ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

フェラーリ・125S

索引 フェラーリ・125S

フェラーリ・125Sは、イタリアの自動車メーカー、フェラーリの名前で最初に生産されたレーシングスポーツカーである。1947年に3台が生産された。.

28 関係: 後輪駆動ミラノミッレミリアマラネッロマニュアルトランスミッションバルケッタリーフ式サスペンションローマピアチェンツァフェラーリフェラーリ・125F1フェラーリ・159Sフェラーリ・166フェンダー (自動車)ダブルウィッシュボーン式サスペンションアルファロメオイタリアエンツォ・フェラーリカラカラ浴場シャシ (自動車)シリンダージョアッキーノ・コロンボスポーツカースーパーチャージャー第二次世界大戦SOHCV型12気筒1947年

後輪駆動

後輪駆動(こうりんくどう、RWD:Rear Wheel Drive)とは、車輪を有する輸送機器の駆動方式の一つで、前後の車輪のうち後方の車輪を駆動する方式である。後輪駆動と対比される駆動方式は前輪駆動である。後輪駆動はオートバイ、自転車に広く使われ、四輪自動車ではトラック・バスに広く用いられている。かつては乗用車でも主流であったが、小型車から順次前輪駆動が主流となっている。ここでは主に四輪自動車における後輪駆動について述べる。.

新しい!!: フェラーリ・125Sと後輪駆動 · 続きを見る »

ミラノ

ミラノ(Milano)は、イタリアで最大の都市圏人口を擁する都市で、ミラノ県の県都およびロンバルディア州の州都である。ヨーロッパ有数の世界都市。イタリア語のアクセントの関係でミラーノと記されることもある。英語ではミラン(Milan)、フランス語ではミラン(Milan)、ドイツ語ではマイラント(Mailand)、スペイン語ではミラン(Milán)、ラテン語ではメディオラーヌム(Mediolanum)と言う。.

新しい!!: フェラーリ・125Sとミラノ · 続きを見る »

ミッレミリア

ミッレミリア(Mille Miglia)は1927年から1957年の間にイタリアで行われた伝説的な自動車レースである。現在では同名のクラシックカーレースとして毎年開催されている。.

新しい!!: フェラーリ・125Sとミッレミリア · 続きを見る »

マラネッロ

マラネッロ(Maranello)は、イタリア共和国エミリア=ロマーニャ州モデナ県にある、人口約1万7000人の基礎自治体(コムーネ)。マラネロとも表記される。 イタリアを代表する自動車メーカーのひとつ、フェラーリの本拠地として知られる。フェラーリの車名「575Mマラネッロ」はこの町の名にちなむ。.

新しい!!: フェラーリ・125Sとマラネッロ · 続きを見る »

マニュアルトランスミッション

マニュアルトランスミッション車におけるシフトノブの例 5速マニュアル車のシフトパターンの例 マニュアルトランスミッション()もしくは手動変速機(しゅどうへんそくき)とは運転者が減速比(ギア)を選択して操作するトランスミッション(変速機)。主に内燃機関が原動機である自動車やオートバイ・農業機械などに装備されている。操作が容易なオートマチックトランスミッション(自動変速機)が普及して極めて少数になりつつある。.

新しい!!: フェラーリ・125Sとマニュアルトランスミッション · 続きを見る »

バルケッタ

バルケッタ (barchetta).

新しい!!: フェラーリ・125Sとバルケッタ · 続きを見る »

リーフ式サスペンション

リーフ式サスペンション(リーフしきサスペンション、Leaf suspension)は、車台と車軸をつなぐサスペンション方式の一種で、リーフスプリング(重ね板バネ)により車台を支えるものをいう。 リーフスプリングを車台の支持に用いるサスペンションには多くの種類があるが、本項ではリンク(ロッド)やアームではなく、板ばねで直に固定車軸の位置決めを行う形式について述べる。.

新しい!!: フェラーリ・125Sとリーフ式サスペンション · 続きを見る »

ローマ

ーマ(Roma、Roma)は、イタリアの首都。欧州有数の世界都市であり、ラツィオ州の州都、ローマ県のコムーネの一つで、ローマ県の県都でもある。英語とフランス語の表記は「Rome」。.

新しい!!: フェラーリ・125Sとローマ · 続きを見る »

ピアチェンツァ

ピアチェンツァ(Piacenza)は、イタリア共和国エミリア=ロマーニャ州にある都市であり、その周辺地域を含む人口約10万人の基礎自治体(コムーネ)。ピアチェンツァ県の県都である。 ポー川に面した都市である。古代ローマ時代に築かれた兵営都市プラケンティアを起源とし、エミリア街道とポストゥミア街道が接続する交通の要衝として発展した。.

新しい!!: フェラーリ・125Sとピアチェンツァ · 続きを見る »

フェラーリ

フェラーリ (Ferrari N.V.) は、イタリア、モデナ県マラネッロに本社を置く自動車メーカー。.

新しい!!: フェラーリ・125Sとフェラーリ · 続きを見る »

フェラーリ・125F1

フェラーリ 125F1 (Ferrari 125F1) はスクーデリア・フェラーリが1948年から1951年まで使用したフォーミュラ1カー。フェラーリ初のF1マシンであり、1950年に開幕したF1世界選手権にも投入された。名称の「125」はエンジン1気筒あたりの排気量125ccを表す(125×12気.

新しい!!: フェラーリ・125Sとフェラーリ・125F1 · 続きを見る »

フェラーリ・159S

フェラーリ・159Sは、イタリアの自動車メーカー、フェラーリが1947年に製造したレーシングスポーツカー。同社の初代モデル、125Sの後継車として開発された。.

新しい!!: フェラーリ・125Sとフェラーリ・159S · 続きを見る »

フェラーリ・166

フェラーリ・166は、イタリアの自動車メーカー、フェラーリが製作した自動車である。.

新しい!!: フェラーリ・125Sとフェラーリ・166 · 続きを見る »

フェンダー (自動車)

フェンダー()とは、自動車車体の部品、部位の一つ。回転するタイヤ自体から、あるいはタイヤによる石、泥、水などのはねから乗員や歩行者を保護するもの。米国英語の自動車用語でタイヤ・ハウス(ホイール・ウェル())を構成している枠部分のこと。英国英語でウイング()とよばれる部分に相当する。.

新しい!!: フェラーリ・125Sとフェンダー (自動車) · 続きを見る »

ダブルウィッシュボーン式サスペンション

ダブルウィシュボーン式サスペンション (Double wishbone suspension) とは、自動車の懸架の方式のひとつで、独立懸架に分類される。 上下一対のアームでタイヤを支持するもので、レーシングカーではほとんどがこれを採用している。スポーツカーにも多い。.

新しい!!: フェラーリ・125Sとダブルウィッシュボーン式サスペンション · 続きを見る »

アルファロメオ

アルファロメオ6C(1930年) アルファロメオ(Alfa Romeo)は、イタリアの自動車製造会社である。 第二次世界大戦以前から自動車レース界の強豪でもある高性能車メーカーとして名声を得、戦後もランチアと並びイタリアを代表する上級車メーカーとして知られたが、経営難に陥った後の現在はイタリア最大手のフィアット傘下にあって、ブランドイメージのスポーツ性を前面に出した車の開発、生産を担っている。.

新しい!!: フェラーリ・125Sとアルファロメオ · 続きを見る »

イタリア

イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA:, Repubblica Italiana)、通称イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバル(lo Stivale)と称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属する。地中海性気候が農業と歴史に大きく影響している。.

新しい!!: フェラーリ・125Sとイタリア · 続きを見る »

エンツォ・フェラーリ

ンツォ・アンゼルモ・フェラーリ(Enzo Anselmo Ferrari, 1898年2月18日 - 1988年8月14日)は、イタリアの自動車メーカーフェラーリの創設者。F1の名門スクーデリア・フェラーリのオーナーでもあった。 愛称はコメンダトーレ(イタリア共和国功労勲章の勲三等位の名称)。モータースポーツ界の偉人としてオールドマンとも称される。.

新しい!!: フェラーリ・125Sとエンツォ・フェラーリ · 続きを見る »

カラカラ浴場

当時のカラカラ浴場の内部の想像図 カラカラ浴場(カラカラよくじょう、Thermae Caracallae,Terme di Caracalla)は、セプティミウス・セウェルス帝の計画を引き継ぎ、ローマ帝国第22代皇帝カラカラがローマ市街の南端付近に造営したローマ浴場。当時はアントニヌス浴場(Thermae Antoninianae)とも呼ばれていた。日本語訳でカラカッラ浴場と表記されることもある。.

新しい!!: フェラーリ・125Sとカラカラ浴場 · 続きを見る »

シャシ (自動車)

ャシ (Chassis) は、自動車の車体(ボディー)を除くすべての機構、または 車の足回り機構 を指す。シャーシ、シャシー、シャーシーとも表記される。.

新しい!!: フェラーリ・125Sとシャシ (自動車) · 続きを見る »

シリンダー

リンダー (Cylinder) とは、英語で「円筒」を意味する単語である。 “シリンダー”と呼称されるものにはいくつかの種類があるが、本項では主にレシプロエンジンの構成部品の一つについて既述する。.

新しい!!: フェラーリ・125Sとシリンダー · 続きを見る »

ジョアッキーノ・コロンボ

ョアッキーノ・コロンボ(Gioacchino Colombo 、1903年 - 1987年)はイタリア・レニャーノ出身のレーシングカーのエンジン設計者である。.

新しい!!: フェラーリ・125Sとジョアッキーノ・コロンボ · 続きを見る »

スポーツカー

ポーツカー(sports car)とは、自動車のカテゴリのひとつ。.

新しい!!: フェラーリ・125Sとスポーツカー · 続きを見る »

スーパーチャージャー

217x217ピクセル スーパーチャージャー(supercharger)は本来、過給機全般を指すが、機械式過給機を指して「スーパーチャージャー」と呼び、排気タービン式過給機(ターボチャージャー)とは区別されるのが通例となっている。機械式過給器を特に区別する場合はメカニカル・スーパーチャージャーと言われる。.

新しい!!: フェラーリ・125Sとスーパーチャージャー · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: フェラーリ・125Sと第二次世界大戦 · 続きを見る »

SOHC

SOHC(エスオーエイチシー、Single OverHead Camshaft)とは、レシプロエンジンのうち給排気弁を持つようなタイプにおける弁駆動メカニズムの配置形態の一種で、1本のカムシャフトがピストンの頭上にあるような形態(シリンダーヘッドを通っている形態)のことである。DOHCが増える以前には単にOHCとも呼ばれることもあったが、DOHCと明確に区別するために使われるレトロニム的な由来もあるガソリン機関ないしディーゼル機関の発達の過程において、サイドバルブ→OHV→(S)OHC→DOHC といったように、弁およびその駆動メカニズムが主に性能向上を目的としてピストンの頭上に移動していった、という経緯が背景にある。。.

新しい!!: フェラーリ・125SとSOHC · 続きを見る »

V型12気筒

V型12気筒はレシプロエンジン等のシリンダー配列形式の一つで、シリンダーの配置がV字型のエンジンにおいて片バンクに6気筒ずつ合計12持つことから呼ばれる、本項目では専らピストン式内燃機関のそれについて述べる。V12と略されることが多い。.

新しい!!: フェラーリ・125SとV型12気筒 · 続きを見る »

1947年

記載なし。

新しい!!: フェラーリ・125Sと1947年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

フェラーリ・125

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »