ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

フランコ・コレッリ

索引 フランコ・コレッリ

フランコ・コレッリ(Franco Corelli, 1921年4月8日 - 2003年10月29日)は、イタリアのテノール歌手。劇的表現に適したスピント系の美声、力感あふれる歌唱、輝かしい高音で知られ、激発性をも含んだ情熱、悲劇性の表現に秀でて高い人気を誇った名テノール。舞台映えする長身の美男歌手としても著名であった。.

47 関係: ペーザロミラノマリア・カラスマリオ・デル=モナコメトロポリタン歌劇場ラ・ボエーム (プッチーニ)ルチアーノ・パヴァロッティルッジェーロ・レオンカヴァッロヴェスタの巫女トゥーランドットトスカピエトロ・マスカーニテノールフランチェスコ・チレアファウスト (オペラ)フィレンツェ五月音楽祭ニューヨークアンドレア・シェニエアンコーナアドリアーナ・ルクヴルールアイーダイル・トロヴァトーレイタリアウンベルト・ジョルダーノエルナーニカルメン (オペラ)カヴァレリア・ルスティカーナガスパーレ・スポンティーニシャルル・グノージャコモ・プッチーニジュゼッペ・ヴェルディジュゼッペ・ディ・ステファーノスポレートスカラ座道化師 (オペラ)運命の力10月29日1921年1951年1954年1961年1971年1973年1975年1976年2003年4月8日

ペーザロ

ペーザロ(Pesaro)は、イタリア共和国マルケ州北部にある都市で、その周辺地域を含む人口約9万5000人の基礎自治体(コムーネ)。ペーザロ・エ・ウルビーノ県の県都のひとつである。州都アンコーナに次ぎ、マルケ州第二のコムーネ人口を持つ。 アドリア海に面し観光の中心である。古代にはピサウルムと呼んだ。作曲家ジョアキーノ・ロッシーニの生まれた町で、ここでは彼の家だった博物館、彼の名を冠した音楽学校、劇場などを見ることができ、毎年、ロッシーニ・オペラ・フェスティバルが催され世界中からオペラ音楽の愛好家が集まっている。.

新しい!!: フランコ・コレッリとペーザロ · 続きを見る »

ミラノ

ミラノ(Milano)は、イタリアで最大の都市圏人口を擁する都市で、ミラノ県の県都およびロンバルディア州の州都である。ヨーロッパ有数の世界都市。イタリア語のアクセントの関係でミラーノと記されることもある。英語ではミラン(Milan)、フランス語ではミラン(Milan)、ドイツ語ではマイラント(Mailand)、スペイン語ではミラン(Milán)、ラテン語ではメディオラーヌム(Mediolanum)と言う。.

新しい!!: フランコ・コレッリとミラノ · 続きを見る »

マリア・カラス

マリア・カラス(Maria Callas, Μαρία Κάλλας, 1923年12月2日 - 1977年9月16日)は、ギリシャ系アメリカ人のソプラノ歌手。ニューヨークで生まれパリで没し、20世紀最高のソプラノ歌手とまで言われた。特にルチア(ランメルモールのルチア)、ノルマ、ヴィオレッタ(椿姫)、トスカなどの歌唱は、技術もさることながら役の内面に深く踏み込んだ表現で際立っており、多くの聴衆を魅了すると共にその後の歌手にも強い影響を及ぼした。.

新しい!!: フランコ・コレッリとマリア・カラス · 続きを見る »

マリオ・デル=モナコ

マリオ・デル・モナコ(Mario Del Monaco、1915年7月27日ガエータ - 1982年10月16日メストレ)は、イタリアの名テノール歌手(テノーレ・ドランマーティコ)。.

新しい!!: フランコ・コレッリとマリオ・デル=モナコ · 続きを見る »

メトロポリタン歌劇場

メトロポリタン歌劇場(Metropolitan Opera House)はアメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタン区のリンカーン・センター内にあるアメリカ随一のオペラ・ハウスである。メトロポリタン・オペラ・カンパニーの本拠地であり、キャストや装置の豪華さで名高い。Metropolitan Opera Associationにより運営されている。しばしば「メト」(MET)と呼ばれる。.

新しい!!: フランコ・コレッリとメトロポリタン歌劇場 · 続きを見る »

ラ・ボエーム (プッチーニ)

『ラ・ボエーム』(La Bohème)は、ジャコモ・プッチーニの作曲した4幕オペラで、最もよく演奏されるイタリアオペラのひとつである。.

新しい!!: フランコ・コレッリとラ・ボエーム (プッチーニ) · 続きを見る »

ルチアーノ・パヴァロッティ

ルチアーノ・パヴァロッティ(Luciano Pavarotti、1935年10月12日 - 2007年9月6日)は、イタリアのオペラ歌手。 声域はテノール。“神に祝福された声”・“キング・オブ・ハイC(三点ハの王者)”と評された豊麗な美声、申し分ない声量、明晰な発音、輝かしい高音が魅力の、20世紀後半を代表するオペラ歌手の1人。 プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスと共に三大テノールとしても知られる(3人の中でパヴァロッティが最年長)。.

新しい!!: フランコ・コレッリとルチアーノ・パヴァロッティ · 続きを見る »

ルッジェーロ・レオンカヴァッロ

レオンカヴァッロ ルッジェーロ・レオンカヴァッロ(Ruggero Leoncavallo, 1857年4月23日ナポリ - 1919年8月9日モンテカティーニ)は、イタリアのオペラ作曲家、台本作家。.

新しい!!: フランコ・コレッリとルッジェーロ・レオンカヴァッロ · 続きを見る »

ヴェスタの巫女

『ヴェスタの巫女』(ヴェスタのみこ、伊語:La Vestale)は、ガスパーレ・スポンティーニが作曲した全3幕のオペラ。.

新しい!!: フランコ・コレッリとヴェスタの巫女 · 続きを見る »

トゥーランドット

『トゥーランドット』(Turandot)は、フランソワ・ペティ・ド・ラ・クロワ(François Pétis de la Croix)が1710年〜1712年に出版した『千一日物語』(原題Les Mille et un Jours 、『千一夜物語』とは別の作品)の中の「カラフ王子と中国の王女の物語」に登場する姫の名前であり、また、その物語を基にヴェネツィアの劇作家カルロ・ゴッツィが1762年に著した戯曲、および、それらに基づいて作曲された音楽作品である。上記に該当する音楽作品は複数存在するが、本項では、これらのうち最も有名なジャコモ・プッチーニのオペラ『トゥーランドット』について記述する。.

新しい!!: フランコ・コレッリとトゥーランドット · 続きを見る »

トスカ

『トスカ』(Tosca)は、ジャコモ・プッチーニのオペラである。その見せ場の多さから、オペラ史における重要な作品と見なされている。.

新しい!!: フランコ・コレッリとトスカ · 続きを見る »

ピエトロ・マスカーニ

ピエトロ・マスカーニ(Pietro Mascagni, 1863年12月7日リヴォルノ - 1945年8月2日ローマ)は、イタリアのオペラ作曲家、指揮者。.

新しい!!: フランコ・コレッリとピエトロ・マスカーニ · 続きを見る »

テノール

プラノ アルト '''テノール''' バス テノール、またはテナー(tenor、ténor、Tenor、tenore)は、高い声域の男声歌手(カウンターテナーほど高くはない)あるいはその声域のことである。.

新しい!!: フランコ・コレッリとテノール · 続きを見る »

フランチェスコ・チレア

フランチェスコ・チレア(Francesco Cilea、1866年7月23日 - 1950年11月20日)は、イタリアのオペラ作曲家。.

新しい!!: フランコ・コレッリとフランチェスコ・チレア · 続きを見る »

ファウスト (オペラ)

『ファウスト』(Faust)は、シャルル・グノーが作曲した全5幕のオペラ。ドイツの文豪ゲーテの劇詩『ファウスト』を題材にしている。「清らかな住まい」や「金の子牛の歌」、「宝石の歌」などをはじめとするアリア、第5幕で踊られるバレエ音楽は非常に有名で、単独で演奏会や録音で取り上げられる機会が多い。.

新しい!!: フランコ・コレッリとファウスト (オペラ) · 続きを見る »

フィレンツェ五月音楽祭

フィレンツェ五月音楽祭(ふぃれんつぇごがつおんがくさい、Maggio Musicale Fiorentino)はイタリアのフィレンツェで開かれるオペラ音楽祭。 1933年4月、指揮者のヴィットリオ・グイによって創設された。当初の目的は現代オペラや忘れられたオペラの上演にあり、第1回で上演されたオペラはジュゼッペ・ヴェルディの初期の作品『ナブッコ』だった。当時はヴェルディの初期作品が上演されるのは稀だったのである。第1回の成功後は隔年で開かれていたが、第二次世界大戦中を除いて、グイの後任のマリオ・ロッシが常任指揮者となった1937年以後は毎年開かれるようになった。現在では音楽祭は4月末から6月にかけて開催され、通常4つのオペラが上演される。上演はコムナーレ劇場(市立劇場)と小規模オペラ向けのコムナーレ小劇場、さらに伝統的なペルゴーラ劇場で行われる。 これまで取り上げられた代表的な作曲家としてピエトロ・マスカーニ、リヒャルト・シュトラウス、パウル・ヒンデミット、バルトーク・ベーラ、イーゴリ・ストラヴィンスキーらがいる。またブルーノ・ワルター、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、ヘルベルト・フォン・カラヤンらが指揮したことがある。 過去にはリッカルド・ムーティ、ルチアーノ・ベリオなどが芸術監督を務めた。現在の芸術監督はパオロ・アルカ、首席指揮者は1985年からズービン・メータで2006年には名誉指揮者の称号が贈られた。 2009年、政府からの補助金のカットにより4つのオペラのうち2つ(ベンジャミン・ブリテン『ビリー・バッド』、ヴェルディ『マクベス』)が中止になった。.

新しい!!: フランコ・コレッリとフィレンツェ五月音楽祭 · 続きを見る »

ニューヨーク

ニューヨーク市(New York City)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州にある都市。 1790年以来、同国最大の都市であり、市域人口は800万人を超え、都市圏人口では定義にもよるが2000万人以上である.

新しい!!: フランコ・コレッリとニューヨーク · 続きを見る »

アンドレア・シェニエ

『アンドレア・シェニエ』(Andrea Chénier )は、イタリアの作曲家ウンベルト・ジョルダーノによる全4幕のオペラである。1896年3月ミラノ・スカラ座で初演された。18世紀、革命前後のフランスを舞台に、実在の詩人アンドレ・シェニエ(アンドレアはイタリア語読み)の半生を描き、ヴェリズモ・オペラの傑作のひとつとして数えられる作品。.

新しい!!: フランコ・コレッリとアンドレア・シェニエ · 続きを見る »

アンコーナ

アンコーナ(Ancona)は、イタリア共和国中部のアドリア海沿岸にある港湾都市で、その周辺地域を含む人口約10万人の基礎自治体(コムーネ)。マルケ州の州都であり、アンコーナ県の県都である。 古代ギリシア人によって築かれた都市に起源を持ち、中世には海洋共和国として繁栄した。.

新しい!!: フランコ・コレッリとアンコーナ · 続きを見る »

アドリアーナ・ルクヴルール

『アドリアーナ・ルクヴルール』(Adriana Lecouvreur )は、フランチェスコ・チレアの作曲した全4幕のオペラである。18世紀前半にパリで活躍した実在の女優、アドリエンヌ・ルクヴルールの生涯を描いたこの作品は、1902年にミラノで初演され大成功を収めた。今日でも「新イタリア楽派」オペラの佳作のひとつとして、チレアのオペラ作品中もっとも頻繁に上演される作品となっている。.

新しい!!: フランコ・コレッリとアドリアーナ・ルクヴルール · 続きを見る »

アイーダ

『アイーダ』 (Aida) は、ジュゼッペ・ヴェルディが作曲し、1871年に初演された全4幕から成るオペラである。ファラオ時代のエジプトとエチオピア、2つの国に引裂かれた男女の悲恋を描き、現代でも世界で最も人気の高いオペラのひとつである。また第2幕第2場での「凱旋行進曲」の旋律は単独でも有名である。 この作品はしばしば「スエズ運河の開通(1869年)を記念して作曲された」あるいは「スエズ運河開通祝賀事業の一環としてカイロに建設されたオペラハウスの杮落し公演用に作曲された」といわれることがあるが、以下に述べるようにこれらはいずれも正確ではない。エジプトを舞台にしたメジャーなオペラはモーツァルトの『魔笛』以来だが、ほぼ無国籍なファンタジーである『魔笛』にくらべ、国家の興亡がメインに据えられた壮大なご当地オペラになっている。.

新しい!!: フランコ・コレッリとアイーダ · 続きを見る »

イル・トロヴァトーレ

『イル・トロヴァトーレ』(Il Trovatore )は、ジュゼッペ・ヴェルディが作曲した全4幕からなるオペラである。1853年、ローマで初演された。ヴェルディ中期の傑作の一つとされる。.

新しい!!: フランコ・コレッリとイル・トロヴァトーレ · 続きを見る »

イタリア

イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA:, Repubblica Italiana)、通称イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバル(lo Stivale)と称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属する。地中海性気候が農業と歴史に大きく影響している。.

新しい!!: フランコ・コレッリとイタリア · 続きを見る »

ウンベルト・ジョルダーノ

ウンベルト・ジョルダーノ(Umberto Giordano, 1867年8月28日フォッジャ - 1948年11月12日)はイタリアのオペラ作曲家。 南イタリアの町フォッジャ生まれ。父は薬剤師で、家族の反対を押し切って音楽の道を志す。故郷で音楽の基礎教育を受けた後、13歳でナポリ音楽院に学ぶ。在学中実家の経済状態が悪化し、一時退学して地元のオペラ劇場でアルバイトをしながら糊口をしのぐが、学校関係者の尽力で復学が叶い、1890年まで同音楽院にて作曲を学ぶ。この学生時代からの友人にフランチェスコ・チレア(ジョルダーノと同じ南イタリア出身)がいる。 1890年、最初のオペラ《マリーナ Marina》を学内の選抜試験のために作曲。同作を地元出版社ソンゾーニョ社主催の「一幕オペラコンテスト」に応募するも落選(ちなみに第一位はマスカーニの《カヴァレリア・ルスチカーナ Cavalleria Rusticana》)。しかし彼の音楽に可能性を見出したソンゾーニョ社の後援を受けて第2作目《堕落した生活 Mala Vita》の上演に漕ぎつけた。これは自分の結核が治るなら娼婦を改心させてみせるという人夫についてのヴェリズモ・オペラで、1892年にローマで上演された時、煽情的な内容と激しい音楽が受け入れられず大失敗となり、地元ナポリでは町の恥だと観客が怒り、暴動騒ぎとなる。ジョルダーノは、次回作のオペラ《ディアス女王 Regina Diaz》(1894年)によって、もっとロマンティックな創作姿勢をとろうとしたが、これもまた失敗作となり、わずか2回の上演で舞台から消えてしまい、ソンゾーニョ社からの支援も打ち切りが決定、心機一転をはかるべく、ジョルダーノは同年のうちに活動の拠点をミラノに移す。 その後はヴェリズモ・オペラの第一人者であるマスカーニやソンゾーニョ社と契約していた貴族出身作曲家アルベルト・フランケッティの知遇を得、私生活でも結婚する(オルガ夫人はミラノ・グランドホテルのオーナーの娘)など、幸運な時期を迎える。フランケッティはソンゾーニョ社に掛け合って、ジョルダーノへの支援を再開させてくれ、更に、作曲面では良い台本に恵まれていなかったジョルダーノに、自分が作曲を依頼されていた台本の作曲権を無償譲渡してくれた。好転してきた環境でジョルダーノは譲渡された作品である、フランスの詩人アンドレ・シェニエの生涯に基づくオペラ《アンドレア・シェニエ Andrea Chénier》に取り組み、1896年初演。作曲家として初めての大成功をおさめる。現在に至るまで彼の代表作に挙げられるこの作品でジョルダーノは再び「ヴェリズモ」的な創作姿勢に立ち返った。本作の上演にあたってはマスカーニの支援もあったという。続く第5作目の《フェドーラ Fedora》(1898年)も成功し、今なお上演されている。その後の作品はヴェリズモ・オペラの影響から抜け出せず、第二次世界大戦後の1948年、過去の栄光の中で亡くなった。享年81。後年の作品はそれほど有名とはいえないが、時どき蘇演されることがある。 《フェドーラ》以降の後半生での不振の要因として、《アンドレア・シェニエ》全曲盤の解説を執筆した音楽評論家・高崎保男は「ジョルダーノの音楽の特徴として、転調、それもかなり遠隔な調性への大胆な転調が挙げられ、転調はマスカーニに比較しても頻繁で、その特徴が音楽的昂奮に繋がっていた。そうした激しい音楽によって劇場的昂奮を生み出す才能において、ジョルダーノは確かにプッチーニに匹敵するほどの作曲家だったが、その音楽によって語られるドラマの実質がそれに伴わない場合、音楽の刺戟と昂奮はいたずらに空転してしまい、かえって抑制と気品の欠如が露呈されることになる。『アンドレア・シェニエ』はそのドラマの激しさと巧みな作り方のお陰で、ジョルダーノの音楽の威力と魅力を十分に生かすことができた作品といってよい」という趣旨の分析を述べており、ヴェリズモ・オペラの影響から抜け出せなかったことの他、ジョルダーノの作曲手法・旋律様式等にも限界があったのではないかとの見方を示している。.

新しい!!: フランコ・コレッリとウンベルト・ジョルダーノ · 続きを見る »

エルナーニ

『エルナーニ』(Ernani)は、ジュゼッペ・ヴェルディが作曲した全4幕からなるオペラである。ヴィクトル・ユーゴーの、これも有名な戯曲『エルナニ』に基づく。1844年に初演され、ヴェルディにとって第5作目のオペラであり、初期の傑作の一つに数えられる。.

新しい!!: フランコ・コレッリとエルナーニ · 続きを見る »

カルメン (オペラ)

『カルメン』(Carmen)は、ジョルジュ・ビゼーが作曲したフランス語によるオペラである。.

新しい!!: フランコ・コレッリとカルメン (オペラ) · 続きを見る »

カヴァレリア・ルスティカーナ

『カヴァレリア・ルスティカーナ』(Cavalleria Rusticana)は、イタリアの小説家、ジョヴァンニ・ヴェルガによる小説(1880年出版)、同人による戯曲(1884年初演)、およびピエトロ・マスカーニが同戯曲に基づいて作曲した1幕物のオペラ(1890年初演)。題名は「田舎の騎士道」といった意味である。今日、特にイタリア語圏以外では最後のオペラ作品が有名となっており、本項でもオペラを中心に記述する。 ヴェルガの出身地シチリアの山間部を舞台として、貧しい人々の暮らし、三角関係のもつれから起きる決闘と殺人を描いたこの小説は、イタリアにおけるヴェリズモ(リアリズム文芸運動)の典型的作品とされている。 一方、マスカーニのオペラは1890年に完成し、楽譜出版社ソンゾーニョ社主催の1幕物オペラ・コンクールで圧倒的な支持を受けて優勝、マスカーニはたちまちオペラ界の寵児となった。また、このオペラはヴェリズモ・オペラ形式の端緒をなすものとされる。.

新しい!!: フランコ・コレッリとカヴァレリア・ルスティカーナ · 続きを見る »

ガスパーレ・スポンティーニ

パーレ(またはガスパレ)・ルイジ・パチフィコ・スポンティーニ(Gaspare Luigi Pacifico Spontini, 1774年11月14日 - 1851年1月24日)は、イタリア出身のオペラ作曲家・指揮者。アンコーナ地方のマイオラーティ(現在のマイオラーティ・スポンティーニ)出身。19世紀の最初の20年間は、フランス第一帝政におけるオペラ・セリアの最重要人物として活躍。グルックの古典的なトラジェディ・リリックの理念を、当時のメロドラマに対する趣味や、より壮大な光景、豊かなオーケストラの音色、特徴的な言語表現に組み合わされた旋律の創意になじませようと努力した。『ヴェスタの巫女』(La Vestale )は、スポンティーニの最高傑作にして成功作である。.

新しい!!: フランコ・コレッリとガスパーレ・スポンティーニ · 続きを見る »

シャルル・グノー

ャルル・フランソワ・グノー(Charles François Gounod、1818年6月17日 - 1893年10月18日)は、フランスの作曲家。わけても、ゲーテの『ファウスト』第1部に基づく同名のオペラで有名である。バチカンの実質的な国歌である『賛歌と教皇の行進曲』を作曲したことでも知られている。 <フランス近代歌曲の父>とも呼ばれ、美しい旋律、色彩感に満ちたハーモニーを伴った優雅でやさしい音楽は今日も広く愛されている。.

新しい!!: フランコ・コレッリとシャルル・グノー · 続きを見る »

ジャコモ・プッチーニ

ャコモ・アントニオ・ドメニコ・ミケーレ・セコンド・マリア・プッチーニ(Giacomo Antonio Domenico Michele Secondo Maria Puccini、1858年12月22日 - 1924年11月29日)は、イタリアの作曲家。その作品である『トスカ』、『蝶々夫人』、『ラ・ボエーム』などのオペラは今日でも上演の機会が多いことで知られる。イタリアのルッカに生まれ、ベルギーのブリュッセルで没した。.

新しい!!: フランコ・コレッリとジャコモ・プッチーニ · 続きを見る »

ジュゼッペ・ヴェルディ

ュゼッペ・フォルトゥニーノ・フランチェスコ・ヴェルディ(Giuseppe Fortunino Francesco Verdi、1813年10月10日 - 1901年1月27日)は、19世紀を代表するイタリアのロマン派音楽の作曲家であり、主にオペラを制作した。 代表作は『ナブッコ』、『リゴレット』、『椿姫』、『アイーダ』などがある。彼の作品は世界中のオペラハウスで演じられ、またジャンルを超えた展開を見せつつ大衆文化に広く根付いている。ヴェルディの活動はイタリア・オペラに変革をもたらし、現代に至る最も重要な人物と評される石戸ら (1998)、pp.2-3、イントロダクション。1962年から1981年まで、1000リレ(リラの複数形)紙幣に肖像が採用されていた。.

新しい!!: フランコ・コレッリとジュゼッペ・ヴェルディ · 続きを見る »

ジュゼッペ・ディ・ステファーノ

ジュゼッペ・ディ・ステファノ(Giuseppe Di Stefano, 1921年7月24日 - 2008年3月3日 )は、イタリアのテノール歌手。1940年代から1970年代前半にかけて活躍した。マリア・カラスとの公私にわたる深い関係でも有名である。姓は「ステファーノ」と表記されることもあるが、イタリア語での正しいアクセントの位置は「テ」にあり、アクセントを長音として表記した場合は「ステーファノ」となるが、単に「ステファノ」と表記される例が多い。 シチリア島・カターニア近郊の小村モッタ・サンタナスタージアに生まれる。両親が靴の修理屋と裁縫を営む貧しい家庭の一人息子であった。司祭となるべく、ミラノのイエズス会修道院で学ぶが、そこで美声を認められ、有名なミラノのドゥオーモの合唱隊に入る。1938年には当地ミラノとフィレンツェの歌唱コンテストで優勝し、カフェ、レストラン、映画館(上映前の余興として)などで歌っていたという。当時はニーノ・フローリオと名乗り、オペラの有名なアリア、カンツォーネ、流行歌など何でもこなす歌手だったらしい。 1940年からはバリトン歌手ルイージ・モンテサントに師事するが、翌1941年に入営する。戦争激化と、1943年のドイツ軍北部イタリア占領に伴いスイスに逃亡した。始めは難民キャンプに暮らすが、やはり歌唱力を認められ、1944年からはスイス国内ローザンヌのイタリア語放送局、ラジオ・スイス・ロマンドに出演、またEMI社とも契約していくつかの録音を残す。 1945年にイタリア帰国、オペラ舞台で活躍を開始する。1947年からはミラノ・スカラ座(マスネ『マノン』のデ・グリュー役)、翌年にはニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(ヴェルディ『リゴレット』の公爵)にそれぞれデビューする。 マリア・カラスとの一連の共演は1951年9月、ブラジル・サンパウロ市でのヴェルディ『椿姫』を皮切りとする。スカラ座でのカラスとの共演では1954年、カラヤン指揮で行われた、ドニゼッティ『ランメルモールのルチア』、あるいはジュリーニ指揮、ルキノ・ヴィスコンティ演出の『椿姫』が大反響を呼んだ(もっとも『椿姫』ではカラスに対する声援・取材だけが目立つ結果となり、立腹したディ・ステファーノは2夜目以降をキャンセルしている)。 1955年頃よりディ・ステファーノはより重い声質の役、例えば『カヴァレリア・ルスティカーナ』のトゥリッドゥ、『道化師』のカニオ、『アイーダ』のラダメスなどにも挑戦するようになる。しかしこの決断はむしろ凶と出た。もともとイタリア・オペラ発声の常道からすると望ましくないとされた「開いた(アペルト)」発声で喉に負担がかかっていたこと、生活上の不摂生(オペラ公演後、深夜まで飲み歩いての朝帰りが常だったとの逸話もある)、その結果としての公演キャンセル多発などから、ディ・ステファーノは次第に「使い難いテノール」の烙印を押されるに至る。1960年代にはより負担の少ないリサイタルを主活動に据えることになった。 もっとも、舞台映えのする容姿、豊かな表情なども相まって、観客からは「ピッポPippo」の愛称で常に親しまれ、声楽的には退潮期にあった1960年代でも、ライブ録音では聴衆を熱狂させている様子が垣間見える。 1973年には私生活でも噂の絶えなかったマリア・カラスの(結果として最後の)世界ツアーに同伴、日本を含む各国を訪れたが、興行上はさておき、芸術的にはかつての栄光の再現は果たせなかった。 1992年6月、ローマ・カラカラ大浴場跡での野外オペラ『トゥーランドット』に皇帝役で出演したのを最後に舞台からは完全に退いた。 2004年12月、ケニア・モンバサ近郊の別荘で妻と共に強盗に襲撃され、意識不明のままミラノまで搬送され入院する。その後も容体は回復せず、2008年3月3日、3年数ヶ月におよぶ昏睡状態の末、ミラノの自宅で死去した。。 Category:イタリアのテノール歌手 Category:シチリア州出身の人物 Category:1921年生 Category:2008年没.

新しい!!: フランコ・コレッリとジュゼッペ・ディ・ステファーノ · 続きを見る »

スポレート

ポレート(Spoleto)は、イタリア共和国ウンブリア州ペルージャ県にある、人口約3万9000人の基礎自治体(コムーネ)。 古代に起源を持つ都市で、中世には中部イタリア一帯を支配したスポレート公国(570年 - 1198年)の都であった。.

新しい!!: フランコ・コレッリとスポレート · 続きを見る »

スカラ座

ラ座(Teatro alla Scala、あるいは単にLa Scala)はイタリア・ミラノにある歌劇場である。初代の宮廷劇場以来の伝統を持つイタリアオペラ界の最高峰とされる。.

新しい!!: フランコ・コレッリとスカラ座 · 続きを見る »

道化師 (オペラ)

『道化師』(どうけし)は、ルッジェーロ・レオンカヴァッロが作曲、1892年に初演された全2幕からなるオペラである。マスカーニ作曲の「カヴァレリア・ルスティカーナ」と並んで、ヴェリズモ・オペラの代表作として名高い。.

新しい!!: フランコ・コレッリと道化師 (オペラ) · 続きを見る »

運命の力

『運命の力』(うんめいのちから、La Forza del Destino )は、ジュゼッペ・ヴェルディが作曲した全4幕からなるオペラである。原典版は1862年、ロシア・サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場で、改訂版は1869年にイタリア・ミラノのスカラ座にて初演された。今日演奏されるのは殆どが改訂版による。また改訂版で挿入された序曲もそれ自体有名で、単独での演奏機会も多い。.

新しい!!: フランコ・コレッリと運命の力 · 続きを見る »

10月29日

10月29日(じゅうがつにじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から302日目(閏年では303日目)にあたり、年末まであと63日ある。.

新しい!!: フランコ・コレッリと10月29日 · 続きを見る »

1921年

記載なし。

新しい!!: フランコ・コレッリと1921年 · 続きを見る »

1951年

記載なし。

新しい!!: フランコ・コレッリと1951年 · 続きを見る »

1954年

記載なし。

新しい!!: フランコ・コレッリと1954年 · 続きを見る »

1961年

記載なし。

新しい!!: フランコ・コレッリと1961年 · 続きを見る »

1971年

記載なし。

新しい!!: フランコ・コレッリと1971年 · 続きを見る »

1973年

記載なし。

新しい!!: フランコ・コレッリと1973年 · 続きを見る »

1975年

記載なし。

新しい!!: フランコ・コレッリと1975年 · 続きを見る »

1976年

記載なし。

新しい!!: フランコ・コレッリと1976年 · 続きを見る »

2003年

この項目では、国際的な視点に基づいた2003年について記載する。.

新しい!!: フランコ・コレッリと2003年 · 続きを見る »

4月8日

4月8日(しがつようか)は、グレゴリオ暦で年始から98日目(閏年では99日目)にあたり、年末まではあと267日ある。誕生花はレンゲソウ、フジ。.

新しい!!: フランコ・コレッリと4月8日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »