銀行 · 続きを見る »

初等教育

初等教育(しょとうきょういく, Primary education)は、通常5-7歳から開始される段階の教育であり、ISCEDではレベル1に分類され、大抵6年間である。 これはISCEDレベル0の就学前教育(幼稚園や認定こども園など)の後に続く過程であり、言語の読解・綴字(識字)、基礎計算などの人間の社会生活能力の育成が重要視され、大部分の国で義務教育・無償教育となっている。 国際連合のミレニアム開発目標においては、「(2A) 2015年までに、全ての子どもが男女の区別なく初等教育の全課程を修了できるようにする」と合意されている。.

新しい!!: フランスと初等教育 · 続きを見る »

初期雇用契約

thumb 初期雇用契約(しょきこようけいやく)とは、フランスにおいて2006年に立法化された若者を対象とした雇用形態をいう。 Contrat première embaucheよりCPEと略される。従来、フランスにおける雇用は無期限雇用契約(CDI)と呼ばれる形態であったが、若者の失業率の悪化への対応として雇用者側に配慮し、フランス首相ドミニク・ガルゾー・ド・ビルパンらが立案した。 26歳未満の若者の雇用にあたり2年間の試用期間を設け、この期間中は雇用者側は理由を問わず解雇することを認めるという法案で、この内容を盛り込んだ機会平等法は、2006年4月2日に公布された。 このCPEを巡り、反対する学生、労働組合により大規模なデモ、ストライキ、暴動などがフランス全土で行われ、結局2006年4月10日になり、ド・ビルパンはこの法案を撤回した。 日本では新卒一括採用が一般的だが、フランス等では新卒一括採用が日本と比較すると浸透していない。そのためにCPEは労使双方に有効であると云われている。新卒一括採用を行っている日本でもCPEとは違うが、試行雇用契約(いわゆる試用期間)が有効であると厚生労働省等が検討しているため、近年日本でも試行雇用契約の積極的な導入について議論が高まっている。.

新しい!!: フランスと初期雇用契約 · 続きを見る »

列強

国連安保理で拒否権を持たない列強:日本, ドイツ 列強(れっきょう、great powers, major powers)とは、世界規模の影響力を持つ複数の国家を指す用語である。 列強は経済的、軍事的、外交的、文化的、政治的などの力を持ち、しばしば他の小国の行動に影響を与える。国際関係の理論では列強の位置づけは、その力を発揮できる能力や、領土などの空間や、国際的な地位などの面から特徴づけられる。 いくつかの諸国が広く列強と呼ばれているが、その明確な定義は存在せず、ウィーン会議などの国際会議や国際連合安全保障理事会などの国際組織によって公式に認識されるDanilovic, Vesna.

新しい!!: フランスと列強 · 続きを見る »

刑法

刑法(けいほう)とは、犯罪とそれに対する刑罰の関係を規定する法である。 「刑法」という語は、前記のような意味(実質的意義)で用いられるほか、そのような内容を定めた法典(刑法典)の題名としても用いられる(形式的意義における刑法)。刑法典は、一般的な犯罪に関わるものとして「普通刑法」ないし「一般刑法」ともよばれる。実質的意義における刑法は、刑法典の内容に限らず、犯罪の成立要件とその犯罪に対して科せられる法律効果としての刑罰の内容を規定した国家的法規範の全てを指し、また、刑罰を補充する制度である保安処分に関する法をも含むこともある。.

新しい!!: フランスと刑法 · 続きを見る »

嘉隆帝

嘉隆帝(かりゅうてい、Gia Long ザーロンてい)は、ベトナム阮朝の初代皇帝(在位: 1802年 - 1820年)。諱は阮福暎(げん ふくえい、Nguyễn Phúc Ánh グエン・フック・アイン、「阮福映」とも表記される)。阮朝は一世一元の制を採用したため、治世の年号が皇帝の通称となった。「ザーロン」は「嘉隆」のベトナム語読み。.

新しい!!: フランスと嘉隆帝 · 続きを見る »

アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ

ピーマンに付されたAOCラベル アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(Appellation d'Origine Contrôlée; 、アオセ)とは、フランスの農業製品、フランスワイン、チーズ、バターなどに対して与えられる認証であり、製造過程及び最終的な品質評価において、特定の条件を満たしたものにのみ付与される品質保証である。日本語に翻訳すると「原産地統制呼称」「原産地呼称統制」などとなる。フランスの法律では、AOCの基準を満たさないものは、AOCで規制された名称で、製品を製造または販売することは違法である。フランスの原産地呼称委員会()が管理している。 全てのAOC製品は、ラベルや製品そのものに印刷された証印によって識別される。可能な限り不当表示を防止するため、いかなるAOC名も、そうでない製品のラベルには使用されない。生産者の住所における地名がAOC名である場合は、5桁の郵便番号をつかって代替させる。この場合、最初の2桁の番号が県を示すこの番号は、自動車のナンバープレートなどにも使われる。初等教育で、この県名を示す汎用番号を覚えさせられるため、ほとんどのフランス人は、郵便番号だけで県名や都市名を思い浮かべることができる。。.

新しい!!: フランスとアペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ · 続きを見る »

アナーニ事件

アルフォンス·マリー·アドルフ=ドヌー「教皇ボニファティウス8世の捕縛」 アナーニ事件(アナーニじけん、Outrage of Anagni)は、1303年、フランス国王フィリップ4世がローマ教皇ボニファティウス8世をイタリアの山間都市アナーニで捕らえた事件。.

新しい!!: フランスとアナーニ事件 · 続きを見る »

アナキズム

アナキストの黒旗 アナキズム(Anarchism、アナーキズム、無政府主義)は、既成の国家や権威の存在を望ましくない・必要でない・有害であると考え、調和的な社会結合を目指す政治思想 The following sources cite anarchism as a political philosophy: Slevin, Carl.

新しい!!: フランスとアナキズム · 続きを見る »

アマ (植物)

アマ『ケーラーの薬用植物』から アマ(亜麻、学名:Linum usitatissimum)は、アマ科の一年草。ヌメゴマ(滑胡麻)、一年亜麻、アカゴマなどの異称もある。その栽培の歴史は古い(リネン#歴史も参照)。日本では江戸時代に種を薬として使うために限られた範囲で栽培され、明治から昭和初期にかけて繊維用に北海道で広く生産された。 茎の繊維は、衣類などリネン製品となる。種子からは亜麻仁油(あまにゆ、リンシードオイル、フラックスシードオイル)が採れ、これは食用や塗料、油彩に用いられる。.

新しい!!: フランスとアマ (植物) · 続きを見る »

アネト山

アネト山(Aneto)またはネトゥ山(Pic de Néthou)は、ピレネー山脈中央部にある山。標高は3,404mであり、ピレネー山脈の最高峰である。平均標高約3,000mのの最南端に位置しており、山頂はスペイン・アラゴン州ウエスカ県にある。.

新しい!!: フランスとアネト山 · 続きを見る »

アムステルダム銀行

アムステルダム銀行(アムステルダムぎんこう)はオランダのアムステルダム市当局が設立した公立の振替銀行である。ヴェネツィアのリアルト銀行がモデルとされている。あらゆる種類の貨幣を預金として受け入れ、法定換金率で換算した銀行通貨グルデン(ギルダー)で払い戻した。フォンテーヌブローの勅令とジョン・ローの経済政策破綻でユグノー資本が預金へ殺到した。.

新しい!!: フランスとアムステルダム銀行 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: フランスとアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ合衆国の独立

アメリカ合衆国の独立(アメリカがっしゅうこくのどくりつ)では、18世紀後半に北アメリカの13植民地が結束してイギリス帝国の植民地政策に抵抗し、共和制国家として独立したアメリカ独立革命(あめりかどくりつかくめい、American Revolution)について詳述する。.

新しい!!: フランスとアメリカ合衆国の独立 · 続きを見る »

アメリカ大陸

アメリカ大陸(アメリカたいりく)とは、南アメリカ大陸と北アメリカ大陸をあわせた呼称。両アメリカや新大陸などとも言う。 南北に分かれた二大陸であるが、両者はパナマ地峡で接続しているため、まとめて超大陸と見なすこともできる。なお、広くアメリカ州(米州)というときは、カリブ海やカナダ北部の島々・海域をも含める場合が多い。 「アメリカ」と言う名称は、イタリアの探検家アメリゴ・ヴェスプッチの名から付けられた。詳細はアメリカ州を参照。.

新しい!!: フランスとアメリカ大陸 · 続きを見る »

アメリカ州の先住民族

南北アメリカ州の先住民」の総覧肖像画(1904年) アメリカ州の先住民(アメリカしゅうのせんじゅうみんぞく、カナダ英語: First Nations、アメリカ英語: Native Americans、Indígenas de América、Índio, indígena)は、ヴァイキングやクリストファー・コロンブスによるアメリカ本土への到達以前からアメリカ州に住んでいる諸民族を指す。.

新しい!!: フランスとアメリカ州の先住民族 · 続きを見る »

アメリカ賞

アメリカ賞(-しょう、Prix d'Amérique)は、フランスの繋駕速歩競走である。シュヴァルフランセがヴァンセンヌ競馬場の2700mで施行している。格付けはG1(グループ1)、施行時期は1月の最終日曜。賞金総額は2006年現在100万ユーロ。1着賞金は50万ユーロ。 第一次世界大戦におけるアメリカ合衆国の参戦に感謝して1920年に創設された。当初の距離は2500mだったが1930年から少しずつ距離を変え、1994年以降は2700mで行われている。第二次世界大戦により1940,41年の二度中断を経験しており、ドイツ占領下の1942年に再開した。最多勝利馬は1986,87,88,90年に4勝をあげたウラジ(Ourasi)。 フランスにおける繋駕速歩競走の中でも頂点に位置する競走とされ、2014年度の観客動員数は雨天でありながら約3万3千人に及ぶ。平地競走である凱旋門賞は2013年の開催における観客動員数が約5万人であることと比較すれば、凱旋門賞に並ぶ規模の競走といえる。当日の第1競走の前にはクラシックカーへ出場騎手を乗せたパレードが行われる。.

新しい!!: フランスとアメリカ賞 · 続きを見る »

アメリカ英語

アメリカ英語(アメリカえいご、)は、アメリカ合衆国で使用されている英語の方言。米語(べいご)、米国語とも呼ばれる。.

新しい!!: フランスとアメリカ英語 · 続きを見る »

アラン・バディウ

アラン・バディウ(Alain Badiou、1937年 - )は、モロッコ・ラバト出身のフランスの哲学者である。高等師範学校で哲学を学ぶ。パリ第8大学教授、高等師範学校哲学科教授などを務める傍ら、ジャック・デリダが初代議長を務めた国際哲学コレージュにおいても教鞭をとる。現在(2013年末)は高等師範学校の名誉教授であり、月に一回水曜日に同校にてセミナーを開催している。スラヴォイ・ジジェクらとともにlacan dot comでも活動。.

新しい!!: フランスとアラン・バディウ · 続きを見る »

アラゴン連合王国

アラゴン連合王国の最大領域(1443年) アラゴン連合王国(カタルーニャ語:, アラゴン語:, カスティーリャ語:, イタリア語:, ラテン語:)は、アラゴン王国()およびカタルーニャ君主国()を中心とする複数の君主国の同君連合として構成された中世南ヨーロッパの国家。イベリア半島東部に興り、西地中海の島々や南イタリアを領有するなど、地中海国家としても発展した。日本語訳は一定せず、アラゴン=カタルーニャ連合王国、アラゴン地中海帝国などとも呼ばれるが、単にアラゴン王国と呼んでこの連合王国を指す場合も多い。.

新しい!!: フランスとアラゴン連合王国 · 続きを見る »

アリエノール・ダキテーヌ

アリエノール・ダキテーヌ(Aliénor d'Aquitaine, 1122年 - 1204年4月1日)は、アキテーヌ公ギヨーム10世の娘でアキテーヌ女公。はじめフランス王ルイ7世の王妃、後にイングランド王ヘンリー2世の王妃。 ベルナール・ド・ヴァンタドゥールら吟遊詩人を庇護して多くの文芸作品を誕生させ、洗練された宮廷文化をフランス、イングランドに広めた存在として知られる。子孫が、各地の君主及び妃となったことから「ヨーロッパの祖母」と呼ばれる。中世盛期の西欧において、最も裕福で地位の高い女性の一人であった。.

新しい!!: フランスとアリエノール・ダキテーヌ · 続きを見る »

アルマダの海戦

アルマダの海戦(アルマダのかいせん)、アルマダ戦争(アルマダせんそう、Battle of Armada, Armada Wars)は、スペイン無敵艦隊(Spanish Armada、Grande y Felicísima Armada)のイングランド侵攻において、1588年7月から8月(旧暦7月)に英仏海峡で行われた諸海戦の総称である。 広く知られる「無敵艦隊」の名称はスペイン語Armada Invencibleの訳で、スペイン海軍のC・F・ダロ大佐が1884年に著した論文の題名が原典とされている小林幸雄は、本当ならば無敵であったはずという慨嘆と哀悼の意を題名に込めたのではないかとしている。。イングランド側視点での歴史書では、“the Invincible Armada”の名称が揶揄的な表現として稀に用いられている。本国スペインにおいては、「最高の祝福を受けた大いなる艦隊」「至福の艦隊」(Grande y Felicísima Armada)と呼ばれていた。中立な視点からは、英語の文脈ではSpanish Armada、the Armadaなどと呼ぶarmadaそのものはスペイン語の普通名詞で、これに相当する英語はnavyである。ただしヨーロッパの言語では、ある国独特の組織・地位などを半ば固有名詞的に指す場合には、その国の言葉をそのまま用いる習慣がある。Czar(ロシア皇帝)、Shogun(江戸幕府の将軍)など。。 なお、両国での暦が異なる(当時イングランドはまだグレゴリオ暦を採用していない)ため、記録上の日付も異なっている。日付はスペイン側のグレゴリオ暦とイングランド側の旧暦(ユリウス暦)を併記する。.

新しい!!: フランスとアルマダの海戦 · 続きを見る »

アルル王国

アルル王国は、旧ブルグント王国のあった地域に存在した王国。ブルグント王国とも呼ぶ。933年、ユーラブルグント王国のルドルフ2世がウーゴのキスユラブルグント王国(プロヴァンス王国)を併合して成立した。 この王国がアルル王国と呼ばれるのはアルルを首都としたためである。またアルルを首都とした後のキスユラブルグント王国もアルル王国と呼ばれることがある。地中海からライン川上流域までを領土とし、2015年までのフランスのプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール、ローヌ=アルプ地域圏、フランシュ=コンテ地域圏、及びスイス西部とおおよそ一致する。独立した王がいたのは1032年までで、その後は神聖ローマ帝国の構成国家となった。.

新しい!!: フランスとアルル王国 · 続きを見る »

アルプス山脈

アルプス山脈最高峰 モンブラン山 ツェルマットから見たマッターホルン山 アルプス山脈(アルプスさんみゃく、 アルペース、、、、)は、アルプス・ヒマラヤ造山帯に属し、ヨーロッパ中央部を東西に横切る「山脈」である。オーストリア、スロベニアを東端とし、イタリア、ドイツ、リヒテンシュタイン、スイス各国にまたがり、フランスを南西端とする多国にまたがっている。アルプ(スイスの高山山腹の夏季放牧場;,,)がいっぱいであるからアルプスであると考える説と、ケルト語の alp「岩山」を語源とし、ラテン語を経由したと考える説がある。最高峰のモンブランは標高4,810.9m(2007年)で、フランスとイタリアの国境をなし、ヨーロッパの最高峰でもある。 アルプス山脈はヨーロッパの多数の河川の水源地となっており、ここからドナウ川、ライン川、ローヌ川、ポー川、といった大河川が流れ出て、それぞれ黒海、北海、地中海、アドリア海へと注ぐ。.

新しい!!: フランスとアルプス山脈 · 続きを見る »

アルビジョア十字軍

アルビジョア十字軍(アルビジョアじゅうじぐん、フランス語:Croisade des Albigeois, オック語:Crosada dels Albigeses, 1209年 - 1229年)は、1209年、南フランスで盛んだった異端アルビ派(カタリ派と同義、南フランスの都市アルビからアルビ派と呼ばれた)を征伐するために、ローマ教皇インノケンティウス3世が呼びかけた十字軍。アルビジョワ十字軍とも。 他の十字軍と同様、宗教的理由と領土欲の両方により主に北フランスの諸侯を中心に結成されたが、南フランス諸侯の反撃の中で次第に領土戦争の色合いが強まり、最終的にはフランス王ルイ8世が主導して王権の南フランスへの伸張に利用された。独自の文化を誇った南フランスは20年に渡る戦乱により荒廃し、フランス王の支配下に入ることにより北フランス文化の流入を受けることになる。.

新しい!!: フランスとアルビジョア十字軍 · 続きを見る »

アルフォンス・ドーデ

アルフォンス・ドーデ(ドデ、ドデー)(Alphonse Daudet, 1840年5月13日 – 1897年12月17日)は『アルルの女』を含む短編集『風車小屋だより』などで有名なフランスの小説家。 ジャーナリストでアクション・フランセーズの活動家だったレオン・ドーデは長男。画家のリュシアン・ドーデは次男。.

新しい!!: フランスとアルフォンス・ドーデ · 続きを見る »

アルカテル・ルーセント

アルカテル・ルーセント()は、かつて存在したフランスを本拠とする通信システム・装置メーカー。ユーロネクスト・パリ、ニューヨーク証券取引所に上場していた。 2006年12月1日にアルカテル社とAT&T系のルーセント・テクノロジーが合併し、アルカテル・ルーセントとなった。2016年、フィンランドの通信インフラ開発企業ノキアの子会社となり経営統合された。 通信事業者やプロバイダ、一般企業に対する通信インフラ、システムを世界規模で提供し、固定通信および移動通信向けブロードバンドインターネット接続、アプリケーションの分野において主導的な地位を占め、宇宙事業や軍用通信分野にも進出していた。世界130ヶ国以上でビジネスを展開するグローバル企業であった。.

新しい!!: フランスとアルカテル・ルーセント · 続きを見る »

アルザス人

伝統的な衣装を着たアルザスの女性 アルザス人(アルザス語: Elsässer, Elsässi、Elsäßer、標準Elsässer、Alsacien)とは、フランス中東部のアルザス地方に住むアルザス語を話す南部ドイツ人に属するアレマン系の民族。アルザス・ドイツ人、エルザス人とも呼ばれ、ドイツ系フランス人の大部分を占める。.

新しい!!: フランスとアルザス人 · 続きを見る »

アルザス地域圏

アルザス地域圏(アルザスちいきけん、アルザス語: Elsàss、アレマン語: Elsäß、標準Elsass、Alsace、Alsace)は、フランス中東部にかつて存在した地域圏である。ストラスブール(独:シュトラースブルク)を首府とする。ヴォージュ山脈のある西側の大部分をかつてのロレーヌ地域圏と接し、残りはかつてのフランシュ=コンテ地域圏と接している。東はドイツとスイスに接する。地域圏内にはバ=ラン県とオー=ラン県二つの県を含む。中フランクと重なるブルーバナナ圏に属している。 2016年1月1日より、グラン・テスト地域圏となった。.

新しい!!: フランスとアルザス地域圏 · 続きを見る »

アルザス語

アルザス語(Elsassisch, 、、標準Elsäßisch、、Alsacien、)は、フランス中東部のアルザス地方のドイツ語の方言。.

新しい!!: フランスとアルザス語 · 続きを見る »

アルザス=ロレーヌ

伝統的な衣装を着たアルザスの女性とフランスの将校(1919年) アルザス=ロレーヌ(、 エルザス=ロートリンゲン、 エルゼス=ロートリンゲ)は、フランス共和国北東部のドイツ国境に近いアルザス地域圏(エルザス)とロレーヌ地域圏(ロートリンゲン)のうちモゼル県を合わせた地域。.

新しい!!: フランスとアルザス=ロレーヌ · 続きを見る »

アルザス=ロレーヌ共和国

ルザス=ロートリンゲン アルザス=ロレーヌ共和国(アルザス=ロレーヌきょうわこく、独:Republik Elsaß-Lothringen, 仏:République d'Alsace-Lorraine)は、第一次世界大戦終結後に、アメリカ合衆国のウッドロウ・ウィルソン大統領の支援のもと存在した短期政権である。.

新しい!!: フランスとアルザス=ロレーヌ共和国 · 続きを見る »

アルジェリア

アルジェリア民主人民共和国(アルジェリアみんしゅじんみんきょうわこく)、通称アルジェリアは、北アフリカのマグリブに位置する共和制国家。東にチュニジア、リビアと、南東にニジェールと、南西にマリ、モーリタニアと、西にモロッコ、サハラ・アラブ民主共和国と国境を接し、北は地中海に面する。地中海を隔てて北に旧宗主国のフランスが存在する。首都はアルジェ。 アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟と地中海連合とアラブ・マグレブ連合に加盟している。2011年の南スーダン独立によりスーダンが分割され領土が縮小したことで、スーダンを超えてアフリカ大陸において最も領土が広い国となった。世界全体でも第10位の領土面積である。.

新しい!!: フランスとアルジェリア · 続きを見る »

アルジェリア戦争

アルジェリア戦争(アルジェリアせんそう、Algerian War, ثورة جزائرية; Guerre d'Algérie)は、1954年から1962年にかけて行われたフランスの支配に対するアルジェリアの独立戦争。フランス本土と当時はフランス領(公式には植民地ではなく海外県と海外領土の中間的存在とされる。)であったアルジェリアの内戦であると同時に、アルジェリア地域内でフランス本国と同等の権利を与えられていたコロンと呼ばれるヨーロッパ系入植者と、対照的に抑圧されていたベルベル人やアラブ系住民などの先住民(indigene,アンディジェーヌ)との民族紛争及び親仏派と反仏派の先住民同士の紛争、かつフランス軍部とパリ中央政府との内戦でもある。 フランス政府では公式には戦争として認定されず、「アルジェリア事変」(évènements d'Algérie)や、「北アフリカにおける秩序維持作戦」と呼称されていたが、1999年10月になり法改正され正式にアルジェリア戦争(Guerre d'Algérie)と記される様になった 。.

新しい!!: フランスとアルジェリア戦争 · 続きを見る »

アルストム

アルストム(Alstom )は、フランスに本拠地を置く多国籍企業で、世界の鉄道車両の2割強のシェアを有している。本社はパリのルヴァロワ=ペレ。.

新しい!!: フランスとアルストム · 続きを見る »

アルゼンチン

アルゼンチン共和国(アルゼンチンきょうわこく、República Argentina)、通称アルゼンチンは、南アメリカ南部に位置する連邦共和制国家である。西と南にチリ、北にボリビア・パラグアイ、北東にブラジル・ウルグアイと国境を接し、東と南は大西洋に面する。ラテンアメリカではブラジルに次いで2番目に領土が大きく、世界全体でも第8位の領土面積を擁する。首都はブエノスアイレス。 チリと共に南アメリカ最南端に位置し、国土の全域がコーノ・スールの域内に収まる。国土南端のフエゴ島には世界最南端の都市ウシュアイアが存在する。アルゼンチンはイギリスが実効支配するマルビナス諸島(英語ではフォークランド諸島)の領有権を主張している。また、チリ・イギリスと同様に南極の一部に対して領有権を主張しており、アルゼンチン領南極として知られる。 2005年と2010年に債務額を大幅にカットする形で債務交換を強行し、9割以上の債務を再編した。これはアメリカ合衆国との国際問題に発展した。.

新しい!!: フランスとアルゼンチン · 続きを見る »

アレヴァ

ラノ 、旧称アレヴァ (AREVA S.A.、) は、フランス・パリ近郊のクールブヴォアに本社を置く、世界最大の原子力産業複合企業で、傘下に複数の原子力産業企業を有する。フランス共和国政府の原子力政策の転換によって誕生した持株会社である。 2017年に傘下の原子炉メーカー、アレヴァNP(母体は旧フラマトム)がフランス電力へ売却され、2018年に新生フラマトムとしてアレヴァグループよりスピンアウトした。 2018年1月23日、持ち株会社としてのアレヴァSAはオラノへと改称したhttps://www.reuters.com/article/areva-name/media-areva-to-be-renamed-orano-les-echos-idUSL8N1PH64T。.

新しい!!: フランスとアレヴァ · 続きを見る »

アレクサンドル・デュマ・ペール

アレクサンドル・デュマ(Alexandre Dumas, 1802年7月24日 - 1870年12月5日)は、フランスの小説家。『椿姫』を著した同名の息子と区別するために、「父」を意味する père を付して大デュマ(Dumas, père)とも呼ばれる。.

新しい!!: フランスとアレクサンドル・デュマ・ペール · 続きを見る »

アレクサンドル・コジェーヴ

アレクサンドル・コジェーヴ(Alexandre Kojève、1902年4月28日 - 1968年6月4日)は、ロシア出身のフランスの哲学者である。フランス現代思想におけるヘーゲル研究に強い影響を与えた。.

新しい!!: フランスとアレクサンドル・コジェーヴ · 続きを見る »

アロー戦争

アロー戦争(アローせんそう、Arrow War)は、1856年から1860年にかけて、清とイギリス・フランス連合軍との間で起こった戦争である。最終的に北京条約で終結した。戦争の理由の一つであった、中国人による多くの外国人排斥事件のうち、もっとも象徴的な出来事がアロー号事件であったため、日本ではアロー戦争と呼称される場合が多い。また、この戦争がアヘン戦争に続いて起きたために、第二次アヘン戦争(Second Opium War)と呼ぶこともある。.

新しい!!: フランスとアロー戦争 · 続きを見る »

アンリ1世 (フランス王)

アンリ1世(フランス語:Henri Ier, 1008年5月4日 - 1060年8月4日)は、フランスのカペー朝第3代国王(在位:1031年 - 1060年)。ロベール2世(敬虔王)と3番目の王妃コンスタンス・ダルルの間の次男。.

新しい!!: フランスとアンリ1世 (フランス王) · 続きを見る »

アンリ2世 (フランス王)

アンリ2世(Henri II de France, 1519年3月31日 - 1559年7月10日)は、ヴァロワ朝第10代のフランス王(在位:1547年 - 1559年)。フランソワ1世と王妃クロード・ド・フランス(ルイ12世の王女)の次男。メディチ家出身のカトリーヌ・ド・メディシスを王妃とした。しかし、カトリーヌが嫁ぐ前から家庭教師であったディアーヌ・ド・ポワチエと長く愛人関係にあり、王妃とは不仲であったといわれる。.

新しい!!: フランスとアンリ2世 (フランス王) · 続きを見る »

アンリ・マティス

アンリ・マティス 1933年 アンリ・マティス(Henri Matisse, 1869年12月31日 - 1954年11月3日)は、フランスの画家。フォーヴィスム(野獣派)のリーダー的存在であり、野獣派の活動が短期間で終わった後も20世紀を代表する芸術家の一人として活動を続けた。自然をこよなく愛し「色彩の魔術師」と謳われ、緑あふれる世界を描き続けた画家であった。彫刻および版画も手がけている。.

新しい!!: フランスとアンリ・マティス · 続きを見る »

アンリ・ドロネー

アンリ・ドロネー(Henri Delaunay、1883年6月15日 - 1955年11月9日)は、欧州サッカー連盟(UEFA)の初代事務局長。フランス・パリ出身。 アンリ・ドロネーはパリのサッカークラブでプレーしたのち審判員となった。しかし、試合中にボールが顔面に当たった際に口にくわえていたホイッスルによって歯を2本折ってしまい、これを機に彼は審判をやめてしまう。 1906年、23歳でフランス・インターフェデラル・コミッティー(CFI)の事務局長に就任した。CFIは1919年にフランスサッカー連盟(FFF)となるが、彼はひきつづき事務局長として留まった。 1920年に国際サッカー連盟(FIFA)に引き抜かれ、競技規則に関する諮問委員となった。1924年から1928年まで、ルール制定などを行う国際サッカー評議会(IFAB)にFIFA代表として参加。この頃、ジュール・リメによっての開催が提案されると、1927年アンリ・ドロネーはワールドカップ実現の第一歩としてヨーロッパ選手権の開催を提案。しかし、ワールドカップの初開催が決定したあと、FIFAはその準備に追われ彼の提案は見送りになった。 1954年、欧州サッカー連盟(UEFA)が創立。初代事務局長となったアンリ・ドロネーはヨーロッパ選手権を実現するべく奔走する。ところが翌年彼は病にかかり、欧州選手権の実現を見ることなくこの世を去ってしまった。彼の意志をついで息子のピエール・ドロネーが2代目のUEFA事務局長に就任。とうとう1960年に初めての欧州ネイションズカップがフランスで開催され、この大会の実現に尽力した彼の功績をたたえて優勝トロフィーはアンリ・ドロネー杯と名付けられた。 Category:フランスのサッカー選手 Category:フランスのサッカー審判員 Category:UEFA会長 Category:パリ出身の人物 Category:1883年生 Category:1955年没.

新しい!!: フランスとアンリ・ドロネー · 続きを見る »

アンリ・ド・サン=シモン

ン=シモン伯爵クロード・アンリ・ド・ルヴロワ(Claude Henri de Rouvroy、Comte de Saint-Simon、1760年10月17日 - 1825年5月19日)は、フランスの社会主義思想家。.

新しい!!: フランスとアンリ・ド・サン=シモン · 続きを見る »

アンリ・ベルクソン

アンリ=ルイ・ベルクソン(Henri-Louis Bergson 、1859年10月18日 - 1941年1月4日)は、フランスの哲学者。出身はパリ。日本語では「ベルグソン」と表記されることも多いが、近年では原語に近い「ベルクソン」の表記が主流となっている。.

新しい!!: フランスとアンリ・ベルクソン · 続きを見る »

アンフォルメル

アンフォルメル(フランス語:Art informel、非定型の芸術)は、1940年代半ばから1950年代にかけてフランスを中心としたヨーロッパ各地に現れた、激しい抽象絵画を中心とした美術の動向をあらわした言葉である。同時期のアメリカ合衆国におけるアクション・ペインティングなど抽象表現主義の運動に相当する。.

新しい!!: フランスとアンフォルメル · 続きを見る »

アンドレ・モーロワ

アンドレ・モーロワ(André Maurois, 1885年7月26日 ノルマンディー地方エルブーフ Elbeuf - 1967年10月9日 ヌイイ=シュル=セーヌ)はフランスの小説家、伝記作者、評論家。本名はエミール・サロモン・ヴィレルム・エルゾグ(Émile Salomon Wilhelm Herzog)で、ユダヤ系フランス人である。.

新しい!!: フランスとアンドレ・モーロワ · 続きを見る »

アンセルム・ペイアン

アンセルム・ペイアン(パヤン、Anselme Payen, 1795年1月6日パリ - 1878年5月12日 パリ)は、ジアスターゼ酵素とセルロースを初めて発見したフランス人化学者である。フランス科学アカデミーのメンバー。.

新しい!!: フランスとアンセルム・ペイアン · 続きを見る »

アヴァール

アヴァール (Avars) は、 5世紀から9世紀に中央アジアおよび中央・東ヨーロッパで活動した遊牧民族。支配者は遊牧国家の君主号であるカガン(khagan:可汗)を称したため、その国家はアヴァール可汗国とも呼ばれる。東ローマの一部史料ではジェジェン(Geougen)、ルーシの史料ではオーブル人(Obrs)とも呼ばれる。.

新しい!!: フランスとアヴァール · 続きを見る »

アヴィニョン捕囚

アヴィニョン教皇庁 アヴィニョン捕囚(アヴィニョンほしゅう)とは、キリスト教のカトリック・ローマ教皇の座が、ローマからアヴィニョンに移されていた時期(1309年 - 1377年)を指す。日本語では、アヴィニョン教皇と表記されることもある。古代のバビロン捕囚になぞらえ、教皇のバビロン捕囚とも呼ばれた。.

新しい!!: フランスとアヴィニョン捕囚 · 続きを見る »

アール・ヌーヴォー

ドームの壺(ナンシー派、1900年頃) アール・ヌーヴォー(Art Nouveau)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを中心に開花した国際的な美術運動。「新しい芸術」を意味する。花や植物などの有機的なモチーフや自由曲線の組み合わせによる従来の様式に囚われない装飾性や、鉄やガラスといった当時の新素材の利用などが特徴。分野としては建築、工芸品、グラフィックデザインなど多岐にわたった。 第一次世界大戦を境に、装飾を否定する低コストなモダンデザインが普及するようになると、アール・デコへの移行が起き、アール・ヌーヴォーは世紀末の退廃的なデザインだとして美術史上もほとんど顧みられなくなった。しかし、1960年代のアメリカ合衆国でアール・ヌーヴォーのリバイバルが起こって以降、その豊かな装飾性、個性的な造形の再評価が進んでおり、新古典主義とモダニズムの架け橋と考えられるようになった。ブリュッセルやリガ歴史地区のアール・ヌーヴォー建築群は世界遺産に指定されている。.

新しい!!: フランスとアール・ヌーヴォー · 続きを見る »

アール・デコ

アール・デコ()とは、一般にアール・ヌーヴォーの時代に続き、ヨーロッパおよびアメリカ合衆国(ニューヨーク)を中心に1910年代半ばから1930年代にかけて流行、発展した装飾の一傾向。原義は装飾美術。 幾何学図形をモチーフにした記号的表現や、原色による対比表現などの特徴を持つが、その装飾の度合いや様式は多様である。.

新しい!!: フランスとアール・デコ · 続きを見る »

アーヘン会議 (1818年)

アーヘン会議とは(英語:The Congress or Conference of Aix-la-Chapelle、ドイツ語:Aachener Kongress、フランス語:Congrès d'Aix-la-Chapelle、ロシア語:Ахенский конгресс)は、1818年の秋にドイツのアーヘンで開催された国際会議である。主にイギリス、オーストリア帝国、プロイセン王国とロシア帝国の四国同盟のフランスからの占領軍の撤退問題と、同盟諸国の相互とフランスとの関係を導入するための変更の本質を決定する会議でもあった。すなわち、「四国同盟」にフランスを加えて「五国同盟」に変更することである。この会議は第3次アーヘン会議ともいわれる(第1次は1668年、第2次は1748年に開催)。.

新しい!!: フランスとアーヘン会議 (1818年) · 続きを見る »

アブラナ

アブラナ(油菜)は、アブラナ科アブラナ属の二年生植物。古くから野菜として、また油を採るため栽培されてきた作物で、別名としてナノハナ(菜の花)、ナタネ(菜種は正式な作物名である)などがあり、江戸時代には胡菜または蕓薹と呼ばれた。 実際にはアブラナ属の花はどれも黄色で似通っていることから、すべて「菜の花」と呼ばれる傾向がある。 植物油の原料として栽培されているのは、ほとんどが別種のセイヨウアブラナ(西洋油菜、学名:B.

新しい!!: フランスとアブラナ · 続きを見る »

アフリカ

衛星画像 NASA) 南部アフリカ アフリカ(ラテン語:Āfrica、英語:Africa)は、広義にはアフリカ大陸およびその周辺のマダガスカル島などの島嶼・海域を含む地域の総称で、六大州の一つ。阿州。漢字表記は阿弗利加。.

新しい!!: フランスとアフリカ · 続きを見る »

アフリカの年

アフリカの年(アフリカのとし、Year of Africa)は、西暦1960年の有名な呼び方である。シャルル・ド・ゴール大統領の措置によって13カ国の独立が認められたフランスを主に、アフリカ大陸で17カ国が植民地からの独立を達成し、脱植民地化が進んだ。1960年のアフリカの急激な政治的変化は新たな時代の到来を予感させた。.

新しい!!: フランスとアフリカの年 · 続きを見る »

アフリカ分割

1912年のアフリカ アフリカ分割(アフリカぶんかつ)とは、1880年代から第一次世界大戦前の1912年までにかけて、ヨーロッパの帝国主義列強によって激しく争われたアフリカ諸地域の支配権争奪と植民地化の過程のこと。 1912年にイタリアがリビアを獲得した事により、リベリアとエチオピアを除くアフリカの全土がヨーロッパのわずか7か国によって分割支配された。.

新しい!!: フランスとアフリカ分割 · 続きを見る »

アドルフ・ティエール

ルイ・アドルフ・ティエール(Louis Adolphe Thiers、 1797年4月16日 - 1877年9月3日)は、フランスの政治家・歴史家。首相を2回(在任:1836年2月22日 - 9月6日、1840年3月1日 - 10月29日)務め、フランスの2代大統領(第三共和政の初代大統領、在任:1871年2月17日 - 1873年5月24日)を務めた。 マルセイユ近郊ブック=ベル=エール出身。エクスの法学部卒業後に弁護士となった。その後、パリに出て自由主義に傾倒し、1814年の王政復古で成立していたブルボン朝の独裁的な政治を批判し、『フランス革命史』を著わして、一躍国民から名声を得た。1830年、七月革命でシャルル10世が追放されてブルボン朝が滅亡した後、オルレアン家のルイ・フィリップを国王に擁立して(七月王政)自身は財務次官、内相、そして首相となって活躍した。しかし、同じくルイ・フィリップのもとで首相として活躍したフランソワ・ピエール・ギヨーム・ギゾーとは対立し、これが後に七月王政が倒れる一因を成した。 1848年、二月革命でオルレアン朝が滅んだ後、フランスの秩序回復を目的としてルイ・ナポレオン・ボナパルト(ナポレオン3世)を支持した。彼のもとでも政治家として活躍したが、まもなく対立して1851年のナポレオン3世のでフランスから追放されてしまった。1852年、ナポレオン3世から帰国を許されたために帰国した。帰国後はナポレオン3世から自身の補佐役として何度も招きを受けたが、ティエールはこれを拒絶して政界からの引退を表明し、史書の著作に専念するようになった。1869年から政界に復帰し、翌年2月の普仏戦争の最中にボルドー国民議会から行政長官に任じられた。そして普仏戦争でナポレオン3世がプロイセン王国に敗れて退位を余儀なくされた後、新たに成立した国防政府の代表となり、プロイセンとの徹底抗戦を主張する一方でプロイセンの首相・ビスマルクとの和平工作に尽力し、アルザス・ロレーヌの2州をドイツに割譲することで和睦を結んだ。 その後、第三共和政期の初代大統領に選ばれたが、アルザスとロレーヌを割譲したことに怒ったパリの市民によりパリ・コミューンが創設されると、一時的に政府をヴェルサイユに移してこれと戦い、勝利した。この戦いで、セーヌ川は赤く染まったと言われている。鎮圧後は大統領として、フランス銀行などから融資を受けて復興を目指した。支持基盤であった王党派は、1871年に461あった議席数が1876年には192に激減した。1873年の国民議会の議決により、ティエールは大統領を辞任した。1877年、81歳で没した。 ティエールは激動するフランスを生き抜いた政治家として評価されているが、どちらかというと歴史家としての評価の方が高い。代表的な著作として『執政政府と第一帝政の歴史』がある。.

新しい!!: フランスとアドルフ・ティエール · 続きを見る »

アクサ

アクサ(AXA S.A.)は、フランスの保険・金融グループ。世界各国に生命保険や損害保険、資産運用などの金融サービス事業を展開している。ユーロネクスト上場企業()。1816年に設立されたMutuelle de L'assurance contre L'incendieを起源とする。 企業買収を経て1978年に社名をMutuelles Uniesに改称、1982年のDrouot Groupの買収ののち、1985年にアクサに改称した。1999年2月、ガーディアン・ロイヤル(Guardian Royal Exchange Assurance, バークレイズ#英国病の正体も参照)を買収、2006年6月、クレディ・スイスから傘下の保険会社であるWinterthur Groupを買収、2012年11月、HSBCの子会社を買収して香港・シンガポールの損害保険業に進出、2018年3月、米国の(登記はバミューダ諸島)損保大手XLグループを買収した。現在の顧客数は約8000万人、運用資産総額は約1兆3150億ユーロ(約196兆円)である。.

新しい!!: フランスとアクサ · 続きを見る »

アグリビジネス

アグリビジネス()とは、農業に関連する幅広い経済活動を総称する用語である。 1950年代後半に、ハーバード・ビジネス・スクールのR.ゴールドバーグが、アメリカ合衆国の食料生産システムについて、農業資材供給から生産・流通・加工に至るまでを垂直的に説明するためにこの用語を使ったのが最初である 。日本語では農業関連産業と訳されることもあるが、大学にアグリビジネス学科が設けられるなど、外来語として定着している。文字通りアグリカルチャー(農業)とビジネス(事業)を組み合わせた造語で、アグリビジネスに含まれる領域は農業機械・農薬・肥料などの農業資材、品種改良、株式会社の農業参入、農産物の流通・貿易・加工など多岐にわたる。アグリビジネスを分析するための主な研究方法としては、政治経済学アプローチ や、地理学アプローチ などがある。.

新しい!!: フランスとアグリビジネス · 続きを見る »

アシエント

アシエント(スペイン語:asiento)は、スペイン語で「契約」を意味する歴史用語で、王室がある特定の個人や団体に徴税や貿易などの独占権を与えることを意味した。日本語で「アシエント」という単語が用いられる際には、16世紀から18世紀半ばにかけてスペイン政府が特定の個人や会社と交わした黒人奴隷の供給契約を指すことが多い。.

新しい!!: フランスとアシエント · 続きを見る »

アジア

アジア アジアの地図 東南アジア アジア(ラテン語: Asia古典ラテン語では「アシア」だが、現代ラテン語では「アジア」とも発音する。)は、世界の大州のひとつ。現在では一般的にヨーロッパを除くユーラシア大陸全般を指すが、政治的・経済的な立場の違いにより、様々な定義がなされる場合がある。亜州。 アッシリア語で東を意味する「アス」に語源をもつ。古代では現在の小アジアを指した。.

新しい!!: フランスとアジア · 続きを見る »

アジア通貨危機

アジア通貨危機(アジアつうかきき、Asian Financial Crisis)とは、1997年7月よりタイを中心に始まった、アジア各国の急激な通貨下落(減価)現象である。東アジア、東南アジアの各国経済に大きな悪影響を及ぼした。.

新しい!!: フランスとアジア通貨危機 · 続きを見る »

イラン

イラン・イスラム共和国(イラン・イスラムきょうわこく、جمهوری اسلامی ایران)、通称イランは、西アジア・中東のイスラム共和制国家。ペルシア、ペルシャともいう。北にアゼルバイジャン、アルメニア、トルクメニスタン、東にパキスタン、アフガニスタン、西にトルコ、イラクと境を接する。また、ペルシア湾をはさんでクウェート、サウジアラビア、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦に面する。首都はテヘラン。 1979年のルーホッラー・ホメイニー師によるイラン・イスラーム革命により、宗教上の最高指導者が国の最高権力を持つイスラム共和制を樹立しており、シーア派イスラームが国教である。世界有数の石油の産出地でもある。.

新しい!!: フランスとイラン · 続きを見る »

イラク戦争

イラク戦争(イラクせんそう)とは、アメリカ合衆国が主体となり2003年3月20日から、イギリス、オーストラリアと、工兵部隊を派遣したポーランド等が加わる有志連合によって、イラク武装解除問題の大量破壊兵器保持における進展義務違反を理由とする『イラクの自由作戦』の名の下に、イラクへ侵攻したことで始まった軍事介入である。 正規軍同士の戦闘は2003年中に終了し、同年5月にジョージ・W・ブッシュにより「大規模戦闘終結宣言」が出たが、アメリカが指摘した大量破壊兵器の発見に至らず、さらにイラク国内の治安悪化が問題となり、戦闘は続行した。2010年8月31日にバラク・オバマにより改めて「戦闘終結宣言」と『イラクの自由作戦』の終了が宣言され、翌日から米軍撤退後のイラク単独での治安維持に向けた『新しい夜明け作戦』が始まった。 そして2011年12月14日、米軍の完全撤収によってバラク・オバマが、イラク戦争の終結を正式に宣言した。.

新しい!!: フランスとイラク戦争 · 続きを見る »

イル=ド=フランス地域圏

イル=ド=フランスのロゴ イル=ド=フランス地域圏(Île-de-France イルドフラーンス)は、フランスの首都パリを中心とした地域圏。海には面しておらずオー=ド=フランス地域圏、ブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏、サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏、ノルマンディー地域圏と接する。首府はパリ。セーヌ=エ=マルヌ県、イヴリーヌ県、エソンヌ県、オー=ド=セーヌ県、セーヌ=サン=ドニ県、ヴァル=ド=マルヌ県、ヴァル=ドワーズ県に分割されている。イル=ド=フランスはフランス語で「フランスの島」という意味を持つ。 フランス総人口約6600万人の約18%が集中している。 1961年にパリ地域圏として作られたものが1972年に「イル=ド=フランス」に改名された。しかしフランスの人々は2000年になっても未だに旧称で呼ぶことが多い。 経済的には世界で最も裕福な地域の一つであり、GDP は 2006年の統計で5千億ユーロ(7880億ドル相当)を超え、総人口では僅かにイル=ド=フランス地域圏より多いオランダ一国を上回っている。.

新しい!!: フランスとイル=ド=フランス地域圏 · 続きを見る »

インディアン

インディアン(Indian)は、アメリカ先住民(ネイティブ・アメリカン)の大半を占める主要グループの一般的な呼称。スペイン語・ポルトガル語ではインディオ(indio)。インディアンとインディオともにインド人に由来するが、日本語では、メキシコ以北の諸民族をインディアン、ラテンアメリカの諸民族をインディオと呼び分けることが多い。.

新しい!!: フランスとインディアン · 続きを見る »

インディオ

ブラジルの'''インディオ'''(1820年頃画) インディオはラテンアメリカの先住民族の総称の一つ。先史時代には陸橋となっていたベーリング海峡を通ってユーラシア大陸からアメリカ大陸に渡ったアジア系人種(モンゴロイド)の末裔と考えられる。.

新しい!!: フランスとインディオ · 続きを見る »

インドネシア独立戦争

インドネシア独立戦争(インドネシアどくりつせんそう)は、日本が第二次世界大戦で連合国へ降伏した後の旧オランダ領東インドで、独立を宣言したインドネシア共和国と、これを認めず再植民地化に乗り出したオランダとの間で発生した戦争(独立戦争)。1945年から1949年までの4年5ヶ月にわたる戦争で、80万人が犠牲になった。 より狭義には、1947年7月21日と1948年12月19日の2度にわたって、オランダ軍がインドネシア共和国に軍事侵攻した結果生じた大規模な軍事衝突を指し、オランダ側ではこの自国の軍事行動を「警察行動」(Politionele acties)と呼称している。しかし一般的には、インドネシア共和国とオランダ軍との軍事衝突だけでなく、東インドに進駐したイギリス軍とインドネシアの武装組織との武力衝突、インドネシア共和国内での反乱事件や政治闘争、そして軍事衝突とほぼ並行して進められたオランダや国際連合との外交交渉など、インドネシアの独立へ向けての一連の政治過程を総称して「インドネシア独立戦争」という。 また、植民地時代や日本軍政期には旧東インド領の各地で、伝統的な領主層や貴族層が為政者によって特権を保護されてきたが、独立宣言後にインドネシア人の急進的な青年層や武装勢力によって、これらの者の地位や特権を剥奪する社会革命の動きがみられた。こうした動きも含めて、一連の事象を「インドネシア(八月)革命」ともいう。 結果的に、インドネシアは武力闘争と外交交渉によって独立を達成し、1949年12月にインドネシア連邦共和国が成立し、さらに連邦構成国がインドネシア共和国に合流して、1950年8月15日に単一のインドネシア共和国が誕生した。現在も同日を記念して祝祭日としており、ジャカルタを中心に祝賀される。.

新しい!!: フランスとインドネシア独立戦争 · 続きを見る »

インドシナ半島

インドシナ半島(インドシナはんとう、la Péninsule indochinoise、漢字表記:印度支那半島)は、中国の南、インド亜大陸の東にある東南アジアの半島である。ベトナム語では Bán đảo Đông Dương(チュハン:半島東洋)である。.

新しい!!: フランスとインドシナ半島 · 続きを見る »

インドシナ銀行

インドシナ銀行(Banque de l'Indochine)はフランスの植民地銀行である。インドシナ銀行は1875年に創設されて、1888年の大統領デクレにより極東植民地の全域を営業圏とした。母体であるパリ割引銀行が翌1889年に清算・改組されたのをきっかけに、雲南鉄道やジブチ・エチオピア鉄道などの利回りが高い事業を独占する事業銀行へ成長した。フランスの発券銀行で唯一、インドシナ銀行は利子付当座預金を受け入れた。そこで累積したインドシナ国庫預金を輸出し、極東にフランス・ピアストル通貨圏を形成した。戦後は1974年スエズ金融に買収されてインドスエズとなり、やがてクレディ・アグリコルへ売却されて現在に至る。.

新しい!!: フランスとインドシナ銀行 · 続きを見る »

インド洋

インド洋(印度洋、インドよう、英:Indian Ocean、羅:Oceanus Indicus オーケアヌス・インディクス)は、太平洋、大西洋と並ぶ三大洋の一つである。三大洋中最も小さい。面積は約7355万平方kmである。地球表面の水の約20パーセントが含まれる。インド洋の推定水量は292131000km³である。「インド洋」の名はインドに由来する。.

新しい!!: フランスとインド洋 · 続きを見る »

イングランド

イングランド(England)は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国」(country)の一つである。人口は連合王国の83%以上、面積はグレートブリテン島の南部の約3分の2を占める。北方はスコットランドと、西方はウェールズと接する。北海、アイリッシュ海、大西洋、イギリス海峡に面している。 イングランドの名称は、ドイツ北部アンゲルン半島出身のゲルマン人の一種であるアングル人の土地を意味する「Engla-land」に由来する。イングランドは、ウェールズとともにかつてのイングランド王国を構成していた。.

新しい!!: フランスとイングランド · 続きを見る »

イングランド銀行

イングランド銀行(イングランドぎんこう、Bank of England)は、イギリスの中央銀行。正式名称は「Governor and Company of the Bank of England」である。.

新しい!!: フランスとイングランド銀行 · 続きを見る »

イヴ・モンタン

イヴ・モンタン(Yves Montand、1921年10月13日 - 1991年11月9日)はイタリア出身でフランスで活躍した俳優・シャンソン歌手。本名:イーヴォ・リーヴィ(Ivo Livi)。イヴ・モンタンという芸名は、子供の頃、戸外にいた彼を母親が階上から、「イーヴォ、モンタ!」(Ivo, monta!, イーヴォ、上がってきなさい!)と呼んでいたことにちなむという。.

新しい!!: フランスとイヴ・モンタン · 続きを見る »

イヴ・サン=ローラン

イヴ・サン.

新しい!!: フランスとイヴ・サン=ローラン · 続きを見る »

イベリア半島

イベリア半島(スペイン語・ポルトガル語・ガリシア語:Península Ibérica、カタルーニャ語:Península Ibèrica、バスク語:Iberiar penintsula)は、ヨーロッパの南西に位置する半島である。.

新しい!!: フランスとイベリア半島 · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: フランスとイギリス · 続きを見る »

イギリス帝国

イギリス帝国(イギリスていこく、British Empire)は、イギリスとその植民地・海外領土などの総称である。大英帝国(だいえいていこく)ともいう。 帝国は時代ごとの性質により、以下のように区分できる。.

新しい!!: フランスとイギリス帝国 · 続きを見る »

イギリス東インド会社

ユニオンジャックとなる イギリス東インド会社(イギリスひがしインドがいしゃ、East India Company(EIC))は、アジア貿易を目的に設立された、イギリスの勅許会社である。アジア貿易の独占権を認められ、イングランド銀行から貸付を受けながら、17世紀から19世紀半ばにかけてアジア各地の植民地経営や交易に従事した。 当初は香辛料貿易を主業務としたが、次第にインドに行政組織を構築し、徴税や通貨発行を行い、法律を作成して施行し、軍隊を保有して反乱鎮圧や他国との戦争を行う、インドの植民地統治機関へと変貌していった。セポイの乱(インド大反乱)の後、インドの統治権をイギリス王室に譲渡し、1858年に解散した。.

新しい!!: フランスとイギリス東インド会社 · 続きを見る »

イギリス海峡

イギリス海峡の衛星画像 イギリス海峡(イギリスかいきょう、English Channel, )または英仏海峡、ラ・マンシュ海峡(La Manche)は、イギリス(グレートブリテン島)とフランス(ヨーロッパ大陸)を隔てている海峡。東端はドーバー海峡を介して北海に繋がっている。1994年5月6日、ドーバー海峡間に英仏海峡トンネルが開通、高速鉄道ユーロスターの運行が開始された。 全長約562km、最も幅の広い西端の約180kmから最も狭い東端ドーバー海峡の約34kmと全体的に非常に凹凸の多い地形になっている"English Channel".

新しい!!: フランスとイギリス海峡 · 続きを見る »

イザベル・アジャーニ

イザベル・ヤスミン・アジャーニ(アジャニー)(Isabelle Yasmine Adjani, 1955年6月27日 - )は、フランスの女優。 これまでセザール賞の主演女優賞を5度受賞しており、フランス映画史上最多記録。アカデミー賞には2度ノミネートされている。2010年にレジオンドヌール勲章を、2014年に芸術文化勲章を受勲した。.

新しい!!: フランスとイザベル・アジャーニ · 続きを見る »

イスラム教

イスラム教(イスラムきょう、イスラーム教、イスラーム、和名・漢字圏名:回教)は、唯一絶対の神(アラビア語でアッラー)を信仰し、神が最後の預言者を通じて人々に下した(啓示した)とされるクルアーンの教えを信じ、従う一神教である。 ユダヤ教やチゲリスト教の影響を受けた唯一神教で、偶像崇拝猶、いわゆる『偶像崇拝』が神像を用いた礼拝と同義であるのかを巡っては、宗教や個人により大きな開きがあるを徹底的に排除し、神への奉仕を重んじ、信徒同士の相互扶助関係や一体感を重んじる点に大きな特色があるとされる。アッラーを崇拝するが、アッラーとは、もともとアラビアの多神教の神々の中の一人であったが、ムハンマドがメッカを占領すると、他の多神教の神々の像は全て破壊され、そして作ることや描くことも禁止され、その神だけを崇拝するようになった。.

新しい!!: フランスとイスラム教 · 続きを見る »

イタリア

イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA:, Repubblica Italiana)、通称イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバル(lo Stivale)と称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属する。地中海性気候が農業と歴史に大きく影響している。.

新しい!!: フランスとイタリア · 続きを見る »

イタリア半島

イタリア半島(イタリアはんとう、Penisola italiana、Paeninsula Italica)は、ヨーロッパ大陸のアルプス山脈の南側から地中海に南東に延びた形の半島。別名アペニン半島。東側をアドリア海、南側をイオニア海、西側をティレニア海に分断している。アペニン山脈が貫いていて、半島のつけ根には北のアルプス山脈と南のアペニン山脈に囲まれるようにパダーナ平原がある。 以下の国が存在する。.

新しい!!: フランスとイタリア半島 · 続きを見る »

イタリア人

イタリア人(イタリアじん、italiani)は.

新しい!!: フランスとイタリア人 · 続きを見る »

イタリア語

イタリア語(イタリアご)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語の1つで、おおよそ6千万人ほどが日常的に使用しており、そのほとんどがイタリアに住んでいる。後置修飾で、基本語順はSVO。イタリアは漢字で「伊太利亜」と表記することから、「伊太利亜語」を略記し伊語と称される。.

新しい!!: フランスとイタリア語 · 続きを見る »

イタリア戦争

イタリア戦争におけるイタリアの領土変更 イタリア戦争(イタリアせんそう、Guerre d'Italia、Guerres d'Italie)、またはイタリア大戦争(イタリアだいせんそう、Grandi Guerre d'Italia)、ハプスブルク・ヴァロワ戦争(Habsburg–Valois Wars)、ルネサンス戦争(Renaissance Wars)は、16世紀に主にハプスブルク家(神聖ローマ帝国・スペイン)とヴァロワ家(フランス)がイタリアを巡って繰り広げた戦争である。教皇領、、ヴェネツィア共和国、西ヨーロッパのほとんどの国(イングランド、スコットランド、前出のフランス、スペイン、神聖ローマ帝国)も参戦した。戦争の期間は、本項では1494年から1559年としてはいるが、戦争の期間や区分けは諸説あり、必ずしも一定しているわけではない。 ミラノ公国とナポリ王国の継承争いから始めたこの戦争は、やがて諸国を巻き込み、権力と領土を争うための戦争となり、数々の同盟、対抗同盟、裏切りが行われた。.

新しい!!: フランスとイタリア戦争 · 続きを見る »

ウマイヤ朝

ウマイヤ朝(ウマイヤちょう 、、Banu Umayya)は、イスラム史上最初の世襲イスラム王朝(661年 - 750年)。.

新しい!!: フランスとウマイヤ朝 · 続きを見る »

ウッドロウ・ウィルソン

トーマス・ウッドロウ・ウィルソン(Thomas Woodrow Wilson, 1856年12月28日 - 1924年2月3日)は、アメリカ合衆国の政治家、政治学者であり、第28代アメリカ合衆国大統領である。アンドリュー・ジャクソンの次にホワイトハウスで連続2期を務めた2人目の民主党大統領である。.

新しい!!: フランスとウッドロウ・ウィルソン · 続きを見る »

ウィーン楽派

ウィーン楽派( -がくは Wiener Schule First Viennese School)は、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンに代表される、18世紀後半~19世紀初頭にウィーンで活躍した古典派音楽の作曲家達のことを指す。日本においては、ドイツ語のWiener Klassikに由来するウィーン古典派という言い方がより一般的であり、「ウィーン楽派」という言い方は新ウィーン楽派(Zweite Wiener Schule又はNeue Wiener Schule)との対比の観点から用いられる場合がある。 Category:音楽のムーブメント Category:ウィーンの音楽.

新しい!!: フランスとウィーン楽派 · 続きを見る »

ウィキリークス

ウィキリークス (WikiLeaks、略記する場合はWL〔.

新しい!!: フランスとウィキリークス · 続きを見る »

ウェルキンゲトリクス

ウェルキンゲトリクスの像(フレデリク・バルトルディ作、クレルモン=フェラン、中央広場) ウェルキンゲトリクス(Vercingétorix 、紀元前72年 - 紀元前46年)は、ガリア(現在のフランス)に住むケルト人(ガリア人)の一部族であるアルウェルニ族の出身で、古代ローマのガリア侵略に対して抵抗した人物である。フランス最初の英雄と称される。ヴェルキンゲトリクス、ヴェルチンジェトリクス、ヴェルサンジェトリクス(フランス語読み仮名転写)とも表記される。.

新しい!!: フランスとウェルキンゲトリクス · 続きを見る »

ウォール・ストリート・ジャーナル

ウォール・ストリート・ジャーナル(The Wall Street Journal, WSJ)は、ニューズ・コーポレーションの子会社であるダウ・ジョーンズ社が発行する国際的な影響力を持つ日刊経済新聞である。アメリカ版、アジア版、ヨーロッパ版(英語)の他、日本語版や中国語版のオンライン版が発行されている。.

新しい!!: フランスとウォール・ストリート・ジャーナル · 続きを見る »

ウジェーヌ・ドラクロワ

フェルディナン・ヴィクトール・ウジェーヌ・ドラクロワ (1798年4月26日 - 1863年8月13日) は、フランスの19世紀ロマン主義を代表する画家。「ドラクロワ」は「ドラクロア」とも表記する。.

新しい!!: フランスとウジェーヌ・ドラクロワ · 続きを見る »

エマニュエル・マクロン

マニュエル・ジャン=ミシェル・フレデリック・マクロン(, 1977年12月21日 - )は、フランスの政治家。第25代フランス大統領(第五共和政)、アンドラ公国共同大公。.

新しい!!: フランスとエマニュエル・マクロン · 続きを見る »

エマニュエル・レヴィナス

マニュエル・レヴィナス(Emmanuel Lévinas、1906年1月12日 - 1995年12月25日)は、フランスの哲学者。独自の倫理学、エトムント・フッサールやマルティン・ハイデッガーの現象学に関する研究の他、タルムードの研究などでも知られる。ロシア帝国、現リトアニア、カウナス出身のユダヤ人。リトアニア語名はEmanuelis Levinas(エマヌエリス・レヴィナス)。フランス語ではレヴィナともレヴィナスとも発音する。.

新しい!!: フランスとエマニュエル・レヴィナス · 続きを見る »

エメ・セゼール

メ・フェルナン・ダヴィッド・セゼール (Aimé Fernand David Césaire, 1913年6月26日 - 2008年4月17日) はフランス/マルティニークの詩人、評論家、劇作家、そして政治家である。代表作は『帰郷ノート』、『植民地主義論』である。ネグリチュード(黒人性)運動を牽引し、植民地主義を批判した。.

新しい!!: フランスとエメ・セゼール · 続きを見る »

エリート

リート(élite)は、社会の中で優秀とされ指導的な役割を持つ人間や集団のこと。選良(せんりょう)とも訳される。.

新しい!!: フランスとエリート · 続きを見る »

エリザベート・ド・ヴァロワ

リザベート・ド・ヴァロワまたはエリザベート・ド・フランス (フランス語:Élisabeth de FranceまたはÉlisabeth de Valois、1545年4月2日 - 1568年10月3日)は、スペイン王フェリペ2世の3度目の王妃。スペイン語名はイサベル・デ・バロイス(Isabel de Valois)。.

新しい!!: フランスとエリザベート・ド・ヴァロワ · 続きを見る »

エルネスト・ルナン

ョゼフ・エルネスト・ルナン(Joseph Ernest Renan、1823年2月28日コート=ダルモール県トレギエ - 1892年10月12日パリ)は、フランスの宗教史家、思想家。近代合理主義的な観点によって書かれたイエス・キリストの伝記『イエス伝』の著者。.

新しい!!: フランスとエルネスト・ルナン · 続きを見る »

エルメス

利園店(香港・銅鑼湾) エルメスそごう千葉店のショーウィンドウ エルメス(Hermès)とは、フランスの株式合資会社 エルメス・アンテルナショナル社 が展開するファッションブランドないし商標である。フランス語において、人名が由来なので語尾のsは発音される。.

新しい!!: フランスとエルメス · 続きを見る »

エンジー

ンジー(Engie)は、フランスに基盤を置く電気事業者・ガス事業者で、電力・ガスの供給で世界2位の売上高を持つ。2008年7月22日、フランスガス公社_(GDF)とスエズの合併により、GDFスエズの社名で成立した。GDFスエズはスエズから分離して設立されたスエズ・エンバイロメントの株式を約35%保有していた。2015年4月24日に現在の社名への変更を発表した。エンジーはユーロネクストに上場しており、CAC 40並びにBEL20の構成銘柄である。.

新しい!!: フランスとエンジー · 続きを見る »

エールフランス

ールフランス(Air France)は、フランスの航空会社。ヨーロッパでは1位、世界では4位の規模である。.

新しい!!: フランスとエールフランス · 続きを見る »

エディット・ピアフ

ディット・ピアフ(Édith Piaf, 1915年12月19日 - 1963年10月11日)は、フランスのシャンソン歌手。 フランスで最も愛されている歌手の一人であり、国民的象徴であった。彼女の音楽は傷心的な声を伴った痛切なバラードであり、その悲劇的な生涯を反映していたのが特徴であった。有名な曲としては「ばら色の人生 La vie en rose」(1946年)、「愛の讃歌 Hymne à l'amour」 (1949年)、「ミロール Milord」 (1959年)、「水に流して Non, je ne regrette rien」 (1960年)などがある。.

新しい!!: フランスとエディット・ピアフ · 続きを見る »

エドゥアルド・ガレアーノ

ドゥアルド・ウヘス・ガレアーノ(Eduardo Hughes Galeano, 1940年9月3日 - 2015年4月13日)は、ウルグアイ人のジャーナリストであり、彼の著書は多くの言語に翻訳されている。彼の作品は正統なジャンル区分を超越し、ドキュメンタリー、フィクション、ジャーナリズム、政治分析、そして歴史を結び付けている。ガレアーノ自身は自身が歴史家であることを「私は忘れないことに取り付かれた、そう、とりわけアメリカの過去、特に記憶喪失を運命付けられた愛する大地、ラテンアメリカを忘れないことに取り付かれた作家だ」として否定している。.

新しい!!: フランスとエドゥアルド・ガレアーノ · 続きを見る »

エドゥアール・マネ

ドゥアール・マネ(Édouard Manet, 1832年1月23日 - 1883年4月30日)は、19世紀のフランスの画家。.

新しい!!: フランスとエドゥアール・マネ · 続きを見る »

エドゥアール・フィリップ

ドゥアール・シャルル・フィリップ (Édouard Charles Philippe)は、フランスの政治家。現在、同国首相。2010年よりル・アーヴル市長、2012年より国民議会議員。.

新しい!!: フランスとエドゥアール・フィリップ · 続きを見る »

エドゥアール・グリッサン

ドゥアール・グリッサン(Édouard Glissant、1928年9月21日-2011年2月3日)は、カリブ海のフランス領マルティニーク出身の作家、詩人、文芸評論家。彼は、多くの人達から、カリブ人の思想と文化を考える際に最も影響力の大きい存在だと考えられている。.

新しい!!: フランスとエドゥアール・グリッサン · 続きを見る »

エアバス

アバス(Airbus SE )は、ヨーロッパ(欧州連合の内の4カ国)の航空宇宙機器開発製造会社。設立当初の事業体の名称はエアバス・インダストリー G.I.E.(G.I.E. Airbus industrie)であったが、2001年に法人化されて現社名に変更された。民間航空機メーカーとしてのエアバスは、2000年以降親会社の航空防衛企業であるエアバス・グループの子会社として位置づけられていたが、2017年1月に両社が合併、存続会社名をエアバスとすることで、この関係を解消した。本社はフランス・トゥールーズ。 2017年3月1日、経済産業省はエアバスと日本企業の連携を強化する覚書をフランス政府と締結した 。.

新しい!!: フランスとエアバス · 続きを見る »

エアバスA318

アバスA318(Airbus A318)は、エアバスA320ファミリーの短胴型旅客機で、エアバス社の機体の中ではもっとも胴体が短い。日本を含むアジアの航空会社では運航されていない。.

新しい!!: フランスとエアバスA318 · 続きを見る »

エアバス・グループ

アバス・グループ(Airbus Group SE)は、2000年7月から2017年1月まで、ヨーロッパの大手航空・宇宙企業であり、民間航空機メーカーであるエアバスの100%親会社であった。2017年1月にエアバス・グループは子会社のエアバスと合併、存続会社の社名はエアバスとなったため、社名としては消滅しているが、コーポレートサイトでは民間航空機製造部門と区別する意味でエアバス・グループの名称も併用されている。企業としてのエアバス・グループの法的所在地はオランダのライデンであったが、メインオフィスはフランス南部のブラニャックにあった。.

新しい!!: フランスとエアバス・グループ · 続きを見る »

エクス=マルセイユ大学

=マルセイユ大学(Université d'Aix-Marseille)は、2012年に創設された南フランスの公立大学。 (プロヴァンス大学)、(地中海大学)と(ポール・セザンヌ大学)の合併により設けられた。歴史的には、1409年、プロヴァンス伯でもあったルイ2世・ダンジューによって設立されたエックス大学に始まる。 現在、約7万人の学生を擁し、フランスおよびフランス語圏の最大大学であるとされる。キャンパスの大部分はマルセイユとエクス=アン=プロヴァンスにあるが、本部はマルセイユのファロ宮殿にある。.

新しい!!: フランスとエクス=マルセイユ大学 · 続きを見る »

エコール・ポリテクニーク

ール・ポリテクニーク(École polytechnique、通称X)は、パリ市近郊パレゾーに位置するフランスの公立高等教育・研究機関。グランゼコールのひとつであり、4年の課程でIngénieur Polytechnicien の理工系学位を付与する。学生やディプロム授与者はポリテクニシャン(polytechnicien)と呼ばれる。学生の多くは、予備大学で2年間の数学と物理を学んだ後、または理学士(Bachelor of Science)を取得したのちに、本校を受験することとなる。 1794年のフランス革命中に、数学者ラザール・カルノーとガスパール・モンジュによって創設され、1804年にナポレオン・ボナパルトによって軍学校とされる。今日ではフランス国防省の配下にある。 ParisTechの設立メンバーとしてパリ近郊の各高等工科系の学校とグループを結んでいる。 "ポリテクニック"の語源となった学校であり、世界中にエコール・ポリテクニークをモデルとした学校・大学が存在する。理工系エリート(テクノクラート)養成の機関であり、同校からは3名のノーベル賞受賞者、1名のフィールズ賞受賞者、3名のフランス大統領、複数の企業CEOを輩出している。2015年Timesの世界大学ランキングによって、フランス国内において第一位と認定された。.

新しい!!: フランスとエコール・ポリテクニーク · 続きを見る »

エコール・サントラル

ール・セントラルは、フランスの工学・技術系エリート養成のための国立の高等教育機関で、グランゼコール(国立理工科学院連合)のひとつ。略称として"EC"とも表記される。.

新しい!!: フランスとエコール・サントラル · 続きを見る »

エジプト・シリア戦役

プト・シリア戦役(エジプト・シリアせんえき、Campagne d'Égypte et de Syrie)は、1798年から1801年まで、フランス軍がエジプト・シリアへ遠征した戦役である。単にエジプト遠征(Expédition d'Égypte)ともいう。 ナポレオン・ボナパルト率いる5万人のフランス軍が、マルタ島を経由して、エジプトのアレクサンドリア近郊に上陸した。途中ナポレオンは帰還するも、延べ約3年間に渡って、地元のマムルーク軍や諸勢力、イギリス軍、そして後に宣戦してきたエジプト・シリアを間接支配するオスマン帝国の正規軍と戦った。カイロのナポレオン.

新しい!!: フランスとエジプト・シリア戦役 · 続きを見る »

エセー

『随想録』(ずいそうろく)もしくは『エセー』(Les Essais)は、フランスのモラリスト、ミシェル・ド・モンテーニュが107の随筆を集めて1580年に刊行した書物である。モンテーニュは随筆(エッセイ、エセー)という、特定の話題に関する主観的な短い文章の形式を発明したのであり、この書物はそのエセーを収めている。人間のあらゆる営為を断続的な文章で省察することによりモンテーニュは人間そのものを率直に記述しようとし、モラリスト文学の伝統を開いた。フランス語のessaiは「試み」や「企て」という意味である。.

新しい!!: フランスとエセー · 続きを見る »

オノレ・ド・バルザック

ノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac, 1799年5月20日 - 1850年8月18日)は、19世紀のフランスを代表する小説家。なおド・バルザックの「ド」は、貴族を気取った自称である。 イギリスの作家サマセット・モームは、『世界の十大小説』のなかで、バルザックを「確実に天才とよぶにふさわしい人物」と述べている。バルザックは90篇の長編・短編からなる小説群『人間喜劇』を執筆した。これは19世紀ロシア文学(ドストエフスキー、レフ・トルストイ)のさきがけとなった写実的小説群である。 『レ・ミゼラブル』で著名なヴィクトル・ユーゴーや、アレクサンドル・デュマの親友でもある。.

新しい!!: フランスとオノレ・ド・バルザック · 続きを見る »

オランプ・ド・グージュ

ランプ・ド・グージュ(Olympe de Gouges、1748年5月7日 - 1793年11月3日)は、フランスの劇作家、女優で、フェミニズム運動の世界的な先駆者である。本名はマリー・グーズで、オランプ・ド・グージュはペンネーム。 フランス革命においてはすべての女権論者は過激論者と見なされたが、彼女はその他の主張では政治思想的には穏健で、立憲君主主義者であったと見なされている。フランス革命における女性の権利の不在を糾弾し、共和主義者に近い立場を取りつつもルイ16世の処刑に反対した。.

新しい!!: フランスとオランプ・ド・グージュ · 続きを見る »

オランダ

ランダ(Nederland 、; Nederlân; Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。.

新しい!!: フランスとオランダ · 続きを見る »

オランダ語

ヨーロッパにおける低地フランク語の分布 オランダ語(オランダご、Nederlands )は、インド・ヨーロッパ語族の西ゲルマン語群に属し、オランダおよびベルギー北部を中心に2300万人以上が使っている言語。ベルギー方言はフラマン語と言うことがある。 日本語では現在は主にオランダ語と言うが、江戸時代には蘭語(らんご)とも呼ばれ、今でも蘭(らん)という略称が広く使われている。.

新しい!!: フランスとオランダ語 · 続きを見る »

オリンピックのバスケットボール競技

バスケットボール 夏季オリンピック大会におけるバスケットボール競技(―きょうぎ)は、国際バスケットボール連盟が管轄する主要競技会の一つである。 男子競技と女子競技が行われており、そのうち男子については1936年ベルリンオリンピックから正式種目となり、毎大会実施されており、又、女子についてはモントリオールオリンピックから実施されているものである。なお、1904年セントルイスオリンピックでは非公式扱いであるが、公開競技として行われた。1992年バルセロナオリンピック以降、米国がNBAのスター選手によるドリームチームを結成し、より注目を集めているが、2004年アテネオリンピックではドリームチーム結成後初めて金メダルを逃した。.

新しい!!: フランスとオリンピックのバスケットボール競技 · 続きを見る »

オリンピック・マルセイユ

ランピック・ドゥ・マルセイユ(Olympique de Marseille)は、フランス・マルセイユに本拠地を置くサッカークラブチーム。英語読みのオリンピック・マルセイユとも呼ばれる。.

新しい!!: フランスとオリンピック・マルセイユ · 続きを見る »

オーバーニュ

ーバーニュ(Aubagne)は、南フランスのプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏ブーシュ=デュ=ローヌ県の都市(コミューン)。オバーニュ、オーバニュとも表記される。人口においては、県第5位のコミューン。.

新しい!!: フランスとオーバーニュ · 続きを見る »

オートクチュール

モデル オートクチュール(haute couture)とは、パリ・クチュール組合(、ラ・シャンブル・サンディカル・ド・ラ・クチュール・パリジェンヌ、通称サンディカ)加盟店で注文により縫製されるオーダーメイド一点物の高級服やその店のこと。 フランス語で (オート)は「高い」「高級」を意味する形容詞 (オー)の女性形、 (クチュール。女性名詞)は「縫製」「仕立て服」のことで、高級仕立服を意味する。 イタリアのローマでも高級仕立服のファッションウィークが有り、日本ではローマオートクチュールコレクションと呼ばれる事があるが、イタリア語ではアルタモーダ()と呼ぶ。 オートクチュールはサンディカ所属の加盟店のみであり、日本国内でサンディカに所属せずにオートクチュールと名のるのは仮縫いや手縫いなど製造工程にオートクチュールの手法を取り入れているだけである。 パリオートクチュールコレクション(本来はファッションウィークと言う)の時期にはファッション関係者がパリに集まるのをビジネスチャンスととらえ、サンディカ以外のファッションショーも行われ商談が行われるが、サンディカをin、 サンディカ以外をoffと区別されている。.

新しい!!: フランスとオートクチュール · 続きを見る »

オーギュスト・コント

ーギュスト・コント(Isidore Auguste Marie François Xavier Comte、1798年1月19日 - 1857年9月5日)は、フランスの社会学者、哲学者、数学者、総合科学者。1817年からアンリ・ド・サン=シモンの教えをうけ、助手を務めたこともあったが、1824年にけんか別れした。1841年から1847年までジョン・スチュアート・ミルと親交があった。「社会学」という名称を創始し、彼の影響を受けた英国のハーバート・スペンサーと並んで社会学の祖として知られる。『社会再組織に必要な科学的作業のプラン』、『実証哲学講義』、『通俗天文学の哲学的汎論』、『実証精神論』などの著作がある。生涯を在野の学者として過ごし、パリで死去した。.

新しい!!: フランスとオーギュスト・コント · 続きを見る »

オーストラリア

ーストラリア連邦(オーストラリアれんぽう、Commonwealth of Australia)、またはオーストラリア(Australia)は、オーストラリア大陸本土、タスマニア島及び多数の小島から成りオセアニアに属する国。南方の南極大陸とは7,877km離れている。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。日本での略称は「豪州」である。.

新しい!!: フランスとオーストラリア · 続きを見る »

オーストリア

ーストリア共和国(オーストリアきょうわこく、、バイエルン語: )、通称オーストリアは、ヨーロッパの連邦共和制国家。首都は音楽の都といわれたウィーン。 ドイツの南方、中部ヨーロッパの内陸に位置し、西側はリヒテンシュタイン、スイスと、南はイタリアとスロベニア、東はハンガリーとスロバキア、北はドイツとチェコと隣接する。基本的には中欧とされるが、歴史的には西欧や東欧に分類されたこともある。.

新しい!!: フランスとオーストリア · 続きを見る »

オーストリア帝国

ーストリア帝国(オーストリアていこく、Kaisertum Österreich)は、1804年の成立から1867年のオーストリア=ハンガリー帝国への改組まで、オーストリアのハプスブルク=ロートリンゲン家(以下、単に「ハプスブルク家」と呼ぶ)がオーストリア皇帝として支配した多民族国家。 前身の、オーストリア大公国やボヘミア王国・ハンガリー王国などの同君連合国家群だった時代と、オーストリア帝国、オーストリア=ハンガリー帝国の時代とをあわせて、ハプスブルク帝国と総称される。 厳密には第一次世界大戦敗戦までオーストリア帝国は存続しているが、本記事ではアウスグライヒまでを扱う。.

新しい!!: フランスとオーストリア帝国 · 続きを見る »

オー=ド=フランス地域圏

ー=ド=フランス (Hauts-de-France)は、フランスの地域圏。.

新しい!!: フランスとオー=ド=フランス地域圏 · 続きを見る »

オック語

ック語(l'occitan または lenga d'òc)は、ロマンス語の一つで、フランスの南部、正確にはロワール川以南から、現在のローヌ=アルプ地域圏一帯、バスク語圏、カタルーニャ語圏を除いた地域で話されている諸言語の総称である。フランス以外にもイタリアのピエモンテ州の一部で話されている。スペインのカタルーニャ州アラン谷でもオック語の一つであるガスコーニュ語の方言アラン語が話されていて、2010年にカタルーニャ州の公用語の一つに認められた。 政治的な理由からフランス語(オイル語から派生した)の方言とされてきたが、スペイン語、イタリア語、フランス語同様、俗ラテン語から派生したロマンス語の一つである。ガロ・ロマンス系のフランス語(オイル語)よりむしろイベロ・ロマンス系のカタルーニャ語に近い。 オック語を第一言語とする話者は、789,000人であろうとされているFabrice BERNISSAN (2012).

新しい!!: フランスとオック語 · 続きを見る »

オフショア市場

フショア市場とは、ユーロカレンシーとユーロ債を取り扱う国際銀行業を誘致するため、金融規制を緩和または撤廃し、税その他の課金を減免する地域である。単なるタックス・ヘイヴンではなくて国際金融市場である。.

新しい!!: フランスとオフショア市場 · 続きを見る »

オイルショック

イル・ショック(和製英語: + )とは、1973年(第1次)と1979年(第2次)に始まった(ピークは1980年)、原油の供給逼迫および原油価格高騰と、それによる世界の経済混乱である。石油危機(せきゆきき、oil crisis)または石油ショックとも称される。OPEC諸国の国際収支黒字は1973年には10億ドルであったが、1974年には約700億ドルに急増。一方、発展途上国向けの民間銀行貸し付け額は1970年の30億ドルから1980年の250億ドルに跳ね上がったMorris Miller, Resolving the Global Debt Crisis 国連 1989年 p.50.

新しい!!: フランスとオイルショック · 続きを見る »

オオムギ

ムギ(大麦、学名 )はイネ科の穀物。中央アジア原産で、世界でもっとも古くから栽培されていた作物の一つである。小麦よりも低温や乾燥に強いため、ライ麦と共に小麦の生産が困難な地方において多く栽培される。.

新しい!!: フランスとオオムギ · 続きを見る »

オクシタニー地域圏

タニー(Occitanie)は、フランスの地域圏。.

新しい!!: フランスとオクシタニー地域圏 · 続きを見る »

オクシタニア

タニア(Occitània)は、南フランスを中心とした一帯のうちオック語が話される地域の名称で、フランス部分で採られた調査では住民のおよそ40%がオック語を母語としている。文献には1290年にPatria Linguae Occitanaeとして初出するがオック語自体は13世紀後半にダンテがLingua d'òc(「はい」をòcと言う言語)について言及するなど以前から知られていたようである。.

新しい!!: フランスとオクシタニア · 続きを見る »

オスマン帝国

マン帝国(オスマンていこく、)は、テュルク系(後のトルコ人)のオスマン家出身の君主(皇帝)を戴く多民族帝国。英語圏ではオットマン帝国 (Ottoman Empire) と表記される。15世紀には東ローマ帝国を滅ぼしてその首都であったコンスタンティノポリスを征服、この都市を自らの首都とした(オスマン帝国の首都となったこの都市は、やがてイスタンブールと通称されるようになる)。17世紀の最大版図は、東西はアゼルバイジャンからモロッコに至り、南北はイエメンからウクライナ、ハンガリー、チェコスロバキアに至る広大な領域に及んだ。.

新しい!!: フランスとオスマン帝国 · 続きを見る »

オスマン債務管理局

マン債務管理局(オスマンさいむかんりきょく、トルコ語:Düyun-u Umumiye-i Osmaniye Varidat-ı Muhassasa İdaresi、Ottoman Public Debt Administration、OPDA)は、六間接税などの抵当財源を確保してオスマン帝国の対外債務返済を促す機関。1881年、ムハレム勅令(Decree of Muharram, 1299 AH)により債務整理をした上でイスタンブールに設立された。.

新しい!!: フランスとオスマン債務管理局 · 続きを見る »

オセアニア

アニア()は、六大州の一つ。大洋州(たいようしゅう)。 一般的な解釈では、オーストラリア大陸、ニュージーランドを含むポリネシア、ニューギニアを含むメラネシア、そしてミクロネシア全体を指す。狭義にはオーストラリア大陸を含めない。また、最も広く解釈すると太平洋上の陸地のすべてを指して使われる『ブリタニカ国際大百科事典』 ティビーエス・ブリタニカ 出版、3巻、398ページ。すなわち、この解釈では日本、台湾、フィリピン、インドネシアおよび、ハワイ州、ガラパゴス諸島、イースター島、アリューシャン列島まで含まれるが、一般的ではない。 六大州中最小の州であり、その小さな陸地面積のうちオーストラリア大陸が86%を占め、さらに島々の中で最も大きなニューギニア島とニュージーランドを含めると98%にもなる。残りは、太平洋の中に点在する小さな島々であり、それがオセアニア(大洋の州)との州名の由来にもなった。これらの諸島は陸地面積こそ小さいものの、マレー・ポリネシア系民族が独特の航海術によって隅々まで植民しており、独自の海洋文明を築いていた。ここでは広義のオセアニアを扱う。オセアニアの人口は約3567万人である。.

新しい!!: フランスとオセアニア · 続きを見る »

カペー家

ペー家(Capétiens)は、フランスのパリ周辺、イル=ド=フランスに起源を持つ王家。2人の西フランク王を出したロベール家の後身である。家名は始祖のユーグ・カペーに由来するが、カペー(capet)とは短い外套(ケープ)のことで、元はユーグに付けられたあだ名であった。 カペー家はフランス王家となった他、その分家から他の多くのヨーロッパ諸国の君主の家系が出ている。ここではカペー家及びその分家について解説する。.

新しい!!: フランスとカペー家 · 続きを見る »

カペー朝

ペー朝の紋章 カペー朝(カペーちょう、dynastie des Capétiens)は、中世フランス王国の王朝。987年から1328年まで続いた。 西フランク王国のカロリング朝の姻戚関係にあり、カロリング朝が断絶したあと、987年に西フランク王ロベール1世(ロベール朝)の孫にあたるパリ伯ユーグ・カペーがフランス王に選ばれて成立した。成立当初は権力基盤が非常に弱くパリ周辺を抑えるのみであったが、フィリップ2世やフィリップ4世の時代に王権を拡大させイングランドやローマ教皇の勢力に対しても優位に立った。1328年まで14代の王が続き、また後のヴァロワ朝やブルボン朝、オルレアン朝に至るまでフランスの歴代の王朝はみなカペー家の分族から出た。現在のスペイン王家(スペイン・ブルボン家)の祖先であり、現在のルクセンブルク大公家も男系ではカペー家の流れをくむ。.

新しい!!: フランスとカペー朝 · 続きを見る »

カミーユ・サン=サーンス

ャルル・カミーユ・サン=サーンス(, 1835年10月9日 - 1921年12月16日)は、フランスの作曲家、ピアニスト、オルガニスト。.

新しい!!: フランスとカミーユ・サン=サーンス · 続きを見る »

カリブ海

リブ海(青)とカリブ諸島(緑) カリブ(イギリス領バージン諸島)の海岸 カリブ海(カリブかい、英語:Caribbean Sea、スペイン語:Mar Caribe、フランス語:mer des Caraïbes)は、メキシコ湾の南、大西洋に隣接する水域である。南はベネズエラ、コロンビアといった南アメリカ大陸やパナマに、西は北アメリカ大陸に属するコスタリカ、ニカラグア、ホンジュラス、グアテマラ、ベリーズ、そしてメキシコのユカタン半島に、北はキューバ、イスパニョーラ島のハイチとドミニカ共和国、ジャマイカ、プエルトリコといった大アンティル諸島に、東は小アンティル諸島に接している。.

新しい!!: フランスとカリブ海 · 続きを見る »

カリウム

リウム(Kalium 、)は原子番号 19 の元素で、元素記号は K である。原子量は 39.10。アルカリ金属に属す典型元素である。医学・薬学や栄養学などの分野では英語のポタシウム (Potassium) が使われることもある。和名では、かつて加里(カリ)または剥荅叟母(ぽたしうむ)という当て字が用いられた。 カリウムの単体金属は激しい反応性を持つ。電子を1個失って陽イオン K になりやすく、自然界ではその形でのみ存在する。地殻中では2.6%を占める7番目に存在量の多い元素であり、花崗岩やカーナライトなどの鉱石に含まれる。塩化カリウムの形で採取され、そのままあるいは各種の加工を経て別の化合物として、肥料、食品添加物、火薬などさまざまな用途に使われる。 生物にとっての必須元素であり、神経伝達で重要な役割を果たす。人体では8番目もしくは9番目に多く含まれる。植物の生育にも欠かせないため、肥料3要素の一つに数えられる。.

新しい!!: フランスとカリウム · 続きを見る »

カルロス・ゴーン

ルロス・ゴーン(Carlos Ghosn、1954年3月9日 - )は、フランスの自動車会社ルノーの取締役会長兼CEO(PDG)にして、日産自動車の会長、三菱自動車工業の会長。またルノーと日産は、2010年以降全世界自動車市場の約10%のシェアを保っているが、ゴーンは両社の株式の相互保有を含む戦略的パートナーシップを統括する「ルノー・日産アライアンス」の社長兼最高経営責任者(CEO)をも兼務する。.

新しい!!: フランスとカルロス・ゴーン · 続きを見る »

カルパチア盆地

ルパチア盆地の地形図に現在の国境を入れた図 東から北に屈曲するカルパチア山脈、西にアルプス山脈、南にディナル・アルプス山脈 カルパチア盆地(カルパチアぼんち)は、カルパチア山脈・アルプス山脈・ディナル・アルプス山脈の尾根に囲まれた、中央ヨーロッパに存在する盆地である。ドナウ川中流域のほとんどを含む。 ハンガリー語では Kárpát-medence (カールパート・メデンツェ)、ドイツ語ではKarpaten­becken (カルパーテンベッケン)、スロヴァキア語ではKarpatská kotlina (カルパトスカー・コトリナ)、ルーマニア語ではBazinul Carpați (バジヌル・カルパツィ)、英語ではCarpathian Basin (カーペイシャン・ベイスン)と呼ばれる。 現在のハンガリーとスロヴァキアの全領域とオーストリア、 ボスニア・ヘルツェゴビナ、チェコ、クロアチア、ルーマニア、セルビア、スロヴェニア、ウクライナの一部を含む。 1920年のトリアノン条約によるハンガリー王国解体までは、ほぼハンガリー王国の領域と重なっていたためハンガリーではハンガリーから領土の割譲を受けた継承国を刺激しないために専ら「歴史的ハンガリー」(történelmi Magyarország)、すなわち旧「ハンガリー王国」(Magyar Királyság)、「ハンガリー聖冠諸邦」(A Magyar Szent Korona Országai)、「大ハンガリー」(Nagy-Magyarország) の版図を指す場合の婉曲用法として使われることが多い。 トリアノン講和条約) カルパチア盆地は北部と東部が山岳地帯であり、中央部がハンガリー大平原、西部が丘陵地帯のドゥナーントゥール地方(古代ローマのパンノニア皇帝属州)である。専らこの平原部分に注目したパンノニア平原(パンノニアへいげん)という呼称も用いられることがある。ドイツ語ではPannonische Tiefebeneまたは、Pannonisches Becken、スロヴァキア語ではPanónska panvaまたはPanónska nížina、ルーマニア語ではCâmpia Panonică、英語ではPannonian Plain と言う。ただし、パンノニアという地域名は現在のハンガリーのドナウ川西岸、すなわちドゥナーントゥール地方の古称であり、実際のカルパチア盆地の西南部、全体の4分の1程度の地域しか指していないため、カルパチア盆地全体の別称としては不適切だとの考え方もある。 約1000万年前から約60万年前まではパンノニア海と呼ばれる浅海を形成しており、地盤は厚い海底堆積物の層である。 ファイル:Mala fatra2.jpg|小ファトラ山地 (ファトラ・タトラ山地)のヴラートナ渓谷 (Vrátna dolina) ファイル:Hortobágyi pusztaság.jpg|ホルトバージのプスタ(ティサーントゥール地方) |セーケイ地方の風景(ブラショヴ盆地).

新しい!!: フランスとカルパチア盆地 · 続きを見る »

カルテル

ルテル(Kartell)または企業連合(きぎょうれんごう)は、企業・事業者が独占目的で行う、価格・生産計画・販売地域等の協定である。特に官公庁などが行う売買・請負契約などの入札制度における事前協定は談合という。 200家族の支配したフランスでは独占に明確な協定を要せず、以心伝心的な協調、つまりアンタントが行われた。 シャーマン法第1条はシンジケートや紳士協定もカルテルとみなすことがある。同法がウェッブ・ポメリン法により修正を受けた結果、1904年にできた板ガラスカルテルに米輸出組合が参加してしまった。 この記事では生産活動に関する本来のカルテルについて説明する。なお、俗に甲州選挙のような事前申し合わせのある選挙戦も比喩的にカルテルと呼ぶ。麻薬カルテルも通謀に着目してカルテルと呼んでいる。.

新しい!!: フランスとカルテル · 続きを見る »

カルフール

ルフール(Carrefour S.A.)は、フランス・パリ近郊ブローニュ=ビヤンクールにグループ本社を置き、世界各地にスーパーマーケットチェーンを展開する小売企業。取締役会長(PCA)はアモウリ・ド・ソズ、代表執行役(DG)はラー・オロフソン。スーパーマーケット本社はマシーにある。「カルフール」とは、フランス語で交差点を意味する。 店内にはオートウォークと呼ばれるスロープ方式(階段式でない)のエスカレーターがあり、インラインスケートを履く案内係がいる。.

新しい!!: フランスとカルフール · 続きを見る »

カルタゴ

ルタゴ(Carthāgō または Karthāgō カルターゴー、قرطاج Qarṭāj、Carthage)は、現在のチュニジア共和国の首都チュニスに程近い湖であるチュニス湖東岸にあった古代都市国家。地中海貿易で栄え、現在は歴史的な遺跡のある観光地となっているほか、行政上はチュニス県カルタゴ市として首都圏の一部を成す。 「カルタゴ」の名は、フェニキア語のカルト・ハダシュト(Kart Hadasht=「新しい町」)に由来するとされる。.

新しい!!: フランスとカルタゴ · 続きを見る »

カロリング朝

ール時代のフランク王国('''青'''がカール即位時のフランク王国、'''赤橙'''がカールの獲得領、'''黄橙'''がカールの勢力範囲、'''濃赤'''はローマ教皇領) カロリング朝と東ローマ帝国とウマイヤ朝 カロリング朝(カロリングちょう、Carolingiens, Karolinger)は、メロヴィング朝に次いでフランク王国2番目の王朝。宮宰ピピン3世がメロヴィング朝を倒して開いた。名称はピピン3世の父、カール・マルテルにちなむ。なお、「カロリング」は姓ではなく「カールの」という意味である。当時のフランク人には姓はなかった。 フランク族のカロリング家は代々フランク王国のメロヴィング朝に仕え、宮宰(宰相)を輩出してきた家系であった。はじめピピン1世(大ピピン)はフランク王国の分国(アウストラシア)の宮宰であったが、ピピン2世(中ピピン)においてはフランク王国全体の宮宰を務め、ピピン3世(小ピピン)に至っては遂にメロヴィング朝を廃しカロリング朝を開いた。 751年から987年までフランク王国やそれが分裂した後の東フランク王国・西フランク王国・中フランク王国の王を輩出した。987年、西フランク王国の王家断絶をもって消滅した。 ピピン3世の子カール大帝の時代にはその版図はイベリア半島とブリテン島を除く今日の西ヨーロッパのほぼ全体を占めるに至った。ローマ教皇はカール大帝に帝冠を授け、西ヨーロッパに東ローマ帝国から独立した、新しいカトリックの帝国を築いた。カール大帝の帝国は現実的には、後継者ルートヴィヒ1世の死後3つに分割され、今日のイタリア・フランス・ドイツのもととなったが、理念上は中世を通じて西ヨーロッパ世界全体を覆っているものと観念されていた。 本記事ではカロリング家についても包括的に言及することとする。.

新しい!!: フランスとカロリング朝 · 続きを見る »

カロリング朝ルネサンス

リング朝ルネサンスまたはカロリング・ルネサンス(Carolingian Renaissance, Renaissance carolingienne )とは、フランク王国(カロリング朝)のカール大帝(フランク王 768年 - 814年、西ローマ皇帝 800年 - 814年)の頃(8世紀~9世紀)に見られる古典復興、文化の隆盛を指す言葉である。.

新しい!!: フランスとカロリング朝ルネサンス · 続きを見る »

カンヌ

ンヌ(Cannes)は、フランス南東部の、地中海に面する都市の一つ。プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏、アルプ=マリティーム県に属する。.

新しい!!: フランスとカンヌ · 続きを見る »

カンヌ国際映画祭

ンヌ国際映画祭(カンヌこくさいえいがさい、Festival International du Film de Cannes)は、1946年にフランス政府が開催して以来、毎年5月(1948年、1950年は中止)にフランス南部コート・ダジュール沿いの都市カンヌで開かれている世界で最も有名な国際映画祭の一つ。単にカンヌ映画祭(Festival de Cannes)とも呼ばれる。.

新しい!!: フランスとカンヌ国際映画祭 · 続きを見る »

カーナティック戦争

ーナティック戦争(カーナティックせんそう、英語:Carnatic Wars)とは、18世紀に南インドで、イギリス領インドの拠点であったマドラスとフランス領インドの拠点であったポンディシェリーとの間で3次にわたって繰り広げられた戦争。ここで言及されるカルナータカ地方は、現在のアラビア海に面したカルナータカ地方とは違い、アーンドラ地方とタミル地方の一部を指す。また、カーナティックは英語読みであるため、カルナータカ戦争とも呼ばれる。 ヨーロッパのオーストリア継承戦争と七年戦争と連動し、南インドにおいて、南インド東海岸の貿易拠点や荷物の集散地をめぐって争われ、オーストリア継承戦争後も続いた。最終的にはイギリス側の勝利に終わった。.

新しい!!: フランスとカーナティック戦争 · 続きを見る »

カール・マルテル

ール・マルテル(, Charles Martel シャルル・マルテル, 686年8月23日 – 741年10月22日)は、メロヴィング朝フランク王国の宮宰。カロリング家出身で、トゥール・ポワティエ間の戦いでウマイヤ朝の進撃を食い止め、西ヨーロッパへのイスラム教徒の侵入をイベリア半島でとどめたことで名高い。.

新しい!!: フランスとカール・マルテル · 続きを見る »

カール・マルクス

ール・ハインリヒ・マルクス(Karl Heinrich Marx, 1818年5月5日 - 1883年3月14日)は、ドイツ・プロイセン王国出身の哲学者、思想家、経済学者、革命家。1845年にプロイセン国籍を離脱しており、以降は無国籍者であった。1849年(31歳)の渡英以降はイギリスを拠点として活動した。 フリードリヒ・エンゲルスの協力を得ながら、包括的な世界観および革命思想として科学的社会主義(マルクス主義)を打ちたて、資本主義の高度な発展により共産主義社会が到来する必然性を説いた。ライフワークとしていた資本主義社会の研究は『資本論』に結実し、その理論に依拠した経済学体系はマルクス経済学と呼ばれ、20世紀以降の国際政治や思想に多大な影響を与えた。.

新しい!!: フランスとカール・マルクス · 続きを見る »

カトリック教会

トリック教会(カトリックきょうかい、)は、ローマ教皇を中心として全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。その中心をローマの司教座に置くことからローマ教会、ローマ・カトリック教会とも呼ばれる。.

新しい!!: フランスとカトリック教会 · 続きを見る »

カトー・カンブレジ条約

トー=カンブレジ条約(仏:Traités du Cateau-Cambrésis, 独:Frieden von Cateau-Cambrésis, 西:Paz de Cateau-Cambrésis)は、16世紀前半のイタリアを巡る戦争(イタリア戦争)を争ったヴァロワ朝(フランス)とハプスブルク家(オーストリア・スペイン)が1559年に結んだ講和条約。同年にスペインのフェリペ2世がフランス王アンリ2世の娘エリザベートと結婚したおかげで実現した。カトー=カンブレジは、フランス北部ノール県の町で、アンリ・マティスの生地でもある。 この条約でフランスはイタリアへの権利を放棄した。戦争に中立であったジェノヴァ共和国のコルシカ島にフランス・オスマン連合軍が占領していたのを返還させた。そしてミラノ・ナポリ・シチリア・サルデーニャ・トスカーナ西南岸がハプスブルク家の統治下となった。代わりにフランスはロレーヌを譲り受けた。ロレーヌにはカルヴァンの生地ノワイヨンが含まれた。 また、フィレンツェ公国のメディチ家はシエーナを獲得した。 メディチ家が登場する背景は締結後数世紀の世界情勢まで決定してしまった。ルクセンブルク家のドイツ・イタリア政策がメディチ家台頭へつながって、このスペイン・ドイツ・イタリア連合がイタリア戦争と宗教改革を並行させていた。1555年アウクスブルクの和議でカルヴァン派が否定された。翌年、カルヴァン派市民のいるネーデルラントがスペイン領となった。そして1559年にカトー・カンブレジ条約が成った。ほどなく、フランス内でカトリーヌ・ド・メディチがユグノー戦争の主因となった。 1559年の和平を機会にサヴォイア家と結婚したエマヌエーレ・フィリベルトは、7人の有力市民にコンパーニア・ディ・サンパオロという銀行をつくらせた。この銀行は対抗宗教改革を目的に設立され、1653年には息子カルロ・エマヌエーレ1世の庇護を受けてモンテ・ディ・ピエタをつくった。ハンブローズ銀行(現ソシエテ・ジェネラル)の会長だったチャールズ男爵が重役に入って、もう一つの宗教事業協会と呼ばれながら現代も活躍している。.

新しい!!: フランスとカトー・カンブレジ条約 · 続きを見る »

カピチュレーション

ピチュレーション(capitulation)とは、ローディの和を最初として、オスマン帝国が領内在住の外国人に対し恩恵的に認めた特権である。通商・居住の自由、租税免除、身体・財産・企業の安全などを保障した。 1536年にスレイマン1世が仏王フランソワ1世に与えたとされているが、正確にはフランス使節がオスマン帝国大宰相と合意した条約案である。フランスへの最初のものとして確実なものは、セリム2世の1569年に締結された。1579年にイギリス、1613年にオランダにも同様の特権が認められた。また、18世紀までにオーストリア・ロシア・スウェーデン・プロイセンなどにも商業特権が与えられた。掲げられた国家郡は、英蘭露を中心として選帝侯の自律性を高めた勢力を包摂する。.

新しい!!: フランスとカピチュレーション · 続きを見る »

カフェ

ッホ『夜のカフェテラス』クレラー・ミュラー美術館蔵 カフェ(café、caffè)は、本来コーヒーの意味。転じて、コーヒーなどを飲ませる飲食店を意味する。ヨーロッパの都市に見られるある種の飲食店を意味し、特にパリやウィーンのものが知られる。新聞や雑誌がそこで読め、時の話題について談笑し、情報交換のできる場所として親しまれている。.

新しい!!: フランスとカフェ · 続きを見る »

カタリ派

Occitan cross''La vie quotidienne des cathares du Langudoc'', René Nelli. カタリ派(カタリは、Cathares)は、10世紀半ばに現れ、フランス南部とイタリア北部で活発となったキリスト教色を帯びた民衆運動。.

新しい!!: フランスとカタリ派 · 続きを見る »

ガヤトリ・C・スピヴァク

ヤトリ・C・スピヴァク ガヤトリ・チャクラヴォルティ・スピヴァク(Gayatri Chakravorty Spivak, ガヤトリ・チャクラヴォーティ・スピヴァクとも、1942年2月24日 - )は、インド東部ベンガル出身のアメリカ合衆国の文芸評論家、理論家、比較文学者。コロンビア大学の教員としては、最高位のUniversity Professorの地位にある。 インドのカルカッタに生まれ、カルカッタ大学(University of Calcutta)で英文学を学び、首席で卒業後に渡米して、1960年初コーネル大学大学院に留学。そこでポール・ド・マンの指導を受け、イェーツに関する博士論文を書き英文学の修士号を取得。 1976年にはジャック・デリダの『グラマトロジーについて』を英訳し、長大な序文をつけたことで、注目された。この序文については賛否両論ある。 アメリカ人タルボット・スピヴァク(Talbot Spivak)と結婚し、すぐ離婚。ただし、今でもスピヴァク姓を使い続ける。 その後、マルクス主義やフェミニズム、ポストコロニアル批評の脱構築的読解などをすすめる。 2012年第28回京都賞思想・芸術部門を受賞。.

新しい!!: フランスとガヤトリ・C・スピヴァク · 続きを見る »

ガリア

リア()とは、ガリア人(ケルト人の一派)が居住した地域の古代ローマ人による呼称。古典ラテン語での正確な発音は「ガッリア」。フランス語では (ゴール)。 具体的には現在のフランス・ベルギー・スイスおよびオランダとドイツの一部などにわたる。元来の「ガリア」はイタリア半島北部であったため、地域(地理上の概念)としての「ガリア」とローマの属州(行政区画)としての「ガリア」とは同一ではない。 近代にはフランスの雅称として使われるようになる。現代ギリシャ語の「ガリア」(Γαλλία) は、フランスのことである。.

新しい!!: フランスとガリア · 続きを見る »

ガリア人

リア人(Gallī ガッリー、フランス語:Gaulois ゴルワ)は、ケルト語派を話すいわゆるケルト人のうち、ガリア地域に居住してガリア語あるいはゴール語を話した諸部族の人々を指す。 古代ローマ人は、ローマ側による呼称「ガリア人」 (Gall&#299)と「ケルト人」 (Celtae) をおおむね同義として扱った。しかし、いわゆるケルト人の中でも、小アジアに移住したケルト人(ガラティア人)やブリテン島の諸部族に対してガリア人は明らかに区別することができる。.

新しい!!: フランスとガリア人 · 続きを見る »

ガリア・ナルボネンシス

リア・ナルボネンシス(Gallia Narbōnēnsis)は、ローマ帝国の属州のひとつ。北東部にガリア・アクィタニア、北西部にガリア・ルグドゥネンシス、西方にヒスパニア・タッラコネンシスの各属州と接していた。現在のフランス南部、ラングドック地方およびプロヴァンス地方に該当する。 ガリア・トランサルピナ(Gallia Transalpina、「アルプスの向こうのガリア」)とも呼ばれ、早くから属州化が進んでいた地域である。元老院に任命されたプロコンスルが統治する元老院属州であった。.

新しい!!: フランスとガリア・ナルボネンシス · 続きを見る »

ガリア戦争

リア戦争(ガリアせんそう、ラテン語:Bellum Gallicum, ベッルム・ガッリクム/ベルルム・ガルリクム)は、紀元前58年から紀元前51年にかけて、共和政ローマのガリア地区総督ガイウス・ユリウス・カエサルがガリア(現:フランス、ベルギー、スイス等)に遠征してその全域を征服し、共和政ローマの属州とした一連の戦争を指す。.

新しい!!: フランスとガリア戦争 · 続きを見る »

ガリカニスム

リカニスム(Gallicanisme)とは、フランスのカトリック教会のローマ教皇からの独立、教皇権の制限を求める政治的、宗教的立場のことをいう(コトバンク)。教皇の権威を尊重しながらも、その至上権については異議を唱えた。語源は「ガリア」からきているガリアはフランスの古名。。イエズス会などのウルトラモンタニズムと対立した。.

新しい!!: フランスとガリカニスム · 続きを見る »

ガルガンチュワとパンタグリュエル

『ガルガンチュワとパンタグリュエル』(ガルガンテュアとパンタグリュエル、Gargantua, Pantagruel)とは、フランス・ルネサンス期の人文主義者フランソワ・ラブレー(François Rabelais)が著した物語『ガルガンチュワ物語』『パンタグリュエル物語』のこと。 ガルガンチュワ(ガルガンチュア、ガルガンテュアとも)、パンタグリュエルという巨人の一族を巡る荒唐無稽な物語である。第二之書・第一之書はアルコフリバス・ナジエ(Alcofribas Nasier)という筆名(ラブレーのアナグラム)で、第三之書以降は本名で刊行した。1532-1552年に4巻までが出版された。ラブレーの死後に第5巻が刊行されたが、偽書説もある。 『ガルガンチュワ物語』の方が執筆・出版とも後だが、内容的にみて「第一之書」と呼び、『パンタグリュエル物語』を「第二之書」と呼ぶ。.

新しい!!: フランスとガルガンチュワとパンタグリュエル · 続きを見る »

ガロンヌ川

流路 ガロンヌ川(フランス語:Garonne、カタルーニャ語,オック語:Garona)は、スペインのカタルーニャ州北西部に発し、フランス南西部を流れる長さ約647kmの川である。スペインではガローナ川と呼ばれる。.

新しい!!: フランスとガロンヌ川 · 続きを見る »

ガロ・ローマ文化

・ローマ文化(Gallo Roma)とは帝政ローマ支配下であったガリア(現在のフランス)の独自文化を呼ぶ。.

新しい!!: フランスとガロ・ローマ文化 · 続きを見る »

ガボン

ボン共和国(ガボンきょうわこく)、通称ガボンは、中部アフリカに位置する共和制国家。北西に赤道ギニア、北にカメルーン、南と東にコンゴ共和国と国境を接し、西は大西洋のギニア湾に面している。首都はリーブルヴィル。.

新しい!!: フランスとガボン · 続きを見る »

ガブリエル・フォーレ

ブリエル・ユルバン・フォーレ(Gabriel Urbain Fauré,, 1845年5月12日 - 1924年11月4日)はフランスの作曲家。フランス語による実際の発音はフォレに近い.

新しい!!: フランスとガブリエル・フォーレ · 続きを見る »

ガブリエル・アノ

ブリエル・アノ(Gabriel Hanot, 1889年11月6日 - 1968年8月10日)は、フランスのパ=ド=カレー県アラス出身のサッカー選手。リーグ・アン、UEFAチャンピオンズリーグを提案・創設した人物として知られる。.

新しい!!: フランスとガブリエル・アノ · 続きを見る »

ガイウス・ユリウス・カエサル

イウス・ユリウス・カエサル(古典ラテン語:Gaius Iulius Caesar、紀元前100年 - 紀元前44年3月15日)は、共和政ローマ期の政治家、軍人であり、文筆家。「賽は投げられた」(alea iacta est)、「来た、見た、勝った」(veni, vidi, vici) 、「ブルータス、お前もか (et tu, Brute?)」などの特徴的な引用句でも知られる。また暦で彼の名称が使用されていた(ユリウス暦)時期が存在していた。 古代ローマで最大の野心家と言われ、マルクス・リキニウス・クラッスス及びグナエウス・ポンペイウスとの第一回三頭政治と内戦を経て、ルキウス・コルネリウス・スッラに次ぐ終身独裁官(ディクタトル)となった。.

新しい!!: フランスとガイウス・ユリウス・カエサル · 続きを見る »

ガエル・モンフィス

ル・セバスティアン・モンフィス(Gaël Sébastien Monfils, フランス語発音:,1986年9月1日 - )は、フランス・パリ出身の男子プロテニス選手。シングルス自己最高ランキングは6位。これまでにATPツアーでシングルス7勝を挙げている。身長193cm、体重80kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。「ガール・モンフィス」の表記揺れも多い。.

新しい!!: フランスとガエル・モンフィス · 続きを見る »

ガスペ半島

ペ半島の衛星写真(NASA提供)。南東にシャルール湾が切れ込んでいる。北東の隅に見えるのはアンティコスティ島 ガスペ半島(Gaspé Peninsula。Gaspesia、Gaspéなどとも表記。フランス語:la Gaspésie)は北アメリカ大陸の北部、セント・ローレンス川河口の南岸に位置する半島。カナダのケベック州に属する。セント・ローレンス湾沿いに南西から北東に向かって伸び、南のシャルール湾(Baie des Chaleurs)とレスティグーシュ川(Restigouche River)で隣接するニューブランズウィック州から分けられている。 行政面では、ガスペ半島はマドレーヌ諸島とともにケベック州のガスペジー・マドレーヌ諸島地域を形成している。半島にある主な町はガスペである。1534年に探検家ジャック・カルティエがガスペ半島の東端に到達し、この町からフランスのカナダ植民地化(ヌーベルフランスの領有と拡大)が始まった。住民の大多数は、フランス語を第一言語とするケベック人である。 半島は丘陵や山が多く、アパラチア山系の北東の延長線上に当たる。インターナショナル・アパラチアン・トレイル(International Appalachian Trail)がこの半島を縦断している。カナダ国道132号が半島を周回し、支線の一本は海岸沿いに走り、もう一本はサント・フラヴィー(Sainte-Flavie)で半島を横切っている。アパラチア山系の果ての地であるフォリヨン国立公園(Forillon National Park)は半島の北東端にあり、深い森、砂丘、海に面した断崖絶壁などが広がっている。半島にはタイセイヨウサケが遡上する大小様々な渓流が無数にあり、北米のタイセイヨウサケ釣りのメッカとなっている。 半島の東端のセント・ローレンス湾に突き出た部分はカプ・ガスペ(Cap Gaspé ガスペ岬)と呼ばれる。ガスペの名の由来は、先住民ミクマク族の言葉で「地の果て」を意味する「ゲスペグ」(gespeg)である。.

新しい!!: フランスとガスペ半島 · 続きを見る »

キューバ

ューバ共和国(キューバきょうわこく、República de Cuba)、通称キューバは、カリブ海の大アンティル諸島(西インド諸島の一部)に位置する、ラテンアメリカの共和制国家である。首都はハバナ。 キューバ本島とその周辺の島嶼からなる島国。ウィンドワード海峡を隔てて東にはイスパニョーラ島のハイチとドミニカ共和国が、南には英領ケイマン諸島とジャマイカが存在する。西はユカタン海峡を挟んでメキシコのユカタン半島と、北はフロリダ海峡を隔てて北に145km先のアメリカ合衆国フロリダ州(フロリダ半島)と向かい合う。北東にはバハマや英領タークス・カイコス諸島が存在する。 フィリピンのルソン島ほどの面積を持つ島国で、地理的には北アメリカに含まれ、広義の中央アメリカにも含まれる。南北アメリカ大陸間、及びラテンアメリカとヨーロッパを結ぶ要路に位置している。アメリカ合衆国とは「アメリカ合衆国の裏庭」とも呼ばれるほど関りが深かったが、キューバ革命により、南北アメリカ大陸で初めて反米・親ソ連の社会主義政権が1959年に成立。その後は「カリブに浮かぶ赤い島」と形容されることもある。.

新しい!!: フランスとキューバ · 続きを見る »

キュビスム

ュビスム(Cubisme; Cubism「キュビズム、キュービズム」、立体派)は、20世紀初頭にパブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって創始され、多くの追随者を生んだ現代美術の大きな動向である。それまでの具象絵画が一つの視点に基づいて描かれていたのに対し、いろいろな角度から見た物の形を一つの画面に収め、ルネサンス以来の一点透視図法を否定した。.

新しい!!: フランスとキュビスム · 続きを見る »

キリキア

リキア (Cilicia) は、トルコ南部にある、地中海に面した一地域の名前。地中海をへだててキプロスと向かい合い、また南東部にシリアの位置する地域である。北は、世界遺産で有名なカッパドキアと接している。キリキアは海岸沿いのチュクロワ平野と、西部のトロス山脈(タウルス山脈)をはじめとして平野部をとりかこむように広がる山地の部分とで成り立つ。聖パウロの生誕地であるタルスス(タルソス)の町があることで知られる。現在はトルコ第4の都市アダナがある。 アナトリア半島の東部および南部は険しい山地や高原が広がっているため、平野部のあるキリキアは古くから小アジアやヨーロッパと中東を結ぶ交通・貿易・戦略の要衝であった。トロス山脈には細く険しい道があり、とくに交通の重要地として「キリキアの門」と呼ばれた。ヨーロッパと中東を結ぶ中継地であるため、地政学的に言う緩衝地帯であり、古代から何度も支配者が入れ替わった地域でもある。.

新しい!!: フランスとキリキア · 続きを見る »

キリストの昇天

リストの昇天(キリストのしょうてん)はキリスト教の教義で、復活したイエス・キリストが天にあげられたこと、またそれを記念するキリスト教の祝日。「イエスの昇天」は使徒信条やニカイア・コンスタンティノポリス信条にも含まれている。復活祭と連動する移動祭日でもある。なお、日本正教会では升天祭(しょうてんさい)との表記が祈祷書などにおいて正式な表記である。.

新しい!!: フランスとキリストの昇天 · 続きを見る »

キリスト教

リスト教で最も頻繁に用いられるラテン十字 アギア・ソフィア大聖堂にある『全能者ハリストス』と呼ばれるタイプのモザイクイコン。 キリスト教(キリストきょう、基督教、Χριστιανισμός、Religio Christiana、Christianity)は、ナザレのイエスをキリスト(救い主)として信じる宗教「キリスト教」『宗教学辞典』東京大学出版会、1973年、146頁。「キリスト教」『大辞泉』増補・新装版、小学館、1998年11月20日、第一版、714頁。 小学館、コトバンク。。イエス・キリストが、神の国の福音を説き、罪ある人間を救済するために自ら十字架にかけられ、復活したものと信じる。その多く(正教会正教会からの出典:・東方諸教会東方諸教会からの出典:・カトリック教会カトリック教会からの出典:・聖公会聖公会からの出典:・プロテスタントルーテル教会からの出典:改革派教会からの出典:バプテストからの出典:メソジストからの参照:フスト・ゴンサレス 著、鈴木浩 訳『キリスト教神学基本用語集』p103 - p105, 教文館 (2010/11)、ISBN 9784764240353など)は「父なる神」「御父」(おんちち、『ヨハネによる福音書』3:35〈『新共同訳聖書』〉)。と「その子キリスト」「御子」(みこ、『ヨハネによる福音書』3:35〈『新共同訳聖書』〉)・「子なる神」。と「聖霊」を唯一の神(三位一体・至聖三者)として信仰する。 世界における信者数は20億人を超えており、すべての宗教の中で最も多い。.

新しい!!: フランスとキリスト教 · 続きを見る »

ギュスターヴ・エミール・ボアソナード

ボアソナード (1825-1910) ギュスターヴ・エミール・ボアソナード・ド・フォンタラビー(Gustave Émile Boissonade de Fontarabie、1825年6月7日 - 1910年6月27日)はフランスの法学者、教育者。日本の太政官法制局御用掛、元老院御用掛、外務省事務顧問、国際法顧問、法律取調委員会委員等を歴任。勲一等旭日大綬章受章。呼称については、ボワソナード、古くはボアソナド、ボワソナドとも表記される。.

新しい!!: フランスとギュスターヴ・エミール・ボアソナード · 続きを見る »

ギュスターヴ・クールベ

ュスターヴ・クールベ(クルベ) (Gustave Courbet, 1819年6月10日 - 1877年12月31日) は、フランスの写実主義の画家。.

新しい!!: フランスとギュスターヴ・クールベ · 続きを見る »

ギリシャ人

リシャ人(ギリシャじん、ギリシア語:Ἕλληνες 現代ギリシア語, Hellēnes古代ギリシア語)とはバルカン半島周辺およびキプロスに出自を持ち、ギリシャ語を母語とする民族。国民としてのギリシャ人(ギリシャ共和国の国籍を有するもの)にはアルーマニア人、アルバニア人、トルコ系、国外からの移住者も含まれる。.

新しい!!: フランスとギリシャ人 · 続きを見る »

ギニア

ニア共和国(ギニアきょうわこく)、通称ギニアは、西アフリカ西端に位置する共和制国家。北にセネガル、北西にギニアビサウ、北東にマリ、南にシエラレオネ、リベリア、南東にコートジボワールと国境を接し、西は大西洋に面する。首都はコナクリ。 旧フランスの植民地の中でも、1958年に他の植民地に先駆けて国民投票で独立した国家である。.

新しい!!: フランスとギニア · 続きを見る »

クリュニー修道院

リュニー修道院(クリュニーしゅうどういん、正式名称はサン=ピエール・エ・サン=ポール・ド・クリュニー修道院。フランス語:Abbaye de Saint-Pierre et Saint-Paul de Cluny)は、当時のブルグント王国内で現在のフランス・ブルゴーニュ地方のソーヌ=エ=ロワール県・クリュニーに909年9月11日(910年とする説もある)、アキテーヌ公ギヨーム1世により創建されフランス革命まで存続したベネディクト会修道院である。.

新しい!!: フランスとクリュニー修道院 · 続きを見る »

クリテリウム・デュ・ドフィネ

リテリウム・デュ・ドフィネ()とは、UCIプロツアーに組み込まれる自転車プロロードレースの一つ。ドフィネ地方を中心とした南フランスを舞台にしたステージレースで、1947年から開催されている。.

新しい!!: フランスとクリテリウム・デュ・ドフィネ · 続きを見る »

クリアストリーム事件

リアストリーム事件(Affaire Clearstream、Clearstream Affair)は、収賄用の匿名口座を持つフランス政治家のリストとされる文書が2001年に発覚した事件である。国際決済機関であるクリアストリームの匿名口座を巡る疑惑はそれまでのグローバル・ガバナンスに疑問をつきつけ、ド・ビルパン首相の失脚の原因ともなった。.

新しい!!: フランスとクリアストリーム事件 · 続きを見る »

クリケット

リケット(cricket、 )は、フィールド上1チーム11名の2チームによって半径70メートルほどの広大なフィールド(クリケットではオーヴァル:oval と呼ばれる)で行われるバットとボールを用いるスポーツである。.

新しい!!: フランスとクリケット · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: フランスとクリスマス · 続きを見る »

クリスマスツリー

リスマスツリー()は、クリスマスのために飾り付けられた木である。「知恵の樹」の象徴とされる。別名の聖樹(せいじゅ)とも呼ばれる。.

新しい!!: フランスとクリスマスツリー · 続きを見る »

クリスチャン・ディオール

リスチャン・ディオール(Christian Dior, 1905年1月21日 - 1957年10月24日)は、1950年代に活躍したフランスのファッションデザイナーである。彼が創立したファッションブランドも「クリスチャン・ディオール」もしくは「ディオール」と呼ばれる(ブランドについてはディオールを参照)。.

新しい!!: フランスとクリスチャン・ディオール · 続きを見る »

クリストフ・ヴィリバルト・グルック

リストフ・ヴィリバルト・グルック(Christoph Willibald (von) Gluck, 1714年7月2日 - 1787年11月15日)は現在のドイツに生まれ、現在のオーストリアとフランスで活躍したオペラの作曲家。バレエ音楽や器楽曲も手懸けたが、現在では歌劇《オルフェオとエウリディーチェOrfeo ed Euridice 》によって、中でも間奏曲〈精霊たちの踊り〉によってとりわけ有名。オペラの改革者として歴史に名を残す。ただし、ドイツ語オペラは1作も書いていない。.

新しい!!: フランスとクリストフ・ヴィリバルト・グルック · 続きを見る »

クリストファー・コロンブス

リストファー・コロンブス(Cristoforo Colomboクリストーフォロ・コロンボ、クリストポルス・コルンブス、クリストバル・コロン、クリストヴァン・コロンボ、クリスタファ・カランバス、1451年頃 - 1506年5月20日)は探検家・航海者・コンキスタドール、奴隷商人。定説ではイタリアのジェノヴァ出身。大航海時代においてキリスト教世界の白人としては最初にアメリカ海域へ到達した。.

新しい!!: フランスとクリストファー・コロンブス · 続きを見る »

クリスティナ・オナシス

リスティナ・オナシス(Χριστίνα Ωνάσης、Christina Onassis、1950年12月11日 - 1988年11月19日)は海運王アリストテレス・オナシスとアシーナ・リバノスの娘。.

新しい!!: フランスとクリスティナ・オナシス · 続きを見る »

クレープ

積み上げられたクレープの皮 クレープ(フランス語: )は、パンケーキの一種で、フランス北西部のブルターニュが発祥の料理。元になったのは、そば粉で作った薄いパンケーキのガレット(galette)という料理である。.

新しい!!: フランスとクレープ · 続きを見る »

クレディ・アグリコル

レディ・アグリコル(Crédit Agricole S.A.)は、フランスのメガバンク。2003年にクレディ・リヨネを買収。.

新しい!!: フランスとクレディ・アグリコル · 続きを見る »

クレオール言語

レオール言語(クレオールげんご、creole language)とは、意思疎通ができない異なる言語の商人らなどの間で自然に作り上げられた言語(ピジン言語)が、その話者達の子供達の世代で母語として話されるようになった言語を指す。公用語や共通語として使用されている地域・国もある。 ピジン言語では文法の発達が不十分で発音・語彙も個人差が大きく複雑な意思疎通が不可能なのに対し、クレオール言語の段階ではそれらの要素が発達・統一され、複雑な意思疎通が可能になる。クレオールはピジンと違い完成された言語であり、他の言語に引けをとらない。 また、日本語も北方系言語(アルタイ語族)と南方系言語(オーストロネシア語族)が混合したクレオール言語から変化したという説もある(日本語の起源を参照)。それとはまた別に、漢文訓読の場合は元々中国語であるはずの書記言語である漢文を、語順を変えたり助詞を加えるなど日本語の文法に合わせて解釈するのである。単なる翻訳のレベルを通り越し、別々の言語である中国語と日本語が混ざって且つ文法的に完成されたという点では、訓読も一種のクレオール言語と見なすことができる。.

新しい!!: フランスとクレオール言語 · 続きを見る »

クロワッサン

ワッサン(croissant)は、バターをパン生地に練りこんで焼き上げるパン おいしいパンの百科事典。フランス発祥であり、「三日月」を意味する。サクサクした食感と甘みが特徴的である。.

新しい!!: フランスとクロワッサン · 続きを見る »

クロヴィス1世

ヴィス1世クロヴィスはフランス語読み。古代ラテン語表記のクロウィス(Clovis)、ラテン語ではクロドウェクス(Chlodovechus)または古高ドイツ語および中高ドイツ語表記のクロードヴェヒ、クロートヴィヒ(Chlodowech, Chlodwig)と長音される表記もみられる。現代フランス語のルイ(Louis)、現代ドイツ語のルートヴィヒ(Ludwig)に当たる。(Clovis Premier,, 466年頃 - 511年11月27日)は、メロヴィング朝フランク王国の初代国王(在位481年 - 511年)である。日本では大半の書籍では、フランス語読みの「クロヴィス」でなく、英語ないしドイツ語読みに近いクローヴィス1世の表記が用いられる。 クロヴィスは一夫多妻制の生活を送っていたが、妻の1人であった王妃クロティルドの影響で、キリスト教アタナシウス派(カトリック教会)に改宗して、これを保護したのでガリアでの布教活動に大きな貢献があった。.

新しい!!: フランスとクロヴィス1世 · 続きを見る »

クロード・モネ

ード・モネ(, 1840年11月14日 - 1926年12月5日)は、印象派を代表するフランスの画家。.

新しい!!: フランスとクロード・モネ · 続きを見る »

クロード・レヴィ=ストロース

ード・レヴィ=ストロース(Claude Lévi-Strauss、1908年11月28日 - 2009年10月30日)は、フランスの社会人類学者、民族学者。出身はベルギーの首都ブリュッセル。コレージュ・ド・フランスの社会人類学講座を1984年まで担当し、アメリカ先住民の神話研究を中心に研究を行った。アカデミー・フランセーズ会員。 専門分野である人類学、神話学における評価もさることながら、一般的な意味における構造主義の祖とされ、彼の影響を受けた人類学以外の一連の研究者たち、ジャック・ラカン、ミシェル・フーコー、ロラン・バルト、ルイ・アルチュセールらとともに、1960年代から1980年代にかけて、現代思想としての構造主義を担った中心人物のひとり。.

新しい!!: フランスとクロード・レヴィ=ストロース · 続きを見る »

クロード・ドビュッシー

ード・アシル・ドビュッシー(Claude Achille Debussy, 1862年8月22日 - 1918年3月25日)は、フランスの作曲家。長音階・短音階以外の旋法と、機能和声にとらわれない自由な和声法などを用いて独自の作曲を実行し、その伝統から外れた音階と半音階の用い方から19世紀後半から20世紀初頭にかけて最も影響力を持った作曲家である。 ドビュッシーの音楽は、代表作『海』や『夜想曲』などにみられる特徴的な作曲技法から、「印象主義音楽(印象派)」と称されることもある。しかし、本人は印象主義音楽という概念に対して否定的であり、テクスト(詞)やテーマの選択は象徴派(象徴主義)からの影響が色濃い。 なお、名前は生後1890年(23歳)まで「アシル=クロード」、1890年(23歳)から「クロード=アシル」である。.

新しい!!: フランスとクロード・ドビュッシー · 続きを見る »

グノーシス主義

画像:Simple crossed circle.svg circular, harmonic cross グノーシス主義(グノーシスしゅぎ、Gnostizismus、Gnosticism)またはグノーシス(Γνῶσις)は、1世紀に生まれ、3世紀から4世紀にかけて地中海世界で勢力を持った宗教・思想である。物質と霊の二元論に特徴がある。英語の発音は「ノーシス」である。普通名詞としてのグノーシスは、古代ギリシア語で「認識・知識」を意味する。グノーシス主義は、自己の本質と真の神についての認識に到達することを求める思想傾向にあたる。 グノーシス主義は、地中海世界を中心とするもの以外に、イランやメソポタミアに本拠を置くものがあり、ヘレニズムによる東西文化のシンクレティズムの中から形成されたとみれる。代表的なグノーシス主義宗教にマニ教がある。.

新しい!!: フランスとグノーシス主義 · 続きを見る »

グラン・テスト地域圏

ラン・テスト (Grand Est、()は、フランスの地域圏。.

新しい!!: フランスとグラン・テスト地域圏 · 続きを見る »

グランツール

ランツール(Grand Tour、Grands Tours、Grande Giro、Grandes Vueltas、Grote Ronde)は、ヨーロッパで開催される自転車のプロロードレースのうちジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャの3つのステージレースの総称である。三大ツールともいう。.

新しい!!: フランスとグランツール · 続きを見る »

グランゼコール

ランゼコール(Grandes Écoles 、またはグランド・ゼコール)とは、フランス社会における独自の高等職業教育機関である。大学のような教養としての学問や教育ではなく、社会発展に直接寄与する「高度専門職業人の養成」を理念とした学問の普及と教育を行っている。国際標準教育分類(ISCED)では6レベルに相当する。.

新しい!!: フランスとグランゼコール · 続きを見る »

グループ・ブリュッセル・ランバート

ループ・ブリュッセル・ランバート(Groupe Bruxelles Lambert、GBL)はベルギーの投資会社。GBL のルーツはランベール家にある。GBL のレオン・ランベールはパリ家ギュスターヴのひ孫である。.

新しい!!: フランスとグループ・ブリュッセル・ランバート · 続きを見る »

グループPSA

ループPSA(Groupe PSA、旧社名PSA・プジョーシトロエン、PSA Peugeot Citroën)は、プジョー、シトロエン、DS、オペル、ボクスホールブランドで自動車の製造・販売を行っているフランスの多国籍企業である。.

新しい!!: フランスとグループPSA · 続きを見る »

グレート・ゲーム

1848年頃の中央アジア グレート・ゲーム(The Great Game)とは、中央アジアの覇権を巡るイギリス帝国とロシア帝国の敵対関係・戦略的抗争を指す、中央アジアをめぐる情報戦をチェスになぞらえてつけられた名称。イギリス東インド会社の一員であったが1840年にヘンリー・ローリンソン少佐にあてた手紙の中ではじめて命名したといわれる。後に『ジャングル・ブック』で知られるイギリスの作家ラドヤード・キップリングの小説『』(1901年)により広く使われるようになり、なかば歴史用語として定着した。.

新しい!!: フランスとグレート・ゲーム · 続きを見る »

グアナバラ湾

アナバラ湾(Baía de Guanabara)は大西洋に面した湾。ブラジルの南東部、リオデジャネイロ州に位置し、南北方向に31km、東西方向では最も広い場所で28kmある。ブラジル国内ではバイーア州に位置するトードス・オス・サントス湾に次いで二番目に広い。湾の西岸にはリオデジャネイロ、北岸にマジェー、東岸にはニテロイなどの都市が位置する。130以上の島々が浮かぶ多島海である。 湾の入り口は西側をポン・ヂ・アスーカル、東側をPico do Papagaioの二つの岩山に挟まれており、幅が約1,5kmしかなく、そのためポルトガル人に発見された当初は大きな川の河口と誤認された。「グアナバラ」の名称はトゥピ・グアラニー語族で「海が奥まった所」を意味する(goanã-pará)に由来する。 湾の北東部、マジェーからグアピミリン、サンゴンサーロの北部にかけてはマングローブが広がるなど比較的豊かな自然が残されているものの、それ以外の場所では湾沿いに都市域が広がっている。また、ドゥーケデカシアスには石油化学工場があるほか、同市には2012年に閉鎖されるまでラテンアメリカ最大規模のゴミ最終処分場といわれるジャルディングラマッチョがあるなど、環境への悪影響も問題視されている。このほか、湾の周辺の自治体(市)における下水の処理率の低さが大きな問題となっており、2012年においては処理率100%のニテロイを除き、リオデジャネイロ(49%)、サンゴンサーロ(9.8%)、ドゥケデカシーアス(10.5%)、ノヴァイグアスー(0.4%)、マジェー(0%)というように、極めて深刻な状況にあることがうかがえる。1990年代には米州開発銀行、日本政府(JICA)の協力により湾内の水質改善事業が始まったものの、未だ完全な浄化には至っておらず、人により捨てられたゴミが大量に放置されており、犬や猫の死骸やテレビ、ソファ、靴などがあふれていて、地元生物学者から「巨大なトイレ」と呼ばれるありさまとなっている。.

新しい!!: フランスとグアナバラ湾 · 続きを見る »

グアドループ

アドループ(Guadeloupe)は、カリブ海に浮かぶ西インド諸島のなかのリーワード諸島の一角をなす島嶼群であり、フランスの海外県である。最も大きい島はグアドループ島を結成している、バス・テール島とグランド・テール島で、他に、マリー・ガラント島、ラ・デジラード島、プティト・テール諸島、レ・サント諸島などの島々からなる。サン・マルタン島とサン・バルテルミー島はグアドループに属していたがそれぞれ分離して独自のフランス海外準県となった。 フランスの海外県。面積1,703km、人口403,800人(2014年1月1日)。時間帯はUTC-4、国番号は590で、ドメイン名は.gpである。.

新しい!!: フランスとグアドループ · 続きを見る »

ケルト人

● - 紀元前400年 ケルト人(ケルトじん、Celt, Kelt, Celt では とも)は、中央アジアの草原から馬と車輪付きの乗り物(戦車、馬車)を持ってヨーロッパに渡来したインド・ヨーロッパ語族ケルト語派の言語を用いていた民族である。 古代ローマ人からはガリア人とも呼ばれていたが、「ケルト人」と「ガリア人」は必ずしも同義ではなく、ガリア地域に居住してガリア語またはゴール語を話した人々のみが「ガリア人」なのだとも考えられる。 ブリテン諸島のアイルランド、スコットランド、ウェールズ、コーンウォール、コーンウォールから移住したブルターニュのブルトン人などにその民族と言語が現存している。 現在のケルトという言葉は、言語・文化の区分を示すための近現代になってから作られた用語であり、古代から中世において右図で表されている地域の住民が「ケルト人」として一体的な民族意識を持っていたとは考えられていない。そのため歴史学などでは、「ケルト人(Celts)」という言葉は使わず、「ケルト系(Celtic)」という言葉を便宜的に使っている。.

新しい!!: フランスとケルト人 · 続きを見る »

ケンゾー

ンゾー(KENZO)はデザイナー高田賢三が設立したファッションブランドである。パリ1区サントノレ通り北側ヴィクトワール広場界隈に本店がある。.

新しい!!: フランスとケンゾー · 続きを見る »

ケーキ

ーキ(英語:)は、洋菓子の一種。 日本語で単にケーキというと、一般には、スポンジケーキにクリームを塗り果物を載せたものを指すが、広義では、チーズケーキやフルーツケーキなどクリームも果物も載せないものや、クッキーを砕いた土台の上にクリームチーズの生地を敷き、冷やして固めたレアチーズケーキなど、様々な種類を指すこともある。多くのケーキは何らかの穀物の粉末(多くは小麦粉)、結着剤(多くは鶏卵や小麦粉に含まれるグルテン)、油脂(植物油、バター、ラード、シュマルツなど)、水分(水、牛乳、バターミルク、果物のピュレーなど)、膨張剤(酵母、重曹、ベーキングパウダーなど)を配合して作られる。また、欧米では焼き菓子のことを広く「ケーキ類」を示す語で指す。 なお、英語の用法では密度の高い食感の固形の食べ物や、石鹸などといった食品以外の固形物をcakeと呼ぶことがある。例としてはフィッシュケイク(fish cake=蒲鉾)、ライスケイク(rice cake=餅)、イエローケーキ(yellow cake=ウラン精鉱の別称)などがある。 店頭で販売されるときは、「ホール」単位、あるいは切り分けられて「ピース」単位で販売されることが多い。.

新しい!!: フランスとケーキ · 続きを見る »

ケベック州

ベック州(Le Québec ケベク、Quebec 、 クェベック、ケベック)は、カナダ東部の州の1つである。公式の綴りはフランス語(公用語)、英語ともにアキュート・アクセントの付いたQuébecである。略語QC、Que.またはPQ(Province du Québecの略)。カナダ国内では唯一、フランス語のみを公用語に定めている。 総面積1,542,056平方キロ、人口829万4656人(2016年推計)。スペイン・ポルトガル・フランス本土・オーストリア・イタリアを足し合わせた面積に相当し、インドの約半分、日本列島(北海道、本州、四国、九州および周辺の島々)の約4倍である。人口はポルトガルや東京23区よりやや少なく、ニューヨーク市や大ロンドン、オーストリアの総人口に相当する。カナダの州・準州の中では、面積はヌナブト準州に次いで第2位、人口はオンタリオ州に次いで第2位である。州都はケベック市だが、州最大の都市はモントリオール。モントリオール市はフランス語圏の都市としてはパリ・キンシャサに次ぐ規模の都市であり、北米大陸でも重要な地位を占めている。また、ケベック州の人口の約半分がモントリオール大都市圏に集中している。.

新しい!!: フランスとケベック州 · 続きを見る »

ゲルマン人

1世紀のゲルマニア。スエビ人(おそらくケルト系が主)やヴァンダル人(おそらくスラヴ系が主)など、母語がゲルマン語派の言語かどうかが怪しまれている民族も含まれている。 ゲルマン人(ゲルマンじん、ドイツ語:Germanen)は、現在のドイツ北部・デンマーク・スカンディナヴィア南部地帯に居住していたインド・ヨーロッパ語族 - ゲルマン語派に属する言語を母語とする諸部族・民族百科事典マイペディア、平凡社。。先史時代,歴史時代初めのゲルマン語を話す部族および部族連合を原始ゲルマン人、または古ゲルマン人と呼ぶ日本大百科全書(ニッポニカ)「ゲルマン人」平城照介。原始ゲルマン人は中世初期に再編されゲルマン民族となり、4世紀以降フン人の西進によって、ゲルマン系諸民族は大移動を開始し、ローマ領内の各地に建国して、フランク、ヴァンダル、東ゴート・西ゴート、ランゴバルドなどの新しい部族が形成された。 原始ゲルマン人は現在のデンマーク人、スウェーデン人、ノルウェー人、アイスランド人、アングロ・サクソン人、オランダ人、ドイツ人などの祖先となった。アングロ・サクソン人になったゲルマン人系部族にはアングル人、サクソン人、ジュート人、フリース人がいた岩谷道夫「スエービーとアレマンネン」法政大学キャリアデザイン学部、2004。.

新しい!!: フランスとゲルマン人 · 続きを見る »

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル

ルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル(Georg Wilhelm Friedrich Hegel, 1770年8月27日 - 1831年11月14日)は、ドイツの哲学者である。ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ、フリードリヒ・シェリングと並んで、ドイツ観念論を代表する思想家である。18世紀後半から19世紀初頭の時代を生き、領邦分立の状態からナポレオンの侵攻を受けてドイツ統一へと向かい始める転換期を歩んだ。 シュトゥットガルトのヘーゲルハウスにあるポートレイト.

新しい!!: フランスとゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル · 続きを見る »

コム・デ・ギャルソン

ム・デ・ギャルソンのロゴ コム・デ・ギャルソン青山店(2006年4月14日撮影。2012年4月以降、外装および内装は異なっている。) コム・デ・ギャルソン(COMME des GARÇONS、略称: CDG)は、日本のファッションデザイナー・川久保玲が1969年に設立したプレタポルテ(高級既製服)ブランド。通称ギャルソン。.

新しい!!: フランスとコム・デ・ギャルソン · 続きを見る »

コムギ

ムギ(小麦)はイネ科コムギ属に属する一年草の植物。一般的にはパンコムギ(学名: Triticum aestivum)を指すが、広義にはクラブコムギ(学名: Triticum compactum)やデュラムコムギ(学名: Triticum durum)などコムギ属(学名: Triticum)の植物全般を指す。世界三大穀物の一つ。古くから栽培され、世界で最も生産量の多い穀物のひとつである。年間生産量は約7.3億トンであり、これはトウモロコシの約10.4億トンには及ばないが、米の約7.4億トンにほぼ近い(2014年)。 他の三大穀物と同じく基礎食料であり、各国で生産された小麦はまずは国内で消費され、剰余が輸出される。 日本国内において、麦(小麦・大麦・はだか麦)は食糧法により価格統制が存在する。.

新しい!!: フランスとコムギ · 続きを見る »

コモロ諸島

モロ諸島(コモロしょとう、、)は、アフリカ大陸東南部、マダガスカル島とモザンビークの間にある諸島。主にグランドコモロ島(ンジャジジャ島)、アンジュアン島(ムズワニ島)、モヘリ島(ムワリ島)、マヨット島の4島から成り、最大の島はグランドコモロ島。このうち前者3島はコモロ連合、マヨット島はフランスの統治下にある。この諸島の近海でシーラカンスが発見され、一躍この地は有名になった。 産業はバニラなどの香料生産と、若干の農業・漁業があるが、コモロ領の3島の経済事情は厳しく、生活水準も貧しい。他方、マヨット島は、フランスからの援助や開発により、住民の生活水準はコモロ領の島々より格段に高い。.

新しい!!: フランスとコモロ諸島 · 続きを見る »

コルシカ島

ルシカ島(コルシカとう、Corsica)、または、コルス島(コルスとう、Corse、)は、地中海西部、イタリア半島の西に位置するフランス領の島である。面積は約8,680km2(日本の広島県と同程度)と、地中海ではシチリア島、サルデーニャ島、キプロス島に次いで4番目に大きく、人口は約30.2万人である。 フランス皇帝ナポレオン1世の出身地として知られ、1980年代にはコルシカ民族解放戦線(FLNC)が活動して爆弾テロ事件を頻発させていたことでも知られる。.

新しい!!: フランスとコルシカ島 · 続きを見る »

コルシカ人

ルシカ人(英語:Corsican people)はインド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属するトスカーナ系民族で、主にコルシカ島に分布する。.

新しい!!: フランスとコルシカ人 · 続きを見る »

コルシカ語

ルシカ島を走るD80道路の標識。コルシカ愛国主義者によってフランス語の部分が塗り潰されている コルシカ語(Corsu)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語。フランスのコルシカ島(コルス島)およびこの島の出身者が多く居住するパリやマルセイユの集住地区で使われる。フランスでは言語人口統計は行っていないことからその詳細な数値は不詳であるが、推計値で約10万人とされる。 コルシカ島の住民はその多くがフランス語を用いているが、コルシカ語を第一言語とする話者も島の10%を占めている。第二言語として習得している住民に関しては島の半数を超えている。.

新しい!!: フランスとコルシカ語 · 続きを見る »

コレージュ

レージュ (Collège) とは、フランスの前期中等教育機関。4年制。リセの前段階であり、日本の小学校第6学年から中学校第3学年に相当。各学年は下から、第6級 (sixième)、第5級 (cinquième)、第4級 (quatrième)、第3級 (troisième) と呼ばれる。 フランスの教育制度 フランスの特別高等教育機関であるコレージュ・ド・フランスとは異なる。.

新しい!!: フランスとコレージュ · 続きを見る »

コンゴ共和国

ンゴ共和国(コンゴきょうわこく)は、中部アフリカに位置する共和制国家。東にコンゴ民主共和国、北にカメルーンと中央アフリカ、西にガボン、南にアンゴラの飛地カビンダと国境を接している。首都はブラザヴィル。 二つのコンゴとアンゴラ北部は15世紀頃まではコンゴ王国の一体的な領域だったが、16世紀にポルトガルによる征服を経た後に、19世紀のベルリン会議でベルギー領(現在のコンゴ民主共和国)とフランス領(現在のコンゴ共和国)とポルトガル領に分けられた。1970年から1991年までの期間は左翼クーデターによりコンゴ人民共和国だった。.

新しい!!: フランスとコンゴ共和国 · 続きを見る »

コートジボワール

ートジボワールの地図 コートジボワール共和国(コートジボワールきょうわこく)、通称コートジボワールは、西アフリカに位置する共和制国家。東にガーナ、北にブルキナファソ、マリ、西にギニア、リベリアと国境を接し、南は大西洋に面する。首都はヤムスクロ(ただし、実質上の首都機能は旧首都のアビジャンが担っている)。 かつて日本では意訳による漢字表記で「象牙海岸共和国」(ぞうげかいがんきょうわこく)と呼ばれていたが、後述の理由から現在は使用されない。.

新しい!!: フランスとコートジボワール · 続きを見る »

コーヒー

ーヒー コーヒー( )は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎し挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。歴史への登場は酒や茶には遅れるが、多くの国で飲用されている嗜好飲料である。家庭や飲食店、職場などで飲用され、コーヒーの専門ショップも多数存在する。抽出前の粉末や粉砕前の焙煎豆も、同じくコーヒーと呼ばれることもある。日本語では「珈琲」と当て字されているフリーランス雑学ライダーズ編『あて字のおもしろ雑学』 p.125 1988年 永岡書店。 世界各国において、コーヒーを提供する場の喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ、カフェー)は近代、知識人や文学、美術などさまざまな分野の芸術家の集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきた。さらに、貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産され、アメリカ、ヨーロッパ、日本など全世界に輸出されている。カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから医学・薬学の面から研究の対象となっている。.

新しい!!: フランスとコーヒー · 続きを見る »

コーカサス

ーカサス山脈 コーカサス()、またはカフカース、カフカス( (ラテン文字転写例: Kavkaz)、、、)は、黒海とカスピ海に挟まれたコーカサス山脈と、それを取り囲む低地からなる面積約44万km2の地域である。コーカサスの漢字表記は高加索。 英語のコーカサス、ロシア語のカフカースとも (Kaukasos; カウカーソス)に由来する。 「カウカーソス」自体は、一説に、古代スキタイ語のクロウカシス(白い雪)に由来するとされる。 コーカサス山脈を南北の境界として北コーカサスと南コーカサス(ザカフカジエ、ザカフカース、トランスカフカス、外カフカース)に分かれ、北コーカサスはロシア連邦領の北カフカース連邦管区および南部連邦管区に属する諸共和国となっており、南コーカサスは旧ソ連から独立した3共和国からなる。北コーカサス(ロシア)はヨーロッパに区分され、南コーカサスは西アジアに区分されることもあるがヨーロッパに区分されることもある。 全体的に山がちな地形で、山あいには様々な言語、文化、宗教をもった民族集団が複雑に入り組んで暮らしており、地球上でもっとも民族的に多様な地域であると言われる。 ケフィア発祥の地で、しばしば、この地方の人々は、ケフィアを飲んでいるために長寿であると喧伝されるが、統計的に見て、この地方の人々が長寿であるという科学的根拠はない。.

新しい!!: フランスとコーカサス · 続きを見る »

コニャック

ニャック (Cognac、) は、フランスにある同名の街コニャックから名付けられたブランデーの一種。シャラント県およびシャラント=マリティーム県におけるコニャック周辺のワイン生産地域で産出される。品質が良いことで知られ、同国のアルマニャックとともに高級ブランデーとされる。 生産にはアペラシオン・ドリジーヌ・コントロレの認証が与えられている。アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレの認証を得るには、その生産手法と商品名称において法で定められた一定の条件を満たすことが求められている。原料には主にユニ・ブランが主に用いられ、伝統的な銅製のポットスチルを用いた単式蒸留を2回行って得られたアルコール度数70%程度の精留分を、リムーザンもしくはトロンセ産のオークを使用した熟成樽で最低でも2年以上熟成する。ほとんどのコニャックは法的に定められた最低熟成年数より大幅に長い年月を樽の中で過ごす。そして最後に水で度数40%に希釈して製品とする。色付けに少量のカラメルを添加することもある。.

新しい!!: フランスとコニャック · 続きを見る »

コアビタシオン

アビタシオン(Cohabitation)とは、フランス語で「同居」、「同棲」を意味する名詞。転じて、フランス第五共和政において、所属勢力の異なる大統領と首相が共存する状態を指す。右派政党の大統領と左派政党の首相、逆に左派政党の大統領と右派政党の首相のような組み合わせのことを、特に「保革共存政権」などと呼ぶ。.

新しい!!: フランスとコアビタシオン · 続きを見る »

ココ・シャネル

・シャネル(Coco Chanel、1883年8月19日 - 1971年1月10日)は、20世紀に活動したフランスのファッションデザイナー。20世紀を代表するファッションデザイナーのひとりで、ファッションブランド「シャネル」の創業者。.

新しい!!: フランスとココ・シャネル · 続きを見る »

ゴルフ

ルフのフルスイング ゴルフ(スコットランド語: Gowf, 英語: Golf)は、コース(Course)においてクラブ(Club)といわれる道具で静止したボール(Ball)を打ち、ホール(Hole、カップとも)と呼ばれる穴にいかに少ない打数で入れられるかを競う球技の一種。一人で行う競技であり、対戦はコンペティティブ・ペーシェンスとして行われスコアで比較される。 スポーツとして広く親しまれているが、一般人によるプレイはレジャーとして位置付けられる場合が多い。漢字では孔球と表記される。.

新しい!!: フランスとゴルフ · 続きを見る »

シチリア王国

チリア王国(シチリアおうこく、Regnum Siciliae, Regno di Sicilia)は、中世から近世にかけて、シチリア島やイタリア半島南部を支配した王国。現在は、その領域はほぼイタリア共和国領の一部となっている。.

新しい!!: フランスとシチリア王国 · 続きを見る »

シモーヌ・ド・ボーヴォワール

モーヌ・リュシ=エルネスティーヌ=マリ=ベルトラン・ド・ボーヴォワール(Simone Lucie-Ernestine-Marie-Bertrand de Beauvoir、1908年1月9日 - 1986年4月14日)は、フランスの作家、哲学者。 サルトルの事実上の妻。サルトルの実存主義に加担するとともに、フェミニズムの立場から女性の解放を求めて闘った。.

新しい!!: フランスとシモーヌ・ド・ボーヴォワール · 続きを見る »

シャルル8世 (フランス王)

ャルル8世(Charles VIII, 1470年6月30日 - 1498年4月7日)は、ヴァロワ朝第7代のフランス王(在位:1483年 - 1498年)。温厚王(l'Affable)と呼ばれた。イタリア戦争を始めたフランス王として知られる。.

新しい!!: フランスとシャルル8世 (フランス王) · 続きを見る »

シャルルマーニュ

ャルルマーニュ(Charlemagne、)は、カナダケベック州モントリオール郊外の衛星都市。プレリー川(Rivière des Prairies)の北岸、モントリオールの都心から北東地点に位置している。2011年時点の人口は5853人。 このシャルルマーニュは世界的女性歌手セリーヌ・ディオンの出身地でもある。後に町議会はケベック州委員会の認可を伴わない形で CBC News Retrieved 2011-05-11町内のメインストリートを「セリーヌ・ディオン通り(Boulevard Céline-Dion)」と名付け、他にもディオンの出身地であることを示すモニュメントを建てている。シャルルマーニュはまた、政治家の出身地でもある。.

新しい!!: フランスとシャルルマーニュ · 続きを見る »

シャルル・ルルー

ャルル・エドゥアール・ガブリエル・ルルーこの項目全般について、「中村理平『洋楽導入者の軌跡-日本近代洋楽史序説-』」第10章を参考にした。(Charles Edouard Gabriel Leroux、1851年(嘉永4年)9月13日 - 1926年(大正15年)7月4日)は、フランス生まれの音楽家、作曲家、フランス陸軍大尉。勲四等瑞宝章、勲五等旭日章、レジオン・ド.

新しい!!: フランスとシャルル・ルルー · 続きを見る »

シャルル・フーリエ

フランソワ・マリー・シャルル・フーリエ(Francois Marie Charles Fourier、1772年4月7日 - 1837年10月10日)は、フランスの哲学者、倫理学者、社会思想家。「空想的社会主義者」を代表する人物の一人。.

新しい!!: フランスとシャルル・フーリエ · 続きを見る »

シャルル・ド・モンテスキュー

ャルル=ルイ・ド・モンテスキュー(Charles-Louis de Montesquieu、1689年1月18日 - 1755年2月10日)は、フランスの哲学者である。本名は、シャルル=ルイ・ド・スゴンダ (Charles-Louis de Secondat, baron de la Brède et de Montesquieu) で、とモンテスキュー (Montesquieu) を領地とする男爵 (baron) でもあった。.

新しい!!: フランスとシャルル・ド・モンテスキュー · 続きを見る »

シャルル・ド・ゴール

ャルル・アンドレ・ジョゼフ・ピエール=マリ・ド・ゴール(Charles André Joseph Pierre-Marie de Gaulle、1890年11月22日 - 1970年11月9日)は、フランスの貴族、陸軍軍人、政治家。フランス第18代大統領。第二次世界大戦で本国失陥後、ロンドンにロレーヌ十字の自由フランスを樹立しレジスタンスと共闘した。戦後すぐ首相に就任し、ロスチャイルド家やシュナイダー家といった金融資本家と関わりながら経済政策を展開した。1959年には大統領に就任した。.

新しい!!: フランスとシャルル・ド・ゴール · 続きを見る »

シャルル・ド・ゴール (空母)

ャルル・ド・ゴール (Porte-avions Charles de Gaulle, R 91) は、フランス海軍の航空母艦。同海軍初の原子力水上艦かつアメリカ海軍以外では唯一の原子力空母であり、2001年に就役した。.

新しい!!: フランスとシャルル・ド・ゴール (空母) · 続きを見る »

シャルル・アズナヴール

ャルル・アズナヴール(Charles Aznavour, 1924年5月22日 - )は、フランス・パリ出身のシンガーソングライター・俳優である。アルメニア系で、本名はシャアヌール・ヴァリナグ・アズナヴーリアン(Chahnour Varinag Aznavourian)。.

新しい!!: フランスとシャルル・アズナヴール · 続きを見る »

シャルトル大聖堂

夜景 尖塔 シャルトル大聖堂(シャルトルだいせいどう、フランス語名:Cathédrale Notre-Dame de Chartres)はフランスの首都パリからおよそ南西87kmほど離れた都市シャルトルに位置し、フランス国内において最も美しいゴシック建築のひとつと考えられている大聖堂。1979年にユネスコの世界遺産に登録されている。大聖堂はカトリック教会の教会州、シャルトル教区を置く。.

新しい!!: フランスとシャルトル大聖堂 · 続きを見る »

シャンソン

ャンソン は、フランス語の歌曲である。.

新しい!!: フランスとシャンソン · 続きを見る »

シュナイダーエレクトリック

ュナイダーエレクトリック(Schneider Electric SA)は、フランスのパリ近郊のリュエイユ=マルメゾンに本社を置く世界的な重電メーカー。エネルギーマネジメントのスペシャリスト。ユーロネクスト上場企業()。日本法人はドイツ語読みのシュナイダーと称するが、以前はフランス語読みでシュネデールエレクトリックと称した。.

新しい!!: フランスとシュナイダーエレクトリック · 続きを見る »

シュルレアリスム

ュルレアリスム(surréalisme、surrealism)は、フランスの詩人アンドレ・ブルトンが提唱した思想活動。一般的には芸術の形態、主張の一つとして理解されている。日本語で超現実主義と訳されている。シュルレアリスムの芸術家をシュルレアリスト(surréaliste)と呼ぶ。 日本ではフランス語と英語の発音が混同され「シュールレアリスム」、「シュールリアリスム」、「シュールレアリズム」、「シュールリアリズム」、「シュルレアリズム」、「シュルリアリズム」、「シュルリアリスム」といったバリエーションがあり、日本語のカタカナ表記においては様々である。 「シュール」は「非現実的」「現実離れ」の意味によく使われる。1970年代前後に「シュール」が日本の広告媒体で頻繁に使用された例がある。いずれにせよシュルレアリスム自体とは意味が異なる。 上記のように、日本語のシュールの用法、または「超現実」という日本語訳によって現実と完全に隔離された非現実を表現することと誤解されることが多い。 シュルレアリスムという名詞自体は詩人ギョーム・アポリネールの作品から引用された造語の固有名詞である。.

新しい!!: フランスとシュルレアリスム · 続きを見る »

シルヴィ・ヴァルタン

ルヴィ・ヴァルタン(Sylvie Vartan, 1944年8月15日 - )はフランスの歌手で、ライヴ・ステージが定評のエンターテイナー。音楽レパートリーはロックの他にジャズやバラードまで幅広い。ブルガリア生まれで8歳からフランス・パリ育ち。1961年リセ在学中の17歳でパリ・オランピア劇場に初出演。アメリカ音楽が台頭し始める中、ロック歌手としてデビュー。一方で、1964年「La plus belle pour aller danser」(邦題「アイドルを探せ」)が世界中で大ヒットした。以来、70年・80年代のパリ公演ロングランと国内外での長期公演ツアー黄金期を経て、ブランクなしに第一線で活動。定期的に新譜発表や国内外で公演をする。2011年11月にステージ・キャリア50周年を迎えた。1984年からアメリカ在住。(ロサンゼルスとパリ半々の生活を送る).

新しい!!: フランスとシルヴィ・ヴァルタン · 続きを見る »

シトロエン

トモビル・シトロエン (Automobiles Citroën)は、フランスの大手自動車メーカー。現在はPSA・プジョーシトロエン・グループの一企業である。 いち早い前輪駆動方式の採用や、窒素ガスを気体バネに用いて高圧油圧制御する独自のサスペンション機構「ハイドロニューマチック」の開発をしていたことで知られる。.

新しい!!: フランスとシトロエン · 続きを見る »

シベリア鉄道

広義のシベリア鉄道の路線(赤)と、バイカル・アムール鉄道(バム鉄道、緑) シベリア鉄道(シベリアてつどう、Транссибирская магистраль)とは、ロシア国内南部を東西に横断する鉄道。全長は9,297kmで、世界一長い鉄道である。これとは別に、第二シベリア鉄道(バイカル・アムール鉄道、バム鉄道)もある。.

新しい!!: フランスとシベリア鉄道 · 続きを見る »

ジネディーヌ・ジダン

ネディーヌ・ヤジッド・ジダン(Zinedine Yazid Zidane, カビル語:Zinəddin Lyazid Zidan、1972年6月23日 - )は、マルセイユ生まれの元サッカー選手。現サッカー指導者。愛称はジズー(Zizou)。選手としては1989年から2006年まで攻撃的ミッドフィルダーとして司令塔の役割だった。 FIFA最優秀選手賞、バロンドール、ゴールデンボール賞などの個人タイトルに加え、所属チームではワールドカップ、欧州選手権、トヨタカップ、チャンピオンズリーグなどの主要タイトルをすべて獲得した。UEFAゴールデンジュビリーポールでは、過去50年(1954年〜2003年)の欧州のサッカー選手として、フランツ・ベッケンバウアーやヨハン・クライフらを抑えて最も優れた選手に選ばれた。FIFA100選にも名を連ねている。 監督としてもレアル・マドリードの助監督やBチームの監督を務めた後にトップチームの監督に就任。就任1年目でクラブをチャンピオンズリーグ制覇に導いた。2017年には、史上初めてとなるチャンピオンズリーグ連覇を達成し、選手、監督双方でオンズドール、FIFA最優秀賞を受賞した初めての人物となった。 アルジェリアの少数民族カビール人(→ベルベル人)の両親の元に生まれたため、フランスでは「北アフリカ移民の星」としての象徴的な人気もある。.

新しい!!: フランスとジネディーヌ・ジダン · 続きを見る »

ジバンシィ

バンシィ (GIVENCHY) は、ユベール・ド・ジバンシィ(Hubert de Givenchy、1927年2月21日 - 2018年3月10日 )が1952年に設立したフランスのファッションブランド。ディオールやフェンディなどと同じLVMH系列に属する。.

新しい!!: フランスとジバンシィ · 続きを見る »

ジャポニスム

ャポニスム()は19世紀にヨーロッパで流行した日本趣味のこと。英語でジャポニズム()と表記されることもあるが、ヨーロッパ全土における一大潮流であることから、本稿では仏語の「ジャポニスム」に表記を統一する。.

新しい!!: フランスとジャポニスム · 続きを見る »

ジャン・バティスト・ルイ・グロ

ャン・バティスト・ルイ・グロ男爵、1858年 アクロポリス ジャン・バティスト・ルイ・グロ男爵(Jean-Baptiste Louis Gros、1793年 - 1870年)は、フランスの外交官で、初期のダゲレオタイプ撮影家の1人である。ボゴタ(1838年 - 1842年)およびアテネ(1850年)、フランス臨時代理大使を務め、またロンドンでは大使を務めた(1852年 - 1863年)。1857年と1858年には中国(清)と幕末の日本に外交使節として派遣されている。この間に多くのダゲレオタイプを撮影しているが、もっとも有名なのはアテナイのアクロポリスを撮影したものである。 グロ男爵はアロー戦争(1856年 - 1860年)に際しては、フランス軍の指揮を執っている。 1858年10月9日(安政5年9月3日)、江戸で日仏修好通商条約が締結されたが、グロ男爵はフランス側代表として、それに署名している。随員にはギュスターヴ・デュシェーヌ・ド・ベルクール(初代駐日フランス公使)やシャルル・ド・モンブラン(後に在フランス日本総領事となる)がおり、また通訳はメルメ・カション神父が務めた。 彼の撮影したダゲレオタイプは有名であるが、数は少ないものの、南アメリカの風景を描いた絵画も、そのリアリズムが印象的である。 1851年のロンドン万国博覧会において、彼の姿が写真撮影されている。 1858年(安政5年)の日仏修好通商条約から数えて、国交開始150周年となる2008年に、日仏両国の代表的な人物の記念切手が発売された。グロ男爵はその「幕末シリーズ」10人の中に選ばれている。.

新しい!!: フランスとジャン・バティスト・ルイ・グロ · 続きを見る »

ジャンヌ・ダルク

ャンヌ・ダルク(Jeanne d'Arc、古綴:Jehanne DarcD'Arc という綴りは近世になって変化してできたもので、15世紀当時には姓にアポストロフをつける習慣は無かった。公式の記録などでは Darc, Dars, Day, Darx, Dare, Tarc, Tart, Dart などと書かれる。ジャンヌ自身は Jehanne と綴ったといわれている and; it is also noted in Pernoud and Clin).

新しい!!: フランスとジャンヌ・ダルク · 続きを見る »

ジャンセニスム

ャンセニスム(Jansénisme)は17世紀以降流行し、カトリック教会によって異端的とされたキリスト教思想。ヤンセニズム、ヤンセン主義ともいわれる。人間の意志の力を軽視し、腐敗した人間本性の罪深さを強調した。ネーデルラント出身の神学者コルネリウス・ヤンセン(1585年-1638年)の著作『アウグスティヌス』の影響によって、特にフランスの貴族階級の間で流行したが、その人間観をめぐって激しい論争をもたらした。.

新しい!!: フランスとジャンセニスム · 続きを見る »

ジャン=バティスト・リュリ

ャン=バティスト・リュリ(Jean-Baptiste Lully', 1632年11月28日 - 1687年3月22日)は、フランス盛期バロック音楽の作曲家。ルイ14世の宮廷楽長および寵臣として、フランス貴族社会で権勢をほしいままにした。元はジョヴァンニ・バッティスタ・ルッリ(Giovanni Battista Lulli)という名でイタリア人だったが、1661年にフランス国籍を取得した。.

新しい!!: フランスとジャン=バティスト・リュリ · 続きを見る »

ジャン=バティスト・コルベール

ャン・バティスト・コルベール(Jean-Baptiste Colbert, 1619年8月29日 - 1683年9月6日)は、17世紀のブルボン朝フランスの政治家。ルイ14世の財務総監(現在の大蔵大臣・財務大臣に相当するが、「省」レベルの規模の官庁を必ずしも指揮下に置かない)を長年務めた。 「国債は厄介者で、金利生活者はパラサイトである」と述べ、1661年と1664年に債務の元利をざっくりカットした。債権者側とおぼしき者に容赦なく罰金を課して、債券や担保を請負人に徴収させた。法定金利の引き下げ(5.56%から5%へ)も行っている。.

新しい!!: フランスとジャン=バティスト・コルベール · 続きを見る »

ジャン=ポール・サルトル

ャン.

新しい!!: フランスとジャン=ポール・サルトル · 続きを見る »

ジャン=リュック・ゴダール

ダールのサイン ジャン=リュック・ゴダール (Jean-Luc Godard, 1930年12月3日 - ) は、フランス・スイスの映画監督、編集技師、映画プロデューサー、映画批評家、撮影監督、俳優である。パリに生まれる。ソルボンヌ大学中退。ヌーヴェルヴァーグの旗手。.

新しい!!: フランスとジャン=リュック・ゴダール · 続きを見る »

ジャン=ピエール・パパン

ャン=ピエール・パパン(Jean-Pierre Papin、1963年11月5日 - )は、フランス、ブローニュ=シュル=メール出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはFW(センターフォワード)。フランスサッカー史上最も優れたストライカーの一人であり、1991年度のバロンドール受賞者である-FIFA.com 03.Nov.2013。.

新しい!!: フランスとジャン=ピエール・パパン · 続きを見る »

ジャン=フィリップ・ラモー

ャン=フィリップ・ラモー(Jean-Philippe Rameau, 1683年9月25日 - 1764年9月12日)は、フランス・バロック音楽の作曲家・音楽理論家。フランス語オペラの作曲家としてジャン=バティスト・リュリに取って代わったが、ジャン=ジャック・ルソーによって攻撃されることとなった。.

新しい!!: フランスとジャン=フィリップ・ラモー · 続きを見る »

ジャン=ジャック・ルソー

ャン=ジャック・ルソー(Jean-Jacques Rousseau、1712年6月28日 - 1778年7月2日)は、フランス語圏ジュネーヴ共和国に生まれ、主にフランスで活躍した哲学者、政治哲学者、作曲家。.

新しい!!: フランスとジャン=ジャック・ルソー · 続きを見る »

ジャック・ネッケル

ョゼフ・デュプレシスの原作に基づくコピー《ジャック・ネッケルの肖像》1783年のサロンに出品 ジャック・ネッケル ジャック・ネッケル(Jacques Necker, 1732年9月30日 - 1804年4月9日)は、フランス革命前夜に活動したフランス王国の銀行家、政治家。父親はプロイセンの人で、スイスのジュネーヴで公法の教授であった。そのため、ジュネーヴで生まれ、パリで銀行家として成功した。彼は貴族ではなくブルジョワであったため、フランスでは第三身分であり、一般庶民には人気があった。 1773年に『コルベール讃』を発表しアカデミー・フランセーズに顕彰される。続いて1775年4月19日に『立法と穀物取引についての試論』を発表し、当時の財務総監テュルゴーの穀物取引自由化政策を批判した。1776年にテュルゴーの失脚をうけて後任に就任する。すでにフランス財政は火の車であり、財政立て直しのため、国王ルイ16世に請われての就任だった。ネッケルは外国人だったため、財務総監ではなく財務長官という肩書きであったが、財務長官の実質的な権限は財務総監と同じであった。 王妃マリー・アントワネットとその寵臣に質素倹約を進言したため、王妃や保守派貴族たちに疎まれ、フランスの財政再建は進まないまま、1781年にルイ16世によって罷免された。 しかし、後任のカロンヌ、ロメニー・ド・ブリエンヌらが、特権階級である貴族への課税を試みた結果、失敗して辞任するに至り、1788年に再びネッケルの登板が求められた。ネッケルはそこで、世論を味方につけて財政改革を行おうと考え、三部会の開催を就任の条件とした。一向に改革が進行しない状況にルイ16世も焦り、三部会の開催を許可する。しかし財政改革は、利権を手放すことを拒否した保守派貴族たちによって阻止された。 1789年7月11日、マリー・アントワネット一派の圧力もあり、財務長官職を解任される。ネッケル解任の知らせは、7月14日の民衆によるバスティーユ襲撃が起きた要因の一つである。7月16日、バスティーユ襲撃を受けて再び財務長官に就任するが、財政再建策を見出せず、民衆の支持を失っていく。1790年9月4日に辞職し、生まれ故郷のジュネーヴに引退する。 従兄弟にアルバート・ギャラティン、娘に文人として活躍したスタール夫人(アンヌ・ルイーズ・ジェルメーヌ・ネッケル)がいる。.

新しい!!: フランスとジャック・ネッケル · 続きを見る »

ジャック・ラカン

ャッ.

新しい!!: フランスとジャック・ラカン · 続きを見る »

ジャック・デリダ

ャック・デリダ(Jacques Derrida, 1930年7月15日 - 2004年10月8日)は、フランスの哲学者である。フランス領アルジェリア出身のユダヤ系フランス人。一般にポスト構造主義の代表的哲学者と位置づけられている。エクリチュール(書かれたもの、書法、書く行為)の特質、差異に着目し、脱構築(ディコンストラクション)、散種、差延等の概念などで知られる。エトムント・フッサールの現象学に関する研究から出発し、フリードリヒ・ニーチェやマルティン・ハイデッガーの哲学を批判的に継承し発展させた。哲学のみではなく、文学、建築、演劇など多方面に影響を与えた。またヨーロッパだけでなくアメリカ、日本など広範囲に影響を与えた。国際哲学コレージュの初代議長でもある。代表的な著作に『グラマトロジーについて』、『声と現象』、『エクリチュールと差異』などがある。.

新しい!!: フランスとジャック・デリダ · 続きを見る »

ジャック・オッフェンバック

ャック・オッフェンバック(Jacques Offenbach, 1819年6月20日 - 1880年10月5日)は、ドイツ生まれでフランスで活躍(後に帰化)した作曲家、チェリストである。ジャック・オッフェンバックは父親の出身地(ドイツ・フランクフルト近郊のオッフェンバッハ・アム・マイン)からとったペンネームで、本名はヤーコプ・レヴィ・エーベルスト(Jakob Levy Eberst)。オペレッタの原型を作ったといわれ、音楽と喜劇との融合を果たした作曲家である。なお、ドイツ語読みでオッフェンバッハと呼ばれることもある。.

新しい!!: フランスとジャック・オッフェンバック · 続きを見る »

ジャック・カルティエ

ャック・カルティエ(Jacques Cartier、1491年12月31日 - 1557年9月1日)は、フランス・ブルターニュ地方サン・マロ出身のブルトン人探検家・北米への侵略者。セントローレンス湾とセントローレンス川岸にヨーロッパ出身者として初めて到達し、イロコイ族の言葉からその周辺の土地を「カナダ」と名付け記述したことで知られる。 北米大陸へ3度の探検を行い、プリンス・エドワード島やセントローレンス河口に到達、現在のケベックに上陸し、後のフランスによるカナダ領有の基礎を築いた。.

新しい!!: フランスとジャック・カルティエ · 続きを見る »

ジャック・シラク

ャック・ルネ・シラク(, 1932年11月29日 - )は、フランスの政治家。国民運動連合所属。 シラクはヴァレリー・ジスカール・デスタン大統領、及び第1次コアビタシオンで大統領のフランソワ・ミッテランのもとで首相(在任・1974年5月27日 - 1976年8月26日、1986年3月20日 - 1988年5月10日)、第22代フランス大統領(第五共和政)およびアンドラ公国共同元首(在任・1995年5月17日 - 2007年5月16日)を歴任した。.

新しい!!: フランスとジャック・シラク · 続きを見る »

ジャック=ルイ・ダヴィッド

ャック=ルイ・ダヴィッド(、1748年8月30日 - 1825年12月29日)は、フランスの新古典主義の画家。18世紀後半から19世紀前半にかけて、フランス史の激動期に活躍した、新古典主義を代表する画家である。.

新しい!!: フランスとジャック=ルイ・ダヴィッド · 続きを見る »

ジャック=ベニーニュ・ボシュエ

ボシュエ司教像、イアサント・リゴー画、ルーヴル美術館蔵 ジャック=ベニーニュ・ボシュエ (Jacques-Bénigne Bossuet、1627年9月27日 - 1704年4月12日)は、フランスのカトリック司教・神学者。レーグル・ド・モー(L'Aigle de Meaux.

新しい!!: フランスとジャック=ベニーニュ・ボシュエ · 続きを見る »

ジャガイモ

花 地上部 '''ジャガイモ'''のアミノ酸スコアhttp://www.nal.usda.gov/fnic/foodcomp/search/『タンパク質・アミノ酸の必要量 WHO/FAO/UNU合同専門協議会報告』日本アミノ酸学会監訳、医歯薬出版、2009年5月。ISBN 978-4263705681 邦訳元 ''http://whqlibdoc.who.int/trs/WHO_TRS_935_eng.pdf Protein and amino acid requirements in human nutrition'', Report of a Joint WHO/FAO/UNU Expert Consultation, 2007 thumb ジャガイモ(馬鈴薯〈ばれいしょ〉、、学名:Solanum tuberosum L.)は、ナス科ナス属の多年草の植物。デンプンが多く蓄えられている地下茎が芋の一種として食用とされる。.

新しい!!: フランスとジャガイモ · 続きを見る »

ジャコモ・マイアベーア

ャコモ・マイアベーア(またはマイヤベーア、Giacomo Meyerbeer, 1791年9月5日 - 1864年5月2日)は、ユダヤ系ドイツ人の歌劇作曲家。本名はヤーコプ・リープマン・ベーア (Jacob Liebmann Beer) 。.

新しい!!: フランスとジャコモ・マイアベーア · 続きを見る »

ジャズ

ャズ(jazz)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ南部の都市を中心に派生した音楽形式。西洋楽器を用いた高度な西洋音楽の技術と理論、およびアフリカ系アメリカ人の独特のリズム感覚と音楽形式とが融合して生まれた。演奏の中にブルー・ノート、シンコペーション、スウィング、コール・アンド・レスポンス(掛け合い演奏)、インプロヴィゼーション、ポリリズム(複合リズム)などの要素を組み込んでいることが、大きな特徴とされている。 その表現形式は自由なものだった。また、初期からポール・ホワイトマンやビックス・バイダーベックらの白人ミュージシャンも深くかかわり、黒人音楽であると同時に人種混合音楽でもあった。演奏技法なども急速に発展した。20世紀後半には世界の多くの国々で、ジャズが演奏されるようになった。.

新しい!!: フランスとジャズ · 続きを見る »

ジュラ山脈

ュラ山脈(人工衛星の処理画像) ジュラ山脈(ジュラさんみゃく、フランス語:Massif du Jura、ドイツ語:Französischen Jura、イタリア語:Massiccio del Giura、英語:Jura Mountains)は、アルプス山脈の西端をなすスイスアルプスより北に位置する山脈。スイスアルプスとの谷合いにスイス高原を形成する。 古来、ジュラ山脈は、フランス地方とスイス、イタリア地方の地理的・文化的な境界の一つとして機能してきており、現在はフランスとスイスの国境をなしている。.

新しい!!: フランスとジュラ山脈 · 続きを見る »

ジュール・マザラン

ュール・マザラン(Jules Mazarin, 1602年7月14日 - 1661年3月9日)は、17世紀フランス王国の政治家、枢機卿。イタリア人でイタリア名はジュリオ・マッツァリーノ(Giulio Mazarino)。ラテン語形はユリウス・ライムンドゥス・マザリヌス(Iulius Raimundus Mazarinus)なので、ジュール・レーモン・マザランとも。.

新しい!!: フランスとジュール・マザラン · 続きを見る »

ジュール・リメ

ジュール・リメ(Jules Rimet 1873年10月14日-1956年10月16日)は1919年から1945年まで、フランスサッカー連盟(FFF)会長を、1921年から1954年まで国際サッカー連盟(FIFA)会長を務めた人物。オート=ソーヌ県出身。 FIFA会長として1930年から始まったFIFAワールドカップの実現に尽力した。これを記念してFIFAワールドカップトロフィーの最初のトロフィーは、彼の名前を冠してジュール・リメ・カップと呼ばれていた。 1956年にパリで死去。 Category:FIFA会長 Category:オート=ソーヌ県出身の人物 Category:1873年生 Category:1956年没.

新しい!!: フランスとジュール・リメ · 続きを見る »

ジュール・ヴェルヌ

ュール・ガブリエル・ヴェルヌ(、1828年2月8日 - 1905年3月24日)は、フランスの小説家。ハーバート・ジョージ・ウェルズとともにサイエンス・フィクション(SF)の開祖として知られ、SFの父とも呼ばれる。.

新しい!!: フランスとジュール・ヴェルヌ · 続きを見る »

ジュディス・バトラー

ュディス・バトラー(Judith P. Butler、1956年2月24日 - )は、アメリカ合衆国の哲学者、ジェンダー理論家である。政治哲学、倫理学、フェミニズムやクィア理論の領域にかかわる研究を行っている。現在、カリフォルニア大学バークレー校修辞学・比較文学科教授。.

新しい!!: フランスとジュディス・バトラー · 続きを見る »

ジョルジュ・ブラック

ョルジュ・ブラック(Georges Braque, 1882年5月13日 - 1963年8月31日)は、フランスの画家。パブロ・ピカソと共にキュビスムの創始者のひとり。ピカソよりも画家としてのキャリアでは劣ったが、絵画における発明の才はピカソも一目を置いた。第一次世界大戦を挟んで画風は一変するが、生涯に渡って絵を書き続けた画家である。仲間から「白い黒人」と描写されるほど体格が良く、また好んでスーツを着るハンサムであった。.

新しい!!: フランスとジョルジュ・ブラック · 続きを見る »

ジョルジュ・ビゼー

ョルジュ・ビゼー(Georges Bizet, 1838年10月25日 - 1875年6月3日)は、19世紀フランスの作曲家である。 代表作に『カルメン』、『アルルの女』、『真珠採り』、『美しきパースの娘(日本では作中のセレナードの旋律が「小さな木の実」に転用され有名)』など。.

新しい!!: フランスとジョルジュ・ビゼー · 続きを見る »

ジョルジュ・ソレル

ョルジュ・ソレル(Georges Sorel、1847年11月2日 - 1922年8月29日)は、革命的サンディカリスムのフランス人の哲学者、社会理論家。.

新しい!!: フランスとジョルジュ・ソレル · 続きを見る »

ジョー=ウィルフリード・ツォンガ

ョー=ウィルフリード・ツォンガ(Jo-Wilfried Tsonga, 1985年4月17日 - )は、フランス・ル・マン出身の男子プロテニス選手。これまでにATPツアーでシングルス16勝、ダブルス4勝を挙げている。自己最高位ランキングはシングルス5位、ダブルス33位。身長188cm、体重91kg。右利き、。 2008年全豪オープン男子シングルス準優勝、2011年ATPワールドツアー・ファイナル準優勝、マスターズ1000優勝2回。 ツォンガはすべてのグランドスラムでベスト8進出を果たしてる数少ない現役選手の1人であり、グランドスラム通算でBIG4全員に勝利した初の選手である。.

新しい!!: フランスとジョー=ウィルフリード・ツォンガ · 続きを見る »

ジョニー・ハリデー

ョニー・ハリデー(Johnny Hallyday, 1943年6月15日 - 2017年12月5日)は、フランス・パリ出身の歌手、俳優。.

新しい!!: フランスとジョニー・ハリデー · 続きを見る »

ジル・ドゥルーズ

ル・ドゥルーズ(Gilles Deleuze, 1925年1月18日 - 1995年11月4日)は、フランスの哲学者。パリ第8大学で哲学の教授を務めた。20世紀のフランス現代哲学を代表する哲学者の一人であり、ジャック・デリダなどとともにポスト構造主義の時代を代表する哲学者とされる。ただし、同時代のあらゆる哲学者にとって他称でしかない「ポスト構造主義」というカテゴライズについて、ドゥルーズ本人は否定している(本頁「哲学史上の意義」の節を参照)。.

新しい!!: フランスとジル・ドゥルーズ · 続きを見る »

ジル・シモン

ル・シモン(Gilles Simon, 1984年12月27日 - )は、フランス・ニース出身の男子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス6位、ダブルス117位。これまでにATPツアーでシングルス13勝を挙げている。身長182cm、体重70kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。 2008年テニス・マスターズ・カップベスト4。マスターズ1000準優勝2回。.

新しい!!: フランスとジル・シモン · 続きを見る »

ジークムント・フロイト

ークムント・フロイト(、1856年5月6日1939年9月23日)は、オーストリアの精神医学者、精神分析学者、精神科医。オーストリアのモラヴィア辺境伯領のユダヤ人の家庭に生まれた。神経病理学者を経て精神科医となり、神経症研究、心的外傷論研究(PTSD研究)、自由連想法、無意識研究を行い、さらに精神力動論を展開した。精神分析学の創始者として知られる。 非常に詳細で精密な観察眼を示す症例報告を多数残した。それらは、現在においても次々と新しい角度から研究されている。フロイトの提唱した数々の理論は、のちに弟子たちによって後世の精神医学や臨床心理学などの基礎となったのみならず、20世紀以降の文学・芸術・人間理解に広く甚大な影響を与えた。弟子たちは、フロイトの考え方のどこかしらを批判した上でこれを受け継ぎ、様々な学派に分岐し、それぞれ独自の理論を展開していった。現代思想、特に大陸哲学、フランス現代思想の哲学者(ジャック・ラカン、ジャック・デリダ、フェリックス・ガタリなど多数)に大きな影響を与え、精神分析を基調とする哲学の創始者とされる。人間が意識していないいわゆる「無意識」を初めて扱ったフロイトの精神分析は、「無意識の哲学」として非常に重要なものであり、精神分析を広く援用する大陸現代思想に大きな影響を及ぼした。 フロイトは精神科医であり、精神医学(そのなかで彼が創始した精神分析学)の研究者・学者である。他方、フロイトが「心理学者」であるか否かは「心理学」という語をどのように定義するかによって異論が存在するが、少なくともフロイト自身は著作の中で自分を心理学者だと述べている。現代思想、哲学を解説する書物では広義の哲学者とされることもある。 タビストック・クリニックには銅像が作られた。.

新しい!!: フランスとジークムント・フロイト · 続きを見る »

ジブチ

ブチ共和国(ジブチきょうわこく)、通称ジブチは、アフリカ北東部に位置する共和制国家。首都はジブチ市。公用語はアラビア語でアラビア半島に極めて近いアラブ連盟の加盟国であるため、中東に含まれる場合もある。エリトリア、エチオピア、ソマリアと接し、紅海、アデン湾に面する。.

新しい!!: フランスとジブチ · 続きを見る »

ジブラルタル

ブラルタル(Gibraltar)は、イベリア半島の南東端に突き出した小半島を占める、イギリスの海外領土。.

新しい!!: フランスとジブラルタル · 続きを見る »

スペイン

ペイン王国(スペインおうこく、Reino de España)、通称スペインは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置し、同半島の大部分を占める立憲君主制国家。西にポルトガル、南にイギリス領ジブラルタル、北東にフランス、アンドラと国境を接し、飛地のセウタ、メリリャではモロッコと陸上国境を接する。本土以外に、西地中海のバレアレス諸島や、大西洋のカナリア諸島、北アフリカのセウタとメリリャ、アルボラン海のアルボラン島を領有している。首都はマドリード。.

新しい!!: フランスとスペイン · 続きを見る »

スペイン継承戦争

ペイン継承戦争(スペインけいしょうせんそう、Guerra de Sucesión Española)は、18世紀初めにスペイン王位の継承者を巡ってヨーロッパ諸国間で行われた戦争(1701年 - 1714年)。また、この戦争において北アメリカ大陸で行われた局地戦はアン女王戦争と呼ばれる。.

新しい!!: フランスとスペイン継承戦争 · 続きを見る »

スラヴォイ・ジジェク

ラヴォイ・ジジェク スラヴォイ・ジジェク(Slavoj Žižek、1949年3月21日 - )は、スロベニアの哲学者である。.

新しい!!: フランスとスラヴォイ・ジジェク · 続きを見る »

スロベニア

ベニア共和国(スロベニアきょうわこく、Slovenija: )、通称スロベニア、スロヴェニアは、中央ヨーロッパに位置する国で 、主要なヨーロッパの文化や交易の交差路である。.

新しい!!: フランスとスロベニア · 続きを見る »

スーダン

ーダン共和国(スーダンきょうわこく、جمهورية السودان、Republic of the Sudan)、通称スーダンは、北東アフリカに位置する国家である。首都はハルツームである。エジプト、リビア、チャド、中央アフリカ、南スーダン、エチオピア、エリトリアと国境を接し、東は紅海に面している。 アルジェリア、コンゴ民主共和国に次いでアフリカ大陸で3位の面積を有する。2011年7月に南スーダン共和国が分離独立する前は、面積2,505,813km2とアフリカ大陸最大の国土を有していた。.

新しい!!: フランスとスーダン · 続きを見る »

ストラスブール

トラスブール(仏・Strasbourg ストラズブールアルザス語:Schdroosburiシュトロースブーリ、アレマン語:Strossburiシュトロースブリ、Straßburg シュトラースブルク)は、グラン・テスト地域圏の首府である。バ=ラン県の県庁所在地でもある。 フランス北東部の、ライン川左岸に位置する。河川港を抱える交通の要衝である。対岸にはドイツの都市ケールが存在するが、シェンゲン協定によってパスポートチェック無しで自由に行き来できる。2007年6月10日にはTGV東ヨーロッパ線が開業し、パリ東駅と2時間20分で結ばれた。.

新しい!!: フランスとストラスブール · 続きを見る »

ストラスブールのグラン・ディル

トラスブールのグラン・ディル(Grande Île)は北フランスの都市ストラスブールの一区域で、歴史的に中心市街が栄えた区域である。1988年にその名称でユネスコの世界遺産リストに登録され、日本では「ストラスブールの旧市街」と意訳されることもしばしばある。2017年には世界遺産登録範囲がまで拡大された。 アルザス地域圏の中心地でありドイツに隣接しているストラスブールは、フランス以外のヨーロッパ文化の影響が強く見られ、グラン・ディルの町並みもラインラントの田園的な雰囲気とパリの雰囲気が融合した外見が特徴となっている。.

新しい!!: フランスとストラスブールのグラン・ディル · 続きを見る »

ストラスブール大学

1970年以降三つに分かれていたが、2009年1月1日に再統合された。.

新しい!!: フランスとストラスブール大学 · 続きを見る »

ストレーザ戦線

トレーザ戦線(ストレーザせんせん、イタリア語:Fronte di Stresa)は、1935年の会合によって成立したイタリア・イギリス・フランスによる連携。およそ2ヶ月ほどで崩壊した。.

新しい!!: フランスとストレーザ戦線 · 続きを見る »

スイス

イス連邦(スイスれんぽう)、通称スイスは中央ヨーロッパにある連邦共和制国家。永世中立国であるが、欧州自由貿易連合に加盟しているほかバチカン市国の衛兵はスイス傭兵が務めている。歴史によって、西欧に分類されることもある。 ドイツ、フランス、イタリア、オーストリア、リヒテンシュタインに囲まれた内陸に位置し、国内には多くの国際機関の本部が置かれている。首都はベルンで、主要都市にチューリッヒ、バーゼル、ジュネーヴ、ローザンヌなど。.

新しい!!: フランスとスイス · 続きを見る »

スウェーデン

ウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語: )、通称スウェーデンは、北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。首都はストックホルム。西にノルウェー、北東にフィンランドと国境を接し、南西にカテガット海峡を挟んでデンマークと近接する。東から南にはバルト海が存在し、対岸のロシアやドイツとの関わりが深い。法定最低賃金は存在しておらず、スウェーデン国外の大企業や機関投資家に経済を左右されている。.

新しい!!: フランスとスウェーデン · 続きを見る »

スウェーデン国立銀行

ウェーデン国立銀行(スウェーデンこくりつぎんこう、スウェーデン語:Sveriges Riksbank)は、スウェーデンの中央銀行である。リクスバンクとも。前身のストックホルム銀行時代にヨーロッパで最初の紙幣を発行した。しかし、リクスバンクは前身事業と完全に独立して創業した。受け継いだのは減価にめげることなく紙幣を発行する執念だった。 1968年、スウェーデン国立銀行の創立300周年を機にノーベル経済学賞が創設された。 同行は2015年2月に量的金融緩和政策をはじめた。約120億USドルの国債を購入する計画である。1月のインフレ率はすでに0.3パーセントにまで落ち込んでおり、デフレに陥る可能性が指摘されていた BBC News, Business, 12 Feb 2015。 歴代総裁は:en:Swedish National Bank#Governorsを参照されたい。.

新しい!!: フランスとスウェーデン国立銀行 · 続きを見る »

スエズ (会社)

(SUEZ S.A.) は、かつて存在した企業。1997年にスエズ運河会社がリヨン水道と合併し誕生した。フランス・パリに本社を置き、水道事業や電力事業、ガス事業などを行っていた。 1998-1999年、ベルギー総合会社をフォルティスグループへ売却した。 2006年2月25日、フランスガス公社(GDF) と合併すると発表。 2008年7月22日、合併しGDFスエズ(現:エンジー)となる。また、水道事業はスエズ・エンバイロメントに分割された。.

新しい!!: フランスとスエズ (会社) · 続きを見る »

スエズ運河

運河(スエズうんが、アラビア語:قناة السويس)は、エジプトのスエズ地峡(スエズちきょう)に位置し、地中海と紅海(スエズ湾)を結ぶ、海面と水平な人工運河である。船だけではなく、大東電信会社の電信ケーブルも運河を通った。.

新しい!!: フランスとスエズ運河 · 続きを見る »

スエズ運河会社

運河会社(スエズうんががいしゃ、、略して)は、1858年にフェルディナン・ド・レセップスが設立し、1859年から1869年までかけてスエズ運河を建設し、その後長年にわたって運河を保有し運営したエジプトの会社である。国際スエズ運河会社、万国スエズ運河会社などとも呼ばれる。当初は、フランスの民間投資者が過半の出資を行っており、エジプト側もかなりの出資をしていた。.

新しい!!: フランスとスエズ運河会社 · 続きを見る »

スカイチーム

イチーム(SkyTeam)は、メンバー20社による航空連合である。スローガンは英語で、「Caring more about you」である。貨物部門としてはスカイチーム・カーゴがある。会長はKLMオランダ航空出身のレオ・ファン・ヴァイク、本部はオランダのアムステルダムにある。.

新しい!!: フランスとスカイチーム · 続きを見る »

スキー

ー(skiing)とは、2枚もしくは1枚の専用の板を、両足に履き、雪上をより素早く降りるための移動手段として用いられている。 語源はノルウェー語で「薄い板」を指す「スキー」から。.

新しい!!: フランスとスキー · 続きを見る »

スコラ学

ラ学はラテン語「scholasticus」(学校に属するもの)に由来する言葉で、11世紀以降に主として西方教会のキリスト教神学者・哲学者などの学者たちによって確立された学問のスタイルのこと。このスコラ学の方法論にのっとった学問、例えば哲学・神学を特にスコラ哲学・スコラ神学などのようにいう。.

新しい!!: フランスとスコラ学 · 続きを見る »

スタンダール

タンダール(Stendhal、1783年1月23日 - 1842年3月23日)は、グルノーブル出身のフランスの小説家。本名はマリ=アンリ・ベール(Marie Henri Beyle)という。ペンネームのスタンダールはドイツの小都市シュテンダルに由来すると言われている。.

新しい!!: フランスとスタンダール · 続きを見る »

セネガル

ネガル共和国(セネガルきょうわこく、République du Sénégal )、通称セネガルは、西アフリカ、サハラ砂漠西南端に位置する共和制国家。北東にモーリタニア、東にマリ、南東にギニア、南にギニアビサウと国境を接している。セネガルはガンビア川の岸に沿った細長い国土を持つガンビアとも国境を接し、三方から囲んでいる。これによってセネガルの南部のカザマンス地方は残りの地域から隔てられている。西は大西洋に面し、カーボベルデと海上の国境を接している。セネガルの経済的・政治的首都はダカールである。セネガルは旧世界(アフロ・ユーラシア)の大陸部における最西の国である。国名の由来は東と北の国境となるセネガル川にある。「Senegal」という名前はウォロフ語で「我々の船」を意味する「Sunuu Gaal」に由来する。 フランスと関係が深く、フランコフォニー国際機関に加盟している。 首都のダカールはかつてのパリ・ダカール・ラリーの終着点として知られている。また、領域にアフリカ大陸最西端のヴェルデ岬を抱えている。.

新しい!!: フランスとセネガル · 続きを見る »

セバスチャン・グロジャン

バスチャン・ルネ・グロジャン(Sébastien René Grosjean, 1978年5月29日 - )は、フランス・マルセイユ出身の男子プロテニス選手。シングルス自己最高ランキングは4位(2002年10月)。ATPツアーでシングルス4勝、ダブルス5勝を挙げた。身長175cm、体重72kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。.

新しい!!: フランスとセバスチャン・グロジャン · 続きを見る »

セルヴァル作戦

ルヴァル作戦(セルヴァルさくせん、フランス語:Opération Serval、英語:Operation Serval)は、マリ共和国内のイスラム系武装組織に対し、2013年1月11日より旧宗主国であるフランスが行った軍事行動である。英語読みでサーバル作戦とも呼ばれる。.

新しい!!: フランスとセルヴァル作戦 · 続きを見る »

セルジュ・ゲンスブール

ルジュ・ゲンスブール(Serge Gainsbourg、1928年4月2日 - 1991年3月2日)は、フランスの作曲家、作詞家、歌手、映画監督、俳優。.

新しい!!: フランスとセルジュ・ゲンスブール · 続きを見る »

セント・クロイ島

ント・クロイ島(Saint Croix)とは、カリブ海のアメリカ領ヴァージン諸島にある島である。 ヴァージン諸島の中では一番大きく、一番南側にある島。島の最高峰であるイーグル山(355m)があるが、セント・トーマス島やセント・ジョン島と違い、起伏は少ない。 面積214km2、人口約50,000人、中心地はクリスチャンステッド。 1493年にクリストファー・コロンブスにより発見され、サンタ・クールスと名付けて島に上陸した。1625年にイングランドとフランスからの入植者が島にやって来たが、1733年にフランスがデンマークに売り払い、デンマーク植民地となった。1917年アメリカがセント・トーマス島とセント・ジョン島と共に島を買収しアメリカ領になった。 島にはデンマークの植民地時代の建造物が数多く残っており、中心地のクリスチャンステッドと、もう一つの町フレデリックステッドなどに見られる。18世紀の要塞やラム酒の工場、サトウキビ農場などの跡地もある。 セント・クロイ島では失業率が高く、セント・トーマス島とセント・ジョン島よりも経済格差が広がっているため独自のアメリカ自治領を望む声が近年あり、2005年2月セント・クロイ島は、セント・トーマス島及びセント・ジョン島の両島からセント・クロイ島をアメリカ領ヴァージン諸島の行政区から切り離すよう求める島民約7,000人分の署名を集め、アメリカ議会に捉出した。.

新しい!!: フランスとセント・クロイ島 · 続きを見る »

セーヴル条約

ーヴル条約(セーヴルじょうやく、Treaty of Sèvres, Traité de Sèvres)は、第一次世界大戦後の1920年8月10日に連合国とオスマン帝国との間に締結された講和条約。フランス・パリ郊外のセーヴルで締結された事からこの名が付く。1918年10月30日に結ばれたムドロス休戦協定を受けての講和条約である。オスマン帝国はこの条約によって広大な範囲の領土を失った。 条約の骨格は1920年4月のサン・レノ会議で決定されている。 条約を締結したメフメト6世率いるオスマン政府(イスタンブール政府)に対し、ムスタファ・ケマルが主導してアンカラに組織されたトルコ大国民議会(アンカラ政府)はこの条約に反対した。条約締結後に更なる領土の拡大をはかろうとしてギリシャがおこした希土戦争で勝利したアンカラ政府は、ソ連と単独に条約を結んだため、旧連合国は再び交渉の席につきローザンヌ条約を締結、現在のトルコ領が確定した。セーヴル条約ではクルド人自治区の設置が謳われていたが、あらたに結ばれたローザンヌ条約で無効となり、居住の領域がイラク、トルコ、イラン、シリアの国境で分断されたクルド人の問題が引き起こされることとなった。.

新しい!!: フランスとセーヴル条約 · 続きを見る »

セーヌ川

流域図 パリのランドサット。大きく蛇行しているのがわかる。 パリ中心部の橋 セーヌ川(セーヌがわ、Seine)は、フランスを流れる河川である。流域も全体がフランスに属している。全長780kmは、フランスではロワール川に続いて第二の長さである。.

新しい!!: フランスとセーヌ川 · 続きを見る »

セーヌ=マリティーム県

ーヌ=マリティーム県(Seine-Maritime)は、フランスのノルマンディー地域圏の県である。.

新しい!!: フランスとセーヌ=マリティーム県 · 続きを見る »

セクト

ト(Sect)は元来、それぞれの宗教から派生した「分派」のこと。一様には定義できないが、近年、宗教団体による深刻な社会問題がしばしば起こったことで、ヨーロッパの各国でも同様な法整備がなされたことから、セクトには「カルト」と関連する語として、社会的に警戒を要する団体という否定的な意味も加わった。日本では、「セクト」と「カルト」は、かなり異なる概念を表す。.

新しい!!: フランスとセクト · 続きを見る »

セザール・フランク

ール=オーギュスト=ジャン=ギヨーム=ユベール・フランク(César-Auguste-Jean-Guillaume-Hubert Franck、1822年12月10日 - 1890年11月8日)は、ベルギー出身、フランスで活躍した作曲家、オルガニスト。.

新しい!!: フランスとセザール・フランク · 続きを見る »

ゼネラル・エレクトリック

ネラル・エレクトリック(General Electric Company、略称: GE)は、アメリカ合衆国コネチカット州に本社を置く、多国籍コングロマリット企業である。.

新しい!!: フランスとゼネラル・エレクトリック · 続きを見る »

ゼネラル・ストライキ

ネラル・ストライキ(general strike)は、労働者が団結して行う労働争議の一形態で、一企業や組織によるストライキではなく全国的な規模で行われるストライキのことである。ゼネスト、総同盟罷業ともいう。また、ある特定の地域や都市において様々な産業が一斉にストライキを行う場合もゼネストと呼ばれることがある。 フランスのサンディカリスト・ジョルジュ・ソレルは『暴力論』でゼネストを肯定した。.

新しい!!: フランスとゼネラル・ストライキ · 続きを見る »

ソーカル事件

ーカル事件(ソーカルじけん)とは、ニューヨーク大学物理学教授だったアラン・ソーカル(Alan Sokal、1955年-)が起こした事件。数学・科学用語を権威付けとしてでたらめに使用した人文評論家を批判するために、同じように、科学用語と数式をちりばめた無意味な内容の疑似哲学論文を作成し、これを著名な評論誌に送ったところ、雑誌の編集者のチェックを経て掲載されたできごとを指す。掲載と同時にでたらめな疑似論文であったことを発表し、フランス現代思想系の人文批評への批判の一翼となった。.

新しい!!: フランスとソーカル事件 · 続きを見る »

ソビエト連邦

ビエト社会主義共和国連邦(ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう、Союз Советских Социалистических Республик)は、1922年から1991年までの間に存在したユーラシア大陸における共和制国家である。複数のソビエト共和国により構成された連邦国家であり、マルクス・レーニン主義を掲げたソビエト連邦共産党による一党制の社会主義国家でもある。首都はモスクワ。 多数ある地方のソビエト共和国の政治および経済の統合は、高度に中央集権化されていた。.

新しい!!: フランスとソビエト連邦 · 続きを見る »

ソシエテ・ジェネラル

テ・ジェネラル(Société Générale S.A.)は、フランスでBNPパリバに続くメガバンク。世界約80カ国以上で個人と企業の双方を顧客とし、プライベートバンキングを営み投資信託取引も担う。ゴールド・フィックス(Gold fixing)加盟行。ソジェン・ベルジック(Société Générale de Belgique)とは異なる。.

新しい!!: フランスとソシエテ・ジェネラル · 続きを見る »

タレス・グループ

タレス・グループ(Thales Group)はフランスの大手電機企業であり、航空宇宙分野、防衛分野、交通システム分野、セキュリティ分野での情報システムと各種サービスを提供している。フランスのパリ近郊のラ・デファンスに本社があり、ユーロネクストのパリ証券取引所に上場している。(ユーロネクスト:) 2000年末にイギリスの防衛機器メーカー「Racal Electronics plc」を£1.3bn(13億ポンド)で吸収合併した時に合わせて、社名を「トムソンCSF」(Thomson-CSF)から「タレス」(Thales)に変更した。タレスは下記のようにフランス政府が筆頭株主で、世界中の50ヶ国以上で活動している。2006年には70,000人の従業員を擁して、130億ユーロの総収益をあげた。世界中の企業規模の順位でいえば、2010年のFortune500社リストでは475位であり、軍需産業だけに限れば11位であった。売り上げの60%が軍需部門で、この割合は毎年あまり変わらない。 古代ギリシアの哲学者の名前「Θαλῆς Thalēs」からとっており、フランス語に由来するやと発音される。.

新しい!!: フランスとタレス・グループ · 続きを見る »

タンゴ

タンゴは18世紀後半にイベリア半島で発祥した舞曲のリズム。19世紀後半南米にこのダンスパターンが輸出され、アルゼンチン・ブエノスアイレスまたはウルグアイ・モンテビデオでダンススポットのために考案された一ジャンルも指す。.

新しい!!: フランスとタンゴ · 続きを見る »

タイ・フランス領インドシナ紛争

タイ・フランス領インドシナ紛争(タイ・フランスりょうインドシナふんそう)は、1940年(仏暦2483年)11月23日から1941年(仏暦2484年)5月8日にかけて起きた、タイ王国とヴィシー政権下のフランス植民地軍との国境紛争である。「泰・仏印国境紛争」「インドシナ国境紛争」とも。.

新しい!!: フランスとタイ・フランス領インドシナ紛争 · 続きを見る »

タイ王国

タイ王国(タイおうこく、ราชอาณาจักรไทย )、通称タイ(ประเทศไทย )は、東南アジアに位置する君主制国家。東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国、通貨はバーツ、人口6,718万人、首都はバンコク。 国土は、インドシナ半島中央部とマレー半島北部を占める。南はマレーシア、東はカンボジア、北はラオス、西はミャンマーと国境を接する。マレー半島北部の西はアンダマン海、東はタイランド湾に面する。 2014年にプラユット将軍率いる国軍が軍事クーデターを起こし、従来の憲法(2007年憲法)と議会を廃止し実権掌握以降、軍事独裁政権が継続している。 2016年10月13日にプーミポン・アドゥンラヤデート(プミポン)国王が崩御。 同年12月1日にワチラーロンコーンが国王に即位した。 2017年4月7日に新憲法が公布され、同日施行された。.

新しい!!: フランスとタイ王国 · 続きを見る »

サハラ砂漠

リビア西部のタドラート・アカクス砂漠 サハラ砂漠(サハラさばく)は、アフリカ大陸北部にある砂漠で、氷雪気候の南極を除くと世界最大の砂漠である。南北1,700kmに渡り面積は約1,000万km2であり、アフリカ大陸の3分の1近くを占め、アメリカ合衆国とほぼ同じ面積。.

新しい!!: フランスとサハラ砂漠 · 続きを見る »

サリフ・ケイタ (ミュージシャン)

リフ・ケイタ サリフ・ケイタ(Salif Keïta、1949年8月25日 - )は、マリ出身のシンガーソングライター。アフリカの伝統音楽と現代的なサウンドを融合させた独自の音楽性は世界的に評価が高い。アルビノのミュージシャンとしても有名。.

新しい!!: フランスとサリフ・ケイタ (ミュージシャン) · 続きを見る »

サルダーニャ

アルプの光景 サルダーニャ(Cerdanya, Ceritania; Cerdagne; Cerdaña)は、 ピレネー山脈東部にある、フランス領とスペイン領とに分割された小さな地域。歴史的にはカタルーニャに属している。フランス語名ではセルダーニュ、スペイン語名ではセルダーニャ。カタルーニャ文化圏に属するため、以下の文ではカタルーニャ語表記を音訳したサルダーニャで統一する。.

新しい!!: フランスとサルダーニャ · 続きを見る »

サン・ルイス (マラニョン州)

ン・ルイス (São Luís)は、ブラジル・マラニョン州の州都。メアレム川、イタペクル川、ピンダレー川の三角州であるサン・マルコス湾内のサン・ルイス島にある。市人口は998,385人(2006年)を抱え、都市圏では1,227,659人となり、ブラジル第16位の都市である。 サン・ルイスは、ブラジルで唯一フランス人によって建設された州都である。ブラジルに3つある、島にある州都(他はヴィトーリアとフロリアノーポリス)の1つである。.

新しい!!: フランスとサン・ルイス (マラニョン州) · 続きを見る »

サント・シャペル

ント・シャペル (Sainte chapelle)とは「聖なる礼拝堂」という意味で、フランスのパリ中心部、シテ島にあるゴシック建築の教会堂。 おそらくゴシック建築が最も輝かしかった時期の頂点ともいえる傑作である。 サント·シャペル·デュ·パレとも呼ばれ、ルイ9世(聖ルイあるいは聖王ルイ)が1239年から収集し始めた聖遺物を納めるために建設を命じたものである。コンシェルジュリーとともにカペー朝時代の王宮であるシテ宮の跡であり、現在はパリのパレ・ド・ジュスティスの一部である。2011年には、90万人以上の観光客が訪れた。.

新しい!!: フランスとサント・シャペル · 続きを見る »

サンクトペテルブルク

'''サンクトペテルブルク周辺の人工衛星写真'''ラドガ湖から南西に流れ出したネヴァ川は北西に流路を変え、フィンランド湾最深部に流れ込む。サンクトペテルブルクの街はネヴァ川河口の三角州を中心に発達した。 サンクトペテルブルク(Санкт-Петербург,, IPA: )は、バルト海東部のフィンランド湾最東端に面するネヴァ川河口デルタに位置するロシア西部の都市、レニングラード州の州都。1917年までロシア帝国の首都であった。 都市建設ののち、第一次世界大戦まで(1703年 - 1914年)はペテルブルク(Петербург)、第一次世界大戦開戦以降(1914 - 24年)はペトログラード(Петроград)、ソビエト連邦時代(1924 - 91年)はレニングラード(Ленинград)と呼ばれた。.

新しい!!: フランスとサンクトペテルブルク · 続きを見る »

サンクトペテルブルク条約 (1762年)

ンクトペテルブルク条約(サンクトペテルブルクじょうやく、Treaty of Saint Petersburg)は1762年5月5日、プロイセンとロシアの間で締結された、七年戦争の講和条約。条約はプロイセン王フリードリヒ2世を崇拝していたピョートル3世の即位後に結ばれ、このブランデンブルクの奇跡でフリードリヒ2世はオーストリアとザクセンとの戦闘に集中できた。.

新しい!!: フランスとサンクトペテルブルク条約 (1762年) · 続きを見る »

サンゴバン

ンゴバン(Saint-Gobain S.A.、)は、フランス・パリ近郊のラ・デファンスに本社を置き、各種建築材料や高機能材料を製造する多国籍企業。建材ではアルセロール・ミッタルについで石膏生産高が高い。高機能材料では放射線検出器の重要な部品プラスチックシンチレータで世界的シェアを誇る。ユーロネクスト・パリに上場しており、CAC 40の構成銘柄の一つとなっている。.

新しい!!: フランスとサンゴバン · 続きを見る »

サン=テチエンヌ大聖堂 (ブールジュ)

ブールジュのサン=テチエンヌ大聖堂は、主に12世紀末から13世紀末にかけて建造された司教座聖堂である。これは、フランスにおけるゴシック美術の傑作のひとつであり、その設計、ティンパヌム、彫刻、ステンドグラスはいずれも特筆すべきものである。その規模とコンセプトの統一性が織りなす美しさは中世フランスにおけるキリスト教の強大さを示してくれる。その先駆的なスタイルはゴシック建築の中でも例外的な存在である。長い間正当に評価されてきたとはいえないが、この大聖堂は、ランス大聖堂、シャルトル大聖堂、ノートルダム・ド・パリなどにもひけをとるものではない。1992年に「ブールジュ大聖堂」の名で、ユネスコの世界遺産に登録された。.

新しい!!: フランスとサン=テチエンヌ大聖堂 (ブールジュ) · 続きを見る »

サン=ドマング

イスパニョーラ島西部のフランス植民地(サン=ドマング)の地図 サン=ドマング(Saint-Domingue)は、1659年から1804年までの間、カリブ海のイスパニョーラ島の西三分の一を占めていたフランスの植民地である。砂糖とコーヒー貿易でフランス植民地の中でも最も利益を上げていた。今日のハイチ共和国にあたる。.

新しい!!: フランスとサン=ドマング · 続きを見る »

サン=ドニ大聖堂

大聖堂 サン=ドニ大聖堂(仏語:Basilique de Saint-Denis もしくは単に Basilique Saint-Denis)は、歴代フランス君主の埋葬地となった教会堂。1966年よりカトリック教会のサン=ドニ司教座が置かれている。パリ北側の郊外に位置するサン=ドニにある。.

新しい!!: フランスとサン=ドニ大聖堂 · 続きを見る »

サヴォワ

ヴォワの旗 サヴォワ(フランス語:Savoie(サヴワ)、アルピタン語:Savouè(サヴウェ))またはサヴォイア(イタリア語:Savoia)は、南ヨーロッパの歴史的地域名。おおよそ現在のフランス南東部、ローヌ=アルプ地域圏のサヴォワ県とオート=サヴォワ県にあたるが、歴史的領域としては現在のイタリア領とスイス領にも一部がまたがっている。.

新しい!!: フランスとサヴォワ · 続きを見る »

サヴォイア家

ヴォイア家の紋章 サヴォイア家(Casa Savoia)は、かつてイタリアのピエモンテとフランス及びフランス語圏スイスにまたがるサヴォワ一帯を支配していた辺境伯貴族であった家系。1713年、スペイン継承戦争の結果シチリア王国の王位を獲得、1720年にハプスブルク家とシチリア島、サルデーニャ島の交換を行い、サルデーニャ王国の王位を代わりに得た。イタリア統一運動時に核となり、統一後はイタリア王国の王家となった。フランス語名からサヴォワ家(Maison de Savoie サヴワ)と呼ばれることもある。.

新しい!!: フランスとサヴォイア家 · 続きを見る »

サッカー

ッカー(soccer, football)は、丸い球体を用いて1チーム11人の2チーム間で行われるスポーツ競技のひとつである。アソシエーション・フットボール(association football; 協会式フットボールの意)ないしはアソシエーション式フットボール日本語ではこれを略して「ア式蹴球(あしきしゅうきゅう)」とも呼ぶことがある。とも呼ばれる。他のフットボールと比較して、手の使用が極端に制限されるという、大きな特徴がある。蹴球ともいう。 現在サッカーは、200を越える国と地域で、2億5千万人を超える選手達によってプレーされており、4年に一度行われるFIFAワールドカップのテレビ視聴者数は全世界で300億人を超えており、世界で最も人気のあるスポーツといえる。試合は、それぞれの短い方の端の中央にゴールがある長方形の芝生あるいは人工芝のフィールドでプレーされる。試合の目的は、相手ゴールにボールを入れ得点することである。 スポーツ文化としてのサッカーについては、サッカー文化を参照。.

新しい!!: フランスとサッカー · 続きを見る »

サッカーフランス代表

ッカーフランス代表(Équipe de France de football)は、フランスサッカー連盟(FFF)によって編成されるフランスのサッカーのナショナルチーム。愛称はレ・ブルー(Les bleus - 「青」の複数形)、ル・コック(Le coq - 「雄鶏」の意)。.

新しい!!: フランスとサッカーフランス代表 · 続きを見る »

サトウキビ

トウキビ(砂糖黍、学名:Saccharum officinarum)は、イネ科サトウキビ属の植物。.

新しい!!: フランスとサトウキビ · 続きを見る »

サフラングループ

フラン (Safran S.A.) は、フランス・パリに本社を置く、航空宇宙、防衛、通信分野の複合企業体である。多くの企業を傘下に持ち、航空分野の日本法人としてサフラン・ヘリコプター・エンジンズ・ジャパン株式会社がある。ユーロネクスト・パリ上場企業()。.

新しい!!: フランスとサフラングループ · 続きを見る »

サイエンス・フィクション

宇宙戦争』のイラストレーション。Henrique Alvim Corr画(1906年) SF漫画雑誌『プラネット・コミックス』 サイエンス・フィクション(Science Fiction、略語:SF、Sci-Fi、エスエフ)は、科学的な空想にもとづいたフィクションの総称。メディアによりSF小説、SF漫画、SF映画、SFアニメなどとも分類される。日本では科学小説、空想科学小説とも訳されている(詳細は呼称を参照)。.

新しい!!: フランスとサイエンス・フィクション · 続きを見る »

サイクス・ピコ協定

イクス・ピコ協定(サイクス・ピコきょうてい、Sykes-Picot Agreement)は、第一次世界大戦中の1916年5月16日にイギリス、フランス、ロシアの間で結ばれたオスマン帝国領の分割を約した秘密協定。イギリスの中東専門家 (Mark Sykes) とフランスの外交官フランソワ・ジョルジュ=ピコ(François Marie Denis Georges-Picot)によって原案が作成され、この名がついた。.

新しい!!: フランスとサイクス・ピコ協定 · 続きを見る »

唯名論

唯名論(ゆいめいろん、Nominalism)とは、中世西欧の普遍論争における一方の立場である。スコラ哲学において、「人間」とか「イヌ」あるいは「薔薇」などは、類の概念として形相存在として実在するのかどうかという議論(普遍論争)があり、これに対し唯名論は、類の概念は実在しないと答えた。 唯名論の立場は、類の概念(普遍概念)は、名前として存在するのであり、実在するのは類の概念の形相(フォルマ)ではなく、具体的な個物(レース)、つまり個々の具体的な人間やイヌや薔薇であると考えた。これに対する考えが実念論(実在論)で、「薔薇」とか「ネコ」などの類の概念が形相として実在するとした。 西欧では、13世紀末以降に、理性が信仰から独立して行くのと並行して唯名論が優勢となる。フランシスコ会士であるオッカムなどは唯名論の立場をとった。 概念やカテゴリーなどは、主観が、個物からなる対象世界を任意に切り取って、そこに外的に付与したものであると考える点で、現代の相対論的な哲学につながっており、現代ではむしろ、外的物質世界に、内在的な形相として、概念やカテゴリーの客観的根拠が実在するという科学的実在論との対比が問題となる。 唯名論を表すにvia modernaとすることがある。.

新しい!!: フランスと唯名論 · 続きを見る »

唯物史観

唯物史観(ゆいぶつしかん)は、「唯物論的歴史観」の略であり、史的唯物論(Historischer Materialismus)と同義である。19世紀にカール・マルクスの唱えた歴史観である。その内容は、人間社会にも自然と同様に客観的な法則が存在しており、無階級社会から階級社会へ、階級社会から無階級社会へと、生産力の発展に照応して生産関係が移行していくとする歴史発展観である。 ヘーゲル哲学の弁証法(矛盾から変化が起こる)を継承しており、人間社会の歴史に適用された唯物弁証法(弁証法的唯物論)とも言える(しかし、唯物史観は弁証法的唯物論をそのまま適用したものではない、と述べるマルクス主義者もいる)。またフォイエルバッハやフランス唯物論者たちから唯物論を継承している。 第二次世界大戦後の日本の歴史学者に強い影響を及ぼし、多くの歴史教科書等に反映されている。.

新しい!!: フランスと唯物史観 · 続きを見る »

儒教

儒教の始祖、孔子 董仲舒 儒教(じゅきょう)は、孔子を始祖とする思考・信仰の体系である。紀元前の中国に興り、東アジア各国で2000年以上にわたって強い影響力を持つ。その学問的側面から儒学、思想的側面からは名教・礼教ともいう。大成者の孔子から、孔教・孔子教とも呼ぶ。中国では、哲学・思想としては儒家思想という。.

新しい!!: フランスと儒教 · 続きを見る »

冷戦

ワルシャワ条約 (WT) 加盟国朱色.

新しい!!: フランスと冷戦 · 続きを見る »

写実主義

写実主義(しゃじつしゅぎ)、あるいは現実主義は、現実を空想によらず、ありのままに捉えようとする美術上、文学上の主張のこと。リアリズム(英:Realism)、レアリスム(仏:Réalisme)。.

新しい!!: フランスと写実主義 · 続きを見る »

凱旋門賞

凱旋門賞(がいせんもんしょう、)は、フランスのロンシャン競馬場(改修工事の際は、シャンティイ競馬場)で毎年10月の第1日曜日に開催される競馬の重賞(G1)競走である。距離は芝2400m。ヨーロッパ最大の競走の一つで、国際的に著名なスポーツの催しである。 英語圏等で(Arc)、フランス語圏で(L'Arc)と略されることもある。.

新しい!!: フランスと凱旋門賞 · 続きを見る »

啓蒙思想

啓蒙思想(けいもうしそう、Enlightenment, Lumières, Aufklärung)とは、理性による思考の普遍性と不変性を主張する思想。その主義性を強調して、啓蒙主義(けいもうしゅぎ)とも言う。ヨーロッパ各国語の「啓蒙」にあたる単語を見て分かるように、原義は「光で照らされること(蒙(くら)きを啓(あき)らむ)」である。自然の光(lumen naturale)を自ら用いて超自然的な偏見を取り払い、人間本来の理性の自立を促すという意味。 時代的に先行するルネサンスを引き継ぐ側面もあり、科学革命や近代哲学の勃興とも連動し、一部重複もするが、一般的には専ら(経験論的)認識論、政治思想・社会思想や道徳哲学(倫理学)、文芸活動などを指すことが多い。17世紀後半にイギリスで興り、18世紀のヨーロッパにおいて主流となった。フランスで最も大きな政治的影響力を持ち、フランス革命に影響を与えたとされる。ヨーロッパで啓蒙思想が主流となっていた17世紀後半から18世紀にかけての時代のことを啓蒙時代と言う。.

新しい!!: フランスと啓蒙思想 · 続きを見る »

全仏オープン

全仏オープンのセンターコート(フィリップ・シャトリエ・コート) 全仏オープン(ぜんふつオープン、フランス語:Les Internationaux de France, Le Tournoi de Roland-Garros, 英語:The French Open)は、テニスの4大国際大会であるグランドスラムの一つ。フランスの首都パリの名所ブローニュの森の隣接するスタッド・ローラン・ギャロス(Stade Roland Garros)にて、5月末から6月初めにかけて開催される。大会運営はフランステニス連盟(FFT)が行う。 飛行家ローラン・ギャロス(1888年 - 1918年)の功績を称えて、会場にはギャロスの名前が冠されている。このため本大会は「ローラン・ギャロス・トーナメント」(Le Tournoi de Roland Garros)とも呼ばれる。.

新しい!!: フランスと全仏オープン · 続きを見る »

八十日間世界一周

『八十日間世界一周』(はちじゅうにちかんせかいいっしゅう、)は、ジュール・ヴェルヌによる1873年出版のフランスの小説。 イギリス人資産家フィリアス・フォッグが執事のパスパルトゥーを従え、後期ビクトリア朝時代の世界を80日で一周しようと試みる、波瀾万丈の冒険物語である。古典的冒険小説である。 刊行当時、トーマス・クック社主催による世界一周ツアーの第1回めが行われている最中であり、ヴェルヌ家の記録によると、ヴェルヌはこれに刺激されて本作を書いたとされるが、.

新しい!!: フランスと八十日間世界一周 · 続きを見る »

公務員

公務員(こうむいん、public servant, civil servant)は、国および地方自治体、国際機関等の公務(:en:public service)を執行する人のこと。または、その身分のこと。国際機関の職員は国際公務員といい、中央政府に属する公務員を国家公務員、