ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

フォーヴィスム

索引 フォーヴィスム

フォーヴィスム(Fauvisme、野獣派)は、20世紀初頭の絵画運動の名称。.

48 関係: 小出楢重小絲源太郎岸田劉生川上凉花中川一政中川紀元中村彝三岸好太郎佐伯祐三ポール・ゴーギャンポール・シニャックポール・セザンヌモーリス・ド・ヴラマンクラウル・デュフィルネサンスヌードパリフィンセント・ファン・ゴッホアルベール・マルケアンリ・マティスアンドレ・ドランエコール・デ・ボザールオトン・フリエスカーンアカデミーキュビスムキース・ヴァン・ドンゲンギュスターヴ・モロージョルジュ・ルオージョルジュ・ブラックジョルジュ・スーラサロン・ドートンヌ写実主義児島善三郎前田寛治秋丸知貴美術点描熊谷守一萬鉄五郎象徴主義野口弥太郎長谷川利行柳瀬正夢村山槐多梅原龍三郎木村荘八新印象派1905年

小出楢重

小出 楢重(こいで ならしげ、1887年10月13日 - 1931年2月13日)は、大正から昭和初期の洋画家。.

新しい!!: フォーヴィスムと小出楢重 · 続きを見る »

小絲源太郎

小絲 源太郞(こいと げんたろう、新字体:小糸 源太郎、1887年(明治20年)7月13日 - 1978年(昭和53年)2月6日)は、洋画家、版画家。東京府東京市下谷区(現東京都台東区)生まれ。.

新しい!!: フォーヴィスムと小絲源太郎 · 続きを見る »

岸田劉生

岸田 劉生(きしだ りゅうせい、男性、1891年6月23日 - 1929年12月20日)は、大正~昭和初期の洋画家。父親はジャーナリストの岸田吟香。.

新しい!!: フォーヴィスムと岸田劉生 · 続きを見る »

川上凉花

川上 凉花(かわかみ りょうか、1887年9月 - 1921年5月5日)は明治・大正期の日本の画家。本名は川上乙次郎。.

新しい!!: フォーヴィスムと川上凉花 · 続きを見る »

中川一政

中川一政美術館(真鶴町) 中川 一政(なかがわ かずまさ、1893年(明治26年)2月14日 - 1991年(平成3年)2月5日)は、東京府生まれの洋画家、美術家、歌人、随筆家。.

新しい!!: フォーヴィスムと中川一政 · 続きを見る »

中川紀元

中川 紀元(なかがわ きげん、1892年(明治25年)2月11日 - 1972年(昭和47年)2月9日)は、日本の画家である。旧姓は有賀、本名は紀元次。.

新しい!!: フォーヴィスムと中川紀元 · 続きを見る »

中村彝

中村 彝(なかむら つね、1887年7月3日 - 1924年12月24日)は、大正期にかけての洋画家である。.

新しい!!: フォーヴィスムと中村彝 · 続きを見る »

三岸好太郎

三岸 好太郎(みぎし こうたろう、1903年4月18日 - 1934年7月1日)は、日本の洋画家である。戦前のモダニズムを代表する洋画家の1人。同じ洋画家の三岸節子(旧姓・吉田)は妻。作家の子母沢寛は三岸の異父兄にあたる。.

新しい!!: フォーヴィスムと三岸好太郎 · 続きを見る »

佐伯祐三

佐伯 祐三(さえき ゆうぞう、1898年4月28日 - 1928年8月16日)は、大正~昭和初期の洋画家である。大阪府大阪市出身。.

新しい!!: フォーヴィスムと佐伯祐三 · 続きを見る »

ポール・ゴーギャン

ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン(Eugène Henri Paul Gauguin, 1848年6月7日 - 1903年5月8日)は、フランスのポスト印象派の画家。姓は「ゴギャン」「ゴーガン」とも。.

新しい!!: フォーヴィスムとポール・ゴーギャン · 続きを見る »

ポール・シニャック

七色に彩られた尺度と角度、色調と色相のリズミカルな背景のフェリックス・フェネオンの肖像 (1890年)、ニューヨーク近代美術館 ポール・ヴィクトール・ジュール・シニャック(Paul Victor Jules Signac, 1863年11月11日 - 1935年8月15日)は、19世紀~20世紀のフランスの画家。ジョルジュ・スーラと並ぶ新印象派の代表的画家であった。.

新しい!!: フォーヴィスムとポール・シニャック · 続きを見る »

ポール・セザンヌ

ポール・セザンヌ(, 1839年1月19日 - 1906年10月23日(墓碑には10月22日と記されているが、近年は23日説が有力近年(特に1993年以降)の文献では、死没日を10月23日とするものが多くなっている。浅野 (2000: 68) は、最近の調査で死亡時刻が10月23日午前7時であったことが判明したと指摘している。また、ルイス (2005: 339) は、セザンヌの墓碑に記された10月22日という死没日は誤記であるとしている。))は、フランスの画家。当初はクロード・モネやピエール=オーギュスト・ルノワールらとともに印象派のグループの一員として活動していたが、1880年代からグループを離れ、伝統的な絵画の約束事にとらわれない独自の絵画様式を探求した。ポスト印象派の画家として紹介されることが多く、キュビスムをはじめとする20世紀の美術に多大な影響を与えたことから、しばしば「近代絵画の父」として言及される。.

新しい!!: フォーヴィスムとポール・セザンヌ · 続きを見る »

モーリス・ド・ヴラマンク

モーリス(モリス)・ド・ヴラマンク(Maurice de Vlaminck, 1876年4月4日 - 1958年10月11日)は、フォーヴィスム(野獣派)に分類される19世紀末~20世紀のフランスの画家、文筆家。.

新しい!!: フォーヴィスムとモーリス・ド・ヴラマンク · 続きを見る »

ラウル・デュフィ

ラウル・デュフィ(Raoul Dufy, 1877年6月3日 - 1953年3月23日)は、野獣派に分類される19世紀末から20世紀前半のフランスの画家。「色彩の魔術師」20世紀のフランスのパリを代表するフランス近代絵画家でもある。.

新しい!!: フォーヴィスムとラウル・デュフィ · 続きを見る »

ルネサンス

レオナルド・ダ・ヴィンチによるウィトルウィウス的人体図、科学と芸術の統合 ルネサンス(Renaissance ルネサーンスイギリス英語発音: リネイスンス、アメリカ英語発音: レナサーンス)は「再生」「復活」を意味するフランス語であり、一義的には、古典古代(ギリシア、ローマ)の文化を復興しようとする文化運動であり、14世紀にイタリアで始まり、やがて西欧各国に広まった(文化運動としてのルネサンス)。また、これらの時代(14世紀 - 16世紀)を指すこともある(時代区分としてのルネサンス)。 日本では長らく文芸復興と訳されており、ルネサンスの時代を「復興期」と呼ぶこともあったが、文芸のみでなく広義に使われるため現在では余り使われない。ルネッサンスとも表記されるが、現在の歴史学、美術史等ではルネサンスという表記が一般的である。.

新しい!!: フォーヴィスムとルネサンス · 続きを見る »

ヌード

ヌード は、人間の裸を意味する英単語。 日本語の「ヌード写真」「ヌードシーン」のように、絵画・彫刻・写真・映画といった創作物において裸に対して使われることが多い。.

新しい!!: フォーヴィスムとヌード · 続きを見る »

パリ

ランドサット パリの行政区 パリ(Paris、巴里)は、フランス北部、イル=ド=フランス地域圏にある都市。フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。 フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。.

新しい!!: フォーヴィスムとパリ · 続きを見る »

フィンセント・ファン・ゴッホ

フィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホファン/ヴァンは姓の一部である。ヨーロッパ諸語における発音は様々であり、日本語表記もバリエーションがある。オランダ語では。オランダ・ホラント州の方言では、vanの"v"が無声化してとなる。ゴッホはブラバント地方で育ちブラバント方言で文章を書いていたため、彼自身は、自分の名前をブラバント・アクセントで"V"を有声化し、"G"と"gh"を無声硬口蓋摩擦音化してと発音していた可能性がある。イギリス英語では、場合によってと発音し、アメリカ英語では(ヴァンゴウ)とghを発音しないのが一般的である。彼が作品の多くを制作したフランスでは、(ヴァンサン・ヴァン・ゴーグ)となる。日本語では英語風のヴィンセント・ヴァン・ゴッホという表記も多く見られる。(、1853年3月30日 - 1890年7月29日)は、オランダのポスト印象派の画家。 主要作品の多くは1886年以降のフランス居住時代、特にアルル時代(1888年 - 1889年5月)とサン=レミでの療養時代(1889年5月 - 1890年5月)に制作された。感情の率直な表現、大胆な色使いで知られ、ポスト印象派を代表する画家である。フォーヴィスムやドイツ表現主義など、20世紀の美術にも大きな影響を及ぼした。 なお、オランダ人名のvanはミドルネームではなく姓の一部であるために省略しない。日本を含め多くの国では、これを省略してゴッホという呼び方が定着しているが、本項では正式にファン・ゴッホと呼ぶ。.

新しい!!: フォーヴィスムとフィンセント・ファン・ゴッホ · 続きを見る »

アルベール・マルケ

アルベール・マルケ(Albert Marquet, 1875年3月26日 - 1947年6月13日)は、フォーヴィスム(野獣派)に分類される19世紀~20世紀のフランスの画家。.

新しい!!: フォーヴィスムとアルベール・マルケ · 続きを見る »

アンリ・マティス

アンリ・マティス 1933年 アンリ・マティス(Henri Matisse, 1869年12月31日 - 1954年11月3日)は、フランスの画家。フォーヴィスム(野獣派)のリーダー的存在であり、野獣派の活動が短期間で終わった後も20世紀を代表する芸術家の一人として活動を続けた。自然をこよなく愛し「色彩の魔術師」と謳われ、緑あふれる世界を描き続けた画家であった。彫刻および版画も手がけている。.

新しい!!: フォーヴィスムとアンリ・マティス · 続きを見る »

アンドレ・ドラン

アンドレ・ドラン(Andre Derain, 1880年6月10日 - 1954年9月8日)は、フォーヴィスム(野獣派)に分類される20世紀のフランスの画家。イヴリーヌ県シャトゥー出身。 アンリ・マティスらとともにフォーヴィスム(野獣派)の運動において指導的役割を果たした画家。風景、人物、静物などさまざまな画題の作品がある。作風も、ポール・シニャック風の点描に近い技法を用いた風景画から、キュビスム風の静物画まで幅広い。 1898年、アカデミー・カリエールに入学。そこでマティスやマルケと知り合う。1900年、独学で絵を描いていたモーリス・ド・ヴラマンクと知り合う。ドランとヴラマンクはシャトゥーに共同のアトリエを設け、以後しばらく共同制作をする。 1905年、マティスとともにコリウールに滞在し制作する。地中海に面した港町コリウールの豊かな色彩は2人の画家の作風に決定的な影響を与えた。この年の秋のサロン・ドートンヌで、マティスらグループの作品が集められた部屋は批評家のルイ・ヴォークセルによって「野獣の檻」と称せられた。これが野獣派(フォーヴィスム)の名の由来である。 1905年末から1906年初めにかけて、画商アンブロワーズ・ヴォラールの勧めでロンドンに滞在し、テムズ川沿いの風景を描く。1907年からはピカソなど「洗濯船」(バトー・ラヴォワール)の画家たちとも交流するようになる。 1919年、バレエ・リュス(セルゲイ・ディアギレフ主宰)の「風変わりな店」の美術と衣装を手掛けたのを最初として、晩年までバレエやオペラの衣装や舞台装飾も手掛ける。また、挿絵、彫刻なども手掛けている。 1921年、イタリア旅行を機に作風はアカデミックなものに回帰し、古典的な陰影や遠近法、落ち着いた色彩で静物、人物等を描くようになる。ヴィシー政権下ではパリに居を構え、ナチス・ドイツにフランス文化の権威として利用される形となり、1941年にドイツを訪れている。このために、終戦後にナチス協力者とみなされて事実上の追放処分となった。晩年には病により片目の視力を失い、1954年、オー=ド=セーヌ県ガルシェで自動車事故により死亡した。.

新しい!!: フォーヴィスムとアンドレ・ドラン · 続きを見る »

エコール・デ・ボザール

ール・デ・ボザール(, ENSBA)は、17世紀パリに最初に設立されたフランスの国立高等美術学校であり、グランゼコールの一つ。350年間以上にわたる歴史があり、建築、絵画、彫刻の分野に芸術家を輩出してきた。現在は建築がここから切り離されている。 現在は特別高等教育機関(グラン・デタブリスマン)でありフランス文化省の管轄下にある。 パリ6区マラケ河岸から入ってボナパルト街(ボナパルト通り)に面して構えたパリ・ボザール校の正面には、ニコラ・プッサンとピエール・ビュジエの胸像を頂部に載せた門柱が目に入り、フランス・ルネサンス建築の断片でくみ上げられた壮大な中庭が目の前に展開する。.

新しい!!: フォーヴィスムとエコール・デ・ボザール · 続きを見る »

オトン・フリエス

トン・フリエス(Achille-Émile Othon Friesz、1879年2月6日 - 1949年1月10日)はフランスの画家である。フォーヴィスムに分類される画家の一人である。.

新しい!!: フォーヴィスムとオトン・フリエス · 続きを見る »

カーンアカデミー

ーンアカデミーは、2006年にサルマン・カーン()により設立された教育系非営利団体である。 YouTubeで短時間の講座を配信し、運営サイトにて練習問題や教育者向けのツールを提供しており、これらは世界中の誰でも無料で利用できる。.

新しい!!: フォーヴィスムとカーンアカデミー · 続きを見る »

キュビスム

ュビスム(Cubisme; Cubism「キュビズム、キュービズム」、立体派)は、20世紀初頭にパブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって創始され、多くの追随者を生んだ現代美術の大きな動向である。それまでの具象絵画が一つの視点に基づいて描かれていたのに対し、いろいろな角度から見た物の形を一つの画面に収め、ルネサンス以来の一点透視図法を否定した。.

新しい!!: フォーヴィスムとキュビスム · 続きを見る »

キース・ヴァン・ドンゲン

ース・ヴァン・ドンゲン(1938年) キース・ヴァン・ドンゲン(Kees Van Dongen、1877年1月26日 - 1968年5月28日)は、フォービズムの作風でエコール・ド・パリの画家。.

新しい!!: フォーヴィスムとキース・ヴァン・ドンゲン · 続きを見る »

ギュスターヴ・モロー

ルフェウス(オルフェウスの首を抱くトラキアの娘)》1865年、オルセー美術館。1865年のサロンに出品。国家買い上げ作品となる。トラキアの娘が抱くオルフェウスの首のモデルはミケランジェロの石膏像。 サロメ》1876年、モロー美術館。洗礼者ヨハネの首を、義理の父であるユダヤのヘロデ大王の息子・古代パレスチナ領主ヘロデ・アンティパスに求めた女性。水彩画のヴァージョンがルーブル美術館に所蔵されている。 ギュスターヴ・モロー(, 1826年4月6日–1898年4月18日)は、フランスの象徴主義の画家である。パリに生まれパリで亡くなった。聖書や神話に題材をとった幻想的な作風で知られる。 印象派の画家たちとほぼ同時代に活動したモローは、聖書やギリシャ神話をおもな題材とし、想像と幻想の世界をもっぱら描いた。彼の作品は19世紀末のいわゆる『世紀末』の画家や文学者に多大な影響を与え、象徴主義の先駆者とされている。.

新しい!!: フォーヴィスムとギュスターヴ・モロー · 続きを見る »

ジョルジュ・ルオー

ョルジュ・ルオー(Georges Rouault, 1871年5月27日 - 1958年2月13日)は、野獣派に分類される19世紀~20世紀期のフランスの画家。 ルオーは、パリの美術学校でマティスらと同期だったこともあり、フォーヴィスムの画家に分類されることが多いが、ルオー本人は「画壇」や「流派」とは一線を画し、ひたすら自己の芸術を追求した孤高の画家であった。 1871年、パリに指物(さしもの)職人の子として生まれた。ルオーの家族が住んでいたベルヴィル地区のヴィレットは、当時は場末の労働者街であった。ルオーは14歳の時、ステンドグラス職人イルシュに弟子入りする。後年のルオーの画風、特に黒く骨太に描かれた輪郭線には明かにステンドグラスの影響が見られる。ルオーは修業のかたわら装飾美術学校の夜学に通った。1890年には本格的に画家を志し、エコール・デ・ボザール(国立美術学校)に入学、ここでマティスらと知り合った。同校でルオー、マティスらの指導にあたっていたのは象徴派の巨匠、ギュスターヴ・モローであった。教師としてのモローは自己の作風や主義を生徒に押し付けることなく、ルオーとマティスという、モロー自身とは全く資質の異なる2人の巨匠の個性と才能を巧みに引き出したのである。ルオーは終生、師モローへの敬愛の念が篤く、1903年にはモローの旧居を開放したギュスターヴ・モロー美術館の初代館長となっている。ルオーは同美術館に住み込みで働いていたが、給料は安く、生活は楽ではなかったようだ。 ルオー20歳代の初期作品にはレンブラントの影響が見られ、茶系を主とした暗い色調が支配的だが、30歳代になり、20世紀に入ったころから、独特の骨太の輪郭線と宝石のような色彩があらわれる。画題としてはキリストを描いたもののほか、娼婦、道化、サーカス芸人など、社会の底辺にいる人々を描いたものが多い。ルオーは版画家としても20世紀のもっとも傑出した作家の一人で、1914年から開始した版画集『ミセレーレ』がよく知られている。 1917年、画商ヴォラールはルオーと契約を結び、ルオーの「全作品」の所有権はヴォラールにあるものとされたが、この契約が後に裁判沙汰の種になる。ルオーは、いったん仕上がった自作に何年にも亘って加筆を続け、納得のいかない作品を決して世に出さない画家であった。晩年、ルオーは「未完成で、自分の死までに完成する見込みのない作品は、世に出さず、焼却する」と言い出した。ヴォラール側は「未完成作品も含めて自分の所有である」と主張したが、「未完成作の所有権は画家にある」とするルオーの主張が1947年に認められ、ルオーは300点以上の未完成作をヴォラールのもとから取り戻し、ボイラーの火にくべたのである。それが彼の芸術家としての良心の表明だった。ルオーは第二次大戦後も制作を続け、1958年、パリで86年の生涯を終えた。国葬を賜った。.

新しい!!: フォーヴィスムとジョルジュ・ルオー · 続きを見る »

ジョルジュ・ブラック

ョルジュ・ブラック(Georges Braque, 1882年5月13日 - 1963年8月31日)は、フランスの画家。パブロ・ピカソと共にキュビスムの創始者のひとり。ピカソよりも画家としてのキャリアでは劣ったが、絵画における発明の才はピカソも一目を置いた。第一次世界大戦を挟んで画風は一変するが、生涯に渡って絵を書き続けた画家である。仲間から「白い黒人」と描写されるほど体格が良く、また好んでスーツを着るハンサムであった。.

新しい!!: フォーヴィスムとジョルジュ・ブラック · 続きを見る »

ジョルジュ・スーラ

ョルジュ・スーラ(スラ)(Georges Seurat, 1859年12月2日 - 1891年3月29日)は、新印象派に分類される19世紀のフランスの画家。 スーラは、印象派の画家たちの用いた「筆触分割」の技法をさらに押し進め、光学的理論を取り入れた結果、点描という技法にたどりついた。完成作を仕上げるまでに多数の素描や下絵を制作して、入念に構想を練った。.

新しい!!: フォーヴィスムとジョルジュ・スーラ · 続きを見る »

サロン・ドートンヌ

ン・ドートンヌ展(またはサロン・ドトンヌ、フランス語:Salon d'automne)は、サマリテーヌ百貨店をパトロンとし、1903年、マティス、ルオー、ジュルダン、ヴュイヤール、マルケ、ボナール、カモワン、フリエスらの参加によって産声を上げたフランスの美術展覧会である。 サロン・ドートンヌ展(日本語で“秋の展覧会”の意味)設立の裏には、当時大変に保守的だと考えられていたフランスのサロン(フランス芸術家協会のサロン展及び国民美術協会サロン展など)への反抗があったと言われている。 1903年10月、第1回のサロン・ドートンヌ展が開催された。1905年、第3回の展覧会がフォーヴィスムの由来になったことでも知られる。 誕生から一世紀以上過ぎ、フランスのみならず世界の美術コンクールの傾向は大きく変わり、インターネットの普及から芸術のあり方が変わりつつあると言っても過言ではないが、現在でもなおパリが芸術の都といわれるのもサロン・ドートンヌ展があってのことだったともいえる。歴代の作家達の顔ぶれも魅力的で、モディリアーニ、セザンヌ、ピカソ、ブラック、ルノワール、ミロ、ユトリロ、ルドン、カリエール、ドラン、ヴラマンク、ヴァン・ドンゲンらが活躍して来た。フォーヴィズムやキュビズムの作家たちにも活躍の舞台を提供、近代美術史上に大きな実績を残したサロンである。また、田中保、藤田嗣治(レオナール・フジタ)、小山敬三、佐伯祐三、蕗谷虹児、高野三三男、ベル・串田、織田広喜、鶴岡義雄、舘井啓明、ヒロ・ヤマガタ、杉山冽ら、実力派日本人作家達も登竜門として数多く挑戦してきた。前衛作品から具象作品や写実作品まであらゆる傾向の作品を受け入れると同時に、現在に於いても新しいアートの形を探求しつづけている。 サロン・ドートンヌの主催元はサロン・ドートンヌ協会(Société du Salon d'automne)で、本部をフランスのグラン・パレ内に置く。現在も毎年秋にパリ市内にて開催。多くのサロンが衰退する中、現在も企業スポンサーを得て、単独での大会場開催を成し遂げている、個人アーティストの応募に応える数少ない国際サロンのひとつ。近年の日本人入選者数は全体の約5%程度となっていて、毎年数十名の日本人入選者の作品を見ることが出来る。決して広き門とは言えない数字ではあるが、日本人応募者内での入選率は毎年高水準を維持しており、日本国内にも応募手続きをサポートしてくれる窓口的な存在の企業(例:日仏フィグー社、欧州美術クラブ)が存在することが、海を越えての彼らの出展を容易にしている。 2002年、サロン・ドートンヌ100周年記念展がパリ16区にて開催され、映画監督のジャン=ジャック・ベネックスやデヴィッド・リンチらも作品を出展、ピカソらサロン・ドートンヌの歴史を彩ったアーティスト達の子孫で各国で活躍するアーティスト達も一堂に集結した。 2006年展では、路上アートや映像などにも着目した展示を多く展開するなど、次世代のアーティスト達にも門戸を開いている。 2006年以降、パリの各サロンが合同で行う「Salon ART CAPITAL」がグランパレのLe Nefホールにて開催されるようになったが、当初その中心的サロンと考えられていたサロン・ドートンヌ協会はこれには賛同せず、あくまでサロン・ドートンヌ設立当時の主旨を貫くことを宣言し、現在の単独開催に至っている。 2011年からはパリの目抜き通りであるシャンゼリゼ大通りの遊歩道(シャンゼリゼ・クレマンソー広場~コンコルド広場間)に設営される特設会場での開催が実現。 2018年も10月にシャンゼリゼ大通りで開催。.

新しい!!: フォーヴィスムとサロン・ドートンヌ · 続きを見る »

写実主義

写実主義(しゃじつしゅぎ)、あるいは現実主義は、現実を空想によらず、ありのままに捉えようとする美術上、文学上の主張のこと。リアリズム(英:Realism)、レアリスム(仏:Réalisme)。.

新しい!!: フォーヴィスムと写実主義 · 続きを見る »

児島善三郎

児島 善三郎(こじま ぜんざぶろう、1893年2月13日 - 1962年3月22日)は、日本の洋画家である。.

新しい!!: フォーヴィスムと児島善三郎 · 続きを見る »

前田寛治

前田 寛治(まえた かんじ、1896年10月1日 - 1930年4月16日)は、日本の洋画家。 人物写実画の名手として知られ、33歳という若さで早逝し10年に満たない短い活動期間であったが、彼の古典的構図でのフォーヴィスム的筆致が「前寛ばり」という流行語を生むなど当時の芸術家に多大な影響を与えた。 なお、名字の読みは「まえた」である。.

新しい!!: フォーヴィスムと前田寛治 · 続きを見る »

秋丸知貴

秋丸 知貴(あきまる ともき、1975年3月 - )は、日本の美学者、美術史家、美術評論家、インディペンデント・キュレーター。学術博士。専門は、美学美術史・メディア論。祖父は、陸軍省経済戦研究班(通称秋丸機関)班長の秋丸次朗。映画監督の黒木和雄(旧姓秋丸)は親戚。.

新しい!!: フォーヴィスムと秋丸知貴 · 続きを見る »

美術

美術(びじゅつ)は、視覚によってとらえることを目的として表現された造形芸術(視覚芸術)の総称。英語ではファインアート、ビジュアルアート、あるいは アート。.

新しい!!: フォーヴィスムと美術 · 続きを見る »

点描

ョルジュ・スーラの点描 点描(てんびょう、pointillism)は、絵画などにおいて線ではなく点の集合や非常に短いタッチで表現する技法である。点描画、点描法、点画、スティップリング(Stippling)とも言う。 印象派による鮮やかな色の配列の視覚混合を、フランスの画家、ジョルジュ・スーラがさらに追求し、点描主義(新印象派)を確立。ポール・シニャックやカミーユ・ピサロらを生み出した。 水墨画では、米芾や米友仁による、水墨の点を集合させて表現する米点法があり、その作品を米法山水と言う。 コンピュータグラフィックスにおいては、フィルターを使用し、写実的な画像や写真を点描に変換することができる。 科学におけるスケッチでは、陰影を着けるための技法である。.

新しい!!: フォーヴィスムと点描 · 続きを見る »

熊谷守一

谷 守一(くまがい もりかず、1880年(明治13年)4月2日 - 1977年(昭和52年)8月1日)は、日本の画家。日本の美術史においてフォービズムの画家と位置づけられている。しかし作風は徐々にシンプルになり、晩年は抽象絵画に接近した。富裕層の出身であるが極度の芸術家気質で貧乏生活を送り、「二科展」に出品を続け「画壇の仙人」と呼ばれた。.

新しい!!: フォーヴィスムと熊谷守一 · 続きを見る »

萬鉄五郎

萬 鉄五郎(よろず てつごろう、萬 鐵五郎、1885年11月17日 - 1927年5月1日)は大正~昭和初期の画家。 岩手県和賀郡東和町(現在の花巻市)出身。1907年、東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学。1912年、岸田劉生や高村光太郎らの結成したフュウザン会に参加している。萬は、その頃日本に紹介されつつあった、ポスト印象派やフォーヴィスムの絵画にいち早く共鳴した。特にフィンセント・ファン・ゴッホやアンリ・マティスらの影響が顕著である。黒田清輝らのアカデミックな画風が支配的であった日本洋画界に、当時の前衛絵画であったフォーヴィスムを導入した先駆者として、萬の功績は大きい。晩年は日本画の制作や南画の研究も行った。.

新しい!!: フォーヴィスムと萬鉄五郎 · 続きを見る »

象徴主義

象徴主義(しょうちょうしゅぎ、symbolisme; サンボリスムとも)とは、自然主義や高踏派運動への反動として1870年頃のフランスとベルギーに起きた文学運動および芸術運動である。象徴主義者を総称して「象徴派」(symbolistes)と呼ぶ。ロシア象徴主義の開祖となった詩人ワレリー・ブリューソフなどにより、この運動はロシアにまで輸出された。イギリスにおけるラファエル前派も参照。 「象徴主義」(symbolisme)という語は、1886年に「象徴主義宣言」« Le Symbolisme »を発表した詩人ジャン・モレアスが、「象徴」(symbole)という語の語源である「一緒に投げること」を利用し、抽象的な観念とそれを表現するべきイマージュの間にこれらの詩が打ち立てようと望む類比関係を指し示そうとして提案した。.

新しい!!: フォーヴィスムと象徴主義 · 続きを見る »

野口弥太郎

野口 弥太郎(のぐち やたろう、野口 彌太郎、1899年10月1日 - 1976年3月23日)は、洋画家、日本芸術院会員。.

新しい!!: フォーヴィスムと野口弥太郎 · 続きを見る »

長谷川利行

長谷川 利行(はせがわ としゆき 明治24年(1891年)7月9日? - 昭和15年(1940年)10月12日)は京都府出身の洋画家、歌人。名の読みは「りこう」とも。.

新しい!!: フォーヴィスムと長谷川利行 · 続きを見る »

柳瀬正夢

柳瀬 正夢(やなせ まさむ、1900年1月12日 - 1945年5月25日) は、美術家、画家、デザイナー、舞台美術家。本名は正六、別名は夏川八朗。.

新しい!!: フォーヴィスムと柳瀬正夢 · 続きを見る »

村山槐多

自画像(1918年、大阪市立美術館所蔵) 村山 槐多(むらやま かいた、1896年9月15日 - 1919年2月20日)は、日本の洋画家、詩人。.

新しい!!: フォーヴィスムと村山槐多 · 続きを見る »

梅原龍三郎

梅原 龍三郎(うめはら りゅうざぶろう、1888年(明治21年)3月9日 - 1986年(昭和61年)1月16日)は、日本の洋画家。京都府京都市下京区生まれ。1914年(大正3年)までは梅原 良三郎(うめはら りょうざぶろう)を名乗った。 ヨーロッパで学んだ油彩画に、桃山美術・琳派・南画といった日本の伝統的な美術を自由奔放に取り入れ、絢爛な色彩と豪放なタッチが織り成す装飾的な世界を展開。昭和の一時代を通じて日本洋画界の重鎮として君臨した。.

新しい!!: フォーヴィスムと梅原龍三郎 · 続きを見る »

木村荘八

木村 荘八(きむら しょうはち、1893年(明治26年)8月21日 - 1958年(昭和33年)11月18日)は、日本の洋画家、随筆家、版画家。.

新しい!!: フォーヴィスムと木村荘八 · 続きを見る »

新印象派

新印象派(しんいんしょうは、neo-impressionism)とは、印象派の動きを受けて、19世紀末(1880年代前半頃)から20世紀初頭にかけて存在した絵画の一傾向。新印象主義とも呼ばれる。 ジョルジュ・スーラにより創始されたもので、科学性を重視し、印象派による光の捉え方(いわゆる色彩分割)を、より理論化し、点描法によって、光をとらえることができる、と考えた。具体的には、ゲーテやシュヴルールの色彩理論に大きく依拠しているといわれる(ゲーテの色彩論を参照)。 したがって、新印象派の作品の多くは、点描画である。.

新しい!!: フォーヴィスムと新印象派 · 続きを見る »

1905年

記載なし。

新しい!!: フォーヴィスムと1905年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

フォーヴフォーヴィズムフォービズム野獣派

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »